基本情報

写真a

副島 友莉恵(ソエジマ ユリエ)

SOEJIMA Yurie


職名

助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5375

メールアドレス

soejima.mp@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mp/index.html

研究分野・キーワード

病理学、細胞診、肝・胆道

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  保健衛生学科  2006年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  保健衛生学研究科  生体検査科学専攻  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 分子病態検査学 特任助教
  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 分子病態検査学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 分子病理検査学分野 助教
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 分子病理検査学分野 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 分子病理検査学分野 講師(キャリアアップ)

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2014年03月
    帝京大学 医学部病理学講座 臨床検査技師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

  • 日本臨床細胞学会

  • 日本癌学会

  • 日本臨床検査医学会

  • 日本肝癌研究会

  • 病理技術研究会

  • 日本臨床衛生検査技師会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

  • 実験病理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査技師

  • 細胞検査士

  • 遺伝子分析科学認定士(初級)

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Lipoprotein(a)と悪性腫瘍との関連についての分子疫学的・病理学的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 細胆管癌および肝内胆管癌の腫瘍発生に関わるインテグリンβ4,β6の発現と機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 細胆管癌および肝内胆管癌の腫瘍発生に関わるインテグリンβ4,β6の発現と機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 動脈老化と大動脈解離症におけるタンパク質発現・翻訳後修飾解析と病理組織学的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 胆管癌におけるインテグリンαvβ6の発現機序解明と治療応用への展開

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sato Mizuho, Tsumoto Hiroki, Toba Ayumi, Soejima Yurie, Arai Tomio, Harada Kazumasa, Miura Yuri, Sawabe Motoji. Proteome analysis demonstrates involvement of endoplasmic reticulum stress response in human myocardium with subclinical left ventricular diastolic dysfunction GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL. 2021.07; 21 (7): 577-583. ( PubMed, DOI )

  2. Soejima Y, Takeuchi M, Miyamoto N, Sawabe M, Fukusato T. ITGB6-Knockout Suppresses Cholangiocarcinoma Cell Migration and Invasion with Declining PODXL2 Expression. International journal of molecular sciences. 2021.06; 22 (12): 6303. ( PubMed, DOI )

  3. Kensuke Ihara, Tetsuo Sasano, Yuichi Hiraoka, Marina Togo-Ohno, Yurie Soejima, Motoji Sawabe, Megumi Tsuchiya, Hidesato Ogawa, Tetsushi Furukawa, Hidehito Kuroyanagi. A missense mutation in the RSRSP stretch of Rbm20 causes dilated cardiomyopathy and atrial fibrillation in mice. Sci Rep. 2020.10; 10 (1): 17894. ( PubMed, DOI )

  4. Denda Tamami, Kamoshida Shingo, Kuwao Sadahito, Kawamura Jumpei, Ota Yasunori, Soejima Yurie, Akiyama Masako, Sawabe Motoji. Solute carrier transporters, reduced folate carrier 1 and equilibrative nucleoside transporter 1, as immunohistochemical markers for high-grade malignancy in bladder cancer Journal of Medical and Dental Sciences. 2020; 67 11-20. ( 医中誌 )

  5. Horiguchi Ayana, Umezawa Takashi, Umemori Miyaka, Ito Satoshi, Tsuchiya Sachiko, Hirooka Shinichi, Kiyokawa Takako, Ikegami Masahiro, Takahashi Hiroyuki, Soejima Yurie, Sawabe Motoji. Application of cell block preparation in effusion cytology: Analysis of mismatched diagnosis and utility of immunostaining Journal of Medical and Dental Sciences. 2020; 67 21-29. ( 医中誌 )

  6. Yuri Miura, Atsuko Hayakawa, Shohei Kikuchi, Hiroki Tsumoto, Keitaro Umezawa, Yuko Chiba, Yurie Soejima, Motoji Sawabe, Koji Fukui, Yoshihiro Akimoto, Tamao Endo. Fumarate accumulation involved in renal diabetic fibrosis in Goto-Kakizaki rats. Arch. Biochem. Biophys.. 2019.12; 678 108167. ( PubMed, DOI )

  7. Miyata-Morita Kana, Morita Shigeki, Matsutani Noriyuki, Kondo Fukuo, Soejima Yurie, Sawabe Motoji. Frequent appearance of club cell (Clara cell)-like cells as a histological marker for ALK-positive lung adenocarcinoma PATHOLOGY INTERNATIONAL. 2019.12; 69 (12): 688-696. ( PubMed, DOI )

  8. Miura Yuri, Tsumoto Hiroki, Iwamoto Machiko, Yamaguchi Yuya, Ko Pojui, Soejima Yurie, Yoshida Shoko, Toda Tosifusa, Arai Tomio, Hamamatsu Akihiko, Endo Tamao, Sawabe Motoji. Age-associated proteomic alterations in human aortic media Geriatrics & Gerontology International. 2019.10; 19 (10): 1054-1062. ( 医中誌 )

  9. Nakamura Nobuyuki, Fujii Takeshi, Soejima Yurie, Sawabe Motoji. Optimization of trypsin treatment condition utilizing immunohistochemistry for chromogenic in situ hybridization PATHOLOGY INTERNATIONAL. 2019.10; 69 (10): 563-571. ( PubMed, DOI )

  10. Huy Chan Kong, Matsumoto Yasuyo, Sovanara Hang, Rayounette Krouch, Akaba Hiroki, Ohara Kaori, Soejima Yurie, Katayama Hironori, Hiroi Sadayuki, Wakasa Tomoko, Komatsu Kyoko, Fujita Noriko, Kawai Toshiaki. National Maternal and Child Health Center(NMCHC)の病理部門の設立準備 日本臨床細胞学会雑誌. 2019.10; 58 (Suppl.2): 574. ( 医中誌 )

  11. Pintuna Pich, Matsumoto Yasuyo, Ohara Kaori, Wakasa Tomoko, Soejima Yurie, Katayama Hironori, Hiroi Sadayuki, Komatsu Kyoko, Fujita Noriko, Kawai Toshiaki. 日本におけるカンボジア人技師研修 日本臨床細胞学会雑誌. 2019.10; 58 (Suppl.2): 590-591. ( 医中誌 )

  12. An J, Naruse TK, Hinohara K, Soejima Y, Sawabe M, Nakagawa Y, Kuwahara K, Kimura A. MRTF-A regulates proliferation and survival properties of pro-atherogenic macrophages. Journal of molecular and cellular cardiology. 2019.08; 133 26-35. ( PubMed, DOI )

  13. Nomura Y, Tanaka T, Kobayashi H, Kimura Y, Soejima Y, Sawabe M. A 3-Dimensional Model of the Human Round Window Membrane. The Annals of otology, rhinology, and laryngology. 2019.06; 128 (6_suppl): 103S-110S. ( PubMed, DOI )

