基本情報

写真a

桜井 一(サクライ ハジメ)

SAKURAI Hajime


職名

助教

研究分野・キーワード

細胞生物学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2016年11月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 技術補佐員
  • 2016年12月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 特任助教
  • 2017年04月
    -
    2021年05月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 助教
  • 2021年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 植物分子・生理科学

  • 細胞生物学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規開発低分子化合物による生体内オートファジーの可視化

    文部科学省/日本学術振興会

  • ゴルジ体トランス層のもつダイナミックな新規機能の解析

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Hirofumi Yamaguchi, Shinya Honda, Satoru Torii, Kimiko Shimizu, Kaoru Katoh, Koichi Miyake, Noriko Miyake, Nobuhiro Fujikake, Hajime Tajima Sakurai, Satoko Arakawa, Shigeomi Shimizu. Wipi3 is essential for alternative autophagy and its loss causes neurodegeneration. Nat Commun. 2020.10; 11 (1): 5311. ( PubMed, DOI )

  • Honda S, Arakawa S, Yamaguchi H, Torii S, Sakurai HT, Tsujioka M, Murohashi M, Shimizu S. Association between Atg5-independent alternative autophagy and neurodegenerative diseases. Journal of Molecular Biology. 2020.04; 20

  • Hidefumi Iwashita, Hajime Tajima Sakurai, Noriyoshi Nagahora, Munetaka Ishiyama, Kosei Shioji, Kazumi Sasamoto, Kentaro Okuma, Shigeomi Shimizu, Yuichiro Ueno. Small fluorescent molecules for monitoring autophagic flux FEBS Letters. 2018.01; 592 (4): 559-567. ( PubMed, DOI )

  • Satoko Arakawa, Masatsune Tsujioka, Tatsushi Yoshida, Hajime Tajima-Sakurai, Yuya Nishida, Yosuke Matsuoka, Ikuyo Yoshino, Yoshihide Tsujimoto, Shigeomi Shimizu. Role of Atg5-dependent cell death in the embryonic development of Bax/Bak double-knockout mice. Cell Death Differ.. 2017.09; 24 (9): 1598-1608. ( PubMed, DOI )

  • Hajime Tajima Sakurai, Takeshi Inoue, Akihiko Nakano, Takashi Ueda. ENDOSOMAL RAB EFFECTOR WITH PX-DOMAIN, an Interacting Partner of RAB5 GTPases, Regulates Membrane Trafficking to Protein Storage Vacuoles in Arabidopsis. Plant Cell. 2016.06; 28 (6): 1490-1503. ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 桜井一. 新規開発低分子化合物による生体内オートファジーの可視化. 2019年度・2020年度難治疾患研究所研究発表会 2021.03.10

  • 桜井一. 新規オートファジー可視化手法の開発から迫るゴルジ体形態制御機構. 第3回新学術領域「オルガネラ・ゾーン」若手の会 2020.12.21

  • 桜井 一, 清水 重臣. 新規オートファジーを特異的に誘導する低分子化合物の探索. 新学術領域オルガネラゾーン班会議 2019.05.27

  • 桜井 一, 清水 重臣. 新規オートファジーを特異的に誘導する低分子化合物の探索. 新学術領域オルガネラゾーン若手の会 2019.01.24

  • 桜井一, 室橋道子, 荒川聡子, 清水重臣. 新規オートファジーを特異的に誘導する低分子化合物の探索. 生命科学系学会合同年次大会 2017.12.08 神戸ポートアイランド

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高大連携サマープログラム,東京医科歯科大学,2019年08月21日