基本情報

写真a

高原 楠旻(タカハラ ナミアキ)

TAKAHARA Namiaki


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 医員
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 医員
  • 2018年04月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔外科系診療領域 口腔外科 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本顎顔面インプラント学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本顎関節学会

  • 日本口腔外科学会

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Shibata M, Takahara N, Kaneko T, Oki M, Sasaki Y, Tomomatsu N, Kurasawa Y, Nakakuki K, Yoda T.. Risk factors for postoperative facial swelling at 1 week after bimaxillary orthognathic surgery in Class III patients. Journal of Stomatology, Oral and Maxillofacial Surgery. 2023.10; 124 (5): 101516.

  2. Takahara N, Shibata E, Tonouchi E, Kachi H, Tomomatsu N, Yoda T. Nasolabial soft tissue changes associated with posterior maxillary movement following anterior segmental osteotomy in skeletal Class II patients: A case series Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2023.10;

  3. Tomomatsu, Nobuyoshi PhD, DDS; Nakamura, Taishi DDS; Takahara, Namiaki PhD, DDS; Kurasawa, Yasuhiro PhD, DDS; Kachi, Hirokazu PhD, DDS; Yoda, Tetsuya PhD, DDS.. Study of Anatomical Changes of the Inferior Nasal Passage After Le Fort I Osteotomy With Superior Repositioning. The Journal of Craniofacial Surgery. 2023.08;

  4. N Takahara, S Nakagawa, K Sumikura, T Yoda. Comparison of magnetic resonance imaging findings in patients with intermittent closed lock and acute closed lock of the temporomandibular joint: a cross-sectional retrospective study. Oral Radiol. 2022.10; ( PubMed, DOI )

  5. Tomomatsu N, Takahara N, Nakakuki K, Kurasawa Y, Iwasaki T, Yoda T. Study of Morphological Changes in the Inferior Turbinate After Le Fort I Osteotomy. The Journal of craniofacial surgery. 2022.06; ( PubMed, DOI )

  6. N Takahara, N Tomomatsu, A Kimura, M Kosugi, Y Kurasawa, K Morita, T Yoda. Changes in the condylar volume and skeletal relapse following orthognathic surgery in patients with dentofacial deformity: A retrospective study. Cranio. 2022.05; 1-11. ( PubMed, DOI )

  7. Mari Shibata,Namiaki Takahara,Nobuyoshi Tomomatsu,Yasuhiro Kurasawa, Yoshiyuki Sasaki, Tetsuya Yoda. Risk factors of neurosensory disturbances at 1 year postoperatively after bilateral sagittal split osteotomy Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology. 2022.04;

  8. Harazono Y, Morita KI, Tonouchi E, Anzai E, Takahara N, Kohmoto T, Imoto I, Yoda T. TP63 mutation mapping information in TP63 mutation-associated syndromes Advances in Oral and Maxillofacial Surgery. 2022.01; 5

  9. Three-dimensional changes in cystic lesions of the mandible after marsupialization Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2021.10; ( DOI )

  10. Takahara N, Tomomatsu N, Hsieh D, Kurasawa Y, Morita KI, Yoda T. Short-Term Stability After Segmental Le Fort I Maxillary Impaction Surgery With Mandibular Autorotation in Seven High-Angle Class II Patients: A Case Series. J Craniofac Surg. 2021.08; 33 (2): e135-e138. ( PubMed, DOI )

  11. Namiaki Takahara, Atsushi Kimura, Nobuyoshi Tomomatsu, Koichi Nakakuki, Tetsuya Yoda. Does the amount of mandibular setback during bimaxillary surgery correlate with the degree of surgical relapse? Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology. 2019.11; 129 (5): 447-452. ( PubMed, DOI )

  12. Takahara Namiaki, Imai Hideki, Nakagawa Satoshi, Sumikura Kanako, Tsushima Fumihiko, Omura Ken. Temporomandibular joint intermittent closed lock: clinic and magnetic resonance imaging findings Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology. 2014.10; 118 (4): 418-423.