  14. Soulideth Vilayvong, Kiyomi Hando, Masaki Sekine, Thitsamay Luangxay, Phetsamone Arounlangsy, Pheangvilay Xaysomphet, Phetlammone Xayaphet, Hatthakone Thavisouk, Yurie Soejima, Masanobu Kitagawa, Motoji Sawabe. Useful Application of Immunostaining to Malignant Pleural Effusion among Lao People in Vientiane Capital, Lao PDR Asian Pac. J. Cancer Prev. 2019.01; 20 (1): 243-248. ( PubMed, DOI )

  15. Yurie Soejima, Miho Takeuchi, Takumi Akashi, Motoji Sawabe, Toshio Fukusato. β4 and β6 Integrin Expression Is Associated with the Subclassification and Clinicopathological Features of Intrahepatic Cholangiocarcinoma. Int J Mol Sci. 2018.03; 19 (4): ( PubMed, DOI )

  16. Hando K, Luangxay T, Vilayvong S, Vongdala C, Vongsonephet K, Xayaphet P, Soejima Y, Fukuda T, Xaysomphet P, Phengsavanh A, Arounlangsy P, Sawabe M. . Knowledge and attitude toward cervical cancer and its prevention among female workers in the Vientiane Capital, Lao PDR. J Med Dent Sci . 2018.03; 65 (1): 9-18. ( DOI )

  17. Hando Kiyomi, Luangxay Thitsamay, Vilayvong Soulideth, Vongdala Champadeng, Vongsonephet Khanmaly, Xayaphet Phetlammone, Soejima Yurie, Fukuda Toshio, Xaysomphet Phaengvilay, Phengsavanh Alongkone, Arounlangsy Phetsamone, Sawabe Motoji. ラオス人民民主共和国、首都ヴィエンチャンの女性労働者における子宮頸癌とその予防に関する知識と態度(Knowledge and attitude toward cervical cancer and its prevention among female workers in the Vientiane Capital, Lao PDR) Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.03; 65 (1): 9-18. ( 医中誌 )

  18. Kinoshita M., Matsuda Y., Arai T., Soejima Y., Sawabe M., Honma N.. Cytological diagnostic clues in poorly differentiated squamous cell carcinomas of the breast: Streaming arrangement, necrotic background, nucleolar enlargement and cannibalism of cancer cells CYTOPATHOLOGY. 2018.02; 29 (1): 22-27. ( DOI )

  19. K Miyata, S Morita, H Dejima, N Seki, N Matsutani, M Mieno, F Kondo, Y Soejima, F Tanaka, M Sawabe. Cytological markers for predicting ALK-positive pulmonary adenocarcinoma. Diagn. Cytopathol.. 2017.11; 45 (11): 963-970. ( PubMed, DOI )

  20. Keiichi Kinowaki, Yurie Soejima, Arisa Kumagai, Fukuo Kondo, Keiji Sano, Takeshi Fujii, Masanobu Kitagawa, Toshio Fukusato. Clinical and pathological significance of myeloid differentiation factor 88 expression in human hepatocellular carcinoma tissues. Pathology international 東京医科歯科大学. 2017.05; 67 (5): 256-263. ( PubMed, DOI )

  21. Yano T, Soejima Y, Nakajima Y, Akashi T, Sawabe M. Application of low-vacuum scanning electron microscopy in cytopathology: To what extent can adenocarcinoma be morphologically distinguished from squamous cell carcinoma in lung cancer? J Med Dent Sci.. 2017.03; 64 (1): 1-8.

  22. 中村 信之, 藤井 丈士, 副島 友莉恵, 沢辺 元司. Chromogenic in situ hybridization法におけるトリプシン処理の有用性(Trypsin digestion yields the best and stable results in chromogenic in situ hybridization) 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 493-494. ( 医中誌 )

  23. Yano Tetsuya, Soejima Yurie, Nakajima Yutaka, Akashi Takumi, Sawabe Motoji. 細胞病理学分野における低真空走査型電子顕微鏡の応用 肺癌における腺癌と扁平上皮癌の形態学的な鑑別はどの程度まで可能か(Application of low-vacuum scanning electron microscopy in cytopathology: To what extent can adenocarcinoma be morphologically distinguished from squamous cell carcinoma in lung cancer?) Journal of Medical and Dental Sciences. 2017.03; 64 (1): 1-8. ( 医中誌 )

  24. Arisa Kumagai, Fukuo Kondo, Keiji Sano, Masafumi Inoue, Takeshi Fujii, Masaji Hashimoto, Masato Watanabe, Yurie Soejima, Tsuyoshi Ishida, Takuo Tokairin, Koji Saito, Yuko Sasajima, Yoshihisa Takahashi, Hiroshi Uozaki, Toshio Fukusato. Immunohistochemical study of hepatocyte, cholangiocyte and stem cell markers of hepatocellular carcinoma: the second report - relationship with tumor size and cell differentiation. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2016.07; 23 (7): 414-421. ( PubMed, DOI )

  25. Naoya Abe, Kozue Matsuo, Toshio Kumasaka, Koichi Naka, Syoichi Hashimoto, Tamiko Takemura, Mutsunori Fujiwara, Yukiko Ito, Ryo Nakata, Takuya Hashimoto, Masatoshi Makuuchi, Yurie Soejima, Motoji Sawabe. Systematic cytological evaluation and immunocytochemistry of minichromosome maintenance protein 2 and p53 significantly improve cytological diagnosis of pancreaticobiliary adenocarcinoma. J. Med. Dent. Sci.. 2016.03; 63 (1): 19-27. ( PubMed, DOI )

  26. Takahashi, K. and Sasano, T. and Sugiyama, K. and Kurokawa, J. and Tamura, N. and Soejima, Y. and Sawabe, M. and Isobe, M. and Furukawa, T.. High-fat diet increases vulnerability to atrial arrhythmia by conduction disturbance via miR-27b Journal of molecular and cellular cardiology. 2016.01; 90 38-46.

