基本情報

写真a

高田 亮平(タカダ リョウヘイ)

TAKADA Ryohei


職名

講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 大学院生
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 特任助教
  • 2019年04月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 整形外傷外科治療開発学講座 助教
  • 2019年05月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 整形外傷外科治療開発学講座 助教
  • 2020年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2021年10月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 感覚・皮膚・運動機能診療領域 整形外科 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 軟骨再生学講座 講師

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本股関節学会 学術評議員
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 最新人工股関節の生体内耐摩耗性解明と次世代インプラント開発への応用

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Naoto Watanabe, Ryohei Takada, Takahisa Ogawa, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Chisato Hoshino, Tetsuya Jinno, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Short stature and short distance between the anterior acetabular rim to the femoral nerve are risk factors for femoral nerve palsy following primary total hip arthroplasty using the modified Watson-Jones approach. Orthop Traumatol Surg Res. 2022.06; 103351. ( PubMed, DOI )

  2. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Difference in tapered wedge stem alignment between supine and lateral position in cementless total hip arthroplasty via modified Watson-Jones anterolateral approach. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2022.04; 32 (3): 497-503. ( PubMed, DOI )

  3. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Ryohei Takada, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Periprosthetic fragility fracture of the femur after primary cementless total hip arthroplasty. Mod Rheumatol. 2022.04; 32 (3): 626-633. ( PubMed, DOI )

  4. Kazuko Isshiki, Tetsuya Jinno, Junya Aizawa, Ryohei Takada, Tomoko Sakai, Tetsuya Tachibana, Atsushi Okawa. Asymmetry of the Cross-sectional Area of the Gluteus Medius Muscle Persists Eight Years after Total Hip Arthroplasty for Osteoarthritis of the Hip. Prog Rehabil Med. 2021.12; 6 20210052. ( PubMed, DOI )

  5. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Does surgical body position influence the risk for neurovascular injury in total hip arthroplasty? A magnetic resonance imaging study. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.12; 107 (8): 102817. ( PubMed, DOI )

  6. Naoki Yamamoto, Ryohei Takada, Takuma Maeda, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Kazuyoshi Yagishita. Microcirculation and tissue oxygenation in the head and limbs during hyperbaric oxygen treatment. Diving Hyperb Med. 2021.12; 51 (4): 338-344. ( PubMed, DOI )

  7. Naoki Yamamoto, Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Wear rate and osteolysis in two types of second-generation annealed highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty: A retrospective comparative study with a minimum of five years. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.11; 103147. ( PubMed, DOI )

  8. Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Daisuke Koga, Ryohei Takada, Gaku Koyano, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Comparison of 5-year postoperative results between standard-length stems and short stems in one-stage bilateral total hip arthroplasty: a randomized controlled trial. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.05; 31 (4): 743-753. ( PubMed, DOI )

  9. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Incidence of tensor fascia lata muscle atrophy after using the modified Watson-Jones anterolateral approach in total hip arthroplasty. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.04; 31 (3): 533-540. ( PubMed, DOI )

  10. Wataru Ando, Sakai T, Fukushima W, Kaneuji A, Ueshima K, Yamasaki T, Yamamoto T, Nishii T, Sugano N, Working group for ONFH guidelines: Junichi Nakamura, Yuma Sakamoto, Toru Ichiseki, Tamon Kabata, Yoshitomo Kajino, Kiyokazu Fukui, Taisuke Seki, Shigekazu Mizokawa, Masashi Ishida, Masazumi Saito, Yoichi Ohta, Shinya Hayashi, Kazuo Fujiwara, Yutaka Kuroda, Takahiro Okawa, Naohiko Mashima, Nobuhiro Kaku, Goro Motomura, Yutaka Inaba, Tetsuya Jinno, Takaaki Shishido, Takeyuki Tanaka, Ryohei Takada. Japanese Orthopaedic Association 2019 Guidelines for osteonecrosis of the femoral head. J Orthop Sci. 2021.01; 26 (1): 46-68. ( PubMed, DOI )

  11. Yamamoto Naoki, Oyaizu Takuya, Yagishita Kazuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Horie Masaki, Ohara Toshiyuki, Shioda Mikio, Takada Ryohei, Okawa Atsushi. Hyperbaric Oxygen Therapy Promotes Muscle Recovery After Contusion Injury Via Angiogenesis By Reactive Nitrogen Species MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE. 2020.07; 52 (17): 929.