  13. 倉沢 泰浩, 森田 圭一, 高原 楠旻, 友松 伸允, 佐久間 朋美, 原園 陽介, 池田 通, 依田 哲也. エナメル上皮腫再発に関与する因子の臨床病理学的検討 日本口腔外科学会雑誌. 2022.04; 68 (4): 184-192. ( 医中誌 )

  14. 友松伸允,和智宏太郎,和気創,高原楠旻,儀武啓幸,依田哲也. 悪性外耳道炎より波及した感染性顎関節炎の1例 日本口腔外科学会誌. 2022.01; 68 (1): 15-20.

  15. Tomomatsu N., Takahara N., Nakakuki K., Kimura A., Kurasawa Y., Terauchi M., Yoda T.. A study of unfavorable splits in the sagittal ramus osteotomy with a short lingual cut INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY. 2021.10; 50 (10): 1329-1335. ( DOI )

  16. 小野里祐佑,富岡寛文,高原楠旻,大迫利光,原田浩之. 本態性血小板血症患者に発生した舌癌の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2016.09; 62 (9): 460-465.

  17. 高原楠旻,中川 聡,角倉可奈子,今井英樹,原田浩之. 下顎骨関節突起骨折治療後に生じた顎関節強直症3例 日本顎関節学会誌. 2016.02; 28 (1 ): 28-34.

  18. 中川 聡,高原楠旻,角倉可奈子,今井英樹,小村 健. 急性非復位性関節円板前方転位に対する関節円板復位療法の適応に関する臨床的検討 日本顎関節学会雑誌. 2015.05; 27 (2): 93-102.

  19. 高原楠旻,今井英樹,中川 聡,角倉可奈子,小村 健. 関節隆起形成術を適応した片側性陳旧性顎関節脱臼の1例 日本顎関節学会雑誌. 2012.05; 24 (2): 105-110.

  20. 中川 聡,高 楠旻,吉本光洋,小村 健. 下顎頭に発生した内軟骨腫の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2012.02; 58 (2): 82-86.

  21. 高 楠旻,櫻井仁亨,小村 健. 骨破壊を伴った放線菌性下顎骨骨髄炎の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2010.02; 56 (2): 90-94.

  22. 佐久間琢,今井英樹,櫻井仁亨,高 楠旻,塚原宏泰,依田 泰,宮村壽一,森田 伸,小村 健. 間欠的クローズドロック症例におけるjoint effusionと関節痛の関連について 日本顎関節学会雑誌. 2007.05; 19 (2): 153-157.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Nobuyoshi Tomomatsu, Namiaki Takahara, Yu Akaike, Yudai Sato, Yasuhiro Kurasawa, and Tetsuya Yoda. Postoperative stability of bioresorbable plate made of 85:15 poly (L-lactide-co-glycolide) in Le FortⅠosteotomy. 25th ICOMs 2023.06.08 Vancouver

  2. T Namiaki. Surgical treatment strategies for skeletal class Ⅱ patients based on Temporomandibular Joint Morphology.. The 12th International Conference on Dental Science and Education 2022 at School of Dentistry, Hanoi Medical University, Vietnam 2022.12.07 Hanoi, Vietnam

  3. 高原楠旻. 下顎枝矢状分割術におけるSuperfixsorb® Mx SSROプレートの使用経験. 帝人メディカルテクノロジー株式会社 2022.11 帝人メディカルテクノロジー株式会社

  4. 高原楠旻. 2級症例に対する私の取り組み. ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 2022.06

  5. 友松 伸允、高原 楠旻、中久木康一、木村 敦、倉沢 泰浩、岩崎 拓也、依田 哲也. LeFortⅠ型骨切り施行後の鼻腔内の形態変化に関する検討. 第31回日本顎変形症学会総会・学術集会 2021.06.11

  6. Takahara N, Kimura A, Higuchi Y, Kabasawa Y, Yoda T. Evaluation of postoperative mandibular stability after bimaxillary surgery for mandibular prognathism depending on the amount of mandibular setback and the clockwise rotation of the proximal segment. 24th Congress of the European Association for Cranio Maxillo Facial Surgery 2018.09

