基本情報

写真a

緒方 泰子(オガタ ヤスコ)

OGATA Yasuko


職名

教授

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  保健学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  健康科学・看護学専攻  博士課程  修了

  • 東京大学  医学系研究科  健康科学・看護学専攻  修士課程  修了

  • McGill University  International Masters for Health Leadership (IMHL)  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学)  東京大学

  • 修士(保健学)  東京大学

  • Master of Management  McGill University

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年08月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 教授
  • 2012年08月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 高齢社会看護ケア開発学 高齢社会看護ケア開発学 教授
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護キャリアパスウェイ教育研究センター センター長
  • 2020年04月
    -
    2021年04月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 高齢社会看護ケア開発学 高齢社会看護ケア開発学分野 教授
  • 2021年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 高齢社会看護システム管理学 高齢社会看護システム管理学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年
    -
    2001年
    日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2001年
    -
    2003年
    ハーバード大学公衆衛生大学院 客員研究員
  • 2002年
    -
    2003年
    日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2003年
    -
    2007年
    千葉大学大学院 看護学研究科 講師
  • 2007年
    -
    2012年
    千葉大学大学院 看護学研究科看護システム管理学専攻 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医療・病院管理学会

  • 日本看護評価学会

  • 日本看護管理学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本看護科学学会

  • 日本看護研究学会

  • 日本老年看護学会

▼全件表示

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 保健師

  • 看護師

  • 養護教諭一種

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Healthy Work Environmentを実現する看護管理モデルの開発,2016年04月 - 2019年03月

  • ミドルマネジャーによる看護組織変革に向けたコミュニティシップ測定への挑戦,2016年04月 - 2018年03月

  • 自治体のミドルマネジャー保健師の役割行動指針の作成と学習支援プログラムの構築,2016年04月 - 2020年03月

  • 地域包括ケアにおける連携・協働のコア学習内容に基づいた個別学習プログラムの開発,2016年04月 - 2019年03月

  • 看護管理者の新たな戦略的学習プログラムの開発:コミュニティの醸成による組織の変革,2014年04月 - 2016年03月

  • 看護職のHealthy Work Environment特性の解明と管理者支援 ,2012年04月 - 2015年03月

  • 訪問看護サービスの提供実績にもとづく新たな質評価指標の開発:IT活用による挑戦,2012年04月 - 2014年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 看護組織の協働学習型マネジメント力育成システムの開発:教育プラットフォームの創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 高齢者ケアにおけるクリエイティビティ評価尺度の開発:組織のマグネティズムの創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2020年

  • ミドルマネジャーによる看護組織変革に向けたコミュニティシップ測定への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • Healthy Work Environmentを実現する看護管理モデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 地域包括ケアにおける連携・協働のコア学習内容に基づいた個別学習プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • ミドルマネジャーによる看護組織変革に向けたコミュニティシップ測定への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 地域包括ケアを担う看護師育成のための標準指導要領作成の基礎研究

    厚生労働省 : 2015年07月 - 2016年03月

  • 看護管理者の新たな戦略的学習プログラムの開発:コミュニティの醸成による組織の変革

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 看護職のHealthy Work Environment特性の解明と管理者支援

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 訪問看護サービスの提供実績にもとづく新たな質評価指標の開発:IT活用による挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • Healthy Work Environmentを実現する看護管理モデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 看護職のHealthy Work Environment特性の解明と管理者支援

    文部科学省/日本学術振興会

  • 自治体のミドルマネジャー保健師の役割行動指針の作成と学習支援プログラムの構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • 高齢者訪問看護質指標を用いたインターネット訪問看護支援システムの有効性検討

    文部科学省/日本学術振興会

  • 看護組織の協働学習型マネジメント力育成システムの開発:教育プラットフォームの創成

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yasuko Ogata, Miki Sasaki, Yoshie Yumoto, Yuki Yonekura, Midori Nagano, Katsuya Kanda. Reliability and validity of the practice environment scale of the nursing work index for Japanese hospital nurses. Nursing Open. 2018.07; 5 (3): 362-369. ( PubMed, DOI )

  2. Kentaro Sugimoto, Yasuko Ogata, Masayo Kashiwagi, Haruka Ueno, Yoshie Yumoto, Yuki Yonekura. Factors associated with deaths in 'Elderly Housing with Care Services' in Japan: a cross-sectional study. BMC Palliat Care. 2017.11; 16 (1): 58. ( PubMed, DOI )

  3. Noriko Morioka, Jun Tomio, Toshikazu Seto, Yoshie Yumoto, Yasuko Ogata, Yasuki Kobayashi. Association between local-level resources for home care and home deaths: A nationwide spatial analysis in Japan. PLoS ONE. 2018.09; 13 (8): e0201649. ( PubMed, DOI )

  4. Itoh S, Hikichi H, Murayama H, Ishimaru M, Ogata Y, Yasunaga H. Association between advanced care management and progression of care need level in long-term care recipients: retrospective cohort study. JMIR Aging. 2018.07; 1 (2): e11117. ( DOI )

  5. Takako Iwasaki, Noriko Yamamoto-Mitani, Kana Sato, Yoshie Yumoto, Maiko Noguchi-Watanabe, Yasuko Ogata. A purposeful Yet Nonimposing Approach: How Japanese Home Care Nurses Establish Relationships With Older Clients and Their Families. J Fam Nurs. 2017.11; 23 (4): 534-561. ( PubMed, DOI )

  6. Seira Takada, Yasuko Ogata, Yoshie Yumoto, Masaomi Ikeda. Implementation of an Advance Care Planning Inventory and Its Possible Effect on Quality of Dying: A Nationwide Cross-Sectional Study in Group Homes for Persons with Dementia in Japan Healthcare. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  7. Ayano Ito, Kana Sato, Yoshie Yumoto, Miki Sasaki, Yasuko Ogata. A concept analysis of psychological safety: Further understanding for application to health care. Nurs Open. 2021.10; ( PubMed, DOI )

  8. Ogata Yasuko, Sato Kana, Kodama Yoshimi, Morioka Noriko, Taketomi Kikuko, Yonekura Yuki, Katsuyama Kimiko, Tanaka Sachiko, Nagano Midori, Ito Yoichi M., Kanda Katsuya. Work environment for hospital nurses in Japan: The relationships between nurses' perceptions of their work environment and nursing outcomes NURSING OPEN. 2021.09; 8 (5): 2470-2487. ( PubMed, DOI )

  9. Ogata Yasuko, Fujinami Keiko, Itoh Sakiko, Kashiwagi Masayo, Lapreziosa Nobuko, Yonekura Yuki. Developing the nursing practice environment scale for home health care: A trial study in Japan NURSING OPEN. 2021.07; 8 (6): 3593-3605. ( PubMed, DOI )

  10. Nishikawa Yuri, Sato Kana, Mizuno Atsushi, Sasano Tetsuo, Yoshikawa Shunji, Ogata Yasuko. Realization and personalization by facing fatality: A grounded theory of developing the view of dying in people with heart failure JOURNAL OF ADVANCED NURSING. 2021.06; 77 (6): 2796-2806. ( PubMed, DOI )

  11. Morioka Noriko, Moriwaki Mutsuko, Tomio Jun, Fushimi Kiyohide, Ogata Yasuko. Dementia and patient outcomes after hip surgery in older patients: A retrospective observational study using nationwide administrative data in Japan PLOS ONE. 2021.04; 16 (4): e0249364. ( PubMed, DOI )