  27. Tetsuya Yano, Yurie Soejima, Motoji Sawabe. Application of low vacuum scanning electron microscopy for Papanicolaou-stained slides for cytopathology examinations. Microscopy (Oxf). 2016.01; 65 (3): 269-273. ( PubMed, DOI )

  28. Toshio Fukusato, Yurie Soejima, Fukuo Kondo, Masafumi Inoue, Masato Watanabe, Yoshihisa Takahashi, Tatsuya Aso, Hiroshi Uozaki, Keiji Sano, Yukihiro Sanada, Toshiro Niki. Preserved or enhanced OATP1B3 expression in hepatocellular adenoma subtypes with nuclear accumulation of β-catenin. Hepatology Research. 2015.10; 45 (10): E32-E42. ( PubMed, DOI )

  29. Yukihiro Sanada, Koichi Mizuta, Toshiro Niki, Masahisa Tashiro, Yuta Hirata, Noriki Okada, Naoya Yamada, Yoshiyuki Ihara, Taizen Urahashi, Yurie Soejima, Toshio Fukusato, Fukuo Kondo. Hepatocellular nodules resulting from congenital extrahepatic portosystemic shunts can differentiate into potentially malignant hepatocellular adenomas. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2015.10; 22 (10): 746-756. ( PubMed, DOI )

  30. Yoshihisa Takahashi, Keiichiro Sugimoto, Yurie Soejima, Arisa Kumagai, Tatsuki Koeda, Aiko Shojo, Kazuya Nakagawa, Naoki Harada, Ryoichi Yamaji, Hiroshi Inui, Toshikazu Yamanouchi, Toshio Fukusato. Inhibitory effects of eucalyptus and banaba leaf extracts on nonalcoholic steatohepatitis induced by a high-fructose/high-glucose diet in rats. Biomed Res Int. 2015.04; 2015 296207. ( PubMed, DOI )

  31. Yurie Soejima, Masafumi Inoue, Yoshihisa Takahashi, Hiroshi Uozaki, Motoji Sawabe, Toshio Fukusato. Integrins αvβ6, α6β4 and α3β1 are down-regulated in cholangiolocellular carcinoma but not cholangiocarcinoma. Hepatol. Res.. 2014.12; 44 (14): E320-E334. ( PubMed, DOI )

  32. Uozaki H, Morita S, Kumagai A, Aso T, Soejima Y, Takahashi Y, Fukusato T. Stromal miR-21 is more important than miR-21 of tumour cells for the progression of gastric cancer. Histopathology. 2014.12; 65 (6): 775-783. ( PubMed, DOI )

  33. Takahashi Y, Soejima Y, Kumagai A, Watanabe M, Fukusato T. Japanese herbal medicines shosaikoto, inchinkoto, and juzentaihoto inhibit high-fat diet-induced nonalcoholic steatohepatitis in db/db mice. Pathol. Int.. 2014.10; 64 (10): 490-498. ( PubMed, DOI )

  34. Takahashi Y, Soejima Y, Kumagai A, Watanabe M, Fukusato T. Inhibitory effects of Japanese herbal medicines sho-saiko-to and juzen-taiho-to on nonalcoholic steatohepatitis in mice. PLoS ONE. 2014.01; 9 (1): e87279. ( PubMed, DOI )

  35. Miura F, Sano K, Amano H, Toyota N, Wada K, Kadowaki S, Shibuya M, Takada T, Soejima Y, Kondo F. Long-term surgical outcomes of patients with type 1 autoimmune pancreatitis. World J Surg. 2013.01; 37 (1): 162-168. ( PubMed, DOI )

  36. 近藤福雄, 副島友莉恵, 福里利夫. 良性肝細胞性結節の病理診断:新WHO分類をふまえて 肝臓. 2013; 54 (12): 807-818.

  37. Takahashi Y, Soejima Y, Fukusato T. Animal models of nonalcoholic fatty liver disease/nonalcoholic steatohepatitis. World J. Gastroenterol.. 2012.05; 18 (19): 2300-2308. ( PubMed, DOI )

  38. 東海林 琢男, 甲嶋 洋平, 吉留 博之, 副島 友莉恵, 安達 章子, 斉藤 光次, 笹島 ゆう子, 宇於崎 宏, 福里 利夫, 近藤 福雄. 経口避妊薬服用歴のない女性に発生しTERT promoter領域遺伝子変異を伴うβ-catenin活性化型肝細胞腺腫の一例 肝臓. 2020.09; 61 (9): 461-469. ( 医中誌 )

  39. 近藤 福雄, 斉藤 光次, 東海林 琢男, 石田 毅, 大島 康利, 藤倉 睦夫, 笹島 ゆう子, 福里 利夫, 宇於崎 宏, 渋谷 誠, 前野 佐和子, 佐野 圭二, 副島 友莉恵. 【肝細胞性腫瘍の分類・亜分類の最前線】混合型肝癌 病理組織亜型の行方(WHO分類第5版2019) 肝・胆・膵. 2020.04; 80 (4): 629-636. ( 医中誌 )

  40. 廣井 禎之, 小松 京子, 片山 博徳, 副島 友莉恵, 松本 安代, 榎木 英介, 大原 佳央里, 若狹 朋子, 藤田 則子, 河合 俊明. カンボジア国立母子保健センターにおける病理検査室の創設 日本病理学会会誌. 2020.03; 109 (1): 447. ( 医中誌 )

  41. 沢辺 元司, 副島 友莉恵. ヒト房室伝導軸を特定するための実用的免疫組織化学的方法の検索 日本病理学会会誌. 2020.03; 109 (1): 331. ( 医中誌 )

  42. 若狹 朋子, 河合 俊明, 榎木 英介, 伊藤 智雄, 小松 京子, 廣井 禎之, 阿部 仁, 副島 友莉恵, 大原 佳央里, 藤田 則子. カンボジア王国への病理診断体制整備支援事業 免疫染色導入における課題 日本病理学会会誌. 2020.03; 109 (1): 448. ( 医中誌 )

  43. 副島 友莉恵, 阿部 仁, 小松 京子, 廣井 禎之, 伊藤 智雄, 若狹 朋子, 沢辺 元司, 大原 佳央里, 藤田 則子, 河合 俊明. カンボジア王国がん拠点病院における免疫組織化学システムの立ち上げ 日本病理学会会誌. 2020.03; 109 (1): 448. ( 医中誌 )

  44. 佐藤 瑞穂, 津元 裕樹, 鳥羽 梓弓, 梅澤 啓太郎, 川上 恭司郎, 副島 友莉恵, 新井 冨生, 原田 和昌, 三浦 ゆり, 沢辺 元司. 左室駆出率が保たれた心不全のヒト心筋プロテオーム解析 電気泳動. 2019.07; 63 (Suppl.): 236. ( 医中誌 )

  45. 廣井 禎之, 小松 京子, 沢辺 元司, 副島 友莉恵, 片山 博徳, 布引 治, 河合 俊明, 若狭 朋子. 子宮頸がん検診のための病理技術者育成と体制整備事業(カンボジア)における病理標本の質向上2018 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 443. ( 医中誌 )

  46. 副島 友莉恵, 高槻 祐菜, 中嶋 裕, 今田 安津子, 明石 巧, 小林 正典, 田邉 稔, 沢辺 元司, 福里 利夫. 胆道上皮内腫瘍におけるα6β4, αvβ6インテグリンの発現 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 386. ( 医中誌 )

  47. 竹内 美穂, 副島 友莉恵, 宮本 菜央, 明石 巧, 沢辺 元司, 福里 利夫. 肝内胆管癌におけるαvβ6インテグリンとTGFβ1,α-SMAの発現解析 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 470. ( 医中誌 )

