基本情報

写真a

和田 淳一郎(ワダ ジュンイチロウ)

WADA Junichiro


職名

講師

研究室住所

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 部分床義歯補綴学分野

研究室電話番号

03-5803-4947

研究室FAX番号

03-5803-5515

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/pro/index.html

研究分野・キーワード

部分床義歯,二次固定,重度歯周炎,発語機能,ノンメタルクラスプデンチャー

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2006年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  部分床義歯補綴学  博士課程  2011年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 総合診療科 第2総合診療室 研修歯科医
  • 2007年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 大学院生
  • 2011年04月
    -
    2013年10月
    東京医科歯科大学 (旧組織)歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 医員(歯病)
  • 2013年10月
    -
    2021年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 助教
  • 2021年11月
    -
    2023年11月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 生体補綴歯科学分野 助教
  • 2023年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 生体補綴歯科学分野 講師
  • 2023年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 生体補綴学分野 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    2023年03月
    トゥルク大学歯学部生体材料科学分野 トゥルククリニカルバイオマテリアルズセンター(TCBC) 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会

  • 国際歯科研究学会(IADR)

  • International College of Prosthodontics (ICP)

  • Academy of Dental Materials (ADM)

  • 日本顎口腔機能学会

  • 口腔病学会

  • 日本老年歯科医学会

  • 日本磁気歯科学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年01月
    -
    2024年03月
    日本補綴歯科学会 広報委員会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会指導医

  • 日本補綴歯科学会専門医

  • 臨床研修プログラム責任者

  • 臨床研修指導歯科医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 重度歯周炎患者における部分床義歯装着が残存歯歯周組織に及ぼす影響,2014年11月 - 現在

  • 3Dプリンティング用スプリント材料及び義歯床材料の物性の改善,2022年04月 - 現在

  • 動揺歯に対する部分床義歯の二次固定効果の評価,2017年 - 現在

  • 音声認識による発語機能評価システムを用いたチェアサイドでの義歯装着者の発語機能評価,2007年 - 現在

  • ノンメタルクラスプデンチャーの床用材料に関する基礎的研究,2012年 - 2013年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 義歯装着者の発語障害に対する多角的・全人的評価に基づく新たな治療法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 下顎義歯の大連結子が発語機能に及ぼす影響についての研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • ナイトデンチャーは多数歯欠損歯列を睡眠時ブラキシズムによるストレスから守れるか?

    文部科学省/日本学術振興会

  • 咽喉部機能維持のための発話訓練法ー音声認識・深層学習を用いた評価訓練プログラムー

    文部科学省/日本学術振興会

  • 弱体化した支台歯に対する二次固定義歯による保護効果の検証

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Gibreel M, Perea-Lowery L, Garoushi S, Wada J, Lassila L, Vallittu P. Effect of different surface treatments on shear bond strength of autopolymerizing repair resin to denture base materials processed with different technologies. Journal of Prosthodontic Research. 2024.02; ( PubMed, DOI )

  2. Junichiro Wada, Paulina Heponiemi, Kanae Wada, Sufyan Garoushi, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of ethylene oxide unit number in bis-EMA on the physical properties of additive-manufactured occlusal splint material Journal of Prosthodontic Research. 2024.01;

  3. Yurika Ishioka, Junichiro Wada, Eung-Yeol Kim, Kazuki Sakamoto, Yuki Arai, Natsuko Murakami, Toshiki Yamazaki, Kensuke Takakusaki, Hironari Hayama, Miona Utsumi, Shunsuke Inukai, Noriyuki Wakabayashi. Morphological Comparison of Residual Ridge in Impression for Removable Partial Denture between Digital and Conventional Techniques: A Preliminary In-Vivo Study Journal of Clinical Medicine. 2023.11; 12 (22): 7103. ( PubMed, DOI )

  4. Wada J, Wada K, Uctasli S, Wakabayashi N, Iwamoto T, Vallittu PK, Lassila L. Effect of splinting material type and location on resistance against deflection force of splinted periodontally compromised teeth with hypermobility. Journal of the mechanical behavior of biomedical materials. 2023.04; 142 105873. ( PubMed, DOI )

  5. Junichiro Wada, Kanae Wada, Sufyan Garoushi, Akikazu Shinya, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of 3D printing system and post-curing atmosphere on micro- and nano-wear of additive-manufactured occlusal splint materials Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials. 2023.03; 142 105799. ( DOI )

  6. Kazuki Sakamoto, Junichiro Wada, Yuki Arai, Hironari Hayama, Yurika Ishioka, Eung-Yeol Kim, Ryunosuke Kazama, Yusuke Toyoshima, Noriyuki Wakabayashi. Effect of abutment tooth location on the accuracy of digital impressions obtained using an intraoral scanner for removable partial dentures Journal of Prosthodontic Research. 2023.02; ( PubMed, DOI )

  7. Junichiro Wada, Kanae Wada, Mona Gibreel, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of Surface Polishing on Physical Properties of an Occlusal Splint Material for Additive Manufacturing under Protection Gas Post-Curing Condition Polymers. 2023.01; 15 (3): 625.

  8. Wada Kanae, Ijbara Manhal, Salim Nesreen A., Wada Junichiro, Iwamoto Tsutomu. Three-dimensional microscopic comparison of wear behavior between immature and mature enamel: an in vitro study BMC ORAL HEALTH. 2023.01; 23 (1): 40. ( PubMed, DOI )

  9. Eung-Yeol Kim, Junichiro Wada, Kazuki Sakamoto, Yurika Ishioka, Yuki Arai, Natsuko Murakami, Toshiki Yamazaki, Hironari Hayama, Miona Utsumi, Shusuke Inukai, Noriyuki Wakabayashi. Effect of Scanning Origin Location on Data Accuracy of Abutment Teeth Region in Digital Impression Acquired Using Intraoral Scanner for Removable Partial Denture: A Preliminary In Vitro Study Journal of Clinical Medicine. 2022.12; 11 (24): 7392. ( PubMed, DOI )

  10. Inamochi Y, Kohno EY, Wada J, Murakami N, Takaichi A, Arai Y, Ueno T, Fueki K, Wakabayashi N.. Knowledge acquisition efficacy of a remote flipped classroom on learning about removable partial dentures J Prosthodont Res. 2022.11; ( PubMed, DOI )

  11. Chie Watanabe, Junichiro Wada, Koji Mizutani, Tomiharu Nagayama, Hirofumi Uchida, Yo Shibata, Noriyuki Wakabayashi. Radiographic predictive factors for 10-year survival of removable partial denture abutment teeth: Alveolar bone level and density Journal of Prosthodontic Research. 2022.11; ( PubMed, DOI )

  12. Junichiro Wada, Kanae Wada, Mona Gibreel, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of Nitrogen Gas Post-Curing and Printer Type on the Mechanical Properties of 3D-Printed Hard Occlusal Splint Material Polymers. 2022.10; 14 (19): 3971.