  12. Itoh Sakiko, Mori Takahiro, Jeon Boyoung, Morioka Noriko, Ito Tomoko, Jin Xueying, Ogata Yasuko, Tamiya Nanako. Comparison of progression of care-need levels among long-term care recipients with and without advanced care management in a rural municipality of Japan: A population-based observational study INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING STUDIES. 2021.01; 113 103804. ( PubMed, DOI )

  13. Kida R, Togari T, Yumoto Y, Ogata Y. The association between workplace social capital and authentic leadership, structural empowerment, and forms of communication as antecedent factors in hospital nurses: a cross-sectional multilevel approach Journal of Nursing Management. 2020.10; ( DOI )

  14. Sasaki M, Ogata Y,Morioka N,Yonekura Y,Yumoto Y,Kei Matsuura,Shinobu Nomura,Robert C. Liden. Reliability and validity of the Multidimensional Measure of Leader-Member Exchange Japanese version for staff nurses Journal of Nursing Management. 2020; ( DOI )

  15. Morioka N, Moriwaki M, Tomio J, Kashiwagi M, Fushimi K, Ogata Y. Structure and process of dementia care and patient outcomes after hip surgery in elderly people with dementia: A retrospective observational study in Japan. International journal of nursing studies. 2019.11; 102 103470. ( PubMed, DOI )

  16. Morioka N, Okubo S, Yumoto Y, Ogata Y. Training opportunities and the increase in the number of nurses in home-visit nursing agencies in Japan: a panel data analysis. BMC health services research. 2019.06; 19 (1): 398. ( PubMed, DOI )

  17. Yoshie Yumoto, W George Kernohan, Noriko Morioka, Yasuko Ogata. International reflections on caring for people with advanced dementia. Public Health Nurs. 2019.03; 36 (2): 192-198. ( PubMed, DOI )

  18. Nagano, Midori; Ogata, Yasuko; Ikeda, Masaomi; Tsukada, Kunio; Tokunaga, Keiko; Iida, Satoru. Peristomal Moisture-Associated Skin Damage and Independence in Pouching System Changes in Persons With New Fecal Ostomies Journal of Wound, Ostomy & Continence Nursing. 2019.03; 46 (2): 137-142.

  19. Yumiko Oyama, Masayo Kashiwagi, Yasuko Ogata and Yumiko Hoshishiba. Factors Associated With the Use of the Reactive Approach to Preventing Patient Safety Events Home Health Care Management & Practice. 2016.12; ( DOI )

  20. Kentaro Sugimoto, Yasuko Ogata, Masayo Kashiwagi. Factors promoting resident deaths at aged care facilities in Japan: a review. Health Soc Care Community. 2016.10; ( PubMed, DOI )

  21. Mayuko Tsujimura, Kazuko Ishigaki, Noriko Yamamoto-Mitani, Junko Fujita, Naoko Katakura, Yasuko Ogata, Yuki Mochizuki, Yuko Okamoto, Yuko Shinohara. Cultural characteristics of nursing practice in Japan. Int J Nurs Pract. 2016.04; 22 Suppl 1 56-64. ( PubMed, DOI )

  22. Shima Sakai, Noriko Yamamoto-Mitani, Yukari Takai, Hiroki Fukahori and Yasuko Ogata. Developing an instrument to self-evaluate the Discharge Planning of Ward Nurses Nursing Open. 2015.09; ( DOI )

  23. Yasuko Torimoto-Sasai, Ayumi Igarashi, Takashi Wada, Yasuko Ogata, Noriko Yamamoto-Mitani. Female family caregivers face a higher risk of hypertension and lowered estimated glomerular filtration rates: a cross-sectional, comparative study. BMC Public Health. 2015; 15 177. ( PubMed, DOI )

  24. 佐々木 美樹, 湯本 淑江, 森岡 典子, 米倉 佑貴, 上野 治香, 緒方 泰子. 看護師長のリーダーシップとスタッフ看護師のエンパワーメントの関係 文献検討 日本医療・病院管理学会誌. 2018.07; 55 (3): 133-142. ( DOI 医中誌 )

  25. 山崎 彩香, 藤波 景子, 湯本 淑江, 上村 聖果, 霜越 多麻美, 森 陽子, 緒方 泰子. 看護スタッフが必要としている支援と看護師長が提供している支援 日本医療・病院管理学会誌 . 2017.10; 54 (4): 223-230. ( 医中誌 )

  26. 杉田 由加里, 石丸 美奈, 松下 光子, 石川 麻衣, 井出 成美, 緒方 泰子. 保健所保健師の業務研究への取組みに関する実態調査 千葉大学大学院看護学研究科紀要. 2018.03; (40): 27-34. ( 医中誌 )

  27. 平谷 七美, 森岡 典子, 佐々木 美樹, 湯本 淑江, 緒方 泰子. 介護保険施設における身体拘束実施の施設要因及び各都道府県の身体拘束実施割合の比較 日本看護評価学会誌. 2018.12; 8 (1): 11-19.

  28. Yumoto Yoshie, Hiroyama Natsuko, Sasaki Miki, Fujinami Keiko, Otsuka Saki, Togari Taisuke, Edvardsson David, Ogata Yasuko. Reliability and validity of the Japanese version of the Person-Centered Care Assessment Tool GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  29. 藤波 景子, 佐々木 美樹, 緒方 泰子. 【心理的安全性 個々の強みを生かし,変化への適応力が高いチームをつくる】新人看護師が率直に意見や疑問を言える心理的に安全な環境とは 2年目看護師のインタビューから 看護管理. 2021.05; 31 (5): 402-407. ( 医中誌 )

  30. 緒方 泰子. 【心理的安全性 個々の強みを生かし,変化への適応力が高いチームをつくる】看護管理者にとっての心理的安全性の意義,活用可能性と課題 看護管理. 2021.05; 31 (5): 388-391. ( 医中誌 )

  31. 湯本淑江, 緒方泰子. 認知症終末期における苦痛症状マネジメントの動向と尺度の開発経過 地域ケアリング. 2020.10; 22 (11): 64-67. ( 医中誌 )

  32. 大河原知嘉子, 森岡典子, 柏木聖代, 緒方泰子. 東京都の訪問看護事業所における教育・研修の実態と事業所規模との関連-テキストマイニングを用いた混合研究法による分析- 日本プライマリ・ケア連合学会誌. 2019.06; 42 (2): 85-91. ( DOI )

  33. 杉田 由加里, 緒方 泰子, 石丸 美奈, 田中 美延里, 石川 麻衣, 松下 光子. 自治体のミドルマネジャー保健師の役割行動指針の実用性の検討 日本看護科学学会学術集会講演集. 2018.12; 38回 [O54-1]. ( 医中誌 )

  34. 森岡 典子, 大河原 知嘉子, 緒方 泰子. 東京都の小規模訪問看護事業所における教育・研修の特徴 テキストマイニングを用いた混合研究法 日本看護科学学会学術集会講演集. 2018.12; 38回 [O24-3]. ( 医中誌 )

  35. 緒方 泰子. 【多様な「働き方」とメンタルヘルス】 マグネットホスピタルの特性からみた看護職をひきつける職場環境 産業精神保健. 2018.06; 26 (特別号): 13-17. ( 医中誌 )

  36. 緒方 泰子. 医療安全に学ぶ働き方改革 Healthy Work Environmentが働き方に及ぼす影響 安全医学. 2018.05; 15 (増刊号): 39. ( 医中誌 )

  37. 長井聡子,湯本淑江,森岡典子,緒方泰子. 中堅看護師の看護キャリアレディネス尺度の開発:高齢化社会を支える看護職の量的確保と医療の質向上に向けて 公益財団法人 政策医療振興財団 研究助成事業報告書(平成29年度). 2018; 177-184.

