基本情報

写真a

三宅 健介(ミヤケ ケンスケ)

MIYAKE Kensuke


職名

特任助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2014年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  博士課程  2017年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

  • 学士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 特任助教
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 特任助教
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 特任助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本アレルギー学会

  • 日本免疫学会

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 膠原病・アレルギー内科学

  • 実験病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 好塩基球・M2マクロファージによるアレルギー炎症抑制メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • RNAシーケンス法を用いた好塩基球の成熟メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kensuke Miyake, Sho Shibata, Soichiro Yoshikawa, Hajime Karasuyama. Basophils and their effector molecules in allergic disorders. Allergy. 2021.06; 76 (6): 1693-1706. ( PubMed, DOI )

  • Kensuke Miyake, Hajime Karasuyama. The Role of Trogocytosis in the Modulation of Immune Cell Functions. Cells. 2021.05; 10 (5): ( PubMed, DOI )

  • Karasuyama H, Shibata S, Yoshikawa S, Miyake K. Basophils, a neglected minority in the immune system, have come into the limelight at last. International immunology. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  • Anaïs Wanet, Mahmoud A Bassal, Sweta B Patel, Francisco Marchi, Samanta A Mariani, Nouraiz Ahmed, Haoran Zhang, Marta Borchiellini, Sisi Chen, Junyan Zhang, Annalisa Di Ruscio, Kensuke Miyake, Mindy Tsai, Anuya Paranjape, Shin-Young Park, Hajime Karasuyama, Timm Schroeder, Elaine Dzierzak, Stephen J Galli, Daniel G Tenen, Robert S Welner. E-cadherin is regulated by GATA-2 and marks the early commitment of mouse hematopoietic progenitors to the basophil and mast cell fates. Sci Immunol. 2021.02; 6 (56): ( PubMed, DOI )

  • 三宅 健介, 烏山 一. 【アレルギーとリンパ球・マスト細胞・好塩基球-最新の知見-】アレルギー炎症における好塩基球の役割 アレルギーの臨床. 2021.02; 41 (2): 117-120. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 三宅 健介, 烏山 一. エッセンシャル免疫学 第3版. 株式会社 メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2016.08 第14章 IgE介在性免疫とアレルギー (ISBN : 978-4-89592-864-9)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Kensuke Miyake, Hajime Karasuyama. Basophils present antigens to T cells via trogocytosis-mediated acquisition of MHC class II. 第43回日本分子生物学会年会(MBSJ2020) 2020.12.04 on line meeting

  • Junya Ito, Kensuke Miyake, Shigeyuki Shichino, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama. Identification of two distinct subpopulations among basophils in the bone marrow. JSA/WAO Joint Congress 2020 2020.09.17 On line meeting

  • Kensuke Miyake, Junya Ito, Kazufusa Takahashi, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama. Monocyte-derived M2-like macrophages induced by activated basophils dampen IL-1α-mediated aggravation of allergic inflammation. JSA/WAO Joint Congress 2020 2020.09.17 On line meeting

  • Miyake K, Yoshikawa S, Yamanishi Y, Karasuyama H. Monocyte-derived M2-like macrophages induced by activated basophils dampen IL-1α-mediated aggravation of allergic inflammation. The 48th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2019.12.13 Hamamatsu, Japan

  • Ito J, Miyake K, Shichino S, Yamanishi Y, Karasuyama H. Identification of immature-type basophils that are distinguishable from mature ones in terms of surface phenotype and activation property. The 48th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2019.12.13 Hamamatsu, Japan

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 先進医薬研究振興財団 血液医学分野 若手研究助成,公益財団法人 先進医薬研究振興財団,2020年12月

  • 日本免疫学会 若手免疫学研究支援事業,日本免疫学会,2020年12月

  • JSA/WAO Joint Congress 2020 Best Speaker Award,JSA/WAO Join Congress 2020,2020年09月

  • 三宅 健介, LEGEND Research Grant,BioLegend,2019年09月

  • 第46回日本免疫学会学術集会:ベストプレゼンテーション賞(三宅健介),日本免疫学会,2017年12月

全件表示 >>