基本情報

写真a

平尾 昌之(ヒラオ マサノブ)

HIRAO Masanobu


職名

非常勤講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 大学院生
  • 2013年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 大学院生
  • 2021年04月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 整形外科学分野 非常勤講師
  • 2021年05月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 非常勤講師
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 感覚・皮膚・運動機能診療領域 整形外科 非常勤講師

▼全件表示

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Periprosthetic fragility fracture of the femur after primary cementless total hip arthroplasty. Mod Rheumatol. 2022.04; 32 (3): 626-633. ( PubMed, DOI )

  2. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Does surgical body position influence the risk for neurovascular injury in total hip arthroplasty? A magnetic resonance imaging study. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.12; 107 (8): 102817. ( PubMed, DOI )

  3. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Daisuke Koga, Ryohei Takada, Gaku Koyano, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Comparison of 5-year postoperative results between standard-length stems and short stems in one-stage bilateral total hip arthroplasty: a randomized controlled trial. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.05; 31 (4): 743-753. ( PubMed, DOI )

  4. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Incidence of tensor fascia lata muscle atrophy after using the modified Watson-Jones anterolateral approach in total hip arthroplasty. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.04; 31 (3): 533-540. ( PubMed, DOI )

  5. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Masanobu Hirao, Reiko Yamaguchi, Rui Nakahara, Atsushi Okawa. Rehabilitation for Patients with COVID-19: A Japanese Single-center Experience. Prog Rehabil Med. 2021.03; 6 20210013. ( PubMed, DOI )

  6. Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Reiko Yamaguchi, Masanobu Hirao, Rui Nakahara, Atsushi Okawa. Remote rehabilitation for patients with COVID-19. J Rehabil Med. 2020.09; 52 (9): jrm00095. ( PubMed, DOI )

  7. Emily Suzuki, Tomoko Sakai, Chisato Hoshino, Masanobu Hirao, Reiko Yamaguchi, Rui Nakahara. Assessment of the Need for Early Initiation of Rehabilitation Treatments in Patients with Coronavirus Disease 2019. Prog Rehabil Med. 2020.08; 5 20200018. ( PubMed, DOI )

  8. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Portable imageless navigation system and surgeon's estimate for accurate evaluation of acetabular cup orientation during total hip arthroplasty in supine position. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2020.05; 30 (4): 707-712. ( PubMed, DOI )

  9. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Kazuyoshi Yagishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Supine versus lateral position for accurate positioning of acetabular cup in total hip arthroplasty using the modified Watson-Jones approach: A randomized single-blind controlled trial. Orthop Traumatol Surg Res. 2019.09; 105 (5): 915-922. ( PubMed, DOI )

  10. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Akimasa Kimura, Daisuke Koga, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty. Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial. J Orthop Sci. 2018.09; 23 (5): 783-787. ( PubMed, DOI )

  11. R Takada, T Jinno, D Koga, M Hirao, T Muneta, A Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at 7 to 10 years follow-up. Orthop Traumatol Surg Res. 2016.10; 102 (6): 717-721. ( PubMed, DOI )

  12. Ryohei Takada , Tetsuya Jinno , Daisuke Koga , Masanobu Hirao , Takeshi Muneta , Atsushi Okawa . Is Drain Tip Culture Prognostic of Surgical Site Infection? Results of 1380 Drain Tip Cultures in Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.08; 30 (8): 1407-1409. ( PubMed, DOI )

  13. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討 Hip Joint. 2019.08; 45 (1): 192-196. ( 医中誌 )

  14. 平尾 昌之. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア VTE予防 予防法 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 695-699. ( 医中誌 )

  15. 平尾 昌之. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア VTE予防 臨床症状 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 692. ( 医中誌 )

  16. 平尾 昌之. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア VTE予防 検査所見 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 693-694. ( 医中誌 )

  17. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 高田 亮平. 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂のポイント 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂ポイント 病態 日本整形外科学会雑誌. 2018.09; 92 (9): 530-534. ( 医中誌 )

  18. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック 自己調節持続皮下注射との比較検討 Hip Joint. 2018.08; 44 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  19. 宮武 和正, 谷口 直史, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 神野 哲也. 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】下肢の変性疾患に対する高齢者治療 股関節変性疾患 高齢者における変形性股関節症の治療 合併症予防と早期退院をめざして 別冊整形外科. 2017.10; (72): 35-38. ( 医中誌 )

