基本情報

写真a

前嶋 康浩(マエジマ ヤスヒロ)

MAEJIMA Yasuhiro


職名

准教授

生年

1971年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 M&Dタワー13階

研究室電話番号

03-5803-5231

研究室FAX番号

03-5803-0133

メールアドレス

ymaeji.cvm@tmd.ac.jp

ホームページ

http://tmd-cvm.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 信州大学  医学部  医学科  1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  循環制御内科学  博士課程  2005年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 循環制御内科学 大学院生
  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 循環制御内科学 メディカルフェロー
  • 2006年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 循環器内科 助教
  • 2012年10月
    -
    2013年07月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 循環器内科 特任助教
  • 2013年08月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 循環器内科 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1996年05月
    -
    1997年03月
    信州大学  医学部附属病院内科系診療科 臨床研修医
  • 1997年04月
    -
    1999年03月
    国家公務員共済組合連合会虎の門病院 内科 前期病棟医
  • 1999年04月
    -
    2001年03月
    自治医科大学附属大宮医療センター 総合医学I(内科系診療部)循環器科 レジデント
  • 2008年04月
    -
    2012年05月
    New Jersey Medical School, University of Medicine and Dentistry of New Jersey Department of Cell Biology and Molecular Medicine Postdoctoral Fellow
  • 2012年06月
    -
    2013年06月
    New Jersey Medical School, University of Medicine and Dentistry of New Jersey Department of Cell Biology and Molecular Medicine Assistant Professor

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本循環器学会

  • 日本心不全学会

  • 米国心臓協会

  • 国際心臓研究学会日本部会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年12月
    -
    現在
    国際心臓研究学会日本部会 評議員
  • 2014年04月
    -
    現在
    日本心不全学会 代議員
  • 2014年06月
    -
    2016年06月
    日本循環器学会 関東甲信越支部 幹事
  • 2015年03月
    -
    2018年06月
    日本循環器学会 AMED公募研究対策ワーキンググループ委員会 幹事
  • 2015年06月
    -
    現在
    日本循環器学会 関東甲信越支部 評議員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学

  • 細胞生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 小胞体選択的オートファジーの制御システムを標的とした心不全発症機序の解明,2020年04月 - 現在

  • 近赤外線レーザーを用いた心筋炎の非侵襲的治療法の探求,2019年04月 - 現在

  • 選択的オートファジーによるインフラマソーム分解を標的とした心不全発症機序の解明,2017年04月 - 2020年03月

  • オートファジー機能異常による心不全発症機構を制御標的とする創薬をめざした研究,2015年04月 - 2018年03月

  • 次世代パルスレーザーを用いた冠動脈高度石灰化病変の新規デバイス開発に向けての検討,2015年04月 - 2018年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 難治性血管炎に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 選択的オートファジーによるインフラマソーム分解を標的とした心不全発症機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • オートファジー機能異常による心不全発症機構を制御標的とする創薬をめざした研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 肺高血圧症の病態に、インスリン分泌促進ホルモン、およびその分解酵素は関与するか?

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 次世代パルスレーザーを用いた冠動脈高度石灰化病変の新規デバイス開発に向けての検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yasuhiro Maejima, Shiori Kyoi, Peiyong Zhai, Tong Liu, Hong Li, Andreas Ivessa, Sebastiano Sciarretta, Dominic P Del Re, Daniela K Zablocki, Chiao-Po Hsu, Dae-Sik Lim, Mitsuaki Isobe, Junichi Sadoshima. Mst1 inhibits autophagy by promoting the interaction between Beclin1 and Bcl-2. Nature Medicine. 2013.11; 19 (11): 1478-1488. ( PubMed, DOI )

  • Yasuhiro Maejima, Soichiro Usui, Peiyong Zhai, Masayuki Takamura, Shuichi Kaneko, Daniela Zablocki, Mitsuhiro Yokota, Mitsuaki Isobe, Junichi Sadoshima. Muscle-specific RING finger 1 negatively regulates pathological cardiac hypertrophy through downregulation of calcineurin A. Circ Heart Fail. 2014.05; 7 (3): 479-490. ( PubMed, DOI )

  • Soichiro Usui, Yasuhiro Maejima, Jayashree Pain, Chull Hong, Jaeyeaon Cho, Ji Yeon Park, Daniela Zablocki, Bin Tian, David J Glass, Junichi Sadoshima. Endogenous muscle atrophy F-box mediates pressure overload-induced cardiac hypertrophy through regulation of nuclear factor-kappaB. Circ. Res.. 2011.07; 109 (2): 161-171. ( PubMed, DOI )

  • Yasuhiro Maejima, Susumu Adachi, Hiroshi Ito, Kenzo Hirao, Mitsuaki Isobe. Induction of premature senescence in cardiomyocytes by doxorubicin as a novel mechanism of myocardial damage. Aging Cell. 2008.03; 7 (2): 125-136. ( PubMed, DOI )

  • Yasuhiro Maejima, Susumu Adachi, Hiroshi Ito, Kiyoshi Nobori, Mimi Tamamori-Adachi, Mitsuaki Isobe. Nitric oxide inhibits ischemia/reperfusion-induced myocardial apoptosis by modulating cyclin A-associated kinase activity. Cardiovasc. Res.. 2003.08; 59 (2): 308-320. ( PubMed )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 前嶋康浩. 循環器内科診療最新ガイドライン 2021–22. 総合医学社, 2020.11 炎症性大動脈疾患(VIII. 大動脈疾患) (ISBN : 978-4-88378-724-1)

