基本情報

写真a

三宅 智(ミヤケ サトシ)

MIYAKE Satoshi


職名

非常勤講師

生年

1962年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4865

研究室FAX番号

03-5803-0387

メールアドレス

sm.conc@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

緩和ケア、包括的腫瘍学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1987年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床腫瘍学 教授
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床腫瘍学 教授
  • 2019年05月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床腫瘍学 教授
  • 2022年04月
    -
    2023年04月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 内科系診療領域 緩和ケア科 非常勤講師
  • 2023年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 非常勤講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1987年05月
    -
    1988年03月
    東京医科歯科大学 第1外科 医員(医病)
  • 1988年04月
    -
    1990年09月
    九段坂病院 外科 常勤医師
  • 1990年10月
    -
    1991年09月
    大田西ノ内病院 外科 常勤医師
  • 1991年10月
    -
    1993年12月
    東京医科歯科大学 第1外科 医員(医病)
  • 1994年01月
    -
    1996年06月
    友愛記念病院 外科 常勤医師
  • 1996年07月
    -
    1999年07月
    ダナファーバーがん研究所 腫瘍学 リサーチフェロー
  • 1999年11月
    -
    2000年12月
    埼玉県立がんセンター研究所 分子疫学 主任
  • 2001年01月
    -
    2003年06月
    東京医科歯科大学大学院 分子腫瘍医学分野 講師
  • 2003年07月
    -
    2005年03月
    東北大学医学部医学系研究科 発生分化解析分野 講師
  • 2005年04月
    -
    2009年12月
    友愛記念病院 化学療法・緩和ケア科 部長
  • 2010年01月
    -
    2012年04月
    栃木県立がんセンター 緩和医療部 副部長

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌治療学会

  • 日本緩和医療学会

  • 日本臨床倫理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 内科学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 緩和的腫瘍学の教育,2012年05月 - 現在

  • RBの分化促進機構の解明(EID-1の発見),1996年07月 - 1999年07月

  • 食道癌の遺伝子変化,1992年01月 - 1993年12月

  • 食道癌の内視鏡的治療法の開発,1989年01月 - 1991年09月

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Furuya J, Suzuki H, Hidaka R, Matsubara C, Motomatsu Y, Kabasawa Y, Tohara H, Sato Y, Miyake S, Minakuchi S. Association between oral health and advisability of oral feeding in advanced cancer patients receiving palliative care: a cross-sectional study. Support Care Cancer. 2022.03; ( PubMed, DOI )

  2. Arakawa Sayaka, Amano Koji, Oyamada Shunsuke, Maeda Isseki, Ishiki Hiroto, Miura Tomofumi, Hatano Yutaka, Naito Akemi Shirado, Sato Mamiko, Ito Tetsuya, Kosugi Kazuhiro, Miyake Satoshi, Morita Tatsuya, Mori Masanori. Effects of parenteral nutrition and hydration on survival in advanced cancer patients with malignant bowel obstruction: secondary analysis of a multicenter prospective cohort study SUPPORTIVE CARE IN CANCER. 2021.12; 29 (12): 7541-7549. ( PubMed, DOI )

  3. Matsudera Shotaro, Kano Yoshihito, Aoyagi Yasuko, Tohyama Kohki, Takahashi Kenta, Kumaki Yuichi, Mitsumura Takahiro, Kimura Koichiro, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Ban Daisuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ogino Kei, Watanabe Shun, Tani Yukiko, Yamaguchi Takeshi, Nakajima Masanobu, Morita Shinji, Yamaguchi Satoru, Takagi Masatoshi, Ishikawa Toshiaki, Nakagawa Tsuyoshi, Okamoto Kentaro, Uetake Hiroyuki, Tanabe Minoru, Miyake Satoshi, Tsuchioka Takashi, Kojima Kazuyuki, Ikeda Sadakatsu. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study) ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2021.12; 28 (13): 8497-8505. ( PubMed, DOI )

  4. Mitsumura Takahiro, Kumaki Yuichi, Takahashi Kenta, Matsudera Shotaro, Sakakibara Rie, Honda Takayuki, Ishizuka Masahiro, Iijima Yuki, Shirai Tsuyoshi, Okamoto Tsukasa, Tateishi Tomoya, Sakashita Hiroyuki, Miyake Satoshi, Ikeda Sadakatsu, Miyazaki Yasunari. Treatment of advanced lung cancer based on genomic profiling using liquid biopsy (plasma): A review of three cases THORACIC CANCER. 2021.09; 12 (18): 2508-2512. ( PubMed, DOI )

