基本情報

写真a

田中 大介(タナカ ダイスケ)

TANAKA Daisuke


職名

講師

研究室住所

東京都 文京区 湯島 1-5-45 MDタワー 7階

研究室電話番号

03-5803-5445

メールアドレス

dhtanaka.mphm@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

意識、快情動、嫌悪情動、味覚、神経回路

プロフィール

マウスの味覚系を用いて、神経組織と情動的意識経験の関係性の解明に挑んでいます。

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  基礎工学部  システム科学科  2002年03月  卒業

  • 鶴岡工業高等専門学校  物質工学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  生命機能研究科  生命機能専攻  博士課程  2006年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  大阪大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 細胞薬理学 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 細胞薬理学 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 認知神経生物学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年01月
    -
    2014年03月
    ブリュッセル自由大学 学際研究センター 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2011年10月
    -
    2012年12月
    ブリュッセル自由大学 学際研究センター F.R.S.-FNRSリサーチフェロー
  • 2007年10月
    -
    2011年08月
    慶應義塾大学 医学部 特任助教
  • 2007年04月
    -
    2007年11月
    大阪大学大学院 生命機能研究科 特任研究員
  • 2006年09月
    -
    2007年03月
    大阪大学大学院 生命機能研究科 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
  • 2011年09月
     
     
    ブリュッセル自由大学 学際研究センター 訪問研究員

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学学会

  • 口腔病学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経形態学

  • 進化生物学

  • 発生生物学

  • 情動

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 快・不快の味覚反応と相関のある活動を示し、さらにその反応を誘導する神経機構の解明,2019年04月 - 現在

  • 摂食に伴う不快情動の発動を担う神経基盤とその冗長性の解明,2016年04月 - 2019年03月

  • 快情動による摂食誘導機構の解明,2014年08月 - 2016年03月

  • 先天性神経疾患の発症とヒト大脳新皮質の進化における共通分子機構の解明,2011年09月 - 2014年03月

  • 大脳新皮質の系統発生メカニズムの解明,2010年 - 2011年

  • 大脳新皮質における抑制性神経細胞の移動経路・様式の解明,2008年 - 2009年

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 摂食に伴う不快情動の発動を担う神経基盤とその冗長性の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 快情動による摂食誘導機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 快・不快の味覚反応と相関のある活動を示し、さらにその反応を誘導する神経機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tanaka DH, Li S, Mukae S, Tanabe T. Genetic recombination in disgust-associated bitter taste-responsive neurons of the central nucleus of amygdala in male mice. Neuroscience letters. 2021.01; 135456. ( PubMed, DOI )

  2. Tanaka, D.H. and Tanabe, T. . Changing consciousness epistemically (CHANCE): An empirical method to convert the subjective content of consciousness into scientific data. J. Mind Behav. . 2019.12; 40 177-190.

  3. Tanaka DH, Li S, Mukae S, Tanabe T. Genetic Access to Gustatory Disgust-Associated Neurons in the Interstitial Nucleus of the Posterior Limb of the Anterior Commissure in Male Mice. Neuroscience. 2019.08; 413 45-63. ( PubMed, DOI )

  4. Shigeaki Kanatani, Takao Honda, Michihiko Aramaki, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, Mami Ishida, Daisuke H Tanaka, Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Sayaka Kusuzawa, Takahiko Kawasaki, Tatsumi Hirata, Hidenori Tabata, Per Uhlén, Kazunori Nakajima. The COUP-TFII/Neuropilin-2 is a molecular switch steering diencephalon-derived GABAergic neurons in the developing mouse brain. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2015.09; 112 (36): E4985-E4994. ( PubMed, DOI )

  5. Sayaka Kusuzawa, Takao Honda, Yuko Fukata, Masaki Fukata, Shigeaki Kanatani, Daisuke H Tanaka, Kazunori Nakajima. Leucine-rich glioma inactivated 1 (Lgi1), an epilepsy-related secreted protein, has a nuclear localization signal and localizes to both the cytoplasm and the nucleus of the caudal ganglionic eminence neurons. Eur. J. Neurosci.. 2012.08; 36 (3): 2284-2292. ( PubMed, DOI )

  6. Daisuke H Tanaka, Kazunori Nakajima. Migratory pathways of GABAergic interneurons when they enter the neocortex. Eur. J. Neurosci.. 2012.06; 35 (11): 1655-1660. ( PubMed, DOI )

  7. Daisuke H Tanaka, Kazunori Nakajima. GABAergic interneuron migration and the evolution of the neocortex. Dev. Growth Differ.. 2012.04; 54 (3): 366-372. ( PubMed, DOI )

  8. Daisuke H Tanaka, Kazuya Toriumi, Ken-ichiro Kubo, Toshitaka Nabeshima, Kazunori Nakajima. GABAergic precursor transplantation into the prefrontal cortex prevents phencyclidine-induced cognitive deficits. J. Neurosci.. 2011.10; 31 (40): 14116-14125. ( PubMed, DOI )

