基本情報

写真a

津田 紫緒(ツダ シオ)

TSUDA Shio


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2012年10月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 基盤看護開発学講座 ヘルスプロモーション看護学 地域保健看護学 特任助教
  • 2012年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 基盤看護開発学講座 ヘルスプロモーション看護学 地域保健看護学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • お茶の水看護研究会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本産業衛生学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
    -
    2021年09月
    日本国際看護学会 日本国際看護学会第5回学術集会準備・実行委員
  • 2021年11月
     
     
    乳幼児保健学会 乳幼児保健学会14回学術集会実行委員
  • 2022年02月
     
     
    日本乳幼児医学・心理学会 第31回日本乳幼児医学・心理学会実行委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高齢者看護学、地域看護学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 労働者の親介護に関する研究,2017年10月 - 現在

  • 産業看護における教育モデルの構築とICT教育プログラムの開発,2017年04月 - 現在

  • 保険者における保健師の活動に関する研究,2014年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 親の介護に直面する労働者の課題の明確化と包括的支援モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 健康保険組合における保健師の技術の明確化および育成方策の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 健康保険組合における保健師の技術の明確化および育成方策の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 在宅高齢者の介入拒否事例の特徴と看護職者が果たす支援方法の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 産業看護における家族支援教育モデルの構築とICT教育プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mai Itai, Akiko Sasaki, Makiko Mori, Shio Tsuda, Ayumi Matsumoto-Murakoso. The Changing Process of Women's Smoking Status Triggered by Pregnancy International Journal of Environmental Research and Public Health. 2019.11; 16 (22): ( PubMed, DOI )

  2. 板井 麻衣、佐々木 明子、津田 紫緒. 乳幼児を養育する母親とその周囲の喫煙に関する実態 日本禁煙学会雑誌. 2019.11; 14 (4): 100-106.

  3. 板井 麻衣、佐々木 明子、津田 紫緒. 産後の女性を対象とした再喫煙防止プログラムに関する文献レビュー お茶の水看護学雑誌. 2019.03; 13 (1-2): 1-11.

  4. 本田 順子、佐々木 明子、津田 紫緒. 在宅要介護高齢者の介護者における介護対処行動と不適切処遇に関する研究 高齢者虐待防止研究. 2019.03; 15 (1): 90-100.

  5. 芝山 正治, 津田 紫緒, 小宮 正久. 高気圧作業安全年生規則改正に伴う改正前の潜水作業進度の実態調査 駒沢女子大学研究紀要. 2015.12; 22 (1): 167-172.

  6. 福山由美,内田恵美子,佐々木明子,津田紫緒,田中敦子. 白癬の治療とケアによる在宅療養者の介護予防への試み 日本在宅ケア学会誌. 2015.09; 19 (1): 27-34.

  7. クラスヨーラン・サーレン, ウルフ・イサクソン , ウルリカ・オストルンド , クリスティーナ・ラーモス , ブリットマリー・リングレン , ペル・エナーション , クリスティーナ・ユートゥベリ , ロースマリー・イサクソン , セナダ・ハイダレヴィッチ , ブリティンゲル・サーヴェマン , 佐々木 明子, 津田 紫緒, 小林 秀行. スウェーデンにおける看護学研究の展開 ウメオ大学から発表された最近の研究の概観から(2) 看護研究. 2014.06; 47 (3): 234-240.

  8. クラスヨーラン・サーレン, ウルフ・イサクソン , ウルリカ・オストルンド , クリスティーナ・ラーモス , ブリットマリー・リングレン , ペル・エナーション , クリスティーナ・ユートゥベリ , ロースマリー・イサクソン , セナダ・ハイダレヴィッチ , ブリティンゲル・サーヴェマン , 佐々木 明子, 津田 紫緒, 小林 秀行. スウェーデンにおける看護学研究の展開 ウメオ大学から発表された最近の研究の概観から(1) 看護研究. 2014.04; 47 (2): 126-133.

  9. 津田 紫緒. 特殊業務従事者の健康管理に関する一考察 高気圧作業特殊健康診断結果の推移から お茶の水医学雑誌. 2005.09; 53 (3): 53-65. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 総監修・監修)佐々木明子,照沼正子,森田久美子,監修協力)津田紫緒,田沼寮子他. 新・地域看護活動とヘルスプロモーション 第1巻 地域ケアシステム. 丸善出版, 2020.02 総監修、監修

  2. 佐々木 明子・井原 一成編 津田 紫緒他. 新体系 看護学全書 健康支援と社会保障制度② 公衆衛生学 第4版. メヂカルフレンド社, 2016.12 第1編 第4章 健康と保健統計 (ISBN : 978-4839233075)

  3. 佐々木明子,森田久美子,小野ミツ 他. 特集 国試に出る統計と法律. クリニカルスタディ, 2014

  4. 佐々木 明子,照沼 正子,森田 久美子,田沼 寮子,山口 忍,山崎 恭子,津田 紫緒,綾部 明江,遠藤 寛子,小野 ミツ,池田 絹代. 続・地域看護活動とヘルスプロモーション 第4巻公衆衛生看護活動における地域診断. 丸善出版株式会社, 2014 監修協力