  7. 高原 楠旻, 中川 聡, 角倉 可奈子, 坂本 一郎, 原田 浩之. 顎関節痛とMRI所見の関連について(Association of TMJ pain according to magnetic resonance imaging findings in TMD patients). 日本顎関節学会雑誌 2017.07.01

  8. 高原楠旻,柴田真里,岩崎拓也,丸川恵理子,依田哲也. 歯槽骨造成における生体吸収性メッシュシート(Rapidsorb®)の使用経験. 第27回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会 2023.12.02 東京

  9. 柴田真里、高原楠旻、友松伸允、倉沢泰浩、依田哲也. 顎矯正術後1週間の術後顔面腫脹の寄与因子について. 第68回日本口腔外科学会総会・学術大会 2023.11.10 大阪

  10. 友松伸允,中村大志,高原楠旻,倉沢泰浩,加地博一,依田哲也. 上顎挙上を伴うLeFort I型骨切り後の鼻腔内の形態変化に関する検討. 第68回日本口腔外科学会総会・学術大会 2023.11.10 大阪

  11. 高原楠旻. 顎関節円板整位術の適応と実際. 第68回日本口腔外科学会総会・学術大会 2023.11.10 大阪

  12. 高原楠旻. IBRA顎変形症ハンズオンセミナー. 日本口腔外科学会 第1回若手口腔外科医交流会 2023.07.30 東京

  13. 中村大志, 友松伸允, 高原楠旻, 儀武啓幸, 加地博一, 依田哲也. 経時的に下顎頭の形態変化を観察した 舌癌術後の陳旧性両側顎関節脱臼の一例. 第36回日本顎関節学会総会・学術大会 2023.07.08

  14. 佐久間朋美,高原楠旻,儀武啓幸,依田哲也. 開口訓練と上関節腔洗浄療法により改善した閉口障害の1例. 第36回日本顎関節学会総会 2023.07.07 東京

  15. 高原楠旻. 顎関節円板整位術の適応と実際. 第36回日本顎関節学会総会 2023.07.07 東京

  16. 高原楠旻. 閉口障害の病態分類を考える. 第36回日本顎関節学会総会 2023.07.07

  17. 稲田大佳輔, 友松伸允, 中村大志 倉沢泰浩, 高原楠旻, 依田哲也. 上下顎骨切り術において自己血貯血を要する因子の検討. 第33回 日本顎変形症学会総会・学術大会 2023.06.08 東京

  18. 中村 大志、友松 伸允、高原 楠旻、倉沢 泰弘、岩崎 哲也、依田 哲也. Le FortⅠ型骨切り術挙上症例における下鼻道領域の形態変化の検討. 第33回 日本顎変形症学会総会・学術大会 2023.06.08 東京

  19. 佐久間朋美、倉沢泰浩、高原楠旻、友松伸允、金 裕純、依田哲也. 手術後に嚥下障害が出現した顎変形症の1例. 第215回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2023.05.20 東京

  20. 外内えり奈, 高原楠旻, 森田圭一, 倉沢泰浩, 友松伸允, 原園陽介, 加地博一, 岩﨑拓也, 依田哲也. Le Fort I型骨切り術後の正中上顎に生じたsurgical ciliated cystの1例. 第 214 回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2022.12.10 東京

  21. 石橋麗未,原園陽介,加地博一,高原楠旻,依田哲也. 舌潰瘍とButterfly appearanceを呈する咽頭部粘膜斑を認めた梅毒の1例. 第214回(公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会 2022.12.10 東京

  22. 中禮 宏, 林 海里, 外川 海斗, 松村 英尚, 高原 楠旻, 上野 俊明, 大関 信武, 廣幡 健二, 立石 智彦, 柳下 和慶. 海外所属選手の計画的な全身麻酔下での智歯(親知らず)抜歯の一例. 日本臨床スポーツ医学会誌 2022.11.12 札幌、Web