  5. Furuya J, Suzuki H, Hidaka R, Koshitani N, Motomatsu Y, Kabasawa Y, Tohara H, Sato Y, Minakuchi S, Miyake S. Factors affecting the oral health of inpatients with advanced cancer in palliative care. Support Care Cancer. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  6. Kano Yoshihito, Gebregiworgis Teklab, Marshall Christopher, Ikura Mitsuhiko, Miyake Satoshi, Ohh Michael. KRAS Q61H mutation evades the regulation of tyrosyl phosphorylation and renders cancer cells resistant to SHP2 inhibitor ANNALS OF ONCOLOGY. 2021.07; 32 S306. ( DOI )

  7. Ikeda Sadakatsu, Kudo Ryo, Yamashita Yamato, Noji Rika, Yokobori Jyunko, Ohki Mika, Takamine Eriko, Kobayashi Yumi, Egawa Makiko, Ebana Yusuke, Kimura Koichiro, Yokoyama Kohta, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Kirimura Susumu, Kinowaki Yuko, Tanimoto Kosuke, Miya Fuyuki, Kano Yoshihito, Yoshida Masayuki, Miyake Satoshi. Clinical utility of multi-disciplinary expert panel discussion in precision cancer medicine ANNALS OF ONCOLOGY. 2021.07; 32 S287. ( DOI )

  8. Kawasaki Machiko, Ikeda Yuichi, Ikeda Eri, Takahashi Momoko, Tanaka Daiki, Nakajima Yasuaki, Arakawa Shinichi, Izumi Yuichi, Miyake Satoshi. Oral infectious bacteria in dental plaque and saliva as risk factors in patients with esophageal cancer CANCER. 2021.02; 127 (4): 512-519. ( PubMed, DOI )

  9. Aoyagi Yasuko, Kano Yoshihito, Ban Daisuke, Tokunaga Masanori, Nakajima Yasuaki, Uetake Hiroyuki, Tanabe Minoru, Miyake Satoshi, Kinugasa Yusuke, Ikeda Sadakatsu. 消化器外科とゲノム医療の将来展望 進行性固形腫瘍患者における包括的ゲノムプロファイリングの臨床的有用性(Future perspectives of cancer genomic medicine in gastroenterological surgery Clinical utility of multiple genomic testing in patients with advanced solid tumor) 日本消化器外科学会総会. 2020.12; 75回 WS14-3. ( 医中誌 )

  10. Ono Hiroaki, Ikeda Sadakatsu, Ishikawa Yoshiya, Watanabe Shuichi, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kosuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Miyake Satoshi, Tanabe Minoru. 消化器外科とゲノム医療の将来展望 HBP悪性腫瘍におけるゲノムシークエンスの横断研究(Future perspectives of cancer genomic medicine in gastroenterological surgery Cross-sectional study of genomic sequencing in HBP malignancies) 日本消化器外科学会総会. 2020.12; 75回 WS14-11. ( 医中誌 )

  11. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 青柳 康子, 遠山 皓基, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 竹本 暁, 荻野 恵, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 田邉 稔, 三宅 智, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 池田 貞勝. Liquid biopsyが変えるがん治療 がんゲノム医療におけるリキッドバイオプシーの臨床的有用性の検討 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2020.10; 58回 WS12-4. ( 医中誌 )

  12. Kaku Takumi, Oh Yoto, Sato Shingo, Koyanagi Hirotaka, Hirai Takashi, Yuasa Masato, Yoshii Toshitaka, Nakagawa Tsuyoshi, Miyake Satoshi, Okawa Atsushi. Incidence of atypical femoral fractures in the treatment of bone metastasis: An alert report JOURNAL OF BONE ONCOLOGY. 2020.08; 23 100301. ( PubMed, DOI )

  13. Takahashi Kenta, Ishibashi Eri, Kubo Toshio, Harada Yohei, Hayashi Hideyuki, Kano Masayuki, Shimizu Yasushi, Shirota Hidekazu, Mori Yukiko, Muto Manabu, Ishioka Chikashi, Dosaka-Akita Hirotoshi, Matsubara Hisahiro, Nishihara Hiroshi, Sueoka-Aragane Naoko, Toyooka Shinichi, Hirakawa Akihiro, Tateishi Ukihide, Miyake Satoshi, Ikeda Sadakatsu. A phase 2 basket trial of combination therapy with trastuzumab and pertuzumab in patients with solid cancers harboring human epidermal growth factor receptor 2 amplification (JUPITER trial) MEDICINE. 2020.08; 99 (32): e21457. ( PubMed, DOI )

