基本情報

写真a

永田 将司(ナガタ マサシ)

NAGATA Masashi


職名

准教授

研究室電話番号

03-5803-5609

研究室FAX番号

03-5803-5609

メールアドレス

mna-mpha@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/medhospital/medicine/

研究分野・キーワード

薬物動態学、医療薬剤学、医療薬学、臨床薬理学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  薬学部  製薬学科  1997年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  薬学研究科  修士課程  1999年03月  修了

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2003年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2005年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 薬剤部 薬剤師
  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 薬剤部 准教授
  • 2014年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 薬剤部 副薬剤部長
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 薬剤部 准教授
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 薬物動態学 教授代理
  • 2018年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 薬剤部 准教授
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 薬剤部 准教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2009年03月
    九州保健福祉大学 薬学部 講師
  • 2009年04月
    -
    2011年04月
    宮崎大学医学部附属病院 薬剤部 主任

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医療薬学会

  • 日本薬剤学会

  • 日本薬学会

  • 日本薬物動態学会

  • 日本臨床薬理学会

  • 日本TDM学会

  • 日本POS医療学会

  • アメリカ薬学会(AAPS)

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    現在
    日本医療薬学会 代議員
  • 2021年02月
    -
    現在
    日本薬学会 代議員
  • 2012年04月
    -
    現在
    日本薬剤学会 評議員
  • 2017年12月
    -
    現在
    日本薬物動態学会 代議員
  • 2018年06月
    -
    現在
    日本病院薬剤師会 生涯研修委員会 委員
  • 2015年04月
    -
    現在
    日本病院薬剤師会 生涯研修委員会研修小委員会 委員
  • 2009年04月
    -
    2011年04月
    宮崎県病院薬剤師会 DI委員会 委員
  • 2011年09月
    -
    2012年09月
    日本医療薬学会 第22回日本医療薬学会年会 組織委員
  • 2012年04月
    -
    2014年03月
    日本医療薬学会 総務委員会 委員
  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    日本医療薬学会 役員選挙管理委員会 委員
  • 2014年09月
    -
    2015年11月
    日本医療薬学会 第25回日本医療薬学会年会 組織委員・事務局長
  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    日本医療薬学会 平成27年度薬物療法専門薬剤師・認定薬剤師認定試験 試験問題作成委員
  • 2015年06月
    -
    2016年03月
    日本医療薬学会 役員選挙管理委員会 委員
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    日本医療薬学会 平成28年度薬物療法専門薬剤師・認定薬剤師認定試験 試験問題作成委員
  • 2016年04月
    -
    2020年03月
    日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師・認定薬剤師認定試験問題作成小委員会 委員
  • 2016年04月
    -
    2020年03月
    日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師・認定薬剤師認定試験実行小委員会 委員
  • 2016年04月
    -
    2022年06月
    日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師研修小委員会 委員
  • 2017年01月
    -
    2017年11月
    日本医療薬学会 第27回日本医療薬学会年会 実行委員
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    日本医療薬学会 平成30・31年度役員候補者選挙管理委員会 委員長
  • 2018年03月
    -
    2018年06月
    日本薬学会医療薬科学部会 医療薬学フォーラム2018 実行委員
  • 2018年04月
    -
    2018年06月
    日本薬学会医療薬科学部会 医療薬学フォーラム2018 優秀ポスター選考委員
  • 2020年07月
    -
    2022年06月
    日本医療薬学会 薬物療法集中講義企画・運営小委員会 委員
  • 2020年07月
    -
    2022年06月
    日本医療薬学会 専門薬剤師認定試験小委員会 委員
  • 2020年08月
     
     
    東京都病院薬剤師会 日本病院薬剤師会関東ブロック第50回学術大会 査読委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療薬学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 日本医療薬学会 指導薬剤師

  • 日本POS学会 POS医療認定士

  • AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー

  • JADA認定 スポーツファーマシスト

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 機構論的速度論モデルに基づく薬物による血糖値異常の予測

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 薬物による血糖値異常の速度論モデルの構築と評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 非定型抗精神病薬による血糖値異常の予測を目指した速度論モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • 非定型抗精神病薬による血糖値異常のメカニズム解明および予防法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takagi M, Ogawa C, Iehara T, Aoki-Nogami Y, Ishibashi E, Imai M, Kimura T, Nagata M, Yasuhara M, Masutani M, Yoshimura K, Tomizawa D, Ogawa A, Yonemori K, Morishita A, Miyamoto S, Takita J, Kihara T, Nobori K, Hasebe K, Miya F, Ikeda S, Shioda Y, Matsumoto K, Fujimura J, Mizutani S, Morio T, Hosoi H, Koike R. First phase 1 clinical study of olaparib in pediatric patients with refractory solid tumors. Cancer. 2022.05; 128 (15): 2949-2957. ( PubMed, DOI )

  2. Kawano Y, Obana M, Nagata M, Mano Y, Katsuyama M, Yamamoto Y, Maeda-Minami A, Negishi K, Takagi M, Shimada S, Aoyama T. The antiplatelet effect of mirtazapine is mediated by co-blocking 5-HT2A and α2-adrenergic receptors on platelets: An in vitro human plasma-based study. European journal of pharmacology. 2022.02; 917 174640. ( PubMed, DOI )

  3. Kawasumi K, Kawano Y, Kujirai A, Mano Y, Matsui R, Maeda-Minami A, Yamamoto Y, Negishi K, Shimada S, Yamaguchi M, Nagata M, Aoyama T. Risk Factors Associated With Unplanned Acute Care in Outpatient Chemotherapy With Oral Anticancer Drugs as Monotherapy or Combination Therapy With Injectable Anticancer Drugs. Anticancer research. 2021.11; 41 (11): 5827-5834. ( PubMed, DOI )

  4. Ishiwata Y, Nagata M, Kiuchi S, Ippongi C, Takeda H, Takahashi H. Intravenous Infusion of Fentanyl Has No Effect on Blood Concentration of Tacrolimus In Patients Receiving Hematopoietic Stem Cell Transplantation. Therapeutic drug monitoring. 2021.10; 43 (5): 688-691. ( PubMed, DOI )

  5. Enomoto A, Mano Y, Kawano Y, Nishikawa T, Aoyama T, Sasaki Y, Nagata M, Takahashi H. Comparison of the Safety and Effectiveness of Four Direct Oral Anticoagulants in Japanese Patients with Nonvalvular Atrial Fibrillation Using Real-World Data. Biological & pharmaceutical bulletin. 2021.09; 44 (9): 1294-1302. ( PubMed, DOI )

  6. Enomoto Aya, Mano Yasunari, Kawano Yohei, Nishikawa Tomoki, Aoyama Takao, Sasaki Yoshiyuki, Nagata Masashi, Takahashi Hiromitsu. 非弁膜症性心房細動の日本人患者における4種の直接経口抗凝固薬の安全性および有効性の比較(Comparison of the Safety and Effectiveness of Four Direct Oral Anticoagulants in Japanese Patients with Nonvalvular Atrial Fibrillation Using Real-World Data) Biological & Pharmaceutical Bulletin. 2021.09; 44 (9): 1294-1302. ( 医中誌 )

  7. Kawano Y, Nagata M, Nakamura S, Akagi Y, Suzuki T, Tsukada E, Hoshiko M, Kujirai A, Nakamatsu S, Nishikawa T, Enomoto A, Negishi K, Shimada S, Aoyama T, Mano Y. Comprehensive Exploration of Medications That Affect the Bleeding Risk of Oral Anticoagulant Users. Biological & pharmaceutical bulletin. 2021.05; 44 (5): 611-619. ( PubMed, DOI )

  8. Asada M, Nagata M, Mizuno T, Uchida T, Takahashi H, Makita K, Arai H, Kijima S, Echizen H, Yasuhara M. Population pharmacokinetics of cefazolin before, during and after cardiopulmonary bypass in adult patients undergoing cardiac surgery. European journal of clinical pharmacology. 2021.04; 77 (5): 735-745. ( PubMed, DOI )

  9. Kawano Y, Katsuyama M, Nagata M, Obana M, Nakamatsu S, Mori A, Sakamoto N, Mano Y, Negishi K, Shimada S, Aoyama T. Antiplatelet Effect of Mirtazapine via Co-blocking of the 5-HT2A and α2-Adrenergic Receptors on Platelets. Biological & pharmaceutical bulletin. 2021.02; 44 (2): 238-244. ( PubMed, DOI )

