基本情報

写真a

梅澤 佳央(ウメザワ ヨシヒロ)

UMEZAWA Yoshihiro


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  医学部  医学科  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  血液内科学  博士課程  2017年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 血液内科学 助教
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 血液内科 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本血液学会

  • 日本造血細胞移植学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • PECAM-1と骨髄間質細胞が白血病難治化に及ぼす影響の検討

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 野上 彩子、山本 正英、山本 浩平、伊藤 雅文、梅澤 佳央、東田 修二、三浦 修 、福田 哲也. 汎血球減少の長期経過後に明らかとなった辺縁帯リンパ腫様の骨髄原発リンパ腫 臨床血液. 2020; 61 (10): 1469-1475. ( PubMed, DOI )

  • Kota Yoshifuji, Yoshihiro Umezawa, Ayako Ichikawa, Ken Watanabe, Osamu Miura, Masahide Yamamoto. Methotrexate-associated Classical Hodgkin Lymphoma Shows Distinct Clinicopathological Features but Comparable Clinical Outcomes With Sporadic Cases. In Vivo. 2019.09; 33 (5): 1599-1604. ( PubMed, DOI )

  • Masahide Yamamoto, Keisuke Tanaka, Yoshihiro Umezawa, Toshikage Nagao, Shigeo Toyota, Osamu Miura. Soluble Interleukin-2 Receptor Level at Diagnosis Predicts Prognosis of Patients With Follicular Lymphoma Irrespective of Initial Management Strategy. Anticancer Res.. 2019.09; 39 (9): 5115-5122. ( PubMed, DOI )

  • Akiyama Hiroki, Umezawa Yoshihiro, Ishida Shinya, Okada Keigo, Nogami Ayako, Miura Osamu. Inhibition of USP9X induces apoptosis in FLT3-ITD-positive AML cells cooperatively by inhibiting the mutant kinase through aggresomal translocation and inducing oxidative stress CANCER LETTERS. 2019; 453 84-94. ( PubMed, DOI )

  • Umezawa Y, Kawamata N. Novel therapies for acute myeloid leukemia based on genomic aberrations. Rinsho Ketsueki. 2019; 60 (6): 594-599. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Satoru Aoyama,Shunichiro Yasuda,Daisuke Watanabe,Hiroki Akiyama,Keigo Okada,Yoshihiro Umezawa,Ayako Nogami,Osamu Miura,Norihiko Kawamata. A Protease-Mediated Regulatory Chimeric Antigen Receptor (CAR): “Double Arm” CAR System Improves Tumor-cell-Specificity of CAR-T Cell Therapy.. 62nd American Society of Hematology (ASH) annual Meeting and Exposition 2020.12.06 virtual meeting

  • Satoru Aoyama,Shunichiro Yasuda,Daisuke Watanabe,Hiroki Akiyama,Keigo Okada,Yoshihiro Umezawa,Ayako Nogami,Osamu Miura,Norihiko Kawamata. Protease harboring Chimeric Antigen Receptor (CAR) Regulates CAR-T Cell Activity. The 82nd Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2020.10.10

  • 長尾 俊景, 野上 彩子, 梅澤 佳央, 岡田 啓五. COTキナーゼは活性化B細胞様びまん性大細胞型B細胞リンパ腫細胞の生存と増殖を制御する. 第82回日本血液学会学術集会 2020.10.10

  • Daisuke Watanabe, Ayako Nogami, Keigo Okada, Hiroki Akiyama, Yoshihiro Umezawa:, Toshikage Nagao, Osamu Miura. FLT3-ITD activates RSK1 to upregulate mTORC1 and eIF4B and to inhibit BAD and BIM. The 82nd Annual meeting of Japanese Society of Hematology 2020.10.10

  • 田中 圭祐, 山本 正英, 厚井 聡志, 久保木 麻衣, 大内 史彦, 中村 直哉, 豊田 茂雄. DLCBL患者における大量methotrexateによる中枢神経系再発予防について. 第82回日本血液学会学術集会 2020.10.10

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会令和2年度研究助成事業(学術研究助成金),2020年04月

    研究種目 若手研究(研究代表者 岡田 啓五)
    研究課題名 FLT3-ITD陽性AMLに対するRSKを標的とした新規治療法の開発
    課題番号 20K17396

  • 日本学術振興会平成31年度科学研究費助成事業(学術研究助成金)(継続),2020年04月

    研究種目:基盤研究(C)(研究代表者:長尾俊景)
    研究課題名:難治性B細胞腫瘍の新たな分子標的COTとその臨床的バイオマーカーとしての有用性
    課題番号:19K08832

  • 日本学術振興会令和2年度研究助成事業(学術研究助成金),2020年04月

    研究種目 若手研究(研究代表者 梅澤 佳央)
    研究課題名 PECAM-1と骨髄間質細胞が白血病難治化に及ぼす影響の検討
    課題番号 20K17371