基本情報

写真a

長尾 俊景(ナガオ トシカゲ)

NAGAO Toshikage


職名

講師

研究分野・キーワード

B細胞リンパ腫、骨髄増殖性腫瘍

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 宮崎医科大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  血液内科学  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 助教
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 助教
  • 2021年10月
     
     
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 血液内科 助教
  • 2021年11月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 血液内科学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 血液内科学 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    シティーオブホープ Beckman Research Institute 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本血液学会

  • 日本内科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 血液、腫瘍内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 抗癌剤による造血器腫瘍の活性化チロシンキナーゼ変異体分解誘導機構と治療応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 難治性B細胞腫瘍の新たな分子標的COTとその臨床的バイオマーカーとしての有用性

    文部科学省/日本学術振興会

  • 細胞内浸透抗体-CpG-ODN複合体を用いた難治性B細胞リンパ腫治療の可能性

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takase H, Arai A, Iwasaki Y, Imai A, Nagao T, Kawagishi M, Ishida T, Mochizuki M. Challenges in the diagnosis and management of vitreoretinal lymphoma - Clinical and basic approaches. Progress in retinal and eye research. 2022.02; 101053. ( PubMed, DOI )

  2. Izumi Y, Kanayama M, Shen Z, Kai M, Kawamura S, Akiyama M, Yamamoto M, Nagao T, Okada K, Kawamata N, Toyota S, Ohteki T. An Antibody-Drug Conjugate That Selectively Targets Human Monocyte Progenitors for Anti-Cancer Therapy. Frontiers in immunology. 2021.02; 12 618081. ( PubMed, DOI )

  3. Maryam Aftabizadeh, Yi-Jia Li, Qianqian Zhao, Chunyan Zhang, Nigus Ambaye, Jieun Song, Toshikage Nagao, Christoph Lahtz, Marwan Fakih, David K Ann, Hua Yu, Andreas Herrmann. Potent antitumor effects of cell-penetrating peptides targeting STAT3 axis. JCI Insight. 2021.01; 6 (2): ( PubMed, DOI )

  4. Masahide Yamamoto, Keisuke Tanaka, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Shigeo Toyota, Osamu Miura. Soluble Interleukin-2 Receptor Level at Diagnosis Predicts Prognosis of Patients With Follicular Lymphoma Irrespective of Initial Management Strategy. Anticancer Res.. 2019.09; 39 (9): 5115-5122. ( PubMed, DOI )

  5. Herrmann A, Nagao T, Zhang C, Lahtz C, Li YJ, Yue C, Mülfarth R, Yu H. An effective cell-penetrating antibody delivery platform. JCI insight. 2019.07; 4 (14): ( PubMed, DOI )

  6. Shinya Ishida, Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa, Keigo Okada, Ayako Nogami, Gaku Oshikawa, Toshikage Nagao, Osamu Miura. Mechanisms for mTORC1 activation and synergistic induction of apoptosis by ruxolitinib and BH3 mimetics or autophagy inhibitors in JAK2-V617F-expressing leukemic cells including newly established PVTL-2. Oncotarget. 2018.06; 9 (42): 26834-26851. ( PubMed, DOI )

  7. Andreas Herrmann, Christoph Lahtz, Toshikage Nagao, Joo Y Song, Wing C Chan, Heehyoung Lee, Chanyu Yue, Thomas Look, Ronja Mülfarth, Wenzhao Li, Kurt Jenkins, John Williams, Lihua E Budde, Stephen Forman, Larry Kwak, Thomas Blankenstein, Hua Yu. CTLA4 Promotes Tyk2-STAT3-Dependent B-cell Oncogenicity. Cancer Res.. 2017.09; 77 (18): 5118-5128. ( PubMed, DOI )

  8. Tanaka K, Oshikawa G, Akiyama H, Ishida S, Nagao T, Yamamoto M, Miura O. Acute myeloid leukemia with t(3;21)(q26.2;q22) developing following low-dose methotrexate therapy for rheumatoid arthritis and expressing two AML1/MDS1/EVI1 fusion proteins: A case report. Oncology letters. 2017.07; 14 (1): 97-102. ( PubMed, DOI )