  10. Yanagie H, Fujino T, Yanagawa M, Terao T, Imagawa T, Fujihara M, Morishita Y, Mizumachi R, Murata Y, Dewi N, Ono Y, Ikushima I, Seguchi K, Nagata M, Nonaka Y, Furuya Y, Hisa T, Nagasaki T, Arimori K, Nakashima T, Sugihara T, Kakimi K, Ono M, Nakajima J, Eriguchi M, Higashi S, Takahashi H. Tumor Growth Suppression With Novel Intra-arterial Chemotherapy Using Epirubicin-entrapped Water-in-oil-in-water Emulsion In Vivo. In vivo. 2021.01; 35 (1): 239-248. ( PubMed, DOI )

  11. Suzuki S, Naito S, Numasawa Y, Asada M, Shoji N, Zeniya M, Takahashi D, Sato H, Iimori S, Nomura N, Sohara E, Okado T, Ishiwata Y, Nagata M, Rai T, Yokota T, Uchida S. Encephalopathy Induced by High Plasma and Cerebrospinal Fluid Ceftriaxone Concentrations in a Hemodialysis Patient. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019.02; ( PubMed, DOI )

  12. Takagi M, Ogawa C, Aoki-Nogami Y, Iehara T, Ishibashi E, Imai M, Kihara T, Nobori K, Hasebe K, Mizutani S, Kimura T, Nagata M, Yasuhara M, Yoshimura K, Yorozu P, Hosoi H, Koike R. Phase I clinical study of oral olaparib in pediatric patients with refractory solid tumors: study protocol. BMC pediatrics. 2019.01; 19 (1): 31. ( PubMed, DOI )

  13. Asada M, Nagata M, Mizuno T, Uchida T, Kurashima N, Takahashi H, Makita K, Arai H, Echizen H, Yasuhara M. Effects of cardiopulmonary bypass on the disposition of cefazolin in patients undergoing cardiothoracic surgery. Pharmacology research & perspectives. 2018.12; 6 (6): e00440. ( PubMed, DOI )

  14. Masashi Nagata, Yuri Kimura, Yasuyoshi Ishiwata, Hiromitsu Takahashi, Masato Yasuhara. Clozapine-Induced Acute Hyperglycemia Is Accompanied with Elevated Serum Concentrations of Adrenaline and Glucagon in Rats. Biol. Pharm. Bull.. 2018.08; 41 (8): 1286-1290. ( PubMed, DOI )

  15. Yasuyoshi Ishiwata, Masashi Nagata, Kohta Tsuge, Hiromitsu Takahashi, Sayo Suzuki, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio, Masato Yasuhara. Population Pharmacokinetics of Intravenous Busulfan in Japanese Pediatric Patients With Primary Immunodeficiency Diseases. J Clin Pharmacol. 2018.03; 58 (3): 327-331. ( PubMed, DOI )

  16. Yasuyoshi Ishiwata, Masashi Nagata, Takafumi Arai, Misato Makiishi, Maho Yoshikawa, Hiromitsu Takahashi, Hitoshi Kohsaka, Masato Yasuhara. Effects of Miconazole Oral Gel on Blood Concentrations of Tacrolimus and Cyclosporine: A Retrospective Observational Study. Ther Drug Monit. 2016.12; 38 (6): 717-721. ( PubMed, DOI )

  17. Masashi Nagata, Mayumi Nakajima, Yasuyoshi Ishiwata, Yutaka Takahashi, Hiromitsu Takahashi, Kenichi Negishi, Masato Yasuhara. Mechanism Underlying Induction of Hyperglycemia in Rats by Single Administration of Olanzapine. Biol. Pharm. Bull.. 2016.05; 39 (5): 754-761. ( PubMed, DOI )

  18. Masashi Nagata, Yasuyoshi Ishiwata, Yutaka Takahashi, Hiromitsu Takahashi, Kazutaka Saito, Yasuhisa Fujii, Kazunori Kihara, Masato Yasuhara. Pharmacokinetic-pharmacodynamic analysis of sunitinib-induced thrombocytopenia in Japanese patients with renal cell carcinoma. Biol. Pharm. Bull.. 2015.03; 38 (3): 402-410. ( PubMed, DOI )

  19. 徳永 仁, 松尾 徳子, 高村 徳人, 杉本 龍星, 岡崎 愛, 永井 和正, 青木 傳, 緒方 賢次, 瀬戸口 奈央, 吉田 裕樹, 永田 将司, 岸本 修一, 福島 昭二, 池田 理, 西尾 豊隆, 川井 恵一, 有森 和彦. 蛋白結合阻害を利用したcisplatin肝動注療法に関する研究 ラットにおけるL-cysteine併用時におけるcisplatinの体内動態と抗腫瘍効果 九州保健福祉大学研究紀要. 2014.03; (15): 91-97. ( 医中誌 )

  20. Ishiwata Y, Takahashi Y, Nagata M, Yasuhara M. Effects of moxifloxacin on serum glucose concentrations in rats. Biol Pharm Bull. 2013; 36 (4): 686-690. ( PubMed )

  21. Arino T, Karakawa S, Ishiwata Y, Nagata M, Yasuhara M. Effect of cimetidine on pentamidine induced hyperglycemia in rats. Eur J Pharmacol. 2012.10; 693 (1-3): 72-79. ( PubMed, DOI )

  22. Kawano Y, Nagata M, Kohno T, Ichimiya A, Iwakiri T, Okumura M, Arimori K. Caffeine increases the antitumor effect of Cisplatin in human hepatocellular carcinoma cells. Biol Pharm Bull. 2012; 35 (3): 400-407. ( PubMed )

  23. Nagata M, Hidaka Y, Hatakeyama K, Kawano Y, Iwakiri T, Okumura M, Arimori K. Hepatic fibrosis does not affect the pharmacokinetics of 5-fluorouracil in rats. Biopharm Drug Dispos. 2011.03; 32 (2): 126-130. ( PubMed, DOI )

  24. Nagata M, Hidaka Y, Hidaka M, Kawano Y, Iwakiri T, Okumura M, Arimori K. Effect of acute hepatic failure on the hepatic first-pass effect of 5-fluorouracil in rats. J Pharm Pharmacol. 2010.05; 62 (5): 598-603. ( PubMed, DOI )

  25. Tokunaga J., Matsuo Y., Takamura N., Ogata K., Yoshida H., Nagata M., Kishimoto S., Fukushima S., Ikeda O., Nishio T., Kawai K., Arimori K.. Inhibition of cicplatin protein binding: a possible therapeutic advantage. J. Appl. Ther. Res.. 2010; 7 (4): 127-132.

  26. Nagata M, Matsuo Y, Hidaka M, Kawano Y, Okumura M, Tokunaga J, Takamura N, Arimori K. Effect of acute hepatic failure on epirubicin pharmacokinetics after intrahepatic arterial injection in rats. Biol Pharm Bull. 2008.03; 31 (3): 493-496. ( PubMed )

  27. Iwakiri T, Okumura M, Matsunaga N, Ichihara E, Shiotsuki S, Nagata M, Kumagai Y, Kai H, Arimori K. Hepatocyte growth factor increases uptake of estradiol 17beta-D-glucuronide and Oatp1 protein level in rat hepatocytes. Eur J Pharmacol. 2008.02; 580 (1-2): 19-26. ( PubMed, DOI )

  28. Hidaka M, Nagata M, Kawano Y, Sekiya H, Kai H, Yamasaki K, Okumura M, Arimori K. Inhibitory effects of fruit juices on cytochrome P450 2C9 activity in vitro. Biosci Biotechnol Biochem. 2008.02; 72 (2): 406-411. ( PubMed )

  29. Nagata M, Hidaka M, Sekiya H, Kawano Y, Yamasaki K, Okumura M, Arimori K. Effects of pomegranate juice on human cytochrome P450 2C9 and tolbutamide pharmacokinetics in rats. Drug Metab Dispos. 2007.02; 35 (2): 302-305. ( PubMed, DOI )

  30. Ishiwata Y, Nagata M, Yasuhara M. Effect of isoniazid on the pharmacodynamics of cefazolin-induced seizures in rats. Drug Metab Pharmacokinet. 2005.04; 20 (2): 117-120. ( PubMed )

  31. Nagata M, Fujichika T, Yasuhara M. Effect of experimental renal failure and hypotonic hyponatremia on the pharmacodynamics of cefazolin-induced seizures in rats. Pharm Res. 2003.06; 20 (6): 937-942. ( PubMed )

  32. Nagata M, Yasuhara M. Effect of experimental renal failure on the pharmacodynamics of cefoselis-induced seizures in rats. Biol Pharm Bull. 2001.09; 24 (9): 1049-1052. ( PubMed )

  33. 野田 沙織,廣瀬 藍子,吉田 浩美,永田 将司. Let’s!服薬コミュニケーション 炎症性腸疾患 スズケンファーマ. 2022.02; 25 (1): 2-5.