  38. 内堀 真弓, 山崎 智子, 本田 彰子, 矢富 有見子, 田上 美千佳, 緒方 泰子, 森田 久美子, 井上 智子. 地域包括ケアを担う看護師育成のための臨地実習教育に関する実態調査(報告1) 実習指導体制からの検討 日本看護科学学会学術集会講演集. 2017.12; 37回 [PF-71. ( 医中誌 )

  39. 杉田 由加里, 緒方 泰子, 石丸 美奈, 田中 美延里, 石川 麻衣. 管理的立場にある看護職の役割遂行をめざした学習を促進する条件に関する文献検討 日本看護科学学会学術集会講演集. 2017.12; 37回 [O03-4]. ( 医中誌 )

  40. 山崎 智子, 内堀 真弓, 本田 彰子, 矢富 有見子, 田上 美千佳, 緒方 泰子, 森田 久美子, 井上 智子. 地域包括ケアを担う看護師育成のための臨地実習教育に関する実態調査(報告2) 実習方法改善に向けて 日本看護科学学会学術集会講演集. 2017.12; 37回 [PF-71. ( 医中誌 )

  41. 太田 沙紀子, 引地 博之, 村山 洋史, 石丸 美穂, 緒方 泰子, 康永 秀生. 特定事業所の居宅介護支援サービスと要介護度に関するコホート研究 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2017.10; 76回 344. ( 医中誌 )

  42. 小林 永治, 上野 治香, 佐々木 美樹, 木田 亮平, 湯本 淑江, 石川 ひろの, 緒方 泰子. インターネットを利用して医療情報を収集する医療利用者の特性 外来通院する糖尿病患者を対象に 日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集. 2017.09; 9回 36. ( 医中誌 )

  43. 緒方 泰子, 森岡 典子, 湯本 淑江, 勝山 貴美子, 田中 幸子, 菅田 勝也. 看護実践環境による看護職者の離職意向・離職行動への影響 マルチレベル分析による検討 日本医療・病院管理学会誌. 2017.09; 54 (Suppl.): 87. ( 医中誌 )

  44. 木田 亮平, 藤波 景子, 湯本 淑江, 戸ヶ里 泰典, 緒方 泰子. 女性看護師における仕事役割・家庭役割の多重役割とバーンアウトの関連 日本医療・病院管理学会誌. 2017.09; 54 (Suppl.): 152. ( 医中誌 )

  45. 今中 雄一, 池田 俊也, 寺崎 仁, 上條 由美, 廣瀬 昌博, 白髪 昌世, 緒方 泰子, 原 広司, 田中 将之, 大野 達也. 医療管理におけるコンピテンシーの枠組みの整理 日本医療・病院管理学会誌. 2017.09; 54 (Suppl.): 78. ( 医中誌 )

  46. 佐々木 美樹, 湯本 淑江, 緒方 泰子. スタッフ看護師を心理的にエンパワーする看護師長の行動 インタビュー調査 日本医療・病院管理学会誌. 2017.09; 54 (Suppl.): 153. ( 医中誌 )

  47. 前田 留美, 岩岡 文絵, 太田 沙紀子, 本田 彰子, 緒方 泰子. 「インストラクショナル・デザインを用いた施設の問題解決に向けた教育プログラム」の作成支援 日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集. 2017.03; 9回 81-82. ( 医中誌 )

  48. 上野 治香, 米澤 奈緒, 佐々木 美樹, 木田 亮平, 湯本 淑江, 雨宮 輝美, 本村 美和, 緒方 泰子. 認定看護師による摂食・嚥下障害に関するスタッフ育成活動の実態と困難 日本看護評価学会学術集会講演抄録集. 2017.02; 7回 32. ( 医中誌 )

  49. 泉 日向子, 湯本 淑江, 佐々木 美樹, 木田 亮平, 上野 治香, 緒方 泰子. 高齢認知症患者における観察式痛み評価スケールの文献検討 日本看護評価学会学術集会講演抄録集. 2017.02; 7回 39. ( 医中誌 )

  50. 西岡みどり,網中眞由美,緒方泰子. 伴侶動物との生活が心臓血管疾患リスクに与える影響:文献検討 国立看護大学校研究紀要. 2017.01; 16 (1): 40-45.

  51. 永野 みどり, 緒方 泰子, 池田 正臣, 塚田 邦夫, 徳永 惠子. 直腸癌によるストーマ造設術の局所合併症 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌. 2017.01; 33 (1): 225. ( 医中誌 )

  52. 齋藤 千晶,藤波 景子,湯本 淑江,佐々木 美樹,上野 治香,緒方 泰子. 看護師長が看護部長に求めている支援 2016.12;

  53. Leslie Breitner,(訳)緒方泰子,湯本淑江. よりよいヘルスケアの実現に向けて道筋をリードする IMHLを通じて世界へ 看護研究. 2015.12; 48 (7): 720-726.

  54. 田中幸子, 後藤彩花, 緒方泰子, 湯本淑江, 霜越多麻美, 勝山貴美子, 永野みどり. 病院で働く看護職者が就業継続のために求める職場環境 日本看護評価学会誌. 2015; 5 (1): 11-18.

  55. 三谷佳子, 永野みどり, 緒方泰子, 岡本有子, 五十嵐歩. 介護老人福祉施設における褥瘡対策に関する職員教育の実態とその関連要因 厚生の指標. 2015; 62 (5): 20-26.

  56. 緒方泰子, 湯本淑江, 佐藤可奈, 橋本廸生. 訪問看護を利用する立場からみた訪問看護サービスに関する“経験”頻度と質評価との関連 日本看護評価学会誌. 2014.12; 4 (1): 1-11.

  57. 緒方泰子. 看護職のHealthy Work Environmentの探求 マグネット病院特性からみたHealthy Work Environment 日本看護評価学会誌. 2014.12; 4 (1): 32-34.

  58. 緒方泰子,乙坂 佳代. すばらしい訪問看護の実践をどうやって第三者に伝えるか? 訪問看護活動の質評価とデータベース化の必要性 訪問看護と介護. 2014.11; 19 (11): 891-896.

  59. 緒方泰子. マグネットホスピタル 病院設備. 2014.09; 56 (5): 86-90.

  60. 緒方泰子. 看護職が働き続けるために必要な職場環境のあり方 マグネット病院の特性を反映した尺度による調査から見えてきたこと 日本看護研究学会雑誌. 2014.04; 37 (1): 42-45.

  61. 水村純子,吉本照子,緒方泰子. 一地域包括支援センターにおける包括的ケアに向けたケースカンファレンスの基準づくり 保健医療科学. 2014; 63 (2): 150-158.

  62. 玉根 幸恵, 五十嵐 歩, 緒方 泰子, 岡本 有子, 山本 宗孝. 脳卒中急性期病棟における脳梗塞クリニカルパスの使用状況と早期離床に関わる看護ケアの実態 日本クリニカルパス学会誌. 2014; 16 (3): 239-246.

  63. 永野みどり,緒方泰子,徳永恵子,石久保雪江,石田陽子. 皮膚・排泄ケア認定看護師の病院における褥瘡ケアの質に対する主観的影響力と褥瘡の発生率からみた効果的な褥瘡対策 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌. 2014; 18 (3): 293-304.