  9. Yoshihiro Umezawa, Tetsuya Kurosu, Hiroki Akiyama, Nang Wu, Ayako Nogami, Toshikage Nagao, Osamu Miusa. Down regulation of Chk1 by p53 plays a role in synergistic induction of apoptosis by chemotherapeutics and inhibitors for Jak2 or BCR/ABL in hematopoietic cells. Oncotarget. 2016.06; ( PubMed )

  10. Wakaba Yamaguchi, Naofumi Yui, Toshikage Nagao, Gaku Oshikawa, Mariko Negi, Soichiro Iimori, Tomokazu Okado, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Bence-Jones Protein λ-type Multiple Myeloma Patient Withdrawn from Maintenance Hemodialysis after Long-term Bortezomib and Dexamethasone Therapy. Intern. Med.. 2016; 55 (3): 263-268. ( PubMed, DOI )

  11. T Nagao, G Oshikawa, S Ishida, H Akiyama, Y Umezawa, A Nogami, T Kurosu, O Miura. A novel MYD88 mutation, L265RPP, in Waldenström macroglobulinemia activates the NF-κB pathway to upregulate Bcl-xL expression and enhances cell survival. Blood Cancer J. 2015.05; 5 e314. ( PubMed, DOI )

  12. Ayako Nogami, Gaku Oshikawa, Keigo Okada, Shusaku Fukutake, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Tetsuya Kurosu, Osamu Miura. FLT3-ITD confers resistance to the PI3K/Akt pathway inhibitors by protecting the mTOR/4EBP1/Mcl-1 pathway through STAT5 activation in acute myeloid leukemia. Oncotarget. 2015.04; 6 (11): 9189-9205. ( PubMed, DOI )

  13. Toshikage Nagao, Tetsuya Kurosu, Yoshihiro Umezawa, Ayako Nogami, Gaku Oshikawa, Shuji Tohda, Masahide Yamamoto, Osamu Miura. Proliferation and survival signaling from both Jak2-V617F and Lyn involving GSK3 and mTOR/p70S6K/4EBP1 in PVTL-1 cell line newly established from acute myeloid leukemia transformed from polycythemia vera. PLoS ONE. 2014; 9 (1): e84746. ( PubMed, DOI )

  14. Nan Wu, Tetsuya Kurosu, Gaku Oshikawa, Toshikage Nagao, Osamu Miura. PECAM-1 is involved in BCR/ABL signaling and may downregulate imatinib-induced apoptosis of Philadelphia chromosome-positive leukemia cells. Int. J. Oncol.. 2013.02; 42 (2): 419-428. ( PubMed, DOI )

  15. Tetsuya Kurosu, Toshikage Nagao, Nan Wu, Gaku Oshikawa, Osamu Miura. Inhibition of the PI3K/Akt/GSK3 pathway downstream of BCR/ABL, Jak2-V617F, or FLT3-ITD downregulates DNA damage-induced Chk1 activation as well as G2/M arrest and prominently enhances induction of apoptosis. PLoS ONE. 2013; 8 (11): e79478. ( PubMed, DOI )

  16. Gaku Oshikawa, Toshikage Nagao, Nan Wu, Tetsuya Kurosu, Osamu Miura. c-Cbl and Cbl-b ligases mediate 17-allylaminodemethoxygeldanamycin-induced degradation of autophosphorylated Flt3 kinase with internal tandem duplication through the ubiquitin proteasome pathway. J. Biol. Chem.. 2011.09; 286 (35): 30263-30273. ( PubMed, DOI )

  17. Toshikage Nagao, Gaku Oshikawa, Nan Wu, Tetsuya Kurosu, Osamu Miura. DNA damage stress and inhibition of Jak2-V617F cause its degradation and synergistically induce apoptosis through activation of GSK3β. PLoS ONE. 2011; 6 (11): e27397. ( PubMed, DOI )

  18. Takatoshi Koyama, Toshikage Nagao, Hidefumi Tsunozaki, Morio Arai, Osamu Miura. Successful management of massive intraperitoneal bleeding in a hemophilia A patient with inhibitor by surgical debridement of the incomplete hematoma and administration of recombinant factor VIII and activated factor VII. Pathophysiol. Haemost. Thromb.. 2006; 35 (5): 405-407. ( PubMed, DOI )

