基本情報

写真a

原田 理代(ハラダ マサヨ)

HARADA Masayo


職名

助教

生年

1973年

研究室住所

113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学臨床解剖学分野

研究室電話番号

03-5803-5390

研究室FAX番号

03-5803-0116

メールアドレス

harada.fana@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

発生生物学、分子生物学、生殖器、肛門、四肢、関節、線維芽細胞増殖因子

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  農学部  応用生物化学科 生物化学系  1997年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  医学薬学府  先端生命科学専攻  博士課程  2008年03月  修了

  • 東北大学  農学研究科  農芸化学  修士課程  1999年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  千葉大学

  • 修士(農学)  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年06月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 臨床解剖学 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 臨床解剖学 助教
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 臨床解剖学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    熊本大学 発生医学研究所 生殖発生分野 特定事業研究員
  • 2010年04月
    -
    2011年06月
    熊本大学 発生医学研究所 生殖発生分野 GCOEリサーチアソシエイト

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本発生生物学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本解剖学会

  • 日本軟骨代謝学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 解剖学

  • 発生生物学

  • 分子生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 死体解剖資格

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生殖管の発生機構,2012年04月 - 現在

  • 骨・関節の発生機構,2011年06月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膣発生を制御する新規分子Cxxc5の機能解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 肢芽の中で関節の位置はどのように決まるのか?

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 雌性生殖管原基のCxxc5が制御する雄性生殖管の形態形成機構

    文部科学省/日本学術振興会

  • 骨盤底の発生における尿直腸中隔の役割の解明:肛門は後腸固有の孔である

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Bird AD, Croft BM, Harada M, Tang L, Zhao L, Ming Z, Bagheri-Fam S, Koopman P, Wang Z, Akita K, Harley VR. Ovotesticular disorders of sex development in FGF9 mouse models of human synostosis syndromes. Human molecular genetics. 2020.08; 29 (13): 2148-2161. ( PubMed, DOI )

  2. Suriyut Janyaruk, Muro Satoru, Baramee Phichaya, Harada Masayo, Akita Keiichi. Various significant connections of the male pelvic floor muscles with special reference to the anal and urethral sphincter muscles ANATOMICAL SCIENCE INTERNATIONAL. 2020.06; 95 (3): 305-312. ( PubMed, DOI )

  3. Muro Satoru, Kagawa Ryuzaburo, Habu Maika, Ka Hiromasa, Harada Masayo, Akita Keiichi. Coexistence of Dense and Sparse Areas in the Longitudinal Smooth Muscle of the Anal Canal: Anatomical and Histological Analyses Inspired by Magnetic Resonance Images CLINICAL ANATOMY. 2020.05; 33 (4): 619-626. ( PubMed, DOI )

  4. Harada Masayo, Akita Keiichi. Mouse fibroblast growth factor 9 N143T mutation leads to wide chondrogenic condensation of long bones HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY. 2020.04; 153 (4): 215-223. ( PubMed, DOI )

  5. Phichaya Baramee, Satoru Muro, Janyaruk Suriyut, Masayo Harada, Keiichi Akita. Three muscle slings of the pelvic floor in women: an anatomic study. Anat Sci Int. 2020.01; 95 (1): 47-53. ( PubMed, DOI )

  6. S Muro, Y Tsukada, M Harada, M Ito, K Akita. Anatomy of the smooth muscle structure in the female anorectal anterior wall: convergence and anterior extension of the internal anal sphincter and longitudinal muscle. Colorectal Dis. 2019.04; 21 (4): 472-480. ( PubMed, DOI )

  7. Muro S, Tsukada Y, Harada M, Ito M, Akita K. Spatial distribution of smooth muscle tissue in the male pelvic floor with special reference to the lateral extent of the rectourethralis muscle: Application to prostatectomy. Clinical anatomy (New York, N.Y.). 2018.11; 31 (8): 1167-1176. ( PubMed, DOI )

  8. Yoshinori Sato, Hiroyasu Tsukaguchi, Hiroyuki Morita, Koichiro Higasa, Mai Thi Nhu Tran, Michito Hamada, Toshiaki Usui, Naoki Morito, Shoichiro Horita, Takao Hayashi, Junko Takagi, Izumi Yamaguchi, Huan Thanh Nguyen, Masayo Harada, Kiyoko Inui, Yuichi Maruta, Yoshihiko Inoue, Fumihiko Koiwa, Hiroshi Sato, Fumihiko Matsuda, Shinya Ayabe, Seiya Mizuno, Fumihiro Sugiyama, Satoru Takahashi, Ashio Yoshimura. A mutation in transcription factor MAFB causes Focal Segmental Glomerulosclerosis with Duane Retraction Syndrome. Kidney Int.. 2018.08; 94 (2): 396-407. ( PubMed, DOI )

