基本情報

写真a

鴨居 功樹(カモイ コウジュ)

KAMOI Koju


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学大学院  医歯学総合研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 眼科 助教
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 眼科 講師
  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 眼科学 講師
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 眼科 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 眼科学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年
    -
    2004年
    東京大学医科学研究所
  • 2004年
    -
    2006年
    東京大学大学院
  • 2009年
    -
    2011年
    英国アバディーン大学 フェロー
  • 2013年
    -
    現在
    東京大学医科学研究所 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本眼科学会

  • 日本HTLV-1学会

  • Faculty of 1000

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本眼科医会 代議員、勤務医委員会 委員、 ダイバーシティ推進委員会 委員
  • 東京都眼科医会 常任理事
  • The 17th Internationa Myopia Conference. Secretary General
  • The 18th International Conference on Human Retrovirology International Scientific Committee
  • 日本HTLV-1学会 評議員、診療委員
  • 日本神経学会  HTLV-1関連脊髄症(HAM)診療ガイドライン作成委員会 委員
  • Faculty of 1000 Associate Faculty Member
  • 東京都眼科医会 勤務医部 委員

▼全件表示

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本眼科学会 眼科指導医・専門医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • HAMならびに類縁疾患の患者レジストリによる診療連携体制および 相談機能の強化と診療ガイドラインの改訂 (厚労科研 分担),2022年 - 現在

  • HTLV-1a/c亜型の疫学調査と独自の病原性発現機構解明に向けた日豪共同研究 (国際共同研究強化B),2020年 - 現在

  • 多角的アプローチによるHTLV-1関連眼疾患のバイオマーカー同定 ( 基盤C 代表),2020年 - 現在

  • HTLV-1の総合的な感染対策に資する研究(AMED 分担),2020年 - 現在

  • HAMならびに類縁疾患の患者レジストリを介した診療連携モデルの構築によるガイドラインの活用促進と医療水準の均てん化に関する研究 (厚労科研 分担) ,2019年 - 現在

  • 病的近視による眼球変形メカニズム解明と眼球壁再生治療の確立 (基盤B 分担),2019年 - 現在

  • HTLV-1感染による血液眼関門の破綻機構の解析と分子標的療法の開発 (基盤C 代表),2017年 - 2020年

  • HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成 (厚労科研 分担),2016年 - 2019年

  • 原発性および続発性眼内リンパ腫におけるリンパ腫細胞の眼内浸潤機構の解析 (基盤C 分担),2015年 - 現在

  • HTLV-1疫学研究及び検査法の標準化に関する研究 (AMED 分担),2015年 - 2017年

  • HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築 (AMED 分担),2015年 - 2017年

  • HAM及びHTLV-1関連希少難治性炎症性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築をめざした政策研究 (厚労科研 分担),2014年 - 2016年

  • HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築 (厚労科研 分担),2014年 - 2015年

  • HTLV-1疫学研究及び検査法の標準化に関する研究 (厚労科研 分担) ,2014年 - 2015年

  • HTLV-1ぶどう膜炎における分子標的治療の開発 (若手B 代表),2013年 - 2016年

  • ヘルペスウイルス性ぶどう膜炎におけるウイルス遺伝子型と病態・疾病予後に関する研究 (基盤C 分担),2013年 - 2016年

  • HTLV-1関連希少難治性疾患における臨床研究の全国展開と基盤整備 (厚労科研 分担),2013年 - 2014年

  • HTLV-1感染に関連する非ATL非HAM希少疾患の実態把握と病態解明 (厚労科研 分担),2012年 - 2014年

  • HTLV-1感染症の診断法の標準化と発症リスクの解明に関する研究 (厚労科研 分担),2011年 - 2013年

  • 制御性T細胞によるぶどう膜炎に対する新しいパーソナルメイド免疫療法の開発 (挑戦的萌芽研究 分担),2011年 - 2012年

  • ヒト角膜内皮細胞に関する免疫学的・分子生物学的機能解析 (基盤C 分担),2008年 - 2010年

  • 眼内自然免疫機構と機能分子に関する免疫学的・分子生物学的研究 (基盤B 分担),2007年 - 2010年

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • HAMならびに類縁疾患の患者レジストリによる診療連携体制および相談機能の強化と診療ガイドラインの改訂

    厚生労働省 : 2022年04月 - 2025年03月

  • HAMならびに類縁疾患の患者レジストリを介した診療連携モデルの構築によるガイドラインの活用促進と医療水準の均てん化に関する研究

    厚生労働省 : 2019年04月 - 2022年03月

  • 病的近視による眼球変形メカニズム解明と眼球壁再生治療の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • HTLV-1感染による血液眼関門の破綻機構の解析と分子標的療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2019年03月

  • HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する 国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2019年03月

  • 原発性および続発性眼内リンパ腫におけるリンパ腫細胞の眼内浸潤機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 原発性および続発性眼内リンパ腫におけるリンパ腫細胞の眼内浸潤機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • HAM及びHTLV-1関連希少難治性炎症性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築をめざした政策研究

    厚生労働省 : 2014年04月 - 2016年03月

  • HTLV-1ぶどう膜炎における分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • HTLV-1ぶどう膜炎における分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 原発性および続発性眼内リンパ腫におけるリンパ腫細胞の眼内浸潤機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 病的近視による眼球変形メカニズム解明と眼球壁再生治療の確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 多角的アプローチによるHTLV-1関連眼疾患のバイオマーカー同定

    文部科学省/日本学術振興会

  • HTLV-1a/c亜型の疫学調査と独自の病原性発現機構解明に向けた日豪共同調査

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Koju Kamoi, Kaoru Uchimaru, Arinobu Tojo, Toshiki Watanabe, Kyoko Ohno-Matsui. HTLV-1 uveitis and Graves' disease presenting with sudden onset of blurred vision. THE LANCET. 2022.01; 399 (10319): 60. ( PubMed, DOI )

  2. Koju Kamoi, Noe Horiguchi, Hisako Kurozumi-Karube, Isao Hamaguchi, Yoshihisa Yamano, Kaoru Uchimaru, Arinobu Tojo, Toshiki Watanabe, Kyoko Ohno-Matsui. Horizontal transmission of HTLV-1 causing uveitis. THE LANCET Infectious Diseases. 2021.04; 21 (4): 578. ( PubMed, DOI )

  3. Koju Kamoi, Seiko Kato, Kaoru Uchimaru, Arinobu Tojo, Kyoko Ohno-Matsui. Frosted branch angiitis after allogeneic haematopoietic stem cell transplantation in adult T-cell leukaemia-lymphoma. THE LANCET Haematology. 2020.10; 7 (10): e772. ( PubMed, DOI )

  4. Yuan Zong, Koju Kamoi, Naoko Ando, Hisako Kurozumi-Karube, Kyoko Ohno-Matsui. Mechanism of Secondary Glaucoma Development in HTLV-1 Uveitis. Front Microbiol. 2022; 13 738742. ( PubMed, DOI )

  5. Koju Kamoi, Toshiki Watanabe, Kaoru Uchimaru, Akihiko Okayama, Seiko Kato, Toyotaka Kawamata, Hisako Kurozumi-Karube, Noe Horiguchi, Yuan Zong, Yoshihisa Yamano, Isao Hamaguchi, Yasuhito Nannya, Arinobu Tojo, Kyoko Ohno-Matsui. Updates on HTLV-1 Uveitis. Viruses. 2022.04; 14 (4): ( PubMed, DOI )

  6. Shiqi Xie, Koju Kamoi, Tae Igarashi-Yokoi, Kengo Uramoto, Hiroyuki Takahashi, Noriko Nakao, Kyoko Ohno-Matsui. Structural Abnormalities in the Papillary and Peripapillary Areas and Corresponding Visual Field Defects in Eyes With Pathologic Myopia. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2022.04; 63 (4): 13. ( PubMed, DOI )

  7. Shymaa K Hady, Shiqi Xie, K Bailey Freund, Emmett T Cunningham, Chee Wai Wong, Chui Ming Gemmy Cheung, Koju Kamoi, Tae Igarashi-Yokoi, Omar M Ali, Ehab I Wasfi, Mahmoud F Rateb, Kyoko Ohno-Matsui. PREVALENCE AND CHARACTERISTICS OF MULTIFOCAL CHOROIDITIS/PUNCTATE INNER CHOROIDOPATHY IN PATHOLOGIC MYOPIA EYES WITH PATCHY ATROPHY. Retina. 2022.04; 42 (4): 669-678. ( PubMed, DOI )