  12. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Portable imageless navigation system and surgeon's estimate for accurate evaluation of acetabular cup orientation during total hip arthroplasty in supine position. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2020.05; 30 (4): 707-712. ( PubMed, DOI )

  13. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Kazuyoshi Yagishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Supine versus lateral position for accurate positioning of acetabular cup in total hip arthroplasty using the modified Watson-Jones approach: A randomized single-blind controlled trial. Orthop Traumatol Surg Res. 2019.09; 105 (5): 915-922. ( PubMed, DOI )

  14. Takada Ryohei, Jinno Tetsuya, Miyatake Kazumasa, Hirao Masanobu, Kimura Akimasa, Koga Daisuke, Yagishita Kazuyoshi, Okawa Atsushi. Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty. Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE. 2018.09; 23 (5): 783-787. ( PubMed, DOI )

  15. Takada Ryohei, Jinno Tetsuya, Miyatake Kazumasa, Hirao Masanobu, Kimura Akimasa, Koga Daisuke, Yagishita Kazuyoshi, Okawa Atsushi. 一期的な仰臥位での人工股関節置換術の直接前方アプローチと前側方アプローチの比較 神経損傷に焦点をあてた前向き無作為化比較対照試験(Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty: Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial) Journal of Orthopaedic Science. 2018.09; 23 (5): 783-787. ( 医中誌 )

  16. Taniguchi N., Jinno T., Takada R., Koga D., Ando T., Okawa A., Haro H.. Do screws and screw holes affect osteolysis in cementless cups using highly crosslinked polyethylene? A 7 to 10-year follow-up case-control study Orthop Traumatol Surg Res. 2018.05; 104 (3): 307-315. ( PubMed, DOI )

  17. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Yuki Yamauchi, Daisuke Koga, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Longitudinal morphological change of acetabular subchondral bone cyst after total hip arthroplasty in developmental dysplasia of the hip. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2018.05; 28 (4): 621-625. ( PubMed, DOI )

  18. R Takada, T Jinno, D Koga, K Miyatake, T Muneta, A Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between second-generation annealed and first-generation remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at a minimum of five years. Orthop Traumatol Surg Res. 2017.06; 103 (4): 537-541. ( PubMed, DOI )

  19. R Takada, T Jinno, D Koga, M Hirao, T Muneta, A Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty. A case control study at 7 to 10 years follow-up. Orthop Traumatol Surg Res. 2016.10; 102 (6): 717-721. ( PubMed, DOI )

  20. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Yoshinori Asou, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene at 7-10 years of follow-up. Mod Rheumatol. 2016.09; 26 (5): 757-760. ( PubMed, DOI )

  21. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Ryohei Takada, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa. Drain Tip Culture is Not Prognostic for Surgical Site Infection in Spinal Surgery Under Prophylactic Use of Antibiotics. Spine. 2016.07; 41 (14): 1179-1184. ( PubMed, DOI )

  22. Takada R, Jinno T, Tsutsumi Y, Doi H, Muneta T, Okawa A. Inhibitory effect of zirconium coating to bone bonding of titanium implants in rat femur Mater Trans. 2016; 58 (1): 113-117.

  23. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Is Drain Tip Culture Prognostic of Surgical Site Infection? Results of 1380 Drain Tip Cultures in Total Hip Arthroplasty. J Arthroplasty. 2015.08; 30 (8): 1407-1409. ( PubMed, DOI )

  24. 山本 尚輝, 酒井 朋子, 神野 哲也, 宮武 和正, 請川 大, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 高田 亮平, 大川 淳. 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019.10; 56 (秋季特別号): S350. ( 医中誌 )

  25. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討 Hip Joint. 2019.08; 45 (1): 192-196. ( 医中誌 )

  26. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検討 Hip Joint. 2019.08; 45 (1): 192-196. ( 医中誌 )

  27. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小山 恭史, 小柳 広高, 大川 淳. 脊椎骨盤固定患者の人工股関節全置換術術後反復性脱臼に対する治療経験 メッシュによる軟部組織再建 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 31 (3): 359. ( 医中誌 )

  28. 高田 亮平. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 神経麻痺予防 坐骨神経麻痺 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 702-703. ( 医中誌 )

  29. 高田 亮平. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 神経麻痺予防 外側大腿皮神経麻痺 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 707. ( 医中誌 )

  30. 高田 亮平. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 神経麻痺予防 大腿神経麻痺 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 705-706. ( 医中誌 )

  31. 高田 亮平. 【あなたにぴったりの看護が見つかる THAケアのすべて】周術期のケア 神経麻痺予防 総腓骨神経麻痺 整形外科看護. 2019.07; 24 (7): 704. ( 医中誌 )

