基本情報

写真a

遠藤 彰(エンドウ アキラ)

ENDO Akira


職名

非常勤講師

研究分野・キーワード

医学、救急、外傷、集中治療、手術

分野紹介URL

https://www.tmduer.com

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 山梨医科大学  医学部  医学科  2006年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  救急災害医学分野  博士課程  2017年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年08月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 救急災害医学 大学院生
  • 2017年09月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 救命救急センター 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 救命救急センター 助教
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 救命救急センター 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 全人的医療開発学講座 救急災害医学分野 非常勤講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    現在
    土浦協同病院 救命救急センター センター長

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本腹部救急医学会

  • 日本Acute Care Surgery学会

  • 日本外傷学会

  • 日本集中治療医学会

  • 日本外科学会

  • 日本救急医学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    現在
    日本外傷学会 多施設臨床研究委員会
  • 2020年01月
    -
    現在
    日本救急医学会 多施設共同試験特別委員会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 外科学一般、小児外科学

  • 救急医学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • DPCデータを用いた日本の外傷診療の評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 敗血症性ショックの蘇生における個別化戦略:多施設ランダム化試験とメタアナリシス

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takayama W, Endo A, Otomo Y. Therapeutic anticoagulation using heparin in early phase severe coronavirus disease 2019: A retrospective study. The American journal of emergency medicine. 2022.05; 58 84-88. ( PubMed, DOI )

  2. Tonai M, Shiraishi A, Karumai T, Endo A, Kobayashi H, Fushimi K, Hayashi Y. Hospital-onset sepsis and community-onset sepsis in critical care units in Japan: a retrospective cohort study based on a Japanese administrative claims database. Critical care (London, England). 2022.05; 26 (1): 136. ( PubMed, DOI )

  3. Yamamoto R, Kaito D, Homma K, Endo A, Tagami T, Suzuki M, Umetani N, Yagi M, Nashiki E, Suhara T, Nagata H, Kabata H, Fukunaga K, Yamakawa K, Hayakawa M, Ogura T, Hirayama A, Yasunaga H, Sasaki J, J-RECOVER study group.. Early intubation and decreased in-hospital mortality in patients with coronavirus disease 2019. Critical care (London, England). 2022.05; 26 (1): 124. ( PubMed, DOI )

  4. Senda A, Endo A, Kinoshita T, Otomo Y. Development of practical triage methods for critical trauma patients: machine-learning algorithm for evaluating hybrid operation theatre entry of trauma patients (THETA). European journal of trauma and emergency surgery : official publication of the European Trauma Society. 2022.05; ( PubMed, DOI )

  5. Kojima Mitsuaki, Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Shoko Tomohisa, Otomo Yasuhiro, Coimbra Raul. Association between the plasma-to-red blood cell ratio and survival in geriatric and non-geriatric trauma patients undergoing massive transfusion: a retrospective cohort study(和訳中) Journal of Intensive Care. 2022.01; 10 1 of 12-12 of 12. ( 医中誌 )

  6. Ito K, Endo A, Kobayashi M, Otomo Y. Severe pancreatic injury with total disruption of main pancreatic duct successfully managed by multi-stage endoscopic therapy: a case report. Acute medicine & surgery. 2022.01; 9 (1): e735. ( PubMed, DOI )

  7. Kojima M, Endo A, Shiraishi A, Shoko T, Otomo Y, Coimbra R. Association between the plasma-to-red blood cell ratio and survival in geriatric and non-geriatric trauma patients undergoing massive transfusion: a retrospective cohort study. Journal of intensive care. 2022.01; 10 (1): 2. ( PubMed, DOI )

  8. Takayama W, Endo A, Morishita K, Otomo Y. Dielectric Blood Coagulometry for the Early Detection of Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Prospective Observational Study. Critical care medicine. 2021.08; 50 (1): e31-e39. ( PubMed, DOI )

  9. Nakatsutsumi K, Endo A, Okuzawa H, Onishi I, Koyanagi A, Nagaoka E, Morishita K, Aiboshi J, Otomo Y. Colon perforation as a complication of COVID-19: a case report. Surgical case reports. 2021.08; 7 (1): 175. ( PubMed, DOI )

  10. Nakatsutsumi Keita, Endo Akira, Okuzawa Hiraaki, Onishi Ichiro, Koyanagi Anri, Nagaoka Eiki, Morishita Koji, Aiboshi Junichi, Otomo Yasuhiro. Colon perforation as a complication of COVID-19: a case report(和訳中) Surgical Case Reports. 2021.08; 7 1 of 5-5 of 5. ( 医中誌 )

  11. Takayama W, Endo A, Murata K, Hoshino K, Kim S, Shinozaki H, Harada K, Nagano H, Hagiwara M, Tsuchihashi A, Shimada N, Kitamura N, Kuramoto S, Otomo Y. The impact of blood type on the mortality of patients with severe abdominal trauma: a multicenter observational study. Scientific reports. 2021.08; 11 (1): 16147. ( PubMed, DOI )

  12. Takayama Wataru, Endo Akira, Otomo Yasuhiro. Anticoagulation therapy using unfractionated heparin at a therapeutic dose for coronavirus disease 2019 patients with severe pneumonia: a retrospective historical control study(和訳中) Acute Medicine & Surgery. 2021.06; 8 (1): 1 of 7-7 of 7. ( 医中誌 )

  13. Fukui S, Higashio K, Murao S, Endo A, Akira T, Yamakawa K. Optimal target blood pressure in critically ill adult patients with vasodilatory shock: a protocol for a systematic review and meta-analysis. BMJ open. 2021.03; 11 (3): e048512. ( PubMed, DOI )

  14. Nakao M, Matsuda J, Iwai M, Endo A, Yonetsu T, Otomo Y, Sasano T. Coronary spasm and optical coherence tomography defined plaque erosion causing ST-segment-elevation acute myocardial infarction in a patient with COVID-19 pneumonia. Journal of cardiology cases. 2021.02; 23 (2): 87-89. ( PubMed, DOI )

