基本情報

写真a

稲次 基希(イナジ モトキ)

INAJI Motoki


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2007年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年02月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 講師
  • 2011年02月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 講師
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 講師
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 講師
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 脳・神経・精神診療領域 脳神経外科 講師
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 講師

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • PETによるてんかん原性獲得過程の可視化と新たな焦点診断方法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • てんかん原性バイオマーカーとしてのレッドスパイクの検出と臨床応用の研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • PETおよび光学計測を用いた、再生医療における神経回路再生過程の生体内評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 実症例再現と脳神経伝達機能評価を活用した時空間統合脳損傷評価への展開

    文部科学省/日本学術振興会

  • てんかんにおけるアデノシンA1受容体活性と心拍変動の関連の研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 経口栄養の重要性を腸内細菌叢から再確認する-摂食嚥下障害と全身の健康について-

    文部科学省/日本学術振興会

  • 心電図解析によるてんかん患者の発作予後予測に関する検討

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Noda Mariko, Inaji Motoki, Karakama Jun, Arai Yukika, Kuroha Masae, Tamura Kaoru, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi. ベバシズマブ治療下で多発性脳動脈狭窄を伴う虚血性脳卒中を発症した退形成星細胞腫患者 1症例報告(Ischemic Stroke with Multiple Cerebral Artery Stenosis in a Patient with an Anaplastic Astrocytoma during Bevacizumab Treatment: A Case Report) NMC Case Report Journal. 2022.12; 9 (1): 13-17. ( 医中誌 )

  2. Fujino A, Tanaka Y, Abe D, Ariizumi Y, Inaji M, Maehara T. A New Technique for the Endoscopic Reconstruction of Skull Base Defects Using Multiple-balloon Catheters. Neurologia medico-chirurgica. 2022.09; ( PubMed, DOI )

  3. Kuroda N, Kubota T, Horinouchi T, Ikegaya N, Kitazawa Y, Kodama S, Kuramochi I, Matsubara T, Nagino N, Neshige S, Soga T, Takayama Y, Sone D, IMPACT-J EPILEPSY (In-depth Multicenter analysis during Pandemic of Covid19 Throughout Japan for Epilepsy practice) study group., Kanemoto K, Ikeda A, Terada K, Goji H, Ohara S, Hagiwara K, Kamada T, Iida K, Ishikawa N, Shiraishi H, Iwata O, Sugano H, Iimura Y, Higashi T, Hosoyama H, Hanaya R, Shimotake A, Kikuchi T, Yoshida T, Shigeto H, Yokoyama J, Mukaino T, Kato M, Sekimoto M, Mizobuchi M, Aburakawa Y, Iwasaki M, Nakagawa E, Iwata T, Tokumoto K, Nishida T, Takahashi Y, Kikuchi K, Matsuura R, Hamano SI, Fujimoto A, Enoki H, Tomoto K, Watanabe M, Takubo Y, Fukuchi T, Nakamoto H, Kubota Y, Kunii N, Shirota Y, Ishikawa E, Nakasato N, Maehara T, Inaji M, Takagi S, Enokizono T, Masuda Y, Hayashi T. Impact of COVID-19 pandemic on epilepsy care in Japan: A national-level multicenter retrospective cohort study. Epilepsia open. 2022.05; ( PubMed, DOI )

  4. Takamura T, Hara S, Nariai T, Ikenouchi Y, Suzuki M, Taoka T, Ida M, Ishigame K, Hori M, Sato K, Kamagata K, Kumamaru K, Oishi H, Okamoto S, Araki Y, Uda K, Miyajima M, Maehara T, Inaji M, Tanaka Y, Naganawa S, Kawai H, Nakane T, Tsurushima Y, Onodera T, Nojiri S, Aoki S. Effect of Temporal Sampling Rate on Estimates of the Perfusion Parameters for Patients with Moyamoya Disease Assessed with Simultaneous Multislice Dynamic Susceptibility Contrast-enhanced MR Imaging. Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine. 2022.03; ( PubMed, DOI )

  5. Noda M, Inaji M, Karakama J, Arai Y, Kuroha M, Tamura K, Tanaka Y, Maehara T. Ischemic Stroke with Multiple Cerebral Artery Stenosis in a Patient with an Anaplastic Astrocytoma during Bevacizumab Treatment: A Case Report. NMC case report journal. 2022; 9 13-17. ( PubMed, DOI )

  6. Inaji Motoki, Yamamoto Takamichi, Kawai Kensuke, Maehara Taketoshi, Doyle Werner K.. てんかん外科手術における新しい緩和選択としての反応性神経刺激(Responsive Neurostimulation as a Novel Palliative Option in Epilepsy Surgery) Neurologia medico-chirurgica. 2021.01; 61 (1): 1-11. ( 医中誌 )

  7. Orihara A, Hara K, Hara S, Shimizu K, Inaji M, Hashimoto S, Maehara T. Effects of sevoflurane anesthesia on intraoperative high-frequency oscillations in patients with temporal lobe epilepsy. Seizure. 2020.11; 82 44-49. ( PubMed, DOI )

  8. Hara Shoko, Kudo Takumi, Hayashi Shihori, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Ishii Kenji, Nariai Tadashi. 成人もやもや病における間接バイパス手術後の認知機能低下の改善 15OガスPETの診断的意義(Improvement in cognitive decline after indirect bypass surgery in adult moyamoya disease: implication of 15O-gas positron emission tomography) Annals of Nuclear Medicine. 2020.07; 34 (7): 467-475. ( 医中誌 )

  9. Obana Michiyo, Furuya Junichi, Matsubara Chiaki, Tohara Haruka, Inaji Motoki, Miki Kazunori, Numasawa Yoshiyuki, Minakuchi Shunsuke, Maehara Taketoshi. Effect of a collaborative transdisciplinary team approach on oral health status in acute stroke patients JOURNAL OF ORAL REHABILITATION. 2019.12; 46 (12): 1170-1176. ( PubMed, DOI )

  10. Hara S, Tanaka Y, Ueda Y, Abe D, Hayashi S, Inaji M, Maehara T, Ishii K, Nariai T. Detection of hemodynamic impairment on <sup>15</sup>O gas PET using visual assessment of arterial spin-labeling MR imaging in patients with moyamoya disease. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2019.12; 72 258-263. ( PubMed, DOI )

  11. Takahashi Satoru, Shimizu Kazuhide, Inaji Motoki, Hashimoto Satoka, Yamamoto Shinji, Maehara Taketoshi. Effectiveness of perampanel as a first add-on antiepileptic drug for the treatment of partial epilepsy EPILEPSY & BEHAVIOR. 2019.11; 100 (Pt A): 106492. ( PubMed, DOI )

  12. Hara S., Tanaka Y., Hayashi S., Inaji M., Maehara T., Hori M., Aoki S., Ishii K., Nariai T.. Bayesian Estimation of CBF Measured by DSC-MRI in Patients with Moyamoya Disease: Comparison with O-15-Gas PET and Singular Value Decomposition AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY. 2019.11; 40 (11): 1894-1900. ( DOI )

  13. Hashimoto S., Maeda J., Takuwa H., Takado Y., Shimojo M., Takahashi M., Urushihata T., Sampei K., Minamihisamatsu T., Inaji M., Kumata K., Ming-Rong Z., Suhara T., Maehara T., Higuchi M.. Astrocyte Dysfunction Induced By Abnormal Tryptophan Metabolism In The Pathology Of Epilepsy EPILEPSIA. 2019.11; 60 178-179.

  14. Inaji M., Hayashi S., Nariai T., Sakata M., Ishii K., Maehara T.. [11C] MPDX Pet Imaging Of Adenosine A1 Receptors In Mesial Temporal Lobe Epilepsy Patients EPILEPSIA. 2019.11; 60 97-98.

  15. Hara Shoko, Hori Masaaki, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi, Aoki Shigeki, Nariai Tadashi. モヤモヤ病患者への間接バイパス手術後に観察される白質信号強度の減少(Regression of White Matter Hyperintensity after Indirect Bypass Surgery in a Patient with Moyamoya Disease) Magnetic Resonance in Medical Sciences. 2019.10; 18 (4): 247-248. ( 医中誌 )

  16. Hashimoto Satoka, Maeda Jun, Takuwa Hiroyuki, Takado Yuhei, Shimojo Masafumi, Inaji Motoki, Kumata Katsushi, Zhang Ming-Rong, Suhara Tetsuya, Maehara Taketoshi, Higuchi Makoto. Abnormal tryptophan metabolism and astrocyte functional failure in the pathology of epilepsy Journal of the Japan Epilepsy Society. 2019.09; 37 (2): 551. ( 医中誌 )

  17. Tanaka Y., Miyasaka N., Hara S., Inaji M., Maehara T., Nariai T.. Changes in cerebral blood flow during pregnancy detected by arterial spin labeling MRI in healthy subjects and in the patients with moyamoya disease JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2019.07; 39 230.

  18. Hayashi S., Inaji M., Nariai T., Wagatsuma K., Sakata M., Ishii K., Maehara T.. Gap filling and rebinning algorithms for 3D PET data JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2019.07; 39 594.

  19. Inaji M., Hayashi S., Nariai T., Sakata M., Ishii K., Maehara T.. Adenosine A1 Receptor Imaging with [C-11]MPDX PET in mesial temporal lobe epilepsy patients JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2019.07; 39 547.

  20. Hara S, Hori M, Ueda R, Hagiwara A, Hayashi S, Inaji M, Tanaka Y, Maehara T, Ishii K, Aoki S, Nariai T. Intravoxel incoherent motion perfusion in patients with Moyamoya disease: comparison with 15O-gas positron emission tomography. Acta radiologica open. 2019.05; 8 (5): 2058460119846587. ( PubMed, DOI )

  21. Hashimoto Satoka, Inaji Motoki, Nariai Tadashi, Kobayashi Daisuke, Sanjo Nobuo, Yokota Takanori, Ishii Kenji, Maehara Taketoshi. Usefulness of [11C] Methionine PET in the Differentiation of Tumefactive Multiple Sclerosis from High Grade Astrocytoma Neurologia medico-chirurgica. 2019.05; 59 (5): 176-183. ( 医中誌 )

  22. Hashimoto Satoka, Inaji Motoki, Nariai Tadashi, Kobayashi Daisuke, Sanjo Nobuo, Yokota Takanori, Ishii Kenji, Taketoshi Maehara. Usefulness of [C-11] Methionine PET in the Differentiation of Tumefactive Multiple Sclerosis from High Grade Astrocytoma NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA. 2019.05; 59 (5): 176-183. ( PubMed, DOI )

  23. Hara Shoko, Hori Masaaki, Ueda Ryo, Hayashi Shihori, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Ishii Kenji, Aoki Shigeki, Nariai Tadashi. Unraveling Specific Brain Microstructural Damage in Moyamoya Disease Using Diffusion Magnetic Resonance Imaging and Positron Emission Tomography JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2019.04; 28 (4): 1113-1125. ( PubMed, DOI )

  24. Yoshimura Yuri, Hara Keiko, Akaza Miho, Ohta Katsuya, Sumi Yuki, Inaji Motoki, Yanagisawa Eriko, Maehara Taketoshi. 血液学的生化学的パラメータに対する抗てんかん薬単剤療法の影響(Effects of antiepileptic monotherapy on hematological and biochemical parameters) Epilepsy & Seizure. 2019; 11 (1): 1-13. ( 医中誌 )

  25. Hara S, Hori M, Inaji M, Maehara T, Aoki S, Nariai T. Regression of White Matter Hyperintensity after Indirect Bypass Surgery in a Patient with Moyamoya Disease. Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine. 2018.12; 18 (4): 247-248. ( PubMed, DOI )

  26. Hara S, Hori M, Murata S, Ueda R, Tanaka Y, Inaji M, Maehara T, Aoki S, Nariai T. Microstructural Damage in Normal-Appearing Brain Parenchyma and Neurocognitive Dysfunction in Adult Moyamoya Disease. Stroke. 2018.10; 49 (10): 2504-2507. ( PubMed, DOI )

  27. Wagatsuma Kei, Oda Keiichi, Sakata Muneyuki, Inaji Motoki, Miwa Kenta, Sasaki Masayuki, Toyohara Jun, Ishii Kenji. Validation of scatter limitation correction to eliminate scatter correction error in oxygen-15 gas-inhalation positron emission tomography images NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS. 2018.10; 39 (10): 936-944. ( PubMed, DOI )

  28. Karakama Jun, Nariai Tadashi, Hara Shoko, Hayashi Shihori, Sumita Kazutaka, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Wagatsuma Kei, Ishii Kenji, Nemoto Shigeru, Maehara Taketoshi. Unique Angiographic Appearances of Moyamoya Disease Detected with 3-Dimensional Rotational Digital Subtraction Angiography Imaging Showing the Hemodynamic Status JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2018.08; 27 (8): 2147-2157. ( PubMed, DOI )

  29. Nakano T, Tamura K, Tanaka Y, Inaji M, Hayashi S, Kobayashi D, Nariai T, Toyohara J, Ishii K, Maehara T. Usefulness of <sup>11</sup>C-Methionine Positron Emission Tomography for Monitoring of Treatment Response and Recurrence in a Glioblastoma Patient on Bevacizumab Therapy: A Case Report. Case reports in oncology. 2018.05; 11 (2): 442-449. ( PubMed, DOI )

  30. Shihori Hayashi, Motoki Inaji, Tadashi Nariai, Keiichi Oda, Muneyuki Sakata, Jun Toyohara, Kenji Ishii, Kiichi Ishiwata, Taketoshi Maehara. Increased Binding Potential of Brain Adenosine A1 Receptor in Chronic Stages of Patients with Diffuse Axonal Injury Measured with [1-methyl-11C] 8-dicyclopropylmethyl-1-methyl-3-propylxanthine Positron Emission Tomography Imaging. J. Neurotrauma. 2018.01; 35 (1): 25-31. ( PubMed, DOI )

  31. Ohnaka Keisuke, Shimizu Kazuhide, Kobayashi Daisuke, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi. 基底槽に伸展した胚芽異形成性神経上皮腫瘍 1症例報告(Dysembryoplastic Neuroepithelial Tumor with Extension to the Basal Cistern: A Case Report) Epilepsy & Seizure. 2018; 10 (1): 87-94. ( 医中誌 )

  32. Sakyo Hirai, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Shoko Hara, Tadashi Nariai, Taketoshi Maehara. Correlation between Clinical Presentations and Hemodynamic Parameters Measured by Dynamic Susceptibility Contrast Magnetic Resonance Imaging in Adult Patients with Moyamoya Disease. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2017.12; 26 (12): 2814-2820. ( PubMed, DOI )

  33. Kei Wagatsuma, Keiichi Oda, Kenta Miwa, Motoki Inaji, Muneyuki Sakata, Jun Toyohara, Kiichi Ishiwata, Masayuki Sasaki, Kenji Ishii. O-labeled gas. The image quality with the neck shield was similar to that without the neck shield. Radiol Phys Technol. 2017.12; 10 (4): 422-430. ( PubMed, DOI )

  34. Wagatsuma Kei, Oda Keiichi, Miwa Kenta, Inaji Motoki, Sakata Muneyuki, Toyohara Jun, Ishiwata Kiichi, Sasaki Masayuki, Ishii Kenji. 15O標識ガスを用いて取得した脳画像画質に、新規タングステンラバー製ネックシールドがもたらす効果(Effects of a novel tungsten-impregnated rubber neck shield on the quality of cerebral images acquired using 15O-labeled gas) Radiological Physics and Technology. 2017.12; 10 (4): 422-430. ( 医中誌 )

  35. Jiro Aoyama, Tadashi Nariai, Maki Mukawa, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Taketoshi Maehara. Case of Familial Moyamoya Disease Presenting 10 Years After Initial Negative Magnetic Resonance Screening in Childhood. World Neurosurg. 2017.09; 105 1035.e1-1035.e4. ( PubMed, DOI )

  36. 中谷 光良, 井内 盛遠, 十川 純平, 村井 智彦, 小林 勝哉, 人見 健文, 橋本 聡華, 稲次 基希, 白水 洋史, 金澤 恭子, 渡辺 裕貴, 臼井 直敬, 井上 有史, 前原 健寿, 池田 昭夫. 多施設共同研究における発作時DC電位・HFOの記録および解析の標準化案(Proposal of standard recording and analysis of intracranial ictal DC shifts and HFOs) てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 468. ( 医中誌 )

  37. S Hara, Y Tanaka, Y Ueda, S Hayashi, M Inaji, K Ishiwata, K Ishii, T Maehara, T Nariai. Noninvasive Evaluation of CBF and Perfusion Delay of Moyamoya Disease Using Arterial Spin-Labeling MRI with Multiple Postlabeling Delays: Comparison with 15O-Gas PET and DSC-MRI. AJNR Am J Neuroradiol. 2017.04; 38 (4): 696-702. ( PubMed, DOI )

  38. Baba Shimpei, Sugawara Yuji, Moriyama Kengo, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi, Yamamoto Toshiyuki, Morio Tomohiro. CDKL5突然変異を有する女児における迷走神経刺激補助療法による難治性てんかんの改善(Amelioration of intractable epilepsy by adjunct vagus nerve stimulation therapy in a girl with a CDKL5 mutation) Brain & Development. 2017.04; 39 (4): 341-344. ( 医中誌 )

  39. Shin Hirota, Motoki Inaji, Tadashi Nariai, Mutsuya Hara, Masashi Tamaki, Taketoshi Maehara, Hiroki Tomita, Osamu Tone. Correlations between Cognitive Impairments and Employment Status in Patients with Diffuse Axonal Injury. Neurol. Med. Chir. (Tokyo). 2017.02; 57 (2): 94-100. ( PubMed, DOI )

  40. Hirota Shin, Inaji Motoki, Nariai Tadashi, Hara Mutsuya, Tamaki Masashi, Maehara Taketoshi, Tomita Hiroki, Tone Osamu. びまん性軸索損傷患者における認知障害と雇用状態との関連性について(Correlations between Cognitive Impairments and Employment Status in Patients with Diffuse Axonal Injury) Neurologia medico-chirurgica. 2017.02; 57 (2): 94-100. ( 医中誌 )

  41. Takahiro Ogishima, Kaoru Tamura, Daisuke Kobayashi, Motoki Inaji, Shihori Hayashi, Reina Tamura, Tadashi Nariai, Kenji Ishii, Taketoshi Maehara. ATRX status correlates with 11 C-methionine uptake in WHO grade II and III gliomas with IDH1 mutations. Brain Tumor Pathol. 2017.01; 34 (1): 20-27. ( PubMed, DOI )

  42. Ogishima Takahiro, Tamura Kaoru, Kobayashi Daisuke, Inaji Motoki, Hayashi Shihori, Tamura Reina, Nariai Tadashi, Ishii Kenji, Maehara Taketoshi. ATRXステータスはIDH1変異を伴うWHOグレードII/IIIグリオーマにおける11C-メチオニン取り込みと相関する(ATRX status correlates with 11 C-methionine uptake in WHO grade II and III gliomas with IDH1 mutations) Brain Tumor Pathology. 2017.01; 34 (1): 20-27. ( 医中誌 )

  43. Shimpei Baba, Yuji Sugawara, Kengo Moriyama, Motoki Inaji, Taketoshi Maehara, Toshiyuki Yamamoto, Tomohiro Morio. Amelioration of intractable epilepsy by adjunct vagus nerve stimulation therapy in a girl with a CDKL5 mutation. Brain Dev.. 2016.11; 39 (4): 341-344. ( PubMed, DOI )

  44. Inaji Motoki, Hayashi Shihori, Nariai Tadashi, Wagatsuma Kei, Ishibashi Kenji, Toyohara Jun, Ishii Kenji, Maehara Taketoshi. 海馬硬化症を伴う内側側頭葉てんかんにおける代謝型グルタミン酸受容体1型PETイメージング(Initial mGluR1 PET imaging of mTLE patients with HS) てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 403. ( 医中誌 )

  45. Miyajima Miho, Yamakawa Toshitaka, Fujiwara Koichi, Suzuki Yoko, Watanabe Masako, Inaji Motoki, Watanabe Satsuki, Murata Yoshiko, Watanabe Yutaka, Kano Manabu, Matsushima Eisuke. 装着可能な心拍数変動モニター装置を用いた新規てんかん発作予測システムの開発(Development of a new epileptic seizure prediction system with wearable heart rate variability monitoring device) てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 400. ( 医中誌 )

  46. Wagatsuma Kei, Oda Keiichi, Inaji Motoki, Miwa Kenta, Hayashi Shihori, Sakata Muneyuki, Sasaki Masayuki, Ishiwata Kiichi, Ishii Kenji. Scatter limitation correction can avoid scatter correction error caused by a high radioactivity in the facemask in an oxygen-15 labeled gas-inhalation PET study JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE. 2016.05; 57

  47. Katsushige Sato, Shihori Hayashi, Motoki Inaji, Yoko Momose-Sato. Oscillations in the embryonic chick olfactory bulb: initial expression and development revealed by optical imaging with a voltage-sensitive dye. Eur. J. Neurosci.. 2016.02; 43 (8): 1111-1121. ( PubMed, DOI )

  48. Maki Mukawa, Tadashi Nariai, Motoki Inaji, Natsumi Tamada, Taketoshi Maehara, Yoshiharu Matsushima, Kikuo Ohno, Mariko Negi, Daisuke Kobayashi. First autopsy analysis of a neovascularized arterial network induced by indirect bypass surgery for moyamoya disease: case report. J. Neurosurg.. 2015.09; 124 (5): 1-4. ( PubMed, DOI )

  49. Maehara Taketoshi, 稲次 基希, 橋本 聡華, 田中 洋次. 後頭葉てんかんの最新情報 解剖、病因、症状のMRI研究(Update on occipital lobe epilepsy MRI study for anatomy, etiology and symptoms) てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 391. ( 医中誌 )

  50. Wagatsuma Kei, Oda Keiichi, Miwa Kenta, Inaji Motoki, Hayashi Shihori, Sakata Muneyuki, Ishibashi Kenji, Toyohara Jun, Ishii Kenji, Ishiwata Kiichi. Effects of a novel additional neck-shield and time of flight on quality of cerebral imaging in O-15-labeled gas inhalation study JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE. 2015.05; 56 (3):

  51. Toshiya Momose, Tadashi Nariai, Takuya Kawabe, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Shinya Watanabe, Taketoshi Maehara, Keiichi Oda, Kenji Ishii, Kiichi Ishiwata, Masaaki Yamamoto. Clinical benefit of 11C methionine PET imaging as a planning modality for radiosurgery of previously irradiated recurrent brain metastases. Clin Nucl Med. 2014.11; 39 (11): 939-943. ( PubMed, DOI )

  52. Momose Toshiya, Nariai Tadashi, Kawabe Takuya, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Watanabe Shinya, Maehara Taketoshi, Oda Keiichi, Ishii Kenji, Ishiwata Kiichi, Yamamoto Masaaki. Clinical Benefit of C-11 Methionine PET Imaging as a Planning Modality for Radiosurgery of Previously Irradiated Recurrent Brain Metastases CLINICAL NUCLEAR MEDICINE. 2014.11; 39 (11): 939-943.

  53. Tamura Kaoru, Inaji Motoki, Nariai Tadashi, Tamaki Masashi, Hirai Sakyo, Saigusa Kuniyasu, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi. MONITORING OF BIOLOGICAL RESPONSE TO BEVACIZUMAB IN MALIGNANT GLIOMA PATIENTS BASED ON L-[methyl-11C] METHIONINE-POSITRON EMISSION TOMOGRAPHY NEURO-ONCOLOGY. 2014.11; 16 ( DOI )

  54. Nariai T., Inaji M., Tanaka Y., Ishii Y., Mukawa M., Hayashi S., Oda K., Ishiwata K., Ishii K.. Treatment of adult patients with moyamoya disease based on hemodynamic measurement with perfusion MRI and PET and indirect bypass procedures INTERNATIONAL JOURNAL OF STROKE. 2014.10; 9 140.

  55. Nariai T., Tanaka Y., Ishii Y., Hara S. M., Ueda Y., Momose T., Ito N., Hayashi S., Mukawa M., Inaji M.. Treatment of juvenile patients with moyamoya disease based on noninvasive measurement of cerebral perfusion with mri INTERNATIONAL JOURNAL OF STROKE. 2014.10; 9 272.

  56. Mullah Saad, Urmy Jahanara, Inaji Motoki, Nariai Tadashi, Ishibashi Satoru, Ohno Kikuo. Attenuation of brain injury induced cognitive dysfunction and hyperlocomotion: Chronic administration enhanced the effects of adenosine A2A receptor antagonist BRAIN INJURY. 2014.05; 28 (5-6): 744.

  57. Yosuke Ishii, Tadashi Nariai, Yoji Tanaka, Maki Mukawa, Motoki Inaji, Taketoshi Maehara, Kikuo Ohno. Practical clinical use of dynamic susceptibility contrast magnetic resonance imaging for the surgical treatment of moyamoya disease. Neurosurgery. 2014.03; 74 (3): 302-309. ( PubMed, DOI )

  58. Saad Habib-E-Rasul Mullah, Ryo Komuro, Ping Yan, Shihori Hayashi, Motoki Inaji, Yoko Momose-Sato, Leslie M Loew, Katsushige Sato. Evaluation of voltage-sensitive fluorescence dyes for monitoring neuronal activity in the embryonic central nervous system. J. Membr. Biol.. 2013.09; 246 (9): 679-688. ( PubMed, DOI )

  59. 稲次 基希, 前原 健寿, 林 志保里, 橋本 聡華, 原 恵子, 松浦 雅人. 難治性てんかん患者に対する焦点切除術の精神状態とけいれん無発症に関する成績(Psychiatric condition and seizure-free outcome of focus resection for Patients with intractable epilepsy) てんかん研究. 2013.09; 31 (2): 391. ( 医中誌 )

  60. Keiko Hara, Taketoshi Maehara, Miho Miyajima, Katsuya Ohta, Hiroko Iino, Motoki Inaji, Ayasa Matsuda, Eisuke Matsushima, Minoru Hara, Masato Matsuura. Post-operative mismatch negativity recovery in a temporal lobe epilepsy patient with cavernous angioma. Clin Neurol Neurosurg. 2013.06; 115 (6): 756-759. ( PubMed, DOI )

  61. Maehara Taketoshi, Inaji Motoki, Matsuura Masato. Surgical Effects of Focus Resection for Patients With Intractable Epilepsy NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA. 2013.05; 53 (5): 281-286.

  62. Maehara Taketoshi, Inaji Motoki, Matsuura Masato. てんかん手術の長期機能予後 難治性てんかん患者に対する焦点切除術の外科的効果(Long-Term Functional Outcome of Epilepsy Surgery Surgical Effects of Focus Resection for Patients With Intractable Epilepsy) Neurologia medico-chirurgica. 2013.05; 53 (5): 281-286. ( 医中誌 )

  63. Taketoshi Maehara, Motoki Inaji, Masato Matsuura. Surgical effects of focus resection for patients with intractable epilepsy. Neurol. Med. Chir. (Tokyo). 2013; 53 (5): 281-286. ( PubMed, DOI )

  64. Saad Habib-E-Rasul Mullah, Motoki Inaji, Tadashi Nariai, Satoru Ishibashi, Kikuo Ohno. A selective adenosine A2A receptor antagonist ameliorated hyperlocomotion in an animal model of lateral fluid percussion brain injury. Acta Neurochir. Suppl.. 2013; 118 89-92. ( PubMed, DOI )

  65. Tadashi Nariai, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Mikio Hiura, Chihiro Hosoda, Kenji Ishii, Kikuo Ohno. PET molecular imaging to investigate higher brain dysfunction in patients with neurotrauma. Acta Neurochir. Suppl.. 2013; 118 251-254. ( PubMed, DOI )

  66. Sato Katsushige, Mullah Saad Habib-E-Rasul, Inaji Motoki, Nariai Tadashi, Momose-Sato Yoko, Ohno Kikuo. Developmental changes in the LTP in the neonatal rat corticostriatal projection : Optical imaging with the voltage-sensitive dye JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES. 2013; 63 S127.