  9. Daisuke H Tanaka, Ryo Oiwa, Erika Sasaki, Kazunori Nakajima. Changes in cortical interneuron migration contribute to the evolution of the neocortex. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2011.05; 108 (19): 8015-8020. ( PubMed, DOI )

  10. Daisuke H Tanaka, Sakae Mikami, Takashi Nagasawa, Jun-ichi Miyazaki, Kazunori Nakajima, Fujio Murakami. CXCR4 is required for proper regional and laminar distribution of cortical somatostatin-, calretinin-, and neuropeptide Y-expressing GABAergic interneurons. Cereb. Cortex. 2010.12; 20 (12): 2810-2817. ( PubMed, DOI )

  11. Emi Yamasaki, Daisuke H Tanaka, Yuchio Yanagawa, Fujio Murakami. Cortical GABAergic interneurons transiently assume a sea urchin-like nonpolarized shape before axon initiation. J. Neurosci.. 2010.11; 30 (45): 15221-15227. ( PubMed, DOI )

  12. Daisuke H Tanaka, Mitsutoshi Yanagida, Yan Zhu, Sakae Mikami, Takashi Nagasawa, Jun-ichi Miyazaki, Yuchio Yanagawa, Kunihiko Obata, Fujio Murakami. Random walk behavior of migrating cortical interneurons in the marginal zone: time-lapse analysis in flat-mount cortex. J. Neurosci.. 2009.02; 29 (5): 1300-1311. ( PubMed, DOI )

  13. Daisuke H Tanaka, Kazunori Maekawa, Yuchio Yanagawa, Kunihiko Obata, Fujio Murakami. Multidirectional and multizonal tangential migration of GABAergic interneurons in the developing cerebral cortex. Development. 2006.06; 133 (11): 2167-2176. ( PubMed, DOI )

  14. Daisuke Tanaka, Yohei Nakaya, Yuchio Yanagawa, Kunihiko Obata, Fujio Murakami. Multimodal tangential migration of neocortical GABAergic neurons independent of GPI-anchored proteins. Development. 2003.12; 130 (23): 5803-5813. ( PubMed, DOI )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Tanaka DH, Mukae S, Han I, Nonaka S, Tanabe T, Uesaka N. Water deprivation-active neurons in the hypothalamus induce hedonic “liking” reactions for water. 2022年度 日本味と匂学会 第56回大会 2022.08.23 仙台

  2. Daisuke H. Tanaka, Shusheng Li, Tsutomu Tanabe. Expression of gustatory "disgust" reactions recruit specific amygdaloid nuclei in mice. The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2017.07.21 Chiba, Japan

  3. Tanaka DH, Hasche A, Bonnefont J, Abramowicz M and Vanderhaeghen P. One-step biallelic mutation correction at a point distant from nuclease-target site in microcephaly patient-derived induced pluripotent stem cells. The 36th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan 2014.12.04 Kobe, Japan

  4. Hasche A, Tanaka DH, Herpoel A, Desir J, Abramowicz M and Vanderhaeghen P. Generation of a cellular model of human primary microcephaly. The 9th FENS 2014.07.07 Milan, Italy

  5. Tanaka DH, Hasche A, Bonnefont J, Abramowicz M and Vanderhaeghen P. Targeted mutation correction in induced pluripotent stem cells derived from microcephaly patient. 14th Annual meeting of the Belgian Society of Human Genetics 2014.02.07 Antwerp, Belgium

  6. 田中大介. 味覚嫌悪の生得的反応と獲得反応の両方をコードする拡張扁桃体神経細胞への遺伝学的アクセスの確立に向けて. 第3回食欲・食嗜好の分子・神経基盤研究会 (生理学研究所研究会) 2018.06.02 愛知

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 海外特別研究員,日本学術振興会,2013年

  • リサーチフェローシップ,公益財団法人上原記念生命科学財団,2012年

  • GCOE 優秀論文賞,慶應義塾大学,2012年

  • 博士研究員,F.R.S.-FNRS,2011年

  • 特別研究員,日本学術振興会,2004年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「脳が意識内容を生み出すメカニズムを解明」って何?,2019年06月

    研究の志士たち( CBCラジオ), 愛知

  • 意識内容の科学,2019年05月

    academist BAR (サイエンスカフェ), 東京

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生理学大学院講義,2021年 - 現在

  • 人体の構造と機能 口腔生理,2021年 - 現在

  • 神経系の機能Ⅱ,2020年 - 現在

  • 生理学実習,2020年 - 現在

  • 細胞薬理学特論大学院講義,2016年 - 2020年

  • 神経科学・基礎,2015年 - 現在

  • 薬理学実習,2014年 - 2020年

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高校生への研究活動の説明と実演,2022年04月16日