基本情報

写真a

坂本 潤一郎(サカモト ジュンイチロウ)

SAKAMOTO Junichiro


職名

助教

生年

1978年

メールアドレス

sakajun.orad@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学部  歯学科  2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔放射線医学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔放射線診療領域 歯科放射線科 助教
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 歯科放射線診断・治療学分野 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年03月
    東北大学 歯学部附属病院 研修歯科医
  • 2008年04月
    -
    2013年03月
    東京歯科大学 歯科放射線学講座 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科放射線学会

  • 日本医学放射線学会

  • 日本磁気共鳴医学会

  • 日本画像医学会

  • 頭頸部癌学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    日本歯科放射線学会 代議員

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科放射線学会指導医

  • 日本歯科放射線学会専門医

  • 日本歯科放射線学会認定医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 拡散尖度MRIで迫る口腔癌:リンパ節転移予測因子としての画像診断マーカーの考案,2016年04月 - 2019年03月

  • IVIM MRイメージングで迫る舌癌リンパ節転移予測,2013年04月 - 2016年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 拡散テンソルMRIの歯科臨床への応用:下歯槽神経と咀嚼筋の定量的画像診断法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 拡散尖度MRIで迫る口腔癌:リンパ節転移予測因子としての画像診断マーカーの考案

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 拡散テンソルMRIの歯科臨床への応用:下歯槽神経と咀嚼筋の新しい画像診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • IVIM MRイメージングで迫る舌癌リンパ節転移予測

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 顎関節疼痛を関節液蛋白濃度の可視化により診断するプロジェクト

    文部科学省/日本学術振興会

  • Radiomicsアプローチによる口腔癌MRIバイオマーカーの開発

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Wamasing N, Watanabe H, Sakamoto J, Tomisato H, Kurabayashi T. Differentiation of cystic lesions in the jaw by conventional magnetic resonance imaging and diffusion-weighted imaging. Dento maxillo facial radiology. 2022.01; 51 (1): 20210212. ( PubMed, DOI )

  2. Suga T, Tu TTH, Sakamoto J, Toyofuku A. A case of vestibular schwannoma with oral burning sensation: surgical complication or burning mouth syndrome? BioPsychoSocial medicine. 2021.08; 15 (1): 13. ( PubMed, DOI )

  3. Harazono Y, Kayamori K, Sakamoto J, Akaike Y, Kurasawa Y, Tsushima F, Sasaki Y, Harada H, Yoda T. Retrospective analysis of schwannoma in the oral and maxillofacial region: clinicopathological characteristics and specific pathology of ancient change. The British journal of oral & maxillofacial surgery. 2021.07; ( PubMed, DOI )

  4. Watanabe K, Watanabe M, Takao C, Hong C, Liu Z, Suga T, Tu TTH, Sakamoto J, Umezaki Y, Yoshikawa T, Takenoshita M, Uezato A, Motomura H, Kurabayashi T, Abiko Y, Toyofuku A. Clinical Characteristics of Predominantly Unilateral Oral Cenesthopathy With and Without Neurovascular Contact. Frontiers in neurology. 2021; 12 744561. ( PubMed, DOI )

  5. Kurabayashi T, Ohbayashi N, Sakamoto J, Nakamura S. Usefulness of MR imaging for odontogenic tumors. Odontology. 2021; 109 (1): 1-10.

  6. Kurabayashi T, Ohbayashi N, Sakamoto J, Nakamura S. Usefulness of MR imaging for odontogenic tumors. Odontology. 2020.10; 109 (1): 1-10. ( PubMed, DOI )

  7. Asai S, Nakamura S, Kuribayashi A, Sakamoto J, Yoshino N, Kurabayashi T. Effective combination of 3 imaging modalities in differentiating between malignant and benign palatal lesions Oral surgery Oral Medicine Oral pathology Oral Radiology. 2020.08;

  8. Yamada I, Oshima N, Wakana K, Miyasaka N, Wakabayashi A, Sakamoto J, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D. Uterine Cervical Carcinoma: Evaluation Using Non-Gaussian Diffusion Kurtosis Imaging and Its Correlation With Histopathological Findings. Journal of computer assisted tomography. 2020.06; 45 (1): 29-36. ( PubMed, DOI )

