基本情報

写真a

大島 乃里子(オオシマ ノリコ)

OSHIMA Noriko


職名

助教

研究室住所

113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5322

研究室FAX番号

03-5803-0295

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/gyne/

研究分野・キーワード

婦人科悪性腫瘍、女性医学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学部  医学科  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  産婦人科学  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(医学)  群馬大学

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 小児・周産・女性診療領域 周産・女性診療科 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学 産婦人科 研修医 2001年5月~2002年6月
  • 獨協医科大学越谷病院 産婦人科 研修医 2002年7月~2003年4月
  • 獨協医科大学越谷病院 産婦人科 助手 2003年4月~2003年6月
  • 東京都立府中病院 産婦人科 医員 2003年7月~2007年2月
  • 東京医科歯科大学 周産・女性診療科 医員 2007年3月~2007年4月
  • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 大学院生2007年4月~2011年3月
  • 歯と骨のGCOE拠点 GCOE拠点形成研究員 2008年10月-2009年9月
  • 東京医科歯科大学  生殖機能協関学 助教 2011年4月~現在
  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    Korea Advanced Institute of Science and Technology Visiting Professor
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学病院 周産・女性診療科 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

  • 日本婦人科腫瘍学会

  • 日本女性医学学会

  • 日本産科婦人科内視鏡学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本産科婦人科遺伝診療学会

  • 日本婦人科ロボット手術学会

  • 日本ロボット外科学会

  • 日本血管生物医学会

  • 日本リンパ学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年01月
    -
    2009年12月
    日本産科婦人科学会 男女共同参画委員会 委員
  • 2018年02月
    -
    現在
    日本女性医学学会  専門医審査委員会 委員
  • 2019年10月
    -
    現在
    日本女性医学学会 幹事
  • 2020年01月
    -
    現在
    日本女性医学学会  教育委員会 委員
  • 2020年01月
    -
    現在
    日本女性医学学会  学会あり方委員会 委員
  • 2021年10月
    -
    現在
    日本女性医学学会 調査研究委員会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 婦人科腫瘍学

  • 女性医学

  • がんゲノム

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 再生医療を利用した移植卵巣の機能改善に対する新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 再生医療を利用した移植卵巣の機能改善に対する新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 間葉系幹細胞を用いた新規切迫早産治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 再生療法を利用したリンパ浮腫に対する新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2015年

  • 再生療法を利用したリンパ浮腫に対する新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 自己組織を利用した欠損組織修復と血流回復を目指した新規新生児外科治療戦略

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kudo Ryo, Kano Yoshihito, Noji Rika, Kakuta Ryota, Onishi Iichiro, Kimura Kouichiro, Tanimoto Kousuke, Miya Fuyuki, Mitsumura Takahiro, Oshima Noriko, Ariizumi Yousuke, Nakagawa Tsuyoshi, Ishikawa Toshiaki, Miyake Satoshi, Ikeda Sadakatsu. Clinical utility of comprehensive genomic profiling for patients with cancer of unknown primary site ANNALS OF ONCOLOGY. 2022.07; 33 S500. ( DOI )

  2. Ichikura, K, Shimizu S, Oshima N, Ariizumi Y, Fujie T, Yamauchi S, Ishikawa T, Nakajima Y, Fukase Y, Murayama N, Murase H, Tagaya H, Takeuchi T, Miyake S, Matsushima E. Cancer patients' preferences for psychological counseling: a cross-sectional study using full-profile conjoint analysis in Japan Journal of Psychosocial Oncology Research and Practice. 2022.07; 4 (3):

  3. Aoyagi Y, Kano Y, Tohyama K, Matsudera S, Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Harada Y, Sato A, Nakamura H, Sueoka E, Aragane N, Kimura K, Onishi I, Takemoto A, Akahoshi K, Ono H, Ishikawa T, Tokunaga M, Nakagawa T, Oshima N, Nakamura R, Takagi M, Asakage T, Uetake H, Tanabe M, Miyake S, Kinugasa Y, Ikeda S. Clinical utility of comprehensive genomic profiling in Japan: Result of PROFILE-F study. PloS one. 2022; 17 (3): e0266112. ( PubMed, DOI )

  4. Nakagawa Tsuyoshi, Oda Goshi, Mori Hiroki, Uemura Noriko, Wakana Kimio, Oshima Noriko, Tokunaga Masanori, Sato Yuya, Hayashi Kumiko, Kumaki Yuichi, Ishikawa Toshiaki, Okamoto Kentaro, Uetake Hiroyuki. Laparoscopic Abdominal Surgery after Primary Breast Reconstruction Using an Abdominal Flap MEDICINA-LITHUANIA. 2021.09; 57 (9): ( PubMed, DOI )

  5. Matsudera Shotaro, Kano Yoshihito, Aoyagi Yasuko, Tohyama Kohki, Takahashi Kenta, Kumaki Yuichi, Mitsumura Takahiro, Kimura Koichiro, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Ban Daisuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ogino Kei, Watanabe Shun, Tani Yukiko, Yamaguchi Takeshi, Nakajima Masanobu, Morita Shinji, Yamaguchi Satoru, Takagi Masatoshi, Ishikawa Toshiaki, Nakagawa Tsuyoshi, Okamoto Kentaro, Uetake Hiroyuki, Tanabe Minoru, Miyake Satoshi, Tsuchioka Takashi, Kojima Kazuyuki, Ikeda Sadakatsu. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study) ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  6. Yamada I, Oshima N, Wakana K, Miyasaka N, Wakabayashi A, Sakamoto J, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D. Uterine Cervical Carcinoma: Evaluation Using Non-Gaussian Diffusion Kurtosis Imaging and Its Correlation With Histopathological Findings. Journal of computer assisted tomography. 2020.06; ( PubMed, DOI )

  7. Takahashi Kenta, Gen Yasuyuki, Tanimoto Kousuke, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ban Daisuke, Takemoto Akira, Onishi Iichiro, Kumaki Yuichi, Yokobori Junko, Takamine Eriko, Kano Yoshihito, Miyake Satoshi, Miyasaka Naoyuki, Tanabe Minoru, Inazawa Johji, Ikeda Sadakatsu. Clinical impact of hemizygous deletion detection and panel-size in comprehensive genomic profiling. JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020.05; 38 (15):

  8. Yamada I, Oshima N, Miyasaka N, Wakana K, Wakabayashi A, Sakamoto J, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D. Texture Analysis of Apparent Diffusion Coefficient Maps in Cervical Carcinoma: Correlation with Histopathologic Findings and Prognosis. Radiology. Imaging cancer. 2020.05; 2 (3): e190085. ( PubMed, DOI )

  9. Yamada Ichiro, Oshima Noriko, Wakabayashi Akira, Miyasaka Naoyuki, Wakana Kimio, Saida Yukihisa, Tateishi Ukihide, Kobayashi Daisuke. Diffusion-Tensor Imaging of Uterine Cervical Carcinoma: Correlation With Histopathologic Findings JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY. 2020; 44 (3): 426-435. ( PubMed, DOI )

  10. N Oshima, K Takahashi, R Nakamura, Y Yoshino, K Wakana, S Ikeda, N Miyasaka.. CANCER GENOMIC AND PERSONALIZED MEDICINE FOR GYNECOLOGIC TUMORS IN OUR HOSPITAL International Journal of Gynecological Cancer. 2019.11; 29 (Suppl 4): A1–A703.

  11. Nakamura R., Takahashi K., Oshima N., Wakana K., Miyasaka N.. FRAILTY ASSESSMENT IN TREATMENT FOR ELDERLY PATIENTS WITH OVARIAN CANCER INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER. 2019.11; 29 A501-A502. ( DOI )

  12. Yamada I, Miyasaka N, Kobayashi D, Wakana K, Oshima N, Wakabayashi A, Sakamoto J, Saida Y, Tateishi U, Eishi Y. Endometrial Carcinoma: Texture Analysis of Apparent Diffusion Coefficient Maps and Its Correlation with Histopathologic Findings and Prognosis. Radiology. Imaging cancer. 2019.11; 1 (2): e190054. ( PubMed, DOI )

  13. 高橋 健太, 熊木 裕一, 横堀 潤子, 高嶺 恵里子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 敏昭, 伴 大輔, 工藤 篤, 木村 浩一朗, 中川 剛士, 田邉 稔, 宮坂 尚幸, 三宅 智, 池田 貞勝. がんの診断・治療とLiquid Biopsyの意義 がんゲノム医療におけるLiquid biopsyの可能性 前向き観察研究PROFILE試験の結果から 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 PD5-6. ( 医中誌 )

  14. 大島 乃里子, 高橋 健太, 中村 玲子, 吉野 育典, 若菜 公雄, 池田 貞勝, 宮坂 尚幸. 当院における婦人科腫瘍のがんゲノム医療 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 P47-7. ( 医中誌 )

