基本情報

写真a

吉見 佳那子(ヨシミ カナコ)

YOSHIMI Kanako


職名

助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  大学院医歯学総合研究科  医歯学系専攻老化制御学講座高齢者歯科学分野  博士課程  2019年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 大学院生
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 総合診療科 スペシャルケア外来 医員(歯病)
  • 2019年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 総合診療科 スペシャルケア外来 医員
  • 2020年04月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 総合診療科 スペシャルケア外来 医員
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野 医員(歯病)
  • 2020年10月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 総合診療科 摂食嚥下リハビリテーション外来 医員
  • 2021年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 総合診療科 摂食嚥下リハビリテーション外来 特任助教
  • 2021年10月
    -
    2023年03月
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔機能系診療領域 摂食嚥下リハビリテーション科 特任助教
  • 2023年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本障害者歯科学会

  • 日本静脈経腸栄養学会

  • 日本補綴歯科学会

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

  • 日本老年歯科医学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    吉見佳那子, 日本老年歯科医学会厚労委託事業特任委員会 幹事
  • 2021年07月
    -
    現在
    吉見佳那子, 日本老年歯科医学会ガイドライン委員会 幹事
  • 2022年04月
    -
    現在
    令和4年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学政策研究事業) 吉見佳那子, 生活期におけるリハビリテーション・栄養・口腔管理の協働に関するケアガイドラインおよびマニュアルの整備に資する研究, 委員
  • 2022年04月
    -
    現在
    吉見佳那子, 一般社団法人日本リハビリテーション栄養学会診療ガイドライン作成グループ, 委員
  • 2022年04月
    -
    現在
    吉見佳那子, 日本リハビリテーション工学協会 編集委員

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医

  • 日本老年歯科医学会 老年歯科専門医

  • 日本老年歯科医学会 摂食機能療法専門歯科医師

  • 日本臨床栄養代謝学会 認定歯科医

  • 日本老年歯科医学会 認定医

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 認定士

  • 歯科医師

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生活期におけるリハビリテーション・栄養・口腔管理の協働に関するケアガイドラインおよびマニュアルの整備に資する研究

    厚生労働省 : 2022年04月 -

  • 体幹筋と摂食嚥下関連筋群の関連についての研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • 近赤外蛍光検査システムを応用した新しい嚥下機能評価に関する基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 体幹筋と摂食嚥下関連筋群の関連についての研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 回復期リハビリテーション病院入院患者に対する歯科口腔管理のエビデンス構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • 嚥下障害患者に用いるとろみ調整食品の栄養吸収代謝に関わる基礎的検討

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yamaguchi K, Okumura T, Oikawa Y, Nakagawa K, Yoshimi K, Harada H, Tohara H. Effect of oral intake initiation-establishment interval on hospital stay after oral cancer surgery Oral Diseases. 2024.05;

  2. Suzuki H, Furuya J, Nakagawa K, Hidaka R, Yoshimi K, Shimizu Y, Saito K, Hatanaka Y, Mukai T, Itsui Y, Tohara H, Minakuchi S. Impact of oral health management by nurses and dental professionals on oral health status in inpatients eligible for the Nutrition Support Team: A longitudinal study J Oral Rehabil. 2024.02;

  3. Yamaguchi K, Miyagami T, Imada R, Kushiro S, Yanagida R, Morikawa T, Nakagawa K, Yoshimi K, Naito T, Tohara H. Effect of poor oral health status at hospital admission on in-hospital outcomes of older patients with aspiration pneumonia European Geriatric Medicine. 2024.01;

  4. Rieko Moritoyo, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Kohei Yamaguchi, Miki Ishii, Ryosuke Yanagida, Chizuru Namiki, Haruka Tohara. Relationship between the jaw-closing force and dietary form in older adults without occlusal support requiring nursing care. Scientific Reports. 2023.12; 13 (1): 22551. ( PubMed, DOI )

  5. Yanagihara Y, Suzuki H, Furuya J, Nakagawa K, Yoshimi K, Seto S, Shimizu K, Tohara H, Minakuchi S. Usefulness of oral health assessment performed by multiple professionals using a short video recording acquired with a tablet device Journal of Dental Sciences . 2023.11;

  6. Yoshinaka S, Yamaguchi K, Yanagida R, Ishii M, Nakagawa K, Yoshimi K, Nakane A, Matsuyama Y, Aida J, Tohara H . Tongue Strength of Older Adults Requiring Long-Term Care Varies throughout the Day Geriatrics. 2023.10;

  7. Mitsuko Saito, Ayako Nakane, Rieko Asaumi, Yuko Kagifuku, Miki Ishii, Shohei Hasegawa, Kanako Yoshimi, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Hideaki Hirai, Takeshi Kuroshima, Hirofumi Tomioka, Haruka Tohara. Free-flap volume correlates with body mass index in patients with tongue squamous cell carcinoma Laryngoscope Investigative Otolaryngology. 2023.08;

  8. Suzuki H, Furuya J, Nakagawa K, Hidaka R, Nakane A, Yoshimi K, Shimizu Y, Saito K, Itsui Y, Tohara H, Minakuchi S. Factors influencing the selection of oral healthcare providers in multidisciplinary Nutrition Support Team for malnourished inpatients: A cross-sectional study. J Oral Rehabil. 2023.08; ( PubMed, DOI )

  9. Katagiri S, Ohsugi Y, Shiba T, Yoshimi K, Nakagawa K, Nagasawa Y, Uchida A, Liu A, Lin P, Tsukahara Y, Iwata T, Tohara H.. Homemade blenderized tube feeding improves gut microbiome communities in children with enteral nutrition Frontiers in Microbiology. 2023.08; 23 (14): 1214236.

  10. Yoshimi K, Nakagawa K, Yamaguchi K, Nagasawa Y, Tohara H. Effect of Combined Oral Management, Rehabilitation, and Nutrition Interventions on Improving Systemic Problems in Older Adults Current Oral Heath Report. 2023.07; 10 81-87.

  11. Yoshimi K, Nakagawa K, Yamaguchi K, Nakane A, Hayashi M, Miyata R, Chiba Y, Tohara H. Factors Related to Oral Problems in Patients with Prolonged Disorders of Consciousness in Long-Term Care: A Cross-Sectional Study. Healthcare. 2023.06; 11 (11): 1622.

  12. Tomoe Tamai, Kanako Yoshimi, Kazuharu Nakagawa, Ryosuke Yanagida, Takuma Okumura, Kohei Yamaguchi, Miki Ishii, Yuki Nagasawa, Haruka Tohara. Usefulness of a newly developed endoscope for the observation of the posterior tracheal wall Laryngoscope Investigative Otolaryngology. 2023.06; 8 (4): 963-969.

  13. Yamaguchi K, Nakagawa K, Yoshimi K, Chantaramanee A, Nakane A, Ishii M, Hasegawa S, Tohara H . Association between characteristics of swallowing‑related muscles and trunk muscle mass Scientific Reports. 2023.05; 13 (1):

  14. Akira Yoshizawa, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Motonori Hashimoto, Kota Aritaki, Miki Ishii, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Atsuyuki Kawabata, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Masaomi Ikeda, Atsushi Okawa, Haruka Tohara. Analysis of swallowing function after anterior/posterior surgery for cervical degenerative disorders and factors related to the occurrence of postoperative dysphagia The Spine Journal. 2023.04; 23 (4): 513-522.

  15. Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Akira Yoshizawa, Kota Aritaki, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Haruka Tohara. The safety of oral rehydration solution jelly for water and electrolyte intake in patients with dysphagia Therapeutics and Clinical Risk Management. 2023.02;

  16. Yanagida R, Hara K, Namiki C, Okumura T, Saiki A, Nakagawa K, Yamaguchi K, Yoshimi K, Nakane A, Mauclaire JM, Tohara H. Effects of tongue right positioner use on tongue pressure: a pilot study. Scientific reports. 2023.02; 13 (1): 3289. ( PubMed, DOI )

  17. Yamaguchi K, Nakagawa K, Yoshimi K, Chantaramanee A, Nakane A, Ishii M, Hasegawa S, Tohara H. Associations of swallowing‑related muscle quantity and quality with sarcopenic parameters European Geriatric Medicine. 2023.01;

  18. Kota Aritaki, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Akira Yoshizawa, Shohei Hasegawa, Ryosuke Yanagida, Motonori Hashimoto, Takashi Hirai, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Haruka Tohara . Kinematic analysis of chewing and swallowing function after cervical spine surgery European Spine Journal. 2023; ( DOI )

  19. Akino Saiki, Kanako Yoshimi, Kazuharu Nakagawa, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Ryosuke Yanagida, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Keisuke Maeda, Haruka Tohara. Effects of thickened carbonated cola in older patients with dysphagia Scientific reports. 2022.12; 12 (1): 22151. ( DOI )

  20. Mina Kawashima, Kanako Yoshimi, Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Miki Ishii, Shohei Hasegawa, Rieko Moritoyo, Ayako Nakane, Haruka Tohara. Usefulness and Validity of a Jaw-Closing Force Meter in Older Adults Geriatrics. 2022.12; 7 (6): 145. ( DOI )

  21. Yuki Nagasawa, Sayaka Katagiri, Kazuharu Nakagawa, Tomomitsu Hirota, Kanako Yoshimi, Aritoshi Uchida, Masahiro Hatasa, Keiji Komatsu, Takahiko Shiba, Yujin Ohsugi, Naofumi Uesaka, Takanori Iwata, Haruka Tohara. Xanthan gum-based fluid thickener decreases postprandial blood glucose associated with increase of Glp1 and Glp1r expression in ileum and alteration of gut microbiome Journal of Functional Foods. 2022.11; 99 105321.