  32. 神野 哲也, 西井 孝, 稲葉 裕, 宍戸 孝明, 田中 健之, 高田 亮平. 特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドライン 特発性大腿骨頭壊死症に対する人工股関節置換術 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S654. ( 医中誌 )

  33. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術における中期成績の比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (3): S1207. ( 医中誌 )

  34. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 高田 亮平. 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂のポイント 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂ポイント 病態 日本整形外科学会雑誌. 2018.09; 92 (9): 530-534. ( 医中誌 )

  35. 大塚 彩子, 神野 哲也, 瀬川 裕子, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳. 広範囲展開法による観血的整復術後に膝蓋骨脱臼を来した一例 日本小児整形外科学会雑誌. 2018.09; 27 (1): 155. ( 医中誌 )

  36. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロック 自己調節持続皮下注射との比較検討 Hip Joint. 2018.08; 44 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  37. 小谷野 岳, 久保田 礼, 岩瀬 恭子, 平川 牧, 冨岡 秀樹, 北浜 純, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 神野 哲也. 大腿骨頸部骨折に対する骨接合術における斜皮膚切開の有用性の検討 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.08; 30 (3): 379. ( 医中誌 )

  38. 小川 英臣, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. 人工股関節全置換術後3ヵ月のMinimum core setとJHEQの関係 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.05; 55 (特別号): 2-KP. ( 医中誌 )

  39. 山本 尚輝, 神野 哲也, 酒井 朋子, 宮武 和正, 星野 ちさと, 高田 亮平, 小川 貴久, 大川 淳. 人工膝関節全置換術における術前・術後早期と術後2年時の歩行評価の関連性について The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2018.05; 55 (特別号): 1-IP. ( 医中誌 )

  40. 高田 亮平, 神野 哲也. 【切って集めて、自分だけのノートをつくろう!ポイントだけをまとめた整形外科疾患ファイル 下肢編】変形性股関節症 整形外科看護. 2018.04; 23 (4): 351-354. ( 医中誌 )

  41. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 王 耀東, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したChiari骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (3): S944. ( 医中誌 )

  42. 谷口 直史, 神野 哲也, 高田 亮平, 古賀 大介, 大川 淳, 波呂 浩孝. 高架橋ポリエチレンを用いた人工股関節においてスクリュー使用およびスクリュー孔が人工関節固定性と骨溶解に及ぼす影響 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (2): S273. ( 医中誌 )

  43. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳, 古賀 英之. 自覚的脚長差における脊椎冠状アライメントを考慮したTHA術前計画 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (3): S605. ( 医中誌 )

  44. 西井 孝, 稲葉 裕, 神野 哲也, 宍戸 孝明, 田中 健之, 高田 亮平. 特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドラインのポイント 人工股関節置換術 日本整形外科学会雑誌. 2018.03; 92 (2): S110. ( 医中誌 )

  45. 大塚 彩子, 神野 哲也, 瀬川 裕子, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 加来 拓実, 磯野 正昌, 大川 淳. 広範囲展開法による観血的整復術後に膝蓋骨脱臼をきたした一例 関東整形災害外科学会雑誌. 2018.03; 49 (臨増号外): 171. ( 医中誌 )

  46. 宮武 和正, 谷口 直史, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 神野 哲也. 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】下肢の変性疾患に対する高齢者治療 股関節変性疾患 高齢者における変形性股関節症の治療 合併症予防と早期退院をめざして 別冊整形外科. 2017.10; (72): 35-38. ( 医中誌 )

  47. 新堀 璃奈, 小川 英臣, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. Minimum Core SetとJOAスコアの関係 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S297. ( 医中誌 )

  48. 小川 英臣, 新堀 璃奈, 小川 貴久, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 山本 尚輝, 加地 啓介, 岡安 健, 酒井 朋子, 星野 ちさと, 大川 淳, 神野 哲也. Minimum Core Setと在院日数の関連性 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S297. ( 医中誌 )

  49. 山本 尚輝, 神野 哲也, 酒井 朋子, 宮武 和正, 星野 ちさと, 高田 亮平, 大川 淳. リハビリテーション開始日の違いが人工膝関節全置換術後の早期術後成績に及ぼす影響について The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S171. ( 医中誌 )

  50. 小川 貴久, 神野 哲也, 高田 亮平, 宮武 和正, 星野 ちさと, 酒井 朋子, 大川 淳. 人工股関節全置換術における手術曜日の影響 術後ADLの回復、入院期間に注目して The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.09; 54 (秋季特別号): S174. ( 医中誌 )

