基本情報

写真a

江川 真希子(エガワ マキコ)

EGAWA Makiko


職名

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  博士課程  2009年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  広島大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年07月
    -
    2016年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 助教
  • 2012年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 小児・周産期地域医療学講座特任助教
  • 2015年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 特任助教
  • 2017年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 講師
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 講師
  • 2019年04月
    -
    2021年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 血管代謝探索講座 准教授
  • 2021年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 血管代謝探索研究部門 准教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本超音波医学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本周産期・新生児医学会

  • 日本産科婦人科学会

  • 日本動脈硬化学会

  • 日本産科婦人科遺伝診療学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    公益財団法人日本医療機能評価機構 産科医療補償制度 原因分析委員会
  • 2022年04月
    -
    現在
    日本遺伝カウンセリング学会 倫理問題検討委員会 委員
  • 2022年04月
    -
    現在
    人類遺伝学会 遺伝カウンセリング学会 臨床遺伝専門医制度委員会
  • 2022年04月
    -
    現在
    日本人類遺伝学会 倫理審議委員会
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生前診断の提供等に係る体制の構築に関する研究

    厚生労働省 : 2020年04月 -

  • 出生前診断実施時の遺伝カウンセリング体制の構築に関する研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 新型出生前診断(NIPT)を含めた出生前診断に関する助産師教育プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • 新型出生前診断(NIPT)を含めた出生前診断に関する助産師教育プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Egawa M, Kanda E, Ohtsu H, Nakamura T, Yoshida M. Number of Children and Risk of Cardiovascular Disease in Japanese Women: Findings from the Tohoku Medical Megabank. Journal of atherosclerosis and thrombosis. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  2. Konishi A, Samura O, Muromoto J, Okamoto Y, Takahashi H, Kasai Y, Ichikawa M, Yamada N, Kato N, Sato H, Hamada H, Nakanami N, Machi M, Ichizuka K, Sunami R, Tanaka T, Yonetani N, Kamei Y, Nagamatsu T, Matsumoto M, Tairaku S, Fujiwara A, Nakamura H, Harada T, Watanabe T, Sasaki S, Kawaguchi S, Minami S, Ogawa M, Miura K, Suzumori N, Kojima J, Kotani T, Sasaki R, Baba T, Toyofuku A, Endo M, Takeshita N, Taketani T, Sase M, Matsubara K, Hayata K, Hamada Y, Egawa M, Kakinuma T, Matsushima S, Kitagawa M, Shiga T, Kurashina R, Hamada H, Takagi H, Kondo A, Miharu N, Yamashita M, Horiya M, Morimoto K, Takahashi K, Okamoto A, Sekizawa A, Sago H. Prevalence of common aneuploidy in twin pregnancies. Journal of human genetics. 2022.01; 67 (5): 261-265. ( PubMed, DOI )

  3. Sasaki Y, Yamada T, Tanaka S, Sekizawa A, Hirose T, Suzumori N, Kaji T, Kawaguchi S, Hasuo Y, Nishizawa H, Matsubara K, Hamanoue H, Fukushima A, Endo M, Yamaguchi M, Kamei Y, Sawai H, Miura K, Ogawa M, Tairaku S, Nakamura H, Sanui A, Mizuuchi M, Okamoto Y, Kitagawa M, Kawano Y, Masuyama H, Murotsuki J, Osada H, Kurashina R, Samura O, Ichikawa M, Sasaki R, Maeda K, Kasai Y, Yamazaki T, Neki R, Hamajima N, Katagiri Y, Izumi S, Nakayama S, Miharu N, Yokohama Y, Hirose M, Kawakami K, Ichizuka K, Sase M, Sugimoto K, Nagamatsu T, Shiga T, Tashima L, Taketani T, Matsumoto M, Hamada H, Watanabe T, Okazaki T, Iwamoto S, Katsura D, Ikenoue N, Kakinuma T, Hamada H, Egawa M, Kasamatsu A, Ida A, Kuno N, Kuji N, Ito M, Morisaki H, Tanigaki S, Hayakawa H, Miki A, Sasaki S, Saito M, Yamada N, Sasagawa T, Tanaka T, Hirahara F, Kosugi S, Sago H, Japan N. I. P. T. Consortium.. Evaluation of the clinical performance of noninvasive prenatal testing at a Japanese laboratory. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2021.08; 47 (10): 3437-3446. ( PubMed, DOI )

  4. Ikeda Sadakatsu, Kudo Ryo, Yamashita Yamato, Noji Rika, Yokobori Jyunko, Ohki Mika, Takamine Eriko, Kobayashi Yumi, Egawa Makiko, Ebana Yusuke, Kimura Koichiro, Yokoyama Kohta, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Kirimura Susumu, Kinowaki Yuko, Tanimoto Kosuke, Miya Fuyuki, Kano Yoshihito, Yoshida Masayuki, Miyake Satoshi. Clinical utility of multi-disciplinary expert panel discussion in precision cancer medicine ANNALS OF ONCOLOGY. 2021.07; 32 S287. ( DOI )