  22. Ayako Nakane , Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Kanako Yoshimi, Yoshiko Hara, Haruka Tohara. Cough Test Results during Screening for Silent Aspiration Are Affected by Risk Factors for Silent Cerebral Infarct in Older Adults with Chronic Disease International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022.08; 19

  23. Suzuki H, Furuya J, Nakagawa K, Hidaka R, Nakane A, Yoshimi K, Shimizu Y, Saito K, Itsui Y, Tohara H, Sato Y, Minakuchi S. Changes in Nutrition-Intake Method and Oral Health through a Multidisciplinary Team Approach in Malnourished Older Patients Admitted to an Acute Care Hospital Int J Environ Res Public Health. 2022.08; 19 (16): 9784.

  24. Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Chantaramanee Ariya, Ayako Nakane, Takuma Okumura, Haruka Tohara . Higher extracellular water/total body water ratio is associated with lower tongue and grip strength Journal of Prosthodontic Research. 2022.06;

  25. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Time Spent Away from Bed to Maintain Swallowing Function in Older Adults Gerontology. 2022.04; ( DOI )

  26. Chantaramanee A, Nakagawa K, Yoshimi K, Nakane A, Yamaguchi K, Tohara H. . Comparison of Tongue Characteristics Classified According to Ultrasonographic Features Using a K-Means Clustering Algorithm. Diagnostics (Basel). 2022.01; 12 (2): 264.

  27. Yamaguchi K, Nakagawa K, Yoshimi K, Chantaramanee A, Nakane A, Okumura T, Tohara H. The Cross-Sectional Area of the Middle and Base of the Tongue is Associated with Swallowing-Related Muscle Strength Dysphagia. 2022;

  28. Furuya J, Suzuki H, Hidaka R, Nakagawa K, Yoshimi K, Nakane A, Yamaguchi K, Shimizu Y, Itsui Y, Saito K, Sato Y, Tohara H, Minakuchi S.. Factors Related to Oral Intake of Food by Hospitalized Patients with Malnutrition under the Care of a Nutrition Support Team. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021.11;

  29. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Higher Activity and Quality of Life Correlates with Swallowing Function in Older Adults with Low Activities of Daily Living Gerontology. 2021.09; ( DOI )

  30. Yamaguchi K, Nakagawa K, Yoshimi K, Chantaramanee A, Nakane A, Furuya J, Tohara H . Age-related changes in swallowing muscle intramuscular adipose tissue deposition and related factors Experimental Gerontology. 2021.08;

  31. Yoshimi K, Nakagawa K, Momosaki R, Yamaguchi K, Nakane A, Tohara H. . Effects of Oral Management on Elderly Patients with Pneumonia. The journal of nutrition, health & aging.. 2021.07; ( DOI )

  32. Furuya J, Suzuki H, Hidaka R, Akatsuka A, Nakagawa K, Yoshimi K, Nakane A, Shimizu Y, Saito K, Itsui Y, Tohara H, Sato Y, Minakuchi S.. Oral health status and its association with nutritional support in malnourished patients hospitalized in acute care. Gerodontology. 2021.07;

  33. Satoru Takano, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Ayako Nakane, Takuma Okumura, Haruka Tohara. Effect of isometric exercises on the masseter muscle in older adults with missing dentition: A randomized controlled trial Scientific reports. 2021.03; ( DOI )

  34. Yoshiko Hara, Ayako Nakane, Haruka Tohara, Kazumasa Kubota , et al.. Cervical Intervention Current Transcutaneous Electrical Sensory Stimulation for Patients with Dysphagia and Dementia in Nursing Homes Clinical Intervention s in Aging. 2021.01; 2020 (15): 2431-2437.

  35. Yamaguchi K, Hara K, Nakagawa K, Yoshimi K, Chantaramanee A, Nakane A, Furuya J, Tohara H . Ultrasonography shows age-related changes and related factors in the tongue and suprahyoid muscles Journal of the American Medical Directors Association. 2020.11;

  36. 吉見佳那子. どうして?どうする?診療室からはじまる高齢者歯科「keyword3 フレイル」 デンタルハイジーン別冊. 2020.11; 25-32.

  37. Junichi Furuya, Akane Beniya, Hiroyuki Suzuki, Rena Hidaka, Chiaki Matsubara, Michiyo Obana, Kanako Yoshimi, Kohei Yamaguchi, Koji Hara, Kazuharu Nakagawa, Ayako Nakane, Haruka Tohara, Shunsuke Minakuchi. Factors associated with the number of microorganisms on the tongue surface in patients following acute stroke J Oral Rehabil. 2020.08;

  38. Yoshimi K,Nakagawa K,Hara K,Yamaguchi K,Nakane A,Kubota K,Furuya J,Tohara H. Relationship between tongue pressure and back muscle strength in healthy elderly individuals. Aging Clinical and Experimental Research. 2020.01;

  39. Yamaguchi K, Hara K, Nakagawa K, Namiki C, Chantaramanee A, Yoshimi K, Nakane A, Kubota K, Furuya J, Tohara H . Association of Aging and Tooth Loss With Masseter Muscle Characteristics: An Ultrasonographic Study Clinical Oral Investigation. 2020;

  40. Yamaguchi K, Tohara H, Hara K, Chantaramanee A, Nakagawa K, Yoshimi K, Nakane A, Minakuchi S. Tongue thickness is associated with masticatory performance of perioral muscles: Ultrasonographic study of perioral muscle characteristics in healthy young subjects 2019.11; 47 (3): 325-331.

  41. Yuriko Kurosawa1, Koji Hara, Haruka Tohara, Chizuru Namiki, Ayako Nakane, Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Kanako Yoshimi, Junichi Furuya, Shunsuke Minakuchi. Calf Circumference Is a Useful Index for Assessing Dysphagia among Community Dwelling Elderly Recipients of Long-Term Care. Tohoku Journal of Experimental Medicine. 2019.07; 248 (3): 201-208.

  42. Saori Yoshida, Haruka Tohara, Kazuharu Nakagawa, Koji Hara, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Kanako Yoshimi, Chantaramanee Ariya, Yukiko Kurosawa, Shunsuke Minakuchi. Relationship between jaw-opening force and neck circumference in healthy older individuals. Geriatr Gerontol Int. 2019.04; 19 (4): 330-334. ( PubMed, DOI )

  43. Chizuru Namiki, Koji Hara, Haruka Tohara,Kenichiro Kobayashi,Ariya Chantaramanee, Kazuharu Nakagawa, Takayuki Saitou, Kohei Yamaguchi ,Kanako Yoshimi ,Ayako Nakane, Shunsuke Minakuchi. Tongue-pressure resistance training improves tongue and suprahyoid muscle functions simultaneously Clinical Interventions in Aging. 2019.03; 14 601-608.

  44. Ariya Chantaramanee, Haruka Tohara, Kazuharu Nakagawa, Koji Hara, Ayako Nakane, Kohei Yamaguchi, Kanako Yoshimi, Furuya Junichi, Shunsuke Minakuchi. Association between echo intensity of the tongue and its thickness and function in elderly subjects 2019.03;

  45. 山口浩平, 戸原玄,原豪志, 中根綾子, 吉見佳那子, 中川量晴, 水口俊介. Factors associated with masseter muscle quality assessed from ultrasonography in community-dwelling elderly individuals: A crosssectional study Archives of Gerontology and Geriatrics. 2019.02;

  46. Kanako Yoshimi, Koji Hara, Haruka Tohara, Ayako Nakane, Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Yukiko Kurosawa, Saori Yoshida, Chantaramanee Ariya, Shunsuke Minakuchi. Relationship between swallowing muscles and trunk muscle mass in healthy elderly individuals: A cross-sectional study. Archives of Gerontology and Geriatrics. 2018.07; 79 21-26. ( PubMed, DOI )

  47. Kohei Yamaguchi, Haruka Tohara , Koji Hara, Ayako Nakane, Eriko Kajisa, Kanako Yoshimi, Shunsuke Minakuchi. Relationship of aging, skeletal muscle mass, and tooth loss with masseter muscle thickness 2018.03;

  48. 中根 綾子, 山口 浩平, 加治佐 枝里子, 吉見 佳那子, 田頭 いとゑ, 戸原 玄. 健常高齢者の咀嚼機能におよぼす影響について 8020: はち・まる・にい・まる . 2017.01; (16): 132-133.

  49. 吉見佳那子, 中川量晴. 嚥下障害患者へのリハビリテーションと支援 リハビリテーション・エンジニアリング. 2023.05; 38 (2): 54-57.

  50. 鈴木啓之,日髙玲奈,中川量晴,吉見佳奈子,中根綾子,戸原玄,水口俊介,古屋純一. 多職種連携医療における動画を用いた口腔内評価の有効性の検証 はち・まる・にい・まる. 2023.03; (22): 143-145.

  51. 吉見佳那子, 中川量晴. 高齢化社会における歯科の役割 老年科. 2022.09; 6 (3): 146-148.