  14. Takahashi Kenta, Gen Yasuyuki, Tanimoto Kousuke, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ban Daisuke, Takemoto Akira, Onishi Iichiro, Kumaki Yuichi, Yokobori Junko, Takamine Eriko, Kano Yoshihito, Miyake Satoshi, Miyasaka Naoyuki, Tanabe Minoru, Inazawa Johji, Ikeda Sadakatsu. Clinical impact of hemizygous deletion detection and panel-size in comprehensive genomic profiling. JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020.05; 38 (15):

  15. Ono Hiroaki, Ikeda Sadakatsu, Ogawa Kosuke, Ogura Toshiro, Ban Daisuke, Kudo Atushi, Miyake Satoshi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. HBP悪性疾患に関するゲノムシークエンス解析(Genomic sequencing in HBP malignancies) 日本消化器外科学会雑誌. 2019.11; 52 (Suppl.2): 306. ( 医中誌 )

  16. Ono Hiroaki, Ikeda Sadakatsu, Ogawa Kosuke, Ogura Toshiro, Ban Daisuke, Kudo Atushi, Miyake Satoshi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. HBP悪性腫瘍のゲノムシーケンス解析(Genomic sequencing in HBP malignancies) 日本消化器病学会雑誌. 2019.11; 116 (臨増大会): A893. ( 医中誌 )

  17. 高橋 健太, 熊木 裕一, 横堀 潤子, 高嶺 恵里子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 敏昭, 伴 大輔, 工藤 篤, 木村 浩一朗, 中川 剛士, 田邉 稔, 宮坂 尚幸, 三宅 智, 池田 貞勝. がんの診断・治療とLiquid Biopsyの意義 がんゲノム医療におけるLiquid biopsyの可能性 前向き観察研究PROFILE試験の結果から 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 PD5-6. ( 医中誌 )

  18. 澤 祥幸, 浜中 和子, 山田 陽子, 山本 ゆき, 齋藤 とし子, 宮本 直治, 福智 木蘭, 坂下 千瑞子, 三宅 智, 垣添 忠生. ライブアンケートを用いた参加型がんシンポジウムからみたがんサバイバーシップの展望 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 O5-5. ( 医中誌 )

  19. Sato Ayako, Fujimori Maiko, Shirai Yuki, Umezawa Shino, Mori Masanori, Jinno Sayaka, Umehashi Mihoto, Miyake Satoshi, Matsuoka Yutaka, Uchitomi Yosuke. Development of a question prompt list (QPL) for promoting discussions about the cessation of anticancer treatment PSYCHO-ONCOLOGY. 2018.10; 27 111.

  20. 武藤 学, 豊岡 伸一, 松原 久裕, 秋田 弘俊, 三宅 智, 北川 雄光, 末岡 榮三郎. Precision Medicineの検証-遺伝子診断:ゲノム医療の実用化 臨床ゲノムと臨床情報の統合データベース事業 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2018.10; 56回 SSY1-4. ( 医中誌 )

  21. 武藤 学, 金井 雅史, 松本 繁巳, 奥野 恭史, 豊岡 伸一, 西原 広史, 松原 久裕, 三宅 智, 末岡Aezoe 三朗, 黒田 知宏, 秋田 弘俊. 我が国におけるクリニカルバイオバンクとクリニカルシークエンスのネットワーク構築 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2017.10; 55回 SP1-3. ( 医中誌 )

  22. Nakamura Yoichi, Takamiya Yusuke, Saito Mari, Kuroko Koichi, Shiratsuchi Tatsuko, Oshima Kenzaburo, Ito Yuko, Miyake Satoshi. A survey of palliative medicine education in Japan's undergraduate medical curriculum BMC PALLIATIVE CARE. 2017.06; 16 (1): 38. ( PubMed, DOI )

  23. 三宅 智. 日本の癌患者に対する緩和ケア(Palliative Care for Cancer Patients in Japan) 日本循環器学会学術集会抄録集. 2017.03; 81回 ME10-2. ( 医中誌 )

