基本情報

写真a

宮島 美穂(ミヤジマ ミホ)

MIYAJIMA Miho


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学部  医学科  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  全人的医療開発学系専攻 全人的診断治療学講座  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 心療・緩和医療学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 心療・緩和医療学 助教
  • 2020年04月
    -
    2022年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 助教
  • 2022年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年05月
    -
    2003年03月
    東京都立松沢病院 精神科 臨床研修医
  • 2004年04月
    -
    2006年03月
    東京都立府中病院 精神神経科 医師
  • 2006年04月
    -
    2007年05月
    国立精神・神経センター武蔵病院 精神科 レジデント

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本計測制御学会

  • 日本てんかん学会

  • 日本臨床神経生理学会

  • 日本精神神経学会

  • 日本薬物脳波学会

  • 日本人工知能学会

  • アメリカてんかん学会

  • 日本睡眠学会

  • 日本死生学会

  • 日本サイコオンコロジー学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本てんかん学会関東地方会 代議員
  • 日本臨床神経生理学会 代議員
  • 日本てんかん学会 代議員

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本サイコオンコロジー学会認定登録精神腫瘍医

  • 精神保健指定医

  • 日本精神神経学会認定精神科専門医制度指導医

  • 医師

  • 日本臨床神経生理学会認定脳波専門医

  • 日本てんかん学会てんかん専門医

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • マルチモダリティ生体信号計測によるてんかん発作自動検出および重症度評価技術の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ウェアラブルHRVセンサを用いたてんかん発作兆候検知システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • ウェアラブルHRVセンサを用いたてんかん発作兆候検知システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • せん妄に対する高照度光療法の有効性-脳波による検証-

    文部科学省/日本学術振興会

  • 親のメンタルヘルスリテラシー向上を目指した家庭用がん教育教材の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 第二世代ヘルスケアIoT技術を支える生体計測・解析プラットフォームの基盤構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • てんかん発作発生に寄与する患者個別の時間生物学的・心理的指標の探索

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mayumi Echizen, Maiko Satomoto, Miho Miyajima, Yushi Adachi, Eisuke Matsushima. Preoperative heart rate variability analysis is as a potential simple and easy measure for predicting perioperative delirium in esophageal surgery Ann Med Surg (Lond) . . 2021.09; 70 ( PubMed, DOI )

  2. Koichi Fujiwara, Shota Miyatani, Asuka Goda, Miho Miyajima, Tetsuo Sasano, Manabu Kano. Autoencoder-Based Extrasystole Detection and Modification of RRI Data for Precise Heart Rate Variability Analysis Sensors (Basel). 2021.05; 7 (21(9)): 3235. ( PubMed, DOI )

  3. Yukiko Matsumoto, Junya Fujino, Hiroki Shiwaku, Miho Miyajima, Satomi Doi, Nobuhide Hirai, Daisuke Jitoku, Shunsuke Takagi, Takehiro Tamura, Takashi Maruo, Yuki Shidei, Nanase Kobayashi, Masanori Ichihashi, Shiori Noguchi, Kanako Oohashi, Takashi Takeuchi. Genichi Sugihara, Takayuki Okada, Takeo Fujiwara, Hidehiko Takahashi . Factors affecting mental illness and social stress in hospital workers treating COVID-19: Paradoxical distress during pandemic era Journal of Psychiatric Research . 2021.05; 137 298-302.

  4. Shiwaku Hiroki, Doi Satomi, Miyajima Miho, Matsumoto Yukiko, Fujino Junya, Hirai Nobuhide, Jitoku Daisuke, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Maruo Takashi, Shidei Yuki, Kobayashi Nanase, Ichihashi Masanori, Noguchi Shiori, Oohashi Kanako, Takeuchi Takashi, Sugihara Genichi, Okada Takayuki, Fujiwara Takeo, Takahashi Hidehiko. Novel brief screening scale, Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic (TMDP), for assessing mental and social stress of medical personnel in COVID-19 pandemic PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES. 2021.01; 75 (1): 24-25. ( PubMed, DOI )

  5. Omoya Rie, Miyajima Miho, Ohta Katsuya, Suzuki Yoko, Aoki Ai, Fujiwara Mayo, Watanabe Takafumi, Yoshida Noriko, Suwa Hiroshi, Kawara Tokuhiro, Takahashi Hidehiko, Matsushima Eisuke, Takeuchi Takashi. Heart rate response to orthostatic challenge in patients with dementia withLewy bodies andAlzheimer's disease PSYCHOGERIATRICS. 2020.10; 21 (1): 62-70. ( PubMed, DOI )

  6. Yamakawa Toshitaka, Miyajima Miho, Fujiwara Koichi, Kano Manabu, Suzuki Yoko, Watanabe Yutaka, Watanabe Satsuki, Hoshida Tohru, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi. Wearable Epileptic Seizure Prediction System with Machine-Learning-Based Anomaly Detection of Heart Rate Variability SENSORS. 2020.07; 20 (14): ( DOI )

  7. Takafumi Watanabe, Miho Miyajima, Katsuya Ohta, Noriko Yoshida, Rie Omoya, Mayo Fujiwara, Yoko Suzuki, Issei Murata, Shigeru Ozaki, Mitsuru Nakamura, Eisuke Matsushima. Predicting postictal suppression in electroconvulsive therapy using analysis of heart rate variability. J Affect Disord. 2019.03; 246 355-360. ( PubMed, DOI )

  8. Suzuki Y, Miyajima M, Ohta K, Yoshida N, Watanabe T, Fujiwara M, Okumura M, Nakamura M, Sasano T, Kawara T, Matsuura M, Matsushima E. Changes in cardiac autonomic nervous system activity during a course of electroconvulsive therapy. Neuropsychopharmacology reports. 2019.03; 39 (1): 2-9. ( PubMed, DOI )

  9. Suzuki Yoko, Miyajima Miho, Ohta Katsuya, Yoshida Noriko, Watanabe Takafumi, Fujiwara Mayo, Okumura Masaki, Nakamura Mitsuru, Sasano Tetsuo, Kawara Tokuhiro, Matsuura Masato, Matsushima Eisuke. 電気痙攣療法の過程での心臓自律神経系の変化(Changes in cardiac autonomic nervous system activity during a course of electroconvulsive therapy) Neuropsychopharmacology Reports. 2019.03; 39 (1): 2-9. ( 医中誌 )

  10. Hiroko Iino,Katsuya Ohta,Keiko Hara,Miho Miyajima,Minoru Hara,Eisuke Matsushima,Masato Matsuura. Vowel-speech versus pure-tone processing in healthy subjects Neuroscience Research. 2018.12; 137 43-48.

  11. Iino Hiroko, Ohta Katsuya, Hara Keiko, Miyajima Miho, Hara Minoru, Matsushima Eisuke, Matsuura Masato. 健康被験者でみられた母音-音声処理と純音処理との比較(Vowel-speech versus pure-tone processing in healthy subjects) Neuroscience Research. 2018.12; 137 43-48. ( 医中誌 )

  12. Miyajima Miho, Morita Yoshimi, Takubo Yoji, Watanabe Masako. てんかん専門の神経精神科クリニックにおける死亡症例に関する後向き考察(A Retrospective Review of Mortality Cases in Neuropsychiatric Epilepsy Clinic) てんかん研究. 2018.09; 36 (2): 447. ( 医中誌 )

  13. Iino H, Ohta K, Hara K, Miyajima M, Hara M, Matsushima E, Matsuura M. Vowel-speech versus pure-tone processing in healthy subjects. Neuroscience research. 2018.04; ( PubMed, DOI )

  14. Yoko Suzuki, Miho Miyajima, Katsuya Ohta, Noriko Yoshida, Rie Omoya, Mayo Fujiwara, Takafumi Watanabe, Masaki Okumura, Hiroaki Yamazaki, Masayuki Shintaku, Issei Murata, Shigeru Ozaki, Takeshi Sasaki, Mitsuru Nakamura, Hiroshi Suwa, Tetsuo Sasano, Tokuhiro Kawara, Masato Matsuura, Eisuke Matsushima. Is prolongation of corrected QT interval associated with seizures induced by electroconvulsive therapy reduced by atropine sulfate? Pacing Clin Electrophysiol. 2017.11; 40 (11): 1246-1253. ( PubMed, DOI )

  15. Yoko Suzuki, Miho Miyajima, Katsuya Ohta, Noriko Yoshida, Mayo Fujiwara, Masaki Okumura, Mitsuru Nakamura, Tetsuo Sasano, Tokuhiro Kawara, Masato Matsuura, Eisuke Matsushima. Changes in corrected QT interval during electroconvulsive therapy Clinical Neurophysiology. 2017.06; 128 (6): e166. ( DOI )

  16. Miyajima Miho, Yamakawa Toshitaka, Fujiwara Koichi, Suzuki Yoko, Watanabe Masako, Inaji Motoki, Watanabe Satsuki, Murata Yoshiko, Watanabe Yutaka, Kano Manabu, Matsushima Eisuke. 装着可能な心拍数変動モニター装置を用いた新規てんかん発作予測システムの開発(Development of a new epileptic seizure prediction system with wearable heart rate variability monitoring device) てんかん研究. 2016.09; 34 (2): 400. ( 医中誌 )