  8. Yuki Kitaguchi-Iwakiri, Koju Kamoi, Hiroshi Takase, Yusuke Okubo, Kyoko Ohno-Matsui. Long-term incidence of posterior capsular opacification in patients with non-infectious uveitis. Sci Rep. 2022.03; 12 (1): 4296. ( PubMed, DOI )

  9. Kengadhevi Yogeswaran, João M Furtado, Bahram Bodaghi, Janet M Matthews, , Justine R Smith. Current practice in the management of ocular toxoplasmosis. Br J Ophthalmol. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  10. Takashi Ono, Hiroshi Goto, Tsutomu Sakai, Fumihiko Nitta, Nobuhisa Mizuki, Hiroshi Takase, Yutaka Kaneko, Junko Hori, Satoko Nakano, Nobuhisa Nao-I, Nobuyuki Ohguro, Kazunori Miyata, Makoto Tomita, Manabu Mochizuki, . Comparison of combination therapy of prednisolone and cyclosporine with corticosteroid pulse therapy in Vogt-Koyanagi-Harada disease. Jpn J Ophthalmol. 2021.10; ( PubMed, DOI )

  11. Shintaro Horie, Nobuyuki Kukimoto, Koju Kamoi, Tae Igarashi-Yokoi, Takeshi Yoshida, Kyoko Ohno-Matsui. Blue Widefield Images of Scanning Laser Ophthalmoscope Can Detect Retinal Ischemic Areas in Eyes With Diabetic Retinopathy. Asia Pac J Ophthalmol (Phila). 2021.08; 10 (5): 478-485. ( PubMed, DOI )

  12. Shiqi Xie, Ran Du, Yuxin Fang, Yuka Onishi, Tae Igarashi, Hiroyuki Takahashi, Koju Kamoi, Kyoko Ohno-Matsui. Dilated choroidal veins and their role in recurrences of myopic macular neovascularisations. Br J Ophthalmol. 2021.04; ( PubMed, DOI )

  13. Koju Kamoi, Akihiko Okayama, Shuji Izumo, Isao Hamaguchi, Kaoru Uchimaru, Arinobu Tojo, Toshiki Watanabe, Kyoko Ohno-Matsui. Tackling HTLV-1 infection in ophthalmology: a nationwide survey of ophthalmic care in an endemic country, Japan. Br J Ophthalmol. 2020.12; 104 (12): 1647-1651. ( PubMed, DOI )

  14. Noe Horiguchi, Koju Kamoi, Shintaro Horie, Yuko Iwasaki, Hisako Kurozumi-Karube, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. A 10-year follow-up of infliximab monotherapy for refractory uveitis in Behçet's syndrome. Sci Rep. 2020.12; 10 (1): 22227. ( PubMed, DOI )

  15. Hisako Kurozumi-Karube, Koju Kamoi, Naoko Ando, Minami Uchida, Isao Hamaguchi, Kyoko Ohno-Matsui. Evaluation of the Safety of Adalimumab for the Eye Under HTLV-1 Infection Status: A Preliminary Study. Front Microbiol. 2020.12; 11 522579. ( PubMed, DOI )

  16. Yi-Hsia Liu, Christine Mölzer, Kimmo Makinen, Koju Kamoi, Clare L. C. Corbett, Izabela P. Klaska, Delyth M. Reid, Heather M. Wilson, Lucia Kuffová, Richard J. Cornall, John V. Forrester.. Treatment With FoxP3+ Antigen-Experienced T Regulatory Cells Arrests Progressive Retinal Damage in a Spontaneous Model of Uveitis. Front Immunol. 2020.09; ( DOI )

  17. Natsuko Yamakawa, Naoko Yagishita, Tomohiro Matsuo, Junji Yamauchi, Takahiko Ueno, Eisuke Inoue, Ayako Takata, Misako Nagasaka, Natsumi Araya, Daisuke Hasegawa, Ariella Coler-Reilly, Shuntaro Tsutsumi, Tomoo Sato, Abelardo Araujo, Jorge Casseb, Eduardo Gotuzzo, Steven Jacobson, Fabiola Martin, Marzia Puccioni-Sohler, Graham P Taylor, Yoshihisa Yamano, . Creation and validation of a bladder dysfunction symptom score for HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. Orphanet J Rare Dis. 2020.07; 15 (1): 175. ( PubMed, DOI )

  18. Xian Xu, Yuxin Fang, Jost B Jonas, Ran Du, Kosei Shinohara, Noriko Tanaka, Tae Yokoi, Yuka Onishi, Kengo Uramoto, Koju Kamoi, Takeshi Yoshida, Kyoko Ohno-Matsui. RIDGE-SHAPED MACULA IN YOUNG MYOPIC PATIENTS AND ITS DIFFERENTIATION FROM TYPICAL DOME-SHAPED MACULA IN ELDERLY MYOPIC PATIENTS. Retina (Philadelphia, Pa.). 2020.02; 40 (2): 225-232. ( PubMed )

  19. Koju Kamoi, Kyoko Ohno-Matsui. Intraocular Infiltration. Am. J. Trop. Med. Hyg.. 2020.01; 102 (1): 7-8. ( PubMed, DOI )

  20. Koju Kamoi. HTLV-1 in Ophthalmology. Front Microbiol. 2020; 11 388. ( PubMed, DOI )

  21. Miyuki Tanaka, Koju Kamoi, Natsuko Nagaoka, Tomoka Ishida, Hisako Karube, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. Bilateral diffuse retinal pigment epithelium proliferation induced by choroidal inflammation: A case report. Medicine (Baltimore). 2019.11; 98 (47): e18152. ( PubMed, DOI )

  22. Ran Du, Yuxin Fang, Jost B Jonas, Tae Yokoi, Hiroyuki Takahashi, Kengo Uramoto, Koju Kamoi, Takeshi Yoshida, Kyoko Ohno-Matsui. CLINICAL FEATURES OF PATCHY CHORIORETINAL ATROPHY IN PATHOLOGIC MYOPIA. Retina (Philadelphia, Pa.). 2019.06; ( PubMed, DOI )

  23. Masaru Takeuchi, Takayuki Kanda, Toshikatsu Kaburaki, Rie Tanaka, Kenichi Namba, Koju Kamoi, Kazuichi Maruyama, Etsuko Shibuya, Nobuhisa Mizuki. Real-world evidence of treatment for relapse of noninfectious uveitis in tertiary centers in Japan: A multicenter study. Medicine (Baltimore). 2019.03; 98 (9): e14668. ( PubMed, DOI )

  24. Takashi Watanabe, Kaori Kasahara, Soh Futagami, Yuxin Fang, Ran Du, Muka Moriyama, Kengo Uramoto, Tae Yokoi, Yuka Onishi, Takeshi Yoshida, Koju Kamoi, Jost B Jonas, Kyoko Ohno-Matsui. Cilioretinal Arteries and Cilioretinal Veins in Eyes with Pathologic Myopia. Sci Rep. 2019.02; 9 (1): 2451. ( PubMed, DOI )

  25. Koju Kamoi, Akihiko Okayama, Shuji Izumo, Isao Hamaguchi, Kaoru Uchimaru, Arinobu Tojo, Kyoko Ohno-Matsui. Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma-Related Ocular Manifestations: Analysis of the First Large-Scale Nationwide Survey. Front Microbiol. 2019.01; 9 3240. ( PubMed, DOI )

  26. Minami Uchida, Koju Kamoi, Naoko Ando, Chenxi Wei, Hisako Karube, Kyoko Ohno-Matsui. Safety of Infliximab for the Eye Under Human T-Cell Leukemia Virus Type 1 Infectious Conditions in vitro. Front Microbiol. 2019; 10 2148. ( PubMed, DOI )

  27. Kritchai Vutipongsatorn, Natsuko Nagaoka, Tae Yokoi, Takeshi Yoshida, Koju Kamoi, Shintaro Horie, Kengo Uramoto, Akira Hirata, Laurence M Occelli, Simon M Petersen-Jones, Fabiano Montiani-Ferreira, Olivier Cases, Renata Kozyraki, Jost B Jonas, Kyoko Ohno-Matsui. CORRELATIONS BETWEEN EXPERIMENTAL MYOPIA MODELS AND HUMAN PATHOLOGIC MYOPIA. Retina (Philadelphia, Pa.). 2018.12; ( PubMed, DOI )