  24. Nakajima Yasuaki, Kawada Kenro, Tokairin Yutaka, Hoshino Akihiro, Miyawaki Yutaka, Okada Takuya, Miyake Satoshi, Kawano Tatsuyuki. "Larynx-preserving surgery" for cervical esophageal carcinoma can preserve the vocal function and improve the clinical outcome ESOPHAGUS. 2017.01; 14 (1): 76-83. ( DOI )

  25. Nakajima Yasuaki, Kawada Kenro, Tokairin Yutaka, Hoshino Akihiro, Miyawaki Yutaka, Okada Takuya, Miyake Satoshi, Kawano Tatsuyuki. 頸部食道癌に対する「喉頭温存手術」は発声機能を温存し臨床転帰を改善することができる("Larynx-preserving surgery" for cervical esophageal carcinoma can preserve the vocal function and improve the clinical outcome) Esophagus. 2017.01; 14 (1): 76-83. ( 医中誌 )

  26. Retrospective Analyses of Esophageal Bypass Surgery for Patients with Esophagorespiratory Fistulas Caused by Esophageal Carcinomas. World J Surg. 2016.05; 40 (5): 1158-1164.

  27. Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Tomita M, Miyake S, Kawano T.. Prognostic Factors for Post-Recurrence Survival in Patients with Thoracic Esophageal Squamous Cell Carcinoma after Curative Resection. Dig Surg. 2016; 33 (2): 136-145.

  28. 小野 宏晃, 池田 貞勝, 石川 喜也, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小川 康介, 工藤 篤, 三宅 智, 田中 真二, 田邉 稔. 消化器外科診療におけるゲノム検査の意義 GEP-NETにおけるゲノムシークエンス法による横断的な遺伝子変異解析 日本消化器外科学会総会. 2021.07; 76回 O11-2. ( 医中誌 )

  29. 佐藤 信吾, 平井 高志, 湯浅 将人, 小柳 広高, 船内 雄生, 本橋 正隆, 三宅 智, 大川 淳. メタ脊損に対する緊急手術ゼロプロジェクト 脊髄麻痺に対する緊急手術はどこまで減らせる? 日本整形外科学会雑誌. 2021.06; 95 (6): S1246. ( 医中誌 )

  30. 野地 理夏, 加納 嘉人, 平井 秀明, 山下 大和, 工藤 亮, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 大西 威一郎, 三浦 雅彦, 吉村 亮一, 三宅 智, 池田 貞勝, 原田 浩之. がんゲノム解析によりニボルマブ耐性機構が示唆された再発頬粘膜癌の一例 頭頸部癌. 2021.05; 47 (2): 182. ( 医中誌 )

  31. 宮田 優子, 本松 裕子, 鵜澤 茂代, 岩倉 俊子, 岡 梨津子, 橋爪 顕子, 藤田 美帆, 樋口 信子, 早川 満利子, 鈴木 惠子, 小松 佳子, 三宅 智. 地域がん診療連携拠点病院における標準的ながん看護実践者の育成を目指したがん看護セミナーの実施報告 日本がん看護学会学術集会. 2021.02; 35回 P15-262. ( 医中誌 )

  32. 治徳 大介, 竹内 崇, 丸尾 享司, 杉原 玄一, 松岡 裕美, 平井 伸英, 三宅 智, 野口 詩織, 大橋 花菜子, 四手井 友紀, 市橋 雅典, 小林 七彩, 藤野 純也, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 松本 有紀子, 宮島 美穂, 高橋 英彦. 東京医科歯科大学におけるCOVID-19に関連した職員メンタルヘルスの実際 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-204. ( 医中誌 )

  33. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 遠山 皓基, 青柳 康子, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 竹本 暁, 荻野 恵, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 高木 正稔, 三宅 智, 池田 貞勝. 小児・AYA世代の固形がん患者におけるがん遺伝子パネル検査の有用性の検討 日本小児外科学会雑誌. 2020.09; 56 (5): 586. ( 医中誌 )

  34. 竹内 崇, 治徳 大介, 丸尾 享司, 杉原 玄一, 松岡 裕美, 村上 一徳, 三宅 智, 本松 裕子, 山下 礼, 高橋 英彦. 【COVID-19に伴うメンタルヘルスの諸問題】COVID-19患者の家族対応 臨床精神医学. 2020.09; 49 (9): 1519-1523. ( 医中誌 )