  19. 厚井 聡志, 新井 康祐, 野上 彩子, 當間 勇人, 山本 正英, 三浦 修, 長尾 俊景. 維持血液透析中の亜鉛投与で生じた銅欠乏による造血障害 臨床血液. 2020.10; 61 (10): 1487-1491. ( PubMed, DOI )

  20. 渡部 良平, 安田 峻一郎, 青山 慧, 大蔵 美幸, 渡邉 大介, 秋山 弘樹, 山下 知子, 新井 康祐, 濱村 貴史, 野口 侑真, 梅澤 佳央, 渡邉 健, 長尾 俊景, 山本 正英, 三浦 修, 山内 高弘, 川又 紀彦. 国際標準法(IS)によるBCR-ABL mRNA測定が不能だった慢性骨髄性白血病の分子生物学的解析 臨床血液. 2019.05; 60 (5): 524. ( 医中誌 )

  21. 長尾俊景、三浦 修. Jak2-V617F と Lyn からの GSK3 および mTOR 経路を介した生存と増殖のシグナル 伝達機構の新規樹立 Jak2-V617F 陽性 AML 細胞株 PVTL-1 における解析 BioMedサーカス. 2014.02;

  22. Toshikage Nagao, Koh Yamamoto, Asako Kitano, Minako Jinta, Takatoshi Koyama, Osamu Miura. [Acquired hemophilia developing after treatment of idiopathic interstitial pneumonia]. Rinsho Ketsueki. 2005.10; 46 (10): 1156-1159. ( PubMed )

  23. Asako Kitano, Koh Yamamoto, Toshikage Nagao, Minako Yoshida, Tetsuya Kurosu, Ayako Arai, Tohru Miki, Naomi Murakami, Osamu Miura. [Successful treatment with drainage of hematoma and chemotherapy in a case of Burkitt leukemia presenting with subdural hematoma]. Rinsho Ketsueki. 2005.04; 46 (4): 278-280. ( PubMed )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Naoto Takahashi, Itaru Matsumura, Yosuke Minami, Takaaki Ono, Tomoko Hata, Shigeki Ohtake, Yoshiko Atsuta, Mio Kurata, Katsumichi Fujimaki, Toshikage Nagao, Chiaki Nakaseko, Noriyoshi Iriyama, Toshihiro Miyamoto, Norio Asou, Hitoshi Kiyoi, Yasushi Miyazaki. Treatment-Free Remission in patients with Chronic Myeloid Leukemia in Chronic Phase following frontline Nilotinib: results from JALSG N-STOP216. EHA 2021 congress virtual 2021.06.09 2021.06.09

  2. Ayako Nogami, Watanabe Daisuke, Keigo Okada, Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Shuji Tohdaand Osamu Miura. FLT3-ITD Enhances Proliferation and Survival of AML Cells through Activation of RSK1 to Upregulate the mTORC1/eIF4F Pathway Cooperatively with PIM or PI3K and to Inhibit Bad and Bim. 60th ASH Annual Meeting and Exposition 2019.12.01 FL, Orange County Convention Center

  3. Tomoko Yamashita, Hiroki Tsutsumi, Kota Yoshifuji, Tatsuya Saito, Yoshihiro Umezawa, Ayako Nogami, Ken Watanabe, Toshikage Nagao, Chizduko Sakashita, Masahide Yamamoto, Ayako Arai, Norihiko Kawamata, Osamu Miura, Tetsuya Fukuda. Chronic Lymphocytic Leukemia/Small Lymphocytic Lymphoma with 11q Deletion. 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.22

  4. Ayako Nogami, Gaku Oshikawa, Shinya Ishida, Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Tetsuya Kurosu, Osamu Miura. FLT3-ITD confers resistance to PI3K/Akt inhibitors by protecting mTOR/eIF4F/Mcl-1 pathway via STAT5. 第76回日本血液学会学術集会 2014.10.31 Osaka

  5. 吉藤康太, 本村鷹多朗, 野上彩子, 岡田啓五, 森毅彦, 長尾俊景. ABC-DLBCLの腫瘍形成におけるTPL2/p105/STAT3経路の関与. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09.24

  6. 野上彩子、岡田啓五、本村鷹多朗、吉藤康太、東田修二、長尾俊景. USP14の阻害は、ITD陽性AMLにおいてNrf-2の増加を介してアポトーシスを誘導する. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09.23 仙台

