基本情報

写真a

朝比奈 靖浩(アサヒナ ヤスヒロ)

ASAHINA Yasuhiro


職名

教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 肝臓病態制御学講座 教授

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月
    -
    現在
    日本肝臓学会東部会 評議員
  • 2001年02月
    -
    現在
    日本消化器病学会関東支部 評議員
  • 2004年01月
    -
    現在
    日本消化器病学会 学会評議員
  • 2004年06月
    -
    現在
    日本消化器内視鏡学会関東支部 評議員
  • 2004年06月
    -
    現在
    日本肝臓学会 評議員

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ヒトiPS細胞を用いた画期的人工発癌モデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 人工多能性幹細胞由来幹細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 朝比奈靖浩. B型慢性肝炎治療の肝発癌への影響 臨床消化器内科. 2020.02; 35 (2): 191-198.

  • Wan Wang, Kaoru Tsuchiya, Masayuki Kurosaki, Yutaka Yasui, Kento Inada, Sakura Kirino, Koji Yamashita, Shuhei Sekiguchi, Yuka Hayakawa, Leona Osawa, Mao Okada, Mayu Higuchi, Kenta Takaura, Chiaki Maeyashiki, Shun Kaneko, Nobuharu Tamaki, Hiroyuki Nakanishi, Jun Itakura, Yuka Takahashi, Yasuhiro Asahina, Nobuyuki Enomoto, Namiki Izumi. Sorafenib-Regorafenib Sequential Therapy in Japanese Patients with Unresectable Hepatocellular Carcinoma-Relative Dose Intensity and Post-Regorafenib Therapies in Real World Practice. Cancers (Basel). 2019.10; 11 (10): ( PubMed, DOI )

  • 朝比奈靖浩. iPS細胞を用いた研究の最前線 消化器・肝臓内科. 2019.09; 6 (3):

  • Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina, Shun Kaneko, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Minoru Tanabe, Emiko Sugawara, Akira Takemoto, Hidenori Ojima, Michiie Sakamoto, Masaru Muraoka, Shinichi Takano, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Comprehensive genetic analysis of cholangiolocellular carcinoma with a coexistent hepatocellular carcinoma-like area and metachronous hepatocellular carcinoma. Hepatol. Res.. 2019.07; ( PubMed, DOI )

  • Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Kazumoto Murata, Masashi Mizokami, Mamoru Watanabe. Association of serum interferon-λ3 levels with hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents. Hepatol. Res.. 2019.05; 49 (5): 500-511. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 朝比奈靖浩. 消化器疾患 最新の治療2019-2020.C型慢性肝炎. 南江堂, 2018.09

  • 朝比奈靖浩. 今日の治療指針2018年版 C型慢性肝炎,肝硬変:抗ウイルス療法. 医学書院, 2018.04

  • 朝比奈靖浩. 臨床薬理学 慢性肝炎. 医学書院, 2018.04

  • 朝比奈靖浩. II. 肝疾患の治療薬 ~エキスパートはこう使う!~.. 南江堂, 2017.10

  • 朝比奈靖浩. C型肝炎ウイルス排除後の病態を見極める. 2017.10

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 村川美也子、中川美奈、土屋 淳、佐藤綾子、三好正人、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、朝比奈靖浩. B型肝炎ウイルスキャリアにおけるHBs抗原陰性化および発癌に関わる臨床因子の検討. JDDW2019 第23回日本肝臓学会大会 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  • 朝比奈靖浩. 肝臓病学におけるウイルス肝炎診療の歩みと今後の展望. JDDW2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  • 柿沼 晴、角田知之、渡辺 守. ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用した先天性肝線維症分子標的の探索. JDDW2019(第23回日本肝臓学会大会) 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  • 中川美奈、村川美也子、朝比奈靖浩. C型慢性肝疾患DAA治療後の肝発癌および生命予後の検討 . JDDW2019 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  • Yasuhiro Asahina Y, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma. Comprehensive analysis of cancer gene mutations and viral integration in hepatocellular carcinoma arising from non-fibrotic liver. AASLD The Liver Meeting 2019 2019.11.10 Boston(USA)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):19H03635 「癌ゲノム要因と肝組織を模倣するヒトiPS細胞由来オルガノイドによる発癌機構の解明」 研究代表者:朝比奈靖浩 研究分担者:柿沼 晴、中川美奈,2019年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「C型肝炎インターフェロンフリー治療の実態と不正成功例に対する全国規模の診療指針に関する研究」 研究開発代表者:泉 並木 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究協力者:村川美也子,2019年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「Functional cureを可能とするHBVに対する免疫学的治療戦略の構築」 研究開発代表者:山本拓也 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:村川美也子,2019年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「次世代シークエンス技術を用いたC型肝炎の直接作用型抗ウイルス薬による治療後病態に影響をおよぼす因子に関する研究」 研究開発代表者:榎本信幸 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子,2019年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「慢性肝疾患の組織病態進展機構の解析および血清組織糖鎖の網羅的探索による予後予測マーカーの構築」 研究開発代表者:坂本直哉 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究協力者:柿沼 晴,2019年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 薬剤耐性C型肝炎ウイルスに有効な薬剤を同定 」― 難治性C型肝炎に対する抗ウイルス療法の開発に期待 ―,2019年04月

    Scientific Reports

  • ヒトiPS細胞を用いた疾患モデルを開発し、難治性肝疾患の病態解明に成功,2019年03月

    Journal of Hepatology

  • 文化放送 「情報ミックスバラエティパズル」笑顔の毎日を送るために知っておきたいC型肝炎, 朝比奈靖浩,2016年12月

     

  • 日刊工業新聞 東京医科歯科大、B型肝炎ウイルスをiPS細胞利用で長期間の培養可能に−治療に道, 朝比奈靖浩,2016年07月

     

  • 日経産業新聞 B型肝炎感染の細胞培養 東京医科歯科大, 朝比奈靖浩,2016年07月

      

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 腹部I,2012年 - 2018年

  • 消化器内科学,2012年 - 2018年

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学,山梨大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • C型肝炎の薬物治療,株式会社メディカルトリビューン,地方紙等(時事通信社提供),2018年10月01日