基本情報

写真a

亀田 貴寛(カメダ タカヒロ)

KAMEDA Takahiro


職名

助教

メールアドレス

kameda.alc@tmd.ac.jp

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  保健衛生学研究科  博士課程  2015年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学 非常勤講師
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学 非常勤講師
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学 非常勤講師
  • 2018年05月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 先端分析検査学分野 非常勤講師
  • 2019年05月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 先端分析検査学分野 非常勤講師
  • 2019年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 先端分析検査学分野 助教

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年09月
    東京工科大学 医療保健学部 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医療検査科学会

  • 日本臨床検査学教育学会

  • 日本臨床化学会

  • 日本臨床検査医学会

  • 東京都臨床検査技師会

  • 日本臨床衛生検査技師会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査技師

  • 健康食品管理士

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリア呼吸鎖超複合体へのコエンザイムQ10輸送機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 臨床検査への応用を目指した高比重リポ蛋白の新たな機能測定法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 臨床検査への応用に向けたトータルネットコレステロール引き抜き能評価法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 各種アポリポタンパク転送の定量法の開発と転送メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Ogino M, Kameda T, Mutsuda Y, Tanaka H, Takahashi J, Okazaki M, Ai M, Ohkawa R. Development of internal standard for lipoprotein subclass analysis using dual detection gel-permeation high-performance liquid chromatography system. Bioscience reports. 2022.05; ( PubMed, DOI )

  2. Yuna Horiuchi, Shao-Jui Lai, Takahiro Kameda, Minoru Tozuka, Ryunosuke Ohkawa. EXPRESS: Novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads: Confirmation and improvement for application in clinical laboratory. Ann Clin Biochem. 2021.10; 45632211054406. ( PubMed, DOI )

  3. Shimano S., Ohkawa R., Nambu M., Sasaoka M., Yamazaki A., Fujii Y., Horiuchi Y., Lai S.J., Kameda T., Ichimura N., Fujita K., Tohda S. and Tozuka M.. Marked changes in serum amyloid A distribution and high-density lipoprotein structure during acute inflammation BioMed Research International. 2021.01;

  4. Kameda T., Horiuchi Y., Shimano S., Yano K., Lai S.J., Ichimura N., Tohda S., Kurihara Y., Tozuka M., Ohkawa, R. Effect of myeloperoxidase oxidation and N-homocysteinylation of high-density lipoprotein on endothelial repair function Biological Chemistry. 2021;

  5. Ryunosuke Ohkawa, Hann Low, Nigora Mukhamedova, Ying Fu, Shao-Jui Lai, Mai Sasaoka, Ayuko Hara, Azusa Yamazaki, Takahiro Kameda, Yuna Horiuchi, Peter J Meikle, Gerard Pernes, Graeme I Lancaster, Michael Ditiatkovski, Paul Nestel, Boris L Vaisman, Denis Sviridov, Andrew J Murphy, Alan T Remaley, Dmitri Sviridov, Minoru Tozuka. Cholesterol transport between red blood cells and lipoproteins contributes to cholesterol metabolism in blood. J. Lipid Res.. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  6. Horiuchi, Y., Lai S.J., Kameda, T., Tozuka, M., and Ohkawa, R. Comparison of a novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads with the conventional method Bioscience Reports. 2020;

  7. Yamazaki, A., Ohkawa, R., Yamagata, Y., Horiuchi, Y., Lai, S.J., Kameda, T., Ichimura, N., Tohda, S. and Tozuka, M.. Apolipoprotein C-II and C-III preferably transfer to both HDL2 and the larger HDL3 from VLDL Biological Chemistry. 2020;

  8. Hoduchi Yuna, Ohkawa Ryunosuke, Lai Shao-Jui, Shimano Shitsuko, Hagihara Michio, Tohda Shuji, Kameda Takahiro, Tozuka Minoru. Usefulness of apolipoprotein B-depleted serum in cholesterol efflux capacity assays using immobilized liposome-bound gel beads BIOSCIENCE REPORTS. 2019.04; 39 (4): ( PubMed, DOI )