  15. Takahashi Kenta, Oshima Noriko, Nakamura Reiko, Iwahara Yuki, Wakana Kimio, Yoshida Masayuki, Miyasaka Naoyuki. 婦人科外来クリニックにおけるスクリーニングおよびアンケートを用いたリスク評価による遺伝性婦人科癌の検出(Detection of hereditary gynecologic cancer by screening and risk assessment using questionnaires in gynecological outpatient clinic) The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2019.08; 45 (8): 1682. ( 医中誌 )

  16. Fusegi A, Oshima N, Nakasuji T, Ishikawa T, Wakana K, Yoshiki N, Miyasaka N. Port site recurrence and unusual diffuse subcutaneous metastases of unexpected early stage ovarian cancer after laparoscopic surgery: a case report. Journal of rural medicine : JRM. 2019.05; 14 (1): 143-147. ( PubMed, DOI )

  17. Fusegi Atsushi, Oshima Noriko, Nakasuji Takashi, Ishikawa Tomonori, Wakana Kimio, Yoshiki Naoyuki, Miyasaka Naoyuki. 腹腔鏡手術後、予想外に早く認められた卵巣癌のポート部再発と珍しいび漫性皮下転移 1症例報告(Port site recurrence and unusual diffuse subcutaneous metastases of unexpected early stage ovarian cancer after laparoscopic surgery: a case report) Journal of Rural Medicine. 2019.05; 14 (1): 143-147. ( 医中誌 )

  18. Yamada I, Sakamoto J, Kobayashi D, Miyasaka N, Wakana K, Oshima N, Wakabayashi A, Saida Y, Tateishi U, Eishi Y. Diffusion kurtosis imaging of endometrial carcinoma: Correlation with histopathological findings. Magnetic resonance imaging. 2019.04; 57 337-346. ( PubMed, DOI )

  19. Yamada Ichiro, Miyasaka Naoyuki, Kobayashi Daisuke, Wakana Kimio, Oshima Noriko, Wakabayashi Akira, Saida Yukihisa, Tateishi Ukihide, Eishi Yoshinobu. Endometrial Carcinoma: Texture Analysis of Apparent Diffusion Coefficient Maps and its Correlation with Histopathologic Findings and Prognosis(和訳中) 日本医学放射線学会学術集会抄録集. 2019.02; 78回 S290. ( 医中誌 )

  20. Takahashi Kenta, Oshima Noriko, Nakamura Reiko, Iwahara Yuki, Wakana Kimio, Yoshida Masayuki, Miyasaka Naoyuki. Detection of hereditary gynecologic cancer by screening and risk assessment using questionnaires in gynecological outpatient clinic(和訳中) 日本産科婦人科学会雑誌. 2019.02; 71 (臨増): S-196. ( 医中誌 )

  21. Yamada I, Wakana K, Kobayashi D, Miyasaka N, Oshima N, Wakabayashi A, Saida Y, Tateishi U, Eishi Y. Endometrial carcinoma: Evaluation using diffusion-tensor imaging and its correlation with histopathologic findings. Journal of magnetic resonance imaging : JMRI. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  22. Wakana K., Toba M., Nakamura R., Takahashi K., Hirata A., Oshima N., Miyasaka N.. POSTOPERATIVE MORTALITY RATE OF VULVAR CANCER IN JAPAN: A RETROSPECTIVE STUDY USING THE JAPANESE DIAGNOSIS PROCEDURE COMBINATION (DPC) DATABASE INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER. 2018.09; 28 1257.

  23. Nakamura R., Oshima N., Wakana K., Yoshiki N., Miyasaka N.. A CASE OF LARGE LEIOMYOMATOSIS PERITONEALIS DISSEMINATA AFTER A LAPAROSCOPIC MYOMECTOMY INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER. 2018.09; 28 914.

  24. Toba Mikayo, Moriwaki Mutsuko, Oshima Noriko, Aiso Yoshibumi, Shima Mari, Nukui Yoko, Obayashi Satoshi, Fushimi Kiyohide. 婦人科手術後のガイドラインに準じた抗菌薬投与による手術部位感染の予防(Prevention of surgical site infection via antibiotic administration according to guidelines after gynecological surgery) The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2018.09; 44 (9): 1800-1807. ( 医中誌 )

  25. Toba M, Moriwaki M, Oshima N, Aiso Y, Shima M, Nukui Y, Obayashi S, Fushimi K. Prevention of surgical site infection via antibiotic administration according to guidelines after gynecological surgery. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2018.07; ( PubMed, DOI )

  26. Yamada Ichiro, Wakana Kimio, Kobayashi Daisuke, Miyasaka Naoyuki, Oshima Noriko, Wakabayashi Akira, Saida Yukihisa, Tateishi Ukihide, Eishi Yoshinobu. 子宮及び子宮内膜癌のDiffusion-Tensor Imagingによる評価 免疫組織化学的所見との比較(Diffusion-Tensor Imaging of the Uterus and Endometrial Carcinoma: Comparison with Immunohistochemical Findings) 日本医学放射線学会学術集会抄録集. 2018.02; 77回 S193. ( 医中誌 )

  27. Yamada Ichiro, Sakamoto Junichiro, Kobayashi Daisuke, Miyasaka Naoyuki, Wakana Kimio, Oshima Noriko, Wakabayashi Akira, Saida Yukihisa, Tateishi Ukihide, Eishi Yoshinobu. 子宮及び子宮内膜癌のDiffusion Kurtosis Imagingによる評価 病理組織学的所見との対比(Diffusion Kurtosis Imaging of the Uterus and Endometrial Carcinoma: Correlation with Histopathologic Findings) 日本医学放射線学会学術集会抄録集. 2018.02; 77回 S296. ( 医中誌 )

  28. Nakamura R., Furusawa A., Oshima N., Wakana K., Miyasaka N.. COMORBIDITIES AND COMPLICATIONS OF ELDERLY PATIENTS WITH CERVICAL CANCER INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER. 2017.11; 27 837.

  29. Oshima N., Nakamura R., Furusawa A., Toba M., Wakana K., Miyasaka N.. RETROSPECTIVE ANALYSIS OF RADICAL RADIOTHERAPY FOR ENDOMETRIAL CANCER INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER. 2017.11; 27 1175.

  30. Komaki Motohiro, Numata Yuri, Morioka Chikako, Honda Izumi, Tooi Masayuki, Yokoyama Naoki, Ayame Hirohito, Iwasaki Kengo, Taki Atsuko, Oshima Noriko, Morita Ikuo. Exosomes of human placenta-derived mesenchymal stem cells stimulate angiogenesis STEM CELL RESEARCH & THERAPY. 2017.10; 8 (1): 219. ( PubMed, DOI )

  31. Fusegi Atsushi, Nakamura Reiko, Oshima Noriko, Ishikawa Tomonori, Wakana Kimio, Yoshiki Naoyuki, Miyasaka Naoyuki. Port site recurrence and diffuse subcutaneous metastasis of the early stage ovarian cancer after laparoscopic surgery Japan Society of Gynecologic and Obstetric Endoscopy and Minimally Invasive Therapy. 2017.08; 33 (Suppl.I): 1280. ( 医中誌 )

  32. Honda I, Taki A, Morioka C, Komaki M, Miyasaka N, Oshima N , Morio T, Kubota T, Morita I. Mesenchymal stem cells ameliorate intra-amniotic inflammation-related neonatal complications in rats Inflammation and Regeneration. 2015;

  33. Noriko Oshima-Sudo, Qin Li, Yuko Hoshino, Ken-ichi Nakahama, Toshiro Kubota, Ikuo Morita. Optimized method for culturing outgrowth endothelial progenitor cells Inflammation and Regeneration. 2011; 219-227.

  34. 市川 瑛美, 尾臺 珠美, 塚田 貴史, 大野 晴子, 中村 玲子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 腸型粘液性癌への悪性転化をきたした卵巣成熟奇形腫の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2022.04; 71 (2): 285-290. ( 医中誌 )

  35. 秋田 真友, 大島 乃里子, 中村 玲子, 大野 晴子, 尾臺 珠美, 塚田 貴史, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮体癌の術後化学療法中Pegfilgrastim投与による大型血管炎を発症した1例 東京産科婦人科学会会誌. 2022.04; 71 (2): 338-342. ( 医中誌 )

  36. 佐藤達也、塚田貴史、大野晴子、中村玲子、尾臺珠美、大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. 経過観察中に分葉状頸管腺過形成から発生した子宮頸部胃型粘液性癌 東京産科婦人科学会会誌. 2022.01; 71 (10): 155-160.

