基本情報

写真a

江川 真希子(エガワ マキコ)

EGAWA Makiko


職名

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  博士課程  2009年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年07月
    -
    2016年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 助教
  • 2012年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 小児・周産期地域医療学講座特任助教
  • 2015年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 特任助教
  • 2017年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 講師
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 講師

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 出生前診断実施時の遺伝カウンセリング体制の構築に関する研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 新型出生前診断(NIPT)を含めた出生前診断に関する助産師教育プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • 新型出生前診断(NIPT)を含めた出生前診断に関する助産師教育プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Makiko Egawa, Kohsuke Imai, Yoko Taketani, Tomohiro Morio, Naoyuki Miyasaka. Two Prenatal Cases of Hyper-IgE Syndrome. J. Clin. Immunol.. 2019.01; ( PubMed, DOI )

  • 藤岡陽子 江川真希子 林聡 不殿絢子 横田真由美 中筋貴史 宮坂 尚幸. 点状軟骨異形成症保因者の3回の異なる妊娠経過の報告 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2018.10; 39 (3): 141-144. ( 医中誌 )

  • Makiko Egawa, Hirokazu Kanegane, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Naoyuki Miyasaka. Intravenous immunoglobulin (IVIG) efficiency in women with common variable immunodeficiency (CVID) decreases significantly during pregnancy. J. Matern. Fetal. Neonatal. Med.. 2018.04; 1-5. ( PubMed, DOI )

  • Egawa M, Imai K, Mori M, Miyasaka N, Kubota T.. Placental Transfer of Canakinumab in a Patient with Muckle-Wells Syndrome. J Clin Immunol.. 2017.05;

  • Egawa M, Miyasaka N, Kubo T, Naitou M, Ito T, Kubota T.. A case of puerperal group a streptococcal sepsis complicated by ovarian vein thrombosis. J Obstet Gynaecol.. 2016.10;

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 江川真希子 蓬田裕 羅ことい 不殿絢子 今井耕輔 高木正稔 甲畑宏子 高橋沙矢子 吉田雅幸 宮坂尚幸. ウィスコットアルドリッチ症候群の保因者診断を主とした遺伝カウンセリング4例の経験. 第4回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 2018.12.14 東京都品川区

  • Shiho Takeuchi, Makiko Egawa, Nobuyuki Kidera, Ayako Fudono, Asuka Hirose, Takashi Nakasuji, Naoyuki Miyasaka. Five Cases of Cesarean Scar Pregnancy.. IFPA Meeting 2018: Japan Placenta Association(JPA) 2018.09.21

  • 瀬賀雅康 丸山陽介 不殿絢子 廣瀬明日香 江川真希子 宮坂尚幸. 炎症性腸疾患合併妊娠25例の周産期予後に関する検討. 第54回日本周産期・新生児医学会 学術集会 2018.07.08 東京都千代田区

  • 松岡裕美 江川真希子 瀬賀雅康 丸山陽介 蓬田裕 廣瀬明日香 不殿絢子 有川淑恵 野口澄子 四手井綱則 滝敦子 宮坂尚幸. 大学病院における多職種協働支援システムによる母子支援の実際 ~精神科リエゾンチームの立場から.. 第54回日本周産期・新生児医学会 学術集会 2018.07.08 東京都千代田区

  • 不殿絢子 瀬賀雅康 丸山陽介 廣瀬明日香 江川真希子 宮坂尚幸. 妊娠を契機に診断されたが受け入れが困難だった骨形成不全症合併妊娠の1例. 第54回日本周産期・新生児医学会 学術集会 2018.07.08 東京都千代田区

全件表示 >>