  35. 野里 洵子, 田上 恵太, 釆野 優, 山代 亜紀子, 馬渡 弘典, 松本 衣里, 森 雅紀, 森田 達也, 三宅 智. 緩和ケアを志す医師の多様化する課題に沿った、キャリア支援を探索する Palliative Care Research. 2020.08; 15 (Suppl.): S1184. ( 医中誌 )

  36. 本松 裕子, 岩倉 俊子, 岡 梨津子, 鵜澤 茂代, 野里 洵子, 山下 礼, 入山 哲次, 高橋 萌々子, 佐藤 信吾, 三宅 智. 大学病院における緩和ケア病棟開棟3年間の経過報告 がん治療医との連携による緩和ケア病棟の運用を考える Palliative Care Research. 2020.08; 15 (Suppl.): S793. ( 医中誌 )

  37. 岩倉 俊子, 本松 裕子, 鵜澤 茂代, 田崎 幸子, 岡 梨津子, 山下 礼, 野里 洵子, 入山 哲次, 高橋 萌々子, 佐藤 信吾, 三宅 智. 新型コロナウィルス感染症流行期における都内大学病院緩和ケア病棟(PCU)での面会について Palliative Care Research. 2020.08; 15 (Suppl.): S1265. ( 医中誌 )

  38. 小澤 晴菜, 日高 玲奈, 越谷 寧, 松原 ちあき, 鈴木 啓之, 樺沢 勇司, 戸原 玄, 水口 俊介, 三宅 智, 古屋 純一. 緩和ケアが必要な終末期がん入院患者の口腔環境 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.08; 15 (1): 129. ( 医中誌 )

  39. 佐藤 信吾, 酒井 朋子, 岡安 健, 野里 洵子, 入山 哲次, 高橋 萌々子, 岡 梨津子, 本松 裕子, 三宅 智. 多職種協働でがんロコモを防ぐ がん患者が最後まで「動ける」を目指した緩和ケアの実践 Palliative Care Research. 2020.08; 15 (Suppl.): S980. ( 医中誌 )

  40. 田中 桂子, 赤穂 理絵, 品田 雄市, 鈴木 央, 高橋 美賀子, 廣橋 猛, 三宅 智, 伊藤 朋子, 松本 雄介, 角田 徹. がん治療病院入院患者はなぜ在宅療養に移行できない? 送る側と受け入れ側が考えるバリア-東京都における緩和ケアに関する実態調査 Palliative Care Research. 2020.08; 15 (Suppl.): S253. ( 医中誌 )

  41. 田中 桂子, 赤穂 理絵, 品田 雄市, 鈴木 央, 高橋 美賀子, 廣橋 猛, 三宅 智, 伊藤 朋子, 松本 雄介, 角田 徹. がん患者はいつ何がつらい?緩和ケアはいつ受ける? 東京都診療連携拠点病院に外来化学療法通院中の患者アンケート調査 Palliative Care Research. 2020.08; 15 (Suppl.): S263. ( 医中誌 )

  42. 山田 麻記子, 渡井 有紀, 宮田 優子, 本松 裕子, 三宅 智. A病院がん相談支援センターにおけるCOVID-19に関する相談内容の実態 Palliative Care Research. 2020.08; 15 (Suppl.): S1269. ( 医中誌 )

  43. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 遠山 皓基, 青柳 康子, 熊木 裕一, 高橋 健太, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 荻野 恵, 伴 大輔, 中川 剛士, 高木 正稔, 石川 敏明, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 田邊 稔, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 三宅 智, 池田 貞勝. がんゲノム医療におけるリキッドバイオプシーの有用性の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SF-106. ( 医中誌 )

  44. 青柳 康子, 加納 嘉人, 遠山 皓基, 松寺 翔太郎, 熊木 裕一, 馬場 裕信, 菊池 章史, 山内 慎一, 岡崎 聡, 石川 敏明, 伴 大輔, 工藤 篤, 松山 貴俊, 徳永 正則, 中島 康晃, 植竹 宏之, 田邉 稔, 三宅 智, 絹笠 祐介, 池田 貞勝. がんゲノム医療は外科手術を変えるか 消化器がん患者におけるFoundationOne CDxを用いたがんゲノム解析の有用性の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SY-14. ( 医中誌 )

  45. 三宅 智. がん患者の運動器障害とリハビリテーション治療 緩和ケア病棟におけるリハビリテーション医療の役割 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2020.07; 57 (特別号): S488. ( 医中誌 )