  51. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨折と応力遮蔽の関連性 東日本整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 29 (3): 253. ( 医中誌 )

  52. 小谷野 岳, 長谷川 清一郎, 神野 哲也, 高田 亮平, 土屋 正光. 仰臥位人工股関節全置換術における前側方アプローチと前方アプローチの術後早期の運動機能の比較 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2017.05; 54 (特別号): 1-7. ( 医中誌 )

  53. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. セメントレス人工股関節全置換術後の中・長期フォローにおけるステム周囲骨折の特徴 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S549. ( 医中誌 )

  54. 神野 哲也, 青田 恵郎, 阿部 功, 古賀 大介, 大橋 寛憲, 瀬川 裕子, 平尾 昌之, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. 変形性股関節症診療ガイドラインの改訂のポイント 病態 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S335. ( 医中誌 )

  55. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 宗田 大, 大川 淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第1世代と第2世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (3): S877. ( 医中誌 )

  56. 本橋 正隆, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術術後疼痛管理における大腿神経ブロックの有効性の検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.03; 48 (臨増号外): 184. ( 医中誌 )

  57. 宮武 和正, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 大川 淳, 宗田 大. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における各種疼痛誘発テストの陽性率の検討 日本整形外科学会雑誌. 2017.03; 91 (2): S198. ( 医中誌 )

  58. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 宗田 大, 大川 淳. 長さの異なるwedge taper型ステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討 関東整形災害外科学会雑誌. 2017.03; 48 (臨増号外): 64. ( 医中誌 )

  59. 木村 晶理, 松原 正明, 野木 圭介, 山田 淳, 加瀬 雅士, 神野 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳. 大腿骨座標系における骨頭中心の三次元的な位置が人工股関節全置換術前後にどう変化するか Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 100-104. ( 医中誌 )

  60. 瀬川 裕子, 神野 哲也, 古賀 大介, 麻生 義則, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之. 変形性股関節症により人工股関節全置換術を受けた患者は小児期の予防的手術を勧めるか? Hip Joint. 2016.08; 42 (1): 382-386. ( 医中誌 )

  61. 天野 祐輔, 神野 哲也, 木村 晶理, 高田 亮平, 平尾 昌之, 大川 淳. 人工股関節再置換術におけるドレーン先端培養の意義 手術部位感染の予測因子として 東日本整形災害外科学会雑誌. 2016.03; 28 (1): 6-9. ( 医中誌 )

  62. 吉原 有俊, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宗田 大, 大川 淳, 神野 哲也. 人工股関節全置換術後患者に対する静脈血栓塞栓症予防 術前リスクスコアリングによる抗凝固薬の用量調節の有用性 日本人工関節学会誌. 2015.12; 45 657-658. ( 医中誌 )

  63. 高田 亮平, 神野 哲也. 運動器疾患の画像診断 股関節 寛骨臼形成不全と変形性股関節症 理学療法. 2015.09; 32 (9): 839-846. ( 医中誌 )

  64. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系に与える影響 Hip Joint. 2015.08; 41 804-808. ( 医中誌 )

  65. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 平尾 昌之, 星野 ちさと, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THA術後脱臼 後側方進入法による人工股関節全置換術における術中計測値と術後後方脱臼の関連性の検討 日本人工関節学会誌. 2014.12; 44 49-50. ( 医中誌 )

  66. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 星野 ちさと, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. THAアプローチ 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性 日本人工関節学会誌. 2014.12; 44 161-162. ( 医中誌 )

  67. 平尾 昌之, 神野 哲也, 古賀 大介, 宮武 和正, 高田 亮平, 麻生 義則, 瀬川 裕子, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム形状の違いによるTHAの周術期凝固線溶系変化の比較 Hip Joint. 2014.08; 40 979-983. ( 医中誌 )

  68. 高田 亮平, 神野 哲也, 古賀 大介, 瀬川 裕子, 星野 ちさと, 平尾 昌之, 麻生 義則, 森田 定雄, 宗田 大, 大川 淳. ステム長の違いがステムの前捻角とアライメントに及ぼす影響 Hip Joint. 2014.08; 40 616-619. ( 医中誌 )