  13. Junichiro Wada, Kanae Wada, Mona Gibreel, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of 3D Printer Type and Use of Protection Gas during Post-Curing on Some Physical Properties of Soft Occlusal Splint Material Polymers. 2022.10; 14 (21): 4618.

  14. Huaxin Lyu, Natsuko Murakami, Toshiki Yamazaki, Junichiro Wada, Miona Utsumi, Noriyuki Wakabayashi. Evaluation of PEEK and zirconia occlusal rest designs for removable partial dentures based on finite element analysis. J Prosthodont Res. 2022.05; ( PubMed, DOI )

  15. Takakusaki K, Murakami N, Wada J, Kasai T, Matsuno H, Yamazaki T, Iwasaki N, Yatabe M, Takahashi H, Wakabayashi N. Effect of retention hole designs in artificial teeth on failure resistance of the connection with thermoplastic resin. Dental materials journal. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  16. Uchida H, Wada J, Watanabe C, Nagayama T, Mizutani K, Mikami R, Inukai S, Wakabayashi N.. Effect of night denture on tooth mobility in denture wearers with sleep bruxism: a pilot randomized controlled trial. Journal of Prosthodontic Research. 2022; 66 (4): 564-571. ( PubMed, DOI )

  17. Chie Watanabe, Junichiro Wada, Tomiharu Nagayama, Hirofumi Uchida, Koji Mizutani, Richard M Foxton, Yo Shibata, Noriyuki Wakabayashi. Long-term observation of periodontal condition following placement of removable partial dentures with rigid retainers and major connector in patients with/without diabetes: A retrospective study. J Prosthodont Res. 2021.06; 66 (1): 117-123. ( PubMed, DOI )

  18. Takaichi A, Fueki K, Murakami N, Ueno T, Inamochi Y, Wada J, Arai Y, Wakabayashi N.. A systematic review and meta-analysis of digital removable partial dentures. Part II: CAD/CAM framework, artificial teeth, and denture base J Prosthodont Res. 2021.01; ( DOI )

  19. Fueki K, Inamochi Y, Wada J, Arai Y, Takaichi A, Murakami N, Ueno T, Wakabayashi N.. A systematic review of digital removable partial dentures. Part I: Clinical evidence, digital impression, and maxillomandibular relationship record. J Prosthodont Res. 2021.01; ( DOI )

  20. Ijbara, Manhala, Wada, Kanal, Wada, Junichiro, Jayawardena, Jayanetti Amiri, Miyashin, Michiyo. Replica-based inspection of enamel wear microfeatures Bio-Medical Materials and Engineering. 2020.09; 1-12. ( PubMed, DOI )

  21. Nagayama T, Wada J, Watanabe C, Murakami N, Takakusaki K, Uchida H, Utsumi M, Wakabayashi N.. Influence of retainer and major connector designs of removable partial dentures on the stabilization of mobile teeth: a preliminary study. Dental Materials Journal. 2020.01; 39 (1): 89-100. ( PubMed, DOI )

  22. Iwanaga J, Cleveland MK, Wada J, Tubbs RS.. How to avoid iatrogenic lingual nerve injury in the retromolar area: an anatomical study of retromolar pad and lingual nerve. Surg Radiol Anat. . 2020.01; 42 (5): 523-528. ( PubMed, DOI )

  23. Wada J, Hideshima M, Uchikura K, Shichiri Y, Inukai S, Matsuura H, Wakabayashi N. Influence of the Covering Area of Major Connectors of Mandibular Dentures on the Accuracy of Speech Production: A Pilot Study Folia Phoniatrica et Logopaedica. 2020; 72 (6): 419-428. ( PubMed, DOI )

  24. Ijbara M, Wada K, Wada J,Jayawadena A, Miyashin M. The Application of Cellulose Acetate Replication Sheets in Enamel Wear investigations. Dental Materials Journal. 2019; 38 (1): 86-95. ( PubMed, DOI )

  25. Wada J, Hideshima M, Inukai S, Katsuki A, Matsuura H, Wakabayashi N.. Influence of Oral Morphology on Speech Production in Subjects Wearing Maxillary Removable Partial Dentures with Major Connectors. Folia Phoniatrica et Logopaedica. 2018.08; 70 (3-4): 138-148. ( PubMed, DOI )

  26. Nakamura K, Minami I, Wada J, Ikawa Y, Wakabayashi N. Head position affects the direction of occlusal force during tapping movement. Journal of Oral Rehabilitation. 2018.05; 45 (5): 363-370. ( PubMed, DOI )

  27. Manhal Ijbara, Kanae Wada, Makoto J. Tabata, Junichiro wada, Go Inoue, Michiyo Miyashin. Enamel Microcracks Induced by Simulated Occlusal Wear in Mature, Immature and Deciduous Teeth. BioMed Research International . 2018.04; 2018 (5658393): 1-9. ( PubMed, DOI )

  28. Chie Watanabe, Junichiro Wada, Koji Mizutani, Hiroshi Watanabe, Noriyuki Wakabayashi. Chronological grey scale changes in supporting alveolar bone by removable partial denture placement on patients with periodontal disease: A 6-month follow-up study using digital subtraction analysis. J Dent. 2017.05; 63 8-13. ( PubMed, DOI )

  29. Kanae Wada, Eri Ikeda, Junichiro Wada, Go Inoue, Munenaga Miyasaka, Michiyo Miyashin. Wear characteristics of trimethylolpropane trimethacrylate filler-containing resins for the full crown restoration of primary molars. Dent Mater J. 2016.06; 35 (4): 585-593. ( PubMed, DOI )

