基本情報

写真a

米滿 郁男(ヨネミツ イクオ)

YONEMITSU Ikuo


職名

助教

研究分野・キーワード

顎関節、顎変形症、咀嚼筋、歯槽骨

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2002年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2006年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 医員(歯病)
  • 2008年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 非常勤講師
  • 2011年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 医員(歯病)
  • 2012年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔育成系診療領域 矯正歯科 助教

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2010年03月
    横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 指導診療医
  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 助教
  • 2011年04月
    -
    2012年03月
    横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 非常勤診療医
  • 2018年03月
    -
    2019年03月
    スイス・ジュネーブ大学 歯学部 矯正歯科 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 口腔病学会

  • 日本顎関節学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本顎変形症学会

  • 東京矯正歯科学会

  • 日本矯正歯科学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2020年03月
    感染対策委員(矯正歯科外来)
  • 2013年04月
    -
    現在
    リスクマネージャー(咬合機能矯正学分野)
  • 2013年04月
    -
    現在
    矯正歯科外来外来医長(咬合機能矯正学分野)
  • 2014年
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 代議員(第一部会)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 成長、発育系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会 認定医

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 成長期鼻呼吸障害の早期改善による顎顔面成長機構への影響と治療意義の解明,2020年04月 - 2023年03月

  • GLUT4およびHIF1αを介した鼻呼吸障害に伴う不正咬合の新たな発現機序,2016年04月 - 2020年03月

  • 顎関節へのLIPUS照射がもたらす新たな軟骨再生メカニズムの解明,2013年04月 - 2016年03月

  • 顎関節への負荷頻度上昇が関節軟骨内アスポリン過剰発現を介したOAの発症をもたらす ,2010年10月 - 2013年03月

  • 成長期鼻呼吸障害に伴う舌運動制御メカニズムの変調に関する末梢中枢連関の包括的解析,2015年04月 - 2018年03月

  • 不死化顎関節円板クローン細胞による顎関節のバイオエンジニアリング技術の基盤的開発,2013年04月 - 2016年03月

  • 呼吸障害に伴う口腔領域体性感覚系神経回路の再編成,2012年04月 - 2015年03月

  • 成長期における顎関節形成不全改善とOA発症および進行との関連,2011年04月 - 2015年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • GLUT4およびHIF-1αを介した鼻呼吸障害に伴う不正咬合の新たな発現機序解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 成長期鼻呼吸障害に伴う舌運動制御メカニズムの変調に関する末梢中枢連関の包括的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 顎関節へのLIPUS照射がもたらす新たな軟骨再生メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • 顎関節へのLIPUS照射がもたらす新たな軟骨再生メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 不死化顎関節円板クローン細胞による顎関節のバイオエンジニアリング技術の基盤的開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 呼吸障害に伴う口腔領域体性感覚系神経回路の再編成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 顎関節への負荷頻度上昇が関節軟骨内アスポリン過剰発現を介したOAの発症をもたらす

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 成長期鼻呼吸障害の早期改善による顎顔面成長機構への影響と治療意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 力学的解析に基づいた改良型超弾性Ti-Ni合金ワイヤーの臨床応用に向けた取り組み

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yang Wu, Podyma-Inoue Katarzyna Anna, Yonemitsu Ikuo, Watari Ippei, Ikeda Yuhei, Guo Xiyuan, Watabe Tetsuro, Ono Takashi. Mechanoresponsive and lubricating changes of mandibular condylar cartilage associated with mandibular lateral shift and recovery in the growing rat CLINICAL ORAL INVESTIGATIONS. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  2. Wu Yang, Katarzyna Anna Podyma-Inoue, Ikuo Yonemitsu, Ippei Watari, Yuhei Ikeda, Xiyuan Guo, Tetsuro Watabe & Takashi Ono . Mechanoresponsive and lubricating changes of mandibular condylar cartilage associated with mandibular lateral shift and recovery in the growing rat Clinical Oral Investigations. 2020.02;

  3. Kita S., Fujita K., Imai H., Aoyagi M., Shimazaki K., Yonemitsu I, Omura S., Ono T.. Postoperative stability of conventional bimaxillary surgery compared with maxillary impaction surgery with mandibular autorotation for patients with skeletal class II retrognathia BRITISH JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL SURGERY. 2020.01; 58 (1): 57-61. ( DOI )

  4. Kokai S, Fukuyama E, Omura S, Kimizuka S, Yonemitsu I, Fujita K, Ono T. Long-term stability after multidisciplinary treatment involving maxillary distraction osteogenesis, and sagittal split ramus osteotomy for unilateral cleft lip and palate with severe occlusal collapse and gingival recession: A case report. Korean Journal of Orthodontics. 2019.01; 49 (1): 59-69. ( PubMed, DOI )