  64. Ogata Yasuko, Nagano Midori, Fukuda Takashi, Hashimoto Michio. [Job retention and nursing practice environment of hospital nurses in Japan applying the Japanese version of the Practice Environment Scale of the Nursing Work Index (PES-NWI)]. Nihon Koshu Eisei Zasshi. 2011.06; 58 (6): 409-419. ( PubMed )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Sachiko Tanaka, Yasuko Ogata, Kimiko Katsuyama, Midori Nagano and Yoshie Yumoto. Environmental factors of Japanese nurses to continue working healthily. The International Nursing Research Conference 2017 2017.10.20 Bangkok (Thailand)

  2. Seira Takada, Yoshie Yumoto, Noriko Morioka, Yasuko Ogata. The Components of the Advance Care Planning Process for People with Dementia in a Facility-based Setting: A Scoping Review. Aging & Society: Eighth Interdisciplinary Conference 2018.09.19 Tokyo

  3. W. George Kernohan, Yoshie Yumoto, Noriko Morioka, Yasuko Ogata. Tokyo vs Belfast: comparisons in the care of people with advanced dementia . Dementia: Transforming the Journey - Prevention, Treatment and Quality of Life 2018.05.17 Dublin

  4. Satoko NAGAI, Yasuko OGATA,Takeshi YAMAMOTO. The structure of Antecedent Factors for Work Engagement for nurses in Japan: Reliability and Validity. American Psychological Association 2021 Virtual Convention 2021.08.13

  5. Kana Sasai, Yasuko Ogata, Yoshie Yumoto and W. George Kernohna . OUTCOMES OF INTERGENERATIONAL PROGRAMS BETWEEN INSTITUTIONALIZED OLDER PEOPLE AND CHILDREN: A SCOPING REVIEW. 24TH EAST ASIAN FORUM OF NURSING SCHOLARS 2021.04.15 Philippines Web開催

  6. Sakiko Itoh, Hwee-Pink Tan, Kenichi Kudo, Yasuko Ogata. Impact of a sensing system on mental burden among nursing care providers in a nursing home. 11th Biennial Conference of the Asia-Pacific Association for Medical Informatics (APAMI 2020) 2020.11.22 HAMAMATSU

  7. 緒方 泰子, 佐々木 美樹, 佐藤 可奈, 藤波 景子, 湯本 淑江, 米倉 佑貴, 戸ヶ里 泰典. 看護師長のストレス対処能力Sense of Coherence(SOC)と職場環境特性等との関連. 第58回日本医療・病院管理学会学術総会 2020.10.02 福岡(オンライン)

  8. 森岡典子, 大河原知嘉子, 緒方泰子. 東京都の小規模訪問看護事業所における教育・研修の特徴~テキストマイニングを用いた混合研究法~. 第38回日本看護科学学会学術集会 2018.12.15 愛媛

  9. Itoh S, Sandoval FA, Nomura S, Ishimaru M, Ogata Y, Yasunaga H. Practice patterns and clinical outcomes with advanced and conventional care management in community-based care: a classification and regression tree (CART) analysis. Asia-Pacific Association for Medical Informatics (APAMI) 2018.10.11 Colombo, Sri Lanka

  10. Itoh S, Tan HP, Kudo K, Ihori M, Sudoh O, Ogata Y. Comparison of work burden on nursing care providers with and without a sensing system: an empirical study. 7th International Conference on Global Telehealth 2018.10.10 Colombo, Sri Lanka

  11. Nagano M., Ogata Y., Ikeda M., Tsukada K., Tokunaga K., Iida S.. Risk factors living with an ostomy from rectal cancer based on peristomal erosion. WOUND REPAIR AND REGENERATION 2018

  12. Yasuko Ogata, Yoshie Yumoto, Kimiko Katsuyama, Midori Nagano, Sachiko Tanaka, & Yuki Yonekura. The Relationship between Practice Environment and Intention to Remain for Japanese Hospital Nurses. Boston 2017 Congress - International Health Economics Association (iHEA) 2017.07.08 Boston (USA)

  13. Satoko NAGAI, Yoshie YUMOTO, Yasuko OGATA. A Literature Review on Work Engagement Among Nurses in Hospitals. Work, Stress and Health 2017 2017.06.10 Minneapolis Minnesota

  14. Midori Nagano, Yasuko Ogata, Masaomi Ikeda, Kunio Tsukada, Keiko Tokunaga, Satoru Iida. Risk factors associated with an ostomy from rectal cancer based on independence in changing ostomy appliances and peristomal irritant dermatitis. The Wound Ostomy Continence Society 49th Annual Conference 2017.05.19 Salt Lake City(USA)

  15. Sachiko Tanaka, Yasuko Ogata, Midori Nagano, Kimiko Katsuyama, & Yoshie Yumoto. Healthy Work Environments for Retention of Hospital Nurses in Japan. Sigma Theta Tau International - Creating Healthy Work Environments 2017.03.18 Indianapolis (USA)

  16. Yasuko Ogata, Kimiko Katsuyama, Sachiko Tanaka, Midori Nagano, Yoshie Yumoto, & Masaomi Ikeda. Characteristics of the Nursing Practice Environment related to Creating Healthy Work Environments for Nurses. Sigma Theta Tau International - Creating Healthy Work Environments 2017.03.18 Indianapolis (USA)

  17. Kana Sato, Yasuko Ogata , Yoshimi Kodama, Kimiko Katsuyama, Sachiko Tanaka, Midori Nagano, & Katsuya Kanda. The Impact of Workplace Bullying on The Health and Performance of Nurses in Japan. The 20th East Asian Forum of Nursing Scholars 2017.03.09 Hong Kong (China)

  18. Yukari Sugita, Mina Ishimaru, Narumi Ide, Mitsuko Matsushita, Mai Ishikawa, Yasuko Ogata. Promoting continuous practice research among public health nurses in public health organizations. The 19th East Asian Forum of Nursing Scholars 2016.03.15

  19. Rumi Maeda, Yumiko Fujino-Oyama, Tomoko Inoue, Yasuko Ogata . Current situation in Japan of cultivating clinical nurse educators for inservice novice nurse training program. 19th East Asian Forum of Nursing Scholar 2016.03.15 Chiba, Japan

  20. Yukari Sugita, Mina Ishimaru, Narumi Ide, Mitsuko Matsushita, Mai Ishikawa, Yasuko Ogata. Conditions that promote public health nurses’ continuous practice research in health centers. The 6th International Conference on Community Health Nursing Research 2015.08.21 Seoul (Korea)

  21. 緒方泰子,湯本淑江,森岡典子,武村雪絵,西岡みどり,武冨貴久子,田中理子,米倉佑貴,田中幸子,網中眞由美. 看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究(第1報):ベースライン調査. 第22回日本看護管理学会学術集会 2018.08.25 神戸ポートピアホテル、神戸国際会議場

  22. 湯本淑江, George Kernohan, 緒方泰子, 森岡典子. 認知症終末期ケアの考察ー北アイルランドの取り組みからー. 日本老年看護学会第23回学術集会 2018.06.24 久留米

  23. 長井聡子、湯本淑江、大河原知嘉子、森岡典子、緒方泰子. 中堅看護師のワークエンゲイジメントを高める要因の傾向 -インタビュー調査より-. 第8回 日本看護評価学会学術集会 2018.03.06 東京都

  24. 髙田 聖果, 緒方 泰子, 湯本 淑江, ラプレツィオーサ 伸子 . 日本語版The Quality of Dying in Long-Term Care(QOD-LTC)の開発. 第21回東邦大学看護学会学術集会 2021.12.18 東京

  25. 佐々木美樹,緒方康子,藤波景子,戸ケ里泰典. 看護師長によるエンパワリング行動とワーク・エンゲイジメント、心理的エンパワーメントの関係. 第59回日本医療・病院管理学会学術総会 2021.10.30 東京

