基本情報

写真a

佐藤 啓介(サトウ ケイスケ)

SATO Keisuke


職名

助教

研究分野・キーワード

細胞生物学、神経解剖学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学部  生命化学専修  2004年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学生命科学研究科  応用生命工学専攻  博士課程  2009年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経機能形態学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経機能形態学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2009年06月
    東京大学 大学院農学生命科学研究科 農学特定研究員
  • 2009年06月
    -
    2012年06月
    マンチェスター大学 生命科学部 研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 日本解剖学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 普通自動車免許(一種)

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規蛍光偏光イメージング法の確立と細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 一分子蛍光偏光イメージングによる収縮環形成メカニズムの解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 神経伝導路の機能的同定・可視化を目指す新規手法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 革新的蛍光偏光標識技術開発とその細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 脳組織タンパク質の質量分析イメージングの高感度化に向けた技術開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 蛍光偏光観測による核ラミナのフィラメント構造と重合機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 中間径フィラメント蛋白質の時空間動態制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 生命現象に迫るユニバーサルな蛍光偏光顕微観測法開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規蛍光偏光イメージング法の確立と細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 蛍光偏光イメージングによる筋芽細胞融合の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 明るい蛍光偏光プローブの開発と新規秩序構造探索への応用

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Nori Nakai, Keisuke Sato, Masahiko Kawagishi, Hiromasa Ka, Kenta Saito, Sumio Terada. Development of nanobody-based POLArIS orientation probes enabled multi-color/multi-target orientation imaging in living cells. Biochemical and biophysical research communications. 2021.08; 565 50-56. ( PubMed, DOI )

  2. Ayana Sugizaki, Keisuke Sato, Kazuyoshi Chiba, Kenta Saito, Masahiko Kawagishi, Yuri Tomabechi, Shalin B Mehta, Hirokazu Ishii, Naoki Sakai, Mikako Shirouzu, Tomomi Tani, Sumio Terada. POLArIS, a versatile probe for molecular orientation, revealed actin filaments associated with microtubule asters in early embryos Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2021.03; 118 (11): ( PubMed, DOI )

  3. Nakai N, Sato K, Tani T, Saito K, Sato F, Terada S. Genetically encoded orientation probes for F-actin for fluorescence polarization microscopy. Microscopy (Oxford, England). 2019.07; 68 (5): 359-368. ( PubMed, DOI )

  4. Peristera Roboti, Keisuke Sato, Martin Lowe. The golgin GMAP-210 is required for efficient membrane trafficking in the early secretory pathway. Journal of Cell Science. 2015.04; 128 (8): 1595-1606. ( PubMed, DOI )

  5. Keisuke Sato, Peristera Roboti, Alexander A Mironov, Martin Lowe. Coupling of vesicle tethering and Rab binding is required for in vivo functionality of the golgin GMAP-210. Mol. Biol. Cell. 2015.02; 26 (3): 537-553. ( PubMed, DOI )

  6. Keisuke Sato, Martin Lowe. Golgi Apparatus Molecular Life Sciences. 2014.06; 1-28. ( DOI )

  7. Sato Keisuke, Noda Yoichi, Yoda Koji. Kei1: a novel subunit of inositolphosphorylceramide synthase, essential for its enzyme activity and Golgi localization. Mol Biol Cell. 2009.10; 20 (20): 4444-4457. ( PubMed, DOI )

  8. Nakamata Kosuke, Kurita Tomokazu, Bhuiyan M Shah Alam, Sato Keisuke, Noda Yoichi, Yoda Koji. KEG1/YFR042w encodes a novel Kre6-binding endoplasmic reticulum membrane protein responsible for beta-1,6-glucan synthesis in Saccharomyces cerevisiae. J Biol Chem. 2007.11; 282 (47): 34315-34324. ( PubMed, DOI )

