基本情報

写真a

村上 奈津子(ムラカミ ナツコ)

MURAKAMI Natsuko


職名

助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  歯学部  歯学科  2008年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  部分床義歯補綴学  博士課程  2013年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 助教
  • 2013年04月
    -
    2013年10月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 医員(歯病)
  • 2018年04月
    -
    2021年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 助教
  • 2021年11月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 生体補綴歯科学分野 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔機能系診療領域 義歯科 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会,日本歯科理工学会,口腔病学会

  • 国際歯科研究学会(IADR)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会専門医

  • 臨床研修指導歯科医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • CAD/CAM材料を用いた歯冠用セラミックの摩耗特性,2015年04月 - 現在

  • 超高圧重合による義歯用材料の開発と臨床応用に関する研究,2013年 - 2015年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オールセラミック修復における熱刺激に対するリスク予測システムの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 高強度CAD/CAM材料の摩耗メカニズムの解明:咬耗予測システムの開発にむけて

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 超高圧重合による高靭性義歯用レジンのCAD/CAMへの応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Uchikura K, Murakami N, Yamazaki T, Lyu H, Nagata K, Ona M, Iwasaki N, Takahashi H, Wakabayashi N. Fracture resistance of CAD/CAM restorative materials in mismatched removable partial denture rests: An in vitro experimental and finite element analysis. Dental materials journal. 2022.05; 41 (3): 466-472. ( PubMed, DOI )

  2. Huaxin Lyu, Natsuko Murakami, Toshiki Yamazaki, Junichiro Wada, Miona Utsumi, Noriyuki Wakabayashi. Evaluation of PEEK and zirconia occlusal rest designs for removable partial dentures based on finite element analysis. J Prosthodont Res. 2022.05; ( PubMed, DOI )

  3. Hao J, Murakami N, Yamazaki T, Iwasaki N, Yatabe M, Takahashi H, Wakabayashi N. Flexural and fatigue properties of polyester disk material for milled resin clasps Dental Materials Journal. 2021.12; 40 (6): 1359-1364. ( PubMed, DOI )

  4. Takaichi A, Fueki K, Murakami N, Ueno T, Inamochi Y, Wada J, Arai Y, Wakabayashi N. A systematic review of digital removable partial dentures. Part II: CAD/CAM framework, artificial teeth, and denture base. Journal of prosthodontic research. 2021.01; 66 (1): 53-67. ( PubMed, DOI )

  5. Fueki K, Inamochi Y, Wada J, Arai Y, Takaichi A, Murakami N, Ueno T, Wakabayashi N. A systematic review of digital removable partial dentures. Part I: Clinical evidence, digital impression, and maxillomandibular relationship record. Journal of prosthodontic research. 2021.01; 66 (1): 40-52. ( PubMed, DOI )

  6. Takakusaki K, Murakami N, Wada J, Kasai T, Matsuno H, Yamazaki T, Iwasaki N, Yatabe M, Takahashi H, Wakabayashi N. Effect of retention hole designs in artificial teeth on failure resistance of the connection with thermoplastic resin. Dental materials journal. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  7. Yamazaki T, Murakami N, Suzuki S, Handa K, Yatabe M, Takahashi H, Wakabayashi N. Influence of block-out on retentive force of thermoplastic resin clasps: an in vitro experimental and finite element analysis. Journal of prosthodontic research. 2019.07; 63 (3): 303-308. ( PubMed, DOI )

  8. Kazuyuki Handa, Natsuko Murakami, Toshiki Yamazaki, Hidekazu Takahashi, Noriyuki Wakabayashi. The ball-on-disk cyclic wear of CAD/CAM machinable dental composite and ceramic materials. J Oral Sci. 2017.12; 59 (4): 589-596. ( PubMed, DOI )

  9. Murakami N, Wakabayashi N.. Finite element contact analysis as a critical technique in dental biomechanics: A review. Journal of Prosthodontic Research. 2015.07; 58 (2): 92-101. ( PubMed, DOI )

  10. Murakami N, Wakabayashi N, Matsushima R, Kishida A, Igarashi Y. Effect of high-pressure polymerization on mechanical properties of PMMA denture base resin. J Mech Behav Biomed Mater. 2013.04; 20 98-104. ( PubMed, DOI )

  11. Nagayama T, Wada J, Watanabe C, Murakami N, Takakusaki K, Uchida H, Utsumi M, Wakabayashi N.. Influence of retainer and major connector designs of removable partial dentures on the stabilization of mobile teeth: a preliminary study Dental Materials Journal. 2020.01; 39 (1): 89-100.