  7. 高橋 直人, 松村 到, 南 陽介, 小野 孝明, 波多 智子, 大竹 茂樹, 熱田 由子, 倉田 美穂, 藤巻 克通, 長尾 俊景, 中世古 知昭, 入山 規良, 宮本 敏浩, 麻生 範雄, 清井 仁, 宮崎 泰司. Treatment-free remission in patients with CML-CP following frontline nilotinib: JALSG N-STOP 216. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09.23

  8. 井浦 亜有子, 坂東 夏菜, 長尾 俊景, 角田 龍太, 加納 嘉人, 池田 貞勝, 野上 彩子, 田中 陽典, 森 毅彦. 胸腰椎圧迫骨折、高カルシウム血症を契機に診断されたパラガングリオーマの1例. 日本内科学会関東地方会 2021.09.01

  9. 高畑 篤,田中 圭祐,梅澤 佳央,長尾 俊景,豊田 茂雄,山本 正英. 初発未治療濾胞性リンパ腫へのリツキシマブ/オビヌツズマブ併用ベンダムスチン療法に関する後方視的検討. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09

  10. 長尾 俊景, 野上 彩子, 梅澤 佳央, 岡田 啓五. COTキナーゼは活性化B細胞様びまん性大細胞型B細胞リンパ腫細胞の生存と増殖を制御する. 第82回日本血液学会学術集会 2020.10.10

  11. 長尾俊景, 青山慧, 野上彩子, 梅澤佳央, 山本正英, 川又紀彦, 三浦修. 新規樹立トリプルネガティブ本態性血小板血症由来細胞株TNET-1. 第81回日本血液学会学術集会 2019.10.11 東京

  12. 長尾俊景, 野上彩子, 梅澤佳央, 渡邉健, 三浦修. 新規樹立活性化B細胞様びまん性大細胞型B細胞リンパ腫細胞株TMD12. 第81回日本血液学会学術集会 2019.10.11 東京

  13. 馬場 洋行, 木村 直樹, 溝口 史高, 金兼 弘和, 長尾 俊景, 名島 悠峰, 今井 陽一, 佐藤 元彦, 上阪 等, 森尾 友宏, 小池 竜司. サルコイドーシス様の多臓器病変の治療中に、免疫不全症、肺胞蛋白症、骨髄異形成症候群を発症したGATA2異常症の一例. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2019.10.01

  14. 藤原 熙基, 野口 侑真, 長尾 俊景, 髙橋 幸伸, 新井 康祐, 濱村 貴史, 山下 知子, 野上 彩子, 梅澤 佳央, 渡邉 健, 坂下千瑞子, 山本 正英, 新井 文子, 川又 紀彦 , 東田 修二, 三浦 修. シタラビン・プレドニゾロン併用療法が奏功した多臓器型Langerhans細胞組織球症. 第 10 回日本血液学会関東甲信越地方会 2019.03.23 東京

  15. 厚井 聡志,新井 康祐,長尾 俊景,野上 彩子,當間 勇人,頼 建光,三浦 修 . 亜鉛欠乏に伴う銅欠乏症が原因となった汎血球減少症. 厚井 聡志 1),新井 康祐 1),長尾 俊景 1),野上 彩子 1),當間 勇人 2),頼 建光 2),三浦 修 2019.03.02 東京

  16. 佐藤 詳,齊藤達也,堤 大樹,青山 慧,渡邉 健,長尾俊景,山本正英,福田哲也,川又紀彦,三浦 修. 骨髄異形成症候群に伴った難治性の口腔潰瘍にアザシチジンが奏功した1例. 第640回日本内科学会関東地方会 2018.03.10 東京

  17. 青山 慧,堤 大樹,齊藤 達也,山本 正英,渡邉 健,長尾 俊景,福田 哲也,川又 紀彦,三浦 修. FLU/BU4/TBIを用いた前処置による骨髄系腫瘍に対する同種移植成績. 第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.02.02 札幌

  18. Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa, Keigo Okada, Shinya Ishida, Ayako Nogami, Toshikage Nagao, Osamu Miura. Deubiquitinase inhibitor WP1130 blocks JAK2-V617F to induce apoptosis in leukemic cells. 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.21 東京

