基本情報

写真a

猪瀬 弘之(イノセ ヒロユキ)

INOSE Hiroyuki


職名

准教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2012年04月
    -
    2017年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2017年10月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2017年11月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 講師
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 整形外傷外科治療開発学講座 准教授
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 寄附講座 准教授

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 靭帯骨化発生・進展の分子基盤の解明と治療法の研究開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 長鎖ncRNAによる骨芽細胞分化に対する調節機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 骨粗鬆症及び骨折の新規治療標的としてのマイクロRNAに関する検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 骨リモデリングにおけるマイクロRNAの生理的意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2012年

  • 脊柱靭帯骨化発生・進展の分子機序解明を目指した統合的研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規骨量規定因子による骨代謝調節機構の解明-骨形成促進のための基盤研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 細胞増殖制御に注目した筋損傷回復機構の解明-筋損傷治療のための基盤研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 環状RNAによる骨代謝調節機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hiroyuki Inose, Akane Ariga, Takayuki Motoyoshi, Kazuyuki Fukushima, Shoji Tomizawa, Tsuyoshi Kato, Kunihiko Takahashi, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. The Real-World Effect of 12 Months of Romosozumab Treatment on Patients With Osteoporosis With a High Risk of Fracture and Factors Predicting the Rate of Bone Mass Increase: A Multicenter Retrospective Study. JBMR Plus. 2022.07; 6 (7): e10637. ( PubMed, DOI )

  2. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Shinji Takahashi, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Factors Contributing to Residual Low Back Pain after Osteoporotic Vertebral Fractures. J Clin Med. 2022.03; 11 (6): ( PubMed, DOI )

  3. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shoji Seki, Shunji Matsunaga, Atsushi Okawa. Factors Negatively Influencing Postoperative Improvement After Laminoplasty in Degenerative Cervical Myelopathy. Clin Spine Surg. 2022.02; 35 (1): E230-E235. ( PubMed, DOI )

  4. Jun Hashimoto, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Atsuyuki Kawabata, Kurando Utagawa, Yu Matsukura, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Tsuyoshi Yamada, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Satoshi Sumiya, Fujiki Numano, Kazuyuki Fukushima, Shoji Tomizawa, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Impact of body mass index on surgical outcomes and complications in adult spinal deformity. J Orthop Sci. 2022.01; 27 (1): 89-94. ( PubMed, DOI )

  5. Takahisa Ogawa, Toshitaka Yoshii, Jun Oyama, Nobuhiro Sugimura, Takashi Akada, Takaaki Sugino, Motonori Hashimoto, Shingo Morishita, Takuya Takahashi, Takayuki Motoyoshi, Takuya Oyaizu, Tsuyoshi Yamada, Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Yoshikazu Nakajima, Atsushi Okawa. Detecting ossification of the posterior longitudinal ligament on plain radiographs using a deep convolutional neural network: A pilot study. Spine J. 2022.01; ( PubMed, DOI )

  6. Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shoji Seki, Shunji Matsunaga, Kunihiko Takahashi, Atsushi Okawa. Factors contributing to neck pain in patients with degenerative cervical myelopathy: A prospective multicenter study. J Orthop Surg (Hong Kong). 2022.01; 30 (1): 10225536221091848. ( PubMed, DOI )

  7. Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Kazuyuki Otani, Shigeo Shindo, Kouichi Mizuno, Kazuo Kusano, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Atsuyuki Kawabata, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Pelvic incidence is a risk factor for lower instrumented vertebra failure in adult spinal deformity patients who underwent corrective fusion terminating at the L5 vertebra. J Orthop Sci. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  8. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Junya Katayanagi, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Perioperative Complications of Laminoplasty in Degenerative Cervical Myelopathy -A Comparative Study Between Ossification of Posterior Longitudinal Ligament and Cervical Spondylotic Myelopathy Using a Nationwide Inpatient Database. Global Spine J. 2021.12; 21925682211063867. ( PubMed, DOI )

  9. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masanao Sasaki, Yu Matsukura, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Akihiro Hirakawa, Atsushi Okawa. Comparison of decompression, decompression plus fusion, and decompression plus stabilization: a long-term follow-up of a prospective, randomized study. The Spine Journal. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  10. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shinichi Shirasawa, Shinji Takahashi, Masatoshi Hoshino, Yu Yamato, Yu Matsukura, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Time Course of Acute Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study. J Clin Med. 2021.12; 10 (24): 5961. ( PubMed, DOI )

  11. Motoyoshi Takayuki, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Matsukura Yu, Egawa Satoru, Kobayashi Yutaka, Utagawa Kurando, Hashimoto Jun, Kawabata Atsuyuki, Takahashi Takuya, Tanaka Tomoyuki, Okawa Atsushi. Association between diffuse idiopathic skeletal hyperostosis and thoracic kyphosis in patients with cervical myelopathy: a retrospective observational study. BMC Musculoskelet Disord. 2021.11; 22 (1): 964. ( PubMed, DOI )

  12. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Shuta Ushio, Shingo Morishita, Satoru Egawa, Hiroaki Onuma, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Takuya Takahashi, Motonori Hashimoto, Kentaro Sakaeda, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy with Fusion versus Anterior Hybrid Fusion Surgery for Patients with Severe Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Involving Three or More Levels: A Retrospective Comparative Study. J Clin Med. 2021.11; 10 (22): 5315. ( PubMed, DOI )

  13. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Surgery with or without Fusion for Lumbar Spondylolisthesis. N Engl J Med. 2021.11; 385 (19): 1823. ( PubMed, DOI )

  14. Akito Yabu, Masatoshi Hoshino, Hitoshi Tabuchi, Shinji Takahashi, Hiroki Masumoto, Masahiro Akada, Shoji Morita, Takafumi Maeno, Masayoshi Iwamae, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Tadao Tsujio, Hidetomi Terai, Hiromitsu Toyoda, Akinobu Suzuki, Koji Tamai, Shoichiro Ohyama, Yusuke Hori, Atsushi Okawa, Hiroaki Nakamura. Using artificial intelligence to diagnose fresh osteoporotic vertebral fractures on magnetic resonance images. Spine J. 2021.10; 21 (10): 1652-1658. ( PubMed, DOI )

  15. Toshitaka Yoshii, Motonori Hashimoto, Satoru Egawa, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa. Hydroxyapatite/collagen composite graft for posterior lumbar interbody fusion: a comparison with local bone graft. J Orthop Surg Res. 2021.10; 16 (1): 639. ( PubMed, DOI )

  16. Yu Matsukura, Toshitaka Yoshii, Shingo Morishita, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Atsuyuki Kawabata, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Tsuyoshi Yamada, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Satoshi Sumiya, Fujiki Numano, Kazuyuki Fukushima, Shoji Tomizawa, Satoru Egawa, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Comparison of Lateral Lumbar Interbody Fusion and Posterior Lumbar Interbody Fusion as Corrective Surgery for Patients with Adult Spinal Deformity-A Propensity Score Matching Analysis. J Clin Med. 2021.10; 10 (20): 4737. ( PubMed, DOI )

  17. Soraya Nishimura, Takashi Hirai, Narihito Nagoshi, Toshitaka Yoshii, Jun Hashimoto, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Hiroaki Nakashima, Shiro Imagama, Kazuma Murata, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Masashi Yamazaki, Kota Watanabe, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Association between Severity of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis and Ossification of Other Spinal Ligaments in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021.10; 10 (20): 4690. ( PubMed, DOI )

  18. Takashi Hirai, Takuya Takahashi, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Intradiscal Injection With Condoliase (Chondroitin Sulfate ABC Endolyase) For Painful Radiculopathy Caused By Lumbar Disc Herniation Spine Surgery and Related Research. 2021.10; ( DOI )

  19. Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Atsuyuki Kawabata, Tsuyoshi Yamada, Takashi Taniyama, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Kenichiro Sakai, Ichiro Torigoe, Masaki Tomori, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Kouichi Mizuno, Kazuyuki Otani, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Prognostic factors for neurological outcome after anterior decompression and fusion for proximal-type cervical spondylotic amyotrophy - A retrospective analysis of 77 cases. J Orthop Sci. 2021.09; 26 (5): 733-738. ( PubMed, DOI )

  20. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Kunihiko Takahashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Risk factors for subsequent vertebral fracture after acute osteoporotic vertebral fractures. Eur Spine J. 2021.09; 30 (9): 2698-2707. ( PubMed, DOI )

  21. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Application of an index derived from the area under a neutrophil curve as a predictor of surgical site infection after spinal surgery. BMC Surg. 2021.09; 21 (1): 354. ( PubMed, DOI )

  22. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Yu Matsukura, Atsushi Okawa. Impact of preoperative cervical sagittal alignment for cervical myelopathy caused by ossification of the posterior longitudinal ligament on surgical treatment. J Orthop Sci. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  23. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. A comparative study of surgical outcomes between anterior cervical discectomy with fusion and selective laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy. J Orthop Sci. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  24. Takashi Hirai, Soraya Nishimura, Toshitaka Yoshii, Narihito Nagoshi, Jun Hashimoto, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Kazuhiro Takeuchi, Shuta Ushio, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Hiroaki Nakashima, Shiro Imagama, Kazuma Murata, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Yu Matsukura, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Associations between Clinical Findings and Severity of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis in Patients with Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021.09; 10 (18): 4137. ( PubMed, DOI )

  25. Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shoji Seki, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shunji Matsunaga, Masashi Yamazaki, Atsushi Okawa. The 5-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts postoperative fall risk in patients undergoing surgery for degenerative cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2021.09; 26 (5): 779-785. ( PubMed, DOI )

  26. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shoji Seki, Shunji Matsunaga, Kunihiko Takahashi, Atsushi Okawa. Predictors of Falls in Patients with Degenerative Cervical Myelopathy: A Prospective Multi-institutional Study. Spine (Phila Pa 1976). 2021.08; 46 (15): 1007-1013. ( PubMed, DOI )

  27. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Comparison of Perioperative Complications in Anterior Decompression With Fusion and Posterior Decompression With Fusion for Cervical Spondylotic Myelopathy: Propensity Score Matching Analysis Using a Nationwide Inpatient Database. Clin Spine Surg. 2021.08; 34 (7): E425-E431. ( PubMed, DOI )

  28. Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Yoshiyasu Arai, Hidetsugu Maehara, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Laminar Closure in Double-door Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy with Nonkyphotic Alignment. Spine (Phila Pa 1976). 2021.08; 46 (15): 999-1006. ( PubMed, DOI )

  29. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Effect of Ventral vs Dorsal Spinal Surgery in Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy. JAMA. 2021.07; 326 (4): 357-358. ( PubMed, DOI )

  30. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Predictors of residual low back pain after acute osteoporotic compression fracture. J Orthop Sci. 2021.05; 26 (3): 453-458. ( PubMed, DOI )

  31. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Hiroaki Onuma, Shingo Morishita, Yu Matsukura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Predictive Factors Affecting Surgical Outcomes in Patients with Degenerative Lumbar Spondylolisthesis. Spine (Phila Pa 1976). 2021.05; 46 (9): 610-616. ( PubMed, DOI )

  32. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. K-Line Tilt is a Predictor of Postoperative Kyphotic Deformity After Laminoplasty for Cervical Myelopathy Caused by Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Global Spine J. 2021.05; 21925682211012687. ( PubMed, DOI )

  33. Inose H, Hirai T, Yoshii T, Kimura A, Takeshita K, Inoue H, Maekawa A, Endo K, Miyamoto T, Furuya T, Nakamura A, Mori K, Kanbara S, Imagama S, Seki S, Matsunaga S, Okawa A. Predictors for quality of life improvement after surgery for degenerative cervical myelopathy: a prospective multi-center study. Health and quality of life outcomes. 2021.05; 19 (1): 150. ( PubMed, DOI )