  15. Nakao Masahiko, Matsuda Junji, Iwai Miho, Endo Akira, Yonetsu Taishi, Otomo Yasuhiro, Sasano Tetsuo. COVID-19肺炎患者における冠血管攣縮と光干渉断層撮影で明らかになったST上昇型心筋梗塞を引き起こすプラークびらん(Coronary spasm and optical coherence tomography defined plaque erosion causing ST-segment-elevation acute myocardial infarction in a patient with COVID-19 pneumonia) Journal of Cardiology Cases. 2021.02; 23 (2): 87-89. ( 医中誌 )

  16. Endo A, Kojima M, Uchiyama S, Shiraishi A, Otomo Y. Physician-led prehospital management is associated with reduced mortality in severe blunt trauma patients: a retrospective analysis of the Japanese nationwide trauma registry. Scandinavian journal of trauma, resuscitation and emergency medicine. 2021.01; 29 (1): 9. ( PubMed, DOI )

  17. Takayama W, Endo A, Otomo Y. Anticoagulation therapy using unfractionated heparin at a therapeutic dose for coronavirus disease 2019 patients with severe pneumonia: a retrospective historical control study. Acute medicine & surgery. 2021.01; 8 (1): e679. ( PubMed, DOI )

  18. Ueno R, Masubuchi T, Shiraishi A, Gando S, Abe T, Kushimoto S, Mayumi T, Fujishima S, Hagiwara A, Hifumi T, Endo A, Komatsu T, Kotani J, Okamoto K, Sasaki J, Shiino Y, Umemura Y. Quick sequential organ failure assessment score combined with other sepsis-related risk factors to predict in-hospital mortality: Post-hoc analysis of prospective multicenter study data. PloS one. 2021; 16 (7): e0254343. ( PubMed, DOI )

  19. Oba S, Hosoya T, Amamiya M, Mitsumura T, Kawata D, Sasaki H, Kamiya M, Yamamoto A, Ando T, Shimada S, Shirai T, Okamoto T, Tateishi T, Endo A, Aiboshi J, Nosaka N, Yamanouchi H, Ugawa T, Nagaoka E, Oi K, Tao S, Maejima Y, Tanaka Y, Tanimoto K, Takeuchi H, Tohda S, Hirakawa A, Sasano T, Arai H, Otomo Y, Miyazaki Y, Yasuda S. Arterial and Venous Thrombosis Complicated in COVID-19: A Retrospective Single Center Analysis in Japan. Frontiers in cardiovascular medicine. 2021; 8 767074. ( PubMed, DOI )

  20. Takayama W, Endo A, Yoshii J, Arai H, Oi K, Nagaoka E, Toyama S, Yamamoto H, Uchida T, Otomo Y. Severe COVID-19 Pneumonia in a 30-Year-Old Woman in the 36th Week of Pregnancy Treated with Postpartum Extracorporeal Membrane Oxygenation. The American journal of case reports. 2020.10; 21 e927521. ( PubMed, DOI )

  21. Takayama W, Endo A, Koguchi H, Murata K, Otomo Y. Age-related differences in the impact of coagulopathy in patients with isolated traumatic brain injury: An observational cohort study. The journal of trauma and acute care surgery. 2020.09; 89 (3): 523-528. ( PubMed, DOI )

  22. Hayakawa M, Tagami T, IIjima H, Kudo D, Sekine K, Ogura T, Yumoto T, Kondo Y, Endo A, Ito K, Matsumura Y, Kushimoto S. Restrictive transfusion strategy for critically injured patients (RESTRIC) trial: a study protocol for a cluster-randomised, crossover non-inferiority trial. BMJ open. 2020.09; 10 (9): e037238. ( PubMed, DOI )

  23. Endo A, Saida F, Mochida Y, Kim S, Otomo Y, Nemoto D, Matsubara H, Yamagishi S, Murao Y, Mashiko K, Hirano S, Yoshikawa K, Sera T, Inaba M, Koami H, Kobayashi M, Murata K, Shoko T, Takiguchi N. Planned Versus On-Demand Relaparotomy Strategy in Initial Surgery for Non-occlusive Mesenteric Ischemia. Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract. 2020.09; 25 (7): 1837-1846. ( PubMed, DOI )

  24. Endo A, Kojima M, Hong ZJ, Otomo Y, Coimbra R. Open-chest versus closed-chest cardiopulmonary resuscitation in trauma patients with signs of life upon hospital arrival: a retrospective multicenter study. Critical care (London, England). 2020.09; 24 (1): 541. ( PubMed, DOI )

  25. Senda A, Endo A, Tachimori H, Fushimi K, Otomo Y. Early administration of glucocorticoid for thyroid storm: analysis of a national administrative database. Critical care (London, England). 2020.07; 24 (1): 470. ( PubMed, DOI )

  26. Endo A, Shiraishi A, Fushimi K, Otomo Y. Reply to the comment by Osuka et al. Journal of intensive care. 2020; 8 48. ( PubMed, DOI )

  27. Enomoto M, Endo A, Yatsushige H, Fushimi K, Otomo Y. Clinical Effects of Early Edaravone Use in Acute Ischemic Stroke Patients Treated by Endovascular Reperfusion Therapy. Stroke. 2019.02; 50 (3): STROKEAHA118023815-658. ( PubMed, DOI )

  28. Takayama W, Endo A, Koguchi H, Murata K, Otomo Y. Differences in durations, adverse events, and outcomes of in-hospital cardiopulmonary resuscitation between day-time and night-time: An observational cohort study. Resuscitation. 2019.01; 137 14-20. ( PubMed, DOI )

  29. Endo A, Shiraishi A, Otomo Y, Fushimi K, Murata K. Volume-outcome relationship on survival and cost benefits in severe burn injury: a retrospective analysis of a Japanese nationwide administrative database. Journal of intensive care. 2019; 7 7. ( PubMed, DOI )