  26. 緒方 泰子, 佐々木 美樹, 藤波 景子, 佐藤 可奈, 戸ヶ里 泰典. マグネット病院特性と看護職者の首尾一貫感覚(SOC)との関連 経験年数に着目した検討. 日本医療・病院管理学会誌 2021.10.01

  27. 高木慶子,湯本淑江,廣山奈津子,西川裕理,笹井佳奈,緒方泰子. 認知症高齢者への観察式疼痛評価ツールの臨床における”使いやすさ”の文献検討. 日本老年看護学会 第26回学術集会 2021.06.11 Web開催

  28. 増田梨夏, 廣山奈津子,西川裕理,湯本淑江,緒方泰子. 高齢者の最期の時の緊急搬送の現状と最期の穏やかさとそれを支える職員による創意工夫 ー特別養護老人ホームの職員を対象とした郵送調査ー. 日本老年看護学会 第26回学術集会 2021.06.11 Web開催

  29. 大塚咲紀,廣山奈津子,湯本淑江,佐々木美樹,藤波景子,伊藤絢乃,緒方泰子. The Person-centered Care Assessment Tool (P-CAT)日本語版の信頼性・妥当性の検討 ー特別養護老人ホームを対象にー. 日本老年看護学会 第26回学術集会 2021.06.11 Web開催

  30. 伊藤 絢乃, 佐々木 美樹, 米倉 佑貴, 緒方 泰子. 組織公正性とスタッフ看護師の組織コミットメントとの関連;マルチレベル分析による縦断的検討. 第58回 日本医療・病院管理学会学術総会 2020.10.02

  31. 山崎 あかり, 佐々木 美樹, 藤波 景子, 伊藤 絢乃, 湯本 淑江, Edvardsson David, 緒方 泰子. The Person-centered Care Assessment Tool(P-CAT)日本語版の信頼性・妥当性の検討. 日本医療・病院管理学会誌 2020.10.01

  32. 香嶋 成美, 伊藤 絢乃, 佐々木 美樹, 上原 佳代子, 内山 亜紀子, 湯本 淑江, 緒方 泰子. 認知症患者へのケアに関する研修を通じた病院看護師の意識・行動の変化. 第10回日本看護評価学会学術集会 2020.08.09

  33. 緒方泰子. 看護マネジャーは、なぜ孤独なのか?「経験×リフレクション×コミュニティ」の可能性 看護マネジメントにおける「経験×リフレクション×コミュニティ」の可能性を考える. 第10回日本看護評価学会学術集会 2020.08.09 東京(オンライン開催)

  34. 寺島 遥香, 笹井 佳奈, 高田 聖果, 藤波 景子, 湯本 淑江, 緒方 泰子. 人生最終段階におけるケア(看取り)に対するグループホーム職員の創意工夫・困難感. 第10回日本看護評価学会学術集会 2020.08 Web開催

  35. 染谷京子, 森岡典子, 山崎育子, 渡辺潤子, 渡辺映子, 永田紀美子, 緒方泰子. 訪問看護同行訪問の経験による病棟看護師と訪問看護師の退院支援実践能力および地域多職種間の連携に与える影響. 第57回日本医療・病院管理学会学術総会 2019.11.04 新潟

  36. 木田亮平,戸ヶ里泰典,緒方泰子. 看護職が認識する部署の看護の質と人的資本(ヒューマン・キャピタル)および社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)との関連. 第57回 日本医療・病院管理学会学術総会 2019.11.03 新潟市

  37. 前川紗莉, 湯本淑江, 髙田聖果, 森岡典子, 緒方泰子. 施設入居認知症高齢者の食事に関連する困難を測る観察式ツールの比較検討. 第57回日本医療・病院管理学会学術総会 2019.11.03 新潟

  38. 緒方泰子,佐藤紀子,武冨貴久子,佐藤可奈,米倉佑貴. 看護師長がマネジメントにおいて感じる 困難とその内容および精神的健康との関連. 第57回日本医療・病院管理学会学術総会 2019.11.03 新潟

  39. 緒方泰子,武冨貴久子,西岡みどり,網中眞由美,武村雪絵,長井聡子,木田亮平,森岡典子,米倉佑貴,菅田勝也. 看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究(第3報) . 第78回日本公衆衛生学会総会 2019.10.25 高知

  40. 森岡典子, 森脇睦子, 緒方泰子. 大腿骨手術症例を対象とした看護配置と患者アウトカムの関連-DPCデータを用いた後ろ向きコホート研究-. 第23回日本看護管理学会学術集会 2019.08.23 新潟

  41. 緒方泰子,佐藤紀子,武冨貴久子,佐藤可奈,米倉佑貴,湯本淑江,森岡典子. 看護組織におけるマネジメント力育成に向けた協働学習の可能性 ~知識と経験の統合~. 第23回 日本看護管理学会学術集会 2019.08.23 新潟

  42. 古代真穂, 湯本淑江, 髙田聖果, 森岡典子, 緒方泰子. 認知症高齢者の好みを通じてその人らしさを支える 介護施設でのインタビュー調査から. 日本老年看護学会第24回学術集会 2019.06 仙台

  43. 清沢彩恵, 湯本淑江, 髙田聖果, 森岡典子, David Edvardsson, ラプレツィオーサ伸子, 緒方泰子. The Person-centered Care Assessment Tool (P-CAT) 日本語版の開発. 日本老年看護学会第24回学術集会 2019.06

  44. 木下舞,森岡典子,湯本淑江,緒方泰子. 経腸栄養プロトコル改訂による効果ー看護ケアの変化と患者アウトカムの改善に焦点をあててー. 第9回 日本看護評価学会学術集会 2019.03.12 東京都

  45. 平谷七美,森岡典子,佐々木美樹,湯本淑江,緒方泰子. 介護保険施設における身体拘束の廃止に関する都道府県の取り組みの実態ーインターネット公開資料からー. 第9回 日本看護評価学会学術集会 2019.03.12 東京都

  46. 佐々木美樹,森岡典子,湯本淑江,緒方泰子. 看護師を対象としたMultidimensional Measure of Leader-Member Exchange日本語版の信頼性と妥当性の検証. 第9回日本看護評価学会学術集会 2019.03.12

  47. 木下舞,我満幸子,森下幸治,森岡典子,湯本淑江,緒方泰子. 排便管理プロトコル導入による効果 ~看護ケアの変化と患者アウトカムの改善に焦点をあてて~. 第46回日本集中治療医学会学術集会 2019.03.01 京都

  48. 杉田由加里,緒方泰子,石丸美奈,田中美延里,石川麻衣,松下光子,屋裕子,藤木美恵. 自治体のミドルマネジャー保健師の役割行動に関する学習ニーズ. 第7回日本公衆衛生看護学会学術集会   2019.01.27 宇部

  49. 杉田由加里, 緒方泰子, 石丸美奈, 田中美延里, 石川麻衣, 松下光子. 自治体のミドルマネジャー保健師の役割行動指針の実用性の検討. 第38回日本看護科学学会学術集会 2018.12.16 ひめぎんホール(愛媛)

  50. 緒方泰子. シンポジウム:フォロワーシップと組織の活性化 「看護職のフォロワーシップを測る」. 第9回看護経済・政策研究学会学術集会 2018.11.10 関東学院大学関内メディアセンター

  51. 木田亮平,戸ヶ里泰典,湯本淑江,森岡典子,緒方泰子. 女性看護師の家庭役割の有無における上司および同僚からの職場ソーシャルサポートとバーンアウトとの関連. 第56回 日本医療・病院管理学会学術総会 2018.10.27 郡山市

  52. 森岡典子, 大久保豪, 湯本淑江, 緒方泰子. 全国の訪問看護事業所における研修体制と職員数増減率の関連~パネルデータを用いた分析~. 第56回日本医療・病院管理学会 2018.10.27 郡山

