基本情報

写真a

工藤 敏文(クドウ トシフミ)

KUDO Toshifumi


職名

准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1993年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床医学教育開発学 講師
  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 総合教育研修センター 講師
  • 2017年04月
    -
    2017年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 総合教育研修センター 講師
  • 2017年07月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 准教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 准教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本脈管学会

  • 日本血管外科学会

  • 日本心臓血管外科学会

  • 日本外科学会

  • 日本静脈学会

  • 日本循環器学会

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 閉塞性動脈疾患における歯周病治療の有効性について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 虚血肢における蛍光色素微小循環血流測定法の確立とアンギオサムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 動脈疾患における歯周病の関与と血小板凝集の影響について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 顎口腔領域における蛍光血管造影法を用いたナビゲーションサージャリーの確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 2次元レーザー血流測定システムを用いた低侵襲的診断・治療法の口腔外科領域への導入

    文部科学省/日本学術振興会

  • 細菌由来メンブレンヴェシクルの高感度検出法の開発と慢性炎症性血管疾患からの同定

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Katsui Sotaro, Inoue Yoshinori, Masato Nishizawa, Igari Kimihiro, Kudo Toshifumi. A novel technique of reimplantation of a radial artery that makes a hairpin turn to reduce the excessive vascular access flow in a dialysis patient JOURNAL OF VASCULAR ACCESS. 2021.07; 22 (4): 677-681. ( PubMed, DOI )

  2. Kudo Toshifumi. How Do We Evaluate Pelvic Circulation and Predict Buttock Claudication? CIRCULATION JOURNAL. 2021.04; 85 (4): 351-352. ( PubMed, DOI )

  3. Kudo Toshifumi. How Do We Evaluate Pelvic Circulation and Predict Buttock Claudication?(和訳中) Circulation Journal. 2021.03; 85 (4): 351-352. ( 医中誌 )

  4. Murase Y, Ban D, Maekawa A, Watanabe S, Ishikawa Y, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Kudo A, Kudo T, Tanaka S, Tanabe M. Successful conversion surgery of distal pancreatectomy with celiac axis resection (DP-CAR) with double arterial reconstruction using saphenous vein grafting for locally advanced pancreatic cancer: a case report. Surgical case reports. 2020.12; 6 (1): 302. ( PubMed, DOI )

  5. Igari Kimihiro, Kudo Toshifumi, Katsui Sotaro, Nishizawa Masato, Uetake Hiroyuki. The Comparison of Long-Term Results between Aortofemoral and Axillofemoral Bypass for Patients with Aortoiliac Occlusive Disease(和訳中) Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2020.12; 26 (6): 352-358. ( 医中誌 )

  6. Murase Yoshiki, Ban Daisuke, Maekawa Aya, Watanabe Shuichi, Ishikawa Yoshiya, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Kudo Toshifumi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Successful conversion surgery of distal pancreatectomy with celiac axis resection(DP-CAR) with double arterial reconstruction using saphenous vein grafting for locally advanced pancreatic cancer: a case report(和訳中) Surgical Case Reports. 2020.12; 6 1 of 8-8 of 8. ( 医中誌 )

  7. Nishizawa M, Igari K, Hirokawa M, Kurihara N, Katsui S, Kudo T, Uetake H. A Case of Total Excision of a Thrombosed-Venous Aneurysm in the Sural Vein. Annals of vascular diseases. 2020.09; 13 (3): 322-325. ( PubMed, DOI )

  8. Nishizawa Masato, Igari Kimihiro, Hirokawa Masayuki, Kurihara Nobuhisa, Katsui Sotaro, Kudo Toshifumi, Uetake Hiroyuki. 腓腹静脈内の血栓性-静脈瘤を全摘出した1例(A Case of Total Excision of a Thrombosed-Venous Aneurysm in the Sural Vein) Annals of Vascular Diseases. 2020.09; 13 (3): 322-325. ( 医中誌 )

  9. Hara Shoko, Shimizu Kazuhide, Nariai Tadashi, Kishino Mitsuhiro, Kudo Toshifumi, Umemoto Tomoyuki, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi. De Novo Renal Artery Stenosis Developed in Initially Normal Renal Arteries during the Long-Term Follow-Up of Patients with Moyamoya Disease JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2020.08; 29 (8): 104786. ( PubMed, DOI )

  10. Nishizawa M, Igari K, Katsui S, Kudo T, Uetake H. The Comparison between Axillofemoral Bypass and Endovascular Treatment for Patients with Challenging Aortoiliac Occlusive Disease as Alternative Treatment to Aortofemoral Bypass. Annals of vascular diseases. 2020.06; 13 (2): 144-150. ( PubMed, DOI )

  11. Nishizawa Masato, Igari Kimihiro, Katsui Sotaro, Kudo Toshifumi, Uetake Hiroyuki. 大動脈腸骨動脈閉塞症に対する大動脈大腿動脈バイパス術の代替療法としての腋窩-大腿動脈バイパス術と血管内治療との比較(The Comparison between Axillofemoral Bypass and Endovascular Treatment for Patients with Challenging Aortoiliac Occlusive Disease as Alternative Treatment to Aortofemoral Bypass) Annals of Vascular Diseases. 2020.06; 13 (2): 144-150. ( 医中誌 )

  12. Kishino Mitsuhiro, Nishida Kenji, Kimura Koichiro, Takahashi Marie, Nakaminato Shuichiro, Kume Hiroko, Uchiyama Hidetoshi, Kudo Toshifumi, Kawada Shuichi, Mori Kouichi, Tateishi Ukihide. Paravesical space arteriovenous malformation as a specific subgroup of pelvic vascular anomaly: a case series and review of literature JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY. 2020.05; 38 (5): 434-439. ( PubMed, DOI )

  13. Kishino Mitsuhiro, Nishida Kenji, Kimura Koichiro, Takahashi Marie, Nakaminato Shuichiro, Kume Hiroko, Uchiyama Hidetoshi, Kudo Toshifumi, Kawada Shuichi, Mori Kouichi, Tateishi Ukihide. 骨盤部血管奇形の新たな亜群としての膀胱側腔動静脈奇形 ケースシリーズと文献レビュー(Paravesical space arteriovenous malformation as a specific subgroup of pelvic vascular anomaly: a case series and review of literature) Japanese Journal of Radiology. 2020.05; 38 (5): 434-439. ( 医中誌 )

  14. Shibutani Shintaro, Obara Hideaki, Matsubara Kentaro, Toya Naoki, Isogai Naoko, Ogino Hidemitsu, Watada Susumu, Asami Atsunori, Kudo Toshifumi, Kanaoka Yuji, Fujimura Naoki, Harada Hirohisa, Uchiyama Hidetoshi, Sato Yasunori, Ohki Takao. Midterm Results of a Japanese Prospective Multicenter Registry of Heparin-Bonded Expanded Polytetrafluoroethylene Grafts for Above-the-Knee Femoropopliteal Bypass CIRCULATION JOURNAL. 2020.03; 84 (3): 501-508. ( PubMed, DOI )

  15. Kasai Shingo, Onizuka Satoru, Katagiri Sayaka, Nakamura Taiji, Hanatani Tomoya, Kudo Takahiro, Sugata Yuou, Ishimatsu Michie, Usui Michihiko, Nakashima Keisuke. Associations of cytokine levels in gingival crevicular fluid of mobile teeth with clinical improvement after initial periodontal treatment JOURNAL OF ORAL SCIENCE. 2020.03; 62 (2): 189-196. ( DOI )

  16. Shibutani Shintaro, Obara Hideaki, Matsubara Kentaro, Toya Naoki, Isogai Naoko, Ogino Hidemitsu, Watada Susumu, Asami Atsunori, Kudo Toshifumi, Kanaoka Yuji, Fujimura Naoki, Harada Hirohisa, Uchiyama Hidetoshi, Sato Yasunori, Ohki Takao. 膝上大腿膝窩動脈バイパス術におけるヘパリン結合延伸ポリテトラフルオロエチレン製人工血管に関する日本の前向き多施設共同レジストリからの中期的結果(Midterm Results of a Japanese Prospective Multicenter Registry of Heparin-Bonded Expanded Polytetrafluoroethylene Grafts for Above-the-Knee Femoropopliteal Bypass) Circulation Journal. 2020.02; 84 (3): 501-508. ( 医中誌 )

  17. Igari Kimihiro, Kudo Toshifumi, Katsui Sotaro, Nishizawa Masato, Uetake Hiroyuki. The Comparison of Long-Term Results between Aortofemoral and Axillofemoral Bypass for Patients with Aortoiliac Occlusive Disease ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY. 2020; 26 (6): 352-358. ( PubMed, DOI )

  18. Yamamoto Y., Kudo T., Toyofuku T.. Late-onset anastomotic pseudoaneurysm development 21-years after surgical treatment of arterial lesions in a patient with Behcet's disease SCANDINAVIAN JOURNAL OF RHEUMATOLOGY. 2019.09; 48 (5): 415-417. ( DOI )

  19. Kudo Toshifumi. Risk Factors for Major Amputation in the Japanese Population - How Can We Predict and Prevent Lower Limb Loss in Patients With Peripheral Arterial Disease? - CIRCULATION JOURNAL. 2019.09; 83 (9): 1840-1841. ( PubMed, DOI )

  20. Kudo Toshifumi. 日本人患者における大切断の危険因子 末梢動脈疾患患者の下肢切断の予測および予防法(Risk Factors for Major Amputation in the Japanese Population: How Can We Predict and Prevent Lower Limb Loss in Patients With Peripheral Arterial Disease?) Circulation Journal. 2019.08; 83 (9): 1840-1841. ( 医中誌 )

  21. Hara S., Kudo T., Hayashi S., Inaji M., Maehara T., Ishii K., Nariai T.. Insights into the improvement of neurocognitive dysfunction after indirect bypass surgery in adult Moyamoya disease; O-15-gas positron emission tomography study JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2019.07; 39 581-582.