  9. Yamada I, Oshima N, Miyasaka N, Wakana K, Wakabayashi A, Sakamoto J, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D. Texture Analysis of Apparent Diffusion Coefficient Maps in Cervical Carcinoma: Correlation with Histopathologic Findings and Prognosis. Radiology. Imaging cancer. 2020.05; 2 (3): e190085. ( PubMed, DOI )

  10. Kawasaki K, Sugawara S, Watanabe K, Hong C, Tu TTH, Watanabe T, Sakamoto J, Yoshino N, Suga T, Mikuzuki L, Takenoshita M, Takada S, Kurabayashi T, Toyofuku A. Differences in the Clinical Characteristics of Persistent Idiopathic Facial Pain (Atypical Odontalgia) Patients with or Without Neurovascular Compression of the Trigeminal Nerve. Pain medicine (Malden, Mass.). 2020.02; 21 (4): 814-821. ( PubMed, DOI )

  11. Taguchi M, Wamasing P, Watanabe H, Sakamoto J, Kurabayashi T. Applying the paralleling technique in periapical radiographs for Japanese patients by analyzing CT images. Oral Radiology. 2020;

  12. Tran LTX, Sakamoto J, Kuribayashi A, Watanabe H, Tomisato H, Kurabayashi T. Quantitative evaluation of artefact reduction from metallic dental materials in short tau inversion recovery imaging: efficacy of syngo WARP at 3.0 tesla. Dentomaxillofacial Radiology. 2019.07; 48 (7): 20190036. ( PubMed, DOI )

  13. Suzuki N, Kuribayashi A, Sakamoto K, Sakamoto J, Nakamura S, Watanabe H, Harada H, Kurabayashi T. Diagnostic abilities of 3T MRI for assessing mandibular invasion of squamous cell carcinoma in the oral cavity: comparison with 64-row multidetector CT. Dento maxillo facial radiology. 2019.05; 48 (4): 20180311. ( PubMed, DOI )

  14. Yamada I, Sakamoto J, Kobayashi D, Miyasaka N, Wakana K, Oshima N, Wakabayashi A, Saida Y, Tateishi U, Eishi Y. Diffusion kurtosis imaging of endometrial carcinoma: Correlation with histopathological findings. Magnetic resonance imaging. 2019.04; 57 337-346. ( PubMed, DOI )

  15. Yamada I, Miyasaka N, Kobayashi D, Wakana K, Oshima N, Wakabayashi A, Sakamoto J, Saida Y, Tateishi U, Eishi Y. . Endometrial carcinoma: texture analysis of apparent diffusion coefficient maps and its correlation with histopathologic findings and prognosis. Radiology: Imaging Cancer. 2019; 1 (2): 190054. ( PubMed, DOI )

  16. Wamasing P, Deepho C, Watanabe H, Hayashi Y, Sakamoto J, Kurabayashi T. Imaging the bifid mandibular canal using high resolution MRI Dentomaxillofacial Radiology. 2018.12;

  17. Otonari-Yamamoto M, Nakajima K, Sakamoto J, Imoto K, Watanabe M, Kotaki S, Kuroda M, Matsuzaka K, Shibahara T, D Curtin H, K Goto T. Atypical MRI and Histopathological Findings in Dermoid Cyst. The Bulletin of Tokyo Dental College. 2018.11; 59 (3): 207-212. ( PubMed, DOI )

  18. Yamada I, Yoshino N, Hikishima K, Sakamoto J, Yokokawa M, Oikawa Y, Harada H, Kurabayashi T, Saida Y, Tateishi U, Yukimori A, Izumo T, Asahina S. Oral carcinoma: Clinical evaluation using diffusion kurtosis imaging and its correlation with histopathologic findings. Magnetic resonance imaging. 2018.09; 51 69-78. ( PubMed, DOI )

  19. Yamada I, Hikishima K, Yoshino N, Sakamoto J, Miyasaka N, Yamauchi S, Uetake H, Yasuno M, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D, Eishi Y. Colorectal carcinoma: Ex vivo evaluation using q-space imaging; Correlation with histopathologic findings. Journal of magnetic resonance imaging : JMRI. 2018.03; 48 (4): 1059-1068. ( PubMed, DOI )

