基本情報

写真a

高田 亮平(タカダ リョウヘイ)

TAKADA Ryohei


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 リハビリテーション医学 大学院生
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 特任助教
  • 2019年04月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 整形外傷外科治療開発学講座 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本股関節学会 学術評議員
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 最新人工股関節の生体内耐摩耗性解明と次世代インプラント開発への応用

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Masanobu Hirao, Kazumasa Miyatake, Daisuke Koga, Ryohei Takada, Gaku Koyano, Atsushi Okawa, Tetsuya Jinno. Comparison of 5-year postoperative results between standard-length stems and short stems in one-stage bilateral total hip arthroplasty: a randomized controlled trial. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.05; 31 (4): 743-753. ( PubMed, DOI )

  • Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Naoto Watanabe, Hideyuki Koga, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Difference in tapered wedge stem alignment between supine and lateral position in cementless total hip arthroplasty via modified Watson-Jones anterolateral approach. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  • Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Incidence of tensor fascia lata muscle atrophy after using the modified Watson-Jones anterolateral approach in total hip arthroplasty. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2021.04; 31 (3): 533-540. ( PubMed, DOI )

  • Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Does surgical body position influence the risk for neurovascular injury in total hip arthroplasty? A magnetic resonance imaging study. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.01; 102817. ( PubMed, DOI )

  • Wataru Ando, Sakai T, Fukushima W, Kaneuji A, Ueshima K, Yamasaki T, Yamamoto T, Nishii T, Sugano N, Working group for ONFH guidelines: Junichi Nakamura, Yuma Sakamoto, Toru Ichiseki, Tamon Kabata, Yoshitomo Kajino, Kiyokazu Fukui, Taisuke Seki, Shigekazu Mizokawa, Masashi Ishida, Masazumi Saito, Yoichi Ohta, Shinya Hayashi, Kazuo Fujiwara, Yutaka Kuroda, Takahiro Okawa, Naohiko Mashima, Nobuhiro Kaku, Goro Motomura, Yutaka Inaba, Tetsuya Jinno, Takaaki Shishido, Takeyuki Tanaka, Ryohei Takada. Japanese Orthopaedic Association 2019 Guidelines for osteonecrosis of the femoral head. J Orthop Sci. 2021.01; 26 (1): 46-68. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 高田 亮平, 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第3章 手術手技の実際 Polish taperステムを用いた手術. 羊土社, 2021.03 第3章 手術手技の実際 Polish taperステムを用いた手術

  • 高田 亮平, 神野 哲也. BHA・THA 人工股関節置換術パーフェクト:第3章 手術手技の実際 仰臥位前側方進入. 羊土社, 2021.03 第3章 手術手技の実際 仰臥位前側方進入 (ISBN : 978-4-7581-1896-5)

  • Takada R, P Keeling, RW Crawford, MJW Hubble. Exeter Book 2:CHAPTER 2.2 RADIOLOGICAL ASSESSMENT OF THE CEMENTED TOTAL HIP ARTHROPLASTY. 2021 CHAPTER 2.2 RADIOLOGICAL ASSESSMENT OF THE CEMENTED TOTAL HIP ARTHROPLASTY (ISBN : 978-0-9564521-3-9)

  • 高田 亮平、神野 哲也. 整形外科SURGICAL TECHNIQUE BOOKS 3 人工股関節置換術 [THA・BHA]人工関節の基礎知識、基本テクニック,合併症対策  大谷卓也監修. メディカ出版, 2016.02 人工骨頭,人工股関節置換術における脱臼の予防と対策

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 高田亮平、山本尚輝、神野哲也、宮武和正、 渡部直人、古賀英之、吉井俊貴、大川淳. 異なる第 2 世代高度架橋ポリエチレンを用いた人工股関節全置換術術後の摺動面摩耗率 と骨溶解発生率の比較検討. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  • 渡部 直人、高田 亮平、宮武 和正、神野 哲也、古賀 英之、吉井 俊貴、大川 淳. 人工股関節全置換術の術中骨折を予見する因子の探索. 第51回 日本人工関節学会 2021.07.07 横浜

  • 橘哲也、品田良太、長束由里、高田亮平、宮武和正、瀬川裕子、神野哲也. 寛骨臼形成不全患者において両側寛骨臼回転骨切り術による骨頭被覆の変化は骨盤傾斜に影響を与えるか. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  • 神野哲也, 藤井 英紀, 山崎 琢磨, 小林 直実, 福島 健介, 高田 亮平, 天神 彩乃, 杉山 肇, 股関節疾患・FAI多施設研究グループ. 大腿骨寛骨臼インピンジメントを含む股関節疾患の多施設疫学調査. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

  • 宮武和正、高田亮平、渡部直人、平尾昌之、瀬川裕子、神野哲也、大川淳、古賀英之. 本邦における変形性股関節症患者の 他関節症罹患率の検討. 第94回 日本整形外科学会学術総会 2021.05.20

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度科研費若手研究(B)(高田 亮平),2020年

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 変形性股関節症と骨切り術などについて,朝日新聞社,朝日新聞,2018年03月22日