基本情報

写真a

栢森 高(カヤモリ コウ)

KAYAMORI Kou


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔病理学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔病理学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本臨床口腔病理学会

  • 日本癌学会

  • 日本口腔外科学会

  • 日本口腔腫瘍学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 実験病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 死体解剖資格(病理解剖)

  • 日本病理学会認定口腔病理専門医・指導医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 癌微小環境が口腔癌の進展に果たす役割

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 破骨細胞前駆細胞から始まる全く新しい破骨細胞誘導機構と癌による骨吸収

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2023年

  • 癌関連線維芽細胞によるリンパ節転移制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • NOTCHシグナルを介した血管新生に癌関連線維芽細胞が果たす役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 口腔癌による骨破壊メカニズムの総括的解析とその応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 頭頸部癌転移をリンパ系の発生・再生の視点から解析する

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Fumihiko Tsushima, Jinkyo Sakurai, Atsushi Uesugi, Yu Oikawa, Toshimitsu Ohsako, Yumi Mochizuki, Hideaki Hirai, Kou Kayamori, Hiroyuki Harada. Malignant transformation of oral lichen planus: a retrospective study of 565 Japanese patients. BMC Oral Health. 2021.06; 21 (1): 298. ( PubMed, DOI )

  • Cuong Minh Tran, Takeshi Kuroshima, Yu Oikawa, Yasuyuki Michi, Kou Kayamori, Hiroyuki Harada. Clinicopathological and immunohistochemical characteristics of pigmented oral squamous cell carcinoma. Oncol Lett. 2021.04; 21 (4): 339. ( PubMed, DOI )

  • Hiroaki Shimono, Hideaki Hirai, Yu Oikawa, Yumi Mochizuki, Takeshi Kuroshima, Hirofumi Tomioka, Kou Kayamori, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada. Metastatic tumors in the oral region: a retrospective chart review of clinical characteristics and prognosis. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2021.04; ( PubMed, DOI )

  • Kaname Sakamoto, Kaori Endo, Kei Sakamoto, Kou Kayamori, Shogo Ehata, Jiro Ichikawa, Takashi Ando, Ryosuke Nakamura, Yujiro Kimura, Kunio Yoshizawa, Keisuke Masuyama, Tomoyuki Kawataki, Kunio Miyake, Hiroki Ishii, Tomonori Kawasaki, Keiji Miyazawa, Masao Saitoh. EHF suppresses cancer progression by inhibiting ETS1-mediated ZEB expression. Oncogenesis. 2021.03; 10 (3): 26. ( PubMed, DOI )

  • Eri Shibata, Kei-Ichi Morita, Kou Kayamori, Shoichiro Tange, Hiroki Shibata, Yosuke Harazono, Yasuyuki Michi, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada, Issei Imoto, Tetsuya Yoda. Detection of novel fusion genes by next-generation sequencing-based targeted RNA sequencing analysis in adenoid cystic carcinoma of head and neck. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2021.03; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 布川裕規、栢森高、平井秀明、及川悠、原田浩之、池田通. 臼後部に発生した好酸性胞体の目立つclear cell carcinomaの一例. 第32回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会 2021.08.12 神奈川歯科大学横須賀キャンパス(オンライン開催)

  • 栗林亜実、川島桜子、坂本潤一郎、栢森 高、富里 博、倉林亨. 口腔症状を主訴とするメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患のMR画像について. 日本歯科放射学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web開催

  • 土谷麻衣子、栢森高、和田あかね、大畑八重、坂本啓、池田通. 口腔扁平上皮癌由来エクソソームによる新規の破骨細胞誘導経路とカンナビジオールによる阻害効果. 第110回日本病理学会総会 2021.04.23 東京

  • 柴田 恵里、森田 圭一、栢森 高、横川 美咲、外内 えり奈、及川 悠、安西 絵梨、原園 陽介、道 泰之、池田 通、原田 浩之、依田 哲也. 唾液腺の分泌癌(secretory carcinoma)の診断におけるMammaglobin とETV6 splitとの関連性についての検討. 日本人類遺伝学会第63回大会 2019.11 長崎

  • 道泰之、富岡寛文、平井秀明、望月裕美、黒嶋雄志、島本裕彰、渡邊裕、栢森高、依田哲也、原田浩之. 上・下顎に初発症状を呈したびまん性大細胞性B細胞リンパ腫の検討. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.26 札幌

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 感染予防(口腔保健工学専攻),2020年 - 現在

  • 臨地・臨床実習(口腔保健衛生学専攻),2020年 - 現在

  • 学年混合選択セミナー(歯学科),2019年 - 現在

  • 臨床検査(口腔保健衛生学専攻),2017年 - 現在

  • 病態科学演習(歯学科),2015年 - 現在

全件表示 >>