  5. Uesugi S, Imamura T, Yonemitsu I, Ono T. Surgical-Orthodontic Treatment of Adults with Mandibular Retrognathism and Obstructive Sleep Apnea. Journal of clinical orthodontics : JCO. 2019; 53 (9): 521-534. ( PubMed )

  6. Watakabe K, Yonemitsu I, Ikeda Y, Tang H, Ono T. Unilateral nasal obstruction induces morphological changes of the mandibular condyle in growing rats. Orthodontic Waves. 2018.09; 77 (3): 157-168. ( 医中誌 )

  7. Usumi-Fujita R, Nakakuki K, Fujita K, Kosugi M, Yonemitsu I, Fukuyama E, Ono T. Collaborative treatment for a case of condylar hyperplastic facial asymmetry. The Angle Orthodontist. 2018.07; 88 (4): 503-517.

  8. Yuhei Ikeda, Ikuo Yonemitsu, Maki Takei, Shunichi Shibata, Takashi Ono. Mechanical loading leads to osteoarthritis-like changes in the hypofunctional temporomandibular joint in rats. Archives of Oral Biology. 2014.12; 59 (12): 1368-1376. ( PubMed, DOI )

  9. 上杉 俊輔, 米満 郁男, 小海 暁, 大村 進, 小野 卓史. 上顎咬合平面の傾斜と下顎側方偏位方向が相反する顔面非対称患者の形態学的特徴 日顎変形誌. 2014.04; 24 (1): 27-36.

  10. Yasuhiro Shimizu, *Ikuo Yonemitsu, Takashi Ono. Facilitating mandibular horizontal growth in a Class II high-angle case with a modified functional appliance Journal of the World Federation of Orthodontists. 2014.03; Volume 3 (Issue 1): 27-39.

  11. Kure-Hattori I, Watari I, Takei M, Ishida Y, Yonemitsu I, Ono T. Effect of functional shift of the mandible on lubrication of the temporomandibular joint. Archives of oral biology. 2012; 57 987-94. ( PubMed, DOI )

  12. Kuroda Y, Yonemitsu I, Hosomichi J, Watari I, Takei M, Ishida Y, Ono T. Intermittent posterior displacement of the rat mandible in the growth period affects the condylar cancellous bone. Angle Orthod. 2011.11; 81 (6): 975-982. ( PubMed, DOI )

  13. Tanapan Wattanachai, Ikuo Yonemitsu, Sawa Kaneko, Kunimichi Soma. Functional lateral shift of the mandible effects on the expression of ECM in rat temporomandibular cartilage. Angle Orthod. 2009.07; 79 (4): 652-659. ( PubMed, DOI )

  14. Maki Takei, Ikuo Yonemitsu, Ippei Watari, Takeshi Muramoto, Kunimichi Soma. Influence of liquid diet feeding on calcitonin gene-related peptide-like immunoreactive nerve fibers in rat temporomandibular joints during growth period Orthodontic Waves. 2008.03; 67 (1): 15-22.

  15. Makoto Sakurai, Ikuo Yonemitsu, Takeshi Muramoto, Kunimichi Soma. Effects of masticatory muscle force on temporomandibular joint disc growth in rats. Arch. Oral Biol.. 2007.12; 52 (12): 1186-1193. ( PubMed, DOI )

  16. Yonemitsu I, Muramoto T, Soma K.. The influence of masseter activity on rat mandibular growth. Archives of Oral Biology. 2007.05; 52 (5): 487-493.

  17. 島峯 隆浩, 米満 郁男, 渋谷 直樹, 纐纈 美沙子, 今井 治樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症患者に対する馬蹄型骨切り併用Le FortⅠ型骨切り術後における上部気道形態の変化. 日本顎変形症学会雑誌. 2018.08; 28 (3): 226-234.

  18. 本田 康二, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝, 大村 進, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介. 上下顎同時骨延長術を施行した著しい垂直的上顎劣成長を伴う下顎前突症の1例 日顎変形誌. 2016.12; 26 (4): 275-283.

  19. 本田 康二, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 藤内 祝, 大村 進, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介. 横浜市立大学附属市民総合医療センター歯科・口腔外科・矯正歯科における過去16年間の顎変形症治療に関する実態調査 日本顎変形症学会雑誌. 2016.08; 26 (3): 195-201.