  9. Horiuchi Yuna, Ohkawa Ryunosuke, Lai Shao-Jui, Yamazaki Azusa, Ikoma Hayato, Yano Kouji, Kameda Takahiro, Tozuka Minoru. Characterization of the cholesterol efflux of apolipoprotein E-containing high-density lipoprotein in THP-1 cells BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2019.02; 400 (2): 209-218. ( PubMed, DOI )

  10. Sato M, Ohkawa R, Low H, Nishimori M, Okubo S, Yoshimoto A, Yano K, Kameda T, Yatomi Y, Tozuka M. Serum amyloid A does not affect high-density lipoprotein cholesterol measurement by a homogeneous assay. Clinical biochemistry. 2019.01; 63 97-101. ( PubMed, DOI )

  11. Horiuchi Yuna, Lai Shao-Jui, Yamazaki Azusa, Nakamura Ayaka, Ohkawa Ryunosuke, Yano Kouji, Kameda Takahiro, Okubo Shigeo, Shimano Shitsuko, Hagihara Michio, Tohda Shuji, Tozuka Minoru. Validation and application of a novel cholesterol efflux assay using immobilized liposomes as a substitute for cultured cells BIOSCIENCE REPORTS. 2018.04; 38 (2): ( PubMed, DOI )

  12. Kouji Yano, Ryunosuke Ohkawa, Megumi Sato, Akira Yoshimoto, Naoya Ichimura, Takahiro Kameda, Tetsuo Kubota, Minoru Tozuka. Cholesterol Efflux Capacity of Apolipoprotein A-I Varies with the Extent of Differentiation and Foam Cell Formation of THP-1 Cells. J Lipids. 2016; 2016 9891316. ( PubMed, DOI )

  13. Takahiro Kameda, Ryunosuke Ohkawa, Kouji Yano, Yoko Usami, Akari Miyazaki, Kazuyuki Matsuda, Kenji Kawasaki, Mitsutoshi Sugano, Tetsuo Kubota, Minoru Tozuka. Effects of Myeloperoxidase-Induced Oxidation on Antiatherogenic Functions of High-Density Lipoprotein. J Lipids. 2015; 2015 592594. ( PubMed, DOI )

  14. Akari Miyazaki, Nozomi Sagae, Yoko Usami, Megumi Sato, Takahiro Kameda, Akira Yoshimoto, Nau Ishimine, Kazuyuki Matsuda, Mitsutoshi Sugano, Masayuki Hara, Takayuki Honda, Minoru Tozuka. N-homocysteinylation of apolipoprotein A-I impairs the protein's antioxidant ability but not its cholesterol efflux capacity. Biol. Chem.. 2014.06; 395 (6): 641-648. ( PubMed, DOI )

  15. Yoko Usami, Yukihiro Kobayashi, Takahiro Kameda, Akari Miyazaki, Kazuyuki Matsuda, Mitsutoshi Sugano, Kenji Kawasaki, Yuriko Kurihara, Takeshi Kasama, Minoru Tozuka. Identification of sites in apolipoprotein A-I susceptible to chymase and carboxypeptidase A digestion. Biosci. Rep.. 2012.12; 33 (1): 49-56. ( PubMed, DOI )

  16. Takahiro Kameda, Yoko Usami, Saki Shimada, Go Haraguchi, Kazuyuki Matsuda, Mitsutoshi Sugano, Yuriko Kurihara, Mitsuaki Isobe, Minoru Tozuka. Determination of myeloperoxidase-induced apoAI-apoAII heterodimers in high-density lipoprotein. Ann. Clin. Lab. Sci.. 2012; 42 (4): 384-391. ( PubMed )

  17. 渡部 芽以,島野 志都子,亀田 貴寛,藤井 祐葵,平尾 裕子,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 生化学自動分析装置を用いたアポリポタンパクE含有高比重リポタンパクコレステロール測定試薬の性能評価 医療検査と自動化. 2022.02; 47 (1): 43-49.

  18. 伊藤幸紀,廣田雅子,栗原由利子,亀田貴寛,細萱茂実. 生化学自動分析装置における血漿検体用採血管からの直接サンプリングによる測定値への影響 医療検査と自動化. 2022.02; 47 (1): 20-28.

