基本情報

写真a

山西 吉典(ヤマニシ ヨシノリ)

YAMANISHI Yoshinori


職名

准教授

ホームページ

http://immune-regulation.org/

研究分野・キーワード

アレルギー、好塩基球、マスト細胞、免疫受容体

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学部  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 講師
  • 2017年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 准教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年05月
    -
    2003年04月
    仙台市立病院 内科 臨床研修医
  • 2003年05月
    -
    2004年03月
    仙台市立病院 内科 レジデント
  • 2004年04月
    -
    2008年03月
    東京大学大学院医学系研究科博士課程 大学院生
  • 2008年03月
    -
    2008年08月
    東京大学医科学研究所 細胞療法分野 客員研究員
  • 2008年09月
    -
    2009年03月
    東京大学医科学研究所 細胞療法分野 特任研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本内科学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本臨床免疫学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年01月
    -
    現在
    日本免疫学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・アレルギー内科学

  • 免疫学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会 認定内科医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 好塩基球・マスト細胞特異的受容体CD200R3は何を認識して炎症を誘導するのか?

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 免疫レセプターTREM1のリガンド同定と敗血症制御への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • アレルギー・寄生虫感染症克服に向けた好塩基球プロテアーゼの炎症惹起機構解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 三宅 健介, 吉川 宗一郎, 柴田 翔, 山西 吉典, 烏山 一. 【アレルギーのエフェクター細胞研究の進展】好塩基球 臨床免疫・アレルギー科. 2020.01; 73 (1): 6-13. ( 医中誌 )

  • Saidou Balam, Gabriela Schiechl-Brachner, Simone Buchtler, Dagmar Halbritter, Kathrin Schmidbauer, Yvonne Talke, Sophia Neumayer, Jan-Niklas Salewski, Frederike Winter, Hajime Karasuyama, Yoshinori Yamanishi, Kerstin Renner, Edward K Geissler, Matthias Mack. IL-3 Triggers Chronic Rejection of Cardiac Allografts by Activation of Infiltrating Basophils. J. Immunol.. 2019.06; 202 (12): 3514-3523. ( PubMed, DOI )

  • 山西 吉典, 烏山 一. 好塩基球によるユニークなアレルギー炎症調節機構 実験医学. 2019.06; 37 (10): 1586-1592.

  • Toshihisa Nagao, Yoshinori Yamanishi, Kensuke Miyake, Mio Teranishi, Saori Takahashi, Soichiro Yoshikawa, Yohei Kawano, Hajime Karasuyama. Aggregation makes a protein allergenic at the challenge phase of basophil-mediated allergy in mice. Int. Immunol.. 2019.02; 31 (1): 41-49. ( PubMed, DOI )

  • 三宅 健介, 吉川 宗一郎, 山西 吉典, 烏山 一. Th2型免疫応答における好塩基球の役割 臨床免疫・アレルギー科. 2019.02; 71 (2): 177-184.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 山西 吉典, 烏山 一. IgEと好塩基球. 医薬ジャーナル社, 2016.12 雑誌「アレルギー・免疫」

  • 山西 吉典. アレルギー炎症を引き起こす新たな鍵分子を発見. クリニックマガジン社, 2016.12 雑誌名「クリニックマガジン」

  • 山西 吉典. アレルギーと寄生虫(マダニ)感染における好塩基球の役割. 医学書院, 2016.08 雑誌名「臨床検査」

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Kensuke Miyake, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama. Monocyte-derived M2-like macrophages induced by activated basophils dampen IL-1α-mediated aggravation of allergic inflammation. The 48th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2019.12.13 Hamamatsu, Japan

  • Kotone Mogi, Kazufusa Takahashi, Kensuke Miyake, Soichiro Yoshikawa, Hajime Karasuyama, Yoshinori Yamanishi. Basophil-derived IL-4 promotes disease progression in a hapten-elicited murine model of atopic dermatitis. The 48th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2019.12.13 Hamamatsu, Japan

  • Junya Ito, Kensuke Miyake, Shigeyuki Shichino, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama. Identification of immature-type basophils that are distinguishable from mature ones in terms of surface phenotype and activation property. The 48th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2019.12.13 Hamamatsu, Japan

  • Soichiro Yoshikawa, Masatsugu Oh-hora, Ryota Hashimoto, Kensuke Miyake, Takahiro Adachi, Yohei Kawano, Yoshinori Yamanishi, Atsunori Kamiya, Hajime Karasuyama. Pivotal role of STIM2, but not STIM1, in IL-4 production by IL-3-stimulated basophils. 17th International Congress of Immunology 2019.10.23 Beijing, China

  • Kensuke Miyake, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama. Basophils promote the differentiation of monocytes into M2-like macrophages which dampen IL-1α-mediated aggravation of allergic inflammation. 17th International Congress of Immunology 2019.10.21 Beijing, China

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 第46回日本臨床免疫学会 プログラム委員,2018年11月

    プログラム委員として大会運営に関与

  • 「アレルギー炎症を引き起こす新たな鍵分子を発見」-好塩基球の放出する淡泊分解酵素がアレルギー発症に大きく関与-,2016年10月

    Blood

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学I,2016年 - 現在

  • 生化学実習,2014年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山西吉典, 2019免疫ふしぎ未来 実行委員,2019年08月04日

  • 山西吉典, 吉川宗一郎. 2018免疫ふしぎ未来 実行委員,2018年08月05日

  • 「2017免疫ふしぎ未来」実行委員,日本免疫学会,免疫ふしぎ未来2017,2017年08月06日

  • 「2015免疫ふしぎ未来」実行委員,2015年08月09日