  69. 神野 哲也, 古賀 大介, 高田 亮平, 平尾 昌之, 森田 定雄. 【THA-脱臼防止の工夫-】各種進入法におけるTHA術中関節安定性評価の実際と対応 関節外科. 2014.07; 33 (7): 734-738. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Takada R, P Keeling, RW Crawford, MJW Hubble. Exeter Book 2:CHAPTER 2.2 RADIOLOGICAL ASSESSMENT OF THE CEMENTED TOTAL HIP ARTHROPLASTY. 2021 CHAPTER 2.2 RADIOLOGICAL ASSESSMENT OF THE CEMENTED TOTAL HIP ARTHROPLASTY (ISBN : 978-0-9564521-3-9)

  2. 高田 亮平, 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第3章 手術手技の実際 Polish taperステムを用いた手術. 羊土社, 2021.03 第3章 手術手技の実際 Polish taperステムを用いた手術

  3. 高田 亮平, 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第3章 手術手技の実際 仰臥位前側方進入. 羊土社, 2021.03 第3章 手術手技の実際 仰臥位前側方進入 (ISBN : 978-4-7581-1896-5)

  4. 高田 亮平、神野 哲也. 整形外科SURGICAL TECHNIQUE BOOKS 3 人工股関節置換術 [THA・BHA]人工関節の基礎知識、基本テクニック,合併症対策  大谷卓也監修. メディカ出版, 2016.02 人工骨頭,人工股関節置換術における脱臼の予防と対策

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Naoki Yamamoto, Takuya Oyaizu, Masaki Horie, Mitsuhiro Enomoto, Masato Yuasa, Ryohei Takada, Kazuyoshi Yagishita. Hyperbaric oxygen therapy promotes muscle regeneration via angiogenesis by reactive nitrogen species in muscle contusion injury of rat.. The 4th conference of Asia-pasific Undersea and Hyperbaric Medical Society 2019.10.25 nakatsu, Oita Japan

  2. Naoki Yamamoto, Takuya Oyaizu, Masaki Horie, Mitsuhiro Enomoto, Masato Yuasa, Ryohei Takada, Kazuyoshi Yagishita. Hyperbalic Oxygen treatment promotes muscle regeneration via angiogenesis by triggering increased RNS in acute skeletal muscle injury . 52th Undersea & Hyperbaric Medical Society Annual scientific meeting 2019 2019.06.27 Kobe, Japan

  3. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Atsushi Okawa. Accuracy of cup positioning of supine vs. lateral position in total hip arthroplasty using anterolateral approach: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2019 2019.03.12 Las Vegas, USA

  4. Ryohei Takada, Sarah Whitehouse, Matthew Hubble, Matthew Wilson, Jonathan Howell, John Timperley, Al-Amin Kassam. Does varus or valgus alignment of the Exeter stem influence survival or patient outcome in total hip arthroplasty? A review of 4126 cases with a minimum follow up of 5 years.. British Hip Society Annual Scientific Meeting 2019.02.27 Nottingham

  5. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Kazuyoshi Yagishita, Atsushi Okawa. Comparison between direct anterior and anterolateral approach in one-stage total hip arthroplasty: A prospective, randomized, controlled trial.. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2018.03.06 New Orleans (USA)

  6. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Takeshi Muneta Atsushi Okawa. Comparison Of Wear Rate And Osteolysis Between Second-Generation Annealed And First-Generation Remelted Highly Cross-Linked Polyethylene In Total Hip Arthroplasty. 18th EPORT 2017.05.31 Viena (Austria)

  7. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Comparison of wear rate and osteolysis between annealed and remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty.. 17th EFORT  2016.06.01 Schwitz

  8. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene.. 17th EFORT  2016.06.01 Schwitz

  9. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Drain tip culture cannot be prognostic of surgical site infection after total hip arthroplasty. . 16th EFORT  2015.05.27 CZE

  10. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Chisato Hoshino, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Risk factors related to dislocation after primary total hip arthroplasty. 15th EFORT  2014.06.04 UK

  11. 高田亮平, 宮武和正, 渡部直人, 瀬川裕子, 神野哲也, 吉井俊貴, 古賀英之, 大川淳. 仰臥位前側方進入法の利点とピットフォール. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19

  12. 渡部直人, 高田亮平, 小川貴久, 宮武和正, 星野ちさと, 平尾昌之, 神野哲也, 古賀英之, 吉井俊貴, 大川淳. 前側方進入法による初回人工股関節全置換術における大腿神経麻痺の危険因子の探索. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19

  13. 橘哲也, 小谷野岳, 品田良太, 鈴木萌, 高田亮平, 宮武和正, 神野哲也. 寛骨臼形成不全股に対する寛骨臼骨切り術の長期成績と術前後の骨頭被覆の検討. 第95回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19