  19. 亀田 貴寛. 臨床化学分析における呈色反応 検査と技術. 2021.08; 49 (8): 874-879.

  20. 亀田 貴寛, 大川 龍之介, 戸塚 実. 生活習慣病の最新検査技術と標準化 動脈硬化と脂質検査 バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究 日本臨床検査自動化学会会誌. 2018.04; 43 (2): 171-176. ( 医中誌 )

  21. 亀田 貴寛, 栗原 由利子. 臨床検査カレッジ 脂質検査 HDLのMyeloperoxidaseによる酸化修飾について 医療と検査機器・試薬. 2018.04; 41 (2): 153-160. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yamada T., Kameda T., and Ohkawa R.. Investigation of very low-density lipoprotein-triglyceride hydrolysis assessment. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.27 Chicago

  2. Ogino M., Kameda, Mutsuda Y., Tanaka H., Takahashi J., Okazaki M., Ai M., and Ohkawa R. Development of internal standard for lipoprotein subclass analysis using dual detection gel-permeation HPLC system. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  3. Ikenaga A., Kameda T. and Ohkawa R.. Chymase truncation of apolipoprotein E in high-density lipoprotein is further promoted under myeloperoxidase oxidation. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  4. Ohkawa R., Mutsuda Y., Horiuchi Y., Kameda T., and Tozuka M.. Development and validation of novel automatable assay for cholesterol efflux capacity. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  5. Yamazaki A., Fujii Y., Kameda T., Ichimura N., Tohda S., and Ohkawa R.. Investigation of Assays for Cholesterol Content of Erythrocytes Membrane. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  6. Chengman S., Kameda T., and Ohkawa R.. Improved method for quantification of apoA-I/apoA-II heterodimer in high-density lipoprotein. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  7. Kawaguchi R., Kameda T., Yoshimoto A., and Ohkawa R.. The effect of sampling procedure and substrate type for activity assay on PON1 assessment. American Association for Clinical Chemistry (AACC) 2022 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2022.07.26 Chicago

  8. Horiuchi Y., Kameda T., Ichimura N., Kina K., Miyake K., Tohda S., Tozuka M., Miida T., and Ohkawa R. Novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads: validation of condition in polyethylene glycol precipitation procedure.. The 19th International Symposium on Atherosclerosis 2021.10.24 Kyoto

  9. Mutsuda Y., Kameda T., Tanaka H., Takahashi J., Okazaki M., Ai M., and Ohkawa R. Analysis of apolipoproteins distribution in subdivided lipoprotein fractions applying LipoSEARCH system. The 19th International Symposium on Atherosclerosis 2021.10.24 Kyoto

  10. Horiuchi Y., Lai SJ., Shimano S., Kameda T., Ichimura N., Tohda S., Tozuka M. and Ohkawa R. Novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads: confirmation and improvement for application in clinical laboratory. 2020 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2020.12.16 On-line

  11. Shimano S., Ohkawa R., Nambu M., Sasaoka M., Yamazaki A., Fujii Y., Igarashi K., Horiuchi Y., Lai SJ., Kameda T., Ichimura N., Fujita K., Tohda S. and Tozuka M. Dramatic change of high-density lipoprotein structure and serum amyloid A distribution after orthopedic surgery. 2020 AACC Annual Scientific Meeting & Clinical Lab Expo 2020.12.16 On-line

  12. Horiuchi Y, Lai S-J, Yamazaki A, Nakamura A, Ohkawa R, Yano K, Kameda T, Okubo S, Shimano S, Hagihara M, Tohda S, Tozuka M. Validation and application of a novel cholesterol efflux assay using immobilized liposomes as a substitute for cultured cells. XVIIIth International Symposium on Atherosclerosis 2018 2018.06

  13. Kameda T., Ohkawa R., Nakamura A., Horiuchi Y., Yamazaki A., Lai SJ., Tozuka M. Effect of myeloperoxidase oxidation and N-homocysteinylation of HDL on its endothelial repair function. 29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine (WASPaLM) 2017 2017.11.17