  30. Kojima M, Endo A, Shiraishi A, Otomo Y. Age-Related Characteristics and Outcomes for Patients With Severe Trauma: Analysis of Japan's Nationwide Trauma Registry. Annals of emergency medicine. 2018.11; 73 (3): 281-290. ( PubMed, DOI )

  31. Akira Endo, Atsushi Shiraishi, Kiyohide Fushimi, Kiyoshi Murata, Yasuhiro Otomo. Impact of continuous regional arterial infusion in the treatment of acute necrotizing pancreatitis: analysis of a national administrative database. J. Gastroenterol.. 2018.09; 53 (9): 1098-1106. ( PubMed, DOI )

  32. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Fushimi Kiyohide, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. 急性壊死性膵炎の治療における、持続的局所動注療法の重要性 全国調査データベースの解析(Impact of continuous regional arterial infusion in the treatment of acute necrotizing pancreatitis: analysis of a national administrative database) Journal of Gastroenterology. 2018.09; 53 (9): 1098-1106. ( 医中誌 )

  33. A Endo, A Shiraishi, K Fushimi, K Murata, Y Otomo. Outcomes of patients receiving a massive transfusion for major trauma. British Journal of Surgery. 2018.07; 105 1426-1434. ( PubMed, DOI )

  34. Akira Endo, Atsushi Shiraishi, Kiyohide Fushimi, Kiyoshi Murata, Yasuhiro Otomo. Comparative effectiveness of elemental formula in the early enteral nutrition management of acute pancreatitis: a retrospective cohort study. Ann Intensive Care. 2018.06; 8 (1): 69. ( PubMed, DOI )

  35. Wataru Takayama, Akira Endo, Hazuki Koguchi, Momoko Sugimoto, Kiyoshi Murata, Yasuhiro Otomo. The impact of blood type O on mortality of severe trauma patients: a retrospective observational study. Crit Care. 2018.05; 22 (1): 100. ( PubMed, DOI )

  36. Wataru Takayama, Hazuki Koguchi, Akira Endo, Yasuhiro Otomo. The Association between Cardiopulmonary Resuscitation in Out-of-Hospital Settings and Chest Injuries: A Retrospective Observational Study. Prehosp Disaster Med. 2018.04; 33 (2): 171-175. ( PubMed, DOI )

  37. Wataru Takayama, Kaho Yamasaki, Akira Endo, Yasuhiro Otomo. A Case of Impalement Brain Injury That Could Achieve Good Neurological Outcome by Introducing Early Sedation and Immobilization Strategy. Case Rep Emerg Med. 2018.04; 2018 3025717. ( PubMed, DOI )

  38. Akira Endo, Miko Okamura, Shunsuke Yoshikawa, Yasuhiro Otomo, Tomohiro Morio. Multilateral Functional Alterations of Human Neutrophils in Sepsis: From the Point of Diagnosis to the Seventh Day. Shock. 2017.12; 48 (6): 629-637. ( PubMed, DOI )

  39. Akira Endo, Atsushi Shiraishi, Yasuhiro Otomo, Makoto Tomita, Hiroki Matsui, Kiyoshi Murata. Open-chest versus closed-chest cardiopulmonary resuscitation in blunt trauma: analysis of a nationwide trauma registry. Crit Care. 2017.07; 21 (1): 169. ( PubMed, DOI )

  40. Akira Endo, Atsushi Shiraishi, Kiyohide Fushimi, Kiyoshi Murata, Yasuhiro Otomo. Increased Severe Trauma Patient Volume is Associated With Survival Benefit and Reduced Total Health Care Costs: A Retrospective Observational Study Using a Japanese Nationwide Administrative Database. Ann. Surg.. 2017.06; ( PubMed, DOI )

  41. Akira Endo, Atsushi Shiraishi, Hiroki Matsui, Kenichi Hondo, Yasuhiro Otomo. Assessment of Progress in Early Trauma Care in Japan over the Past Decade: Achievements and Areas for Future Improvement. J. Am. Coll. Surg.. 2017.02; 224 (2): 191-198.e5. ( PubMed, DOI )

  42. Akira Endo, Atsushi Shiraishi, Yasuhiro Otomo, Shigeki Kushimoto, Daizoh Saitoh, Mineji Hayakawa, Hiroshi Ogura, Kiyoshi Murata, Akiyoshi Hagiwara, Junichi Sasaki, Tetsuya Matsuoka, Toshifumi Uejima, Naoto Morimura, Hiroyasu Ishikura, Munekazu Takeda, Naoyuki Kaneko, Hiroshi Kato, Daisuke Kudo, Takashi Kanemura, Takayuki Shibusawa, Yasushi Hagiwara, Shintaro Furugori, Yoshihiko Nakamura, Kunihiko Maekawa, Gou Mayama, Arino Yaguchi, Shiei Kim, Osamu Takasu, Kazutaka Nishiyama. Development of Novel Criteria of the "Lethal Triad" as an Indicator of Decision Making in Current Trauma Care: A Retrospective Multicenter Observational Study in Japan. Crit. Care Med.. 2016.09; 44 (9): e797-e803. ( PubMed, DOI )

  43. Akira Endo, Atsushi Shiraishi, Junichi Aiboshi, Yoshiro Hayashi, Yasuhiro Otomo. A case of purpura fulminans caused by Hemophilus influenzae complicated by reversible cardiomyopathy. J Intensive Care. 2014.02; 2 (1): 13. ( PubMed, DOI )

  44. 鈴木 利直, 白石 淳, 大友 康裕, 伊藤 憲佐, 内野 隼材, 遠藤 彰, 北井 勇也, 角山 泰一朗, 蜂谷 聡明, 舩越 拓, 松本 松圭, 山本 一太, 吉村 有矢. REBOAに関する現状と展望 外傷診療におけるREBOAの外傷手術適用 日本外傷データバンクを用いた記述研究 日本外傷学会雑誌. 2021.05; 35 (2): 133. ( 医中誌 )