  19. Shinya Ishida, Gaku Oshikawa, Toshikage Nagao, Keigo Okada, Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa, Ayako Nogami, and Osamu Miura. Autophagy and Bcl-2 family members protect JAK2-V617F-expressing leukemic cells from ruxolitinib. 第79回日本血液学会学術集会 2017.10.20

  20. 押川 学, 石田信也, 長尾俊景, 岡田啓五, 秋山弘樹, 梅澤佳央, 野上彩子, 三浦 修. 新規MYD88変異L265RPPによるNF-κBの活性化を介したBcl-xL発現誘導と細胞生存促進. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.18 金沢

  21. Ishida S, Oshikawa G, Nogao T, Okada K, Akiyama H, Umezawa Y, NOgami A, Miura O . Mechanisms of resistance to TKIs in novel JAK2-V617F-positive AML cell line, PVTL-2 and PVTL-1. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.16 金沢

  22. Ishida S, Oshikawa G, Nogao T, Okada K, Akiyama H, Umezawa Y, NOgami A, Miura O. Roles for BTK in JAK2-V617F-positive PVTL-1 cells resistant to the Jak kinase inhibitor ruxolitinib. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.16 金沢

  23. Ishida S, Akiyama H, Nagao T, Yamamoto M, Kurosu T, Fukuda T, Arai A, Miura O. Pulmonary mucormycosis after allo-SCT cured by long-term liposomal amphotericin B and lobectomy. 第76回日本血液学会学術集会 2014.10 大阪

  24. Hattori K, Yamamoto M, Oshikawa G, Nagao T, Kurosu T, Fukuda T, Arai A, Miura O. A retrospective analysis of the efficacy of interim PET/CT in diffulse large B-cell lymphoma. 第76回日本血液学会学術集会 2014.10 大阪

  25. 秋山弘樹,内田慧美,服部圭一朗,梅澤佳央,長尾俊景,山本正英,坂下千瑞子,黒須哲也,福田哲也,新井文子,村上直巳,三浦修. イリノテカンを含む放射線化学療法後に発症したCBFB-MYH11を伴う治療関連急性骨髄性白血病. 第1回日本血液学会関東甲信越地方会 2014.04

  26. 内田慧美,長尾俊景,山本正英,黒須哲也,福田哲也,新井文子,三浦修. 当科におけるPh+ALLに対する同種造血幹細胞移植成績. 第36回日本造血幹細胞移植学会総会 2014.03.08 沖縄

  27. 大谷悠祐,内田慧美,服部圭一郎,秋山弘樹,長尾俊景,山本正英,福田哲也,新井文子,三浦修. HLA1座不一致移植における低用量ATGの有効性についての後方視的検討. 第36回日本造血幹細胞移植学会総会 2014.03.08 沖縄

  28. NAGAO Toshikage, UMEZAWA Yoshihiro, NOGAMI Ayako, KUROSU Tetsuya, MIURA Osamu. Waldenstroemグロブリン血症における新規MYD88変異,L265-RPPの分子生物学的解析. 第75回日本血液学会総会 2013.10

  29. 内田彗美,大谷悠祐,岡田啓五,秋山弘樹,渡邉健,長尾俊景,山本正英,坂下千瑞子,黒須哲也,新井文子,三浦修. 心外膜への浸潤を認めたentropathy-associated T-cell lymphoma. 2013.07

  30. 秋山めぐみ,山本正英,岡田啓五,秋山弘樹,渡邉大介,長尾俊景,黒須哲也,福田哲也,新井文子,東田修二,小山高敏,村上直巳,三浦修. 多発性骨髄腫の自家移植後増悪に対するLenalidomideの有効性に関する検討. 第35回日本造血細胞移植学会総会 2013.03

  31. NAGAO Toshikage, YAMAMOTO Masahide, OSHIKAWA Gaku, NOGAMI Ayako, WU Nan, KUROSU Tetsuya, TOHDA Shuji, MIURA Osamu. 新しく確立された白血病細胞株,PV-T1においてJak2-V617FとLynを含む異常なシグナル伝達. 第74回日本血液学会総会 2012.10