  20. Deepho C, Watanabe H, Sakamoto J, Kurabayashi T. Mandible canal visibility using a plain volumetric interpolated breath-hold examination sequence in MRI. Dentomaxillofacial Radiology. 2017.10; ( DOI )

  21. Ngamsom S, Nakamura S, Sakamoto J, Kotaki S, Tetsumura A, Kurabayshi T. The intravoxel incoherent motion MRI of lateral pterygoid muscle: a quantitative analysis in patients with temporomandibular joint disorders Dentomaxillofacial Radiology. 2017.08;

  22. Lam PD, Kuribayashi A, Sakamoto J, Nakamura S, Harada H, Kurabayashi T. Imaging findings of childhood B-cell lymphoblastic lymphoma in the mental region: a case report. Dentomaxillofacial Radiology. 2017; ( DOI )

  23. Deepho C, Watanabe H, Kotaki S, Sakamoto J, Sumi Y, Kurabayashi T. Utility of fusion volumetric images from computed tomography and magnetic resonance imaging for localizing the mandibular canal. Dentomaxillofacial Radiology. 2017; ( DOI )

  24. Sakamoto J, Kuribayashi A, Kotaki S, Fujikura M, Nakamura S, Kurabayashi T. Application of Diffusion Kurtosis Imaging to Odontogenic Lesions: Analysis of the Cystic Component J Magn Reson Imaging. 2016.12; 44 (6): 1565-1571. ( PubMed, DOI )

  25. Kotaki S, Sakamoto J, Kretapirom K, Supak N, Sumi Y, Kurabayashi T. Diffusion tensor imaging of the inferior alveolar nerve using 3T MRI: a study for quantitative evaluation and fibre tracking. Dentomaxillofac Radiol. 2016.12; 45 (8): 20160200. ( PubMed, DOI )

  26. Lam PD, Kuribayashi A, Imaizumi A, Sakamoto J, Sumi Y, Yoshino N, Kurabayashi T.. Differentiating benign and malignant salivary gland tumours: diagnostic criteria and the accuracy of dynamic contrast-enhanced MRI with high temporal resolution. The British Journal of Radiology. 2015.05; 88 (1049): ( PubMed, DOI )

  27. Kamio T, Imaizumi A, Nishikawa K, Shibui T, Inoue K, Matsuzaka K, Sakamoto J, Sano T. Utility of preoperative imaging diagnosis for a malignant tumor of the mandible: a malignant tumor of the mandible is difficult to discriminate from bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaw. Oral Radiol. 2014.09; 30 236-242. ( DOI )

  28. Sakamoto J, Imaizumi A, Sasaki Y, Kamio T, Wakoh M, Otonari-Yamamoto M, Sano T. Comparison of accuracy of intravoxel incoherent motion and apparent diffusion coefficient techniques for predicting malignancy of head and neck tumors using half-Fourier single-shot turbo spin-echo diffusion-weighted imaging. Magn Reson Imaging. 2014.09; 32 (7): 860-866. ( DOI )

  29. Wakoh M, Sakamoto J, Kamio T, Imaizumi A, Otonari-Yamamoto M, Sano T, Matsuzaka K. A case of myoepithelioma emerging in the buccal region: verification of the primary site based on magnetic resonance imaging, computed tomography, histopathological, and anatomical findings. Oral Radiol. 2014; 30 (1): 123-128. ( DOI )

  30. Kodama S, Otonari-Yamamoto M, Sano T, Sakamoto J, Imoto K, Wakoh M. Signal intensity on fluid-attenuated inversion recovery images of condylar marrow changes correspond with slight pain in patients with temporomandibular joint disorders. Oral Radiol. 2014; 30 (3): 212-218. ( DOI )

  31. Imaizumi A, Sasaki Y, Sakamoto J, Kamio T, Nishikawa K, Otonari-Yamamoto M, Wako M. Effects of compression force on elasticity index and elasticity ratio in ultrasound elastography Dentomaxillofac Radiol. 2014; 43 (4): 20130392. ( DOI )

  32. 浅井 桜子, 坂本潤一郎, 栗林 亜実, 小滝 真也, 倉林 亨. 初発および再発時に下顎神経に沿った進展を示した顎下腺腺様嚢胞癌の1例 歯科放射線. 2020; 60 (1): 27-30.