  23. 木原恵理奈、儀武啓幸、佐久間朋美、高原楠旻、田島理那、和気創、依田哲也. 咀嚼筋腱・腱膜過形成症患者に対する開口訓練単独治療の効果に関する予備的検討 . 第67回日本口腔外科学会 総会・学術大会 2022.11.04

  24. 高原楠旻、木村 敦、小杉真智子、岩崎拓也、倉沢泰浩、友松伸允、依田哲也. 顎変形症患者における顎矯正手術後の下顎頭体積の変化と骨格的安定性. 第67回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2022.11.04 千葉

  25. 柴田真里, 高原楠旻, 佐々木好幸, 友松伸允, 倉沢泰浩, 依田哲也. 下顎枝矢状分割術後に生じるオトガイ部感覚障害の危険因子の同定. 柴田真里, 高原楠旻, 佐々木好幸, 友松伸允, 倉沢泰浩, 依田哲也 2022.11.04

  26. 加藤夢乃、鈴木瞳、杉本久美子、高原楠旻、辻美千子、森山啓司、小野卓史、依田哲也、樺沢勇司、吉田直美. 顎変形症患者の顎矯正手術後の口腔ケアと歯科衛生士の関わり. 第17回 日本歯科衛生学会学術大会 2022.09.18 Web

  27. 中村大志、高原楠旻、柴田真里、儀武啓幸、依田哲也. 顎関節授動術長期経過後のシリコンシート迷入による頬隙異物の1例. 第35回 日本顎関節学会学術大会 2022.07.01 札幌

  28. 高原楠旻、友松伸允、木村 敦、倉沢泰浩、山本大介、丸田 上、依田哲也. 下顎前突症と下顎後退症におけるLe Fort I型骨切りの移動精度について. 第32回日本顎変形症学会総会・学術大会 2022.06.09 新潟

  29. 友松伸允, 赤池優, 佐藤雄大, 高原楠旻, 倉沢泰浩, 依田哲也. 吸収性プレート(Rapidsorb)を用いたLeFort I型骨切り術の術後安定性について. 第32回日本顎変形症学会総会・学術集会 2022.06.09

  30. 原園 陽介、外内 えり奈、石橋 麗美 、正木 啓太、安西 絵梨、高原 楠旻、森田 圭一、依田 哲也. 粘膜下口蓋裂の治療方針に関する臨床的検討. 第46回 日本口蓋裂学会 2022.05.26 鹿児島

  31. 中久木 康一, 友松 伸允, 高原 楠旻, 岩崎 拓也, 赤池 優, 原園 陽介, 木村 敦, 佐久間 朋美, 倉沢 泰浩, 細木 美佐, 依田 哲也. 上下顎骨骨切り術におけるハイドロキシアパタイト含有ポリ-L-乳酸製骨接合材に関わる偶発症の検討. 第32回 日本顎変形症学会総会・学術大会 2022.05.01 新潟

  32. 津田晋平, 友松伸允, 中久木康一, 黒原一人, 佐久間朋美, 倉沢泰浩, 高原楠旻, 依田哲也. Le FortⅠ型骨切り後の長期骨癒合不全症例に対して腸骨移植併用による再固定を行った1例. 第212回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2021.12.18

  33. 加地博一, 高原楠旻, 原園陽介, 倉沢泰浩, 山本大介, 津田晋平, 坂本啓, 依田哲也. 上顎骨内に発生した腺腫様歯原性腫瘍. 第212回 日本口腔外科学会関東支部学術集会 2021.12.18 東京

  34. 高原楠旻. 習慣性顎関節脱臼に対する開口訓練と上関節腔洗浄療法 シンポジウム 顎関節脱臼の治療/習慣性顎関節脱臼 ベストな治療法は何か?. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12

  35. 山本大介, 高原楠旻, 依田哲也, 友松伸允, 中久木康一. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症における三次元的評価による術後安定性. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12

