基本情報

写真a

亀田 貴寛(カメダ タカヒロ)

KAMEDA Takahiro


職名

助教

メールアドレス

kameda.alc@tmd.ac.jp

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  保健衛生学研究科  博士課程  2015年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学 非常勤講師
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学 非常勤講師
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 先端分析検査学 非常勤講師
  • 2018年05月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科専攻 生体検査科学講座 先端分析検査学分野 非常勤講師
  • 2019年05月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科専攻 生体検査科学講座 先端分析検査学分野 非常勤講師

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年09月
    東京工科大学 医療保健学部 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床検査学教育学会

  • 日本臨床化学会

  • 日本医療検査科学会

  • 日本臨床検査医学会

  • 東京都臨床検査技師会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 病態検査学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査技師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • バイオマーカー探索を目標にした高比重リポタンパクの機能研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリア呼吸鎖超複合体へのコエンザイムQ10輸送機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 臨床検査への応用を目指した高比重リポ蛋白の新たな機能測定法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ryunosuke Ohkawa, Hann Low, Nigora Mukhamedova, Ying Fu, Shao-Jui Lai, Mai Sasaoka, Ayuko Hara, Azusa Yamazaki, Takahiro Kameda, Yuna Horiuchi, Peter J Meikle, Gerard Pernes, Graeme I Lancaster, Michael Ditiatkovski, Paul Nestel, Boris L Vaisman, Denis Sviridov, Andrew J Murphy, Alan T Remaley, Dmitri Sviridov, Minoru Tozuka. Cholesterol transport between red blood cells and lipoproteins contributes to cholesterol metabolism in blood. J. Lipid Res.. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  • Horiuchi, Y., Lai S.J., Kameda, T., Tozuka, M., and Ohkawa, R. Comparison of a novel cholesterol efflux assay using immobilized liposome-bound gel beads with the conventional method Bioscience Reports. 2020;

  • Hoduchi Yuna, Ohkawa Ryunosuke, Lai Shao-Jui, Shimano Shitsuko, Hagihara Michio, Tohda Shuji, Kameda Takahiro, Tozuka Minoru. Usefulness of apolipoprotein B-depleted serum in cholesterol efflux capacity assays using immobilized liposome-bound gel beads BIOSCIENCE REPORTS. 2019.04; 39 (4): ( PubMed, DOI )

  • Horiuchi Yuna, Ohkawa Ryunosuke, Lai Shao-Jui, Yamazaki Azusa, Ikoma Hayato, Yano Kouji, Kameda Takahiro, Tozuka Minoru. Characterization of the cholesterol efflux of apolipoprotein E-containing high-density lipoprotein in THP-1 cells BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2019.02; 400 (2): 209-218. ( PubMed, DOI )

  • Sato M, Ohkawa R, Low H, Nishimori M, Okubo S, Yoshimoto A, Yano K, Kameda T, Yatomi Y, Tozuka M. Serum amyloid A does not affect high-density lipoprotein cholesterol measurement by a homogeneous assay. Clinical biochemistry. 2019.01; 63 97-101. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 藤井 祐葵, 古城 京花, 本多 弘子, 大川 龍之介, 市村 直也, 東田 修二. 心筋マーカー測定におけるヘパリンLiおよびEDTA-2Na採血管による差異の検討. 日本医療検査科学会第52回大会 2020.10.01 On-line

  • 堀内 優奈,山崎 あずさ,島野 志都子,亀田 貴寛,市村 直也,東田 修二,戸塚 実,大川 龍之介. 培養細胞および放射性物質を用いない新たな測定法によるコレステロール引き抜き能とHbA1cの関連の検討. 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2020.07.17

  • 堀内 優奈,賴 劭睿,山崎 あずさ,中村 文香,大川 龍之介,矢野 康次,亀田 貴寛,大久保 滋夫,島野 志都子,萩原 三千男,東田 修二,戸塚 実. 固相化リポゾームを用いたコレステロール引き抜き能評価法の開発と評価. 第58回日本臨床化学会年次学術集会 2018.08.26 愛知

  • 横山桃子,菅原克哉,亀田貴寛,栗原由利子. Myeloperoxidaseによる酸化修飾が高比重リポタンパクの血管内皮細胞増殖能に与える影響の解析. 第13回日本臨床検査学教育学会学術集会 2018.08.18

  • 亀田貴寛,横田恭子,栗原由利子,吉田祥子,市川由理,伊藤さやか,奥橋佑基,花尾麻美,國枝泰希,細萱茂実. 東京工科大学における一期生の国家試験の合否と模擬試験成績の推移. 第13回日本臨床検査学教育学会学術集会 2018.08.18

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 国際学会奨励賞受賞 (日本臨床検査医学会),2018年11月

  • Student Travel Grant Award (American Association for Clinical Chemistry, Annual Meeting 2012),2012年07月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2年次(前期) 分析化学検査学(Ⅱ),2020年 - 現在

  • 1年次(後期) 分析化学検査学(I),2019年 - 現在

  • 3年次(後期) 分析化学検査学実習,2019年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1年次(後期) 一般検査学講義(2016年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 1年次(後期) 検査機器総論実習(2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(前期) 一般検査学実習(2015年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(前期) 生化学実習(2015年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

  • 2年次(前期) 生理学実習(2015年度 ~ 2019年度),東京工科大学医療保健学部

全件表示 >>