  5. Egawa M, Hara K, Ikeda M, Yoshida M. Questionnaire dataset: Attitude of epileptologists and obstetricians to pregnancy among women with epilepsy. Data in brief. 2020.08; 31 105948. ( PubMed, DOI )

  6. Terui-Kohbata Hiroko, Egawa Makiko, Yura Kei, Yoshida Masayuki. Knowledge and attitude of hereditary breast cancer among Japanese university female students(和訳中) Journal of Human Genetics. 2020.07; 65 (7): 591-599. ( 医中誌 )

  7. Egawa M, Hara K, Ikeda M, Kono E, Miyashita S, Miyasaka N, Inaji M, Maehara T, Yoshida M. Role of obstetricians in promoting pregnancy-related knowledge among women with epilepsy in Japan. Epilepsy & behavior : E&B. 2020.06; 111 107176. ( PubMed, DOI )

  8. Hirose Asuka, Terauchi Masakazu, Odai Tamami, Yomogita Hiroshi, Tsurane Kotoi, Egawa Makiko, Miyasaka Naoyuki. Postpartum depression is associated with antioxidative activity within few days after delivery(和訳中) The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2019.08; 45 (8): 1749-1750. ( 医中誌 )

  9. Hirose Asuka, Terauchi Masakazu, Odai Tamami, Yomogita Hiroshi, Tsurane Kotoi, Egawa Makiko, Miyasaka Naoyuki. 産後うつは出産後数日以内の抗酸化活性と関連している(Postpartum depression is associated with antioxidative activity within few days after delivery) 日本産科婦人科学会雑誌. 2019.02; 71 (臨増): S-263. ( 医中誌 )

  10. Makiko Egawa, Kohsuke Imai, Yoko Taketani, Tomohiro Morio, Naoyuki Miyasaka. Two Prenatal Cases of Hyper-IgE Syndrome. J. Clin. Immunol.. 2019.01; 39 (1): 15-18. ( PubMed, DOI )

  11. Takeuchi Shiho, Egawa Makiko, Kidera Nobuyuki, Fudono Ayako, Hirose Asuka, Nakasuji Takashi, Miyasaka Naoyuki. FIVE CASES OF CESAREAN SCAR PREGNANCY PLACENTA. 2018.09; 69 E30.

  12. Makiko Egawa, Hirokazu Kanegane, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Naoyuki Miyasaka. Intravenous immunoglobulin (IVIG) efficiency in women with common variable immunodeficiency (CVID) decreases significantly during pregnancy. J. Matern. Fetal. Neonatal. Med.. 2018.04; 1-5. ( PubMed, DOI )

  13. Egawa M, Imai K, Mori M, Miyasaka N, Kubota T. Placental Transfer of Canakinumab in a Patient with Muckle-Wells Syndrome. Journal of clinical immunology. 2017.05; 37 (4): 339-341. ( PubMed, DOI )

  14. Naoyuki Miyasaka, Makiko Egawa, Mitsuaki Isobe, Yoshinori Inoue, Toshiro Kubota. Obstetrical management of patients with extra-anatomic vascular bypass grafts due to Takayasu arteritis. J. Obstet. Gynaecol. Res.. 2016.12; 42 (12): 1864-1869. ( PubMed, DOI )

  15. Egawa M, Miyasaka N, Kubo T, Naitou M, Ito T, Kubota T.. A case of puerperal group a streptococcal sepsis complicated by ovarian vein thrombosis. J Obstet Gynaecol.. 2016.10; ( PubMed )

  16. Egawa M, Hayashi S, Yang L, Sakamoto N, Sago H.. Chorioamniotic membrane separation after fetoscopic laser surgery for twin-twin transfusion syndrome. Prenat Diagn.. 2013.01; 33 (1): 89-94. ( PubMed )

  17. Noriyoshi Watanabe, Kanako Bokuda, Takeo Fujiwara, Tomo Suzuki, Asako Mito, Satoshi Morimoto, Seung Chik Jwa, Makiko Egawa, Yoshie Arai, Fumiaki Suzuki, Haruhiko Sago, Atsuhiro Ichihara. Soluble (pro)renin receptor and blood pressure during pregnancy: a prospective cohort study. Hypertension. 2012.11; 60 (5): 1250-1256. ( PubMed, DOI )

  18. Hironori Takahashi, Noriyoshi Watanabe, Rika Sugibayashi, Hiroaki Aoki, Makiko Egawa, Aiko Sasaki, Yuki Tsukahara, Takahiko Kubo, Haruhiko Sago. Increased rate of cesarean section in primiparous women aged 40 years or more: a single-center study in Japan. Arch. Gynecol. Obstet.. 2012.04; 285 (4): 937-941. ( PubMed, DOI )