  22. Kudo T. Surgical Complications after Open Abdominal Aortic Aneurysm Repair: Intestinal Ischemia, Buttock Claudication and Sexual Dysfunction. Annals of vascular diseases. 2019.06; 12 (2): 157-162. ( PubMed, DOI )

  23. Kudo Toshifumi. 直視下腹部大動脈瘤修復術の術後合併症 腸管虚血、臀筋跛行、性機能障害(Surgical Complications after Open Abdominal Aortic Aneurysm Repair: Intestinal Ischemia, Buttock Claudication and Sexual Dysfunction) Annals of Vascular Diseases. 2019.06; 12 (2): 157-162. ( 医中誌 )

  24. Yamamoto Yohei, Kudo Toshifumi, Ichinose Tsuyoshi, Nishizawa Masato, Toyofuku Takahiro. 血管内手術時代における、膝下バイパス術のためのヘパリン使用拡張型ポリテトラフルオロエチレングラフトの5年間の経験(A Five-year Experience with Heparin-bonded Expanded Polytetrafluoroethylene Graft for Below-the-knee Bypass in The Era of Endovascular Surgery) Annals of Vascular Diseases. 2019.06; 12 (2): 305. ( 医中誌 )

  25. Furuie Wakaba, Nagai Saya, Kudo Toshifumi, Inoue Yoshinori, Akaza Miho, Sasano Tetsuo, Sumi Yuki. 腹部大動脈瘤における開腹手術後の長期生存率に関する術後予後予測因子(Predictive preoperative factors of long-term survival rate after open surgery for abdominal aortic aneurysm) Journal of Medical and Dental Sciences. 2019.03; 66 (1): 13-22. ( 医中誌 )

  26. Kishino Mitsuhiro, Kume Hiroko, Uchiyama Hidetoshi, Nishida Kenji, Yamashita Wataru, Kudo Toshifumi, Saida Yukihisa, Tateishi Ukihide. 膀胱側腔動静脈奇形の特異的画像所見 骨盤部血管奇形の新たな亜群として(The Imaging Features of Paravesical Space Arteriovenous Malformation as a New Subgroup of Pelvic Vascular Anomaly: A Case Series and Literature Review) 日本医学放射線学会学術集会抄録集. 2019.02; 78回 S302. ( 医中誌 )

  27. Yamamoto Y, Inoue Y, Igari K, Toyofuku T, Kudo T, Uetake H. Assessment of the Severity of Ischaemia and the Outcomes of Revascularisation in Peripheral Arterial Disease Patients Based on the Skin Microcirculatory Response to a Thermal Load Test. EJVES short reports. 2019; 42 21-25. ( PubMed, DOI )

  28. Yamamoto Yohei, Inoue Yoshinori, Ichinose Tsuyoshi, Nishizawa Masato, Igari Kimihiro, Toyofuku Takahiro, Kudo Toshifumi. ベーチェット病患者の腹部大動脈瘤に対する血管内修復後の多発性再発性偽動脈瘤(Multiple Recurrent Pseudoaneurysms after Endovascular Repair of Abdominal Aortic Aneurysm in a Patient with Behcet's Disease) Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2018.12; 24 (6): 315-319. ( 医中誌 )

  29. Yamamoto Y, Kudo T, Ichinose T, Nishizawa M, Toyofuku T. Bilateral external iliac venous aneurysm in a long-distance runner Ann Vasc Surg. 2018.11; doi.org/10.1007/s10147-018-01393-8. ( PubMed, DOI )

  30. Kishino Mitsuhiro, Nakaminato Shuichiro, Kitazume Yoshio, Miyasaka Naoyuki, Kudo Toshifumi, Saida Yukihisa, Tateishi Ukihide. Balloon-Occluded Carbon Dioxide Gas Angiography for Internal Iliac Arteriography and Intervention CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY. 2018.07; 41 (7): 1106-1111. ( PubMed, DOI )

  31. Katsui Sotaro, Inoue Yoshinori, Yamamoto Yohei, Igari Kimihiro, Kudo Toshifumi, Uetake Hiroyuki. In Patients with Severe Peripheral Arterial Disease, Revascularization-Induced Improvement in Lower Extremity Ischemia Can Be Detected by Laser Speckle Contrast Imaging of the Fluctuation in Blood Perfusion after Local Heating ANNALS OF VASCULAR SURGERY. 2018.04; 48 67-74. ( PubMed, DOI )

  32. Yamamoto Y, Inoue Y, Ichinose T, Nishizawa M, Igari K, Toyohuku T, Kudo T. Multiple Recurrent Pseudoaneurysms after Endovascular Repair of Abdominal Aortic Aneurysm in a Patient with Behçet's Disease. Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2018.01; ( PubMed, DOI )

  33. Igari Kimihiro, Kudo Toshifumi, Toyofuku Takahiro, Iwai Takehisa, Inoue Yoshinori. Long-Term Results of Surgical Treatment of Popliteal Artery Aneurysms INTERNATIONAL SURGERY. 2018; 103 (5-6): 315-322. ( DOI )

  34. Miyazaki Hidetaka, Igari Kimihiro, Kudo Toshifumi, Iwai Toshinori, Wada Yoshitaka, Takahashi Yasuhiro, Inoue Yoshinori, Asamura Shinichi. Significance of the Lateral Thoracic Artery in Pectoralis Major Musculocutaneous Flap Reconstruction Quantitative Assessment of Blood Circulation Using Indocyanine Green Angiography ANNALS OF PLASTIC SURGERY. 2017.11; 79 (5): 498-504. ( PubMed, DOI )

  35. Nakamura Masahiro, Igari Kimihiro, Toyofuku Takahiro, Kudo Toshifumi, Inoue Yoshinori, Uetake Hiroyuki. The evaluation of contralateral foot circulation after unilateral revascularization procedures using indocyanine green angiography SCIENTIFIC REPORTS. 2017.11; 7 (1): 16171. ( PubMed, DOI )

  36. Nishizawa M., Igari K., Kudo T., Toyofuku T., Inoue Y., Uetake H.. A COMPARISON OF THE REGIONAL CIRCULATION IN THE FEET BETWEEN DIALYSIS AND NON-DIALYSIS PATIENTS USING INDOCYANINE GREEN ANGIOGRAPHY SCANDINAVIAN JOURNAL OF SURGERY. 2017.09; 106 (3): 249-254. ( DOI )

  37. Katsui Sotaro, Inoue Yoshinori, Igari Kimihiro, Toyofuku Takahiro, Kudo Toshifumi, Uetake Hiroyuki. Novel Assessment Tool Based on Laser Speckle Contrast Imaging to Diagnose Severe Ischemia in the Lower Limb for Patients With Peripheral Arterial Disease LASERS IN SURGERY AND MEDICINE. 2017.09; 49 (7): 645-651. ( PubMed, DOI )

  38. Kudo Toshifumi, Ichinose Tsuyoshi, Yamamoto Youhei, Nisizawa Masato, Igari Kimihiro, Toyofuku Takahiro, Inoue Yoshinori. 破裂した腹部大動脈瘤および腸骨動脈瘤に対する緊急ステントグラフト内挿術(Emergency endovascular repair for ruptured abdominal aortic and iliac aneurysms) Annals of Vascular Diseases. 2017.09; 10 (3): 282. ( 医中誌 )

  39. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y. The use of dielectric blood coagulometry in the evaluation of coagulability in patients with peripheral arterial disease. BMC Clin Pathol. 2017.08; 17 14. ( PubMed, DOI )

  40. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y. Endovascular Reintervention for Failing Infrainguinal Bypass Grafts. Ann Vasc Surg. 2017.08; 43 218-225. ( PubMed, DOI )

  41. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y. Endothelial dysfunction in patients with Buerger disease. Vasc Health Risk Manag. 2017.08; 13 317-323. ( PubMed, DOI )

  42. Igari Kimihiro, Kudo Toshifumi, Toyofuku Takahiro, Inoue Yoshinori. THE RELATIONSHIP BETWEEN INFLAMMATORY BIOMARKERS AND ISCHEMIC SEVERITY OF PATIENTS WITH PERIPHERAL ARTERIAL DISEASE ATHEROSCLEROSIS. 2017.08; 263 E111.

  43. Yamamoto Yohei, Igari Kimihiro, Toyofuku Takahiro, Kudo Toshifumi, Inoue Yoshinori. 二次性腸骨動脈-腸管瘻に対する緊急血管内修復術後の遅発性ステントグラフト感染に対するグラフト除去と大腿静脈を用いたin situ大動脈再建(Late Stent Graft Infection after the Emergency Endovascular Repair of a Secondary Iliac Artery-Enteric Fistula Treated with Graft Removal and In Situ Aortic Reconstruction Using Femoral Veins) Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2017.04; 23 (2): 113-117. ( 医中誌 )

  44. Yamamoto Y, Ichinose T, Nakamura M, Nishizawa M, Igari K, Toyofuku T, Kudo T, Inoue Y. Successful Complete Surgical Resection of a Large Venous Malformation of the Lower Extremity: A Case Report. Ann Vasc Dis. 2017.03; 10 (1): 59-62. ( PubMed, DOI )

  45. 工藤 敏文, Igari Kimihiro, Toyofuku Takahiro, Inoue Yoshinori. 80歳代の患者における大腿膝窩動脈病変に対する直視下動脈血行再建術と動脈内血行再建術(Open and Endovascular Arterial Reconstruction for Femoropopliteal Lesions in Octogenarian Patients) 日本循環器学会学術集会抄録集. 2017.03; 81回 ME11-4. ( 医中誌 )

  46. Yamamoto Yohei, Ichinose Tsuyoshi, Nakamura Masahiro, Nishizawa Masato, Igari Kimihiro, Toyofuku Takahiro, Kudo Toshifumi, Inoue Yoshinori. 下肢の巨大静脈奇形に対して奏効した外科的完全切除 1症例報告(Successful Complete Surgical Resection of a Large Venous Malformation of the Lower Extremity: A Case Report) Annals of Vascular Diseases. 2017.03; 10 (1): 59-62. ( 医中誌 )

  47. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y. Open Surgical Repair for Inflammatory Abdominal Aortic and Iliac Artery Aneurysms. Ann Vasc Surg. 2017.02; 39 105-110. ( PubMed, DOI )

  48. Yamamoto Y, Ichinose T, Nakamura M, Nishizawa M, Igari K, Toyofuku T, Kudo T, Inoue Y.. Successful complete surgical resection of a large venous malformation of the lower extremity: A case report. Ann Vasu Dis. 2017.01; 10 (1): 59-62.