  53. 小野寺優芽, 森岡典子, 木田亮平, 佐々木美樹, 雨宮輝美, 湯本淑江, 緒方泰子. 摂食・嚥下障害のある高齢患者への食事介助における看護師の経験年数による観察項目の違い. 第56回日本医療・病院管理学会 2018.10.27 郡山

  54. 長井聡子,森岡典子,湯本淑江,山本武志,緒方泰子. 看護スタッフへのインタビュー内容にもとづくWork Engagement(WE)の先行要因の検討. 第56回 日本医療・病院管理学会学術総会 2018.10.27 福島県

  55. 緒方泰子, 森岡典子, 湯本淑江, 武村雪絵, 西岡みどり, 武冨貴久子, 田中理子, 米倉佑貴, 田中幸子, 網中眞由美. 看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究 (第2報) :2016-2017年の調査より. 第56回日本医療・病院管理学会学術総会 2018.10.27 郡山

  56. 原広司, 高田大輔, 内藤優美, 田中将之, 池田俊也, 寺崎仁, 上 條由美, 廣瀬昌博, 白髪昌世, 川渕孝一, 緒方泰子, 勝山貴美子, 今中雄一. 医療· 病院管理におけるコンピテンシーの枠組み構築の試み(2). 第56回日本医療・病院管理学会学術総会 2018.10.27 郡山

  57. 内藤優美, 高田大輔, 原広司, 田中将之, 池田俊也, 寺崎仁, 上 條由美, 廣瀬昌博, 白髪昌世, 川渕孝一, 緒方泰子, 勝山貴美子, 今中雄一. 医療· 病院管理におけるコン ピテンシーの枠組み構築の試み(1). 第56 回日本医療· 病院管理学会学術総会 2018.10.27 郡山

  58. 西岡みどり, 網中眞由美, 米倉佑貴, 緒方泰子. ペットとの生活は看護師の健康習慣やバーンアウトと関連するか?. 第56回日本医療· 病院管理学会学術総会 2018.10.27 郡山

  59. 西岡みどり,網中眞由美,緒方泰子. スタッフ看護師のペットと健康、バーンアウト:看護職のHealthy Work Environment特性の解明に向けた前向き研究(第2報). 第56回日本医療・病院管理学会学術総会 2018.10.27 郡山

  60. 大河原知嘉子,森岡典子,緒方泰子. 訪問看護事業所の規模別にみた教育体制の実態-東京都の訪問看護事業所における研修内容に着目して-. 第4回日本混合研究法学会年次大会 2018.09.30 千葉県

  61. 前田留美, 太田沙紀子, 本田彰子, 緒方泰子. 実地指導者・教育担当者のモチベーション維持と向上ー看護管理者からの臨床看護教育者支援を考える. 第22回日本看護管理学会学術集会 2018.08.24 神戸市

  62. 杉田由加里, 緒方泰子, 石丸美奈, 田中美延里, 石川麻衣, 松下光子, 藤木美恵子, 土屋裕子. 自治体のミドルマネジャー保健師の役割行動指針案の内容的妥当性の検討. 日本地域看護学会第21 回学術集会 2018.08.11 長良川国際会議場

  63. 緒方泰子. Healthy Work Environment が働き方に及ぼす影響. 第16回日本臨床医学リスクマネジメント学会学術集会 2018.05.26 東京

  64. 緒方 泰子. 医療安全に学ぶ働き方改革 Healthy Work Environmentが働き方に及ぼす影響. 安全医学 2018.05.01

  65. 鈴木 詩織, 湯本 淑江, 高田 聖果, 長井 聡子, 森岡 典子, 緒方 泰子. 重度認知症高齢者における終末を見据えた精神的苦痛緩和ケアの文献レビュー. 第7回日本看護評価学会学術集会 2018.03.06 東京

  66. 緒方泰子, 前田留美, 太田沙紀子, 本田彰子, 重光直之. 看護の職場におけるコミュニティシップとは その特徴と醸成の鍵について考える. 第8回日本看護評価学会学術集会 2018.03.06 東京都

  67. 内堀 真弓,山崎 智子,本田 彰子,矢富 有見子,田上 美千佳,緒方 泰子,森田 久美子,井上 智子. 地域包括ケアを担う看護師育成のための臨地実習教育に関する実態調査(報告1) 実習指導体制からの検討 . 第37回日本看護科学学会学術集会 2017.12.17 仙台市

  68. 本田彰子,菊池和子,炭谷靖子,正野逸子,荒木晴美,上野まり,栗本一美,平山香代子,王麗華,土平俊子,緒方泰子,山崎智子,内堀真弓. 地域連携自己学習プログラムの開発―ケアチームの「つながる力」「つなげる力」を強める人材育成―. 第37回日本看護科学学会学術集会 2017.12.16 仙台市

  69. 杉田由加里,緒方泰子, 石丸美奈, 田中美延里, 石川麻衣. 管理的立場にある看護職の役割遂行をめざした学習を促進する条件に関する文献検討. 第37回日本看護科学学会学術集会 2017.12.16 仙台国際センター

  70. 太田沙紀子, 引地博之, 村山洋史, 石丸美穂, 緒方泰子, 康永秀生. 特定事業所の居宅介護支援サービスと要介護度に関するコホート研究. 第76回日本公衆衛生学会総会 2017.10.31

  71. 緒方泰子,森岡典子,湯本淑江,勝山貴美子,田中幸子,菅田勝也. 看護実践環境による看護職者の離職意向・離職行動への影響:マルチレべル分析による検討. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会 2017.09.19 東京

  72. 今中雄一,池田俊也,寺崎仁,上條由美,廣瀬昌博,白髪昌世,緒方泰子,原広司,田中将之,大野達也. 医療管理におけるコンピテンシーの枠組みの整理. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会 2017.09.19 東京

  73. 佐々木美樹,湯本淑江,緒方泰子. スタッフ看護師を心理的にエンパワーする護師長の行動-インタビュー調査-. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会 2017.09.18 東京

  74. 木田亮平,藤波景子,湯本淑江,緒方泰子. 女性看護師における仕事役割・家庭役割の多重役割とバーンアウトとの関連. 2017.09.18

  75. 小林 永治, 上野 治香, 佐々木 美樹, 木田 亮平, 湯本 淑江, 石川 ひろの, 緒方 泰子. インターネットを利用して医療情報を収集する医療利用者の特性 外来通院する糖尿病患者を対象に. 第9回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会 2017.09.17 京都

  76. 杉田由加里,緒方泰子,石丸美奈,田中美延里,石川麻衣,松下光子,藤木恵美子,土屋裕子. リーダー保健師に期待される役割行動とは. 第23回千葉看護学会学術集会 2017.09.09 千葉

  77. 緒方泰子. マグネット病院特性からみた看護職のHealthy Work Environment(シンポジウム:職場を健康的な環境 (Healthy Work Environment) へとシンカさせる看護管理の力). 第21回日本看護管理学会学術集会 2017.08.19 横浜(神奈川)

  78. 上村聖果, 森岡典子, 佐々木美樹, 緒方泰子. 看護部長の特性とスタッフ看護職の心理的エンパワーメント・離職との関連. 第21回日本看護管理学会学術集会 2017.08.19 神奈川

  79. 杉田由加里,緒方泰子,石丸美奈,田中美延里,石川麻衣,松下光子,藤木恵美子,土屋裕子. 自治体のミドルマネジャー保健師が認識している役割行動. 第20回日本地域看護学会学術集会 2017.08.05 別府(大分)

