基本情報

写真a

原田 理代(ハラダ マサヨ)

HARADA Masayo


職名

助教

生年

1973年

研究室住所

113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学臨床解剖学分野

研究室電話番号

03-5803-5390

研究室FAX番号

03-5803-0116

メールアドレス

harada.fana@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

発生生物学、分子生物学、生殖器、肛門、四肢、関節、線維芽細胞増殖因子

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  農学部  応用生物化学科 生物化学系  1997年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  医学薬学府  先端生命科学専攻  博士課程  2008年03月  修了

  • 東北大学  農学研究科  農芸化学  修士課程  1999年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  千葉大学

  • 修士(農学)  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年06月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 臨床解剖学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 臨床解剖学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    熊本大学 発生医学研究所 生殖発生分野 特定事業研究員
  • 2010年04月
    -
    2011年06月
    熊本大学 発生医学研究所 生殖発生分野 GCOEリサーチアソシエイト

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本発生生物学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本解剖学会

  • 日本軟骨代謝学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

  • 発生生物学

  • 分子生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 死体解剖資格

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生殖管の発生機構,2012年04月 - 現在

  • 骨・関節の発生機構,2011年06月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膣発生を制御する新規分子Cxxc5の機能解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 肢芽の中で関節の位置はどのように決まるのか?

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 雌性生殖管原基のCxxc5が制御する雄性生殖管の形態形成機構

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Bird AD, Croft BM, Harada M, Tang L, Zhao L, Ming Z, Bagheri-Fam S, Koopman P, Wang Z, Akita K, Harley VR. Ovotesticular disorders of sex development in FGF9 mouse models of human synostosis syndromes. Human molecular genetics. 2020.08; 29 (13): 2148-2161. ( PubMed, DOI )

  • Suriyut Janyaruk, Muro Satoru, Baramee Phichaya, Harada Masayo, Akita Keiichi. Various significant connections of the male pelvic floor muscles with special reference to the anal and urethral sphincter muscles ANATOMICAL SCIENCE INTERNATIONAL. 2020.06; 95 (3): 305-312. ( PubMed, DOI )

  • Muro Satoru, Kagawa Ryuzaburo, Habu Maika, Ka Hiromasa, Harada Masayo, Akita Keiichi. Coexistence of Dense and Sparse Areas in the Longitudinal Smooth Muscle of the Anal Canal: Anatomical and Histological Analyses Inspired by Magnetic Resonance Images CLINICAL ANATOMY. 2020.05; 33 (4): 619-626. ( PubMed, DOI )

  • Harada Masayo, Akita Keiichi. Mouse fibroblast growth factor 9 N143T mutation leads to wide chondrogenic condensation of long bones HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY. 2020.04; 153 (4): 215-223. ( PubMed, DOI )

  • Phichaya Baramee, Satoru Muro, Janyaruk Suriyut, Masayo Harada, Keiichi Akita. Three muscle slings of the pelvic floor in women: an anatomic study. Anat Sci Int. 2020.01; 95 (1): 47-53. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 松丸大輔, 村嶋亜紀, 宮川信一, 原田理代, 山田源, 中西剛 . 総排泄腔分割の三次元イメージング解析:発生毒性メカニズムの解明に向けて . 日本薬学会第140年会 2020.03.26

  • 原田 理代, 秋田 恵一. マウス線維芽細胞増殖因子9のN143T変異は長管骨を太くする. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28 横浜市, 神奈川県

  • 原田 理代, 秋田 恵一. マウス線維芽細胞増殖因子9のN143T変異は長管骨を太くする. 第36回日本骨代謝学会学術集会 2018.07.26 長崎市, 長崎県

  • Satoru Muro, yuichiro Tsukada, Masayo Harada, Masaaki ito, Keiichi Akita. Muscle layer structure in anterior wall of anorectal canal in females. 35th Annual meeting of American Association of Clinical Anatomy 2018.07.10 Atlanta, USA

  • Masayo Harada, Keiich Akita. The N143T mutation in mouse Fibroblast growth factor 9 leads to wider long bones. Joint Annual Meeting of JSDB 51st and JSCB 70th 2018 2018.06.08 Tokyo, Japan

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第26回井上研究奨励賞,2009年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 雌性生殖管特異的Cxxc5欠損による雄性生殖管形態形成と雄性不妊の機序解明,2018年11月

    2018年度武田科学振興財団医学系研究助成

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 解剖学II,2016年 - 現在

  • 頭頚部・基礎,2014年 - 現在

  • 人体構造総論,2014年 - 現在

  • 医歯学総合研究科修士課程医歯理工学専攻発生・再生科学,2013年 - 現在

  • 人体解剖学実習,2012年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 人体発生学特講,筑波大学

  • 解剖生理学,東日本矯正医療センター准看護師養成所

  • 解剖生理学,八王子医療刑務所准看護師養成所