  67. Maki Mukawa, Tadashi Nariai, Yoshiharu Matsushima, Yoji Tanaka, Motoki Inaji, Taketoshi Maehara, Masaru Aoyagi, Kikuo Ohno. Long-term follow-up of surgically treated juvenile patients with Moyamoya disease. J Neurosurg Pediatr. 2012.11; 10 (5): 451-456. ( PubMed, DOI )

  68. Shigeta Keigo, Ohno Kikuo, Takasato Yoshio, Masaoka Hiroyuki, Hayakawa Takanori, Yatsushige Hiroshi, Inaji Motoki, Sumiyoshi Kyoko, Momose Toshiya, Maeda Takuya, Kiyokawa Jyuri. 急性脳梗塞患者のDWI ASPECTSと再開通転帰の分析(Analysis of DWI ASPECTS and Recanalization Outcomes of Patients with Acute-phase Cerebral Infarction) Journal of Medical and Dental Sciences. 2012.06; 59 (2): 57-63. ( 医中誌 )

  69. 成相 直, 稲次 基希, 豊原 潤, 石渡 喜一, 田中 洋次, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 脳腫瘍に対する治療戦略の新しい展望 分子解析に基づく臨床試験 脳腫瘍におけるDNA合成を測定するための新しいPET分子イメージングプローブとしての4DSTの臨床利用(New Horizon of Treatment Strategy for Brain Tumor: Clinical Trial Based on Molecular Analyses Clinical Use of 4DST as a New PET Molecular Imaging Probe to Measure DNA Synthesis of Brain Tumor) Brain Tumor Pathology. 2012.05; 29 (Suppl.): 151. ( 医中誌 )

  70. ムラサド・ハビブ , 稲次 基希, 成相 直, 大野 喜久郎. 神経損傷の基礎シンポジウム Lateral fluid percussion modelの行動異常に対するアデノシンA2A受容体アンタゴニストの効果 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2012.03; 35回 51. ( 医中誌 )

  71. S H-E-R Mullah, M Inaji, T Nariai, Y Momose-Sato, K Sato, K Ohno. Optical analysis of developmental changes in synaptic potentiation in the neonatal rat corticostriatal projection. Neuroscience. 2012.01; 201 338-348. ( PubMed, DOI )

  72. Keigo Shigeta, Kikuo Ohno, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Hiroshi Yatsushige, Motoki Inaji, Kyoko Sumiyoshi, Toshiya Momose, Takuya Maeda, Jyuri Kiyokawa. Analysis of DWI ASPECTS and recanalization outcomes of patients with acute-phase cerebral infarction. J. Med. Dent. Sci.. 2012; 59 (2): 57-63. ( PubMed )

  73. Mullah Saad, Inaji Motoki, Nariai Tadashi, Ishibashi Satorou, Ohno Kikuo. The effect of Adenosine A2A Receptor Selective Antagonist SCH56261 on Hyperactivity Following Lateral Fluid Percussion Brain Injury in Mongolian Gerbils BRAIN INJURY. 2012; 26 (4-5): 491-492.

  74. Nariai Tadashi, Toyohara Jun, Tanaka Yoji, Inaji Motoki, Aoyagi Masaru, Yamamoto Masaaki, Ishiwara Kiichi, Ohno Kikuo. INITIAL CLINICAL TRIALS OF CARBON-11-LABELED 4DST FOR MALIGNANT BRAIN TUMORS AS A PET MOLECULAR IMAGING PROBE TO MEASURE DNA SYNTHESIS RATE NEURO-ONCOLOGY. 2011.11; 13 139.

  75. Motoki Inaji, Katsushige Sato, Yoko Momose-Sato, Kikuo Ohno. Voltage-sensitive dye imaging analysis of functional development of the neonatal rat corticostriatal projection. Neuroimage. 2011.02; 54 (3): 1831-1839. ( PubMed, DOI )

  76. Iwae Yu, Motoki Inaji, Jun Maeda, Takashi Okauchi, Tadashi Nariai, Kikuo Ohno, Makoto Higuchi, Tetsuya Suhara. Glial cell-mediated deterioration and repair of the nervous system after traumatic brain injury in a rat model as assessed by positron emission tomography. J. Neurotrauma. 2010.08; 27 (8): 1463-1475. ( PubMed, DOI )

  77. Miyajima Miho, Matsuda A., Emori Y., Iino H., Hara K., Ohta K., Maehara T., Inaji M., Matsuura M., Matsushima E.. ABNORMAL MISMATCH NEGATIVITY FOR PURE-TONE SOUNDS IN TEMPORAL LOBE EPILEPSY EPILEPSIA. 2009.11; 50 277-278.

  78. Hara Keiko, Miyajima M., Iino H., Matsuda A., Emori Y., Ohta K., Maehara T., Inaji M., Matsushima E., Watanabe M., Watanabe Y., Hara M., Matsuura M.. MISMATCH NEGATIVITY (MMN) TO VOWEL-SPEECH CHANGE IN PATIENTS WITH TEMPORAL LOBE EPILEPSY EPILEPSIA. 2009.11; 50 13.

  79. Iino Hiroko, Emori Y., Matsuda A., Miyajima M., Hara K., Ohta K., Maehara T., Inaji M., Hara M., Matsushima E., Matsuura M.. VOWEL-SPEECH VERSUS PURE-TONE PROCESSING IN INTRACTABLE TEMPORAL LOBE EPILEPSY EPILEPSIA. 2009.11; 50 15.

  80. 原 恵子, 宮島 美穂, 飯野 弘子, 前原 健寿, 太田 克也, 松田 綾沙, 江守 泰香, 稲次 基希, 松島 英介, 渡辺 雅子, 原 實, 松浦 雅人. 側頭葉てんかん寛解例におけるVowel-speechを用いたMismatch Negativityについて(Vowel-speech Mismatch Negativity (MMN) in patients with temporal lobe epilepsy in remission) てんかん研究. 2009.09; 27 (2): 330. ( 医中誌 )

  81. 宮島 美穂, 松田 綾沙, 江守 泰香, 飯野 弘子, 原 恵子, 太田 克也, 前原 健寿, 稲次 基希, 原 實, 松浦 雅人, 松島 英介. 側頭葉てんかん患者におけるミスマッチ陰性電位 純音を用いた課題による検討(Abnormal mismatch negativity for pure-tone sounds in temporal lobe epilepsy) てんかん研究. 2009.09; 27 (2): 329. ( 医中誌 )

  82. Shigeru Obayashi, Yuji Nagai, Tetsuya Suhara, Takashi Okauchi, Motoki Inaji, Atsushi Iriki, Jun Maeda. Monkey brain activity modulated by reward preferences: a positron emission tomography study. Neurosci. Res.. 2009.08; 64 (4): 421-428. ( PubMed, DOI )

  83. Nakagawa Kazuhiko, Aoyagi Masaru, Maehara Taketoshi, Tamaki Masashi, Inaji Motoki, Kawano Yoshihisa, Mukawa Maki, Yamamoto Shinji, Ohno Kikuo. Clinical and Serial Angiographic Study in Patients with Subarachnoid Hemorrhage of Unknown Etiology with Special Reference to the Clot Distribution of Perimesencephalic Nonaneurysmal Subarachnoid Hemorrhage NEUROLOGICAL SURGERY. 2009.08; 37 (8): 771-778.

  84. Obayashi Shigeru, Nagai Yuji, Suhara Tetsuya, Okauchi Takashi, Inaji Motoki, Iriki Atsushi, Maeda Jun. 報酬選択により調整されたサル脳活性 positron emission tomography (PET)study(Monkey brain activity modulated by reward preferences: A positron emission tomography study) Neuroscience Research. 2009.08; 64 (4): 421-428. ( 医中誌 )

  85. Tadashi Nariai, Kiichi Ishiwata, Yuichi Kimura, Motoki Inaji, Toshiya Momose, Tetsuya Yamamoto, Akira Matsumura, Kenji Ishii, Kikuo Ohno. PET pharmacokinetic analysis to estimate boron concentration in tumor and brain as a guide to plan BNCT for malignant cerebral glioma. Appl Radiat Isot. 2009.07; 67 (7-8 Suppl): S348-S350. ( PubMed, DOI )

  86. Nakagawa Kazuhiko, Aoyagi Masaru, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi, Toriyama Hideyuki, Kawano Yoshihisa, Tamaki Masashi, Nariai Tadashi, Ohno Kikuo. The Usefulness of Whole Body FDG-PET/CT in Patients with Brain Metastasis NEUROLOGICAL SURGERY. 2009.02; 37 (2): 159-166.

  87. Bin Ji, Jun Maeda, Makoto Sawada, Maiko Ono, Takashi Okauchi, Motoki Inaji, Ming-Rong Zhang, Kazutoshi Suzuki, Kiyoshi Ando, Matthias Staufenbiel, John Q Trojanowski, Virginia M Y Lee, Makoto Higuchi, Tetsuya Suhara. Imaging of peripheral benzodiazepine receptor expression as biomarkers of detrimental versus beneficial glial responses in mouse models of Alzheimer's and other CNS pathologies. J. Neurosci.. 2008.11; 28 (47): 12255-12267. ( PubMed, DOI )

  88. Kiyoshi Ando, Jun Maeda, Motoki Inaji, Takashi Okauchi, Shigeru Obayashi, Makoto Higuchi, Tetsuya Suhara, Yoshikuni Tanioka. Neurobehavioral protection by single dose l-deprenyl against MPTP-induced parkinsonism in common marmosets. Psychopharmacology (Berl.). 2008.01; 195 (4): 509-516. ( PubMed, DOI )

  89. Maehara Taketoshi, Inaji M., Nariai T., Sato K., Ohno K.. APPLICATION OF INTRAOPERATIVE INTRINSIC OPTICAL IMAGING IN EPILEPSY SURGERY EPILEPSIA. 2008; 49 283.

  90. Ando Kiyoshi, Maeda Jun, Inaji Motoki, Higuchi Makoto, Obayashi Shigeru, Suhara Tetsuya, Tanioka Yoshikuni. MPTPマーモセットのパーキンソン症状重症度とドーパミン神経損傷との関連(CORRELATION BETWEEN SEVERITY OF PARKINSONISM AND DOPAMINE NEURONAL DAMAGE IN MPTP-TREATED MARMOSETS) 日本神経精神薬理学雑誌. 2007.11; 27 (5-6): 261. ( 医中誌 )

  91. Yuji Nagai, Shigeru Obayashi, Kiyoshi Ando, Motoki Inaji, Jun Maeda, Takashi Okauchi, Hiroshi Ito, Tetsuya Suhara. Progressive changes of pre- and post-synaptic dopaminergic biomarkers in conscious MPTP-treated cynomolgus monkeys measured by positron emission tomography. Synapse. 2007.10; 61 (10): 809-819. ( PubMed, DOI )

  92. Inaji Motoki, Sato Katsushige, Nariai Tadashi, Momose-Sato Yoko, Ohno Kikuo. ラット皮質線条体における膜電位感受性色素による神経伝達イメージング(neuronal activity imaging in the rat cortico-striatum pathway using voltage-sensitive dye) 神経化学. 2007.08; 46 (2-3): 567. ( 医中誌 )

  93. Jun Maeda, Makoto Higuchi, Motoki Inaji, Bin Ji, Eisuke Haneda, Takashi Okauchi, Ming-Rong Zhang, Kazutoshi Suzuki, Tetsuya Suhara. Phase-dependent roles of reactive microglia and astrocytes in nervous system injury as delineated by imaging of peripheral benzodiazepine receptor. Brain Res.. 2007.07; 1157 100-111. ( PubMed, DOI )

  94. Eisuke Haneda, Makoto Higuchi, Jun Maeda, Motoki Inaji, Takashi Okauchi, Kiyoshi Ando, Shigeru Obayashi, Yuji Nagai, Michiko Narazaki, Hiroo Ikehira, Ryuji Nakao, Ming-Rong Zhang, Kazutoshi Suzuki, Hidenori Suzuki, Tetsuya Suhara. In vivo mapping of substance P receptors in brains of laboratory animals by high-resolution imaging systems. Synapse. 2007.04; 61 (4): 205-215. ( PubMed, DOI )

  95. Ando Kiyoshi, Maeda Jun, Inaji Motoki, Nagai Yuji, Higuchi Makoto, Obayashi Shigeru, Suhara Tetsuya, Ishii Hajime, Tanioka Yoshikuni. 薬効評価研究におけるコモンマーモセットとカニクイザルのParkinson病モデル(Parkinson's disease models in common marmosets and cynomolgus monkeys for drug evaluation studies) Journal of Pharmacological Sciences. 2007.02; 103 (Suppl.I): 132. ( 医中誌 )

  96. Haneda Eisuke, Higuchi Makoto, Maeda Jun, Okauchi Takashi, Inaji Motoki, Ando Kiyoshi, Suzuki Hidenori, Suhara Tetsuya. 高解像度イメージングシステムを用いた実験動物における脳内NK1受容体のin vivoマッピング解析(Applicability of high-resolution imaging systems to observe in vivo mapping of central NK1 receptors in laboratory animals) Journal of Pharmacological Sciences. 2007.02; 103 (Suppl.I): 127. ( 医中誌 )

  97. Inaji Motoki, Sato Katsushige, Nariai Tadashi, Momose-Sato Yoko, Ohno Kikuo. Neuronal activity imaging in the rat cortico-striatum pathway using voltage-sensitive dye NEUROSCIENCE RESEARCH. 2007; 58 S183.

  98. Young-Joo Lee, Jun Maeda, Hiroyuki Kusuhara, Takashi Okauchi, Motoki Inaji, Yuji Nagai, Shigeru Obayashi, Ryuji Nakao, Kazutoshi Suzuki, Yuichi Sugiyama, Tetsuya Suhara. In vivo evaluation of P-glycoprotein function at the blood-brain barrier in nonhuman primates using [11C]verapamil. J. Pharmacol. Exp. Ther.. 2006.02; 316 (2): 647-653. ( PubMed, DOI )

  99. Ando Kiyoshi, Inaji Motoki, Maeda Jun, Haneda Eisuke, Higuchi Makoto, Suhara Tetsuya, Ishii Hajime, Tanioka Yoshikuni. MPTP処置コモンマーモセットにおいてデプレニルは神経を傷害から部分的に保護し、パーキンソニズムを顕著に軽減する(Deprenyl protected neural damage partially but showed marked attenuation of parkinsonism in MPTP-treated common marmosets) Journal of Pharmacological Sciences. 2006.02; 100 (Suppl.I): 64P. ( 医中誌 )

  100. Maeda Jun, Higuchi Makoto, Inaji Motoki, Haneda Eisuke, Ji Bin, Okauchi Takashi, Suhara Tetsuya. エタノール注入により作成した脳損傷モデルにおける末梢性ベンゾジアゼピン受容体の細胞発現分布(Cellular distribution of peripheral benzodiazepine receptor in the brain injury produced by ethanol injection) Journal of Pharmacological Sciences. 2006.02; 100 (Suppl.I): 253P. ( 医中誌 )

  101. Motoki Inaji, Takashi Okauchi, Kiyoshi Ando, Jun Maeda, Yuji Nagai, Takahito Yoshizaki, Hideyuki Okano, Tadashi Nariai, Kikuo Ohno, Shigeru Obayashi, Makoto Higuchi, Tetsuya Suhara. Correlation between quantitative imaging and behavior in unilaterally 6-OHDA-lesioned rats. Brain Res.. 2005.12; 1064 (1-2): 136-145. ( PubMed, DOI )

  102. Inaji Motoki, Yoshizaki Takahito, Okauchi Takashi, Maeda Jun, Ando Kiyoshi, Obayashi Shigeru, Okano Hideyuki, Nariai Tadashi, Suhara Tetsuya, Ohno Kikuo. 6-OHDAラットへの胎児移植のPET評価(PET evaluation of fetal transplantation to 6-OHDA rats) Neuroscience Research. 2005.07; 52 (Suppl.): S140. ( 医中誌 )

  103. Obayashi Shigeru, Nagai Yuji, Suhara Tetsuya, Okauchi Takashi, Maeda Jun, Inaji Motoki. 報酬の大きさに依存する視覚-運動課題中のサル外側前頭前野活性(Lateral prefrontal activity of monkey brain during visuo-motor task depending on reward magnitudes) Neuroscience Research. 2005.07; 52 (Suppl.): S221. ( 医中誌 )

  104. Motoki Inaji, Takahito Yoshizaki, Takashi Okauchi, Jun Maeda, Yuji Nagai, Tadashi Nariai, Kikuo Ohno, Kiyoshi Ando, Hideyuki Okano, Shigeru Obayashi, Tetsuya Suhara. In vivo PET measurements with [11C]PE2I to evaluate fetal mesencephalic transplantations to unilateral 6-OHDA-lesioned rats. Cell Transplant. 2005; 14 (9): 655-663. ( PubMed, DOI )

  105. Inaji M, Yoshizaki T, Okauchi T, Maeda J, Nagai Y, Nariai T, Ohno K, Ando K, Okano H, Obayashi S, Suhara T. In vivo PET measurements with [C-11]PE2I to evaluate fetal mesencephalic transplantations to unilateral 6-OHDA-lesioned rats CELL TRANSPLANTATION. 2005; 14 (9): 655-663.

  106. Jun Maeda, Tetsuya Suhara, Ming-Rong Zhang, Takashi Okauchi, Fumihiko Yasuno, Yoko Ikoma, Motoki Inaji, Yuji Nagai, Akihiro Takano, Shigeru Obayashi, Kazutoshi Suzuki. Novel peripheral benzodiazepine receptor ligand [11C]DAA1106 for PET: an imaging tool for glial cells in the brain. Synapse. 2004.06; 52 (4): 283-291. ( PubMed, DOI )

  107. Takahito Yoshizaki, Motoki Inaji, Hiroko Kouike, Takuya Shimazaki, Kazunobu Sawamoto, Kiyoshi Ando, Isao Date, Kazuto Kobayashi, Tetsuya Suhara, Yasuo Uchiyama, Hideyuki Okano. Isolation and transplantation of dopaminergic neurons generated from mouse embryonic stem cells. Neurosci. Lett.. 2004.06; 363 (1): 33-37. ( PubMed, DOI )

  108. Ando Kiyoshi, Nagai Yuji, Obayashi Shigeru, Maeda Jun, Okauchi Takashi, Inaji Motoki, Suhara Tetsuya, Ishii Hajime, Tanioka Yoshikuni. カニクイザルにおけるMPTPの反復摂取後のPETにより検出されたドパミンニューロンの進行性変性(Progressive degeneration of dopamine neurons detected by PET after repeated administration of MPTP in crab-eating monkeys) Journal of Pharmacological Sciences. 2004.03; 94 (Suppl.I): 86P. ( 医中誌 )

  109. M Inaji, H Tomita, O Tone, M Tamaki, R Suzuki, K Ohno. Chronological changes of perihematomal edema of human intracerebral hematoma. Acta Neurochir. Suppl.. 2003; 86 445-448. ( PubMed )

  110. O Tone, H Tomita, M Tamaki, M Hara, M Inaji. Correlation between cardiac output and cerebral blood flow following subarachnoid hemorrhage. Keio J Med. 2000.02; 49 Suppl 1 A151-A153. ( PubMed )

  111. Tone Osamu, Tomita Hiroki, Tamaki Masashi, Hara Mutsuya, Inaji Motoki. クモ膜下出血後の心拍出量と脳血流量(CBF)間の相関 The Keio Journal of Medicine. 2000.02; 49 (Suppl.1): A151-A153. ( 医中誌 )

  112. Orihara Asumi, Inaji Motoki, Fujii Shoko, Fujimoto Satoka Hashimoto, Hara Keiko, Maehara Taketoshi. Validity of intraoperative ECoG in the parahippocampal gyrus as an indicator of hippocampal epileptogenicity EPILEPSY RESEARCH. 2022.08; 184 106950. ( PubMed, DOI )

  113. 稲次 基希, 前原 健寿, Doyle Werner K.. 【機能外科】新規抗てんかん薬時代のてんかん外科治療 てんかん外科へのneuromodulationの導入 脳神経外科ジャーナル. 2022.07; 31 (7): 440-447. ( 医中誌 )

  114. Abe Daisu, Inaji Motoki, Hase Takeshi, Takahashi Shota, Sakai Ryosuke, Ayabe Fuga, Tanaka Yoji, Otomo Yasuhiro, Maehara Taketoshi. A Prehospital Triage System to Detect Traumatic Intracranial Hemorrhage Using Machine Learning Algorithms JAMA NETWORK OPEN. 2022.06; 5 (6): e2216393. ( PubMed, DOI )

  115. 若林 光, 稲次 基希, 橋本 聡華, 前原 健寿. 病巣切除のみで対側棘波が消失した海綿状血管腫に伴う側頭葉てんかんの一例 てんかん研究. 2022.06; 40 (1): 28-34. ( 医中誌 )

  116. Hara Shoko, Tanaka Yoji, Inaji Motoki, Hayashi Shihori, Ishii Kenji, Nariai Tadashi, Maehara Taketoshi. Spatial coefficient of variation of arterial spin labeling MRI for detecting hemodynamic disturbances measured with O-15-gas PET in patients with moyamoya disease NEURORADIOLOGY. 2022.04; 64 (4): 675-684. ( PubMed, DOI )

  117. 稲次 基希, 前原 健寿, Doyle Werner K.. 【脳波の読み方-up to date】特殊な脳波 Responsive neurostimulation(RNS) Clinical Neuroscience. 2022.04; 40 (4): 514-516. ( 医中誌 )

  118. 稲次 基希. 【核医学を考える】てんかんと核医学 脳神経内科. 2022.04; 96 (4): 493-499. ( 医中誌 )

  119. Yokoyama Kota, Oyama Jun, Tsuchiya Junichi, Karakama Jun, Tamura Kaoru, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Kobayashi Daisuke, Maehara Taketoshi, Tateishi Ukihide. Branch-like enhancement on contrast enhanced MRI is a specific finding of cerebellar lymphoma compared with other pathologies SCIENTIFIC REPORTS. 2022.03; 12 (1): 3591. ( PubMed, DOI )

  120. Shimizu Kazuhide, Tamura Kaoru, Hara Shoko, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Kobayashi Daisuke, Sugawara Takashi, Wakimoto Hiroaki, Nariai Tadashi, Ishii Kenji, Sakuma Ichiro, Maehara Taketoshi. Correlation of Intraoperative 5-ALA-Induced Fluorescence Intensity and Preoperative C-11-Methionine PET Uptake in Glioma Surgery CANCERS. 2022.03; 14 (6): ( PubMed, DOI )

  121. 森田 俊平, 水野 朋子, 清水 一秀, 田村 友美恵, 鈴木 智典, 柳町 昌克, 磯田 健志, 高木 正稔, 稲次 基希, 前原 健寿, 森尾 友宏. 軽微な受傷機転から急性硬膜外血腫を発症し、Fanconi貧血の診断に至った1例 小児科臨床. 2022.02; 75 (1): 142-146. ( 医中誌 )

  122. Hara Shoko, Mukawa Maki, Akagawa Hiroyuki, Thamamongood Thiparpa, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Kasuya Hidetoshi, Nariai Tadashi. Absence of the RNF213 p.R4810K variant may indicate a severe form of pediatric moyamoya disease in Japanese patients JOURNAL OF NEUROSURGERY-PEDIATRICS. 2022.01; 29 (1): 48-56. ( PubMed, DOI )

  123. Ueda Yasuhiro, Tanaka Yoji, Hara Shoko, Inaji Motoki, Ishii Kenji, Maehara Taketoshi, Nariai Tadashi. Differences in cerebral blood flow measurement using arterial spin labeling MRI between patients with moyamoya disease and patients with arteriosclerotic cerebrovascular disease ACTA RADIOLOGICA. 2022.01; 2841851211069245. ( PubMed, DOI )

  124. Kuroda Naoto, Kubota Takafumi, Horinouchi Toru, Ikegaya Naoki, Kitazawa Yu, Kodama Satoshi, Matsubara Teppei, Nagino Naoto, Neshige Shuichiro, Soga Temma, Sone Daichi, Takayama Yutaro, Kuramochi Izumi, Kanemoto Kousuke, Ikeda Akio, Terada Kiyohito, Goji Hiroko, Ohara Shinji, Hagiwara Koichi, Kamada Takashi, Iida Koji, Ishikawa Nobutsune, Shiraishi Hideaki, Iwata Osato, Sugano Hidenori, Iimura Yasushi, Higashi Takuichiro, Hosoyama Hiroshi, Hanaya Ryosuke, Shimotake Akihiro, Kikuchi Takayuki, Yoshida Takeshi, Shigeto Hiroshi, Yokoyama Jun, Mukaino Takahiko, Kato Masaaki, Sekimoto Masanori, Mizobuchi Masahiro, Aburakawa Yoko, Iwasaki Masaki, Nakagawa Eiji, Iwata Tomohiro, Tokumoto Kentaro, Nishida Takuji, Takahashi Yukitoshi, Kikuchi Kenjiro, Matsuura Ryuki, Hamano Shin-ichiro, Yamanouchi Hideo, Watanabe Satsuki, Fujimoto Ayataka, Enoki Hideo, Tomoto Kyoichi, Watanabe Masako, Takubo Youji, Fukuchi Toshihiko, Nakamoto Hidetoshi, Kubota Yuichi, Kunii Naoto, Shirota Yuichiro, Ishikawa Eiichi, Nakasato Nobukazu, Maehara Taketoshi, Inaji Motoki, Takagi Shunsuke, Enokizono Takashi, Masuda Yosuke, Hayashi Takahiro. Risk factors for psychological distress in electroencephalography technicians during the COVID-19 pandemic: A national-level cross-sectional survey in Japan EPILEPSY & BEHAVIOR. 2021.12; 125 ( DOI )

  125. Hara Shoko, Nariai Tadashi, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi. Imaging Pattern and the Mechanisms of Postoperative Infarction After Indirect Revascularization in Patients with Moyamoya Disease WORLD NEUROSURGERY. 2021.11; 155 E510-E521. ( PubMed, DOI )

  126. Aoyagi Michiyo, Furuya Junichi, Matsubara Chiaki, Yoshimi Kanako, Nakane Ayako, Nakagawa Kazuharu, Inaji Motoki, Sato Yuji, Tohara Haruka, Minakuchi Shunsuke, Maehara Taketoshi. Association between Improvement of Oral Health, Swallowing Function, and Nutritional Intake Method in Acute Stroke Patients INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH. 2021.11; 18 (21): ( PubMed, DOI )

  127. Inaji M, Maehara T. [Management of Post-traumatic Seizures and Epilepsy]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2021.09; 49 (5): 986-993. ( PubMed, DOI )

  128. 稲次 基希, 前原 健寿. 【頭部外傷診療アップデート-ガイドラインを読み解く】外科的治療と神経集中管理・治療 外傷性てんかんの治療と管理 Neurological Surgery. 2021.09; 49 (5): 986-993. ( 医中誌 )

  129. Kim Y, Kudo T, Tamura K, Sumita K, Kobayashi D, Tanaka Y, Inaji M, Nariai T, Ishii K, Maehara T. [Clinical Findings of Thalamic and Brainstem Glioma Including Diffuse Midline Glioma, H3K27M Mutant:A Clinical Study]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2021.07; 49 (4): 901-908. ( PubMed, DOI )

  130. 金 瑛仙, 工藤 琢巳, 田村 郁, 壽美田 一貴, 小林 大輔, 田中 洋次, 稲次 基希, 成相 直, 石井 賢二, 前原 健寿. Diffuse midline glioma, H3K27M mutantを含む視床部脳幹部神経膠腫の検討 Neurological Surgery. 2021.07; 49 (4): 901-908. ( 医中誌 )

  131. Aoyama Jiro, Nariai Tadashi, Moriyama Kurumi, Hara Shoko, Mukawa Maki, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Miyasaka Naoyuki, Maehara Taketoshi. Clinical characteristics of the pregnancies and deliveries of patients with moyamoya disease: A single-center analysis over three decades INTERNATIONAL JOURNAL OF STROKE. 2021.07; 16 (5): 526-533. ( PubMed, DOI )

  132. 前原 健寿, 稲次 基希, 橋本 聡華, 清水 一秀. 【臨床脳波の現状と未来:clinical toolかresearch topicか?】脳神経外科領域におけるclinical toolおよびresearch topicとしての頭皮、皮質脳波の現状 臨床神経生理学. 2021.06; 49 (3): 145-151. ( 医中誌 )

  133. Murota Y, Tamura K, Tanaka Y, Aizawa Y, Kobayashi D, Matsuoka Y, Hashimoto S, Inaji M, Nariai T, Maehara T. [A Case of Cerebral Tuberculoma]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2021.05; 49 (3): 683-688. ( PubMed, DOI )

  134. Mori Shusuke, Hori Atsushi, Turker Isik, Inaji Motoki, Bello-Pardo Erika, Miida Takashi, Otomo Yasuhiro, Ai Tomohiko. Abnormal Cardiac Repolarization After Seizure Episodes in Structural Brain Diseases: Cardiac Manifestation of Electrical Remodeling in the Brain? JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION. 2021.05; 10 (9): e019778. ( PubMed, DOI )

  135. 室田 裕大, 田村 郁, 田中 洋次, 相澤 有輝, 小林 大輔, 松岡 義之, 橋本 聡華, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 脳結核腫の1例 Neurological Surgery. 2021.05; 49 (3): 683-688. ( 医中誌 )

  136. Inaji Motoki, Yamamoto Takamichi, Kawai Kensuke, Maehara Taketoshi, Doyle Werner K.. Responsive Neurostimulation as a Novel Palliative Option in Epilepsy Surgery NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA. 2021.01; 61 (1): 1-11. ( PubMed, DOI )

  137. Shinya Akiko, Takahashi Makoto, Sato Nozomu, Nishida Yoichiro, Inaba Akira, Inaji Motoki, Yokota Takanori, Orimo Satoshi. Oculo-dento-digital Dysplasia Presenting as Spastic Paraparesis Which Was Successfully Treated by Intrathecal Baclofen Therapy INTERNAL MEDICINE. 2021; 60 (14): 2301-2305. ( PubMed, DOI )

  138. Kiyokawa Juri, Yamamoto Shinji, Murota Yasuhiro, Ishikawa Mariko, Yamaoka Hiroto, Kaneko Satoshi, Yoshimura Masataka, Hirota Shin, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi. AN AWAKE SURGERY FOR A CHILD SUFFERING FROM EPILEPSY DUE TO DYSEMBRYPLASTIC NEUROEPITHELIAL TUMOR LOCATED IN THE LEFT PARIETAL LOBE NEURO-ONCOLOGY. 2020.12; 22 461-462.