  48. 河野 圭, 木脇 圭一, 副島 友莉恵, 佐藤 順一朗, 細井 敦子, 乳原 善文, 橋本 雅司, 藤井 丈士, 近藤 福雄, 福里 利夫. 常染色体優性多発性嚢胞腎に伴う多発性肝嚢胞症を背景として発症した多発性限局性結節性過形成の一例 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 466. ( 医中誌 )

  49. 宮田 佳奈, 森田 茂樹, 近藤 福雄, 副島 友莉恵, 沢辺 元司. ALK融合遺伝子陽性肺癌におけるApocrine secreting cellの検討 臨床病理. 2018.10; 66 (補冊): 224. ( 医中誌 )

  50. 菊池 みなみ, 副島 友莉恵, 沢辺 元司. 乾燥血液スポットを用いたB型肝炎ウイルス検査の有用性 臨床病理. 2018.10; 66 (補冊): 250. ( 医中誌 )

  51. 榎 康博, 副島 友莉恵, 笹野 哲郎, 沢辺 元司. ヒトおよびマウス刺激伝導系心筋細胞の組織学的・免疫組織化学的解析 日本医学検査学会抄録集. 2018.05; 67回 550. ( 医中誌 )

  52. Miura Yuri, Tsumoto Hiroki, Iwamoto Machiko, Yamaguchi Yuya, Soejima Yurie, Toda Tosifusa, Arai Tomio, Hamamatsu Akihiko, Endo Tamao, Sawade Motoji. 老化に伴うヒト大動脈中膜のプロテオーム変化 MFGE8の堆積、酸化損傷の亢進、actinとactin関連蛋白質の不均衡 基礎老化研究. 2018.05; 42 (2): 58. ( 医中誌 )

  53. 東海林 琢男, 近藤 福雄, 副島 友莉恵, 斉藤 光次, 笹島 ゆう子, 甲嶋 洋平, 吉留 博之, 安達 章子, 宇於崎 宏, 福里 利夫. TERT promoter領域遺伝子変異を認めたbeta-catenin遺伝子活性化型肝細胞腺腫の一例 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 370-371. ( 医中誌 )

  54. 沢辺 元司, 副島 友莉恵, 明石 巧. ヒト悪性腫瘍におけるapolipoprotein(a)の免疫組織化学的検討 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 402. ( 医中誌 )

  55. 副島 友莉恵, 山口 雄也, 三浦 ゆり, 津元 裕樹, 岩本 真知子, 吉田 祥子, 新井 冨生, 濱松 晶彦, 遠藤 玉夫, 沢辺 元司. ヒト大動脈老化におけるプロテオーム解析および免疫組織化学的解析 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 498-499. ( 医中誌 )

  56. 斉藤 光次, 近藤 福雄, 福里 利夫, 東海林 琢男, 副島 友莉恵, 石田 毅, 増田 芳雄, 堀内 啓, 佐野 圭二. グルタミンシンセターゼ(GS)びまん性陽性を示す良性肝細胞性結節の病理診断 2例 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 370. ( 医中誌 )

  57. 廣井 禎之, 小松 京子, 沢辺 元司, 副島 友莉恵, 片山 博徳, 河合 俊明, 若狹 朋子. 子宮頸がん検診のための病理技術者育成と体制整備事業(カンボジア)における病理・細胞診標本の質向上 日本病理学会会誌. 2018.04; 107 (1): 504. ( 医中誌 )

  58. 沢辺 元司, 三浦 ゆり, 津元 裕樹, 岩本 真知子, 副島 友莉恵, 吉田 祥子, 戸田 年総, 新井 冨生, 濱松 晶彦, 遠藤 玉夫. ヒト大動脈老化のプロテオミクス解析 アクチン関連タンパク質の変動および抗酸化タンパク質の増加 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2017.06; 49回 231. ( 医中誌 )

  59. 近藤福雄,斉藤光次,東海林琢男,副島友莉恵,福里利夫. 【肝臓Ⅱ:肝病理診断のポイント-結節性肝病変-】肝血流異常に起因する結節性病変(解説/特集) 病理と臨床. 2017.04; 35 (4): 339-345.

  60. 堀口 絢奈, 梅澤 敬, 土屋 幸子, 斎藤 歩, 副島 友莉恵, 沢辺 元司, 廣岡 信一, 清川 貴子, 池上 雅博, 鷹橋 浩幸. ERCP下擦過細胞診におけるBDサイトリッチ法の診断精度と標本適否の検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2017.04; 56 (Suppl.1): 267. ( 医中誌 )

  61. 斉藤 光次, 近藤 福雄, 福里 利夫, 東海林 琢男, 石田 毅, 大島 康利, 笹島 ゆう子, 宇於崎 宏, 副島 友莉恵, 佐野 圭二. Beta-catenin-activated肝細胞腺腫の核異型と癌化率 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 337. ( 医中誌 )

  62. 副島 友莉恵, 細谷 渚, 沢辺 元司, 明石 巧, 江石 義信, 福里 利夫. 混合型肝癌組織におけるα6β4、αVβ6インテグリンと細胞外基質の免疫組織化学的解析 日本病理学会会誌. 2017.03; 106 (1): 320-321. ( 医中誌 )

  63. 近藤福雄,斉藤光次,東海林琢男,副島友莉恵,福里利夫. WHO分類2010年版をふまえた良性肝細胞性結節の新しい考え方-その理解と対処のために 臨床外科. 2016.12; 71 (13): 1538-1547.

  64. 副島友莉恵,福里利夫,斎藤光次,東海林琢男,近藤福雄,近藤浩史,古井滋. 肝細胞腺腫亜型の臨床的および病理学的特徴 ―本邦経験例と欧米例の比較検討― Liver Cancer 22. 2016.11; 22 35-39.

  65. 本間達,沢辺元司,戸塚実,副島友莉恵,大川龍之介. 就職支援のための求人票データの分析 臨床検査学教育. 2016.09; 8 (2): 198-202.

  66. 堀口絢奈, 梅澤敬, 梅森宮加, 土屋幸子, 石橋智美, 副島友莉恵, 沢辺元司, 清川貴子, 池上雅博, 鷹橋浩幸. 内視鏡的逆行性胆管膵管造影下ブラシ細胞診におけるBDシュアパス液状化細胞診の診断精度と標本適否の検討 日本臨床細胞学会雑誌. 2015.07; 54 (4): 238-243. ( 医中誌 )

  67. 副島友莉恵, 近藤福雄, 井上雅文, 高橋芳久, 佐野圭二, 滝川一, 福里利夫. 肝細胞腺腫亜型におけるβカテニン蛋白の核内集積とOATP1B3の発現 肝臓. 2012; 53 (11): 779-780.

  68. 福里 利夫, 副島 友莉恵, 高橋 芳久. 【肝・胆道系症候群(第2版) その他の肝・胆道系疾患を含めて 肝外胆道編】 肝外胆管(胆管、胆嚢管、総胆管) 腫瘍 肝外胆管腺扁平上皮癌、腺棘細胞癌(解説/特集) 別冊肝・胆道系症候群III. 2011; 59-62.