  49. Uchiyama Hidetoshi, Inoue Yoshinori, Uchimura Isao, Nakamura Tomomasa, Kudo Toshifumi, Muneta Takeshi, Kawano Tatsuyuki. Prediction of Venous Thromboembolism after Total Knee Arthroplasty Using Dielectric Blood Coagulometry ANNALS OF VASCULAR SURGERY. 2017.01; 38 286-292. ( PubMed, DOI )

  50. Yamamoto Yohei, Igari Kimihiro, Toyofuku Takahiro, Kudo Toshifumi, Inoue Yoshinori. Late Stent Graft Infection after the Emergency Endovascular Repair of a Secondary Iliac Artery-Enteric Fistula Treated with Graft Removal and In Situ Aortic Reconstruction Using Femoral Veins ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY. 2017; 23 (2): 113-117. ( PubMed, DOI )

  51. Hayashi Yoshihito, Brun Marc-Aurele, Machida Kenzo, Lee Seungmin, Murata Aya, Omori Shinji, Uchiyama Hidetoshi, Inoue Yoshinori, Kudo Toshifumi, Toyofuku Takahiro, Nagasawa Masayuki, Uchimura Isao, Nakamura Tomomasa, Muneta Takeshi. Simultaneous assessment of blood coagulation and hematocrit levels in dielectric blood coagulometry BIORHEOLOGY. 2017; 54 (1): 25-35. ( PubMed, DOI )

  52. Yamamoto Y, Igari K, Toyofuku T, Kudo T, Inoue Y.. Late stent graft infection after the emergency endovascular repair of a secondary iliac artery-enteric fistula treated with graft removal and in situ aortic reconstruction using femoral veins. Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2016; [Epub ahead of print].

  53. Yamamoto Y, Kudo T, Igari K, Toyofuku T, Inoue Y.. Radial artery aneurysm in the anatomical snuff box: A case report and literature review. Int J Surg Case Rep. 2016; 27 44-47.

  54. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Relationship of inflammatory biomarkers with severity of peripheral arterial disease Int J Vasc Med. 2016; 6015701.

  55. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. A case of successful coil embolization for a late-onset type Ia endoleak after endovascular aneurysm repair with the chimney technique Case Rep Vasc Med. 2016; 5307416.

  56. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Endothelial dysfunction of patients with peripheral arterial disease measured by peripheral arterial tonometry Int J Vasc Med. 2016; 3805380.

  57. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. The relationship between endothelial dysfunction and endothelial cell markers in peripheral arterial disease PLoS ONE. 2016; 11 (11): e0166840.

  58. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. The outcomes of endovascular aneurysm repair with the chimney technique for juxtarenal aneurysms Ann Throac Cardiovasc Surg. 2016; 22 (3): 174-180.

  59. Zainuer A, Inoue Y, Kudo T, Toyofuku T, Igari K, Kawano T.. Usefulness of the tranfer function index for diagnosing peripheral arterial disease in patients with arterial calcification. J Med Dent Sci. 2016; 63 (1): 29-35.

  60. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. A novel approach to infrainguinal arteries with chronic total occlusions using the high frequency vibrational device Int Angiol. 2016; 35 (2): 212-216.

  61. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Bilateral Axillary Artery Aneurysms Presenting as Upper Limb Ischemia. Ann Vasc Surg. 2015.11; 29 (1659): e7-e12.

  62. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Controlled antegrade and retrograde subintimal tracking technique for endovascular treatment of the superficial femoral artery with chronic total occlusion. Ann Vasc Surg. 2015.08; 29 (1320): e7-e10.

  63. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Surgical Treatment of Cystic Adventitial Disease of the Popliteal Artery: Five Case Reports. Case Rep Vasc Med. 2015.08; 984681.

  64. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Surgical Treatment for Profunda Femoris Artery Aneurysms: Five Case Reports. Case Rep Vasc Med. 2015.04; 375278.

  65. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Jibiki M, Inoue Y.. Comparison between endovascular repair and open surgery for isolated iliac artery aneurysms. Surg Today. 2015.03; 45 290-296.

  66. Igari K, Kudo T, Uchiyama H, Toyofuku T, Inoue Y.. Progression of perianeurysmal inflammation after endovascular aneurysm repair for inflammatory abdominal aortic and bilateral common iliac artery aneurysms. Ann Vasc Surg. 2015.02; 29 (364): e1-e4.

  67. Igari K, Kudo T, Uchiyama H, Toyofuku T, Inoue Y.. Indocyanine green angiography for the diagnosis of peripheral arterial disease with isolated infrapopliteal lesions. Ann Vasc Surg.. 2014.08; (6): 1479-1484.

  68. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Jibiki M, Inoue Y.. Comparison between endovascular repair and open surgery for isolated iliac artery aneurysms. Surg Today. 2014.07;

  69. Igari K, Kudo T, Uchiyama H, Toyofuku T, Inoue Y.. Intraarterial injection of indocyanine green for evaluation of peripheral blood circulation in patients with peripheral arterial disease. Ann Vasc Surg.. 2014.07; (5): 1280-1285.

  70. Igari K, Sugano N, Kudo T, Toyofuku T, Jibiki M, Inoue Y, Iwai T.. Surgical treatment for popliteal artery entrapment syndrome. Ann Vasc Dis.. 2014.07; (1): 28-33.

  71. Igari K, Kudo T, Uchiyama H, Toyofuku T, Inoue Y.. Early experience with the endowedge technique and snorkel technique for endovascular aneurysm repair with challenging neck anatomy. Ann Vasc Dis.. 2014.07; (1): 46-51.

  72. Igari K, Kudo T, Uchiyama H, Toyofuku T, Inoue Y.. Quantitative evaluation of microvascular dysfunction in peripheral neuropathy with diabetes by indocyanine green angiography. Diabetes Res Clin Pract.. 2014.04; (1): 121-125.

  73. 工藤 敏文, 内山 大樹, 菊池 亨, 西澤 真人. Short neck AAAに対する治療戦略(EVAR vs OS、中期成績を含めて) 当科におけるshort neck AAAに対する治療戦略 EVAR vs. Open 日本血管外科学会雑誌. 2021; 30 (Suppl.): SY8-4. ( 医中誌 )

  74. 内山 大樹, 工藤 敏文, 猪狩 公宏, 西澤 真人, 葛井 総太郎, 菊池 亨. 当科でのAorfixを使用したEVARの成績 日本血管外科学会雑誌. 2021; 30 (Suppl.): O37-6. ( 医中誌 )

  75. 菊池 亨, 工藤 敏文, 内山 大樹, 葛井 総太郎, 西澤 真人, 猪狩 公宏. 医原性橈骨動静脈瘻をきたした2例 日本血管外科学会雑誌. 2021; 30 (Suppl.): O53-5. ( 医中誌 )

  76. 工藤 敏文. 【早わかり縫合・吻合のすべて】(2章)部位・組織別の縫合・吻合法 血管の手縫い縫合・吻合 臨床外科. 2020.10; 75 (11): 55-58. ( 医中誌 )

  77. 内山 大樹, 工藤 敏文, 猪狩 公宏, 西澤 真人, 葛井 総太郎, 菊池 亨. 両側水腎症・高度腎機能障害を合併したIgG4関連疾患が強く疑われる炎症性腹部大動脈瘤に対しステントグラフト内挿術を行った1例 脈管学. 2020.10; 60 (Suppl.): S178. ( 医中誌 )

  78. 加賀山 知子, 工藤 敏文, 秋田 恵一. 新しい考え方により設計された弾性ストッキングの効果の検討 静脈学. 2020.09; 31 (2): 209. ( 医中誌 )

  79. 宮崎 英隆, 猪狩 公宏, 久米川 慎治, 原田 浩之, 工藤 敏文, 河野 憲司, 朝村 真一. 歯科・口腔外科領域におけるレーザーの応用 インドシアニングリーン蛍光血管造影による皮弁血流の評価法 日本レーザー医学会誌. 2020.09; 41 (3): 229. ( 医中誌 )

  80. 秋田 恵一, 加賀山 知子, 沼沢 益行, 那波 伸敏, 工藤 敏文. 新しく開発した足首を締め付けない着圧靴下の効果についての研究 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2020.09; 20回 239. ( 医中誌 )

  81. 葛井 総太郎, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 加賀山 知子, 中島 理枝子, 工藤 敏文. 破裂性腹部大動脈瘤に対するEVAR術後に20cmの内腸骨動脈仮性瘤を認めた一例 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2020.03; 50回 P38-4. ( 医中誌 )

  82. 工藤 敏文. 【Endovascular Therapyはどこまできたか】識る EVT後の抗血栓療法をどうするか? Heart View. 2020.01; 24 (1): 52-57. ( 医中誌 )

  83. 猪狩 公宏, 工藤 敏文. 【下肢閉塞性動脈硬化症-最新の診断と治療を知る】外科的治療 カレントテラピー. 2020.01; 38 (1): 37-42. ( 医中誌 )