  37. 佐藤 達也, 塚田 貴史, 大野 晴子, 中村 玲子, 尾臺 珠美, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 経過観察中に分葉状頸管腺過形成(LEGH)から発生した子宮頸部胃型粘液性癌 東京産科婦人科学会会誌. 2022.01; 71 (1): 155-160. ( 医中誌 )

  38. 鍔田 芙実子, 大野 晴子, 塚田 貴史, 佐藤 達也, 中村 玲子, 尾臺 珠美, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸, 加藤 亮子, 明石 巧. 右室内腫瘤を認めた子宮体癌の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2022.01; 71 (1): 35-40. ( 医中誌 )

  39. Nakagawa T, Oda G, Okamoto K, Ishikawa T, Wakana K, Oshima N. [A Case of Recurrent Breast Cancer with Improving Activities of Daily Living by Olaparib Treatment]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2021.12; 48 (13): 1556-1558. ( PubMed )

  40. 中川 剛士, 小田 剛史, 岡本 健太郎, 石川 敏昭, 若菜 公雄, 大島 乃里子. Olaparib投与によりADLの改善がみられた再発乳癌の1例 癌と化学療法. 2021.12; 48 (13): 1556-1558. ( 医中誌 )

  41. 若菜 公雄, 佐藤 達也, 中村 玲子, 尾臺 珠美, 塚田 貴史, 大島 乃里子, 宮坂 尚幸. レーザー光源を利用したコルポスコピー所見についての検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2021.03; 73 (臨増): S-392. ( 医中誌 )

  42. 佐藤 達也, 若菜 公雄, 尾臺 珠美, 塚田 貴史, 大島 乃里子, 宮坂 尚幸. 術前に早期子宮体癌と評価しリンパ節郭清を省略した症例の術前診断の正確性に関する検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2021.03; 73 (臨増): S-483. ( 医中誌 )

  43. 塚田 貴史, 若菜 公雄, 中村 玲子, 大島 乃里子, 宮坂 尚幸. 子宮頸部神経内分泌癌5例の検討 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2021.01; 39 (1): 282. ( 医中誌 )

  44. 中川 剛士, 小田 剛史, 熊木 裕一, 若菜 公雄, 大島 乃里子, 中村 玲子, 高橋 健太, 吉田 雅幸, 甲畑 宏子, 植竹 宏之, 大西 威一郎. 5臓器7病変の多臓器多発癌を発症したLynch症候群の1例 癌と化学療法. 2020.12; 47 (13): 1966-1968. ( 医中誌 )

  45. Nakagawa T, Oda G, Kumaki Y, Wakana K, Oshima N, Nakamura R, Takahashi K, Yoshida M, Koubata H, Uetake H, Onishi I. [A Case of Lynch Syndrome with Seven Cancers in Five Organs]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2020.12; 47 (13): 1966-1968. ( PubMed )

  46. 市倉 加奈子, 竹下 若那, 清水 沙友里, 大島 乃里子, 有泉 陽介, 藤江 俊秀, 山内 慎一, 石川 敏昭, 中島 康晃, 深瀬 裕子, 村瀬 華子, 田ヶ谷 浩邦, 竹内 崇, 松島 英介. がん患者が心理療法の選択で重視する要素 コンジョイント分析を用いたニーズ調査 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-187. ( 医中誌 )

  47. 齊藤 和毅, 石川 智則, 田中 萌子, 岩原 由樹, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 吉木 尚之, 宮坂 尚幸. 直腸穿孔が疑われた、偽腔内チョコレート結石の一例 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2020.11; 36 (Suppl.I): [O-253]. ( 医中誌 )

  48. 平光 史朗, 尾臺 珠美, 廣瀬 明日香, 岩原 由樹, 大島 乃里子, 寺内 公一, 宮坂 尚幸. 内因性SERMである27-HydroxycholesterolはERβを介し、肺癌の細胞増殖に関与する 日本女性医学学会雑誌. 2020.10; 28 (1): 105. ( 医中誌 )

  49. 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 【早わかり縫合・吻合のすべて】(3章)損傷・外傷に役立つ縫合 婦人科臓器(腟)の縫合 臨床外科. 2020.10; 75 (11): 90-94. ( 医中誌 )

  50. 河原 紗也子, 大島 乃里子, 中村 玲子, 吉野 育典, 遅野井 彩, 高橋 健太, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮筋層内に発育し内膜との連続性を認めなかった低異型度子宮内膜間質肉腫(LG-ESS)の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2020.07; 69 (3): 438-444. ( 医中誌 )

  51. 中村 玲子, 吉野 育典, 高橋 健太, 塚田 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. がんゲノム検査によりBRCA1遺伝子変異と判明した子宮頸癌IVB期の1例 日本産科婦人科学会雑誌. 2020.03; 72 (臨増): S-491. ( 医中誌 )

  52. 高橋 健太, 吉木 尚之, 栗原 大地, 中村 玲子, 大島 乃里子, 宮坂 尚幸. 子宮と小腸が広範囲で癒着していたがロボット支援下手術を完遂できた1例 日本産科婦人科学会雑誌. 2020.03; 72 (臨増): S-531. ( 医中誌 )

  53. 大島 乃里子, 吉木 尚之, 高橋 健太, 中村 玲子, 齊藤 和毅, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. ロボット支援下子宮全摘手術における使用アーム数の比較検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2020.03; 72 (臨増): S-629. ( 医中誌 )

  54. 大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. 婦人科臓器(腟)の縫合 臨床外科. 2020; 75 (11): 90-94.

  55. 関 文恵, 齊藤 和毅, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 智則, 寺内 公一, 宮坂 尚幸. 婦人科手術後に無石性胆嚢炎を発症した3例における発症因子と予後の検討 関東連合産科婦人科学会誌. 2020; 57 (1): 101-106. ( 医中誌 )

  56. 岩原 由樹, 吉木 尚之, 中村 玲子, 齋藤 和毅, 中筋 貴史, 平光 史朗, 大島 乃里子, 石川 智則, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮筋腫茎捻転に対して施行した緊急腹腔鏡下子宮筋腫核出術後に医原性と非医原性の寄生平滑筋腫を認めた1例 関東連合産科婦人科学会誌. 2020; 57 (1): 53-60. ( 医中誌 )

  57. Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Yokobori J, Takamine E, Ishibashi E, Sakashita H, Ishikawa T, Ono H, Ban D, Kudo A, Oshima N, Nakagawa T, Kimura K, Kubota K, Onishi I, Tanabe M, Uetake H, Miyake S, Ikeda S. [Clinical Utility of Comprehensive Genome Profiling Using FoundationOne CDx in Japanese Population(PROFILE-F Study)]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( PubMed )

  58. 熊木 裕一, 高橋 健太, 三ツ村 隆弘, 横堀 潤子, 高嶺 恵理子, 石橋 恵理, 坂下 博之, 石川 敏昭, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 大島 乃里子, 中川 剛士, 木村 浩一朗, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 田邉 稔, 植竹 宏之, 三宅 智, 池田 貞勝. FoundationOne CDx検査を用いたがんゲノム解析の臨床的有用性(PROFILE-F Study) 癌と化学療法. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( 医中誌 )

  59. 岩原 由樹, 齊藤 和毅, 廣瀬 明日香, 平光 史朗, 大島 乃里子, 寺内 公一, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. 当科で経験した思春期・若年成人のホルモン補充療法 日本女性医学学会雑誌. 2019.10; 27 (1): 178. ( 医中誌 )

  60. 大石 愛奈, 高橋 健太, 新宅 洋, 吉野 育典, 中村 玲子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. Struma Ovariiから発生したと考えられる卵巣低分化甲状腺癌の一例 関東連合産科婦人科学会誌. 2019.09; 56 (3): 450. ( 医中誌 )

  61. 大島乃里子, 吉木尚之, 中村玲子, 高橋健太, 齊藤和毅, 中筋貴史, 若菜公雄, 石川智則, 宮坂尚幸. ロボット支援下子宮全摘手術における使用アーム数 による安全性の比較 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2019.08;

  62. 中筋 貴史, 石川 智則, 齊藤 和毅, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 吉木 尚之, 宮坂 尚幸. 帝王切開瘢痕部妊娠に対して腹腔鏡下子宮全摘術を施行した一例 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2019.08; 35 (Suppl.I): 275. ( 医中誌 )

  63. 齊藤 和毅, 中筋 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 智則, 土屋 純一, 多田 雅人, 宮坂 尚幸. 術前に変性筋腫が疑われたSTUMPの一例 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2019.08; 35 (Suppl.I): 288. ( 医中誌 )

  64. 関 文恵, 石川 智則, 齊藤 和毅, 中筋 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 当院での腹腔鏡下子宮全摘術57例の手術成績の検討 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2019.08; 35 (Suppl.I): 236. ( 医中誌 )

  65. 三浦 貴大, 中村 玲子, 高橋 健太, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. 静脈内伸展をきたした子宮体部癌肉腫の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2019.07; 68 (3): 393-398. ( 医中誌 )

  66. 丘 佳恵, 中筋 貴史, 石川 智則, 中村 玲子, 齊藤 和毅, 平光 史朗, 岩原 由樹, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 吉木 尚之, 宮坂 尚幸. FDG-PET/CTによって偶発的に発見された卵巣甲状腺腫の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2019.07; 68 (3): 552-556. ( 医中誌 )