  5. 佐々木 明子,照沼 正子,森田 久美子,山口 忍,綾部 明江,山崎 恭子,小野 ミツ,田沼 寮子,津田 紫緒,遠藤 寛子,二宮 一枝. 続・地域看護活動とヘルスプロモーション 第3巻公衆衛生看護活動における地区組織活動・自主グループ. 丸善出版株式会社, 2014 監修協力

  6. 内田恵美子,佐々木明子,津田紫緒 他. 足・爪白癬のケアと治療に関する都市部在宅ケア連携支援システムの開発. 公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団2011年度(後期)在宅医療研究助成金事業報告書, 2013.05

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Shio Tsuda, Helli Kitinoja, Yoneko Kubota, Hisae Nakatani. Working Caregivers in Super-Aged Societies: A Comparison between Finland and Japan. The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science 2020.02 Osaka

  2. Hisae Nakatani, Shio Tsuda, Akiko Kanefuji, Mari Karikawa, Uiko Nakata . Skill of Occupational Health Nurse to Intervenes to Support Health Crisis for Workers and Families: A Literature Review. 7th World Congress of Clinical Safety 2018.09.07 Bern, Switzerland

  3. Shio TSUDA, Hisae NAKATANI, Akiko KANEFUJI, Mari KARIKAWA. Family Nursing Approaches in Occupational Health Nursing: A Literature Review. The 32nd International Congress on Occupational Health 2018.04.29 Dublin, Ireland

  4. Hisae Nakatani, Akiko Kanefuji, Mari Karikawa, Uiko Nakata, Shio Tsuda. The Role and Approaches of Family Nursing in Occupational Health Nursing: A Literature Review. The 5th International Nursing Research Conference 2017.10.20 Bangkok, Thailand

  5. Kosuke KIMURA, Akiko SASAKI, Shio TSUDA, Kinuyo IKEDA. Stress conditions and support necessary for mental health of public health nurses dispatched to The Great East Japan Earthquake. The 3rd KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing 2016.07.02 Busan SOUTH KOREA

  6. Minami TAKIGUCHI, Akiko SASAKI, Shio TSUDA. The roles and problems of public health nurses in working support for adult people with schizophrenia. The 3rd KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing 2016.07.02 Busan SOUTH KOREA

  7. Mai ITAI, Akiko SASAKI, Shio TSUDA, Kinuyo IKEDA, Shino TAMAKI. Nursing students' learning about the role of public health nurse in health consultation using DVD. The 3rd KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing 2016.07.02 busan SOURTH KOREA

  8. Mai ITAI,Akiko SASAKI,Shio TSUDA.Helli KITINOJA,Tiina OJANERA. Comparison of Japan and Finland in mother and child health checkups and consultations.. 19th EAFONS 2016.03.15

  9. Shino TAMAKI,Akiko SASAKI,Kumiko MORITA,Shio TSUDA. Intervention by social workers for elderly peopl who refuse support and the coopertion with community health nurses. 19th EAFONS 2016.03.15 Chiba JAPAN

  10. Chie HISHINUMA,Akiko SASAKI,Shio TSUDA,Shino TAMAKI,Yuko KANAYA. Role Perceptions and Practices of Proficient Public Health Nurses on creating of Community Network. The 6th International Conference on Community Health Nursing Research 2015.08.21 SEOUL,Korea

  11. Akiko SASAKI,Shio TSUDA,Kinue IKEDA,Kumiko MORITA. Elements of Community Health Nursing Practice to raise the Public Health Nurse intentionalness of the Nursing Students. International Conferences on Community Health Nursing Research 2015.08.19 Korea

  12. Shio Tsuda, Akiko Sasaki, Kinuyo Ikeda, Kumiko Morita. Impact of Practice Duration on Students Self-Assessment in Learning Public Health Nursing Practicum. International Conferences on Community Health Nursing Research 2015.08.19 Korea

  13. Shino TAMAKI,Akiko SASAKI,Kumiko MORITA,Shio TSUDA,Chie HISHINUMA,Yuko KANAYA. Intervntion by Community Nurses for Elderly People who Refuse the Support. International Conferences on Community Health Nursing Research 2015.08.19 Korea

  14. 津田紫緒, 中谷久恵. 産業保健看護職者の専 門教育制度の国際比較. 第80 回日本公衆衛生学会総会 2021.12.21 ハイブリッド(東京・オンデマンド)

  15. 中谷久恵, 藤田麻理子, 津田紫緒. 産業看護職の家族支援への関心と 学習ニーズの実態調査. 日本地域看護学会第24回学術集会 2021.09 オンライン開催

  16. 中谷 久恵,藤田 麻理子,津田 紫緒. 産業看護職が行う家族支援技術の因子的妥当性. 第9回日本公衆衛生看護学会学術集会 2020.12.25 オンライン

