基本情報

写真a

王 耀東(オウ ヨウトウ)

OH Yoto


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5279

研究室FAX番号

03-5803-5281

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2004年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  整形外科学分野  博士課程  2015年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 医員(医病)
  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 整形外傷外科治療開発学講座 講師
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 寄附講座 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本手外科学会

  • 日本骨折治療学会

  • 日本外傷学会

  • 東日本整形災害外科学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年07月
    -
    現在
    AO Trauma Japan 研究開発委員
  • 2020年07月
    -
    現在
    日本骨折治療学会 評議員
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本外傷学会 評議員
  • 2018年07月
    -
    現在
    Orthopaedic Trauma Association (OTA) International Active member
  • 2015年03月
    -
    現在
    AO Trauma Japan 上級会員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本手外科学会認定 手外科専門医

  • ICD制度協議会認定 ICD

  • 日本医師会認定 産業医

  • 日本専門医機構認定 整形外科専門医

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 重度下肢骨折の一時的創外固定器を用いた二期的プレート固定法の確立,2017年04月 - 現在

  • 非定型大腿骨骨折の発症要因の解明および新分類の確立,2017年04月 - 現在

  • 非定型大腿骨骨折の発症要因の分析,2015年04月 - 2017年03月

  • 経肘頭脱臼骨折に対する新手術アプローチの考案,2015年04月 - 2017年03月

  • CT有限要素解析による非定型大腿骨骨折の力学的発症メカニズムの解明,2010年04月 - 2015年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 弯曲型非定型大腿骨骨折の診断基準の確立とその臨床的意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ogawa Takahisa, Yoshii Toshitaka, Moriwaki Mutsuko, Morishita Shingo, Oh Yoto, Miyatake Kazumasa, Nazarian Ara, Shiba Koichiro, Okawa Atsushi, Fushimi Kiyohide, Fujiwara Takeo. Association between Hemiarthroplasty vs. Total Hip Arthroplasty and Major Surgical Complications among Patients with Femoral Neck Fracture JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE. 2020.10; 9 (10): ( PubMed, DOI )

  • Takumi Kaku, Yoto Oh, Shingo Sato, Hirotaka Koyanagi, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Nakagawa, Satoshi Miyake, Atsushi Okawa. Incidence of atypical femoral fractures in the treatment of bone metastasis: An alert report. J Bone Oncol. 2020.08; 23 100301. ( PubMed, DOI )

  • Oh Yoto, Yamamoto Kouhei, Hashimoto Jun, Fujita Koji, Yoshii Toshitaka, Fukushima Kazuyuki, Kurosa Yoshiro, Wakabayashi Yoshiaki, Kitagawa Masanobu, Okawa Atsushi. Biological activity is not suppressed in mid-shaft stress fracture of the bowed femoral shaft unlike in "typical" atypical subtrochanteric femoral fracture: A proposed theory of atypical femoral fracture subtypes BONE. 2020.08; 137 ( PubMed, DOI )

  • 王 耀東. 【整形外科の外傷治療-現状と課題-】その他のトピックにおける現状と課題 非定型骨折 関節外科. 2020.04; 39 (4月増刊): 134-140. ( 医中誌 )

  • 加来 拓実, 王 耀東, 南 千景. 【判断に自信がつく!Emer-Log流 救急外傷ケーススタディ】救急外傷ケーススタディ 下腿がバイクの下敷きに。単なる脛骨骨折と思ったが Emer Log. 2020.02; 33 (1): 76-83. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 王耀東. 大腿骨転子下骨折手術におけるピットフォール. AO Trauma Japan Webinar Part 4 2021.02.26

  • 王耀東. 医学的エビデンスに基づいた骨粗鬆症と高齢者脆弱性骨折の予防・治療の現況と課題-骨折治療を専門とする整形外傷医の視点から-. 経済産業省ヘルスケア産業課内勉強会 2021.02.10

  • 王耀東, 大川淳. 非定型大腿骨骨折に対するCT有限要素解析. 第14回 日本CAOS研究会/第26回 日本最小侵襲整形外科学会 2020.09.21 高知

  • 王 耀東, 加来 拓実, 大川 淳. サーモグラフィーを用いた四肢主要血管損傷スクリーニングの試み. 第46回 日本骨折治療学会学術集会 2020.09.19

  • 加来 拓実, 王 耀東, 大川 淳. 骨転移診療における非定型大腿骨骨折発症リスクの検討. 第46回 日本骨折治療学会学術集会 2020.09.19

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • AO Trauma Japan 2020年度英語論文補助金,AO Trauma Japan,2021年02月

  • 2019年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金):若手研究,独立行政法人日本学術振興会,2019年04月

  • 平成31年度 JA共済交通事故医療研究助成,全国共済農業協同組合連合会,2019年02月

  • 第66回東日本整形災害外科学会 学術集会奨励賞 ,東日本整形災害外科学会,2018年09月

  • Korean Fracture Society and Japanese Society for Fracture Repair travelling fellowship program,日本骨折治療学会(王 耀東),2018年04月

全件表示 >>