  34. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Atsushi Okawa, Takeo Fujiwara. Comparison of perioperative complications in anterior decompression with fusion and posterior decompression with fusion for thoracic ossification of the posterior longitudinal ligament -a retrospective cohort study using a nationwide inpatient database. J Orthop Sci. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  35. Atsuyuki Kawabata, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Masaki Tomori, Ichiro Torigoe, Kazuo Kusano, Kazuyuki Otani, Yoshiyasu Arai, Shigeo Shindo, Atsushi Okawa. Sagittal alignment changes and postoperative complications following surgery for adult spinal deformity in patients with Parkinson's disease: a multi-institutional retrospective cohort study. BMC Musculoskelet Disord. 2021.04; 22 (1): 357. ( PubMed, DOI )

  36. Kenichiro Sakai, Toshitaka Yoshii, Yoshiyasu Arai, Takashi Hirai, Ichiro Torigoe, Hiroyuki Inose, Masaki Tomori, Kyohei Sakaki, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Shingo Morishita, Atsushi Okawa. A Prospective Cohort Study of Dysphagia After Subaxial Cervical Spine Surgery. Spine (Phila Pa 1976). 2021.04; 46 (8): 492-498. ( PubMed, DOI )

  37. Inose H, Hirai T, Yoshii T, Kimura A, Takeshita K, Inoue H, Maekawa A, Endo K, Furuya T, Nakamura A, Mori K, Kanbara S, Imagama S, Seki S, Matsunaga S, Takahashi K, Okawa A. Predictors associated with neurological recovery after anterior decompression with fusion for degenerative cervical myelopathy. BMC surgery. 2021.03; 21 (1): 144. ( PubMed, DOI )

  38. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Hiroaki Onuma, Tomoyuki Tanaka, Atsushi Okawa. Ann Case Rep, an open access journal Annals of Case Reports Case Report Cauda Equina Caused by Lumbar Canal Stenosis Following Intradical Injection of Condoliase: Case Report Annals of Medicine. 2021.03; 6 (2): 1-3. ( DOI )

  39. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Kunihiko Takahashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Predictors for quality of life improvement after acute osteoporotic vertebral fracture: results of post hoc analysis of a prospective randomized study. Qual Life Res. 2021.01; 30 (1): 129-135. ( PubMed, DOI )

  40. Satoshi Sumiya, Kazuyuki Fukushima, Yoshiro Kurosa, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Comparative analysis of clinical factors associated with pedicle screw pull-out during or immediately after surgery between intraoperative cone-beam computed tomography and postoperative computed tomography. BMC Musculoskelet Disord. 2021.01; 22 (1): 55. ( PubMed, DOI )

  41. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Takahisa Ogawa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Comparison of Perioperative Complications Between Anterior Fusion and Posterior Fusion for Osteoporotic Vertebral Fractures in Elderly Patients: Propensity Score-Matching Analysis Using Nationwide Inpatient Database. Clin Spine Surg. 2020.12; 33 (10): E586-E592. ( PubMed, DOI )

  42. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shuta Ushio, Jun Hashimoto, Kanji Mori, Satoshi Maki, Keiichi Katsumi, Narihito Nagoshi, Kazuhiro Takeuchi, Takeo Furuya, Kei Watanabe, Norihiro Nishida, Soraya Nishimura, Kota Watanabe, Takashi Kaito, Satoshi Kato, Katsuya Nagashima, Masao Koda, Kenyu Ito, Shiro Imagama, Yuji Matsuoka, Kanichiro Wada, Atsushi Kimura, Tetsuro Ohba, Hiroyuki Katoh, Masahiko Watanabe, Yukihiro Matsuyama, Hiroshi Ozawa, Hirotaka Haro, Katsushi Takeshita, Morio Matsumoto, Masaya Nakamura, Masashi Yamazaki, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa, Yoshiharu Kawaguchi. Associations between Clinical Symptoms and Degree of Ossification in Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Prospective Multi-Institutional Cross-Sectional Study. J Clin Med. 2020.12; 9 (12): 4055. ( PubMed, DOI )

  43. Shingo Morishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Risk factors related to perioperative systemic complications and mortality in elderly patients with osteoporotic vertebral fractures-analysis of a large national inpatient database. J Orthop Surg Res. 2020.11; 15 (1): 518. ( PubMed, DOI )

  44. Hiroaki Onuma, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factors for delirium in patients aged ≥75 years undergoing spinal surgery: a retrospective study. J Int Med Res. 2020.10; 48 (10): 300060520961212. ( PubMed, DOI )

  45. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shoji Seki, Shunji Matsunaga, Atsushi Okawa. Comparison of Clinical and Radiographic Outcomes of Laminoplasty, Anterior Decompression With Fusion, and Posterior Decompression With Fusion for Degenerative Cervical Myelopathy: A Prospective Multicenter Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020.10; 45 (20): E1342-E1348. ( PubMed, DOI )

  46. Yutaka Kobayashi, Tomoyuki Tanaka, Mieradilli Mulati, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Philipp Kaldis, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. Cyclin-Dependent Kinase 1 Is Essential for Muscle Regeneration and Overload Muscle Fiber Hypertrophy. Front Cell Dev Biol. 2020.10; 8 564581. ( PubMed, DOI )

  47. Kawabata A, Yoshii T, Sakai K, Hirai T, Yuasa M, Inose H, Utagawa K, Hashimoto J, Matsukura Y, Tomori M, Torigoe I, Kusano K, Otani K, Mizuno K, Satoshi S, Kazuyuki F, Tomizawa S, Arai Y, Shindo S, Okawa A. Identification of Predictive Factors for Mechanical Complications After Adult Spinal Deformity Surgery: A Multi-Institutional Retrospective Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020.09; 45 (17): 1185-1192. ( PubMed, DOI )

  48. Toshitaka Yoshii, Shingo Morishita, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Atsushi Okawa, Kiyohide Fushimi, Takeo Fujiwara. Comparison of Perioperative Complications in Anterior Decompression With Fusion and Posterior Decompression With Fusion for Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: Propensity Score Matching Analysis Using a Nation-Wide Inpatient Database. Spine (Phila Pa 1976). 2020.08; 45 (16): E1006-E1012. ( PubMed, DOI )

  49. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Risk Factors of Nonunion After Acute Osteoporotic Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study. Spine. 2020.07; 45 (13): 895-902. ( PubMed, DOI )

  50. Toshitaka Yoshii, Shoji Tomizawa, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Kenichiro Sakai, Shuta Ushio, Satoru Egawa, Masato Yuasa, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Surgical Outcomes in Selective Laminectomy and Conventional Double-Door Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy. Orthopedics. 2020.07; 43 (4): e311-e315. ( PubMed, DOI )

  51. Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Yasuyuki Shiraishi, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, Kanji Mori, Shoji Seki, Shunsuke Kanbara, Shiro Imagama, Shunji Matsunaga, Atsushi Okawa. Effectiveness of Surgical Treatment for Degenerative Cervical Myelopathy in Preventing Falls and Fall-related Neurological Deterioration: A Prospective Multi-institutional Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020.06; 45 (11): E631-E638. ( PubMed, DOI )

  52. Atsuyuki Kawabata, Takashi Hirai, Ryo Tohara, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Hirotaka Koyanagi, Shingo Sato, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsushi Okawa, Toshitaka Yoshii. Surgical stabilization of spinal metastasis in diffuse idiopathic skeletal hyperostosis ("Mets-on-DISH"): Two case reports. Medicine (Baltimore). 2020.05; 99 (22): e20397. ( PubMed, DOI )

  53. Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. To The Editor. Spine (Phila Pa 1976). 2020.04; 45 (7): E415-E416. ( PubMed, DOI )

  54. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Shigeo Shindo, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Increased Height of Fused Segments Contributes to Early-Phase Strut Subsidence after Anterior Cervical Corpectomy with Fusion for Multilevel Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Spine Surg Relat Res. 2020.03; 4 (4): 294-299. ( PubMed, DOI )

  55. Yutaka Kobayashi, Hiroyuki Inose, Shuta Ushio, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Body Mass Index and Modified Glasgow Prognostic Score Are Useful Predictors of Surgical Site Infection After Spinal Instrumentation Surgery: A Consecutive Series. Spine (Phila Pa 1976) . 2020.02; 45 (3): E148-E154. ( PubMed, DOI )

  56. Mieradili Mulati, Yutaka Kobayashi, Akira Takahashi, Hoashi Numata, Masanori Saito, Yuichi Hiraoka, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Yoichi Ezura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. The long noncoding RNA Crnde regulates osteoblast proliferation through the Wnt/β-catenin signaling pathway in mice. Bone. 2020.01; 130 115076. ( PubMed, DOI )

  57. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Postoperative lymphocyte percentage and neutrophil-lymphocyte ratio are useful markers for the early prediction of surgical site infection in spinal decompression surgery. J Orthop Surg (Hong Kong). 2020.01; 28 (2): 2309499020918402. ( PubMed, DOI )

  58. Hiroyuki Inose, Yutaka Kobayashi, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Procalcitonin and Neutrophil Lymphocyte Ratio After Spinal Instrumentation Surgery. Spine(Phila pa 1976). 2019.12; 44 (23): E1356-E1361. ( PubMed, DOI )

  59. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Hiroaki Onuma, Keigo Hirai, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Kenichiro Sakai, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Is Modified K-line a Powerful Tool of Surgical Decision Making for Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy? Clin Spine Surg. 2019.11; 32 (9): 351-356. ( PubMed, DOI )

  60. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Takahiro Tanimoto, Shuta Ushio, Shinichi Sasaki, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Atsushi Okawa. Thoracic myelopathy caused by an extremely rare aberrant epidural ligament: A case report. Medicine (Baltimore). 2019.10; 98 (41): e17344. ( PubMed, DOI )

  61. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Shuta Ushio, Takashi Taniyama, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Kenichiro Sakai, Shigeo Shindo, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Surgical outcomes for distal-type cervical spondylotic amyotrophy: a multicenter retrospective analysis of 43 cases. Eur Spine J. 2019.10; 28 (10): 2333-2341. ( PubMed, DOI )

  62. Inose H., Kato T., Okawa A.. A PROSPECTIVE, RANDOMIZED MULTICENTER STUDY COMPARING RIGID- AND SOFT-BRACE TREATMENT FOR ACUTE OSTEOPOROTIC VERTEBRAL COMPRESSION FRACTURE OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL. 2019.07; 30 S316.

  63. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Shoji Tomizawa, Kyohei Sakaki, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Cervical Spinal Cord Injury Associated With Neck Flexion in Posterior Cervical Decompression. Clin Spine Surg. 2019.06; 32 (5): E221-E227. ( PubMed, DOI )

  64. Shuta Ushio, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masahito Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative Risk Factors for Adjacent Segment Degeneration after Two-Level Floating Posterior Fusion at L3-L5. Spine Surg Relat Res. 2019.04; 4 (1): 43-49. ( PubMed, DOI )

  65. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Kyohei Sakaki, Hiroyuki Inose, Ichiro Torigoe, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa, Yoshiyasu Arai. Retrospective analysis of surgical outcomes for atlantoaxial subluxation. J Orthop Surg Res. 2019.03; 14 (1): 75. ( PubMed, DOI )

  66. Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Shoichi Ichimura, Yasuaki Tokuhashi, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Hirotaka Haro, Tetsuro Ohba, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Ukihide Tateishi, Makoto Tomita, Ryuichi Takemasa, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Comparison of Rigid and Soft-Brace Treatments for Acute Osteoporotic Vertebral Compression Fracture: A Prospective, Randomized, Multicenter Study. J Clin Med. 2019.02; 8 (2): ( PubMed, DOI )

  67. Takashi Hirai, Takashi Taniyama, Toshitaka Yoshii, Koichi Mizuno, Mikio Okamoto, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Kazuyuki Otani, Shigeo Shindo, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Clinical Outcomes of Surgical Treatment for Arachnoid Web: A Case Series. Spine Surg Relat Res. 2019.01; 3 (1): 43-48. ( PubMed, DOI )

  68. Akira Takahashi, Mieradili Mulati, Masanori Saito, Hoashi Numata, Yutaka Kobayashi, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Philipp Kaldis, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. Loss of cyclin-dependent kinase 1 impairs bone formation, but does not affect the bone-anabolic effects of parathyroid hormone. J. Biol. Chem.. 2018.12; 293 (50): 19387-19399. ( PubMed, DOI )

  69. Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical and radiologic outcomes of bone grafted and non-bone grafted double-door laminoplasty, the modified Kirita-Miyazaki method, for treatment of cervical spondylotic myelopathy: Five-year follow-up. J Orthop Sci. 2018.11; 23 (6): 923-928. ( PubMed, DOI )

  70. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Hidetsugu Maehara, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Comparison of Decompression, Decompression Plus Fusion, and Decompression Plus Stabilization for Degenerative Spondylolisthesis: A Prospective, Randomized Study. Clin Spine Surg. 2018.08; 31 (7): E347-E352. ( PubMed, DOI )

  71. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Kenichiro Sakai, Shuta Ushio, Satoru Egawa, Masato Yuasa, Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. A Prospective Comparative Study in Skin Antiseptic Solutions for Posterior Spine Surgeries: Chlorhexidine-Gluconate Ethanol Versus Povidone-Iodine. Clin Spine Surg. 2018.08; 31 (7): E353-E356. ( PubMed, DOI )

  72. Hirai T, Yoshii T, Inose H, Yamada T, Yuasa M, Ushio S, Egawa S, Hirai K, Okawa A.. Revision Surgery for Short Segment Fusion Influences Postoperative Low Back Pain and Lower Extremity Pain: A Retrospective Single-Center Study of Patient-Based Evaluation. Spine. Surg. Related Res.. 2018.07; 2 (3): 215-220.