  84. 大木 隆生, 東 信良, 鬼塚 誠二, 尾原 秀明, 工藤 敏文, 駒井 宏好, 重松 邦広, 田中 克典, 前田 剛志, 宮田 哲郎, 古森 公浩, 日本血管外科学会ガイドライン委員会. ガイドライン解説 ヨーロッパ血管外科学会・腸間膜動静脈疾患ガイドライン要旨日本語訳版 日本血管外科学会雑誌. 2020; 29 (5): 303-318. ( 医中誌 )

  85. 工藤 敏文. 【静脈疾患に対する手術手技】下大静脈 血管外科. 2019.11; 38 (1): 9-14. ( 医中誌 )

  86. 山本 洋平, 工藤 敏文, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 豊福 崇浩, 田邉 稔. 経過観察中に増大し手術を施行した門脈瘤の1例 血管外科. 2019.11; 38 (1): 40-44. ( 医中誌 )

  87. 山本 洋平, 工藤 敏文, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 豊福 崇浩. 腹部大動脈瘤術後21年目に吻合部動脈瘤を発症したBehcet病の1例 血管外科. 2019.11; 38 (1): 140-141. ( 医中誌 )

  88. 西澤 真人, 葛井 総太郎, 猪狩 公宏, 工藤 敏文. EVAR後の瘤径拡大に対し開腹瘤切開縫縮術を施行した4症例 脈管学. 2019.10; 59 (Suppl.): S179-S180. ( 医中誌 )

  89. 加賀山 知子, 工藤 敏文. 【動脈硬化診療のすべて】(III章)動脈硬化の診断 機能検査 ABIとPWV 日本医師会雑誌. 2019.10; 148 (特別2): S167-S169. ( 医中誌 )

  90. 葛井 総太郎, 内山 英俊, 大貫 雅裕, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 工藤 敏文. 単一施設における浅大腿動脈と下腿動脈のCROSSERデバイスの治療経験 脈管学. 2019.10; 59 (Suppl.): S185. ( 医中誌 )

  91. 伴 大輔, 八木 宏平, 村瀬 芳樹, 前川 彩, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 工藤 敏文, 田中 真二, 田邉 稔. 他科との合同手術 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する血行遮断と治療戦略 日本臨床外科学会雑誌. 2019.10; 80 (増刊): 437. ( 医中誌 )

  92. 工藤 敏文. 【循環器症候群(第3版)-その他の循環器疾患を含めて-】末梢動脈・静脈疾患 膝窩動脈捕捉症候群 日本臨床. 2019.10; 別冊 (循環器症候群II): 477-482. ( 医中誌 )

  93. 工藤 敏文, 葛井 総太郎, 西澤 真人, 猪狩 公宏. 破裂性大動脈瘤に対する治療戦略 当科における破裂性腹部大動脈瘤に対する治療戦略 脈管学. 2019.10; 59 (Suppl.): S134. ( 医中誌 )

  94. 猪狩 公宏, 工藤 敏文, 葛井 総太郎, 西澤 真人, 山之内 大. 脈管学の基礎研究 腹部大動脈瘤に対する薬物治療効果における基礎実験的検討 脈管学. 2019.10; 59 (Suppl.): S120-S121. ( 医中誌 )

  95. 加賀山 知子, 井上 芳徳, 工藤 敏文. 人工血管バスキュラーアクセス(VA)における狭窄の発生部位の検討 静脈学. 2019.06; 30 (2): 203. ( 医中誌 )

  96. 金子 香澄, 戸出 真宏, 木島 敏樹, 横山 みなと, 田邉 健児, 福田 悠一, 福田 翔平, 早稲田 悠馬, 安田 庸輔, 森山 真吾, 上原 翔, 吉田 宗一郎, 石岡 淳一郎, 松岡 陽, 斎藤 一隆, 藤井 靖久, 木原 和徳, 吉井 俊貴, 中島 康晃, 伴 大輔, 石橋 洋則, 工藤 敏文, 藤原 立樹. 精巣癌集学的治療後、残存リンパ節病変の胸椎浸潤に対して、椎体全摘除を含む残存腫瘍摘除を施行した一例 泌尿器外科. 2019.02; 32 (2): 203. ( 医中誌 )

  97. 工藤 敏文. 腹部大動脈瘤手術後の合併症 腸管虚血、臀筋跛行、性機能障害 日本血管外科学会雑誌. 2019.02; 28 (1): 99-103. ( 医中誌 )

  98. 島村 季央, 中島 里枝子, 川良 徳弘, 工藤 敏文. 末梢動脈疾患患者における喫煙・運動習慣の実態 日本臨床運動療法学会雑誌. 2019; 20 (2): 43-46. ( 医中誌 )

  99. 山本洋平、工藤敏文、市野瀬剛、西澤真人、豊福崇浩. 急性動脈閉塞(ALI) 背景疾患とそのコントロール 血管外科. 2018.11; 37 (1): 14-15.

  100. 山本 洋平, 工藤 敏文, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 豊福 崇浩. 【急性動脈閉塞(ALI)】背景疾患とそのコントロール 血管外科. 2018.11; 37 (1): 14-15. ( 医中誌 )

  101. 山本 洋平, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 工藤 敏文. 外腸骨静脈に発生したvenous aneurysmの1例 血管外科. 2018.11; 37 (1): 153. ( 医中誌 )

  102. 市野瀬 剛, 工藤 敏文, 山本 洋平, 西澤 真人, 豊福 崇浩. 発症後48時間経過した上腸間膜動脈血栓塞栓症の1例 血管外科. 2018.11; 37 (1): 36-42. ( 医中誌 )

  103. 山本 洋平, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 豊福 崇浩, 工藤 敏文. 経過観察中に増大し手術を施行した門脈瘤の1例 血管外科. 2018.11; 37 (1): 180. ( 医中誌 )

  104. 加賀山 知子, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. オシロメトリック法によるTBI測定の限界値の検討 脈管学. 2018.09; 58 (Suppl.): S164. ( 医中誌 )

  105. 中島 里枝子, 布施 翔大, 工藤 敏文. 末梢動脈疾患における運動療法の現状 日本臨床運動療法学会学術集会プログラム・抄録集. 2018.09; 37回 48. ( 医中誌 )

  106. 島村 季央, 中島 里枝子, 川良 徳弘, 工藤 敏文. 外来通院中の末梢動脈疾患患者の現状 日本臨床運動療法学会学術集会プログラム・抄録集. 2018.09; 37回 50. ( 医中誌 )

  107. 葛井 総太郎, 山本 洋平, 内山 英俊, 大貫 雅裕, 平山 大貴, 平岡 大輔, 真鍋 晋, 廣岡 一信, 齋藤 奈津美, 閨谷 直子, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. 重症化予防のための下肢血流評価 接触型プローブを有するレーザー血流計BFD Clinical-Labを用いたより簡略化された新たな重症下肢虚血の評価法 日本下肢救済・足病学会誌. 2018.07; 10 (2): 131. ( 医中誌 )

  108. 市野瀬 剛, 山本 洋平, 西澤 真人, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. 人工血管縫縮による、高流量内シャント予防の試み 日本血管外科学会雑誌. 2018.06; 27 (Suppl.): P35-2. ( 医中誌 )

  109. 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 山本 洋平, 市野瀬 剛, 西澤 真人. 浅大腿動脈病変に対する治療戦略とエビデンス 当科での浅大腿動脈病変治療経験 日本血管外科学会雑誌. 2018.06; 27 (Suppl.): S4-1. ( 医中誌 )

  110. 渋谷 慎太郎, 尾原 秀明, 松原 健太郎, 荻野 秀光, 磯貝 尚子, 大木 隆生, 金岡 祐司, 戸谷 直樹, 和多田 晋, 朝見 淳規, 工藤 敏文. 浅大腿動脈病変に対する治療戦略とエビデンス FPバイパスを再考する 多施設前向きregistryの報告 日本血管外科学会雑誌. 2018.06; 27 (Suppl.): S4 keynote. ( 医中誌 )

  111. 葛井 総太郎, 山本 洋平, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 猪狩 公博, 内山 英俊, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳, 大貫 雅裕. 接触型のプローブを有するレーザー血流計BFD Clinical-Labを用いた新たな重症下肢虚血肢の評価法 日本血管外科学会雑誌. 2018.06; 27 (Suppl.): PR1-5. ( 医中誌 )

  112. 山本 洋平, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 豊福 崇浩, 工藤 敏文. 外腸骨静脈に発生した静脈性血管瘤の1例 日本血管外科学会雑誌. 2018.06; 27 (Suppl.): P34-9. ( 医中誌 )

  113. 菅野 範英, 米倉 孝治, 中村 政宏, 工藤 敏文. 内側経路からの膝窩動脈瘤切除 日本血管外科学会雑誌. 2018.06; 27 (Suppl.): P12-2. ( 医中誌 )

  114. 工藤敏文、井上芳徳. 下大静脈再建 日本外科学会雑誌. 2018.05; 119 (3): 315-317.

  115. 加賀山 知子, 広川 雅之, 栗原 伸久, 工藤 敏文. 下肢静脈瘤エコー検査の検査意義 他疾患との鑑別 静脈学. 2018.05; 29 (2): 289. ( 医中誌 )

  116. 工藤 敏文, 井上 芳徳. 手術のtips and pitfalls 下大静脈再建手術 日本外科学会雑誌. 2018.05; 119 (3): 315-317. ( 医中誌 )

  117. 市野瀬 剛, 山本 洋平, 中村 政宏, 西澤 真人, 米倉 考治, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 菅野 範英. 高流量内シャントに対する流量減量手術について 静脈学. 2018.05; 29 (2): 263. ( 医中誌 )

  118. 宮井 美恵子, 増山 里枝子, 工藤 敏文, 広川 雅之. さまざまな血管診療に超音波検査を活かす 下肢静脈エコーなのに神経を見る? 小伏在静脈瘤術後の神経障害を防ぐには 超音波医学. 2018.04; 45 (Suppl.): S514. ( 医中誌 )

  119. 市野瀬 剛, 山本 洋平, 西澤 真人, 豊福 崇浩, 工藤 敏文. EVAR後type 2 endoleakによるAAA拡大に対し、開腹手術を行った4例 日本腹部救急医学会雑誌. 2018.02; 38 (2): 386. ( 医中誌 )

  120. 猪狩公宏. マゴットセラピー 血管外科. 2017.11; 36 (1): 102-103.