  32. 岡田啓五,新井文子,秋山めぐみ,秋山弘樹,渡邉大介,長尾俊景,山本正英,黒須哲也,福田哲也,東田修二,小山高敏,村上直巳,三浦修,森尾友宏. 高IgE症候群に合併し骨髄移植後早期に再発し肺胞蛋白症を併発した急性骨髄性白血病. 第168回日本臨床血液学会例会 2012.07.28

  33. 岩崎宏俊,渡邉大介,長尾俊景,山本正英,黒須哲也,福田哲也,東田修二,小山高敏,新井文子,三浦修. アスペルギルス肺炎を発症し,抗真菌薬に加えてステロイド投与で軽快した慢性肉芽腫症. 第586回日本内科学会関東地方会 2012.03.10

  34. 石田信也,長尾俊景,山本正英,黒須哲也,福田哲也,新井文子,村上直巳,三浦修. 白血化,脾腫のみで緩徐進行性に経過し多発腫瘤病変にて脳内浸潤を来したマントル細胞リンパ腫の1例. 第167回日本臨床血液学会例会 2012.03.03

  35. 渡邉大介,石田信也,中村洋祐,長尾俊景,山本正英,黒須哲也,福田哲也,新井文子,東田修二,小山高敏,三浦修. 再発・難治性ホジキンリンパ腫に対する自家末梢血幹細胞移植前治療としてのCHASE療法の検討. 第34回日本造血細胞移植学会総会 2012.02

  36. 山本正英,長尾俊景,黒須哲也,福田哲也,新井文子,三浦修. 同種造血幹細胞移植患者のタクロリムス静脈内投与からタクロリムス水和物徐放性カプセルへの変更に関する検討. 第34回日本造血細胞移植学会総会 2012.02

  37. NAGAO Toshikage, OSHIKAWA Gaku, WU Nan, KUROSU Tetsuya, MIURA Osamu. DAN損傷ストレス下のJak2-V617Fの抑制によるその分解と相乗作用のアポトーシス. 第73回日本血液学会総会 2011.10

  38. NAGAO Toshikage, WU Nan, OSHIKAWA Gaku, SUZUKI Takayuki, KUROSU Tetsuya, MIURA Osamu. Jak2-V617FのDNA損傷による退化およびアポトーシスに関する調節分子メカニズム. 第72回日本血液学会総会 2010.09

  39. 長尾俊景,廣田理子,押川学,高橋淳吉,三浦修,新井文子. Silkworm Larvae Plasma TestのFebrile Neutropenia診療への有用性. 第70回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会 2008.10.11 京都

  40. 押川学,廣田理子,長尾俊景,大木学,垣花和彦,黒須哲也,福田哲也,新井文子,三木徹,三浦修. 脊髄の髄内腫瘍として発症したCD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL). 第554回日本内科学会関東地方会 2008.06.14

  41. 押川学,廣田理子,長尾俊景,大木学,垣花和彦,黒須哲也,福田哲也,新井文子,三木徹,東田修二,小山高敏,村上直巳,三浦修. Imatinib不耐容かつ抵抗性でdouble Phと多倍体化異常を伴い進展し死亡したp230発現慢性骨髄性白血病. 第161回日本臨床血液学会例会 2008.05.31

  42. 佐々木宏治,押川学,廣田理子,長尾俊景,垣花和彦,黒須哲也,福田哲也,新井文子,三木徹,東田修二,小山高敏,村上直巳,三浦修. 多発性骨限局性Hodgkinリンパ腫の一例. 第160回日本臨床血液学会例会 2008.02

  43. 久保田靖子,小林泰文,長尾俊景,柵木信男. 再発・難治悪性リンパ腫に対する同種造血幹細胞移植の検討. 第68回日本血液学会総会・第48回日本臨床血液学会総会 2006.10

  44. 小林泰文,柵木信男,久保田靖子,長尾俊景,出雲俊之,金子安比古. 再発びまん性大細胞リンパ腫に対する自己末梢血幹細胞移植併用超大量化学療法におけるrutuximabの意義. 第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会総会 2006.10

  45. 長尾俊景,久保田靖子,小林泰文,柵木信男,金子安比古. 重症真菌症を合併後無治療で長期間寛解を維持した急性白血病の6例. 第68回日本血液学会総会・第48回日本臨床血液学会総会 2006.10