  73. Takashi Hirai, Takashi Taniyama, Toshitaka Yoshii, Koichi Mizuno, Mikio Okamoto, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Kazuyuki Otani, Shigeo Shindo, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Clinical Outcomes of Surgical Treatment for Arachnoid Web: A Case Series Spine Surgery and Related Research. 2018.07; 3 (1): 43-48. ( DOI )

  74. Yamada Tsuyoshi, Yoshii Toshitaka, Yamamoto Naoki, Hirai Takashi, Inose Hiroyuki, Okawa Atsushi. Surgical outcomes for lumbar spinal canal stenosis with coexisting cervical stenosis (tandem spinal stenosis): a retrospective analysis of 565 cases. J Orthop Surg Res. 2018.03; 13 (1): 60. ( PubMed, DOI )

  75. Inose H, Yamada T, Hirai T, Yoshii T, Abe Y, Okawa A.. The impact of sarcopenia on the results of lumbar spinal surgery. Osteoporosis and Sarcopenia. 2018.03; 4 (1): 33-36. ( PubMed, DOI )

  76. Yamada Tsuyoshi, Yoshii Toshitaka, Yamamoto Naoki, Hirai Takashi, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Clinical Outcomes of Cervical Spinal Surgery for Cervical Myelopathic Patients With Coexisting Lumbar Spinal Canal Stenosis (Tandem Spinal Stenosis): A Retrospective Analysis of 297 Cases. Spine (Phila Pa 1976). 2018.02; 43 (4): E234-E241. ( PubMed, DOI )

  77. Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Sakai Kenichiro, Inose Hiroyuki, Yamada Tsuyoshi, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Arai Yoshiyasu, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Long-term results of a prospective study of anterior decompression with fusion and posterior decompression with laminoplasty for treatment of cervical spondylotic myelopathy. J Orthop Sci. 2018.01; 23 (1): 32-38. ( PubMed, DOI )

  78. Kimura Atsushi, Takeshita Katsushi, Inoue Hirokazu, Seichi Atsushi, Kawasaki Yosuke, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Furuya Takeo, Takeuchi Kazuhiro, Matsunaga Shunji, Seki Shoji, Tsushima Mikito, Imagama Shiro, Koda Masao, Yamazaki Masashi, Mori Kanji, Nishimura Hirosuke, Endo Kenji, Yamada Kei, Sato Kimiaki, Okawa Atsushi. The 25-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts the risk of recurrent falls in postoperative patients with cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2018.01; 23 (1): 185-189. ( PubMed, DOI )

  79. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Mieradili Mulati, Takashi Hirai, Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Bone Turnover Markers as a New Predicting Factor for Nonunion After Spinal Fusion Surgery. Spine. 2018.01; 43 (1): E29-E34. ( PubMed, DOI )

  80. Kimura Atsushi, Takeshita Katsushi, Inoue Hirokazu, Seichi Atsushi, Kawasaki Yosuke, Yoshii Toshitaka, Inose Hiroyuki, Furuya Takeo, Takeuchi Kazuhiro, Matsunaga Shunji, Seki Shoji, Tsushima Mikito, Imagama Shiro, Koda Masao, Yamazaki Masashi, Mori Kanji, Nishimura Hirosuke, Endo Kenji, Yamada Kei, Sato Kimiaki, Okawa Atsushi. 25項目のGeriatric Locomotive Function Scaleは頸髄症を有する術後患者における反復転倒リスクを予測する(The 25-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts the risk of recurrent falls in postoperative patients with cervical myelopathy) Journal of Orthopaedic Science. 2018.01; 23 (1): 185-189. ( 医中誌 )

  81. Yamada T, Yoshii T, Egawa S, Hirai T, Inose H, Okawa A.. Multiple Infarctions Due to Vertebral Arterial Occlusion Associated with Atlantoaxial Subluxation in Patients with Rheumatoid Arthritis: A Case Report. OMICS J Radiol. 2017.05; S2:003. ( DOI )

  82. Atsuyuki Kawabata, Hiroyuki Inose, Dai Ukegawa, Shigenori Kawabata, Tsuyoshi Yamada, Atsushi Okawa. A foreign body granuloma after the usage of polyglycolic acid mesh and fibrin glue for dural repair. A case report. J Orthop Sci. 2017.03; 22 (2): 371-374. ( PubMed, DOI )

  83. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Shinichi Sotome, Mitsuhiro Enomoto, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy and Fusion Using a Synthetic Hydroxyapatite Graft for Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Orthopedics. 2017.03; 40 (2): e334-e339. ( PubMed, DOI )

  84. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Kenichiro Sakai, Mitsuhiro Enomoto, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Intraoperative evaluation using mobile computed tomography in anterior cervical decompression with floating method for massive ossification of the posterior longitudinal ligament. J Orthop Surg Res. 2017.01; 12 (1): 12. ( PubMed, DOI )

  85. Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Mitsuhiro Enomoto, Shoji Tomizawa, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Anterior decompression with fusion versus posterior decompression with fusion for massive cervical ossification of the posterior longitudinal ligament with a ≥50% canal occupying ratio: a multicenter retrospective study. Spine J. 2016.11; 16 (11): 1351-1357. ( PubMed, DOI )

  86. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical Outcomes of Spinal Surgery for Patients Undergoing Hemodialysis. Orthopedics. 2016.09; 39 (5): e863-e868. ( PubMed, DOI )

  87. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Ryohei Takada, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Drain Tip Culture is Not Prognostic for Surgical Site Infection in Spinal Surgery Under Prophylactic Use of Antibiotics. Spine. 2016.07; 41 (14): 1179-1184. ( PubMed, DOI )

  88. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Atsushi Okawa. Cervical pedicle screw placement using intraoperative computed tomography imaging with a mobile scanner gantry. Eur Spine J. 2016.06; 25 (6): 1690-1697. ( PubMed, DOI )

  89. Masanori Saito, Mieradili Mulati, S Zakiah A Talib, Philipp Kaldis, Shu Takeda, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. The Indispensable Role of Cyclin-Dependent Kinase 1 in Skeletal Development. Sci Rep. 2016.02; 6 20622. ( PubMed, DOI )

  90. Toru Fukuda, Hiroki Ochi, Satoko Sunamura, Akina Haiden, Waka Bando, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou, Shu Takeda. MicroRNA-145 regulates osteoblastic differentiation by targeting the transcription factor Cbfb. FEBS Lett.. 2015.10; 589 (21): 3302-3308. ( PubMed, DOI )

  91. Yoshii Toshitaka, Hirai Takashi, Yamada Tsuyoshi, Sumiya Satoshi, Mastumoto Renpei, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Inose Hiroyuki, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Lumbosacral pedicle screw placement using a fluoroscopic pedicle axis view and a cannulated tapping device. J Orthop Surg Res. 2015; 10 79. ( PubMed, DOI )

  92. Taniyama Takashi, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Yamada Tsuyoshi, Yasuda Hiroaki, Saito Masanori, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Modified K-line in magnetic resonance imaging predicts clinical outcome in patients with nonlordotic alignment after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy. Spine (Phila Pa 1976). 2014.10; 39 (21): E1261-E1268. ( PubMed, DOI )

  93. Naoko Araya, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masanori Saito, Satoshi Sumiya, Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Spinal deformity caused by hyperimmunoglobulin E syndrome: clinical article. J Neurosurg Spine. 2014.08; 21 (2): 292-295. ( PubMed, DOI )

  94. Inose Hiroyuki, Ochi Hiroki, Kimura Ayako, Fujita Koji, Xu Ren, Sato Shingo, Iwasaki Makiko, Sunamura Satoko, Takeuchi Yasuhiro, Fukumoto Seiji, Saito Kuniaki, Nakamura Takashi, Siomi Haruhiko, Ito Hiroshi, Arai Yoshiyasu, Shinomiya Ken-ichi, Takeda Shu. A microRNA regulatory mechanism of osteoblast differentiation PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2009.12; 106 (49): 20794-20799. ( DOI )

  95. 猪瀬 弘之. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第2章)脊椎疾患の知識と術前までの治療 骨粗鬆症性椎体骨折 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 56-61. ( 医中誌 )

  96. 猪瀬 弘之. 【いま最新を知りたい人のための「超」まるごと脊椎】(第4章)術式別の治療と術前・術後看護 経皮的椎体形成術(BKP) 整形外科看護. 2021.05; (2021春季増刊): 207-213. ( 医中誌 )

  97. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳. 【脊椎骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療戦略-薬物療法を中心にUP TO DATE】装具療法 前向き多施設研究結果を踏まえて 脊椎脊髄ジャーナル. 2020.12; 33 (12): 1067-1072. ( 医中誌 )

  98. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 【骨粗鬆症と骨粗鬆症関連骨折に対する診断と治療】脊椎骨折の病態と治療 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具治療の前向きランダム化比較研究 別冊整形外科. 2020.10; (78): 82-84. ( 医中誌 )

  99. 猪瀬 弘之. X線診断Q&A 臨床雑誌整形外科 2020年9月号. 2020.09; 71 (10): 1111-1112.