  19. Egawa M, Kamata H, Kushiyama A, Sakoda H, Fujishiro M, Horike N, Yoneda M, Nakatsu Y, Ying G, Jun Z, Tsuchiya Y, Takata K, Kurihara H, Asano T.. Long-term forskolin stimulation induces AMPK activation and thereby enhances tight junction formation in human placental trophoblast BeWo cells. Placenta. 2008.12; ( PubMed )

  20. 栗原 大地, 蓬田 裕, 黒坂 徳子, 羅 ことい, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 妊娠・分娩を契機に発症した劇症型抗リン脂質抗体症候群(CAPS)の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2022.07; 71 (3): 533-541. ( 医中誌 )

  21. 江川 真希子, 山田 崇弘. 【知っておくべき周産期・新生児領域の遺伝学的検査を展望する】胎児形態異常における網羅的遺伝子解析法の活用 周産期医学. 2022.05; 52 (5): 645-649. ( 医中誌 )

  22. 関口 将軌, 辰巳 嵩征, 廣瀬 明日香, 蓬田 裕, 不殿 絢子, 羅 ことい, 鳥羽 三佳代, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 巨大児でないlarge for gestational age児を分娩した非妊娠糖尿病女性における耐糖能異常の頻度 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2021.06; 57 (Suppl.): P153. ( 医中誌 )

  23. 牛木 詠子, 平光 史朗, 廣瀬 明日香, 蓬田 裕, 羅 ことい, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 当院におけるクローン病合併妊娠の周産期予後に関する検討 東京産科婦人科学会会誌. 2021.04; 70 (2): 164-167. ( 医中誌 )

  24. 江川 真希子, 野間 友梨子, 高知 佑輔, 久保 拓之, 廣瀬 明日香, 辰巳 嵩征, 関口 将軌, 宮坂 尚幸. てんかん専門医の妊娠関連情報提供に対する意識調査 日本産科婦人科学会雑誌. 2021.03; 73 (臨増): S-354. ( 医中誌 )

  25. 江川 真希子. てんかんと女性をめぐる問題を理解する てんかん女性と妊娠 てんかん研究. 2021.01; 38 (3): 211-215. ( 医中誌 )

  26. 江川 真希子. てんかん女性への妊娠に関する情報提供における課題 周産期学シンポジウム. 2020.09; (38): 61-66. ( 医中誌 )

  27. 不殿 絢子, 江川 真希子, 蓬田 裕, 羅 ことい, 廣瀬 明日香, 宮坂 尚幸. 妊娠を契機にTMAを発症し死亡に至ったSLE合併妊娠の1例 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2020.09; 56 (2): 324-329. ( 医中誌 )

  28. 武内 史緒, 光井 潤一郎, 不殿 絢子, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 帝王切開瘢痕部妊娠 CSPの3例 東京産科婦人科学会会誌. 2020.07; 69 (3): 500-505. ( 医中誌 )

  29. 黒坂 徳子, 蓬田 裕, 牛木 詠子, 鎌形 美那, 船崎 俊也, 羅 ことい, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 腟閉鎖開放術後に自然妊娠したOHVIRA症候群の1例と当院における泌尿生殖器奇形合併妊娠の周産期予後 関東連合産科婦人科学会誌. 2020.03; 57 (1): 95-100. ( 医中誌 )

  30. 江川 真希子, 河野 絵里, 池田 まさみ, 原 恵子, 稲次 基希, 前原 健寿, 蓬田 裕, 羅 ことい, 宮坂 尚幸, 宮下 進. てんかん女性への妊娠に関する情報提供における課題 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2020.01; 55 (別冊): 24-25. ( 医中誌 )

  31. 江川真希子. てんかん女性と妊娠 日本てんかん学会誌. 2020;

  32. 江川 真希子, 原 恵子, 河野 絵里, 稲次 基希, 宮坂 尚幸, 前原 健寿. てんかん女性への妊娠に関する情報提供に関する検討 てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 517. ( 医中誌 )

  33. 長谷川 伶奈, 羅 ことい, 蓬田 祐, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 胎児心エコーにて経時的に評価した肺動脈弁形成不全合併Fallot四徴症(TOF-APV)の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2019.07; 68 (3): 459-463. ( 医中誌 )

  34. 不殿 絢子, 江川 真希子, 蓬田 裕, 羅 ことい, 廣瀬 明日香, 宮坂 尚幸. 妊娠を契機にTMAを発症し死亡に至ったSLE合併妊娠の1例 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2019.06; 55 (2): 429. ( 医中誌 )

  35. 羅 ことい, 蓬田 裕, 不殿 綾子, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 妊娠中に増悪した多発性硬化症の一例 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2019.06; 55 (2): 660. ( 医中誌 )