  36. 外内 えり奈, 原園 陽介, 安西 絵梨, 高原 楠旻, 森田 圭一, 依田 哲也. 中間顎骨切り併施顎裂部骨移植術における中間顎固定法の工夫. 2021.11.12

  37. 高原楠旻. 顎関節症円板障害IIIaからIIIbへの移行期における画像所見と治療 シンポジウム4 現在から未来につなぐ顎関節疾患の臨床と研究. ~若手臨床家・若手研究者からのメッセージ. 第34回日本顎関節学会総会・学術集会 2021.10.23

  38. 佐久間朋美, 高原楠旻, 儀武啓幸, 依田哲也. 関節突起に発症した骨肉腫の長期経過観察症例. 第34回日本顎関節学会総会・学術集会 2021.10.23

  39. 倉沢泰浩, 儀武啓幸, 高原楠旻, 友松伸允, 依田哲也. 成長期前の学童の顎関節強直症に対し顎関節授動術を施行し長期経過観察した1例. 第34回日本顎関節学会総会・学術集会 2021.10.23

  40. 岩崎拓也, 友松伸允, 高原楠旻, 中久木康一, 中里桂一郎, 木村敦, 倉沢泰浩, 依田哲也. オトガイ形成術のための下顎管アンテリアループの3次元的解剖学的検討. 第31回日本顎変形症学会総会・学術集会 2021.06.11

  41. 外内 えり奈, 正木 啓太, 原園 陽介, 星 礼子, 安西 絵梨, 高原 楠旻, 森田 圭一, 依田 哲也. Pushback法とFurlow法における鼻咽腔閉鎖機能の初期獲得状況に関する比較. 日本口蓋裂学会雑誌 2021.05.20

  42. 友松 伸允, 高原 楠旻, 中久木 康一, 木村 敦, 倉沢 泰浩, 岩崎 拓也, 依田 哲也. Le Fort I型骨切り施行後の鼻腔内の形態変化に関する検討. 日本顎変形症学会雑誌 2021.05.01

  43. 岩崎 拓也, 友松 伸允, 高原 楠旻, 中久木 康一, 中里 桂一郎, 木村 敦, 倉沢 泰浩, 依田 哲也. オトガイ形成術のための下顎管アンテリアループの3次元的解剖学的検討. 日本顎変形症学会雑誌 2021.05.01

  44. 和智宏太郎、友松伸允、和気創、高原楠旻、儀武啓幸、依田哲也. 顎関節に炎症が波及した悪性外耳道炎の1例. 2020.12.19

  45. 中里 桂一郎,高原 楠旻,坂本 啓,星 礼子,友松 伸允,依田 哲也. 舌に生じた筋肉内血管腫の1例. 第210回(公社)日本口腔外科学会関東支部学術集会 2020.12.19

  46. 高原楠旻,木村 敦,友松伸允,中久木康一,森田圭一,依田哲也. High angle skeletal Class II症例における術後の後戻りに関連する要因について. 2020.11 愛知

  47. 香月 佑子, 儀武 啓幸, 和気 創, 高原 楠旻, 佐藤 文明, 依田 哲也. 徒手的牽引療法により改善した前歯部開咬を伴う変形性顎関節症の1例. 日本顎関節学会雑誌 2020.07.01

  48. 狩野桜子,東堀紀尚,小倉健司,門田千穂, 松本 力,高原楠旻,依田哲也,森山啓司. 骨格性下顎後退症患者に対し上顎骨およびオトガイ部への顎矯正手術を併用し外科的矯正治療を施行した2症例. 2020.06 新潟

  49. 友松 伸允, 高原 楠旻, 中久木 康一, 木村 敦, 依田 哲也. Short lingual cutによる両側下顎枝矢状分割術の下顎骨分割状態と後戻りに関する検討. 日本顎変形症学会雑誌 2020.05.01

  50. 星 礼子, 森田 圭一, 安西 絵梨, 原園 陽介, 高原 楠旻, 依田 哲也. 口唇口蓋裂患者の歯槽骨形成に対する歯肉骨膜形成術の有効性の検討. 日本口蓋裂学会雑誌 2020.05.01