  33. 坂本潤一郎,小滝真也,中村 伸,角倉可奈子,原田浩之,倉林 亨. 上顎に生じた歯原性幻影細胞癌の 1 例 歯科放射線. 2017.10; 57 (1): 57-59.

  34. 小滝真也,坂本潤一郎,浅井桜子,栗林 亜実,鵜澤 成一,倉 林 亨. MRI が診断に有用であった歯原性粘液腫の 1 例 歯科放射線. 2017.10; 57 (1): 54-56.

  35. 坂本 潤一郎,Ngamsom Supak,栗林 亜実,倉林 亨 . 特集 歯・顎・口腔の画像診断, 顎関節の疾患 画像診断. 2017.06; 37 (7): 671-683.

  36. 坂本潤一郎,倉林 亨. 最近の歯学 2. 口腔放射線医学 拡散強調MRIによる拡散・灌流評価:顎顔面領域への応用 口腔病学会雑誌. 2016.07; 83 (2): 88.

  37. 坂本潤一郎. 特集アドバンストコース『臨床画像』2015年7月号特集 口腔外科・歯科領域の画像診断:放射線科医の日常臨床に役立つ知識 臨床画像. 2015.11; 31 (11): 1397-1399.

  38. 音成(山本)実佳, 井本 研一, 和光 衛, 神尾 崇, 坂本 潤一郎, 山本 信治, 松坂 賢一, 柴原 孝彦, 佐野 司. 左側上顎結節部に生じた周辺型エナメル上皮腫の画像所見 歯科放射線. 2014; 54 (3): 27-29.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Taguchi M, Sakamoto J, Watanabe H, Kurabayashi T.. Application of texture analysis to odontogenic lesions. The 23rd International Congress of DentoMaxilloFacial Radiology 2021.04.28 Web

  2. 道 泰之, 加地博一, 土谷麻衣子, 栢森 高, 坂本潤一郎, 依田哲也, 原田浩之. 下顎に発生したMixed phenotype acute leukemia/lymphomaの1例. 第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13

  3. Watanabe H, Wamasing P, Deepho C, Sakamoto J, Kurabayashi T. Imaging of the bifid mandibular canal using MRI. 2019 Joint Conference of IADMFR/AAOMR 2019.08.26 Philadelphia, USA

  4. Manila NG, Sakamoto J, Kurabayashi T, Harada H, Tahmasbi-Arashlow M, Nair MK. Odontogenic myxoma: A case report and literature review. 2019 Joint Conference of IADMFR/AAOMR 2019.08.26 Philadelphia, USA

  5. Sakamoto J. Imaging diagnosis of temporomandibular joint diseases. The 41th annual scientific conference of dental reserch 2019.04.02 Ho Chi Minh city, Vietnam

  6. ディーポー ジュタマス, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 倉林 亨. Utility of fusion volumetric images from computed tomography and magnetic resonance imaging for localizing the mandibular canal. 2018.05.27

  7. Deepho C, Watanabe H, Sakamoto J, Kurabayashi T. Utility of fusion volumetric images from computed tomography and magnetic resonance imaging for localizing the mandibular canal.. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.20

  8. Ngamsom S, Nakamura S, Sakamoto J, Kotaki S, Kurabayashi T. The Intravoxel Incoherent Motion MRI of Lateral Pterygoid Muscle: A Quantitative Analysisin Patients with Temporomandibular Joint Disorders. European Congress of Radiology 2017 2017.03

  9. Deepho C, Watanabe H, Kotaki K, Sakamoto J, Sumi Y, Kurabayashi T.. Utility of CT/MRI fusion volumetric images for localizing the mandibular canal. The 11th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2016.11.12 Chiang Mai, Thailand.

