基本情報

写真a

村上 奈津子(ムラカミ ナツコ)

MURAKAMI Natsuko


職名

助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  歯学部  歯学科  2008年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  部分床義歯補綴学  博士課程  2013年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 助教
  • 2013年04月
    -
    2013年10月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 医員(歯病)
  • 2018年04月
    -
    2021年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 助教
  • 2021年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 生体補綴歯科学分野 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会,日本歯科理工学会,口腔病学会

  • 国際歯科研究学会(IADR)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴・理工系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会専門医

  • 臨床研修指導歯科医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • CAD/CAM材料を用いた歯冠用セラミックの摩耗特性,2015年04月 - 現在

  • 超高圧重合による義歯用材料の開発と臨床応用に関する研究,2013年 - 2015年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オールセラミック修復における熱刺激に対するリスク予測システムの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 高強度CAD/CAM材料の摩耗メカニズムの解明:咬耗予測システムの開発にむけて

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 超高圧重合による高靭性義歯用レジンのCAD/CAMへの応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Hao J, Murakami N, Yamazaki T, Iwasaki N, Yatabe M, Takahashi H, Wakabayashi N.. Flexural and fatigue properties of polyester disk material for milled resin clasps Dental Materials Journal . 2021; ( DOI )

  • Takaichi A, Fueki K, Murakami N, Ueno T, Inamochi Y, Wada J, Arai Y, Wakabayashi N. A systematic review of digital removable partial dentures. Part II: CAD/CAM framework, artificial teeth, and denture base. Journal of prosthodontic research. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Fueki K, Inamochi Y, Wada J, Arai Y, Takaichi A, Murakami N, Ueno T, Wakabayashi N. A systematic review of digital removable partial dentures. Part I: Clinical evidence, digital impression, and maxillomandibular relationship record. Journal of prosthodontic research. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Yamazaki T, Murakami N, Suzuki S, Handa K, Yatabe M, Takahashi H, Wakabayashi N. Influence of block-out on retentive force of thermoplastic resin clasps: an in vitro experimental and finite element analysis. Journal of prosthodontic research. 2019.07; 63 (3): 303-308. ( PubMed, DOI )

  • Kazuyuki Handa, Natsuko Murakami, Toshiki Yamazaki, Hidekazu Takahashi, Noriyuki Wakabayashi. The ball-on-disk cyclic wear of CAD/CAM machinable dental composite and ceramic materials. J Oral Sci. 2017.12; 59 (4): 589-596. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Wakabayashi N, Murakami N, Takaichi A. Handbook of Mechanics of Materials. Chapter 37: Current Applications of Finite Element Methods in Dentistry. Springer Nature Pte Ltd, , 2019.03 (ISBN : 978-981-10-6855-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 内倉慶一朗,村上奈津子,山崎俊輝,呂 華馨,永田浩司,岩崎直彦,高橋英和,若林則幸. レストシートを付与したCAD/CAM用歯冠修復材料の破折抵抗性の分析 . 日本歯科理工学会 秋期第78回学術講演会 2021.10.16 web開催

  • BUI Ngọc Huyen Trang. CED-IADR/NOF Oral Health Research Congress in Brussels. CED-IADR/NOF Oral Health Research Congress in Brussels 2021.09.16

  • 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,和田淳一郎,村上奈津子,髙市敦士, 新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 歯科補綴学教育におけるデジタル・リモートでの アクティブラーニングの学習効果. 日本補綴歯科学会第130回学術大会 2021.06.26 誌上&Web開催

  • 秋山 洋,金澤 学,岩城麻衣子,羽田多麻木,副田弓夏,大竹涼介,村上奈津子,髙市敦士,若林則幸,水口俊介. カスタムプレートを用いたフルデジタル部分床義歯製作方法の開発. 日本補綴歯科学会第130回記念学術大会 2021.06.19

  • 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,和田淳一郎,村上奈津子,髙市敦士, 新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 歯科補綴学教育におけるデジタル・リモートでの アクティブラーニングの学習効果. 日本補綴歯科学会第130回学術大会 2021.06.19 誌上&Web開催

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 企業賞,日本歯科理工学会,2021年10月

  • 課題口演賞,日本補綴歯科学会,2021年06月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学科5年6年 包括臨床実習Phase II 試験ケースヘッドライター,2018年 - 現在

  • 歯学科1年 早期臨床体験実習,2016年 - 現在

  • 歯学科5年 包括臨床実習Phase Ⅰ,2015年 - 現在

  • 歯学科5年 ケーススタディ,2015年 - 2018年

  • 歯学科4年 咬合回復I・可撤性義歯(PD)実習,2013年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 部分床義歯技工学,筑波大学附属聴覚特別支援学校

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 先端歯科診療センターでの治療,2019年04月 - 現在

  • 臨床研究歯科医の指導,2014年04月 - 現在