  121. 山本洋平、工藤敏文、市野瀬剛、猪狩公宏、西澤真人、豊福崇浩、井上芳徳. Blue toe症候群と臀部皮膚壊死を発症したshaggy aortaの1例. 血管外科. 2017.11; 36 (1): 48-52.

  122. 山本 洋平, 工藤 敏文, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 井上 芳徳. Blue toe症候群と臀部皮膚壊死を発症したshaggy aortaの1例 血管外科. 2017.11; 36 (1): 48-52. ( 医中誌 )

  123. 市野瀬 剛, 山本 洋平, 中村 政宏, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. 発症後48時間経過した急性上腸間膜動脈塞栓症の1例 血管外科. 2017.11; 36 (1): 138. ( 医中誌 )

  124. 西澤 真人, 栗原 伸久, 山本 洋平, 市野瀬 剛, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 広川 雅之. ここを工夫した私の手術手技(血管)[下肢静脈瘤手術] 結紮術後の再発症例に対するレーザー治療の工夫 日本臨床外科学会雑誌. 2017.10; 78 (増刊): 452. ( 医中誌 )

  125. 田端 光, 中島 里枝子, 川良 徳弘, 濱 智子, 井上 芳徳, 工藤 敏文. 末梢動脈疾患に対する血行再建術後の血管超音波検査指標の有用性 脈管学. 2017.10; 57 (Suppl.): S259-S260. ( 医中誌 )

  126. 島村 季央, 中島 里枝子, 川良 徳弘, 濱 智子, 布施 翔大, 井上 芳徳, 工藤 敏文. 末梢動脈疾患(PAD)患者における運動習慣に関しての促進要因・阻害要因について 脈管学. 2017.10; 57 (Suppl.): S172. ( 医中誌 )

  127. 加茂 沢子, 山本 洋平, 市之瀬 剛, 西澤 真人, 豊福 崇浩, 工藤 敏文. 外傷を契機として発症した上腕動脈瘤の一例 脈管学. 2017.10; 57 (Suppl.): S207-S208. ( 医中誌 )

  128. 加賀山 知子, 井上 芳徳, 工藤 敏文. 下肢静脈エコー検査にて発見された下腿筋転移性腫瘍の1症例 脈管学. 2017.10; 57 (Suppl.): S233. ( 医中誌 )

  129. 山本 洋平, 葛井 総太郎, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 工藤 敏文. 温度負荷に対する局所皮膚血流変化を用いた重症虚血肢の下肢血流評価 脈管学. 2017.10; 57 (Suppl.): S163. ( 医中誌 )

  130. 布施 翔大, 中島 里枝子, 川良 徳弘, 濱 智子, 島村 季央, 田端 光, 井上 芳徳, 工藤 敏文. 非監督下運動療法を行っている末梢動脈疾患患者の現状について 脈管学. 2017.10; 57 (Suppl.): S260. ( 医中誌 )

  131. 佐藤 彩美, 川端 茂徳, 瀬島 啓史, 倉島 直樹, 工藤 敏文. 腹部大動脈瘤切除術において経頭蓋刺激脊髄誘発電位によるモニタリングが有用であった1例 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 420. ( 医中誌 )

  132. 宇賀 美杉, 西澤 真人, 山本 洋平, 市野瀬 剛, 豊福 崇浩, 工藤 敏文. 破裂性腹部大動脈瘤に対するEVAR術後のType 2エンドリークにて、外科的治療を要した1例 脈管学. 2017.10; 57 (Suppl.): S217. ( 医中誌 )

  133. 工藤 敏文, 北畑 富貴子, 岡田 英理子, 井津井 康浩, 高橋 誠, 田中 雄二郎, 高田 和生. 外科共通クリニカルクラークシップ導入の試み(第2報) 医学教育. 2017.08; 48 (Suppl.): 91. ( 医中誌 )

  134. 井津井 康浩, 北畑 富貴子, 岡田 英理子, 工藤 敏文, 高橋 誠, 田中 雄二郎. 学習環境評価表(PHEEM)が明らかにした本学臨床研修プログラムの特長と課題 医学教育. 2017.08; 48 (Suppl.): 112. ( 医中誌 )

  135. 工藤 敏文, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 井上 芳徳, 西澤 真人, 市野瀬 剛, 山本 洋平, 中村 政宏. 当科における傍腎動脈腹部大動脈瘤に対する治療戦略 EVAR vs. Open 日本血管外科学会雑誌. 2017.06; 26 (Suppl.): P21-4. ( 医中誌 )

  136. 豊福 崇浩, 井上 芳徳, 山本 洋平, 中村 政宏, 市野瀬 剛, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 工藤 敏文. 当院における腹部大動脈瘤破裂に対する治療成績 日本血管外科学会雑誌. 2017.06; 26 (Suppl.): P8-7. ( 医中誌 )

  137. 西澤 真人, 市野瀬 剛, 山本 洋平, 中村 政宏, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. 当科における炎症性腹部大動脈瘤に対する手術成績 日本血管外科学会雑誌. 2017.06; 26 (Suppl.): PR10-4. ( 医中誌 )

  138. 山本 洋平, 市野瀬 剛, 中村 政宏, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術後に多発仮性動脈瘤を発症したベーチェット病の1例 日本血管外科学会雑誌. 2017.06; 26 (Suppl.): P22-7. ( 医中誌 )

  139. 市野瀬 剛, 菅野 範英, 山本 洋平, 中村 政宏, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. 高流量内シャントと内シャント関連末梢虚血に対する治療戦略 日本血管外科学会雑誌. 2017.06; 26 (Suppl.): S2-4. ( 医中誌 )

  140. 市野瀬 剛, 山本 洋平, 西澤 真人, 猪狩 公宏, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. 人工血管の形成によりシャント流量抑制に成功した、上肢PAD合併患者の上肢人工血管内シャント造設の一例 静脈学. 2017.05; 28 (2): 198. ( 医中誌 )

  141. 中村 政宏, 猪狩 公宏, 市野瀬 剛, 山本 洋平, 西澤 真人, 豊福 崇浩, 工藤 敏文, 井上 芳徳. インドシアニングリーン蛍光血管造影による、下肢血行再建術後の対側肢血流変化に関する検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-144. ( 医中誌 )

  142. 伴 大輔, 大井 啓司, 工藤 敏文, 齋藤 一隆, 巌 康仁, 松村 聡, 光法 雄介, 小野 宏晃, 落合 高徳, 工藤 篤, 水野 友裕, 田中 真二, 藤井 靖久, 井上 芳徳, 荒井 裕国, 田邉 稔. 他科とのコラボレーション手術の実際 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する多領域外科の協力による総合戦略 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 WS-16. ( 医中誌 )

  143. 岸野 充浩, 久米 博子, 内山 英俊, 山下 航, 西田 健二, 森 耕一, 井上 芳徳, 工藤 敏文, 猪狩 公宏, 福田 穂積, 戸邉 公子, 小笠原 豪, 衣袋 健司. 膀胱側腔動静脈奇形の画像下治療および解剖学的特徴の検討 IVR: Interventional Radiology. 2017.04; 32 (Suppl.): 238. ( 医中誌 )

  144. 猪狩公宏、工藤敏文、加賀山知子、宮井美恵子、中島里枝子、井上芳徳. 経カテーテル血栓溶解療法が有効であった急性期深部静脈血栓症の1例. 脈管学. 2017.02; 57 (2): 9-13.

  145. 猪狩 公宏, 工藤 敏文, 加賀山 知子, 宮井 美恵子, 中島 里枝子, 井上 芳徳. 経カテーテル血栓溶解療法が有効であった急性期深部静脈血栓症の1例 脈管学. 2017.02; 57 (2): 9-13. ( 医中誌 )

  146. 中村政宏、猪狩公宏、豊福崇浩、工藤敏文、井上芳徳.. 透析アクセス関連盗血症候群に対するdistal revascularization-interval ligation (DRIL)後の治療効果判定にインドシアニングリーン血管撮影検査を行った1例 日本血管外科学会雑誌. 2016; 25 37-41.

  147. 中村政宏、工藤敏文、山本洋平、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳. 当科で行った末梢動脈疾患に対する一期的ハイブリッド手術の検討 脈管学. 2016; 56 7-12.

  148. 猪狩公宏、工藤敏文、中島里枝子、宮井美恵子、豊福崇浩、井上芳徳.. 当科における急性期深部静脈血栓症に対する治療方針の変遷 日本血管外科学会雑誌. 2016; 25 89-96.

  149. 山本洋平, 猪狩公宏, 豊福崇浩, 工藤敏文, 井上芳徳.. エコーガイド下穿刺吸引が有効であった膝窩動脈外膜囊腫の1 例. 日本血管外科学会雑誌 . 2016; 25 114-116.

  150. 猪狩公宏、工藤敏文、豊福崇浩、井上芳徳.. 両側後脛骨動脈瘤を契機に診断された血管型Ehlers-Danlos 症候群の1例. 日本血管外科学会雑誌. 2015.12; 24 (7): 997-1000.

  151. 中村政宏、工藤敏文、落合高徳、児玉真、明石巧、井上芳徳.. 総肝動脈瘤の総胆管穿破に対して瘤切除、右肝動脈血行再建術、胆道再建術を行った1例. 日本血管外科学会雑誌. 2015.10; 24 (6): 899-903.