  17. 津田 紫緒、中谷 久恵. 親介護に直面する労働者の経験についての文献検討. 第79回日本公衆衛生学会総会 2020.10 京都

  18. 中谷 久恵、津田 紫緒. 産業保健における家族支援に関連する専門職の国際比較調査. 第79回日本公衆衛生学会総会 2020.10 京都

  19. 大杉成美, 佐々木明子, 津田紫緒. 職域での認知症サポーター養成の意義と行政保健師の役割. 第78回日本公衆衛生学会 2019.10.25 高知

  20. 津田 紫緒, 山﨑 恭子, 三木 祐子. 健康保険組合における保健師の活動に関する文献検討. 日本産業看護学会第6回学術集会 2017.11.04 東京

  21. 板井 麻衣, 佐々木 明子, 津田 紫緒 . 日本における産後の女性の再喫煙に関する文献レビュー. 第76回日本公衆衛生学会 2017.11.02 鹿児島

  22. 津田 紫緒, 佐々木 明子, 山﨑 恭子, 三木 祐子. フィンランドにおける医療・健康上関連情報等の活用のしくみと保健事業の実際. 第76回日本公衆衛生学会 2017.11.02 鹿児島

  23. 佐々木 明子,小野 ミツ,森田 久美子,金屋 佑子,西尾 美登里、秋保 亮太. 高齢者への予防訪問における経時的変化. 第74回日本公衆衛生学会 2015.10 長崎

  24. 内田 恵美子,佐々木 明子,津田 紫緒,高山 かおる,本林 麻紀子,福山 由美. 訪問看護ステーションにおける白癬症の実態とフットケアの効果. 第13回日本フットケア学会年次学術集会 2015.02.15 東京

  25. 菱沼 知恵,佐々木 明子,津田 紫緒,池田 絹代,玉城 紫乃. 地域ネットワークにおける保健師の役割に関する文献検討. 第73回日本公衆衛生学会総会 2014.10 栃木

  26. 玉城 紫乃,佐々木 明子,森田 久美子,津田 紫緒,田沼 寮子,小野 ミツ,池田 絹代,菱沼 知恵. 在宅高齢者の介入拒否事例への支援方法に関する文献検討. 第73回日本公衆衛生学会総会 2014.10 栃木

  27. 佐々木明子,内田恵美子,高山かおる,福山由美,津田紫緒. 都市部における在宅療養者の足・爪白癬の実態(1). 第18回日本在宅ケア学会 2014.03 東京

  28. 内田恵美子,高山かおる,福山由美,佐々木明子,津田紫緒. 訪問看護師,主治医,皮膚科専門医,フットケア看護師等の連携による在宅療養者の足・爪白癬のケアと治療の有効性(2). 第18回日本在宅ケア学会 2014.03 東京

  29. 玉城紫乃,佐々木明子,津田紫緒,三木祐子. 地域における高齢者の孤立防止を目指した取り組み. 第72回日本公衆衛生学会 2013.10 三重

  30. 佐々木明子,小野ミツ,森田久美子,大島扶美,田沼寮子,津田紫緒. 地域の健康高齢者に対するカード式回想法の実施方法と有用性. 第72回日本公衆衛生学会 2013.10 三重

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本在宅ケア学会優秀論文賞,一般社団法人日本在宅ケア学会,2016年07月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度DNGL国際セミナー「災害支援者へのケアを考える」,2015年02月

    災害現場においては極度のストレスを経験することから、支援者もストレスマネージメントが重要となっている。現場の第一線でご活躍のフィンランドの警察官、アメリカの精神看護ナースプラクティショナーの先生をお招きし、皆様とともに国際的な視座から災害支援者へのケアについて討議を行った。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 地域保健看護学Ⅰ,2012年 - 現在

  • 地域保健看護学Ⅱ,2012年 - 現在

  • 地域保健看護学Ⅲ,2012年 - 現在

  • 地域保健看護学演習,2012年 - 現在

  • 地域保健看護学実習,2012年 - 現在

  • 健康教育学演習,2015年 - 現在

  • 国際保健福祉,2014年 - 現在

  • 卒業論文Ⅰ,2013年 - 2015年

  • 卒業論文Ⅱ,2012年 - 現在

▼全件表示

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • Information Session(フィンランド)の企画・運営,2021年06月

  • 第2回SeAMK-TMDU Virtual International Exchange Program企画・運営,2020年06月 - 2021年03月

  • フィンランド海外短期交流学生指導(日本における保健医療福祉制度講義) ,2019年03月

  • フィンランド海外短期交流学生指導(日本における学校・産業保健講義),2019年03月

  • フィンランド海外短期交流学生指導(日本における母子保健・高齢者保健講義),2019年03月

  • Erasmus+短期交流学生指導(特別セミナー),2017年03月

▼全件表示

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • フィンランド海外短期交流学生受け入れ調整・プログラム企画,2018年08月 - 2019年03月

  • Erasmus+にもとづく短期交流学生受け入れ調整・プログラム企画,2016年11月 - 2017年06月

  • 海外教育機関との協定締結・更新,2016年01月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 江戸川保健所業務継続のための支援,2021年08月16日 - 現在

  • 文京保健所業務継続のための応援派遣,2020年04月08日 - 現在

  • 東京都新型コロナウイルス受診相談窓口への 協力,2020年04月01日 - 2020年05月18日