  14. Nakamura A., Ohkawa R., Yano K., Kameda T., Tozuka M. Effect of oxidized LDL and HDL on monocyte chemotactic protein-1 secretion of HUVEC. 29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine (WASPaLM) 2017 2017.11.17

  15. Kameda T., Usami Y., Sagae N., Ohkawa R., Tozuka M. Effects of myeloperoxidase-modified HDL on reverse cholesterol transport and monocytic migration. American Association for Clinical Chemistry (AACC), Annual Meeting 2014 2014.07.30

  16. Sato M., Ohkawa R., Kameda T., Yoshimoto A., Okubo S., Yatomi Y., Tozuka M. Effect of SAA on the structure and measurement method of HDL. American Association for Clinical Chemistry (AACC), Annual Meeting 2014 2014.07.30

  17. Kameda T., Usami Y., Kurihara Y., Tozuka M. Clinical Significance of apoAI-AII heterodimer in HDL induced by the oxidization with myeloperoxidase. American Association for Clinical Chemistry (AACC), Annual Meeting 2012 2012.07.17

  18. Myazaki A., Yamazaki S., Usami Y., Kameda T., Kurihara Y., Tozuka M. Identification of the most susceptible lysine residue on N-homocysteinylation of apolipoprotein. American Association for Clinical Chemistry (AACC), Annual Meeting 2012 2012.07.17

  19. Usami Y., Enomoto M., Kameda T., Yamazaki S., Kurihara Y., Tozuka M. Antioxidant ability of apolipoprotein E-containing high-density lipoprotein. American Association for Clinical Chemistry (AACC), Annual Meeting 2012 2012.07.17

  20. 原 安由子,亀田 貴寛,山崎 あずさ,平尾 裕子,大川 龍之介. 赤血球-リポタンパク間におけるコレステロール移動の評価. 第16回東京都医学検査学会 2022.02.01 On-line

  21. 孫 成満,亀田 貴寛,大川 龍之介. HDL中のアポリポタンパク A-I/A-II複合体の測定法の改良. 第16回東京都医学検査学会 2022.02.01 On-line

  22. 陸田 優芽,堀内 優奈,亀田 貴寛,戸塚 実,大川 龍之介. 固相化リポソーム結合磁気ビーズ法の開発と評価. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2021.11.07 福岡

  23. 堀内 優奈,亀田 貴寛,市村 直也,喜納 勝成,三宅 一徳,東田 修二,戸塚 実,三井田 孝,大川龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能評価法における血清のポリエチレングリコール処理条件の検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2021.11.07 福岡

  24. 陸田 優芽,亀田 貴寛,田中 秀子,高橋 純一郎,岡崎 三代,藍 真澄,大川 龍之介. ゲル濾過HPLCを用いて分離されたリポタンパク分画分析における採血管および凍結保存による影響. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2021.11.07 福岡

  25. 陸田 優芽,亀田 貴寛,田中 秀子,高橋 純一郎,岡崎 三代,藍 真澄,大川 龍之介. ゲル濾過HPLCを用いて分離されたリポタンパク分画分析における採血管および凍結保存による影響. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2021.11.07 福岡

  26. 陸田 優芽,堀内 優奈,亀田 貴寛,戸塚 実,大川 龍之介. 固相化リポソーム結合磁気ビーズ法の開発と評価. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2021.11.07 福岡

  27. 堀内 優奈,山崎 あずさ,藤井 祐葵,亀田 貴寛,市村 直也,喜納 勝成,三宅 一徳,東田 修二,戸塚 実,三井田 孝,大川龍之介. 免疫グロブリン高値検体のコレステロール引き抜き能評価. 第53回日本動脈硬化学会学術集会 2021.10.23

  28. 陸田 優芽,亀田 貴寛,田中 秀子,高橋 純一郎,岡崎 三代,藍 真澄,大川 龍之介. ゲル濾過HPLCを用いて分離されたリポタンパク分画におけるヘモグロビンの影響回避の検討. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.10 横浜

  29. 荻野 芽生,亀田 貴寛,大川 龍之介. 11,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl(DPPH)を用いた血清抗酸化能測定系の確立. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.09 横浜

