基本情報

写真a

髙草木 謙介(タカクサキ ケンスケ)

Takakusaki Kensuke


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  歯学部  歯学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  部分床義歯補綴学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 大学院生
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 医員
  • 2017年05月
    -
    2017年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 非常勤講師
  • 2017年11月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 医員
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 特任助教
  • 2020年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 特任助教
  • 2021年10月
    -
    2021年12月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔機能系診療領域 義歯科 特任助教
  • 2022年01月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 生体補綴歯科学分野 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔機能系診療領域 義歯科 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会

  • 日本補綴歯科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本補綴歯科学会専門医

  • 臨床研修指導歯科医

  • 日本補綴歯科学会認定医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • デンチャープラーク除去効果を有する粘膜調整剤の開発,2013年04月 - 2017年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 義歯への微生物の付着抑制がフレイルの予防に与える効果についての前向き介入研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 405nm波長光および光触媒を利用した双方向からの義歯清掃方法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kensuke TAKAKUSAKI, Kenji FUEKI, Chiaki TSUTSUMI, Yusuke TSUTSUMI, Naohiko IWASAKI, Takao HANAWA, Hidekazu TAKAHASHI, Kazuo TAKAKUDA, Noriyuki WAKABAYASHI. Effect of incorporation of surface pre-reacted glass ionomer filler in tissue conditioner on the inhibition of Candida albicans adhesion Dental Matertials Journal. 2018.02; ( PubMed, DOI )

  2. Yurika Ishioka, Junichiro Wada, Eung-Yeol Kim, Kazuki Sakamoto, Yuki Arai, Natsuko Murakami, Toshiki Yamazaki, Kensuke Takakusaki, Hironari Hayama, Miona Utsumi, Shunsuke Inukai, Noriyuki Wakabayashi. Morphological Comparison of Residual Ridge in Impression for Removable Partial Denture between Digital and Conventional Techniques: A Preliminary In-Vivo Study Journal of Clinical Medicine. 2023.11; 12 (22): 7103. ( PubMed, DOI )

  3. Takakusaki K, Murakami N, Wada J, Kasai T, Matsuno H, Yamazaki T, Iwasaki N, Yatabe M, Takahashi H, Wakabayashi N. Effect of retention hole designs in artificial teeth on failure resistance of the connection with thermoplastic resin. Dental materials journal. 2022.04; 41 (4): 573-579. ( PubMed, DOI )

  4. Kensuke TAKAKUSAKI, Kenji FUEKI, Chiaki TSUTSUMI, Yusuke TSUTSUMI, Naohiko IWASAKI, Takao HANAWA, Hidekazu TAKAHASHI, Kazuo TAKAKUDA, Noriyuki WAKABAYASHI. Effect of incorporation of surface pre-reacted glass ionomer filler in tissue conditioner on the inhibition of Candida albicans adhesion scientific evidence. 2021; 55.

  5. Nagayama Tomiharu, Wada Junichiro, Watanabe Chie, Murakami Natsuko, Takakusaki Kensuke, Uchida Hirofumi, Utsumi Miona, Wakabayashi Noriyuki. Influence of retainer and major connector designs of removable partial dentures on the stabilization of mobile teeth: A preliminary study DENTAL MATERIALS JOURNAL. 2020.02; 39 (1): 89-100. ( PubMed, DOI )

  6. Nagayama T, Wada J, Watanabe C, Murakami N, Takakusaki K, Uchida H, Utsumi M, Wakabayashi N.. Influence of retainer and major connector designs of removable partial dentures on the stabilization of mobile teeth: a preliminary study. Dental Materials Journal. 2019;

  7. Tsutsumi-Arai C, Takakusaki K, Arai Y, Terada-Ito C, Takebe Y, Imamura T, Ide S, Tatehara S, Tokuyama-Toda R, Wakabayashi N, Satomura K. Grapefruit seed extract effectively inhibits the Candida albicans biofilms development on polymethyl methacrylate denture-base resin. PloS one. 2019; 14 (5): e0217496. ( PubMed, DOI )

  8. Masahiro Hirasawa, Chiaki Tsutsumi-Arai, Kensuke Takakusaki, Toyohisa Oya, Kenji Fueki, Noriyuki Wakabayashi. Superhydrophilic co-polymer coatings on denture surfaces reduce Candida albicans adhesion—An in vitro study Archives of Oral Biology. 2018.03; 87 143-150. ( PubMed, DOI )

  9. 髙草木 謙介. 多数歯欠損に対しオーバーデンチャーを用いて咀嚼能力を改善した症例 日本補綴歯科学会誌. 2023.01; 15 (1): 105-108.