  152. 葛井総太郎、工藤敏文、井上芳徳.. 破裂性腹部大動脈瘤および腸骨動脈瘤に対するEVAR の問題点― 左半結腸虚血への対処を含めて ― 日本腹部救急医学会雑誌. 2015.10; 35 (4): 589-595.

  153. 猪狩 公宏、工藤 敏文、豊福 崇浩、井上 芳徳.. Buerger病による重症下肢虚血に対し脊髄刺激療法が有用であった1例. 脈管学. 2015.09; 55 (8): 141-145.

  154. 猪狩公宏、工藤敏文、豊福崇浩、井上芳徳.. 重症下肢虚血に対し、内シャント造設により拡張した上肢静脈を用いたバイパス術の1例. 日本血管外科学会雑誌. 2015.02; 24 (1): 59-62.

  155. 猪狩公宏、井上芳徳、寺崎宏明、岩井武尚.. 歯周病菌の静脈内投与による血管病変動物モデルの検討. 静脈学. 2015.02; 26 (1): 41-46.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ichinose T, Yamamoto Y, Nakamura M, Nishizawa M, Yonekura K, Toyofuku T, Iwasaki T, Kudo T, Sugano N, Inoue Y. Strategy and prevention for high flow A-V fistula for hemodialysis. 10th Conference of the German-Japanese Society of Vascular Surgery 2018 2018.08.18 Frankfurt (Germany)

  2. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y. The endovascular procedures of abdominal aortic aneurysms with challenging neck anatomy. 66th ESCVS 2017.05.14 Thessaloniki(Greece)

  3. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y. The relationship between inflammatory biomarkers and ischemic severity of patients with peripheral arterial disease. 85th EAS Congress 2017.04.24 Prague(Czech Republic)

  4. Kudo T, Ichinose T, Yamamoto Y, Nishizawa M, Igari K, Toyohuku T, Inoue Y.. Emergency endovascular repair for ruptured abdominal aortic and iliac aneurysms.. The 10th Korea-Japan Joint Meeting for Vascular Surgery 2017.04.15 Busan (Korea)

  5. Kudo T, Yamamoto Y, Ichinose T, Nishizawa M, Igari K, Toyohuku T, Inoue Y.. Multiple recurrent pseudoaneurysms after EVAR in a patient with Behçet’s disease.. The 10th Korea-Japan Joint Meeting for Vascular Surgery 2017.04.14 Busan (Korea)

  6. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y. The chimney graft placement in the inferior mesenteric artery in endovascular aneurysm repair . 25th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery 2017.03.25 Seoul(Korea)

  7. Kudo T. Chair: Presentation Award 8. Japan Endovascular Treatment Conference (JET) 2017. 2017.02.18 Tokyo

  8. Yamamoto Y, Ichinose T, Nakamura M, Nishizawa M, Igari K, Toyofuku T, Kudo T, Inoue Y.. Multiple recurrent pseudoaneurysms after EVAR in a patient with Behçet’s disease.. The 13th Tokyo Shanghai International Symposium for Vascular Surgery 2016.11.13 Tokyo (Japan)

  9. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Total endovascular treatment for acute deep venous thrombosis by catheter-directed thrombolysis.. Asian Society for Vascular Surgery 2016 2016.10.21 Singapore

  10. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Relationship of inflammatory biomarkers, PTX3 with severity of peripheral arterial disease.. 84th European Atherosclerosis Society Congress 2016.05.31 Innsbruck (Austria)

  11. Yamamoto Y, Kudo T, Ichinose T, Nakamura M, Katsui S, Nishizawa M, Igari K, Koizumi S, Toyofuku T, Inoue Y. . A case of surgically rescued in-stent occlusion of the SFA with jailed profunda orifice.. 12th Tokyo-Shanghai International Symposium for Vascular Diseases. 2015.11.14 Shanghai (China)

  12. Ichinose T, Kudo T, Yamamoto Y, Nakamura M, Katsui S, Nishizawa M, Igari K, Toyofuku T, Inoue Y.. A case of deep vein thrombosis due to iliac vein compression treated by catheter directed thrombolysis and iliac vein stenting.. 12th Tokyo-Shanghai International Symposium for Vascular Diseases. 2015.11.14 Shanghai (China)

  13. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. A case of arteriovenous fistula after endovenous laser ablation for varicose vein. . UIP Capter Meeting: Seoul UIP 2015 2015.08.27 Seoul (Republic of Korea)

  14. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. The assessment of peripheral perfusion for the patients with isolated infrapopliteal arterial lesions by indocyanine green angiography.. 46th World Congress of Surgery WCS 2015. 2015.08.23 Bangkok (Thailand)

  15. Nishizawa M, Igari K, Toyofuku T, Kudo T, Inoue Y.. A novel technique to infrainguinal arterial occlusions using the Crosser™ system.. 46th World Congress of Surgery WCS 2015. 2015.08.23 Bangkok (Thailand)

  16. Kudo T.. The Current Situation of the Treatment for Peripheral Arterial Disease in Japan. . The 9th Japan-Korea Joint Meeting for Vascular Surgery. 2015.06.05 Yokohama (Japan)

  17. Katsui S, Igari K, Yamamoto Y, Nakamura M, Nishizawa M, Koizumi S, Toyofuku T, Kudo T, Inoue Y. . Crossing of infrapopliteal arterial chronic total occlusions with the Crosser™ system.. The 9th Japan-Korea Joint Meeting for Vascular Surgery 2015.06.05 Yokohama (Japan)

  18. Igari K, Kudo T,Nakamura M, Nishizawa M, Uchiyama H, Koizumi S, Toyofuku T, Inoue Y.. The snorkel technique for endovascular aneurysm repair with challenging neck anatomy . Cardiovascular Summit TCTAP 2015 2015.04.28 Seoul (Republic of Korea)

  19. Igari K, Kudo T, Toyofuku T, Inoue Y.. Crossing of infrapopliteal arterial chronic total occlusions with the Crosser™ system.. 64th International congress of the European Society for Cardiovascular and Endovascular Surgery. 2015.03.26 Turkey (Istanbul)

  20. 西澤真人、栗原伸久、広川雅之、伴祐子. 側方照射型のスリムファイバーを用いた血管内焼灼術の経験. 第59回日本脈管学会総会 2018.10.25

  21. 工藤敏文. 【座長】学生セッション3(ポスター). 第50回日本医学教育学会大会 2018.08.04 東京

  22. 工藤敏文. 【座長】改訂された静脈血栓塞栓症ガイドライン(JCS2017)の概要(演者:孟 真). PE/DVT joint seminar 2018.07.24 東京

  23. 工藤敏文. 【座長】Cancer Assosiated VTEを見つける(演者:廣多康光、松岡勇二郎). Onco-cardiology研究会 2018.07.23 東京

  24. 市野瀬剛、山本洋平、中村政宏、西澤真人、米倉孝治、豊福崇浩、岩嵜友視、工藤敏文、菅野範英. 高流量内シャントに対する流量減量手術について. 第38回日本静脈学会総会 2018.06.15 横須賀

  25. 西澤真人、広川雅之、栗原伸久、伴祐子.. 下肢静脈瘤術後再発例に対するフォーム硬化療法の検討. 第38回日本静脈学会総会 2018.06.14 横須賀

  26. 市野瀬剛、山本洋平、中村政宏、西澤真人、米倉孝治、豊福崇浩、岩嵜友視、工藤敏文、菅野範英. 大伏在静脈に対するELVeSレーザー1470を用いた大伏在静脈-大腿静脈接合部からのレーザー血管内焼灼術について. 第39回日本静脈学会総会 2018.06.14 横須賀

  27. 工藤敏文. 【座長】AORFIXを用いたAAA治療-戦略と成績-(演者:墨誠、三岡博). 第46回日本血管外科学会学術総会 ランチョンセミナー16 2018.05.11 山形

  28. 市野瀬剛、山本洋平、西澤真人、豊福崇浩、工藤敏文、井上芳徳. 人工血管縫縮による高流量内シャント予防の試み. 第46回日本血管外科学会学術総会 2018.05.10 山形

  29. 山本洋平、市野瀬剛、西澤真人、豊福崇浩、工藤敏文.. 外腸骨静脈に発生した静脈性血管瘤の1例.. 第46回日本血管外科学会学術総会 2018.05.10 山形

  30. 工藤敏文. 【座長】CVIT合同セッション:PAD徹底討論3番勝負. 第46回血管外科学会学術総会 2018.05.09 山形

  31. 工藤敏文. Bypass failureはもう1回バイパスすべき. Japan Endovascular Treatment Symposium 2018.02.25 大阪

  32. 工藤敏文. 血管炎 Vasculo-Behcet. Japan Endovascular Treatment Symposium 2018.02.23 大阪

  33. 工藤敏文. 【座長】経皮的肺動脈形成術を施行した慢性血栓塞栓性肺高血圧症(演者:仲村太一)/急性期症候性深部静脈血栓症に対する血栓溶解療法、血栓除去術について(演者:市野瀬剛). VTE BOARD FORUM 2017 2017.12.04 東京

  34. 山本洋平、市野瀬剛、西澤真人、豊福崇浩、工藤敏文.. 経過観察中に増大し手術を施行した門脈瘤の1例.. 第174回血管外科症例検討会 2017.11.11 東京

  35. 布施翔大、中島里枝子、川良徳弘、濱智子、島村季央、田端光、井上芳徳、工藤敏文.. 非監督下運動療法を行っている末梢動脈疾患患者の現状について.. 第58回日本脈管学会総会 2017.10.20 名古屋