  14. 高田亮平、宮武和正、渡部直人、古賀英之、吉井俊貴、神野哲也、大川淳. THA シンポジウム1 セメントステムを再考する「脱臼の頻度とその対処」. 第52回 日本人工関節学会 2022.02.25 京都

  15. 渡部直人, 高田亮平, 小川貴久, 宮武和正, 星野ちさと, 平尾昌之, 神野哲也, 古賀英之, 吉井俊貴, 大川淳. 前側方進入法による初回人工股関節全置換術における大腿神経麻痺の危険因子の探索. 第52回 人工関節学会 2022.02.25

  16. 宮武 和正, 高田 亮平, 渡部 直人, 神野 哲也, 大川 淳, 古賀 英之. 術中透視を利用した側臥位人工股関節再置換術の小経験. 第52回 人工関節学会 2022.02.25

  17. 黒田都、宮武和正、渡部直人、高田亮平、吉井俊貴、大川淳. 肺塞栓症を契機に診断されたOsler-Rendu syndromeの1例. 第703回 関東整形災害外科学会 月例会 2021.12.18 オンライン

  18. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術における術中体位の違いはステムアライメントに影響するか. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  19. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 当院における人工股関節全置換術術後転院予測因子の検討. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  20. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳. 当院で人工股関節全置換術を施行された患者の骨粗鬆症合併率 . 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  21. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳 . 人工股関節全置換術の術中骨折を予見する因子の探索. 第48回 日本股関節学会学術集会 2021.10.22 奈良

  22. 岡本 将希, 渡部 直人, 高田 亮平, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 古賀 英之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 片側人工股関節全置換術術後10年でネックライナーインピンジメントに伴う骨溶解が原因と考えられるカップ脱転をきたした1例. 第70回 東日本整形災害外科学会 2021.09.17 岩手

  23. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における人工股関節全置換術術前患者の 他関節症罹患率の検討. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  24. 高田亮平、山本尚輝、神野哲也、宮武和正、 渡部直人、古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 異なる第 2 世代高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率 と骨溶解発生率の比較検討. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  25. 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳. 人工股関節全置換術の術中骨折を予見する因子の探索. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  26. 橘哲也、品田良太、長束由里、高田亮平、宮武和正、瀬川裕子、神野哲也. 寛骨臼形成不全患者において両側寛骨臼回転骨切り術による骨頭被覆の変化は骨盤傾斜に影響を与えるか. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  27. 神野哲也, 藤井 英紀, 山崎 琢磨, 小林 直実, 福島 健介, 高田 亮平, 天神 彩乃, 杉山 肇, 股関節疾患・FAI多施設研究グループ. 大腿骨寛骨臼インピンジメントを含む股関節疾患の多施設疫学調査. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  28. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  29. 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の 他関節症罹患率の検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  30. 渡部直人、高田亮平、宮武和正. ネックライナーインピンジメントに伴う骨溶解が原因と考えられるカップ脱転をきたした1例. 関東股関節研究会 2021.02.27

  31. 瀬川裕子、柿﨑潤, 宮武和正、平尾昌之、高田亮平、渡部直人、神野哲也、大川淳. 内反股に対し髄内釘を用いた大腿骨転子部外反骨切り術を施行したMcCune-Albright症候群の1例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  32. 宮武和正、高田亮平 渡部直人 瀬川裕子 神野哲也 大川淳 古賀英之. 変形性股関節症患者における各種理学所見の妥当性検討. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  33. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、渡部直人、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 前側方進入法を用いた人工股関節全置換術術後の大腿筋膜張筋萎縮の発生頻度. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  34. 橘 哲也、品田 良太、長束 由里、高田 亮平、宮武 和正、瀬川 裕子、神野 哲也. 両側寛骨臼骨切り術により寛骨臼形成不全患者の骨盤傾斜は変化するか?. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  35. 渡部 直人、瀬川 裕子、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、吉井 俊貴、大川 淳. 磁気共鳴画像にて両側短内転筋のびまん性信号変化を伴った化膿性恥骨結合炎の 1 例 . 第 47 回 日本股関節学会学術集会 2020.10.23 四日市(ハイブリッド)

  36. 品田 良太、橘 哲也、長束 由里、高田 亮平、宮武 和正、瀬川 裕子、神野 哲也. モジュラー型 ステムのヘッド・ネック交換により人工股関節術後愁訴が改善した2例. 第47回 日本股関節学会 2020.10.23

  37. 宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、吉井 俊貴 、大川 淳、神野 哲也、古賀 英之. 仰臥位人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第69回 東日本整形災害外科学会 2020.09.18