  20. 木村 晶理, 松原 正明, 野木 圭介, 山田 淳, 加瀬 雅士, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 大腿骨座標系における骨頭中心の三次元的な位置が人工股関節全置換術前後にどう変化するか Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 100-104. ( 医中誌 )

  21. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか? Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 382-386. ( 医中誌 )

  22. 天野 祐輔, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義 手術部位感染の予測因子として 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.03; 28 (1): 6-9. ( 医中誌 )

  23. 吉原 有俊, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳, 神野 哲也. 人工股関節全置換術後患者に対する静脈血栓塞栓症予防 術前リスクスコアリングによる抗凝固薬の用量調節の有用性 日本人工関節学会誌. 2015.12; 45 657-658. ( 医中誌 )

  24. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系に与える影響 Hip Joint. 2015.08; 41 804-808. ( 医中誌 )

  25. 平尾昌之, 神野哲也. 大腿骨頭壊死症・急速破壊型股関節症・関節リウマチ 理学療法. 2015; 32 (10): 927-935.

  26. 平尾昌之, 神野哲也. 成人股関節疾患の病態 急速破壊型股関節症 整形外科看護2015秋期増刊. 2015; 73-75.

  27. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 星野 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THAアプローチ 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性 日本人工関節学会誌. 2014.12; 44 161-162. ( 医中誌 )

  28. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 麻生 義則, 瀬川 裕子, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム形状の違いによるTHAの周術期凝固線溶系変化の比較 Hip Joint. 2014.08; 40 979-983. ( 医中誌 )

  29. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム長の違いがステムの前捻角とアライメントに及ぼす影響 Hip Joint. 2014.08; 40 616-619. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Atsushi Okawa. Accuracy of cup positioning of supine vs. lateral position in total hip arthroplasty using anterolateral approach: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2019.03.12 Las Vegas, USA

  2. Akira Takahashi, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Masanobu Hirano, Atsushi Okawa. Association Between Intraoperative Injury And Postoperative Change In TFL After Total Hip Arthroplasty Using Direct Anterior Approach. EFORT Barcelona, Spain 2018.05.30 Barcelona, Spain

  3. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene.. 17th EFORT 2016.06.01 Geneva,Schwzerland

  4. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty.. 17th EFORT 2016.06.01 Geneva,Schwzerland

  5. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty.. 17th EFORT  2016.06.01 Schwitz

  6. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene.. 17th EFORT  2016.06.01 Schwitz

  7. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Chisato Hoshino, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Risk factors related to dislocation after primary total hip arthroplasty. 15th EFORT  2014.06.04 UK

  8. 渡部直人、高田亮平、小川貴久、宮武和正、星野ちさと、平尾昌之、神野哲也、 古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 神経麻痺の危険因子の探索. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  9. 渡部直人、高田亮平、小川貴久、宮武和正、星野ちさと、平尾昌之、神野哲也、 古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 神経麻痺の危険因子の探索. 第52回日本人工関節学会 2022.02.25 京都

  10. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における人工股関節全置換術術前患者の 他関節症罹患率の検討. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  11. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の 他関節症罹患率の検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  12. 山口玲子、酒井朋子、星野ちさと、関淳、中原瑠衣、平尾昌之. 下腿コンパートメント症候群後の尖足変形に対し、歩行調整可能な短下肢装具を使用し歩行を獲得できた1例. 第74回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2021.02.07 WEB開催

  13. 中原瑠衣、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、関淳、平尾昌之. CIVD-19患者にリモートで行った嚥下評価について. 第74回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2021.02.07

  14. 関淳、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、中原瑠衣、平尾昌之. COVID-19のリハビリテーション治療中にD-dimer上昇により大動脈内血栓が診断された1例. 第74回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2021.02.07 WEB開催

  15. 酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、中原瑠衣、大川淳. COVID-19感染症病棟入棟患者のADLについて. 第4回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  16. 星野ちさと、酒井朋子、平尾昌之、山口玲子、中原瑠衣、荻内隆司. ポストポリオ症候群に伴う高度反張膝に対し手術療法と装具療法を併用した1例. 第4回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  17. 中原瑠衣、酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、大川淳. ECMO管理を必要とした重症COVID-19患者に対しリハビリテーション治療を行った4例について. 第4回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  18. 酒井朋子、星野ちさと、山口玲子、平尾昌之、中原瑠衣、大川淳. COVID-19感染症に対するリモートリハビリテーション治療について. 第4回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2020.11.20