  45. 遠藤 彰, 内山 紗也, 小島 光暁, 大友 康裕. ScienceとしてのAcute Care Surgery 重症外傷患者に対する医師病院前派遣の有効性についての検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2021.04; 10 (2): 44. ( 医中誌 )

  46. 高山 渉, 遠藤 彰, 大友 康裕. ScienceとしてのAcute Care Surgery 血液型と重症腹部外傷患者予後に関する多施設共同研究 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2021.04; 10 (2): 44. ( 医中誌 )

  47. 中堤 啓太, 遠藤 彰, 関谷 宏祐, 伊藤 慧, 村田 希吉, 大友 康裕. ScienceとしてのAcute Care Surgery 下部消化管穿孔に対する緊急手術後の創部感染における予防的Negative pressure wound therapyの効果に関する多施設後ろ向きコホート研究 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2021.04; 10 (2): 42. ( 医中誌 )

  48. 遠藤 彰, 斎田 文貴, 持田 弦, 金 史英, 大友 康裕, 根本 大資, 松原 久裕, 山岸 茂, 村尾 佳則, 益子 一樹, 平野 聡, 吉川 健太郎, 世良 俊樹, 稲葉 基高, 小網 博之, 小林 誠人, 村田 希吉, 庄古 知久, 滝口 典聡. NOMIの治療戦略 NOMIの初回手術における手術戦略についての検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2021.04; 121回 PD-12. ( 医中誌 )

  49. 遠藤 彰. 【救急・ICUでの新型コロナウイルス感染症対応マニュアル ウィズコロナ社会のnew normal医療の在り方】(第2章)新型コロナウイルス陽性患者に対する診療の在り方 重症化する患者の特徴 Emer Log. 2021.01; 別冊 (救急・ICUでの新型コロナウイルス感染症対応マニュアル): 57-60. ( 医中誌 )

  50. 赤星 径一, 中川 剛士, 山内 慎一, 岡本 健太郎, 岡田 英理子, 遠藤 彰, 八島 正文, 石橋 洋則, 絹笠 祐介, 植竹 宏之, 大久保 憲一, 大友 康裕, 荒井 裕国, 田邉 稔. 外科系新専門医制度のあるべきグランドデザイン 外科系新専門医制度の現状分析と課題 日本外科学会雑誌. 2021.01; 122 (1): 86-89. ( 医中誌 )

  51. 内山 紗也, 遠藤 彰, 大友 康裕. 患者背景や病態に応じて異なった蘇生アプローチを用いた敗血症性ショックの2例 エンドトキシン血症救命治療研究会誌. 2020.12; 24 (1): 65. ( 医中誌 )

  52. 遠藤 彰, 岡村 美湖, 吉川 俊輔, 森尾 友宏, 大友 康裕. 敗血症性ショック患者におけるトレミキシンカラム前後の好中球機能とサイトカインの変化についての検討 エンドトキシン血症救命治療研究会誌. 2020.12; 24 (1): 122. ( 医中誌 )

  53. 中嶋 裕理, 遠藤 彰, 高山 渉, 大友 康裕. 救急科初期研修医の時間外労働時間は敗血症患者の予後に影響を与えるか 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1796. ( 医中誌 )

  54. 小島 光暁, 遠藤 彰, 庄古 知久, 大友 康裕. 高齢者外傷の疫学的特徴と輸血戦略 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2268. ( 医中誌 )

  55. 内山 紗也, 大友 康裕, 遠藤 彰. 重症外傷患者における医師病院前派遣の有用性の検討 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2191. ( 医中誌 )

  56. 小倉 裕司, 丸藤 哲, 阿部 智一, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 白石 淳, 安部 隆三, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 遠藤 彰, 岡本 好司, 小谷 穣治, 小林 辰輔, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 高橋 治郎, 田上 隆, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 戸谷 昌樹, 鍋田 雅和, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 山川 一馬, 和田 剛志, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 血小板減少を伴う敗血症におけるDICとTMAの関連を解明する多施設前向き研究 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 942. ( 医中誌 )

  57. 千田 篤, 遠藤 彰, 大友 康裕. 甲状腺クリーゼに対する糖質コルチコイド投与の有効性についての検討 DP Cデータを使用した大規模データベース研究 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2075. ( 医中誌 )

  58. 山内 英雄, 三島 有華, 長島 道生, 山下 直美, 関谷 宏祐, 遠藤 彰, 相星 淳一, 溝江 亜紀子, 大友 康裕, 重光 秀信. 東京医科歯科大学医学部付属病院集中治療室におけるCOVID-19患者受け入れに際してのゾーニング 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2025. ( 医中誌 )

  59. 遠藤 彰, 小島 光暁, 大友 康裕. 来院時生命兆候を有する重症外傷患者における開胸心臓マッサージの有効性の検討 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2281. ( 医中誌 )

  60. 遠藤 彰. 日本外傷データバンク解析術 図表作成 日本外傷学会雑誌. 2020.11; 34 (5): 220. ( 医中誌 )

  61. 遠藤 彰, 千田 篤, 伏見 清秀, 大友 康裕. Vasopressin vs Epinephrine:Norepinephrine抵抗性敗血症性ショックを伴う重症肺炎に対する昇圧剤選択 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 457. ( 医中誌 )

  62. 中嶋 裕理, 遠藤 彰, 高山 渉, 大友 康裕. 救急科研修医の時間外労働時間は敗血症患者予後に影響を与えるか 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 469. ( 医中誌 )

  63. 赤星 径一, 伴 大輔, 中川 剛士, 山内 慎一, 岡本 健太郎, 岡田 英理子, 遠藤 彰, 八島 正文, 石橋 洋則, 絹笠 祐介, 植竹 宏之, 大久保 憲一, 大友 康裕, 荒井 裕国, 田邉 稔. 外科系新専門医制度の現状分析と課題 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SP-3. ( 医中誌 )