  36. 廣瀬 明日香, 寺内 公一, 尾臺 珠美, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 産後うつ病は分娩後数日での抗酸化力と関連する 東京母性衛生学会誌. 2019.05; 36 (Suppl.1): S(18). ( 医中誌 )

  37. 三浦 貴大, 羅 ことい, 江川 真希子, 蓬田 裕, 廣瀬 明日香, 宮坂 尚幸. 外国人妊産婦への対応に対する当院の取り組み 来たるべき国際化の波に備えて 日本産科婦人科学会雑誌. 2019.02; 71 (臨増): S-374. ( 医中誌 )

  38. 黒坂 徳子, 江川 真希子, 金子 志保, 長谷川 伶奈, 三浦 貴大, 蓬田 裕, 羅 ことい, 廣瀬 明日香, 宮坂 尚幸. 当院における子宮奇形合併妊娠と周産期予後についての検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2019.02; 71 (臨増): S-656. ( 医中誌 )

  39. 河野 絵里, 江川 真希子, 長谷川 伶奈, 三浦 貴大, 金子 志保, 蓬田 裕, 羅 ことい, 廣瀬 明日香, 宮坂 尚幸. 当院におけるてんかん合併妊娠35例の検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2019.02; 71 (臨増): S-368. ( 医中誌 )

  40. 石川 智則, 岩原 由樹, 河野 絵里, 長谷川 伶奈, 中村 玲子, 金子 志保, 鎌形 美那, 三浦 貴大, 黒坂 徳子, 羅 ことい, 齋藤 和毅, 中筋 貴史, 平光 史朗, 江川 真希子, 吉木 尚之, 宮坂 尚幸. 術前に人工血管バイパス再置換術を行った高安大動脈炎合併の巨大卵巣腫瘍の1例 関東連合産科婦人科学会誌. 2018.11; 55 (4): 587-595. ( 医中誌 )

  41. 藤岡陽子 江川真希子 林聡 不殿絢子 横田真由美 中筋貴史 宮坂 尚幸. 点状軟骨異形成症保因者の3回の異なる妊娠経過の報告 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2018.10; 39 (3): 141-144. ( 医中誌 )

  42. 鎌形 美那, 廣瀬 明日香, 瀬賀 雅康, 丸山 陽介, 蓬田 裕, 不殿 絢子, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 抗E抗体価上昇のため妊娠35週で陣痛誘発を行った特発性血小板減少性紫斑病(ITP)合併妊娠の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2018.10; 67 (4): 680-684. ( 医中誌 )

  43. 黒坂 徳子, 蓬田 裕, 牛木 詠子, 鎌形 美那, 船崎 俊也, 羅 ことい, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 腟閉鎖開放術後に自然妊娠したOHVIRA症候群の.例 関東連合産科婦人科学会誌. 2018.10; 55 (3): 375. ( 医中誌 )

  44. 藤岡 陽子, 江川 真希子, 林 聡, 不殿 絢子, 横田 真由美, 中筋 貴史, 宮坂 尚幸. 点状軟骨異形成症保因者の3回の異なる妊娠経過の報告 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2018.10; 39 (3): 141-144. ( 医中誌 )

  45. 廣瀬 明日香, 寺内 公一, 尾臺 珠美, 加藤 清子, 秋吉 美穂子, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 産後うつ病は分娩後数日での抗酸化力と関連する 女性心身医学. 2018.07; 23 (1): 52. ( 医中誌 )

  46. 松岡 裕美, 江川 真希子, 瀬賀 雅康, 丸山 陽介, 蓬田 裕, 廣瀬 明日香, 不殿 絢子, 有川 淑恵, 野口 澄子, 四手井 綱則, 滝 敦子, 宮坂 尚幸. 大学病院における多職種協働支援システムによる母子支援の実際 精神科リエゾンチームの立場から 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2018.06; 54 (2): 563. ( 医中誌 )

  47. 不殿 絢子, 瀬賀 雅康, 丸山 陽介, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 胎児超音波所見を契機に母の骨形成不全症が判明した1例 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2018.06; 54 (2): 599. ( 医中誌 )

  48. 瀬賀 雅康, 丸山 陽介, 不殿 絢子, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 炎症性腸疾患合併妊娠25例の周産期予後に関する検討 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2018.06; 54 (2): 616. ( 医中誌 )

  49. 高橋 沙矢子, 甲畑 宏子, 江花 有亮, 高嶺 恵理子, 江川 真希子, 吉田 雅幸. 確定診断をせず出産に至った18トリソミー疑い妊娠症例における遺伝カウンセリング 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2018.05; 39 (2): 130. ( 医中誌 )

  50. 丸山 祐佳, 高村 ゆ希, 朝顔 千絵, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 高齢初産婦の円滑な育児手技獲得に向けての援助 不妊治療後の48歳初産婦双胎妊娠の事例を通して 東京母性衛生学会誌. 2018.04; 35 (Suppl.1): S(29). ( 医中誌 )