  52. Tamai Tomoe, Hara Koji, Nakagawa Kazuharu, Namiki Chizuru, Yamaguchi Kohei, Yoshimi Kanako, Yanagida Ryosuke, Hasegawa Shohei, Nakane Ayako, Okumura Takuma, Ishii Miki, Tohara Haruka. Strength and morphology of a suprahyoid muscle and their relationship to forward head posture in healthy older adults GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL. 2022.08; ( DOI )

  53. 吉見佳那子,齋木章乃,戸原玄. ”口・のどから出るもの”について考えよう!⑤におい デンタルハイジーン. 2022.07; 42 (7): 780-785.

  54. 吉見佳那子,中川量晴,戸原玄. 歯科併設のある急性期病院での医科歯科連携による効果 治療. 2022.03; 104 (3): 292-295.

  55. 鈴木啓之,日髙玲奈,中川量晴,吉見佳奈子,中根綾子,戸原玄,水口俊介,古屋純一. 多職種連携医療における遠隔口腔ケアシステム確立に向けた基礎研究 はち・まる・にい・まる. 2022.02; (21): 160-162.

  56. 吉見佳那子,中川量晴,戸原玄. 入院患者の摂食嚥下リハビリテーション・栄養管理における歯科口腔管理の効果 日本歯科評論. 2022.02; 82 (2): 146-148.

  57. 吉見佳那子,戸原玄. 在宅医療における歯科の役割 Geriatric Medicine(老年医学). 2021.08; 59 (8): 787-789.

  58. 吉見佳那子,戸原玄. 摂食嚥下のリハビリテーションと機器 リハビリテーション・エンジニアリング. 2020.11; 35 (4): 138-142.

  59. 吉見佳那子,戸原玄. 入れ歯のケア 口腔ケアマウスピュアホームページ. 2020.10;

  60. 中根 綾子, 山口 浩平, 古屋 純一, 中川 量晴, 原 豪志, 吉見 佳那子, 田頭 いとゑ, 佐藤 裕二, 戸原 玄. わが国の歯科大学・大学歯学部における訪問歯科診療に関する実習と附属病院における訪問歯科診療の実態 老年歯科医学. 2020.09; 35 (2): 150-157.

  61. 吉見佳那子,戸原玄. よく見られる歯茎のトラブル 口腔ケアマウスピュアホームページ. 2020.07;

  62. 吉見 佳那子. 歯科医の教える!プロフェッショナル口腔ケア「歯科医、歯科衛生士と一緒に行うべき口腔ケア」 看護技術. 2020.06; 66 (7): 2-7.

  63. 吉見佳那子,戸原玄. 高齢者における摂食嚥下障害 日本口腔外科学会雑誌. 2019; 65 (6): 388-395.

  64. 尾花 三千代, 古屋 純一, 中山 玲奈, 松原 ちあき, 吉見 佳那子, 中根 綾子, 戸原 玄, 稲次 基希, 前原 健寿, 水口 俊介. 多職種による急性期脳卒中患者の口腔管理に関する研究 日本歯科衛生学会雑誌. 2018.08; 13 (1): 100. ( 医中誌 )

  65. 田村 厚子, 大友 文雄, 田中 正史, 黒田 裕之, 小佐野 みゆき, 坂本 利之, 田村 壽彦, 山口 浩平, 吉見 佳那子, 安藤 麻里子, 吉田 早織, 黒澤 友紀子, 中根 綾子, 戸原 玄, 金子 ひとみ, 矢板橋 幸子, 大保寺 和子, 福原 円. 高齢者の摂食嚥下、栄養に関する地域包括ケアについての研究(第三報) 高齢者の口腔、嚥下機能健康調査 大学病院、行政との連携取組み 栃木県歯科医学会誌. 2018.04; 70 19-24. ( 医中誌 )

  66. 吉見 佳那子. 【医科歯科連携で取り組むオーラルマネジメント 一歩進んだケア技術と効果的な連携のポイント】 (第3章)疾患・状態別オーラルマネジメント 急性期脳卒中患者 看護技術. 2018.04; 64 (5): 496-500. ( 医中誌 )

  67. 吉見 佳那子. 在宅における摂食嚥下を考える 課題に気づきアセスメントしよう(第3回) 嚥下機能の検査は在宅でもできます 在宅新療0→100. 2018.03; 3 (3): 204-205. ( 医中誌 )

  68. 松原 ちあき, 古屋 純一, 戸原 玄, 吉見 佳那子, 尾花 三千代, 佐藤 茉莉恵, 吉住 結, 若杉 葉子, 中根 綾子, 水口 俊介. 急性期からの摂食嚥下リハビリテーションを行った脳卒中患者の1症例 日本歯科衛生学会雑誌. 2017.08; 12 (1): 180. ( 医中誌 )

  69. 吉見 佳那子, 古屋 純一, 戸原 玄, 稲次 基希, 竹内 周平, 前原 健寿, 水口 俊介. 多職種や他医療機関との情報共有によりシームレスな摂食嚥下リハビリテーションを行えた一症例 日本在宅医学会大会. 2017.06; 19回 147. ( 医中誌 )

  70. 田村 厚子, 大友 文雄, 田中 正史, 星野 崇, 黒田 裕之, 坂本 利之, 小佐野 みゆき, 田村 壽彦, 加治佐 枝里子, 山口 浩平, 吉見 佳那子, 戸原 玄, 田島 由香, 矢板橋 幸子, 大保寺 和子, 福原 円. 高齢者の摂食嚥下、栄養に関する地域包括的ケアについての研究(第二報) 高齢者の口腔、嚥下機能健康調査 大学病院、行政との連携取り組み 栃木県歯科医学会誌. 2017.04; 69 37-44. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 吉見佳那子. 歯科衛生学辞典 第2版. 一般社団法人全国歯科衛生士教育協議会, 2024.02

  2. 福井次矢, 高木誠, 小室一也 他. 吉見佳那子, 今日の治療指針 私はこう治療している2024. 医学書院, 2024.01 口腔ケアと喫食

  3. 一般社団法人日本老年歯科医学会. 吉見佳那子, よくわかる歯科訪問診療. 永末書店, 2023.06 各論Ⅲ 在宅診療における患者管理 B在宅医療患者

  4. 倉田なおみ. 吉見佳那子,中川量晴,戸原 玄,介護施設・在宅医療のための 食事状況から導く、薬の飲み方ガイド. 株式会社社会保険研究所, 2023.05 第5章第2節 口腔状況から見た摂食嚥下障害の原因

  5. 倉田なおみ. 中川量晴,吉見佳那子,戸原 玄,介護施設・在宅医療のための「食事状況から導く、薬の飲み方ガイド」. 株式会社社会保険研究所, 2023.05 第1章第4節 アルゴリズムをどのように使うか 各職種の対応

  6. 倉田なおみ. 吉見佳那子,中川量晴,戸原玄,介護施設・在宅医療のための「食事状況から導く、薬の飲み方ガイド」. 株式会社社会保険研究所, 2023.05 第7章第2節 口腔ケア

  7. 吉見佳那子, 中川量晴, 一般社団法人全国歯科衛生士教育協議会監修. 高齢者歯科学. 医歯薬出版株式会社, 2023.01

  8. 吉見佳那子, 松原ちあき, 戸原玄, 一般社団法人全国歯科衛生士教育協議会監修. 高齢者歯科学. 医歯薬出版株式会社, 2023.01 Ⅴ編3章 在宅における摂食嚥下リハビリテーション

  9. 吉見佳那子 , 日本リハビリテーション医学教育推進機構, 日本リハビリテーション医学会監修. リハビリテーション医学・医療における栄養管理テキスト. 医学書院, 2022.04

  10. 吉見佳那子, 岩田隆起, 水谷幸嗣, 岩野義弘, 松浦孝典 編著. 歯科衛生士・歯科助手おしごとハンドブック. 2022.03

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ryosuke Yanagida, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Yuki Nagasawa, Rieko Moritoyo, Takami Hino, Ayumi Kisara, Haruka Tohara. Sleep Apnea and Oral Health Status among Post-Stroke Patients in a Convalescent Hospital. The 4th Annual Meeting of the International Society of Oral Care 2024.04.28 Tokyo, Japan

  2. Toru Yamada, Takahiro Shinohara, Shuji Ouchi, Suguru Mabuchi, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Mitsuko Saito, Kenji Toyoshima, Yoshiaki Tamura, Atsushi Araki, Kojima Masayuki, Masayoshi Hashimoto. Comparison of diaphragm function in sarcopenia and non-sarcopenia in the elderly. 9th Geriatric Innovation Forum 2024.01.20 名古屋

  3. Ryota Kanai, Kazuharu Nakagawa, Tomoe Tamai, Sirinthip Amornsuradech, Yui Yoshizumi, Kanako Yoshimi, Kohei Yamaguchi, Haruka Tohara. Thorough observation of posterior tracheal wall with a flexible two-step angulated endoscope- three case reports. European Society for Swallowing Disorders 2023.12.01 Toulouse,France

  4. Rieko Moritoyo, Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Kanako Yoshimi, Ryosuke Yanagida, Chizuru Namiki, Haruka Tohara. The Effects of Telemedicine in Dysphagia Rehabilitation in the Period of Discontinued of Home-Visit Medical Care during the COVID-19 Pandemic. ESSD 2023 13th Annual Congress 2023.12.01 Toulouse, France

  5. Sirinthip Amornsuradech. Aging and oral function relate to masseter muscle quality, and quantity but not stiffness . European Society of Swallowing Disorder 13th Annual Congress 2023.12.01 Toulouse, France