  64. 田村 友里, 中堤 啓太, 手塚 匠海, 星 博勝, 末金 彰, 松井 宏樹, 遠藤 彰, 大友 康裕. 鼠径ヘルニアに続発した大網捻転に伴う大網動脈損傷により出血性ショックに至った1例 日本腹部救急医学会雑誌. 2020.02; 40 (2): 423. ( 医中誌 )

  65. 遠藤 彰, 斎田 文貴, 持田 弦, 金 史英, 大友 康裕, 根本 大資, 松原 久裕, 山岸 茂, 村尾 佳則, 益子 一樹, 平野 聡, 吉川 健太郎, 世良 俊樹, 稲葉 基高, 小網 博之, 小林 誠人, 村田 希吉, 庄古 智久, 滝口 典聡. NOMIの初回手術における手術戦略についての検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 148. ( 医中誌 )

  66. 星 博勝, 中堤 啓太, 遠藤 彰, 大友 康裕. 開腹手術を施行し救命した、腹部コンパートメント症候群合併重症急性膵炎の一例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 180. ( 医中誌 )

  67. 遠藤 彰, 中堤 啓太, 関谷 宏裕, 大友 康裕. 緊急手術における周術期感染対策 左側大腸穿孔に対する緊急手術における予防的局所陰圧閉鎖療法の効果に関する検討 日本外科感染症学会雑誌. 2019.10; 16 (5): 460. ( 医中誌 )

  68. 高橋 佑典, 中堤 啓太, 遠藤 彰, 大友 康裕. 十二指腸に遺残した結石により術後早期に再発に至った胆石イレウスの一症例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 193. ( 医中誌 )

  69. 遠藤 彰, 斎田 文貴, 持田 弦, 金 史英, 大友 康裕, 根本 大資, 松原 久裕, 山岸 茂, 村尾 佳則, 益子 一樹, 多施設共同研究グループNOMI. Acute Care Surgeryを科学する NOMIの初回手術における手術戦略についての検討 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 555. ( 医中誌 )

  70. 小島 光暁, 遠藤 彰, 大友 康裕, 庄古 知久. 不断前進、外傷診療 新鮮凍結血漿の早期大量投与はすべての重症外傷患者に有用なのか? 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 550. ( 医中誌 )

  71. 高山 渉, 遠藤 彰, 白石 淳, 大友 康裕. ERから臨床研究を発信する 臨床研究のススメ 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 575. ( 医中誌 )

  72. 高山 渉, 遠藤 彰, 森下 幸治, 辻 武弘, 大友 康裕. センターコンソールアームレストが関連した腎損傷・脾損傷の一例 日本交通科学学会誌. 2019.06; 19 (Suppl.): 77. ( 医中誌 )

  73. 土谷 飛鳥, 久志本 成樹, 伊藤 香, 遠藤 彰, 大邉 寛幸, 小倉 崇以, 桂 守弘, 工藤 大介, 近藤 豊, 白石 淳, 関根 和彦, 田上 隆, 中尾 俊一郎, 萩原 章嘉, 松村 洋輔, 松本 松圭, 早川 峰司, 一二三 亨, 安田 英人, 山川 一馬, 湯本 哲也, 吉村 有矢, 日本外傷学会多施設臨床研究委員会. 中等から重症外傷疾患に対する病院生存退院後の自然史、QOL、社会復帰に関する多施設共同研究 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 172. ( 医中誌 )

  74. 藤田 基生, 久志本 成樹, 伊藤 香, 遠藤 彰, 大邉 寛幸, 小倉 崇以, 桂 守弘, 工藤 大介, 近藤 豊, 白石 淳, 関根 和彦, 田上 隆, 土谷 飛鳥, 中尾 俊一郎, 萩原 章嘉, 松村 洋輔, 松本 松圭, 早川 峰司, 一二三 亨, 安田 英人, 山川 一馬, 湯本 哲也, 吉村 有矢, 日本外傷学会多施設臨床研究委員会. 重症外傷患者におけるヘパリン起因性血小板減少症発症およびHIT抗体陽性化のメカニズム探索のための多施設共同前向き観察研究 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 175. ( 医中誌 )

  75. 吉村 有矢, 久志本 成樹, 伊藤 香, 遠藤 彰, 大邉 寛幸, 小倉 崇以, 桂 守弘, 工藤 大介, 近藤 豊, 白石 淳, 関根 和彦, 田上 隆, 土谷 飛鳥, 中尾 俊一郎, 萩原 章嘉, 松村 洋輔, 松本 松圭, 早川 峰司, 一二三 亨, 安田 英人, 山川 一馬, 湯本 哲也, 日本外傷学会多施設臨床研究委員会. 日本におけるPreventable Trauma Death peer reviewによる原因究明と評価 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 174. ( 医中誌 )

  76. 高山 渉, 遠藤 彰, 大友 康裕. 年齢別、凝固障害が重症頭部外傷患者の予後に与える影響 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 221. ( 医中誌 )

  77. 桂 守弘, 久志本 成樹, 伊藤 香, 遠藤 彰, 大邉 寛幸, 小倉 崇以, 工藤 大介, 近藤 豊, 白石 淳, 関根 和彦, 田上 隆, 土谷 飛鳥, 中尾 俊一郎, 萩原 章嘉, 松村 洋輔, 松本 松圭, 早川 峰司, 一二三 亨, 安田 英人, 山川 一馬, 湯本 哲也, 吉村 有矢, 日本外傷学会多施設臨床研究委員会. 小児鈍的脾損傷に対する経動脈的塞栓術の治療的意義 多施設後ろ向き観察研究 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 171. ( 医中誌 )