  51. 大澤 まどか, 高村 ゆ希, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 多職種連携を必要とする精神疾患合併妊婦への支援について 東京母性衛生学会誌. 2018.04; 35 (Suppl.1): S(28). ( 医中誌 )

  52. 石塚 清子, 廣瀬 明日香, 久保 拓之, 不殿 絢子, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. エクリズマブ投与中の発作性夜間血色素尿症女性における2回の妊娠分娩管理経験 東京産科婦人科学会会誌. 2018.04; 67 (2): 224-228. ( 医中誌 )

  53. 不殿 絢子, 宮坂 尚幸, 江川 真希子, 廣瀬 明日香, 松岡 竜也, 石塚 清子, 丸山 陽介. 臍帯動脈血pH低値およびlow Apgarスコアであった正期産症例の検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2018.02; 70 (2): 980. ( 医中誌 )

  54. 勝又 翔子, 不殿 絢子, 内藤 未帆, 廣瀬 明日香, 横田 真由美, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 帝王切開後に脳梗塞を発症したもやもや病合併妊娠の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2017.10; 66 (4): 703-707. ( 医中誌 )

  55. 瀬賀 雅康, 廣瀬 明日香, 久保 拓之, 不殿 絢子, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 炎症性腸疾患合併妊娠の周産期予後に関する検討 関東連合産科婦人科学会誌. 2017.10; 54 (3): 285. ( 医中誌 )

  56. 廣瀬 明日香, 寺内 公一, 加藤 清子, 秋吉 美穂子, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 妊娠中期のうつ症状はショ糖摂取量と関連する 女性心身医学. 2017.06; 22 (1): 68. ( 医中誌 )

  57. 廣瀬 明日香, 内藤 未帆, 不殿 絢子, 横田 真由美, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 当院周産女性診療科における妊婦自己血貯血の実際と適正な貯血の検討 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2017.06; 53 (2): 685. ( 医中誌 )

  58. 不殿 絢子, 内藤 未帆, 廣瀬 明日香, 横田 真由美, 江川 真希子, 宮坂 尚幸. 当院における悪性腫瘍治療後妊娠の検討 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2017.06; 53 (2): 561. ( 医中誌 )

  59. 江川 真希子, 森 雅亮, 岡本 圭祐, 窪田 哲朗. 自己炎症症候群 妊娠期もカナキヌマブ投与を継続したクリオピリン関連周期熱症候群の1例 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017.03; 61回 449. ( 医中誌 )

  60. 竹谷 陽子, 江川 真希子, 寺本 有里, 廣瀬 明日香, 横田 真由美, 宮坂 尚幸. 高IgE症候群合併妊娠の2症例 日本産科婦人科学会雑誌. 2017.02; 69 (2): 891. ( 医中誌 )

  61. 江川 真希子, 竹谷 陽子, 寺本 有里, 廣瀬 明日香, 横田 真由美, 宮坂 尚幸. Muckle-Wells症候群合併妊娠に対してカナキヌマブを使用した1例 日本産科婦人科学会雑誌. 2017.02; 69 (2): 892. ( 医中誌 )

  62. 江川真希子. ウイメンズヘルス 妊娠と出産 Cancer Board of the Breast. 2016.08; 2 (2): 124-127.

  63. 金井保澄、飯塚真、江川真希子、宮坂尚幸、久保田俊郎. 産褥期の精神状態と自律神経活動の関連性に関する検討 東京母性衛生学会誌. 2016.03; 32 (1): 28-34.

  64. 江川真希子 佐村修. 出生前診断の現状 母体の血液による診断法と最近の進歩 東京小児科医会報. 2015.11; 34 (2): 81-84.

  65. 江川真希子 宮坂尚幸 沖倉詩織 大蔵慶憲 久保田俊郎 竹内崇. 精神疾患合併妊娠 産科医の立場から 総合病院精神医学. 2015.07; 27 (3): 206-211.

  66. 江川真希子、宮坂尚幸、久保田俊郎. 特集 重篤な疾患を合併する妊産婦の管理 精神疾患合併妊娠 周産期医学. 2014.09; 44 (9): 1231-1234.

  67. 江川真希子 本村健一郎 左勝則 杉林里佳 住江正大 和田誠司 左合治彦. 双胎間輸血症候群に対する胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術における母体合併症の検討 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2013.09; 49 (3): 945-948.

  68. 伊藤由紀 松岡健太郎 林聡 江川真希子 田中忠夫 左合治彦. 一絨毛膜性二羊膜性胎盤を用いた血管吻合検索方法の検討 日本周産期・新生児学会雑誌. 2012.05; 48 (1): 81-86.