  100. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する硬性装具と軟性装具の前向きランダム化比較研究 偽関節率に注目して 日本骨粗鬆症学会雑誌. 2020.05; 6 (2): 208-212. ( 医中誌 )

  101. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 【骨粗鬆症性椎体骨折治療の最新知見】急性期骨粗鬆症性椎体骨折への装具治療 整形・災害外科. 2020.02; 63 (2): 135-140. ( 医中誌 )

  102. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄の術前・術中危険因子の検討 Journal of Spine Research. 2019.09; 10 (9): 1252-1256. ( 医中誌 )

  103. 猪瀬 弘之, 大川 淳, 鳥越 一郎. 【脊柱と脊髄】病態編 病態と治療 脊髄ヘルニア Clinical Neuroscience. 2019.06; 37 (6): 713-715. ( 医中誌 )

  104. 高橋 晃, 猪瀬 弘之. Vocabulary Cdk1 整形外科. 2018.11; 69 (12): 1258. ( 医中誌 )

  105. 猪瀬 弘之, ミラディリ・ムラテ . 長鎖ノンコーディングRNAによる骨芽細胞分化の調節機構の解明 日本骨粗鬆症学会雑誌. 2018.08; 4 (3): 391-393. ( 医中誌 )

  106. 猪瀬 弘之, 斎藤 正徳, ミラディリ・ムラテ , 高橋 晃, 大川 淳. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】基礎研究 靱帯骨化発生・進展に注目した骨・軟骨代謝調節機構の解明 整形外科. 2018.05; 69 (6): 525-531. ( 医中誌 )

  107. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症性脊椎骨折の治療 Cutting Edge 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法の検討 全国多施設前向き研究結果 中間報告 臨床整形外科. 2018.04; 53 (4): 279-286. ( 医中誌 )

  108. 加藤 剛, 猪瀬弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法の検討-全国T施設前向き研究中間報告- 臨床整形外科. 2018.04; 53 (4):

  109. 猪瀬 弘之. 【脊椎脊髄外科~首から腰までの背骨の病気の診断と治療】 腰部脊柱管狭窄症(すべり症) 月刊レジデント. 2018.03; 11 (3): 62-69. ( 医中誌 )

  110. 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】 脊椎の変性疾患に対する高齢者治療 頸椎変性疾患 高齢者頸髄症に対する頸椎前方手術の成績 別冊整形外科. 2017.10; (72): 85-87. ( 医中誌 )

  111. 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴. 運動器疾患の画像診断 脊椎 腰部脊柱管狭窄症 理学療法. 2017.08; 34 (8): 744-752. ( 医中誌 )

  112. 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 大路 駿介, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 【高齢者の脊柱変形Up to Date】(第1章)疫学・症候 脊柱後彎を伴う高齢者の腰背筋筋活動と頸部筋活動への応用 脊椎脊髄ジャーナル. 2017.04; 30 (4): 301-307. ( 医中誌 )

  113. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)における高頻度train刺激による波形増幅効果の検証 脊髄機能診断学. 2016.01; 36 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  114. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する術式選択 前方法、後方法の比較 Journal of Spine Research. 2016.01; 7 (1): 20-24. ( 医中誌 )

  115. 兵藤 彰信, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 大川 淳. 胸髄部自己免疫性肥厚性硬膜炎の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2014.12; 26 (4): 444-447. ( 医中誌 )

  116. 猪瀬 弘之、山田 剛史、牛尾 修太, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊椎固定術を施行した骨粗鬆症患者における週1回投与型PTH製剤と連日投与型PTH製剤の骨癒合および骨リモデリングへの影響についての比較検討(中間報告) Osteoporosis Japan. 2014.07; 22 (3): 542-545. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 橋本 淳, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 森下 真伍, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)による健常者胸髄神経活動の非侵襲的機能評価. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  2. Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atushi Okawa. Development of a Guide for the Conservative Treatment for Acute OVF (osteoporotic vertebral fracture) according to a Prospective, Randomized, Multicenter Study by the Comparison of Hard and Soft-brace Treatments. The 23rd Seminar of the Study Group for Nerve and Spine(SGNS) 2021.02.20

  3. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Atsushi Okawa. Predictors of residual low back pain after acute osteoporotic compression fracture: a prospective, multicenter cohort study. EUROSPINE 2020 2020.10.09

  4. Hiroyuki Inose. Comparison of decompression, decompression plus fusion, and decompression plus stabilization for degenerative spondylolisthesis. Joa Visiting RCOST 2019 2019.10.20 THAI, PATAYA

  5. Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa. Predictors of surgical site infection after spinal instrumentation surgery: A consecutive series. Eurospine 2019 2019.10.16 HELSINKI, FINLAND

  6. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. A Prospective, Randomized, Multicenter Study of Brace Treatments for Acute Osteoporotic Vertebral Compression Fracture. NASS2019 Summer Spine Meeting 2019.07.31 Honolulu, Hawaii

  7. Atsuyuki Kawabata, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Hiroaki Onuma, Shuta Ushio, Atsushi Okawa. Identification of Predictive Factors for Mechanical Complications after Adult Spinal Deformity Surgery; A MultiInsti-tutional Retrospective Study . ICORS 2019 2019.06.19 Montreal, Canada

  8. Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shuta Ushio, Atsuyuki Kawabata, Atsushi Okawa. Influence of Segmental Fusion on Postoperative Outcomes of Bone Grafted and Non-Bone Grafted Double-Door Laminoplasty, the Modified Kirita-Miyazaki Method, for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy . ICORS 2019 2019.06.19 Montreal, Canada

  9. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shuta Ushio, Hiroaki Onuma, Atsuyuki Kawabata, Atsushi Okawa. Surgical outcomes of thoracic arachnoid web: a case series . ICORS 2019 2019.06.19 Montreal, Canada

  10. Shuta Ushio, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factor of adjacent segment degeneration after two-levels floating posterior fusion at L2-L4 or L3-L5 levels. 46th ISSLS 2019.06.07 Kyoto

  11. Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Development of a guide for the conservative treatment for acute OVF according to a prospective, randomized, multicenter study by the comparison of hard and soft-brace treatments. 46TH ISSLS:国際腰椎学会 2019.06.06 Kyoto

  12. Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation on factors related to outcomes in of surgical procedures for proximal type of cervical spondylotic amyotroph. 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  13. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa, Kenichiro Sakai. Increase of fusion segment height may impact on postoperative dislodgement of strut after anterior cervical corpectomy with fusion for multilevel OPLL. 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  14. Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Atsuyuki Kawabata, Atsushi Okawa . Influence of Segmental Fusion on Postoperative Outcomes of Bone Grafted and Non-bone grafted Double-door Laminoplasty for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy . 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  15. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Atsushi Okawa. A prospective randomized study of surgical treatment for degenerative spondylolisthesis. EUROSPINE2018 2018.09.19 Barcelona, Spain

  16. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii. Comparison of Decompression, Decompression Plus Fusion, and Decompression Plus Stabilization for Degenerative Spondylolisthesis:A Prospective, Randomized Study. Spine Across The Sea 2018 2018.07.29 Kauai, Hawai'i

  17. Hiroyuki Inose, Tshuyoshi Kato, Atsushi Okawa. Comparison of decompression, decompression plus fusion, and decompression plus stabilization for degenerative spondylolisthesis: a prospective, randomized study. Asia Pacific Spine Society 2018.06.07 Taipei

  18. Hiroyuki Inose, Masato Yuasa,Takashi Hirai,Toshitaka Yoshii,Shigenori Kawabata,Atsushi Okawa. The prevalence of sarcopenia among urbandwelling populations and its impact on the results of lumbar spinal surgery . 91st. Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2018.05.24 Kobe, Japan

  19. Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Treatment of OVF without neurological deficit in Japan: Development of a guide for initial conservative treatment for OVF. 91st Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2018.05.24 Kobe, Japan

  20. Onuma H, Hirai T, Yoshii T, Inose H, Yuasa M, Kawabata A, Okawa A. Clinical and Radiologic Outcomes of Bone Grafted and Non-bone grafted Double-door Laminoplasty for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy: Five-year Follow-up . 9th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2018.03.22 New Delhi, India

  21. Ushio Shuta, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation on factors related to outcomes in of surgical procedures for cervical spondylotic amyotrophy. 9th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2018.03.22 New Delhi, India

  22. Akira Takahashi, Hiroyuki Inose, Atsushi Okawa. Cdk1 is essential for bone formation and fracture repair. ASBMR 2017 Annual Meeting 2017.09.08 Denver, USA

  23. Satoru Egawa, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Prevertebral Soft Tissue Swelling (PSTS) of anterior cervical surgery in Ossification of Posterior Longitudinal Ligament Is Higher Than Other Cervical Degenerative Disorders; A Radiographic Analysis.. CSRS-AP 2017 2017.03.09 koube

  24. Tsuyoshi Kato , Toshitaka Yoshii , Hiroyuki Inose , Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Atsushi Okawa. Pre-vertebroplasty transpedicular “vertebrography” assessment in delayed-union/pseudarthrosis associated with osteoporotic vertebral fracture . ISSLS 2016 Singapore 2016.05.17 Singapore

  25. Hiroyuki Inose, Masanori Saito, Philipp Kaldis, Atsushi Okawa. The cell cycle regulation of chondrocyte development. ASBMR 2015 Annual Meeting 2015.10.09 Seattle

  26. Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Takashi Taniyama, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Long-term outcome of surgery for lumbar degenerative spondylolisthesis in a prospective randomized clinical trial. ISSLS 2015.06.08 San Francisco

  27. Hiroyuki Inose, et al.. Bone remodeling ratio (BRR) as a predicting factor for non-union after spinal fusion.. WCO-IOF-ESCEO 2015.03.27 MILAN

  28. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Kenichiro Sakai, Shigenori Kawabata, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa. A Prospective, Randomized Study Comparing Selective Laminectomy and Conventional Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy: A Minimum of 2-year Follow-up . 6th CSRS Asia Pacific Section 2015.03.26 Yokohama

  29. Hiroyuki Inose, et al.. Bone remodeling ratio (BRR) as a predicting factor for non-union after spinal fusion.. The 87 th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2014.05.24

  30. 猪瀬 弘之,松倉 遊,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 脊椎手術後SSIの予測因子としての好中球曲線下の面積から得られた指標の有用性について. 第45回日本骨・関節感染症学会 2022.07.09 金沢

  31. 猪瀬 弘之. 骨粗鬆症性椎体骨折の現状と治療. 第95回日本整形外科学会学術集会 2022.05.22 神戸

  32. 猪瀬 弘之. 骨芽細胞と多臓器の連環. 第95回日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  33. 橋本 淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,金 碩燦,佐藤慎司,高橋陽一郎,⾧岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,小林 裕,江川聡,松倉 遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者における神経電気活動の非侵襲的評価. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  34. 猪瀬 弘之. 骨粗鬆症性椎体骨折の治療. 脊椎疾患 Hot Topics 2022.01.26 WEB開催

  35. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,小林裕,江川聡,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川 淳. 頚椎後方除圧固定術後に生じたC5麻痺と術中脊髄機能モニタリングとの関係. 第23回圧迫性脊髄症研究会 2022.01.22 オンライン

  36. 橋本 淳, 川端 茂徳, 田中 雄太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 高橋 陽一郎, 長岡 信頼, 石田 洸樹, 上中 沙衿, 山本 祐輔, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の新たな非侵襲的機能評価法. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  37. 橋本 淳, 川端 茂徳, 小林 裕, 江川 聡, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 術中脊髄機能モニタリング精度向上のための工夫 Multi-train刺激による経頭蓋刺激筋誘発電位と自発筋電図(Spontaneous EMG, Free run EMG). 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  38. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,佐藤慎司,長岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第14回日本運動器疼痛学会 2021.11.20 オンライン

  39. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,星野優子,関原謙介,足立善昭,橋本泉智,渡部泰士,小林裕,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者に対する新たな非侵襲的神経機能評価. 第29回日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門

  40. 橋本 泉智、平井 高志、佐藤 信吾、松倉 遊、船内 雄生、猪瀬 弘之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院で手術加療を施行した転移性胸椎腫瘍症例の検討 . 第29回 日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門, 東京

  41. 橋本 淳,川端 茂徳,足立 善昭,渡部 泰士,森下 真伍,松倉 遊,湯浅 将人,平井 高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,大川 淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  42. 田中 寛来, 小林 裕, 佐藤 信吾, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之. Foxf2はWnt経路を介して骨芽細胞分化を調節する. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  43. 猪瀬 弘之,加藤 剛,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後の腰痛遺残に寄与する因子. 第23回日本骨粗鬆症学会 2021.10.08 神戸(WEB)

  44. 猪瀬 弘之,田中 寛来. 新規骨量規定因子による骨代謝調節機構の解明. 第39回日本骨代謝学会学術集会 2021.10.08 神戸(WEB)

  45. 猪瀬 弘之,加藤 剛,松倉 遊,平井 高志,吉井 俊貴,平川 晃弘,大川 淳. 腰椎変性すべり症に対する前向き比較研究の長期成績. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.02 名古屋

  46. 松倉遊,吉井俊貴,猪瀬弘之,平井高志,湯浅将人,小林裕,橋本泉智,酒枝健太郎,東川尚人,大川淳. 頚椎後方除圧固定術後のC5麻痺発生のリスク因子の検討. 第30回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2021.10.01