  78. 遠藤 彰, 久志本 成樹, 伊藤 香, 大邉 寛幸, 小倉 崇以, 桂 守弘, 工藤 大介, 近藤 豊, 白石 淳, 関根 和彦, 田上 隆, 土谷 飛鳥, 中尾 俊一郎, 萩原 章嘉, 松村 洋輔, 松本 松圭, 早川 峰司, 一二三 亨, 安田 英人, 山川 一馬, 湯本 哲也, 吉村 有矢, 日本外傷学会多施設臨床研究委員会. 大量輸血を要する重症外傷患者における超急性期の輸液 輸血蘇生戦略に関する多施設共同後ろ向き観察研究 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 173. ( 医中誌 )

  79. 遠藤 彰, 鈴木 啓介, 伏見 清秀, 大友 康裕. DPCデータから見た出血性外傷患者に対するトラネキサム酸投与の有効性および効果の異質性の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O24-1]. ( 医中誌 )

  80. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 外傷症例の既往疾患別acute respiratory distress syndrome(ARDS)合併リスク評価 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O79-4]. ( 医中誌 )

  81. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 重症外傷診療のエビデンス構築を目指して 本邦の外傷症例acute respiratory distress syndrome(ARDS)合併頻度と損傷部位別リスクの検証 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 321. ( 医中誌 )

  82. 遠藤 彰, 白石 淳, 大友 康裕. qSOFAの敗血症特異的な予後予測精度の検討と新たな指標の提案 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 485. ( 医中誌 )

  83. 遠藤 彰, 小島 光暁, 大友 康裕. 高齢外傷患者の転帰予測における問題点とモデル改善の方向性についての検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 91. ( 医中誌 )

  84. 浅倉 友理, 遠藤 彰, 小島 光暁, 落合 香苗, 大友 康裕. 重症胸部外傷に対してV-V ECMOを併用したダメージコントロール戦略を行い救命し得た一例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 86. ( 医中誌 )

  85. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 外傷症例のacute respiratory distress syndrome(ARDS)合併に関する損傷部位別リスクの検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 89. ( 医中誌 )

  86. 遠藤 彰, 白石 淳, 伏見 清秀, 村田 希吉, 大友 康裕. 本邦における外傷センターの整備 DPCデータからみた本邦における施設あたりの重症外傷患者数と生存率・入院総医療費との関連の検討 日本外傷学会雑誌. 2018.01; 32 (1): 40-43. ( 医中誌 )

  87. 遠藤 彰. 【外傷性凝固障害の病態と対応】 Damage control resuscitationの指標としての「外傷死の三徴」 Thrombosis Medicine. 2017.12; 7 (4): 286-290. ( 医中誌 )

  88. 遠藤 彰, 村田希吉, 小島光暁, 本藤憲一, 加地正人, 大友康裕. 日本におけるAcute Care Surgeryの現状と課題(「外傷外科手術指南塾」で施行した受講生アンケートの結果から) Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2014.07; 4 (1): 77-81.

  89. 遠藤 彰, 加地 正人, 榎本 真也, 村田 希吉, 登坂 直規, 相星 淳一, 大友 康裕. 足関節から後腹膜に至る広範な劇症型溶連菌感染症に対し、患肢温存し救命し得た1例 日本救急医学会雑誌. 2013.09; 24 (9): 799-804. ( 医中誌 )

  90. 遠藤 彰, 白石 淳, 久志本 成樹, 大友 康裕, 他. 治療指針としての『外傷死の三徴』の有用性の検証と新基準の提案 日本外傷学会雑誌.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 鈴木啓介, 遠藤 彰, 大友康裕. 出血源が不明であった 外傷性心タンポナーデの一例. 日本救急医学会総会関東地方会 2015.02.07

  2. 吉川 俊輔, 阿久津 智弘, 藤江 聡, 鈴木 啓介, 遠藤 彰, 落合 香苗, 世良 俊樹, 岡 智, 相星 淳一, 大友 康裕. 鈍的外傷に伴う短胃動脈損傷の1例. 日本救急医学会関東地方会 2015.02.07

  3. 中堤 啓太, 遠藤 彰, 大友 康裕, 淺野 博, 篠原 翔一, 黒崎 亮, 川嶋 秀治, 石井 亘, 野澤 雅之, 多賀谷 信美, 安松 比呂志, 栗山 桂一. 結腸および直腸穿孔に対する緊急手術における予防的創部陰圧閉鎖療法の有用性についての検討. 日本腹部救急医学会雑誌 2022.02.01

  4. 本庄 智代, 鳥越 純子, 清水 行栄, 遠藤 彰, 溝江 亜紀子. 救命救急センターにおける栄養アセスメントシート導入の効果. 日本病態栄養学会誌 2022.01.01

  5. 中熊 将太, 栗原 正道, 小林 正典, 村川 美也子, 伊藤 慧, 遠藤 彰, 大友 康裕, 東 正新, 大塚 和朗, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. ERCPで救命し得た主膵管損傷を伴う外傷性膵損傷の一例. Progress of Digestive Endoscopy 2021.12.01

  6. 下山 京一郎, 遠藤 彰, 島居 傑. BMIとCOVID-19の重症化についての検討 J-RECOVER study中間解析. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  7. 高橋 建叡, 藤田 晃浩, 伊藤 慧, 中堤 啓太, 高橋 麻里絵, 遠藤 彰, 大友 康裕. 鈍的重症多発外傷による左総腸骨静脈出血に対して、後腹膜パッキングを行い効果的な止血を得た1例. Japanese Journal of Acute Care Surgery 2021.11.01