  34. 原 礼奈,永田 将司. ドラッグコンサルテーション トファシチニブ スズケンメディカル. 2022.02; 25 (1): 11-12.

  35. 榎本 彩,廣瀬 藍子,吉田 浩美,永田 将司. Let’s!服薬コミュニケーション 夜間頻尿 スズケンファーマ. 2021.10; 24 (5): 2-5.

  36. 安田 俊太郎,永田 将司. ドラッグコンサルテーション デスモプレシン スズケンメディカル. 2021.10; 24 (5): 11-12.

  37. 太田 祐里奈,永田 将司. ドラッグコンサルテーション ダビガトラン スズケンメディカル. 2021.06; 24 (3): 11-12.

  38. 藤田 早織,廣瀬 藍子,吉田 浩美,永田 将司. Let’s!服薬コミュニケーション 脳梗塞 スズケンファーマ. 2021.06; 24 (3): 2-5.

  39. 木内 翔太,永田 将司. ドラッグコンサルテーション バレニクリン スズケンメディカル. 2021.02; 24 (1): 11-12.

  40. 大沼 優,廣瀬 藍子,吉田 浩美,永田 将司. Let’s!服薬コミュニケーション 禁煙治療 スズケンファーマ. 2021.02; 24 (1): 2-5.

  41. 坪田 結香,廣瀬 藍子,吉田 浩美,永田 将司. Let’s!服薬コミュニケーション 緩和医療 スズケンファーマ. 2020.10; 23 (4): 2-5.

  42. 新田 健太郎,永田 将司. ドラッグコンサルテーション ナルデメジントシル酸塩 スズケンメディカル. 2020.10; 23 (4): 11-12.

  43. 大沼 優,廣瀬 藍子,吉田 浩美,永田 将司. Let’s!服薬コミュニケーション 高血圧症 スズケンファーマ. 2020.08; 23 (3): 2-5.

  44. 柘植 昴太,永田 将司. ドラッグコンサルテーション エサキセレノン スズケンメディカル. 2020.08; 23 (3): 11-12.

  45. 鶴見 彩,廣瀬 藍子,吉田 浩美,永田 将司. Let’s!服薬コミュニケーション 慢性便秘症 スズケンファーマ. 2020.04; 23 (2): 2-5.

  46. 武田 浩文,永田 将司. ドラッグコンサルテーション ラクツロース スズケンメディカル. 2020.04; 23 (2): 11-12.

  47. 永田 将司. 第41回日本病院薬剤師会実務研修会を主催して 日本病院薬剤師会雑誌. 2020.01; 56 (1): 97-98.

  48. 渡辺典子,相曽啓史,鳥羽三佳代,佐瀬裕子,大島乃里子,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充. クリニカル・パスと薬剤師(78) 産婦人科領域におけるクリニカルパスを用いた術後予防的抗菌薬適正使用の試み 医薬ジャーナル. 2018.06; 54 (6): 141-145.

  49. 永田 将司. 速度論解析に基づく非定型抗精神病薬による血糖値異常の予測法開発 薬学研究の進歩 研究成果報告集33. 2017.03; 107-113.

  50. 石渡 泰芳,永田 将司. 薬剤師による処方設計(49) 抗悪性腫瘍薬の血中濃度モニタリング 医薬ジャーナル. 2016.10; 52 (10): 143-146.

  51. 永田 将司. 薬剤師として医療に貢献する 理大科学フォーラム. 2016.02; 33 (2): 46-49.

  52. 永田 将司. PK-PD理論を基盤とした副作用発現の機構解明とリスクファクターの探索 医療薬学. 2015.04; 41 (4): 205-214.

  53. 永田 将司. Pharmacist Eye ~症例を考察する~ 分子標的薬導入患者における薬剤管理指導-腎細胞がん患者へのスニチニブ導入例- Hospha. 2012.01; 22 (1): 4-8.

  54. 永田将司. 日本薬剤学会第26年会報告「薬剤学の未来予想図」 薬剤学. 2011.11; 71 (5): 297-299.

  55. 永田 将司. 【アレルギー疾患患者の疑問・不安を解消する】 アレルギー性鼻炎の疑問・不安を解消する 調剤と情報. 2011.10; 17 (11): 1455-1464. ( 医中誌 )

  56. 永田 将司, 岩切 智美, 奥村 学, 有森 和彦. 体内動態の知識を臨床応用できる薬剤師育成のための体験型TDM実習カリキュラムの開発 医療薬学. 2011.05; 37 (5): 289-295. ( 医中誌 )

  57. 永田 将司. 前立腺肥大症治療薬デュタステリドが前立腺がんの発症リスクを減少させる ファルマシア. 2010.12; 46 (12): 1184-1185. ( 医中誌 )

  58. 高木 彰紀, 永田 将司, 岩切 智美, 奥村 学, 有森 和彦. バンコマイシン初回投与設計時における新規日本人向けGFR推算式の評価 Cockcroft & Gault式との比較 医療薬学. 2010.08; 36 (8): 587-591. ( 医中誌 )

  59. 永田 将司. ファーマシューティカルケアの実践 初心者のためのPOS Hospha. 2010.07;

  60. 永田 将司, 有森 和彦. 目で見る薬の効き方 泌尿生殖器官用薬 医薬ジャーナル. 2009.07; 45 (7): 189-193. ( 医中誌 )

  61. 徳永 仁, 高村 徳人, 緒方 賢次, 吉田 裕樹, 永田 将司, 小野 誠治, 山本 隆一, 有森 和彦. 薬学臨床技術導入学の実践を目指したベッドサイド実習の学生による評価と今後の課題 日本病院薬剤師会雑誌. 2009.06; 45 (6): 793-797. ( 医中誌 )

  62. 永田将司. キーパーソンは常駐教員 6年制を見据えた病院実務実習のあり方とは? Hospha. 2009.04; 19 (2): 3-4.

  63. 徳永 仁, 高村 徳人, 緒方 賢次, 吉田 裕樹, 永田 将司, 近藤 照義, 西尾 豊隆, 川井 恵一. 細胞膜プレートを使用したサイトプローブ薬物の細胞膜透過性に関する基礎的検討 九州保健福祉大学研究紀要. 2009.03; (10): 193-199. ( 医中誌 )

  64. 永田 将司, 有森 和彦. 目で見る薬の効き方 循環器官用薬(2) 医薬ジャーナル. 2009.02; 45 (2): 763-775. ( 医中誌 )

  65. 永田 将司, 有森 和彦. 目で見る薬の効き方 循環器官用薬(1) 医薬ジャーナル. 2009.01; 45 (1): 151-160. ( 医中誌 )

  66. 徳永 仁, 高村 徳人, 緒方 賢次, 吉田 裕樹, 古屋 弓子, 鳥取部 和弘, 永田 将司, 日高 宗明, 松岡 俊和, 小野 誠治, 山本 隆一, 有森 和彦. 薬学部臨床薬学系実習におけるさまざまなバイタルサインを取り入れた教育法の構築 医療薬学. 2008.09; 34 (9): 847-852. ( 医中誌 )

  67. 徳永 仁, 高村 徳人, 緒方 賢次, 吉田 裕樹, 鳥取部 和弘, 永田 将司, 日高 宗明, 松岡 俊和, 小野 誠治, 山本 隆一, 有森 和彦. 薬学部における救急ケアシミュレータを用いた救命救急教育への取り組み 薬学雑誌. 2008.07; 128 (7): 1045-1055. ( 医中誌 )

  68. 永田 将司, 日高 宗明, 大野 梨絵, 岩切 智美, 奥村 学, 有森 和彦, 鈴木 彰人, 河内 明夫, 徳永 仁, 平井 正巳, 高村 徳人, 本屋 敏郎, 山本 隆一. 薬学部教員主導によるグループ病院実習の試みと評価 医療薬学. 2008.03; 34 (3): 256-262. ( 医中誌 )

