基本情報

写真a

松井 聡(マツイ サトシ)

MATSUI Satoshi


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学分野 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Matsui S, Yamamoto Y, Okamura Y, Ito T, Ashida R, Ohgi K, Yamada M, Otsuka S, Uesaka K, Sugiura T. The Prognostic Relevance of Preoperative CEA and CA19-9 for Ampulla of Vater Carcinoma. Anticancer Res. 2022.06; 42 (6): 3169-3176. ( PubMed, DOI )

  2. Matsui S, Ono H, Asano D, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Pancreatic metastasis from renal cell carcinoma presenting as gastrointestinal hemorrhage: a case report. Jornal of Surgical Case Reports. 2021.08; 2021 (8):

  3. Satoshi Matsui, Toshiro Tanioka, Yuko Kamata, Hiromasa Hoshi, Kyoko Ryu, Masaki Honda, Kodai Ueno, Yoshiteru Ohata, Fumi Hasegawa, Akio Kaito, Kaida Arita, Koji Ito, Shiho Takeuchi, Syunsuke Ishitsuka, Noriaki Takiguchi. Laparoscopic appendectomy during the second trimester of a twin pregnancy. Asian J Endosc Surg. 2021.07; 14 (3): 594-597. ( PubMed, DOI )

  4. Satoshi Matsui, Yusuke Yamamoto, Teiichi Sugiura, Yukiyasu Okamura, Takaaki Ito, Ryo Ashida, Katsuhisa Ohgi, Taisuke Imamura, Katsuhiko Uesaka. The Prognostic Relevance of the Number and Location of Positive Lymph Nodes for Ampulla of Vater Carcinoma World Journal of Surgery. 2020.09;

  5. Matsui S, Ogura T, Ban D, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Position of the Pancreas Division Line and Postoperative Outcomes After Distal Pancreatectomy. World Journal of Surgery. 2019.11;

  6. Matsui S, Kudo A, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tanaka S, Tanabe M. Does sunitinib have a patient-specific dose without diminishing its antitumor effect on advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms? Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2019.08; 145 (8): 2097-2104.

  7. 松井 聡, 伊藤 貴明, 杉浦 禎一, 岡村 行泰, 山本 有祐, 蘆田 良, 大木 克久, 松林 宏行, 石渡 裕俊, 佐々木 恵子, 上坂 克彦. Gemcitabine+Cisplatin併用化学療法後にConversion Surgeryを施行し、R0切除を達成した切除不能進行胆嚢癌の1例 胆道. 2020.10; 34 (4): 764-771.

  8. 松井 聡, 梶山 大介, 川口 真智子, 大平 慧, 天笠 秀俊, 野口 岳春, 椙田 浩文, 鴈野 秀明, 今井 健一郎, 阿美 克典, 福田 晃, 安藤 昌之. 超高齢者の再発大腸癌に対するCapecitabine+Bevacizumab療法の経験 癌と化学療法. 2018.12; 45 (13): 1943-1945. ( 医中誌 )

  9. 松井 聡、赤須雅文、光法雄介、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、山本浩平、田中真二、田邉 稔. 局所的な胆管拡張を契機に発見され、診断に苦慮した大腸癌肝転移の1症例 Liver Cancer. 2018.11; 45 (24): 57-61.

  10. 松井 聡, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 減量切除が有用であった血糖制御不能な悪性インスリノーマの1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.05; 79 (5): 1088-1094. ( DOI 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yoshiki Murase,Atsushi Kudo,Toshitaka Sugawara,Satoshi Matsui,Takeshi Ishii,Tomotaka Kato,Masahumi Akasu,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Minoru Tanabe. The index to decide PFS after lanreotide administration for patients with neuroendocrine tumor. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  2. Atsushi Kudo,Yoshiki Murase,Daisuke Asano,Toshitaka Sugawara,Takeshi Ishii,Satoshi Matsui,Tomotaka Kato,Masahumi Akasu, Jun Yoshino,Shuichi Watanabe,Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Minoru Tanabe. Biomarker and Treatment strategy for pancreatic neuroendocrine tumors. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  3. Toshitaka Sugawara,Daisuke Ban,Takeshi Ishii,Satoshi Matsui,Masahumi Akasu,Tomotaka Kato,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. Preoperative factors for early recurrence of resected pancreatic ductal adenocarcinoma. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.14 Takamatsu

  4. 松井 聡, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ減量投与の有効性と安全性の検討 . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22 神戸

  5. 村瀬芳樹、光法雄介、菅原俊喬、小川康介、松井 聡、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 80歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下肝切除の安全性の検討. JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22

  6. 松井 聡、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 進行膵神経内分泌腫瘍においてスニチニブ減量投与の有効性と安全性について. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  7. 松井 聡、小倉俊郎、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 膵体尾部切除術における膵切離位置と術後合併症の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  8. 松井 聡、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスーテントの減量投与の検討. 第50回日本膵臓学会大会 2019.07.12 東京

  9. 安福 至、山口和也、棚橋利行、岩田至紀、今井健晴、松井 聡、今井 寿、田中善宏、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘. StageⅣ胃癌に対するconversion therapyにおける腫瘍再燃に関する検討. 第28回日本癌病態治療研究会 2019.06.28 川越

  10. 菅原俊喬、伴 大輔、松井 聡、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下RAMPSの手技と要点. 第73回手術手技研究会 2019.05.24 東京

  11. 赤須雅文、工藤 篤、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵内分泌腫瘍の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  12. 小野宏晃、石井 武、松井 聡、浅野大輔、菅原俊喬、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵・消化管内分泌腫瘍におけるストレプトゾシンの治療効果と集学的治療における有用性. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  13. 石井 武、工藤 篤、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当院における腎細胞癌膵転移例の臨床的検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  14. 赤須雅文、工藤 篤、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵内分泌腫瘍の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  15. 渡辺秀一、伴 大輔、西野 穣、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、鎌谷高志、宮 冬樹、田邉 稔. 膵癌の縦断的whole exome sequence解析によるfounder mutation推定の試み. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  16. 村瀬芳樹、光法雄介、伴 大輔、菅原俊喬、小川康介、松井 聡、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 静脈グラフトでも血行再建を併用したDP-CARの1例. 第27回 御茶の水消化器セミナー 2019.02.23

  17. 松井 聡、小倉俊郎、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における膵切離位置と門脈系血栓発生の検討. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  18. 松井 聡、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 合併症低減を目指した肝切離 ~生食滴下モノポーラ vs バイポーラ~. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.23 東京

  19. 松井 聡、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科の肝切除におけるエネルギーデバイスの検討. 第37回 Microwave Surgery 研究会 2018.09.01

  20. 松井 聡、小倉俊郎、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 当院における腹腔鏡下膵体尾部切除術の検討. 第45回日本膵切研究会 2018.08.25 札幌

▼全件表示