  19. 瀬川裕子、柿﨑潤, 宮武和正、平尾昌之、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳. 内反股に対し髄内釘を用いた大腿骨転子部外反骨切り術を施行したMcCune-Albright症候群の1例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  20. 星野ちさと、酒井朋子、中原瑠衣、山口玲子、平尾昌之、大川淳. リハビリテーション医療チームにおける運動器の専門家・整形外科医師の役割. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  21. 宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、吉井 俊貴 、大川 淳、神野 哲也、古賀 英之. 仰臥位人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  22. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 柿崎 潤, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 神野 哲也, 大川 淳. 髄内釘を用いた大腿骨骨切り術中に大量出血を来したMcCune-Albright症候群の1例. 第53回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン

  23. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 橘 哲也, 大川 淳. 初回全人工股関節置換術中に生じた大腿骨骨幹部骨折に対してロングセメントステムを用いて再置換術を施行した一例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  24. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、神野哲也、大川淳. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血をきたしたMcCune-Albright症候群の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  25. 山本尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後リハビリテーション医療による早期日常生活動作能力向上が精神的健康や社会参加促進に与える影響. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  26. 山口 玲子, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 請川 大, 平尾 昌之, 神野 哲也, 大川 淳. 一過性大腿骨頭萎縮症を伴った妊婦で長期臥床を余儀なくされた1例. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  27. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 吉井 俊貴, 大川 淳. 人工股関節全置換術における術中体位の違いは神経・血管損傷リスクに影響するか. 第93回日本整形外科学会学術集会 2020.06.11 オンライン

  28. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、王耀東、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術術後のステム周囲骨リモデリングの比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  29. 神野哲也、宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、品田 良太、長束 由里、古賀 大介、松原 正明、大川 淳. 50歳以下の若年者に対する人工股関節全置換術の20年成績. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  30. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  31. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、大川淳、神野哲也、柿﨑潤. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血を来たしたMcCune-Albright症候群の1例. 第30回 関東小児整形外科研究会 2020.02.01

  32. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代クロスリンクポリエチレンライナーの比較検討. 第39回 整形外科バイオマテリアル研究会 2019.12.07 札幌

  33. 神野哲也, 山口 岳彦, 平尾 昌之, 宮武 和正, 高田 亮平, 品田 良太, 長束 由里, 橘 哲也. 大腿骨頭壊死症疑いにてcore biopsyを要した一例. 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者のQOL向上に関する大規模多施設研究班 令和元年度班会議 2019.11.30

  34. 山本 尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、塩田幹夫、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子. 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.16

  35. 瀬川裕子、山口玲子、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 小児整形外科外来における乳児股関節脱臼二次検診の現状. 第46回 日本股関節学会学術集会 2019.10.25 宮崎

  36. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、橘哲也、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の他関節症罹患率の検討. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  37. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. ステム周囲骨リモデリングに注目した異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  38. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 健常人における体位による股関節周囲神経・血管走行の変化. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  39. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小山 恭史, 小柳 広高, 大川 淳. 脊椎骨盤固定患者の人工股関節全置換術術後反復性脱臼に対する治療経験 メッシュによる軟部組織再建. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  40. 橘 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術後中期における股関節周囲筋の筋断面積変化. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 東京 文京区

  41. 宮武和正、神野哲也 瀬川裕子 平尾昌之 請川大 星野ちさと 酒井朋子. 発育性股関節形成不全による2次性股関節症患者の人工股関節全置換術術前の理学所見陽性率の検討. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  42. 平尾昌之、酒井朋子、宮武和正、請川大、星野ちさと、大川淳. 大腿骨頚部骨折に対する人工股関節全置換術術後早期に発生した反復性脱臼により不可逆な廃用をきたした一例. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  43. 猪野又 慶, 酒井 朋子, 平尾 昌之, 請川 大, 星野 ちさと, 宮武 和正, 大川 淳. 一定期間の臥床安静後に抗重力姿勢に対して恐怖心を自覚するようになった1例. 第56回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2019.06.12 神戸

  44. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術における中期成績の比較検討. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  45. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. 第50回 関東股関節懇話会 2019.03.02

  46. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. THA術前計画のための脊椎-骨盤アライメントの評価. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.16 新宿