  20. 君塚 幸子, 福山 英治, 米満 郁男, 島崎 一夫, 大村 進, 濱田 良樹, 藤内 祝. 顔面非対称に対して上下顎同時骨延長術を適用したMarfan症候群の1例 日本顎変形症学会雑誌. 2015.04; 25 (1): 49-55.

  21. Tang H, Yonemitsu I, Ikeda Y, Watakabe K, Shibata S, Hosomichi J, Ono T. Effects of unilateral nasal obstruction on the characteristics of jaw-closing muscles in growing rats. The Angle orthodontist. 2019.01; 89 (1): 102-110. ( PubMed, DOI )

  22. Kanaguchi Arita A, Yonemitsu I, Ikeda Y, Miyazaki M, Ono T. Low-intensity pulsed ultrasound stimulation for mandibular condyle osteoarthritis lesions in rats. Oral Diseases. 2018.05; 24 600-610. ( DOI )

  23. Miyazaki M, Yonemitsu I, Takei M, Kure-Hattori I, Ono T. The imbalance of masticatory muscle activity affects the asymmetric growth of condylar cartilage and subchondral bone in rats. Archives of oral biology. 2016.03; 63 22-31. ( PubMed, DOI )

  24. Yasuhiro Shimizu, Ikuo Yonemitsu, Takashi Ono. Facilitating mandibular horizontal growth in a Class II high-angle case with a modified functional appliance Journal of the World Federation of Orthodontists. 2014.03; 3 ( DOI )

  25. Shimazaki K, Otsubo K, Yonemitsu I, Kimizuka S, Omura S, Ono T. Severe unilateral scissor bite and bimaxillary protrusion treated by horseshoe Le Fort I osteotomy combined with mid-alveolar osteotomy. The Angle orthodontist. 2014.03; 84 (2): 374-379. ( PubMed, DOI )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ikuo Yonemitsu;Susumu Omura;Koichi Fujita;Sachiko Kimizuka;Haruki Imai;Koji Honda;Kazuo Shimazaki;Takashi Ono. ACCURATE POSTERO-SUPERIOR MOVEMENT OF THE MAXILLA USING SLM TECHNIQUE TO TREAT A SKELETAL CLASS II PATIENT WITH GUMMY SMILE. 9th International Orthodontic Conference 2020.11 Yokohama, Japan

  2. Huan Tang;Ikuo Yonemitsu;Yuhei Ikeda;Takashi Ono. EARLY RECOVERY FROM UNILATERAL NASAL OBSTRUCTION IN GROWING RATS IMPROVES THE MORPHOLOGY OF THE JAW-CLOSING MUSCLES. 9th International Orthodontic Conference 2020.11 Yokohama, Japan

  3. Yonemitsu I, Lagou A, Denes BJ, Ono T, Kiliaridis S. Age- and functional related coronal changes of maxillary alveolar bone. 95th congress of the European Orthodontic Society 2019.06 Nice, France

  4. Guo X, Watari I, Yonemitsu I, Ikeda Y, Ono T. Effect of functional lateral shift of the mandible on hyaluronic acid decomposition related to lubrication of temporomandibular joint in growing rats. 95th congress of the European Orthodontic Society 2019.06 Nice, France

  5. Yang W, Yonemitsu I, Guo X, Ikeda Y, Watari I, Ono T. Lateral-functional-shift of rat mandible: The interaction of PRG4 with IHH and TGF-β1 in condyle. The 77th Annual Meeting of the Japan Orthodontic Society 2018.11.01 Yokohama, Japan

  6. Ippei Watari, Ikuo Yonemitsu, Ayako Kirii, Misako Koketsu, Mirei Hagiwara, Erika Ozawa, Akemi Kanaguchi-Arita, Takashi Ono. Pharyngeal airway changes after lower teeth distal movement using the implant anchorage.. 9th World Implant Orthodontic Conference 2017.07.02 神戸

  7. Kenzo Watakabe, Ikuo Yonemitsu, Yuhei Ikeda, Mutsumi Miyazaki, Takashi Ono. Nasal obstruction in growing rats induces morphological and histological changes in the mandible. The 39 th Annual Scientific Conference on Dental Research 2017.03.31 Ho Chi Minh city, Vietnam

  8. Watari I, Podyma-Inoue KA, Yonemitsu I, Miyazaki M, Ono T. Altered craniofacial morphogenesis in offspring of rats with gestational diabetes. 91st Congress of the European Orthdontic Society 2015.06.13 Venice, Italy