  30. 清水 梨帆,原 安由子,川口 莉奈,亀田 貴寛,大川 龍之介. 蛍光標識コレステロールを用いた赤血球コレステロール放出能測定法の検討. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.09 横浜

  31. 宮腰 恒広,陸田 優芽,堀内 優奈,亀田 貴寛,戸塚 実,大川 龍之介. ILG法を用いた高比重リポタンパクのコレステロール引き抜き能の測定におけるビリルビンの影響回避の検討. 日本医療検査科学会第53回大会 2021.10.09 横浜

  32. 渋谷 茉璃乃,陸田 優芽,堀内 優奈,亀田 貴寛,戸塚 実,大川 龍之介. 固相化リポソーム結合ゲルビーズを用いたリン脂質引き抜き能評価法の確立. 第15回日本臨床検査学教育学会学術大会 2021.08.18 On-line

  33. 藤井 祐葵,島野 志都子,渡部 芽以,堀内 優奈,亀田 貴寛,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 自動分析装置による高比重リポタンパク亜分画コレステロールの測定. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  34. 渡部 芽以,島野 志都子,亀田 貴寛,藤井 祐葵,大野 一彦,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 生化学自動分析装置を用いたアポリポタンパクE含有高比重リポタンパクコレステロール測定試薬の性能評価. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  35. 堀内 優奈,賴 劭睿,島野 志都子,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法におけるreference serumに代わるタンパクの探索. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  36. 山崎 あずさ,堀内 優奈,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,大川 龍之介. 赤血球膜コレステロール含有量測定法の検討. 第67回日本臨床検査医学会学術集会 2020.11.20 岩手(on-line とのハイブリッド形式)

  37. 堀内 優奈,島野 志都子,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法の臨床現場での測定に向けた検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 学生シンポジウム 2020.11.01

  38. 山崎 あずさ,堀内 優奈,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. HDL亜分画におけるタイトルアポリポプロテインC-IIおよびアポリポプロテインC-IIIの分布とVLDLからの転送について. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  39. 亀田 貴寛,島野 志都子,堀内 優奈,矢野 康次,賴 劭睿,市村 直也,東田 修二,栗原 由利子,戸塚 実,大川 龍之介. MPO酸化修飾およびN-ホモシステイン化修飾がHDLの血管内皮修復能に及ぼす影響について. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  40. 堀内 優奈,島野 志都子,賴 劭睿,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 無細胞系コレステロール引き抜き能測定法の臨床現場での測定に向けた検討. 第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020.10.30

  41. 生化学自動分析装置における血漿検体用採血管からの直接サンプリングによる測定値への影響. 2020.10.01

  42. 藤井 祐葵, 古城 京花, 本多 弘子, 大川 龍之介, 市村 直也, 東田 修二. 心筋マーカー測定におけるヘパリンLiおよびEDTA-2Na採血管による差異の検討. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.10.01 On-line

  43. 堀内 優奈,山崎 あずさ,島野 志都子,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 培養細胞および放射性物質を用いない新たな測定法によるコレステロール引き抜き能とHbA1cの関連の検討. 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2020.07.17

  44. 堀内 優奈,賴 劭睿,山崎 あずさ,中村 文香,大川 龍之介,矢野 康次,亀田 貴寛,大久保 滋夫,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. 固相化リポゾームを用いたコレステロール引き抜き能評価法の開発と評価. 第58回日本臨床化学会年次学術集会 2018.08.26 愛知

  45. 横山桃子,菅原克哉,亀田貴寛,栗原由利子. Myeloperoxidaseによる酸化修飾が高比重リポタンパクの血管内皮細胞増殖能に与える影響の解析. 第13回日本臨床検査学教育学会学術集会 2018.08.18

  46. 亀田貴寛,横田恭子,栗原由利子,吉田祥子,市川由理,伊藤さやか,奥橋佑基,花尾麻美,國枝泰希,細萱茂実. 東京工科大学における一期生の国家試験の合否と模擬試験成績の推移. 第13回日本臨床検査学教育学会学術集会 2018.08.18