  30. Wakabayashi N, Wada J. Structural factors affecting prosthodontic decision making in Japan. Japanese Dental Science Review. 2015.05; 51 (4): 96-104. ( DOI )

  31. Junichiro Wada, Masayuki Hideshima, Shunsuke Inukai, Hiroshi Matsuura, Noriyuki Wakabayashi. Influence of the Width and Cross-Sectional Shape of the Major Connector of Maxillary Dentures on the Accuracy of Speech Production. Folia Phoniatrica et Logopaedica. 2015.02; 66 227-236. ( PubMed, DOI )

  32. Junichiro Wada, Kenji Fueki, Masaru Yatabe, Hidekazu Takahashi, Noriyuki Wakabayashi. A comparison of the fitting accuracy of thermoplastic denture base resins used in non-metal clasp dentures to a conventional heat-cured acrylic resin. Acta Odontol. Scand.. 2015.01; 73 (1): 33-37. ( PubMed, DOI )

  33. M. Hideshima, T. Ichikawa, H. Koshino, K. Hoshiai, J. Tanaka, S. Ozawa, Y. Suzuki, Y. Umekawa, T. Ishigami, K. Nagao, M. Sone, M. Kono, J. Wada, J. Wadachi, A. Nishiyama. Formulating clinical practice guidelines for magnetic attachment applications: The process and results of a survey using the Delphi method. J J Mag Dent. 2013.12; 22 (2): 47-53.

  34. Wada J, Hideshima M, Inukai S, Ando T, Igarashi Y, Matsuura H. Influence of the major connector in a maxillary denture on phonetic function. J Prosthodont Res. 2011.10; 55 (4): 234-242. ( PubMed, DOI )

  35. 和田淳一郎,水谷幸嗣,若林則幸. ペリオ×パーシャルデンチャー 支台歯をどう守り,どう活用するのか? 第4回 補綴治療後のフォローアップ ザ・クインテッセンス. 2023.02; 42 (2): 66-91.

  36. 長山富治,和田 淳一郎,佐藤浩史. 【保険の有床義歯 臨床&請求 虎の巻】保険の局部義歯の基礎知識 保険の有床義歯 臨床&請求 虎の巻. 2023.01; 8-17.

  37. 和田 淳一郎,佐藤浩史. 【保険の有床義歯 臨床&請求 虎の巻】磁性アタッチメント 保険の有床義歯 臨床&請求 虎の巻. 2023.01; 112-120.

  38. 和田淳一郎,水谷幸嗣,若林則幸. ペリオ×パーシャルデンチャー 支台歯をどう守り,どう活用するのか? 第3回 弱体化した支台歯への補綴的アプローチ ザ・クインテッセンス. 2022.12; 41 (12): 82-101.

  39. 和田 淳一郎. 【パーシャルデンチャーの“LEVEL UP”トレーニング】(第4章)印象と咬合採得 パーシャルデンチャーの“LEVEL UP”トレーニング. 2022.10; 別冊 78-83.

  40. 和田淳一郎,水谷幸嗣,若林則幸. ペリオ×パーシャルデンチャー 支台歯をどう守り,どう活用するのか? 第2回 支台歯を保護・活用するための義歯設計 ザ・クインテッセンス. 2022.10; 41 (10): 74-92.

  41. 和田淳一郎,水谷幸嗣,若林則幸. ペリオ×パーシャルデンチャー 支台歯をどう守り,どう活用するのか? 第1回 補綴治療を前提とした歯周治療 ザ・クインテッセンス. 2022.08; 41 (8): 36-55.

  42. 和田 淳一郎, 若林 則幸. 【欠損補綴における補綴装置および支台歯の選択】-ブリッジと部分床義歯の比較 後編 部分床義歯治療における支台歯選択について 歯界展望. 2022.05; 139 (5):

  43. 和田 淳一郎, 若林 則幸. 【欠損補綴における補綴装置および支台歯の選択】-ブリッジと部分床義歯の比較 前編 ブリッジ治療における支台歯選択について 歯界展望. 2022.04; 139 (4): 690-716.

  44. 和田淳一郎. 補綴装置による弱体化した支台歯の活用と保護の両立を目指して 日本補綴歯科学会誌. 2022.01; 14 (1): 38-45.

  45. 和田 淳一郎,髙市 敦士,若林 則幸 . 磁性アタッチメントの臨床手技ー保険収載を機に,その有用性を再確認しようー 日本歯科評論. 2022.01; 82 (1): 88-95.

  46. 和田 淳一郎, 稲用 友佳. 【はじめての部分床義歯】部分床義歯と発語障害 歯界展望. 2021.10; 別冊 (はじめての部分床義歯): 83-85. ( 医中誌 )

  47. 和田 淳一郎, 高草木 謙介. 【はじめての部分床義歯】残存組織をいかに守るか? 緩圧とリジッドサポートの違い 歯界展望. 2021.10; 別冊 (はじめての部分床義歯): 64-66. ( 医中誌 )

  48. 新井 祐貴, 和田 淳一郎. 【はじめての部分床義歯】(Chapter 7)前処置 歯界展望. 2021.10; 別冊 (はじめての部分床義歯): 88-100. ( 医中誌 )

  49. 高草木 謙介, 和田 淳一郎. 【はじめての部分床義歯】(Chapter 5)部分床義歯の設計原則 歯界展望. 2021.10; 別冊 (はじめての部分床義歯): 46-63. ( 医中誌 )

  50. 稲用 友佳, 和田 淳一郎. 【はじめての部分床義歯】(Chapter 15)メインテナンス中のトラブルへの対応 歯界展望. 2021.10; 別冊 (はじめての部分床義歯): 180-191. ( 医中誌 )

  51. 和田 淳一郎, 新井 祐貴. 【はじめての部分床義歯】こんなに便利!暫間義歯のススメ 歯界展望. 2021.10; 別冊 (はじめての部分床義歯): 27-29. ( 医中誌 )

  52. 和田淳一郎,若林則幸. 咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます “うまくいく”を“たまたま”から“確実”にするために 第4回 咬合挙上にともない咬合平面の修正は必要か? ザ・クインテッセンス. 2021.06; 40 (6): 92-114.

