基本情報

写真a

鹿島田 健一(カシマダ ケンイチ)

KASHIMADA Kenichi


職名

講師

生年

1968年

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

研究室電話番号

03-3813-6111

メールアドレス

kkashimada.ped@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/ped/home.html

研究分野・キーワード

医療、分子生物学、小児医療、内分泌学、臨床遺伝学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1994年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  小児科学  博士課程  2002年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 発生発達病態学 助教
  • 2011年04月
    -
    2013年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 発生発達病態学 助教
  • 2013年07月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 講師
  • 2013年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 講師
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 小児・周産・女性診療領域 小児科 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1996年09月
    土浦協同病院 小児科 医員(医病)
  • 1997年10月
    -
    1998年03月
    JAとりで総合医療センター 小児科 医員(医病)
  • 1998年04月
    -
    2002年03月
    東京医科歯科大学 医学部大学院 大学院生
  • 2002年04月
    -
    2004年02月
    愛仁会 太田総合病院 小児科 部長
  • 2004年03月
    -
    2007年03月
    東京北医療センタ― 小児科 部長
  • 2008年04月
    -
    2011年03月
    Queensland 大学 Institute for Molecular Bioscience (IMB) 研究員

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会

  • 日本内分泌学会

  • 日本小児内分泌学会

  • アメリカ内分泌学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本糖尿病学会

  • 日本肥満学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本再生医療学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    現在
    日本小児内分泌学会 評議員
  • 2011年04月
    -
    現在
    日本小児内分泌学会 あり方委員会 委員
  • 2011年04月
    -
    現在
    日本小児内分泌学会 渉外担当委員会 委員
  • 2012年04月
    -
    2020年03月
    関東小児糖尿病研究会 世話人
  • 2013年04月
    -
    現在
    成長科学協会 地区委員
  • 2014年04月
    -
    現在
    日本小児内分泌学会 Clinical Pediatric Endocrinology編集委員会 委員
  • 2014年04月
    -
    現在
    小児成長研究会 世話人
  • 2014年04月
    -
    現在
    日本小児内分泌学会 性分化・副腎疾患委員会 委員
  • 2016年04月
    -
    現在
    日本内分泌学会 評議員
  • 2016年04月
    -
    現在
    日本マススクリーニング学会 評議員
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本生殖内分泌学会 評議員
  • 2017年09月
    -
    現在
    日本小児内分泌学会 疾患登録委員会 委員
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本小児科学会 代議員
  • 2018年08月
    -
    現在
    日本小児科学会 Pediatric International 総務会委員
  • 2019年05月
    -
    現在
    日本糖尿病学会 評議員
  • 2019年06月
    -
    現在
    Scientific Reports 編集委員
  • 2019年07月
    -
    2021年03月
    日本再生医療学会 学術総会委員会 委員
  • 2020年04月
    -
    現在
    日本小児科学会 新型コロナウイルス感染症対策ワーキンググループ委員会 委員
  • 2020年04月
    -
    現在
    日本生殖内分泌学会 理事
  • 2020年06月
    -
    現在
    日本小児科学会 Pediatric International 副編集委員長
  • 2021年04月
    -
    現在
    日本マススクリーニング学会 International Journal of Neonatal Screening 編集委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 胎児医学、小児成育学

  • 代謝、内分泌学

  • 医化学

  • 発生生物学

  • 分子生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本内分泌学会 指導医

  • 日本内分泌学会専門医

  • 小児科専門医

  • 日本糖尿病学会専門医

  • 人類遺伝学会 臨床遺伝専門医

  • 再生医療認定医

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究

    厚生労働省 : 2020年04月 -

  • 性分化・性成熟異常を伴う内分泌症候群(プラダーウイリ症候群・ヌーナン症候群 を含む)の診療水準向上を目指す調査研究

    厚生労働省 : 2020年04月 -

  • 副腎ホルモン産生異常に関する調査研究

    厚生労働省 : 2019年04月 - 2020年03月

  • プラダー・ウィリ症候群における診療ガイドラインの作成

    厚生労働省 : 2018年10月 - 2020年03月

  • 新規網羅的RNA解析技法を用いた性腺体細胞の転写分子制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 性分化・性成熟疾患群における診療ガイドラインの作成と普及