  10. Kotaki S, Sakamoto J, Kretapirom K, Ngamsom S, Kurabayashi T. Diffusion Tensor Imaging of the Inferior Alveolar Nerve Using 3T MRI. The 11th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology. November 12th, 2016, Chiang Mai, Thailand 2016.11.12

  11. Nakamura S, Sakamoto J, Yoshino N, Kurabayahi T. Imaging of lingual lymph node metastasis in patients with squamous cell carcinoma of the tongue . The 11th Asian Congress of Maxillofacial Radioloy 2016.11 Chiang-Mai, Thailand

  12. Ngamsom S, Nakamura S, Sakamoto J, Kotaki S, Kurabayashi T. Quantitative evaluation of lateral pterygoid muscles in patients with temporomandibular joint disorders by intravoxel incoherent motion MRI . Swiss Congress of Radiology 2016 2016.05 Davos, Switzerland

  13. Kotaki S, Sakamoto J, Kurabayashi T. MRI findings of the inferior alveolar nerve. The 38th Annual Scientific Conference on Dental Research. April 5th, 2016, Ho-Chi-Minh City, Vietnam 2016.04.05

  14. Kotaki S, Sakamoto J, Kurabayashi T. The visualization and evaluation of healthy inferior alveolar nerve using diffusion tensor imagina and tractography . The 10th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiology 2014.11.21 Bail, Indonesia

  15. Wamasing P, Watanabe H, Sakamoto J, Tomisato H, Kurabayashi T. The differentiation of the cystic lesions in the jaws by conventional magnetic resonance imaging and diffusion-weighted imaging . 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.03 東京

  16. ワーマシン ナッドニチャー, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 倉林 亨. The differentiation of the cystic lesions in the jaws by conventional magnetic resonance imaging and diffusion-weighted imaging. NPO法人日本歯科放射線学会第2回秋季学術大会 2021.10.30

  17. 坂本潤一郎,田口美晴,栗林亜実,渡邊 裕,倉林 亨. 機械学習による歯原性病変のCT鑑別診断支援:アンサンブル分類器の適応とその評価. 日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  18. 栗林亜実、川島桜子、坂本潤一郎、栢森 高、富里 博、倉林亨. 口腔症状を主訴とするメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患のMR画像について. 日本歯科放射学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web開催

  19. 田口美晴,坂本潤一郎,渡邊 裕,倉林 亨. 歯原性病変の鑑別診断:CTテクスチャ解析の適応. 日本歯科放射線学会第61回学術大会・第17回定例総会 2021.05.22 Web

  20. 田口 美晴、ワーマシン ピーラポン、渡邊 裕、坂本 潤一郎、倉林 亨. 平行法は日本人に適応可能か?. 2020.10.31 Web会場

  21. 原田浩之, 富岡寛文, 及川 悠, 小宮瑠里, 野地理夏, 時崎詩織, 坂本潤一郎, 倉林 亨, 栢森 高, 池田 通.. 舌癌および下顎歯肉癌のDOI. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.06

  22. 坂本潤一郎, 渡邊 裕, 田口美晴, 栗林亜実, 持田薫利, 原田浩之, 倉林 享. 咀嚼筋隙腫瘍が鑑別診断となった歯原性角化嚢胞の1例. 日本歯科放射線学会第230回関東地方会 2020.01.25 東京

  23. Wamasing P, Deepho C, Watanabe H, Hayashi Y, Sakamoto J, Kurabayashi T. Imaging the bifid mandibular canal by MRI. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07

  24. 富里博, 渡邊 裕, 坂本潤一郎, 渡部拓弥, 倉林 亨. 東京医科歯科大学歯学部附属病院で発生したMRIのクエンチ(磁場消失)事象について. NPO法人日本歯科放射線学会第229回関東地方会・第39回北日本地方会・第27回合同地方会 2019.07.13

  25. チャン・チ スアン ラン, 坂本潤一郎, 栗林亜実, 渡邊 裕, 富里 博, 倉林 亨. Quantitative evaluation of artifact reduction from metallic dental materials in short tau inversion recovery imaging: efficacy of Syngo WARP at 3 tesla.. 日本歯科放射線学会第229回関東地方会・第39回北日本地方会・第27回合同地方会 2019.07.13 東京

  26. 渡邊 裕, Wamasing P, 坂本潤一郎, 倉林 亨. MRIによる二分下顎管の描出について. NPO法人日本歯科放射線学会第60回学術大会・第16回定例総会 2019.06.16 東京

  27. 栗林亜実, 坂本潤一郎, 富里 博, 栢森 高, 原田浩之, 倉林 亨. 硬組織形成を認めた顎骨腫瘍の2例. NPO法人日本放射線学会 第228回関東地方会 2019.01.26 千葉県松戸市