  12. Takashi Sekinishi, Shusuke Inukai, Natsuko Murakami, Noriyuki Wakabayashi. Influence of denture tooth thickness on fracture mode of thin acrylic resin bases: An experimental and finite element analysis. J Prosthet Dent. 2015.07; 114 (1): 122-129. ( PubMed, DOI )

  13. Borák L, Florian Z, Bartáková S, Prachár P, Murakami N, Ona M, Igarashi Y, Wakabayashi N. Bilinear elastic property of the periodontal ligament for simulation using a finite element mandible model. Dent Mater J. 2011; 30 (4): 448-454. ( PubMed )

  14. 村上 奈津子. 負担能力の低下した支台歯を残根上とした部分床義歯で過大な咬合力に対応した症例 日本補綴歯科学会誌. 2019.01; 11 (1): 68-71. ( DOI 医中誌 )

  15. 笛木 賢治, 稲用 友佳, 高市 敦士, 村上 奈津子, 和田 淳一郎, 新井 祐貴, 上野 剛史, 若林 則幸. パーシャルデンチャーデジタル化への現状と課題 部分床義歯のデジタル化に関する文献レビュー 日本補綴歯科学会誌. 2022.01; 14 (1): 17-24. ( 医中誌 )

  16. 村上 奈津子. デンチャー臨床"なるほど"攻略ガイド ノンメタルクラスプデンチャーの適応症と禁忌症例を教えてください DENTAL DIAMOND. 2021.11; 46 (15): 94-99. ( 医中誌 )

  17. 村上 奈津子, 笛木 賢治, 谷田部 優, 若林 則幸. 臨床のヒント ノンメタルクラスプデンチャーの使いどころ 日本歯科評論. 2021.03; 81 (3): 105-111. ( 医中誌 )

  18. 村上 奈津子, 山崎 俊輝, 若林 則幸. 【「各種シミュレーション技術の歯科応用」】補綴領域における有限要素解析の応用 日本歯科理工学会誌. 2021.01; 40 (1): 5-8. ( 医中誌 )

  19. 村上 奈津子,若林 則幸. 連結子の種類 聞くに聞けない補綴治療100. 2019.10; 100-101.

  20. 村上 奈津子,若林 則幸. 鉤間線(支台歯間線) 聞くに聞けない補綴治療100. 2019.10; 98-99.

  21. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q14_精密印象を採るときの注意点は? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 40-41. ( 医中誌 )

  22. 和田 淳一郎,村上 奈津子,若林 則幸 . Q17_咬合採得時の留意点は? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 46-47.

  23. 和田 淳一郎,村上 奈津子,若林 則幸 . Q18_試適時の留意点は? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 48-49.

  24. 和田 淳一郎,村上 奈津子,若林 則幸 . Q19_パーシャルデンチャー装着日に行うことは? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 50-51.

  25. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q11_なぜパーシャルデンチャーを作るとき歯を削るの? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 34-35. ( 医中誌 )

  26. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸 . Q12_概形印象って? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 36-37. ( 医中誌 )

  27. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q13_スタディーモデルって? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 38-39. ( 医中誌 )

  28. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q15_嘔吐反射が強い患者さんにはどう対応するの? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 42-43. ( 医中誌 )

  29. 村上 奈津子,和田 淳一郎,若林 則幸. Q16_石膏の注ぎ方のコツは? DHstyle増刊号 いまこそ知りたいそろそろ知りたい デンチャーQ&A. 2016.09; 10 (10): 44-45. ( 医中誌 )

  30. 村上 奈津子,若林 則幸. 義歯破折の原因と対策 ⑤補強線の効果 補綴臨床 別冊 DENTURE REPAIR . 2015.05; 34-37. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Wakabayashi N, Murakami N, Takaichi A. Handbook of Mechanics of Materials. Chapter 37: Current Applications of Finite Element Methods in Dentistry. Springer Nature Pte Ltd, , 2019.03 (ISBN : 978-981-10-6855-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Trang N. Bui, Kanazawa M, Murakami N, Wakabayashi N, Katheng A, S T Naing, S Namano, M Iwaki, Minakuchi S. Stress Distribution of One-Piece and Two-Piece Mini-Implant Overdentures (Various Attachments). CED-IADR/NOF Oral Health Research Congress in Brussels 2021.09.16