  47. 亀田 貴寛,大川 龍之介,戸塚 実. 動脈硬化と脂質検査-バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究-. 第49回日本臨床検査自動化学会 2017.09.23

  48. 栗原由利子, 岸井こずゑ, 伊藤さやか, 奥橋佑基, 市川由理, 亀田貴寛, 花尾麻美, 細萱茂実. 臨地実習におけるヒヤリハット事例について. 第49回日本臨床検査自動化学会 2017.09.21

  49. 伊藤さやか,栗原由利子,岡崎充宏,岸井こずゑ,奥橋佑基,市川由理,亀田貴寛,花尾麻美,細萱茂実. 本学一期生および実習病院を対象とした臨地実習後のアンケート調査. 第12回日本臨床検査教育学会学術大会 2017.08.24

  50. 矢野 康次,大川 龍之介,佐藤 恵美,吉本 明,市村 直也,亀田 貴寛,窪田 哲朗,戸塚 実.. コレステロール引き抜き能評価は細胞の分化・泡沫化の程度に大きく影響を受ける. 第27回生物試料分析科学会年次学術集会 2017.02.11 新潟

  51. 亀田貴寛,伊藤さやか,宇佐美陽子,宮崎あかり,栗原由利子,大川龍之介,細萱茂実,戸塚実. リポタンパクがヒト末梢血単核球(PBMC)のインターロイキン-1β前駆体の発現に与える影響の解析. 第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015.11.22

  52. 吉本明,間宮周平,亀田貴寛,佐藤恵美,矢野康次,西坂薫子,寒河江望,大川龍之介,戸塚実. Apolipoprotein E含有HDLとParaoxonase 1について. 第25回生物試料分析化学会年次学術集会 2015.02.14

  53. 西坂薫子,亀田貴寛,大川龍之介,戸塚実. MyeloperoxidaseによるHDLの酸化はapoA-Iのchymase分解を促進する. 第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014.11.25

  54. 間宮周平,吉本明,亀田貴寛,大川龍之介,戸塚実. apoE含有HDLの抗酸化機能評価. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06

  55. 亀田貴寛,宇佐美陽子,寒河江望,佐藤恵美,大川龍之介,戸塚実. Myeloperoxidaseによる酸化がHDLの機能に及ぼす影響. 第54回日本臨床化学会年次学術集会 2014.09.06

  56. 亀田貴寛,寒河江望,吉本明,佐藤恵美,大川龍之介,戸塚実. MyeloperoxidaseによるHDLのapoAI-AII heterodimer形成とHDLの機能に及ぼす影響. 第9回日本臨床検査学教育学会学術大会 2014.08.21

  57. 吉本明,生駒勇人,亀田貴寛,佐藤恵美,大川龍之介,戸塚実. 超遠心を用いたHDL分離の問題点. 第9回日本臨床検査学教育学会学術大会 2014.08.21

  58. 佐藤恵美,表谷文美芳,大川龍之介,亀田貴寛,吉本明,大久保滋夫,矢富裕,戸塚実. 急性炎症時におけるHDLの抗酸化能評価. 第9回日本臨床検査学教育学会学術大会 2014.08.21

  59. 宮崎あかり,宇佐美陽子,亀田貴寛,佐藤恵美,吉本明,栗原由利子,戸塚実. N-homocysteinylated apolipoprotein AIの機能解析. 第59回日本臨床検査医学会学術集会 2012.11.30

  60. 榎本真那実,山崎駿介,亀田貴寛,宇佐美陽子,宮崎あかり,栗原由利子,戸塚実. Apolipoprotein E含有HDLの抗酸化能評価. 第8回東京都医学検査学会 2012.02.19

  61. 山崎駿介,亀田貴寛,榎本真那実,宇佐美陽子,宮崎あかり,栗原由利子,戸塚実. N-ホモシステイン化apolipoprotein AI分子中の修飾リジン残基の同定. 第8回東京都医学検査学会 2012.02.19

  62. 亀田貴寛,宇佐美陽子,榎本真那実,山崎駿介,宮崎あかり,栗原由利子,戸塚実. HDLの抗酸化試験に及ぼすMyeloperoxidaseの影響. 第58回日本臨床検査医学会学術集会 2011.11.19