  17. Koichi Fujiwara, Miho Miyajima, Toshitaka Yamakawa, Erika Abe, Yoko Suzuki, Yuriko Sawada, Manabu Kano, Taketoshi Maehara, Katsuya Ohta, Taeko Sasai-Sakuma, Tetsuo Sasano, Masato Matsuura, Eisuke Matsushima. Epileptic Seizure Prediction Based on Multivariate Statistical Process Control of Heart Rate Variability Features. IEEE Trans Biomed Eng. 2016.06; 63 (6): 1321-1332. ( PubMed, DOI )

  18. Miyajima Miho, Fujiwara Koichi, Abe Erika, Suzuki Yoko, Sawada Yuriko, Sasai-Sakuma Taeko, Yamakawa Toshitaka, Kano Manabu, Maehara Taketoshi, Sasano Tetsuo, Ohta Katsuya, Matsuura Masato, Matsushima Eisuke. てんかん発作前心拍数の可変性変化の多変量統計的プロセス管理を用いた検出法(Detection of Preictal Heart Rate Variability Alteration Using Multivariate Statistical Process Control) てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 495. ( 医中誌 )

  19. Suzuki Yoko, Miyajima Miho, Ohta Katsuya, Yoshida Noriko, Okumura Masaki, Nakamura Mitsuru, Sasano Tetsuo, Kawara Tokuhiro, Matsuura Masato, Matsushima Eisuke. A Triphasic Change of Cardiac Autonomic Nervous System During Electroconvulsive Therapy JOURNAL OF ECT. 2015.09; 31 (3): 186-191. ( PubMed, DOI )

  20. Go Taniguchi, Miho Miyajima, Masako Watanabe, Yoshiko Murata, Daichi Sone, Yutaka Watanabe, Mitsutoshi Okazaki, Motonori Kobayashi-Kimura, Masaaki Kato, Teiichi Onuma. Nonconvulsive status epilepticus in the elderly associated with newer antidepressants used at therapeutic doses: A report of three cases. Epilepsy Behav Case Rep. 2015.01; 3 8-11. ( PubMed, DOI )

  21. Hirose Yuka, Hara Keiko, Miyajima Miho, Matsuda Ayasa, Maehara Taketoshi, Hara Minoru, Matsushima Eisuke, Ohta Katsuya, Matsuura Masato. Changes in the duration and frequency of deviant stimuli engender different mismatch negativity patterns in temporal lobe epilepsy EPILEPSY & BEHAVIOR. 2014.02; 31 136-142. ( PubMed, DOI )

  22. Hara Keiko, Maehara Taketoshi, Miyajima Miho, Ohta Katsuya, Iino Hiroko, Inaji Motoki, Matsuda Ayasa, Matsushima Eisuke, Hara Minoru, Matsuura Masato. Post-operative mismatch negativity recovery in a temporal lobe epilepsy patient with cavernous angioma CLINICAL NEUROLOGY AND NEUROSURGERY. 2013.06; 115 (6): 756-759. ( PubMed, DOI )

  23. Matsuda Ayasa, Hara Keiko, Miyajima Miho, Matsushima Eisuke, Ohta Katsuya, Matsuura Masato. Distinct pre-attentive responses to non-scale notes: An auditory mismatch negativity (MMN) study CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY. 2013.06; 124 (6): 1115-1121. ( PubMed, DOI )

  24. Watanabe Satsuki, Hara Keiko, Ohta Katsuya, Iino Hiroko, Miyajima Miho, Matsuda Ayasa, Hara Minoru, Maehara Taketoshi, Matsuura Masato, Matsushima Eisuke. Aroma helps to preserve information processing resources of the brain in healthy subjects but not in temporal lobe epilepsy SEIZURE-EUROPEAN JOURNAL OF EPILEPSY. 2013.01; 22 (1): 59-63. ( PubMed, DOI )

  25. Hara Keiko, Ohta Katsuya, Miyajima Miho, Hara Minoru, Iino Hiroko, Matsuda Ayasa, Watanabe Satsuki, Matsushima Eisuke, Maehara Taketoshi, Matsuura Masato. Mismatch negativity for speech sounds in temporal lobe epilepsy EPILEPSY & BEHAVIOR. 2012.03; 23 (3): 335-341. ( PubMed, DOI )

  26. Miyajima Miho, Ohta Katsuya, Hara Keiko, Iino Hiroko, Maehara Taketoshi, Hara Minoru, Matsuura Masato, Matsushima Eisuke. Abnormal mismatch negativity for pure-tone sounds in temporal lobe epilepsy EPILEPSY RESEARCH. 2011.05; 94 (3): 149-157. ( PubMed, DOI )

  27. 渡邊 さつき, 飯野 弘子, 宮島 美穂, 原 恵子, 松田 綾沙, 大田 克也, 前原 健寿, 原 實, 松浦 雅人, 松島 英介. 側頭葉てんかん患者における事象関連電位P300成分に対するイランイランアロマオイルの効果(The effect of ylang-ylang aroma on auditory P 300 event-related potentials on patients with temporal lobe epilepsy) てんかん研究. 2010.09; 28 (2): 378. ( 医中誌 )

  28. Keiko Hino, *Taisuke Otsuki, *Takanobu Kaido, *Akio Takahashi, Satsuki Watanabe, Miho Miyajima, Keiko Hara, Masako Watanabe, Yutaka Watanabe. Quality of life after resective surgery for intractable mesial temporal lobe epilepsy and neocortical epilepsy Neurology Asia. 2010.01; 15 (Supplement 1): 61.

  29. 宮島 美穂, 松田 綾沙, 江守 泰香, 飯野 弘子, 原 恵子, 太田 克也, 前原 健寿, 稲次 基希, 原 實, 松浦 雅人, 松島 英介. 側頭葉てんかん患者におけるミスマッチ陰性電位 純音を用いた課題による検討(Abnormal mismatch negativity for pure-tone sounds in temporal lobe epilepsy) てんかん研究. 2009.09; 27 (2): 329. ( 医中誌 )

  30. 原 恵子, 宮島 美穂, 飯野 弘子, 前原 健寿, 太田 克也, 松田 綾沙, 江守 泰香, 稲次 基希, 松島 英介, 渡辺 雅子, 原 實, 松浦 雅人. 側頭葉てんかん寛解例におけるVowel-speechを用いたMismatch Negativityについて(Vowel-speech Mismatch Negativity (MMN) in patients with temporal lobe epilepsy in remission) てんかん研究. 2009.09; 27 (2): 330. ( 医中誌 )

  31. Miyajima Miho, Matsumoto Toshihiko, Ito Shigeo. 2C-T-4 intoxication: Acute psychosis caused by a designer drug PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES. 2008.04; 62 (2): 243. ( PubMed, DOI )

  32. Yamakawa Toshitaka, Miyajima Miho, Fujiwara Koichi, Kano Manabu, Suzuki Yoko, Watanabe Yutaka, Watanabe Satsuki, Hoshida Tohru, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi. Wearable Epileptic Seizure Prediction System with Machine-Learning-Based Anomaly Detection of Heart Rate Variability SENSORS. 2007.01; ( DOI )

  33. 宮島 美穂, 藤原 幸一, 山川 俊貴. てんかんの発作検知・発作予知を目指した最近の研究動向 小児内科. 2021.10; 53 (10): 1623-1629.

  34. 宮島 美穂,塩飽 裕紀,土井 理美,松本 有紀子,藤野 純也,平井 伸英,治徳 大介,髙木 俊輔,田村 赳紘,丸尾 享司,四手井 友紀,小林 七彩,市橋 雅典,野口 詩織,大橋 花菜子,竹内 崇,杉原 玄一,岡田 幸之,藤原 武男,高橋 英彦. Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic;TMDP の開発COVID-19 感染拡大下における医療者の心理・社会的ストレス評価のための簡易スクリーニング尺度 臨床精神医学. 2021; 50 (4): 381-388.

  35. 治徳 大介, 竹内 崇, 丸尾 享司, 杉原 玄一, 松岡 裕美, 平井 伸英, 三宅 智, 野口 詩織, 大橋 花菜子, 四手井 友紀, 市橋 雅典, 小林 七彩, 藤野 純也, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 松本 有紀子, 宮島 美穂, 高橋 英彦. 東京医科歯科大学におけるCOVID-19に関連した職員メンタルヘルスの実際 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-204. ( 医中誌 )

  36. 宮島 美穂, 山川 俊貴, 藤原 幸一, 前原 健寿. てんかん突然死のリスク評価と予防におけるウェアラブルデバイスの有用性 てんかん研究. 2020.06; 38 (1): 91-97. ( 医中誌 )

  37. 宮島 美穂. てんかん臨床の窓から ウェアラブルてんかんモニタリングシステム Epilepsy: てんかんの総合学術誌. 2020.05; 14 (1): 40-43. ( 医中誌 )

  38. Miyajima M., Yamakawa T., Fujiwara K., Seki T., Ohno T., Iimori M., Inaji M., Osoegawa H., Kano M., Maehara T.. VIEWS OF PATIENTS WITH EPILEPSY ON WEARABLE SEIZURE PREDICTION SYSTEM; IMPACT OF TWO DIFFERENT TYPE OF DEVICES ON SLEEP QUALITY SLEEP MEDICINE. 2019.12; 64 S260.