  53. 和田 淳一郎, 若林 則幸. 【咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます"うまくいく"を"たまたま"から"確実"にするために】(第4回)(最終回)咬合挙上にともない咬合平面の修正は必須か? The Quintessence. 2021.06; 40 (6): 92-114. ( 医中誌 )

  54. 和田淳一郎,若林則幸. 咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます “うまくいく”を“たまたま”から“確実”にするために 第3回 タッピングポイントおよび咬頭嵌合位を基準とした咬合挙上 ザ・クインテッセンス. 2021.05; 40 (5): 78-100.

  55. 和田 淳一郎, 若林 則幸. 【咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます"うまくいく"を"たまたま"から"確実"にするために】 The Quintessence. 2021.05; 40 (5): 1142-1164. ( 医中誌 )

  56. 和田淳一郎,若林則幸. 咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます “うまくいく”を“たまたま”から“確実”にするために 第2回 中心位を基準とした咬合挙上法 ザ・クインテッセンス. 2021.04; 40 (4): 102-125.

  57. 和田 淳一郎, 若林 則幸. 【咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます"うまくいく"を"たまたま"から"確実"にするために】(第2回)中心位を基準とした咬合挙上法 The Quintessence. 2021.04; 40 (4): 0872-0895. ( 医中誌 )

  58. 和田淳一郎,若林則幸. 咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます “うまくいく”を“たまたま”から“確実”にするために 第1回 咬合挙上を理解するための重要な知識の整理 ザ・クインテッセンス. 2021.03; 40 (3): 42-63.

  59. 和田 淳一郎, 若林 則幸. 【咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます"うまくいく"を"たまたま"から"確実"にするために】(第1回)咬合挙上を理解するための重要な知識の整理 The Quintessence. 2021.03; 40 (3): 0550-0571. ( 医中誌 )

  60. 和田淳一郎. パーシャルデンチャー 温故知新 デンタルダイヤモンド. 2020.04; 45 (5): 27-51.

  61. 和田 淳一郎. 【パーシャルデンチャー 温故知新】 DENTAL DIAMOND. 2020.04; 45 (5): 27-51. ( 医中誌 )

  62. 松田謙一,荻野洋一郎,金澤学,竜正大,松丸悠一,和田淳一郎. 若手教育者が考える 義歯卒前・卒後教育の“いま”と“これから” 歯界展望. 2020.02; 135 (2): 233-241.

  63. 松浦博,虞賽,澤崎宏一,和田淳一郎,秀島雅之. 音声セグメントと基本周波数を用いた日本語発話教育支援システムの開発と実評価 日本e-learning学会誌. 2019; (19): 15-26. ( DOI )

  64. 和田 淳一郎,村上 奈津子,若林 則幸 . Q19_パーシャルデンチャー装着日に行うことは? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 50-51.

  65. 和田 淳一郎,村上 奈津子,若林 則幸 . Q18_試適時の留意点は? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 48-49.

  66. 和田 淳一郎,村上 奈津子,若林 則幸 . Q17_咬合採得時の留意点は? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 46-47.

  67. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q11_なぜパーシャルデンチャーを作るとき歯を削るの? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 34-35.

  68. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q16_石膏の注ぎ方のコツは? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 44-45.

  69. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q15_嘔吐反射が強い患者さんにはどう対応するの? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 42-43.

  70. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q14_精密印象を採るときの注意点は? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 40-41.

  71. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q13_スタディーモデルって? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 38-39.

  72. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸 . Q12_概形印象って? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 36-37.

  73. 松浦博,北條友梨,澤崎宏一,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之. 音声セグメントラベルと基本周波数を用いた日本語学習者のための文節アクセント・イントネーションのe-Learningシステム JeLA会誌. 2016.08; 16 29-39. ( DOI )

  74. 松浦 博,山本哲平,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之. 疲労が音声へもたらす影響の音声セグメントを用いた推定 電子情報通信学会論文誌. 2016; J99-A (9): 351-360.

  75. 和田 淳一郎. 審美的要求を有する重度歯周病患者にブリッジとクラスプ義歯で補綴を行った症例 日補綴会誌. 2015.01; 7 (1): 73-76. ( DOI )

  76. 松浦博,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之. 日本語を学ぶ留学生のための音声セグメントラベルを用いた促音・長音の発語学習システム 日本e-Learning学会会誌. 2014; 14 14-23. ( DOI )

  77. 若林 則幸,和田 淳一郎. 義歯装着時の留意点 患者に喜ばれるパーシャルデンチャー. 2012.07; 37 (10): 88-91.

  78. 松浦 博,秀島雅之,犬飼周佑,安藤智宏,和田淳一郎,五十嵐順正,永江尚義. 日本語発話の発音誤り検出における留学生と日本人学生との対比 -音声セグメント技術による「じ」と「ち」の弁別を中心として- 日本音響学会誌. 2010; 66 (8): 370-380.

  79. 田中哲男,岡崎彰夫,松浦 博,近藤 洋,秀島雅之,和田淳一郎,安藤智宏,犬飼周佑,五十嵐順正. 発音の視覚化のための予備検討 筑波技術大学テクノレポート. 2009.12; 17 (1): 29-34.

  80. 松浦 博, 秀島雅之, 和田淳一郎, 犬飼周佑, 安藤智宏, 五十嵐順正. 留学生による日本語発話におけるモーラタイミングの音声セグメント技術による評価 音声研究. 2009; 13 (3): 53-65.