  80. 笹井佳奈, 湯本淑江, 長井聡子, 上村聖果, 上野治香, 長谷川幹, 緒方泰子. 高齢男性介護者が直面した脳卒中患者の在宅介護の経験. 日本老年看護学会第22回学術集会 2017.06.15 名古屋

  81. 上野 治香, 米澤 奈緒, 佐々木 美樹, 木田 亮平, 湯本 淑江, 雨宮 輝美, 本村 美和, 緒方 泰子. 認定看護師による摂食・嚥下障害に関するスタッフ育成活動の実態と困難. 第7回 日本看護評価学会学術集会 2017.03.14 東京

  82. 泉 日向子, 湯本 淑江, 佐々木 美樹, 木田 亮平, 上野 治香, 緒方 泰子. 高齢認知症患者における観察式痛み評価スケールの文献検討. 日本看護評価学会学術集会 2017.03.14 東京

  83. 永野みどり,緒方泰子,池田正臣,飯田聡,塚田邦夫、徳永恵子. 直腸癌によるストーマ造設術の局所合併症. 第34回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 2017.02.17 名古屋(愛知)

  84. 杉田由加里, 緒方泰子, 石丸美奈, 田中美延里, 石川麻衣, 土屋裕子, 藤木美恵子. わが国の行政保健師の人材育成方法に関する文献検討. 第5回日本公衆衛生看護学会学術集会 2017.01.21 仙台(宮城)

  85. 杉本健太郎、緒方泰子、柏木聖代、上野治香、湯本叔江、米倉佑貴. 都市部サービス付き高齢者向け住宅における施設内入居者看取りを可能にする施設機能. 第36回日本看護科学学会学術集会 2016.12.10 東京

  86. 田中理子, 永野みどり,武冨貴久子,緒方 泰子. マグネット特性を反映した職場環境と看護スタッフの精神健康状態との関係. 第36回日本看護科学学会学術集会 2016.12

  87. 武冨貴久子,緒方 泰子,田中理子,田中幸子,菅田勝也. 看護師の看護実践環境に対する認識―マグネット病院の特性を反映したPES-NWIの分析から―. 第36回日本看護科学学会学術集会 2016.12

  88. 長井聡子,藤波景子,小玉淑玉,佐藤可奈,戸ヶ里泰典,ブリッジ志保,緒方泰子. 看護職のフォロワーシップ尺度の開発:信頼性・妥当性の検討(第2報). 第54回日本医療・病院管理学会学術集会 2016.09.17 東京都

  89. 佐々木美樹,緒方泰子. 看護師長のリーダーシップのあり方とスタッフ看護師のエンパワーメントの関係:文献検討. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会 2016.09.17 東京

  90. 加藤 憲, 勝山 貴美子, 山本 武志, 緒方 泰子. 病棟看護師の多職種連携実践能力と職種別連携との関連. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会 2016.09.17

  91. 勝山貴美子, 加藤 憲, 田中 幸子, 永野 みどり, 菅田 勝也, 緒方 泰子. Psychological Empowerment in the Workplace尺度の日本語版の開発. 第54回日本医療・病院管理学術総会 2016.09.17

  92. 緒方 泰子, 永野みどり, 勝山貴美子, 田中幸子, 菅田勝也, 安川文朗, 橋本廸生. 看護実践環境の望ましさと看護スタッフの心身の健康および看護の質との関連. 第54回日本医療・病院管理学会学術総会 2016.09.17

  93. 藤波 景子,長井 聡子,小玉 淑巨,佐藤 可奈、戸ヶ里 泰典,Bridge 志保,緒方 泰子. 看護職のフォロワーシップ評価尺度の開発:信頼性・妥当性の検討(第1報). 2016.09.17

  94. 緒方 泰子, 田中智恵子, 永野みどり, 若林稲美, 菅田勝也. 経験学習による看護管理者の能力開発:集団によるリフレクションの可能性と課題. 第20回日本看護管理学会学術集会 2016.08.17

  95. 田中理子, 永野みどり, 武冨貴久子, 緒方 泰子. 健康的な職場環境を実現する看護管理モデルの開発―看護スタッフの精神的健康状態の現状調査―. 第20回日本看護管理学会学術集会 2016.08.17

  96. 武冨貴久子, 緒方 泰子, 田中理子, 田中幸子, 菅田勝也. マグネット病院の特性を反映した看護実践環境の評価―PES-NWIを用いた看護師長とスタッフの比較から―. 第20回日本看護管理学会学術集会 2016.08.17

  97. 緒方 泰子, 柏木聖代. 訪問看護実践環境評価尺度の開発~訪問看護領域への看護師定着に向けて. 第20回日本看護管理学会学術集会 2016.08.17

  98. 市川幾恵, 井上由起子, 橋本廸生, 山内みなみ, 高橋奈津子,市川智恵子, 緒方 泰子, 木村由紀子, 福山麻衣子, 安井はるみ. 臨床での倫理的課題への対応力を強化する―医療機能評価の視点―. 第20回日本看護管理学会学術集会 2016.08.17

  99. 中島みさき,湯本淑江,佐々木美樹,長井聡子,藤波景子,上野治香,緒方泰子. 終末期認知症患者に対するケアの質を測る評価ツールの文献検討. 日本老年看護学会第21回学術集会 2016.07.23 埼玉

  100. 西村里穂,湯本淑江,佐々木美樹,長井聡子,藤波景子,上野治香,緒方泰子. 長期的回腸ストーマ保有者の日常生活における困難とその対応. 第18回日本在宅医学会大会 2016.07.17 東京

  101. 石井典子,緒方泰子,齊藤正和,米倉佑貴,長谷川恵美子,角口亜希子,長山雅俊. 虚血性心疾患患者における外来心臓リハビリテーションへの参加に関連する要因の検討. 第80回日本循環器学会 2016.03.18 仙台

  102. 緒方泰子,永野みどり,田中智恵子,若林稲美. 経験を活用した管理者の学びの可能性とその評価. 第6回日本看護評価学会学術集会 2016.03.05

  103. 緒方泰子,勝山貴美子,田中幸子,永野みどり,菅田勝也,佐藤可奈,小玉淑巨,安川文朗,橋本廸生. マグネット病院特性を反映した看護実践環境と看護職の退職行動. 第53回日本医療・病院管理学会学術総会 2015.11.06 アクロス福岡(福岡)

  104. 緒方泰子. Healthy Work Environmentの実現にむけて: マグネットホスピタル研究からの考察. 京都橘大学 看護国際フォーラム2015 看護師における魅力的な職場と“人によりそう看護”の実践~マグネット・ホスピタルの看護管理から考える~ 2015.11.01 国立京都国際会館

  105. 杉本 健太郎, 緒方 泰子, 柏木 聖代. 高齢者施設内での看取りを可能にする要因に関する文献レビュー. 第74回日本公衆衛生学会 2015.11 長崎

  106. 緒方泰子,勝山貴美子,田中幸子,永野みどり,菅田勝也,佐藤可奈,小玉淑巨. 看護師長の心理的エンパワメントと関連する要素~マグネット病院特性を反映した尺度項目を活用して~. 第19回日本看護管理学会学術集会 2015.08.28 ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)

  107. 永野みどり,緒方泰子. 在院日数と外来ケアニーズとの関連~直腸癌に伴うストーマ保有者のストーマ外来利用状況から~. 第19回日本看護管理学会学術集会 2015.08.28 ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)

  108. 杉田由加里,石丸美奈,井出成美,松下光子,石川麻衣,緒方泰子. 保健師の業務研究への継続的取り組みを推進する保健所の体制. 日本地域看護学会第18回学術集会 2015.08.02 パシフィコ横浜(神奈川県)