  69. 江川真希子 林聡 本村健一郎 小川浩平 佐々木愛子 中村知夫 伊藤裕司 小崎里華 左合治彦. 出生前に18トリソミーが疑われた67例の臨床経過 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2012.05; 48 (1): 45-49.

  70. 江川真希子 林聡 本村健一郎 小川浩平 佐々木愛子 高橋重裕 左合治彦. 【周産期循環管理アップデート】胎児心不全の治療 周産期医学. 2011.01; 41 (1): 55-58.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Makiko Egawa, Hiroshi Ohtsu, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida.. A cross-sectional analysis of Tohoku Medical Megabank data reveals an association between number of births and metabolic disorders among Japanese women. The 19th International Symposium on Atherosclerosis 2021.10.25

  2. Shiho Takeuchi, Makiko Egawa, Nobuyuki Kidera, Ayako Fudono, Asuka Hirose, Takashi Nakasuji, Naoyuki Miyasaka. Five Cases of Cesarean Scar Pregnancy.. IFPA Meeting 2018: Japan Placenta Association(JPA) 2018.09.21

  3. Makiko Egawa, Naoyuki Miyasaka, Ayako Fudono, Mayumi Yokota, Asuka Hirose, Kohsuke Imai, Masaaki Mori and Tetsuo Kubota. The first case of canakinumab administration during pregnancy for cryopyrin associated periodic syndrome. 21st International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy 2017.07.10

  4. 江川 真希子, 神田 英一郎, 大津 洋, 大坂 瑞子, 中村 智洋, 吉田 雅幸. 妊娠高血圧症候群の既往と将来の心血管疾患発症に関する横断研究. 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 2022.07.01

  5. 福本 純子, 江川 真希子, 池田 まさみ, 江花 有亮, 甲畑 宏子, 高嶺 恵理子, 石川 智則, 小田 剛史, 加藤 友康, 石川 光也, 田辺 記子, 大塚 伊佐夫, 松浦 拓人, 小堀 華菜, 吉田 雅幸. 乳癌発症後に遺伝性乳癌卵巣癌と診断された女性のリスク低減卵管卵巣摘出術選択に関する質的調査. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2022.06.01

  6. 荻原 眞帆, 江花 有亮, 甲畑 宏子, 江川 真希子, 笹野 哲郎, 吉田 雅幸. 遺伝性心疾患と診断され遺伝カウンセリングに来談した患者のQOLの評価と心理的適応に関する尺度の検討. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2022.06.01

  7. 衣斐 凜子, 関口 将軌, 不殿 絢子, 羅 ことい, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 鳥羽 三佳代, 宮坂 尚幸. 子宮内胎児死亡の既往を有する妊婦に発症した反復性が疑われる妊娠性肝内胆汁うっ滞症の1例. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2022.06.01

  8. 服部百恵、江川真希子、寺内公一、鹿島田健一、甲畑宏子、高橋沙矢子、高嶺恵理子、小峯真理子、江花有亮、宮坂尚幸、吉田雅幸. SRY遺伝子にフレームシフトバリアントが検出されたXY性分化疾患の1例. 第7回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 2021.12.07 大阪

  9. 江川真希子、高嶺恵理子、不殿絢子、京井奈美. 若手医師への周産期遺伝教育のこれからを考える ~認定遺伝カウンセラーと共に~」. 第19回全国遺伝子医療部門連絡会議 2021.10.17

  10. 江川真希子. 胎児形態異常における網羅的遺伝子解析の光と影. 第66回日本人類遺伝学会学術集会 2021.10.15 横浜市

  11. 平井 佑奈, 関口 将軌, 高知 佑輔, 渡邊 菜月, 衣斐 凛子, 勝又 翔子, 辰巳 嵩征, 廣瀬 明日香, 江川 真希子, 鳥羽 三佳代, 宮坂 尚幸. 妊娠高血圧腎症・胎児発育不全を発症した再生不良性貧血合併妊娠 トロンボポエチン受容体作動薬の使用経験. 関東連合産科婦人科学会誌 2021.10.01

  12. 江川真希子. てんかん専門医の妊娠関連情報提供に対する意識調査. 第73回 日本産科婦人科学会学術講演会 2021.04.24

  13. 江川真希子. 「周産期講義5 周産期カウンセリングにおける必須知識」出生前遺伝学的検査の必須知識(血清マーカー検査・コンバインド検査・NIPT・羊水・絨毛検査). 第6回日本産科婦人科遺伝診療学会 学術講演会 2020.12

  14. 辰巳 嵩征, 関口 将軌, 久保 拓之, 廣瀬 明日香, 野口 優輔, 四手井 綱則, 森丘 千夏子, 滝 敦子, 伊藤 佳史, 荻野 恵, 岡本 健太郎, 高橋 沙矢子, 江花 有亮, 江川 真希子, 吉田 雅幸, 宮坂 尚幸, Corresponding author:関口 将軌. 母児に表現度の差異がみられたCurrarino症候群の1例. 日本人類遺伝学会第65回大会 2020.11.18