  81. 犬飼周佑, 秀島雅之, 安藤智宏, 和田淳一郎, 佐藤雅之, 五十嵐順正, 松浦博. チェアサイドでの音声認識による発語機能評価システムの確立 日本歯科医師会雑誌. 2008; 61 (5): 498. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 和田 淳一郎,高市 敦士,若林 則幸. パーシャルデンチャー活用力 ーライフコースに沿った基本から使いこなしまでー. 医歯薬出版, 2016.02 (ISBN : 978-4-263-44460-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Merve Uctasli, Mine Betul Uctasli, Kanae Wada, Junichiro Wada, Lippo Lassila. Surface Topography of Different Types of CAD/CAM Restorative Materials. 2023 CED/NOF –IADR Oral Health Research Congress 2023.09.21 Rhodes, Greece

  2. Merve Uctasli, Kanae Wada, Junichiro Wada, Lippo Lassila, Mine Betul Uctasli. Surface morphology hybrid ceramic material after different etching protocol. The 7th International Congress on Adhesive Dentistry 2023.06.03 Konya, Turkey

  3. Junichiro Wada. Physical properties of additive-manufactured occlusal splints. Turku mid-winter meeting 2023.02.03 Turku, Finland

  4. Kanae Wada, Junichiro Wada, Hanae Kanazawa, Janna Waltimo-Siren, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Nano-mechanical Properties of Primary Molar Enamel with Enamel Hypoplasia, Early Enamel Demineralized, and Sound Enamel. International Association of Pediatric Dentistry (IAPD) 2nd Global Summit 2022.11.12 Roma, Italy

  5. Kanae Wada, Junichiro Wada, Hanae Kanazawa, Janna Waltimo-Siren, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Kiillevaurioalentaa merkittävästi maitohampaan pintakovuutta. Finnish Dental Journal 2022.11.10 Helsinki, Finland

  6. Kanae Wada, Junichiro Wada, Hanae Kanazawa, Janna Waltimo-Siren, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila.. Mechanical and Histological Properties of Primary Molar Enamel with Enamel Hypoplasia. Biomaterials and Medical Devices Research Program of BioCity Turku, Turku Biomaterials Days 2022.10.27 Turku, Finland

  7. Junichiro Wada, Kanae Wada, Mona Gibreel, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of Nitrogen Post-Curing on Surface Conditions of 3D-Printed Splint. The Academy of Dental Materials 2022 Meeting 2022.10.01 Athens, Greece

  8. Junichiro Wada, Kanae Wada, Mona Gibreel, Sufyan Garoushi, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of Post-curing at Nitrogen Gas on Mechanical Properties of Water-stored 3D-printed Hard Occlusal Splint. The 2022 annual Conference of the European Prosthodontic Association 2022.09.22 Siena, Italy

  9. Junichiro Wada, Kanae Wada, Mona Gibreel, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of printer types on mechanical properties of 3D-printed splint. The PAN EUROPEAN REGION of the International Association for Dental Research (PER-IADR Oral Health Research Congress) 2022.09.16 Marseille, France

  10. Kanae Wada, Junichiro Wada, Mona Gibreel, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of nitrogen gas on mechanical properties of 3D-printed splint. The PAN EUROPEAN REGION of the International Association for Dental Research (PER-IADR Oral Health Research Congress 2022.09.16 Marseille, France

  11. Merve Uctasli, Junichiro Wada, Kanae Wada, Lippo Lassila. Different types of CAD/CAM materials surface morphology examination and clinical indications.. The 26th Turkish Dental Association International Dental Meeting 2022 2022.09.08 Istanbul, Turkey

  12. Junichiro Wada, Kanae Wada, Mona Gibreel, Noriyuki Wakabayashi, Tsutomu Iwamoto, Pekka K. Vallittu, Lippo Lassila. Effect of Post-curing at Nitrogen Gas on Mechanical Properties of Water-stored 3D-printed Soft Occlusal Splint. Scandinavian Society for Prosthodontic Dentistry 2022.08.19 Aarhus, Denmark

  13. Chie Watanabe, Junichiro Wada, Tomiharu Nagayama, Hirofumi Uchida, Koji Mizutani, Noriyuki Wakabayashi. Prognostic factors on radiographs for 10-year abutment survival of RPDs. 98th General Session & Exhibition of the IADR 2020.03

  14. Nagayama T, Wada J, Watanabe C, Uchida H, Mizutani K, Wakabayashi N. Influence Of RPD Placement On Mobility Of Periodontally Weakened Teeth. 97th General Session & Exhibition of the IADR 2019.06.22 Vancouver, BC, Canada

  15. Watanabe C, Wada J, Nagayama T, Uchida H, Mizutani K, Wakabayashi N. The Effect of Removable Partial Denture Placement for Diabetic Patients. 97th General Session & Exhibition of the IADR 2019.06.22 Vancouver, BC, Canada

  16. Watanabe C, Wada J, Mizutani K, Watanabe H, Wakabayashi N.. Chronological changes in supporting alveolar bone by RPD placement. IADR 86th General Session & Exhibition 2018.07.24 London

  17. Junichiro Wada. Basic Study focused on Fitting Accuracy of Thermoplastic resin for Non-metal clasp denture. 4th TRI University Consortium 2015.05.20 Chulalongkorn University

  18. M. Sato, M. Hideshima, J. Wada, T. Ando, J. Wadachi, M. Tsurumi, Y. Tsubota, Y. Odaka, Y. Igarashi. A case report of a free end saddle telescopic denture using a magnetic attachment for maxilla molars. The 11th International Conference on Japanese Society of Magnetic Applications in Dentistry 2012

  19. Hideshima M, Wada J, Ando T, Inukai S, Igarashi Y, Matsuura H. Assessment of the Consonants Pronunciation in Subjects with Sound Dentition. The 88th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2010.07.15 Barcelona

  20. Wada J, Hideshima M, Ando T, Inukai S, Sato M, Igarashi Y and Matsuura H. Assessment of the Pronunciation in Subjects with Sound Dentition. The 86th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2008.07.02 Tronto, Canada

  21. Hideshima M, Wada J, Ando T, Inukai S, Sato M, Igarashi Y and Matsuura H. Assessment of the Pronunciation of /S/ sound in Subjects with Sound Dentition Using Speech Recognition System. International Dental Materials Congress 2007 2007.11.24 Bangkok,Thai

  22. 平田 明日香,髙草木 謙介,野﨑 浩佑,村上 奈津子,和田 淳一郎,谷本 深雪, 若林 則幸. 経時的劣化が光重合型リライン材の表面特性に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会第133回学術大会 2024.07.07 千葉