  47. 松倉 遊, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 大谷 和之, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 大川 淳, 東京医科歯科大学脊椎グループ. 脊椎外科領域の低侵襲手術の実際 傾向スコアを用いた成人脊柱変形に対するmultiple PLIFとLLIF併用矯正固定術の比較研究. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  48. 平井 高志, 佐藤 信吾, 松倉 遊, 船内 雄生, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性骨腫瘍に対する治療戦略 「転移性脊椎腫瘍による脊髄麻痺予防を目的とした集学的院内診療 東京医科歯科大学整形外科の取り組み」. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  49. 橋本 泉智, 平井 高志, 佐藤 信吾, 松倉 遊, 船内 雄生, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 転移性胸椎腫瘍患者における当院での手術成績の検討. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  50. 猪瀬 弘之. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療戦略. 第9回文京整形外科合同カンファレンス 2021.07.20 WEB開催

  51. 猪瀬 弘之. 脆弱性椎体骨折の治療方針. 脆弱性椎体骨折の治療を考える会 2021.06.30

  52. 猪瀬 弘之,加藤 剛,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後の続発性骨折の危険因子. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.22 東京

  53. 猪瀬 弘之,加藤 剛,湯浅 将人,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 腰椎変性すべり症における術後成績不良因子の解析. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.22 東京

  54. 橋本 淳,川端 茂徳,星野 優子,関原 謙介,足立 善昭,渡部 泰士,宮野 由貴,湯浅 将人,平井 高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,大川 淳. 脊磁図(神経磁界計測)による腰部神経根症・馬尾症の非侵襲的神経機能評価. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  55. 猪瀬 弘之,小林 裕,大川 淳. 骨格筋の再生および肥大においてCdk1が必須である. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  56. 高橋 拓也, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 田中 寛来, 元吉 貴之, 大川 淳. 化膿性脊椎炎における長期入院の予測因子. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  57. 木村 敦, 竹下 克志, 猪瀬 弘之, 遠藤 健司, 古矢 丈雄, 森 幹士, 関 庄二, 今釜 史郎, 松永 俊二, 大川 淳. ロコモの患者立脚型評価は転倒の予測に有用か 頸髄症手術患者における多施設前向き研究. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  58. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症における前方除圧固定術および後方除圧固定術の周術期合併症比較. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  59. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折診療マニュアル 骨粗鬆症性椎体骨折の装具療法 全国大規模多施設前向き介入研究結果を踏まえて. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  60. 藪 晋人, 星野 雅俊, 田淵 仁志, 高橋 真治, 升本 浩紀, 前野 考史, 岩前 真由, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳, 中村 博亮. AI(人工知能)を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システム MR画像における新鮮椎体骨折の識別. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  61. 猪瀬 弘之. 骨粗鬆症性椎体骨折研究の過去・現在・未来. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.24 京都

  62. 猪瀬 弘之,吉井 俊貴,木村 敦,遠藤 健司,古矢 丈雄,森 幹士,今釜 史郎,関 庄二,松永 俊二,大川 淳. 頚髄症患者における転倒を予測する因子. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.23 京都

  63. 平井高志 榊経平 加藤剛 富澤将司 吉井俊貴 猪瀬弘之 湯浅将人 松倉遊 森下真伍 新井嘉容 大川淳. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内注入療法の治療成績. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  64. 平井高志 佐藤信吾 湯浅将人 小柳広高 森下真伍 松倉遊 猪瀬弘之 吉井俊貴 大川淳. 脊椎転移による脊髄麻痺の予防を目的とした集学的院内診療体制. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  65. 橋本 淳, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 森下 真伍, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)を用いた腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  66. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊髄前方圧迫因子を認める頸椎症性脊髄症に対する頸椎後方除圧固定術の有意性の検討. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  67. 吉井 俊貴, 橋本 泉智, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 羽田 紘人, 大山 潤, 大川 淳. 硬膜瘻孔を伴うヘモジデリン沈着症に対する新しい4D dynamic CT Myelographyを用いた瘻孔部位同定. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  68. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 森下 真伍, 松倉 遊, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎疾患再手術例の疫学的検証 単一施設1000超症例の検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  69. 藪 晋人, 星野 雅俊, 高橋 真治, 田淵 仁志, 升本 浩紀, 今西 勁峰, 前野 考史, 岩前 真由, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 堀 悠介, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 中村 博亮. 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システムの開発 MR画像における新旧椎体骨折の分類. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  70. 高橋 拓也, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 化膿性脊椎炎における長期入院の予測因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  71. 松倉 遊, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 森下 真伍, 橋本 泉智, 大川 淳. 頸椎変性疾患手術における術中および周術期合併症の調査. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  72. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 大川 淳, 藤原 武男. 頸椎症性脊髄症における前方除圧固定術および後方除圧固定術の周術期合併症比較 全国規模入院データベースを用いた傾向スコアマッチング解析. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  73. 田中 寛来, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症における脊髄造影検査の必要性の検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  74. 橋本 泉智, 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 森下 真伍, 松倉 遊, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 当院における転移性胸椎腫瘍患者の麻痺重症度と術後改善度の検討. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  75. 藪 晋人, 星野 雅俊, 高橋 真治, 田淵 仁志, 升本 浩紀, 今西 勁峰, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 堀 悠介, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 中村 博亮. 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の予後予測システムの開発 MR画像を用いた遷延癒合予測. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  76. 高橋 拓也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 当施設で手術を行った脊椎に発生する神経鞘腫の再発,増大リスク因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  77. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎除圧術後創部感染における危険因子の解析. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  78. 田村 聡至, 加藤 剛, 石井 宣一, 關 良太, 辻 莉奈, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症椎体骨折に対する保存療法の初期評価. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  79. 高桑 拓也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 橋本 泉智, 大川 淳. 頸椎後彎と術後血腫により脊髄症再発を来した頸椎神経線維腫の一例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  80. 宮本 玲奈, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小柳 広高, 柳下 和慶, 大川 淳. 比較的稀な腰椎椎体前方に発生した類骨骨腫に対し前側方アプローチで腫瘍切除術を施行した1例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  81. 田原 龍希, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 大川 淳. 頸髄髄膜腫再発例に対して後方・前方の二期的腫瘍摘出術を行った一例. 第61回 関東整形災害外科学会 2021.03.26 オンライン

  82. 猪瀬 弘之. 骨粗鬆症性性椎体骨折に対する治療~薬物療法含めて~. 整形外科セミナー 2021.03.03

  83. 橋本 淳、吉井 俊貴、坂井 顕一郎、平井 高志、湯浅 将人、猪瀬 弘之、川畑 篤礼、歌川 蔵人、松倉 遊、友利 正樹、鳥越 一郎、山田 剛史、草野 和生、大谷 和之、角谷 智、沼野 藤希、福島 和之、富澤 将司、新井 嘉容、進藤 重雄、大川 淳. 成人脊柱変形において BMI が手術成績・合併症に及ぼす影響 . 第3回 御茶ノ水脊椎研究会 2021.02.13 オンライン

  84. 橋本 泉智、平井 高志、佐藤 信吾、湯浅 将人、小柳 広高、森下 信吾、松倉 遊、猪瀬 弘之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院における転移性胸椎腫瘍患者の麻痺重症度と術後改善度の検討. 第3回 御茶ノ水脊椎研究会 2021.02.13 オンライン

  85. 猪瀬 弘之. 腰椎疾患の病態と治療法. 疼痛治療アップデート 2020.12.23 オンライン

  86. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症患者における疼痛・機能障害と破局的思考の関連. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  87. 平井 高志, 榊 経平, 富澤 将司, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 大川 淳. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアへのコンドリアーゼ椎間板内注射の治療成績. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  88. 吉井 俊貴、平井 高志、湯浅 将人、猪瀬 弘之、大川 淳. 骨粗鬆症性椎体椎体圧潰に対する手術療法:当科の工夫. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  89. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 藤原 武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  90. 元吉 貴之, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 大川 淳. 頸椎疾患を有する DISH 患者の腰痛、脊椎矢状面パラメーターの特徴検討 . 第28回 日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  91. 森下真伍,吉井俊貴,大川淳,猪瀬弘之,平井高志,湯浅将人,松倉遊,伏見清秀,藤原武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2020.10.23

  92. 藪 晋人, 星野 雅俊, 田淵 仁志, 升本 浩紀, 高橋 真治, 前野 考史, 岩前 真由, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 中村 博亮. 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システムの開発 MR画像における新鮮椎体骨折の自動検出. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15 オンライン

  93. 猪瀬 弘之,加藤 剛,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後の疼痛残存の危険因子についての解析. 第22回日本骨粗鬆症学会 2020.10.09

  94. 小林 裕、猪瀬 弘之、大川 淳 . 骨格筋の再生において Cdk1 が必須である . 第38回 日本骨代謝学会学術集会 2020.10.09

  95. 加藤 剛、猪瀬 弘之. 骨粗鬆症リエゾンサービス地域連携による骨粗鬆症治療の取り組みとリスク因子の検討. 第22回日本骨粗鬆症学会 2020.10.09 Web

  96. 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 湯浅将人, 平井高志,猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 渡部泰士, 関原謙介, 足立善昭,星野優子,大川 淳. 末梢神経刺激脊磁図による頚髄症患者の伝導障害部位評価. 第49回日本脊椎脊髄病学会 2020.09.08 神戸

  97. 橋本淳,川端茂徳,佐々木亨,星野優子,関原謙介,足立善昭,渡部泰士,宮野由貴,佐藤慎司,三谷悠貴,平井高志,湯浅将人,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 脊磁図(MSG)による馬尾神経活動の非侵襲的評価. 第49回日本脊椎脊髄病学会 2020.09.08 神戸

  98. 猪瀬 弘之,湯浅 将人,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する硬性装具と軟性装具の前向きランダム化比較研究ー偽関節発生の危険因子ー. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.08 神戸

  99. 猪瀬 弘之,加藤 剛,湯浅 将人,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後のQOL低下の危険因子の解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.08 神戸

  100. 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 木村 敦, 大川 淳. 頚椎症性脊髄症患者の転倒を予測する因子の解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.08 神戸

  101. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 小沼 博明, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 大川 淳 . 頚椎3椎間以上にわたるOPLLに対して椎体亜全摘を要した頚椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定術との比較. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  102. 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 硬膜瘻孔を伴うヘモジデリン沈着症に対する MRI balanced sequence 法を使用した瘻孔部位同定. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド)