  69. 永田 将司, 岩切 智美, 熊谷 有紀, 日高 宗明, 奥村 学, 有森 和彦, 鈴木 彰人, 河内 明夫, 徳永 仁, 平井 正巳, 高村 徳人, 本屋 敏郎, 山本 隆一. 実務実習教育における医療施設と大学との連携とその評価 医療施設への大学教員の派遣 日本病院薬剤師会雑誌. 2007.08; 43 (8): 1095-1098. ( 医中誌 )

  70. 徳永 仁, 高村 徳人, 古屋 弓子, 本屋 敏郎, 平井 正巳, 永田 将司, 河内 明夫, 鈴木 彰人, 松岡 俊和. 九州保健福祉大学におけるベッドサイド実習の実践と学生の評価を踏まえた今後の課題 医療薬学. 2007.02; 33 (2): 172-180. ( 医中誌 )

  71. 山崎 啓之, 永田 将司, 佐藤 梨恵, 瀬戸口 奈央, 秋本 夏奈, 古屋 弓子, 関屋 裕史, 河野 洋平, 佐々木 裕美, 日高 宗明, 奥村 学, 有森 和彦. 速崩壊性錠剤の口腔内崩壊時間とIn Vitro崩壊試験法の評価 医療薬学. 2006.11; 32 (11): 1124-1132. ( 医中誌 )

  72. 永田 将司, 安原 眞人. 【病気と薬の説明ガイド2005】 アレルギー性鼻炎治療薬と患者への説明 薬局. 2005.01; 56 (増刊): 619-632. ( 医中誌 )

  73. 永田 将司, 安原 眞人. DI室Q&A 炎症性腸疾患に使用する薬剤の胎児・哺乳児への影響 治療学. 2004.11; 38 (11): 1290-1292. ( 医中誌 )

  74. 永田 将司, 安原 眞人. 【臨床検査値 読み方・考え方のポイント】 血中薬物濃度 抗てんかん薬,向精神薬 Modern Physician. 2004.05; 24 (5): 780-781. ( 医中誌 )

  75. 永田 将司, 安原 眞人. 【臨床検査値 読み方・考え方のポイント】 血中薬物濃度 強心薬 Modern Physician. 2004.05; 24 (5): 782-783. ( 医中誌 )

  76. 永田 将司, 安原 眞人. 【病気と薬の説明ガイド2004】 アレルギー・免疫疾患 全身性エリテマトーデス治療薬と患者への説明 薬局. 2004.01; 55 (増刊): 597-607. ( 医中誌 )

  77. 永田 将司, 藤近 拓弥, 安原 眞人. セファゾリンによる痙攣発現に及ぼす腎障害及び低ナトリウム血症の影響 臨床薬理. 2002.01; 33 (1): 155S-156S. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 永田 将司 他. 臨床薬学テキストシリーズ [薬理・病態・薬物治療]消化器/感覚器・皮膚/生殖器・産婦人科. 中山書店, 2020.05 消化器疾患 総論、疾患各論など (ISBN : 978-4-521-74454-4)

  2. 永田 将司 他. 新ビジュアル薬剤師実務シリーズ 上 薬剤師業務の基本[知識・態度]第3版. 羊土社, 2017.11 病棟業務 (ISBN : 978-4758109376)

  3. 永田 将司. 薬物動態学と薬力学の臨床応用 TDMの正しい理解のために. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2009.03 薬物の体内動態に及ぼす腎機能および透析の影響 (ISBN : 978-4-89592-584-6)

  4. 永田 将司. 在宅ケア事典. 中央法規出版, 2007.12 在宅ケアにおける薬剤の使用

  5. 永田 将司. 薬学入門-薬剤師の新しい価値創造-. エルゼビア・ジャパン, 2007.04 在宅医療

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Masatoshi Takagi, Chitose Ogawa, Tomoko Iehara, Yuki Aoki-Nogami, Eri Isibashi, Minoru Imai, Toshimi Kimura, Masashi Nagata, Masato Yasuhara, Mitsuko Masutani, Kenichi Yoshimura, Daisuke Tomizawa, Atsushi Ogawa, Kan Yonemori, Tetsuro Kihara, Kiyoshi Nobori, Kazuhisa Hasebe, Shuki Mizutani, Tomohiro Morio, Hajime Hosoi, Ryuji Koike. First In Children Phase I Clinical Study Of Oral Olaparib In Pediatric Patients With Refractory Solid Tumors. SIOP2021 2021.10.24 Honolulu(Web)

  2. Yasuhara M., Asada M., Nagata M., Mizuno T., Uchida T., Takahashi H., Makita K., Arai H., Echizen H.. Population pharmacokinetics of cefazoline before, during and after cardiopulmonary bypass in Japanese patients undergoing cardiothoracic surgery. 2019 AAPS PharmSci 360 2019.11

  3. Kawano Y., Nagata M., Arimori K., Kohno T., Ichimiya A., Uehara K., Aoyama T.. Caffeine increases cisplatin-induced apoptosis via inhibition of Akt pathway and ATM-mediated cell cycle checkpoint pathway in HCC cell lines. 2017 AAPS Annual Meeting and Exposition 2017.11.12 San Diego

  4. Nagata M., Kimura Y., Ishiwata Y., Takahashi H., Yasuhara M.. Epinephrine is involved in clozapine-induced acute hyperglycemia. 2017 AAPS Annual Meeting and Exposition 2017.11.12 San Diego

  5. Odaka M., Nagata M., Mizuno T., Uchida T., Takahashi H., Makita K., Arai H., Echizen H., Yasuhara M.. Effect of cardiopuomonary bypass surgery on unbound fraction of cefazolin in plasma. ASCPT 2017 Annual Meeting 2017.03.17 Washington, DC

  6. Ishiwata Y., Nagata M., Arai T., Makiishi M., Yoshikawa M., Takahashi H., Kohsaka H., Yasuhara M.. Drug-drug interaction of miconazole oral gel with tacrolimus and cyclosporine after oral administration. 2016 AAPS Annual Meeting and Exposition 2016.11.13 Denver

  7. Arimori K., Kawano Y., Nagata M., Kohno T., Ichimiya A., Toyama T., Iwakiri T., Okumura M.. Effect of caffeine on the antitumor effect of cisplatin in human hepatocellular carcinoma cells. 76th FIP’s World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2016 2016.08.28 Buenos Aires

  8. Nagata M., Nakajima M., Ishiwata Y., Takahashi Y., Takahashi H., Yasuhara M.. Pharmacokinetic-pharmacodynamic modeling of olanzapine-induced acute hyperglycemia in rats. 11th International ISSX Meeting 2016.06.12 Busan

  9. Yasuhara M., Nagata M., Nakajima M, Ishiwata Y., Takahashi H.. Hyperglycemia induced by a single dose of olanzapine in rats. 2015 AAPS Annual Meeting and Exposition 2015.11.12 Orlando

  10. Masashi Nagata, Yasuyoshi Ishiwata, Masato Yasuhara, Kazutaka Saito, Yasuhisa Fujii, Kazunori Kihara. PK-PD modeling of sunitinib-induced thrombocytopenia in patients with renal cell carcinoma.. 2014 AAPS Annual Meeting and Exposition 2014.11.02 San Diego

  11. Shoichi Kojima, Ryosuke Isozaki, Yasuyoshi Ishiwata, Masashi Nagata, Masato Yasuhara, Fusao Kaiho. Effect of phenytoin on busulfan-induced seizures in rats. 日本薬物動態学会第28年会 2013.10.09 東京

  12. Nagata M., Isozaki R., Ishiwata Y., Yasuhara M.. Development of an animal model to investigate the pharmacodynamics of busulfan-induced myoclonus.. 2012 AAPS Annual Meeting and Exposition 2012.10.14 Chicago

  13. Seiji Karakawa, Toru Arino, Yasuyoshi Ishiwata, Masashi Nagata, Masato Yasuhara. Effect of Pentamidine on Serum Glucose Concentration in Rats. 第5回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2011.11.26 名古屋

  14. Yanagie H., Morishita Y., Nishimura R., Kakimi K., Sugiyama H., Takamoto S., Higashi S., Ikushima I., Arimori K., Nagata M., Nagasaki T., Imagawa T., Nakashima T., Terao T., Eriguchi M.. Development of epirubicin entrapped WOW emulsion by double emulfication technique to arterial-injection-chemotherapy for hepatocellular carcinoma.. AACR 100th Annual Meeting 2009 2009.04.18 Denver