  28. Yuxin Fang, Ran Du, Jost B Jonas, Takashi Watanabe, Kengo Uramoto, Tae Yokoi, Yuka Onishi, Takeshi Yoshida, Koju Kamoi, Kyoko Ohno-Matsui. RIDGE-SHAPED MACULA PROGRESSING PARALLEL TO BRUCH MEMBRANE DEFECTS AND MACULAR SUPRACHOROIDAL CAVITATION. Retina (Philadelphia, Pa.). 2018.12; ( PubMed, DOI )

  29. Xian Xu, Yuxin Fang, Jost B Jonas, Ran Du, Kosei Shinohara, Noriko Tanaka, Tae Yokoi, Yuka Onishi, Kengo Uramoto, Koju Kamoi, Takeshi Yoshida, Kyoko Ohno-Matsui. RIDGE-SHAPED MACULA IN YOUNG MYOPIC PATIENTS AND ITS DIFFERENTIATION FROM TYPICAL DOME-SHAPED MACULA IN ELDERLY MYOPIC PATIENTS. Retina (Philadelphia, Pa.). 2018.11; ( PubMed, DOI )

  30. Koju Kamoi, Manabu Mochizuki, Kyoko Ohno-Matsui. Dengue fever-associated necrotizing scleritis: A case report with long-term follow-up. Medicine (Baltimore). 2018.08; 97 (32): e11875. ( PubMed, DOI )

  31. Hiroshi Goto, Masahiro Zako, Kenichi Namba, Noriyasu Hashida, Toshikatsu Kaburaki, Masanori Miyazaki, Koh-Hei Sonoda, Toshiaki Abe, Nobuhisa Mizuki, Koju Kamoi, Antoine P Brézin, Andrew D Dick, Glenn J Jaffe, Quan Dong Nguyen, Noritaka Inomata, Nisha V Kwatra, Anne Camez, Alexandra P Song, Martina Kron, Samir Tari, Shigeaki Ohno. Adalimumab in Active and Inactive, Non-Infectious Uveitis: Global Results from the VISUAL I and VISUAL II Trials. Ocul. Immunol. Inflamm.. 2018.07; 1-11. ( PubMed, DOI )

  32. Mitsuhito Hirano, Nobuhiro Ohno, Ryuji Tanosaki, Manabu Mochizuki, Kyoko Ohno-Matsui, Kaoru Uchimaru, Arinobu Tojo, Koju Kamoi. Adult T-cell leukemia cell-induced uveitis: rapid increase in adult T-cell leukemia cells disrupts the blood-ocular barrier. Int. J. Hematol.. 2017.07; ( PubMed, DOI )

  33. Yukiko Terada, Koju Kamoi, Takashi Komizo, Kazunori Miyata, Manabu Mochizuki. Human T Cell Leukemia Virus Type 1 and Eye Diseases. J Ocul Pharmacol Ther. 2017.05; 33 (4): 216-223. ( PubMed, DOI )

  34. Yukiko Terada, Koju Kamoi, Kyoko Ohno-Matsui, Kazunori Miyata, Chinami Yamano, Ariella Coler-Reilly, Yoshihisa Yamano. Treatment of rheumatoid arthritis with biologics may exacerbate HTLV-1-associated conditions: A case report. Medicine (Baltimore). 2017.02; 96 (6): e6021. ( PubMed, DOI )

  35. Manabu Mochizuki, Sunao Sugita, Koju Kamoi, Hiroshi Takase. A new era of uveitis: impact of polymerase chain reaction in intraocular inflammatory diseases. Jpn. J. Ophthalmol.. 2017.01; 61 (1): 1-20. ( PubMed, DOI )

  36. Hisako Karube, Koju Kamoi, Kyoko Ohno-Matsui. Anti-TNF therapy in the management of ocular attacks in an elderly patient with long-standing Behçet's disease. Int Med Case Rep J. 2016.09; 9 301-304. ( PubMed, DOI )

  37. Sayaka Akaike, Koju Kamoi, Mari Tezuka, Daisuke Tomizawa, Ryoichi Yoshimura, Masatoshi Takagi, Kyoko Ohno-Matsui. Ocular manifestation in myeloid/NK cell precursor acute leukemia: a case report. Diagnosed by flow cytometry and PCR from aqueous humor. Medicine (Baltimore). 2016.09; 95 (38): e4967. ( PubMed, DOI )

  38. Koju Kamoi, Yoichi Nagata, Manabu Mochizuki, Daisuke Kobayashi, Nobuhiro Ohno, Kaoru Uchimaru, Arinobu Tojo, Kyoko Ohno-Matsui. Formation of Segmental Rounded Nodules During Infiltration of Adult T-Cell Leukemia Cells Into the Ocular Mucous Membrane. Cornea. 2016.01; 35 (1): 137-139. ( PubMed, DOI )

  39. Koju Kamoi. Pre-Surround Division. Cataract & Refractive Surgery Today Europe. 2015.06; 28-30.

  40. Koju Kamoi. New effective surgical technique for patients with posterior polar cataracts. Cataract News Today. 2015.03;

  41. Koju Kamoi. Pre-surround division technique devised for posterior polar cataract surgery. Ocular Surgery News APAO edition. 2015.03; 40-45.

  42. Koju Kamoi. Pre-surround division technique devised for posterior polar cataract surgery. Ocular Surgery News U.S. Edition. 2015.02;

  43. Hiroshi Takase, Reo Kubono, Yukiko Terada, Ayano Imai, Shoko Fukuda, Makoto Tomita, Masaru Miyanaga, Koju Kamoi, Sunao Sugita, Kazunori Miyata, Manabu Mochizuki. Comparison of the ocular characteristics of anterior uveitis caused by herpes simplex virus, varicella-zoster virus, and cytomegalovirus. Jpn. J. Ophthalmol.. 2014.11; 58 (6): 473-482. ( PubMed, DOI )

  44. Koju Kamoi, Manabu Mochizuki. Pre-surround division technique: Precise cracks surrounding the posterior opacity prior to phacoemulsification in posterior polar cataract surgery. J Cataract Refract Surg. 2014.11; 40 (11): 1764-1767. ( PubMed, DOI )

  45. Toshikatsu Kaburaki, Kenichi Namba, Koh-hei Sonoda, Takeshi Kezuka, Hiroshi Keino, Takako Fukuhara, Koju Kamoi, Kei Nakai, Nobuhisa Mizuki, Nobuyuki Ohguro, . Behçet's disease ocular attack score 24: evaluation of ocular disease activity before and after initiation of infliximab. Jpn. J. Ophthalmol.. 2014.03; 58 (2): 120-130. ( PubMed, DOI )

  46. Tatsushi Kawaguchi, Yuko Kawazoe, Koju Kamoi, Masaru Miyanaga, Hiroshi Takase, Sunao Sugita, Manabu Mochizuki. Clinical course of patients with Behçet's uveitis following discontinuation of infliximab therapy. Jpn. J. Ophthalmol.. 2014.01; 58 (1): 75-80. ( PubMed, DOI )

  47. Manabu Mochizuki, Koju Kamoi. F1000Prime Recommendation of [Bittencourt AL et al., J Clin Virol 2013, 58(2):494-6]. 2013.12; ( DOI )

  48. Manabu Mochizuki, Koju Kamoi. F1000Prime Recommendation of [Suhler EB et al., Br J Ophthalmol 2013, 97(4):481-6]. In F1000Prime F1000 Prime. 2013.10; ( DOI )

  49. Manabu Mochizuki, Koju Kamoi. F1000Prime Recommendation of [Gregory AC et al., Ophthalmology 2013, 120(1):186-92]. F1000 Prime. 2013.08; ( DOI )

  50. Manabu Mochizuki, Koju Kamoi. F1000Prime Recommendation of [Gül A et al., Ann Rheum Dis 2012, 71(4):563-6]. F1000 Prime. 2013.04; ( DOI )

  51. Manabu Mochizuki, Sunao Sugita, Koju Kamoi. Immunological homeostasis of the eye. Prog Retin Eye Res. 2013.03; 33 10-27. ( PubMed, DOI )