  23. 松浦 博, 井本 智明, 湯瀬 裕昭, 和田 淳一郎, 秀島 雅之. 音声セグメントと基本周波数から導出した発話評価パラメータによる発話の経時変化の観察. 情報処理学会ASD研究会 2024.03.14 東京

  24. 石岡由理佳,和田淳一郎,金應烈,坂本一生,村上奈津子,山﨑俊輝,内海澪奈,犬飼周佑,若林則幸. 部分床義歯製作のためのデジタル印象法で得られる顎堤形態の従来印象法との比較. 令和5年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部学術大会 2023.12.03 東京

  25. 鈴木進太郎,和田淳一郎,若林則幸. 重度歯周炎罹患患者に対し磁性アタッチメントを用いたオーバーデンチャーで対応した症例. 第33回日本磁気歯科学会学術大会 2023.11.11 東京,日本

  26. 松井 慧,村瀬 舞,毛利有紀,李 彬,服部麻里子,和田淳一郎,若林則幸. 上顎洞癌術後に磁性アタッチメントを適用した一症例. 第33回日本磁気歯科学会学術大会 2023.11.11 東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫講堂(文京区・東京)

  27. 服部麻里子,村瀬 舞,毛利有紀,松井 慧,和田淳一郎,若林則幸. 口唇口蓋裂患者のスピーチエイドの維持に磁性アタッチメントを用いた一症例. 第33回日本磁気歯科学会学術大会 2023.11.11 東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫講堂(文京区・東京)

  28. 和田淳一郎. 咬合高径および咬合平面を変更する必要性の判断および臨床手技. 第22回咬合フォーラム 2023.10.15 大阪,日本

  29. 和田淳一郎. 歯周炎罹患歯保護の観点から部分床義歯を再考する. 第9回日本国際歯科大会2023 2023.10.01 横浜,日本

  30. 和田淳一郎. 介入研究を実施する上での注意点 -研究計画立案から論文執筆まで-. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.21 横浜,日本

  31. 金 應烈, 和田 淳一郎, 坂本 一生, 石岡 由理佳, 村上 奈津子,山崎 俊輝, 内海 澪奈, 新井 祐貴, 犬飼 周佑, 若林 則幸. スキャン開始点の位置が部分欠損歯列のデジタル印象データの精確度に及ぼす影響. 令和4年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部学術大会 2022.12.18 東京

  32. 呂華馨, 村上奈津子, 山﨑俊輝, 鄒詩琦,丁智元,和田淳一郎, 若林則幸. 応力解析による PEEK およびジルコニアレストの設計評価. 令和4年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部学術大会 2022.12.18 東京

  33. 内海澪奈, 村上奈津子,山﨑俊輝,坂本一生,呂華馨,小峰広平,金 應烈,和田淳一郎,若林則幸. 部分床義歯の直接法リラインにおける光重合型リライン材の適合精度. 令和4年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部学術大会 2022.12.18 東京

  34. 髙草木謙介,村上奈津子,和田淳一郎,笠井太平 ,松野 瞳, 山崎俊樹, 長山富治,谷田部 優,若林則幸. 人工歯の保持孔形態が義歯床用熱可塑性樹脂との結合力に与える影響. 日本補綴歯科学会第131回学術大会 2022.07.16 大阪

  35. 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,和田淳一郎,村上奈津子,髙市敦士, 新井祐貴,上野剛史,若林則幸. コロナ禍での歯科補綴学教育における遠隔オンライン反転授業の学習効果. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 誌上&Web開催

  36. 渡邉知恵,和田淳一郎,長山富治,内田博文,水谷幸嗣,柴田陽,若林則幸. 部分床義歯支台歯10年生存率とエックス線画像上予後因子 の検討. 日本補綴歯科学会 第130回学術大会 2021.06.19

  37. 和田淳一郎. 補綴装置による弱体化した支台歯の活用と保護の両立. 日本補綴歯科学会 第130回学術大会 2021.06.19 東京

  38. 内田博文,和田淳一郎,渡邉知恵,長山富治,水谷幸嗣,若林則幸. 口腔内装置は睡眠時ブラキシズムから部分床義歯の支台歯 を守れるか? パイロットRCT. 日本補綴歯科学会 第130回学術大会 2021.06.19

  39. 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,和田淳一郎,村上奈津子,髙市敦士, 新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 歯科補綴学教育におけるデジタル・リモートでの アクティブラーニングの学習効果. 日本補綴歯科学会第130回学術大会 2021.06.19 誌上&Web開催

  40. 秋山 洋,金澤 学,岩城麻衣子,羽田多麻木,副田弓夏,大竹涼介,村上奈津子,髙市敦士,若林則幸,水口俊介. カスタムプレートを用いたフルデジタル部分床義歯製作方法の開発. 日本補綴歯科学会第130回記念学術大会 2021.06.19

  41. 村上奈津子,高市敦士,笛木賢治,上野剛史,稲用友佳,和田淳一郎,新井祐貴,若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関するシステマチックレビュー PartⅡ. 材料とメタ分析. 公益社団法人日本補綴歯科学会 東京支部 第24回学術大会 2020.11.29

  42. 笛木賢治,稲用友佳,高市敦士,村上奈津子,和田淳一郎,新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関するシステマチックレビュー Part I. レビューの概要. 日本補綴歯科学会東京支部第24回学術大会 2020.11.26 東京

  43. 坂本一生,和田淳一郎,葉山博工,新井祐貴,石岡由理佳,若林則幸. 口腔内スキャナによる部分欠損歯列データの部分的改変がデータの精確度に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会 第129回学術大会 2020.06.27 福岡

  44. 長山富治,和田淳一郎,渡邉知恵,内田博文,若林則幸. 部分床義歯装着が歯周炎によって弱体化し予後にリスクを有する支台歯に及ぼす短期的な影響. 日本補綴歯科学会 令和元年度東京支部学術大会 2019.12.08 東京

  45. 和田淳一郎. 部分床義歯は増加する高齢の歯周炎罹患者とどう向き合うべきか. 第5回 補綴歯科臨床研鑽会「プロソ’19」 2019.09.08 東京

  46. 鈴木大虎,松浦 博,井本智明,和田淳一郎,秀島雅之. 高齢化による発話への影響の音声セグメントを用いた評価. 日本音響学会2019年秋季大会 2019.09.06 滋賀(立命館大学)