  15. Hidaka M., Nagata M., Arimori K. Pharmacokinetic interactions of drugs and fruit juices with carbamazepine in rat.. Enrlich II-2nd World Conference on Magic Bullets 2008.10.03 Nurnberg

  16. Tokunaga J., Takamura N., Furuya Y., Motoya T., Hirai M., Nagata M., Kawachi A., Suzuki A., Matsuoka T.. Approach on clinical pharmacy training Ⅲ in Kyushu university of health and welfare (1): a practice of the bed side training and its evaluation by students.. 21st FAPA Congress 2006.11.18 Yokohama

  17. Yasuhara M., Fujichika T., Nagata M.. Pharmacodynamics of cefazolin-induced seizures in rats with experimental renal failure.. 2002 AAPS Annual Meeting and Exposition 2002.11.08 Toronto

  18. Nagata M., Inotsume N., Yasuhara M.. Effect of experimental renal failure on the pharmacodynamics of cefoselis-induced seizures in rats.. Ⅶ World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics 2000.07.15 Florence

  19. 飯田遥,石渡泰芳,廣瀬藍子,永田将司,高橋弘充. 関節リウマチに対する低用量メトトレキサートが原因と考えられた汎血球減少が腹水貯留により遷延した一例. 第32回日本医療薬学会年会 2022.09.23 高崎

  20. 小堀典子,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充. レベチラセタムおよびラモトリギン内服中の患者で出産直後にてんかん発作を起こした1例. 日本病院薬剤師会関東ブロック第52回学術大会 2022.08.20 横浜

  21. 吉田浩美,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充. COVID-19パンデミック下でのオンライン実務実習の導入と評価-医薬品情報室実習におけるTeamsの活用-. 第7回日本薬学教育学会大会 2022.08.20 横浜

  22. 薛冰洋,石渡泰芳,河野洋平,青山隆夫,高橋弘充,永田将司. パリペリドンによるアドレナリン分泌促進作用を介した血糖値上昇へのAMP-activated protein kinase (AMPK)の関与. 医療薬学フォーラム2022 2022.07.23 金沢(オンライン)

  23. 藤田早織,永田将司. くすりはリスク~椎体炎治療中の肺炎~. 医療薬学フォーラム2022 2022.07.23 金沢(オンライン)

  24. 根本真吾,井原香名子,平久江享佑,朝田瑞穂,石渡泰芳,永田将司,上田彩,高橋弘充. 特定機能病院における「FINDAT」標準フォーミュラリ―の有用性検討. 第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会 2022.07.09 仙台(オンライン)

  25. 橋本佳奈,河野洋平,永田将司,青山隆夫. ラットにおけるカフェインとその代謝物の体内動態の検討. 日本薬学会第142年会 2022.03.27 東京

  26. 石渡泰芳,永田将司,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏,平川晃弘,高橋弘充. 原発性免疫不全症候群の小児患者における母集団薬物動態解析モデルを用いたブスルファン投与設計法の開発. 第42回日本臨床薬理学会学術集会 2021.12.11 東京

  27. 朝田瑞穂,永田将司,水野友裕,荒井裕国,高橋弘充,安原眞人. 人工心肺を用いた心臓手術施行患者におけるバンコマイシンの母集団薬物動態解析. 第31回日本医療薬学会年会 2021.10

  28. 朝田瑞穂,永田将司,高橋弘充,越前宏俊,安原眞人. 人工心肺施行中の抗菌薬の薬物動態に関する研究. 第37回日本TDM学会・学術大会 2021.05.23

  29. 薛冰洋,赤星樹,河野洋平,石渡泰芳,高橋弘充,根岸健一,永田将司. ラットにおけるパリペリドン単回投与による血糖値上昇のメカニズム. 日本薬学会第141年会 2021.03.29 東京

  30. 廣瀬藍子,吉田浩美,永田将司,高橋弘充. 終末期における薬剤皮下投与に関する事例検討. 日本薬学会第141年会 2021.03.29 東京

  31. 朝田瑞穂,永田将司,高橋弘充,安原眞人,越前宏俊. 臨床薬理研究 薬剤師の視点から. 2019.12

  32. 永田将司. 薬物療法に貢献する病院薬剤師の使命. 第29回日本医療薬学会年会 2019.11

  33. 佐瀬裕子,加藤能子,永田将司,鳥羽三佳代,高橋弘充. 薬学実務実習生の安全管理レポート分析と医療安全教育. 2019.11

  34. 永田将司. Modeling & Simulationの考え方と臨床応用. 東京理科大学医療薬学教育研究支援センター 基礎薬学スキルアップ研修会 薬剤師のためのPK-PD講座 2019.09

  35. 鶴見彩,真野泰成,河野洋平,西川寛来,青山隆夫,佐々木好幸,永田将司,高橋弘充. 非弁膜症性心房細動の日本人患者を対象とした直接経口抗凝固薬の出血リスク比較. 第22回日本医薬品情報学会総会・学術大会 2019.06.30

  36. 水野友裕,八島正文,大井啓司,黒木 秀仁, 藤原 立樹, 大石 清寿, 竹下 斉史, 久保 俊裕, 奥村 裕士, 鍋島 惇也, 朝田瑞穂,永田将司,荒井裕国. 当院における心臓大血管手術周術期感染対策とその効果. 第49回日本心臓血管外科学会学術総会 2019.02 岡山

  37. 朝田瑞穂,永田将司,水野友裕,内田篤治郎,高橋弘充,荒井裕国,越前宏俊,安原眞人. 人工心肺の影響の解析結果に基づく新規抗菌薬投与プロトコールの考案. 第71回日本胸部外科学会定期学術集会 2018.10 東京

  38. 朝田瑞穂,永田将司,水野友裕,内田篤治郎,倉島直樹,高橋弘充,小川竜一,槇田浩史,荒井裕国,越前宏俊,安原眞人. 人工心肺を用いた心臓手術患者におけるセファゾリン体内動態の母集団解析. 第39回日本臨床薬理学会学術総会 2018.07.02 京都

  39. 永田将司. 薬剤性血糖値異常のメカニズム解明. 医療薬学フォーラム2018 2018.06.24 東京

  40. 上原佳奈枝,河野洋平,河野孝史,永田将司,有森和彦,青山隆夫. カフェインを用いたドラッグリポジショニングによるPI3Kを標的とした新規化学併用療法の開発―肝細胞がん細胞株を用いた検討―. 医療薬学フォーラム2018 2018.06.23 東京

  41. 安原眞人,有澤賢二,遠藤一司,大塚昌孝,奥田真弘,片倉法明,佐々木均,下村直樹,髙橋弘充,立松三千子,長久保久仁子,永田将司,縄田修一,松井礼子,村田勇人,山本弘史. プロトコールに基づく医療機関と薬局間の連携による経口抗がん薬治療管理. 日本薬学会第138年会 2018.03.27 金沢

  42. 山本弘史,有澤賢二,遠藤一司,下村直樹,髙橋弘充,永田将司,縄田修一,松井礼子,村田勇人,安原眞人. プロトコールに基づき病院と保険薬局が共同で行う経口抗がん薬治療管理. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018 2018.03.17 横浜

  43. 新田健太郎,武田浩文,鳥羽三佳代,永田将司,高橋弘充. Tri-Weekly TC(パクリタキセル+カルボプラチン)療法における後発医薬品切り替えによる血管関連合併症のリスク因子調査. 第27回日本医療薬学会年会 2017.11.03 幕張

  44. 渡辺典子,相曽啓史,鳥羽三佳代,佐瀬裕子,大島乃里子,杉井麻耶,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充. 周産・女性診療科における術後予防的抗菌薬適正使用に向けたクリニカルパス導入の効果. 第27回日本医療薬学会年会 2017.11.03 幕張

  45. 石渡泰芳,永田将司,柘植昴太,高橋弘充,鈴木小夜,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏,安原眞人. 日本人小児原発性免疫不全症患者を対象とした注射用ブスルファンの母集団薬物動態解析. 第34回日本TDM学会・学術大会 2017.09.23 京都

  46. 木村有里,永田将司,石渡泰芳,高橋弘充,安原眞人. ラットにおけるクロザピン単回投与による血糖値上昇のメカニズム. 日本薬学会第137年会 2017.03.27 仙台

