基本情報

写真a

猪瀬 弘之(イノセ ヒロユキ)

INOSE Hiroyuki


職名

准教授

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2012年04月
    -
    2017年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2017年10月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2017年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 講師

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 靭帯骨化発生・進展の分子基盤の解明と治療法の研究開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 長鎖ncRNAによる骨芽細胞分化に対する調節機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 骨粗鬆症及び骨折の新規治療標的としてのマイクロRNAに関する検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 骨リモデリングにおけるマイクロRNAの生理的意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2012年

  • 脊柱靭帯骨化発生・進展の分子機序解明を目指した統合的研究

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yutaka Kobayashi, Hiroyuki Inose, Shuta Ushio, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Body Mass Index and Modified Glasgow Prognostic Score Are Useful Predictors of Surgical Site Infection After Spinal Instrumentation Surgery: A Consecutive Series. Spine (Phila Pa 1976) . 2020.02; 45 (3): E148-E154. ( PubMed, DOI )

  • Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Response to the Letter to the Editor. Spine. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  • Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shoichi Ichimura, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Risk Factors of Nonunion After Acute Osteoporotic Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study. Spine. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  • 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 大川 淳. 【骨粗鬆症性椎体骨折治療の最新知見】急性期骨粗鬆症性椎体骨折への装具治療 整形・災害外科. 2020.02; 63 (2): 135-140. ( 医中誌 )

  • Mieradili Mulati, Yutaka Kobayashi, Akira Takahashi, Hoashi Numata, Masanori Saito, Yuichi Hiraoka, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Yoichi Ezura, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. The long noncoding RNA Crnde regulates osteoblast proliferation through the Wnt/β-catenin signaling pathway in mice. Bone. 2020.01; 130 115076. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 湯浅将人, 平井高志,猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 渡部泰士, 関原謙介, 足立善昭,星野優子,大川 淳. 末梢神経刺激脊磁図による頚髄症患者の伝導障害部位評価. 第49回日本脊椎脊髄病学会 2020.09.08 神戸

  • 橋本淳,川端茂徳,佐々木亨,星野優子,関原謙介,足立善昭,渡部泰士,宮野由貴,佐藤慎司,三谷悠貴,平井高志,湯浅将人,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 脊磁図(MSG)による馬尾神経活動の非侵襲的評価. 第49回日本脊椎脊髄病学会 2020.09.08 神戸

  • 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 湯浅将人, 平井高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,渡部泰士,関原謙介,足立善昭,星野優子,大川 淳. 末梢神経刺激後の脊磁図による完全に非侵襲的な頚髄伝導ブロックの評価. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.01

  • 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士,平井高志, 湯浅将人, 猪瀬弘之,吉井俊貴 大川 淳. 脊磁図(神経磁界計測)による健常者胸髄電気活動の可視化. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.01

  • 平井 高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 湯浅将人, 大川 淳. Modified K-lineを用いた頚椎症性脊髄症患者の術式選択の取り組み. 日中頚椎外科研究会 2019.12.14

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本骨粗鬆症学会 2019年度 優秀演題賞(猪瀬 弘之),日本骨粗鬆症学会,2019年10月

  • 骨粗鬆症財団 第27回(平成31年度)財団研究助成(猪瀬 弘之),骨粗鬆症財団,2019年

  • 日本骨代謝学会 2019年度 若手研究者助成(猪瀬 弘之),日本骨代謝学会,2019年

  • 東京医科歯科大学整形外科同門会研究奨励賞,東京医科歯科大学整形外科同門会,2018年12月

  • Asia Pacific Spine Society 「Best clinical paper award」(猪瀬 弘之),Asia Pacific Spine Society,2018年06月

全件表示 >>