基本情報

写真a

根木 真理子(ネギ マリコ)

NEGI Mariko


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 浜松医科大学  医学部  医学科  2006年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 人体病理学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 人体病理学 助教
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • サルコイドーシスの病因論

  • 炎症性腸疾患の発症や増悪に関わる因子について

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 血中の循環性免疫複合体の抗原解析法とその定量解析法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Mariko Negi, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Shiori Oshima, Shintaro Akiyama, Maiko Motobayashi, Masakazu Nagahori, Eiko Saito, Katsuyoshi Matsuoka, Mamoru Watanabe. Development and Validation of a Deep Neural Network for Accurate Evaluation of Endoscopic Images From Patients with Ulcerative Colitis. Gastroenterology. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  • Kurara Yamamoto, Keisuke Uchida, Asuka Furukawa, Tomoki Tamura, Yuki Ishige, Mariko Negi, Daisuke Kobayashi, Takashi Ito, Tomoya Kakegawa, Akira Hebisawa, Nobuyasu Awano, Tamiko Takemura, Tomonari Amano, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi. Catalase expression of Propionibacterium acnes may contribute to intracellular persistence of the bacterium in sinus macrophages of lymph nodes affected by sarcoidosis. Immunol. Res.. 2019.06; 67 (2-3): 182-193. ( PubMed, DOI )

  • Motobayashi M, Matsuoka K, Takenaka K, Fujii T, Nagahori M, Ohtsuka K, Iwamoto F, Tsuchiya K, Negi M, Eishi Y, Watanabe M.. Predictors of mucosal healing during induction therapy in patients with acute moderate-to-severe ulcerative colitis. J Gastroenterol Hepatol. . 2018.12; ( PubMed )

  • Makoto Kodama, Daisuke Kobayashi, Kuniko Iihara, Keiko Abe, Rikisaburo Sahara, Motoki Sassa, Tetsuo Yamana, Satomi Furukawa, Takashi Yao, Keisuke Uchida, Tomoki Tamura, Mariko Negi, Yoshinobu Eishi. Adenocarcinoma within anorectal fistulae: different clinicopathological characteristics between Crohn's disease-associated type and the usual type. Mod. Pathol.. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  • G Amodini Rajakaruna, Mariko Negi, Keisuke Uchida, Masaki Sekine, Asuka Furukawa, Takashi Ito, Daisuke Kobayashi, Yoshimi Suzuki, Takumi Akashi, Makoto Umeda, Walter Meinzer, Yuichi Izumi, Yoshinobu Eishi. Localization and density of Porphyromonas gingivalis and Tannerella forsythia in gingival and subgingival granulation tissues affected by chronic or aggressive periodontitis. Sci Rep. 2018.06; 8 (1): 9507. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 神谷昂汰、河本亜美、村川美也子、小林正典、北畑富貴子、新田沙由梨、油井史郎、根本泰宏、井津井康浩、大島 茂、岡田英理子、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、根木真理子. 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例. 日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019.09.21 海運クラブ(東京)

  • 福田将義、永石宇司、根木真理子、大塚和朗、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎罹患粘膜に発生した腫瘍性病変に対するESDの検討. 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2019.06.08 シェーンバッハ・サボー(東京)

  • 青柳康子、山内慎一、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、絹笠祐介、根木真理子、梅林佑弥、齋藤稔史、福与涼介、山本雄大、中島康晃、小嶋一幸. 診断に難渋した炎症性大腸癌の1例. 第850回外科集談会 2018.09.29 東京

  • 秋田 くらら, 根木 真理子, 伊藤 崇, 小林 大輔, 内田 佳介, 松岡 克善, 大塚 和郎, 伴 慎一, 渡辺 守, 江石 義信. 潰瘍性大腸炎のdysplasiaを背景とした鋸歯状病変の一例 当院のUC併発鋸歯状病変の病理学的検討を加えて. 第106回日本病理学会総会 2017.04.28 京王プラザホテル,東京

  • 根木 真理子, 伊藤 栄作, 仁部 洋一, 藤井 俊光, 明石 巧, 江石 義信. 抗リン脂質抗体症候群(APS)を合併した全身性エリテマトーデス(SLE)の経過中に発症した小腸穿孔の一例. 第104回日本病理学会総会 2015.05 名古屋国際会議場

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費,2015年04月

    挑戦的萌芽研究 15K15379-1 研究代表者:根木真理子 
    血中の循環性免疫複合体の抗原解析法とその定量解析法の開発

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 編集協力依頼(根木真理子),先端医学社,IBDクリニカルカンファレンス,2018年06月13日