  47. 杉山加奈,河野洋平,下村斉,永田将司,青山隆夫. フロセミド錠後発品の品質評価に関する研究-溶出性から予測した血中濃度と尿量からの検討-. 日本薬学会第137年会 2017.03.24 仙台

  48. 渡辺典子,相曽啓史,鳥羽三佳代,佐瀬裕子,大島乃里子,山本篤,杉井麻耶,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充,安原眞人. 婦人科領域における周術期抗菌薬適正使用への取り組み. 第26回日本医療薬学会年会 2016.09.17 京都

  49. 相曽啓史,貫井陽子,杉井麻耶,田代佳織,森美奈子,永田将司,高橋弘充,安原眞人. ローカルファクターを取り入れたアンチバイオグラムの作成と現状調査. 第26回日本医療薬学会年会 2016.09.17 京都

  50. 新田健太郎,武田浩文,相曽啓史,永田将司,高橋弘充,安原眞人. 胃癌患者におけるオキサリプラチン併用療法とシスプラチン併用療法の安全性の比較検討. 第26回日本医療薬学会年会 2016.09.17 京都

  51. 田代佳織,渡辺典子,永田将司,高橋弘充,安原眞人. がん化学療法におけるパロノセトロン投与後の悪心・嘔吐に対する第1世代5-HT3受容体拮抗薬追加投与の治療効果に関する調査. 第26回日本医療薬学会年会 2016.09.17 京都

  52. 槇石美聡,吉川真帆,新井隆史,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充,上阪等,安原眞人. シクロスポリン血中濃度に及ぼすミコナゾール内服ゲルの影響. 第26回日本医療薬学会年会 2016.09.17 京都

  53. 永田将司. PK-PD理論概説と臨床応用の実例. 第26回日本医療薬学会年会 2016.09.17 京都

  54. 柘植昴太,尾又玲伊,田中美穂,鳥羽美貴子,相曽啓史,森美奈子,永田将司,高橋弘充. 特定抗菌薬届出制開始後の抗菌薬使用状況調査. 日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会 2016.08.27 幕張

  55. 栗山真理子,野田沙織,丸谷美保子,山上沙樹,鶴見彩,森美奈子,永田将司,高橋弘充. 調剤薬局からの疑義照会の解析と医師の業務負担軽減に向けたプロトコール作成の試み. 日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会 2016.08.27 幕張

  56. 新井隆史,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充,上阪等,安原眞人. タクロリムス血中濃度に及ぼすミコナゾール内服ゲルの影響. 医療薬学フォーラム2016 2016.06.25 大津

  57. 廣瀬藍子,吉田浩美,新田健太郎,永田将司,坂下博之,三宅智. 持続型G-CSF製剤(ペグフィルグラスチム)使用実態調査と至適投与時期の検討. 第10回日本緩和医療薬学会年会 2016.06.03 浜松

  58. 小高瑞穂,永田将司,水野友裕,内田篤治郎,倉島直樹,石渡泰芳,高橋弘充,槇田浩史,荒井裕国,越前宏俊,安原眞人. セファゾリンのタンパク結合に及ぼす人工心肺の影響. 日本薬学会第136年会 2016.03.26 横浜

  59. 藤田早織,早船彩花,竹節七美,永田将司,高橋弘充,安原眞人. 病棟常駐薬剤師による定時処方の事前確認の試行と評価. 第25回日本医療薬学会年会 2015.11.21 横浜

  60. 相曽啓史,森美奈子,佐瀬裕子,永田将司,高橋弘充,安原眞人,貫井陽子. Antimicrobial Stewardshipに向けたICT業務の検討. 第25回日本医療薬学会年会 2015.11.21 横浜

  61. 石渡泰芳,永田将司,高橋弘充,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏,安原眞人. 小児におけるブスルファン血中濃度モニタリング-低用量試験投与の有用性について-. 第25回日本医療薬学会年会 2015.11.21 横浜

  62. 杉井麻耶,大迫朗子,鶴見彩,萩原奈央,八田部良子,相曽啓史,森美奈子,永田将司,高橋弘充,安原眞人. 抗菌薬適正使用に向けたDPCデータを利用した抗菌薬使用状況調査. 第25回日本医療薬学会年会 2015.11.21 横浜

  63. 永田将司. 薬剤管理指導へのPOSの導入. 千葉大病院薬剤部セミナー 2015.06.05 千葉

  64. 中島真由美,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充,根岸健一,安原眞人. ラットにおけるオランザピン単回投与による血糖値上昇のメカニズム. 日本薬学会第135年会 2015.03 神戸

  65. 荒川基記,濃沼政美,松岡悦子,水井貴詞,有田悦子,氏原淳,松嶋由紀子,井上和紀,永田将司,塚田伸二,日髙慎二,白神誠. 日本大学薬学部における治験教育への取り組み 第6報 -治験実務者を加えた教育効果の検証-. 第35回日本臨床薬理学会学術総会 2014.12 松山

  66. 永田将司. PK-PD理論を基盤とした副作用発現の機構解明とリスクファクターの探索. 第24回日本医療薬学会年会 2014.09 名古屋

  67. 石渡泰芳,永田将司,高橋弘充,冨澤大輔,青木由貴,宮脇零士,森尾友宏,安原眞人. 小児急性白血病の移植前処置におけるブスルファン1日1回投与後の血中濃度モニタリング. 第24回日本医療薬学会年会 2014.09 名古屋

  68. 永田将司,石渡泰芳,安原眞人,齋藤一隆,藤井靖久,木原和徳. スニチニブによる血小板減少のPK-PDモデリング. 日本薬剤学会第29年会 2014.05 さいたま

  69. 永田将司,石渡泰芳,安原眞人,齋藤一隆,藤井靖久,木原和徳. 腎細胞癌治療におけるスニチニブの血中濃度と副作用の関係. 第23回日本医療薬学会年会 2013.09.21 仙台

  70. 冨平千晶,安部絢子,成田早織,渋谷有香,橋本なな,小田洋美,酒井涼一,日高由加里,石渡泰芳,武田浩文,青柳繁,吉田浩美,永田将司,根津雅和,安原眞人. 医師・看護師による薬剤師病棟常駐業務の評価. 医療薬学フォーラム2013 2013.07.20 金沢

  71. 永田将司. 薬物による中枢毒性評価のための薬力学的アプローチ. 日本薬剤学会第28年会 2013.05.23 名古屋

  72. 成田早織,日高由加里,有野徹,青柳繁,吉田浩美,永田将司,根津雅和,安原眞人,大川淳. 整形外科病棟における薬剤師常駐の試行と評価. 第22回日本医療薬学会年会 2012.10.27 新潟

  73. 永田将司. 降圧薬および昇圧薬の薬理・薬物動態. 第24回大江戸とうせき勉強会 2012.10.12 東京

  74. 永田将司,磯崎亮輔,石渡泰芳,安原眞人. ラットを用いたブスルファン誘発痙攣の予防に用いる新規抗痙攣薬の探索. 日本薬剤学会第27年会 2012.05.24 神戸

  75. 有野徹,唐川聖司,石渡泰芳,永田将司,安原眞人. ペンタミジンによるラットの血糖値上昇に及ぼすシメチジンの影響. 日本薬学会第132年会 2012.03.28 札幌

  76. 磯崎亮輔,石渡泰芳,永田将司,安原眞人. ラットにおけるブスルファンによる痙攣のファーマコダイナミックス. 第21回日本医療薬学会年会 2011.10.01 神戸

  77. 河野孝史,河野洋平,永田将司,岩切智美,奥村学,有森和彦. In vitroにおけるヒト肝臓がん由来細胞株を用いたcaffeine/cisplatin併用化学療法の有用性の検討. 第21回日本医療薬学会年会 2011.10.01 神戸

  78. 一宮明広,永田将司,河野洋平,河野孝史,岩切智美,奥村学,有森和彦. 肝臓がんに対するシスプラチン/カフェイン併用化学療法の開発. 日本薬学会第131年会 2011.03.28 静岡

  79. 永田将司,岩切智美,奥村学,有森和彦. 体内動態の知識を臨床応用できる薬剤師育成のための体験型TDM実習プログラムの開発. 日本薬学会第131年会 2011.03.28 静岡