  52. Manabu Mochizuki, Koju Kamoi. F1000Prime Recommendation of [Zhou R et al., J Immunol 2012, 188(4):1742-50]. F1000 Prime. 2013.01; ( DOI )

  53. Manabu Mochizuki, Koju Kamoi. F1000Prime Recommendation of [Lee RWJ et al., Ophthalmology 2012, 119(6):1223-30]. F1000 Prime. 2012.11; ( DOI )

  54. Koju Kamoi, Manabu Mochizuki. HTLV infection and the eye. Curr Opin Ophthalmol. 2012.11; 23 (6): 557-561. ( PubMed, DOI )

  55. Manabu Mochizuki, Koju Kamoi. F1000Prime Recommendation of [Larson TA et al., Ocul Immunol Inflamm 2012]. F1000 Prime. 2012.07;

  56. Sunao Sugita, Koju Kamoi, Manabu Ogawa, Ken Watanabe, Norio Shimizu, Manabu Mochizuki. Detection of Candida and Aspergillus species DNA using broad-range real-time PCR for fungal endophthalmitis. Graefes Arch. Clin. Exp. Ophthalmol.. 2012.03; 250 (3): 391-398. ( PubMed, DOI )

  57. Koju Kamoi, Manabu Mochizuki. HTLV-1 uveitis. Front Microbiol. 2012; 3 270. ( PubMed, DOI )

  58. Yukiko Yamada, Sunao Sugita, Hiroyuki Tanaka, Koju Kamoi, Hiroshi Takase, Manabu Mochizuki. Timing of recurrent uveitis in patients with Behcet's disease receiving infliximab treatment. Br J Ophthalmol. 2011.02; 95 (2): 205-208. ( PubMed, DOI )

  59. 鴨居 功樹. Phaco forward-chop. IOL&RS. 2010.09; 24 (3): 496-497.

  60. Koju Kamoi. Phaco dislocation technique. Cataract & Refractive Surgery Today Europe. 2010.07; 26-27.

  61. Koju Kamoi. Annual cataract complication issue: Phaco forward-chop. Eyetube. 2010.03;

  62. Koju Kamoi. Phaco forward-chop. Cataract & Refractive Surgery Today Europe. 2010.03; 60-61.

  63. Yukiko Yamada, Sunao Sugita, Hiroyuki Tanaka, Koju Kamoi, Tatsushi Kawaguchi, Manabu Mochizuki. Comparison of infliximab versus ciclosporin during the initial 6-month treatment period in Behçet disease. Br J Ophthalmol. 2010.03; 94 (3): 284-288. ( PubMed, DOI )

  64. Hiroyuki Tanaka, Sunao Sugita, Yukiko Yamada, Tatsushi Kawaguchi, Yoichi Iwanaga, Koju Kamoi, Mako Yokota, Hiroshi Takase, Manabu Mochizuki. [Effects and safety of infliximab administration in refractory uveoretinitis with Behçet's disease]. Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 2010.02; 114 (2): 87-95. ( PubMed )

  65. Koju Kamoi, Manabu Mochizuki. Phaco forward-chop technique for managing posterior nuclear plate of hard cataract. J Cataract Refract Surg. 2010.01; 36 (1): 9-12. ( PubMed, DOI )

  66. Koju Kamoi, Tomoko Yoshida, Hiroshi Takase, Mako Yokota, Tatsushi Kawaguchi, Manabu Mochizuki. Seroprevalence of Bartonella henselae in patients with uveitis and healthy individuals in Tokyo. Jpn. J. Ophthalmol.. 2009.09; 53 (5): 490-493. ( PubMed, DOI )

  67. Shintaro Horie, Sunao Sugita, Yuri Futagami, Tastushi Kawaguchi, Koju Kamoi, Shiroaki Shirato, Manabu Mochizuki. Human iris pigment epithelium suppresses activation of bystander T cells via TGFbeta-TGFbeta receptor interaction. Exp. Eye Res.. 2009.06; 88 (6): 1033-1042. ( PubMed, DOI )

  68. Koju Kamoi, Manabu Mochizuki. Phaco dislocation technique in young patients with uveitis. J Cataract Refract Surg. 2008.08; 34 (8): 1239-1241. ( PubMed, DOI )

  69. Sunao Sugita, Hiroshi Takase, Chikako Taguchi, Yasuhisa Imai, Koju Kamoi, Tatsushi Kawaguchi, Yoshiharu Sugamoto, Yuri Futagami, Kyogo Itoh, Manabu Mochizuki. Ocular infiltrating CD4+ T cells from patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease recognize human melanocyte antigens. Invest. Ophthalmol. Vis. Sci.. 2006.06; 47 (6): 2547-2554. ( PubMed, DOI )

  70. Hiroshi Takase, Yuri Futagami, Tomoko Yoshida, Koju Kamoi, Sunao Sugita, Yasuhisa Imai, Manabu Mochizuki. Cytokine profile in aqueous humor and sera of patients with infectious or noninfectious uveitis. Invest. Ophthalmol. Vis. Sci.. 2006.04; 47 (4): 1557-1561. ( PubMed, DOI )

  71. Koju Kamoi, Keiyu Yamamoto, Aya Misawa, Ariko Miyake, Takaomi Ishida, Yuetsu Tanaka, Manabu Mochizuki, Toshiki Watanabe. SUV39H1 interacts with HTLV-1 Tax and abrogates Tax transactivation of HTLV-1 LTR. Retrovirology. 2006; 3 5. ( PubMed, DOI )

  72. Mako Yokota, Hiroshi Takase, Yasuhisa Imai, Kojyu Kamoi, Sunao Sugita, Hiroyuki Morita, Toichiro Takizawa, Sumiyoshi Tanaka, De Fen Shen, Chi-Chao Chan, Manabu Mochizuki. [A case of intraocular malignant lymphoma diagnosed by immunoglobulin gene rearrangement and translocation, and IL-10/IL-6 ratio in the vitreous fluid]. Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 2003.05; 107 (5): 287-291. ( PubMed )

  73. 鴨居 功樹. HTLV-1関連眼疾患の最前線 別冊 Bio Clinica. 2022.06; 11 (1): 115-117.

  74. 鴨居 功樹. HTLV-1感染症:眼科からのアプローチ Precision Medicine. 2022.06; 5 (6): 71-73.

  75. 鴨居 功樹. 東京、コロナ禍、オリンピック。 日本の眼科. 2021.12;

  76. 鴨居 功樹. 非感染性ぶどう膜炎治療の動向  メディカルビューポイント. 2021.09; 42 (9): 8.

  77. 鴨居 功樹. 国際感染症HTLV-1による眼疾患の最新知見 Precision Medicine. 2021.07; 7 (4): 80-81.

  78. 今井 彩乃, 高瀬 博, 大野 明子, 鴨居 功樹, 香西 康司, 大野 京子. ベンダムスチンを含む抗がん剤治療に伴いサイトメガロウイルス網膜炎を生じた2症例 臨床眼科. 2021.07; 75 (7): 898-903.

  79. 鴨居 功樹. 飛蚊症 けあ・ふる. 2021.07;

  80. 鴨居 功樹. 眼科とダイバーシティ 日本の眼科. 2021.06; 92 (6): 48-49.

  81. 荒川明, 宮本寛知, 鴨居功樹, 益原奈美, 野下純世. 眼科勤務医のニューノーマル ~with コロナ時代をどう乗り切る?~ 日本の眼科. 2021.04; 92 (4): 56-69.

  82. 鴨居 功樹. ぶどう膜炎における生物学的製剤 日本の眼科. 2021.03; 92 (3): 10-14.

  83. 宮永 将、鴨居 功樹、高瀬 博. ベーチェット病による難治性ぶどう膜炎に対するインフリキシマブとアダリムマブの比較. リウマチ科. 2020.09; 64 (3):

  84. 鴨居 功樹. ベーチェット病に対するインフリキシマブ療法. 眼科. 2020.06; 62 (6): 547-554.

  85. 鴨居 功樹. HTLV-1と眼疾患. 細胞. 2019.09; 50 42-43.

  86. 鴨居 功樹. ぶどう膜炎診療のアップデート 江東区医師会会報. 2019.01; (42): 43-44.

