基本情報

写真a

片桐 さやか(カタギリ サヤカ)

KATAGIRI Sayaka


職名

講師

メールアドレス

katagiri.peri@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

歯周病、 歯周医学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 総合診療科 口腔ケア外来 医員(歯病)
  • 2009年04月
    -
    2011年10月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 医員(歯病)
  • 2011年11月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 助教
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 歯周病外来 講師
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 歯周病学 講師

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 歯周治療系歯学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 2型糖尿病と歯周病、肥満と口腔の健康、早産 低体重出産と歯周病、侵襲性歯周炎の遺伝子

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 骨格筋における代謝異常・サルコペニア肥満と歯周炎の関わり-健康長寿を目指して-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 超小型次世代シーケンサーによる口腔内細菌叢ディスバイオーシス検出システムの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2021年

  • 地域包括ケアシステムにおける効果的な訪問歯科診療の提供体制等の確立のための研究

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2020年03月

  • 母体の歯周病感染が引き起こす胎児発育障害および成長後の耐糖能異常

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 多機能マトリックスタンパクThrombospondin-1の歯周疾患における役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Udagawa S, Katagiri S, Maekawa S, Takeuchi Y, Komazaki R, Ohtsu A, Sasaki N, Shiba T, Watanabe K, Ishihara K, Sato N, Miyasaka N, Izumi Y. Effect of Porphyromonas gingivalis infection in the placenta and umbilical cord in pregnant mice with low birth weight. Acta Odontologica Scandinavica. 2018.01; 1-9. ( PubMed, DOI )

  • 大杉 勇人, 新見 ひろみ, 下平 剛, 片桐さやか, 岩田 隆紀, 青木 章. 特集 レーザー再起動! 6. ErYAGレーザーの骨組織への効果のエビデンス 日本歯科評論. 2021.04; 81 (4): 68-71.

  • Kataoka A, Katagiri S, Kawashima H, Nagura F, Nara Y, Hioki H, Nakashima M, Sasaki N, Hatasa M, Maekawa S, Ohsugi Y, Shiba T, Watanabe Y, Shimokawa T, Iwata T, Kozuma K. Association between Periodontal Bacteria and Degenerative Aortic Stenosis: A Pilot Study Journal of Periodontal and Implant Science. 2021.04; 51 (e9): 1-24.

  • Hatasa M, Yoshida S, Takahashi H, Tanaka K, Kubotsu Y, Ohsugi Y, Katagiri T, Iwata T, Katagiri S. Relationship between NAFLD and Periodontal Disease from the View of Clinical and Basic Research, and Immunological Response International Journal of Molecular Sciences. 2021.04; 22 (7): 3728.

  • Hatasa M, Ohsugi Y, Katagiri S, Yoshida S, Niimi H, Morita K, Tsuchiya Y, Shimohira T, Sasaki N, Maekawa S, Shiba T, Hirota T, Tohara H, Takahashi H, Nitta H, Iwata T. Endotoxemia by Porphyromonas gingivalis alters endocrine functions in brown adipose tissue Frontiers in Cellular and Infection Microbiology. 2021.01; 19 (10): 580577.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 畑佐将宏, 吉田澄子, 片桐 さやか, 岩田隆紀. 月刊糖尿病 特集 糖尿病とNAFLD/NASH. テルモ株式会社, 2021.07 糖尿病合併NAFLDにおける歯周病 (ISBN : 978-4-287-82132-9)

  • 新見ひろみ, 畑佐将宏, 片桐さやか. Calm 8-2 Q&A 第12回 「歯周病と糖尿病との関連について教えてください」. 先端医学社, 2021.07

  • 長田栄一. Dentalism 2021 JANUARY No.43. 株式会社クラブメディア, 2021.01 Dentalism News & Topics

  • 下平 剛, 畑佐将宏, 片桐さやか. どうして?どうする?診療室からはじまる高齢者歯科. 医歯薬出版, 2020.11 Keyword 2 歯周病

  • 森田 和機,片桐さやか,水谷 幸嗣. 糖尿病プラクティス. 医歯薬出版株式会社, 2020.09 歯周病と糖尿病 -診療ガイドライン2019の立場から

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Katagiri S, Ohsugi Y, Aoki A. Photobiomodulatory suppressive effect of a 910-nm diode laser on periodontal disease progression in mice. Academy of Laser Dentistry 28th Annual Conference 2021.04.08 Virtual

  • Ohsugi Y, Katagiri S, Aoki A. Novel bone regenerative therapy: sequential microarray analysis of Er:YAG Laser-ablated bone tissue and the modification of gene expression in osteocytes and osteoblasts. Academy of Laser Dentistry 28th Annual Conference 2021.04.08 Virtual

  • 片桐 さやか. 歯周病の基礎について. GCデンタルカレッジ 2021.02.25 東京

  • 片桐さやか. 歯周病による腸内細菌を介した代謝性疾患への影響. 第35回糖尿病合併症学会 2020.12 Web開催

  • Er:YAGレーザーによるラット頭蓋骨由来初代培養骨芽細胞様細胞の増殖と石灰化に対する効果. 第32回日本レーザー歯学会総会・学術大会 2020.11.28 誌上開催

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本レーザー歯学会学術奨励賞(大杉勇人),第31回日本レーザー歯学会総会・学術大会,2019年10月

  • 2018年度日本歯周病学会教育賞,日本歯周病学会,2019年05月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年12月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「 歯周病原細菌の感染が骨格筋の代謝異常を引き起こす 」― 歯周病がサルコペニアの病態悪化に寄与している可能性を示唆 ― ,2020年11月

    THE FASEB Journal

  • レーザー照射で骨形成促進,2020年09月

    日本経済産業新聞 掲載
    東京医科歯科大学の大杉勇人医員と片桐さやか講師らは、歯科治療でレーザーを使って骨を削ると削った部分の治りが早くなる仕組みを解明した。レーザー照射すると、レーザー照射すると骨形成を抑えるたんぱく質が減っていた。早骨の治療へ応用できるとみている。
    歯科治療で歯や骨を削るやり方には、回転するドリルのような器具やレーザー照射をする方法がある。ドリルのような器具で削るより、レーザーを使う方が早いことは経験的に知られていたが、仕組みが分かっていなかった。
    研究グループはインプラント治療や歯周病で溶けた骨の治療に使うレーザーが、骨の形成を早くする仕組みを突き止めた。ラットの頭の骨を機械で削ったときと、レーザーで削ったときを比べると、骨の形成を抑えるたんぱく質が減っていた。このたんぱく質が阻害され、骨の形成や強度の増加につながったという。
    遺伝子解析をしたところ、機械よりもレーザーで骨を削った方が炎症に関連する遺伝子も抑えられた。炎症が抑えられたのも、治りが早くなる要因の一つとみている。
    抜歯後に予防的にレーザーを当て、抜いた部分の治りを早めることもできる可能性があるという。

  • 夕刊フジ 今から始めよう!70代まで働く健康術,2020年03月

    口腔内の細菌と腸は連動して変化する

  • 2020年02月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 歯周病がサルコペニアの病態悪化に寄与。 ジンジバリス菌の感染が骨格筋の代謝異常を惹起。,株式会社クラブメディア,Dentalism,2020年12月17日

  • 「経口栄養が全身の健康にかかわるメカニズムを解明」,(株)金沢倶楽部,Dentalism,2020年02月01日

  • 「経口栄養が全身の健康にかかわるメカニズムを解明」,産経新聞社,夕刊フジ,2020年01月23日

  • テーマ「歯を失ったとき」:インタビュー撮影,NHK,チョイス@病気になったとき,2019年07月29日