  80. Manabu Okumura, Tomomi Iwakiri, Akinori Takagi, Masashi Nagata, Yasutoshi Hirabara, Yohei Kawano, Kazuhiko Arimori. Hepatocyte groth factor suppresses the antineoplastic effect of CPT-11 by increasing the expression of CES2 and UGT1A1 in HepG2 cells. 第84回日本薬理学会年会 2011.03.22 横浜

  81. 高木彰紀,奥村学,岩切智美,永田将司,河野洋平,山口博行,平原康寿,関谷裕史,有森和彦. CPT-11の代謝に与えるGrowth Factorの影響. 第20回日本医療薬学会年会 2010.11.13 幕張

  82. 保田和哉,杉本めぐみ,熊谷有紀,永田将司,岩切智美,奥村学,有森和彦. 退院後睡眠薬の離脱における患者要因の影響. 第20回日本医療薬学会年会 2010.11.13 幕張

  83. 熊谷有紀,蓑田亜依,関屋裕史,松田真理,永田将司,田中信彦,船橋英樹,柚木崎智子,福留麻希,井上三代.岩切智美,奥村学,有森和彦. 緩和ケアチームの介入により、疼痛、悪心・嘔吐、栄養不良などの症状について良好なコントロールが得られた症例-薬剤師の取り組みを中心に-. 第4回日本緩和医療薬学会年会 2010.09.25 鹿児島

  84. 高木彰紀,永田将司,岩切智美,奥村学,有森和彦. バンコマイシン初回投与設計時における新規日本人向けGFR推算式の評価. 第27回日本TDM学会・学術大会 2010.06.26 札幌

  85. 日髙有美,永田将司,河野洋平,奥村学,有森和彦. 5-フルオロウラシルの肝アベイラビリティに及ぼす肝障害の影響. 第26回日本薬学会九州支部大会 2009.12.12 福岡

  86. 髙村徳人,緒方賢次,徳永仁,吉田裕樹,瀬戸口奈央,永田将司,有森和彦,山本隆一. 薬学臨床技術導入学に焦点を当てた薬術創出のための実習:九州保健福祉大学薬学部医療人GP活動報告(3). 第19回日本医療薬学会年会 2009.10.24 長崎

  87. 永田将司. 「TDM」. がん専門薬剤師研修講義 2009.10.01 宮崎

  88. 永田将司. 医療施設と大学の連携:医療施設への大学教員の常駐化. 医療薬学フォーラム2009 2009.07.11 京都

  89. 松尾徳子,徳永仁,髙村徳人,永田将司,緒方賢次,吉田裕樹,岸本修一,福島昭二,池田理,有森和彦. 蛋白結合阻害を利用したシスプラチン動注療法に関する基礎的および動態学的検討. 日本薬学会第129年会 2009.03.26 京都

  90. 日髙有美,永田将司,日髙宗明,河野洋平,奥村学,有森和彦. 5-フルオロウラシル静注時および肝動注時の体内動態に及ぼす急性肝障害の影響,日本薬学会第129年会. 日本薬学会第129年会 2009.03.26 京都

  91. 永田将司. 「TDM」. がん専門薬剤師研修講義 2009.02.01 宮崎

  92. 松尾徳子,徳永仁,髙村徳人,緒方賢次,吉田裕樹,永田将司,有森和彦. 蛋白結合阻害を利用したシスプラチン動注療法に関する基礎的研究. 第25回日本薬学会九州支部大会 2008.12.06 宮崎

  93. 河野洋平,舩元太郎,山﨑啓之,永田将司,坂本武郎,濱田浩朗,蓑田亜依,松元裕子,熊谷有紀,岩切智美,奥村学,日髙宗明,帖佐悦男,有森和彦. 骨軟部悪性腫瘍に対するカフェイン併用化学療法におけるカフェイン血中濃度モニタリングの有用性. 第41回日本薬剤師会学術大会 2008.10.12 宮崎

  94. 永田将司. 「TDM」. がん専門薬剤師研修講義 2008.10.01 宮崎

  95. 髙村徳人,徳永仁,緒方賢次,吉田裕樹,永田将司,日髙宗明,松岡俊和,小野誠治,山本隆一,有森和彦. ベッドサイド実習におけるバイタルサインの確認法と薬学的臨床技術の導入. 第18回日本医療薬学会年会 2008.09.20 札幌

  96. 徳永仁,髙村徳人,緒方賢次,吉田裕樹,永田将司,日髙宗明,松岡俊和,小野誠治,山本隆一,有森和彦. 薬学部における救急ケアシミュレータを用いた救命救急教育への取り組み. 日本薬学会第128年会 2008.03.26 横浜

  97. 永田将司,日髙宗明,大野梨絵,岩切智美,奥村学,有森和彦,鈴木彰人,河内明夫,徳永仁,平井正巳,髙村徳人,本屋敏郎,山本隆一. 薬学部教員主導によるグループ病院実習の試みと評価. 日本薬学会第128年会 2008.03.26 横浜

  98. 松尾徳子,永田将司,日髙宗明,河野洋平,奥村学,徳永仁,髙村徳人,有森和彦. エピルビシン肝動注時の体内動態に及ぼす急性肝障害の影響. 日本薬学会第128年会 2008.03.26 横浜

  99. 髙村徳人,徳永仁,緒方賢次,吉田裕樹,永田将司,日髙宗明,松岡俊和,小野誠治,山本隆一,有森和彦. 薬学部臨床薬学系実習における様々なバイタルサインを取り入れた教育法の構築. 日本薬学会第128年会 2008.03.26 横浜

  100. 日髙宗明,永田将司,河野洋平,有森和彦. ST-120(クレメジン®)による塩酸イリノテカンの下痢予防効果. 第24回日本薬学会九州支部大会 2007.12.08 福岡

  101. 徳永仁,緒方賢次,吉田裕樹,永田将司,日髙宗明,松岡俊和,山本隆一,有森和彦,髙村徳人. 臨床能力を有する実践型薬剤師教育推進のための臨床薬学系実習 ~ベッドサイド実習におけるバイタルサインと薬学的診断法からのアプローチ~. 日本薬学会薬学教育部会 教育フォーラム2007 2007.12.02 熊本

  102. 河野洋平,船元太郎,山崎啓之,坂本武郎,濱田浩朗,蓑田亜依,松元裕子,熊谷有紀,岩切智美,奥村学,永田将司,日髙宗明,帖佐悦男,有森和彦. 骨肉腫に対するCaffeine併用化学療法におけるTDMの一症例. 日本TDM学会第26回セミナー 2007.11.03 鹿児島

  103. 柳衛宏宜,東秀史,生嶋一郎,森下保幸,西村亮平,永田将司,長崎健,中島忠夫,有森和彦,江里口正純,高本眞一. 膜乳化テクノロジーによるWOWエマルションを用いた原発性肝癌に対する肝動注療法. 第45回日本癌治療学会総会 2007.10.24 京都

  104. 永田将司. 「TDM」. がん専門薬剤師研修講義 2007.10.01 宮崎

  105. 松元裕子,岩切智美,奥村学,熊谷有紀,大野梨絵,市原絵美,蓑田亜依,吉田裕樹,吉田史,永田将司,有森和彦. インシデント低減における人的要因改善の重要性,第70回九州山口薬学大会. 第70回九州山口薬学大会 2007.09.23 熊本

  106. 長友隆雄,瀬戸口奈央,塩月理士,松下周子,保田和哉,松田真理,永田将司,高山日出美,岩切智美,奥村学,有森和彦. ジェネリック医薬品に対する患者の認識と医療者の評価,第70回九州山口薬学大会. 第70回九州山口薬学大会 2007.09.23 熊本

  107. 徳永仁,古屋弓子,本屋敏郎,平井正巳,永田将司,河内明夫,鈴木彰人,松岡俊和,髙村徳人. 九州保健福祉大学における臨床薬学系実習Ⅲ(ベッドサイド実習)の取り組み. 日本薬学会第127年会 2007.03.28 富山

  108. 真島崇,鈴木彰人,本屋敏郎,河内明夫,柴田由香里,髙村徳人,徳永仁,古屋弓子,永田将司,松岡俊和,平井正巳. シクロスポリンにより生じる耐等能異常と膵臓β細胞障害との関連性の検討. 日本薬学会第127年会 2007.03.28 富山

  109. 平井正巳,鈴木彰人,真島崇,本屋敏郎,河内明夫,柴田由香里,髙村徳人,徳永仁,古屋弓子,永田将司,松岡俊和. 薬剤師の知識・技能・態度を習得する模擬病院薬局実習プログラム. 日本薬学会第127年会 2007.03.28 富山

