基本情報

写真a

原 悠(ハラ ユウ)

HARA Yuu


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年05月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 腎臓内科 医員
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学分野 大学院生
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hara Y, Ando F, Oikawa D, Ichimura K, Yanagawa H, Sakamaki Y, Nanamatsu A, Fujiki T, Mori S, Suzuki S, Yui N, Mandai S, Susa K, Mori T, Sohara E, Rai T, Takahashi M, Sasaki S, Kagechika H, Tokunaga F, Uchida S. LRBA is essential for urinary concentration and body water homeostasis. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2022.07; 119 (30): e2202125119. ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 原 悠, 安藤 史顕, 及川 大輔, 市村 浩一郎, 藤木 珠美, 萬代 新太郎, 森 崇寧, 須佐 紘一郎, 蘇原 映誠, 頼 建光, 徳永 文稔, 内田 信一. LRBAは尿濃縮と体液恒常性維持に必須の分子である. 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  2. 安藤 史顕, 原 悠, 内田 信一. 理解が深まる!水・ナトリウム代謝の新知見 AQP2水チャネルの制御メカニズムと治療標的としての有用性. 日本腎臓学会誌 2021.06.01

  3. 原悠,庭野智子,河本亮介,荒木雄也,江渡加代子,木本成昭. 抗MDA5抗体陽性の皮膚筋炎に対して単純血漿交換療法を施行した1例. 第63回日本透析医学会学術集会・総会 2018.06.30

  4. 原 悠, 河本 亮介, 荒木 雄也, 江渡 加代子, 庭野 智子, 木本 成昭. 抗MDA5抗体陽性の皮膚筋炎に対して単純血漿交換療法を施行した1例. 日本透析医学会雑誌 2018.05.01

  5. 荒木 雄也, 原 悠, 河本 亮介, 江渡 加代子, 木本 成昭. 血液透析導入を契機に診断した心外膜原発のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の一例. 日本透析医学会雑誌 2018.05.01

  6. 荒木 雄也, 原 悠, 河本 亮介, 江渡 加代子, 阿部 佳代子, 木本 成昭. 大動脈解離・大動脈瘤に伴う慢性播種性血管内凝固を呈した血液透析患者の一例. 日本透析医学会雑誌 2017.05.01

  7. 江渡 加代子, 原 悠, 河本 亮介, 荒木 雄也, 阿部 佳代子, 木本 成昭. 悪性高血圧による慢性腎臓病急性増悪に対し腹膜透析を導入した一例. 日本透析医学会雑誌 2017.05.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀演題賞,日本腎臓学会,2022年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • A Matter of Concentration: Molecular Mechanisms of Water Homeostasis,2022年08月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「LRBAは尿濃縮と体内の水恒常性維持に必須のタンパクである」 ― 尿濃縮力が低下し多尿をきたす疾患の新たな治療標的の解明 ―,2022年07月

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America