  6. Chizuru Namiki, Koji Hara, Ryosuke Yanagida, Kenichiro Kobayashi, Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Kanako Yoshimi, Yuuki Nagasawa, Rieko Moritoyo, Haruka Tohara. Development of a saliva suction system using a dental mouthpiece to prevent saliva aspiration : a case report. European society for Swallowing Disorders 2023.12.01 Toulouse France

  7. Kanako Yoshimi, Kazuharu Nakagawa, Toru Yamada, Takahiro Shinohara, Shuji Ouchi, Mitsuko Saito, Ayane Horike, Haruka Tohara. Relationship between respiratory and swallowing function in older patients with dysphagia . ESSD 2023 13th Annual Congress 2023.11.30 Toulouse, France

  8. Ryosuke Yanagida, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Yuki Nagasawa, Takami Hino, Ayumi Kisara, Haruka Tohara. Association between obstructive sleep apnea and oral health status in post-stroke patients with dysphagia. The 1st International Conference of Asian Dysphagia Society 2023.11.10 Suwon, Korea

  9. Sirinthip Amornsuradech. Relationship between age, geniohyoid and trunk muscle characteristics. ADS 2023 The 1st International Conference of the Asian Dysphagia Society 2023.11.09 Suwon, Korea

  10. Rieko Moritoyo, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Ryosuke Yanagida, Sirinthip Amornsuradech, Ryota Kanai, Haruka Tohara. Relationship between Oral Hypofunction and masseter muscle characteristics. ADS 2023 International Conference 2023.11.09 Suwon Convention Center, Vicinity of Seoul, Korea

  11. Yamaguchi K, Yanagida R, Nakagawa K,Yoshimi K, Nagasawa Y, Hino T, Kisara A, Tohara H. Prevalence and Correlation of Dysphagia and Obstructive Sleep Apnea In Post-Stroke Patients at a Rehabilitation Hospital. Asian Dysphagia Society 2023.11.09

  12. Komori Sayaka, Yamaguchi Kohei, Nakagawa Kazuharu, Yoshimi kanako, Yanagida Ryosuke, Amornsuradech Sirinthip, Tohara Haruka. Six-month change in oral intake scale of older people requiring long-term care who underwent videoendoscopic evaluation of swallowing in home-visit dental care. The 1st International Conference of Asian Dysphagia Society 2023.11.08 Venue Suwon Convention Center, Vicinity of Seoul, Korea

  13. 住吉幸子,吉見佳那子,中川量晴,山口浩平,雨宮輝美,有本正子,戸原 玄. 訪問診療での胃ろう患者への食支援から、外出支援に繋げられた症例. 第29回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2023.09.02 横浜

  14. Ryosuke Yanagida, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Ayako Nakane, Haruka Tohara. Sleep-disordered breathing is a complication in post-stroke patients with dysphagia.. 101st General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2023.06.22 Bogota, Columbia

  15. Ryosuke Yanagida, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Chantaramanee Ariya, Patcharaphol Samnieng, Sirinthip Amorsuradech, Kanako Yoshimi, Ayako Nakane, Haruka Tohara. Investigations and activities on Oral Hypofunction in Thailand. IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2023 2023.06.14

  16. Ryosuke Yanagida, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Chantaramanee Ariya, Patcharaphol Samnieng, Rieko Moritoyo, Sirinthip Amornsuradech, Kanako Yoshimi, Haruka Tohara. International comparison of oral function among community-dwelling older adults between Thailand and Japan.. FDCU International Symposium 2023 2023.05.23 Bangkok, Thailand

  17. Ryosuke Yanagida;Kohei Yamaguchi;Kazuharu Nakagawa;Kanako Yoshimi;Ayako Nakane;Haruka Tohara. Association between sleep-disordered breathing and oral problem in post-stroke patients with dysphagia. The 3rd Annual Meeting of the International Society of Oral Care 2023.04.21 Tokyo, Japan

  18. Sirinthip Amornsuradech. Relationship between lower limb muscle characteristics and perioral muscle strengths in adults. 第28回⽇本摂⾷嚥下リハビリテーション学会学術⼤会 2022.09.24 幕張メッセ

  19. Kanako Yoshimi, Kazuharu Nakagawa, Akino Saiki, Yosuke Kawai, Takuji Koike, Haruka Tohara. Development of screening device of swallowing function using near-infrared fluorescence . 12th annual congress 2022.09.16 Leuven, Beigium

  20. Kazuharu Nakagawa, Aritoshi Uchida, Kanako Yoshimi, Yuki Nagasawa, Miki Ishii, Kohei Yamaguchi, Haruka Tohara. Factors affecting changes in activity and muscle mass in an animal model of social isolation. 12th annual congress 2022.09.15 Leuven, Beigium

  21. Sirinthip Amornsuradech, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Ayako Nakane, Kanako Yoshimi, Shohei Hasegawa, Haruka Tohara. Which masseter muscle characteristic is a better indicator for occlusal force: thickness, echo intensity, or stiffness? . European Society of Swallowing Disorders 12th Annual Congress 2022.09.15 KU Leuven, Belgium

  22. Rieko Moritoyo, Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Shohei Hasegawa, Miki Ishii, Kanako Yoshimi, Ayako Nakane, Haruka Tohara. Diet level is associated with jaw closing force in older adults without functional occlusal support.. European Society for Swallowing Disorders 2022 2022.09.15 Leuven, Belgium

  23. Sirinthip Amornsuradech, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Ayako Nakane, Kanako Yoshimi, Shohei Hasegawa, Haruka Tohara. Which masseter muscle characteristic is a better indicator for occlusal force: thickness, echo intensity, or stiffness? . European Society of Swallowing Disorders 12th Annual Congress 2022.09.15

  24. Nagasawa Y, Nakagawa K, Yoshimi K, Uchida A, Tohara H. . Effect of xanthan gum-based fluid thickener for dysphagia patients with diabetes mellitus.. 2022 ESSD annual meeting 2022.09.14 Sep.16, 2022, Leuven, Belgium.

  25. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Haruka Tohara. Application of Bioimpedance Analysis at Homes and in Nursing Homes: Relationship between Nutrition and Swallowing Function. the 30th Annual Meeting of the Dysphagia Research Society 2022.03.18 Online

  26. Yanagida Ryosuke, Hara Koji, Nakagawa Kazuharu, Namiki Chizuru, Iida Takatoshi, Tohara Takashi, Tamada Yasushi, Minakuchi Shunsuke, Yamaguchi Kohei, Yoshimi Kanako, Nakane Ayako, Tohara Haruka. Association between Jaw-opening forceand dysphagia in older adults. 30th Annual Meeting of Dysphagia Research Society 2022.03.17

  27. Yamaguchi K, Nakagawa K, Yoshimi K, Chantaramanee A, Nakane A, Okumura T, Tohara H. Relationship Between Characeteristics And Swallowing Related Muscle Strength Of The Middle Part And Base Of The Tongue. Dysphagia research society 2022.03

  28. 齋木章乃, 吉見佳那子, 中川量晴, 長谷川翔平, 柳田陵介, 中根綾, 山口浩平, 戸原玄. とろみ付き炭酸飲料が嚥下動態に与える効果の検証. 第86回 口腔病学会学術大会 2021.12.03

  29. Akira Yoshizawa,Shinya Saito, Sirinthip Amornsuradech, Kazuharu Nakagawa,Kohei Yamaguchi,Kanako Yoshimi, Haruka Tohara . Online swallowing evaluation can be an effective modality for bed bounded patient considering prevention of COVID-19 infection . World Dysphagia Summit 2021 2021.08.21

  30. Taishi Yamada, Kohei Yamaguchi, Kazuharu Nakagawa, Ayako Nakane, Kanako Yoshimi,Sirinthip Amornsuradech,Haruka Tohara. Inventing new type of denture shaped alternative vocalization. World Dysphagia Summit 2021.08.21 Nagoya

  31. Shohei Hasegawa, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Miki Ishii, Takuma Okumura, Haruka Tohara. The jaw-retraction exercise improves the anterior displacement of the hyoid bone during swallowing in elderly patients with mild dysphagia.. World Dysphagia Summit 2021 2021.08.20 Nagoya, Japan / Online

  32. Takuma Okumura, Ayako Nakane, Kazuharu Nakagawa, Kohei Yamaguchi, Knakako Yoshimi, Haruka Tohara. The Development of multiple angle endoscope for swallowing examination. World Dysphagia Summit 2021 2021.08.20 Nagoya, Japan / Online

  33. Miki Ishii, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Takuma Okumura, Shohei Hasegawa, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Tomoe Tamai, Yuki Nagasawa, Akira Yoshizawa, Haruka Tohara. Time Spent Away from Bed to Maintain Swallowing Function in Older Adults. World Dysphagia Summit 2021 2021.08 Nagoya, Japan and Online

  34. THE EFFECT OF THICKENED CARBONATED BEVERAGE ON SWALLOWING DYNAMICS. 2021.08

  35. 奥村拓真,中根綾子,中川量晴,石井美紀,吉田早織,吉見佳那子,山口浩平,戸原玄. 訪問診療研修にオンラインを用いた学生教育・リカレント教育の有用性. 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06.15 ウェブLive

  36. Kazuharu Nakagawa, Yuki Nagasawa, Kanako Yoshimi, Haruka Tohara. Effects of Thickened Food Products on Nutrient Absorption When Used for Preventing Aspiration in Dysphagia: A study using the rat model. biennial iADH research competition online 2020.11.27 web開催

