基本情報

写真a

大島 乃里子(オオシマ ノリコ)

OSHIMA Noriko


職名

助教

研究室住所

113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5322

研究室FAX番号

03-5803-0295

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/gyne/

研究分野・キーワード

婦人科悪性腫瘍、女性医学、再生医療

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学部  医学科  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  産婦人科学  博士課程  2011年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(医学)  群馬大学

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学 産婦人科 研修医 2001年5月~2002年6月
  • 獨協医科大学越谷病院 産婦人科 研修医 2002年7月~2003年4月
  • 獨協医科大学越谷病院 産婦人科 助手 2003年4月~2003年6月
  • 東京都立府中病院 産婦人科 医員 2003年7月~2007年2月
  • 東京医科歯科大学 周産・女性診療科 医員 2007年3月~2007年4月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

  • 日本婦人科腫瘍学会

  • 日本女性医学学会

  • 日本産科婦人科内視鏡学会

  • 日本癌治療学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年01月
    -
    2009年12月
    日本産科婦人科学会 男女共同参画委員会 委員
  • 2018年02月
    -
    現在
    日本女性医学学会  専門医審査委員会 委員
  • 2019年10月
    -
    現在
    日本女性医学学会 幹事
  • 2020年01月
    -
    現在
    日本女性医学学会  学会あり方委員会 委員
  • 2020年01月
    -
    現在
    日本女性医学学会  教育委員会 委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学

  • 医化学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 婦人科腫瘍学

  • 女性医学

  • がんゲノム

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 再生医療を利用した移植卵巣の機能改善に対する新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 再生医療を利用した移植卵巣の機能改善に対する新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 間葉系幹細胞を用いた新規切迫早産治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 再生療法を利用したリンパ浮腫に対する新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2015年

  • 再生療法を利用したリンパ浮腫に対する新規治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 河原 紗也子, 大島 乃里子, 中村 玲子, 吉野 育典, 遅野井 彩, 高橋 健太, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. 子宮筋層内に発育し内膜との連続性を認めなかった低異型度子宮内膜間質肉腫(LG-ESS)の1例 東京産科婦人科学会会誌. 2020.07; 69 (3): 438-444. ( 医中誌 )

  • Yamada I, Oshima N, Wakana K, Miyasaka N, Wakabayashi A, Sakamoto J, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D. Uterine Cervical Carcinoma: Evaluation Using Non-Gaussian Diffusion Kurtosis Imaging and Its Correlation With Histopathological Findings. Journal of computer assisted tomography. 2020.06; ( PubMed, DOI )

  • 高橋 健太, 吉木 尚之, 栗原 大地, 中村 玲子, 大島 乃里子, 宮坂 尚幸. 子宮と小腸が広範囲で癒着していたがロボット支援下手術を完遂できた1例 日本産科婦人科学会雑誌. 2020.03; 72 (臨増): S-531. ( 医中誌 )

  • 大島 乃里子, 吉木 尚之, 高橋 健太, 中村 玲子, 齊藤 和毅, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. ロボット支援下子宮全摘手術における使用アーム数の比較検討 日本産科婦人科学会雑誌. 2020.03; 72 (臨増): S-629. ( 医中誌 )

  • 中村 玲子, 吉野 育典, 高橋 健太, 塚田 貴史, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 宮坂 尚幸. がんゲノム検査によりBRCA1遺伝子変異と判明した子宮頸癌IVB期の1例 日本産科婦人科学会雑誌. 2020.03; 72 (臨増): S-491. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大島乃里子. 女性医学ガイドブック(更年期医療編). 金原出版株式会社, 2019.10

  • 大島乃里子. 女性医学ガイドブック(思春期・性成熟期編)2016年版. 金原出版株式会社, 2016 思春期・性成熟期編

  • 大島乃里子. TNM悪性腫瘍分類カラーアトラス原書2版(翻訳). 丸善出版, 2014.08 第5編 婦人科の腫瘍 原発部位 46章 子宮頸部 (ISBN : 978-4-621-08831-9)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 瀬賀雅康、大島乃里子、伏木淳、齊藤和毅、寺内公一、尾林聡、宮坂尚幸. 未閉経女性における 子宮頸癌術後の筋肉面積の変化. 第34回日本女性医学学会学術集会 2019.11.01

  • TAKAHASHI KENTA, Kumaki Yuichi, Yokobori Junko, Takamine Eriko, Oshima Noriko, Wakana Kimio, Ishikawa Toshiaki, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Kimura Koichiro, Nakagawa Tsuyosh, Tanabe Minoru, Miyasaka Naoyuki, Miyake Satoshi, Ikeda Sadakatsu. Prospects of Liquid biopsy in precision medicine; From the result of PROFILE study: a prospective observational study of precision medicine approach in solid tumors in Japan.. 2019.10.26

  • Oshima N, Takahashi K, Nakamura R, Yoshino Y, Wakana K, Ikeda S, Miyasaka N. Precision Medicine for gynecologic tumors in our hospital. 第57回日本癌治療学会 2019.10.24

  • 熊木裕一、高橋健太、三ツ村隆弘、横堀潤子、高嶺恵理子、石橋恵理、坂下博之、石川敏昭、小野宏晃、伴大輔、工藤篤、大島乃里子、中川剛士、木村浩一朗、久保田一徳、大西威一郎、田邉稔、植竹宏之、三宅智、池田貞勝. FoundationOne® CDx検査を用いたがんゲノム解析の有用性の検討(PROFILE-Fstudy). 第17回 日本臨床腫瘍学会学術総会 2019.07.18

  • 大島乃里子, 高橋健太, 遅野井彩, 中村玲子, 若菜公雄, 池田貞勝, 宮坂尚幸. 当院における婦人科腫瘍に対するがんゲノム医療についての検討. 第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2019.07.05 新潟

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第 65 回日本産科婦人科学会学術講演会優秀演題賞,2013年05月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 遺伝性乳がん 卵巣がん症候群外来の取り組みにつきまして(大島乃里子),日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年01月28日