  69. 福里 利夫, 副島 友莉恵, 高橋 芳久, 近藤 福雄. 肝内胆管印環細胞癌 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズNo.14 肝・胆道系症候群(第2版)―その他の肝・胆道系疾患を含めて―Ⅱ 肝臓編(下). 2010; 193-196.

  70. 福里 利夫, 渡邉 雅人, 副島 友莉恵, 高橋 芳久, 多河 慶泰. 外傷性肝嚢胞 別冊日本臨牀  新領域別症候群シリーズNo.14 肝・胆道系症候群(第2版)―その他の肝・胆道系疾患を含めて―Ⅱ 肝臓編(下). 2010; 385-388.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Yoshihisa Takahashi, Keiichiro Sugimoto, Yurie Soejima, Arisa Kumagai, Tatsuki Koeda, Aiko Shojo, Kazuya Nakagawa, Naoki Harada, Ryoichi Yamaji, Hiroshi Inui, Toshikazu Yamanouchi and Toshio Fukusato. Prime Archives in Biomedical Sciences. Vide Leaf, 2020.08 Inhibitory Effects of Eucalyptus and Banaba Leaf Extracts on Nonalcoholic Steatohepatitis Induced by a HighFructose/High-Glucose Diet in Rats

  2. Junichi Koyatsu, Sadayuki Hiroi, Yurie Soejima, Sakae Hata, Osamu Nunobiki, Daisuke Sano, Hitoshi Abe, Hironori Katayama, Kyoko Komatsu. “The 5 Ms“ Practical Guide to Histologic, Cytologic, and Pathologic Preparation — Materials, Methods, Machines, Maintenance, and Management. 2019.08 Hematoxylin Eosin (H&E) Stain, Grocott’s Methenamine Silver, Ziehl-Neelsen Stain, Periodic acid–Schiff (PAS) Reaction, Alcian Blue stain.

  3. Fukuo Kondo, Toshio Fukusato, Takuo Tokairin, Koji Saito, Yurie Soejima. Pathology of the Bile Duct. Springer Singapore, 2017.04 Cholangiolocellular carcinoma: Is it a subtype of cholangiocarcnoma or combined hepatocellular cholangiocarcioma? (ISBN : 978-981-10-3499-2)

  4. Yoshihisa Takahashi, Yurie Soejima, Toshio Fukusato. Integrative Weight Management.. Humana Press, 2014 Animal models for nonalcoholic fatty liver disease.

  5. 福里利夫,近藤福雄,副島友莉恵. 腫瘍病理鑑別診断アトラス 肝癌 第2版. 文光堂, 2020.11 肝細胞腺腫 (ISBN : 978-4-8306-2254-0)

  6. 福里利夫, 副島友莉恵, 近藤福雄, 池村雅子, 高橋芳久. 肝癌 腫瘍病理鑑別診断アトラス. 文光堂, 2010 過誤腫

  7. 池村雅子, 近藤福雄, 副島友莉恵, 渡邉雅人, 高橋芳久, 福島純一, 福里利夫. 肝癌 腫瘍病理鑑別診断アトラス. 文光堂, 2010 混合型肝癌

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 木下真由美、新井冨生、副島友莉恵、沢辺元司、本間尚子. 高齢女性における乳腺粘液癌の特徴. 第111回日本病理学会総会 2022.04.14

  2. Yurie Soejima, Miho Takeuchi, Nao Miyamoto, Motoji Sawabe, Toshio Fukusato. Analysis of function and gene expression in ITGB6 knockout cholangiocarcinoma cells. The 110th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology 2021.04.22 Tokyo (web)

  3. Yurie Soejima. International Slide Conference Lymph node Respondent. The 59th Annual Autumn Meeting of the Japanese Society of Clinical Cytology 2020.11.21 Yokohama

  4. Yurie Soejima, Hitoshi Abe, Kyoko Komatsu, Sadayuki Hiroi, Tomoo Itoh, Tomoko Wakasa, Motoji Sawabe, Kaori Ohara, Noriko Fujita, Toshiaki Kawai. Launch of a system of immunohistochemistry at a national hospital for cancer treatment in Cambodia. The 109th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology 2020.07.01 Fukuoka (web)

  5. Motoji Sawabe, Yurie Soejima. Search for a Practical Immunohistochemical Method to Identify Human Atrioventricular Conduction Axis. The 109th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology 2020.07.01 Fukuoka (web)

  6. Sadayuki Hiroi, Kyoko Komatsu, Hironori Katayama, Yurie Soejima, Yasuyo Matsumoto, Eisuke Enoki, Kaori Ohara, Tomoko Wakasa, Noriko Fujita, Toshiaki Kawai. Establishment in the pathology laboratory in Cambodia National Maternal and Child Health Center. The 109th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology 2020.07.01 Fukuoka (web)

  7. Tomoko Wakasa, Toshiaki Kawai, Eisuke Enoki, Tomoo Itoh, Kyoko Komatsu, Sadayuki Hiroi, Hitoshi Abe, Yurie Soejima, Kaori Ohara, Yasuyo Matsumoto, Noriko Fujita. Project For System Developments For Pathological Diagnosis In Cambodia, The Problems To Start IHC. The 109th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology 2020.07.01 Fukuoka (web)

  8. 安健博, 成瀬妙子, 日野原邦彦, 副島友莉恵, 沢辺元司, 中川靖章, 桑原宏一郎, 久場敬司, 木村彰方. MRTF-Aはマクロファージ機能を制御して動脈硬化形成に関わる. 第29回日本循環薬理学会 第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学会 2019.11.29 香川

  9. Pich Pintuna, Yasuyo Matsumoto, Kaori Ohara, Tomoko Wakasa, Yurie Soejima, Hironori Katayama, Sadayuki Hiroi, Kyoko Komatsu, Noriko Fujita, Toshiaki Kawai. Our Training course for Cambodian technologists in Japan. 第58回日本臨床細胞学会秋期大会 2019.11.16 岡山

  10. Huy Chan Kong, Matsumoto Yasuyo, Sovanara Hang, Rayounette Krouch, Akaba Hiroki, Ohara Kaori, Soejima Yurie, Katayama Hironori, Hiroi Sadayuki, Wakasa Tomoko, Komatsu Kyoko, Fujita Noriko, Kawai Toshiaki. Preparation of the establishment of National Maternal and Child Health Center (NMCHC) pathology department. 第58回日本臨床細胞学会秋期大会 2019.11.16 岡山

  11. 廣井禎之, 小松京子, 沢辺元司, 副島友莉恵, 片山博徳, 布引治, 河合俊明, 若狭朋子. 子宮頸がん検診のための病理技術者育成と体制整備事業(カンボジア)における病理標本の質向上2018. 第108回日本病理学会総会 2019.05.09 東京