  39. 宮島 美穂, 山川 俊貴, 藤原 幸一, 関 拓哉, 稲次 基希, 橋本 聡華, 岩崎 真樹, 長綱 敏和, 藤井 正美, 山本 信二, 加納 学, 前原 健寿. てんかん患者におけるウェアラブル自律神経機能モニタリングの試み てんかん突然死のリスク評価を目指し てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 541. ( 医中誌 )

  40. 橋本 聡華, 稲次 基希, 高木 俊輔, 赤座 実穂, 宮島 美穂, 原 恵子, 前原 健寿. てんかん外科からみた社会参画とダイバーシティ てんかん研究. 2019.09; 37 (2): 432. ( 医中誌 )

  41. 市倉 加奈子, 宮島 美穂, 松島 英介. がん患者のうつ状態に対するエスシタロプラムの有効性および忍容性 非盲検非対照デザイン研究 精神神経学雑誌. 2019.06; (2019特別号): S766. ( 医中誌 )

  42. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 吉田 典子, 渡邉 敬文, 藤原 真代, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法通電後の心拍数上昇に与える発作時間と服薬の影響 臨床神経生理学. 2018.10; 46 (5): 448. ( 医中誌 )

  43. 宮島 美穂. 心拍変動モニタリングに基づくウェアラブルてんかん発作予測システム てんかん研究. 2018.09; 36 (2): 374. ( 医中誌 )

  44. 宮島 美穂. 【精神疾患と妊娠・授乳】 妊娠・授乳期の女性に対するてんかんの薬物療法 医学のあゆみ. 2018.08; 266 (6-7): 513-518. ( 医中誌 )

  45. 宮島 美穂, 渡辺 雅子. 精神科診療と突然死 てんかん患者の突然死(SUDEP) 精神神経学雑誌. 2018.06; (2018特別号): S461. ( 医中誌 )

  46. 山川 俊貴, 宮島 美穂, 藤原 幸一, 加納 学, 鈴木 陽子, 渡辺 裕貴, 渡邊 さつき, 村田 佳子, 星田 徹, 前原 健寿. 心拍数変動解析と多変量統計的プロセス管理を用いたウェアラブルてんかん発作予知システムの開発 てんかん研究. 2018.01; 35 (3): 730. ( 医中誌 )

  47. 渡辺 雅子, 宮島 美穂. 【周産期の精神疾患】 てんかんのある女性の妊娠・出産・育児 最新精神医学. 2018.01; 23 (1): 49-57. ( 医中誌 )

  48. 藤原 幸一, 宮島 美穂, 山川 俊貴. ウェアラブルデバイスとスマートフォンを用いたてんかん発作予知技術 Epilepsy: てんかんの総合学術誌. 2017.11; 11 (2): 75-81. ( 医中誌 )

  49. Miyajima M., Fujiwara K., Toshitaka Y., Yoko S., Sasai-Sakuma T., Kano M., Maehara T., Watanabe Y., Watanabe S., Murata Y., Sasano T., Eisuke M.. Seizure prediction in localization-related epilepsy by heart rate variability monitoring JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 554-555. ( DOI )

  50. 藤原 幸一, 宮島 美穂, 鈴木 陽子, 山川 俊貴, 加納 学 . 多変量統計的プロセス管理と心拍変動解析を用いたてんかん発作予知技術の開発 計測と制御. 2017.07; 56 (7): 526-529. ( DOI )

  51. 渡邉 敬文, 宮島 美穂, 太田 克也, 鈴木 陽子, 藤原 真代, 中川 潤, 吉田 典子, 重家 里映, 奥村 正紀, 中村 満, 松島 英介. ECTにおける発作後抑制と心臓自律神経活動の関連に関する研究 日本うつ病学会総会・日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集. 2017.07; 14回・17回 254. ( 医中誌 )

  52. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 渡邉 敬文, 太田 克也, 吉田 典子, 佐々木 健至, 尾崎 茂, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法で脳波が遷延した症例の心拍数と心拍変動の変化 臨床神経生理学. 2016.10; 44 (5): 410. ( 医中誌 )

  53. 市倉 加奈子, 宮島 美穂, 松島 英介. がん患者のうつ状態に対するエスシタロプラムの有効性および忍容性 非盲検非対照デザインによる予備的研究 臨床精神医学. 2016.10; 45 (10): 1307-1315. ( 医中誌 )

  54. 藤原 真代, 宮島 美穂, 澤田 由梨子, 太田 克也, 笹野 哲郎, 渡邉 敬文, 吉田 典子, 鈴木 陽子, 重家 里映, 和田 久美子, 松島 英介. 非定型抗精神病薬LAI投与中の統合失調症患者における心臓自律神経活動の比較 精神神経学雑誌. 2016.06; (2016特別号): S316. ( 医中誌 )

  55. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 吉田 典子, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法前後の補正QT時間とQT変動の比較 臨床神経生理学. 2015.10; 43 (5): 463. ( 医中誌 )

  56. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 眞島 裕樹, 太田 克也, 吉田 典子, 重家 里映, 渡邉 敬文, 奥村 正紀, 中村 満, 木村 元紀, 諏訪 浩, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 硫酸アトロピン投与下の電気けいれん療法における徐脈化予防と心血管負荷の評価 臨床神経生理学. 2015.10; 43 (5): 418. ( 医中誌 )

  57. 澤田 由梨子, 太田 克也, 笹野 哲郎, 宮島 美穂, 吉田 典子, 藤原 真代, 鈴木 陽子, 和田 久美子, 松島 英介, 角 勇樹. リスペリドンLAIおよびパリペリドンLAI投与患者における心臓自律神経活動の比較 臨床神経生理学. 2015.10; 43 (5): 446. ( 医中誌 )

  58. 澤田 由梨子, 太田 克也, 笹野 哲郎, 宮島 美穂, 吉田 典子, 藤原 真代, 鈴木 陽子, 和田 久美子, 松島 英介, 角 勇樹. リスペリドンLAIおよびパリペリドンLAI投与患者における安静時補正QT時間の比較 臨床神経生理学. 2015.10; 43 (5): 416. ( 医中誌 )

  59. 山川 俊貴, 宮島 美穂, 藤原 幸一, 阿部 恵理花, 鈴木 陽子, 澤田 由梨子, 加納 学, 渡辺 裕貴, 前原 健寿. てんかんの心臓自律神経モニタリング ウェアラブルな心拍変動モニタリングシステムの開発 臨床神経生理学. 2015.10; 43 (5): 337. ( 医中誌 )

  60. 澤田 由梨子, 鈴木 陽子, 阿部 恵理花, 藤原 幸一, 宮島 美穂, 山川 俊貴, 加納 学, 村田 佳子, 渡邊 さつき, 渡邊 裕貴, 前原 健寿, 笹野 哲郎, 角 勇樹, 松島 英介, 松浦 雅人. ウェアラブル心拍変動センサを用いたてんかん発作兆候検出システムの開発 てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 528. ( 医中誌 )

  61. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 吉田 典子, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法術中の補正QT時間の経時的な変化 日本うつ病学会総会・日本認知療法学会プログラム・抄録集. 2015.07; 12回・15回 248. ( 医中誌 )

  62. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 吉田 典子, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法の誘発けいれん発作による心臓自律神経活動の変化 てんかん研究. 2015.01; 32 (3): 597-598. ( 医中誌 )

  63. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 重家 里映, 木村 元紀, 諏訪 浩, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法術中における心臓自律神経活動変化にアトロピンが与える影響 臨床神経生理学. 2014.10; 42 (5): 335. ( 医中誌 )

  64. 原 恵子, 松田 綾沙, 太田 克也, 宮島 美穂, 松浦 雅人, 前原 健寿, 角 勇樹. ミスマッチ陰性電位と臨床応用 絶対音感保持者におけるミスマッチ陰性電位 臨床神経生理学. 2014.10; 42 (5): 248. ( 医中誌 )

  65. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 吉田 典子, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法1クール中における回数ごとの心臓自律神経活動変化 精神神経学雑誌. 2014.06; (2014特別): S418. ( 医中誌 )

  66. 澤田 由梨子, 太田 克也, 宮島 美穂, 笹野 哲郎, 吉田 典子, 藤原 真代, 鈴木 陽子, 松浦 雅人, 松島 英介. 統合失調症における過呼吸負荷時の心臓自律神経活動の変化 精神神経学雑誌. 2014.06; (2014特別): S359. ( 医中誌 )