  139. Sano Takashi, Tamura Kaoru, Kuroha Masae, Sumita Kazutaka, Arai Yukika, Sugawara Takashi, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Nariai Tadashi, Maehara Taketoshi. ANALYSIS OF BRAIN TUMOR INDUCED BY IRRADIATION IN CHILDHOOD - A SINGLE INSTITUTIONAL ANALYSIS NEURO-ONCOLOGY. 2020.12; 22 458-459.

  140. Kuroha Masae, Tamura Kaoru, Inaji Motoki, Hashimoto Satoka, Kobayashi Daisuke, Tanaka Yoji, Nariai Tadashi, Maehara Taketoshi. TWO CASES OF H3 K27M-MUTANT DIFFUSE MIDLINE GLIOMA OF CERVICAL SPINAL CORD NEURO-ONCOLOGY. 2020.12; 22 353.

  141. 青山 二郎, 稲次 基希, 石川 茉莉子, 山本 信二, 荒井 雪花, 早川 隆宣, 荻島 隆浩, 玉置 正史, 山村 俊弘, 新井 俊成, 澤田 佳奈, 三枝 邦康, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 妊婦の脳卒中における特徴と治療方法についての検討 Neurosurgical Emergency. 2020.12; 25 (2): 217-223. ( 医中誌 )

  142. Orihara Asumi, Hara Keiko, Hara Shoko, Shimizu Kazuhide, Inaji Motoki, Hashimoto Satoka, Maehara Taketoshi. Effects of sevoflurane anesthesia on intraoperative high-frequency oscillations in patients with temporal lobe epilepsy SEIZURE-EUROPEAN JOURNAL OF EPILEPSY. 2020.11; 82 44-49.

  143. Watanabe T, Sugawara T, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Tazawa T, Maehara T. [Remarkable Recovery of Chronic Symptoms in an Adult with Middle Fossa Convexity Arachnoid Cyst after Cystoventriculostomy:A Case Report]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.11; 48 (11): 1059-1065. ( PubMed, DOI )

  144. Egawa Makiko, Hara Keiko, Ikeda Masami, Kono Eri, Miyashita Susumu, Miyasaka Naoyuki, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi, Yoshida Masayuki. Role of obstetricians in promoting pregnancy-related knowledge among women with epilepsy in Japan EPILEPSY & BEHAVIOR. 2020.10; 111 107176. ( PubMed, DOI )

  145. 田中 洋次, 成相 直, 稲次 基希, 原 祥子, 前原 健寿. 【頭蓋内血管狭窄病変】頭蓋内動脈狭窄症の脳循環評価 脳神経外科ジャーナル. 2020.10; 29 (10): 690-696. ( 医中誌 )

  146. 佐野 貴志, 稲次 基希, 橋本 聡華, 高木 俊輔, 前原 健寿. シナプス小胞阻害抗てんかん薬によるイライラ感に対する抑肝散投与の有用性 脳神経外科と漢方. 2020.09; 6 1-5. ( 医中誌 )

  147. Hara Shoko, Shimizu Kazuhide, Nariai Tadashi, Kishino Mitsuhiro, Kudo Toshifumi, Umemoto Tomoyuki, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi. De Novo Renal Artery Stenosis Developed in Initially Normal Renal Arteries during the Long-Term Follow-Up of Patients with Moyamoya Disease JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2020.08; 29 (8): 104786. ( PubMed, DOI )

  148. Hara Shoko, Kudo Takumi, Hayashi Shihori, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Ishii Kenji, Nariai Tadashi. Improvement in cognitive decline after indirect bypass surgery in adult moyamoya disease: implication of O-15-gas positron emission tomography ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE. 2020.07; 34 (7): 467-475. ( PubMed, DOI )

  149. Yamakawa Toshitaka, Miyajima Miho, Fujiwara Koichi, Kano Manabu, Suzuki Yoko, Watanabe Yutaka, Watanabe Satsuki, Hoshida Tohru, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi. Wearable Epileptic Seizure Prediction System with Machine-Learning-Based Anomaly Detection of Heart Rate Variability SENSORS. 2020.07; 20 (14): ( PubMed, DOI )

  150. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 野田 真利子, 黒羽 真砂恵, 唐鎌 淳, 橋本 聡華, 菅原 貴志, 田中 洋次, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷 抗血栓薬内服症例の特徴 神経外傷. 2020.06; 43 (1): 5-12. ( 医中誌 )

  151. 稲次 基希, 橋本 聡華, 前原 健寿. 【問題症例の脳波】脳波所見に乏しい前頭葉てんかんの1手術例 臨床神経生理学. 2020.04; 48 (2): 87-94. ( 医中誌 )

  152. Ishikawa M, Sumita K, Tamura K, Kobayashi D, Tsukahara Y, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Maehara T. [Cerebellar Glioblastoma with Intrathecal Dissemination:A Report of Four Cases]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.03; 48 (3): 237-244. ( PubMed, DOI )

  153. 相澤 有輝, 稲次 基希, 高橋 暁, 石川 茉莉子, 早川 隆宣, 廣田 晋, 山本 信二, 玉田 なつみ, 三枝 邦康, 前原 健寿. ワーファリン内服患者における頭蓋内出血に対する人プロトロンビン複合体製剤の使用経験 Neurosurgical Emergency. 2020.03; 25 (1): 69-74. ( 医中誌 )

  154. 櫻井 薫, 佐藤 裕二, 水口 俊介, 津賀 一弘, 池邉 一典, 永尾 寛, 山本 健, 古屋 純一, 田村 文誉, 上田 貴之, 松尾 浩一郎, 金澤 学, 福島 正義, 吉田 光由, 猪原 健, 市川 哲雄, 服部 佳功, 西 恭宏, 原 哲也, 中島 純子, 堀 一浩, 吉川 峰加, 枝広 あや子, 平野 浩彦, 矢儀 一智, 窪木 拓男, 内藤 徹, 大井 孝, 戸原 玄, 糸田 昌隆, 稲次 基希, 中根 綾子, 中川 量晴, 三串 伸哉, 田中 信和, 尾崎 研一郎, 中山 渕利, 飯田 貴俊, 一般社団法人・日本老年歯科医学会. 脳卒中患者への医科歯科連携に関するガイドブック 老年歯科医学. 2020.03; 34 (4): E1-E21. ( 医中誌 )

  155. 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 成相 直, 田中 洋次, 高橋 暁, 石井 賢二, 小林 大輔, 前原 健寿. 充実性血管芽腫における[11C]methionine PET imaging CI研究. 2020.03; 41 (3-4): 149-155. ( 医中誌 )

  156. 山岡 寛人, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院における破裂脳動脈瘤の大きさによる臨床的特徴・予後の検討 脳卒中の外科. 2020.01; 48 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  157. Miyajima M., Yamakawa T., Fujiwara K., Seki T., Ohno T., Iimori M., Inaji M., Osoegawa H., Kano M., Maehara T.. VIEWS OF PATIENTS WITH EPILEPSY ON WEARABLE SEIZURE PREDICTION SYSTEM; IMPACT OF TWO DIFFERENT TYPE OF DEVICES ON SLEEP QUALITY SLEEP MEDICINE. 2019.12; 64 S260.

  158. 稲次 基希, 橋本 聡華, 山村 俊弘, 平井 作京, 山本 崇裕, 高橋 暁, 唐鎌 淳, 河野 能久, 五十嵐 豊, 中江 竜太, 恩田 秀賢, 横堀 將司, 布施 明, 横田 裕行, 前原 健寿. 【頭部外傷データバンク[プロジェクト2015]】重症頭部外傷後けいれんの検討 日本頭部外傷データバンクプロジェクト2015の分析 神経外傷. 2019.12; 42 (2): 189-194. ( 医中誌 )

  159. 笹川 麻由, 稲次 基希, 橋本 聡華, 横堀 將司, 布施 明, 横田 裕行, 前原 健寿. 重症頭部外傷管理におけるけいれんとその治療 頭部外傷データバンクプロジェクト2015からの検討 てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 633. ( 医中誌 )

  160. 稲次 基希, 橋本 聡華, 石井 賢二, 樋口 真人, 前原 健寿. 焦点診断最前線 核医学検査による焦点診断 てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 365-366. ( 医中誌 )

  161. 折原 あすみ, 稲次 基希, 清水 一秀, 原 恵子, 前原 健寿. 側頭葉てんかん患者における海馬傍回および海馬白板からの術中皮質脳波の比較 セボフルラン麻酔下のspikeおよびHFOの検討 てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 686. ( 医中誌 )

  162. 宮島 美穂, 山川 俊貴, 藤原 幸一, 関 拓哉, 稲次 基希, 橋本 聡華, 岩崎 真樹, 長綱 敏和, 藤井 正美, 山本 信二, 加納 学, 前原 健寿. てんかん患者におけるウェアラブル自律神経機能モニタリングの試み てんかん突然死のリスク評価を目指し てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 541. ( 医中誌 )

  163. 江川 真希子, 原 恵子, 河野 絵里, 稲次 基希, 宮坂 尚幸, 前原 健寿. てんかん女性への妊娠に関する情報提供に関する検討 てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 517. ( 医中誌 )

  164. 中谷 光良, 井内 盛遠, 十川 純平, 村井 智彦, 大封 昌子, 小林 勝哉, 人見 健文, 橋本 聡華, 稲次 基希, 白水 洋史, 金澤 恭子, 岩崎 真樹, 臼井 直敬, 井上 有史, 前原 健寿, 池田 昭夫. てんかん外科手術におけるactive ictal DC shiftsの有用性について てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 447. ( 医中誌 )

  165. 橋本 聡華, 稲次 基希, 高木 俊輔, 赤座 実穂, 宮島 美穂, 原 恵子, 前原 健寿. てんかん外科からみた社会参画とダイバーシティ てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 432. ( 医中誌 )

  166. 稲次 基希, 山本 貴道, 川合 謙介, 前原 健寿, Doyle Werner. RNS(Responsive Neurostimulation) てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 448. ( 医中誌 )

  167. 若林 光, 稲次 基希, 橋本 聡華, 青山 二郎, 藤井 照子, 田村 郁, 前原 健寿. gliomaにおけるIDH変異と腫瘍関連てんかんの検討 てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 560. ( 医中誌 )

  168. Hara S., Kudo T., Hayashi S., Inaji M., Maehara T., Ishii K., Nariai T.. Insights into the improvement of neurocognitive dysfunction after indirect bypass surgery in adult Moyamoya disease; O-15-gas positron emission tomography study JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2019.07; 39 581-582.

  169. 中谷 光良, 井内 盛遠, 大封 昌子, 十川 純平, 村井 智彦, 橋本 聡華, 稲次 基希, 白水 洋史, 金澤 恭子, 渡辺 裕貴, 岩崎 真樹, 臼井 直敬, 井上 有史, 前原 健寿, 池田 昭夫. 難治部分てんかん患者の焦点検索における、発作時DC電位・発作時HFOの記録および解析の手引きに向けて(多施設合同による解析手法) てんかん研究. 2019.06; 37 (1): 38-50. ( 医中誌 )

  170. 澤柳 文菜, 壽美田 一貴, 田中 洋次, 唐鎌 淳, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 遠位部前大脳動脈瘤の部位,親動脈を同定するためのカラードップラーエコーの有用性 Neurological Surgery. 2019.03; 47 (3): 321-327. ( 医中誌 )

  171. 稲次 基希, 前原 健寿, 大友 康裕, 大野 喜久郎. けいれん、てんかんに対する救急治療の現状と課題 Neurosurgical Emergency. 2019.02; 23 (3): 311. ( 医中誌 )

  172. 廣田 晋, 平沢 光明, 山岡 寛人, 氏川 彩, 笹川 麻由, 武井 孝麿, 芳村 雅隆, 山本 信二, 渡辺 俊樹, 阿部 大数, 稲次 基希, 前原 健寿. 頭蓋底骨折への安静臥床治療の妥当性の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2019.02; 42回 97. ( 医中誌 )

  173. 平床 華奈子, 菊池 絵梨子, 能勢 統一郎, 下田 益弘, 森山 剣光, 水野 朋子, 稲次 基希, 前原 健寿, 荒木 聡. 硬膜下液体貯留を伴うGBS髄膜炎に対してリネゾリドが有効であった一例 日本小児科学会雑誌. 2019.02; 123 (2): 358. ( 医中誌 )

  174. 高橋 暁, 稲次 基希, 前原 健寿. 抗血栓薬と脳神経外傷 75歳以上の高齢者における頭部外傷の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2019.02; 42回 118. ( 医中誌 )

  175. 今村 繭子, 稲次 基希, 田中 洋次, 榎本 真也, 百瀬 俊也, 住吉 京子, 重田 恵吾, 八ツ繁 寛, 早川 隆宜, 前原 健寿. 急性硬膜下血腫に対する外減圧術の有効性 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2019.02; 42回 71. ( 医中誌 )

  176. 折原 あすみ, 稲次 基希, 橋本 聡華, 清水 一秀, 白井 謙太朗, 小山 高明, 山本 信二, 前原 健寿. 結節性硬化症患者の術中発作時脳波に対するwide-band analysis てんかん研究. 2019.01; 36 (3): 650-656. ( 医中誌 )

  177. 稲次 基希, 橋本 聡華, 樋口 真人, 石井 賢二, 前原 健寿. 【てんかん学と臨床神経生理学との接点-その最新知見と臨床応用-】てんかん焦点診断における核医学検査 臨床神経生理学. 2018.12; 46 (6): 595-601. ( 医中誌 )

  178. 平 直記, 稲次 基希, 田村 郁, 若林 光, 小林 大輔, 工藤 琢巳, 壽美田 一貴, 田中 洋次, 成相 直, 石井 賢二, 前原 健寿. 当院における視床グリオーマの11C-methionine-PET所見の検討 核医学. 2018.11; 55 (Suppl.): S194. ( 医中誌 )

  179. 稲次 基希, 成相 直, 林 志保里, 黒羽 真砂恵, 田村 郁, 我妻 慧, 豊原 潤, 石井 賢二, 前原 健寿. 良性髄内腫瘍における11C methionine PETイメージ 核医学. 2018.11; 55 (Suppl.): S194. ( 医中誌 )

  180. 稲次 基希, 山本 貴道, 川合 謙介, 前原 健寿, Doyle Werner. てんかん外科の世界的趨勢と日本における今後の展開 てんかん外科におけるRNSの可能性と課題 てんかん研究. 2018.09; 36 (2): 314-315. ( 医中誌 )

  181. 吉村 優里, 原 恵子, 赤座 実穂, 太田 克也, 角 勇樹, 稲次 基希, 柳澤 瑛里子, 前原 健寿. 抗てんかん薬による肝機能への影響 てんかん研究. 2018.09; 36 (2): 584. ( 医中誌 )

  182. 清水 一秀, 田村 郁, 稲次 基希, 田中 洋次, 石井 賢二, 成相 直, 前原 健寿. Glioma手術における5-ALA誘導蛍光強度と11C-Methionine PET uptakeの比較検討 日本レーザー医学会誌. 2018.09; 39 (3): 230. ( 医中誌 )

  183. 尾花 三千代, 古屋 純一, 中山 玲奈, 松原 ちあき, 吉見 佳那子, 中根 綾子, 戸原 玄, 稲次 基希, 前原 健寿, 水口 俊介. 多職種による急性期脳卒中患者の口腔管理に関する研究 日本歯科衛生学会雑誌. 2018.08; 13 (1): 100. ( 医中誌 )

  184. 武川 麻紀, 成相 直, 玉田 なつみ, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 田中 洋次, 小林 大輔, 赤川 浩之, 糟谷 英俊, 前原 健寿. 小児もやもや病診断・治療の進歩と長期予後 小児もやもや病における遺伝子型による臨床像と脳血管病理像の検討 The Mt. Fuji Workshop on CVD. 2018.07; 36 23-26. ( 医中誌 )

  185. 壽美田 一貴, 武川 麻紀, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直. 小児もやもや病診断・治療の進歩と長期予後 小児期に出血で発症したもやもや病の長期治療成績 The Mt. Fuji Workshop on CVD. 2018.07; 36 10-12. ( 医中誌 )

  186. 稲次 基希, 戸原 玄, 古屋 純一, 沼沢 祥行, 三木 一徳, 泉山 肇, 水口 俊介, 前原 健寿. 脳卒中急性期から慢性期までの一貫した歯科介入体制構築の試み Neurosurgical Emergency. 2018.07; 23 (1): 10-16. ( 医中誌 )

  187. 永森 千寿子, 赤座 実穂, 前原 健寿, 稲次 基希, 角 勇樹, 原 恵子. 30歳代発症の欠神てんかんが疑われる一例 てんかん研究. 2018.06; 36 (1): 52-58. ( 医中誌 )

  188. Arai Y, Sumita K, Tamura K, Kobayashi D, Karakama J, Ito K, Kuroha M, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Maehara T. [A Rare Case of Radiation-Induced Meningioma that Occurred Only 3 Years and 6 Months after Radiation Therapy for Oligodendroglioma]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2018.06; 46 (6): 515-521. ( PubMed, DOI )

  189. 荒井 雪花, 壽美田 一貴, 田村 郁, 小林 大輔, 唐鎌 淳, 伊藤 慧, 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 放射線照射3年6ヵ月後に発症したradiation-induced meningiomaの1例 Neurological Surgery. 2018.06; 46 (6): 515-521. ( 医中誌 )

  190. 菅原 祐之, 長谷川 毅, 野村 敏大, 森山 剣光, 水野 朋子, 小林 大輔, 稲次 基希, 前原 健寿. けいれん発症前からの継時的画像変化が評価可能であった、海馬硬化を伴う内側側頭葉てんかんの1例 脳と発達. 2018.05; 50 (3): 216. ( 医中誌 )

  191. 森山 剣光, 野村 敏大, 水野 朋子, 稲次 基希, 前原 健寿. てんかん性脳症に対して、迷走神経刺激を行った3例の臨床的検討 脳と発達. 2018.05; 50 (Suppl.): S382. ( 医中誌 )

  192. 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. てんかんモニタリングユニット(EMU)を支えるコメディカルの役割 てんかんモニタリングユニットにおける医師の役割 Epilepsy: てんかんの総合学術誌. 2018.05; 12 (1): 41-42. ( 医中誌 )

  193. 唐鎌 淳, 成相 直, 壽美田 一貴, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿. もやもや病における血行力学的重症度を反映した3D DSAの特徴的所見 小児の脳神経. 2018.04; 43 (2): 252. ( 医中誌 )

  194. 壽美田 一貴, 高木 正稔, 廣木 遥, 宮本 智史, 柳町 昌克, 田村 郁, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 初発時から10年後に再発したmedulloblastomaの1例 小児の脳神経. 2018.04; 43 (2): 198. ( 医中誌 )

  195. Yamamoto T, Inaji M, Maehara T, Kawai K, Doyle WK. [(3)New Therapeutic Modalities using Seizure Detection Devices for Medically Refractory Epilepsy:AspireSR and the RNS System]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2018.03; 46 (3): 247-262. ( PubMed, DOI )

  196. 阿部 大数, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 【脳動脈瘤】 くも膜下出血をきたした微小脳動脈瘤(5mm未満)の臨床的検討 脳卒中の外科. 2018.03; 46 (2): 122-126. ( 医中誌 )

  197. 山本 貴道, 稲次 基希, 前原 健寿, 川合 謙介, Doyle Werner K.. 機能的脳神経外科最新の動向 難治性てんかんに対する発作感知型デバイスによる新たな治療選択肢 AspireSR & RNS System Neurological Surgery. 2018.03; 46 (3): 247-262. ( 医中誌 )

  198. 氏川 彩, 稲次 基希, 壽美田 一貴, 森内 麻美, 高山 渉, 大友 康裕, 前原 健寿. クエスチョンマーク型の金属棒による頭部穿通外傷の一例 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2018.02; 41回 131. ( 医中誌 )

  199. 稲次 基希, 田中 洋次, 森尾 友宏, 前原 健寿. 乳幼児頭部外傷診療における現状と問題点 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2018.02; 41回 109. ( 医中誌 )

  200. 稲次 基希, 原田 裕美. 【もう慌てないけいれん・てんかん 発作時の対応・治療・日常生活支援までバッチリわかる!】 てんかんの薬物治療と看護 頻用される新規薬 Brain Nursing. 2017.12; 33 (12): 1170-1174. ( 医中誌 )

  201. 稲次 基希, 原田 裕美. 【もう慌てないけいれん・てんかん 発作時の対応・治療・日常生活支援までバッチリわかる!】 てんかんの薬物治療と看護 頻用される新規薬 Brain Nursing. 2017.12; 33 (12): 1170-1174. ( 医中誌 )

  202. 武井 孝麿, 清川 樹里, 小山 高明, 藤井 照子, 芳村 雅隆, 廣田 晋, 稲次 基希, 山本 信二, 前原 健寿. 覚醒下手術を行った左頭頂葉胚芽異形成性神経上皮腫瘍の1例 茨城県厚生連病院学会雑誌. 2017.12; 30 69-73. ( 医中誌 )

  203. 壽美田 一貴, 唐鎌 淳, 芳村 雅隆, 藤井 照子, 三木 一徳, 吉野 義一, 山本 信二, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 根本 繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の合併症の検討 脳血管内治療. 2017.11; 2 (Suppl.): S84. ( 医中誌 )

  204. 稲次基希. 脳神経外科からみた接合・固定に使われる生体吸収性材料使用の実際 生体吸収性材料の開発と安全性評価. 2017.10; 295-298.

