基本情報

写真a

栢森 高(カヤモリ コウ)

KAYAMORI Kou


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔病理学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔病理学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本臨床口腔病理学会

  • 日本癌学会

  • 日本口腔外科学会

  • 日本口腔腫瘍学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 実験病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本病理学会認定口腔病理専門医・指導医

  • 死体解剖資格(病理解剖)

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 癌微小環境が口腔癌の進展に果たす役割

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 癌関連線維芽細胞によるリンパ節転移制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • NOTCHシグナルを介した血管新生に癌関連線維芽細胞が果たす役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 口腔癌による骨破壊メカニズムの総括的解析とその応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 頭頸部癌転移をリンパ系の発生・再生の視点から解析する

    文部科学省/日本学術振興会

  • 頭頸部癌転移をリンパ系の発生・再生の視点から解析する

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Keiko Miura, Takumi Akashi, Takeshi Namiki, Tsunekazu Hishima, Yuan Bae, Urara Sakurai, Keimei Murano, Junichi Shiraishi, Masahiro Warabi, Toru Tanizawa, Michio Tanaka, Ekapot Bhunchet, Jiro Kumagai, Shinya Ayabe, Takahiro Sekiya, Noboru Ando, Hiroshi Shintaku, Yuko Kinowaki, Shohei Tomii, Susumu Kirimura, Kou Kayamori, Kurara Yamamoto, Takashi Ito, Yoshinobu Eishi. Engrailed Homeobox 1 and Cytokeratin 19 Are Independent Diagnostic Markers of Eccrine Porocarcinoma and Distinguish It From Squamous Cell Carcinoma. Am. J. Clin. Pathol.. 2020.09; 154 (4): 499-509. ( PubMed, DOI )

  • Eri Shibata, Kei-Ichi Morita, Kou Kayamori, Mayuko Maruiwa, Yasuyuki Michi, Yukiko Sato, Kengo Takeuchi, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada, Tetsuya Yoda. Secretory carcinoma around Stensen's duct misdiagnosed as salivary duct cyst. Int J Clin Exp Pathol. 2020.08; 13 (8): 2211-2217. ( PubMed )

  • Hideaki Hirai, Toshimitsu Ohsako, Takuma Kugimoto, Hirofumi Tomioka, Yasuyuki Michi, Kou Kayamori, Tetsuya Yoda, Masahiko Miura, Ryoichi Yoshimura, Hiroyuki Harada. Comparison of 50- and 66-Gy total irradiation doses for postoperative cervical treatment of patients with oral squamous cell carcinoma. Oral Oncol.. 2020.08; 107 104708. ( PubMed, DOI )

  • Misaki Yokokawa, Kei-Ichi Morita, Yu Oikawa, Kou Kayamori, Kei Sakamoto, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada. Co-expression of EGFR and MET has a synergistic effect on the prognosis of patients with oral squamous cell carcinoma. J. Oral Pathol. Med.. 2020.03; 49 (3): 235-242. ( PubMed, DOI )

  • Daisuke Yamamoto, Kou Kayamori, Kei Sakamoto, Maiko Tsuchiya, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada, Tetsuya Yoda, Tetsuro Watabe, Miki Hara-Yokoyama. Intracellular claudin-1 at the invasive front of tongue squamous cell carcinoma is associated with lymph node metastasis. Cancer Sci.. 2020.02; 111 (2): 700-712. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 柴田 恵里、森田 圭一、栢森 高、横川 美咲、外内 えり奈、及川 悠、安西 絵梨、原園 陽介、道 泰之、池田 通、原田 浩之、依田 哲也. 唾液腺の分泌癌(secretory carcinoma)の診断におけるMammaglobin とETV6 splitとの関連性についての検討. 日本人類遺伝学会第63回大会 2019.11 長崎

  • 道泰之、富岡寛文、平井秀明、望月裕美、黒嶋雄志、島本裕彰、渡邊裕、栢森高、依田哲也、原田浩之. 上・下顎に初発症状を呈したびまん性大細胞性B細胞リンパ腫の検討. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.26 札幌

  • 土谷麻衣子、和田あかね、大畑八重、栢森高、坂本啓、池田通. 破骨細胞分化における口腔扁平上皮癌由来エクソソームのもたらす影響. 第30回日本臨床口腔病理学会 2019.09.22 東京

  • 西井直人,島本裕彰,横川美咲,佐藤百合子,佐藤 潔, 栢森 高,池田 通,原田浩之. 上顎に転移した腎細胞癌の1例. 第43回日本頭頚部癌学会2019年6月13-14日 2019.06.13 金沢

  • 石田尚子、栢森高、坂本啓、行森茜、釘本琢磨、原田浩之、池田通. 粘表皮癌におけるFUCA1の発現と病理組織診断への応用. 第108回日本病理学会総会 2019.05.11 東京

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 感染予防(口腔保健工学専攻),2020年 - 現在

  • 学年混合選択セミナー(歯学科),2019年 - 現在

  • 臨床検査(口腔保健衛生学専攻),2017年 - 現在

  • 病態科学演習(歯学科),2015年 - 現在

  • 医歯学融合教育・頭頚部臨床ブロック(医学科,歯学科),2014年 - 現在

全件表示 >>