  36. 工藤敏文. 【座長】ポスターP-21:ASO 3. 第58回日本脈管学会総会 2017.10.20 名古屋

  37. 田端光、中島里枝子、川良徳弘、濱智子、井上芳徳、工藤敏文.. 末梢動脈疾患に対する血行再建術後の血管超音波検査指標の有用性.. 第58回日本脈管学会総会 2017.10.20 名古屋

  38. 島村季央、中島里枝子、川良徳弘、濱智子、布施翔大、井上芳徳、工藤敏文.. 末梢動脈疾患(PAD)患者における運動習慣に関しての促進要因・阻害要因について.. 第58回日本脈管学会総会 2017.10.19 名古屋

  39. 山本洋平、葛井総太郎、市野瀬剛、西澤真人、猪狩公宏、豊福崇浩、工藤敏文.. 温度負荷に対する局所皮膚血流変化を用いた重症虚血肢の下肢血流評価.. 第58回日本脈管学会総会 2017.10.19 名古屋

  40. 工藤敏文. テクノロジーの進歩と血管外科 当科における 重症虚血肢に対する取り組み. 国立病院機構九州医療センター地域医療研修センター・福岡県医師会共催 平成29年度 地域医師のための生涯研修セミナー 2017.08.05 福岡

  41. 工藤敏文、市野瀬剛、山本洋平、西澤真人、豊福崇浩. 当科におけるlong SFA CTOに対する治療戦略 My EVT style for Long SFA CTO : Vascular Surgeonの立場から. 第23回日本血管内治療学会学術総会 2017.07.28 奈良

  42. 山本洋平、市野瀬剛、西澤真人、猪狩公宏、豊福崇浩、工藤敏文.. 外腸骨静脈に発生したvenous aneurysmの1例.. 第172回血管外科症例検討会 2017.05.13 東京

  43. 伴大輔、大井啓司、工藤敏文、齋藤一隆、巌康仁、松村聡、光法雄介、小野宏晃、落合高徳、工藤篤、水野裕貴、田中真二、藤井靖久、井上芳徳、荒井裕国、田邉稔. 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する多領域外科の協力による総合戦略. 第117回 日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  44. 工藤敏文. 【座長】ビデオシンポジウム7 腸骨大腿動脈病変の治療戦略. 第45回日本血管外科学会学術総会 2017.04.21 広島

  45. 工藤敏文. 【座長】大人のEVT~本質を知る~(演者:山岡輝年、金子健二郎、服部努). 第45回日本血管外科学会学術総会 ランチョンセミナー 2017.04.21 広島

  46. 山本洋平、市野瀬剛、中村政宏、西澤真人、猪狩公宏、豊福崇浩、工藤敏文、井上芳徳.. 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術後に多発仮性動脈瘤を発症したベーチェット病の1例.. 第45回日本血管外科学科学術総会 2017.04.20 広島

  47. 工藤敏文. 今さら聞けないEVT Part II~デバイスセレクション編~. 第45回日本血管外科学会学会学術総会 ランチョンセミナー 2017.04.20 金沢

  48. 工藤敏文、猪狩公宏、豊福崇浩、井上芳徳、西澤真人、市野瀬剛、山本洋平、中村政宏.. 当科における傍腎動脈腹部大動脈瘤に対する治療戦略-EVAR vs. Open-.. 第45回日本血管外科学科学術総会 2017.04.20 広島

  49. 豊福崇浩、井上芳徳、山本洋平、中村政宏、市野瀬剛、西澤真人、猪狩公宏、工藤敏文.. 当科における腹部大動脈瘤破裂に対する治療成績.. 第45回日本血管外科学科学術総会 2017.04.19 広島

  50. 工藤敏文. 【座長】SFA複雑病変に対する治療戦略(演者:服部努、佐藤友保). 第45回日本血管外科学会学術総会 コーヒーブレイクセミナー 2017.04.19 広島

  51. 工藤敏文. 【座長】下肢領域/血管内治療「Maximize the Value of Endovascular Treatment」(演者:藤村直樹、服部努、久良木亮一). 第45回日本血管外科学会学術総会 ランチョンセミナー 2017.04.19 広島

  52. 工藤敏文、猪狩公宏、豊福崇浩、井上芳徳.. Open and Endovascular Arterial Reconstruction for Femoropopliteal Lesions in Octogenarian Patients.. 第81回日本循環器学会学術集会 2017.03.19 金沢

  53. 工藤敏文.. 当科における下肢閉塞性動脈疾患に対する治療法の選択ー特に重症虚血肢に対する血行再建についてー. 第78回日本臨床外科学会総会 2016.11.26 東京

  54. 工藤敏文.. 【座長】㉜PAD:血行再建術3. 第57回日本脈管学会総会 2016.10.14 奈良

  55. 豊福崇浩、井上芳徳、山本洋平、中村政宏、市野瀬剛、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、工藤敏文.. 跛行肢に対する下随動脈血管内治療の検討.. 第57回日本脈管学会総会 2016.10.13 奈良

  56. 工藤敏文.. 複数学年学生における新しい教育機会(ハウスシステム)の試行.. 第48回日本医学教育学会大会 2016.07.30 大阪

  57. 工藤敏文.. 当科におけるlong SFA CTOの治療戦略.. 第22回日本血管内治療学会学術総会 2016.07.29 東京

  58. 工藤敏文.. 【座長】long SFA CTOに対する治療選択. 第22回日本血管内治療学会学術総会 2016.07.29 東京

  59. 市野瀬剛、猪狩公宏、中島里枝子、宮井美恵子、山本洋平、中村政宏、西澤真人、豊福崇浩、工藤敏文、井上芳徳.. 当科における急性期深部静脈血栓症に対する血管内治療.. 第36回日本静脈学会総会 2016.06.24 弘前

  60. 宮井美恵子、井上芳徳、工藤敏文、豊福崇浩、中島里枝子.. 深部静脈血栓症(DVT)における大腿静脈(FV)の走行に関する検討.. 第36回日本静脈学会総会 2016.06.23 弘前

  61. 山本洋平、猪狩公宏、市野瀬剛、中村政宏、西澤真人、豊福崇浩、工藤敏文、井上芳徳.. 外科的切除により良好な経過が得られた下肢巨大静脈奇形の1例.. 第36回日本静脈学会総会 2016.06.23 弘前

  62. 工藤敏文.. 特別講演②血管外科医の考えるEVT. 第8回中国地区血管内治療研究会(CJET) 2016.06.04 岡山

  63. 工藤敏文.. 【座長】2030年、日本の血管外科医の未来を考える~日本の血管外科医とは? Who am I?~. 第44回日本血管外科学会学術総会 ランチョンセミナー16 2016.05.27 東京

  64. 工藤敏文.. 【座長】実験基礎. 第44回日本血管外科学会学術総会 2016.05.27 東京

  65. 中村政宏、工藤敏文、市野瀬剛、山本洋平、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、豊福崇浩、井上芳徳.. 当科におけるsnorkel technique を用いたステントグラフト内挿術の検討.. 第44回日本血管外科学会学術総会 2016.05.27 東京

  66. 工藤敏文、市野瀬剛、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、豊福崇浩、井上芳徳.. 当科での腹部大動脈・腸骨動脈瘤破裂症例に対する緊急ステントグラフト内挿術の経験.. 第44回日本血管外科学会学術総会 2016.05.27 東京

  67. 猪狩公宏、工藤敏文、山本洋平、市野瀬剛、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、豊福崇浩、井上芳徳.. 当科での血管内治療における手技的工夫.. 第44回日本血管外科学会学術総会 2016.05.26 東京

  68. 西澤真人、工藤敏文、山本洋平、市野瀬剛、中村政宏、葛井総太郎、猪狩公宏、豊福崇浩、井上芳徳.. 両側内腸骨動脈閉塞を要する腸骨動脈瘤に対するIMA温存腹部分岐型ステンドグラフト内挿術施行症例の検討.. 第44回日本血管外科学会学術総会 2016.05.26 東京

  69. 工藤敏文.. JupiterガイドワイヤーシリーズとRubicon crossing catheter の活用法:Crossing Every Lesion~Master the Cross~. 第44回日本血管外科学会学術総会 ランチョンセミナー2  2016.05.25 東京

  70. 豊福崇浩、井上芳徳、市野瀬剛、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、工藤敏文.. 当院での糖尿病透析患者の重症虚血肢の治療経験.. 第44回日本血管外科学会学術総会 2016.05.25 東京

  71. 工藤敏文.. 外科医が考えるEVT.. 第44回日本血管外科学会学術総会 コーヒーブレイクセミナー1  2016.05.25 東京

  72. 工藤敏文.. 当科におけるCLIに対する取り組み. 関西血管外科倶楽部 特別講演 2016.04.23 大阪

  73. 葛井総太郎、山本洋平、中村政宏、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、工藤敏文、井上芳徳.. レーザー血流画像装置で測定した温度不可後の灌流量上昇値が示唆する重症下肢虚血の特徴.. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.14 大阪

  74. 猪狩公宏、工藤敏文、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. CROSSER®カテーテルを用いた末梢動脈疾患に対する血管内治療.. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.14 大阪

  75. 工藤敏文.. 外科医が考えるEVT.. JET (Japan Endovascular Treatment Conference) ランチョンセミナー14 2016.02.21 福岡

  76. 工藤敏文.. A Case with ischemic skin ulcer at the heel.. JET (Japan Endovascular Treatment Conference) 2016.02.20 福岡

  77. 中村政宏、工藤敏文、市野瀬剛、山本洋平、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、豊福崇浩、井上芳徳.. 当科における重症下肢虚血に対する治療成績.. 第46回日本心臓血管外科学会学術総会 2016.02.15 名古屋

  78. 工藤敏文.. 当科でのバスキュラーラボの現状. 201. CPAC (Complex Peripheral Angioplasty Conference) 2015.11.28 豊橋

  79. 山本洋平、井上芳徳、市野瀬剛、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、工藤敏文.. 当科における人工血管を使用した内シャント症例の検討.. 第56回日本脈管学会総会 2015.10.31 東京