  67. 吉田 典子, 宮島 美穂, 鈴木 陽子, 太田 克也, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 統合失調症患者における電気けいれん療法前後の心拍変動解析 精神神経学雑誌. 2014.06; (2014特別): S358. ( 医中誌 )

  68. 重家 里映, 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 青木 藍, 猪狩 温, 今井 径介, 金子 雄二郎, 木村 元紀, 平林 久吾, 諏訪 浩, 松島 英介. レビー小体型認知症の自律神経障害 心拍変動解析を用いた検討 精神神経学雑誌. 2014.06; (2014特別): S408. ( 医中誌 )

  69. 吉田 典子, 宮島 美穂, 鈴木 陽子, 太田 克也, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法術中の心臓自律神経活動の経時的変化 総合病院精神医学. 2014.04; 26 (2): 175-181. ( 医中誌 )

  70. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 吉田 典子, 太田 克也, 松島 英介. 電気けいれん療法の自律神経機能の経時的変化 臨床神経生理学. 2014.04; 42 (2): 37-43. ( 医中誌 )

  71. 原 恵子, 廣瀬 有香, 鈴木 陽子, 田端 梓, 工藤 琢巳, 伊藤 なつみ, 宮島 美穂, 太田 克也, 前原 健寿, 松浦 雅人. 頭蓋内電極を用いたミスマッチ陰性電位解析区間についての検討 臨床神経生理学. 2013.10; 41 (5): 479. ( 医中誌 )

  72. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 吉田 典子, 奥村 正紀, 中村 満, 澤田 由梨子, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法前後の安静時心拍変動の比較 臨床神経生理学. 2013.10; 41 (5): 415. ( 医中誌 )

  73. 鈴木 陽子, 橋本 啓嗣, 藤原 幸一, 宮島 美穂, 山川 俊貴, 加納 学, 前原 健寿, 太田 克也, 笹野 哲郎, 松浦 雅人, 松島 英介. てんかん臨床症状起始前に心拍変動上昇を示した1症例 てんかん研究. 2013.09; 31 (2): 400. ( 医中誌 )

  74. 廣瀬 有香, 原 恵子, 宮島 美穂, 渡邊 さつき, 松田 綾沙, 太田 克也, 松島 英介, 松浦 雅人. 検知閾値濃度のラベンダーの香りが聴覚事象関連電位P300に与える影響 日本薬物脳波学会雑誌. 2013.07; 14 (1): 35-43. ( 医中誌 )

  75. 宮島 美穂, 原 恵子, 渡邊 さつき, 松田 綾沙, 廣瀬 有香, 太田 克也, 前原 健寿, 原 實, 松浦 雅人, 松島 英介. 抗てんかん薬と事象関連電位(ERP) 日本薬物脳波学会雑誌. 2013.07; 14 (1): 11-18. ( 医中誌 )

  76. Taniguchi G., Miyajima M., Watanabe M., Okazaki M., Murata Y., Sone D., Kimura M., Ichikawa M., Sakata M.. THREE CASES OF NONCONVULSIVE STATUS EPILEPTICUS INDUCED BY NEWER ANTIDEPRESSANTS USED AT THERAPEUTIC DOSES EPILEPSIA. 2013.06; 54 119.

  77. Suzuki Y., Miyajima M., Ohta K., Yoshida N., Okumura M., Nakamura M., Sasano T., Kawara T., Matsuura M., Matsushima E.. CARDIAC AUTONOMIC ACTIVITY CHANGES DURING ELECTROCONVULSIVE THERAPY EPILEPSIA. 2013.06; 54 261.

  78. Hirose Y., Hara K., Miyajima M., Ohta K., Matsuda A., Maehara T., Hara M., Matsushima E., Matuura M.. THE BEST EVENT-RELATED POTENTIAL PARADIGM TO DETECT PRE-ATTENTIVE ABNORMALITY IN PATIENTS WITH TEMPORAL LOBE EPILEPSY EPILEPSIA. 2013.06; 54 263.

  79. 吉田 典子, 宮島 美穂, 鈴木 陽子, 太田 克也, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法前後における心臓自律神経活動の変化について 精神神経学雑誌. 2013.05; (2013特別): S-356. ( 医中誌 )

  80. 鈴木 陽子, 宮島 美穂, 太田 克也, 吉田 典子, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法術中における心臓自律神経活動の変化 臨床神経生理学. 2012.10; 40 (5): 507. ( 医中誌 )

  81. 原 恵子, 小宇佐 梨里子, 松田 綾沙, 渡邊 さつき, 前原 健寿, 宮島 美穂, 松島 英介, 太田 克也, 松浦 雅人. 刺激長ミスマッチ陰性電位における刺激間隔の影響について 臨床神経生理学. 2012.10; 40 (5): 480. ( 医中誌 )

  82. 原 恵子, 宮島 美穂, 松田 綾沙, 廣瀬 有香, 前原 健寿, 原 實, 太田 克也, 松島 英介, 松浦 雅人. ミスマッチ陰性電位研究の展望 てんかんにおけるミスマッチ陰性電位の臨床応用の展望 臨床神経生理学. 2012.10; 40 (5): 367. ( 医中誌 )

  83. 宮島 美穂, 鈴木 陽子, 太田 克也, 吉田 典子, 奥村 正紀, 中村 満, 笹野 哲郎, 川良 徳弘, 松浦 雅人, 松島 英介. 電気けいれん療法による誘発けいれん発作における心臓自律神経活動の変化 てんかん研究. 2012.09; 30 (2): 463. ( 医中誌 )

  84. 松田 綾沙, 前原 健寿, 原 恵子, 宮島 美穂, 渡邊 さつき, 太田 克也, 松浦 雅人, 松島 英介. 術後に純音ミスマッチ陰性電位(MMN)が改善した側頭葉てんかんの一例 日本薬物脳波学会雑誌. 2012.06; 13 (1): 49-55. ( 医中誌 )

  85. 渡邊 さつき, 原 恵子, 太田 克也, 飯野 弘子, 宮島 美穂, 松田 綾沙, 原 實, 前原 健寿, 松浦 雅人, 松島 英介. ラベンダーの香りが側頭葉てんかん患者の事象関連電位P300成分に与える影響 アロマテラピー学雑誌. 2012.03; 12 (1): 28-33. ( 医中誌 )

  86. 宮島 美穂, 松浦 雅人. 【知っておきたいてんかん診療】 てんかんと社会 てんかんと道路交通法 Modern Physician. 2012.03; 32 (3): 270-276. ( 医中誌 )

  87. 渡邊 さつき, 原 恵子, 宮島 美穂, 飯野 弘子, 松田 綾沙, 太田 克也, 前原 健寿, 原 實, 松浦 雅人, 松島 英介. 側頭葉てんかん患者における事象関連電位P300に対するラベンダーアロマオイルの効果 臨床神経生理学. 2011.10; 39 (5): 421. ( 医中誌 )

  88. 原 恵子, 宮島 美穂, 松田 綾沙, 渡邊 さつき, 前原 健寿, 原 實, 飯野 弘子, 太田 克也, 松浦 雅人. ミスマッチ陰性電位の有用性 MMNとてんかん 臨床神経生理学. 2011.10; 39 (5): 341. ( 医中誌 )

  89. 宮島 美穂, 原 恵子, 原 拓希, 渡邊 さつき, 松田 綾沙, 太田 克也, 松浦 雅人, 松島 英介. タバコの匂いが聴覚情報処理機能に与える影響について 臨床神経生理学. 2011.10; 39 (5): 447. ( 医中誌 )

  90. 原 恵子, 宮島 美穂, 前原 健寿, 渡邊 さつき, 松田 綾沙, 原 實, 松島 英介, 稲次 基希, 太田 克也, 松浦 雅人. 側頭葉てんかん患者における母音を用いたMismatch Negativityについて てんかん研究. 2011.09; 29 (2): 366. ( 医中誌 )

  91. 宮島 美穂, 原 恵子, 松田 綾沙, 渡邊 さつき, 太田 克也, 前原 健寿, 原 實, 松浦 雅人, 松島 英介. 側頭葉てんかんにおける持続長Mismatch negativity てんかん研究. 2011.09; 29 (2): 367. ( 医中誌 )

  92. Hara K., Hara M., Miyajima M., Matsuda A., Maehara T., Iino H., Matsushima E., Ohta K., Matsuura M.. MISMATCH NEGATIVITY FOR PHONETIC SOUNDS IN TEMPORAL LOBE EPILEPSY EPILEPSIA. 2011.08; 52 77.