  37. Kazuharu Nakagawa, Yuki Nagasawa, Kanako Yoshimi, Haruka Tohara. Effects of Thickened Food Products on Nutrient Absorption When Used for Preventing Aspiration in Dysphagia: A study using the rat model. biennial iADH research competition online 2020.11.27 web開催

  38. 中根綾子,中川量晴,原豪志,山口浩平,吉見佳那子,古屋純一,戸原玄. わが国の歯科大学・大学歯学部における訪問歯科教育と附属病院における訪問歯科診療の実態. 日本老年歯牙医学会第31回学術大会 2020.11.07

  39. Kanako Yoshimi, Haruka Tohara, Kazuharu Nakagawa, Koji Hara, Kohei Yamaguchi, Chizuru Namiki, Ayako Nakane. RELATIONSHIP BETWEEN TONGUE PRESSURE AND BACK MUSCLE STRENGTH IN HEALTHY ELDERLY INDIVIDUALS. 9th ESSD annual meeting 2019.09.21 Vienna

  40. Yamaguchi K Hara K Nakagawa K Chantaramanee A Namiki C Yoshimi K Nakane A Furuya J Tohara H. AGING AND TOOTH LOSS RELATED CHANGES OF MASSETER MUSCLE CHARACTERISTICS - ULTRASONOGRAPHIC STUDY ON YOUNG AND OLD SUBJECTS -. 9th ESSD annual meeting 2019.09.21 Vienna

  41. Nakagawa K, Yamaguchi K, Yoshimi K, Nakane A, Hara K, Tohara H.. KINEMATIC ANALYSIS OF SWALLOWING FUNCTION BEFORE AND AFTER ANTERIOR CERVICAL DISTCECTOMY AND FUSION FOR CERVICAL SPONDYLOTIC AMYOTROPHY. 9th ESSD annual meeting 2019.09.20 Vienna

  42. Chizuru Namiki , Koji Hara , Kazuharu Nakagawa , Kohei Yamaguchi , Takuma Okumura , Ariya Chantaramanee , Ayako Nakane , Kanako Yoshimi , Haruka Tohara. RELATIONSHIP BETWEEN JAW-OPENING FORCE AND FORWARD HEAD POSTURE IN HEALTHY ELDERLY PEOPLE. 9th ESSD annual meeting 2019.09.18

  43. Chantaramanee A, Tohara H, Hara K, Nakane A, Yamaguchi K, Yoshimi K, Minakuchi S. Echo Intensity of Tongue Relates to Thickness and Function in Elderly. Japanese Society of Dysphagia Rehabilitation 2018.09.08 仙台

  44. Kohei Yamaguchi, Haruka Tohara, Ayako Nakane, Kanako Yoshimi, Shunsuke Minakuchi. Potential factors that influence the echo intensity of masseter muscle . 2018 DRS Annual meeting 2018.03.16 Baltimore

  45. 金井亮太. 高齢者における視覚と味覚の感覚間協応と それが食品選択に与える影響. 日本顎口腔機能学会 2024.04.14 大阪大学歯学部棟

  46. 金井亮太,山口浩平,森豊理英子,吉見佳那子,中川量晴,戸原玄. 健常高齢者と健常成人における 視覚-味覚の感覚間協応の比較とその特徴 . 日本臨床栄養代謝学会 2024.02.15 パシフィコ横浜

  47. 真山達也,中川量晴,吉見佳那子,長澤祐季,森豊理英子,山口浩平,戸原 玄. 発酵漬物による腸内細菌叢変化の解析. 第88回口腔病学会学術大会 2023.12.02 東京医科歯科大学 歯学部特別講堂

  48. 吉見佳那子, 中川量晴, 石井美紀, 戸原 玄. 在宅で経管栄養管理をする医療ケア児の「胃ろう食」に関する報告. 第40回日本障害者歯科学会学術大会 2023.11.11 札幌

  49. 真山達也,中川量晴,吉見佳那子,森豊理英子,戸原 玄. 障害者が摂取しやすい発酵漬物を用いた腸内細菌叢の解析. 第40回日本障害者歯科学会学術大会 2023.11.11 ロイトン札幌

  50. 金井亮太、山口浩平、元木康介、森豊理英子、吉見佳那子、 中川量晴、戸原玄. 健常高齢者における視覚-味覚の 感覚間協応 . 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2023.09.03 パシフィコ横浜ノース

  51. 柳田陵介,山口浩平,中川量晴,吉見佳那子,Sirinthip Amornsuradech,戸原 玄. タイへの短期留学で得られたもの. 第29回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2023.09.03 横浜

  52. 内田 有俊、中川 量晴、長澤 祐季、吉見 佳那子 、山口 浩平、戸原 玄. 社会的孤立モデル動物の活動性、筋量変化に影響する因子の検討 . 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2023.09.03 パシフィコ横浜ノース

  53. 金 志純, 小山珠美, 高橋瑞保, 小森彩加, 中川量晴. 食べる事を禁止されたパーキンソン病高齢者が包括的支援によりステップアップできた一例. 第29回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2023.09.03

  54. 真山達也,中川量晴,吉見佳那子,中村優一,長澤祐季,森豊理英子,山口浩平,戸原 玄. 発酵漬物による腸内細菌叢変化の解析. 第29回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2023.09.02 パシフィコ横浜

  55. 齋木章乃, 吉見佳那子, 長澤祐季, 山田大志, 内田有俊, 金井亮太, 住吉幸子, 中川量晴, 戸原玄. 上口唇癌術後患者に対する摂食嚥下リハビリテーション介入により健康関連QOLが改善した1例. 第29回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2023.09.02

  56. 長澤 祐季,中川 量晴,吉見 佳那子,内田 有俊,山口 浩平,片桐 さやか,戸原 玄. 「胃ろう食」の摂取が小児嚥下障害患者のおよび口腔・腸内細菌叢に与える影響. 第 29 回日本摂食嚥下 リハビリテーション学会学術大会 2023.09.02

  57. 中澤貴士,吉見佳那子,中川量晴,大原里子,高田健人,梶井文子,吉池信男,戸原 玄. 咬む力が低下した人に適切な食事形態は何か. 第29回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2023.09.02 横浜

  58. 吉見佳那子,中川量晴,長澤祐季,内田有俊,石井美紀,山口浩平,久保詩織,戸原 玄. 医療的ケアが必要な児の「胃ろう食」に関する調査報告. 第29回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2023.09.02 横浜

  59. 内田 有俊、中川 量晴、長澤 祐季、吉見 佳那子、山口 浩平、戸原 玄. 社会的孤立モデル動物の活動性、筋量変化に影響する因子の検討. 2023.06.18 パシフィコ横浜ノース

  60. 中川量晴. 人と生活を支える訪問での摂食嚥下の診療. 日本老年歯科医学会第34回学術大会 2023.06.18 横浜

  61. 柳原有依子. タブレット端末を用いて撮影した口腔内動画上での多職種による口腔環境評価の有用性. 日本老年歯科医学会第34回学術大会 2023.06.17 横浜

  62. 森豊 理英子、中川 量晴、山口 浩平、長谷川 翔平、吉見 佳那子、石井 美紀、柳田 陵介、戸原 玄. 機能的咬合支持のない要介護高齢者の閉口力と食事形態分類の関連. 一般社団法人 日本老年歯科医学会第34回学術大会 2023.06.17 パシフィコ横浜(ノース)

  63. 山口浩平,今田良子,中川量晴,吉見佳那子,長谷川翔平,戸原玄. 高齢誤嚥性肺炎患者における、繰り返す肺炎が経口摂取度に与える影響. 日本老年歯科医学会第34回学術大会 2023.06.17

  64. 並木千鶴,中川量晴,佐川俊彦, 中根綾子,山口浩平,吉見佳那子, 戸原玄,早田邦康. 療養型病床にて歯科介入により経口摂取可能となり配偶者と同じ施設への入所が実現できた症例. 第38回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2023.05.10 神戸国際会議場

  65. 森豊理英子,中川量晴,長谷川翔平, 石井美紀,山口浩平,吉見佳那子,中根綾子,戸原 玄. 閉口力は機能的咬合支持のない要介護高齢者の食事形態の決定に有用か. 第38回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2023.05.09 神戸コンベンションセンター

  66. 吉見佳那子. 多職種連携へのAIやICTの活用と口腔ケア. 第24回日本口腔ケア協会学術大会 2023.02.11 東京

  67. 石井美紀, 中川量晴, 長谷川翔平, 山口浩平, 吉見佳那子, 中根綾子, 戸原玄. 高齢のど自慢出演者は食べる機能が維持されているか. 第87回口腔病学会学術大会 2022.12.02 東京

  68. 中川量晴,吉見佳那子,石井美紀,戸原 玄. 社会的孤立による活動性低下を緩和する要因-モデルラットでの基礎的検討-. 第39回日本障害者歯科学会学術大会 2022.11.06

  69. 吉見佳那子,中川量晴,中根綾子,戸原 玄. 色素性乾皮症患者の口腔問題に関する調査研究. 第39回日本障害者歯科学会学術大会 2022.11.05 倉敷

  70. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,内田有俊,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. とろみ調整食品の摂取が消化管に及ぼす影響 -ラットを用いた基礎的検討-. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2022.09.24 幕張メッセ,千葉市,千葉県,

  71. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,長澤祐季,齋木章乃,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. とろみづけした難消化デキストリン配合炭酸水が嚥下障害患者の脂質異常症軽快に寄与した1例. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.24

  72. 齋木章乃, 吉見佳那子, 中川量晴, 戸原玄. 嚥下障害患者に対する炭酸とろみ水の効果と活用. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.24