  67. 大島乃里子, 高橋健太, 遅野井彩, 中村玲子, 若菜公雄, 池田貞勝, 宮坂尚幸. 当科における婦人科腫瘍に対するがんゲノム医療についての検討 婦人科腫瘍学会雑誌. 2019.06;

  68. 中村 玲子, 高橋 健太, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮頸癌の新FIGO分類におけるIB期の検討 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2019.06; 37 (3): 443. ( 医中誌 )

  69. 加藤 亮子, 伊藤 崇, 中村 玲子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 明石 巧, 北川 昌伸. 臨床的Lynch症候群に関連した子宮体癌の1例 日本病理学会会誌. 2019.04; 108 (1): 493. ( 医中誌 )

  70. 関 文恵, 石川 智則, 齊藤 和毅, 中筋 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 当院における腹腔鏡下子宮全摘術の手術成績の後方視的検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2019.02; 71 (臨増): S-449. ( 医中誌 )

  71. 大島 乃里子, 高橋 健太, 中村 玲子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 当科におけるプレシジョンメディシンについての検証 日本産科婦人科学会雑誌. 2019.02; 71 (臨増): S-350. ( 医中誌 )

  72. 鳥羽 三佳代, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. わが国の急性期病院における帝王切開後静脈血栓塞栓症中間リスク症例に対する予防策実施状況とそのアウトカム 日本産科婦人科学会雑誌. 2019.02; 71 (臨増): S-462. ( 医中誌 )

  73. 金子 志保, 中村 玲子, 大島 乃里子, 武内 史緒, 木寺 信之, 若菜 公雄, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. 外陰部に発生し3ヵ月で急速な増大を認めたaggressive angiomyxomaの1例 東京産科婦人科学会会誌. 2019.01; 68 (1): 63-68. ( 医中誌 )

  74. 瀬賀 雅康, 大島 乃里子, 伏木 淳, 寺内 公一, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. 未閉経女性における子宮頸癌術後の体脂肪面積の変化 日本女性医学学会雑誌. 2018.10; 26 (Suppl.): 144. ( 医中誌 )

  75. 金子志保,中村玲子,大島乃里子,武内史緒,木寺信之,若菜公雄,尾林聡,宮坂尚幸. 外陰部に発生し、3か月で急速に増大を認めたaggressive angiomixomaの1例 東京産科婦人科学会会誌. 2018.10;

  76. 中村 玲子, 吉木 尚之, 中筋 貴史, 岩原 由樹, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 智則, 宮坂 尚幸. 腹腔鏡下子宮筋腫核出術後に生じた巨大なparasitic myomaに対し手術を施行した1例 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2018.08; 34 (Suppl.I): 190. ( 医中誌 )

  77. 岩原 由樹, 吉木 尚之, 中村 玲子, 齋藤 和毅, 中筋 貴史, 大島 乃里子, 石川 智則, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 診断に苦慮した原発性腹膜妊娠の1例 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2018.08; 34 (Suppl.I): 203. ( 医中誌 )

  78. 中村 玲子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮頸部原発癌肉腫の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2018.07; 67 (3): 567-571. ( 医中誌 )

  79. 丸山 陽介, 大島 乃里子, 中村 玲子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 潰瘍性大腸炎合併子宮頸癌に対して同時化学放射線療法を施行した1例 東京産科婦人科学会会誌. 2018.07; 67 (3): 467-472. ( 医中誌 )

  80. 渡辺 典子, 相曽 啓史, 鳥羽 三佳代, 佐瀬 裕子, 大島 乃里子, 石渡 泰芳, 永田 将司, 高橋 弘充. クリニカル・パスと薬剤師 計画と実践のノウ・ハウ 産婦人科領域におけるクリニカルパスを用いた術後予防的抗菌薬適正使用の試み 医薬ジャーナル. 2018.06; 54 (6): 1477-1481. ( 医中誌 )

  81. 岩原 由樹, 吉木 尚之, 中村 玲子, 中筋 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 智則, 宮坂 尚幸. 子宮筋腫茎捻転に対して施行した緊急腹腔鏡下子宮筋腫核出術後に生じた寄生平滑筋腫の1例 関東連合産科婦人科学会誌. 2018.05; 55 (2): 260. ( 医中誌 )

  82. 若菜 公雄, 鳥羽 三佳代, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. 外陰癌の治療関連入院死亡率算出とその要因に関する検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2018.02; 70 (2): 869. ( 医中誌 )

  83. 大島 乃里子. 婦人科悪性開腹術におけるERAS導入の評価 日本産科婦人科学会雑誌. 2018.02; 70 (2): 936. ( 医中誌 )

  84. 松岡 竜也, 中村 玲子, 有山 悠乃, 伏木 淳, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮頸部腺癌IB1期に対し合併症により放射線治療を選択し、残存病変を単純子宮全摘出術で摘出し得た1例 東京産科婦人科学会会誌. 2018.01; 67 (1): 27-31. ( 医中誌 )

  85. Fusegi Atsushi, Furusawa Akiko, Oshima Noriko, Toba Mikayo, Wakana Kimio, Terauchi Masakazu, Obayashi Satoshi, Miyasaka Naoyuki. II型子宮内膜癌の臨床転帰予測におけるp53の影響 レトロスペクティブ解析(The impact of p53 in predicting clinical outcome of type II endometrial carcinoma: a retrospective analysis) The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2017.12; 43 (12): 2004. ( 医中誌 )

  86. 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 高齢子宮頸癌患者の後方視的検討 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2017.10; 55回 P166-2. ( 医中誌 )

  87. 伏木 淳, 中村 玲子, 大島 乃里子, 石川 智則, 若菜 公雄, 吉木 尚之, 宮坂 尚幸. Port site recurrenceから広範囲に皮下転移をきたした早期卵巣癌 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2017.08; 33 (Suppl.I): 1083. ( 医中誌 )

  88. 瀬賀 雅康, 内藤 未帆, 伏木 淳, 中村 玲子, 大島乃里子, 若菜 公雄, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. 子宮頸癌治療後18年経過して右総腸骨動脈尿管瘻をきたし治療に難渋した1例 東京産科婦人科学会会誌. 2017.07; 66 (3): 534-538. ( 医中誌 )

  89. 中村 玲子, 伏木 淳, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 70歳以上の高齢子宮頸癌における検討 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2017.06; 35 (3): 661. ( 医中誌 )

  90. 伏木 淳, 梅木 英紀, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮穿通を伴った子宮腺筋症原発の子宮体癌 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2017.06; 35 (3): 589. ( 医中誌 )

  91. 武内 史緒, 大島 乃里子, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 卵巣チョコレート嚢胞、子宮腺筋症による子宮・両側付属器摘出術後に発症した卵巣粘液性癌の1例 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2017.06; 35 (3): 596. ( 医中誌 )

  92. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸, 伏見 清秀. DPCデータを用いた子宮摘出術の入院死亡と術後合併症のリスク因子の検討 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2017.06; 35 (3): 648. ( 医中誌 )

  93. 若葉 公雄, 鳥羽 三佳代, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. DPCデータを用いた卵巣癌手術関連死亡率および合併症発症率算出の試み 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2017.06; 35 (3): 644. ( 医中誌 )

  94. 大島 乃里子, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 婦人科悪性開腹術のERAS導入における早期食事開始についての評価 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2017.06; 35 (3): 648. ( 医中誌 )

  95. 石塚 清子, 伏木 淳, 中村 玲子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮頸癌と鑑別が困難だった子宮体癌頸部浸潤の二例 関東連合産科婦人科学会誌. 2017.05; 54 (2): 187. ( 医中誌 )

  96. 若菜 公雄, 鳥羽 三佳代, 伏木 淳, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 尾林 聰, 宮坂 尚幸. DPCデータを用いた卵巣癌手術関連死亡率および合併症発症率算出の試み 日本産科婦人科学会雑誌. 2017.02; 69 (2): 942. ( 医中誌 )

  97. 鳥羽 三佳代, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 尾林 聰, 宮坂 尚幸. 子宮摘出術<K877>における入院死亡率算出とその要因に関する検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2017.02; 69 (2): 783. ( 医中誌 )

  98. 大島 乃里子, 伏木 淳, 古澤 啓子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 尾林 聰, 宮坂 尚幸. 子宮体癌の根治的放射線療法についての後方視的検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2017.02; 69 (2): 927. ( 医中誌 )

  99. Fusegi Atsushi, Furusawa Akiko, Ooshima Noriko, Toba Mikayo, Wakana Kimio, Terauchi Masakazu, Obayashi Satoshi, Miyasaka Naoyuki. II型子宮内膜癌の臨床転帰予測におけるp53の影響 レトロスペクティブ分析(The impact of p53 in predicting clinical outcome of type II endometrial carcinoma: a retrospective analysis) 日本産科婦人科学会雑誌. 2017.02; 69 (2): 621. ( 医中誌 )

  100. 大島乃里子、尾林聡. 女性アスリートとPMS/PMDD 産科と婦人科. 2016.12; 83 (1): 1446-1449.