  2. 稲用友佳,笛木賢治,和田淳一郎,村上奈津子,新井祐貴,河野英子,上野剛史,若林則幸. コロナ禍での歯科補綴学教育における遠隔授業の学習効果. 口腔病学会第85回学術大会 2020.12.05 東京医科歯科大学

  3. Hao Jialin, Murakami Natsuko, Yamazaki Toshiki, Iwasaki Naohiko, Yatabe Masaru, Takahashi Hidekazu, Wakabayashi Noriyuki. Flexural Behavior of Machinable Polyester Denture Material Under Cyclic Loading. 2020 IADR/AADR/CADR General Session 2020.03 Washington, D.C., USA

  4. Hao Jialin, Murakami Natsuko, Yamazaki Toshiki, Iwasaki Naohiko, Yatabe Masaru, Takahashi Hidekazu, Wakabayashi Noriyuki. Fatigue resistance of machinable polyester for dentures. 第74 回日本歯科理工学会学術講演会 2019.10.06 長崎大学文京キャンパス

  5. N. Murakami, T. Yamazaki, S. Suzuki, M. Yatabe, H. Takahashi, N. Wakabayashi. Influence of block-out on retention of thermoplastic non-metal resin clasps. 96th General Session & Exhibition of the IADR IADR/PAN European regional congress 2018.07.28 London, England

  6. N. Wakabayashi, H. Inagawa, N. Suzuki, K. Aoki, T. Yamazaki, C. Watanabe, N. Murakami.. Validity of Young's Modulus Estimated Based on Computed Tomography. 96th General Session & Exhibition of the IADR 2018.07.28 London, England

  7. 半田和之,村上奈津子,高橋英和,若林則幸. 異なる材料の組み合わせを用いた咬合シミュレーション実験による摩耗量の分析. 第80回 口腔病学会記念学術大会 2015.12.26

  8. N. Murakami, T. Sekinishi, S. Inukai, N. Wakabayashi. Denture tooth thickness influences the fracture mode of denture base. 2015 IADR General Session & Exhibition 2015.03.13 Boston, Mass., USA

  9. Effect of high-pressure polymerization on mechanical properties of denture base. 2013 2nd Meeting of the IADR Asia Pacific Region 2013

  10. 髙草木謙介,村上奈津子,和田淳一郎,笠井太平 ,松野 瞳, 山崎俊樹, 長山富治,谷田部 優,若林則幸. 人工歯の保持孔形態が義歯床用熱可塑性樹脂との結合力に与える影響. 日本補綴歯科学会第131回学術大会 2022.07.16 大阪

  11. 内倉慶一朗,村上奈津子,山崎俊輝,呂 華馨,永田浩司,岩崎直彦,高橋英和,若林則幸. レストシートを付与したCAD/CAM用歯冠修復材料の破折抵抗性の分析 . 日本歯科理工学会 秋期第78回学術講演会 2021.10.16 web開催

  12. 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,和田淳一郎,村上奈津子,髙市敦士, 新井祐貴,上野剛史,若林則幸. コロナ禍での歯科補綴学教育における遠隔オンライン反転授業の学習効果. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 誌上&Web開催

  13. 秋山 洋,金澤 学,岩城麻衣子,羽田多麻木,副田弓夏,大竹涼介,村上奈津子,髙市敦士,若林則幸,水口俊介. カスタムプレートを用いたフルデジタル部分床義歯製作方法の開発. 日本補綴歯科学会第130回記念学術大会 2021.06.19

  14. 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,和田淳一郎,村上奈津子,髙市敦士, 新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 歯科補綴学教育におけるデジタル・リモートでの アクティブラーニングの学習効果. 日本補綴歯科学会第130回学術大会 2021.06.19 誌上&Web開催