  110. Tomomi Iwakiri, Manabu Okumura, Emi Ichihara, Satoshi Shiotsuki, Masashi Nagata, Yuki Kumagai, Hirofumi Kai, Kazuhiko Arimori. HGF increases the uptake of estradiol 17β-D-glucuronide through up-regulation of Oatp1 protein level in primary cultured rat hepatocytes. 第80回日本薬理学会年会 2007.03.14 名古屋

  111. 清水正高,西片奈保子,古市佳代,永田将司,有森和彦,坪内博仁. 膜透過によるナノエマルション生成と今後の展開. 科学技術シンポジウム2007 in 宮崎 2007.02.19 宮崎

  112. 永田将司,日髙宗明,関屋裕史,河野洋平,奥村学,有森和彦. ザクロ成分のCYP2C9活性に及ぼす影響. 第23回日本薬学会九州支部大会 2006.12.09 熊本

  113. 徳永仁, 髙村徳人, 古屋弓子,平井正巳, 本屋敏郎,河内明夫,鈴木彰人,永田将司,松岡俊和. 学外実務実習終了後における学内ベッドサイド実習の評価と今後の課題. 第16回日本医療薬学会年会 2006.09.30 金沢

  114. 永田将司,岩切智美,熊谷有紀,日髙宗明,奥村学,有森和彦,鈴木彰人,河内明夫,徳永仁,平井正巳,高村徳人,本屋敏郎,山本隆一. 実務実習教育における医療現場と大学との連携-医療施設への大学教員の派遣-. 第16回日本医療薬学会年会 2006.09.30 金沢

  115. 髙村徳人, 徳永仁, 藤田健一, 帖佐悦男, 緒方賢次, 古屋弓子, 甲斐晃弘,黒木教彰, 興梠靖幸,千代反田晋, 日髙宗明, 永田将司,本屋敏郎, 平井正巳, 松岡俊和, 川井恵一, 有森和彦. 臨床検査値を薬学的に解釈するための血清内探索法(薬学的分布診断法). 第16回日本医療薬学会年会 2006.09.30 金沢

  116. 西片奈保子,清水正高,山崎啓之,奥村学,有森和彦,永田将司,坪内博仁. 水溶性薬物送達ナノエマルションの開発とその体内動態. 第22回日本DDS学会年会 2006.07.07 東京

  117. 永田将司,日髙宗明,関屋裕史,河野洋平,山崎啓之,門田直哉,岩切智美,奥村学,有森和彦. ミダゾラムの体内動態に及ぼすパイナップルジュースの影響. 日本薬学会第126年会 2006.03.28 仙台

  118. 平井正巳,鈴木彰人,真島崇,本屋敏郎,河内明夫,髙村徳人,徳永仁,永田将司,松岡俊和. PBLを取り入れた模擬病院薬局実習. 日本薬学会第126年会 2006.03.28 仙台

  119. 徳永仁,髙村徳人,古屋弓子,本屋敏郎,平井正巳,永田将司,河内明夫,鈴木彰人,松岡俊和. 九州保健福祉大学における臨床薬学系実習Ⅲへの取り組み(1):ベッドサイド実習の実践とそれに対する学生の評価. 日本薬学会第126年会 2006.03.28 仙台

  120. 山崎啓之,永田将司,佐藤梨恵,瀬戸口奈央,秋本夏奈,関屋裕史,日髙宗明,岩切智美,奥村学,児玉裕文,有森和彦. 速崩壊性錠剤の崩壊試験法に関する検討. 日本薬剤学会第21年会 2006.03.16 金沢

  121. 関屋裕史,河野洋平,日髙宗明,奥村学,永田将司,岩切智美,山崎啓之,有森和彦. パイナップル含有成分による薬物代謝酵素CYP2C9の阻害. 第22回日本薬学会九州支部大会 2005.12.10 福岡

  122. 髙村徳人,徳永仁,藤田健一,帖佐悦男,奥村学,山崎啓之,緒方賢次,日髙宗明,古屋弓子,永田将司,興梠靖幸,黒木教彰,甲斐晃弘,千代反田晋,門田直哉,本屋敏郎,平井正巳,松岡俊和,川井恵一,有森和彦. 血清蛋白分子上の各サイトの結合変化を基に血清内の変動要因を推察するための薬学的分布診断法. 第15回日本医療薬学会年会 2005.10.01 岡山

  123. 徳永仁,髙村徳人,緒方賢次,古屋弓子,永田将司,藤田健一,山崎啓之,門田直哉,本屋敏郎,甲斐晃弘,黒木教彰,興梠靖幸,千代反田晋,川井恵一,有森和彦. ナブメトン(レリフェンR)代謝物によるフルルビプロフェンの蛋白結合置換に関する基礎的検討. 医療薬学フォーラム2005 2005.07.16 鹿児島

  124. 髙村徳人,徳永仁,藤田健一,帖佐悦男,奥村学,山崎啓之,緒方賢次,古屋弓子,永田将司,本屋敏郎,黒木教彰,興梠靖幸,甲斐晃弘,千代反田晋,川井恵一,児玉裕文,有森和彦. 病態時の動態変動を血清蛋白分子上の各サイトの結合能より推察するための血清内探索法(薬学的分布診断法). 医療薬学フォーラム2005 2005.07.16 鹿児島

  125. 石渡泰芳,永田将司,安原眞人,宇留野強. セファゾリンによる中枢毒性のpharmacodynamicsに及ぼすイソニアジドの影響. 日本薬学会第123年会 2003.03.27 長崎

  126. 永田将司,藤近拓弥,安原眞人. セファゾリンによる痙攣発現に及ぼす腎障害及び低ナトリウム血症の影響. 第22回日本臨床薬理学会年会 2001.12.14 横浜

  127. 永田将司,藤近拓弥,安原眞人. セフォセリス及びセファゾリンによる中枢毒性のファーマコダイナミックスと腎障害の影響. 日本薬剤学会第16年会 2001.03.22 東京

  128. 藤近拓弥,永田将司,安原眞人,宇留野強. ラットにおけるセファゾリン中枢毒性のファーマコダイナミックス. 第15回日本薬物動態学会年会 2000.10.11 福岡

  129. 永田将司,猪爪信夫,安原眞人. セフォリスによる中枢毒性のファーマコダイナミックスと腎障害の影響. 日本薬学会第120年会 2000.03.29 岐阜

  130. 永田将司,鈴木小夜,粕谷晴子,高橋さおり,一色捷一,猪爪信夫,安原眞人,宇留野強. シクロスポリンの体内動態に及ぼすニトログリセリン併用の影響. 第13回日本薬物動態学会年会 1998.11.11 仙台

▼全件表示

Works 【 表示 / 非表示

  • 臨床薬理学1~2,教材,日本在宅薬学会(e-ラーニング教材),2022年05月 - 現在

  • Modeling & Simulationの考え方と臨床応用1~3,教材,ファーマストリーム(e-ラーニング教材),2021年 - 現在

  • 病棟業務1~3,薬剤師業務の基本,教材,メディカルナレッジ(e-ラーニング教材),2020年 - 現在

  • 薬物動態学の薬剤師業務への活用,教材,ファーマストリーム(e-ラーニング教材),2020年 - 現在

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2019 AAPS Best Abstract Award,2019年11月

  • 平成26年度日本医療薬学会奨励賞,日本医療薬学会,2014年06月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • かけがえのない財産,人と人 No.3178,2020年12月

    薬事新報,p.35, 2020年12月3日

  • 編集長対談VOICE,患者が抱える問題解決に向けプロブレムリストを作りそれぞれに対応策を考えよ!,2018年05月

    ターンアップ,39,pp.11-14(2018)

  • 2015年10月

    AAPS Blog,2015年10月27日
    http://aapsblog.aaps.org/2015/10/27/mechanisms-and-risk-factors-for-drug-induced-dysglycemia/

  • 薬物療法における効果・副作用発現の個人差の克服を目指すPK-PD研究,研究戦略YAKU学-研究現場から臨床へ-No.92,2015年04月

    薬事日報,p.8, 2015年4月22日

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 血中薬物濃度検査の自動化ニーズ等について,富士経済,2022年07月14日 - 2022年07月21日

  • 今、病院薬剤師が取組むことを薬局薬剤師へ伝える,株式会社プレアッシュ,ターンアップ,2018年01月18日