基本情報

写真a

田村 篤志(タムラ アツシ)

TAMURA Atsushi


職名

准教授

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/org/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  理学部  応用化学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  数理物質科学研究科  物性・分子工学専攻  博士課程  2010年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  筑波大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年12月
    -
    2012年12月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 特任助教
  • 2013年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 准教授
  • 2013年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 有機材料学 助教
  • 2016年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 有機生体材料学 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年11月
    東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 博士研究員
  • 2016年06月
    -
    2016年07月
    筑波大学大学院 数理物質科学研究科 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 高分子学会

  • 医用高分子研究会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本DDS学会

  • 一般社団法人 日本歯科理工学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
    -
    現在
    日本DDS学会 評議員
  • 2018年04月
    -
    現在
    シクロデキストリン学会 評議員
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本歯科理工学会 代議員
  • 2016年11月
    -
    現在
    医用高分子研究会 運営委員
  • 2015年11月
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 評議員

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 超分子による炎症シグナル伝達に関わるコレステロールの阻害と致死性肝炎治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 分子運動性超分子の異方性スキャホールドによる歯根の安定保持可能な歯周組織の再生

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2020年

  • 疾患リピドームの正常化を促す超分子医薬の創発と慢性的脂質異常症治療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 固定化高分子鎖のベルクロ様絡み合い制御による生体環境下での界面接着・脱着

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 形状記憶特性と生分解性を兼備した超分子骨接合材の開発と機能評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 田村篤志, 由井伸彦. 化学修飾ポリロタキサンの自己組織化によるナノ・マイクロ構造体形成. Colloid & Interface Communication. 2021.05;

  • Atsushi Tamura, Moe Ohashi, Asato Tonegawa, Tae Woong Kang, Shunyao Zhang, Nobuhiko Yui. Effect of alkyl chain length of acylated α-cyclodextrin-threaded polyrotaxanes on thermoresponsive phase transition behavior. Macromolecular Chemistry and Physics. 2021.03; 222 (5): 2000420. ( DOI )

  • Yoshinori Arisaka, Masahiro Hakariya, Takanori Iwata, Hiroki Masuda, Tetsuya Yoda, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. Surface-tethering of methylated polyrotaxanes with 4-vinylbenzyl groups onto poly(ether ether ketone) substrates for improving osteoblast compatibility. Dental Materials Journal. 2021.02; ( PubMed, DOI )

  • Daniel J. Klionsky, et al.. Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (4th edition). Autophagy. 2021.02; 17 (1): 1-382. ( PubMed, DOI )

  • Yoshinori Arisaka, Asato Tonegawa, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. Terminally cross-linking polyrotaxane hydrogels applicable for cellular microenvironments. Journal of Applied Polymer Science. 2021.01; 138 (3): 49706. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 田村篤志, 由井伸彦. ”刺激応答性高分子ハンドブック” pH応答性ポリロタキサンを用いた医薬システム. NTS, 2018.12 (ISBN : 978-4-86043-535-6)

  • 田村篤志, 由井伸彦. ”環状高分子の合成と機能発現” シクロデキストリン含有ポリロタキサンのバイオマテリアル応用. シーエムシー出版, 2018.12 (ISBN : 978-4-7813-1399-3)

  • 田村篤志, 由井伸彦. "DDSキャリア作成プロトコル集" 細胞内分解性ポリロタキサンを用いた薬物送達と超分子医薬への応用. シーエムシー出版, 2015 (ISBN : 978-4-7813-1077-0)

  • 田村篤志, 長崎幸夫. "ゲルテクノロジーハンドブック" ナノ医療プラットフォームとしてのナノゲル粒子の設計. NTS, 2014 (ISBN : 978-4-86469-074-4)

  • Atsushi Tamura, Yukio Nagasaki. "Advanced Delivery and Therapeutic Application of RNAi" Environmentally-responsive nanogels for siRNA delivery. John Wiley & Sons, 2013.06 (ISBN : 9781119976868)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 有坂 慶紀、利根川 朝人、田村 篤志、由井 伸彦. 骨芽細胞分化を促進する超分子固定化PEEK 表面の設計. 際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト 第5回公開討論会 2020.11.30 オンライン開催

  • 大橋 萌, 田村篤志, 由井伸彦. オリゴエチレングリコール修飾ポリロタキサンによる炎症応答抑制効果. 第69回高分子学会年次大会 2020.05.27 福岡国際会議場, 福岡県福岡市

  • Zhang Shunyao, 田村篤志, 由井伸彦. Design of pH-responsive anionic polyrotaxanes and the modulation of cellular internalization efficiency. 第69回高分子学会年次大会 2020.05.27 福岡国際会議場, 福岡県福岡市

  • Tae Woong Kang, 田村篤志, 有坂慶紀, 由井伸彦. Preparation and characterization of novel functionalized polyrotaxanes capped by bulky trithiocarbonate goups. 第69回高分子学会年次大会 2020.05.27 福岡国際会議場, 福岡県福岡市

  • 田村篤志, 張順堯, 西田慶, 由井伸彦. 部分的にスルホベタインを導入したアミノ化ポリロタキサンの 細胞に対する作用. 第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019.11.25 つくば国際会議場, 茨城県つくば市

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • ポリロタキサン、及び医薬組成物

    特許番号: 10406243

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度シクロデキストリン学会奨励賞,シクロデキストリン学会,2019年09月

  • 平成30年度熊谷研究助成表彰,熊谷科学技術振興財団,2019年05月

  • 2017年バイオマテリアル科学奨励賞,日本バイオマテリアル学会,2017年11月

  • 平成27年度高分子研究奨励賞,高分子学会,2016年05月

  • 第25回インテリジェント材料・システムシンポジウム 高木賞,未踏科学技術協会 インテリジェント材料・システム研究会,2016年01月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「オートファジー細胞死を誘導する抗体-超分子結合体の設計」 ―がん治療のための新規ナノ材料として応用に期待―,2020年06月

    Journal of Materials Chemistry B

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体材料学,2013年 - 現在

  • 応用生体材料学,2015年 - 現在

  • Advanced Biomaterials Science,2015年 - 現在

  • Applied Biomaterials ,2015年 - 現在

  • 生体材料工学特論,2013年 - 現在

全件表示 >>