  47. 和田淳一郎,荻野洋一郎,和田 誠大. 補綴介入で歯周炎患者の残存歯を守れ!―各治療オプションを最大限に活用するための補綴戦略―. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.12 札幌市

  48. 渡邉知恵,和田淳一郎,長山富治,内田博文,水谷幸嗣,若林則幸. 糖尿病罹患者に対する部分床義歯装着が支台歯歯槽骨に及ぼす影響 後ろ向きコホート研究. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.12 札幌市

  49. 樋口 智也,松浦 博,澤崎 宏一,和田 淳一郎,秀島 雅之. 音声セグメントと深層学習を用いた発話アクセント・イントネーションの推定.. 日本音響学会2018年秋季大会 2018.09.13 大分(大分大学旦野原キャンパス )

  50. 長山富治,和田淳一郎,村上奈津子,渡邉知恵,水谷幸嗣,高草木謙介,内田博文,若林則幸. 部分床義歯の設計が残存歯に対する固定効果に及ぼす影響:基礎的検討. 日本補綴歯科学会 第127回学術大会 2018.06.17 岡山

  51. 和田淳一郎,秀島雅之,松浦博. 高齢者における歯の喪失に伴う発語障害と歯科治療 ―音声認識を用いた取り組み―. 第11回高齢社会デザイン研究発表会 2018.03.16 東京

  52. 樋口 智也,浅野 慎二,松浦 博,澤崎 宏一,和田 淳一郎,秀島 雅之. 音声セグメントを用いた日本語学習者による発話イントネーションの自動推定.. 日本音響学会2018年春季大会 2018.03.15 埼玉(日本工業大学宮代キャンパス)

  53. 中村一寿,南 一郎,井川泰葉,和田淳一郎,若林則幸. 頭位の変化が咬合力の方向に及ぼす影響. 第82回 口腔病学会学術大会 2017.11.20 東京

  54. 松浦 博, 澤崎 宏一, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 秀島 雅之. 音声セグメントと基本周波数との連携による日本語学習者の発話評価. 日本音響学会2017年秋季大会 2017.09.27 愛媛大学城北キャンパス

  55. 和田淳一郎,青藍一郎,奈良日出男,若林則幸. 前後すれ違い咬合から短期間で下顎オーバーデンチャーに移行した症例. 日本補綴歯科学会第126回学術大会 2017.07.02 横浜

  56. 渡邉知恵,和田淳一郎,水谷幸嗣,渡邊裕,勝木梓,若林則幸. 部分床義歯の支台歯周囲骨への経時的影響 デジタルサブトラクション法による評価. 日本補綴歯科学会第126回学術大会 2017.07.01 横浜

  57. 秀島雅之,西山 暁,和田淳一郎,和達重郎,他. 磁性アタッチメントの診療ガイドライン策定の経緯と概要. 第23回 日本歯科医学会総会 2016.10.22 福岡

  58. 渡邉知恵,和田淳一郎,水谷幸嗣,渡邊裕,若林則幸. 歯周炎患者のRPD支台歯周囲骨の経時的変化 デジタルサブトラクション法による評価. 日本補綴歯科学会 第125回 学術大会 2016.07.10

  59. 和田淳一郎,秀島雅之,犬飼周佑,松浦博,若林則幸. 歯列弓および口蓋の形態が上顎部分床義歯の大連結子による発語障害の程度に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会第125回学術大会 2016.07.09 金沢

  60. 北條友梨, 松浦博, 澤崎宏一, 和田淳一郎, 犬飼周佑, 秀島雅之. 音声セグメントラベルと基本周波数を用いた日本語学習者のためのアクセント・イントネーションe-Learningシステム. 日本 e-Learning 学会第18回(2015年度)学術講演会 2015.10

  61. 大城一輝,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之,松浦 博. 音素とアクセントの自動推定に基づく日本語発語の学習支援.. 2015年日本電子情報通信学会総合大会 2015.03.13 立命館大学びわこ・くさつキャンパス,滋賀県草津市

  62. 松浦博,大城一輝,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之. 日本語アクセントの音声セグメントと基本周波数を用いた自動評価.. 日本音響学会2014年秋季研究発表会 2014.09.03 北海道

  63. 松井 文香,松浦 博, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 秀島 雅之. 音声セグメントと基本周波数によるアクセント型の推定と留学生の促音発話. 日本音響学会2014年春季研究発表会 2014.03.11 東京

  64. 平沼摩耶,酒井敬一,和田淳一郎, Privatanapunt J, 米満 郁男, 小海 暁, 犬飼 周佑, 秀島 雅之, 五十嵐 順正, 小野 卓史. 骨格性下顎前突症患者におけるoverjetの大きさと上下顎歯列彎曲の相関に関する三次元的検討. 第23回日本顎変形症学会総会・学術大会 2013.06.22

  65. 平沼摩耶、酒井敬一、和田淳一郎、Privatanapunt Jutiporn、米満郁男、小海暁、犬飼周佑、秀島雅之、五十嵐順正、小野卓史. 骨格性下顎前突症例患者におけるoverjetの大きさと上下顎歯列彎曲の相関に関する三次元的検討. 第23回日本顎変形症学会総会・学術大会 2013.06.21 大阪

  66. 和田淳一郎,笛木賢治,谷田部 優,浜口潤也,犬飼周佑,高橋英和,五十嵐順正. ノンメタルクラスプデンチャーに用いる熱可塑性樹脂の適合性に関する基礎的研究. 第122回日本補綴歯科学会学術大会 2013

  67. T.Kaneshima, J.Wada, S.Inukai, H.Ohmori, K.Shimazaki, M.Hideshima, M.Taira, T.Kurabayashi, Y.Igarashi, H.Matsuura, T.Ono. Effects of the orthodontic appliance .on brain activity during syllable pronunciation: An fMRI study. 第77回口腔病学会学術大会 2012.12.01 東京

  68. 金島貴子, 臼井信男, 和田淳一郎, 犬飼周佑, 大森浩子, 島崎一夫, 秀島雅之, 小野卓史. 矯正装置装着が構音時脳賦活状態および自己評価に与える影響について ―fMRIによる研究―. 第71回日本矯正歯科学会大会 2012.09.26