  46. 佐藤 信吾, 平井 高志, 吉井 俊貴, 小柳 広高, 阿江 啓介, 湯浅 将人, 三宅 智, 大川 淳. TES施行後、隣接椎体の骨転移による歩行障害が出現し、その治療に難渋した症例 日本整形外科学会雑誌. 2020.07; 94 (6): S1472. ( 医中誌 )

  47. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 酒井 朋子, 三宅 智, 大川 淳. 緩和ケアにおける整形外科医の意義を考える がん患者が最後まで「動ける」を目指した緩和ケアの実践 日本整形外科学会雑誌. 2020.07; 94 (6): S1427. ( 医中誌 )

  48. 遠山 皓基, 加納 嘉人, 青柳 康子, 松寺 翔太郎, 大野 十央, 有泉 陽介, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 道 泰之, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 三宅 智, 三浦 雅彦, 池田 貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対するがんゲノムリアルワールド解析と有用性 頭頸部癌. 2020.07; 46 (2): 190. ( 医中誌 )

  49. Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Yokobori J, Takamine E, Ishibashi E, Sakashita H, Ishikawa T, Ono H, Ban D, Kudo A, Oshima N, Nakagawa T, Kimura K, Kubota K, Onishi I, Tanabe M, Uetake H, Miyake S, Ikeda S. [Clinical Utility of Comprehensive Genome Profiling Using FoundationOne CDx in Japanese Population(PROFILE-F Study)]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( PubMed )

  50. 本松 裕子, 三宅 智, 鈴木 康史, 野口 章, 鵜澤 茂代, 川崎 つま子. 高度急性期大学病院に多職種で協働し緩和ケア病棟を新設した事例 病院設備. 2019.11; 61 (5): 151. ( 医中誌 )

  51. 三ツ村 隆弘, 石塚 聖洋, 榊原 里江, 本多 隆行, 飯島 裕基, 立石 知也, 高橋 健太, 熊木 裕一, 坂下 博之, 池田 貞勝, 三宅 智, 宮崎 泰成. 実地診療における肺癌患者のリキッドバイオプシー(血漿)を用いたがんゲノム検査の意義 肺癌. 2019.11; 59 (6): 754. ( 医中誌 )

  52. 熊木 裕一, 高橋 健太, 三ツ村 隆弘, 横堀 潤子, 高嶺 恵理子, 石橋 恵理, 坂下 博之, 石川 敏昭, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 大島 乃里子, 中川 剛士, 木村 浩一朗, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 田邉 稔, 植竹 宏之, 三宅 智, 池田 貞勝. FoundationOne CDx検査を用いたがんゲノム解析の臨床的有用性(PROFILE-F Study) 癌と化学療法. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( 医中誌 )

  53. 高嶺 恵理子, 青木 美紀子, 小笹 由香, 武田 祐子, 高橋 健太, 横堀 潤子, 川崎 つま子, 三宅 智, 吉田 雅幸, 豊岡 伸一. がんゲノム医療実装に向けた看護師教育の取り組み 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2019.07; 40 (2): 167. ( 医中誌 )

  54. 中川 美奈, 沼沢 益行, 那波 信敏, 山口 久美子, 則武 加奈子, 鶴田 潤, 三宅 智, 野里 洵子, 入山 哲次, 荒木 孝二, 秋田 恵一. 臨床実習における医歯連携実習の取り組み 医学教育. 2019.07; 50 (Suppl.): 147. ( 医中誌 )

  55. 熊木 裕一, 池田 貞勝, 矢部 早希子, 笠原 舞, 小田 剛史, 高嶺 恵理子, 横堀 潤子, 石橋 恵理, 高橋 健太, 坂下 博之, 中川 剛士, 三宅 智, 植竹 宏之. 乳癌患者の治療選択におけるがんゲノム検査の有用性の検討 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2019.07; 27回 526. ( 医中誌 )

  56. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 三宅 智, 大川 淳. 骨修飾薬の長期投与は安全か 院内副作用調査から見えてきた新たな知見 日本整形外科学会雑誌. 2019.06; 93 (6): S1383. ( 医中誌 )

  57. 佐藤 信吾, 工藤 篤, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 三宅 智, 大川 淳. 日本初の神経内分泌腫瘍(NET)専門外来との連携によるNET患者の骨転移マネージメント 日本整形外科学会雑誌. 2019.06; 93 (6): S1377. ( 医中誌 )

