基本情報

写真a

森田 彩子(モリタ アヤコ)

MORITA Ayako


職名

講師

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(医科学)  

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 助教
  • 2018年04月
    -
    2018年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 助教
  • 2018年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2017年03月
    社団法人すみだ医師会立看護専門学校専門課程 非常勤講師
  • 2011年04月
    -
    2011年10月
    東京大学 人類生態学教室 特任研究員
  • 2011年11月
    -
    2012年07月
    東京大学 人類生態学教室 特任助教
  • 2015年01月
    -
    現在
    公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団研究部 客員研究員
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 薬草の栽培利用を活用したまちづくりの認知症予防効果に関する実証的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 地域の社会的凝集性、集団的エフィカシーならびに帰属意識が健康リスクを低減する効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 認知症は人から人へ伝播するか? 地域高齢者コホートにおける実証的縦断研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Morita A, Matsuyama Y, Isumi A, Doi S, Ochi M, Fujiwara T. Association between grandparent co-residence, socioeconomic status and dental caries among early school-aged children in Japan: A population-based prospective study. Scientific reports. 2019.08; 9 (1): 11345. ( PubMed, DOI )

  • Morita A, Ochi M, Isumi A, Fujiwara T. Association between grandparent coresidence and weight change among first-grade Japanese children. Pediatric Obesity. 2019.08; 14 (8): e12524. ( PubMed, DOI )

  • Nishizawa T, Morita A, Fujiwara T, Kondo K. Association between Childhood Socioeconomic Status and Subjective Memory Complaints Among Older Adults: Results from the Japan Gerontological Evaluation Study 2010. INTERNATIONAL PSYCHOGERIATRICS. 2019.07; 1-9. ( PubMed, DOI )

  • Morita A, O'Caoimh R, Murayama H, Molloy DW, Inoue S, Shobugawa Y, Fujiwara T. Validity of the Japanese Version of the Quick Mild Cognitive Impairment Screen. International journal of environmental research and public health. 2019.03; 16 (6): ( PubMed, DOI )

  • 福屋 吉史, 伊角 彩, 越智 真奈美, 土井 理美, 森田 彩子, 木津喜 雅, 藤原 武男. 小学校2年児の登校しぶりと家庭内のリスク要因 A-CHILD縦断研究 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2018.10; 77回 226. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 森田彩子. 過疎農村集落の健康管理エフイカシーの強化に生薬まちづくりがもたらす効果評価. ユニベール財団, 2016.05

  • JUSTIN PULFORD, PATRICIA RARAU, GWENDALYN VENGIAU, HEBE GOUDA, SUPARAT PHUANUKOONNON & SCIENTIFIC ADVISORY BOARD MEMBERS. THE PREVALENCE OF NON-COMMUNICABLE DISEASE RISK FACTORS IN THREE SITES ACROSS PAPUA NEW GUINEA: A CROSS-SECTIONAL STUDY. PNGIMR, 2015.08

  • 兪 今、森田 彩子、安 順姫、黒澤 侑子 他. 府中市介護予防事業評価システムの開発および調査・研究事業(平成24年度)「うつ予防教室の事業評価報告」. 2014.03

  • 兪 今、森田 彩子、安 順姫、黒澤 侑子. 長岡市介護予防事業評価システムの開発および調査・研究事業(平成24年度)「うつ予防教室モデル事業評報告」. 2014.03

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 福屋 吉史, 伊角 彩, 越智 真奈美, 土井 理美, 森田 栄子, 藤原 武男. 小学校2年時の登校しぶりと小学校1年時の生活習慣との関連について A-CHILD縦断研究. 日本公衆衛生学会総会抄録集 2019.10.01

  • 森田彩子、藤原武男. 子ども時代の希死念慮が老年期うつ病に与える影響. 第29回日本疫学会学術総会 2019.02.02 東京

  • 森田彩子、葛西真理、千田佳子、加藤ゆり子、内柴佑基、高田純子、山本真澄、熊居慶一、中村馨、目黒謙一、青沼孝徳、藤原武男. 日本語版Quick Mild Cognitive Instrumentの構成概念妥当性の検討. 第29回日本疫学会学術総会 2019.02.01 東京

  • 福屋吉史、伊角彩、越智真奈美、土井理美、森田彩子、木津喜雅、藤原武男. 小学校2年児の投稿しぶりと家庭内のリスク要因:A-CHILD縦断研究. 第77回公衆衛生学会 2018.10.26

  • 森田彩子、藤原武男. MCIスクリーニング検査への受診行動および受診意図に影響する社会心理的要因の検討. 第77回公衆衛生学会総会 2018.10.25

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞,公衆衛生学会,2018年10月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 子ども時代の希死念慮があのリスクに,2019年02月

    子ども時代の希死念慮と老年期うつ病との関係性を一般向けサイトにて報告(https://kenko100.jp/articles/190221004784/#gsc.tab=0)

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 人間と環境,墨田医師会看護専門学校