  73. 玉井斗萌,吉見佳那子,奥村拓真,中川量晴,中根綾子, 山口浩平,田中光,戸原玄. 携帯2段湾曲内視鏡は気管後壁の観察に有用である. 2022.09.23 幕張メッセ

  74. 石井美紀,中川量晴,吉見佳那子,奥村拓真,長谷川翔平,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 嚥下障害患者が着替えて装うことは誤嚥の有無に関連するか. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.23 幕張,web開催

  75. 森豊理英子,中川量晴,山口浩平,長谷川翔平,石井美紀,吉見佳那子,中根綾子, 戸原 玄. 機能的咬合支持の無い高齢者の閉口力と食事形態の関連性. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.23 幕張メッセ

  76. 川嶋美奈,中川量晴,石井美紀,森豊理英子, 山口浩平,吉見佳那子,中根綾子,戸原 玄. 「閉口力」は高齢者の口腔機能の指標として有用か. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.23 千葉

  77. 柳田 陵介,原 豪志,中川 量晴,並木 千鶴,山口 浩平,吉見 佳那子,中根 綾子,戸原 玄. 嚥下障害患者におけるTongue Right Positionerによる舌圧の改善. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.22 千葉

  78. 長谷川翔平, 中川量晴, 石井美紀, 吉見佳那子, 山口浩平, 中根綾子, 戸原玄. 訓練時のとろみ濃度を漸減することで安全なストロー飲みを獲得できた舌癌術後の症例. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.22

  79. 吉中晋 , 山口浩平 , 柳田陵介 , 島田真須美 , 石井美紀 , 中川量晴 , 吉見佳那子 , 中根綾子 , 戸原玄. 要介護高齢者における摂食嚥下機能の日内変動に対する調査. 第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2022.09.22 千葉

  80. 松原 ちあき, 今田 良子, 山口 浩平, 中川 量晴, 吉見 佳那子, 中根 綾子, 日高 玲奈, 古屋 純一, 坂東 誉子, 日下 輝雄, 戸原 玄. 統合失調症患者における口腔環境の実態調査. 老年歯科医学 2022.09.01

  81. 小池卓二,若松海門,飯野裕二,飯野裕二,中川量晴,吉見佳那子,西村吾朗,山田幸生,丹羽治樹,道脇幸博. 近赤外線光を用いた嚥下機能評価法の開発. 第21回日本生活支援工学会大会 日本機械学会福祉工学シンポジウム, 第37回ライフサポート学会大会 2022.08.21 web

  82. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,内田有俊,吉澤彰,玉井斗萌,山口浩平,中根綾子,戸原玄. 嚥下障害患者が使用するとろみ剤が血糖値や消化管ホルモンに与える影響-ラット遺伝子の発現量解析-. 2022.06.13

  83. 柳田 陵介,中川 量晴,齋木 章乃,Amornsuradech Sirinthip,山口 浩平,吉見 佳那子,中根 綾子,戸原 玄. 口腔機能低下症に該当しない嚥下障害患者の訓練的対応の一例. 日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.12 新潟

  84. 鈴木啓之,古屋純一,中川量晴,中根綾子,吉見佳那子,日髙玲奈,戸原玄,佐藤裕二,守澤正幸,水口俊介. 急性期病院NST対象患者に対する多職種連携による口腔管理の効果 . 日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.11 新潟

  85. 森豊理英子,中川量晴,山口浩平,石井美紀,吉見佳那子,中根綾子,内田有俊,戸原 玄. 臼歯咬合支持を喪失したまま義歯を使用せず経口摂取している高齢者に関する調査. 一般社団法人 日本老年歯科医学会 第33回学術大会 2022.06.11

  86. 齋木章乃, 吉見佳那子, 中川量晴, 長澤祐季, 吉澤彰, 山田大志, 中根綾子, 山口浩平, 戸原玄. 近赤外蛍光システムを応用した新しい嚥下機能評価に関する研究. 日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.11

  87. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,有瀧航太, 山口浩平, 中根綾子, 玉井斗萌,長澤祐季,戸原 玄. 加齢が頚椎疾患の後方アプローチ術後の嚥下機能にどのように影響するか. 一般社団法人日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.11

  88. 吉見佳那子. 脳卒中患者に対する早期からの口腔衛生管理は有益か?. 日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.11 新潟

  89. 奥村 拓真, 中根 綾子, 中川 量晴, 森豊 理英子, 柳田 陵介, 内田 有俊, 吉見 佳那子, 山口 浩平, 戸原 玄. 開口速度計の開発. 一般社団法人日本老年歯科医学会第33回学術大会 2022.06.10 新潟

  90. 吉見佳那子,中川量晴,齋木章乃,奥村拓真,長澤祐季,吉澤 彰,山田大志,内田有俊, 山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 近赤外蛍光システムを応用した非侵襲的な嚥下評価機器の開発. 第37回日本臨床栄養代謝学会学術大会 2022.05.31 横浜

  91. 長澤祐季 ,中川量晴,吉見佳那子 ,内田有俊, 玉井斗萌, 吉澤彰, 山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 嚥下障害に用いるとろみ剤は グルコース吸収に影響を及ぼすか -ラット消化管ホルモンの遺伝子発現解析-. 第37回日本臨床栄養代謝学会学術大会 2022.05.31

  92. 石井 美紀,中川 量晴,奥村 拓真,長谷川翔平,山口 浩平,吉見 佳那子,中根 綾子,戸原 玄. 摂食嚥下リハビリテーションの進行に合わせ経皮経食道胃管から胃瘻へ変更した一例. 第37回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2022.05.31 横浜,web開催

  93. 戸原玄,吉見佳那子,奥村拓真,山田大志. 摂食嚥下のリハビリテーションと機器. 2021年度福祉用具講習会 観て学ぶ最新支援技術動向 2022.02.18 web

  94. 吉見佳那子. 「食べる」を支える口腔管理のポイント-入院患者への効果的な口腔ケア-. 第34回東京医科歯科大学NSTセミナー 2021.11.22 東京医科歯科大学病院

  95. 山口浩平、石橋尚基、中川量晴、吉見佳那子、中根綾子、奥村拓真、出浦惠子、小泉伸秀、戸原玄. ICTを活用した地域自立型摂食嚥下障害患者支援モデルの構築. 第25回日本遠隔医療学会 2021.10.10 オンライン

  96. 吉見佳那子,中川量晴,久保田一政,尾﨑研一郎,奥村拓真,吉澤彰,岡田光純,雨宮輝美,中根綾子,山口浩平,戸原玄. 周術期入院患者におけるICTを活用した口腔管理の有用性の検証. 第25回日本遠隔医療学会学術大会 2021.10.09 岐阜,web

  97. 石井美紀,中川量晴,山口浩平,吉見佳那子, 奥村拓真,長谷川翔平,中根綾子,戸原玄. 慢性期高齢者の体液貯留は摂食嚥下機能と日々の過ごし方の影響を受ける. 第26・27回合同学術大会日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.21 名古屋,web開催

  98. 奥村 拓真, 原 豪志, 並木 千鶴, 吉見 佳那子, 山口 浩平, 中根 綾子, 戸原 玄. 口腔癌術後患者の経鼻胃管抜去までの日数と嚥下動態の関連について. 第26・27回合同学術大会日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.21 名古屋, Web開催

  99. 頚椎疾患の術前後嚥下機能の運動学的解析 -咀嚼嚥下の検討-. 2021.08.20

  100. 嚥下障害患者にとろみ付き炭酸飲料は有効か. 2021.08.20

  101. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,有瀧航太, 堀内 玲,小谷朋子,中根綾子,戸原 玄. 脱水予防のための飲料ゼリーは嚥下困難者も安全に摂取可能か. 第26・27回合同学術大会日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.19

  102. 新型コロナウイルス感染症蔓延下における摂食嚥下障害患者に対するオンライン診療の有効性. 2021.08

  103. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,玉井斗萌,吉澤 彰,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. 耐糖能異常嚥下障害患者に対するとろみ調整食品の影響. 第26・27回合同学術大会 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08

  104. 吉見佳那子,中川量晴,百崎良,宗田瑠璃子,中根絢綾子,山口浩平,鈴木啓之,齋木章乃,山田大志,戸原玄. 肺炎発症患者への口腔管理は経口摂取を確立させ在院日数を短縮する. 第36回日本臨床栄養代謝学会学術大会 2021.07.21 Web開催

  105. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,長澤祐季,中根綾子,有瀧 航太,戸原 玄. 頸椎疾患患者の術式による嚥下障害の特徴. 第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2021.07.21

  106. 石井美紀,中川量晴,奥村拓真,山口浩平,吉見佳那子,中根綾子,森豊理英子,戸原 玄. 居宅,介護施設等における生体インピーダンス法の活用-栄養と摂食嚥下機能の関連-. 第36回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2021.07 神戸,web開催

  107. 鈴木啓之,古屋純一,中川量晴,日髙玲奈,吉見佳那子,中根綾子,戸原 玄,水口俊介. タブレットを用いて撮影した口腔内動画による口腔環境評価の有用性. 第32回日本老年歯科医学会学術大会 2021.06.13 オンライン

  108. 石井 美紀,中川 量晴,吉見 佳那子,奥村 拓真,長谷川 翔平,山口 浩平,中根 綾子,戸原 玄. 嚥下訪問診療は地域高齢者の生活の質に良い影響を及ぼす -地域包括ケアにおける新たな歯科医療の役割-. 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06.13 web開催

