基本情報

写真a

田邉 稔(タナベ ミノル)

TANABE Minoru


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  医学部  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
  • 2014年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 教授
  • 2014年12月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
  • 2019年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膵癌の進展様式に基づいたバイオマーカー探索と前向き臨床試験による検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • NF-κBと免疫寛容 -がん増殖抑制効果と臓器移植後拒絶反応の抑制-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 膵神経内分泌腫瘍の潜在的悪性度診断のための網羅的情報解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 画像情報解析による肝癌バイオマーカーの検索と肝機能評価方法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Tanabe M, Arii S.. Age-related clinicopathological and molecular features of patients received curative hepatectomy for hepatocellular carcinoma. American Journal of Surgery. 2014; 208 (3): 450-456.

  • Hayashi R, Minami I, Sasahara Y, Izumiyama H, Yoshimoto T, Kishino M, Kudo A, Tateishi U, Tanabe M, Yamada T. Diagnostic accuracy of selective arterial calcium injection test for localization of gastrinoma. Endocrine Journal. 2019.12;

  • 加藤智敬、伴 大輔、小倉俊郎、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. iPadを用いた手術記録の書き方 臨床外科. 2019.12; 74 (13): 1417-1422.

  • Kosuke Ogawa, Qiushi Lin, Le Li, Xuewei Bai, Xuesong Chen, Hua Chen, Rui Kong, Yongwei Wang, Hong Zhu, Fuliang He, Qinggang Xu, Lianxin Liu, Min Li, Songhua Zhang, Katsuya Nagaoka, Rolf Carlson, Howard Safran, Kevin Charpentier, Bei Sun, Jack Wands. Aspartate β-hydroxylase promotes pancreatic ductal adenocarcinoma metastasis through activation of SRC signaling pathway Journal of Hematology & Oncology. 2019.12; 12 (1): 144.

  • 村瀬芳樹、工藤 篤、倉田盛人、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝転移のみを呈し5年以上生存した原発不明神経内分泌腫瘍の1症例 Liver Cancer. 2019.11; 25 53-57.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 落合高徳、光法雄介、田邉稔. NEO薬学シリーズ③ Principal Pharmacotherapy. ネオメディカル, 2015.06 移植医療 「臓器移植」

  • 工藤篤、田邉稔. 消化器外科学レビュー. 総合医学社, 2015.04 膵疾患 その他の膵腫瘍(膵島腫瘍、SPT、転移性膵腫瘍)

  • 工藤篤. 日本消化器病学会 第26回教育講演会テキスト. 2015 膵・消化管NETの診断と治療

  • Tanabe M. Reduced Port Laparoscopic Surgery. Springer, 2014 Hepatectomy (ISBN : 978-4-4315-4600-9)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 本橋翔平、小川康介、小林正典、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 転倒を機に発症したIPMC総胆管穿破の一例. 第855回外科集談会 2019.12.21 東京

  • 村瀬芳樹、伴 大輔、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 高齢者に対する腹腔鏡下肝切除の安全性の検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.07 横浜

  • 小倉俊郎、伴 大輔、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 病理学的所見に基づく腹腔鏡下膵体尾部切除術の妥当性. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.07 横浜

  • 田邉 稔、伴 大輔、金子弘真、若林 剛. 腹腔鏡下肝切除術の進化:ILLS2019を受けて. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.05 横浜

  • 石川喜也、伴大輔、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除における胃膵間膜挙上方法. 第11回膵臓内視鏡外科研究会 2019.12.04 横浜

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 鉗子システム

    特許番号: 特許第6602076号

  • 田邉稔、北川雄光、他 手術用高周波電気外科用処置具と手術用高周波電気外科用システム

    出願番号: 5677633

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 工藤篤、ポスター優秀演題賞,日本消化器病週間JDDW 2015,2015年10月

  • Takanori Ochiai, Japan Surgical Society Abstract Winner,10th Annual Academic Surgical Congress,2015年02月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月

    田邉 稔、司会、胆道疾患に対する腹腔鏡下肝切除術、第13回肝臓内視鏡外科研究会、20191204、横浜

  • 2019年12月

    田邉 稔、司会、エキスパートから学ぶラパロ膵切除の最前線、第32回日本内視鏡外科学会総会、20191207、横浜

  • 2019年12月

    田邉 稔、司会、どこまでやるか?腹腔鏡下肝切除(適応と治療戦略)、第32回日本内視鏡外科学会総会、20191206、横浜

  • 2019年12月

    田邉 稔、司会、胃と腸~技術認定医のための、キホン重視のホンキの手術~、第32回日本内視鏡外科学会総会、20191205、横浜

  • 2019年11月

    田邉 稔、司会、消化器がんのconversion therapyの現状、JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会・消化器病学会・肝臓学会)、20191123、神戸市

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • VRを使う未来の手術,株式会社世界文化社,月刊誌『家庭画報』,2019年11月05日

  • 胆嚢結石及び堪能癌について,NHK,BSプレミアム「偉人たちの健康診断」,2019年09月27日

  • 教室の特徴や取り組み、肝胆膵領域のスペシャリストとしてのこれまでの歩み 外科医としての理想像、今後の展望など,関東医事新報,関東医事新報,2019年02月15日

  • がん最新治療と患者の暮らし,NHK厚生文化事業団 NHKエンタープライズ,フォーラムがんと生きる こころとからだ私らしく,2018年07月17日