基本情報

写真a

三浦 宏之(ミウラ ヒロユキ)

MIURA Hiroyuki


職名

教授

研究分野・キーワード

咬合、咀嚼機能、歯冠修復、生体材料、審美修復、CAD/CAM、金属アレルギー

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1980年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  1986年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1974年04月
    -
    1980年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 歯学科 学生
  • 1980年04月
    -
    1981年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 歯科補綴学第2講座 専攻生
  • 1981年04月
    -
    1982年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 歯科補綴学第2講座 医員(歯病)
  • 1982年04月
    -
    1986年03月
    東京医科歯科大学 大学院生
  • 1986年04月
    -
    1987年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 歯科補綴学第2講座 医員(歯病)

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 非常勤講師
  • 1989年04月
    -
    1991年09月
    ドイツ連邦共和国チュービンゲン大学 補綴科 フンボルト財団研究奨学生
  • 2001年04月
    -
    現在
    東北大学 歯学部 非常勤講師
  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    徳島大学 歯学部 非常勤講師
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    米国ノースカロライナ大学 歯学部 客員教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本先進インプラント医療学会

  • 日本歯科審美学会

  • 日本接着歯学会

  • 日本歯科理工学会

  • IADR

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年05月
    -
    2015年05月
    文部科学省 歯科医師国家試験委員
  • 2011年04月
    -
    現在
    日本歯科材料器械研究協議会 ISO/TC 106/SC 9分科会委員
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京都 歯科技工士国家試験委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴・理工系歯学

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Chiharu Shin, Daizo Okada, Reiko Ogura, Ling Huang, Kunihiko Mizusawa, Keiichi Yoshida, and Hiroyuki Miura. . Stress distribution in crown and root dentin associated with different crown materials and thicknesses. Asian Pacific Journal of Dentistry. 2019.12; 19 (2): 71-76.

  • Hayashi K, Nozaki K, Tan Z, Fujita K, Nemoto R, Yamashita K, Miura H, Itaka K, Ohara S. Enhanced Antibacterial Property of Facet-Engineered TiO<sub>2</sub> Nanosheet in Presence and Absence of Ultraviolet Irradiation. Materials (Basel, Switzerland). 2019.12; 13 (1): ( PubMed, DOI )

  • Asano Rana, Otake Shiho, Nozaki Kosuke, Yoshida Keiichi, Miura Hiroyuki. Effect of elapsed time after air abrasion on bond strength of luting agent to CAD/CAM resin blocks JOURNAL OF ORAL SCIENCE. 2019.09; 61 (3): 459-467. ( PubMed, DOI )

  • Rikitoku S, Otake S, Nozaki K, Yoshida K, Miura H. Influence of SiO<sub>2</sub> content of polyetheretherketone (PEEK) on flexural properties and tensile bond strength to resin cement. Dental materials journal. 2019.06; 38 (3): 464-470. ( PubMed, DOI )

  • 三浦 宏之. CAD/CAM冠の支台歯形成と歯髄保護 日本補綴歯科学会誌. 2019.05; 11 (特別号): 125. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 三浦 宏之. 今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 第4版. 医学書院, 2018.05 金属アレルギー (ISBN : 978-4-260-03452-4)

  • 三浦 宏之. クラウンブリッジテクニック 第2版. 医歯薬出版, 2018.03 (ISBN : 978-4-263-45816-7)

  • 三浦 宏之. 最新歯科技工士教本 歯科技工実習. 医歯薬出版, 2017.04 歯周治療における歯科技工 (ISBN : 978-4-263-43171-9)

  • 三浦 宏之. 新よくわかる顎口腔機能 咬合・摂食嚥下・発音を理解する. 医歯薬出版, 2017.02 機能時の歯の動揺 (ISBN : 978-4-263-44489-4)

  • 三浦 宏之. 歯科アレルギーNOW 疾患の基礎と臨床のエッセンシャル. デンタルダイヤモンド社, 2016.04 最新のメタルフリー修復 (ISBN : 978-4-88510-351-3)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 粠田恵梨華,根本怜奈,大森 哲,野﨑浩佑,瀧田美奈,三浦宏之. 歯槽骨吸収症例におけるジルコニア接着ブリッジ装着時の歯周組織への影響. 2019.12.08 昭和大学上條記念館

  • 松村茉由子,野崎浩佑,谷中 航,根本怜奈,瀧田美奈,松村光明,三浦宏之. CAD/CAM冠作製時の切削加工条件が機械的強度に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会 東京支部第23回学術大会 2019.12.08 昭和大学上條記念館

  • 野﨑浩佑,林建一郎,小若泰之,三原朋之,根本怜奈,三浦宏之. 暗所下におけるチタニアナノシートのレドックス活性効果. 日本補綴歯科学会 東京支部第23回学術大会 2019.12.08 昭和大学上條記念館

  • 進 千春,岡田大蔵,瀧田美奈,小椋麗子,水澤邦彦,黄 玲,Omnia Ismail Mohamed Saleh,三浦宏之. クラウンの材質および厚みが支台歯歯根内応力分布に与える 影響. (公社)日本補綴歯科学会 第23回東京支部学術大会 2019.12.08 東京

  • 野崎 浩佑,林 建一郎,譚 振権,山下 仁大1三浦 宏之,大原 智,位髙 啓史. 高次構造制御チタニアナノシートによる暗所下における抗菌活性の向上. 第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019.11.26

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Best Student SCMBB Awards,2015年10月

  • Best Student IBB Awards,2015年10月

  • Best Student IBB Awards,2015年10月

  • 課題口演コンペティション優秀賞,第117回日本補綴歯科学会学術大会,2008年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会東京支部総会· 第19 回学術大会,2015年11月

    大会長

  • 第6回日本メタルフリー学会,2014年11月

    大会長

  • 第3 回日本デジタル歯科学会学術大会,2012年04月

    大会長

  • 日本歯科技工学会第33回学術大会,2011年10月

    大会長

  • 第39回日本顎口腔機能学会,2007年10月

    実行委員長

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医歯工連携セミナー 「」,2015年

  • ボーダレスコース特論「組織工学コース」,2012年 - 現在

  • 課題統合セミナー・歯科と色,2010年 - 現在

  • う蝕と歯髄疾患・審美的なクラウン修復,2010年 - 現在

  • う蝕と歯髄疾患・クラウン修復,2010年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 人体機能学 「顎・口腔機能生理学」,東京工業大学

  • 歯科補綴学 「機能的な咬合面形態を回復するために」,東北大学

  • 歯科補綴学 「機能的な咬合面形態を回復するために」,九州大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 紙上健康相談「からだの質問箱」の寄稿,読売新聞社,読売新聞朝刊生活面「からだの質問箱」,2020年07月21日