  12. 副島友莉恵, 高槻祐菜, 中嶋裕, 今田安津子, 明石巧, 小林正典, 田邉稔, 沢辺元司, 福里利夫. 胆道上皮内腫瘍におけるα6β4, αvβ6インテグリンの発現. 第108回日本病理学会総会 2019.05.09 東京

  13. Yurie Soejima, Yuya Yamaguchi, Yuri Miura, Hiroki Tsumoto, Machiko Iwamoto, Shoko Yoshida, Tomio Arai, Akihiko Hamamatsu, Tamao Endo, Motoji Sawabe. Proteomic analysis and immunohistochemical analysis of human aortic aging. The 107th of Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology 2018.06.21

  14. 廣井禎之、小松京子、沢辺元司、副島友莉恵、片山博徳、河合俊明、若狭朋子. 子宮頸がん検診のための病理技術者育成と体制整備事業(カンボジア)における病理・細胞診標本の質向上. 第107回日本病理学会総会 2018.06.21

  15. 東海林琢男、近藤福雄、副島友莉恵、斉藤光次、笹島ゆう子、甲嶋洋平、吉留博之、安達章子、宇於崎宏、福里利夫. TERT promoter領域遺伝子変異を認めたbeta-catenin遺伝子活性化型肝細胞腺腫の一例. 第107回日本病理学会総会 2018.06.21

  16. 斉藤光司、近藤福雄、福里利夫、東海林琢男、副島友莉恵、石田毅、増田芳雄、堀内啓、佐野圭二. グルタミンシンセターゼ(GS)びまん性陽性を示す良性肝細胞性結節の病理診断 -2例-. 第107回日本病理学会総会 2018.06.21

  17. 沢辺元司、副島友莉恵、明石巧. ヒト悪性腫瘍におけるapolipopoprotein(a)の免疫組織化学的検討. 第107回日本病理学会総会 2018.06.21

  18. Yuri Miura, Hiroki Tsumoto, Machiko Iwamoto, Yuya Yamaguchi, Yurie Soejima, Tosifusa Toda, Tomio Arai, Akihiko Hamamatsu, Tamao Endo, Motoji Sawabe. Proteomic alterations in the human aortic media with aging: Deposition of MFGE8, elevation of oxidative damages, and imbalance of actin and actin-related proteins. 第41回日本基礎老化学会大会 2018.05.31

  19. 中村信之,藤井丈士,副島友莉恵,沢辺元司. Chromogenic in situ hybridization 法におけるトリプシン処理の有用性. 第106回日本病理学会総会 2017.04.27

  20. 副島友莉恵,細谷渚,沢辺元司,明石巧,江石義信,福里利夫. 混合型肝癌組織におけるα 6 β 4, α V β 6 インテグリンと細胞外基質の免疫組織化学的解析. 第106回日本病理学会総会 2017.04.27 東京

  21. Yurie Soejima, Motoji Sawabe, Takumi Akashi,Yoshinobu Eishi, Toshio Fukusato. Expression of beta4, beta6 integrins in intrahepatic cholangiocarcinoma and cholangiolocellular carcionoma. 第75回日本癌学会学術総会 2016.10.06 横浜

  22. Miyata K, Morita S, Soejima Y, Tanaka F, Mieno M, Sawabe M. Cytological features of ALK rearranged lung adenocarcinoma. XXXI International Congress of the International Academy of Pathology and 28th Congress of the European Society of Pathology 2016.09.25 Cologne, Germany

  23. Kinoshita M, Hamashima Y, Esaka S, Imaizumi M, Shirahata H, Suzuki A, Matsuda Y, Arai T, Soejima Y, Sawabe M, Honma N. Cytological characteristics of poorly differentiated squamous cell carcinomas of the breast -Comparison between cytological findings of invasive ductal carcinoma and apocrine carcinoma-. XXXI International Congress of the International Academy of Pathology and 28th Congress of the European Society of Pathology 2016.09.25 Cologne, Germany

  24. Yurie Soejima, Motoji Sawabe, Takumi Akashi, Yoshinobu Eishi, Toshio Fukusato. Immunohistochemical studies of beta4 and beta6 integrins in intrahepatic cholangiocarcinoma. The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science 2016.08.31 Kobe

  25. Abdusalam M, Soejima Y, Kitagawa M, Sawabe M. Immunohistochemical analyses of human atrioventricular node using paraffin sections. The 32nd World Congress of Biomedical Laboratory Science 2016.08.31 Kobe

  26. 副島友莉恵,水口祐未,沢辺元司,明石巧,江石義信, 福里利夫. 肝内胆管癌組織におけるαvβ6インテグリンの免疫組織化学的発現検討. 第105回日本病理学会総会 2016.05.12 仙台

  27. 斉藤光次,近藤福雄,福里利夫,東海林琢男,石田毅,笹島ゆう子,宇於崎宏,副島友莉恵,池田豊,佐野圭二. 良性肝細胞性結節のheterogeneityとprogression. 第105回日本病理学会総会 2016.05.12 仙台

  28. 高橋芳久、杉本圭一郎、副島友莉恵、熊谷有紗、小枝立樹、原田直樹、山地亮一、乾博、山内俊一、福里利夫. 高フルクトース/高グルコース食負荷ラットのNASH病変に対するユーカリ及びバナバ葉抽出物の抑制効果. 第104回日本病理学会総会 2015.04.30 名古屋

  29. 副島友莉恵, 井上雅文, 近藤福雄, 高橋芳久, 藤井丈士, 沢辺元司, 福里利夫. 病理組織学的および形態計測的 解析による肝内胆管腺腫と細胆管細胞癌の鑑別診断. 第104 回日本病理学会総会 2015.04.30 名古屋

  30. Abe N, Kumasaka T, Naka K, Hashimoto S, Matsuo K, Takemura T, Fujiwara M, Ito Y, Nakata MD, Hashimoto T, Makuuchi M, Sawabe M. Cytological diagnosis of pancreaticobiliary adenocarcinoma significantly improves with systematic cytological evaluation and immunocytochemistry of minichromosome maintenance protein 2 and p53. 38th European Congress of Cytology 2014.09.27 Geneva

  31. Umezawa T, Takahashi J, Umemori M, Horiguchi A, Tsuchiya S, Suzuki K, Arasaki I, Haruma S, Hirooka S, Hamatani S, Nomura K, Yamada K, Ochiai K, Okamoto A, Soejima Y, Sawabe M, Kiyokawa T, Ikegami M, Takahashi H. HSIL with hyperchromatic crowded cell groups in BD SurePath liquid-based cytology. 38th European Congress of Cytology 2014.09.27 Geneva