  205. 吉村 優里, 原 恵子, 赤座 実穂, 稲次 基希, 永森 千寿子, 橋本 聡華, 太田 克也, 角 勇樹, 前原 健寿. HFO検出ソフト2種類を用いた発作時脳波解析結果の比較 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 438. ( 医中誌 )

  206. 稲次 基希, 橋本 聡華, 林 志保理, 石井 賢二, 樋口 真人, 前原 健寿. てんかん学と臨床神経生理学との接点 その最新知見と臨床応用 てんかんにおける核医学検査の現状 脳神経外科の立場から 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 303. ( 医中誌 )

  207. 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. ビデオ脳波モニタリングユニット(EMU)を支えるコメディカルの役割 EMUにおける医師の役割 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 322. ( 医中誌 )

  208. 橋本 聡華, 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. 問題症例の脳波 多彩な発作型を呈した左側頭葉島皮質てんかんの一例 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 346. ( 医中誌 )

  209. 清水 一秀, 田中 洋次, 工藤 琢巳, 田村 郁, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科における3Dヘッドマウントディスプレイ(3D-HMD)を用いた経鼻内視鏡手術 日本コンピュータ外科学会誌. 2017.10; 19 (4): 316. ( 医中誌 )

  210. 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 【脳動脈瘤に対する治療法の選択】 前交通動脈瘤手術におけるmini orbitozygomatic approachの有用性の検討 脳卒中の外科. 2017.09; 45 (5): 345-351. ( 医中誌 )

  211. 中野 智行, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 経過観察中に破裂をきたした未破裂脳動脈瘤に関する検討 脳卒中の外科. 2017.09; 45 (5): 394-397. ( 医中誌 )

  212. 吉村 優里, 原 恵子, 赤座 実穂, 永森 千寿子, 稲次 基希, 太田 克也, 角 勇樹, 前原 健寿. 2017年における一般市民によるてんかん患者の社会参加に対する評価 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 560. ( 医中誌 )

  213. 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 【脳動脈瘤に対する治療法の選択】 前交通動脈瘤手術におけるmini orbitozygomatic approachの有用性の検討 脳卒中の外科. 2017.09; 45 (5): 345-351. ( 医中誌 )

  214. 橋本 聡華, 前田 純, 稲次 基希, 熊田 勝志, 張 明栄, 須原 哲也, 前原 健寿, 樋口 真人. モデルマウスを用いたトリプトファン代謝のてんかん病態への関与の検討 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 602. ( 医中誌 )

  215. 前原 健寿, 橋本 聡華, 清水 一秀, 稲次 基希, 池田 昭夫, 柿田 明美, 井上 有史, 渡辺 裕貴, 岩崎 真樹, 白水 洋史, 福田 敦夫, 小泉 修一, 岡田 元宏, 大野 行弘. グリアとてんかん 基礎と臨床のアップデート・インフォメーション 基礎と臨床の包括的研究の重要性 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 349. ( 医中誌 )

  216. 原 恵子, 前原 健寿, 稲次 基希, 赤座 実穂, 原 實. てんかんと家族 成人患者を扱う医師の立場から てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 386. ( 医中誌 )

  217. 永森 千寿子, 原 恵子, 赤座 実穂, 太田 克也, 前原 健寿, 稲次 基希, 角 勇樹. 一般市民を対象としたてんかんに対する意識調査 2013年と2017年の比較 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 559. ( 医中誌 )

  218. 折原 あすみ, 稲次 基希, 橋本 聡華, 赤座 実穂, 原 恵子, 前原 健寿. 内側側頭葉てんかんのセボフルラン麻酔下術中皮質脳波におけるred spikeの検討 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 546. ( 医中誌 )

  219. 清水 一秀, 大仲 佳祐, 徳永 英恵, 稲次 基希, 前原 健寿. 低酸素脳症後のミオクローヌス(Lance-Adams症候群)に対するPERの効果 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 568. ( 医中誌 )

  220. 大仲 佳祐, 稲次 基希, 徳永 英恵, 清水 一秀, 橋本 聡華, 前原 健寿. 当院における脳出血患者の早期けいれんについて てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 507. ( 医中誌 )

  221. 高木 俊輔, 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. 脳外科てんかんチームより精神科併診依頼のあった症例の精神科的特徴 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 581. ( 医中誌 )

  222. 徳永 英恵, 稲次 基希, 大仲 佳祐, タンマモングッド・ティプアーパ , 橋本 聡華, 清水 一秀, 前原 健寿. 結節性硬化症の転倒発作に脳梁離断術が有効だった3例 てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 587. ( 医中誌 )

  223. 中野 智行, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 経過観察中に破裂をきたした未破裂脳動脈瘤に関する検討 脳卒中の外科. 2017.09; 45 (5): 394-397. ( 医中誌 )

  224. 稲次 基希, 橋本 聡華, 石井 賢二, 豊原 潤, 前田 純, 樋口 真人, 前原 健寿. 新規PETトレーサーを用いた焦点診断の試み てんかん研究. 2017.09; 35 (2): 479. ( 医中誌 )

  225. 日浦 幹夫, 成相 直, 牟田 光孝, 稲次 基希, 豊原 潤, 石井 賢二, 石橋 賢士, 我妻 慧, 坂田 宗之, 織田 圭一, 石渡 喜一, 前原 健寿. 神経画像最前線 PETイメージングを活用した運動負荷時の脳機能解析 脳血流量と神経受容体計測の実際 脳循環代謝. 2017.08; 28 (2): 297-302. ( 医中誌 )

  226. 日浦 幹夫, 成相 直, 牟田 光孝, 稲次 基希, 豊原 潤, 石井 賢二, 石橋 賢士, 我妻 慧, 坂田 宗之, 織田 圭一, 石渡 喜一, 前原 健寿. 神経画像最前線 PETイメージングを活用した運動負荷時の脳機能解析 脳血流量と神経受容体計測の実際 脳循環代謝. 2017.08; 28 (2): 297-302. ( 医中誌 )

  227. 稲次基希,前原健寿. 急性硬膜外血腫 『1336専門家による私の治療[2017-2018年度版]』. 2017.07;

  228. 中谷 光良, 井内 盛遠, 大封 昌子, 十川 純平, 松井 智彦, 橋本 聡華, 稲次 基希, 白水 洋史, 金澤 恭子, 渡辺 裕貴, 臼井 直敬, 井上 有史, 前原 健寿, 池田 昭夫. 難治部分てんかん患者の焦点検索における、発作時DC電位・HFOの記録および解析の標準化案 てんかん研究. 2017.06; 35 (1): 3-13. ( 医中誌 )

  229. 吉見 佳那子, 古屋 純一, 戸原 玄, 稲次 基希, 竹内 周平, 前原 健寿, 水口 俊介. 多職種や他医療機関との情報共有によりシームレスな摂食嚥下リハビリテーションを行えた一症例 日本在宅医学会大会. 2017.06; 19回 147. ( 医中誌 )

  230. 中谷 光良, 井内 盛遠, 大封 昌子, 十川 純平, 松井 智彦, 橋本 聡華, 稲次 基希, 白水 洋史, 金澤 恭子, 渡辺 裕貴, 臼井 直敬, 井上 有史, 前原 健寿, 池田 昭夫. 難治部分てんかん患者の焦点検索における、発作時DC電位・HFOの記録および解析の標準化案 てんかん研究. 2017.06; 35 (1): 3-13. ( 医中誌 )

  231. 松原 ちあき, 古屋 純一, 戸原 玄, 若杉 葉子, 吉住 結, 稲次 基希, 前原 健寿, 水口 俊介. 入院患者の包括的な口腔機能管理における多職種での情報共有の重要性 日本口腔ケア学会雑誌. 2017.04; 11 (3): 230. ( 医中誌 )

  232. 尾花 三千代, 古屋 純一, 戸原 玄, 佐藤 茉莉恵, 中根 綾子, 稲次 基希, 前原 健寿, 水口 俊介. 急性期からの口腔機能管理を行ったくも膜下出血の1症例 日本口腔ケア学会雑誌. 2017.04; 11 (3): 231. ( 医中誌 )

  233. 稲次 基希, 古屋 純一, 戸原 玄, 若杉 葉子, 水口 俊介, 前原 健寿. 脳卒中診療からみた連続的歯科介入の現状と問題点 日本口腔ケア学会雑誌. 2017.04; 11 (3): 141. ( 医中誌 )

  234. 青山 二郎, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. スパズム期の脳動脈瘤治療 当院におけるくも膜下出血患者に対する脳血管攣縮期の治療成績 軽症例を中心に 脳血管攣縮. 2017.02; 32 36-40. ( 医中誌 )

  235. 青山 二郎, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. スパズム期の脳動脈瘤治療 当院におけるくも膜下出血患者に対する脳血管攣縮期の治療成績 軽症例を中心に 脳血管攣縮. 2017.02; 32 36-40. ( 医中誌 )

  236. 稲次 基希, 戸原 玄, 古屋 純一, 若杉 葉子, 沼沢 祥行, 三木 一徳, 泉山 肇, 水口 俊介, 嶋田 昌彦, 前原 健寿. 地域連携医療の現状と展望 脳卒中急性期から慢性期までの一貫した歯科介入体制の構築 Neurosurgical Emergency. 2017.02; 21 (3): 296. ( 医中誌 )

  237. 稲次 基希, 橋本 聡華, 黒羽 真砂恵, 田中 洋次, 森下 幸治, 大友 康裕, 前原 健寿. 外傷早期けいれんに対するレベチラセタム予防投与効果 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2017.02; 40回 137. ( 医中誌 )

  238. 青山 二郎, 早川 隆宣, 菅原 貴志, 武井 武麿, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 慢性硬膜下血腫の標準治療は何か? 慢性硬膜下血腫の治療成績と再発リスク因子に関する施設間での検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2017.02; 40回 115. ( 医中誌 )

  239. 伊藤 慧, 菅原 貴志, 成相 直, 田中 洋二, 稲次 基希, 前原 健寿. 開頭術を行った非ビタミンK阻害経口抗凝固薬内服2症例の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2017.02; 40回 135. ( 医中誌 )

  240. 永森 千寿子, 原 恵子, 赤座 実穂, 太田 克也, 前原 健寿, 稲次 基希, 笹野 哲郎, 角 勇樹, 原 實. 30歳代発症の欠神てんかんが疑われる一例 てんかん研究. 2017.01; 34 (3): 657-658. ( 医中誌 )

  241. 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 田端 梓, 原 恵子, 赤座 美穂, 高木 俊輔, 前原 健寿. 慢性頭蓋内脳波記録中に心因性発作を認めた内側側頭葉てんかんの1例 てんかん研究. 2017.01; 34 (3): 652. ( 医中誌 )

  242. 成 健史, 馬場 信平, 森山 剣光, 平井 高志, 瀬川 裕子, 稲次 基希, 満生 紀子, 高木 正稔, 金兼 弘和, 森尾 友宏. 生下時からの右下肢の不全麻痺、進行性の側彎を呈した脊髄腫瘍の1例 脳と発達. 2017.01; 49 (1): 59. ( 医中誌 )

  243. 赤座 実穂, 原 恵子, 永森 千寿子, 沼沢 祥行, 叶内 匡, 相馬 沙紀, 笹野 哲郎, 稲次 基希, 角 勇樹, 前原 健寿, 横田 隆徳. 扁桃体腫大を伴う側頭葉てんかんが疑われる一例 てんかん研究. 2017.01; 34 (3): 657. ( 医中誌 )

  244. 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 原 祥子, 前原 健寿. もやもや病合併妊婦における脳循環動態変化の検討 arterial spin labeling法による無侵襲的計測 脳循環代謝. 2016.11; 28 (1): 220. ( 医中誌 )

  245. 橋本 聡華, 稲次 基希, 林 志保里, 我妻 慧, 豊原 潤, 石井 賢二, 前原 健寿. 内側側頭葉てんかん患者のmGluR1 PET imaging 脳循環代謝. 2016.11; 28 (1): 201. ( 医中誌 )

  246. 稲次 基希, 平井 作京, 林 志保里, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 無症候性成人もやもや病の予後と脳循環代謝 脳循環代謝. 2016.11; 28 (1): 182. ( 医中誌 )

  247. 日浦 幹夫, 成相 直, 牟田 光孝, 稲次 基希, 豊原 潤, 石井 賢二, 石橋 賢士, 我妻 慧, 坂田 宗之, 織田 圭一, 石渡 喜一, 前原 健寿. 神経画像最前線 神経機能の可視化はどこまで進んだか PETイメージングを活用した運動負荷時の脳機能解析 脳血流量と神経受容体計測の実際 脳循環代謝. 2016.11; 28 (1): 134. ( 医中誌 )

  248. 折原 あすみ, 稲次 基希, 橋本 聡華, 黒羽 真砂恵, 赤座 美穂, 原 恵子, 前原 健寿. 内側側頭葉てんかん術中皮質脳波におけるセボフルラン濃度のHFOへの影響 臨床神経生理学. 2016.10; 44 (5): 459. ( 医中誌 )

  249. 成相 直, 稲次 基希, 林 志保里, 織田 圭一, 石井 賢二, 石渡 喜一. 悪性脳腫瘍に対するBNCTへの応用を見据えたアミノ酸標識PET画像の検討 FBPAとメチオニンの比較 核医学. 2016.10; 53 (Suppl.): S257. ( 医中誌 )

  250. 稲次 基希, 橋本 聡華, 折原 あすみ, 黒羽 真砂恵, 赤座 美穂, 原 恵子, 山本 信二, 前原 健寿. 焦点切除術術中に偶然記録された発作時皮質脳波の検討 臨床神経生理学. 2016.10; 44 (5): 415. ( 医中誌 )

  251. 原 恵子, 児玉 智博, 赤座 実穂, 稲次 基希, 太田 克也, 永森 千寿子, 角 勇樹, 前原 健寿, 原 實. レベチラセタム投与後に精神症状を認めた症例 てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 563. ( 医中誌 )

  252. 藤田 華子, 稲次 基希, 黒羽 真砂恵, 折原 あゆみ, 橋本 聡華, 森山 剣光, 馬場 信平, 前原 健寿. 前屈発作を有し半球性病変を認める小児難治てんかんに全脳梁離断術を施行した3例 てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 466. ( 医中誌 )

  253. 笹川 麻由, 稲次 基希, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院救命救急センターにおけるてんかん診療 患者背景と課題 てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 549. ( 医中誌 )

  254. 赤座 実穂, 原 恵子, 稲次 基希, 叶内 匡, 太田 克也, 笹野 哲郎, 角 勇樹, 横田 隆徳, 前原 健寿. 扁桃体腫大を伴う側頭葉てんかん症例 てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 578. ( 医中誌 )

  255. 粟田 由梨乃, 橋本 聡華, 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 前原 健寿. 迷走神経刺激療法の治療成績と患者家族からみた効果 てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 421. ( 医中誌 )

  256. 折原 あすみ, 稲次 基希, 黒羽 真砂恵, 橋本 聡華, 赤座 実穂, 原 恵子, 前原 健寿. 頭蓋内電極留置術合併症の検討 てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 582. ( 医中誌 )

  257. 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 藤田 華子, 折原 あすみ, 橋本 聡華, 大友 康裕, 前原 健寿. 頭蓋内出血を伴う頭部外傷急性期における抗てんかん薬予防投与 てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 412. ( 医中誌 )

  258. 橋本 聡華, 前田 純, 稲次 基希, 樋口 真人, 熊田 勝志, 張 明栄, 須原 哲也, 前原 健寿. 遺伝性てんかんモデルマウスによるてんかんPET画像診断薬の探索 てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 505. ( 医中誌 )

  259. 紙谷 武, 宮崎 祐介, 稲次 基希, 大宮 正毅. 頭部物理モデルを用いた柔道における後頭部衝突時の頭蓋内挙動観察実験 日本臨床スポーツ医学会誌. 2016.08; 24 (3): 443-450. ( 医中誌 )

  260. 紙谷 武, 宮崎 祐介, 稲次 基希, 大宮 正毅. 頭部物理モデルを用いた柔道における後頭部衝突時の頭蓋内挙動観察実験 日本臨床スポーツ医学会誌. 2016.08; 24 (3): 443-450. ( 医中誌 )

  261. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌. 2016.07; 8 (1): 47-50. ( 医中誌 )

  262. 藤間 詩央里, 原 恵子, 田端 梓, 笹野 哲郎, 稲次 基希, 赤座 実穂, 前原 健寿, 松浦 雅人, 角 勇樹. 医療系学生と一般健常者におけるてんかんに対する潜在的偏見 てんかん研究. 2016.06; 34 (1): 10-22. ( 医中誌 )

  263. 藤間 詩央里, 原 恵子, 田端 梓, 笹野 哲郎, 稲次 基希, 赤座 実穂, 前原 健寿, 松浦 雅人, 角 勇樹. 医療系学生と一般健常者におけるてんかんに対する潜在的偏見 てんかん研究. 2016.06; 34 (1): 10-22. ( 医中誌 )

  264. 荻島 隆浩, 田村 郁, 小林 大輔, 稲次 基希, 林 志保里, 田村 玲奈, 成相 直, 石井 賢二, 前原 健寿. グリオーマの形態病理と分子診断 Grade 2、3グリオーマにおけるIDH1とATRXによる分子診断と[11C]methionine-PETの比較検討 Brain Tumor Pathology. 2016.05; 33 (Suppl.): 068. ( 医中誌 )

  265. 壽美田 一貴, 武川 麻紀, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直. 出血発症した小児もやもや病の長期治療成績 小児の脳神経. 2016.05; 41 (1): 134. ( 医中誌 )

  266. 武川 麻紀, 成相 直, 壽美田 一貴, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 田中 洋次, 糟谷 英俊, 前原 健寿, 赤川 浩之. 小児もやもや病におけるRNF213遺伝子型と臨床像との関連の検討 小児の脳神経. 2016.05; 41 (1): 135. ( 医中誌 )

  267. 山本 正博, 菅原 江美子, 明石 巧, 笹川 麻由, 稲次 基希, 前原 健寿, 江石 義信. 多臓器転移を来した膠芽腫の1剖検例 日本病理学会会誌. 2016.04; 105 (1): 503. ( 医中誌 )

  268. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術 泌尿器外科. 2016.03; 29 (3): 302. ( 医中誌 )

  269. 菅原 貴志, 高橋 暁, 清川 樹里, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対するスパズム治療の現状・予後予測因子の検討と今後の課題 脳血管攣縮. 2016.02; 31 1-5. ( 医中誌 )

  270. 菅原 貴志, 高橋 暁, 清川 樹里, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対するスパズム治療の現状・予後予測因子の検討と今後の課題 脳血管攣縮. 2016.02; 31 1-5. ( 医中誌 )

  271. 阿部 大数, 稲次 基希, 河野 能久, 菅原 貴志, 田中 洋次, 大友 康裕, 成相 直, 前原 健寿. 当院における外傷性髄液漏に対する治療戦略 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2016.02; 39回 80. ( 医中誌 )

  272. 稲次 基希, 林 志保里, 成相 直, 坂田 宗之, 石井 賢二, 前原 健寿. 脳神経外傷のBasic Research びまん性脳損傷患者におけるアデノシンA1受容体PETイメージング 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2016.02; 39回 69. ( 医中誌 )

  273. 田端 梓, 原 恵子, 稲次 基希, 玉田 なつみ, 川並 麗奈, 橋本 聡華, 藤間 詩央里, 笹野 哲郎, 松浦 雅人, 角 勇樹, 前原 健寿. Focal cortical dysplasia type IIの律動的な棘波に関連する頭皮上high frequency oscillations てんかん研究. 2016.01; 33 (3): 672-682. ( 医中誌 )

  274. 田端 梓, 原 恵子, 稲次 基希, 玉田 なつみ, 川並 麗奈, 橋本 聡華, 藤間 詩央里, 笹野 哲郎, 松浦 雅人, 角 勇樹, 前原 健寿. Focal cortical dysplasia type IIの律動的な棘波に関連する頭皮上high frequency oscillations てんかん研究. 2016.01; 33 (3): 672-682. ( 医中誌 )

  275. 中野 智行, 稲次 基希, 折原 あすみ, 原 恵子, 田端 梓, 藤間 詩央里, 湯本 真人, 前原 健寿. HFO解析が有用であったMRI陰性新皮質てんかんの一例 てんかん研究. 2016.01; 33 (3): 711-712. ( 医中誌 )

  276. 稲次 基希, 宮崎 祐介, 大宮 正毅, 紙谷 武, 林 志保里, 前原 健寿. スポーツ頭部外傷 最新の知見 透過頭蓋骨ダミーモデルを用いた柔道頭部外傷メカニズムの検討 Neurosurgical Emergency. 2016.01; 20 (3): 397. ( 医中誌 )

  277. 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 橋本 聡華, 原 恵子, 藤間 詩央里, 田端 梓, 山本 直樹, 前原 健寿. 半球離断術後に精神症状を合併した一成人例 てんかん研究. 2016.01; 33 (3): 710. ( 医中誌 )

  278. 馬場 信平, 森山 剣光, 石渡 久子, 鹿島田 彩子, 菅原 祐之, 稲次 基希, 前原 健寿. 迷走神経刺激療法を行ったCDKL5変異に伴うてんかん性脳症の女児例 てんかん研究. 2016.01; 33 (3): 713-714. ( 医中誌 )

  279. 田端 梓, 原 恵子, 稲次 基希, 藤間 詩央里, 笹野 哲郎, 松浦 雅人, 角 勇樹, 前原 健寿. 頭皮上脳波でhigh frequency oscillationsを認めたてんかんの1症例 てんかん研究. 2016.01; 33 (3): 709. ( 医中誌 )

  280. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. ヘッドマウントディスプレイワールド 他科・多領域への応用 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌. 2015.12; 7 (2): 30. ( 医中誌 )

  281. 唐鎌 淳, 吉野 義一, 三木 一徳, 笹川 麻由, 菅原 貴志, 稲次 基希, 前原 健寿, 根本 繁. 脊髄AVシャント病変に対する塞栓術の工夫 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2015.11; 9 (6): S317. ( 医中誌 )

  282. 稲次 基希, 中野 智行, 折原 あすみ, 橋本 聡華, 田端 梓, 藤間 詩央里, 原 恵子, 前原 健寿. 内側側頭葉てんかん術中皮質脳波におけるHFO解析 臨床神経生理学. 2015.10; 43 (5): 469. ( 医中誌 )

  283. 稲次 基希. 大脳情報処理機構の局在と脳疾患 てんかん患者における神経心理検査とFDGPETの相関 脳循環代謝. 2015.10; 27 (1): 103. ( 医中誌 )

  284. 橋本 聡華, 稲次 基希, 山内 崇弘, 大仲 佳祐, 山本 崇裕, 田中 洋次, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における外傷性視神経損傷の検討 神経外傷. 2015.09; 38 (1): 14-19. ( 医中誌 )

  285. 前原 健寿, 稲次 基希, 橋本 聡華. VNS導入後5年 VNS成人例の成績 てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 381-382. ( 医中誌 )

  286. 田端 梓, 原 恵子, 藤間 詩央里, 廣瀬 有香, 前原 健寿, 稲次 基希, 原 實, 笹野 哲郎, 松浦 雅人, 角 勇樹. てんかんに対する顕在的偏見のてんかん患者と一般健常者の違い てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 588. ( 医中誌 )

  287. 藤間 詩央里, 原 恵子, 田端 梓, 笹野 哲郎, 稲次 基希, 前原 健寿, 松浦 雅人, 角 勇樹. てんかんに対する潜在的偏見 健常者・医療系学生の比較 てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 588. ( 医中誌 )

  288. 笹川 麻由, 稲次 基希, 中野 智行, 折原 あすみ, 橋本 聡華, 田端 梓, 藤間 詩央里, 原 恵子, 前原 健寿. 側頭葉てんかん術中皮質脳波におけるHFOとセボフルラン濃度の相関 てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 594. ( 医中誌 )

  289. 稲次 基希, 橋本 聡華, 林 志保里, 田端 梓, 藤間 詩央里, 原 恵子, 前原 健寿. 当院におけるMRI陰性新皮質てんかんの外科治療成績 てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 484. ( 医中誌 )

  290. 橋本 聡華, 稲次 基希, 山内 崇弘, 大仲 佳祐, 山本 崇裕, 田中 洋次, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における外傷性視神経損傷の検討 神経外傷. 2015.09; 38 (1): 14-19. ( 医中誌 )

  291. 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 橋本 聡華, 折原 あすみ, 原 恵子, 前原 健寿. 海綿状血管腫に伴うてんかん患者の手術成績及び術後社会的自立の検討 てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 493. ( 医中誌 )

  292. 橋本 聡華, 稲次 基希, 折原 あすみ, 林 志保里, 原 恵子, 前原 健寿. 当院における緩和治療の治療戦略 てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 492. ( 医中誌 )

  293. 稲次 基希, 前原 健寿. 【てんかん医療の多様な展開-基礎から臨床まで-】 てんかん画像の進歩 最新医学. 2015.06; 70 (6): 1072-1077. ( 医中誌 )

  294. 稲次 基希, 前原 健寿. 【てんかん医療の多様な展開-基礎から臨床まで-】 てんかん画像の進歩 最新医学. 2015.06; 70 (6): 1072-1077. ( 医中誌 )

  295. 前原 健寿, 稲次 基希, 折原 あすみ, 原 恵子, 田端 梓, 藤間 詩央里, 湯本 真人. 発作時HFO分析導入後のMRI陰性新皮質てんかんの焦点診断、手術における脳磁図、PET、SPECTの有用性 日本生体磁気学会誌. 2015.06; 28 (1): 70-71. ( 医中誌 )

  296. 田村 郁, 稲次 基希, 武川 麻紀, 折原 あすみ, 董 暁書, 木原 淳, 裴 有安, 前原 健寿. ベバシズマブ投与後の膠芽腫の病理学的変化 初発時と剖検時の比較 Brain Tumor Pathology. 2015.05; 32 (Suppl.): 088. ( 医中誌 )

  297. 蛯子 裕輔, 山科 元滋, 稲次 基希, 前原 健寿. 再発・難治慢性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿頭術後の再発危険因子の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2015.03; 38回 61. ( 医中誌 )

  298. 稲次 基希, 鳥入 さゆり, 伊藤 亜希, 村田 希吉, 泉山 肇, 森尾 友宏, 前原 健寿, 東京医科歯科大学児童虐待事例検討委員会. 小児の脳神経外傷 当院における児童虐待事例検討委員会の試み 小児頭部外傷予防にむけて 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2015.03; 38回 73. ( 医中誌 )

  299. 廣田 晋, 稲次 基希, 成相 直, 原 睦也, 玉置 正史, 戸根 修, 富田 博樹, 前原 健寿. 外傷と高次脳機能障害 びまん性脳損傷患者における神経心理検査の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2015.03; 38回 77. ( 医中誌 )

  300. 折原 あすみ, 稲次 基希, 成相 直, 田中 洋次, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における自転車交通外傷の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2015.03; 38回 98. ( 医中誌 )

  301. 小野 大介, 新宅 洋, 銭谷 怜史, 大久保 卓哉, 石橋 哲, 稲次 基希, 五ノ井 透, 横田 隆徳. ST合剤耐性ノカルジア脳膿瘍の1例 日本内科学会関東地方会. 2015.02; 612回 58. ( 医中誌 )

  302. 折原 あすみ, 稲次 基希, 橋本 聡華, 伊藤 なつみ, 林 志保里, 原 恵子, 前原 健寿. 下肢優位の身振り自動症を呈したMRI陰性外側側頭葉てんかんの手術例 てんかん研究. 2015.01; 32 (3): 601-602. ( 医中誌 )

  303. 寺門 利継, 稲次 基希, 石和田 宰弘, 芳村 雅隆, 廣田 晋, 冨士井 睦, 山本 信二, 前原 健寿. 病変切除により寛解を得た右前頭葉皮質形成異常による難治性てんかんの1例 てんかん研究. 2015.01; 32 (3): 600. ( 医中誌 )

  304. 石渡 久子, 高橋 孝治, 鹿島田 彩子, 稲次 基希, 前原 健寿, 伊藤 昌弘, 菅原 祐之. 脳梁離断術後に激しい不随意運動を呈したLennox-Gastaut症候群の1例 てんかん研究. 2015.01; 32 (3): 599. ( 医中誌 )

  305. タンマモングッド ティプアーパー、田村 郁、小林大輔、稲次基希、前原健寿. 当院における高齢者グリオブラストーマの治療成績 Neuro-Oncology(Tokyo) . 2015; 24 (2): 3-5.