  101. 高尾 茉希, 大島 乃里子, 吉野 育典, 塚田 貴史, 若菜 公雄, 若林 晶, 尾林 聡, 久保田 俊郎. 大陰唇と鼻根部に同時発生した基底細胞癌の 1 例 東京産科婦人科学会会誌. 2016;

  102. 須藤乃里子. 若手の最新研究紹介コーナー「臍帯血および末梢血由来endothelial colony-forming cells の分離と細胞特性の比較」(第65回日本産科婦人科学会学術講演会優秀演題賞) 産科と婦人科. 2014.01; 81 (1): 91-93.

  103. 須藤乃里子、若菜公雄、若林晶、尾林聰、久保田俊郎. 子宮体部扁平上皮癌の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2012;

  104. 大島乃里子、本多泉、沼美雪、政井哲兵、小澤克典、岩原由樹、伊田勉、小池和範、光山聡、桑江千鶴子. 子宮頸部腺癌にDJ療法が奏効した1例 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2007;

  105. 大島乃里子、谷口義実、宮坂尚幸、尾林聡、清水康史、久保田俊郎. Docetaxel+CDDP(DP)療法が奏効した腹膜原発漿液性乳頭状腺癌の1例 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2007;

  106. 大島乃里子、土谷麻央、毛利素子、小池和範、光山聡、桑江千鶴子. 骨髄異形成症候群(MDS)合併妊娠の1症例 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2004;

  107. 大島乃里子、山田善三、石橋智子、水口玲子、大塚伊佐夫、久保田俊郎、麻生武志、遠藤太嘉志. Adenoma malignum との鑑別に苦慮した子宮内頸腺過形成の一例 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2002;

  108. 大島乃里子、坂田優、宮坂尚幸、坂本秀一、久保田俊郎、麻生武志. 脳室腹腔シャント機能不全のための腹膜外帝王切開術を行った1例 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌. 2002;

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 大島乃里子. 女性医学ガイドブック(更年期医療編). 金原出版株式会社, 2019.10

  2. 大島乃里子. 女性医学ガイドブック(思春期・性成熟期編)2016年版. 金原出版株式会社, 2016 思春期・性成熟期編

  3. 大島乃里子. TNM悪性腫瘍分類カラーアトラス原書2版(翻訳). 丸善出版, 2014.08 第5編 婦人科の腫瘍 原発部位 46章 子宮頸部 (ISBN : 978-4-621-08831-9)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Odai Tamami, Ohno Haruko, Nakamura Reiko, Tsukada Takafumi, Oshima Noriko, Wakana Kimio, Miyasaka Naoyuki. Primary pulmonary choriocarcinoma diagnosed by histopathologic and genetic examination(和訳中). 日本産科婦人科学会雑誌 2022.02.01

  2. 塚田 貴史, 若菜 公雄, 大野 晴子, 中村 玲子, 尾臺 珠美, 大島 乃里子, 宮坂 尚幸. 婦人科領域におけるAu grainを用いた低線量率組織内照射治療の検討. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2021.10.01

  3. TAKAHASHI KENTA, Kumaki Yuichi, Yokobori Junko, Takamine Eriko, Oshima Noriko, Wakana Kimio, Ishikawa Toshiaki, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Kimura Koichiro, Nakagawa Tsuyosh, Tanabe Minoru, Miyasaka Naoyuki, Miyake Satoshi, Ikeda Sadakatsu. Prospects of Liquid biopsy in precision medicine; From the result of PROFILE study: a prospective observational study of precision medicine approach in solid tumors in Japan.. 2019.10.26

  4. Oshima N, Takahashi K, Nakamura R, Yoshino Y, Wakana K, Ikeda S, Miyasaka N. Precision Medicine for gynecologic tumors in our hospital. 第57回日本癌治療学会 2019.10.24

  5. Kenta Takahashi, Noriko Oshima, Reiko Nakamura, Kimio Wakana, Satoshi Miyake, Naoyuki Miyasaka, Sadakatu Ikeda. Ovarian mixed Brenner-mucinous borderline tumor with BRAF V600E mutation.. 17th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society 2018.09.14 Kyoto

  6. Noriko Oshima,Ken-ichi Nakahama,Naoyuki Miyasaka,Ikuo Morita. Tissue engineered lymphatic microvessels using cell-printing technology. 17th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society 2018.09.14 Kyoto

  7. Noriko Oshima, Reiko Nakamura, Akiko Furusawa, Mikayo Toba, Kimio Wakana, Masakazu Terauchi, Satoshi Obayashi, Naoyuki Miyasaka. Analysis of radical radiotherapy for endometrial cancer as the initial treatment. The 16th World Congress On Menopause 2018.06.06 Vancouver

  8. Y. Kitazume, Y. Ogihara, N. Oshima, K. Wakana, A. Takemoto, N. Miyasaka, U. Tateishi. Endometrial cancer: volumetric histogram analysis of apparent diffusion coefficient map for predicting the histological grade. European Congress of Radiology 2018 2018.02.28 Vienna, Austria

  9. Kimio Wakana, Mikayo Toba, Reiko Nakamura, Akiko Furusawa, Noriko Oshima, Naoyuki Miyasaka. Postoperative mortality rate and complications after surgery for ovarian cancer: A retrospective study using a national inpatient database in Japan. The 5th Biennial Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology 2017.11.30 Tokyo

  10. N. Oshima, R. Nakamura, A. Furusawa, M. Toba, K. Wakana, N. Miyasaka. Retrospective analysis of radical radiotherapy for endometrial cancer. The 20th international meeting of the European Society of Gynaecological Oncology 2017.11.05

  11. R. Nakamura, A. Furusawa, N. Oshima, M. Toba, K. Wakana, N. Miyasaka. Comorbidities and complications of elderly patients with cervical cancer. The 20th international meeting of the European Society of Gynaecological Oncology 2017.11.05

  12. Noriko Oshima, Ken-ichi Nakahama, Satoshi Obayashi, Naoyuki Miyasaka, Ikuo Morita. Tissue engineered lymphatic microvessels using cell-printing technology. The 7th Scientific Meeting of the Asia Pcific Menopause Federation 2017.04.22

  13. Oshima N, Fusegi A, Furusawa A, Toba M, Wakana K, Wakabayashi A, Obayashi S. Adjuvant Therapy After Radical Hysterectomy for Cervical Cancer. Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society 2016.10.30

  14. Mikayo Toba, Mutsuko Moriwaki, Noriko Oshima, Kimio Wakana, Akira Wakabayashi, Satoshi Kobayashi, Kiyohide Fushimi. Caluculation of inpatient mortality after surgeryfor uterine endometrial cancer using a anationwide administractive database. International Forum on Quality and Safety in Healthcare. 2016.09.26 Singapore

  15. Toba M, Miyasaka N, Oshima-Sudo N, Wakana K, Wakabayashi A, Kubota T. Differences in apparent diffusion coefficients between malignant and low malignant potential solid ovarian tumors.. 15th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society 2014.11.08 Melbourne

  16. Oshima-Sudo N, Furusawa A, Wakana K, Wakabayashi A, Terauchi M, Obayashi S, Kubota T. Effect of herbal medicine Daikenchuto for the prevention of postoperative ileus in gynecologic cancers.. 15th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society 2014.11.08 Melbourne

  17. Honda I, Morioka C, Taki A, Oshima-Sudo N , Komaki M, Kubota T, Morita I. Assessment of placental and neonatal complication in rat intra-uterine inflamm ation model.. 18th International Vascular Biology Meeting 2014.04.14 Kyoto

  18. Oshima-Sudo N , Honda I, Nakahama K, Kubota T, Morita I. Tissue engineered lymphatic microvessels using cell-printing technology.. 18th International Vascular Biology Meeting 2014.04.14 Kyoto

  19. Noriko Oshima-Sudo, Izumi Honda, Satoshi Obayashi, Masakazu Terauchi, Ken-ichi Nakahama, Toshiro Kubota, Ikuo Morita. Optimized method for culturing endothelial colony forming cells from human umbilical cord blood and tissue engineered capillary vessels using printing technology. The 5th Scientific Meeting of the Asia Pcific Menopause Federation 2013.10.19

  20. Noriko Oshima-Sudo, Masakazu Terauchi, Asami Hirata, Mikayo Toba, Kimio Wakana, Akira Wakabayashi, Satoshi Obayashi, Toshiro Kubota. Effect of herbal medicine Daikenchuto for the prevention of postoperative ileus in gynecologic cancers. The 5th Scientific Meeting of the Asia Pcific Menopause Federation 2013.10.19

  21. Noriko Oshima-Sudo, Yuko Hoshino, Motohiro Komaki, Ken-ichi Nakahama, Toshiro Kubota, Mayumi Abe, Ikuo Morita. Optimized method for culturing outgrowth endothelial progenitor cells from human umbilical cord blood and adult peripheral blood. 17th International Vascular Biology Meeting 2012.06.05