  93. 宮島 美穂, 原 恵子, 岡崎 光俊, 松浦 雅人. 【てんかん】 てんかんに関連する精神症状 こころの科学. 2011.05; (157): 58-64. ( 医中誌 )

  94. 飯野 弘子, 宮島 美穂, 原 恵子, 太田 克也, 松島 英介, 松浦 雅人. 事象関連電位P300成分を用いた各種香りの認知機能に与える影響と可能性 アロマテラピー学雑誌. 2011.03; 11 (1): 52-57. ( 医中誌 )

  95. 原 恵子, 宮島 美穂, 飯野 弘子, 太田 克也, 前原 健寿, 原 實, 渡辺 雅子, 松島 英介, 松浦 雅人. 側頭葉てんかん患者における純音Mismatch negativity(MMN) てんかん研究. 2011.01; 28 (3): 495-496. ( 医中誌 )

  96. 松田 綾沙, 太田 克也, 原 恵子, 宮島 美穂, 飯野 弘子, 江守 泰香, 馬場 美智, 渡邊 さつき, 阪上 正巳, 松島 英介, 松浦 雅人. 音階構成逸脱音の聴覚性ミスマッチ陰性電位(MMN)の検討 臨床神経生理学. 2010.10; 38 (5): 364. ( 医中誌 )

  97. 飯野 弘子, 宮島 美穂, 原 恵子, 太田 克也, 松島 英介, 松浦 雅人. 香りの認知機能への影響に関するP300研究 日本薬物脳波学会雑誌. 2010.04; 11 (1): 77-84. ( 医中誌 )

  98. 原 恵子, 飯野 弘子, 宮島 美穂, 太田 克也, 稲次 基希, 前原 健寿, 松浦 雅人. 側頭葉てんかんにおけるMismatch Negativity(MMN)の術前術後変化 てんかん研究. 2010.01; 27 (3): 442-443. ( 医中誌 )

  99. Iino Hiroko, Emori Y., Matsuda A., Miyajima M., Hara K., Ohta K., Maehara T., Inaji M., Hara M., Matsushima E., Matsuura M.. VOWEL-SPEECH VERSUS PURE-TONE PROCESSING IN INTRACTABLE TEMPORAL LOBE EPILEPSY EPILEPSIA. 2009.11; 50 15.

  100. Hara Keiko, Miyajima M., Iino H., Matsuda A., Emori Y., Ohta K., Maehara T., Inaji M., Matsushima E., Watanabe M., Watanabe Y., Hara M., Matsuura M.. MISMATCH NEGATIVITY (MMN) TO VOWEL-SPEECH CHANGE IN PATIENTS WITH TEMPORAL LOBE EPILEPSY EPILEPSIA. 2009.11; 50 13.

  101. 宮島 美穂, 原 恵子, 飯野 弘子, 太田 克也, 前原 健寿, 原 實, 松浦 雅人, 松島 英介. 高音刺激で発作が誘発される前頭葉てんかんにおける聴覚Mismatch Negativity(MMN)の検討 臨床神経生理学. 2009.10; 37 (5): 378. ( 医中誌 )

  102. 飯野 弘子, 宮島 美穂, 原 恵子, 太田 克也, 稲次 基希, 前原 健寿, 原 實, 松島 英介, 松浦 雅人. 母音と純音によるミスマッチ陰性電位(MMN)の検討 臨床神経生理学. 2009.10; 37 (5): 394. ( 医中誌 )

  103. 原 恵子, 飯野 弘子, 宮島 美穂, 原 實, 太田 克也, 稲次 基希, 武川 麻紀, 松島 英介, 前原 健寿, 松浦 雅人. 側頭葉てんかんにおけるMismatch Negativity(MMN)の術前と術後の変化 2例報告 臨床神経生理学. 2009.10; 37 (5): 350-351. ( 医中誌 )

  104. 宮島 美穂, 日野 慶子, 田中 晋, 松浦 雅人. 【新規抗てんかん薬を使い分ける】 ガバペンチン(GPT)の臨床 精神科. 2009.07; 15 (1): 81-86. ( 医中誌 )

  105. 宮島 美穂, 田中 晋, 松浦 雅人. 【向精神薬の「警告・禁忌・使用上の注意」】 けいれん性疾患患者における向精神薬 精神科治療学. 2009.07; 24 (7): 793-799. ( 医中誌 )

  106. 大町 佳永, 岡崎 光俊, 新井 薫, 宮島 美穂, 日野 慶子, 原 恵子, 田中 晋, 渡邊 雅子. 心因性多飲によりけいれん発作と脳浮腫を認めた2例 精神神経学雑誌. 2009.05; (2009特別): S-300. ( 医中誌 )

  107. 宮島 美穂, 松浦 雅人. 【小児てんかんの診療 最近の考え方】 てんかんの精神医学的合併症とその対応 小児内科. 2009.03; 41 (3): 410-412. ( 医中誌 )

  108. 宮島 美穂, 大町 佳永, 日野 慶子, 佐藤 博俊, 田中 晋, 岡崎 光俊, 渡辺 裕貴, 渡辺 雅子. 統合失調症の長期経過中にてんかんを発症し、多彩な精神症状を呈した2症例 てんかん研究. 2009.01; 26 (3): 464. ( 医中誌 )

  109. 野田 隆政, 新井 薫, 宮島 美穂, 鈴木 恭子. 【現場で働くなかで専門家として成長する】 職種ごと・現場ごとの基本と成長 自分の場合 医師として 国立精神・神経センターでの経験 精神科臨床サービス. 2009.01; 9 (1): 72-75. ( 医中誌 )

  110. 宮島 美穂, 日野 慶子, 原 恵子, 田中 晋, 岡崎 光俊, 渡辺 裕貴, 渡辺 雅子. 多彩な精神症状を呈した環状20番染色体症候群の一症例 てんかん研究. 2008.09; 26 (2): 369. ( 医中誌 )

  111. 田中 晋, 日野 慶子, 鈴木 美穂, 坂本 広太, 原 恵子, 高橋 晶, 岡崎 光俊, 加藤 昌明, 大沼 悌一, 渡辺 裕貴, 渡辺 雅子. てんかん精神病に対する非定型抗精神病薬の使用状況について 国立精神・神経センター武蔵病院てんかん病棟入院患者における使用状況 精神科治療学. 2008.08; 23 (8): 1005-1011. ( 医中誌 )

  112. 日野 慶子, 田中 晋, 宮島 美穂, 原 恵子, 高橋 晶, 岡崎 光俊, 渡辺 雅子, 渡辺 裕貴, 加藤 昌明, 大沼 悌一. 脳血流SPECTとMRI-FLAIRの変化が脳波のPLEDsと一致した非けいれん性てんかん重積状態の一例 てんかん研究. 2008.06; 26 (1): 41-49. ( 医中誌 )

  113. 原 恵子, 渡辺 裕貴, 岡崎 光俊, 田中 晋, 高橋 晶, 宮島 美穂, 日野 慶子, 渡辺 さつき, 原 實, 松浦 雅人, 渡辺 雅子. 進行性の記憶障害と問題行動を認めた非ヘルペス性辺縁系脳炎後てんかんの1例 精神科. 2008.04; 12 (4): 328-335. ( 医中誌 )

  114. Hino Keiko, Otsuki Taisuke, Kaido T., Takahashi A., Watanabe S., Miyajima Miho, Hara Keiko, Watanabe M., Watanabe Y.. QUALITY OF LIFE AFTER RESECTIVE SURGERY FOR INTRACTABLE MESIAL TEMPORAL LOBE EPILEPSY AND NEOCORTICAL EPILEPSY EPILEPSIA. 2008; 49 301.

  115. Miyajima Miho, Hino Keiko, Hara Keiko, Tanaka S., Watanabe Y., Watanabe M.. STATUS OF RISPERIDONE AND OLANZAPINE USE FOR EPILEPSY PATIENTS WITH PSYCHIATRIC DISORDER IN THE EPILEPSY WARD OF OUR HOSPITAL EPILEPSIA. 2008; 49 260-261.

  116. 日野 慶子, 田中 晋, 宮島 美穂, 原 恵子, 岡崎 光俊, 渡辺 雅子, 渡辺 裕貴, 大沼 悌一, 加藤 昌明. 非けいれん性てんかん重積状態の消失とともにMRI、FLAIR画像とSPECT所見が改善した一例 てんかん研究. 2007.09; 25 (3): 343. ( 医中誌 )

  117. 田中 晋, 日野 慶子, 鈴木 美穂, 坂本 広太, 原 恵子, 岡崎 光俊, 加藤 昌明, 大沼 悌一, 渡辺 裕貴, 渡辺 雅子. 精神病に対する非定型抗精神病薬の当院での使用状況 てんかん研究. 2007.09; 25 (3): 257. ( 医中誌 )

  118. 日野 慶子, 宮島 美穂, 原 恵子, 田中 晋, 岡崎 光俊, 渡辺 雅子, 渡辺 裕貴. アリピプラゾールが著効したてんかん精神病の一例 てんかん研究. 2007.08; 25 (2): 128-129. ( 医中誌 )

  119. 鈴木 美穂, 木村 元紀, 岡崎 光俊, 原 恵子, 日野 慶子, 渡辺 雅子, 大沼 悌一. Paroxetine投与中にspike-wave stuporを発症した一例 てんかん研究. 2007.04; 25 (1): 10-15. ( 医中誌 )

  120. 渡辺 裕貴, 岡崎 光俊, 田中 晋, 日野 慶子, 鈴木 美穂, 高橋 晶, 渡辺 雅子. 入門講座 前頭葉てんかん 前頭葉てんかんの臨床症状と電気生理学的所見 臨床脳波. 2006.08; 48 (8): 505-511. ( 医中誌 )

  121. 渡辺 雅子, 岡崎 光俊, 田中 晋, 日野 慶子, 鈴木 美穂, 高橋 晶, 渡辺 裕貴. 入門講座 前頭葉てんかん 前頭葉てんかんの基本知識 臨床脳波. 2006.07; 48 (7): 435-440. ( 医中誌 )

  122. 鈴木 美穂, 木村 元紀, 川崎 葉子, 備瀬 哲弘, 野崎 伸次, 梶 達彦, 武田 充弘, 西村 隆夫. 精神科に救急入院となる広汎性発達障害患者 東京都立府中病院における調査 精神神経学雑誌. 2006.05; (2006特別): S383. ( 医中誌 )

  123. 宮島 美穂, 山川 俊貴, 藤原 幸一, 前原 健寿. てんかん突然死のリスク評価と予防におけるウェアラブルデバイスの有用性 てんかん研究. 2006.01; 38 (1): 91-97.