  306. 吉野 義一, 根本 繁, 三木 一徳, 唐鎌 淳, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿. 血管内治療科を併設する施設におけるくも膜下出血の治療成績 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2014.12; 8 (6): 229. ( 医中誌 )

  307. 稲次 基希, 田端 梓, 原 恵子, 前原 健寿. 側頭葉てんかん術中皮質脳波による海馬HFO測定 臨床神経生理学. 2014.10; 42 (5): 311. ( 医中誌 )

  308. 稲次 基希, 成相 直, 林 志保里, 田中 洋次, 織田 圭一, 坂田 宗之, 豊原 潤, 石渡 喜一, 石井 賢二, 前原 健寿. Malignant glioma adjuvant therapyにおけるPET clinical useの有用性 核医学. 2014.09; 51 (3): 273. ( 医中誌 )

  309. 我妻 慧, 織田 圭一, 三輪 建太, 稲次 基希, 林 志保里, 石井 賢二, 坂田 宗之, 石橋 賢士, 伊藤 公輝, 豊原 潤, 成相 直, 石渡 喜一. O-15ガスPET/CT撮像におけるコールドアーチファクト改善の検討 核医学技術. 2014.09; 34 (予稿集): 337. ( 医中誌 )

  310. 稲次 基希, 林 志保里, 成相 直, 原 恵子, 松浦 雅人, 前原 健寿. てんかん外科と神経心理検査 神経心理検査は切除範囲に影響するか? てんかん患者における神経心理検査とFDGPETの相関 てんかん研究. 2014.09; 32 (2): 305. ( 医中誌 )

  311. 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 林 志保里, 織田 圭一, 石井 賢二, 石渡 喜一, 山本 昌昭. メチオニンPETガイドによる悪性脳腫瘍のγナイフ治療の有効性 核医学. 2014.09; 51 (3): 274. ( 医中誌 )

  312. 林 志保里, 稲次 基希, 成相 直, 織田 圭一, 坂田 宗之, 石井 賢二, 石渡 喜一, 前原 健寿. びまん性軸索損傷患者におけるMPDX PETを用いた病態検討 核医学. 2014.09; 51 (3): 327. ( 医中誌 )

  313. 林 志保里, 稲次 基希, 成相 直, 織田 圭一, 坂田 宗之, 石井 賢二, 石渡 喜一, 原 恵子, 前原 健寿. 内側側頭葉てんかん術後の抗てんかん薬処方動向とその影響因子の検討 てんかん研究. 2014.09; 32 (2): 384. ( 医中誌 )

  314. 橋本 聡華, 稲次 基希, 田中 洋二, 山内 崇弘, 大仲 佳祐, 原 恵子, 松浦 雅人, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における外傷性けいれんに対する抗てんかん薬投与の変遷 てんかん研究. 2014.09; 32 (2): 459. ( 医中誌 )

  315. 折原 あすみ, 稲次 基希, 原 恵子, 松浦 雅人, 前原 健寿. 血管奇形による側頭葉てんかんに対する手術成績の検討 てんかん研究. 2014.09; 32 (2): 420. ( 医中誌 )

  316. 田端 梓, 原 恵子, 稲次 基希, 伊藤 なつみ, 川並 麗奈, 橋本 聡華, 藤間 詩央里, 松浦 雅人, 角 勇樹, 前原 健寿. 頭皮上脳波で律動的棘波を認めた症例におけるhigh frequency oscillation解析 てんかん研究. 2014.09; 32 (2): 411. ( 医中誌 )

  317. 稲次 基希, 前原 健寿. 【神経診察-そのポイントと次の一手】 その他 てんかん てんかんであることをどう見極める? 鑑別は? Medicina. 2014.07; 51 (7): 1294-1298. ( 医中誌 )

  318. 稲次 基希, 前原 健寿. 【神経診察-そのポイントと次の一手】 その他 てんかん てんかんであることをどう見極める? 鑑別は? Medicina. 2014.07; 51 (7): 1294-1298. ( 医中誌 )

  319. 稲次 基希, 前原 健寿. 【てんかん-基礎・臨床研究の最新知見-】 てんかんの診断 PET、SPECT、MEG 日本臨床. 2014.05; 72 (5): 827-833. ( 医中誌 )

  320. Motoki Inaji, Taketoshi Maehara. [PET, SPECT, and MEG in the diagnosis of epilepsy]. Nippon Rinsho. 2014.05; 72 (5): 827-833. ( PubMed )

  321. 稲次 基希, 前原 健寿. 【てんかん-基礎・臨床研究の最新知見-】 てんかんの診断 PET、SPECT、MEG 日本臨床. 2014.05; 72 (5): 827-833. ( 医中誌 )

  322. 橋本 聡華, 稲次 基希, 田中 洋次, 原 恵子, 松浦 雅人, 大友 康裕, 前原 健寿. 外傷性てんかんに対する抗てんかん薬投与の変遷 当科における最近10年間における検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2014.03; 37回 72. ( 医中誌 )

  323. 大仲 佳祐, 稲次 基希, 橋本 聡華, 河野 能久, 田中 洋次, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における外傷性視神経損傷の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2014.03; 37回 88. ( 医中誌 )

  324. 山内 崇弘, 稲次 基希, 林 志保里, 田中 洋次, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における急性期頭蓋内出血を伴うスポーツ頭部外傷例の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2014.03; 37回 67. ( 医中誌 )

  325. 稲次 基希, 橋本 聡華, 成相 直, 林 志保里, 田中 洋次, 坂田 宗之, 織田 圭一, 石渡 喜一, 石井 賢二, 前原 健寿. 頭部外傷の画像診断とモニタリング びまん性脳損傷患者のSPM統計解析を用いたPET multi-tracer計測による検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2014.03; 37回 60. ( 医中誌 )

  326. 山内 崇弘, 稲次 基希, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院におけるスポーツ頭部外傷・急性期頭蓋内出血例の検討 Neurosurgical Emergency. 2014.01; 18 (3): 304. ( 医中誌 )

  327. 橋本 聡華, 稲次 基希, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における外傷性視神経障害の予後の検討 Neurosurgical Emergency. 2014.01; 18 (3): 306. ( 医中誌 )

  328. 山村 俊弘, 稲次 基希, 田村 郁, 前原 健寿, 保立 麻美子, 菅原 祐之, 原 恵子, 松浦 雅人. 悪性転化を生じたと考えられた小児てんかん関連脳腫瘍の2症例 てんかん研究. 2014.01; 31 (3): 541. ( 医中誌 )

  329. 稲次 基希, 宮崎 祐介, 大宮 正毅, 紙谷 武, 藤原 一枝. 透過頭蓋骨ダミーモデルを用いた柔道頭部外傷メカニズムの検討 Neurosurgical Emergency. 2014.01; 18 (3): 324. ( 医中誌 )

  330. 能勢 裕里江, 三條 伸夫, 稲次 基希, 古木 美紗子, 阿部 圭輔, 大久保 卓哉, 石橋 哲, 関口 輝彦, 横田 隆徳, 大野 喜久郎, 水澤 英洋. Tumefactive demyelinating diseaseにおけるステロイド治療反応性と再発について 臨床神経学. 2013.12; 53 (12): 1444. ( 医中誌 )

  331. 成相 直, 日浦 幹夫, 田中 洋次, 稲次 基希, 織田 圭一, 石井 賢二. 脳循環代謝イメージングの最前線 生理学的負荷による脳血流反応 正常者と脳血管障害患者の定量PET脳血流計測から 脳循環代謝. 2013.11; 25 (1): 100. ( 医中誌 )

  332. 稲次 基希, 成相 直, 林 志保里, 田中 洋次, 織田 圭一, 坂田 宗之, 石渡 喜一, 豊原 潤, 石井 賢二, 前原 健寿. 11C-4DST PETのGlioma悪性度診断における有用性と妥当性の検証 核医学. 2013.09; 50 (3): S189. ( 医中誌 )

  333. 林 志保里, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿, 織田 圭一, 坂田 宗之, 石井 賢二, 石渡 喜一. [11C]MPDX PETを用いた側頭葉てんかん患者脳におけるアデノシンA1受容体の測定 てんかん研究. 2013.09; 31 (2): 436. ( 医中誌 )

  334. 原 恵子, 廣瀬 有香, 井出野 尚, 竹村 和久, 前原 健寿, 小宇佐 梨里子, 稲次 基希, 松浦 雅人. Webアンケートを用いた日本におけるてんかんに対する意識調査 てんかん研究. 2013.09; 31 (2): 441. ( 医中誌 )

  335. 前原 健寿, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 林 志保里, 石渡 喜一, 石井 賢二, 小林 大輔. グリアとてんかん病態 神経画像検査を用いたてんかん焦点におけるグリア機能評価の可能性 てんかん研究. 2013.09; 31 (2): 279. ( 医中誌 )

  336. 林 志保里, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿, 織田 圭一, 坂田 宗之, 石井 賢二, 石渡 喜一. 側頭葉てんかん患者脳における[11C]MPDX PETを用いたアデノシンA1受容体の測定 核医学. 2013.09; 50 (3): S215. ( 医中誌 )

  337. 成相 直, 田中 洋次, 石井 洋介, 原 祥子, 稲次 基希, 前原 健寿, 織田 圭一, 石渡 喜一, 石井 賢二. 慢性脳動脈閉塞症の脳循環評価における核医学検査とASL-MRIの役割 核医学. 2013.09; 50 (3): S219. ( 医中誌 )

  338. 橋本 聡華, 稲次 基希, 林 志保里, 原 恵子, 松浦 雅人, 前原 健寿. 脳腫瘍による側頭葉てんかん手術症例における、海馬切除の有無と予後判定 てんかん研究. 2013.09; 31 (2): 390. ( 医中誌 )

  339. 稲次 基希, 前原 健寿. 【これだけ押さえる!けいれんへの対応&てんかんの治療・看護】 けいれん発作時の緊急対応 Brain Nursing. 2013.08; 29 (8): 734-738. ( 医中誌 )

  340. 稲次 基希, 前原 健寿. 【これだけ押さえる!けいれんへの対応&てんかんの治療・看護】 けいれん発作時の緊急対応 Brain Nursing. 2013.08; 29 (8): 734-738. ( 医中誌 )

  341. 稲次 基希, 成相 直, 林 志保里, 田中 洋次, 織田 圭一, 坂田 宗之, 石井 賢二, 石渡 喜一, 豊原 潤, 前原 健寿. Met-PET・4DST-PETを用いたGlioma診断および治療評価 Brain Tumor Pathology. 2013.05; 30 (Suppl.): 094. ( 医中誌 )

  342. 田中 洋次, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 前原 健寿. 脳梗塞急性期血栓溶解療法における新たな治療法の検討 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2013.02; 18回 75. ( 医中誌 )

  343. 吉野 義一, 成相 直, 青柳 傑, 前原 健寿, 田中 洋次, 稲次 基希, 東森 俊樹, 三木 一徳, 井上 雅人, 有村 公一, 根本 繁. もやもや病患者における3D回転DSA統合画像の有用性 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2012.11; 6 (5): 279. ( 医中誌 )

  344. 稲次 基希, 前原 健寿. てんかん焦点診断における核医学検査 てんかん研究. 2012.09; 30 (2): 294-295. ( 医中誌 )

  345. 稲次 基希, 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 石渡 喜一, 青柳 傑, 原 恵子, 松浦 雅人. 内側側頭葉てんかん焦点側診断におけるIMZ-SPECTとFMZ-PETとの比較 てんかん研究. 2012.09; 30 (2): 336. ( 医中誌 )

  346. 工藤 琢己, 前原 健寿, 稲次 基希, 原 恵子, 松浦 雅人, 青柳 傑. 迷走神経刺激療法を施行した転倒発作を有する成人難治てんかんの2例 てんかん研究. 2012.09; 30 (2): 462. ( 医中誌 )

  347. 成相 直, 稲次 基希, 豊原 潤, 石渡 喜一, 坂田 宗之, 石井 賢二, 織田 圭一, 田中 洋次, 青柳 傑. 11C-4DST PETを用いた悪性脳腫瘍のDNA合成能評価法の検討 核医学. 2012.08; 49 (3): S277. ( 医中誌 )

  348. 稲次 基希, 成相 直, 田中 洋次, 今江 省吾, 織田 圭一, 石渡 喜一, 石井 賢二, 青柳 傑. もやもや病血行再建術前後の15Ogas-PETによる脳循環代謝の検討 核医学. 2012.08; 49 (3): S234. ( 医中誌 )

  349. 稲次 基希, 入江 伸介, 田中 洋次, 成相 直, 大野 喜久郎, 稲垣 徹, 斉藤 修, 李 泰辰, 齋藤 孝次. 3D-DRIVE法によるSTA-MCA吻合術術前シミュレーションの有用性 CI研究. 2012.06; 34 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  350. 稲次 基希, 入江 伸介, 田中 洋次, 成相 直, 大野 喜久郎, 稲垣 徹, 斉藤 修, 李 泰辰, 齋藤 孝次. 3D-DRIVE法によるSTA-MCA吻合術術前シミュレーションの有用性 CI研究. 2012.06; 34 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  351. 成相 直, 武川 麻紀, 清水 一秀, 稲次 基希, 田中 洋次, 青柳 傑, 松島 善治, 大野 喜久郎. もやもや病 小児もやもや病患者の血行再建術後の短期及び長期予後 小児の脳神経. 2012.04; 37 (2): 129. ( 医中誌 )

  352. 成相 直, 稲次 基希, 田中 洋次, 日浦 幹夫, 石井 賢二, 大野 喜久郎. 重症頭部外傷におけるneuroimaging 脳神経外傷による高次脳機能障害解析のためのPET統計解析法 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2012.03; 35回 50. ( 医中誌 )

  353. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 稲次 基希, 石井 賢二, 石渡 喜一, 日浦 幹夫, 松浦 雅人, 大野 喜久郎. 側頭葉切除患者における中枢性ベンゾジアゼピン受容体拮抗薬flumazenil-PET統計学的解析 てんかん研究. 2012.01; 29 (3): 502. ( 医中誌 )

  354. 成相 直, 稲次 基希, 日浦 幹夫, 石井 賢二, 細田 千尋, 大野 喜久郎. 【頭部外傷update】 びまん性脳損傷による高次脳機能障害の画像解析 脳神経外科ジャーナル. 2011.12; 20 (12): 880-886. ( 医中誌 )

  355. 成相 直, 稲次 基希, 日浦 幹夫, 石井 賢二, 細田 千尋, 大野 喜久郎. 【頭部外傷update】 びまん性脳損傷による高次脳機能障害の画像解析 脳神経外科ジャーナル. 2011.12; 20 (12): 880-886. ( 医中誌 )

  356. 吉野 義一, 根本 繁, 三木 一徳, 前原 健寿, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 大野 喜久郎. 治療困難な脳動脈瘤に対するエンタープライズVRDを用いた血管内手術 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2011.11; 5 (4): 251. ( 医中誌 )

  357. 前原 健寿, 稲次 基希, 菅原 祐之, 原 恵子, 松浦 雅人, 大野 喜久郎. てんかん発作時ビデオ脳波に関する判読と症例検討会 てんかん外科手術検討例の発作時ビデオ脳波モニタリング 臨床神経生理学. 2011.10; 39 (5): 371. ( 医中誌 )

  358. 成相 直, 豊原 潤, 稲次 基希, 田中 洋次, 坂田 宗之, 織田 圭一, 山本 昌昭, 窪田 和雄, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. DNA合成診断薬剤11C-4DSTの悪性脳腫瘍治療効果モニターリングへの臨床応用 核医学. 2011.09; 48 (3): S277-S278. ( 医中誌 )

  359. 原 恵子, 宮島 美穂, 前原 健寿, 渡邊 さつき, 松田 綾沙, 原 實, 松島 英介, 稲次 基希, 太田 克也, 松浦 雅人. 側頭葉てんかん患者における母音を用いたMismatch Negativityについて てんかん研究. 2011.09; 29 (2): 366. ( 医中誌 )

  360. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 稲次 基希, 石井 賢二, 石渡 喜一, 日浦 幹夫, 大野 喜久郎. 側頭葉切除患者におけるFDG-PET、flumazenil-PET統計学的解析 てんかん研究. 2011.09; 29 (2): 351. ( 医中誌 )

  361. 澤田 佳奈, 前原 健寿, 稲次 基希, 鳥山 英之, 岡田 朋章, 成相 直, 青柳 傑, 土井 賢, 大野 喜久郎. くも膜下出血で発症し,原発性アルドステロン症を認めた多発脳動脈瘤の1例 Neurological Surgery. 2010.04; 38 (4): 347-351. ( 医中誌 )

  362. Kana Sawada, Taketosi Maehara, Motoki Inaji, Hideyuki Toriyama, Tomoaki Okada, Tadashi Nariai, Masaru Aoyagi, Masaru Doi, Kikuo Ohno. [Case of ruptured multiple cerebral aneurysms associated with primary aldosteronism]. No Shinkei Geka. 2010.04; 38 (4): 347-351. ( PubMed )

  363. 成相 直, 田中 洋次, 武川 麻紀, 百瀬 敏也, 稲次 基希, 青柳 傑, 大野 喜久郎. MRI脳灌流画像計測の日常臨床利用に基づいた小児もやもや病の治療 小児の脳神経. 2010.04; 35 (2): 252. ( 医中誌 )

  364. 澤田 佳奈, 前原 健寿, 稲次 基希, 鳥山 英之, 岡田 朋章, 成相 直, 青柳 傑, 土井 賢, 大野 喜久郎. くも膜下出血で発症し,原発性アルドステロン症を認めた多発脳動脈瘤の1例 Neurological Surgery. 2010.04; 38 (4): 347-351. ( 医中誌 )

  365. 原 恵子, 飯野 弘子, 宮島 美穂, 太田 克也, 稲次 基希, 前原 健寿, 松浦 雅人. 側頭葉てんかんにおけるMismatch Negativity(MMN)の術前術後変化 てんかん研究. 2010.01; 27 (3): 442-443. ( 医中誌 )

  366. 原 恵子, 飯野 弘子, 宮島 美穂, 原 實, 太田 克也, 稲次 基希, 武川 麻紀, 松島 英介, 前原 健寿, 松浦 雅人. 側頭葉てんかんにおけるMismatch Negativity(MMN)の術前と術後の変化 2例報告 臨床神経生理学. 2009.10; 37 (5): 350-351. ( 医中誌 )

  367. 濱 智子, 飯野 弘子, 原 恵子, 松浦 雅人, 稲次 基希, 前原 健寿, 松井 博史, 高橋 英彦. 側頭葉てんかんの意思決定障害に関する研究 行動経済学的検討 臨床神経生理学. 2009.10; 37 (5): 380. ( 医中誌 )

  368. 飯野 弘子, 宮島 美穂, 原 恵子, 太田 克也, 稲次 基希, 前原 健寿, 原 實, 松島 英介, 松浦 雅人. 母音と純音によるミスマッチ陰性電位(MMN)の検討 臨床神経生理学. 2009.10; 37 (5): 394. ( 医中誌 )

  369. 稲次 基希, 入江 伸介, 大野 喜久郎. 【聴覚機能】 ABRによる手術中の聴覚モニタリング 臨床脳波. 2009.09; 51 (9): 529-535. ( 医中誌 )

  370. 稲次 基希, 入江 伸介, 大野 喜久郎. 【聴覚機能】 ABRによる手術中の聴覚モニタリング 臨床脳波. 2009.09; 51 (9): 529-535. ( 医中誌 )

  371. 仲川 和彦, 青柳 傑, 前原 健寿, 玉置 正史, 稲次 基希, 河野 能久, 武川 麻紀, 山本 信二, 大野 喜久郎. 初回脳血管造影検査で出血源不明の,非外傷性くも膜下出血症例の検討 特に中脳周囲槽くも膜下出血症例のCT上の血腫の局在について Neurological Surgery. 2009.08; 37 (8): 771-778. ( 医中誌 )

  372. Kazuhiko Nakagawa, Masaru Aoyagi, Taketoshi Maehara, Masashi Tamaki, Motoki Inaji, Yoshihisa Kawano, Maki Mukawa, Shinji Yamamoto, Kikuo Ohno. [Clinical and serial angiographic study in patients with subarachnoid hemorrhage of unknown etiology with special reference to the clot distribution of perimesencephalic nonaneurysmal subarachnoid hemorrhage]. No Shinkei Geka. 2009.08; 37 (8): 771-778. ( PubMed )

  373. 仲川 和彦, 青柳 傑, 前原 健寿, 玉置 正史, 稲次 基希, 河野 能久, 武川 麻紀, 山本 信二, 大野 喜久郎. 初回脳血管造影検査で出血源不明の,非外傷性くも膜下出血症例の検討 特に中脳周囲槽くも膜下出血症例のCT上の血腫の局在について Neurological Surgery. 2009.08; 37 (8): 771-778. ( 医中誌 )

  374. 成相 直, 田中 洋次, 武川 麻紀, 百瀬 俊哉, 細田 千尋, 稲次 基希, 大野 喜久郎. 脳循環画像計測に基づいた小児もやもや病治療の現状と長期予後 脳と発達. 2009.05; 41 (Suppl.): S176. ( 医中誌 )

  375. 尤 郁偉, 稲次 基希, 成相 直, 前田 純, 樋口 真人, 須原 哲也, 大野 喜久郎. PETを用いた活性化グリア細胞の分子イメージングによるラット脳外傷モデルの評価 日本神経外傷学会プログラム・抄録集. 2009.04; 32回 040. ( 医中誌 )

  376. 成相 直, 稲次 基希, 尤 郁偉, 石井 賢二, 石渡 喜一, 原 睦也, 富田 博樹, 山里 道彦, 日浦 幹夫, 大野 喜久郎. 神経外傷におけるbrain imaging PET分子イメージング法による瀰漫性軸索損傷時の高次脳機能障害病態の探求 日本神経外傷学会プログラム・抄録集. 2009.04; 32回 052. ( 医中誌 )

  377. 仲川 和彦, 青柳 傑, 稲次 基希, 前原 健寿, 鳥山 英之, 河野 能久, 玉置 正史, 成相 直, 大野 喜久郎. 転移性脳腫瘍患者における全身FDG-PET/CTの有用性 Neurological Surgery. 2009.02; 37 (2): 159-166. ( 医中誌 )

  378. Kazuhiko Nakagawa, Masaru Aoyagi, Motoki Inaji, Taketoshi Maehara, Hideyuki Toriyama, Yoshihisa Kawano, Masashi Tamaki, Tadashi Nariai, Kikuo Ohno. [The usefulness of whole body FDG-PET/CT in patients with brain metastasis]. No Shinkei Geka. 2009.02; 37 (2): 159-166. ( PubMed )

  379. 仲川 和彦, 青柳 傑, 稲次 基希, 前原 健寿, 鳥山 英之, 河野 能久, 玉置 正史, 成相 直, 大野 喜久郎. 転移性脳腫瘍患者における全身FDG-PET/CTの有用性 Neurological Surgery. 2009.02; 37 (2): 159-166. ( 医中誌 )

  380. 稲次 基希, 前原 健寿, 山崎 まどか, 原 恵子, 松浦 雅人, 大野 喜久郎. Biofeedbackが有効であった難治性てんかんの一症例 てんかん研究. 2009.01; 26 (3): 462. ( 医中誌 )

  381. 武川 麻紀, 稲次 基希, 河野 能久, 佐藤 洋平, 前原 健寿, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 再出血後に重症化した原因不明の小脳出血の2例 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2009.01; 14回 98. ( 医中誌 )

  382. 中久木 康一, 三串 伸哉, 矢野 智之, 稲次 基希, 村田 志乃, 鈴木 瑠璃子, 若杉 葉子, 都島 千明, 中根 綾子, 光永 幸代, 蔦木 洋平, 横溝 一郎, 戸原 玄, 植松 宏, 天笠 光雄. 頭蓋顎顔面多発外傷後に1年以上かけて経口摂取まで回復した1症例 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌. 2008.12; 12 (3): 441-442. ( 医中誌 )

  383. 荻島 隆浩, 稲次 基希, 成相 直, 百瀬 俊也, 玉置 正史, 前原 健寿, 石井 賢二, 石渡 喜一, 青柳 傑, 大野 喜久郎. Malignant glioma治療効果判定におけるMethionine-PETの有用性 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 3F-O29. ( 医中誌 )

  384. 河野 能久, 前原 健寿, 荻島 隆弘, 長崎 和弘, 武川 麻紀, 稲次 基希, 青山 傑, 大野 喜久郎. Medullary segment PICA破裂脳動脈瘤の4例 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 1J-10. ( 医中誌 )

  385. 尤 郁偉, 稲次 基希, 成相 直, 前田 純, 樋口 真人, 須原 哲也, 大野 喜久郎. マウス慢性脳低灌流モデルにおけるグリア細胞の分子イメージングの有用性 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 2F-O12. ( 医中誌 )

  386. 仲川 和彦, 青柳 傑, 前原 健寿, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 河野 能久, 久保田 叔宏, 大野 喜久郎. 初回脳血管撮影で出血源不明のくも膜下出血例の検討 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 1J-10. ( 医中誌 )

  387. 前原 健寿, 稲次 基希, 大野 喜久郎. 器質性側頭葉てんかん非侵襲手術例での術中海馬脳波による海馬温存の検討 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 2J-01. ( 医中誌 )

  388. 稲次 基希, 成相 直, 細田 千尋, 石井 賢二, 石渡 喜一, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 統計画像解析法によるモヤモヤ病間接的血行再建術のPET評価 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 2E-O09. ( 医中誌 )

  389. 稲次 基希, 前原 健寿, 成相 直, 青柳 傑, 野口 佳裕, 喜多村 健, 大野 喜久郎. 聴覚機能の他覚的評価法 乳幼児のスクリーニングから手術中のモニタリングまで ABRによる手術中の聴覚モニタリング その有用性と限界 臨床神経生理学. 2008.10; 36 (5): 425. ( 医中誌 )

  390. 百瀬 俊也, 成相 直, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 間接的血行再建術後モヤモヤ病患者の臨床経過 MR perfusion imageによる検討 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 3J-04. ( 医中誌 )

  391. 成相 直, 稲次 基希, 細川 千尋, 石渡 喜一, 石井 賢二, 大野 喜久郎. モヤモヤ病に対する血行再建術効果のPET画像統計解析法による検証 核医学. 2008.09; 45 (3): S176-S177. ( 医中誌 )

  392. 稲次 基希, 前原 健寿, 荒木 聡, 長谷川 毅, 大野 喜久郎. 焦点切除術が有効であった成人結節性硬化症の一例 てんかん研究. 2008.09; 26 (2): 339. ( 医中誌 )

  393. 前原 健寿, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 血管奇形による側頭葉てんかん患者に対する非侵襲的手術 てんかん研究. 2008.09; 26 (2): 297. ( 医中誌 )

  394. 前原 健寿, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 小児難治てんかんにおけるナビゲーションガイド下手術の有用性 小児の脳神経. 2008.08; 33 (4): 409-413. ( 医中誌 )

  395. 前原 健寿, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 小児難治てんかんにおけるナビゲーションガイド下手術の有用性 小児の脳神経. 2008.08; 33 (4): 409-413. ( 医中誌 )

  396. 倉信 大, 保立 麻美子, 片桐 朋子, 荒木 聡, 水谷 修紀, 稲次 基希, 前原 健寿, 高澤 啓, 小野 敏明, 宮田 理英, 畠井 芳穂. 頻回の脳外科的処置を必要とした大腸菌による細菌性髄膜炎の1乳児例 日本小児科学会雑誌. 2008.07; 112 (7): 1146. ( 医中誌 )

  397. 成相 直, 百瀬 俊哉, 稲次 基希, 武川 麻紀, 松島 善治, 大野 喜久郎. 脳循環計測の日常臨床利用に基づいた小児モヤモヤ病の外科治療 脳と発達. 2008.05; 40 (Suppl.): S244. ( 医中誌 )

  398. 前原 健寿, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 小児てんかんの外科治療 小児難治てんかんにおけるナビゲーションガイド下手術の有用性 小児の脳神経. 2008.04; 33 (2): 259. ( 医中誌 )

  399. 成相 直, 稲次 基希, 石渡 喜一, 石井 賢二, 細田 千尋, 鈴木 幸久, 尤 偉衛, 大野 喜久郎. 分子イメージングの脳卒中治療への応用 PET脳内抑制系神経伝達系イメージングの脳卒中での応用 実験的および臨床的検討 脳卒中. 2008.03; 30 (2): 209. ( 医中誌 )

  400. 熊谷 廣太郎, 鳥山 英之, 前原 健寿, 稲次 基希, 白石 淳, 大友 康裕, 大野 喜久郎. 脳出血患者におけるeGFRの検討 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2008.01; 13回 80. ( 医中誌 )

  401. 成相 直, 前原 健寿, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 細田 千尋, 佐藤 勝重, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. PETと光学計測による脳機能情報の可視化に基づいたEloquent Area病変の外科治療 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2007.10; 66回 1D-S04. ( 医中誌 )

  402. 尤 郁偉, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿, 前田 純, 樋口 真人, 須原 哲也, 大野 喜久郎. PETを用いたグリア細胞のイメージングによるラット脳外傷モデルの評価 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2007.10; 66回 1K-P15. ( 医中誌 )

  403. 前原 健寿, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 細田 千尋, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. てんかん手術における中枢性ベンゾジアゼピン受容体拮抗薬フルマゼニールPET統計画像解析の臨床的有用性 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2007.10; 66回 3K-P56. ( 医中誌 )