  103. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳 . 集学的院内診療体制に基づく脊椎転移による脊髄麻痺の予防-東京医科歯科大学の取り組み-. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  104. 平井 高志, 榊 経平, 富澤 将司, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 鳥越 一郎, 友利 正樹, 松倉 遊, 小柳津 卓哉, 新井 嘉容, 大川 淳, 吉井 俊貴. 多施設共同調査による腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内注射の治療成績. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  105. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小沼 博明, 吉井 俊貴, 大川 淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法除圧術、制動術、固定術の3術式の前向き研究による長期成績. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  106. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症患者における疼痛・機能障害と破局的思考の関連. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  107. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓形成術後の矢状面アライメントと骨移植の有無による椎間骨癒合の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  108. 森下 真伍, 吉井 俊貴, 大川 淳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 伏見 清秀, 藤原 武男. 高齢者骨粗鬆症性椎体骨折における周術期全身合併症および死亡に関連する因子の検討 全国規模入院データベースを用いた解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  109. 元吉 貴之, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎疾患を有するDISH患者の脊椎矢状面パラメーターの検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  110. 平井 敬悟, 小柳津 卓哉, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 成人脊柱変形患者における筋疲労とX線脊柱パラメータの相関. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  111. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 成人脊柱変形における腸骨スクリューとS2AIスクリューとの多施設後ろ向き比較研究. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  112. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症リエゾンサービスを介した当地域での骨粗鬆症治療の取り組みとリスク因子の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  113. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 松倉 遊, 友利 正樹, 鳥越 一郎, 草野 和生, 大谷 和之, 水野 広一, 新井 嘉容, 大川 淳. パーキンソン病患者における成人脊柱変形手術の術後成績の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  114. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 脊椎除圧術後感染の早期発見に向けた炎症マーカーの解析-好中球/リンパ球比に注目して. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  115. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者の頸椎~上位胸椎手術における術前予測可能な術後せん妄の危険因子の解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  116. 猪瀬 弘之,加藤 剛,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存治療の指針策定. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  117. 中村 皓平, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 大川 淳. 術後残存腫瘍の増大により再手術が必要となった胸椎軟骨芽細胞腫の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  118. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 甲状腺がんと中咽頭がんの術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  119. 渡邉 紗矢, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 阿江 啓介, 松本 誠一, 大川 淳. 転移性脊椎腫瘍との鑑別を要した脊椎の孤立性形質細胞腫の4例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  120. 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 湯浅将人, 平井高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,渡部泰士,関原謙介,足立善昭,星野優子,大川 淳. 末梢神経刺激後の脊磁図による完全に非侵襲的な頚髄伝導ブロックの評価. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  121. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士,平井高志, 湯浅将人, 猪瀬弘之,吉井俊貴 大川 淳. 脊磁図(神経磁界計測)による胸髄電気活動の可視化. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  122. 猪瀬 弘之,加藤 剛,湯浅 将人,平井 高志,吉井 俊貴,大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後のQOL低下の危険因子の解析. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  123. 猪瀬 弘之,小林 裕,大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  124. 猪瀬 弘之, 木村 敦, 吉井 俊貴, 大川 淳. C7 slopeが頚椎症性脊髄症患者の転倒を予測する. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  125. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 75歳以上の高齢者脊椎手術において術前に予想できる術後せん妄危険因子の検討. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  126. 木村 敦, 竹下 克志, 猪瀬 弘之, 遠藤 健司, 古矢 丈雄, 森 幹士, 関 庄二, 今釜 史郎, 松永 俊二, 大川 淳. 圧迫性頸髄症手術前後の転倒と転倒による神経症状悪化の頻度に関する多施設前向き研究. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  127. 平井高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 湯浅将人, 小沼博明, 元吉貴之, 田中寛来, 高橋拓也, 大川淳. 食道癌・下咽頭癌の放射線・外科治療後に晩期に生じた頚椎骨壊死による後弯症を呈した1例. 第21回 圧迫性脊髄症研究会 2020.01.18 東京

  128. 吉井 俊貴、平井 高志、湯浅 将人、猪瀬 弘之、大川 淳. 仙骨部奇形腫摘出、係留脊髄解離術後に巨大偽性髄膜瘤を形成したクラリーノ症候群の姉妹例 . 第21回 圧迫性脊髄症研究会 2020.01.18 東京

  129. 平井 高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 湯浅将人, 大川 淳. Modified K-lineを用いた頚椎症性脊髄症患者の術式選択の取り組み. 日中頚椎外科研究会 2019.12.14

  130. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. BMIとmodified Glasgow Prognostic Score(mGPS)は脊椎インストゥルメンテーション述語のSSIに対する有用な予測因子である . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  131. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小沼 博明, 田中 寛来, 高橋 拓也, 吉井 俊貴, 大川 淳. 頚椎椎弓形成術における椎弓固定器械の使用経験 ~術中・術後の画像の評価~ . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  132. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 平井 高志, 猪瀬 弘之,湯浅 将人, 歌川 蔵人, 橋本 淳. 成人脊柱変形における術前のGERDとレントゲンパラメータと関連性 . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  133. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 大川 淳 . 成人脊柱変形におけるmechanical complication のリスク因子の検討 . 第28回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2019.11.15 つくば

  134. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 橋本 淳, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 渡部 泰士, 関原 謙介, 星野 優子, 足立 善昭, 大川 淳. 運動器疾患の病態を捉えるイメージング 神経磁界計測による神経活動イメージング 脊髄から末梢神経まで. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  135. 小林 裕、猪瀬 弘之、高橋 晃、大川 淳 . 骨格筋の再生において Cdk1 が必須である . 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  136. 猪瀬 弘之, Mulati Mieradili, 小林 裕, 大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  137. 猪瀬 弘之, 小林 裕. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨形成の調節機構. 第37回 日本骨代謝学会 2019.10.12 神戸

  138. 佐久間 朋美, パワプタノン・ナ・マハサラカム・チャンチダ , 林 欣, 小林 裕, 梶川 修平, 猪瀬 弘之, 野田 政樹, 大川 淳, 江面 陽一. 酸化ストレスを介した腱細胞骨化に対するアデノシンの関与. 第37回 日本骨代謝学会 2019.10.12 神戸

  139. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する硬性装具と軟性装具の前向きランダム化比較研究 - 偽関節率に注目して – . 第21回 日本骨粗鬆症学会 2019.10.11 神戸

  140. 平井 高志, 吉井 俊貴, 森 幹士, 名越 慈人, 竹内 一裕, 勝見 敬一, 牧 聡, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 川口 善治. 頚椎後縦靭帯骨化症患者の痛みに関する大施設多施設前向き調査 -頚椎症患者と傾向スコアマッチング解析を用いた比較. 第27回 日本腰痛学会 2019.09.13 神戸

  141. 平井 高志, 吉井俊貴、猪瀬弘之、湯浅将人、大川 淳. 当院における腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内治療の成績の第1報. 第27回 日本腰痛学会 2019.09.13 神戸

  142. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 腸骨固定スクリューの固定性と術後腰痛の関連 . 第27回 日本腰痛学会 2019.09.13 神戸

  143. 歌川 蔵人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 小沼 博明, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 大川 淳. 頸椎症患者における機能障害と破局的思考の関連. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  144. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 大川 淳. 当院における頸椎症性脊髄症の手術治療成績 Modified K-lineを用いた後方除圧の限界点を考慮した取り組み. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  145. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存療法の指針策定 偽関節率に注目して. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  146. 渡邉 紗矢, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 原発不明癌の転移巣と鑑別を要した孤立性形質細胞腫の2例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  147. 梶原 健嗣, 平井 高志, 小沼 博明, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 食道がんと下咽頭がんの術後に放射線性骨壊死に伴う頸椎後彎をきたした1例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  148. 田村 友里, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 川畑 篤礼, 田村 聡至, 大川 淳. 敗血症の原因として遠位隣接椎間後彎障害の関与が示唆された頸椎症性筋萎縮症の1症例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  149. 中野 めぐみ, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 小沼 博明, 大川 淳. 胸腰椎長範囲固定術後の椎弓根スクリューの緩みにより脊髄症を呈した1例. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  150. 上杉 豪, 平井 高志, 牛尾 修太, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川畑 篤礼, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 高齢者に生じうる腰仙骨固定手術後の仙骨骨折の症例報告. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  151. 田村聡至, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 術前Spine pain DETECT高値は術後の神経障害性疼痛遺残のリスク因子である. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  152. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の頚椎―上位胸椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討―. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  153. 猪瀬 弘之. 骨粗鬆症治療の現況とこれからの治療戦略 . 第17回 桜骨・関節研究会 2019.06.08 池袋

  154. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療法の標準化 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  155. 猪瀬 弘之, 高橋 晃, 大川 淳. 骨芽細胞増殖機構に注目した骨粗鬆症・骨折に対する治療戦略の確立. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  156. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 谷山 崇, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 近位型頸椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の成績と関連する因子. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  157. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 牛尾 修太, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川 由貴, 渡部 泰士, 足立 善昭, 関原 謙介, 大川 淳. 脊磁図による頸髄伝導ブロックの可視化. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  158. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 多発性骨髄腫による椎体骨折に対する整形外科の関与. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  159. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 谷山 崇, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 近位型頸椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の成績と因子. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  160. 平井 高志, 吉井 俊貴, 江川 聡, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川畑 篤礼, 大川 淳. 頸椎多椎間病変に対する椎体亜全摘を行った頸椎前方除圧固定術と椎体間固定術を併用したHybrid固定との比較. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  161. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者脊椎手術において予測できる術後せん妄の危険因子の検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  162. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 集学的院内診療体制構築による脊椎転移の脊髄麻痺の予防 東京医科歯科大学の取り組み. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  163. 吉井 俊貴, 森下 真伍, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の周術期合併症 DPCデータベースを用いたpropensity score matching analysis 1708例の検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  164. 歌川 蔵人, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳. 成人脊柱変形における骨盤固定方法の多施設後ろ向き比較研究. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  165. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  166. 橋本 淳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 友利 正樹, 角谷 智, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳. 成人脊柱変形の矯正固定術において、肥満が脊柱骨盤矢状面アライメントに及ぼす影響. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  167. 平井 敬悟, 平井 高志, 小林 裕, 小沼 博昭, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 北原 建彰, 大川 淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の長期成績 筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD)対片側椎弓切除両側除圧(ULBD). 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  168. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 湯浅 将人, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳. 成人脊柱変形における術後合併症とレントゲン学的指標との関連性の検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  169. 川畑 篤礼, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 成人脊柱変形と逆流性食道炎. 第59回 関東整形災害外科学会 2019.03.22 東京

  170. 牛尾修太, 吉井俊貴、平井高志、猪瀬弘之、湯浅将人、川端茂徳、大川淳. 近位型頚椎症性筋萎縮症の前方除圧固定術の術後成績と関連する因子の検討. 第5回 JALAS 2019.01.26 品川

  171. 小林 裕, 猪瀬弘之, 歌川蔵人, 川畑篤礼, 橋本淳, 牛尾修太, 湯浅将人, 平井高志, 吉井俊貴, 大川淳. Doctor’s delayにより頚椎損傷を生じた、頚椎DISH骨折の一例. 第20回 圧迫性脊髄症研究会 2019.01.19 東京

  172. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定 -全国多施設前向き研究報告- . 第20回 日本骨粗鬆症学会 2018.10.26 長崎

  173. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 橋本 淳, 川口 善治, 大川 淳 . 当院における頚椎後縦靭帯骨化症患者の腰痛の有訴率の単施設前向き調査-頚椎症性脊髄症患者と比較して . 第26回 日本腰痛学会 2018.10.26 浜松, 静岡

  174. 吉井 俊貴, 早乙女 進一, 江川 聡, 平井 敬悟, 松本 連平, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 新井 容嘉, 大川 淳. 当科で開発した人工骨、多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体の脊椎固定術における臨床使用と骨癒合評価 . 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  175. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨芽細胞増殖は骨形成に必須であるが、PTHによる骨同化作用には必須でない. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  176. 加藤 剛, 吉井俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 牛尾 修太, 大川 淳 . 骨粗鬆症性椎体骨折に対する経椎弓根的椎体造影(Vertebrography)による術式選択のStrategy. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28 東京

  177. 湯浅将人, 猪瀬弘之, 平井高志, 牛尾修太, 加藤剛, 吉井俊貴, 大川淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法 除圧術、Graf制動術、PLF固定術の3術式による長期の画像上変化の検討. 第27回日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28 日本橋, 東京

  178. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳 . 近位型頚椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の術後成績と関連する因子についての検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28 日本橋, 東京

  179. 歌川 蔵人, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳 . 成人脊柱変形における腸骨スクリューとS2AIスクリューとの多施設後ろ向き比較研究. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  180. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  181. 川畑 篤礼, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 新井 嘉容, 坂井 顕一郎, 湯浅 将人, 草野 和生, 角谷 智, 友利 正樹, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳 . 成人脊柱変形術後のmechanical failureの危険因子の検討 多施設調査. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  182. 小林 裕, 猪瀬 弘之, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 牛尾 修太, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 大川 淳. プロカルシトニンは脊椎インストゥルメンテーション手術の創部感染の指標になり得るか?. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  183. 橋本 淳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 坂井 顕一郎, 草野 和生, 友利 正樹, 角谷 智, 富澤 將司, 前原 秀二, 大川 淳 . 成人脊柱変形手術において、肥満は術後矢状面アライメント不良の危険因子である. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  184. 平井 敬悟, 平井 高志,湯浅 将人, 猪瀬 弘之,吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の前向き比較研究:片側椎弓切除両側除圧(ULBD) 対 筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD) . 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  185. 平井 高志, 吉井 俊貴, 江川 聡, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小沼 博明, 小林 裕, 川畑 篤礼, 歌川 蔵人, 大川 淳 . 椎体亜全摘を行った頸椎前方除圧固定術(ACCF)の術後インプラント転位と矢状アライメント. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  186. 谷本 貴大, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小林 裕, 大川 淳. 極めて稀なEpidural fibrous cordによる胸髄症の1例. 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  187. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨芽細胞増殖は骨形成には必須であるが、PTH投与による骨同化作用においては必須でない. 第36回 日本骨代謝学会学術集会 2018.07.26 長崎