  124. てんかん突然死のリスク評価と予防におけるウェアラブルデバイスの有用性 てんかん研究. 2006.01; 38 (1): 91-97.

  125. 宮島 美穂. てんかん臨床の窓から ウェアラブルてんかんモニタリングシステム Epilepsy: てんかんの総合学術誌. 2005.01; 14 (1): 40-43.

  126. 川田 深志, 新里 和弘, 鈴木 美穂, 大島 健一, 鹿野 朗, 松下 正明. 東京都の精神科救急 最近の動向 高齢者の救急患者の解析を中心に 最新精神医学. 2004.07; 9 (4): 367-374. ( 医中誌 )

  127. 新里 和弘, 川田 深志, 鈴木 美穂, 大島 健一, 松下 正明. 精神科救急システムにおける高齢者の現況 老年精神医学雑誌. 2003.05; 14 (5): 641-642. ( 医中誌 )

  128. 鈴木 美穂, 新里 和弘, 針間 博彦, 安西 信雄, 松下 正明. アカツキ病を呈したコタール症候群の1例 東京精神医学会誌. 2002.12; 20 (1): 49. ( 医中誌 )

  129. 川田 深志, 鈴木 美穂, 新里 和弘, 松下 正明. 精神科救急における高齢者の臨床特徴 老年精神医学雑誌. 2002.06; 13 (6): 739. ( 医中誌 )

  130. 宮島 美穂. 【てんかん診療のパラダイムシフト】てんかんを取り巻く社会の動向 てんかん発作検知・予知に関する最近の研究動向 クリニシアン. 1906.01; 66 (5-6): 440-445.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 系統看護学講座 別巻 臨床薬理学. 2021.02

  2. 宮島美穂,藤原幸一,山川俊貴. CLINICIAN. エーザイ株式会社, 2019.06 てんかんを取り巻く社会の動向 てんかん発作検知・予知に関する最新の研究動向

  3. 宮島美穂. ナーシング・グラフィカ 精神看護学(2):精神障害と看護の実践 第4版. メディカ出版, 2017.01 「抑うつ障害、双極性障害」「不安障害」

  4. 宮島美穂. 系統看護学講座 別巻 臨床薬理学. 2017 抗不安薬の臨時投与

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Miho Sakuma, Miho Miyajima, Motoki Inaji, Masato Serino, Koichi Fujiwara, Manabu Kano, Taketoshi Maehara. Epileptic Seizure Prediction Based on Heart Rate Variability in a Patient with Intractable Epilepsy Due to Trauma under Electrocorticogram Monitoring: A Case Report. American Epilepsy Society 2021.12.03

  2. MIYAJIMA Miho, ICHIKURA Kanako, MIKI Takahiro, KOSUGI Kazuhiro, MATSUSHIMA Eisuke, TAKEUCHI Takashi. Description of psychosocial aspects of cancer in Japanese ethical textbooks for elementaly school education: a qualitative content analysis. 19th International Congress of the Pacific Rim College of Psychiatrists (PRCP 2021) 2021.04.08 Seoul, Korea

  3. Miho Miyajima, Hiroki Shiwaku, Yukiko Matsumoto, Shiori Noguchi, Takashi Maruo, Yuki Shidei, Nanase Kobayashi, Masanori Ichihashi, Kanako Oohashi, Hidehiko Takahashi.. Development of Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic (TMDP), for assessing mental and social stress of medical personnel in COVID-19 pandemic. 19th International Congress of the Pacific Rim College of Psychiatrists (PRCP 2021) 2021.04.08 Seoul, Korea

  4. ICHIKURA Kanako, MIYAJIMA Miho, MIKI Takahiro, KOSUGI Kazuhiro, MATSUSHIMA Eisuke, TAKEUCHI Takashi. The stereotyped image of death among elementary school children; a content analysis of school ethical education textbook. 19th International Congress of the Pacific Rim College of Psychiatrists (PRCP 2021) 2021.04.08 Seoul, Korea

  5. Miyajima M, Goda A, Suzuki Y, Sakane F. Fujiwara K, Yamakawa T, Watanabe Y, Hashimoto S, Inaji M, Jin K, Nakasato N, Sawai Y, Hoshida T, Maehara T, Kano M.. Autoencoder Neural Network Algorithm For Epileptic Seizure Detection Based on Heart Rate Variability Analysis. 20th WPA World Congress of Psychiatry 2021.03.10

  6. Miho Miyajima,Koichi Fujiwara,Toshitaka Yamakawa,Motoaki Iimori,Takeshi Ohno,Takuya Seki,Motoki Inaji,Masaki Iwasaki,Eiji Nakagawa,Hideaki Shiraishi,Masami Fujii,Toshikazu Nagathuna,Shinji Yamamoto,Hidenori Sugano,Yasushi Iimura,Naoto Kunii,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Hui Ming Khoo,Masako Watanabe,Manabu Kano,Taketoshi Maehara. Views of Medical Staff Members on the Use of a Wearable Seizure Prediction System in Hospitals. 2019 Annual Meeting of the American Epilepsy Society 2019.12.08

  7. 宮島美穂, 山川俊貴, 藤原幸一, 関拓哉, 稲次基希, 橋本聡華, 岩崎真樹, 長綱敏和, 藤井正美, 山本信二, 加納学, 前原健寿. てんかん患者におけるウェアラブル自律神経機能モニタリングの試み―てんかん突然死のリスク評価を目指して. 第53回日本てんかん学会学術集会 2019.10.31

  8. Fumiya Sakane,Koichi Fujiwara,Miho Miyajima,Yoko Suzuki,Toshitaka Yamakawa,Manabu Kano,Taketoshi Maehara. Generalized Epileptic Seizure Prediction Based on Heart Rate Variability Analysis and Discussion on Its Mechanism. AES2018 2018.12

  9. Miho Miyajima,Toshitaka Yamakawa,Koichi Fujiwara,Yoko Suzuki,Masako Watanabe,Manabu Kano,Taketoshi Maehara. Views of Patients With Epilepsy on Wearable Seizure Prediction System Based on Heart Rate Variability. AES2018 2018.12

  10. Koichi Fujiwara,Fumiya Sakane,Miho Miyajima,Toshitaka Yamakawa,Manabu Kano,Taketoshi Maehara. Heart Rate Variability Analysis-Based Epileptic Seizure Prediction Using Neural Network. AES2018 2018.12

  11. Miho Miyajima,Yoshimi Morita,Yoji Takubo,Masako Watanabe.. A Retrospective Review of Mortality Cases Neuropsychiatric Epilepsy Clinic.. 2018.10.26 Yokohama

  12. Miho Miyajima, Toshitaka Yamakawa, Koichi Fujiwara, Fumiya Sakane, Motoki Inaji, Hiromichi Osoegawa, Michiyoshi Buniu, Manabu Kano, Taketoshi Maehara. Wearable ECG Monitoring System with Garment-type Sensor for Real-time Epileptic Seizure Prediction. 2018.07.20

  13. Fumiya Sakane, Koichi Fujiwara, Miho Miyajima, Yoko Suzuki, Toshitaka Yamakawa, Manabu Kano, Taketoshi Maehara. Seizure Prediction Algorithms for Realizing Closed-Loop Treatment of Refractory Epilepsy. EMBC2018 2018.07.18

  14. Fumiya Sakane, Koichi Fujiwara, Miho Miyajima, Yoko Suzuki, Toshitaka Yamakawa, Manabu Kano, Taketoshi Maehara. Generalized Epileptic Seizure Prediction and Mechanism Analysis by Using Heart Rate Variability. IEEE BHI 2018 2018.03

  15. Kento Shoji, Toshitaka Yamakawa, Koichi Fujiwara, Manabu Kano, Miho Miyajima, Tadashi Sakata, Yuichi Ueda. Evaluating the Improvement Factor of R-Wave Detection Rate after Gain Readjustment. IEEE BHI 2018 2018.03