  404. 細田 千尋, 成相 直, 百瀬 俊也, 稲次 基希, 織田 圭一, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. もやもや病患者の高次脳機能障害と局所脳代謝異常との関連性 血行再建術による変化の検討 核医学. 2007.10; 44 (3): 282. ( 医中誌 )

  405. 細田 千尋, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 石井 賢二, 石綿 喜一, 大野 喜久郎. もやもや病患者の高次脳機能障害と局所脳代謝異常との関連性 血行再建術による変化の検討 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2007.10; 66回 3K-P55. ( 医中誌 )

  406. 百瀬 俊也, 成相 直, 田中 洋次, 石井 賢二, 石渡 喜一, 稲次 基希, 仲川 和彦, 玉置 正史, 前原 健寿, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 代謝・機能画像を導入した複合的ナビゲーションシステムのグリオーマ手術における有用性 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2007.10; 66回 2J-O27. ( 医中誌 )

  407. 成相 直, 石渡 喜一, 木村 裕一, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 石井 賢二, 大野 喜久郎. 悪性神経膠腫の硼素中性子捕捉療法計画に際してのPETアミノ酸イメージの応用 核医学. 2007.10; 44 (3): 309. ( 医中誌 )

  408. 仲川 和彦, 青柳 傑, 前原 健寿, 玉置 正史, 稲次 基希, 大野 喜久郎. 転移性脳腫瘍患者における全身FDG PET-CT所見による新たなstagingの可能性 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2007.10; 66回 1K-P06. ( 医中誌 )

  409. 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿, 百瀬 俊也, 佐藤 勝重, 大野 喜久郎. 運動感覚野近傍の手術における術中光学的計測の電気生理学的モニターリング法との比較 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2007.10; 66回 2E-S16. ( 医中誌 )

  410. 前原 健寿, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 川崎 敬一, 石井 賢二, 石渡 喜一, 山崎 まどか, 松浦 雅人, 大野 喜久郎. 脳形成異常による難治てんかん患者に対するflumazenil-PETガイド下の焦点切除術 てんかん研究. 2007.09; 25 (3): 273. ( 医中誌 )

  411. 稲次 基希, 前原 健寿, 成相 直, 百瀬 俊也, 大野 喜久郎, 荒木 聡, 長谷川 毅, 石井 賢二, 石渡 喜一, 松浦 雅人. 焦点切除術が有効であった成人結節性硬化症の一例 てんかん研究. 2007.08; 25 (2): 131-132. ( 医中誌 )

  412. 成相 直, 百瀬 俊也, 田中 洋次, 細田 千尋, 稲次 基希, 青柳 傑, 石渡 喜一, 石井 賢二, 大野 喜久郎. 脳循環計測法に基づいたもやもや病の治療 特に非手術例のフォローアップに関して 脳卒中. 2007.03; 29 (2): 235. ( 医中誌 )

  413. 羽田 栄輔, 樋口 真人, 前田 純, 稲次 基希, 丸山 将浩, 岡内 隆, 安東 潔, 須原 哲也, 鈴木 秀典. 新規NK1受容体トレーサー[18F]SPA-RQを用いたサルおよびげっ歯類でのPET評価 日本薬理学雑誌. 2007.01; 129 (1): 11P. ( 医中誌 )

  414. 佐藤 洋平, 戸根 修, 稲次 基希, 前原 健寿, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 破裂細菌性脳動脈瘤に対し、開頭術後に血管内手術を行った小児の1例 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2007.01; 12回 71. ( 医中誌 )

  415. 石橋 哲, 黒岩 俊彦, 孫 立元, 稲次 基希, 三木 一徳, 須原 哲也, 樋口 真人, 前田 純, 水澤 英洋. 血管性痴呆モデルを使用した塩酸ドネペジルの神経新生・神経保護作用の検討 臨床神経学. 2006.12; 46 (12): 998. ( 医中誌 )

  416. 成相 直, 石渡 喜一, 百瀬 俊哉, 稲次 基希, 細田 千尋, 木村 裕一, 織田 圭一, 石井 賢二, 岩田 錬, 大野 喜久郎. 複数のPETアミノ酸プローブを用いた悪性脳腫瘍の集学的治療 核医学. 2006.10; 43 (3): 216. ( 医中誌 )

  417. 前原 健寿, 佐藤 勝重, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 山崎 まどか, 松浦 雅人, 大野 喜久郎. 術中光学的計測を用いた感覚野てんかんの外科治療 てんかん研究. 2006.08; 24 (3): 196. ( 医中誌 )

  418. 稲次 基希, 前田 純, 安東 潔, 樋口 真人, 須原 哲也, 岡野 栄之, 成相 直, 大野 喜久郎. 6-OHDAラット胎仔中脳細胞移植のPETによる再生過程の評価 機能的脳神経外科. 2006.06; 45 (1): 6-7. ( 医中誌 )

  419. 稲次 基希, 前田 純, 安東 潔, 樋口 真人, 須原 哲也, 岡野 栄之, 成相 直, 大野 喜久郎. 6-OHDAラット胎仔中脳細胞移植のPETによる再生過程の評価 機能的脳神経外科. 2006.06; 45 (1): 6-7. ( 医中誌 )

  420. 稲次 基希, 前田 純, 樋口 真人, 須原 哲也, 李 世宏, 富田 博樹, 成相 直, 大野 喜久郎. Fluid percussionラットモデルにおける、ミクログリア・イメージングによる病態評価 日本神経外傷学会プログラム・抄録集. 2006.03; 29回 80. ( 医中誌 )

  421. 石橋 哲, 黒岩 俊彦, 孫 立元, 稲次 基希, 三木 一徳, 須原 哲也, 樋口 真人, 前田 純, 水澤 英洋. スナネズミ脳血管性痴呆モデルを使用した塩酸ドネペジルの治療効果の検討 脳卒中. 2006.03; 28 (1): 214. ( 医中誌 )

  422. 森本 卓哉, 須原 哲也, 伊藤 浩, 樋口 真人, 季 斌, 稲次 基希, 岡内 隆, 福島 芳子, 小池 功一, 鈴木 和年, 馬屋原 宏. 分子イメージング技術を用いた薬物動態・臨床試験研究における海外の動向 臨床薬理. 2005.11; 36 (Suppl.): S315. ( 医中誌 )

  423. 稲次 基希, 安東 潔, 須原 哲也, 岡内 隆, 前田 純, 永井 裕司, 大林 茂, 成相 直, 大野 喜久郎. ラット片側脳への6-OHDA投与におけるドーパミン神経変性と旋回行動PET,オートラジオグラフィーによる脳画像解析 日本神経精神薬理学雑誌. 2004.12; 24 (6): 341. ( 医中誌 )

  424. 田村 郁, 玉置 正史, 岡田 朋章, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 横堀 将司, 松岡 義之, 戸根 修, 富田 博樹. 病態の解明にMRIが有用であった子癇、子癇前症の3例 日本神経救急学会雑誌. 2004.06; 17 (1): 75-78. ( 医中誌 )

  425. 田村 郁, 玉置 正史, 岡田 朋章, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 横堀 将司, 松岡 義之, 戸根 修, 富田 博樹. 病態の解明にMRIが有用であった子癇、子癇前症の3例 日本神経救急学会雑誌. 2004.06; 17 (1): 75-78. ( 医中誌 )

  426. 横堀 将司, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 電気ドリルによる頭部穿通外傷の一例 Neurosurgical Emergency. 2003.12; 8 (1): 64-67. ( 医中誌 )

  427. 安東 潔, 永井 裕司, 大林 茂, 前田 純, 岡内 隆, 稲次 基希, 須原 哲也, 石井 一, 谷岡 功邦. パーキンソン病モデルザルの脳内ドーパミン神経変性と症候の発現 日本神経精神薬理学雑誌. 2003.12; 23 (6): 246. ( 医中誌 )

  428. 横堀 将司, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 電気ドリルによる頭部穿通外傷の一例 Neurosurgical Emergency. 2003.12; 8 (1): 64-67. ( 医中誌 )

  429. 永井 裕司, 大林 茂, 安東 潔, 稲次 基希, 岡田 隆, 前田 純, 須原 哲也. 黒質線条体ドーパミン神経の変性過程のポジトロンCTによる測定 核医学. 2003.08; 40 (3): 316-317. ( 医中誌 )

  430. 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 横堀 将司, 岡田 朋章, 綿引 定清, 高橋 真冬, 田尾 修, 田中 誠一, 須崎 紳一郎, 勝見 敦, 志賀 尚子, 諸江 雄太, 高橋 耕平, 稲田 真治, 姫野 佳郎, 高橋 紳一. 関連各科連携による脳卒中診療体制 日本神経救急学会雑誌. 2003.06; 16 (1): 15-18. ( 医中誌 )

  431. 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 横堀 将司, 岡田 朋章, 綿引 定清, 高橋 真冬, 田尾 修, 田中 誠一, 須崎 紳一郎, 勝見 敦, 志賀 尚子, 諸江 雄太, 高橋 耕平, 稲田 真治, 姫野 佳郎, 高橋 紳一. 関連各科連携による脳卒中診療体制 日本神経救急学会雑誌. 2003.06; 16 (1): 15-18. ( 医中誌 )

  432. 横堀 将司, 富田 博樹, 戸根 修, 稲次 基希, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. Power drillによる側頭部穿通外傷の1例 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2002.12; 23 30-31. ( 医中誌 )

  433. 横堀 将司, 富田 博樹, 戸根 修, 稲次 基希, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. Power drillによる側頭部穿通外傷の1例 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2002.12; 23 30-31. ( 医中誌 )

  434. 横堀 将司, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 穿通性頭部外傷の3例 神経外傷. 2002.11; 25 (2): 108-111. ( 医中誌 )

  435. 横堀 将司, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 穿通性頭部外傷の3例 神経外傷. 2002.11; 25 (2): 108-111. ( 医中誌 )

  436. 羽田 俊彦, 柳 英里子, 須田 伸, 大和田 章, 三宅 祥三, 堺 隆弘, 中島 健一, 稲次 基希, 戸根 修, 富田 博樹. 維持血液透析患者に発症した小脳出血に対して,腹膜透析,血液濾過,血液濾過透析,血液透析を段階的に施行し救命した1例 日本透析医学会雑誌. 2002.10; 35 (11): 1453-1458. ( 医中誌 )

  437. 羽田 俊彦, 柳 英里子, 須田 伸, 大和田 章, 三宅 祥三, 堺 隆弘, 中島 健一, 稲次 基希, 戸根 修, 富田 博樹. 維持血液透析患者に発症した小脳出血に対して,腹膜透析,血液濾過,血液濾過透析,血液透析を段階的に施行し救命した1例 日本透析医学会雑誌. 2002.10; 35 (11): 1453-1458. ( 医中誌 )

  438. 志賀 尚子, 須崎 紳一郎, 勝見 敦, 中村 敏, 諸江 雄太, 高橋 耕平, 細田 進, 高橋 真冬, 岡田 朋章, 佐藤 洋平, 稲次 基希, 玉置 正史, 戸根 修, 富田 博樹. 両側前頭葉に生じたextrapontine myelinolysisの1例 日本神経救急学会雑誌. 2002.05; 15 (1): 130-133. ( 医中誌 )

  439. 志賀 尚子, 須崎 紳一郎, 勝見 敦, 中村 敏, 諸江 雄太, 高橋 耕平, 細田 進, 高橋 真冬, 岡田 朋章, 佐藤 洋平, 稲次 基希, 玉置 正史, 戸根 修, 富田 博樹. 両側前頭葉に生じたextrapontine myelinolysisの1例 日本神経救急学会雑誌. 2002.05; 15 (1): 130-133. ( 医中誌 )

  440. 稲次 基希, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 横堀 将司, 平野 知子, 志賀 尚子, 勝見 敦. 重症瀰漫性脳損傷患者におけるSSEPと予後の相関関係 日本神経外傷学会プログラム・抄録集. 2002.03; 25回 71. ( 医中誌 )

  441. 横堀 将司, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 頭部穿通外傷の三例 日本神経外傷学会プログラム・抄録集. 2002.03; 25回 86. ( 医中誌 )

  442. 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 横堀 将司, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 重症頭部外傷における脳代謝障害の病態 Kety-Schmidt法による受傷後10日迄のCMRO2の検討 日本神経外傷学会プログラム・抄録集. 2002.03; 25回 53. ( 医中誌 )

  443. 横堀 将司, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 電気ドリルによる頭部穿通外傷の一例 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2002.01; 7回 48. ( 医中誌 )

  444. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希, 岡田 朋章, 志賀 尚子. 重症脳疾患患者のbedsideでの脳循環代謝測定 Gas Chromatographを用いた笑気法 脳循環代謝. 2001.12; 13 (4): 322-323. ( 医中誌 )

  445. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 諸江 雄太, 稲田 眞治, 志賀 尚子, 勝見 敦. 20世紀末の当院におけるクモ膜下出血の治療成績 日本救急医学会雑誌. 2001.10; 12 (10): 557. ( 医中誌 )

  446. 志賀 尚子, 須崎 紳一郎, 勝見 敦, 稲田 眞治, 諸江 雄太, 高橋 耕平, 北橋 章子, 稲次 基希, 玉置 正史, 戸根 修. 急性硬膜下血腫重症例における意図的低体温と偶発性低体温の急性期脳循環代謝の比較 日本救急医学会雑誌. 2001.10; 12 (10): 541. ( 医中誌 )

  447. 稲次 基希, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 山崎 友子, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 瀰漫性脳損傷43例における高次機能障害の長期予後 WAIS-R,MMS,阪大式Memory Scaleでの検討 日本救急医学会雑誌. 2001.10; 12 (10): 542. ( 医中誌 )

  448. 佐藤 洋平, 戸根 修, 稲次 基希, 岡田 朋章, 玉置 正史, 富田 博樹, 正岡 博幸, 高里 良男, 秋元 秀昭. クモ膜下出血で発症した多発性脳動脈瘤に対する血管内手術 日赤医学. 2001.08; 53 (1): 231. ( 医中誌 )

  449. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎, 秋元 秀昭. 脳動脈瘤の血管内手術における3D coilの有用性 日赤医学. 2001.08; 53 (1): 232. ( 医中誌 )

  450. 稲次 基希, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 原 睦也, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 頭頂葉皮質静脈損傷を伴った,自動釘打機による頭部穿通外傷の1例 日本神経救急研究会雑誌. 2001.05; 14 10-12. ( 医中誌 )

  451. 稲次 基希, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 原 睦也, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 頭頂葉皮質静脈損傷を伴った,自動釘打機による頭部穿通外傷の1例 日本神経救急研究会雑誌. 2001.05; 14 10-12. ( 医中誌 )

  452. 岡田 朋章, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希, 佐藤 洋平, 富田 博樹, 中村 敏, 志賀 尚子, 諸江 雄太, 勝見 敦. 血管内治療により止血し得た顔面外傷の3例 日本外傷学会雑誌. 2001.04; 15 (2): 191. ( 医中誌 )

  453. 玉置 正史, 富田 博樹, 戸根 修, 原 睦也, 稲次 基希, 岡田 朋章, 星 章彦. 転移性脳腫瘍に対するLinac-based Radiosurgeryの役割 お茶の水医学雑誌. 2001.03; 49 (1): 69. ( 医中誌 )

  454. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希, 志賀 尚子. 集中治療室における脳代謝モニタリング Gas chromatographを用いたKety-Schmidt法(笑気法)による脳循環代謝測定 救急・集中治療. 2000.12; 13 (1): 129-130. ( 医中誌 )

  455. 稲次 基希, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 原 睦也, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 太鼓のばちによる経眼窩穿通外傷の1小児例 Neurosurgical Emergency. 2000.12; 5 (1): 88-90. ( 医中誌 )

  456. 稲次 基希, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 原 睦也, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 太鼓のばちによる経眼窩穿通外傷の1小児例 Neurosurgical Emergency. 2000.12; 5 (1): 88-90. ( 医中誌 )

  457. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希, 志賀 尚子. 集中治療室における脳代謝モニタリング Gas chromatographを用いたKety-Schmidt法(笑気法)による脳循環代謝測定 救急・集中治療. 2000.12; 13 (1): 129-130. ( 医中誌 )

  458. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希, 岡田 朋章, 志賀 尚子. Gas Chromatographを用いた笑気法による脳循環代謝測定 日本脳神経外科学会総会抄録集. 2000.10; 59回 313. ( 医中誌 )

  459. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希, 岡田 朋章, 高里 良男, 正岡 博幸, 秋元 秀昭, 根本 繁. Large cerebral aneurysmの瘤内塞栓術における3D angiographyの有用性 日本脳神経外科学会総会抄録集. 2000.10; 59回 104. ( 医中誌 )

  460. 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希, 岡田 朋章, 志賀 尚子, 中村 敏, 諸江 雄太, 勝見 敦. び漫性軸索損傷成人症例における年齢による病態の特徴 日本救急医学会雑誌. 2000.10; 11 (10): 530. ( 医中誌 )

  461. 羽田 俊彦, 須田 伸, 大和田 章, 綿引 定清, 三宅 祥三, 堺 隆弘, 稲次 基希, 戸根 修, 富田 博樹. 慢性維持血液透析患者において発生した小脳出血に対して,腹膜透析,血液濾過,血液濾過透析,血液透析を段階的に試行した1例 日本救急医学会雑誌. 2000.10; 11 (10): 625. ( 医中誌 )

  462. 玉置 正史, 富田 博樹, 戸根 修, 原 睦也, 稲次 基希, 岡田 朋章, 星 章彦. 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療 腫瘍サイズの腫瘍制御と脳浮腫出現に対する影響 日本脳神経外科学会総会抄録集. 2000.10; 59回 258. ( 医中誌 )

  463. 原 睦也, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希. 急性硬膜下血腫及びびまん性脳損傷における受傷早期の脳循環と代謝 日本神経救急研究会雑誌. 2000.05; 13 1-4. ( 医中誌 )

  464. 原 睦也, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 稲次 基希. 急性硬膜下血腫及びびまん性脳損傷における受傷早期の脳循環と代謝 日本神経救急研究会雑誌. 2000.05; 13 1-4. ( 医中誌 )

  465. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希, 高里 良男, 正岡 博幸, 秋元 秀昭, 根本 繁. Large cerebral aneurysmのcoilによる瘤内塞栓術と3D angiography 脳卒中. 2000.04; 22 (1): 213. ( 医中誌 )

  466. 志賀 尚子, 須崎 紳一郎, 勝見 敦, 中村 敏, 諸江 雄太, 廣瀬 敦視, 戸根 修, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希. 緊急穿頭術を施行し出血コントロールに難渋した急性硬膜下血腫の検討 日本外傷学会雑誌. 2000.04; 14 (2): 153. ( 医中誌 )

  467. 稲次 基希, 富田 博樹, 戸根 修, 玉置 正史, 原 睦也. 脳出血周囲の浮腫と臨床症状の経時的変化 脳卒中. 2000.04; 22 (1): 219. ( 医中誌 )

  468. 稲次 基希, 原 睦也, 玉置 正史, 戸根 修, 富田 博樹, 志賀 尚子, 勝見 敦, 須崎 紳一郎. 頭部穿通外傷の2例 日本外傷学会雑誌. 2000.04; 14 (2): 157. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 稲次基希、前原健寿. 神経内科外来シリーズ てんかん外来. MEDICAL VIEW, 2016.01 外科治療

  2. 稲次基希. 神経救急・脳神経外科周術期におけるてんかん発作の管理. ライフサイエンス, 2015.03 当院における脳血管障害症例でのホスフェニトイン使用経験

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hashimoto Satoka, Maeda Jun, Takuwa Hiroyuki, Takado Yuhei, Shimojo Masafumi, Inaji Motoki, Kumata Katsushi, Zhang Ming-Rong, Suhara Tetsuya, Maehara Taketoshi, Higuchi Makoto. てんかんの病理学におけるトリプトファン代謝異常と星状細胞機能不全(Abnormal tryptophan metabolism and astrocyte functional failure in the pathology of epilepsy). てんかん研究 2019.09.01

  2. Chizuko Nagamori, Keiko Hara, Katsuya Ohta, Miho Akaza, Taketoshi Maehara, Motoki Inaji, Yuki Sumi. Knowledges and experiences concerning epilepsy can affect evaluation of social ability of people with epilepsy in Japan: comparison between in 2013 and in 2017. American Epilpsy Society Annual Meeting 2017 2017.12.01

  3. Hashimoto S, Maeda J, Kumata K, Takado Y, Inaji M, Ming-Rong Zhang, Suhara T, Maehara T, Higuchi M. Altered tryptophan metabolism can accelerate epileptogenesis. American Epilpsy Society Annual Meeting 2017 2017.12.01

  4. Hara S, Hori M, Inaji M, Maehara T, Ishii K, Aoki S. Nariai T. . Correlation between brain microstructure revealed by Neurite Orientation Dispersion and Density Imaging and cerebral hemodynamics and metabolism measured with positron emission tomography in patients with moyamoya disease. . Society for Neuroscience 2017 2017.11.15

  5. Sugawara T, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Maehara T.. Surgical Technique for Neck Clipping of Internal Carotid Artery Supraclinoid Segment Aneurysm -importance of complete exposure of the aneurysm. EANS 2017 2017.10.01

  6. Maehara T, Inaji M, Hashimoto S, Kakita A, Ikeda A,. AMED Study Group of epilepsy and glia. Multi-institutional AMED study of epilepsy and glia in patients with intractable focal epilepsy. –a case presentation. 10th Epilepsy Colloquium 2017.06.17

  7. Taketoshi Maehara, Motoki Inaji, Keiko Hara. Curative surgery after introduction of ictal HFO analysis for adult patients with MRI-negative neocortical epilepsy. 69th AES 2015.12.05

  8. Tamura, K., Inaji, M., Nariai, T., Hayashi, S., Tanaka, Y., Tamaki, M., Hirai, S., Saigusa, K., Ishii, K., Ishiwata, K., Maehara, T.. Evaluation of the treatment response of malignant glioma on bevacizumab therapy using 11C-methionine positron emission tomography. 20th Annual Scientfic Meeting of the Society for Neuro-Oncology 2015.11.19

  9. Nakano T, Tanaka Y, Tamura K, Inaji M, Hayashi S, Nariai T, Ishii K, Ishiwata K, Maehara T. Usefulness of 11C-methionine positron emission tomography for the monitoring of treatment response and recurrence in a patient with malignant glioma on bevacizumab therapy. 20th Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology 2015.11.19

  10. Hara, S, Tanaka Y, Ueda Y, Hayashi S, Inaji M, Ishiwata K, Ishii K, Maehara T, Nariai T. Non-invasive evaluation of cerebral blood flow and perfusion delay of moyamoya disease using arterial spin-labeling MRI with multiple post-labeling delay: comparison with 15O gas -PET and with dynamic susceptibility contrast MRI.. The 10th Asian Oseanian Congress of Neuroradiology (AOCNR2015) 2015.11.05

  11. Sakyo Hirai, Tadashi Nariai, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Taketoshi Maehara. Correlation between clinical presentation of patients with moyamoya disease and hemodynamic parameters measured with dynamic susceptibility contrast magnetic resonance imaging.. The 10th Asian Oseanian Congress of Neuroradiology (AOCNR2015) 2015.11.05

  12. Taketoshi Maehara, Motoki Inaji, Satoka Hashimoto, Yoji Tanaka. Update on occipital lobe epilepsy MRI study for anatomy, etiology and symptoms . 第49回日本てんかん学会 2015.10.30

  13. Maehara Taketoshi, 稲次 基希, 橋本 聡華, 田中 洋次. 後頭葉てんかんの最新情報 解剖、病因、症状のMRI研究(Update on occipital lobe epilepsy MRI study for anatomy, etiology and symptoms). てんかん研究 2015.09.01

  14. Takumi Kudo, Tadashi Nariai, Motoki Inaji, Chihiro Hosoda, Shihori Hayashi, Taketoshi Maehara, Kiichi Ishiwata, Kenji Ishii.. Amelioration of brain metabolism and higher brain function by surgical re-vascularization against adult moyamoya disease. –A positron emission tomography study-. 4th International Conference on Moyamoya Disease. 2015.07.04 Berlin, Germany

  15. Sato A, Kudo T, Inaji M, Tanaka Y, Ishiwata K, Ishii K, Maehara T, Nariai T. . Progressive occlusion of intracranial arteries and worsening of ischemic event among patients with adult moyamoya disease. 4th International Moyamoya Meeting, 2015.07.02

  16. Taira N, Tanaka Y, Inaji M, Kudo T, Maehara T, Nariai T. Serial measurement of cerebral hemodynamics with ASL-MRI after indirect bypass surgery for patients with moyamoya disease. 4th International Conference on Moyamoya Disease 2015.07.02

  17. Kei Wagatsuma, Keiichi Oda, Kenta Miwa, Motoki Inaji Shihori Hayashi, Muneyuki Sakata, Kenji Ishibashi, Jun Toyohara Kenji Ishii, Kiichi Ishiwata. Effects of a novel additional neck-shield and time of flight on quality of cerebral imaging in 15O-labeled gas inhalation study. SNMMI 2015 2015.06.06 Baltimore

  18. Motoki Inaji, Masaaki Yamamoto, Tadashi Nariai、 Yoji Tanaka , Yoichi Urakawa , Kiichi Ishiwata、Kenji Ishii, Taketoshi Maehara.. Validation of MRI T1/T2 mismatch method and Methionine PET for accurate differentiation between radiation injury and recurrence of metastatic brain tumor after gamma knife radiosurgery.. The 4th Biennial Congress of the Asian Leksell Gamma Knife Society. 2015.02.21 Yokohama

  19. 成相 直, 稲次 基希, 豊原 潤, 石渡 喜一, 田中 洋次, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 脳腫瘍に対する治療戦略の新しい展望 分子解析に基づく臨床試験 脳腫瘍におけるDNA合成を測定するための新しいPET分子イメージングプローブとしての4DSTの臨床利用(New Horizon of Treatment Strategy for Brain Tumor: Clinical Trial Based on Molecular Analyses Clinical Use of 4DST as a New PET Molecular Imaging Probe to Measure DNA Synthesis of Brain Tumor). Brain Tumor Pathology 2012.05.01

  20. ムラサド・ハビブ , 稲次 基希, 成相 直, 大野 喜久郎. 神経損傷の基礎シンポジウム Lateral fluid percussion modelの行動異常に対するアデノシンA2A受容体アンタゴニストの効果. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2012.03.01

  21. Inaji Motoki, Sato Katsushige, Nariai Tadashi, Momose-Sato Yoko, Ohno Kikuo. ラット皮質線条体における膜電位感受性色素による神経伝達イメージング(neuronal activity imaging in the rat cortico-striatum pathway using voltage-sensitive dye). 神経化学 2007.08.01

  22. 稲次 基希, 綾部 風雅, 小林 一太, 前原 健寿. SEEGにおけるO-armの有用性. てんかん研究 2022.06.01

  23. 綾部 風雅, 稲次 基希, 原 祥子, 田中 洋次, 前原 健寿. もやもや病直接血行再建術後のNCSEから側頭葉てんかんに移行した一例. てんかん研究 2022.06.01

  24. 山村 俊弘, 田村 郁, 小林 大輔, 稲次 基希, 外山 裕香, 原 祥子, 田中 洋次, 成相 直, 石井 賢二, 前原 健寿. 脳腫瘍のsurrogate marker Astrocytoma、IDH-mutantにおけるMTAP染色性と臨床経過、Methionine PETとの関連. Brain Tumor Pathology 2022.05.01