  188. Mulati Mieradili, 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨芽細胞分化の調整機構. 第38回 日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  189. 高橋 晃, Mulati Mieradili, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨芽細胞増殖はPTH投与による骨同化作用において必須ではない. 第38回 日本骨形態計測学会 2018.06.21 大阪

  190. 猪瀬 弘之, 高橋 晃, 大川 淳. 骨芽細胞増殖に注目した骨代謝調節機構の解明. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  191. 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 江川 聡, 大川 淳 . 硬膜欠損を伴う脳表へモジデリン沈着症における欠損部同定(MRI balanced sequence 法の有用性). 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  192. 吉井 俊貴, 平井 高志, 友利 正樹, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 富澤 將司, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体圧潰に対する後方単独進入椎体再建術 -片側椎体アプローチの試み- . 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  193. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 湯浅 将人, 小沼 博明, 大川 淳. 小児の腰椎関節突起間部断面積と椎弓癒合不全から見た腰椎分離症の病態の考察. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  194. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳 . 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定 -全国多施設前向き研究結果報告- . 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  195. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎固定術PLF vs. 制動術Graf システム -第4 腰椎変性すべり症術後長期の画像の比較検討-. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  196. 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎変性辷り症に対する手術療法前向きランダム化研究. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  197. 猪瀬 弘之, 加藤 剛,湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具治療の違いによる疼痛への影響. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  198. 牛尾修太, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之,湯浅 将人,江川 聡,川端 茂徳, 大川 淳. 2椎体腰椎後方固定術1年後の早期隣接椎間障害発生の術前危険因子に関する検討 . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  199. 牛尾修太, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之,平井 高志, 湯浅 将人,江川 聡,川端 茂徳, 大川 淳. 頚椎症性筋萎縮症に対する術式別の手術成績と関連する因子についての検討 . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  200. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 松本 連平, 江川 聡,平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 当院における頚椎症性脊髄症の手術治療成績〜術前MRI におけるModified K-lineを用いた後方除圧の限界点を考慮した取り組み  . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  201. 平井 高志, 佐藤 信吾, 湯浅 将人, 小柳 広高, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 集学的院内診療体制構築による脊椎転移の脊髄麻痺の予防−東京医科歯科大学の取り組み−  . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  202. 吉井 俊貴, 湯浅 将人,平井 高志,加藤 剛,山田 剛史,猪瀬 弘之,坂井 顕一郎,新井 容嘉,川端 茂徳,大川 淳. 腰椎椎体間固定術における新しい人工骨,多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体の臨床使用-局所骨との前向き比較研究- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  203. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之,小林 裕, 牛尾 修太, 平井 高志, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳. 第4腰椎変性すべり症に対する手術療法,除圧術,Graf 制動術,PLF 固定術の3術式による長期の画像上変化の検討   . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  204. 加藤 剛, 猪瀬 弘之,吉井 俊貴, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定(全国多施設前向き研究最終報告) . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  205. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人,牛尾 修太, 平井 敬悟,小沼 博明, 大川 淳. L5椎弓正中非癒合例では関節突起間部断面積が小さい傾向にある−小児CT の画像解析による検討− . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  206. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術における骨移植による各椎間骨癒合変化の検討 -術後5年経過例について- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  207. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  208. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 平井 高志, 猪瀬 弘之,大川 淳. 腰部脊柱管狭窄症手術患者における頚椎部狭窄の共存(tandem spinal stenosis)-565例の検討- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  209. 平井 敬悟, 平井 高志,山田 剛史,猪瀬 弘之,吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の前向き比較研究:片側椎弓切除両側除圧(ULBD) 対 筋肉温存型腰椎椎弓間除圧術(MILD) . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  210. 安藤 嘉朗, 平井 高志, 牛尾 修太, 江川 聡, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎硬膜内ヘルニア再発の1例 . 第58回 関東整形災害外科学会 2018.03.16 御茶ノ水

  211. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. サルコペニアの頻度及びその腰椎疾患手術に与える影響. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  212. 平井 敬悟, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川淳. 腰椎脊柱管狭窄に対する低侵襲除圧術の前向き比較研究:片側椎弓切除両側除圧(ULBD)対 筋肉温存型 腰椎椎弓間除圧術(MILD). 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  213. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小沼 博明, 平井 敬悟, 大川 淳. 小児CT における腰椎関節突起間部断面積から見た腰椎分離症発症メカニズムの考察. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  214. 牛尾修太, 平井高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 江川聡, 川端茂徳, 大川淳. L3-5 の2 椎間腰椎後方固定術における上位隣接椎間障害の術前危険因子の検討. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  215. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75 歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の検討. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  216. 湯浅 将人, 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 小林 裕, 牛尾 修太, 新井 嘉容, 大川 淳. 多孔質ハイドロキシアパタイト/ コラーゲン(HA/Col)の腰椎後方椎体間固定術における骨形成能 -多施設間後ろ向き研究. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  217. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法の検討―全国多施設前向き研究結果報告―. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  218. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎変性辷り症に対する手術療法 前向きランダム化研究. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  219. 川端 茂徳, 牛尾修太, 佐々木亨, 平井高志, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 星野優子, 関原謙介, 渡部泰士, 長谷川由貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川淳. 脊磁計による腰部神経根障害の可視化と定量化. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  220. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 細胞周期制御因子Cdk1は骨量維持および骨癒合に必須である. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  221. 沼田 ほあし, 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨芽細胞分化の調節機構. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  222. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定 硬性装具と軟性装具の比較. 第19回 日本骨粗鬆症学会 2017.10.20 大阪

  223. 吉井俊貴, 平井高志, 山田剛史, 猪瀬弘之, 大川淳. 成人脊柱変形に対する後方矯正固定術における出血コントロールの工夫. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  224. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 小林 裕, 牛尾 修太, 平井 高志, 加藤 剛, 川端 茂徳, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎固定術PLF vs 制動術Graf System 第4 腰椎変性すべり症術後長期の画像の比較検討. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  225. 牛尾修太, 平井高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 山田剛史, 江川聡, 榎本光裕, 川端茂徳, 大川淳. 腰椎後方固定術における隣接椎間障害の術前危険因子の検討 −L3-5 間のfloating fusion における検討−. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  226. 山田 剛史, 江川 聡, 松倉 遊, 榊 経平, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 鳥越 一郎, 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 大川 淳. 環軸椎亜脱臼29 例の検討. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  227. 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 椎体骨折の保存療法. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  228. 猪瀬 弘之, 高橋 晃. 長鎖ノンコーディングRNAによる骨芽細胞分化の調節機構. 第35回 日本骨代謝学会学術集会 2017.07.27 福岡

  229. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳 . Cdk1 は骨量維持及び骨癒合に必須である. 第35回 日本骨代謝学会学術集会 2017.07.27 福岡

  230. 猪瀬 弘之, 高橋 晃, Mieradili Mulati, 大川 淳. 細胞周期制御因子Cbk1 は骨量維持及び骨癒合に必須である. 第3回 日本骨免疫学会 2017.06.27 石垣

  231. 猪瀬 弘之, 大川 淳. サルコペニアの頻度及びその腰椎疾患手術に与える影響. 第37回 日本骨形態計測学会 2017.06.22 大阪

  232. 高橋 晃, 猪瀬 弘之, 大川 淳. CDK1は骨芽細胞の増殖、骨量維持及び骨折治癒に必須である. 第37回 日本骨形態計測学会 2017.06.22 大阪

  233. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する前方除圧固定術と椎弓形成術の前向き比較研究 術後10年長期報告. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  234. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada , Takash Hirai i, Toshitaka Yoshii , Shigenori Kawabata , Atsushi Okawa . Bone turnover markers as a new predicting factor for non-union after spinal fusion surgery. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  235. Toshitaka Yoshii , Takashi Hirai , Hiroyuki Inose , Tsuyoshi Yamada , Shigenori Kawabata , Atsushi Okawa . Intraoperative evaluation using mobile computed tomography in anterior cervical decompression for ossification of the posterior longitudinal ligament. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  236. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 透析脊椎手術の合併症. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  237. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対して行われた前方除圧固定術における術後10年成績神経機能回復と隣接椎間障害発生の頻度. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  238. 平井 高志, 榎本 光裕, 山田 剛史, 谷山 崇, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症術後の難治性神経障害性疼痛を有する患者に対してNSAIDS内服療法とプレガバリン内服療法の治療効果の比較 ランダム化比較研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  239. 川端 茂徳, 牛尾 修太, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川 由美, 渡部 泰士, 山賀 匠, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図による脊髄伝導障害の可視化 機能情報と形態画像との融合. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  240. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 大川 淳. 頸椎多椎間前方除圧固定術後の軟部組織腫脹の増悪因子に関する検討. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  241. 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術における術中CTの有用性. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  242. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎固定術における骨癒合予測因子の研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  243. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術(桐田-宮崎法)における骨移植による強直とアライメント変化の検討 術後5年経過例について. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  244. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 富澤 將司, 山田 剛史, 友利 正樹, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体圧潰に対する片側後方進入椎体亜全摘再建術の有用性 多施設研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  245. 平井 敬悟, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 新井 嘉容, 大川 淳. 筋温存型棘突起間除圧術(muscle preserving interlaminar decompression)法の5年成績. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  246. 吉井 俊貴, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 江川 聡, 大川 淳. 硬膜欠損を伴う脳表ヘモジデリン沈着症における欠損部同定(MRI balanced sequence法の有用性). 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  247. 山田 剛史, 吉井 俊貴, 山本 尚輝, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 頸部脊髄症手術患者における腰部脊柱管狭窄の共存(tandem spinal stenosis) 297例の検討. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  248. 川端茂徳, 牛尾 修太, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川由貴, 渡部 泰士, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図による胸髄刺激後脊髄誘発磁界による脊髄障害高位診断. 第38回 脊髄機能診断研究会 2017.02.04 小石川 東京

  249. 吉井俊貴, 平井高志, 山田剛史, 猪瀬弘之, 大川淳. 硬膜欠損に起因する脊髄・脳表へモジデリン沈着症. 第18回 圧迫性脊髄症研究会 2017.01.21 東京

  250. 平井高志, 吉井俊貴, 進藤重雄, 猪瀬弘之, 山田剛史, 川端茂徳, 中井修, 大川淳. 当教室で経験したArachnoid web の4 例. 第18回 圧迫性脊髄症研究会 2017.01.21 東京

  251. 川端茂徳,牛尾 修太, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 脊磁計による脊髄伝導障害部位診断. 第18回 圧迫性脊髄症研究会 2017.01.21 東京

  252. 平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、江川 聡、加藤 剛、大川 淳. 頚椎症性脊髄症に対する前方除圧固定術と椎弓形成術の前向き比較研究-術後10年 長期報告 臨床、画像成績の比較 . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  253. 江川 聡、吉井俊貴、猪瀬弘之、平井高志、山田剛史、川端茂徳、大川淳. 頚椎多椎間前方除圧固定術後の軟部組織腫脹に関する検討 -頚椎後縦靱帯骨化症と 他疾患の比較- . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  254. 牛尾修太、平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、江川 聡、大川 淳志. 腰椎前外側椎体間固定術(OLIF: Oblique Lateral Inter-body Fusion)に対する術中 神経モニタリングの導入と当科での工夫 . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  255. 猪瀬弘之、山田剛史、平井高志、吉井俊貴、大川淳. 脊椎インストゥルメンテーションにおける骨癒合遷延の予測因子の検討 . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  256. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 大川 淳. Cdk1は骨格形成に必須である. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  257. 猪瀬 弘之, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第18回 日本骨粗鬆症学会 2016.10.06 仙台