  10. 和田 淳一郎, 高草木 謙介. 【はじめての部分床義歯】残存組織をいかに守るか? 緩圧とリジッドサポートの違い 歯界展望. 2021.10; 別冊 (はじめての部分床義歯): 64-66. ( 医中誌 )

  11. 高草木 謙介, 和田 淳一郎. 【はじめての部分床義歯】(Chapter 5)部分床義歯の設計原則 歯界展望. 2021.10; 別冊 (はじめての部分床義歯): 46-63. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. C. Tsutsumi-Arai,M. Hirasawa,K. Takakusaki,Y. Arai,K. Fueki,K. Satomura,N. Wakabayashi. Reductuon in C. albicans adhision by SBMAm co-polymer coating on PMMA.. International Assosiaton for Dental Research 96th General session 2018.07.27 London, England

  2. Takakusaki Kensuke, Fueki Kenji, Tsutsumi Chiaki, Tsutsumi Yusuke, Iwasaki Naohiko, Hanawa Takao, Takahashi Hidekazu, Takakuda Kazuo, Wakabayashi Noriyuki. ティッシュコンディショナーに配合したsurface pre-reacted glass ionomerフィラーがCandida albicansの接着阻害に与える効果(Effect of incorporation of surface pre-reacted glass ionomer filler in tissue conditioner on the inhibition of Candida albicans adhesion). Dental Materials Journal 2018.06.01

  3. 平田明日香,髙草木謙介,谷本深雪,中村凜香,小峰広平,村上奈津子,野崎浩佑,若林則幸. 光重合型リライン材に対するC. albicans付着の評価. 令和4年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部学術大会 2022.12.18 東京

  4. 髙草木謙介,村上奈津子,和田淳一郎,笠井太平 ,松野 瞳, 山崎俊樹, 長山富治,谷田部 優,若林則幸. 人工歯の保持孔形態が義歯床用熱可塑性樹脂との結合力に与える影響. 日本補綴歯科学会第131回学術大会 2022.07.16 大阪

  5. 髙草木謙介. 多数歯欠損に対しオーバーデンチャーを用いて咀嚼能力を改善した症例. 日本補綴歯科学会 東京支部第25回学術大会 2021.12.05 東京

  6. 髙草木 謙介,堤 千明 ,里村 一人 ,若林 則幸. 過酢酸製剤による義歯床用レジン上のCandidaバイオフィル ム殺菌効果の検証. 日本補綴歯科学会第130回記念学術大会 2021.06.19 東京

  7. 髙草木謙介,堤千明,新井祐貴,若林則幸,里村一人. グレープフルーツ種子抽出物の義歯上Candidaバイオフィルム除去効果の検証. 2019.05.12 札幌

  8. 新井 祐貴, 堤 千明, 高草木 謙介, 若林 則幸, 里村 一人. 405-nm LED光照射による義歯上Candidaバイオフィルム破壊効果. 2019.05.12 札幌

  9. 長山富治,和田淳一郎,村上奈津子,渡邉知恵,水谷幸嗣,高草木謙介,内田博文,若林則幸. 部分床義歯の設計が残存歯に対する固定効果に及ぼす影響:基礎的検討. 日本補綴歯科学会 第127回学術大会 2018.06.17 岡山

  10. 平澤正洋, 堤千明, 高草木謙介, 里村一人, 笛木賢治, 若林則幸. 超親水性ポリマーをコーティングした義歯床用レジンのC.albicans付着抑制効果.. 第100回日本細菌学会関東支部総会 2017.09.28

  11. 平澤正洋,堤千明,高草木謙介,高橋英和,笛木賢治,若林則幸. 親水性メタクリルアミドポリマーをコーティングした義歯床用PMMAのC.albicans付着抑制効果. 平成28年度日本補綴歯科学会東関東支部会 2017.02.05 千葉

  12. 髙草木 謙介, 堤 千明, 平澤 正洋, 高久田 和夫, 笛木 賢治, 若林 則幸. S-PRGフィラー含有tissue conditionerのC.albicans付着抑制効果と機械的性質. 第99回日本細菌学会関東支部総会 2016.10.06 東京

  13. 堤千明,髙草木謙介,平澤正洋,若林則幸. S-PRGフィラーを含有する義歯用PMMAのCandida 菌付着抑制効果. 第125回日本補綴歯科学会 2016.07.10

  14. 髙草木謙介,笛木賢治,堤千明,高橋英和,平澤正洋,若林則幸. S-PRGフィラー含有粘膜調整材のカンジダ菌付着抑制効果と理工学的性質. 日本補綴歯科学会第125回学術大会 2016.07.09 金沢

  15. 堤千明,髙草木謙介,平澤正洋,髙久田和夫,若林則幸. S-PRGフィラー含有PMMAレジンのCandida albicans抑制効果について. 日本細菌学会関東支部総会 2015.10.29 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 若手奨励賞,第99回日本細菌学会関東支部総会,2016年10月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学科4年  咬合回復・部分床義歯補綴講義,2021年 - 現在

  • 部分床義歯補綴学演習,2021年 - 現在

  • 歯学科5年 包括臨床実習Phase II(A),2018年 - 現在

  • 歯学科6年 包括臨床実習Phase II(B) ,2018年 - 現在

  • 歯学科4年 咬合回復・部分床義歯補綴学実習,2017年 - 現在

  • 歯学科5年 包括臨床実習Phase Ⅰ,2017年 - 現在

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 歯科補綴学,東京歯科衛生専門学校