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2017年03月

  • 性分化・性成熟疾患群における診療ガイドラインの作成と普及

    厚生労働省 : 2015年04月 - 2018年03月

  • 精巣分化におけるエピジェネティックな分子制御機構の解明と再生医療への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 思春期・若年成人がん患者・サバイバーへの医療・教育・就労支援に関する国際比較研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 転写因子Sf1の卵巣における発現機構および機能の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 思春期・若年成人がん患者・サバイバーへの医療・教育・就労支援に関する国際比較研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • DNA損傷修復異常が糖代謝に与える影響とインスリン抵抗性糖尿病発症機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yusuke Noguchi, Atsuko Taki, Izumi Honda, Manabu Sugie, Tsunanori Shidei, Kazuyuki Ito, Haruka Iwata, Akira Koyama, Kaoru Okazaki, Masatoshi Kondo, Chikako Morioka, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Transcriptome analysis of umbilical cord mesenchymal stem cells revealed fetal programming due to chorioamnionitis. Sci Rep. 2022.04; 12 (1): 6537. ( PubMed, DOI )

  2. Shohei Eto, Yoko Nukui, Miyuki Tsumura, Yu Nakagama, Kenichi Kashimada, Yoko Mizoguchi, Takanori Utsumi, Maki Taniguchi, Fumiaki Sakura, Kosuke Noma, Yusuke Yoshida, Shinichiro Ohshimo, Shintaro Nagashima, Keisuke Okamoto, Akifumi Endo, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Hidenori Ohnishi, Shintaro Hirata, Eiji Sugiyama, Nobuaki Shime, Masanori Ito, Hiroki Ohge, Yasutoshi Kido, Paul Bastard, Jean-Laurent Casanova, Junko Tanaka, Tomohiro Morio, Satoshi Okada. Neutralizing Type I Interferon Autoantibodies in Japanese Patients With Severe COVID-19. Res Sq. 2022.03; ( PubMed, DOI )

  3. Ryuichi Nakagawa, Kei Takasawa, Maki Gau, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Hideya Kawaji, Yasuhiro Murakawa, Shuji Takada, Masashi Mikami, Satoshi Narumi, Maki Fukami, Rajini Sreenivasan, Tetsuo Maruyama, Elena Tucker, Liang Zhao, Josephine Bowles, Andrew Sinclair, Peter Koopman, Yoshihide Hayashizaki, Tomohiro Morio, Kenichi Kashimada. Two ovarian candidate enhancers, identified by time series enhancer RNA analyses, harbor rare genetic variations identified in ovarian insufficiency. Hum Mol Genet. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  4. Teppei Ohkawa, Akira Nishimura, Kenjiro Kosaki, Yuki Aoki-Nogami, Daisuke Tomizawa, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio, Motohiro Kato, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. PAX3/7-FOXO1 fusion-negative alveolar rhabdomyosarcoma in Schuurs-Hoeijmakers syndrome. J Hum Genet. 2022.01; 67 (1): 51-54. ( PubMed, DOI )

  5. Kenichi Kashimada. When to eat and sleep matters to children's health. Pediatr Int. 2022.01; 64 (1): e15063. ( PubMed, DOI )

  6. Yusuke Noguchi, Tsunanori Shidei, Chikako Morioka, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. A suspected case of heterotopic glia in an MM-twin discordant for anencephaly. Pediatr Int. 2022.01; 64 (1): e15027. ( PubMed, DOI )

  7. Kei Takasawa, Hirokazu Kanegane, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Endocrinopathies in Inborn Errors of Immunity. Front Immunol. 2021.11; 12 786241. ( PubMed, DOI )

  8. Yoko Saito, Kei Takasawa, Maki Gau, Takeru Yamauchi, Ryuichi Nakagawa, Yuichi Miyakawa, Akito Sutani, Atsumi Hosokawa-Tsuji, Shigeru Takishima, Yohei Matsubara, Tomohiro Morio, Kenichi Kashimada. Adrenal suppression and anthropometric data at two years of age was not influenced by the initial hydrocortisone dose in patients with 21-hydroxylase deficiency. Clin Pediatr Endocrinol. 2021.10; 30 (4): 155-161. ( PubMed, DOI )

  9. Hisae Nakatani, Kei Takasawa, Kenichi Kashimada, Akira Morimoto, Akihiro Oshiba, Masayuki Nagasawa. Central diabetes insipidus developing in a 6-year-old patient 4 years after the remission of unifocal bone Langerhans cell histiocytosis. Clin Pediatr Endocrinol. 2021.07; 30 (3): 149-153. ( PubMed, DOI )