  87. 望月 學, 鴨居 功樹, 寺田 裕紀子. HTLV-1ぶどう膜炎 日本内科学会雑誌. 2017.07; 106 (7): 1410-1416.

  88. 鴨居 功樹, 高瀬 博. 【生物学的製剤の時代における非感染性ぶどう膜炎の治療戦略】 アダリムマブ(ヒュミラ) あたらしい眼科. 2017.04; 34 (4): 499-504.

  89. 井出 光広, 鴨居 功樹, 大野 京子.. HTLV-1ぶどう膜炎の再燃と同時に 急激な乾性角結膜炎を発症した1例 臨床眼科紀要 . 2016.08; 9 (8): 647-651.

  90. 鴨居 功樹. 感染性眼内炎 眼科. 2016.03; 58 301-306.

  91. 鴨居 功樹, 大野 京子. 眼炎症疾患における診療の進歩 日本医事新報. 2016.02; 4789 57.

  92. 宮永 将, 高瀬 博, 川口 龍史, 鴨居 功樹, 清水 健太郎, 横田 眞子, 杉田 直, 望月 學. 東京医科歯科大学眼科におけるぶどう膜炎臨床統計―1998年~2001年と2007年~2011年の比較 日本眼科学会雑誌. 2015.10; 119 (10): 678-685.

  93. 尾碕 憲子, 川口 龍史, 村上 喜三雄, 鴨居 功樹, 高瀬 博, 杉田 直. 造血器悪性疾患に合併した眼底病変に対する包括的感染症PCRの有用性 臨床眼科. 2015.09; 69 (9): 1323-1327.

  94. 鴨居 功樹. 後極白内障における新しい核分割法 (Pre-Surround Division Technique). あたらしい眼科. 2015.08; 32 (8): 1143-1144.

  95. 鴨居 功樹. 白内障 けあふる. 2014.05; 79 6-7.

  96. 鴨居 功樹. 白内障 眼科ケア . 2014.04; 16 (4): 329-331.

  97. 鴨居 功樹, 望月 學. ぶどう膜炎 小児科. 2013.05; 54 (6): 863-869.

  98. 鴨居 功樹. 老眼 エコノミスト. 2012; 90 (23): 100.

  99. 山田 由季子,杉田 直, 鴨居 功樹, 高山 かおる, 望月 學. 尋常性乾癬に合併したBehcet病ぶどう膜炎に対してインフリキシマブを投与した1例 臨床眼科. 2009; 63 891-895.

  100. 高橋 任美, 杉田 直, 山田 由季子, 鴨居 功樹, 高瀬 博, 望月 學, 丸山 和一, 木下 茂. ぶどう膜炎と月経との関係に関する調査 臨床眼科. 2009; 63 (8): 1281-1283.

  101. 鴨居 功樹, 杉田 直, 木戸 さやか, 堀江 真太郎, 菅本 良治, 望月 學, 森 浩士, 宮永 将,宮田 和典, 清水 則夫. 皮膚症状を伴わない水痘・帯状疱疹ウイルス前部ぶどう膜炎の3例 2008; 62 1067-1071.

  102. 秋澤 尉子, 鴨居 功樹, 高嶋 隆行, 木戸 さやか. 白内障手術周術期の血圧変動 あたらしい眼科. 2008; 25 1719-1723.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Koju Kamoi, Manabu Mochizuki. Emerging Infectious Uveitis. Springer, 2017.05 Human T-Cell Leukemia Virus Type 1

  2. Koju Kamoi, Manabu Mochizuki. Intraocular Inflammation. Springer, 2016.01 HTLV-1 uveitis (ISBN : 978-3-540-75387-2)

  3. 鴨居 功樹. ぶどう膜炎の治療を受けられる方へ. アダリムマブBS. 2022.03

  4. 鴨居 功樹. ベーチェット病診療ガイドライン 2020. 診断と治療社, 2020.01 分担執筆

  5. 鴨居 功樹. HTLV-1関連脊椎症(HAM)診療ガイドライン 2019. 南江堂, 2019.06 HTLV-1ぶどう膜炎・HTLV-1関連ぶどう膜炎

  6. 鴨居 功樹. HTLV-1 陽性関節リウマチ患者診療の手引(Q&A) 第2版. 2019.03 HTLV-1 ぶどう膜炎/ HTLV-1 関連ぶどう膜炎

  7. 鴨居 功樹. 緑内障・白内障・黄斑変性. マイヘルス社, 2021.08

  8. 鴨居 功樹, 大野 京子. 緑内障. 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程 . 医学書院, 2020.11

  9. 橋本 光正、鴨居 功樹、大野 京子. . アレルギー性結膜炎. 中山書店, 2020.05

  10. 鴨居 功樹. 眼科画像パーフェクトアトラス. 文光堂, 2017.04 サルコイドーシス

  11. 鴨居 功樹. HTLV-1疫学研究及び検査方の標準化に関する研究. AMED(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)H28年度業務成果報告書 . 2017.03

  12. 鴨居 功樹. HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築. AMED(難治性疾患等実用化研究事業)H28年度 分担報告書 . 2017.03

  13. 鴨居 功樹. HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成. 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患等克服研究事業) 平成28年度 分担研究報告書. 2017.03

  14. 鴨居 功樹, 大野 京子. 病期・病態・重症度からみた 疾患別看護過程 +病態関連図 第3版. 医学書院, 2016.12 緑内障

  15. 鴨居 功樹. HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築. AMED(難治性疾患等実用化研究事業)H27年度 分担報告書 . 2016.03

  16. 鴨居功樹. HAM及びHTLV-1関連希少難治性炎症性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築をめざした政策研究. 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患等克服研究事業) 平成27年度 総括・分担研究報告書. 2016.03

  17. 鴨居功樹. HTLV-1疫学研究及び検査方の標準化に関する研究. AMED(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)H27年度業務成果報告書 . 2016.03

  18. 鴨居 功樹. HTLV-1 陽性関節リウマチ患者診療の手引(Q&A). 2016.03 HU (HTLV-1 ぶどう膜炎:HTLV-1 uveitis あるいは HTLV-1 関連ぶどう膜炎:HTLV-1 associated uveitis)

  19. 鴨居 功樹. 都市部におけるHTLV-1ぶどう膜炎の調査. 厚生労働省科学研究委託費(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)HTLV-1疫学研究及び検査方の標準化に関する研究. H26年度業務成果報告書. 2015.03

  20. 鴨居 功樹. HAM及びHTLV-1関連希少難治性炎症性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築を目指した政策研究 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患等克服研究事業). 平成26年度 総括・分担研究報告書. 2015.03

  21. 鴨居 功樹. HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築. 厚生労働科学研究委託事業(難治性疾患等実用化研究事業)H26年度 分担報告書. 2015.03

  22. 鴨居 功樹. HTLV-1関連ぶどう膜炎 診療の手引き . 2015.03

  23. 鴨居 功樹. HTLV-1ぶどう膜炎. 厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業)HTLV-1関連希少難治性疾患における臨床研究の全国展開と基盤整備. 平成25年度 総括・分担研究報告書. 2014.05

  24. 鴨居 功樹. 緑内障診療クローズアップ. メディカルビュー社, 2014.03 ぶどう膜炎に続発する緑内障

  25. 鴨居 功樹. HTLV-1ぶどう膜炎患者における全身疾患の発症リスクの解明. 厚生労働科学研究費補助金. (新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業)HTLV-1感染症の診断法の標準化と発症リスクの解明に関する研究. H23-H25年度 総合研究報告書. 2014.03

  26. 望月 學, 鴨居 功樹, 寺田 裕紀子. HTLV-1感染に関連する非ATL非HAM希少疾患の実態把握と病態解明(ぶどう膜炎). 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)分担研究報告書. 2013.05

  27. 鴨居 功樹. いつか罹る病気に備える本. ブルーバックス, 2012.11 老眼

  28. 鴨居 功樹, 大野 京子. 人体の構造と機能からみた病態生理ビジュアルマップ. 医学書院, 2010

  29. 鴨居 功樹. 眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96 . メジカルビュー社, 2009 感染性心内膜炎

  30. 鴨居 功樹. 眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96 . メジカルビュー社, 2009 地図状脈絡膜炎

  31. 鴨居 功樹. 眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96 . メジカルビュー社, 2009 真菌性眼内炎