  • 前嶋康浩. 循環器疾患 最新の治療 2020-2021. 南江堂, 2020.01 高安動脈炎 (ISBN : 978-4-524-24976-3)

  • 前嶋康浩. 『日本医師会雑誌』 第148巻・特別号(1)(生涯教育シリーズ 96)指定難病ペディア2019. 日本医師会/診断と治療社, 2019.06 高安動脈炎 (ISBN : 9784787824165)

  • 前嶋康浩. 『日本医師会雑誌』 第148巻・特別号(2)(生涯教育シリーズ 97)動脈硬化診療のすべて. 日本医師会/南江堂, 2019.06 (ISBN : 978-4-524-22755-6)

  • 前嶋康浩. 循環器臨床のリアルワールド[2] - 循環器専門医志望者編 - . MEDSi, 2017.09 左冠動脈主幹部の急性心筋梗塞による心原性ショックをきたした1例/心筋生検により心アミロイドーシスと診断された1例 (ISBN : 978-4-89592-896-0)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 前嶋康浩. 抗凝固療法と動脈硬化〜基礎研究の知見から〜. 日本不整脈心電学会カテーテルアブレーション関連秋季大会2021スポンサードセミナー3 2021.09.23 神奈川県横浜市

  • Yasuhiro Maejima. The Critical Role of Single Nucleotide Polymorphism of MLX Gene in the Pathogenesis of Large Vessel Vasculitis by Promoting Brown Adipose Tissue-Mediated Inflammatory Response in Mice. 第85回日本循環器学会学術集会 2021.03.27 神奈川県横浜市

  • Yasuhiro Maejima. Impairment of the Protein Quality Control Systems Leads to the Pathogenesis of Heart Failure. 第85回日本循環器学会学術集会 2021.03.27 神奈川県横浜市

  • 前嶋康浩. 急性心筋炎の診断と治療 〜東京における急性心筋炎に対する現状をもとに〜. 第40回東京CCU研究会   2020.12.12 東京都中央区

  • 前嶋康浩. 高安動脈炎の診療におけるPET-CTの役割. 第60回日本核医学会学術総会  2020.11.14 兵庫県神戸市

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • クライオEM Gateway研究サポートファンド ピッチコンテスト 金賞,東京医科歯科大学オープンイノベーション機構,2020年03月

  • Star Reviewer 2017, American Physiological Society,American Physiological Society,2018年11月

  • 第20回日本適応医学会学術集会優秀発表賞,日本適応医学会,2016年12月

  • 平成26年度東京都医師会医学研究賞,東京都医師会,2015年03月

  • 平成25年度東京医科歯科大学医師会賞,東京医科歯科大学医師会,2014年03月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度科学研究費補助金,2020年04月

    文部科学省 科研費:基盤研究C [代表]

  • 「MLX遺伝子の一塩基変異が高安動脈炎の悪化の原因となる分子メカニズムを解明」― 新規診断・治療法の開発に期待 ―,2018年10月

    Circulation: Genomic and Precision Medicine

  • 平成29年度科学研究費補助金,2017年04月

    文部科学省 科研費:基盤研究C [代表]

  • 平成29年度大山健康財団研究助成,2017年03月

    大山健康財団

  • 平成27年度持田記念医学薬学振興財団研究助成,2015年11月

    持田記念医学薬学振興財団

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 未来がん医療プロフェッショナル養成プラン講義:腫瘍循環器学,2020年 - 現在

  • 歯学部歯学科臨床講義:高血圧・動脈硬化・弁疾患,2019年 - 現在

  • 3年次ブロック講義:循環器:身体所見,2018年 - 現在

  • 4年次プレクラークシップ:臨床推論(呼吸困難),2018年 - 現在

  • 3年次ブロック講義:循環器:心不全,2018年

全件表示 >>

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学生教育主任,2017年04月 - 現在

  • 「平成27年度第37回共用試験医学系OSCE評価者認定講習会」修了,2015年10月

  • 「平成18年度東京医科歯科大学医学部附属病院指導医講習会」修了,2007年02月

  • 「臨床実習III(クリニカルクラークシップIII)のプログラム策定について」の教員研修終了,2006年10月

  • 「平成18年度新規採用教員研修会」修了,2006年06月

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 東京都難病指定医,2015年07月 - 現在

  • 日本内科学会認定教育施設指導医,2014年04月 - 現在

  • 東京医科歯科大学医学部循環器内科教室医局長,2014年04月 - 2015年03月

  • 東京都身体障害者福祉法第15条指定医師(心臓機能障害),2013年08月 - 現在

  • 文部科学省「医学部・大学病院の教育・研究活性化及び地域・へき地医療支援人材の確保」事業参加医師,2012年10月 - 2013年07月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Reviewer(査読):Circulation Research,2013年10月 - 現在

  • Reviewer(査読):Autophagy,2013年06月 - 現在

  • Reviewer(査読):Scientific Reports,2015年10月 - 現在

  • Reviewer(査読):Journal of Molecular and Cellular Cardiology,2014年05月 - 現在

  • Reviewer(査読):American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology,2012年06月 - 現在

全件表示 >>