  38. 渡邊 怜奈, 瀬川 裕子, 柿崎 潤, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小柳 広高, 佐藤 信吾, 神野 哲也, 大川 淳. 髄内釘を用いた大腿骨骨切り術中に大量出血を来したMcCune-Albright症候群の1例. 第53回 日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 2020.09.11 オンライン

  39. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、神野哲也、大川淳. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血をきたしたMcCune-Albright症候群の1例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21

  40. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 高田 亮平, 平尾 昌之, 橘 哲也, 大川 淳. 初回全人工股関節置換術中に生じた大腿骨骨幹部骨折に対してロングセメントステムを用いて再置換術を施行した一例. 第60回 関東整形災害外科学会 2020.08.21 オンライン

  41. 山本尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後リハビリテーション医療による早期日常生活動作能力向上が精神的健康や社会参加促進に与える影響. 第57回 日本リハビリテーション医学会学術集会 2020.08.19

  42. 瀬川裕子、山口玲子、宮武和正、高田亮平、大川淳、富澤將司、志村治彦、仲津留恵日. 当科における乳児股関節二次検診の現状. 第93回日本整形外科学会学術集会 2020.06.11

  43. 高田 亮平, 神野 哲也, 宮武 和正, 平尾 昌之, 瀬川 裕子, 吉井 俊貴, 大川 淳. 人工股関節全置換術における術中体位の違いは神経・血管損傷リスクに影響するか. 第93回日本整形外科学会学術集会 2020.06.11 オンライン

  44. 渡部直人、高田亮平、宮武和正. ネックライナーインピンジメントに伴う骨溶解が原因と考えられるカップ脱転をきたした1例. 関東股関節懇話会 2020.02.27

  45. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、王耀東、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術術後のステム周囲骨リモデリングの比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  46. 神野哲也、宮武 和正、高田 亮平、平尾 昌之、品田 良太、長束 由里、古賀 大介、松原 正明、大川 淳. 50歳以下の若年者に対する人工股関節全置換術の20年成績. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  47. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステムの有用性. 第50回 日本人工関節学会 2020.02.21 福岡

  48. 渡邊怜奈、瀬川裕子、宮武和正、平尾昌之、高田亮平、大川淳、神野哲也、柿﨑潤. 大腿骨転子部外反骨切り術中に大量出血を来たしたMcCune-Albright症候群の1例. 第30回 関東小児整形外科研究会 2020.02.01

  49. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、吉井俊貴、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代クロスリンクポリエチレンライナーの比較検討. 第39回 整形外科バイオマテリアル研究会 2019.12.07 札幌

  50. 神野哲也, 山口 岳彦, 平尾 昌之, 宮武 和正, 高田 亮平, 品田 良太, 長束 由里, 橘 哲也. 大腿骨頭壊死症疑いにてcore biopsyを要した一例. 特発性大腿骨頭壊死症の医療水準及び患者のQOL向上に関する大規模多施設研究班 令和元年度班会議 2019.11.30

  51. 山本 尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、塩田幹夫、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子. 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.16

  52. 瀬川裕子、山口玲子、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 小児整形外科外来における乳児股関節脱臼二次検診の現状. 第46回 日本股関節学会学術集会 2019.10.25 宮崎

  53. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、橘哲也、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の他関節症罹患率の検討. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  54. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. ステム周囲骨リモデリングに注目した異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の比較検討-有限要素解析を加えた考察-. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  55. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、吉井俊貴、大川淳. 健常人における体位による股関節周囲神経・血管走行の変化. 第46回 日本股関節学会 2019.10.25 宮崎

  56. 渕岡 佑亮, 宮武 和正, 平尾 昌之, 高田 亮平, 小山 恭史, 小柳 広高, 大川 淳. 脊椎骨盤固定患者の人工股関節全置換術術後反復性脱臼に対する治療経験 メッシュによる軟部組織再建. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  57. 橘 哲也, 高田 亮平, 平尾 昌之, 宮武 和正, 瀬川 裕子, 大川 淳. 人工股関節全置換術後中期における股関節周囲筋の筋断面積変化. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 東京 文京区

  58. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 高田 亮平, 大川 淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術における中期成績の比較検討. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  59. 神野 哲也, 西井 孝, 稲葉 裕, 宍戸 孝明, 田中 健之, 高田 亮平. 特発性大腿骨頭壊死症の診療ガイドライン 特発性大腿骨頭壊死症に対する人工股関節置換術. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  60. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. 第50回 関東股関節懇話会 2019.03.02

  61. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. THA術前計画のための脊椎-骨盤アライメントの評価. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.16 新宿