  51. 狩野 桜子, 東堀 紀尚, 小倉 健司, 門田 千穂, 松本 力, 高原 楠旻, 依田 哲也, 森山 啓司. 骨格性下顎後退症患者に対し上顎骨およびオトガイ部への顎矯正手術を併用し外科的矯正治療を施行した2症例. 日本顎変形症学会雑誌 2020.05.01

  52. 小杉 真智子, 中久木 康一, 友松 伸允, 高原 楠旻, 木村 敦, 依田 哲也. 移動に骨干渉のないLe Fort I型骨切り術において、切開を分割し可及的に侵襲を小さくした2例 . 第29回 日本顎変形症学会総会・学術大会 2019.06.08 東京

  53. 小杉 真智子, 中久木 康一, 友松 伸允, 高原 楠旻, 木村 敦, 依田 哲也. 移動に骨干渉のないLe Fort I型骨切り術において、切開を分割し可及的に侵襲を小さくした2例. 日本顎変形症学会雑誌 2019.05.01

  54. 高原 楠旻, 木村 敦, 小杉 真智子, 友松 伸允, 中久木 康一, 依田 哲也. 顔面非対称患者に対する顎矯正手術後の下顎骨関節突起体積変化について. 日本顎変形症学会雑誌 2019.05.01

  55. 高原 楠旻. 骨格性下顎前突症に対する顎矯正手術のピットフォール. 日本顎変形症学会雑誌 2019.05.01

  56. 安西 絵梨, 山田 峻之, 長岡 亮介, 高原 楠旻, 森田 圭一, 依田 哲也. 片側性唇顎口蓋裂患者の5歳時における顎矯正手術必要性予測. 日本口蓋裂学会雑誌 2019.04.01

  57. 杉山 健太郎, 儀武 啓幸, 和気 創, 高原 楠旻, 佐藤 文明, 和気 裕之, 依田 哲也. 顎関節における滑膜軟骨腫症の骨化と病期の関係. 日本歯科心身医学会雑誌 2018.12.01

  58. 高原楠旻,木村 敦,樋口佑輔,樺沢勇司,依田哲也. Le Fort I型骨切りのおける骨片移動の精度について. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.03

  59. 中村 留理子, 小林 起穂, 紙本 裕幸, 疋田 理奈, 東堀 紀尚, 高原 楠旻, 樺沢 勇司, 森山 啓司. 外科的急速拡大およびtwo-jaw surgeryを施行した上顎狭窄歯列弓を伴う骨格性III級開咬症例. 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 2018.10.01

  60. 安川 知里, 島本 裕彰, 角倉 可奈子, 平井 秀明, 高原 楠旻, 佐藤 百合子, 富岡 寛文, 津島 文彦, 丸川 恵理子, 原田 浩之. 当科における薬剤関連顎骨壊死に対する外科療法の臨床的検討. 日本口腔科学会雑誌 2018.07.01

  61. 杉山 健太郎, 儀武 啓幸, 和気 創, 高原 楠旻, 佐藤 文明, 和気 裕之, 依田 哲也. 顎関節における滑膜軟骨腫症の骨化と病期の関係. 日本顎関節学会雑誌 2018.07.01

  62. 高原 楠旻, 樺沢 勇司, 樋口 佑輔, 上條 真吾, 土田 優美, 鈴木 哲也, 原田 浩之. 顎変形症患者での光学印象の経験 印象精度と今後の課題. 日本顎変形症学会雑誌 2017.05.01

  63. 鉄村明美, 中村伸, 樺沢勇司, 高原楠旻, 角倉可奈子, 吉野教夫, 坂本潤一郎, 藤倉満美子, 倉林亨. 3T MRI装置を用いた3Dとリアルタイムシネ画像による顎関節の評価. 2017.01.21 横須賀市

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本顎関節学会ポスター発表優秀賞,2017年07月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 高原 楠旻:Le Fort I型骨切り術に対する骨接合材の選択,2020年10月

    OGS Webinar