  58. 三宅 智. がん医療を担う人材の育成におけるがんプロフェッショナル養成プランの役割 医師に対する緩和ケア教育における『がんプロ』の役割 Palliative Care Research. 2019.06; 14 (Suppl.): S143. ( 医中誌 )

  59. 佐藤 信吾, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 大川 淳, 三宅 智. 日本屈指の多職種協働骨転移診療システムの構築を目指して Palliative Care Research. 2019.06; 14 (Suppl.): S386. ( 医中誌 )

  60. 中村 陽一, 高宮 有介, 黒子 幸一, 斎藤 真理, 大嶋 健三郎, 伊藤 優子, 安部 能成, 細谷 治, 三宅 智. 卒前医学教育における緩和医療学の講義・臨床実習の現状 Palliative Care Research. 2019.06; 14 (Suppl.): S236. ( 医中誌 )

  61. 野里 洵子, 三宅 智. レジデントのための診療のEssence 腹膜播種による閉塞症状に対する、ソマトスタチン・アナログの使い方について教えてください 大腸がんperspective. 2019.02; 4 (2): 154-157. ( 医中誌 )

  62. 黒田 桂子, 山崎 修, 三宅 智子, 加持 達弥, 岩月 啓氏, 森実 真. 患者への情報提供を目的とした頭部血管肉腫に対する化学放射線療法の有害事象の検討 日本皮膚科学会雑誌. 2019.02; 129 (2): 215. ( 医中誌 )

  63. 三宅 智. ひらかれた看取りをすべての人と「いのち」と「死」を見つめて 私の「死の臨床」 死の臨床. 2018.10; 41 (2): 235. ( 医中誌 )

  64. 中川 美奈, 山口 久美子, 則武 加奈子, 鶴田 潤, 三宅 智, 野里 洵子, 入山 哲次, 戸原 玄, 荒木 孝二, 高田 和生. 臨床実習ステージでの医歯学連携実習導入 医学教育. 2018.07; 49 (Suppl.): 130. ( 医中誌 )

  65. 秋下 雅弘, 荒井 美由紀, 池端 幸彦, 印南 一路, 大井 一弥, 勝又 浜子, 北澤 京子, 斎藤 嘉朗, 島田 光明, 林 昌洋, 伴 信太郎, 樋口 恵子, 平井 みどり, 松本 純一, 水上 勝義, 溝神 文博, 美原 盤, 三宅 智, 山中 崇, 大木 一正, 大野 能之, 桑田 美代子, 清水 恵一郎, 高瀬 義昌, 仲井 培雄, 永井 尚美, 浜田 将太, 木村 丈司, 小島 太郎, 近藤 悠希, 那須 いずみ, 松村 真司, 高齢者医薬品適正使用検討会, 高齢者医薬品適正使用ガイドライン作成ワーキンググループ. 高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編) 診療と新薬. 2018.07; 55 (7): 45-76. ( 医中誌 )

  66. 松本 友梨子, 三宅 智, 舩水 裕子. 意思決定能力に疑問を感じた患者への関わり レジリエンスの視点から 死の臨床. 2018.06; 41 (1): 140-142. ( 医中誌 )

  67. 野里 洵子, 三宅 智. FAST FACT(第20回) がん患者における非糖尿病性低血糖 緩和ケア. 2018.03; 28 (2): 122. ( 医中誌 )

  68. 加納 嘉人, Ohh Michael, 三宅 智. 【がんの化学療法】消化器癌に対する標準化学療法と今後の展望 BIO Clinica. 2018.02; 33 (2): 111-116. ( 医中誌 )

  69. 市倉 加奈子, 中山 菜央, 副島 沙彩, 竹下 若那, 本松 裕子, 三宅 智, 松島 英介. 終末期がん患者および家族における療養先の意思不一致がQOLに及ぼす影響 一次解析に関する結果報告 日本サイコオンコロジー学会総会・日本臨床死生学会総会合同大会プログラム・抄録集. 2017.10; 30回・23回 209. ( 医中誌 )

  70. 三宅 智. 緩和ケアにおける麻酔科医の役割 臨床腫瘍医出身の緩和ケア医から麻酔科医出身の緩和ケア医に望むこと 日本臨床麻酔学会誌. 2017.10; 37 (6): S132. ( 医中誌 )