  9. Sato Keisuke, Noda Yoichi, Yoda Koji. Pga1 is an essential component of Glycosylphosphatidylinositol-mannosyltransferase II of Saccharomyces cerevisiae. Mol Biol Cell. 2007.09; 18 (9): 3472-3485. ( PubMed, DOI )

  10. 佐藤啓介、寺田純雄. MAP2 2014.04; ( DOI )

  11. 佐藤啓介、寺田純雄. 微小管 脳科学辞典. 2014.04; ( DOI )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 佐藤啓介, 杉﨑 綾奈, 齊藤 健太, Shalin B. Mehta, 白水 美香子, 谷 知己, 寺田 純雄. F-actin特異的分子配向プローブPOLArISactの開発と評価. 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 2021.03.29 オンライン開催

  2. 杉﨑 綾奈,佐藤 啓介,千葉 和義,川岸 将彦,寺田 純雄. ヒトデ初期発生の有糸分裂においてアクチン繊維は微小管星状体と関連して放射状に伸長する. 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 2021.03.29 オンライン開催

  3. Nori Nakai, Fumiya Sato, Keisuke Sato, Tomomi Tani, Sumio Terada. Development of genetically-encoded actin probes for fluorescence polarization microscopy. . ASCB/EMBO 2018 Meeting 2018.12.10 San Diego, CA, USA

  4. Nori Nakai, Fumiya Sato, Keisuke Sato, Tomomi Tani, Sumio Terada. Development of genetically-encoded actin probes for fluorescence polarization microscopy. Joint Annual Meeting of 70th JSCB and 51st JSDB 2018.06.08 Tokyo, Japan

  5. 佐藤 啓介, 杉﨑 綾奈, 千葉 和義, 齊藤 健太, 川岸 将彦, Shalin B. Mehta, 白水 美香子, 谷 知己, 寺田 純雄. ユニバーサル分子配向プローブPOLArISの開発と細胞骨格動態解析への応用. 生体運動研究合同班会議2022 2022.01.08 名古屋

  6. 佐藤 啓介, 杉﨑 綾奈, 千葉 和義, 齊藤 健太, 川岸 将彦, Shalin B. Mehta, 白水 美香子, 谷 知己, 寺田 純雄. ユニバーサル分子配向プローブPOLArISの開発と生細胞内アクチン動態解析への応用. 第44回日本分子生物学会年会 2021.12.03 横浜

  7. 中井紀, 佐藤啓介, 杉崎綾奈, 永嶋一貴, 齊藤健太, 川岸将彦, 谷知己, 寺田純雄. 蛍光偏光ライブイメージングのためのプローブPOLArISの汎用性拡張の試み. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  8. 杉崎綾奈, 佐藤啓介, 千葉和義, 川岸将彦, 寺田純雄. 蛍光偏光ライブイメージングによるヒトデ卵の初期発生におけるアクチン動態の解析. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  9. 佐藤啓介, 杉崎綾奈, 齊藤健太, Mehta Shalin, 白水美香子, 谷知己, 寺田純雄. 新規ユニバーサル蛍光偏光プローブPOLArISの開発. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  10. 杉﨑 綾奈、佐藤 啓介、千葉和義、Shalin B. Mehta、谷 知己、寺田 純雄. 新規アクチン蛍光偏光プローブの開発. 第124回日本解剖学会全国学術集会 2019.03.29 新潟、日本

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度コニカミノルタ画像科学奨励賞,コニカミノルタ科学技術振興財団,2022年01月

  • 東京医科歯科大学医学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2021年12月

  • 日本顕微鏡学会第36回論文賞,日本顕微鏡学会,2021年

  • 東京医科歯科大学学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2017年08月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • A new polarized fluorescent probe for revealing architectural dynamics of living cells,2021年05月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 2021年04月

    米国ウッズホール海洋生物学研究所からのプレスリリース

  • 「新規蛍光顕微観測を実現する蛍光標識技術ポラリス法の開発」 ― 細胞分裂時のアクチン『フレア』構造の発見 ―,2021年03月

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経解剖学実習