  16. Miho Miyajima, Koichi Fujiwara,Toshitaka Yamakawa,Yoko Suzuki,T.Sasai-Sakuma,Manabu Kano,Taketoshi Maehara,Yutaka Watanabe,Satsuki Watanabe,Yoshiko Murata,Tetsuo Sasano,Eisuke Matsushima. Seizure Prediction in Localization-related Epilepsy by Heart Rate Variability Monitoring. XXIII World Congress of Neurology 2017.09.16

  17. Fumiya Sakane, Koichi Fujiwara, Miho Miyajima, Yoko Suzuki, Toshitaka Yamakawa, Manabu Kano, and Taketoshi Maehara. Seizure Prediction and Mechanism Analysis of Generalized Epilepsy Based on Heart Rate Variability. 39th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2017.07.11

  18. Miho Miyajima. Real-Time Epileptic Seizure Prediction System Employing a Wearable HRV Telemeter and a Smartphone. 38TH Annual International Conference of The IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2016.08.19 Orlando

  19. Miyajima M, Hino K, Hara K, Tanaka S, Watanabe Y and Watanabe M. Status of Risperidone and Olanzapine Use for Epilepsy Patients with Psychiatric Disorder in the Epilepsy Ward of our Hospital.. 2008 American Epilepsy Society Annual Meeting 2008.12.07

  20. 宮島美穂. てんかんの治療・ケアに関する最近の話題:精神医学的視点を含めて. てんかんプライマリケアセミナー 2022.03.08 オンライン/千葉

  21. 宮島 美穂. ウェアラブルデバイスを利用した新しいてんかんケアの可能性. 第9回 全国てんかんセンター協議会総会 2022.03.06 鹿児島/Online

  22. 宮島美穂. 不眠症の診断とその治療―サイコオンコロジーの視点を交えて―. 不眠症Web seminar 2021.12.15 Online

  23. 宮島美穂, 柏崎祥大, 市橋雅典, 治徳大介, 田村赳紘, 竹内崇, 杉原玄一, 渡辺雅子, 高橋英彦. 脳炎後の難治てんかんに合併した心因性非てんかん発作の一例―大学病院精神科とてんかん専門クリニックの治療連携―. 第15回てんかん学会関東甲信越地方会 2021.11.27 川崎

  24. 佐藤仁美,宮島美穂, 樺沢勇司,富岡寛文,原田浩之,武藤仁志,石田陽菜,竹内崇. 高照度光療法を用いた口腔がんの術後せん妄予防の取り組み. 第34回日本総合病院精神医学会総会 2021.11.19

  25. 柏崎祥大,市橋雅典,宮島美穂,治徳大介,田村赳紘,竹内崇,杉原玄一,高橋英彦. てんかんに合併した心因性非てんかん発作の一例. 東京精神医学会第123回学術集会 2021.11.06

  26. 閏井智郷,市橋雅典, 榎本晟也,宮島美穂,治徳大介, 田村赳紘,杉原玄一,高橋英彦. 重度認知機能障害を呈する慢性進行型神経ベーチェット病が疑われた40代女性の一例. 東京精神医学会第123回学術集会 2021.11.06

  27. 佐久間美帆,宮島 美穂,稲次 基希,芹野 真郷,藤原 幸一,加納 学,前原 健寿. 慢性頭蓋内脳波記録中に心拍変動解析を用いたてんかん発作予知を行った, 外傷性難治てんかん患者の1例. 第80回日本脳神経外科学会総会 2021.10.27

  28. 宮島美穂. 医工連携体制による多施設共同研究の経験から-心拍モニタリングに基づくてんかん発作予測システムの開発-. 第54回日本てんかん学会学術集会 2021.09.23 オンライン/名古屋国際会議場

  29. 佐藤仁美,竹内崇,宮島美穂,中山菜央,菅野朋子. 血液内科病棟入院患者に対するメンタルケアの実践. 第34回日本サイコオンコロジー学会総会 2021.09.18

  30. 佐藤仁美,宮島美穂,樺沢勇司,富岡寛文,原田浩之,武藤仁志,石田陽菜,竹内崇. 高照度光療法を用いた口腔がんの術後せん妄予防の取り組み. 第34回日本サイコオンコロジー学会総会 2021.09.18

  31. 宮島美穂. ウェアラブルてんかんモニタリングシステム開発の試み. 第16回日本てんかん学会九州地方会 共催セミナー 2021.07.10 オンライン

  32. 宮島美穂. 口腔外科領域におけるせん妄予防の取り組み―歯学部附属病院との連携. 2020.11.26

  33. 佐藤仁美、竹内崇、宮島美穂、中山菜央、菅野朋子. 東京医科歯科大学医学部附属病院における血液内科病棟入院患者に対するメンタルケアの実践. 第33回日本総合病院精神医学会総会 2020.11.20

  34. 佐藤 仁美, 竹内 崇, 宮島 美穂, 中山 菜央, 菅野 朋子. 東京医科歯科大学医学部附属病院における血液内科入院患者に対するメンタルケアの実践. 第33回日本総合病院精神医学会総会 2020.11.20

  35. 竹内 崇, 松島 英介, 宮島 美穂. サイコオンコロジー分野におけるオランザピンの利用. 緩和・支持・心のケア 合同学術大会2020 2020.08.09

  36. 山川 俊貴,藤原 幸一,宮島 美穂. ウェアラブル機器と機械学習技術によるてんかん発作の予知. 日本薬剤学会第35年会 2020.05.14

  37. 宮島美穂、藤原幸一、合田飛、関拓哉、芹野真郷、稲次基希、岩崎真樹、田端さつき、神一敬、中里信和、澤井康子、大杉保奈美、前原健寿. 心拍変動解析に基づくてんかん発作自動検知の試み. 第7回全国てんかんセンター協議会総会 2020.02.08

  38. 合田飛、前原健寿、藤原幸一、宮島美穂、安倍大数、橋本聡華、稲次基希. 心拍変動を用いたてんかん発作予知と頭蓋内脳波の検討による予知機構の解明. 第7回全国てんかんセンター協議会総会 2020.02.08 広島

  39. 芹野真郷、宮島美穂、山川俊貴、藤原幸一、前原健寿、稲次基希、橋本聡華、岩崎真樹、田端さつき、山本信二、小山孝明、澤井康子、大杉保奈美、小副川博通. 多極シャツ型心電図電極を用いたR-R intervalの計測精度の検証. 第7回全国てんかんセンター協議会総会 2020.02.08

  40. 宮島 美穂,藤原 幸一, 合田 飛, 安倍 大数, 橋本 聡華, 関 拓哉, 稲次 基希, 前原 健寿. 心拍変動解析を用いたてんかん発作予知―頭蓋内電極脳波留置症例における検討. 第43回日本てんかん外科学会 2020.01.09

  41. 宮島美穂. ウェアラブルデバイスを用いたてんかん発作モニタリングの試み. 第13回全国てんかんリハビリテーション研究会 2019.12.21

  42. 藤原幸一,宮島美穂,山川俊貴,前原健寿,加納学. ニューラルネットワークを用いた心拍変動解析によるてんかん発作予知. 第53回日本てんかん学会学術集会 2019.10.31

  43. 竹内崇,宮島美穂,市倉加奈子. 小学校教科書における「疾病」の描写―高学年道徳教科書の内容分析. 第32回日本サイコオンコロジー学会 2019.10.11

  44. 市倉加奈子,宮島美穂,竹内崇. 死に対するスピリチュアルイメージ:小学校の道徳教科書における内容分析. 第32回日本サイコオンコロジー学会 2019.10

  45. 宮島美穂,市倉加奈子,竹内崇. 小学校教科書における「がん」のQOL、心理社会的側面およびスピリチュアリティの描写―高学年道徳教科書の内容分析. 第32回日本サイコオンコロジー学会 2019.10

  46. 竹内崇,市倉加奈子,宮島美穂. 小学校教科書における「死」の記述―高学年道徳教科書の内容分析. 第25回日本臨床死生学会 2019.09.23

  47. 宮島美穂. 精神科医のサブスペシャリティとしての「てんかん」を考える. Epilepsy Clinical Conference Seminer 2019.09.13 東京

  48. 関拓哉,藤原幸一,山川俊貴,宮島美穂. ウェアラブルてんかん発作予測システムに対するてんかん患者の意向. 第13回日本てんかん学会関東甲信越地方会 2019.06.29

  49. 宮島美穂. ウェアラブルシステムを用いたてんかん発作予知技術の臨床研究. 第58階日本生体医工学会大会 2019.06.08 沖縄

  50. 里元麻衣子, 越膳真弓, 足立裕史, 宮島美穂, 松島英介, 落合亮一. 術後せん妄診断患者の夜間HRV(Heart Rate Variability)の検討. 第30回日本臨床モニター学会総会 2019.04.12