  109. 吉田恭子,霜越多麻美,森陽子,藤波景子,緒方泰子. 嚥下障害のある高齢者への食事介助における、看護職・介護職のアセスメントの視点と協働. 日本老年看護学会第20回学術集会 2015.06 パシフィコ横浜(神奈川県)

  110. 梅田香織,緒方泰子,霜越多麻美,鳥本靖子. 整形外科病棟におけるせん妄患者への身体拘束に関連する要因. 日本老年看護学会第20回学術集会 2015.06 パシフィコ横浜(神奈川県)

  111. 柳沢朋子,坂井志麻,森陽子,霜越多麻美,藤波景子,緒方泰子. 病棟看護師・管理者が退院支援に対して感じる困難と研修ニーズ. 日本老年看護学会第20回学術集会 2015.06 パシフィコ横浜(神奈川県)

  112. 永野みどり,緒方泰子,池田正臣,安藤禎子,侭田悦子,塚田邦夫,徳永惠子. 直腸癌によるストーマ保有者の皮膚障害発生時期と装具変更時期. 第24回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会 2015.05.30 幕張メッセ(千葉県)

  113. 緒方泰子,勝山貴美子,永野みどり,田中幸子,菅田勝也. 看護職のHealthy Work Environmentとは?―フォロワーシップとリーダーシップより―. 第5回日本看護評価学会学術集会 2015.03.14 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  114. 山崎彩香,藤波景子,緒方泰子,霜越多麻美,森陽子. 看護スタッフが必要としている支援と,看護管理者が提供している支援の比較. 第5回日本看護評価学会学術集会 2015.03 東京医科歯科大学(東京都文京区)

  115. 緒方泰子, 柏木聖代, 乙坂佳代,清崎由美子,高砂裕子,木村美佐子. 訪問看護サービスの提供実績にもとづく質評価に向けたデータ蓄積システムの開発―ICTを活用した試み―. 第19回日本在宅ケア学会学術集会 2014.11.30 (福岡県,福岡市)

  116. 永野みどり, 緒方泰子, 勝山貴美子, 田中幸子, 佐藤可奈, 菅田勝也. 病院の看護師長における健康障害と職務遂行に影響する環境. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会 2014.09.14 (東京都,江東区)

  117. 佐藤可奈, 緒方泰子, 勝山貴美子, 田中幸子, 永野みどり, 菅田勝也. 看護職が経験する職場におけるいじめと健康状態および看護の質との関連. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会 2014.09.14 (東京都,江東区)

  118. 緒方泰子, 勝山貴美子, 田中幸子, 永野みどり, 菅田勝也, 佐藤可奈, 安川文朗, 橋本廸生. マグネット病院特性からとらえた看護実践環境等と看護職の退職行動との関連. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会 2014.09.14 (東京都,江東区)

  119. 勝山貴美子, 緒方泰子, 田中幸子, 永野みどり, 佐藤可奈, 菅田勝也. 看護者が認識する組織文化、心理学的エンパワーメン卜の特性と離職意向、キャリア継続意思の関連. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会 2014.09.14 (東京都,江東区)

  120. 石原遼, 緒方泰子, 霜越多麻美,勝山貴美子, 田中幸子, 菅田勝也, 永野みどり, 橋本廸生, 安川文朗. 看護師による看護実践環境への評価と満足度との関連. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会 2014.09.14 (東京都,江東区)

  121. 緒方泰子,日本医療・病院管理学会教育委員会看護管理WG. 看護管理系大学院における医療マネジメント教育プログラムの内容と方法の現状. 第52回日本医療・病院管理学会学術総会 2014.09.13 (東京都,江東区)

  122. 小玉淑巨, 緒方泰子, 菅田勝也, 勝山貴美子, 田中幸子, 永野みどり, 佐藤可奈. 一般病院に勤務する看護師のフォロワーシップの実態調査. 第18回日本看護管理学会学術集会 2014.08.30 (愛媛県,松山市)

  123. 緒方泰子, 勝山貴美子, 田中幸子, 永野みどり, 佐藤可奈, 小玉淑巨, 菅田勝也. 看護職からみた看護の質と看護実践環境との関連. 第18回日本看護管理学会学術集会 2014.08.30 (愛媛県,松山市)

  124. 緒方泰子, 勝山貴美子, 田中幸子,菅田勝也,永野みどり,小玉淑巨. 看護職にとってのHealthy Work Environment をフォロワーシップから考える. 第18回日本看護管理学会学術集会 2014.08.30 (愛媛県,松山市)

  125. 佐藤可奈, 緒方泰子, 田中幸子, 勝山貴美子, 小玉淑巨, 菅田勝也, 永野みどり. Healthy Work Environmentの概念分析. 第18回日本看護管理学会学術集会 2014.08.29 (愛媛県,松山市)

  126. 杉田由加里,井出成美,石丸美奈,松下光子,石川麻衣,緒方泰子. 保健所保健師の業務研究への継続的取り組みを推進する条件. 日本地域看護学会第17回学術集会 2014.08.03 (岡山県,岡山市)

  127. 柏木聖代, 緒方泰子, 大山裕美子. 訪問看護ステーションにおける医療事故・ヒヤリハット・クレームの定期的な集計に関連する要因 . 第18回日本在宅ケア学会学術集会 2014.03.15 (東京都,千代田区)

  128. 緒方泰子. シンポジウム「看護職のHealthy Work Environmentの探求」 マグネット病院特性からみたHealthy Work Environment. 第4回日本看護評価学会学術集会 2014.03.05 (東京都,文京区)

  129. 岸田凰,永野みどり,緒方泰子, 霜越多麻美. 皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)の職場への満足度と褥瘡対策活動への看護管理者との認識の相違. 第4回日本看護評価学会学術集会 2014.03.04 (東京都,文京区)

  130. 緒方泰子, 勝山貴美子, 田中幸子,永野みどり,菅田勝也. 看護職にとってのHealthy Work Environmentを考える 管理者-スタッフ間の認識のギャップの共有. 第4回日本看護評価学会学術集会 2014.03.04 (東京都,文京区)

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本地域看護学会第21回学術集会 優秀ポスター賞(緒方),日本地域看護学会,2018年08月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 【インタビュー】 心理的安全性を基盤とした,トップマネジャーたちの組織を超えた学習者コミュニティ,2021年05月

    雑誌「看護管理」31巻5号,医学書院に掲載
    [話し手]小河陽子/髙丸賀子/檜垣美香子
    [聞き手]佐々木美樹/藤波景子/緒方泰子

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 看護管理学特論Ⅲ(看護情報管理学概論),東京慈恵会医科大学大学院医学研究科看護学専攻

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本医療・病院管理学会評議員、理事(緒方)

  • 日本医療· 病院管理学会事業委員会委員長(緒方)

  • 日本医療・病院管理学会編集委員会委員(緒方),2007年05月29日 - 現在

  • 日本看護管理学会評議員(緒方),2019年04月01日 - 現在

  • 日本看護管理学会編集委員会委員(緒方),2019年04月01日 - 現在

  • 日本看護評価学会編集委員会委員(緒方),2019年04月01日 - 現在

  • 認定看護管理者教育課程セカンドレベル講師(緒方),2018年04月01日 - 現在

  • 公立大学法人東京都立大学非常勤講師(緒方),2007年04月01日 - 現在

  • 全国社会福祉協議会全国社会福祉施設経営者協議会初級リスクマネジャー養成講座講師(緒方)

  • 江東区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画推進会議副委員長(緒方)

  • 東京慈恵会医科大学非常勤講師(緒方)

▼全件表示