  32. Kondo F, Kumagai A, Soejima Y, Watanabe M, Sano K, Uozaki H, Fukusato T. Immunohistochemical analysis of hepatocyte, cholangiocyte, adenocarcinoma and stem cell markers of hipatocellular carcinoma: relationship with tumor size and cell differentiation.. International liver cancer assosication 2014.09 Kyoto

  33. 内山雅之、矢野哲也、井原寛子、副島友莉恵. 体腔液細胞診における低真空走査電子顕微鏡を用いた形態学的細胞解析. 第71回日本医学検査学会 2022.05.21 大阪

  34. 坂詰節子, 西村久明, 坂野哲平, 副島友莉恵, 沢辺元司, 藤原武男. COVID-19 における嗅覚障害の残存と属性との関連. 第15回 日本臨床検査学教育学会学術大会 2021.08.18 Web開催

  35. 副島 友莉恵, 竹内 美穂, 宮本 菜央, 沢辺 元司, 福里 利夫. ITGB6ノックアウト胆管癌細胞株の機能解析と遺伝子発現変化. 日本病理学会会誌 2021.03.01

  36. 副島友莉恵,竹内美穂,宮本菜央,沢辺元司,福里利夫. 胆管癌細胞株におけるITGB6 ノックアウトと機能解析. 第56回日本肝癌研究会 2020.12.22 大阪(web)

  37. 佐藤瑞穂、津元裕樹、鳥羽梓弓、梅澤啓太郎、川上恭司郎、副島友莉恵、新井冨生、原田和昌、三浦ゆり、沢辺元司. 左室駆出率が保たれた心不全のヒト心筋プロテオーム解析. 日本プロテオーム学会2019年大会 第70回日本電気泳動学会総会 2019.07.24 宮崎

  38. 河野圭, 木脇圭一, 副島友莉恵, 佐藤順一朗, 細井敦子, 乳原善文, 橋本雅司, 藤井丈士, 近藤福雄, 福里利夫. 常染色体優性多発性嚢胞腎に伴う多発性肝嚢胞症を背景として発症した多発性限局性結節性過形成の一例. 第108回日本病理学会総会 2019.05.09 東京

  39. 竹内美穂, 副島友莉恵, 宮本菜央, 明石巧, 沢辺元司, 福里利夫. 肝内胆管癌におけるαvβ6インテグリンとTGFβ1, α-SMAの発現解析. 第108回日本病理学会総会 2019.05.09 東京

  40. 菊池みなみ、副島友莉恵、沢辺元司. 乾燥血液スポットを用いたB型肝炎ウイルス検査の有用性. 第65回 日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.18

  41. 宮田佳奈、森田茂樹、近藤福雄、副島友莉恵、沢辺元司. ALK融合遺伝子陽性肺癌におけるApocrine secreting cellの検討. 第65回 日本臨床検査医学会学術集会 2018.11.18

  42. 菊池 みなみ, 副島 友莉恵, 沢辺 元司. 乾燥血液スポットを用いたB型肝炎ウイルス検査の有用性. 臨床病理 2018.10.01

  43. 宮田 佳奈, 森田 茂樹, 近藤 福雄, 副島 友莉恵, 沢辺 元司. ALK融合遺伝子陽性肺癌におけるApocrine secreting cellの検討. 臨床病理 2018.10.01

  44. 竹内美穂, 副島友莉恵, 宮本菜央, 福里利夫, 沢辺元司. 肝内胆管癌におけるTGF-β 1, α-SMAとαvβ 6インテグリンの発現解析. 第13回日本臨床検査学教育学会学術大会 2018.08.17 札幌

  45. 春山怜、赤羽宏基、上田あかね、松本安代、藤田則子、沢辺元司、副島友莉恵、片山博徳、小松京子、廣井禎之. カンボジアにおける病理検査技師の現状と課題. 第33回日本国際保健医療学会東日本地方会 2018.07.07

  46. 副島友莉恵,竹内美穂, 明石巧, 沢辺元司,福里利夫. 肝内胆管癌におけるTGF-β1とαvβ6インテグリンの発現. 第54回日本肝癌研究会 2018.06.28

  47. 榎康博, 副島友莉恵, 笹野哲郎, 沢辺元司. ヒトおよびマウス刺激伝導系心筋細胞の組織学的・免疫組織化学的解析. 第67回日本医学検査学会 2018.05.12

  48. 斉藤光次,近藤福雄,福里利夫,東海林琢男,石田毅,大島康利,笹島ゆう子,宇於崎宏,副島友莉恵,佐野圭二. 肝細胞腺腫の各亜型における核異型と癌化率. 第53回日本肝癌研究会 2017.07.06

  49. 近藤福雄,池田豊,石田毅,大島康利,斉藤光次,東海林琢男,笹島ゆう子,熊谷有紗,宇於崎宏,佐野圭二,副島友莉恵,福里利夫. 細胆管細胞癌の分類・発生母地・形成機序:病理組織学的考察. 第53回日本肝癌研究会 2017.07.06 東京

  50. 沢辺元司,三浦ゆり,津元裕樹,岩本真知子,副島友莉恵,吉田祥子,戸田年総,新井冨生,浜松晶彦,遠藤玉夫. ヒト大動脈老化のプロテオミクス解析:アクチン関連タンパク質の変動および抗酸化タンパク質の増加. 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2017.07.06 広島

  51. 堀口絢奈,梅澤敬,土屋幸子,齋藤歩,副島友莉恵,沢辺元司,廣岡信一,清川貴子,池上雅博,鷹橋浩幸. ERCP下擦過細胞診におけるBDサイトリッチTM法の診断精度と標本適否の検討. 第58回日本臨床細胞学会総会 2017.05.27

  52. 斉藤光次,近藤福雄,福里利夫,東海林琢男,石田毅,大島康利,笹島ゆう子,宇於崎宏,副島友莉恵,佐野 圭二. Beta-catenin-activated 肝細胞腺腫の核異型と癌化率. 第106回日本病理学会総会 2017.04.27 東京

  53. 近藤福雄,斉藤光次,東海林琢男,副島友莉恵,福里利夫. 大型再生結節,異型結節の自然経過と限局性結節性過形成,肝細胞性腺腫の臨床病理学的検討. 第41回日本肝臓学会東部会ワークショップ 2016.12.08 東京

  54. 堀口絢奈, 梅澤敬, 梅森宮加, 石橋智美, 土屋幸子, 鈴木英璃, 本沢恵璃, 春間節子, 斉藤歩, 根本淳, 副島友莉恵, 沢辺元司, 廣岡信一, 清川貴子, 池上雅博, 鷹橋浩幸. 体腔液細胞診におけるBDシュアパスTM法とセルブロック法の検討. 第30回関東臨床細胞学会学術集会 2016.09.10 甲府

  55. 近藤福雄,斉藤光次,東海林琢男,副島友莉恵,福里利夫. 門亢症の病理 肝内血流異常と肝細胞性結節病変:門脈域形成異常症候群. 第23回日本門脈圧亢進症学会総会 2016.09.09 神戸