  51. 宮島美穂. 心拍変動モニタリングに基づくウェアラブルてんかん発作予測システム. 2018.10.27 パシフィコ横浜

  52. 宮島美穂. てんかんの新しい治療法. 学校・職場・社会で「てんかん」への理解を深めるシンポジウム 2018.07.14

  53. 宮島美穂. 心拍変動によるてんかん発作予測の試み. むさしの国分寺クリニック勉強会 2018.06.26 東京都

  54. 坂根 史弥,藤原 幸一,宮島 美穂,鈴木 陽子,山川 俊貴,加納 学,前原 健寿. 心拍変動解析と多変量統計的プロセス管理による全般性てんかん発作予測. 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2017 2017.11.27

  55. 宮島美穂, 藤原幸一, 山川俊貴, 坂根史也, 加納学, 鈴木陽子, 笹井妙子, 渡辺さつき, 村田佳子, 渡辺裕貴, 渡辺雅子, 笹野哲郎, 前原健寿, 松島英介. 心拍変動モニタリングによるウェアラブルてんかん発作予測システムの開発. 第4回脳神経外科BMI懇話会 2017.11.18

  56. Miho Miyajima, Koichi Fujiwara,Toshitaka Yamakawa, Fumiya Sakane, Yoko Suzuki,T.Sasai-Sakuma,Manabu Kano,Yutaka Watanabe,Satsuki Watanabe,Nobukazu Nakasato,Kazutaka Jin,Tohru Hoshida,Masako Watanabe,Taketoshi Maehara. Development of a wearable epileptic seizure prediction system based on heart rate variability monitoring. 第51回日本てんかん学会学術集会(京都)ポストコングレスセミナー① 2017.11.05

  57. 鈴木陽子, 宮島美穂, 渡邉敬文, 太田克也, 吉田典子, 佐々木健至, 尾崎茂, 笹野哲郎, 川良徳弘, 松浦雅人, 松島英介. 電気けいれん療法の遷延性発作における心臓自律神経活動の非遷延性発作時との比較. 第20回日本薬物脳波学会 2017.09.22 福島

  58. 坂根史弥, 藤原幸一, 宮島美穂 ,鈴木陽子, 山川俊貴,加納学,前原健寿. 心拍変動解析と多変量統計的プロセス管理に基づく全般性てんかん発作予測. 第61回システム制御情報学会研究発表講演会 2017.05.23

  59. 宮島美穂. 心拍変動モニタリングによるてんかん発作予測の試み. UCB社員研修 2017.04.01

  60. 宮島美穂. 心拍変動モニタリングによるてんかん発作予測の試み. 2017年第1回DevMed Asia week 2017.03.01

  61. 宮島美穂. 抗てんかん薬と妊娠・出産・授乳. 大塚製薬学術講演会―精神科におけるてんかん治療を考える— 2017.01.01

  62. 宮島美穂. 心拍変動モニタリングによるてんかん発作予測の試み. 第19回日本薬物脳波学会学術集会・第4回宮古島神経科学カンファレンス合同会議 2016.11.11 宮古島

  63. 鈴木陽子, 宮島美穂, 太田克也, 吉田典子, 重家里映,渡邉敬文, 奥村正紀, 中村満, 諏訪浩, 笹野哲郎, 川良徳弘, 松浦雅人, 松島英介. 電気けいれん療法術中の補正QT時間に対するアトロピンの影響. 第29回総合病院精神医学会 2016.11 東京

  64. 宮島美穂. Development of a new epileptic seizure prediction system with wearable heart rate variability monitoring device. 第50回日本てんかん学会学術集会 2016.10.07 静岡

  65. 鈴木陽子, 宮島美穂, 渡邉敬文, 太田克也, 吉田典子, 佐々木健至, 尾崎茂, 笹野哲郎, 川良徳弘, 松浦雅人, 松島英介. 電気けいれん療法で脳波が遷延した症例の心拍数と心拍変動の変化. 第46回臨床神経生理学会 2016.10 郡山

  66. 鈴木陽子, 宮島美穂, 太田克也, 吉田典子, 奥村正紀, 中村満, 笹野哲郎, 川良徳弘, 松浦雅人, 松島英介. 電気けいれん療法術中の補正QT時間と心室性不整脈リスク. 第46回臨床神経生理学会 2016.10 郡山

  67. 鈴木陽子, 宮島美穂, 太田克也, 吉田典子, 重家里映, 渡邉敬文, 奥村正紀, 中村満, 木村元紀, 諏訪浩, 笹野哲郎, 川良徳弘, 松浦雅人, 松島英介. うつ病患者における電気けいれん療法術中の補正QT時間に対するアトロピンの影響. 第13回うつ病学会総会 2016.08.05 愛知

  68. 藤原真代,宮島美穂,澤田由梨子,太田克也,笹野哲郎,渡邉敬文,吉田典子,鈴木陽子,重家里映,和田久美子,松島英介. 非定型抗精神病薬LAI投与中の統合失調症患者における心臓自律神経活動の比較. 第112回日本精神神経学会総会 2016.06.02 幕張

  69. 鈴木 美穂, 木村 元紀, 安藤 俊太郎, 大沼 悌一. paroxetine投与中にspike-wave stuporを発症した一例. てんかん研究 2006.08.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Best Poster Award,The 19th International Congress of the Pacific Rim College of Psychiatrists,2021年04月

  • 優秀ポスター賞,全国てんかんセンター協議会,2020年02月

  • 宮島美穂.2018年システム・情報部門SSI優秀論文集,計測自動制御学会,2018年11月

  • 宮島美穂.Hans Berger褒賞,日本てんかん学会,2018年10月

  • 宮島美穂.2018年度全国大会優秀賞(日本人工知能学会),日本人工知能学会,2018年09月

  • 宮島美穂.Young Investigator's Award優秀賞,2018年06月

  • 2017年システム・情報部門SSI最優秀論文賞,日本計測自動制御学会,2017年11月

  • 第49回市村学術賞功績賞,公益財団法人 市村清新技術財団,2017年04月

  • 第50回日本てんかん学会English Presentation賞,日本てんかん学会,2016年10月

  • 2016年度技術賞(日本計測自動制御学会),日本計測自動制御学会,2016年09月

  • 第49回日本てんかん学会 English Presentation賞,日本てんかん学会,2015年10月

  • ベストポスター賞プレゼン部門1位、芸術賞2位(第25回日本総合病院精神医学会総会),日本総合病院精神医学会,2012年12月

  • 日本てんかん学会Sponsored Award,日本てんかん学会,2010年10月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 発作予知アラームの実現を目指して,2021年

    クローズアップ第1回. 発作予知アラームの実現を目指して. 月間波45(1)16-17,2021

  • 新型コロナ診療ストレス評価方法の開発について,2020年11月

    m3.com 医療維新における報道

  • てんかん発作予知の研究について.,2020年05月

    NHK Worldにおける報道

  • てんかん発作予知の研究について,2020年04月

    NHK「おはよう日本」における報道

  • てんかん発作予知システム開発について,2019年07月

    日経新聞夕刊ライフサポート面

  • てんかん発作予ウェアの開発過程、患者の切実なニーズが分かる映像など,2019年02月

    NHK World「Rising」

  • スモールデータ解析とてんかん発作予知について,2019年02月

    日経新聞本誌「かがくアゴラ」

  • てんかん発作予知システム開発の紹介,2019年02月

    AMED先端計測事業紹介パンフレット

  • hamonを用いたてんかん発作予知について,2019年01月

    NHK関西「ルソンの壺」

  • てんかん学会でのスペシャルセッションでの招待講演について,2019年01月

    CLINIC magazine 2019年1月号

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • こころの病と歯科臨床,2020年 - 現在

  • M3「神経科学・臨床ブロック」,2020年 - 現在

  • 臨床医学Ⅱ,2019年 - 現在

  • 医学一般Ⅱ,2015年 - 2018年

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 総合医学,日本大学松戸歯学部

  • 隣接医学1,日本大学松戸歯学部

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 成年後見鑑定,2015年01月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • てんかん発作予測研究,NHK京都放送局,ニュース630 京いちにち,2020年02月07日

  • 宮島美穂.てんかん発作予ウェアの開発過程、患者の切実なニーズが分かる映像など,NHK World ,NHK World 「Rising」,2019年02月21日

  • 宮島美穂.てんかん発作予測システムについて,読売新聞社,読売新聞,2018年12月17日 - 2018年12月18日

  • 宮島美穂.てんかん,株式会社クリニックマガジン,月刊「CLINIC magazine」,2018年10月27日

  • 宮島美穂.新しいてんかん治療,グラクソ・スミスクライン株式会社,患者教育市民セミナー『学校・職場・社会で「てんかん」への正しい理解を深めよう』,東京医科歯科大学M&Dタワー2F鈴木章夫記念講堂,2018年07月14日

  • 宮島美穂.ウェアラブル端末と医療について,NHK WORLD,Medical Frontiers,2018年02月01日

  • ユーシービージャパン株式会社社員研修,ユーシービージャパン,ユーシービージャパン株式会社社員研修,ユーシービージャパン株式会社 会議室,2017年04月10日

▼全件表示