  15. 久保 拓之, 関口 将軌, 辰巳 崇征, 廣瀬 明日香, 野 口 優輔, 四手井 綱則, 森丘 千夏子, 滝 敦子, 今井 耕輔, 荻野 恵, 岡本 健太郎, 江川 真希子, 宮坂 尚幸, Corresponding author:久保 拓之 . 胎児期に卵巣嚢腫茎捻転を疑い出生後に高 IgE 症候群1型の遺伝子検査を経て手術を施行した1例. 日本人類遺伝学会第65回大会 2020.11.18

  16. 高嶺恵理子、甲畑宏子、高橋沙矢子、小峯真理子、江花有亮、 江川真希子、小堀華菜、四元淳子、松浦拓人、 田嶋敦、吉田雅幸. 本邦の遺伝性腫瘍領域における multi-gene パネル検査の有用性 【INSIGNIA study 中間報告】. 第65回日本人類遺伝学会学術集会 2020.11

  17. 江川真希子. てんかん女性への妊娠に関する情報提供における課題. 第38回周産期学シンポジウム 2020.02.01 浜松市

  18. 江川真希子, 辰巳嵩幸,今井耕輔,高木正稔,小峯真理子,高嶺恵理子,高橋沙矢子,甲畑宏子,江花有亮,吉田雅幸. ウィスコット・アルドリッチ症候群の保因者診断を主とした遺伝カウンセリングの経験. 第64回日本人類遺伝学会 2019.11.08 長崎市

  19. 甲畑宏子,小峯真理子,高橋沙矢子,高嶺恵理子,江川真希子,江花有亮,宮坂尚幸,吉田雅幸. 東京医科歯科大学医学部附属病院遺伝子診療科における遺伝学的検査の変遷. 第64回日本人類遺伝学会 2019.11.07

  20. 江川真希子,原恵子,河野絵里,宮坂尚幸,稲次基希,前原健寿. てんかん女性への妊娠に関する情報提供に関する検討. 第53回日本てんかん学会学術集会 2019.10.31 神戸市

  21. 羅ことい,蓬田裕,不殿絢子,廣瀬明日香,江川真希子,宮坂尚幸. 妊娠中に増悪した多発性硬化症の1例. 第55回周産期・新生児学会 2019.07.14

  22. 不殿絢子,江川真希子,蓬田裕,羅ことい,廣瀬明日香,宮坂尚幸. 妊娠を契機にTMAを発症し死亡に至ったSLE合併妊娠の1例. 第55回周産期・新生児学会 2019.07.13 松本市

  23. 黒坂徳子,江川真希子,金子志保,長谷川怜奈,三浦貴大,蓬田裕,羅ことい,廣瀬明日香,宮坂尚幸. 当院における子宮奇形合併妊娠と周産期予後についての検討. 第71回 日本産科婦人科学会学術講演会 2019.04.14

  24. 河野絵里,江川真希子,長谷川怜奈,三浦貴大,金子志保,蓬田裕,羅ことい,廣瀬明日香,宮坂尚幸. 当院におけるてんかん合併妊娠35例の検討. 第71回 日本産科婦人科学会学術講演会 2019.04.13 名古屋

  25. 江川真希子 蓬田裕 羅ことい 不殿絢子 今井耕輔 高木正稔 甲畑宏子 高橋沙矢子 吉田雅幸 宮坂尚幸. ウィスコットアルドリッチ症候群の保因者診断を主とした遺伝カウンセリング4例の経験. 第4回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 2018.12.14 東京都品川区

  26. 瀬賀雅康 丸山陽介 不殿絢子 廣瀬明日香 江川真希子 宮坂尚幸. 炎症性腸疾患合併妊娠25例の周産期予後に関する検討. 第54回日本周産期・新生児医学会 学術集会 2018.07.08 東京都千代田区

  27. 松岡裕美 江川真希子 瀬賀雅康 丸山陽介 蓬田裕 廣瀬明日香 不殿絢子 有川淑恵 野口澄子 四手井綱則 滝敦子 宮坂尚幸. 大学病院における多職種協働支援システムによる母子支援の実際 ~精神科リエゾンチームの立場から.. 第54回日本周産期・新生児医学会 学術集会 2018.07.08 東京都千代田区

  28. 不殿絢子 瀬賀雅康 丸山陽介 廣瀬明日香 江川真希子 宮坂尚幸. 妊娠を契機に診断されたが受け入れが困難だった骨形成不全症合併妊娠の1例. 第54回日本周産期・新生児医学会 学術集会 2018.07.08 東京都千代田区

  29. 高橋沙矢子 甲畑宏子 江花有亮 高嶺恵理子 江川真希子 吉田雅幸. 確定診断をせず出産に至った18トリソミー疑い妊婦症例における遺伝カウンセリン グ. 第42回遺伝カウンセリング学会学術集会 2018.06.28 宮城県仙台市