  28. 中村伸, 鳥井原彰, 坂本潤一郎, 大山潤, 立石宇貴秀, 倉林亨. 口腔扁平上皮癌におけるMRI-IVIMパラメータとFDG-PET/CTパラメータとの関連性の評価. 第58回日本核医学会学術総会 2018.11.15 宜野湾市

  29. チャン チ スアン ラン, 坂本潤一郎, 富里 博, 倉林 亨. 歯科用金属によるアーチファクトへのWARP-VATの適応:ファントム実験による低減効果の検証. 第46回日本磁気共鳴医学会大会 2018.09.07 金沢市

  30. 渡邊 裕, Chutamas Deepho, 坂本潤一郎, 倉林 亨. 単純Volumetric interpolated breath-hold examination sequenceを用いた下歯槽神経血管束の描出能について. NPO法人日本歯科放射線学会第59回学術大会・第15回定例総会 2018.05.27

  31. 鉄村明美, 中村伸, 吉野教夫, 坂本潤一郎, 藤倉満美子, 倉林亨. MRIによる顎関節開口位の評価〜リアルタイムシネ画像と静止画像の比較. NPO法人 日本歯科放射線学会 第226回関東地方会 2018.01.20

  32. 鈴木紀子、栗林亜実、坂本潤一郎、坂本 啓、渡邊 裕、倉林 亨. 口腔悪性腫瘍の下顎骨浸潤における3D-VIBEとCTとの比較. 日本歯科放射線学会 第22回臨床画像大会 2017.11.11 岩手県盛岡市

  33. 坂本潤一郎,ガンソムスパック,栗林亜実,鉄村明美,吉野教夫,中村 伸,倉林 亨. 唾液腺腫瘍におけるIVIMとダイナミックMRI:パラメータの相関について. 日本歯科放射線学会第22回臨床画像大会 2017.11.11 盛岡市

  34. 浅井桜子, 中村伸, 坂本潤一郎, 栗林亜実, 鳥井原彰, 原田浩之, 倉林亨. 全身的に多発したMTX関連リンパ増殖性疾患の1例. 2017.06.03

  35. 坂本潤一郎,チャン・チ・スアン・ラン,富里 博,羽田紘人,戒田篤志,倉林 亨. 4D dynamic contrast-enhanced MRIの鄂顔面領域への適応:TWISTシーケンス撮像パラメータの画質への影響. 日本歯科放射線学会 第58回学術大会・第14回定例総会 2017.06.03 鹿児島市

  36. 栗林亜実、坂本潤一郎、森田圭一、栢森高、鈴木紀子、倉林亨. 頬部に発生した乳腺相似分泌癌の1例. 日本歯科放射線学会第58回学術大会 2017.06.03 鹿児島市

  37. 鉄村明美, 中村伸, 樺沢勇司, 高原楠旻, 角倉可奈子, 吉野教夫, 坂本潤一郎, 藤倉満美子, 倉林亨. 3T MRI装置を用いた3Dとリアルタイムシネ画像による顎関節の評価. 2017.01.21 横須賀市

  38. 浅井桜子,坂本潤一郎,中村 伸,鳥井原彰,原田浩之,倉林 亨. 口底部腫瘤を初発症状として発見された悪性リンパ腫の一例. NPO 法人 日本歯科放射線学会 第 223 回関東地方会・第 36 回北日本地方会 第 24 回合同地方会 2016.07.02 札幌市

  39. 小滝真也, 坂本潤一郎, 中村伸, 吉野教夫, 出雲俊之, 鳥井原彰, 倉林亨. 口腔領域に生じた転移性腫瘍の3症例. NPO法人日本歯科放射線学会第57回総会・学術大会. 平成28年6月19日, 大阪市 2016.06.19

  40. 大林 尚人,鉄村 明美,坂本潤一郎,倉林 亨. トモシンセシスを用いた断層域可変型パノラマ X 線撮影装置 X-era Smart の評価. NPO法人 日本歯科放射線学会 第57回学術大会・第13回定例総会 2016.06.18 大阪市

