基本情報

写真a

立石 知也(タテイシ トモヤ)

TATEISHI Tomoya


職名

講師

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/pulm/

研究分野・キーワード

間質性肺炎、過敏性肺炎、好塩基球、睡眠時無呼吸症候群

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 呼吸器内科 助教
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 呼吸器内科 助教
  • 2019年11月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 呼吸器内科 助教
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 呼吸器内科 講師
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 統合呼吸器病学 講師

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    現在
    日本呼吸器学会 代議員
  • 2019年06月
    -
    現在
    日本アレルギー学会 代議員
 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 好塩基球と肺における炎症の関わり,2011年04月 - 現在

  • 慢性過敏性肺炎のCT画像の特徴,2009年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 好塩基球の肺胞マクロファージ活性化による肺線維化の新しい機序について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 肺線維化における好塩基球の役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Iijima Y, Okamoto T, Shirai T, Mitsumura T, Sakakibara R, Honda T, Ishizuka M, Tateishi T, Tamaoka M, Aiboshi J, Otomo Y, Anzai T, Takahashi K, Miyazaki Y. MuLBSTA score is a useful tool for predicting COVID-19 disease behavior. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2021.02; 27 (2): 284-290. ( PubMed, DOI )

  • 立石 知也, 宮崎 泰成. 【肺炎-抗菌薬だけではすまされない肺炎診療の落とし穴】最新の実地診療のポイント整理と活用 急性過敏性肺炎 Medical Practice. 2020.10; 37 (10): 1567-1570. ( 医中誌 )

  • Nishiyama N, Masuo M, Nukui Y, Tateishi T, Kishino M, Tateishi U, Morota K, Ohbo K, Miyazaki Y. Human epididymis protein 4 is a new biomarker to predict the prognosis of progressive fibrosing interstitial lung disease. Respiratory investigation. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  • 柴田 翔, 山本 周平, 杉原 潤, 土井 将史, 井上 信一郎, 三宅 健介, 立石 知也, 山西 吉典, 烏山 一, 宮崎 泰成. エラスターゼ誘導肺気腫モデルにおいて、IL-3が重要な役割を果たしている 日本呼吸器学会誌. 2020.08; 9 (増刊): 190. ( 医中誌 )

  • Iijima Yuki, Sakakibara Rie, Ishizuka Masahiro, Honda Takayuki, Shirai Tsuyoshi, Okamoto Tsukasa, Tateishi Tomoya, Sakashita Hiroyuki, Tamaoka Meiyo, Takemoto Akira, Kumaki Yuichi, Ikeda Sadakatsu, Miyazaki Yasunari. Notable response to nivolumab during the treatment of SMARCA4-deficient thoracic sarcoma: a case report IMMUNOTHERAPY. 2020.06; 12 (8): 563-569. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 遠藤 駿, 三ツ村 隆弘, 石塚 聖洋, 本多 隆行, 榊原 里江, 池田 貞勝, 宮崎 泰成. 当初EGFR遺伝子変異陰性であったが、遺伝子パネル検査でuncommon mutationが検出されアファチニブが奏効した非小細胞肺癌の1例. 肺癌学会 2020.12.01

  • 林奨太,玉岡明洋,立石知也,藤江俊秀,稲葉雄一郎,鈴木康弘,上里彰仁,治徳大介,秀島雅之,中村周平,飯田知里,石山裕之,室田勇騎,半田伊吹,宮崎泰成. いびき音解析による閉塞性睡眠時無呼吸症重症度判定の新たな指標について. 日本睡眠学会第 44 回定期学術集会 2019.06.28 名古屋

  • 柴田 翔, 立石 和也, 小林 正嗣, 大久保 憲一, 明石 巧, 烏山 一, 宮崎 泰成. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の肺組織に好塩基球が浸潤している. 第67回日本アレルギー学会学術大会 ミニシンポジム27 2019.06.23 幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張

  • 飯島 裕基, 立石 知也, 石塚 聖洋, 榊原 里江, 本多 隆行, 貫井 義久, 白井 剛, 坂下 博之, 宮崎 泰成. Nivolumabが奏功した原発不明癌の1例. 肺癌 2019.06.01

  • 本多 隆行, 石塚 聖洋, 榊原 里江, 貫井 義久, 白井 剛, 立石 知也, 藤江 俊秀, 玉岡 明洋, 坂下 博之, 宮崎 泰成. Infliximab投与後11年目に発症したサルコイドーシスの一例. 気管支学 2019.06.01

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 医療チーム功労賞,東京医科歯科大学,2020年12月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 肺血管疾患 肺高血圧,2019年

  • サルコイドーシス,2014年 - 2017年

  • 臨床推論 チアノーゼ,2012年 - 現在

  • 二次性間質性肺炎,2012年 - 現在

  • 臨床推論 胸痛と胸水,2012年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師集中講義 禁煙治療,日本医療薬学会2019

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • クリニカルクラークシップ内科代表委員,2015年04月 - 2017年03月

  • クリニカルクラークシップチューター,2012年04月 - 2017年03月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 医局長,2018年04月 - 現在

  • 病棟医長,2017年04月 - 2018年03月