  62. 平尾昌之、神野哲也、宮武和正、高田亮平、大川淳. 異なる長さのステムを用いた人工股関節全置換術の中期成績. 第49回 日本人工関節学会 2019.02.15 新宿

  63. 宮武和正、神野 哲也、高田 亮平、平尾 昌之、瀬川裕子、大川淳、古賀英之. 発育性股関節形成不全による二次性変形性股関節症患者における理学所見陽性率の検 討. 第45回 日本股関節学会 2018.10.26 名古屋

  64. 平尾 昌之, 神野 哲也, 宮武 和正, 王 燿東, 高田 亮平, 瀬川 裕子, 大川 淳. 大腿骨減捻骨切り術を併用したChiari 骨盤骨切り術の短期成績と有限要素法による解析. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  65. 高田 亮平、神野 哲也、宮武 和正、平尾 昌之、柳下 和慶、大川 淳. 仰臥位と側臥位による前側方進入法を用いた人工股関節全置換術におけるインプラント設置角度の検討: ランダム化比較試験. 第47回 日本人工関節学会 2018.02.23

  66. 平尾 昌之, 神野哲也、宮武和正、高田亮平、瀬川裕子、大川淳. 人工股関節全置換術術後鎮痛における大腿神経ブロックと自己調節持続皮下注射の比較検討 . 第48回 日本人工関節学会 2018.02.23 東京

  67. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、柳下和慶、大川淳. 両側一期的人工股関節全置換術における前方進入法と前側方進入法の術後成績に関する検討: ランダム化比較試験. 第44回 日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿区

  68. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、大川淳. 初回セメントレス人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18

  69. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における第一世代と第二世代高度架橋ポリエチレンライナーの比較検討. 第47回 日本人工関節学会 2017.02.24

  70. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土居壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティングを施したチタン合金の生体内骨形成抑制効果. 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016.11.21

  71. 高田亮平、神野哲也、宮武和正、平尾昌之、瀬川裕子、宗田大、大川淳. 寛骨臼形成不全股に伴う骨盤側骨嚢胞の人工股関節全置換術術後形態変化. 第43回 日本股関節学会 2016.11.04

  72. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 異なる高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12

  73. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、木村晶理、平尾昌之、宗田大、大川淳. 熱処理法の異なる二種の高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率と骨溶解発生率の比較検討. 第46回 日本人工関節学会 2016.02.26

  74. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土井壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討. 第35回 整形外科バイオマテリアル研究会 2015.12.12

  75. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、宗田大、大川淳. コンピュータ断層撮影はクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術術後の骨溶解検出に有用か. 第42回 日本股関節学会 2015.10.30

  76. 高田亮平、神野哲也、堤祐介、土井壽、塙隆夫、大川淳. ジルコニウムコーティング・チタン合金の生体内骨形成抑制効果の検討. 第30回 日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22

  77. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、星野ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳. 前方進入法と前側方進入法による 人工股関節全置換術術後早期CTに おける股関節外転筋断面積の 比較検討. 第88回 日本整形外科学会学術総会 2015.05.21

  78. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる前方系進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節周囲筋断面積の比較検討. 第45回 日本人工関節学会 2015.02.27

  79. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. メタルオンクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術の中期成績: CTによる検討. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  80. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における ドレーン先端培養の意義. 第41回 日本股関節学会 2014.10.31

  81. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節外転筋断面積の比較検討. 第41回 関東股関節懇話会 2014.10.04

  82. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳、. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子の解析と検討. 第87回 日本整形外科学会学術総会 2014.05.22

  83. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、小谷野岳、平尾昌之、大川淳. 股関節手術における3次元骨モデルの使用経験. 第8回 日本CAOS研究会 2014.03.06

  84. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 後側方進入法における術中計測値と術後脱臼の関連性の検討. 第44回 日本人工関節学会 2014.02.21 日本人工関節学会

  85. 高田亮平、神野哲也、古賀大介、宮武和正、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. ステム長の違いがステムの前捻とアライメントに及ぼす影響. 第40回 日本股関節学会 2013.11.29

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度科研費若手研究(B)(高田 亮平),2020年

  • 平成27年度東京医科歯科大学整形外科若手奨励賞(臨床),東京医科歯科大学,2015年

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「特発性大腿骨頭壊死症」の治療・手術について,日本テレビ,ザ!世界仰天ニュース,2022年05月17日 - 2022年06月21日

  • 変形性股関節症と骨切り術などについて,朝日新聞社,朝日新聞,2018年03月22日