  56. 副島友莉恵,沢辺元司,明石巧,江石義信, 福里利夫. 肝内胆管癌組織におけるα6β4, αvβ6インテグリンの免疫組織化学的解析. 第52回日本肝癌研究会 2016.07.01 東京

  57. 副島友莉恵,福里利夫, 近藤福雄 , 井上雅文, 佐野圭二, 眞田幸弘, 仁木利郎. 肝細胞腺腫亜型の臨床的および病理学的特徴. 第52回肝癌症例検討会 2015.11.07 東京

  58. 本間達,沢辺元司,戸塚実,副島友莉恵,大川龍之介. 就職支援のための求人票データの分析. 第10回日本臨床検査学教育学会学術大会 2015.08.19 松本市

  59. 近藤福雄, 池田豊, 石田毅, 東海林琢男, 斉藤光次, 笹島ゆう子, 熊谷有紗, 副島友莉恵, 佐野圭二, 宇於崎宏, 福里利夫. 細胆管細胞癌と肝細胞癌の幹細胞マーカーの免疫組織化学的研究. 第51回日本肝癌研究会 2015.07.23 神戸

  60. 斉藤光次, 近藤福雄, 福里利夫, 東海林琢雄, 石田毅, 笹島ゆう子, 副島友莉恵, 池田豊, 佐野圭二. 良性肝細胞結節の病理診断と問題点 ~限局性結節性過形成、肝細胞腺腫、境界病変~. 第51回日本肝癌研究会 2015.07.23 神戸

  61. 津元 裕樹, 岩本 真知子, 兼平 茜, 副島 友莉恵, 新井 冨生, 濱松 晶彦, 遠藤 玉夫, 沢辺 元司, 三浦 ゆり. ヒト大動脈中膜の老化プロテオミクス. 第57回日本老年医学会総会 2015.06.13 横浜

  62. 斉藤光次、近藤福雄、福里利夫、東海林琢雄、石田毅、笹島ゆう子、副島友莉恵、池田豊、佐野圭二. 良性肝細胞結節の病理診断と問題点 ~限局性結節性過形成、肝細胞腺腫、境界病変~. 第104回日本病理学会総会 2015.04.30 名古屋

  63. 菊池 将平, 三浦 ゆり, 秋元 義弘, 副島 友莉恵, 遠藤 玉夫, 沢辺 元司. 糖尿病モデルラット腎組織のプロテオーム解析. 日本臨床検査医学会 2014.11.22 愛媛

  64. 堀口 絢奈, 梅澤 敬, 高橋 潤, 梅森 宮加, 土屋 幸子, 鈴木 久仁子, 新崎 勤子, 春間 節子, 廣岡 信一, 浜谷 茂治, 副島 友莉恵, 沢辺 元司, 清川 貴子, 池上 雅博, 鷹橋 浩幸. 頭頸部穿刺吸引細胞診におけるBDシュアパス法の標本適否の検討. 第53回日本臨床細胞学会秋期大会 2014.11.08 下関

  65. 三浦ゆり,岩本真知子,兼平茜,津元裕樹,副島友莉恵,戸田年総,森澤拓,新井冨生,濱松晶彦,遠藤玉夫,沢辺元司. ヒト大動脈老化のプロテオーム解析. 第65回日本電気泳動学会総会 2014.10.25 横浜

  66. 三浦ゆり,岩本真知子,津元裕樹,副島友莉恵,戸田年総,森澤拓,新井冨生,濱松晶彦,遠藤玉夫,沢辺元司. ヒト大動脈解離症のプロテオーム解析. 日本プロテオーム学会2014年会 2014.07.17 つくば

  67. 熊谷有紗,副島友莉恵,渡邉雅人,阿曽達也,森田茂樹,高橋芳久,宇於崎宏,福里利夫. 肝細胞癌におけるmiR-21発現細胞の特徴と臨床病理学的意義. 第103回日本病理学会総会 2014.04.24 広島

  68. 阿曽達也,宇於崎宏,森田茂樹,副島友莉恵,熊谷有紗,渡邉雅人,高橋芳久,福里利夫. 胃癌におけるARID1A・ARID1Bの発現状態とその意義. 第103回日本病理学会総会 2014.04.24 広島

  69. 副島 友莉恵, 熊谷 有紗, 渡邉 雅人, 井上 雅文, 高橋 芳久, 宇於崎 宏, 沢辺 元司, 福里 利夫. 細胆管細胞癌におけるαVβ6, α6β4, α3β1インテグリンと細胞外基質の発現. 第103回日本病理学会総会 2014.04.24 広島

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月

    副島友莉恵,「肝内胆管癌の部位により異なる進展機序解明と治療戦略」,公益財団法人 宮川庚子記念研究財団 令和2年度研究助成金

  • 2020年04月

    副島友莉恵,「胆管癌におけるインテグリンαvβ6の発現機序解明と治療応用への展開」,科学研究費助成金(若手研究)令和1~3年度,研究代表者

  • 2018年04月

    副島友莉恵,「Lipoprotein(a)と悪性腫瘍との関連についての分子疫学的・病理学的研究」,科学研究費助成金(基盤研究C)分担研究者, 平成29~31年度,研究分担者

  • 2017年04月

    副島友莉恵,「細胆管癌および肝内胆管癌の腫瘍発生に関わるインテグリンβ4,β6の発現と機能解析」,科学研究費助成金(若手研究B),平成27~29年度,研究代表者

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 病理学,2014年 - 現在

  • 病理検査学,2014年 - 現在

  • 病理検査学実習,2014年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 病理検査学実習,文京学院大学

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 子宮頸がん検診のための病理人材育成と体制整備事業(カンボジア),2017年04月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 副島友莉恵,お茶の水会検査同窓会 副会長,2016年04月01日 - 現在

  • 副島友莉恵,カンボジア病理医育成支援プロジェクト,神戸東ロータリークラブ,2022年03月31日

  • 副島友莉恵,二級臨床検査士資格認定試験「病理学」試験実行委員,日本臨床検査同学院,新渡戸文化短期大学,2021年09月18日 - 2021年09月20日

  • 副島友莉恵,カンボジアにおける病理人材育成プロジェクト,神戸東ロータリークラブ,神戸常磐大学,2019年03月28日 - 2019年03月29日

  • 副島友莉恵,体験型公開講座「健康寿命を延ばす健康チェック」,東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科,東京医科歯科大学,2018年10月27日

  • 副島友莉恵,カンボジアにおける子宮頸がん検診のための病理人材育成と体制整備事業,国立国際医療研究センター,2017年04月01日 - 2020年03月31日

  • 副島友莉恵,細胞検査士認定資格試験受験対策勉強会 会場使用責任者,東京医科歯科大学,2015年04月01日 - 2019年12月31日

▼全件表示