  30. 高橋 沙矢子, 甲畑 宏子, 江花 有亮, 高嶺 恵理子, 江川 真希子, 吉田 雅幸. 確定診断をせず出産に至った18トリソミー疑い妊娠症例における遺伝カウンセリング. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2018.05.01

  31. 高橋 沙矢子, 甲畑 宏子, 江花 有亮, 高嶺 恵理子, 江川 真希子, 吉田 雅幸. 確定診断をせず出産に至った18トリソミー疑い妊娠症例における遺伝カウンセリング. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2018.05.01

  32. 高橋 沙矢子, 甲畑 宏子, 江花 有亮, 高嶺 恵理子, 江川 真希子, 吉田 雅幸. 確定診断をせず出産に至った18トリソミー疑い妊娠症例における遺伝カウンセリング. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2018.05.01

  33. 高橋 沙矢子, 甲畑 宏子, 江花 有亮, 高嶺 恵理子, 江川 真希子, 吉田 雅幸. 確定診断をせず出産に至った18トリソミー疑い妊娠症例における遺伝カウンセリング. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2018.05.01

  34. 高橋 沙矢子, 甲畑 宏子, 江花 有亮, 高嶺 恵理子, 江川 真希子, 吉田 雅幸. 確定診断をせず出産に至った18トリソミー疑い妊娠症例における遺伝カウンセリング. 日本遺伝カウンセリング学会誌 2018.05.01

  35. 江川真希子,森雅亮,岡本 圭祐,窪田哲朗. 妊娠期もカナキヌマブ投与を継続したクリオピリン関連周期熱症候群の1例. 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会ワークショップ19 2017.04.20 福岡

  36. 江川真希子,竹谷陽子,寺本有里,廣瀬明日香,横田真由美,宮坂尚幸. Muckle-Wells症候群合併妊娠の1例. 第69回日本産科婦人科学会総会  2017.04.13 広島

  37. 竹谷陽子,江川真希子,寺本有里,廣瀬明日香,横田真由美,宮坂尚幸. 高IgE症候群合併妊娠の2例. 第69回日本産科婦人科学会総会  2017.04.13 広島

  38. 江川真希子, 今井耕輔, 満生紀子, 森尾友宏. 当院で経験した分類不能型免疫不全症の妊娠・出産に関する検討. 第43回日本臨床免疫学会総会 2015.10.23

  39. 江川真希子. 「研究倫理学・医療倫理学」「産科倫理」. 放送大学平成26年度2学期面接授業 2014.12.14 東京

  40. 江川真希子、宮坂尚幸、沖倉詩織、大藏慶憲、久保田俊郎、竹内崇. 〈シンポジウム〉 周産期における精神科的な問題に対する医療連携「精神疾患合併妊娠 〜産科医の立場から〜」. 第27回日本総合病院精神医学会 2014.11.29 東京

  41. 江川真希子. 女性のてんかん治療で留意すること 〜産婦人科の立場から〜. 第10回東京Women’sメンタルケアフォーラム 2014.06.12 東京

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院修士 認定遺伝カウンセラー養成課程 臨床遺伝学「出生前検査・着床前検査」,2020年 - 現在

  • 医科学演習(全10回),2020年 - 現在

  • 大学院修士 認定遺伝カウンセラー養成課程 人類遺伝学「再発率の推定」,2020年

  • 修士課程医歯理工保健学専攻・遺伝医学特論 生殖・発生と遺伝医学,2019年 - 現在

  • 医歯学基盤コース(M3D3)生殖医療にかかわる倫理的問題 ,2019年 - 現在

  • 大学院修士課程・先進倫理医科学(修士1年)遺伝カウンセリング,2019年 - 現在

  • 病因・病態研究論「産科臨床研究・妊娠と薬」,2019年

  • 先制医歯理工学概論Ⅰ「遺伝カウンセリング」,2019年

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 「生命倫理特論」2019,名古屋市立大学 薬学部大学院

  • 先端医療・遺伝医療 くらしと健康「遺伝カウンセリング」2019,東京外国語大学

  • 先端医療・遺伝医療 くらしと健康「遺伝カウンセリング」2020 ,東京外国語大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 新型出生前診断について,主婦の友社,赤ちゃんがほしい,2022年02月25日

  • 出生前診断「新指針」で年齢緩和も。若者が抱くイメージと実情のギャップを専門家に聞いてみた,株式会社メディアジーン,Business Insider Japan,2022年02月22日

  • 第6回日本産科婦人科遺伝診療学会 学術講演会 ロールプレイ研究会,2020年12月

  • 産科医療補償制度 原因分析委員会 (江川真希子),日本医療機能評価機構,2018年04月01日 - 現在