  32. 鴨居 功樹. 眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96 . メジカルビュー社, 2009 Vogt-小柳-原田病

  33. 鴨居 功樹, 大野 京子. 病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程. 医学書院, 2008 緑内障

  34. 鴨居 功樹, 清澤 源弘. 目と視覚の不定愁訴・不明愁訴. 金原出版, 2008 AIDSと目

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yuan Zong, Koju Kamoi, Hisako Kurozumi-Karube, Kyoko Ohno-Matsui. Safety of aflibercept for the eye under HTLV-1 infection status in vitro. ARVO Annual Meeting 2022 2022.05.04 Denver, CO, USA

  2. Motohisa Ohno, Tae Igarashi-Yokoi, Mako Itadani,Tatsuro Sakura, Mariko Yana, Akane Fuji, Koju Kamoi, Kyoko Ohno-Matsui.. Focal choroidal excavation after macular Bruch’s membrane rupture in a case of child abuse.. 14th Asia-Pacific Vitreo-retina Society (APVRS) 2021 2021.12.11 webiner

  3. Koju Kamoi, Yuki Iwakiri, Kyoko Ohno-Matsui.. Long-Term Follow-up of the Incidence of Posterior Capsular Opacification and Nd:YAG Capsulotomy in Patients with Uveitis. American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) Annual Meeting 2021.07.23

  4. Koju Kamoi. HTLV-1 related ocular diseases. Alice Springs Hospital Educational Lecture 2018.11.27 Alice Springs, Australia

  5. Koju Kamoi. Ocular Involvement in Hematological Malignancies. The 33rd Asia-Pacific Academy of Ophthalmology (APAO). Symposium. 2018.02.11 Hong Kong

  6. Sergio Schwartzman, Irene Van der Horst-Bruinsma, Alfredo Adan, Hiroshi Goto, Koju Kamoi, Martina Kron, Alexandra P. Song, Kevin Douglas, Sophia Pathai and C. Stephen Foster. Impact of Adalimumab on Immunosuppressant Use in Patients with Active and Inactive Non-Infectious Intermediate, Posterior, or Pan-Uveitis in the Ongoing Open Label Study: Visual-III. The American College of Rheumatology's Annual Meeting 2017. 2017.11.03 San Diego

  7. Kamoi K, Ide M, Mochizuki M, Uchimaru K, Tojo A, Ohno-Matsui K. Human T-cell leukemia virus type 1 uveitis in the non-endemic metropolitan region. HTLV2017(第18回国際HTLV会議) 2017.03.07 東京都千代田区(ホテルグランドアーク半蔵門)

  8. Wei C, Kamoi K, Ando N, Ohno-Matsui K. HTLV-1 virus infection to intraocular tissues contribute to the development of HTLV-1 uveitis. HTLV2017(第18回国際HTLV会議) 2017.03.07 東京都千代田区(ホテルグランドアーク半蔵門)

  9. 鴨居 功樹. HTLV-1関連眼疾患におけるこれまでのエビデンス構築とこれからの展開. 厚生労働省・日本医療研究開発機構 山野班/岡山班合同班会議 2016.10.30 東京

  10. 安藤 尚子, 鴨居 功樹, 魏 辰茜, 大野 京子. HTLV-1ぶどう膜炎発症におけるHTLV-1感染細胞と眼内組織の関与. 第3回日本HTLV-1学会学術集会 2016.08.27 鹿児島

  11. 鴨居 功樹, 内丸 薫, 東條 有伸, 藤 重夫, 吉村 亮一, 大野 京子. ATLの眼浸潤に対してメトトレキセート硝子体注射と放射線照射の併用による眼局所治療が有効であった一例. 第3回日本HTLV-1学会学術集会 2016.08.27 鹿児島

  12. Yi-Hsia Liu, Kimmo Makinen, Koju Kamoi, Lucia Kuffova, John V Forrester. Progressive Retinal Damage in a Spontaneous Model of Autoimmune Uveoretinitis. 2016.08.18 Dublin

  13. 鴨居 功樹、安藤 尚子、魏 辰茜、堀江 真太郎、大野 京子. 成人T細胞白血病細胞の眼浸潤における網膜色素上皮細胞の関与. 第120回日本眼科学会総会 2016.04.07 仙台

  14. Koju Kamoi, Zhaorong Guo, Shintaro ,Horie, Kyoko Ohno-Matsui.. The role of HTLV-1 infected RPE cells in the pathogenesis of HTLV-1 uveitis. ARVO Annual Meeteing 2015.05.05 Denver

  15. Shintaro Horie, Koju Kamoi, Zhaorong Guo, Kyoko Ohno-Matsui. Character of PMA-Stimulated THP-1 Cells under Ocular Diabetic Condition. ARVO Annual Meeteing 2015.05.05 Denver

  16. Izabela P. Klaska, Lucia Kuffova, Koju Kamoi, Corina Bobu, Christina Martin-Granados, Ralph M. Steinman, John V. Forrester. Targeted delivery of self-antigen to dendritic cells attenuates uveoretinitis in mice. Keystone Symposia 2015.03

  17. Koju Kamoi, Yukiko Terada, Kazunori Miyata, Manabu Mochizuki, Kyoko Ohno-Matsui.. Analysis of complications in patients with HTLV-1 uveitis.. Asia-ARVO 2015.02.17

  18. Koju Kamoi, Yukiko Terada, Kazunori Miyata, Manabu Mochizuki, . Association of HTLV-1 uveitis with systemic inflammatory diseases and adult T cell leukemia. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting 2014.05.07

  19. 鴨居 功樹. HTLV-1ぶどう膜炎の実態とメカニズム解析. 日本医療研究開発機構 班会議 2022.06.25 東京

  20. 鴨居 功樹. HTLV-1感染者がバセドウ病を発症した際に注意すべきこと . 厚生労働省・日本医療研究開発機構 合同班会議 2021.12.26

  21. 輕部 央子, 鴨居 功樹, 安藤 尚子, 宗 源, 大野 京子. HTLV-1 感染者における VEGF 阻害薬の眼内投与に関する安全性評価. 第7回 日本HTLV-1学会学術集会 2021.11.06

  22. 鴨居 功樹. ベーチェット病による難治性網膜ぶどう膜炎に対するインフリキシマブ療法の⻑期成績. 第75回日本臨床眼科学会 シンポジウム 2021.10.30

  23. 鴨居 功樹. ぶどう膜炎の診断と治療. 静岡県東部眼科医会放談会 2021.09.09

  24. 鴨居 功樹. 都市部で増加しているHTLV-1感染による眼疾患. Senju live web セミナー 2021.06.23

  25. 鴨居 功樹. HTLV-1ぶどう膜炎の実態とメカニズム解析. 日本医療研究開発機構 班会議 2021.06.19

  26. 鴨居 功樹. ぶどう膜炎をみたら:ぶどう膜炎の診療時に考えること. 千代田区眼科医会学術講演会 2021.05.14

  27. 鴨居 功樹. HTLV-1ぶどう膜炎に関する疫学調査. 日本医療研究開発機構 班会議 2021.01.23

  28. 鴨居 功樹. HTLV-1ぶどう膜炎の最新知見. 国立感染症研究所 セミナー 2020.12.01

  29. 鴨居 功樹. 忘れられがちな関連疾患「ぶどう膜炎」の実情. 世界HTLVデー記念講演会 2020.11.08

  30. 鴨居 功樹. HTLV-1関連眼疾患のアップデート. 第42回ぶどう膜炎カンファレンス 2020.09.11

  31. 鴨居 功樹. HTLV-1関連眼疾患. 国立感染症研究所 セミナー 2020.03.31

  32. 鴨居 功樹. レミケードの長期成績. Infliximab Conference on Behcet Disease 2019. 2019.11.22

  33. 堀口乃恵、高瀬 博、岩崎優子、宮永 将、宮内真理、輕部央子、堀江真太郎、田中美由紀、鴨居功樹、大野京子. アダリムマブ治療が奏功しないぶどう膜炎の臨床像. 第73回日本臨床眼科学会 2019.10.26 京都

  34. 井出 光直、高瀬 博、岩崎 優子、宮内 真理、堀口 乃恵、輕部 央子、宮永 将、池谷 頼子、田中美由紀、鴨居 功樹、大野 京子. 硝子体生検で風疹ウイルス抗体率陽性となったぶどう膜炎の臨床像. 第73回日本臨床眼科学会 2019.10.25 京都