  109. 吉澤 彰,中川量晴 ,吉見佳那子, 石井美紀,並木千鶴 ,河合陽介 ,中根綾子 ,戸原 玄. 頸椎前方固定術後に嚥下障害を認めた1例-術前後における運動学的解析- . 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06.13

  110. 柳田陵介,原豪志,中川量晴,並木千鶴,飯田貴俊,戸原雄,玉田泰嗣,水口俊介,山口浩平,吉見佳那子,中根綾子,戸原玄. 開口力は嚥下機能低下の指標として有効である̶多施設共同研究の結果より̶. 第32回日本老年歯科医学会学術大会 2021.06.13 東京

  111. 石井 美紀,中川 量晴,吉見 佳那子,奥村 拓真,長谷川 翔平,原 豪志,山口 浩平,中根 綾子,玉井 斗萌,長澤 祐季,吉澤 彰,戸原 玄. 離床する要介護高齢者は筋肉量,生活の質および摂食嚥下機能が維持されるか. 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06.12 web開催

  112. とろみ付き炭酸飲料が嚥下障害患者の嚥下機能に及ぼす影響について. 2021.06

  113. 高齢嚥下障害患者に対し訪問診療と管理栄養士同席のオンライン診療を併用し経口摂取支援を行った症例  . 2021.06

  114. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,吉澤 彰,玉井斗萌,山口浩平,中根綾子,戸原 玄. とろみ調整食品が栄養吸収に影響を及ぼす可能性 ラットの発育を観察した基礎的研究. 日本老年歯科医学会第32回学術大会 2021.06 web開催

  115. 赤塚彩乃,古屋純一,鈴木啓之,日髙玲奈,中川量晴,松原ちあき,吉見佳那子,中根綾子,戸原玄,水口俊介. 急性期病院NST対象患者の口腔環境に関する要因. 第31回日本老年歯科医学会学術大会 2020.11.08 Web開催

  116. 奥主 嘉彦,吉見 佳那子,重松 賀子. 重度認知症患者における義歯型マウスピース(DementiaDenture)の有用性について. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.08 Web開催

  117. 山口浩平、原豪志、中川量晴、吉見佳那子、Chantaramanee Ariya, 中根綾子、古屋純一、戸原玄. 口腔機能関連筋(舌、舌骨上筋群)の減弱要因は何か ー加齢、全身骨格筋量、歯の欠損との関連についてー. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07

  118. 吉見佳那子,中川量晴,山口浩平,原豪志,中根綾子,戸原玄. 口腔がん患者における片側頚部郭清術後の嚥下障害に影響する因子の検討. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07 web開催

  119. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,原 豪志,中根綾子,長谷川翔平,石井美紀,奥村拓真,玉井斗萌,長澤祐季,戸原 玄. 頚椎疾患患者の術後嚥下機能の運動学的解析 -年代と術式による比較. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07 WEB開催

  120. 中川量晴,原豪志,石井美紀,吉見佳那子,奥村拓真,戸原玄. 長期療養する遷延性意識障害患者の口腔問題に関わる要因. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07

  121. 石井美紀,中川量晴,吉澤彰,佐藤和美,原豪志,山口浩平,吉見佳那子,奥村拓真,玉井斗萌,長澤祐季,中根綾子,戸原玄. 高齢のど自慢参加者は生活の質と食べる機能が維持されているか. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07 web開催

  122. 鈴木 絢子,吉見 佳那子,中川 量晴,中島 祐子. 歯科衛生士が中心となり多職種で口腔機能管理を行った1症例 ―回復期脳卒中患者への対応―. 日本老年歯科医学会第31回学術大会 2020.11.07 Web開催

  123. 中根 綾子, 中川 量晴, 原 豪志, 山口 浩平, 吉見 佳那子, 古屋 純一, 戸原 玄. わが国の歯科大学・大学歯学部における訪問歯科診療教育と附属病院における訪問歯科診療の実態. 日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2020.11.01

  124. 玉井斗萌, 原 豪志,並木千鶴, 中川量晴, 中根綾子, 吉見佳那子, 戸原 玄. 健常高齢者における舌圧と頭部前方位との関連性. 2020.11

  125. 摂食嚥下障害患者におけるオトガイ舌骨筋の嚥下時収縮率と摂食嚥下機能や全身との関連. 2020.11

  126. 鈴木啓之, 古屋純一, 松原ちあき, 山崎康弘, 日髙玲奈, 吉見佳那子, 戸原 玄, 水口俊介. 軽度認知機能障害(MCI)患者の口腔環境および口腔機能. 日本補綴歯科学会第129回学術大会 2020.06.28 博多

  127. 中根綾子、中川量晴、吉住結、吉見佳那子、山口浩平、古屋純一、戸原玄. 要介護高齢者の体重コントロールが、逆流による誤嚥性肺炎を回避できた1症例. 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020.02.28

  128. 長澤祐季,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,吉澤彰,中根綾子,古屋純一,戸原玄. 飼料形態がラットに及ぼす影響. 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020.02.27 京都

  129. 吉澤 彰,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,長澤祐季,中根綾子,古屋純一,戸原 玄. 頚椎疾患患者の術前後における摂食状況と嚥下機能の解析. 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020.02.27 京都

  130. 吉見佳那子,中川量晴,豊島瑞枝,中根綾子,山口浩平,古屋純一, 戸原 玄. 口腔がん患者における片側頸部郭清術後の嚥下障害に影響する因子の検討. 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020.02.27

  131. 中川量晴, 吉見佳那子, 中根綾子, 戸原 玄. 頚椎症性筋萎縮症における術後嚥下機能の解析-整形外科との連携-. 第36回日本障害者歯科学会総会および学術大会 2019.11.24 岐阜

  132. 吉見佳那子, 中根綾子, 中川量晴, 田村厚子, 戸原 玄. 当科における障害児・者への訪問歯科診療−訪問口腔リハビリテーションの取り組み−. 第36回日本障害者歯科学会総会および学術大会 2019.11.23 岐阜

  133. 奥村拓真,原豪志,戸原玄,,中川量晴,並木千鶴,吉見佳那子,山口浩平,中根綾子. 舌切除・再建術後における咽頭収縮率と嚥下機能の関連. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2019.09.07 新潟

  134. 吉見佳那子,中川量晴,堀内玲,中根綾子,原豪志,山口浩平,戸原玄. 口腔期嚥下障害に影響する歯列不正に対し口腔内装置を適応した在宅脳卒中患者の一例. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2019.09.07 新潟

  135. 中川量晴,川畑篤礼, 吉澤 彰,山口浩平, 吉見佳那子, 玉井斗萌,石井美紀, 戸原玄. 頚椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術前後における嚥下機能の運動学的解析. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2019.09.07 新潟

  136. 石井美紀,中川量晴,原豪志,奥村拓真,吉見佳那子,山口浩平,中根綾子,戸原玄. 要介護高齢者の生活の質および活動性と摂食嚥下機能の関連性. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2019.09.07 新潟

  137. 奥村拓真,原豪志,戸原玄,並木千鶴,吉見佳那子,山口浩平,中根綾子,中川量晴,水口俊介. 舌癌術後患者の嚥下機能と咽頭筋厚・筋量の関連について. 一般社団法人日本老年歯科医学会第30回学術大会 2019.06.08 宮城

  138. 高野悟,戸原玄,山口浩平,原豪志,中川量晴,奥村拓真,石井美紀,今田良子,並木千鶴,吉見佳那子,中根綾子,水口俊介. 臼歯部の咬合支持域が失われた高齢者に対して、マウスピースを用いた咀嚼筋トレーニングを実施した一例. 日本老年歯科医学会第30回大会 2019.06.08

  139. 紅谷朱音,古屋純一,松原ちあき,吉見佳那子,中山玲奈,中川量晴,中根綾子,戸原玄,水口俊介. 舌癌による摂食嚥下障害に対し多職種が長期的管理を行いQOLが向上した一症例. 日本老年歯科医学会第30回学術大会 2019.06.07 仙台

  140. 吉見佳那子,戸原玄,原豪志,田村厚子, 中根綾子,中川量晴,山口浩平,水口俊介. 60歳以上地域健常高齢者における 舌圧と背筋力の関連について. 第30回日本老年歯科医学会学術大会 2019.06.07 仙台

  141. 石井美紀,中川量晴,原豪志,奥村拓真,吉見佳那子,山口浩平,中根綾子,戸原玄,水口俊介. 慢性期摂食嚥下障害患者の社会参加および生活の質と摂食嚥下機能に関する研究. 日本老年歯科医学会第30回学術大会 2019.06.07 宮城

  142. 奥村拓真,原豪志,中川量晴,吉見佳那子,山口浩平,中根綾子,戸原玄,水口俊介. 慢性期摂食嚥下障害患者の 摂食嚥下関連筋と 四肢骨格筋および体幹筋量との関連. 一般社団法人日本老年歯科医学会第30回学術大会 2019.06.07 宮城

  143. 長谷川 翔平, 吉見 佳那子, 山口 浩平, 原 豪志, 中川 量晴, 中根 綾子, 戸原 玄, 水口 俊介. 軽度の嚥下障害を有する高齢者において顎引き訓練によりUESの開大および舌骨の前方運動が改善した症例. 一般社団法人日本老年歯科医学会第30回学術大会 2019.06.07 仙台国際センター

