基本情報

写真a

馬場 有希子(ババ ユキコ)

BABA Yukiko


職名

助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 総合診療科 歯科麻酔外来 医員
  • 2017年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 総合診療科 歯科麻酔外来 助教
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 歯科麻酔・口腔顔面痛制御学分野 助教
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 歯科麻酔・歯科心身診療領域 歯科麻酔科 助教
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yukiko Baba, Ryo Wakita, Takeshi Kuroshima, Toshimitsu Ohsako, Shigeru Maeda. Partial glossectomy under general anesthesia in two pregnant women with mild respiratory episodes Advances in Oral and Maxillofacial Surgery. 2022.04; ( DOI )

  2. Ryo Wakita, Baba Yukiko, Saki Okabe, Haruhisa Fukayama. Transient facial nerve palsy due to plate and screw removal after sagittal split ramus osteotomy of the mandible Advances in Oral and Maxillofacial Surgery. 2022.03; ( DOI )

  3. Ikeda N, Matsumura T, Kono H, Baba Y, Hanaoka M, Fukayama H. Combined Use of a Gum Elastic Bougie and Video Laryngoscopy for Intubating a Patient With an Unexpected Laryngeal Papilloma. Anesthesia progress. 2020.12; 67 (4): 230-232. ( PubMed, DOI )

  4. Kei Kamiyama, Maiko Satomoto, Kotaro Minami, Yukiko Baba, Koshi Makita. Perioperative airway management of a 16-year-old boy with progressive airway obstruction due to juvenile nasopharyngeal angiofibroma. Clin Case Rep. 2017.08; 5 (8): 1274-1276. ( PubMed, DOI )

  5. Y Baba, H Kohase, Y Oono, K Fujii-Abe, L Arendt-Nielsen. Effects of dexmedetomidine on conditioned pain modulation in humans. Eur J Pain. 2012.09; 16 (8): 1137-1147. ( PubMed, DOI )

  6. 沓水 千尋, 高橋 賢, 中島 淳, 馬場 有希子, 脇田 亮. 覚醒時過活動型せん妄を認めた高齢者の周術期管理 日本歯科麻酔学会雑誌. 2020.09; 48 (抄録号): 176. ( 医中誌 )

  7. 岡部 紗季, 脇田 亮, 鈴木 千裕, 深山 治久, 馬場 有希子. プレート・スクリュー除去術後に一過性の顔面神経麻痺を生じた症例 日本歯科麻酔学会雑誌. 2019.09; 47 (抄録号): 250. ( 医中誌 )

  8. 馬場 有希子, 内沼 琴美, 脇田 亮, 深山 治久. 2度の切迫早産を経験した妊婦に全身麻酔下舌部分切除を施行した1例 日本歯科麻酔学会雑誌. 2018.09; 46 (抄録号): 191. ( 医中誌 )

  9. 花岡 美穂, 脇田 亮, 馬場 有希子, 深山 治久. 歯学部病院内での心肺停止後に蘇生を実施した症例 日本歯科麻酔学会雑誌. 2018.09; 46 (抄録号): 250. ( 医中誌 )

  10. 淺野 早哉香, 脇田 亮, 馬場 有希子, 深山 治久. 手術中に原因不明の血小板減少が疑われた1症例 日本歯科麻酔学会雑誌. 2017.09; 45 (4): 612. ( 医中誌 )

  11. 奥村ひさ、小林淳子、芝地治子、馬場有希子、三輪全三、吉川文広、深山治久. 歯科日帰り全身麻酔後に悪心嘔吐が見られた1症例の対応について 日本歯科麻酔学会雑誌. 2013.07;

  12. 矢島愛美、神野成治、灰田悠、馬場有希子、深山治久. アミノフィリン水和物微量持続投与が咳発作のコントロールに有用であったインプラント埋入術症例 日本歯科麻酔学会雑誌. 2013.04;

  13. 馬場有希子、佐治可奈子、中島淳、福森洋平、脇田亮、小長谷光. 頻回の深鎮静下歯科治療の過程で明らかになったBrugada症候群の1症例 日本歯科麻酔学会雑誌. 2011.04;

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 歯科衛生学辞典. 2019.07

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kohase H, Baba Y, Makino K, Fukayama H, Fujii-Abe K, Oono Y. Phenylephrine inhibits conditioned pain modulation in himans . International Association for the Study of Pain (IASP) 2012.08.29 Milan

  2. Baba Y, Kohase H, Fujii K, Makino K, Oono Y, Wakita R. Effects of alpha-adrenergic agonists on pain modulation in diffuse noxious inhibitory controls in human. International Association for the Study of Pain (IASP) 2010.09.01 Montreal

  3. Fujii-Abe K, Kohase H, Baba Y, Sanada T, Makino K, Wakita R, Oono Y, Fukayama H, Umino M. Effects of alpha-adrenergic agonists on pain modulation in diffuse noxious inhibitory controls in human. Pain in Europe IV 2009.09.10 Lisbon

  4. 馬場有希子、奥村ひさ、小林淳子、深山治久. 挿管直後に気管支痙攣が原因と考えられる換気不全に陥った一症例. 第34回関東臨床歯科麻酔懇話会 2017.06.24 埼玉

  5. 瀬尾憲司、馬場有希子、今村敏克、内田茂則、大上沙央理、大野由夏、小林克江、牧野兼三、小長谷光. PBLDセッション「気道管理」~JSA-AMAは歯科麻酔の領域で有効か. 第32回関東臨床歯科麻酔懇話会 2015.06.24 浦安

  6. 神野成治、馬場有希子、水谷文子、大上沙央理、深山治久. 口腔保健学科における歯科麻酔科臨床体験実習の教育効果. 第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2014.10.11 新潟

  7. 馬場有希子、小長谷光、大野由夏、深山治久. ヒトの広範囲侵害抑制性調節(Conditioned Pain Modulation)における塩酸デクスメデトミジンの影響. 第40回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2012.10.05 福岡

  8. 小長谷光、脇田亮、牧野兼三、馬場有希子、平澤妙佳. 連続的平均経皮的酸素飽和度の臨床的意義. 第39回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2011.10.09 神戸

  9. 馬場有希子、脇田亮、小長谷光. 頻回の静脈内鎮静法下歯科治療の過程で明らかになったBrugada症候群一症例. 第37回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2009.10.09 名古屋

  10. 馬場有希子、大野由夏、阿部佳子、海野雅浩. CO2レーザーによる選択的神経線維刺激と短潜時体性感覚誘発電位. 第36回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2008.10.09 大阪

  11. 阿部佳子、馬場有希子、大野由夏、深山治久、海野雅浩. 広範囲侵害抑制性調節と門調節機構を応用した鎮痛について. 第36回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2008.10.09 大阪

  12. 2度の切迫早産を経験した妊婦に全身麻酔下舌部分切除を施行した1例. 2018.10.05

▼全件表示