  41. 栗林亜実、坂本潤一郎、今泉晶子、鈴木紀子、倉林 亨. ダイナミックMRIによる頭頸部血管奇形の診断. 日本歯科放射線学会第57回学術大会 2016.06.18 大阪

  42. 鉄村明美, 中村 伸, 吉野教夫, 坂本潤一郎, 藤倉満美子, 小滝真也, 倉林 亨. 頭頸部結節性筋膜炎の2症例. NPO法人 日本歯科放射線学会 第222回関東地方会 2016.01.23 横浜市

  43. 坂本潤一郎, 小滝真也, 藤倉満美子, 中村 伸, 栗林亜実, 倉林 亨. 拡散尖度画像によるcystic componentを有する歯原性病変の診断能について. 第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会・第28回頭頸部放射線研究会 2015.10.03 盛岡市

  44. 小滝 真也, 坂本 潤一郎, 中村 伸, 田口 貴英, 原田 浩之, 鳥井原 彰 , 倉林 亨. 神経周囲進展が疑われた悪性リンパ腫の1例. NPO法人 日本歯科放射線学会 第56回学術大会 2015.06.07 仙台

  45. 坂本潤一郎, 小滝真也, 新垣理宣, 栗林亜実, 倉林 亨. Diffusion Kurtosis Imaging (DKI) による嚢胞または嚢胞性領域を有する歯原性病変の分析. NPO法人日本歯科放射線学会第 56 回学術大会 2015.06.06 仙台市

  46. ラム ダイフォン, 栗林亜実, 坂本潤一郎, 中村 伸, 原田浩之, 倉林 亨.. オトガイ部に発生したBリンパ芽球リンパ腫の1例.. NPO 法人日本歯科放射線学会第56回学術大会 2015.06.06 仙台

  47. 今泉晶子, 佐々木秀憲, 音成(山本)実佳 , 西川慶一, 和光 衛, 名倉奈津子, 藤倉満美子, 坂本潤一郎, 倉林 亨. 頭頸部正常組織のT1およびT2緩和時間:1.5Tと3.0Tとの比較. NPO法人日本歯科放射線学会第 56 回学術大会 2015.06.06 仙台市

  48. 藤倉満美子, 西川慶一, 今泉晶子, 佐々木秀憲, 坂本潤一郎, 音成実佳, 佐野 司, 美島健二, 倉林 亨. 顎関節部 MR 画像における皮質骨および関節円板の信号強度( 第二報 ) . NPO法人日本歯科放射線学会第 56 回学術大会 2015.06.06 仙台市

  49. 中村伸、吉野教夫、鈴木まどか、坂本潤一郎、倉林亨. 舌扁平上皮癌患者における舌リンパ節転移に関する検討. NPO法人日本歯科放射線学会第56回学術大会 2015.06.06 仙台

  50. 栗林亜実、中村伸、坂本潤一郎、能村嘉一、原田浩之、倉林亨. 下顎管の拡大を伴う悪性リンパ腫の1例. 臨床画像大会 2014.10.31 岡山大学鹿田キャンパス

  51. 坂本潤一郎, 中村 伸, 栗林亜実, 鉄村明美, 鳥井原 彰,倉林 亨. 頬粘膜に転移した乳癌の1例. 第50回日本医学放射線学会秋季臨床大会・第27回頭頸部放射線研究会 2014.09.27 神戸

  52. 鉄村明美, 中村伸, 坂本潤一郎, 吉野教夫, 能村嘉一, 鈴木まどか, 小滝真也, ガンソム・スパック, 倉林亨. 3T MR装置を用いた顎関節のリアルタイムシネ画像の試み. NPO法人日本歯科放射線学会第219回関東地方会・第34回北日本地方会・第22回合同地方会 2014.07.12

  53. 小滝真也, 坂本潤一郎, 新垣理宣, キタピロン コンカモン, 倉林 亨. 拡散テンソル画像とtractographyによる健常者における下歯槽神経の描出と定量的評価. 日本歯科放射線学会第55回総会・学術大会 2014.06.08 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 安藤正一賞,日本歯科放射線学会,2013年06月

  • 学術奨励賞,日本歯科放射線学会,2011年04月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 包括臨床実習,2013年 - 現在

  • 放射線の性質と画像検査の基本実習,2013年 - 現在

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度第2回共用試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップ修了,2018年12月