  15. 村上奈津子,高市敦士,笛木賢治,上野剛史,稲用友佳,和田淳一郎,新井祐貴,若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関するシステマチックレビュー PartⅡ. 材料とメタ分析. 公益社団法人日本補綴歯科学会 東京支部 第24回学術大会 2020.11.29

  16. 笛木賢治,稲用友佳,高市敦士,村上奈津子,和田淳一郎,新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関するシステマチックレビュー Part I. レビューの概要. 日本補綴歯科学会東京支部第24回学術大会 2020.11.26 東京

  17. 内倉慶一朗,村上奈津子,山崎俊輝,永田浩司,小奈正弘,岩崎直彦,高橋英和,若林則幸. レストの接触状態がCAD/CAM材料の破折挙動に与える影響. 第74 回日本歯科理工学会学術講演会 2019.10.05 長崎大学文京キャンパス

  18. 内倉慶一朗,村上奈津子,半田和之,高橋英和,若林則幸. レストの適合がレストシートを付与した歯冠色材料の破折抵抗性に与える影響. 公益社団法人日本補綴歯科学会第128回学術大会 2019.05.10 札幌

  19. 長山富治,和田淳一郎,村上奈津子,渡邉知恵,水谷幸嗣,高草木謙介,内田博文,若林則幸. 部分床義歯の設計が残存歯に対する固定効果に及ぼす影響:基礎的検討. 日本補綴歯科学会 第127回学術大会 2018.06.17 岡山

  20. 山崎俊輝,村上奈津子,鈴木静,半田和之, 谷田部優,高橋英和,若林則幸. ブロックアウト領域がノンメタルクラスプデンチャーの維持力に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会第127回学術大会 2018.06.17 岡山

  21. 村上 奈津子. 負担能力の低下した支台歯を残根上とした部分床義歯で過大な咬合力に対応した症例. 平成29年度 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部会・第21回学術大会 2017.12.02 東京

  22. 半田和之,村上奈津子,高橋英和,若林則幸. CAD/CAM用セラミックスにおける相互摩耗の分析. 日本補綴歯科学会第125回学術大会 2016.07.09 金沢

  23. 関西崇史,犬飼周佑,村上奈津子,五十嵐順正,若林則幸. 人工歯の厚さの違いが義歯の破折強度に及ぼす影響. 第122回日本補綴歯科学会学術大会 2013.05.18 福岡

  24. 超高圧を利用した義歯床用レジンの高強度化. 日本補綴歯科学会第122回学術大会 2013

  25. 村上奈津子,若林則幸,岸田晶夫,五十嵐順正. 高圧重合による義歯床用レジンの機械的特性の評価. 第77回口腔病学会学術大会 2012.12.01 東京

  26. 豊嶋悠輔,若林則幸,村上奈津子,高市敦士,上野剛史,八川昌人,五十嵐順正. テレスコープ義歯による補綴再治療に既存インプラントを応用した症例. 第121回日本補綴歯科学会学術大会 2012.05.26 横浜

  27. 村上奈津子,若林則幸,岸田晶夫,五十嵐順正. 超高圧重合による義歯床用レジンの機械的特性の評価. 平成24年度春期第59回日本歯科理工学会学術講演会 2012.04.14 徳島

  28. 高市敦士,若林則幸,上條真吾,村上奈津子,豊嶋悠輔,松原 恒,五十嵐順正. 光重合パターンを用いた部分床義歯フレームワークの製作.. 第120回日本補綴歯科学会学術大会. 2011.05.21 広島

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 企業賞,日本歯科理工学会,2021年10月

  • 課題口演賞,日本補綴歯科学会,2021年06月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学科5年6年 包括臨床実習Phase II 試験ケースヘッドライター,2018年 - 現在

  • 歯学科1年 早期臨床体験実習,2016年 - 現在

  • 歯学科5年 包括臨床実習Phase Ⅰ,2015年 - 現在

  • 歯学科5年 ケーススタディ,2015年 - 2018年

  • 歯学科4年 咬合回復I・可撤性義歯(PD)実習,2013年 - 現在

  • 歯学科5、6年 包括臨床実習 Phase Ⅱ,2013年 - 現在

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 部分床義歯技工学,筑波大学附属聴覚特別支援学校

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 先端歯科診療センターでの治療,2019年04月 - 現在

  • 臨床研究歯科医の指導,2014年04月 - 現在