  9. Koji Honda, Koichi Fujita, Naoki Shibutani, Ikuo Yonemitsu, Kazuo Shimazaki, Shogo Murata, Hikaru Takasu, Yosuke Yamashita, Toshinori Iwai, Takashi Ono, Susumu Omura, Iwai Tohnai. Clinical survey of facial deformity patients in Yokohama City University Medical Center. 47th Scientific Congress of Korean Association of Orthodontists 2014.11.01 Seoul

  10. 本田 康二;岩井 俊憲;杉山 聡美;林 雄一郎;矢島 康治;藤田 紘一;今井 治樹;米満 郁男;島崎 一夫;小野 卓史;廣田 誠;光藤 健司. CAD/CAM 暫間固定ガイドを用いた新しい上顎位置決め法の精度評価. 日本顎変形症学会総会 2020.06

  11. 本田康二, 岩井俊憲, 藤田紘一, 今井治樹, 米満郁男, 島崎一夫, 小野卓史, 大村進, 光藤健司. オトガイ形成術に用いるCAD/CAMオステオトミーガイドの考案. 第29回日本顎変形症学会学術大会 2019.06 東京

  12. 島峯 隆浩, 米満 郁男, 渋谷 直樹, 纐纈 美沙子, 今井 治樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症患者に対する馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術後における上部気道形態の変化. 第29回日本顎変形症学会学術大会 2019.06

  13. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田康二, 米満 郁男, 島﨑 一夫, 大村 進, 小野 卓史. CAD/CAM支援手術による計画的な下顎のautorotationにより顔貌の改善を得た上顎前突症の一例. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.11.01 横浜

  14. 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 米滿 郁男, 島﨑 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 上顎骨前後的移動に用いるCAD/CAMオステオトミーガイドの考案. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.11 横浜

  15. 藤田 紘一, 今井 治樹, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 3Dシミュレーションの上顎骨切り線を正確に転写するオステオトミーガイドの考案. 第28回顎変形症学会総会 2018.06.14 大阪

  16. 今井 治樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 頭蓋基準の上顎位置決め法の手術正確度 既製ロッキングプレートを用いたスプリントレス法の試み. 第28回日本顎変形症学会総会 2018.06.14 大阪

  17. 喜田 壮馬, 島崎 一夫, 藤田 紘一, 今井 治樹, 青柳 美咲, 本田 康二, 米満 郁男, 岩井 俊憲, 大村 進, 小野 卓史. Mandibular autorotation concept surgeryと従来法の術後安定性比較. 第28回顎変形症学会総会 2018.06.14 大阪

  18. 本田 康二, 岩井 俊憲, 藤田 紘一, 今井 治樹, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 大村 進. 口腔内スキャナーを用いてCAD/CAM waferを作製した上下顎移動術. 第28回顎変形症学会総会 2018.06.14 大阪

  19. 本田 康二, 大村 進, 藤田 紘一, 今井 治樹, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 藤内 祝. CAD/CAM法を用いた上下顎移動術 SLMテクニックの意義. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  20. 藤田 紘一, 大村 進, 今井 治樹, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 岩井 俊憲, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 小野 卓史, 藤内 祝. CAD/CAM法におけるスプリント作製―咬合器を用いる間接法との違い―. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  21. 今井治樹, 大村進, 藤田紘一, 本田康二, 山下陽介, 高須曜, 岩井俊憲, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 藤内祝, 小野卓史. CAD/CAMスプリント、SLMテクニックを併用した上顎移動術の精度. 第27回日本顎変形症学会総会・学術集会 2017.06.15 東京

  22. 藤田紘一, 大村進, 今井治樹, 本田康二, 臼見莉沙, 渋谷直樹, 米満郁男, 島崎一夫, 藤内祝, 小野卓史. TMDsを伴う骨格性上顎前突症に対する新たな上下顎移動術:MAC surgeryにおける顎関節頭回転中心. 第74回日本矯正歯科学会大会学術大会 2015.11.18 福岡

  23. 渡一平, 米満郁男, 小野理恵子, 小野卓史. 下顎前歯部に上顎過剰歯の移植を行ったAngle Class I叢生症例. 第74回日本矯正歯科学会大会学術大会 2015.11.18 福岡

  24. 米満郁男, 福島由佳乃, 藤田紘一, 渋谷直樹, 今井治樹, 臼見莉沙, 島崎一夫, 本田康二, 大村進, 藤内祝, 小野卓史. Le Fort I型骨切り術に歯槽部骨切り術を併用し下顎のautorotationにより咬合改善した骨格性下顎後退症例. 第74回日本矯正歯科学会大会学術大会 2015.11.18 福岡