  144. 安藤 麻里子, 原 豪志, 戸原 玄, 並木 千鶴, 奥村 拓真, 山口 浩平, 吉見 佳那子, 中川 量晴, 中根 綾子, 水口 俊介. 東京医科歯科大学摂食嚥下リハビリテーション外来における訪問初診患者の現状報告. 日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2019.06.01

  145. 吉見 佳那子,古屋純一,中島純子,竹内純,水口俊介. 回復期病院における口腔機能管理の必要性 〜有病高齢者のインプラントケアと補綴治療を行った症例〜. 日本補綴歯科学会第128回学術大会 2019.05.12 札幌

  146. 佐藤茉莉恵,岡野佐貴子、吉見佳那子、吉住結、豊島瑞枝、中根綾子. 口腔癌術後患者の在宅における栄養管理が困難を極めた1症例. 2019.02.14 品川、東京

  147. 松原ちあき、古屋純一、尾花三千代、中山玲奈、紅谷朱音、山口浩平、中川量晴、中根綾子、戸原玄、水口俊介. 緩和ケア病棟入院患者に対する義歯管理によって食のQOLが改善された2症例. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2018.09.15 博多

  148. 尾花三千代、古屋純一、中山玲奈、松原ちあき、吉見佳那子、中根綾子、戸原玄、稲次基希、前原健寿、水口俊介. 多職種による急性期脳卒中患者の口腔管理に関する研究. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2018.09.15 博多

  149. 山口浩平、戸原玄、原豪志、中根綾子、吉見佳那子、水口俊介. 摂食嚥下関連筋力と低筋肉量、低筋機能状態の関連性. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2018.09.09 宮城県 仙台市

  150. 山口浩平, 戸原玄, 原豪志, 中根綾子, 吉見佳那子, 水口俊介. 咬合力に対する咬筋の量と質の関連性. 日本老年歯科医学会第29回学術大会 2018.06.23 品川

  151. 吉見佳那子,戸原玄,中根綾子,原豪志,加治佐枝里子,山口浩平,水口俊介. 地域在住健常高齢者における摂食嚥下関連筋群の筋量と全身骨格筋量の関連について. 第29回日本老年歯科医学会学術大会 2018.06.22 品川

  152. 安藤麻里子,古屋純一,吉見佳那子,山口浩平,中根綾子,戸原玄,水口俊介. 地域連携による脳卒中の摂食嚥下リハビリテーションの取り組み. 第29回日本老年歯科医学会学術大会 2018.06.22 品川

  153. 吉見 佳那子,吉住結,山口浩平,豊島瑞枝,中根綾子. 口腔癌術後の摂食嚥下障害患者に対し間歇的口腔食道経管栄養法を導入した一症例. 第33回日本静脈経腸栄養学会学術大会 2018.02.23 横浜

  154. 田村厚子,山口浩平,吉見佳那子,安藤麻里子,吉田早織,黒澤友紀子,中根綾子,戸原 玄. 高齢者の摂食嚥下、栄養に関する地域包括ケアについての研究 第三報 高齢者の口腔、嚥下機能健康調査 大学病院、行政との連携取組み. 栃木県歯科医学会 2017.11.03 宇都宮

  155. 竹内純,古屋純一,戸原玄,吉見佳那子,中根綾子,稲次基希,前原健寿,水口俊介. 急性期病院との連携によりシームレスな回復期の口腔機能管理を行えた脳卒中の1症例. 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2017.09.16 幕張

  156. 吉見 佳那子,古屋純一,戸原玄,水口俊介. Oral dyskinesiaを有する摂食嚥下障害患者の一症例. 日本補綴歯科学会第126回学術大会 2017.07.01 横浜

  157. 吉見佳那子,古屋純一,戸原玄,稲次基希,竹内周平,前原健寿,水口俊介. 多職種や他医療機関との情報共有によりシームレスな摂食嚥下リハビリテーションを行えた1症例. 第19回日本在宅医学会大会 2017.06.17 名古屋

  158. 吉見佳那子,山口浩平. 第5回「摂食嚥下障害の評価と訓練 その基礎と実際」研修会. 2017.03.16 所沢市

  159. 吉見佳那子,山口浩平. 第4回「摂食嚥下障害の評価と訓練 その基礎と実際」研修会. 2017.03.02 さいたま市

  160. 山口浩平、戸原玄、中根綾子、加治佐枝里子、吉見佳那子、田村厚子、川嶋美奈、粟野幹子、水口俊介. 健常高齢者における咬筋厚と全身骨格筋量、咬合関係との関連性について. 第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会  2016.09.23 新潟

  161. 吉見佳那子,戸原玄,加治佐枝里子,山口浩平,粟野幹子,川嶋美奈,若杉葉子,中根綾子,水口俊介. 地域高齢者を対象とした身体活動量と口腔機能の関連についての調査. 日本老年歯科医学会第27回総会・学術大会 2016.06.19 徳島

  162. 加治佐枝里子,戸原玄,中根綾子,田村厚子,山口浩平,吉見佳那子,川嶋 美奈,粟野幹子,水口俊介. 健常高齢者における口腔周囲筋を含めた骨格筋量と開口力の関連性. 2016.06.18 アスティとくしま,徳島市,徳島県

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀賞,日本顎口腔機能学会,2024年04月

  • Oral Presentation Award,2023年11月

  • 優秀論文賞,日本摂食嚥下リハビリテーション学会,2023年09月

  • 課題口演賞(柳原有依子),日本老年歯科医学会,2023年06月

  • 日本障害者歯科学会学術大会優秀発表賞(中川量晴),2022年11月

  • 日本障害者歯科学会学術大会優秀発表賞(吉見佳那子),2022年11月

  • 優秀課題口演賞(鈴木啓之),一般社団法人日本老年歯科医学会,2022年06月

  • 日本障害者歯科学会優秀発表賞,2020年11月

  • 第31回日本老年歯科医学会学術大会優秀ポスター賞(歯科衛生士部門),一般社団法人日本老年歯科医学会,2020年11月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「手作りの胃ろう食が小児の腸内細菌叢と口腔内細菌叢の組成に寄与する」 ―胃ろうから手作りの食事で楽しく健康に―,2023年08月

    Frontiers in microbiology

  • 吉見佳那子, 回復期リハビリテーション病院入院患者に対する歯科口腔管理のエビデンス構築,2023年04月

  • 「 高齢嚥下障害患者に対するとろみ付き炭酸飲料の効果の検証 」 -とろみ付き炭酸飲料には嚥下改善効果がある-,2023年02月

    Scientific Reports

  • 中川量晴. 日本医療研究開発機構(AMED) 医療機器等研究成果展開事業 2022-2024,2022年04月

    近赤外蛍光を用いた誤嚥リスク検出装置の開発

  • 中川量晴. 科研費基盤C 2022-2024,2022年04月

    嚥下障害患者に用いるとろみ調整食品の栄養吸収代謝に関わる基礎的検討

  • 「 歯科による口腔管理が経口摂取の確立と在院日数短縮に関連 」― 高齢肺炎入院患者に対する歯科管理は有効である ―,2021年08月

    Journal of Nutrition, Health and Aging

  • 中川量晴,吉見佳那子 一般社団法人日本歯科医学会連合 医療問題事業「歯科医療制度と歯科医療問題に関する資料収集および調査研究」,2021年06月

    65歳以上の肺炎入院患者に対する歯科管理効果の調査研究

  • 吉見佳那子 科学研究費(基盤研究C),2020年04月

    近赤外蛍光検査システムを応用した新しい嚥下機能評価に関する基礎的研究

  • 吉見佳那子 科学研究費(研究活動スタート支援),2019年06月

    体幹筋と摂食嚥下関連筋群の関連についての研究

  • 吉見佳那子 科学研究費(研究活動スタート支援),2018年10月

    体幹筋と摂食嚥下関連筋群の関連についての研究

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • D5 咀嚼と嚥下のバイオロジー

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 吉見佳那子, 認定医講座 これからの摂食嚥下介入,一般社団法人訪問歯科協会,web,2024年01月25日

  • 吉見佳那子, 中川量晴, 嚥下障害患者への新たなアプローチ-生活の中で継続できる嚥下障害の対策、より安全な水分摂取について考える-,株式会社大塚製薬工場,Otsuka Nutrition Webinar,web,2023年10月19日

  • 吉見佳那子,胃ろう食と口や便の細菌について,読売新聞社,読売新聞,2023年09月06日 - 現在

  • 吉見佳那子,一般社団法人日本摂食支援協会施設基準研修会,一般社団法人日本摂食支援協会,2023年09月03日

  • 吉見佳那子, KG関東栄養科第27回定期勉強会,一般社団法人巨樹の会,web,2023年03月29日

  • 吉見佳那子, これからの摂食嚥下のあり方とは?Part 2,ワンディ株式会社,戸原ゼミ,2023年03月 - 現在

  • 中川量晴, 吉見佳那子, 戸原 玄, 嚥下リハを生活の中に取り入れる,(株)大塚製薬工場,Otsuka Nutrition Webinar,web,2023年

  • 吉見佳那子, 2021年度福祉用具講習会 観て学ぶ最新支援技術動向,東京都南多摩保健医療圏地域リハビリテーション支援センター, 東京都西多摩保健医療圏地域リハビリテーション支援センター,web,2022年02月18日 - 2022年03月10日

  • 吉見佳那子, 株式会社大塚製薬工場社内研修会「歯科口腔管理と効果的な口腔ケアについて」,株式会社大塚製薬工場,Web,2021年11月08日

▼全件表示