  25. 田村 郁, 山村 俊弘, 小林 大輔, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿. 当院の小児グリオーマ症例における2021WHO脳腫瘍分類に基づいた統合診断と臨床像. 小児の脳神経 2022.04.01

  26. 藤岡 舞, 原 祥子, 武川 麻紀, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 近年の無症候かつ軽症の小児もやもや病患者の増加 40年間の単施設後方視的解析. 小児の脳神経 2022.04.01

  27. 荒井 雪花, 稲次 基希, 唐鎌 淳, 田中 洋次, 植木 穣, 貫井 陽子, 相星 淳一, 大友 康裕, 前原 健寿. パンデミック下の脳神経外科救急2 当施設におけるCOVID-19流行下での脳神経外科診療. Neurosurgical Emergency 2022.02.01

  28. 稲次 基希, 鵜沼 香奈, 上村 公一, 前原 健寿. 脳神経外科救急におけるM&M 乳幼児急性硬膜下血腫における眼底出血と原因の相関. Neurosurgical Emergency 2022.02.01

  29. 稲次 基希, 小林 一太, 前原 健寿. Leksell Vantage Stereotactic Systemを用いたSEEG手術の経験. 日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集 2022.01.01

  30. 阿部 大数, 稲次 基希, 酒井 亮輔, 綾部 風雅, 向井 康裕, 近藤 静琴, 田中 洋次, 前原 健寿. AIを用いた外傷性頭蓋内出血患者の搬送前トリアージシステムの構築. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2022.01.01

  31. 荒井 雪花, 稲次 基希, 阿部 大数, 唐鎌 淳, 田中 洋次, 植木 穣, 貫井 陽子, 相星 淳一, 大友 康裕, 前原 健寿. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による頭部外傷診療の変化. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2022.01.01

  32. 平田 航, 田村 友美恵, 新里 大毅, 満生 紀子, 磯田 健志, 高木 正稔, 綾部 風雅, 稲次 基希, 水野 朋子, 森尾 友宏. 脳室腹腔シャント機能不全を反復しパーキンソニズムを生じた松果体部腫瘍による水頭症の1例. 脳と発達 2022.01.01

  33. 大谷 直樹, 井田 正博, 稲次 基希, 大賀 優, 土肥 謙二, 中瀬 裕之, 平林 秀裕, 丸石 正治, 山里 道彦, 間瀬 光人, 吉野 篤緒, 河井 信行, 外傷性高次脳機能障害検討委員会. 軽症頭部外傷による高次脳機能障害に関するコホート研究 画像陰所見陰性例15例の臨床像のまとめ. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2022.01.01

  34. 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿. 重症頭部外傷における急性期治療戦略 頭蓋内圧モニタリングと減圧術. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2022.01.01

  35. 稲次 基希, 橋本 聡華, 石井 賢二, 前原 健寿. てんかんと脳循環代謝 PETを用いたてんかん焦点における脳循環代謝評価. 脳循環代謝 2021.11.01

  36. 田中 洋次, 原 祥子, 稲次 基希, 唐鎌 淳, 成相 直, 前原 健寿. もやもや病におけるASL計測に脳動脈狭窄が与える影響に関する検討. 脳循環代謝 2021.11.01

  37. 折原 あすみ, 稲次 基希, 橋本 聡華, 原 恵子, 前原 健寿. 海馬てんかん原生の指標としての海馬傍回における術中皮質脳波測定の有用性について セボフルラン麻酔下におけるHFO解析から. 臨床神経生理学 2021.10.01

  38. 稲次 基希, 前原 健寿. 自動車運転とてんかん. 日本交通科学学会誌 2021.09.01

  39. 稲次 基希, 前原 健寿. 器質性脳障害とスポーツ スポーツにおける脳振盪. スポーツ精神医学 2021.08.01

  40. 芹野 真郷, 宮島 美穂, 藤原 幸一, 鈴木 陽子, 加納 学, 稲次 基希, 橋本 聡華, 中里 信和, 神 一敬, 星田 徹, 澤井 康子, 渡辺 裕貴, 山本 信二, 岩崎 真樹, 前原 健寿. 心拍変動のAI解析に基づく焦点起始両側強直間代発作検知アルゴリズムの検討. てんかん研究 2021.07.01

  41. 稲次 基希, 鵜沼 香奈, 上村 公一, 前原 健寿. 乳幼児急性硬膜下血腫における眼底所見の意義. 小児の脳神経 2021.04.01

  42. 黒羽 真砂恵, 原 祥子, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直. 片側間接血行再建術を施行した小児もやもや病患者の長期成績. 小児の脳神経 2021.04.01

  43. 稲次 基希, 鵜沼 香奈, 上村 公一, 前原 健寿. 乳幼児急性硬膜下血腫における眼底所見の意義. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2021.01.01

  44. 阿部 大数, 稲次 基希, 高橋 翔太, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 搬送前情報から外傷性頭蓋内出血を予測するmachine learningアルゴリズムの構築. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2021.01.01

  45. 田中 洋次, 稲次 基希, 唐鎌 淳, 原 祥子, 前原 健寿, 成相 直. 出血発症もやもや病に対する直接バイパス術が脳循環・側副血行路にもたらす変化. 脳循環代謝 2020.11.01

  46. 前原 健寿, 稲次 基希, 川合 謙介, 山本 貴道, Werner Doyle. てんかん外科と神経生理学の融合 新たな体内埋込み型治療装置(DBS、RNS)への期待. 臨床神経生理学 2020.10.01

  47. 前原 健寿, 稲次 基希, 橋本 聡華. 臨床脳波の現状と未来:clinical toolかresearch topicか? 脳神経外科領域におけるclinical toolおよびresearch topicとしての頭皮、皮質脳波の現状. 臨床神経生理学 2020.10.01

  48. 藤木 修子, 玉木 香菜, 藤田 恭平, 小林 大輔, 菅原 貴志, 稲次 基希, 西田 陽一郎, 三條 伸夫, 石川 欽也, 内原 俊記, 柿田 明美, 横田 隆徳. 11C-Methionine-PETで高集積を認め脳幹gliomaが疑われたが脳生検で脱髄性疾患の診断となった53歳女性の一例. 臨床神経学 2020.05.01

  49. 森田 俊平, 清水 一秀, 田村 友美恵, 鈴木 智典, 水野 朋子, 柳町 昌克, 高木 正稔, 森尾 友宏, 稲次 基希, 前原 健寿. 軽微な受傷機転による急性硬膜外血腫からFanconi貧血の診断に至った1例. 日本小児科学会雑誌 2020.03.01

  50. 青山 二郎, 稲次 基希, 石川 茉莉子, 山本 信二, 荒井 雪花, 早川 隆宣, 荻島 隆浩, 玉置 正史, 山村 俊弘, 新井 俊成, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 妊娠中の脳卒中における特徴と治療方法についての検討. Neurosurgical Emergency 2020.02.01

  51. 唐鎌 淳, 稲次 基希, 沖野 礼一, 高橋 暁, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における高齢者頭部外傷の検討. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2020.02.01

  52. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 唐鎌 淳, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷症例の検討 抗血栓薬使用症例における特徴. Neurosurgical Emergency 2020.02.01

  53. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 唐鎌 淳, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷症例の検討 抗血栓薬使用症例における特徴. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2020.02.01

  54. 稲次 基希, 橋本 聡華, 菅原 貴志, 寿美田 一貴, 成相 直, 横堀 將司, 布施 明, 横田 裕行, 前原 健寿. 重症頭部外傷管理におけるけいれんとその治療 頭部外傷データバンクプロジェクト2015からの検討. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2020.02.01

  55. 江川 真希子, 河野 絵里, 池田 まさみ, 原 恵子, 稲次 基希, 前原 健寿, 蓬田 裕, 羅 ことい, 宮坂 尚幸, 宮下 進. てんかん女性への妊娠に関する情報提供における課題. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2020.01.01

  56. 紅谷 朱音, 古屋 純一, 松原 ちあき, 尾花 三千代, 戸原 玄, 稲次 基希, 水口 俊介, 前原 健寿. 急性期脳卒中患者における舌の衛生状態と舌機能に関する調査. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2019.12.01

  57. 稲次 基希, 山本 貴道, 川合 謙介, 前原 健寿, Doyle Werner. 近未来の治療選択肢:RNS、DBS、etc. 日本のてんかん外科におけるRNSの必要性. 日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集 2019.12.01

  58. 田中 洋次, 原 祥子, 相澤 有輝, 石井 洋介, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 最新のイメージング:脳循環の「今」を見る 虚血性脳血管障害におけるASL視覚評価スコアを用いた脳循環代謝情報検出の試み. 脳循環代謝 2019.11.01

  59. 唐鎌 淳, 成相 直, 相澤 有輝, 藤井 照子, 三木 一徳, 壽美田 一貴, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 根本 繁. 脳血管造影のvessel imagingによるもやもや病の異常側副吻合路の評価. 脳血管内治療 2019.11.01

  60. 稲次 基希, 橋本 聡華, 前原 健寿. 問題症例の脳波 脳波所見に乏しい前頭葉てんかんの一例. 臨床神経生理学 2019.10.01

  61. 林 志保里, 稲次 基希, 成相 直, 我妻 慧, 坂田 宗之, 石井 賢二, 前原 健寿. 18F-FDG PETを用いた内側側頭葉てんかんの焦点側診断におけるSPM統計解析. てんかん研究 2019.09.01

  62. 高橋 暁, 稲次 基希, 前原 健寿. 75歳以上の高齢者における頭部外傷の検討. Neurosurgical Emergency 2019.02.01

  63. 相澤 有輝, 高橋 暁, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 石川 茉莉子, 早川 隆宣, 廣田 晋, 山本 信二, 玉田 なつみ, 三枝 邦康, 前原 健寿. 人プロトロンビン複合体製剤の使用経験報告. Neurosurgical Emergency 2019.02.01

  64. 相澤 有輝, 高橋 暁, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 石川 茉莉子, 早川 隆宣, 廣田 晋, 山本 信二, 玉田 なつみ, 三枝 邦康, 前原 健寿. 人プロトロンビン複合体製剤の使用経験報告. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2019.02.01

  65. 山岡 寛人, 稲次 基希, 橋本 聡華, 林 志保里, 原 恵子, 石井 賢二, 前原 健寿. 11C-methionine PETを施行した扁桃体腫大の2手術例. てんかん研究 2019.01.01

  66. 中川 量晴, 戸原 玄, 中根 綾子, 古屋 純一, 足達 淑子, 稲次 基希, 前原 健寿, 水口 俊介. 大学附属病院の入院患者に対する口腔ケア・摂食嚥下リハ介入の実態調査. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2018.12.01

  67. 尾花 三千代, 古屋 純一, 松原 ちあき, 中根 綾子, 戸原 玄, 稲次 基希, 前原 健寿, 水口 俊介. 急性期脳卒中患者の口腔環境と誤嚥性肺炎の関連. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2018.12.01

  68. 尾花三千代、古屋純一、中山玲奈、松原ちあき、吉見佳那子、中根綾子、戸原玄、稲次基希、前原健寿、水口俊介. 多職種による急性期脳卒中患者の口腔管理に関する研究. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2018.09.15 博多

  69. 松原ちあき、古屋純一、尾花三千代、中山玲奈、紅谷朱音、山口浩平、中川量晴、中根綾子、戸原玄、水口俊介. 緩和ケア病棟入院患者に対する義歯管理によって食のQOLが改善された2症例. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2018.09.15 博多

  70. 尾花三千代、古屋純一、松原ちあき、中根綾子、戸原玄、稲次基希、前原健寿、水口俊介. 急性期脳卒中患者の口腔環境と誤嚥性肺炎の関連. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2018.09.08

  71. 中川量晴,戸原 玄,中根綾子,原 豪志,吉住 結,古屋純一,足達淑子,稲次基希,前原健寿,水口俊介. 併設する医学部附属病院の入院患者に対する口腔ケア・摂食嚥下リハ介入の実態調査. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2018.09.08

  72. 稲次 基希, 山本 貴道, 川合 謙介, 前原 健寿, Doyle Werner. てんかん外科の世界的趨勢と日本における今後の展開 てんかん外科におけるRNSの可能性と課題. てんかん研究 2018.09.01

  73. 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. てんかんモニタリングユニット(EMU)を支えるコメディカルの役割 てんかんモニタリングユニットにおける医師の役割. Epilepsy: てんかんの総合学術誌 2018.05.01

  74. 竹内 純, 古屋 純一, 戸原 玄, 吉見 佳那子, 中根 綾子, 稲次 基希, 前原 健寿, 水口 俊介. 急性期病院との連携によりシームレスな回復期の口腔機能管理を行えた脳卒中の1症例. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2017.12.01

  75. 稲次 基希, 前原 健寿. 脳卒中診療における歯科介入 脳卒中診療医からみる現状と課題. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2017.12.01

  76. 折原あすみ,稲次基希,橋本聡華,藤井照子,武井孝麿,清川樹里,芳村雅隆,廣田晋,山本信二,前原健寿. 結節性硬化症患者の術中発作時脳波に対するwide-band analysis. 第47回日本臨床神経生理学会 2017.11.30

  77. 稲次基希,原恵子,前原健寿. EMUにおける医師の役割. 第47回日本臨床神経生理学会 2017.11.30

  78. 橋本聡華,稲次基希,原恵子,前原健寿. 多彩な発作型を呈した左側頭葉島皮質てんかんの一例. 第47回日本臨床神経生理学会 2017.11.30

  79. 吉村優里,原恵子,赤座実穂,稲次基希,永森千寿子,橋本聡華,太田克也,角勇樹,前原健寿. HFO検出ソフト2種類を用いた発作時脳波解析結果の比較. 第47回日本臨床神経生理学会 2017.11.29

  80. 稲次基希、橋本聡華、林志保里、石井賢二、樋口真人、前原健寿. てんかんにおける核医学検査の現状-脳神経外科の立場から. 第47回日本臨床神経生理学会 2017.11.29

  81. 山内崇弘,田村郁,林志保里,荻島隆浩,稲次基希,成相直,石井賢二,豊原潤,前原 健寿. [11C]methionine-PETの集積とWHO2016改定分類に基づいたgliomaの分類の比較検討. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26

  82. 滕云,田村郁,小林大輔,中島瑞穂,工藤琢巳,壽美田一貴,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 当施設における成人視床、脳幹部グリオーマの検討. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26

  83. 壽美田一貴,相澤有輝,田村郁,工藤琢巳,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. Gliomaに対するBevacizumab投与開始時期、投与後の再発様式の検討. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26

  84. 今村繭子,壽美田一貴,田村郁,工藤琢巳,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 当院におけるBCNU waferを使用症例の検討. 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26

  85. 壽美田一貴,唐鎌淳,芳村雅隆,藤井照子,三木一徳,吉野義一,山本信二,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,前原健寿,根本繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の合併症の検討. 第33回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017.11.23

  86. 柏良之輔,清水一秀,荒船龍彦,関拓哉,稲次基希,前原健寿. 難治性てんかん患者における頭蓋内留置電極と運動負荷試験およびMicrosoft Kinectを用いたBMI(Brain Machine Interface)解析. 第4回脳神経外科BMI懇話会 2017.11.18

  87. 稲次 基希. てんかんの診断と治療. てんかん診療セミナー 2017.11.10

  88. 田中洋次,稲次基希,菅原貴志,壽美田一貴,田村郁,工藤琢巳,成相直,前原健寿. 経鼻内視鏡手術における3Dヘッドマウントディスプレイの有用性. 第24回日本神経内視鏡学会 2017.11.09

  89. 稲次 基希. 脳卒中の治療と看護. 2017.11.09

  90. 高木俊輔,稲次基希,原恵子,前原健寿. 脳外科てんかんチームより精神科併診依頼のあった症例の精神科的特徴. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  91. 稲次基希,橋本聡華,石井賢二,豊原潤,前田純,樋口真人,前原健寿 . 新規PETトレーサーを用いた焦点診断の試み. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  92. 大仲 佳祐,稲次基希,徳永英恵,清水一秀,橋本聡華,前原健寿. 当院における脳出血患者の早期けいれんについて. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  93. 橋本聡華,前田純,稲次基希,熊田勝志,張明栄,須原哲也,前原健寿,樋口真人. モデルマウスを用いたトリプトファン代謝のてんかん病態への関与の検討. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  94. 清水一秀,大仲 佳祐,徳永英恵,稲次基希,前原健寿. 低酸素脳症後のミオクローヌス(Lance-Adams症候群)に対するPERの効果. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  95. 折原あすみ、稲次基希、橋本聡華、赤座実穂、原恵子、前原健寿. 内側側頭葉てんかんのセボフルラン麻酔下術中皮質脳波におけるred spikeの検討. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  96. 原恵子,前原健寿,稲次基希,赤座実穂,原實. 成人患者を扱う医師の立場から. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  97. 永森千寿子,原恵子,赤座実穂,太田克也,前原健寿,稲次基希,角勇樹. 一般市民を対象としたてんかんに対する意識調査-2013年と2017年の比較. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  98. 吉村優里,原恵子,赤座実穂,永森千寿子,稲次基希,太田克也,角勇樹,前原健寿. 2017年における一般市民によるてんかん患者の社会参加に対する評価. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  99. 中谷光良,井内盛遠,十川純平,村井智彦,小林勝哉,人見健文,橋本聡華,稲次基希,白水洋史,金澤恭子,渡辺裕貴,臼井直敬,井上有史,前原健寿,池田昭夫. 多施設共同研究における発作時DC電位・HFOの記録および解析の標準化案. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  100. 徳永 英恵,稲次基希,大仲 佳祐,橋本聡華,清水一秀,前原健寿. 結節性硬化症の転倒発作に脳梁離断術が有効であった3例. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  101. 前原健寿、橋本聡華、清水一秀、稲次基希、池田昭夫、柿田明美、井上有史、渡辺裕貴、岩崎真樹、白水洋史、福田敦夫、小泉修一、岡田元宏、大野行弘. 基礎と臨床の包括的研究の重要性. 第51回日本てんかん学会学術集会 2017.11.03

  102. 高木 俊輔, 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. 脳外科てんかんチームより精神科併診依頼のあった症例の精神科的特徴. 総合病院精神医学 2017.11.01

  103. 清水一秀,田中洋次,工藤琢巳,田村郁,壽美田一貴,菅原貴志,稲次基希,成相直,前原健寿. 脳神経外科における3Dヘッドマウントディスプレイ(3D-HMD)を用いた経鼻内視鏡手術. 第26回日本コンピュータ外科学会大会 2017.10.30

  104. 大仲佳祐,稲次基希,徳永英恵,清水一秀,橋本聡華,前原健寿. 当院における脳卒中患者の早期けいれんについて. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  105. 中島瑞穂,田村郁,小林大輔,工藤琢巳,壽美田一貴,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 当院における視床、脳幹部グリオーマの検討. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  106. 唐鎌淳,成相直,壽美田一貴,稲次基希,田中洋次,吉野義一,根本繁,前原健寿. もやもや病における3D-DSA所見の分類およびPETとの比較検討. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  107. 壽美田一貴,唐鎌淳,芳村雅隆,藤井照子,三木一徳,吉野義一,山本信二,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,前原健寿,根本繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の安全性の検討. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  108. 相澤有輝,壽美田一貴,今村繭子,田村郁,工藤琢巳,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. High grade gliomaに対するBevacizumab投与後の再発様式の検討. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  109. 氏川彩,菅原貴志,金子聡,今村繭子, 稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 当院における脳膿瘍の臨床的特徴・治療成績と予後不良因子の検討. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  110. 田中洋次,稲次基希,菅原貴志,壽美田一貴,田村郁,工藤琢巳,成相直,前原健寿. 髄液鼻漏閉鎖術における瘻孔の直接確認・閉鎖の重要性. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  111. 原祥子,田中洋次,林志保里,稲次基希,石井賢二,前原健寿,成相直. 2つのpostlabeling delayを用いたASL-MRI によるもやもや病の脳血流・血流遅延の無侵襲評価. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  112. 徳永英恵,稲次基希,大仲佳祐,タンマモングッド・ティプアーパ,橋本聡華,清水一秀,前原健寿. 転倒発作に脳梁離断術が有効であった結節性硬化症の3例. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  113. 金子聡,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 髄膜種の再発危険因子の検討. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  114. 田村郁,稲次基希,林志保里,荻島隆浩,成相 直,石井 賢二,豊原 潤,前原 健寿. WHO2016改定分類に基づいた神経膠腫のintegrated diagnosisと[11C]methionine-PETの関係. 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  115. 前原健寿,稲次基希,橋本聡華. 高周波律動解析から見える新たな脳機能の小宇宙のベールをはぐ . 第76回日本脳神経外科学会総会 2017.10.12

  116. 稲次基希,橋本聡華,林志保里,我妻慧,豊原潤,石井賢二,前田純,樋口真人,前原健寿. Detection of Epileptogenic lesion using PET with multitracers. 日本脳神経外科学会第76回学術総会 2017.10.12

  117. 稲次基希. てんかんの確定診断までのフローとエビデンス. 日本脳神経外科学会第76回学術総会 2017.10.12

  118. 稲次基希. 脳神経外科医が求める止血剤・癒着防止剤. 技術情報協会 2017.10.05

  119. 稲次 基希, 橋本 聡華, 林 志保理, 石井 賢二, 樋口 真人, 前原 健寿. てんかん学と臨床神経生理学との接点 その最新知見と臨床応用 てんかんにおける核医学検査の現状 脳神経外科の立場から. 臨床神経生理学 2017.10.01

  120. 橋本 聡華, 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. 問題症例の脳波 多彩な発作型を呈した左側頭葉島皮質てんかんの一例. 臨床神経生理学 2017.10.01

  121. 稲次 基希, 原 恵子, 前原 健寿. ビデオ脳波モニタリングユニット(EMU)を支えるコメディカルの役割 EMUにおける医師の役割. 臨床神経生理学 2017.10.01

  122. 永森千寿子,原恵子,太田克也,赤座実穂,前原健寿,稲次基希,角勇樹. MST前後の術中脳波における脳波変化と高周波律動を解析した一例. 第22回薬物脳波学会学術集会 2017.09.22

  123. 徳永英恵,田中洋次,大仲佳祐,清水一秀,小林大輔,稲次基希,成相直,前原健寿. 頭蓋内単独で発生したJuvenile xanthogranulomaの一例. 第133回日本脳神経外科学会関東支部学術集会 2017.09.16

  124. 竹内純,古屋純一,戸原玄,吉見佳那子,中根綾子,稲次基希,前原健寿,水口俊介. 急性期病院との連携によりシームレスな回復期の口腔機能管理を行えた脳卒中の1症例. 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2017.09.16 幕張

  125. 稲次基希. 脳卒中患者の医科歯科連携による口腔機能管理について. 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2017.09.15

  126. 菅原貴志,原祥子,壽美田一貴,稲次基希,田中洋次,成相直,堤剛,前原健寿. 小脳橋角部髄膜腫に対する手術戦略-スタンダード(Simpson grade II)とチャレンジ(Simpson grade I)- . 第22回日本脳腫瘍の外科学会 2017.09.08

  127. 壽美田一貴,唐鎌淳,芳村雅隆,藤井照子,三木一徳,吉野義一,山本信二,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,前原健寿,根本繁. 腫瘍内塞栓を目的とした術前腫瘍塞栓術の安全性の検討. 第22回日本脳腫瘍の外科学会 2017.09.08

  128. 金子聡,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 良性髄膜腫の再発危険因子の検討. 第22回日本脳腫瘍の外科学会 2017.09.08

  129. 原 恵子, 前原 健寿, 稲次 基希, 赤座 実穂, 原 實. てんかんと家族 成人患者を扱う医師の立場から. てんかん研究 2017.09.01

  130. 前原 健寿, 橋本 聡華, 清水 一秀, 稲次 基希, 池田 昭夫, 柿田 明美, 井上 有史, 渡辺 裕貴, 岩崎 真樹, 白水 洋史, 福田 敦夫, 小泉 修一, 岡田 元宏, 大野 行弘. グリアとてんかん 基礎と臨床のアップデート・インフォメーション 基礎と臨床の包括的研究の重要性. てんかん研究 2017.09.01

  131. 武川麻紀,成相直,玉田なつみ,工藤琢巳,稲次基希,田中洋次,小林大輔,赤川浩之,糟谷英俊,前原健寿. 小児もやもや病における遺伝子型による臨床像と脳血管病理像の検討. 第36回The Mt.Fuji Workshop 2017.08.26

  132. 壽美田一貴,武川麻紀,工藤琢巳,田村郁,菅原貴志,稲次基希,田中洋次,前原健寿,成相直. 小児期に出血で発症したもやもや病の長期治療成績. 第36回The Mt.Fuji Workshop 2017.08.26

  133. 稲次基希. 脳血流定量 核医学検査の活用方法. 「東京脳核医学読影実践セミナー」 2017.08.05

  134. 中野麻美,稲次基希,原田裕美,前原健寿. 医科歯科連携による口腔ケアカンファレンスの活性化に向けた取り組み. 第20回日本臨床脳神経外科学会 2017.07.15

  135. 稲次基希,戸原玄,古屋純一,若杉葉子,沼沢祥行,水口俊介,前原健寿. 脳卒中診療におけるシームレスな口腔機能管理システムの構築. 第20回日本臨床脳神経外科学会 2017.07.15

  136. 田中洋次,稲次基希,大仲圭祐,壽美田一貴,工藤琢巳,菅原貴志,前原健寿. 髄液鼻漏で発症した斜台部脊索腫の1例. 関東脳神経外科懇話会 2017.06.24

  137. 吉見佳那子,古屋純一,戸原玄,稲次基希,竹内周平,前原健寿,水口俊介. 多職種や他医療機関との情報共有によりシームレスな摂食嚥下リハビリテーションを行えた1症例. 第19回日本在宅医学会大会 2017.06.17 名古屋

  138. 荒井 雪花,菅原貴志, 伊藤慧, 澤柳文菜,稲次 基希,田中洋次, 成相直, 前原健寿. 錐体骨肥厚を伴う海綿静脈洞髄膜腫に対するγ ナイフ照射後に難聴・内耳道狭窄が進行し摘出術を施行した1例. 第29回日本頭蓋底外科学会 2017.06.15

  139. 大仲佳祐,稲次基希,橋本聡華,赤座実穂,原恵子,前原健寿. 片側側頭葉切除術が著効した両側性内側側頭葉てんかんの一例. 第11回日本てんかん学会関東甲信越地方会 2017.06.03

  140. 永森千寿子,原恵子,太田克也,赤座実穂,前原健寿,稲次基希,角勇樹. MST前後の術中脳波における高周波律動解析を行った一例. 第11回日本てんかん学会関東甲信越地方会 2017.06.03

  141. 稲次基希、戸原玄、古屋純一、若杉葉子、沼沢祥行、水口俊介、前原健寿. 脳卒中診療からみた連続的歯科介入の現状と問題点. 第14回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2017.04.22

  142. 松原ちあき, 古屋純一, 戸原玄, 若杉葉子, 吉住結, 稲次基紀, 前原健寿, 水口俊介. 入院患者の包括的な口腔機能管理における多職種での情報共有の重要性. 第14回日本口腔ケア学会学術大会 2017.04.22 沖縄

  143. 尾花三千代, 古屋純一, 戸原玄, 佐藤茉莉恵, 中根綾子, 稲次基紀, 前原健寿, 水口俊介. 急性期からの口腔機能管理を行ったくも膜下出血の1症例. 第14回日本口腔ケア学会学術大会 2017.04.22 沖縄