  22. Noriko Oshima-Sudo, Tomoko Yoshida, Yuko Hoshino, Motohiro Komaki, Ken-ichi Nakahama, Toshiro Kubota, Mayumi Abe, Ikuo Morita. Vascular regeneration using cell-printing system. The First Asia-Pacific Vascular Biology Meeting 2011.12.08

  23. Noriko Oshima-Sudo, Tomoko Yoshida, Yuko Hoshino, Motohiro Komaki, Ken-ichi Nakahama, Toshiro Kubota, Mayumi Abe, Ikuo Morita. Tissue engineered capillary vessels for regenerative medicine. The 9th Japan-Korea Joint Symposium on Vascular Biology 2011.08.26

  24. Noriko Oshima-Sudo, Tomoko Yoshida, Yuko Hoshino, Motohiro Komaki, Ken-ichi Nakahama, Toshiro Kubota, Mayumi Abe, Ikuo Morita. Tissue engineered capillary vessels for regenerative medicine. 16th International Vascular Biology Meeting. 16th International Vascular Biology Meeting 2010.06.21

  25. 大島乃里子、鳥羽三佳代、大野晴子、中村玲子、尾臺珠美、塚田貴史、若菜公雄、宮坂尚幸. 腹式広汎子宮全摘術後の尿道カテーテル留置期間短縮による在院日数の変化と安全性の評価. 第74回日本産科婦人科学会学術講演会 2022.08.07 福岡

  26. 大島乃里子、大野晴子、中村玲子、尾臺珠美 塚田貴史、若菜公雄、宮坂尚幸. 腹式広汎子宮全摘術後の尿道カテーテル留置期間短縮クリニカルパスの評価. 第64回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2022.07.14 久留米・Web

  27. 尾臺 珠美, 大野 晴子, 中村 玲子, 塚田 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. ゾレドロン酸抵抗性高カルシウム血症に対しデノスマブが有用であった卵巣明細胞癌の一例. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2022.07.01

  28. 大島 乃里子, 大野 晴子, 中村 玲子, 尾臺 珠美, 塚田 貴史, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 腹式広汎子宮全摘術後の尿道カテーテル留置期間短縮クリニカルパスの評価. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2022.07.01

  29. 大島乃里子. 卵巣癌の初回治療戦略. 土浦取手合同勉強会 2022.06.03

  30. 尾臺珠美、大島乃里子、吉木尚之、宮坂尚幸. ロボット支援下子宮全摘術において子宮傍組織から強出血をきたした2症例の検討. 第2回東京婦人科ロボット手術研究会 2022.04.23 Web

  31. 平川 駿, 尾臺 珠美, 大野 晴子, 中村 玲子, 塚田 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮体癌に合併した血栓症症例の検討. 日本産科婦人科学会雑誌 2022.02.01

  32. 大島 乃里子, 鳥羽 三佳代, 大野 晴子, 中村 玲子, 尾臺 珠美, 塚田 貴史, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 腹式広汎子宮全摘術後の尿道カテーテル留置期間短縮による在院日数の変化と安全性の評価. 日本産科婦人科学会雑誌 2022.02.01

  33. 秋田真友、大島乃里子、中村玲子、大野晴子、尾臺珠美、塚田貴史、若菜公雄、宮坂尚幸. 子宮体癌の術後化学療法中にPegfilgrastim投与による大型血管炎を発症した一例. 東京産科婦人科学会 2021.12.05 Web

  34. 佐々木美鳩、塚田貴史、中村玲子、大野晴子、尾臺珠美、大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. 子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌が同時性に重複した一例. 東京産科婦人科学会 2021.12.04 Web

  35. 大島乃里子. 現代女性の婦人科疾患と必要な検査. YOU健診セミナー 2021.11.22 東京

  36. 大島乃里子. 婦人科の疾患・検査について. YOU健診セミナー 2021.11.15 東京

  37. 大島乃里子. 更年期の基礎知識. YOU健診セミナー 2021.10.04 東京

  38. 市川瑛美、尾臺珠美、塚田貴史、大野晴子、中村玲子、大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. 腸型粘液性癌への悪性転化を来した卵巣成熟奇形腫の1例. 東京産科婦人科学会 2021.09.25 Web

  39. 大島乃里子. 子宮頸癌とHPVワクチン. お茶の水SCクラブ 第12回学術集会 2021.09.17 Web

  40. 大島乃里子. 現代女性の婦人科疾患と必要な検査. YOU健診セミナー 2021.07.19 東京

  41. 尾臺 珠美, 大島 乃里子, 高橋 健太, 佐藤 達也, 大野 晴子, 中村 玲子, 塚田 貴史, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 遺伝学的検査が診断に有用であった卵巣原発hepatoid carcinomaの一例. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2021.07.01

  42. 佐藤 達也, 大野 晴子, 中村 玲子, 尾臺 珠美, 塚田 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. Paeniclostridium sordelliiの菌血症により急な経過で死亡した卵巣癌の一例. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2021.07.01

  43. 大野 晴子, 佐藤 達也, 中村 玲子, 尾臺 珠美, 塚田 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 当科における婦人科悪性腫瘍骨転移症例の後方視的検討. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集 2021.07.01

  44. 大島乃里子、吉木尚之、中村玲子、大野晴子、尾臺珠美、 齊藤和毅、塚田貴史、岩原由樹、宮坂尚幸. 当施設でのロボット手術の現状. 第1回東京婦人科ロボット手術研究会 2021.06.12 東京

  45. 鍔田芙美子、大野晴子、佐藤達也、尾臺珠美、塚田貴史、大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. 右室内腫瘤を認めた子宮体癌の1例. 東京産科婦人科学会 2021.05.15 東京、Web

  46. 大島乃里子. 働く世代の婦人科疾患. YOU健診セミナー 2021.04.19 東京

  47. 瀬賀雅康、大島乃里子、伏木淳、齊藤和毅、寺内公一、尾林聡、宮坂尚幸. 未閉経女性における 子宮頸癌術後の筋肉面積の変化. 第34回日本女性医学学会学術集会 2019.11.01

  48. 熊木裕一、高橋健太、三ツ村隆弘、横堀潤子、高嶺恵理子、石橋恵理、坂下博之、石川敏昭、小野宏晃、伴大輔、工藤篤、大島乃里子、中川剛士、木村浩一朗、久保田一徳、大西威一郎、田邉稔、植竹宏之、三宅智、池田貞勝. FoundationOne® CDx検査を用いたがんゲノム解析の有用性の検討(PROFILE-Fstudy). 第17回 日本臨床腫瘍学会学術総会 2019.07.18

  49. 大島乃里子, 高橋健太, 遅野井彩, 中村玲子, 若菜公雄, 池田貞勝, 宮坂尚幸. 当院における婦人科腫瘍に対するがんゲノム医療についての検討. 第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2019.07.05 新潟

  50. 高橋健太、池田貞勝 、中村玲子、大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. がん遺伝子パネル検査のパネル規模による,卵巣腫瘍症例を対象にした検出力の比較. 第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2019.07.05

  51. 中村玲子、高橋健太、大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. 子宮頸癌の新FIGO 分類におけるΙB期の検討. 第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2019.07.04

  52. 関 文恵, 齊藤 和毅, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 智則, 寺内 公一, 宮坂 尚幸. 婦人科手術後に無石性胆嚢炎を発症した3例における危険因子の検討. 関東連合産科婦人科学会誌 2019.05.01

  53. 高橋健太、大島乃里子、中村玲子、大西威一郎、若菜公雄、池田貞勝、宮坂尚幸. BRAF V600E 変異を認めた卵巣 mixed Brenner-mucinous borderline tumor の 1 例. 第 7 回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会 2019.02.02

  54. 大島乃里子. 「遺伝性乳がん・卵巣がん(HBOC)外来」がスタートしました. 「がんを考える」市民公開講座 2019.01.13 東京

  55. 岩原 由樹, 吉木 尚之, 中村 玲子, 齋藤 和毅, 中筋 貴史, 大島 乃里子, 石川 智則, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 診断に苦慮した原発性腹膜妊娠の1例. 2018.08.02 松江

  56. 岩原 由樹, 吉木 尚之, 中村 玲子, 中筋 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 智則, 宮坂 尚幸. 子宮筋腫茎捻転に対して施行した緊急腹腔鏡下子宮筋腫核出術後に生じた寄生平滑筋腫の1例. 2018.06.16

  57. 渡辺 典子, 相曽 啓史, 鳥羽 三佳代, 佐瀬 裕子, 大島 乃里子, 石渡 泰芳, 永田 将司, 高橋 弘充. クリニカル・パスと薬剤師 計画と実践のノウ・ハウ 産婦人科領域におけるクリニカルパスを用いた術後予防的抗菌薬適正使用の試み. 医薬ジャーナル 2018.06.01

