基本情報

写真a

朝比奈 靖浩(アサヒナ ヤスヒロ)

ASAHINA Yasuhiro


職名

教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 肝臓病態制御学講座 教授

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月
    -
    現在
    日本肝臓学会東部会 評議員
  • 2001年02月
    -
    現在
    日本消化器病学会関東支部 評議員
  • 2004年01月
    -
    現在
    日本消化器病学会 学会評議員
  • 2004年06月
    -
    現在
    日本消化器内視鏡学会関東支部 評議員
  • 2004年06月
    -
    現在
    日本肝臓学会 評議員

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ヒトiPS細胞を用いた画期的人工発癌モデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 人工多能性幹細胞由来幹細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yuki Tahata, Hayato Hikita, Satoshi Mochida, Norifumi Kawada, Nobuyuki Enomoto, Akio Ido, Hitoshi Yoshiji, Daiki Miki, Yoichi Hiasa, Yasuhiro Takikawa, Ryotaro Sakamori, Masayuki Kurosaki, Hiroshi Yatsuhashi, Ryosuke Tateishi, Yoshiyuki Ueno, Yoshito Itoh, Taro Yamashita, Tatsuya Kanto, Goki Suda, Yasunari Nakamoto, Naoya Kato, Yasuhiro Asahina, Kentaro Matsuura, Shuji Terai, Kazuhiko Nakao, Masahito Shimizu, Taro Takami, Norio Akuta, Ryoko Yamada, Takahiro Kodama, Tomohide Tatsumi, Tomomi Yamada, Tetsuo Takehara. Sofosbuvir plus velpatasvir treatment for hepatitis C virus in patients with decompensated cirrhosis: a Japanese real-world multicenter study. J Gastroenterol. 2020.10; Online ahead of print. . ( PubMed, DOI )

  • Yasuhiro Asahina, Chun-Jen Liu, Edward Gane, Yoshito Itoh, Norifumi Kawada, Yoshiyuki Ueno, Jin Youn, Chen-Yu Wang, Joe Llewellyn, Takuma Matsuda, Anuj Gaggar, Hongmei Mo, Hadas Dvory-Sobol, Gerald Crans, Wan-Long Chuang, Pei-Jer Chen, Nobuyuki Enomoto. Twelve weeks of ledipasvir/sofosbuvir all-oral regimen for patients with chronic hepatitis C genotype 2 infection: Integrated analysis of three clinical trials. Hepatol Res. 2020.10; 50 (10): 1109-1117. ( PubMed, DOI )

  • Mina Nakagawa, Nobutoshi Nawa, Eiko Takeichi, Taro Shimizu, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Takeo Fujiwara, Mamoru Watanabe, Yujiro Tanaka, Yasuhiro Asahina, . Mac-2 binding protein glycosylation isomer as a novel predictive biomarker for patient survival after hepatitis C virus eradication by DAAs. J. Gastroenterol. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  • 中川美奈、朝比奈靖浩. 核酸アナログ投与下の合併症 消化器・肝臓内科. 2020.08; 8 (2):

  • 朝比奈靖浩. C型肝炎 病態と疫学動向 臨床とウイルス. 2020.07; 48 (2): 135-145.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 朝比奈靖浩. 消化器疾患 最新の治療2019-2020.C型慢性肝炎. 南江堂, 2018.09

  • 朝比奈靖浩. 今日の治療指針2018年版 C型慢性肝炎,肝硬変:抗ウイルス療法. 医学書院, 2018.04

  • 朝比奈靖浩. 臨床薬理学 慢性肝炎. 医学書院, 2018.04

  • 朝比奈靖浩. II. 肝疾患の治療薬 ~エキスパートはこう使う!~.. 南江堂, 2017.10

  • 朝比奈靖浩. C型肝炎ウイルス排除後の病態を見極める. 2017.10

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 川西真明、河﨑 翔、田中将平、伊藤 剛、北畑富貴子、水谷知裕、新田沙由梨、福田将義、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、朝比奈靖浩、岡本隆一. 遺伝子解析により確定された大量輸血後のE型急性肝炎の1例. 日本消化器病学会 関東支部第362回例会 2020.12.05

  • 土屋 淳、柿沼 晴、朝比奈靖浩. ヒトiPS細胞培養系を利用した肝細胞癌発生におけるMLL4の機能的意義の検討. 第43回 日本肝臓学会東部会 2020.12.03 Web開催

  • 佐藤綾子、柿沼 晴、志水太郎、土屋 淳、三好正人、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩. Vasoactive intestinal peptideの肝内胆管形成および胆汁うっ滞性肝障害への寄与. 第24回 日本肝臓学会大会 2020.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  • 朝比奈靖浩. 新たなフェーズに進んだC型肝炎治療. 第24回 日本肝臓学会大会 2020.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  • 村川美也子、中川美奈、朝比奈靖浩. 核酸アナログによるB型肝炎ウイルス制御下の発癌に関連するon-treatment factorの探索. 第24回 日本肝臓学会大会 2020.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 「制御性単球を標的としたがんの進展・転移に対する治療法の開発」 研究開発代表者:田中正人 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、中川美奈,2020年06月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):18H02790「肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発」 研究代表者:柿沼 晴 分担研究者:朝比奈靖浩、渡辺 守,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08415 「ヒトiPS細胞由来肝星細胞を用いた肝線維化・発癌機序の解明」 研究代表者:中川美奈 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):19H03635 「癌ゲノム要因と肝組織を模倣するヒトiPS細胞由来オルガノイドによる発癌機構の解明」 研究代表者:朝比奈靖浩 分担研究者:柿沼 晴、中川美奈,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07964 「肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索」 研究代表者:東 正新 分担研究者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守,2020年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 薬剤耐性C型肝炎ウイルスに有効な薬剤を同定 」― 難治性C型肝炎に対する抗ウイルス療法の開発に期待 ―,2019年04月

    Scientific Reports

  • 文化放送 「情報ミックスバラエティパズル」笑顔の毎日を送るために知っておきたいC型肝炎, 朝比奈靖浩,2016年12月

     

  • 日刊工業新聞 東京医科歯科大、B型肝炎ウイルスをiPS細胞利用で長期間の培養可能に−治療に道, 朝比奈靖浩,2016年07月

     

  • 日経産業新聞 B型肝炎感染の細胞培養 東京医科歯科大, 朝比奈靖浩,2016年07月

      

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 腹部I,2012年 - 2018年

  • 消化器内科学,2012年 - 2018年

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学,山梨大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • C型肝炎の薬物治療,株式会社メディカルトリビューン,地方紙等(時事通信社提供),2018年10月01日