  35. 牧山 純也,鴨居 功樹,小林 誠一郎,渡辺 恵理,石垣 知寛,中島 誠,山岸 誠,中野 和民,東條 有伸,渡邉 俊樹,内丸 薫,大野 京子. Young Investigator Award (YIA) presentation. 末梢血CD4+CADM1+細胞集団の割合とぶどう膜炎の重症度に関する検討. 2019.08.24

  36. 輕部 央子、鴨居 功樹、安藤 尚子、内田 南、大野 京子.. TNFα阻害薬:アダリムマブがHTLV-1感染者の眼に及ぼす影響の検討. 第6回日本HTLV-1学会学術集会 2019.08.23

  37. 輕部央子、鴨居功樹、安藤尚子、魏辰茜、大野京子. HTLV-1感染細胞の眼組織への影響の検討. 第123回日本眼科学会総会 2019.04.19 東京都千代田区(東京国際フォーラム)

  38. 堀口 乃恵、鴨居 功樹、堀江 真太郎、大野 京子. Behçet病による難治性網膜ぶどう膜炎におけるInfliximab治療の長期成績. 第123回 日本眼科学会総会 2019.04.19

  39. 高瀬 博、堀口乃恵、岩崎優子、宮永 将、宮内真理、輕部央子、堀江真太郎、田中美由紀、鴨居功樹、森雅亮、大野京子. 非感染性ぶどう膜炎に対するアダリムマブの有効性の検討. 第123回日本眼科学会総会 2019.04.19

  40. Minami Uchida, Koju Kamoi, Naoko Ando, Chenxi Wei, Hisako Karube, Kyoko Ohno-Matsui.. Effect of anti-TNF-α antibody on the ocular inflammation complicated by HTLV-1 infection.. 第123回 日本眼科学会総会 2019.04.18

  41. 鴨居 功樹. レトロウイルスによるぶどう膜炎:HTLV-1関連眼疾患. 第20回 Tokyo Retina League, Keynote lecture 2019.03.15 東京

  42. 鴨居 功樹. ぶどう膜炎を引き起こす新興・再興感染症. 第5回TMDU眼科病診連携の会 2019.01.31

  43. 鴨居 功樹. ぶどう膜炎診療のアップデート. 第5回江東区医師会眼科医会学術講演会 特別講演 2018.09.26

  44. 鴨居 功樹. 論文を書くということ. Ophthalmic Academy of Glaucoma 2018.09.18

  45. 鴨居 功樹. ぶどう膜炎の診断と治療の進歩. 第10回 TMDU眼科フォーラム 基調講演 2018.06.23

  46. 鴨居 功樹, Sergio Schwartzman, Irene Van der Horst-Bruinsma, Alfredo Adan, Hiroshi Goto, Martina Kron, Alexandra P. Song, Kevin Douglas, Sophia Pathai, C. Stephen Foster. 中間部、後部または汎ぶどう膜炎に対するアダリムマブと免疫調節剤併用療法の検討. 第122回日本眼科学会総会 2018.04.19

  47. 鴨居 功樹. 局所投与療法. 第71回日本臨床眼科学会 シンポジウム 2017.10.14 東京

  48. 鴨居 功樹. HTLV-1 ぶどう膜炎の診断と治療. 厚生労働省・日本医療研究開発機構 合同班会議 2017.10.09 東京

  49. 鴨居 功樹. HTLV-1 関連眼疾患の基礎と臨床 〜HTLV-1 ぶどう膜炎と ATL 関連眼疾患〜. 長崎大学 大学院セミナー 2017.07.22 長崎

  50. 鴨居 功樹. 非感染性ぶどう膜炎の鑑別診断. フォーサム大阪 2017 モーニングセミナー 2017.07.15 大阪

  51. 神田貴之、安田真実、竹内大、蕪城俊克、田中純美、南場研一、鴨居功樹、水木信久、澁谷悦子、丸山和一. 内因性ぶどう膜炎増悪時に対する局所および全身加療の実態調査. フォーサム 2017 2017.07.14 大阪府大阪市(大阪国際会議場)

  52. 鴨居 功樹. 診断技術の進歩. 第121回日本眼科学会総会 日本眼科学会専門医制度講習会 2017.04.08 東京

  53. 鴨井功樹、安藤尚子、魏辰茜、大野京子. 成人T細胞白血病の眼浸潤病変における抗CCR4抗体による眼局所療法の検討. 第121回日本眼科学会 2017.04.06 東京都千代田区(東京国際フォーラム)

  54. 岡山 昭彦, 川上 純, 渡邊 俊樹, 岩永 正子, 鴨居 功樹, 山野 嘉久. . HTLV-1陽性難治性疾患診療ガイドライン作成を目指すエビデンス構築. HTLV-1陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築.. 難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)2016年度合同成果報告会 2017.02.10

  55. 鴨居 功樹. HTLV-1ぶどう膜炎診療における課題 . 厚生労働省・日本医療研究開発機構 山野班合同班会議 2016.06.26 東京

  56. 鴨居 功樹. HTLV-1関連眼疾患におけるエビデンス構築. 日本医療研究開発機構 岡山班 班会議 2016.05.15 宮崎

  57. 鴨居 功樹. HTLV-1感染と眼疾患. 東京眼科集談会 特別講演 2015.11.25 東京

  58. 鴨居 功樹. HTLV-1関連眼疾患の二次調査に向けて. 厚生労働省・日本医療研究開発機構 出雲班/岡山班合同班会議 2015.11.23 宮崎

  59. 高橋 洋如, 高瀬 博, 新井 文子, 寺田 裕紀子, 鴨居 功樹, 望月 學, 大野 京子. 両眼性肉芽腫性汎ぶどう膜炎像を呈したEBウイルス陽性Tリンパ増殖症の2例. 第65回日本臨床眼科学会 2015.10.23

  60. 鴨居 功樹, 岡山 昭彦, 大野 京子. HTLV-1ぶどう膜炎の診療に関する全国アンケート調査. 第69回日本臨床眼科学会 2015.10.22 名古屋

  61. 鴨居 功樹, 岡山 昭彦, 大野 京子. ATL関連眼疾患に関する診療の現状:全国アンケート調査結果. 第2回日本HTLV−1学会 2015.08.23 東京

  62. 今井 彩乃, 高瀬 博, 松田 剛, 今留 謙一, 鴨居 功樹, 望月 學, 大野 京子, 新井 文子. 脳病変より節外性NK/T細胞リンパ腫と確定診断されたEBウイルス陽性ぶどう膜炎の1例. 第49回日本眼炎症学会 2015.07.11 大阪

  63. 鴨居 功樹. 眼科領域におけるHTLV-1診療の現状. 日本医療研究開発機構 岡山班/山野班合同班会議 2015.05.17 東京

  64. 鴨居 功樹, 郭 曌蓉, 堀江 真太郎, 大野京子. HTLV-1ぶどう膜炎の発症における網膜色素上皮細胞へのHTLV-1感染の関与. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.17 札幌

  65. 井出 光広, 鴨居 功樹, 望月 學, 大野 京子. 東京におけるHTLV-1ぶどう膜炎の臨床的特徴. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.16 東京

  66. 高橋 洋如, 高瀬 博, 新井 文子, 寺田 裕紀子, 鴨居 功樹, 望月 學, 大野 京子. 両眼性肉芽腫性汎ぶどう膜炎像を呈したEBウイルス陽性Tリンパ増殖症の2例. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.16 東京

  67. 堀江 真太郎, 高瀬 博, 鴨居 功樹, 大野 京子. 病的近視眼に発症し特異な脈絡膜肥厚像を呈した交感性眼炎の一例. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.16

  68. 鴨居 功樹. 首都圏と高浸淫地におけるHTLV-1ぶどう膜炎の比較. 厚生労働省 難治疾患等政策事業・難治性疾患等研究事業 出雲班・岡山班合同班会議 2014.12.05

  69. 川口龍史, 尾碕憲子, 村上喜三雄, 鴨居功樹 , 高瀬博 , 杉田直. 造血器悪性疾患に合併した眼底病変に対する前房水を用いた包括的感染症PCRの有用性. 第68回日本臨床眼科学会 2014.11.13 神戸