  71. 三宅 智, 有賀 悦子, 木原 康樹, 梅田 恵. 【日本における緩和ケアの現状と今後の方向性-緩和ケアを俯瞰して】がんと非がん疾患の緩和ケア 日本医師会雑誌. 2017.08; 146 (5): 897-907. ( 医中誌 )

  72. 中村 陽一, 高宮 有介, 斎藤 真理, 黒子 幸一, 大嶋 健三郎, 伊藤 優子, 三宅 智, 大学病院の緩和ケアを考える会教育部会. 次世代緩和ケア卒前教育の問題点 医学生のための緩和ケア教育授業実践大会から 医学教育. 2017.08; 48 (Suppl.): 208. ( 医中誌 )

  73. 中村 陽一, 高宮 有介, 斎藤 真理, 黒子 幸一, 白土 辰子, 大嶋 健三郎, 伊藤 優子, 三宅 智, 大学病院の緩和ケアを考える会. 卒前教育 5W1H緩和ケア領域の底上げに向けて 大学医学部・医科大学に緩和医療学講座が存在すると緩和医療学卒前教育カリキュラムは変わるのか? Palliative Care Research. 2017.06; 12 (Suppl.): S241. ( 医中誌 )

  74. 三宅 智. 【癌の緩和ケア】専門的緩和ケア導入のタイミング がん医療医が行う緩和ケアと緩和ケア専門チームが行う緩和ケアについて、役割分担や移行のタイミングや方法など がん診療における治療チームと緩和ケアチームの協働 癌の臨床. 2017.05; 63 (2): 121-125. ( 医中誌 )

  75. 田所 学, 渡邉 啓太, 松下 久美子, 宮崎 享, 三宅 智. 経皮フェンタニル貼付剤からオキシコドン注射剤へのオピオイド・スイッチングにおける、鎮痛達成に向けたオキシコドン投与量の検討 Palliative Care Research. 2017.01; 12 (1): 301-305. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 熊木裕一、足立未央、笠原舞、小田剛史、高嶺恵理子、横堀潤子、石橋恵理、高橋健太、三ツ村隆弘、坂下博之、池田貞勝、中川剛士、三宅智、植竹宏之. 乳癌患者の治療におけるリキッドバイオプシーによる網羅的がんゲノム検査の有用性の検討. 第15回日本乳癌学会関東地方会 2018.12.01

  2. 市倉加奈子・山下礼・松岡志帆・中山菜央・角卓郎・有泉陽介・杉本太郎・朝蔭孝宏・松島英介. 頭頸部がん患者に対するストレスマネジメントプログラムのうつ症状低減効果:ランダム化比較試験中間報告. 第30回日本サイコオンコロジー学会総会 2017.10.14

  3. 青柳康子、加納嘉人、遠山皓基、松寺翔太郎、熊木裕一、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡﨑聡、石川敏昭、伴大輔、工藤篤、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、植竹宏之、田邉稔、三宅智、絹笠祐介、池田貞勝. 消化管がん患者におけるFoundationOne® CDxを用いたがんゲノム解析の有用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 緩和ケア病棟会棟,2017年03月

    記者会見実施

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 緩和ケア臨床実習,2016年 - 現在

  • ブロック講義(血液・腫瘍)(外科),2014年 - 現在

  • コミュニケーション,2013年 - 現在

  • 倫理学(医歯学融合),2013年 - 現在

  • プロジェクトセメスター,2013年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • がん,東京外国語大学

  • がん診療と緩和ケア,神奈川歯科大学

  • 緩和ケアとコンコーダンス,国際医療福祉大学大学院

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 複数主治医制について,毎日新聞社,毎日新聞,2019年03月22日

  • ブルーリボンキャラバン2019 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大腸・肛門外科/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン/認定NPO法人キャンサーネットジャパン,東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂,2019年03月16日

  • 第5回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座,【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン,東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂,2019年01月13日

  • 緩和医療・ホスピスの取り組み 死の臨床研究会 第42回年次大会の取材,毎日新聞 ,毎日新聞 コラム『身じまい自習室』,2018年12月08日 - 2018年12月09日

  • ブルーリボンキャラバン2018 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大腸・肛門外科/大学院応用腫瘍学講座/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン/認定NPO法人キャンサーネットジャパン,2018年03月03日

  • 支持療法の現状と展望,株式会社クリニックマガジン,月刊クリニックマガジン,2018年01月19日

  • 第4回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座,【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大学院応用腫瘍学講座/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン,2017年10月15日

▼全件表示