  9. Yasuo Nakajima, Satoru Muro, Hisayo Nasu, Masayo Harada, Kumiko Yamaguchi, Keiichi Akita. Morphology of the region anterior to the anal canal in males: visualization of the anterior bundle of the longitudinal muscle by transanal ultrasonography. Surg Radiol Anat. 2017.09; 39 (9): 967-973. ( PubMed, DOI )

  10. Bird Daniel, Ono Makoto, Eggers Stefanie, Croft Brittany, Bagheri-Fam Stefan, Ryan Janelle, Kueh Andrew, Stanton Peter, Thomas Tim, Sinclair Andrew, Harada Masayo, Harley Vincent. First FGF9 mutation in a patient with a disorder of sex development CLINICAL ENDOCRINOLOGY. 2017.01; 86 33.

  11. Masayo Harada, Akiko Omori, Chiaki Nakahara, Naomi Nakagata, Keiichi Akita, Gen Yamada. Tissue-specific roles of FGF signaling in external genitalia development. Dev Dyn.. 2015.06; 244 (6): 759-773. ( PubMed, DOI )

  12. Mika Okazawa, Aki Murashima, Masayo Harada, Naomi Nakagata, Masafumi Noguchi, Mitsuru Morimoto, Tadashi Kimura, David M Ornitz, Gen Yamada. Region-specific regulation of cell proliferation by FGF receptor signaling during the Wolffian duct development. Dev Biol. 2015.04; 400 (1): 139-147. ( PubMed, DOI )

  13. Satoru Muro, Kumiko Yamaguchi, Yasuo Nakajima, Kentaro Watanabe, Masayo Harada, Akimoto Nimura, Keiichi Akita. Dynamic intersection of the longitudinal muscle and external anal sphincter in the layered structure of the anal canal posterior wall Surg Radiol Anat. 2014.08; 36 (6): 551-559. ( PubMed, DOI )

  14. Akiko Omori, Shinichi Miyagawa, Yukiko Ogino, Masayo Harada, Kenichiro Ishii, Yoshiki Sugimura, Hajime Ogino, Naomi Nakagata, Gen Yamada. Essential roles of epithelial bone morphogenetic protein signaling during prostatic development. Endocrinology. 2014.07; 155 (7): 2534-2544. ( PubMed, DOI )

  15. Miyagawa Sinichi, Harada Masayo, Matsumaru Daisuke, Tanaka Kazuki, Inoue Chie, Nakahara Chiaki, Haraguchi Ryuma, Matsushita Shoko, Suzuki Kentaro, Nakagata Naomi, Roy Chun-Laam Ng, Akita Keiichi, Vincent Chi-Hung Lui, Yamada Gen. Disruption of the temporally regulated cloaca endodermal β-catenin signaling causes anorectal malformations Cell Death Differ. 2014.06; 21 (6): 990-997. ( PubMed, DOI )

  16. Akiko Omori, Masayo Harada, Sho Ohta, Mylah Villacorte, Yoshiki Sugimura, Taizou Shiraishi, Kentaro Suzuki, Naomi Nakagata, Takaaki Ito, Gen Yamada. Epithelial Bmp (Bone morphogenetic protein) signaling for bulbourethral gland development: a mouse model for congenital cystic dilation. Congenit Anom (Kyoto). 2011.09; 51 (3): 102-109. ( PubMed, DOI )

  17. 室生 暁, 塚田 祐一郎, 原田 理代, 伊藤 雅昭, 秋田 恵一. 女性の直腸肛門管前壁における筋層構造の解剖 輪走筋(内肛門括約筋)と縦走筋の収斂と前方突出 日本外科系連合学会誌. 2018.10; 43 (5): 981. ( 医中誌 )

  18. 原田 理代, 秋田 恵一. マウス線維芽細胞増殖因子9のN143T変異は長管骨を太くする 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2018.07; 36回 172. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Masayo Harada, Keiichi Akita. Mouse Fgf9N143T leads to cartilage widening, resulting in widened long bones. the 126th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists and the Annual Meeting of The Physiological Society of Japan 2021.03.30 Web

  2. Masayo Harada, Keiichi Akita. Mouse fibroblast growth factor 9 N143T mutation leads to wide chondrogenic condensation of long bones. The 43rd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan MBSJ 2020 Online 2020.12.02 Web