  70. 平野 光人, 大野 伸広, 小林 誠一郎, 石垣 知寛, 田野崎 隆二, 鴨居 功樹, 望月 學, 内丸 薫, 東條 有伸. 急性型ATLとHTLV-1ぶどう膜炎の同時発症の1例. 第1回日本HTLV-1学会学術集会 2014.08.22

  71. 寺田 裕紀子, 鴨居 功樹, 山野 ちなみ, 山野 嘉久. HTLV-1キャリアに合併した関節リウマチにおける生物学的製剤の使用でHTLV—1ぶどう膜炎とHTLV-1関連脊髄症が悪化した1例. 第1回日本HTLV-1学会学術集会 2014.08.22

  72. 鴨居 功樹, 寺田 裕紀子, 宮田 和典, 望月 學. HTLV-1ぶどう膜炎の臨床像. 第1回日本HTLV-1学会学術集会 2014.08.22

  73. 軽部 央子, 鴨居 功樹, 堀江 真太郎, 高瀬 博, 大野 京子, 望月 學. アダリムマブ導入でベーチェット病のぶどう膜炎を抑制できた一例. 第48回日本眼炎症学会 2014.07.04 東京

  74. 福地麗, 宮永将, 高瀬博, 鴨居功樹, 横田眞子, 赤尾信明, 望月學. 東京医科歯科大学における眼トキソカラ症の検討. 第25回日本臨床寄生虫学会 2014.06.14

  75. 鈴木 さやか, 鴨居 功樹, 高瀬 博, 大野 京子, 富澤 大輔. Myeloid/NK cell precursor acute leukemiaの経過中に眼内浸潤がみられた1例. 第118回日本眼科学会総会 2014.04.02 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回日本HTLV-1学会 Yong Investigator Award (牧山 純也),2019年08月

  • アルコン 医師主導研究プログラム (鴨居 功樹),2019年05月

  • 第4回 バイエル レチナ・アワード (鴨居 功樹),2019年03月

  • 第8回 公益信託 参天製薬創業者記念眼科医学研究基金 (鴨居 功樹),2019年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本HTLV-1学会 プレスリリース,2022年01月

    THE LANCET. (Kamoi K, et al. )

  • 【プレスリリース】「バセドウ病に急激な視力低下が起きたら、HTLV-1感染の確認を」―HTLV-1キャリアのバセドウ病では、その経過中に眼炎症が起こる―東京医科歯科大学、東京大学医科学研究所,2022年01月

    THE LANCET

  • 日本HTLV-1学会 プレスリリース,2021年04月

    THE LANCET Infectious Diseases. (Kamoi K, et al. )

  • 【プレスリリース】「ヒトT細胞白血病ウイルス1型 (HTLV-1) は水平感染によって眼に炎症を引き起こすことを発見」―水平感染は病気を引き起こす重要な感染経路である― 東京医科歯科大学、東京大学医科学研究所,2021年03月

    THE LANCET Infectious Diseases

  • TMDU Research Activities 2020-2021. ,2021年02月

    The natural artistry of disease: a wintry landscape in the eye. (Koju Kamoi)

  • 2020年11月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 日本HTLV-1学会 ニュースレター,2020年10月

    THE LANCET Haematology. (Kamoi K, et al. )

  • 【プレスリリース】「同種造血幹細胞移植後に起こる眼の病変を発見」―成人T細胞白血病に対する同種造血幹細胞移植後における眼科検査の重要性― 東京医科歯科大学、東京大学医科学研究所、東京大学大学院新領域,2020年09月

    THE LANCET Haematology

  • バセドウ病にはHTLV-1ぶどう膜炎に注意,2022年03月

    メディカルトリビューン(鴨居功樹)

  • HTLV-1キャリアのバセドウ病では経過中に眼炎症が起こる,2022年01月

    大学ジャーナル (鴨居功樹)

  • 老眼,2021年11月

    日本経済新聞 (鴨居功樹)

  • 緑内障・白内障・黄斑変性を防ぎ治す,2021年08月

    マイヘルス社(マキノ出版グループ),壮快 8月号 (鴨居 功樹)

  • HTLV-1ぶどう膜炎と甲状腺機能亢進症,2021年04月

    キャリねっと:HTLV-1キャリア登録サイト(厚生労働科学研究費補助金 がん対策推進総合研究事業)(鴨居 功樹)

  • 2021年04月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • HTLV-1ぶどう膜炎、水平感染でも発生,2021年03月

    メディカルトリビューン (鴨居功樹)

  • ぶどう膜炎の現状と治療,2021年02月

    日本HTLV-1学会 e-learning (鴨居功樹)

  • HTLV-1感染症 なお残る課題,2020年01月

    朝日新聞 (鴨居 功樹)

  • 後発白内障. ,2020年01月

    東京新聞・中日新聞 (鴨居 功樹)

  • 白内障,2019年11月

    くらしの知恵. 共同通信 (鴨居 功樹)

  • 斜視,2019年09月

    どうしました. 朝日新聞 (鴨居 功樹)

  • 白内障手術 デモンストレーション 3D映像システム ,2019年04月

    第123回日本眼科学会総会 (鴨居功樹)

  • HTLV-1 陽性関節リウマチ患者診療の手引(Q&A) 第2版 ,2019年03月

    (厚生労働省 難治性疾患政策研究事業)

  • HTLV-1関連脊椎症(HAM)診療ガイドライン ,2019年03月

    (厚生労働省 難治性疾患政策研究事業)

  • アボリジニのHTLV-1診療拠点を訪問して,2019年02月

    キャリねっと:HTLV-1キャリア登録サイト(厚生労働科学研究費補助金 がん対策推進総合研究事業)(鴨居 功樹)

  • Japanese HTLV-1 experts visit Central Australia,2018年12月

    Baker Institute News, Australia

  • 目の老化と不調,2018年09月

    栄養と料理 (鴨居 功樹)

  • Quality of Vision,2018年06月

    キャリねっと:HTLV-1キャリア登録サイト(厚生労働科学研究費補助金 がん対策推進総合研究事業)(鴨居 功樹)

  • 「ぶどう膜炎」失明減る. 新薬承認後10年、抑制効果 ,2017年12月

    日本経済新聞 (鴨居 功樹)2017.12.04

  • なぜ人は目が悪くなるの?,2017年11月

    日本経済新聞 (鴨居 功樹)2017.11.25

  • 妊産婦診療におけるHTLV-1感染(症)の診断指針,2017年07月

    AMED「HTLV-1疫学研究及び検査法の標準化に関する研究」

  • HTLV-1陽性関節リウマチ患者診療の手引き(Q&A),2016年03月

    AMED「HTLV-1 陽性難治性疾患の診療の質を高めるためのエビデンス構築 」

  • HTLV-1と眼の病気,2016年01月

    キャリねっと:HTLV-1キャリア登録サイト(厚生労働科学研究費補助金 がん対策推進総合研究事業)

  • HTLV-1関連ぶどう膜炎 診療の手引き,2015年03月

    厚労科研「HAM及びHTLV-1関連希少難治性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築をめざした政策研究」

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 老眼かな?眼鏡は用途で使い分け 白内障と併せて対処も,日本経済新聞社,日本経済新聞,2021年11月16日

  • 目の前にもやもやが浮かんで見える「飛蚊症」 急に増えたり視野が書けたら眼科受診を,株式会社日経メディカル開発,けあ・ふる,2021年05月18日

  • 「緑内障・白内障・黄斑変性」を防ぎ治す極意,マイヘルス社(マキノ出版グループ),壮快 8月号,2021年05月11日

  • 生活面「紙上診察室」 「後期白内障」に関する読者相談へのご回答,中日新聞社,中日新聞,2019年12月09日

  • HTLV-1感染症,朝日新聞社,朝日新聞,2019年11月05日

  • 斜視の原因、診断、治療法について,朝日新聞社,朝日新聞,2019年08月20日

  • 白内障について,共同通信社,くらしの知恵,2019年07月29日

  • 老化による目の不調,栄養と料理,女子栄養大学出版部,2018年07月10日

  • 「ぶどう膜炎」失明減る 新薬承認後10年、抑制効果,日本経済新聞社,日本経済新聞,2017年12月04日

  • なぜ目が悪くなるの?,日本経済新聞社,日本経済新聞,2017年11月13日

▼全件表示