  46. 長尾俊景,久保田靖子,小林泰文,柵木信男,金子安比古. 大腸のmultiple lymphomatous polyposisを伴った末梢性T細胞リンパ腫の一例. 第155回臨床血液学会例会 2006.03.11

  47. 押川学,水地大輔,鈴木隆之,長尾俊景,山本正英,黒須哲也,新井文子,三木徹,小山高敏,村上直巳,三浦修,東田修二,奈良信雄. Diffuse large B-cell lymphomaに対しauto-PBSCTを施行後,3カ月後に顕在化したT細胞性リンパ増殖性疾患. 第153回日本臨床血液学会例会 2005.06.11

  48. 長尾俊景,新井文子,YAN Weihua,青木麻会,山本晃,明石巧,村上直巳,三浦修. M3 microgranular variant様の形態を示しRARα遺伝子の異常を認めなかったAML2例の検討. 第152会日本臨床血液学会例会 2005.02.26

  49. 長尾俊景,新井文子,押川学,鈴木隆之,北野あさ子,黒須哲也,山本晃,東田修二,三木徹. 亜ヒ酸投与により急性前骨髄球白血病(APL)分化症候群様の胸水貯留と全身性浮腫を来したAPLの1例. 第46回日本臨床血液学会総会 2005

  50. 北野あさ子,三木徹,鈴木隆之,押川学,長尾俊景,仁多美奈子,山本正英,水地大輔,黒須哲也. Bacillus cereusによる敗血症,髄膜炎およびくも膜下出血により,急激な経過で死亡した骨髄異形成症候群. 第151会日本臨床血液学会例会 2004.10.16

  51. 長尾俊景,山本晃,北野あさ子,吉田美奈子,黒須哲也,新井文子,東田修二,三木徹,小山高敏. 特発性間質性肺炎の治療中に皮下出血が出現し,後天性第Ⅷ因子インヒビターを認めた非血友病の1例. 第150回臨床血液学会例会 2004.05.22

  52. 北野あさ子,山本晃,長尾俊景,吉田美奈子,森田百合子,黒須哲也,新井文子,東田修二,三木徹. 硬膜下血腫で発症し,穿頭血腫除去術後に化学療法により完全寛解を得たBurkitt型急性リンパ性白血病(ALL-L3)の1例. 第149回日本臨床血液学会例会 2004.02.07

  53. 吉田美奈子,山口光子,北野あさ子,長尾俊景,黒須哲也,新井文子,山本晃,東田修二,水谷修紀. 染色体11q23異常を有し,ATMタンパクの発現低下が見られたT-Propymphocytic leukemia(T-PLL)の1例. 第148回日本臨床血液学会例会 2003.10.18

  54. 長尾俊景,雨宮直子,網野猛志,石橋哲,大和田潔,袖山信幸,下川雅丈,横田隆徳,水沢英洋. 急性期に免疫グロブリン大量静注療法が著効した多発性筋炎の一例. 第486回日本内科学会関東地方会 2000.11.11

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会平成31年度科学研究費助成事業(学術研究助成金)(継続),2021年04月

    研究種目:基盤研究(C)(研究代表者:長尾俊景)
    研究課題名:難治性B細胞腫瘍の新たな分子標的COTとその臨床的バイオマーカーとしての有用性
    課題番号:19K08832

  • 日本学術振興会平成31年度科学研究費助成事業(学術研究助成金)(継続),2020年04月

    研究種目:基盤研究(C)(研究代表者:長尾俊景)
    研究課題名:難治性B細胞腫瘍の新たな分子標的COTとその臨床的バイオマーカーとしての有用性
    課題番号:19K08832

  • 日本学術振興会平成31年度科学研究費助成事業(学術研究助成金),2019年04月

    研究種目:基盤研究(C)(研究代表者:長尾俊景)
    研究課題名:難治性B細胞腫瘍の新たな分子標的COTとその臨床的バイオマーカーとしての有用性
    課題番号:19K08832

  • 2018年07月

    米国特許申請

  • 日本学術振興会平成24年度科学研究費助成事業(学術研究助成金),2012年04月

    研究種目:若手研究(B)(研究代表者:長尾俊景)
    研究課題名:抗癌剤による造血器腫瘍の活性化チロシンキナーゼ変異体分解誘導機構と治療応用
    課題番号:24790966