  58. 大島乃里子,中村玲子,鳥羽三佳代,若菜公雄,尾林聰,宮坂尚幸. 婦人科悪性開腹術におけるERAS導入の評価. 2018.05.13 仙台

  59. 山田一郎、坂本潤一郎、小林大輔、宮坂尚幸、若菜公雄、大島乃里子、若林晶、齋田幸久、立石宇貴秀、江石義信. 子宮及び子宮内膜癌のDiffusion Kurtosis Imagingによる評価:病理組織学的所見との対比 (山田一郎, 他). 第77回日本医学放射線学会総会 2018.04.14 横浜

  60. 山田一郎、若菜公雄、小林大輔、宮坂尚幸、大島乃里子、若林晶、齋田幸久、立石宇貴秀、江石義信. 子宮及び子宮内膜癌のDiffusion-Tensor Imagingによる評価:免疫組織化学的所見との比較 (山田一郎, 他). 第77回日本医学放射線学会総会 2018.04.12 横浜

  61. 若菜 公雄, 鳥羽 三佳代, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. 外陰癌の治療関連入院死亡率算出とその要因に関する検討. 日本産科婦人科学会雑誌 2018.02.01

  62. 渡辺典子,相曽啓史,鳥羽三佳代,佐瀬裕子,大島乃里子,杉井麻耶,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充. 周産・女性診療科における術後予防的抗菌薬適正使用に向けたクリニカルパス導入の効果. 第27回日本医療薬学会年会 2017.11.03 幕張

  63. 中村玲子,古澤啓子,大島乃里子,若菜公雄,宮坂尚幸. 高齢子宮頸癌患者の後方視的検討. 第55回癌治療学会学術集会 2017.10.22 横浜

  64. 北詰 良雄, 荻原 佑介, 若菜 公雄, 大島 乃里子, 竹本 暁, 宮坂 尚幸, 立石 宇貴秀. 子宮体癌:ADC マップの容積測定によるヒストグラム解析を用いた組織グレード予測. 第45回日本磁気共鳴医学会大会 2017.09.15

  65. 山田一郎、宮坂尚幸、小林大輔、大島乃里子、若菜公雄、若林晶、齋田幸久、立石宇貴秀、江石義信. 子宮内膜癌:Computed DWI及びADCマップを用いた臨床的評価と病理組織学的所見との比較. 第45回日本磁気共鳴医学会大会 2017.09.14 宇都宮市

  66. 山田一郎、小林大輔、宮坂尚幸、大島乃里子、若菜公雄、若林晶、齋田幸久、立石宇貴秀、江石義信. 子宮頸癌:Computed DWI及びADCマップによる臨床的評価と病理組織学的所見との比較検討. Japanese Society for the Advancement of Women’s Imaging第18回シンポジウム 2017.09.01 淡路市

  67. 中村玲子,伏木淳,古澤啓子,鳥羽三佳代,大島乃里子,若菜公雄,宮坂尚幸. 70歳以上の高齢子宮頸癌患者に関する検討. 日本婦人科腫瘍学会 2017.07.29 熊本

  68. 大島乃里子, 伏木淳, 中村玲子, 古澤啓子, 鳥羽三佳代, 若菜公雄, 宮坂尚幸. 婦人科悪性開腹術のERAS導入における早期食事開始についての評価. 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017.07.28

  69. 伏木 淳, 梅木 英紀, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮穿通を伴った子宮腺筋症原発の子宮体癌. 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017.07.27 熊本

  70. 武内史緒, 大島乃里子, 伏木淳, 中村玲子, 古澤啓子, 鳥羽三佳代, 若菜公雄, 宮坂尚幸. チョコレート嚢胞、子宮腺筋症による子宮、両側付属器摘出術10年後に発症した卵巣粘液性癌の1例. 日本婦人科腫瘍学会学術集会 2017.07.27 熊本

  71. 若菜公雄, 鳥羽 三佳代, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 尾林 聡, 宮坂 尚幸. DPCデータを用いた卵巣癌手術関連死亡率および合併症発症率算出の試み. 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017.07.27 熊本

  72. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸, 伏見 清秀. DPCデータを用いた子宮摘出術の入院死亡と術後合併症のリスク因子の検討. 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017.07.27 熊本

  73. 中村 玲子, 伏木 淳, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 70歳以上の高齢子宮頸癌における検討. 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2017.07.27 熊本

  74. 石塚清子、伏木淳、中村玲子、大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. 子宮頸癌と鑑別が困難だった子宮体癌頸部浸潤の二例. 第133回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2017.06.18 東京

  75. 武内 史緒, 大島 乃里子, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 卵巣チョコレート嚢胞、子宮腺筋症による子宮・両側付属器摘出術後に発症した卵巣粘液性癌の1例. 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2017.06.01

  76. 中村 玲子, 伏木 淳, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 鳥羽 三佳代, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 70歳以上の高齢子宮頸癌における検討. 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2017.06.01

  77. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 伏木 淳, 中村 玲子, 古澤 啓子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸, 伏見 清秀. DPCデータを用いた子宮摘出術の入院死亡と術後合併症のリスク因子の検討. 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2017.06.01

  78. 松岡竜也、中村玲子、有山悠乃、伏木淳、大島乃里子、若菜公雄、宮坂尚幸. 子宮頸部腺癌ⅠB1期に対して、合併症により放射線療法を施行し、残存病変を単純子宮全摘術より完全摘出し得た1例. 第382回東京産科婦人科学会例会 2017.05.20

  79. 大島乃里子 伏木淳 古澤啓子 鳥羽三佳代 若菜公雄 尾林聰 宮坂尚幸. 子宮体癌の根治的放射線療法についての後方視的検討. 日本産科婦人科学会学術集会 2017.04.16

  80. 若菜公雄,鳥羽三佳代,伏木淳,古澤啓子,大島乃里子,尾林聡,宮坂尚幸. DPCデータを用いた卵巣癌手術関連死亡率および合併症発症率算出の試み. 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 2017.04.16 広島

  81. 鳥羽三佳代、大島乃里子、若菜公雄、尾林聡、宮坂尚幸. 子宮摘出術<K877>における入院死亡率算出とその要因に関する検討. 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 2017.04.16 広島

  82. 瀬賀雅康,内藤美帆,伏木淳,中村玲子,大島乃里子,若菜公雄,尾林聡,宮坂尚幸. 子宮頸癌治療後18年経過して右総腸骨動脈尿管瘻をきたし治療に難渋した1例. 第381回東京産科婦人科学会例会 2017.02.25 東京

  83. 鳥羽 三佳代, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 尾林 聰, 宮坂 尚幸. 子宮摘出術<K877>における入院死亡率算出とその要因に関する検討. 日本産科婦人科学会雑誌 2017.02.01

  84. 大島乃里子. 当科ERASプロトコルの取り組みについて. 御茶ノ水漢方セミナー 2017.01.20

  85. 伏木淳、若林晶、郡悠介、吉田卓功、梅木英紀、染川可明、大島乃里子、若菜公雄、尾林聡. リンパ嚢胞にガス壊疽をきたし敗血症となったが、集学的治療により救命できた一例. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.22 横浜

  86. 大島乃里子, 伏木淳, 古澤啓子, 鳥羽三佳代, 若菜公雄, 若林晶, 尾林聰, 宮坂尚幸. 子宮体癌の根治的放射線治療についての後方視的検討. 日本癌治療学会学術集会 2016.10.21

  87. 若菜公雄、鳥羽三佳代、古澤啓子、大島乃里子、若林晶. DPCデータを用いた卵巣癌手術関連死亡率算出の試み. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.21 横浜

  88. 渡辺典子,相曽啓史,鳥羽三佳代,佐瀬裕子,大島乃里子,山本篤,杉井麻耶,石渡泰芳,永田将司,高橋弘充,安原眞人. 婦人科領域における周術期抗菌薬適正使用への取り組み. 第26回日本医療薬学会年会 2016.09.19

  89. 吉野育典、若菜公雄、廣田由佳、高尾茉希、塚田貴史、大島乃里子、若林晶、小林大輔、久保田俊郎. 子宮頸部癌肉腫と子宮体部類内膜腺癌が併存し、重複癌との鑑別に苦慮した1例. 第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016.07.09 鳥取

  90. 大島乃里子、若菜公雄、高尾茉希、吉野育典、塚田貴史、古澤啓子、鳥羽三佳代、若林晶、久保田俊郎. 子宮体癌における根治的放射線治療についての後方視的検討. 第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016.07.08 鳥取

  91. 高尾茉希、若菜公雄、吉野育典、塚田貴史、大島乃里子、鳥羽三佳代、若林晶、久保田俊郎. 当院における婦人科悪性腫瘍開腹手術の周術期合併症の検討と医療安全管理レポートを用いた取り組み. 第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016.07.08 鳥取

  92. 若菜公雄,鳥羽三佳代,高尾茉希,吉野育典,塚田貴史,古澤啓子,大島乃里子,若林晶,久保田敏郎. パクリタキセルおよびカルボプラチンの後発医薬品への変更と血管障害との関連. 第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016.07.08 鳥取