  69. 犬飼周佑,秀島雅之,和田淳一郎,安藤智宏,五十嵐順正,松浦博. 下顎部分床義歯の連結装置の形態が発音に及ぼす影響について. 第121回日本補綴歯科学会学術大会 2012.05.26 神奈川

  70. 和田淳一郎, 秀島雅之, 犬飼周佑, 安藤智宏, 五十嵐順正, 松浦博. 上顎可撤性義歯の大連結子の幅および断面形態が発語機能に及ぼす影響について. 第121回日本補綴歯科学会学術大会 2012.05.26 神奈川

  71. 佐藤雅之,秀島雅之,和田淳一郎,安藤智宏,犬飼周佑,和達重郎,鶴見麻有子,小高容平,坪田康弘,五十嵐順正. 磁性アタッチメントを応用したコーヌステレスコープ遊離端義歯の症例. 第21回日本磁気歯科学会学術大会 2011.11.13 東京

  72. 十川裕子,片桐さやか,杉浦健純,和田淳一郎,難波佳子,小田茂,足達淑子,和泉雄一. 歯科治療の不安に対し心理面をサポートし行動変容に成功した侵襲性歯周炎患者. 第54回秋季日本歯周病学会学術大会,日本歯周病学会誌Vol.53 秋季特別号,p145 2011.09.24 山口

  73. 松浦 博, 佐野 友理香,秀島 雅之, 和田 淳一郎, 安藤 智宏, 犬飼 周佑, 五十嵐 順正. 留学生による「画商,合唱」発話データの音声セグメントラベルに基づく自動評価. 日本音響学会2011年秋季研究発表会 2011.09.20 島根

  74. 和田淳一郎,秀島雅之,犬飼周佑,安藤智宏,五十嵐順正,松浦 博. 上顎義歯の大連結子の走行が発語機能に及ぼす影響. 第75回口腔病学会学術大会 2010.12.04 東京

  75. 松浦 博,近藤 洋,内山継史,田中晳男,岡崎彰夫,秀島雅之,和田淳一郎,安藤智宏,犬飼周佑,五十嵐順正. 聴覚障害者のための音声セグメントラベルに基づく声道断面動画による発音の視覚化. 日本音響学会. 2010年春季研究発表会 2010.03.08 東京

  76. 和田淳一郎,秀島雅之,犬飼周佑,安藤智宏,五十嵐順正,松浦 博. 上顎可撤性義歯の大連結子が発話機能に及ぼす影響. 第75回口腔病学会学術大会 2010

  77. 和田淳一郎,秀島雅之,犬飼周佑,安藤智宏,五十嵐順正,松浦 博. 上顎義歯の大連結子の走行が発語機能に及ぼす影響. 日本顎口腔機能学会 第43回学術大会 2009.11.28 東京

  78. 松浦博, 近藤 洋, 田中晳男, 岡崎彰夫, 秀島雅之, 和田淳一郎, 安藤智宏, 犬飼周佑, 五十嵐順正. 音声セグメントラベルによる聴覚障害者の発音の視覚化のための検討. 日本音響学会2009年秋季研究発表会 2009.09.15 福島

  79. 犬飼周佑,秀島雅之,安藤智宏,和田淳一郎,佐藤雅之,五十嵐順正,松浦 博. チェアサイドでの音声認識による発語機能評価システムの確立. 第21回日本歯科医学会総会 2008.11.15 横浜

  80. 松浦 博,秀島雅之,犬飼周佑,安藤智宏,和田淳一郎,五十嵐順正,永江尚義. 音声セグメントを用いた留学生の日本語発声特性の解析. 日本音響学会2008年秋季研究発表会 2008.09.10 福岡

  81. 和田淳一郎,秀島雅之,安藤智宏,犬飼周佑,佐藤雅之,五十嵐順正,松浦 博. 音声認識による発語機能評価システムを用いた健常歯列者の発語分析. 第117回日本補綴歯科学会学術大会 2008.06.06 名古屋

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Prof. Dr. Fatma KORAY Award,The 7th International Congress on Adhesive Dentistry,2023年06月

  • Neal Garrett Award,IADR,2019年06月

  • 日本補綴歯科学会 第117回学術大会 課題口演コンペティション優秀賞,2008年

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学科5年 包括臨床実習Phase II(A)(モジュール:包括臨床実習)(2014~2015 試験ケースヘッドライター),2011年 - 現在

  • 歯学科6年 包括臨床実習Phase II(B)(モジュール:包括臨床実習)(2014~2015 試験ケースヘッドライター),2011年 - 現在

  • 歯学科6年 包括臨床実習Phase III(モジュール:包括臨床実習),2015年 - 2016年

  • 歯学科5年 包括臨床実習Phase Ⅰ(前処置),2015年 - 現在

  • 歯学科5年 ケーススタディ,2015年 - 2016年

  • 歯学科4年 咬合回復Ⅰ・可綴性義歯(PD)実習,2012年 - 現在

  • 口腔保健学科口腔保健衛生学専攻3年 歯科衛生臨床実習(ユニット:歯科衛生臨床実習),2013年 - 2015年

  • 口腔保健学科口腔保健衛生学専攻2年 歯科補綴学,2015年 - 現在

  • 歯学科4年 部分床義歯補綴(モジュール:咬合回復) 症例発表の手順,2014年

  • 歯学科3年 臨床イントロダクション,2018年 - 現在

  • 研修医指導(臨床指導)(2017~ 臨床研修指導医責任者),2013年 - 現在

▼全件表示

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 東京医科歯科大学ベストティーチャー賞 受賞,2015年04月 - 2016年03月

  • 平成26年度 東京医科歯科大学歯学部優秀教員賞 受賞,2014年01月 - 2014年12月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 臨床研修プログラム責任者,2017年09月 - 現在

  • 先端歯科診療センター,2015年10月 - 現在

  • 歯学部附属病院 相談室員,2015年04月 - 2016年03月

  • 臨床研修指導歯科医,2013年01月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 部分入れ歯とインプラントの選択,株式会社毎日が発見,毎日が発見,2023年11月21日 - 2024年01月28日