  25. 大村進, 横関雅彦, 藤田紘一, 村田彰吾, 高須曜, 山下陽介, 渋谷直樹, 本田康二, 臼見莉沙, 米満郁男, 島崎一夫, 岩井俊憲, 小野卓史, 藤内祝. Mandibular autorotation concept (I) - 下顎を切らない上下顎同時移動術 -. 第25回日本顎変形症学会総会 2015.06.04 東京

  26. 米満郁男, 福島由佳乃, 臼見莉沙, 島崎一夫, 藤田紘一, 渋谷直樹, 村田彰吾, 高須曜, 山下陽介, 岩井俊憲, 本田康二, 大村進, 藤内祝, 小野卓史. Mandibular autorotation concept (II) - 上顎前方歯槽部骨切り術との併用 -. 第25回日本顎変形症学会総会 2015.06.04 東京

  27. 池田 侑平, 米満 郁男, 武居 真希, 柴田 俊一, 小野 卓史. 成長期ラットの機能低下した顎関節は非生理的負荷に対してOA様変化を引き起こす. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  28. 松村 智成, 島崎 一夫, 米満 郁男, 本田 康二, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 上顎骨後上方移動による顔貌の改善と安定性の検討. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  29. 清水 康広, 米満 郁男, 小野 卓史. 成長期の改良型機能的矯正装置の使用が奏効したAngle Class II high angle症例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  30. 島崎 一夫, 米満 郁男, 本田 康二, 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 大村 進, 小野 卓史. 骨格性上顎前突症例患者に上顎骨後上方移動術を併用した外科的矯正治療例. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  31. 酒井 敬一, 小海 暁, 桐井 絢子, 上杉 俊輔, 犬飼 周佑, 米満 郁男, 大村 進, 秀島 雅之, 小野 卓史. 下顎の前方移動が顎顔面・上部気道形態に与える影響について 口腔内装置と下顎前方移動術の比較. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  32. 米満 郁男, 金島 貴子, 服部 育子, 酒井 敬一, 上杉 俊輔, 許 瑞瑾, 小海 暁, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 下顎骨前方移動術にover correctionを適用した際の術後安定性に関する評価. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  33. 本田 康二, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 上顎骨の著しい垂直的劣成長に対して上下顎同時骨延長を施行した1例. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  34. 渋谷 直樹, 藤田 紘一, 本田 康二, 米満 郁男, 島崎 一夫, 村田 彰吾, 高須 曜, 山下 陽介, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 下顎前歯の低位を伴う骨格性III級開咬症例の手術計画. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  35. 臼見 莉沙, 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 米満 郁男, 大村 進, 藤内 祝, 小野 卓史. 重度閉塞型睡眠時無呼吸を呈する骨格性下顎前突に対しLe Fort I型骨切り術単独で上顎骨を前方移動した1例. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  36. 藤田 紘一, 渋谷 直樹, 本田 康二, 山下 陽介, 高須 曜, 村田 彰吾, 米満 郁男, 島崎 一夫, 岩井 俊憲, 小野 卓史, 大村 進, 藤内 祝. 重度の顔面非対称症例に対する手術設定の工夫. 第24回日本顎変形症学会総会 2014.06.10 福岡

  37. 小海 暁, 福山 英治, 大村 進, 君塚 幸子, 島崎 一夫, 米満 郁男, 藤田 紘一, 藤内 祝, 小野 卓史. 著しい咬合崩壊に対する包括的治療により長期の安定が得られた成人唇顎口蓋裂の1例. 第38回日本口蓋裂学会総会 2014.05.29 北海道

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第78回日本矯正歯科学会 優秀発表賞,2019年11月

  • 平成30年度 日本顎変形症学会 優秀論文賞,日本顎変形症学会,2019年06月

  • The 77th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, Excellent Exhibition Award,Japanese Orthodontic Society,2018年11月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,日本矯正歯科学会,2018年11月

  • 第75回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,2016年11月

  • 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 優秀ポスター賞,2014年06月

  • 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 優秀ポスター賞,第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 ,2014年05月

  • The 46th Scientific Congress, Korean Association of Orthodontists 2013, 優秀ポスター発表賞,2013年11月

  • 第71回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,2012年09月

  • 第67回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞,2008年09月

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯科矯正学,2012年 - 現在

  • 口腔保健衛生学科(歯科矯正学),2019年 - 現在

  • 矯正歯科工学

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 歯科矯正学,横浜市立大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • EECD,2020年04月01日 - 現在

  • 口唇口蓋裂の最新治療~生まれてよかった~進歩は標準を超える,公立大学法人 横浜市立大学付属 市民総合医療センター,市民公開講座「からだと健康」,横浜情報文化センター 6・7階 情文ホール,2010年11月13日