  144. 稲次 基希. デジタル脳波計の基礎. 第4回デジタル脳波セミナー東京2017 2017.04.13

  145. 澤栁文菜,壽美田一貴,田村郁,工藤琢巳,塚原悠介,小林大輔,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 41. 澤栁文菜、壽美田一貴、田村郁、工藤琢巳、塚原悠介、小林大輔、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿 異なる経過及び組織学的悪性度を示した病変を持つMultifocal gliomaの症例. 第132回日本脳神経外科学会関東支部学術集会 2017.04.08

  146. 中野智行,菅原貴志,唐鎌淳,稲次基希,田中洋次,成相直,吉野義一,根本繁,前原健寿. 対側 transcondylar approach による trapping が有効であったPICA 起始部解離性動脈瘤の1例. 第5回Hybrid Neurosurgery研究会 2017.04.01

  147. 山岡寛人,菅原 貴志,稲次 基希,田中 洋次,吉野 義一,成相 直,根本 繁,前原健寿. 当院に於ける破裂脳動脈瘤の大きさによる臨床的特徴・予後の検討. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.16

  148. 29. 唐鎌 淳、成相 直、稲次基希、田中洋次、吉野義一、根本 繁、前原健寿. もやもや病における3D-DSA画像の特徴. 第42回日本脳卒中学会総会 2017.03.16

  149. 壽美田一貴,田中洋次,武井孝麿,工藤琢巳,田村 郁,菅原貴志,稲次基希,成相直,前原健寿. 遠位部前大脳動脈瘤に対するカラードップラーの有用性. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.16

  150. 武川麻紀,成相直,玉田なつみ,工藤琢巳,稲次基希,田中洋次,小林大輔,赤川浩之,糟谷英俊,前原健寿. もやもや病における遺伝子型と臨床像および脳血管病理像の検討. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.16

  151. 菅原貴志,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. 内頸動脈supraclinoid portion動脈瘤に対する手術基本手技 -動脈瘤全周剥離を中心に-. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.16

  152. 伊藤慧,菅原貴志,工藤琢巳,壽美田一貴,田村郁,稲次基希,田中洋次,成相直,前原健寿. くも膜下出血後正常圧水頭症のリスク因子の検討. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.16

  153. 田中洋次,原祥子,稲次基希,林志保里,上田泰弘,成相直,前原健寿. 虚血性脳血管障害の病型によるArterial Spin Labeling計測値の変化. 第42回日本脳卒中学会学術集会 2017.03.16

  154. 稲次基希,戸原玄,古屋純一,若杉葉子,沼沢祥行,三木一徳,泉山肇,水口俊介,嶋田昌彦,前原健寿. 脳卒中における急性期から維持期までの連続した歯科介入体制の構築. 第42回日本脳卒中学会 2017.03.16

  155. 28. 青山二郎,早川隆宣,佐藤慎,榎本真也,百瀬俊也,住吉京子,重田恵吾,八ツ繁寛,菅原貴志,稲次基希,前原健寿. 慢性硬膜下血腫の治療成績と再発リスク因子に関する施設間での検討. 第40回日本脳神経外傷学会 2017.03.11

  156. 稲次基希,黒羽真砂恵,折原あすみ,橋本聡華,大友康裕,前原健寿. 外傷早期けいれんに対するレバチラセタム予防投与効果. 第40回日本脳神経外傷学会 2017.03.10

  157. 稲次基希,橋本聡華,林志保里,我妻慧,豊原潤,石井賢二,前田純,樋口真人,前原健寿. てんかんにおけるPETイメージング. 第19回ヒト脳機能マッピング学会 2017.03.09

  158. 黒羽真砂恵,稲次基希,成相直,林志保里,田中洋次,我妻 慧,豊原 潤,石井賢二,前原健寿. 充実性Hemangioblastomaにおける[11C]methionine PET imaging. 第40回日本脳神経CI学会総会 2017.03.03

  159. 稲次基希、橋本聡華、林志保里、我妻慧、豊原潤、石井賢二、前田純、樋口真人、前原健寿. てんかん焦点のPETイメージングの現状. 第40回日本脳神経CI学会総会 2017.03.03

  160. 稲次基希. 頭部外傷後のてんかんを考える. 大塚製薬株式会社 双方向e講演会 2017.02.23

  161. 大仲佳佑、稲次基希、折原あすみ、橋本聡華、前原健寿. てんかん外科における慢性頭蓋内電極留置術合併症の検討. JEPICA2017総会 2017.02.17

  162. 星川さやか,川田祐大,磯部和美,原田裕美,稲次基希,前原健寿. 脳神経外科病棟、てんかんについてのスタッフ教育の取り組み. JEPICA2017総会 2017.02.17

  163. 川田祐大、星川さやか、磯部和美、原田裕美、稲次基希、前原健寿. 一般病棟におけるてんかん外科看護体制の構築. JEPICA2017総会 2017.02.17

  164. 稲次基希,戸原玄,古屋純一,若杉葉子,沼沢祥行,三木一徳,泉山肇,水口俊介,嶋田昌彦,前原健寿. 脳卒中急性期から慢性期までの一貫した歯科介入体制の構築. 第22回日本脳神経外科救急学会 2017.02.03

  165. 稲次 基希, 戸原 玄, 古屋 純一, 若杉 葉子, 沼沢 祥行, 三木 一徳, 泉山 肇, 水口 俊介, 嶋田 昌彦, 前原 健寿. 地域連携医療の現状と展望 脳卒中急性期から慢性期までの一貫した歯科介入体制の構築. Neurosurgical Emergency 2017.02.01

  166. 青山 二郎, 早川 隆宣, 菅原 貴志, 武井 武麿, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 慢性硬膜下血腫の標準治療は何か? 慢性硬膜下血腫の治療成績と再発リスク因子に関する施設間での検討. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2017.02.01

  167. 金子聡,稲次基希,折原あすみ,橋本聡華,前原健寿. 頭蓋内電極留置における合併症の検討. 第40回日本てんかん外科学会 2017.01.26

  168. 稲次基希,橋本聡華,中谷光良,井内盛遠,金澤恭子,渡辺裕貴,白水洋史,臼井直敬,井上有史,柿田明美,池田昭夫,前原健寿. 多施設共同研究でのてんかん外科における広域周波数帯域脳波解析の標準化の導入. 第40回日本てんかん外科学会 2017.01.26

  169. 稲次基希,橋本聡華,林志保理,我妻慧,豊原潤,石井賢二,前原健寿. 海馬硬化症を伴う内側側頭葉てんかん患者におけるmGluR subtype1 PETイメージング. 第40回日本てんかん外科学会 2017.01.26

  170. 前原健寿,稲次基希,大仲佳祐,橋本聡華. MRI negative epilepsyに対する外科治療の進歩. 第40回日本てんかん外科学会 2017.01.26

  171. 大仲佳祐,稲次基希,馬場信平,森山剣光,前原健寿. 遺伝子・染色体異常を背景にもつ難治性てんかんに対する緩和手術. 第40回日本てんかん外科学会 2017.01.26

  172. 橋本聡華,前田純,稲次基希,樋口真人,熊田勝志,張明栄,須原哲也,前原健寿. キヌレニン経路の新規PET tracer [11C]1-metyl-L-tryptophanのてんかんモデルマウスでの有用性の検討. 第40回日本てんかん外科学会 2017.01.26

  173. 稲次基希. 脳神経外科医が求める止血剤「止血材の臨床ニーズと非生物由来材料の開発」. 技術情報協会セミナー 2017.01.13 東京

  174. 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 原 祥子, 前原 健寿. もやもや病合併妊婦における脳循環動態変化の検討 arterial spin labeling法による無侵襲的計測. 脳循環代謝 2016.11.01

  175. 日浦 幹夫, 成相 直, 牟田 光孝, 稲次 基希, 豊原 潤, 石井 賢二, 石橋 賢士, 我妻 慧, 坂田 宗之, 織田 圭一, 石渡 喜一, 前原 健寿. 神経画像最前線 神経機能の可視化はどこまで進んだか PETイメージングを活用した運動負荷時の脳機能解析 脳血流量と神経受容体計測の実際. 脳循環代謝 2016.11.01

  176. 稲次 基希, 平井 作京, 林 志保里, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 無症候性成人もやもや病の予後と脳循環代謝. 脳循環代謝 2016.11.01

  177. 橋本 聡華, 稲次 基希, 林 志保里, 我妻 慧, 豊原 潤, 石井 賢二, 前原 健寿. 内側側頭葉てんかん患者のmGluR1 PET imaging. 脳循環代謝 2016.11.01

  178. 荻島 隆浩, 田村 郁, 小林 大輔, 稲次 基希, 林 志保里, 田村 玲奈, 成相 直, 石井 賢二, 前原 健寿. グリオーマの形態病理と分子診断 Grade 2、3グリオーマにおけるIDH1とATRXによる分子診断と[11C]methionine-PETの比較検討. Brain Tumor Pathology 2016.05.01

  179. 稲次 基希, 林 志保里, 成相 直, 坂田 宗之, 石井 賢二, 前原 健寿. 脳神経外傷のBasic Research びまん性脳損傷患者におけるアデノシンA1受容体PETイメージング. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2016.02.01

  180. 稲次 基希, 宮崎 祐介, 大宮 正毅, 紙谷 武, 林 志保里, 前原 健寿. スポーツ頭部外傷 最新の知見 透過頭蓋骨ダミーモデルを用いた柔道頭部外傷メカニズムの検討. Neurosurgical Emergency 2016.01.01

  181. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、河野能久、壽美田一貴、田村郁、前原健寿. 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡手術. 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 第8回学術集会 2015.12.19

  182. 中野智行、田村郁、田中洋次、稲次基希、林志保里、成相直、石井賢二、石渡喜一, 前原健寿. BEV導入後の病態の評価に11C-methionine (MET)-PETが有用であった膠芽腫の一例. 第33回日本脳腫瘍学会学術集会 2015.12.06

  183. 田村 郁、稲次基希、成相 直、林志保里、田中洋次、木原 淳、玉置正史、平井左京、三枝邦康、石井賢二、石渡喜一、前原健寿. Malignant gliomaに対するBevacizumabの治療効果の検討. 第33回日本脳腫瘍学会 2015.12.06

  184. 黒羽 真砂恵、稲次 基希、成相 直、林 志保里、田中 洋次、我妻 慧、石渡 喜一、石井 賢二、前原 健寿. 充実性Hemangioblastomaの[11C] methionine PET imaging. 第128回日本脳神経外科学会関東支部会 2015.12.05

  185. 藤間詩央里、原 恵子、稲次基希、太田克也 、松浦雅人、田端 梓、笹野哲郎、前原健寿、角 勇樹. 頭蓋内電極を用いたミスマッチ陰性電位の発生源の解析. 第32回脳磁図トポグラフィ学会 2015.11.20

  186. 端 梓、原 恵子、藤間詩央里、稲次基希、折原あすみ、髙木俊輔、甫母瑞枝、笹野哲郎、松浦雅人、前原健寿、角 勇樹. 慢性頭蓋内脳波記録中にPNESを発症した1症例. 第32回脳磁図トポグラフィ学会 2015.11.20

  187. 清水一秀、稲次基希、荒船龍彦、中野祐樹、田端梓、藤間詩央里、原恵子、前原健寿. ECoGによる脳機能解析におけるMicrosoft Kinectを用いた運動評価の試み. 第2回脳神経外科BMI懇話会 2015.11.14

  188. 田中洋次、角田篤信、河野能久、菅原貴志、稲次基希、前原健寿. 頭蓋底腫瘍に対する開頭・経鼻内視鏡併用同時手術. 第22回日本神経内視鏡学会 2015.11.05

  189. 中野 智行、稲次 基希、折原あすみ、橋本 聡華、田端 梓、藤間詩央里、原 恵子、前原 健寿. 海馬硬化を有する内側側頭葉てんかん患者の術中皮質脳波における棘波上のHFO解析. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05

  190. 稲次基希,林志保里,成相直,原恵子,松浦雅人,前原健寿. てんかん患者における 神経心理検査とFDGPETの相関. 第27回日本脳循環代謝学会総会 2015.10.30

  191. 笹川麻由、稲次基希、中野智行、折原あすみ、橋本 聡華、田端 梓、藤間詩央里、原 恵子、前原健寿. 側頭葉てんかん術中皮質脳波におけるHFOとセボフルラン濃度の相関. 第49回日本てんかん学会学術集会 2015.10.30

  192. 黒羽 真砂恵、稲次 基希、橋本 聡華、折原 あすみ、原 恵子、前原 健寿. 海綿状血管腫に伴うてんかん患者の手術成績及び術後社会的自立の検討. 第49回日本てんかん学会学術集会 2015.10.30

  193. 前原健寿、稲次基希、橋本聡華. VNS成人例の成績. 第49回日本てんかん学会学術集会 2015.10.30

  194. 橋本聡華、稲次基希、折原あすみ、林志保里、原恵子、前原健寿. 当院における緩和治療の治療戦略. 第49回日本てんかん学会学術集会 2015.10.30

  195. 田端 梓, 原 恵子, 藤間 詩央里, 廣瀬 有香, 前原 健寿, 稲次 基希, 原 實, 笹野 哲郎, 松浦 雅人, 角 勇樹. てんかんに対する顕在的偏見のてんかん患者と一般健常者の違い. 第49回日本てんかん学会学術集会 2015.10.30

  196. 藤間 詩央里, 原 恵子, 田端 梓, 笹野 哲郎, 稲次 基希, 前原 健寿, 松浦 雅人, 角 勇樹. てんかんに対する潜在的偏見 健常者・医療系学生の比較. 第49回日本てんかん学会学術集会 2015.10.30 長崎

  197. 稲次基希、橋本聡華、林志保里、田端梓、藤間詩央里、原恵子、前原健寿. 当院におけるMRI陰性新皮質てんかんの外科治療成績. 第49回日本てんかん学会学術集会 2015.10.30

  198. 稲次 基希, 橋本 聡華, 林 志保里, 田中 洋次, 田畑 梓, 藤間 詩央里, 原 恵子, 前原 健寿. MRI陰性新皮質てんかんの治療成績. 第74回日本脳神経外科学会総会 2015.10.14

  199. 平井 作京、稲次 基希、田中 洋次、成相 直、前原 健寿. 成人もやもや病患者における発症形式とDSC-MRIによる脳循環動態測 定を用いた検討. 日本脳神経外科学会第74回学術総会 2015.10.14

  200. 中野智行、稲次基希、折原あすみ、原恵子、田端梓、藤間詩央里、前原健寿. 内側側頭葉てんかん患者の術中皮質脳波における棘波上のHFO解析. 日本脳神経外科学会第74回学術総会 2015.10.14

  201. 笹川麻由、田村 郁、清川樹里、稲次基希、田中洋次、成相 直、前原健寿. 当施設におけるCarmustin wafer(ギリアデル)留置症例の臨床像. 日本脳神経外科学会第74回学術総会 2015.10.14

  202. 黒羽 真砂恵、稲次 基希、成相 直、林 志保里、田中 洋次、我妻 慧、石渡 喜一、石井 賢二、前原 健寿. 良性脳腫瘍における11C Methionine-PET. 日本脳神経外科学会第74回学術総会 2015.10.14

  203. 阿部 大数、田中 洋次, 田村 郁, 稲次 基希, 前原 健寿. 当院における下垂体卒中症例の検討. 日本脳神経外科学会第74回学術総会 2015.10.14

  204. 田中洋次、角田篤信、河野能久、菅原貴志、稲次基希、玉置正史、前原健寿. 頭蓋底腫瘍に対する開頭・経鼻内視鏡併用同時手術の有用性. 日本脳神経外科学会第74回学術総会 2015.10.14

  205. 前原健寿、稲次基希、橋本聡華. 成人難治てんかん患者に外科治療がもたらす効果. 第74回日本脳神経外科学会総会 2015.10.14

  206. 橋本聡華、稲次基希、前原健寿. 迷走神経刺激療法の効果-患者・家族の評価と医師の評価-. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 2015.10.14

  207. 青山二郎, 菅原貴志, 稲次基希, 田中洋次, 成相直, 吉野義一, 根本繁, 前原健寿. 当院におけるくも膜下出血患者の手術時期の違いによる脳血管攣縮の発症率の検討. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 2015.10.14 札幌

  208. 稲次 基希. 大脳情報処理機構の局在と脳疾患 てんかん患者における神経心理検査とFDGPETの相関. 脳循環代謝 2015.10.01

  209. Hara, S., Tanaka, y., Ueda, Y., Hayashi, S., Inaji, M., Ishiwata. K., Ishii, K., Maehara, T., and Nariai, T. Non-invasive evaluation of cerebral blood flow and perfusion delay of moyamoya disease using arterial spin-labeling MRI with multiple post-labeling delay: comparison with 15O gas -PET and with dynamic susceptibility contrast MRI.. 第43回日本磁気共鳴医学会大会 2015.09.10

  210. 前原 健寿, 稲次 基希, 橋本 聡華. VNS導入後5年 VNS成人例の成績. てんかん研究 2015.09.01

  211. 稲次基希、田村郁、橋本聡華、清水一秀、成相直、前原健寿. Met-PETによるglioblastomaに対するBEV治療評価. 舞連カンファレンス 2015.08.14 徳島

  212. 笹川麻由. 当施設におけるCarmustin wafer(ギリアデル)留置症例の臨床像. 第49回ニューロ・オンコロジィの会 2015.08.09 東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設(TWIns)

  213. 田中洋次、河野能久、菅原貴志、稲次基希、前原健寿. 術後髄液漏を来した拡大蝶形骨洞手術2例の検討. 第9回東日本下垂体手術ビデオデモンストレーション 2015.08.01

  214. 稲次基希. PET検査の脳神経外科疾患への応用. 第8回城北脳神経外科 2015.06.20

  215. 田端 梓、原 恵子、稲次基希、藤間詩央里、笹野哲郎、松浦雅人、角 勇樹、前原健寿. 頭皮上脳波でhigh frequency oscillations を認めたてんかんの1 症例. 第9回日本てんかん学会関東甲信越地方会 2015.06.13

  216. 中野智行、稲次基希、折原あすみ、原恵子、田端梓、藤間詩央里、湯本真人、前原健寿. HFO解析が有用であったMRI陰性新皮質てんかんの一例. 第9回日本てんかん学会関東甲信越地方会 2015.06.13

  217. 黒羽 真砂恵、稲次 基希、橋本 聡華、原 恵子、藤間 詩央里、田端 梓、山本 直樹、前原 健寿. 半球離断術後に精神症状を合併した一成人例. 第9回日本てんかん学会関東甲信越地方会 2015.06.13

  218. 前原健寿、稲次基希、折原あすみ、原恵子、田端梓、藤間詩央里、湯本真人. 発作時HFO解析導入後のMRI陰性難治てんかんの焦点診断、手術における脳磁図、PET,SPECTの有用性. 第30回日本生体磁気学会 2015.06.06

  219. 稲次 基希. 脳血管障害における核医学検査. 釧路脳神経機能画像・治療講演 2015.05.29

  220. 田村 郁、稲次基希、武川麻紀、折原あすみ、董 暁書、木原 淳、裴 有安、前原健寿. ベバシズマブ投与後の膠芽腫の病理学的変化−初発時と剖検時の比較. 第33回日本脳腫瘍病理学会 2015.05.29

  221. 稲次基希. 脳神経外科領域での癒着防止剤、止血材の使用と臨床ニーズ. 技術情報協会セミナー 2015.04.20

  222. 青山二郎, 成相直、武川麻紀、稲次基希、田中洋次、前原健寿 . 小児期のMRIから10年後に判明した家族性もやもや病の1例. 第126回日本脳神経外科学会関東支部会 2015.04.18 川崎

  223. 田中洋次、成相直、武川麻紀、稲次基希、前原健寿. 脳血管障害合併妊娠症例に対するArterial spin labeling MRI計測. 第40回日本脳卒中学会総会 2015.03.26

  224. 菅原 貴志、高橋 暁、清川 樹里、稲次 基希、田中 洋次、成相 直、根本 繁、前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対するスパスム治療の現状・予後予測因子の検討と今後の課題. 第31回スパスム・シンポジウム 2015.03.26

  225. 成相直、工藤琢巳、細田千尋、稲次基希、林志保里、石井賢二. もやもや病患者に対する血行再建術の脳酸素代謝量と高次脳機能の改善効果に関する検討. 第44回日本脳卒中の外科学会学術集会 2015.03.26

  226. 武川麻紀、成相直、稲次基希、田中洋次、鳥羽三佳代、宮坂尚幸、前原健寿. もやもや病患者における妊産婦脳卒中の検討. 第40回日本脳卒中学会総会 2015.03.26

  227. 稲次基希. 急性期における外傷性てんかんの診断と治療. 第38回日本脳神経外傷学会 2015.03.16

  228. 成相直、百瀬俊也、川辺拓也、稲次基希、田中洋次、前原健寿、石井賢二、石渡喜一、山本昌昭. PET代謝イメージを用いた悪性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の有効性の検証. 第44回神経放射線学会 2015.03.06

  229. 稲次基希、鳥入さゆり、伊藤亜希、村田希吉、鵜沼香奈、瀬川裕子、鹿島田健一、泉山肇、森尾友宏、前原健寿. 当院における児童虐待事例検討委員会の取り組み・小児頭部外傷予防にむけて. 日本脳神経外傷学会 2015.03.06

  230. 佐藤陽人, 田中洋次, 成相直, 山科元滋, 稲次基希, 前原健寿. Usefulness of ASL-MRI in the diagnosis and treatment of glioma. 第44回日本神経放射線学会 2015.03.06

  231. 田中洋次、成相直、山科元滋、武川麻紀、稲次基希、前原健寿. Arterial spin labeling MRIを用いた妊婦脳循環計測. 第44回日本神経放射線学会 2015.03.06

  232. 蛯子裕輔、山科元滋、高橋暁、平直記、佐藤陽人、稲次基希、前原健寿. 慢性硬膜下血腫穿頭術後の再発危険因子の検討. 第38回日本脳神経外傷学会 2015.03.06

  233. 蛯子 裕輔, 山科 元滋, 稲次 基希, 前原 健寿. 再発・難治慢性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿頭術後の再発危険因子の検討. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2015.03.01

  234. 稲次 基希, 鳥入 さゆり, 伊藤 亜希, 村田 希吉, 泉山 肇, 森尾 友宏, 前原 健寿, 東京医科歯科大学児童虐待事例検討委員会. 小児の脳神経外傷 当院における児童虐待事例検討委員会の試み 小児頭部外傷予防にむけて. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2015.03.01

  235. 廣田 晋, 稲次 基希, 成相 直, 原 睦也, 玉置 正史, 戸根 修, 富田 博樹, 前原 健寿. 外傷と高次脳機能障害 びまん性脳損傷患者における神経心理検査の検討. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2015.03.01

  236. 田畑梓、原恵子、稲次基希、伊藤なつみ、川並麗奈、橋本聡華、藤間詩央里、松浦雅人、角勇樹、前原健寿. 頭皮上脳波で律動的な棘波を認めた症例におけるHFO解析. 全国てんかんセンター協議会2015 2015.02.14

  237. 平 直記、田中洋次、稲次基希、工藤琢巳、田村 郁、山本浩平、新井文子、成相直、前原健寿. 術前診断に苦慮した中枢神経系NK/T細胞性リンパ腫の1例. 第22回文京脳腫瘍研究会 2015.02.01

  238. 橋本聡華、稲次基希、林志保里、伊藤なつみ、折原あすみ、原恵子、前原健寿. 迷走神経刺激療法導入後の当院における緩和治療の治療戦略と成績. 第38回日本てんかん外科学会 2015.01.15

  239. 稲次基希、林志保里、田中洋次、坂田宗之、石渡喜一、石井賢二、成相直、原恵子、前原健康. 側頭葉てんかんにおける神経心理検査、FDGPETの相関と意義. 第38回日本てんかん外科学会 2015.01.15

  240. 清水一秀、稲次基希 、林志保里 、折原あすみ、伊藤なつみ 、橋本聡華 、田端梓 、原恵子、前原健寿. MRI陰性新皮質てんかん患者における発作時高周波律動解析の有用性. 第38回日本てんかん外科学会 2015.01.15

  241. 林志保里、稲次基希、成相直、前原健寿、織田圭一、坂田宗之、石井賢二、石渡喜一. FDG-PET術前評価を含む内側側頭葉てんかん術後抗てんかん薬中止因子の検討. 第38回日本てんかん外科学会 2015.01.15

  242. 三浦祐司、宮崎祐介、林志保里、稲次基希、佐藤勝重. ラット脳実質ひずみの活動電位伝達への影響. 日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会 2015.01.09 新潟

  243. 稲次 基希, 林 志保里, 成相 直, 原 恵子, 松浦 雅人, 前原 健寿. てんかん外科と神経心理検査 神経心理検査は切除範囲に影響するか? てんかん患者における神経心理検査とFDGPETの相関. てんかん研究 2014.09.01

  244. ・ 稲次基希、成相直、林志保里、田中洋次、坂田宗之、石渡喜一、石井賢二、前原健康. 成人発症もやもや病における15Ogas-PETと発症形式の相関. 第44回日本脳卒中の外科学会学術集会 2014.03.26 広島

  245. 成相 直, 日浦 幹夫, 田中 洋次, 稲次 基希, 織田 圭一, 石井 賢二. 脳循環代謝イメージングの最前線 生理学的負荷による脳血流反応 正常者と脳血管障害患者の定量PET脳血流計測から. 脳循環代謝 2013.11.01

  246. 前原 健寿, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 林 志保里, 石渡 喜一, 石井 賢二, 小林 大輔. グリアとてんかん病態 神経画像検査を用いたてんかん焦点におけるグリア機能評価の可能性. てんかん研究 2013.09.01

  247. 成相 直, 武川 麻紀, 清水 一秀, 稲次 基希, 田中 洋次, 青柳 傑, 松島 善治, 大野 喜久郎. もやもや病 小児もやもや病患者の血行再建術後の短期及び長期予後. 小児の脳神経 2012.04.01

  248. 成相 直, 稲次 基希, 田中 洋次, 日浦 幹夫, 石井 賢二, 大野 喜久郎. 重症頭部外傷におけるneuroimaging 脳神経外傷による高次脳機能障害解析のためのPET統計解析法. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2012.03.01

  249. 前原 健寿, 稲次 基希, 菅原 祐之, 原 恵子, 松浦 雅人, 大野 喜久郎. てんかん発作時ビデオ脳波に関する判読と症例検討会 てんかん外科手術検討例の発作時ビデオ脳波モニタリング. 臨床神経生理学 2011.10.01

  250. 成相 直, 稲次 基希, 尤 郁偉, 石井 賢二, 石渡 喜一, 原 睦也, 富田 博樹, 山里 道彦, 日浦 幹夫, 大野 喜久郎. 神経外傷におけるbrain imaging PET分子イメージング法による瀰漫性軸索損傷時の高次脳機能障害病態の探求. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2009.04.01

  251. 稲次 基希, 前原 健寿, 成相 直, 青柳 傑, 野口 佳裕, 喜多村 健, 大野 喜久郎. 聴覚機能の他覚的評価法 乳幼児のスクリーニングから手術中のモニタリングまで ABRによる手術中の聴覚モニタリング その有用性と限界. 臨床神経生理学 2008.10.01

  252. 前原 健寿, 成相 直, 稲次 基希, 百瀬 俊也, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 小児てんかんの外科治療 小児難治てんかんにおけるナビゲーションガイド下手術の有用性. 小児の脳神経 2008.04.01

  253. 戸根 修, 富田 博樹, 玉置 正史, 原 睦也, 稲次 基希, 岡田 朋章, 志賀 尚子. 重症脳疾患患者のbedsideでの脳循環代謝測定 Gas Chromatographを用いた笑気法. 脳循環代謝 2001.12.01

▼全件表示