基本情報

写真a

長尾 俊景(ナガオ トシカゲ)

NAGAO Toshikage


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 宮崎医科大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  血液内科学  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 助教
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 助教
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    シティーオブホープ Beckman Research Institute 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本血液学会

  • 日本内科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 抗癌剤による造血器腫瘍の活性化チロシンキナーゼ変異体分解誘導機構と治療応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 難治性B細胞腫瘍の新たな分子標的COTとその臨床的バイオマーカーとしての有用性

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Masahide Yamamoto, Keisuke Tanaka, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Shigeo Toyota, Osamu Miura. Soluble Interleukin-2 Receptor Level at Diagnosis Predicts Prognosis of Patients With Follicular Lymphoma Irrespective of Initial Management Strategy. Anticancer Res.. 2019.09; 39 (9): 5115-5122. ( PubMed, DOI )

  • Herrmann A, Nagao T, Zhang C, Lahtz C, Li YJ, Yue C, Mülfarth R, Yu H. An effective cell-penetrating antibody delivery platform. JCI insight. 2019.07; 4 (14): ( PubMed, DOI )

  • 渡部 良平, 安田 峻一郎, 青山 慧, 大蔵 美幸, 渡邉 大介, 秋山 弘樹, 山下 知子, 新井 康祐, 濱村 貴史, 野口 侑真, 梅澤 佳央, 渡邉 健, 長尾 俊景, 山本 正英, 三浦 修, 山内 高弘, 川又 紀彦. 国際標準法(IS)によるBCR-ABL mRNA測定が不能だった慢性骨髄性白血病の分子生物学的解析 臨床血液. 2019.05; 60 (5): 524. ( 医中誌 )

  • Shinya Ishida, Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa, Keigo Okada, Ayako Nogami, Gaku Oshikawa, Toshikage Nagao, Osamu Miura. Mechanisms for mTORC1 activation and synergistic induction of apoptosis by ruxolitinib and BH3 mimetics or autophagy inhibitors in JAK2-V617F-expressing leukemic cells including newly established PVTL-2. Oncotarget. 2018.06; 9 (42): 26834-26851. ( PubMed, DOI )

  • Andreas Herrmann, Christoph Lahtz, Toshikage Nagao, Joo Y Song, Wing C Chan, Heehyoung Lee, Chanyu Yue, Thomas Look, Ronja Mülfarth, Wenzhao Li, Kurt Jenkins, John Williams, Lihua E Budde, Stephen Forman, Larry Kwak, Thomas Blankenstein, Hua Yu. CTLA4 Promotes Tyk2-STAT3-Dependent B-cell Oncogenicity. Cancer Res.. 2017.09; 77 (18): 5118-5128. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Ayako Nogami, Watanabe Daisuke, Keigo Okada, Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Shuji Tohdaand Osamu Miura. FLT3-ITD Enhances Proliferation and Survival of AML Cells through Activation of RSK1 to Upregulate the mTORC1/eIF4F Pathway Cooperatively with PIM or PI3K and to Inhibit Bad and Bim. 60th ASH Annual Meeting and Exposition 2019.12.01 FL, Orange County Convention Center

  • 長尾俊景, 青山慧, 野上彩子, 梅澤佳央, 山本正英, 川又紀彦, 三浦修. 新規樹立トリプルネガティブ本態性血小板血症由来細胞株TNET-1. 第81回日本血液学会学術集会 2019.10.11 東京

  • 長尾俊景, 野上彩子, 梅澤佳央, 渡邉健, 三浦修. 新規樹立活性化B細胞様びまん性大細胞型B細胞リンパ腫細胞株TMD12. 第81回日本血液学会学術集会 2019.10.11 東京

  • 藤原 熙基, 野口 侑真, 長尾 俊景, 髙橋 幸伸, 新井 康祐, 濱村 貴史, 山下 知子, 野上 彩子, 梅澤 佳央, 渡邉 健, 坂下千瑞子, 山本 正英, 新井 文子, 川又 紀彦 , 東田 修二, 三浦 修. シタラビン・プレドニゾロン併用療法が奏功した多臓器型Langerhans細胞組織球症. 第 10 回日本血液学会関東甲信越地方会 2019.03.23 東京

  • 厚井 聡志,新井 康祐,長尾 俊景,野上 彩子,當間 勇人,頼 建光,三浦 修 . 亜鉛欠乏に伴う銅欠乏症が原因となった汎血球減少症. 厚井 聡志 1),新井 康祐 1),長尾 俊景 1),野上 彩子 1),當間 勇人 2),頼 建光 2),三浦 修 2019.03.02 東京

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会平成31年度科学研究費助成事業(学術研究助成金),2019年04月

    研究種目:基盤研究(C)(研究代表者:長尾俊景)
    研究課題名:難治性B細胞腫瘍の新たな分子標的COTとその臨床的バイオマーカーとしての有用性
    課題番号:19K08832

  • 2018年07月

    米国特許申請

  • 日本学術振興会平成24年度科学研究費助成事業(学術研究助成金),2012年04月

    研究種目:若手研究(B)(研究代表者:長尾俊景)
    研究課題名:抗癌剤による造血器腫瘍の活性化チロシンキナーゼ変異体分解誘導機構と治療応用
    課題番号:24790966