  8. 丸山 修平, 山川 一馬, 山元 良, 遠藤 彰, 田上 隆, 金山 周史, 齊藤 福樹, 吉矢 和久, 中森 靖, 鍬方 安行, J-RECOVER study group. 重症COVID-19における早期腹臥位療法の検討 多施設共同後方視的研究. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  9. 中島 兆子, 伊藤 慧, 久下 晶子, 鈴木 啓介, 中堤 啓太, 高山 渉, 遠藤 彰, 森下 幸治, 相星 淳一, 大友 康裕. 当院におけるNOMI治療成績. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  10. 浅倉 友理, 松井 宏樹, 久下 晶子, 伊藤 慧, 鈴木 啓介, 中堤 啓太, 高山 渉, 遠藤 彰, 森下 幸治, 相星 淳一, 大友 康裕. 当院での重症急性膵炎における膵局所動注療法の報告. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  11. 遠藤 彰. 大規模臨床研究の実践. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  12. 春田 浩一, 遠藤 彰, 登坂 直規, 大友 康裕. 大動脈遮断を必要とする重傷外傷患者に対するREBOAの有効性. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  13. 中堤 啓太, 藤田 晃浩, 鈴木 啓介, 遠藤 彰, 大友 康裕. ・・・流、ACS最強チームの作り方、教えます! 本邦のAcute care surgery診療の一翼を担ってきた当センターにおけるチームマネージメントの実情. Japanese Journal of Acute Care Surgery 2021.11.01

  14. 遠藤 彰. 【Challenge to Change】臨床研究力向上特別強化合宿 臨床研究の面白さ・奥深さ. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  15. 高山 渉, 遠藤 彰, 森下 幸治, 大友 康裕. 【Challenge to Change】敗血症DIC:臨床現場をかえる研究最前線 誘電コアグロメーターによる早期の敗血症性DIC予測 前向き観察研究. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  16. 千田 篤, 青山 夏子, 高橋 貴美, 比嘉 武宏, 遠藤 一平, 高野 慎也, 杉中 宏司, 遠藤 彰, 肥留川 賢一, 大友 康裕. 【Challenge to Change】救急医療に関連するAI研究最前線 空間統計を利用した心肺停止患者の地理的要因が搬送時間と予後に与える影響について. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  17. 坂根 和, 遠藤 彰, 大友 康裕. High-Flow Nasal Cannula使用患者の人工呼吸器要否予測に関するROX indexの有効性の検証. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  18. 本庄 智代, 溝江 亜紀子, 齋藤 美沙, 藤波 結音, 遠藤 彰. 早期経腸栄養が実施できなかった患者の判断根拠の分析. 学会誌JSPEN 2021.10.01

  19. 高山 渉, 遠藤 彰, 大友 康裕. COVID-19に伴う凝固線溶異常の傾向と対策 COVID-19重症肺炎に対する治療的全身抗凝固療法の効果. 日本集中治療医学会雑誌 2021.09.01

  20. 中堤 啓太, 遠藤 彰, 関谷 宏祐, 大友 康裕. 下部消化管穿孔手術後の創部感染における予防的Negative pressure wound therapyの効果. 日本集中治療医学会雑誌 2021.09.01

  21. 藤江 聡, 遠藤 彰, 大友 康裕. 大学医局による被災した地域関連病院の支援. Japanese Journal of Disaster Medicine 2019.12.01

  22. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 重症外傷診療のエビデンス構築を目指して 本邦の外傷症例acute respiratory distress syndrome(ARDS)合併頻度と損傷部位別リスクの検証. 日本救急医学会雑誌 2018.10.01

  23. 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 「外傷センター 日本の未来」 外傷患者の集中治療室入室数の増加と生命転帰の改善は関連している. 日本外傷学会雑誌 2018.06.01

  24. 遠藤 彰, 小島 光暁, 白石 淳, 大友 康裕. 高齢者外傷治療の問題点 高齢者外傷の特徴と課題 超高齢社会の外傷レジストリ解析. 日本外傷学会雑誌 2018.06.01

  25. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 外傷症例のacute respiratory distress syndrome(ARDS)合併と損傷部位の関係性. 日本外傷学会雑誌 2018.06.01

  26. 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 「外傷センター 日本の未来」 外傷患者の集中治療室入室数の増加と生命転帰の改善は関連している. 日本外傷学会雑誌 2018.06.01

  27. 遠藤 彰, 小島 光暁, 白石 淳, 大友 康裕. 高齢者外傷治療の問題点 高齢者外傷の特徴と課題 超高齢社会の外傷レジストリ解析. 日本外傷学会雑誌 2018.06.01

  28. 伊東 翼, 岡 智, 落合 香苗, 遠藤 彰, 大友 康裕. CBRNE災害発生時対応に関する医療従事者の意識・知識調査. 日本臨床救急医学会雑誌 2018.04.01

  29. 小林 茉耶, 遠藤 彰, 落合 香苗, 岡 智, 大友 康裕. 敗血症治療における輸液と転帰の関連. 日本臨床救急医学会雑誌 2018.04.01

  30. 遠藤 彰, 伏見 清秀, 白石 淳, 村田 希吉, 大友 康裕. DPCデータベースを用いた救急領域の臨床疫学研究の利点と課題. 日本腹部救急医学会雑誌 2018.02.01

  31. 高山 渉, 遠藤 彰, 大友 康裕. 一歩進んだ外傷患者に対する集中治療 ABO型血液型と重症外傷患者予後との関係. 日本集中治療医学会雑誌 2018.02.01

  32. 高山 渉, 遠藤 彰, 大友 康裕. 一歩進んだ外傷患者に対する集中治療 ABO型血液型と重症外傷患者予後との関係. 日本集中治療医学会雑誌 2018.02.01

  33. 遠藤 彰, 白石 淳, 大友 康裕. DPCデータを用いた大量輸血を要した外傷患者の最適な新鮮凍結血漿/赤血球比の検討. Japanese Journal of Acute Care Surgery 2017.09.01

  34. 持田 弦, 岡 智, 関谷 宏祐, 江頭 隆一郎, 八木 雅幸, 遠藤 彰, 小島 光暁, 本藤 憲一, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 食道破裂19例の検討. 日本救急医学会雑誌 2017.09.01

  35. 吉川 俊輔, 岡村 美湖, 遠藤 彰, 大友 康裕, 森尾 友宏. 侵襲反応を制御する〜臨床研究(breakthrough) 外傷症例における好中球の活性酸素産生量の経時的評価と健常者との比較. 日本救急医学会雑誌 2017.09.01