  47. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.15 新宿

  48. 山本尚輝, 神野哲也, 酒井法子, 柳下和慶, 渡邊敏文, 瀬川裕子, 宮武和正, 請川大, 星野ちさと, 塩田幹夫, 平尾昌之, 大川淳,. 歩行評価における人工膝関節全置換術後早期と術後2年時の関連性の検討 . 第2回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  49. 平尾昌之, 酒井朋子、宮武和正、請川大、星野ちさと、大川淳. 人工股関節全置換術術後リハビリテーションにおける異なる術後鎮痛法の比較検討. 第2回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2018.11.02 仙台

  50. 平尾昌之, 神野哲也、宮武和正、王耀東、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したキアリ骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. 第45回 日本股関節学会 2018.10.26 名古屋

  51. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討. 第45回 日本股関節学会 2018.10.26 名古屋

  52. 高階 祐輔, 宮武 和正, 平尾 昌之, 小山 恭史, 瀬川 裕子, 大川 淳. 血友病性股関節症に対し遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤併用し人工股関節全置換術を行った1例. 第67回 東日本整形災害外科学会 2018.09.21 秋田

  53. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 王 燿東, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したChiari 骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  54. 平尾 昌之, 神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロックと自己調節持続皮下注射の比較検討 . 第48回 日本人工関節学会 2018.02.23 東京

  55. 高田 亮平、神野 哲也、宮武 和正、平尾 昌之、柳下 和慶、大川 淳. 仰臥位と側臥位による前側方進入法を用いた人工股関節全置換術におけるインプラント設置角度の検討: ランダム化比較試験. 第47回 日本人工関節学会 2018.02.23

  56. 山本 尚輝, 神野 哲也,酒井 朋子,渡邊 敏文,宮武 和正,星野 ちさと,高田 亮平,平尾 昌之,小川 貴久,大川 淳. 人工膝関節全置換術における入院期間と術後ADLの関係性について . 第68回 日本リハビリテーション医学会関東地方会 2018.02.04 お茶の水

  57. 平尾 昌之、神野 哲也、宮武 和正、高田 亮平、瀬川 裕子、大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック(自己調節持続皮下注射との比較検討). 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿

  58. 高橋 晃、神野 哲也、宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、星野 ちさと、瀬川 裕子、大川 淳. 前方進入法を用いた人工股関節全置換術における術中大腿筋膜張筋損傷評価と術後早期における筋断面積の変化との関連性の検討. 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿

  59. 瀬川裕子、神野哲也、松原正明、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 寛骨臼回転骨切り術施行症例における小児期予防的手術への意識調査. 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿

  60. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、柳下和慶、大川淳. 両側一期的人工股関節全置換術における前方進入法と前側方進入法の術後成績に関する検討: ランダム化比較試験. 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿区

  61. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨折と応力遮蔽の関連性. 第66回 東日本整形災害外科学会 2017.09.15 新宿

  62. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の中・長期フォローにおけるステム周囲骨折の特徴. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  63. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 宗田 大, 大川 淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第1世代と第2世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  64. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、大川淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  65. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宗田 大, 大川 淳. 長さの異なるwedge taper型ステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討. 第57回 関東整形災害外科学会 2017.03.17 京橋

  66. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第47回 日本人工関節学会 2017.02.24 沖縄

  67. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、宗田大、大川淳 . セメントレス人工股関節全置換術における応力遮蔽と大腿骨脆弱性骨折の関連性の検討. 第47回 日本人工関節学会 2017.02.24 沖縄

  68. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第47回 日本人工関節学会 2017.02.24

  69. 公平 勇二, 平尾 昌之, 神野 哲也, 大川 淳, 門野 夕峰, 池上 政周. 人工股関節全置換術の術後成績における主観および客観的評価についての検討. 関東整形災害外科学会雑誌 2016.12

  70. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、古賀大介、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における異なるwedge taper型ステムの画像比較. 第43回 日本股関節学会学術集会 2016.11.04 大阪

  71. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、宗田大、大川淳. 寛骨臼形成不全股に伴う骨盤側骨嚢胞の人工股関節全置換術術後形態変化. 第43回 日本股関節学会学術集会 2016.11.04 大阪

  72. 公平勇二、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、神野哲也、大川淳. 人工股関節全置換術の術後成績における主観及び客観的評価についての検討. 第682回 関東整形災害外科学会月例会 整形外科集団会東京地方会 2016.09.24

  73. 山本皓子、神野 哲也、瀬川 裕子、木村 晶理、高田 亮平、平尾 昌之、加藤 剛、宗田 大、大川 淳. 発育性股関節形成不全(脱臼)治療後に遺残した寛骨臼形成不全に対する思春期での骨盤骨切り術の経験. 第55回 日本小児股関節研究会 2016.06.24 岡山