  93. 鳥羽三佳代、若菜公雄、高尾茉希、吉野育典、塚田貴史、古澤啓子、大島乃里子、若林晶、久保田俊郎. DPCデータを用いた婦人科悪性腫瘍手術合併症検出の試み. 第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2016.07.08 鳥取

  94. 若菜公雄、古澤啓子、大島乃里子、鳥羽三佳代、若林晶、尾林聰、久保田 俊郎. 当院における周術期合併症に関しての検討. 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016.04.24 東京

  95. 大島乃里子, 若菜公雄, 古澤啓子, 鳥羽三佳代, 若林晶, 久保田俊郎. 子宮頸癌における広汎子宮全摘術後補助療法についての検討. 日本産科婦人科学会学術集会 2016.04.23

  96. 鳥羽三佳代、大島乃里子、若菜公雄、若林晶、久保田俊郎. DPCデータを用いた子宮体癌手術関連死亡率算出の試み. 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 2016.04.23 東京

  97. 高尾 茉希, 若菜 公雄, 吉野 育典, 塚田 貴史, 大島乃里子, 若林 晶, 久保田 俊郎, 鳥羽 三佳代, 伏見 清秀. 当院における婦人科悪性腫瘍開腹手術の周術期合併症の検討.. 第19回産婦人科臨床フォーラム 2015.12.18 新宿

  98. 高尾茉希、吉野育典、塚田貴史、大島乃里子、若菜公雄、若林晶、久保田俊郎. 当院における婦人科悪性腫瘍開腹手術の周術期合併症の検討. 第19回産婦人科臨床フォーラム 2015.12.18 東京

  99. 若菜公雄、古澤啓子、大島乃里子、若林晶、久保田俊郎. 高齢者卵巣癌における治療法の検討. 第53回日本癌治療学会学術集会 2015.10.28 京都

  100. 中村めぐみ、大島乃里子、古澤啓子、鳥羽三佳代、若菜公雄、若林晶、久保田俊郎、桐村進、山本浩平. 剖検にて低分化な顆粒膜細胞腫・子宮体癌合併症例と判明した1例. 第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2015.08.08 盛岡

  101. 大島乃里子、若菜公雄、中村めぐみ、古澤啓子、鳥羽三佳代、若林晶、久保田俊郎. 子宮頸癌における広汎子宮全摘術後補助化学療法についての後方視的検討. 第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2015.08.08 盛岡

  102. 若菜公雄、古澤啓子、大島乃里子、鳥羽三佳代、若林晶、久保田俊郎. 当院における周術期合併症についての検討. 第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2015.08.08 盛岡

  103. 中村めぐみ、若菜公雄、岩原由樹、大島乃里子、若林晶、尾林聡、久保田俊郎. 卵巣癌根治術後にリンパ嚢胞によって水腎症と腎静脈血栓症をきたした1例. 第29回東京産婦人科医会・東京産科婦人科学会合同研修会並びに第374回東京産科婦人科学会例会 2015.05.23 東京

  104. 鳥羽三佳代、大島乃里子、若菜公雄、若林晶、宮坂尚幸、久保田俊郎. 充実部分を有する上皮性卵巣悪性腫瘍と境界悪性卵巣腫瘍の鑑別にMRI拡散強調画像は有用か. 第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015.04.12 横浜

  105. 若菜公雄、古澤啓子、大島乃里子、鳥羽三佳代、若林晶、尾林聡、久保田俊郎. 高齢者卵巣癌における治療法の検討. 第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015.04.12 横浜

  106. 本多泉、大島乃里子、宮坂尚幸、久保田俊郎、森田育男. 子宮内炎症環境が臍帯由来間葉系幹細胞に及ぼす影響の検討.. 第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015.04.12 横浜

  107. 大島乃里子、若菜公雄、若林晶、寺内公一、尾林聡、久保田俊郎. 婦人科悪性腫瘍開腹手術症例における早期大建中湯内服のイレウス予防効果についての検討. 第67回日本産科婦人科学会学術講演会 2015.04.10 横浜

  108. 本多 泉、須藤乃里子、宮坂尚幸、久保田俊郎、森田育男. 子宮内炎症が臍帯由来間葉系幹細胞に及ぼす影響の検討. 日本産科婦人科学会 2015.03.24

  109. 吉田卓功、大島乃里子、大蔵慶憲、若菜公雄、若林晶、寺内公一、尾林聰、久保田俊郎. 深部静脈血栓症を併発した良性骨盤内腫瘍3症例に関する検討. 第29回女性医学学会学術集会 2014.11.02 東京

  110. 沖倉詩織、古澤啓子、大島乃里子、若菜公雄、若林晶、寺内公一、尾林聡、久保田俊郎. 子宮摘出後に発症した、内腸骨動静脈瘻を伴う巨大骨盤内平滑筋腫の1例. 第128回関東連合産科婦人科学会・学術集会 2014.10.25 長野

  111. 本多泉, 滝敦子, 森丘千夏子, 大島乃里子, 鳥羽三佳代, 小牧基浩, 森尾友宏, 宮坂尚幸, 久保田俊郎, 森田育男. LPS羊水腔内投与によるラット子宮内感染モデルにおける胎盤および新生仔の解析. 第22回日本胎盤学会 2014.10.03

  112. 鳥羽三佳代、宮坂尚幸 大島乃里子 若菜公雄 若林晶、久保田俊郎. 充実部分を有する卵巣腫瘍の悪性と境界悪性の鑑別にMRI拡散強調画像が有用かどうかの検討. JSAWI2014 2014.09.06 淡路島

  113. 若菜公雄、平田麻実、大島乃里子、鳥羽三佳代、若林晶、久保田俊郎. 高齢者子宮体癌における治療法の検討. 第52回日本癌治療学会学術集会 2014.08.28 横浜

  114. 平田麻実、大島乃里子、鳥羽三佳代、若菜公雄、若林晶、久保田俊郎. 婦人科悪性腫瘍手術後の腹腔内ドレナージとリンパ嚢胞発生に関する検討. 第52回日本癌治療学会学術集会 2014.08.28 横浜

  115. 若菜公雄、平田麻実、大島乃里子、鳥羽三佳代、若林晶、久保田俊郎. 高齢者子宮体癌における治療法の検討. 第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2014.07.17 宇都宮

  116. 平田麻実、大島乃里子、鳥羽三佳代、若菜公雄、若林晶、久保田俊郎. 婦人科悪性腫瘍手術後の腹腔内ドレナージとリンパ嚢胞発生に関する検討. 第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2014.07.17 宇都宮

  117. 大島乃里子、本多泉、中浜健一、久保田俊郎、森田育男. 印刷基板を用いた生体外リンパ管作成. 第35回日本炎症・再生医学会 2014.07.01 沖縄

  118. 鳥羽三佳代、宮坂尚幸、平田麻実、大島乃里子、若菜公雄、若林晶、久保田俊郎. 充実成分を有する卵巣腫瘍の鑑別診断におけるMRI拡散強調画像の有用性についての検討. 第66回日本産科婦人科学会学術講演会 2014.04.19 東京

  119. 須藤乃里子、本多泉、寺内公一、尾林聰、久保田俊郎、森田育男. 臍帯血および末梢血由来Endothelial colony–forming cellsの分離と細胞特性の比較. 日本産科婦人科学会学術集会 2013.05.12

  120. 須藤乃里子、中浜健一、久保田俊郎、森田育男. 臍帯血と臍帯由来細胞を利用した生体外における毛細血管の作成. 第63回日本産婦人科学会学術講演会 2011.08.29

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第 65 回日本産科婦人科学会学術講演会優秀演題賞,2013年05月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科医が教える「婦人科検査の受け方」,2022年05月

    anan Beautyへの記事掲載

  • PMS、生理痛は普通? 産婦人科医が教える病気のリスク,2022年04月

    日経doorsへの記事掲載

  • 血流改善で免疫力U P ,2022年01月

    &ROSY 2月号への記事掲載

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生殖・発達ブロック講義 婦人科悪性腫瘍2

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • がん,東京都,都立上野高等学校,2022年07月13日

  • 働く世代の婦人科疾患,2022年07月11日

  • 働く世代の婦人科疾患,2022年04月25日

  • 現代女性の婦人科疾患と必要な検査,2022年04月11日

  • 20代でも健康とは限らない!? 若い世代でもかかる婦人科疾患,ファムメディコ,2022年03月28日

  • 働く世代の婦人科疾患 30代からのヘルスケア,ファムメディコ,2022年03月28日

  • 現代女性の婦人科疾患と必要な検査,ファムメディコ,2022年03月14日

  • 現代女性の婦人科疾患と必要な検査,ファムメディコ,2022年02月28日

  • 現代女性の婦人科疾患と必要な検査,ファムメディコ,2022年02月21日

  • 遺伝性乳がん 卵巣がん症候群外来の取り組みにつきまして(大島乃里子),日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年01月28日

▼全件表示