  36. 遠藤 彰, 白石 淳, 大友 康裕. DPCデータを用いた大量輸血患者の最適な新鮮凍結血漿/赤血球比と血小板/赤血球比の検討. 日本救急医学会雑誌 2017.09.01

  37. 吉川 俊輔, 岡村 美湖, 遠藤 彰, 大友 康裕, 森尾 友宏. 侵襲反応を制御する〜臨床研究(breakthrough) 外傷症例における好中球の活性酸素産生量の経時的評価と健常者との比較. 日本救急医学会雑誌 2017.09.01

  38. 遠藤 彰, 白石 淳, 久志本 成樹, 齋藤 大蔵, 中原 慎二, 萩原 章嘉, 早川 峰司, 関根 和彦, 小倉 崇以, 田上 隆, 一二三 亨, 工藤 大介, 吉矢 和久. 新たな「外傷死の三徴」基準の外的妥当性を検証する前向き縦断研究. 日本外傷学会雑誌 2017.05.01

  39. 遠藤 彰, 伏見 清秀, 白石 淳, 松居 宏樹, 村田 希吉, 大友 康裕. DPCデータを用いた肺炎による重症敗血症に対するvasopressin併用療法の有効性の検討. 日本集中治療医学会雑誌 2017.02.01

  40. 茂木 佑太, 遠藤 彰, 岡 智, 落合 香苗, 世良 俊樹, 大友 康裕. 頭部外傷における転帰予測因子と手術適応の新基準. 日本救急医学会関東地方会雑誌 2017.02.01

  41. 清水 厚哉, 岡 智, 遠藤 彰, 落合 香苗, 世良 俊樹, 大友 康裕. 重症敗血症患者における水分バランスと予後の関係の解析. 日本救急医学会関東地方会雑誌 2017.02.01

  42. 吉川 俊輔, 阿久津 智洋, 加地 正人, 岡 智, 世良 俊樹, 落合 香苗, 遠藤 彰, 村田 希吉, 相星 淳一, 大友 康裕. 外傷性心嚢破裂の1例. 日本外傷学会総会 2015.06.12

  43. 遠藤 彰, 白石 淳, 久志本茂樹, 大友康裕, 他. J-OCTET報告 今日の外傷診療における"Deadly triad"を改めて検討する. 日本外傷学会総会 2015.06.11

  44. 遠藤 彰, 漆畑 直, 大友康裕. 非外傷性膀胱破裂9例の検討. 日本腹部救急医学会総会 2015.03.06

  45. 鈴木 啓介, 岡 智, 遠藤 彰, 大友 康裕. 大腿から下腿一部におよぶ筋間膿瘍を伴う閉鎖孔ヘルニア嵌頓の1手術例. 日本腹部救急医学会総会 2015.03.06

  46. 吉川 俊輔, 遠藤 彰, 村田 希吉, 大友 康裕. 十二指腸憩室穿孔の1例. 日本腹部救急医学会総会 2015.03.05

  47. 遠藤 彰, 岡村美湖, 吉川俊輔, 白石 淳, 大友康裕, 森尾友宏. 敗血症初期のヒト好中球における免疫不全状態に関する検討. 日本集中治療医学会学術集会 2015.02.10

  48. 阿久津智洋, 櫻井啓暢, 鈴木啓介, 遠藤彰, 吉川俊輔, 落合香苗, 世良俊樹, 岡智, 相星淳一, 大友康裕. ダビガトラン・メトホルミン服薬中に凝固異常・乳酸アシドーシスを来し、集学的治療を要した一例. 日本集中治療医学会学術集会 2015.02.09

  49. 阿久津智洋, 櫻井啓暢, 遠藤彰, 吉川俊輔, 落合香苗, 世良俊樹, 岡智, 相星淳一, 大友康裕. 急性膵炎の発症を契機に診断され集中治療を要した全身性エリテマトーデスの一例. 日本集中治療医学会学術集会 2015.02.09

  50. 遠藤 彰, 岡村美湖, 吉川俊輔, 大友康裕, 森尾友宏. 重症敗血症・敗血症性ショックにおける好中球機能の変化の検討. バイオメディカルフォーラム 2014.12.06

  51. 鈴木啓介, 遠藤 彰, 大友康裕. 病態別による腸管壊死予測因子の検討. 日本救急医学会総会 2014.10.30

  52. 遠藤 彰, 岡村美湖, 吉川俊輔,  森尾友宏, 大友康裕. 白血球減少を伴った重症敗血症における好中球機能異常の解析. 日本救急医学会総会 2014.10.28

  53. 櫻井 啓暢, 落合 香苗, 遠藤 彰, 村田 希吉, 大友 康裕. Massive transfusion protocolによる緊急O型輸血がRh不適合であった一例. 日本救急医学会総会 2014.10.28

  54. 阿久津智洋, 遠藤彰, 村田希吉, 白石淳, 相星淳一, 大友康裕. 可逆性心筋症を合併したHemophilus influenzaeによる電撃性紫斑病の一例. 日本救急医学会総会 2014.10.28

  55. 岡村 美湖, 遠藤 彰, 吉川 俊輔, 森尾 友宏. 敗血症発症時の好中球の免疫機構の変化. 日本臨床免疫学会総会 2014.09.26

  56. 遠藤 彰, 村田 希吉, 小島 光暁, 加地 正人, 白石 淳, 大友 康裕. 外科医からみたAcute Care Surgery(外傷外科手術指南塾のアンケート結果). 日本外科学会定期学術集会 2014.04.04

  57. 吉行 綾子, 遠藤 彰, 落合 香苗, 本藤 憲一, 大友 康裕. 多発外傷を伴ったStanford A型外傷性大動脈解離の一例. 日本救急医学会関東地方会 2014.02.01

  58. 齋田 文貴, 遠藤 彰, 大友 康裕. 右特発性食道破裂の1例. 日本救急医学会関東地方会 2014.02.01

▼全件表示