  258. 田中 寛来, 江川 聡, 川端 茂徳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. 手術治療を行ったovershunting associated myelopathy(OSAM)の一例 血流変化から見た病態の考察. 第65回 東日本整形災害外科学会 2016.09.22 箱根

  259. 平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、大川 淳. 腰椎変性疾患に対する固定術の再手術例における腰痛・下肢痛の残存評価~単回手術症例と比較して~ . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  260. 吉井俊貴、坂井顕一郎、平井高志、山田剛史、猪瀬弘之、友利正樹、加藤剛、新井嘉容、大川淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方単独進入脊柱再建術 . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  261. 牛尾修太, 川端茂徳,角谷智,請川大, 加藤剛, 吉井俊貴,山田剛史, 猪瀬弘之, 榎本光裕, 大川淳. 脊磁計による健常成人の馬尾伝導速度の非侵襲的機能評価 . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  262. 猪瀬弘之、 山田剛史、平井高志、吉井俊貴、川端茂徳、大川淳. 腰椎疾患におけるサルコペニアの関与及びその治療成績への影響 . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  263. 猪瀬 弘之. 骨格形成においてCdk1 は必須である . 第34回 日本骨代謝学会学術集会 2016.07.20 大阪

  264. 猪瀬 弘之, 高橋 晃, 大川 淳. Cdk1は内軟骨性骨化において必須である. 第36回 日本骨形態計測学会 2016.06.23 新潟

  265. 吉井俊貴、平井高志、山田剛史、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、大川淳. A prospective, randomized study comparing selective laminectomy and conventional laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy . 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  266. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation of predicting factors for nonunion after spinal fusion . 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  267. 吉井 俊貴, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊椎後方手術における術野消毒液の検討 前向き比較試験. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  268. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 平井 高志, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  269. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 牛尾 修太, 榎本 光裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する経椎弓根的椎体造影vertebrographyによる椎体形成術術後予測. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  270. 川端 茂徳, 加藤 剛, 榎本 光裕, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 牛尾 修太, 江川 聡, 大川 淳. CT、MRIのDICOMデータを用いた採型不要の硬性コルセット作製. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  271. 猪瀬 弘之, 齊藤 正徳, 大川 淳. 細胞周期制御因子による軟骨細胞増殖・分化の調節機構. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  272. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 福島 和之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. CT再構成を用いた術中透視の再現によるS2 alar-Iliac screwの挿入方法の検討 至適位置とSAI axis viewによる挿入方法の正確性. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  273. 吉井俊貴、平井高志、山田剛史、猪瀬弘之、加藤剛、大川淳. A prospective comparative study in surgical preparation solutions for posterior spine surger-ies:Chlorhexidine-gluconate ethanol vs povidoneiodine . 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張

  274. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 福島 和之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. 透視下SAI axis viewによるS2 Alar-Iliac screw挿入の正確性の検討 CT再構成により再現した仮想透視像を用いて. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  275. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  276. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 請川 大, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計による健常成人の馬尾神経活動の非侵襲的機能評価. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  277. 猪瀬 弘之, 齋藤 正徳, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 後縦靱帯骨化症の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  278. 吉井 俊貴, 平井 高志, 坂井 顕一郎, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 走行型術中CTを使用した頸椎椎弓根スクリュー挿入 fluoroscopy側面透視下挿入との精度の比較. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  279. 大川 淳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 加藤 剛, 川端 茂徳, 坂井 顕一郎. K-line(-)の頸椎OPLLでは前方骨化浮上法が第一選択術式である. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  280. 田中 寛来, 平井 高志, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎変性疾患手術の再手術例における疼痛の残存評価 単回手術症例と比較して. 第56回 関東整形災害外科学会 2016.03.25 品川 東京

  281. 川端茂徳、大川淳 、加藤剛、吉井俊貴 、猪瀬弘之 、牛尾修太 、江川 聡 、野邊吏司 、奥野雅大. CT, MRIデータを利用したCAD/CAMによる硬性コルセット作製. 第10回 日本CAOS研究会 2016.03.24 愛知

  282. 猪瀬弘之 、加藤剛、山田剛史、平井高志、吉井俊貴、川端茂徳、大川淳. 整形外科医の立場からの骨粗鬆症治療について. 東とうきょう骨粗しょう症フォーラム 2016.03.11 御茶ノ水

  283. 江川 聡、吉井俊貴、猪瀬弘之、平井高志、山田剛史、川端茂徳、大川淳. Overshunting associated myelopathyと思われる上位頚髄障害により歩行を呈した一例. 第17回 圧迫性脊髄症研究会 2016.01.23 東京

  284. 平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、江川 聡、加藤 剛、 川端茂徳、大川 淳. 当院における圧迫性頚髄症対す手術の再率ついて. 第17回 圧迫性脊髄症研究会 2016.01.23 東京

  285. 猪瀬 弘之, 斎藤 正徳, 大川 淳. 細胞周期制御因子による骨格形成の調節機構. 第38 回日本分子生物学会年会・第88 回日本生化学会大会 2015.12.01 神戸

  286. 加藤 剛, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 平井高志,  山田剛史, 榎本光裕, 川端茂徳, 大川 淳 . 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節に 対する経椎弓根的椎体造影による椎体形成術術前評価. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  287. 川端茂徳、加藤 剛、榎本 光裕、吉井 俊貴、猪瀬 弘之、山田 剛史、角谷 智、牛尾 修太、大川 淳. CT、MRI データを用いた採型不要の硬性体幹装具の製作. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  288. 平井高志 吉井俊貴 山田剛史 猪瀬弘之 加藤剛 川端茂徳 大川淳. 腰椎変性疾患手術の再手術例における腰痛・下肢痛の残存評価~単回手術症例と比較して~. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  289. 平井高志 吉井俊貴、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、大川 淳. 腰椎変性疾患手術の再手術率について -固定術と除圧術との比較検討. 第24 回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.06 新潟

  290. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊髄・神経根機能診断の最近の進歩 脊磁計による脊髄機能評価. 第45回 日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  291. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. trainの複数回刺激による経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)の波形安定性と導出率の改善効果. 第45 回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  292. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 榎本 光裕, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 請川 大, 早乙女 進一, 大川 淳. 脊髄靱帯骨化の発症機序の解明 OPLLの進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  293. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計による中高年健常者の馬尾神経の非侵襲的機能評価. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  294. 猪瀬 弘之, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第17 回日本骨粗鬆症学会 2015.09.17 広島

  295. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 福島 和之, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 大川 淳. S2 Alar-Iliac screwの正確簡便な刺入方法 CT解析による至適挿入位置と透視下SAI axis viewを用いた挿入方法の正確性の検討. 第64回 東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  296. 猪瀬 弘之, 斉藤 正徳, 大川 淳. 脊椎固定術における骨癒合遷延予測因子としての骨リモデリング率の提案. 第35回日本骨形態計測学学会 2015.06.04 倉敷

  297. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 角谷 智, 大川 淳. 後縦靱帯骨化症の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第35回日本骨形態計測学学会 2015.06.04 倉敷

  298. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 高度占拠率OPLLに対する治療戦略 頸椎高度占拠率OPLLに対する前方骨化浮上術の有用性 後方法との比較. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  299. 川端 茂徳, 加藤 剛, 榎本 光裕, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 角谷 智, 牛尾 修太, 大川 淳. CT、MRIのDICOMデータからの硬性体幹装具の短期間製作. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  300. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 大川 淳. 経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)における高頻度複数刺激による波形安定性の検証. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  301. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計にて非侵襲的に測定した脊髄誘発磁界 椎間孔を通過する電流量の比較. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  302. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. Free run EMGを併用したreal time術中脊髄モニタリングの有用性. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  303. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 友利 正樹, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 局所後彎を伴う骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術 前後方再建手術との比較、多施設研究. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  304. 猪瀬 弘之, 齊藤 正徳, 早乙女 進一, 大川 淳. 細胞周期制御因子による軟骨代謝の調節. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  305. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 友利 正樹, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術 前後方再建手術との比較、多施設研究. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  306. 山田剛史、角谷智、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、川端茂徳、大川淳. 当院における透析脊椎手術の現況 . 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  307. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 角谷 智, 牛尾 修太, 榎本 光裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 80歳以上の高齢者に対する脊椎手術の適正マネジメントの検討. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  308. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁図による胸髄神経活動の可視化. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  309. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. ハイリスク脊髄症手術におけるFree run EMGを併用したReal time術中脊髄モニタリングの有用性. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  310. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 角谷 智史, 山田 剛史, 友利 正樹, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨化占拠率の大きい(≧50%)頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較 多施設研究. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  311. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 請川 大, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊柱後彎変形患者におけるX線パラメーターと腰背筋筋疲労の関係. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  312. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 頸椎椎間孔での神経電気活動 脊磁計による無侵襲機能評価. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  313. 川畑 篤礼、猪瀬 弘之、大川 淳. 硬膜損傷に対しポリグリコール酸不織布及びフィブリン糊にてコーティング後に、異物肉芽腫を生じた一例. 第63回東日本整形災害外科学会 2014.09.19

  314. 猪瀬 弘之. リウマチ頚椎についての症例検討. お茶の水リウマチセミナー 2014.07.23

  315. 猪瀬 弘之,吉井俊貴,加藤剛,川端茂徳,大川淳. 脊椎固定術における骨癒合遷延予測因子としての骨リモデリング率の提案. 第34回日本骨形態計測学会 2014.06.13

  316. 猪瀬 弘之. マイクロRNAによる骨芽細胞分化の調節. 神澤財団第16回講演会 2014.05.30 東京

  317. 猪瀬 弘之 他. 脊椎固定術後の骨癒合率改善に向けて. 第43回日本脊椎脊髄病学会 2014.04.17 京都

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2021年度日本骨代謝学会 若手研究者助成(猪瀬 弘之),日本骨代謝学会,2021年06月

  • 2020年度やる気倍増プロジェクト 優秀研究賞(猪瀬 弘之),東京医科歯科大学,2020年12月

  • 令和元年度 東京医科歯科大学医師会賞 (猪瀬 弘之),東京医科歯科大学医師会,2020年04月

  • 日本骨粗鬆症学会 2019年度 優秀演題賞(猪瀬 弘之),日本骨粗鬆症学会,2019年10月

  • 骨粗鬆症財団 第27回(平成31年度)財団研究助成(猪瀬 弘之),骨粗鬆症財団,2019年

  • 日本骨代謝学会 2019年度 若手研究者助成(猪瀬 弘之),日本骨代謝学会,2019年

  • 東京医科歯科大学整形外科同門会研究奨励賞,東京医科歯科大学整形外科同門会,2018年12月

  • Asia Pacific Spine Society 「Best clinical paper award」(猪瀬 弘之),Asia Pacific Spine Society,2018年06月

  • 第25回 日本腰痛学会 最優秀演題賞(猪瀬 弘之),日本腰痛学会,2017年11月

  • 日本骨粗鬆症学会 2017年度(第16回)研究奨励賞 (猪瀬 弘之),日本骨粗鬆症学会,2017年06月

  • 日本脊椎脊髄病学会 2017年度 Asia Traveling Fellow(猪瀬 弘之),日本脊椎脊髄病学会 ,2017年02月

  • 交通事故医療研究助成,日本損害保険協会,2017年

  • 骨粗鬆症財団 第24回(平成28年度)財団研究助成,骨粗鬆症財団,2016年

  • 平成27年度 中富健康科学振興財団研究助成,中富健康科学振興財団,2016年

  • 整形災害外科科学研究助成財団 財団奨励賞 (猪瀬 弘之),整形災害外科科学研究助成財団,2015年

  • 2013年度 神澤医学研究振興財団研究助成,神澤医学研究振興財団,2013年

  • 第9回(平成25年度)リリー研究助成プログラム,骨粗鬆症財団,2012年

  • Plenary poster award,2007年

▼全件表示