  63. 榎本真那実,山崎駿介,亀田貴寛,宇佐美陽子,宮崎あかり,栗原由利子,戸塚実. apoE含有HDLの抗酸化能評価と定量法の構築. 第51回日本臨床化学会年次学術集会 2011.08.27

  64. 山崎駿介,亀田貴寛,榎本真那実,宇佐美陽子,宮崎あかり,栗原由利子,戸塚実. N-ホモシステイン化の標的となるapolipoprotein AI分子中リジン残基の同定. 第51回日本臨床化学会年次学術集会 2011.08.26

  65. 宇佐美陽子,隅田環,亀田貴寛,栗原由利子,原口剛,磯部光章,戸塚実. 心筋梗塞患者血漿中のApoAI-AII heterodimerの定量. 第57回日本臨床検査医学会学術集会 2010.09.12

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 国際学会奨励賞受賞 (日本臨床検査医学会),2018年11月

  • Student Travel Grant Award (American Association for Clinical Chemistry, Annual Meeting 2012),2012年07月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 亀田 貴寛,一般財団法人近藤記念医学財団2021年度学術奨励賞(医学研究助成),2021年12月

    粥状動脈硬化性疾患におけるリポタンパク分画異常とトータルコレステロール引き抜き能の関連性の解明,研究代表者

  • 亀田 貴寛,公益社団法人 ホクト生物科学振興財団 令和3年度研究奨励金給付 ,2021年10月

    血清アミロイドA結合リポタンパクの分画別評価法の開発と粥状動脈硬化症における機能的影響の解析,研究代表者

  • 亀田 貴寛,日本学術振興会, 2021 年度~ 2023 年度 科学研究費補助金(若手研究),2021年04月

    臨床検査への応用に向けたトータルネットコレステロール引き抜き能評価法の開発, 研究代表者

  • 亀田 貴寛,日本学術振興会, 2019 年度 ~ 2021 年度 科学研究補助金(基盤研究C),2020年04月

    ミトコンドリア呼吸鎖超複合体へのコエンザイムQ10輸送機構の解明, 研究分担者

  • 亀田 貴寛,日本学術振興会, 2018 年度 ~ 2020 年度 科学研究費補助金(若手研究),2020年04月

    臨床検査への応用を目指した高比重リポ蛋白の新たな機能測定法の開発, 研究代表者

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2年次(前期) 分析化学検査学(Ⅱ),2020年 - 現在

  • 3年次(前期) 分析化学検査学(Ⅲ),2020年 - 現在

  • 1年次(後期) 分析化学検査学(I),2019年 - 現在

  • 3年次(後期) 分析化学検査学実習,2019年

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1年次(後期) 一般検査学講義(2016年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 1年次(後期) 検査機器総論実習(2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2-3年次(後期) 臨床化学検査学講義(2021年度~),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(前期) 一般検査学実習(2015年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(前期) 生化学実習(2015年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(前期) 生理学実習(2015年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(前期) 臨床化学検査学実習Ⅰ(2015年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(後期) 医動物学実習(2015年度 ~ 2018年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(後期) 医療情報処理演習Ⅰ(2015年度 ~ 2017年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(後期) 血液検査学実習Ⅰ(2018年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(後期) 遺伝子検査学実習(2015年度 ~ 2017年度),東京工科大学医療保健学部

  • 3年次(前期) 公衆衛生学実習(2016年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 3年次(前期) 臨床化学検査学実習Ⅱ(2016年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 3年次(前期) 臨床化学検査学実習Ⅲ(2016年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 3年次(前期) 臨床化学検査学講義Ⅱ(2018年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 3年次(後期) 臨床検査総合演習(2016年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 生物化学分析検査学 臨床化学 (2020年度~現在),栃木県立衛生福祉大学校

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 東京都臨床検査技師会 臨床化学検査研究班 幹事,2021年04月 - 現在

  • 亀田 貴寛,東京オリンピック・パラリンピック2020大会 ドーピング検査,公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会,2019年08月 - 2021年12月