  80. 豊福崇浩、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、工藤敏文、井上芳徳. . 重症虚血肢に対するVascular team としての取り組み.. 第56回日本脈管学会総会 2015.10.31 東京

  81. 宮井美恵子、井上芳徳、工藤敏文、豊福崇弘、中島里枝子、田添由香.. 深部静脈血栓症(DVT)における大腿静脈(FV)の走行に関する検討.. 第56回日本脈管学会総会 2015.10.30 東京

  82. 中村政宏、工藤敏文、山本洋平、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. 当科における破裂性腹部大動脈瘤に対する治療の検討.. 第56回日本脈管学会総会 2015.10.30 東京

  83. 工藤敏文.. 【座長】一般口演「EVER-塞栓術」. 第56回日本脈管学会総会 2015.10.29 東京

  84. 工藤敏文.. 閉塞性動脈硬化症はどう治療すべきか?. 第56回日本脈管学会総会 2015.10.29 東京

  85. 葛井総太郎、市野瀬剛、山本洋平、中村政宏、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福祟浩、工藤敏文、井上芳徳.. レーザー血流画像装置による下肢虚血重症度の新規評価法~温度負荷後に2極化される皮膚灌流量変化の解釈~. 第56回日本脈管学会総会 2015.10.29 東京

  86. 中村政宏、工藤敏文、山本洋平、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. Y型人工血管置換術後14年目に発症した真菌感染性胸腹部大動脈瘤に対する1手術例.. 第23回日本血管外科学会関東甲信越地方会 2015.10.24 東京

  87. 工藤敏文.. 当科におけるPAD治療の現状.. 第6回サノフィPAD Conference.~地域医療で足を救う~ 2015.10.05 東京

  88. 山本洋平、工藤敏文、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. Blue toe症候群と臀部潰瘍を発症したshaggy aortaの1例.. 第165回血管外科症例検討会 2015.09.26 神奈川

  89. 工藤敏文.. SFAのlong CTO lesionに対するEVTにより末梢血栓塞栓症を併発したが術中に救済し得た1例. 第10回JES 2015.08.27 東京

  90. 工藤敏文、渡辺貴子、岡田英理子、井津井康浩、高橋誠、田中雄二郎、高田和生.. 外科共通クリニカルクラークシップ導入の試み. 第47回日本医学教育学会大会 2015.07.25 新潟

  91. 豊福崇浩、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、工藤敏文、井上芳徳. . 当科における重症虚血肢に対する下腿動脈への血管内治療成績.. 第21回日本血管内治療学会総会 2015.07.24 東京

  92. 工藤敏文、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、豊福崇浩、井上芳徳.. 腹部大動脈・腸骨動脈瘤破裂症例に対する緊急ステントグラフト内挿術の経験.. 第21回日本血管内治療学会総会. 2015.07.24 名古屋

  93. 猪狩公宏、工藤敏文、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. 高度腎機能障害を合併する腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の検討.. 第21回日本血管内治療学会総会 2015.07.24 名古屋

  94. 葛井総太郎, 猪狩公宏, 山本洋平, 中村政宏, 西澤真人, 小泉伸也, 豊福祟浩, 工藤敏文, 井上芳徳.. バージャー病による重症下肢虚血に対して脊髄電気刺激療法が有効であった一例.. 第7回下肢救済・足病学会学術集会 2015.07.12 横浜

  95. 中村政宏、工藤敏文、山本洋平、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. 動静脈奇形に対し経静脈的アプローチによる塞栓術が奏功した2例.. 第35回日本静脈学会総会 2015.07.10 奈良

  96. 猪狩公宏、工藤敏文、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. 下大静脈腫瘍伸展を伴う悪性腫瘍に対する術式の工夫. . 第35回日本静脈学会総会 2015.07.10 奈良

  97. 山本洋平、工藤敏文、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳. . 高度石灰化狭窄病変に対しCROSSERが有効であった下肢閉塞性動脈硬化症の2例. . 第43回日本血管外科学会 2015.06.04 横浜

  98. 工藤敏文.. SFAステントはどれも同じ?成績に影響を与えると因子とは?. 第43回日本血管外科学会 イブニングセミナー 2015.06.04 横浜

  99. 服部努、工藤敏文、古山正.. 外科医のためのEVTテクニック血管外科医によるEVTの実際.. 第43回日本血管外科学会 2015.06.04 横浜

  100. 中村政宏、工藤敏文、山本洋平、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. 当科で施行したステントグラフト内挿術術後にopen surgeryを要した症例についての検討.. 第43回日本血管外科学会 2015.06.04 横浜

  101. 加賀山知子、宮井美恵子、工藤敏文、井上芳徳.. EVAR術後フォローアップの検討 –エコーとCTの比較 −. 第43回日本血管外科学会 2015.06.04 横浜

  102. 中島里枝子、小林仁恵、川良徳広、工藤敏文、井上芳徳.. 間歇性跛行に対する経時的評価および非監視下運動療法を補助する仕組みの確立と普及.. 第43回日本血管外科学会 2015.06.04 横浜

  103. 豊福崇浩、井上芳徳、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、工藤敏文. . 当院における下腿動脈へのバイパス治療成績.. 第43回日本血管外科学会 2015.06.04 横浜

  104. 西澤真人、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、工藤敏文、井上芳徳.. 当科における感染性腹部大動脈瘤症例の検討. . 第43回日本血管外科学会 2015.06.04 横浜

  105. 工藤敏文.. CLI に対する血管外科医のEVT-2つ目の武器を持て!-.. 第43回日本血管外科学会定期学術集会 2015.06.03 横浜

  106. 工藤敏文.. 【座長】. Vascular Surgery Colloquium (VaSC). 2015.06.03 横浜

  107. 工藤敏文.. 【座長】コーヒーブレイクセミナー. 第43回血管外科学学術総会 2015.06.03 横浜

  108. 工藤敏文.. 当科におけるPararenal AAAに対する治療戦略―EVAR vs. Open―. 第115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.18 名古屋

  109. 猪狩公宏、工藤敏文、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. 重症虚血肢に対する救肢のためのWound bed preparationの重要性.. 第115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.16 名古屋

  110. 工藤敏文.. EVAR術後type II ELに対し開腹手術を行った2例.. 第4回メッサーザイテの会 2015.04.11 東京

  111. 工藤敏文.. 下肢深部静脈血栓症-血管外科医の限界と挑戦-. 第24回 東京血管外科画像診断治療研究会 2015.03.13 東京

  112. 山本洋平、工藤敏文、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、猪狩公宏、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳. . 大腿-膝窩動脈バイパス術後人工血管感染、末梢側吻合部仮性動脈瘤の1例.. 第163回血管外科症例検討会 2015.02.28 東京

  113. 工藤敏文.. TASC C/Dはバイパスも考慮してもらえませんか?  . Japan Endovascular Treatment conference 2015.02.22 大阪

  114. 葛井総太郎, 猪狩公宏, 山本洋平, 中村政宏, 西澤真人, 小泉伸也, 豊福祟浩, 工藤敏文, 井上芳徳.. 内シャント造設により拡張させた上肢静脈を用いたdistal bypassの1例.. 心臓血管外科学会PASM 2015.02.16 京都

  115. 猪狩公宏、工藤敏文、山本洋平、中村政宏、葛井総太郎、西澤真人、小泉伸也、豊福崇浩、井上芳徳.. 膝下限局性動脈病変を有する末梢動脈疾患に対するインドシアニングリーン血管撮影検査.. 第45回日本心臓血管外科学会学術総会 2015.02.16 京都

  116. 工藤 敏文. 当科における膝下病変への治療戦略重症虚血肢に対する血行再建bypass/EVT. 第55回日本脈管学会総会 2014.10.31 岡山 倉敷

  117. 工藤 敏文. SFA治療における当科での適応と現状. 第55回日本脈管学会総会 ランチョンセミナー 2014.10.31 岡山 倉敷

  118. 工藤 敏文. All About Stent Graft. ENDOLOGIX Intuitrak Powerlink System. Complex Cardiovascular Therapeutics (CCT) 2014.10.30 兵庫 神戸

  119. 工藤 敏文. 下肢BTK領域のEVT-現在,そして未来-. 第42回日本血管外科学会総会 ランチョンセミナー 2014.05.23 青森

  120. 工藤 敏文. 腹部大動脈・腸骨動脈瘤破裂症例に対する緊急ステントグラフト内挿術の経験. 第50回日本腹部救急医学会総会 2014.05.06 東京

  121. 工藤 敏文. 膝窩動脈閉塞に対し血管内治療が行われてしまった1例. 第2回メッサーザイテの会 2014.04.19 東京

  122. 工藤 敏文. 当院における下大静脈腫瘍栓を伴った腎癌手術の成績. 第34回日本静脈学会総会 2014.04.17 沖縄 那覇

  123. 工藤 敏文. 当科における重症虚血肢に対する治療成績-Distal bypass, EVTを中心とした集学的治療-. 第114回日本外科学会学術総会 2014.04.03 京都

  124. 工藤 敏文. 当科における重症虚血肢に対する治療戦略. 第44回日本心臓血管外科学会学術総会 2014.02.20 熊本

  125. 工藤 敏文. 破裂性腹部大動脈瘤に対して一時的バルーン遮断によるステントグラフト内挿術が有効であった一例. 心臓血管外科ウィンターセミナー 2014.01.25 長野 志賀高原

  126. 工藤 敏文. Technologyの進歩とPAD治療-血管外科医の立場から-. The CONNECT EVT Meeting 2014.01.11 広島

  127. 工藤 敏文. 動脈瘤に対する一般的な治療法と問題点. サクランの塞栓効果の可能性について. 第5回サクラン研究会 2014.01.10 能美、石川

▼全件表示