  74. 平尾 昌之, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  75. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 高田 亮平, 大川 淳, 宗田 大. 変形性股関節症ガイドライン 変形性股関節症診療ガイドライン 病態. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  76. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 異なる高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  77. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 寛骨臼形成不全症例における小児期治療歴と股関節形態の検討. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  78. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 冨田 誠, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  79. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 異なる高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12

  80. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 熱処理法の異なる二種の高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第46回 日本人工股関節学会 2016.02.26 大阪

  81. 木村晶理、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 京セラPerFixステム・AMSシェルを用いた人工股関節全置換術の長期成績. 第46回 日本人工股関節学会 2016.02.26 大阪

  82. 平尾昌之、神野哲也、木村晶理、高田亮平、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる長さのステムを用いた両側人工股関節全置換術の短期成績. 第46回 日本人工股関節学会 2016.02.26 大阪

  83. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 熱処理法の異なる二種の高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第46回 日本人工関節学会 2016.02.26

  84. 山本皓子, 神野哲也, 木村晶理, 高田亮平, 平尾昌之. ARMDに遅発性感染を合併した症例. 第44回 関東股関節懇話会 2016.02.06

  85. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 寛骨臼形成不全症例における小児期治療歴と股関節形態の検討. 第26回 日本小児整形外科学会学術集会 2015.12.04 岐阜

  86. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、宗田大、大川淳. コンピュータ断層撮影はクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術術後の骨溶解検出に有用か. 第42回 日本股関節学会学術集会 2015.10.30 大阪

  87. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、麻生義則、冨田誠、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか?. 第42回 日本股関節学会学術集会 2015.10.30 大阪

  88. 平尾昌之、神野哲也、木村晶理、高田亮平、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. セメントレス人工股関節全置換術後の大腿骨脆弱性骨折の特徴. 第42回 日本股関節学会学術集会 2015.10.30 大阪

  89. 木村晶理、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 大腿骨座標系における骨頭中心の3次元的な位置がTHA術前後にどう変化するか. 第42回 日本股関節学会学術集会 2015.10.30 大阪

  90. 天野 祐輔, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳, 宗田 大. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義. 第64回東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  91. 瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、麻生義則、冨田誠、高田亮平、平尾昌之、宗田大、大川淳. 変形性股関節症に対し人工股関節全置換術を受けた患者へのアンケート調査 — 小児期股関節手術への意識調査 −. 第54回 日本小児股関節研究会 2015.06.26 東京

  92. 古賀大介、神野哲也、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、森田定雄. 人工股関節全置換術における進入法間の術中関節安定性比較. 第52回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2015.05.28 新潟

  93. 古賀 大介, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 川田 和正, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 両側一期的人工股関節全置換術における感染危険因子の検討. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  94. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節外転筋断面積の比較検討. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  95. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の大腿骨脆弱性骨折. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  96. 高田亮平、 神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる前方系進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節周囲筋断面積の比較検討 . 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  97. 平尾昌之、神野哲也、古賀大介、高田亮平、瀬川裕子、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 両側人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系マーカーに与える影響. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  98. 古賀大介、 神野哲也、麻生義則、高田亮平、平尾昌之、森田定雄、宗田大、大川淳. 筋誘発電位モニタリング併用人工股関節全置換術におけるアラートポイントの検討. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  99. 吉原有俊、神野哲也、麻生義則、古賀大介、高田亮平、平尾昌之、星野ちさと、森田定雄、関矢一郎、宗田大、大川淳. 人工股関節置換術後患者に対するVTE予防 ~術前リスクスコアリングによる抗凝固薬の用量調節の有用性~. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27 福岡

  100. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. メタルオンクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術の中期成績: CTによる検討. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  101. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における ドレーン先端培養の意義. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  102. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節外転筋断面積の比較検討. 第41回 関東股関節懇話会 2014.10.04

  103. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳、. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子の解析と検討. 第87回 日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  104. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、小谷野岳、平尾昌之、大川淳. 股関節手術における3次元骨モデルの使用経験. 第8回 日本CAOS研究会 2014.03.06

  105. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 後側方進入法における術中計測値と術後脱臼の関連性の検討. 第44回 日本人工関節学会 2014.02.21 日本人工関節学会

  106. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、宮武和正、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. ステム長の違いがステムの前捻とアライメントに及ぼす影響. 第40回 日本股関節学会 2013.11.29

▼全件表示