  3. Satoru Muro, yuichiro Tsukada, Masayo Harada, Masaaki ito, Keiichi Akita. Muscle layer structure in anterior wall of anorectal canal in females. 35th Annual meeting of American Association of Clinical Anatomy 2018.07.10 Atlanta, USA

  4. Masayo Harada, Keiich Akita. The N143T mutation in mouse Fibroblast growth factor 9 leads to wider long bones. Joint Annual Meeting of JSDB 51st and JSCB 70th 2018 2018.06.08 Tokyo, Japan

  5. Masayo Harada, Keiichi Akita. The spontaneous mutation (N143T) in mouse Fgf9 leads to thicker long bones. 14th International Conference on Limb Development and Regeneration 2017.07.24 Edinburgh, UK

  6. Masayo Harada, Akiko Omori, Keiichi Akita, Gen Yamada.. Spatiotemporally regulated FGF signaling plays tissue-specific roles in multiple processes of external genitalia development.. 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会 2015.12.01 神戸

  7. Masayo Harada, Akiko Omori, Keiichi Akita, Gen Yamada.. Spatiotemporally regulated FGF signaling plays tissue-specific roles in multiple processes of external genitalia development.. Mouse Molecular Genetics 2015 2015.09.16 Cambridge

  8. Masayo Harada, Akiko Omori, Keiichi Akita, Gen Yamada.. Tissue-specific roles of FGF signaling in external genitalia development.. 2015.06.03 Tsukuba

  9. 原田 理代, 秋田 恵一. 線維芽細胞増殖因子9のN143T変異は長管骨の軟骨原基を太くする. 第33回日本軟骨代謝学会 2021.03.26 Web

  10. 松丸 大輔,村嶋 亜紀,宮川 信一,原田 理代,山田 源,中西 剛. 三次元イメージング技術を用いた総排泄腔分割の解析:発生異常メカニズムの解明に向けて. フォーラム2020 衛生薬学・環境トキシコロジー 2020.09.04 Web

  11. 松丸 大輔, 村嶋 亜紀, 宮川 信一, 原田 理代, 山田 源, 中西 剛. 総排泄腔分割の三次元イメージング解析:発生毒性メカニズムの解明に向けて. 日本薬学会第140年会 2020.03.26 Web

  12. 原田 理代, 秋田 恵一. マウス線維芽細胞増殖因子9のN143T変異は長管骨を太くする. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28 横浜市, 神奈川県

  13. 原田 理代, 秋田 恵一. マウス線維芽細胞増殖因子9のN143T変異は長管骨を太くする. 第36回日本骨代謝学会学術集会 2018.07.26 長崎市, 長崎県

  14. 室生 暁, 塚田 祐一郎, 原田 理代, 伊藤 雅昭, 秋田 恵一. 女性の直腸肛門管前壁における筋層構造の解剖 輪走筋(内肛門括約筋)と縦走筋の収斂と前方突出. 第28回骨盤外科機能温存研究会 2018.06.02 千葉市, 千葉県

  15. 原田理代, 大森晶子, 秋田恵一, 山田源. 外生殖器形成における組織特異的なFGFシグナルの役割. 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 2016.03.30 福島

  16. 岡澤美佳, 村嶋亜紀, 原田理代, 木村正, 山田源. 線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)シグナリングによる領域特異的なウォルフ管上皮細胞増殖の調節について. 第37回日本分子生物学会年会 2014.11.27 横浜

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第26回井上研究奨励賞,2009年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 原田 理代. 胎児期の女性生殖管原基異常による男性不妊の機序解明,2021年11月

    アステラス病態代謝研究会研究助成金

  • 原田 理代. 胎児期の雌性生殖管の異常がもたらす雄性不妊の機序解明,2021年04月

    令和3年度SMF生殖医療振興助成制度助成金

  • 雌性生殖管特異的Cxxc5欠損による雄性生殖管形態形成と雄性不妊の機序解明,2018年11月

    2018年度武田科学振興財団医学系研究助成

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 解剖学II,2016年 - 現在

  • 頭頚部・基礎,2014年 - 現在

  • 人体構造総論,2014年 - 現在

  • 医歯学総合研究科修士課程医歯理工学専攻発生・再生科学,2013年 - 現在

  • 人体解剖学,2012年 - 現在

  • 人体解剖学実習,2012年 - 現在

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 人体発生学特講,筑波大学

  • 解剖生理学,東日本矯正医療センター准看護師養成所

  • 解剖生理学,八王子医療刑務所准看護師養成所