  10. Kei Takasawa, Yuichi Miyakawa, Yoko Saito, Eriko Adachi, Tsunanori Shidei, Akito Sutani, Maki Gau, Ryuichi Nakagawa, Atsuko Taki, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Marked clinical heterogeneity in congenital hyperinsulinism due to a novel homozygous ABCC8 mutation. Clin Endocrinol (Oxf). 2021.06; 94 (6): 940-948. ( PubMed, DOI )

  11. Atsumi Tsuji-Hosokawa, Kenichi Kashimada. Thirty-Year Lessons from the Newborn Screening for Congenital Adrenal Hyperplasia (CAH) in Japan. Int J Neonatal Screen. 2021.06; 7 (3): 36. ( PubMed, DOI )

  12. Keisuke Nagasaki, Akie Nakamura, Takeru Yamauchi, Hotaka Kamasaki, Yosuke Hara, Junko Kanno, Satomi Koyama, Yoshiaki Ohtsu, Ikuko Takahashi, Shigeru Suzuki, Kenichi Kashimada, Toshihiro Tajima. Investigation of TSH receptor blocking antibodies in childhood-onset atrophic autoimmune thyroiditis. Clin Pediatr Endocrinol. 2021.04; 30 (2): 79-84. ( PubMed, DOI )

  13. Maki Gau, Kaoru Konishi, Kei Takasawa, Ryuichi Nakagawa, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Atsuko Hashimoto, Akito Sutani, Toshihiro Tajima, Tomonobu Hasegawa, Tomohiro Morio, Kenichi Kashimada. The progression of salt-wasting and the body weight change during the first 2 weeks of life in classical 21-hydroxylase deficiency patients. Clin Endocrinol (Oxf). 2021.02; 94 (2): 229-236. ( PubMed, DOI )

  14. Hirofumi Haraguchi, Miyuki Harada, Kenichi Kashimada, Reiko Horikawa, Hideya Sakakibara, Makio Shozu, Tomoyuki Fujii, Yutaka Osuga, Koji Kugu. National survey of primary amenorrhea and relevant conditions in Japan. J Obstet Gynaecol Res. 2021.02; 47 (2): 774-777. ( PubMed, DOI )

  15. Saori Kadowaki, Kunio Hashimoto, Toyoki Nishimura, Kenichi Kashimada, Tomonori Kadowaki, Norio Kawamoto, Kohsuke Imai, Satoshi Okada, Hirokazu Kanegane, Hidenori Ohnishi. Functional analysis of novel A20 variants in patients with atypical inflammatory diseases. Arthritis Res Ther. 2021.02; 23 (1): 52. ( PubMed, DOI )

  16. Kenichi Kashimada. The flash glucose monitoring system is useful but has some limitations. Pediatr Int. 2021.02; 63 (2): 129. ( PubMed, DOI )

  17. Chiho Sugisawa, Makoto Ono, Kenichi Kashimada, Tomonobu Hasegawa, Satoshi Narumi. Inactivation of a Frameshift TSH Receptor Variant Val711Phefs*18 is Due to Acquisition of a Hydrophobic Degron. J Clin Endocrinol Metab. 2021.01; 106 (1): e265-e272. ( PubMed, DOI )

  18. Nozomi Matsuda, Kei Takasawa, Yasuhisa Ohata, Shigeru Takishima, Takuo Kubota, Yasuki Ishihara, Makoto Fujiwara, Erika Ogawa, Tomohiro Morio, Kenichi Kashimada, Keiichi Ozono. Potential pathological role of single nucleotide polymorphism (c.787T>C) in alkaline phosphatase (ALPL) for the phenotypes of hypophosphatasia. Endocr. J. 2020.12; 67 (12): 1227-1232. ( PubMed, DOI )

  19. Tomohiro Ishii, Toshihiro Tajima, Kenichi Kashimada, Tokuo Mukai, Yusuke Tanahashi, Noriyuki Katsumata, Junko Kanno, Takashi Hamajima, Kenichi Miyako, Shinobu Ida, Tomonobu Hasegawa. Clinical features of 57 patients with lipoid congenital adrenal hyperplasia: criteria for nonclassic form revisited. J Clin Endocrinol Metab. 2020.11; 105 (11): dgaa557. ( PubMed, DOI )

  20. Yujiro Nakano, Chikara Komiya, Hitomi Shimizu, Hiroyuki Mishima, Kumiko Shiba, Kazutaka Tsujimoto, Kenji Ikeda, Kenichi Kashimada, Sumito Dateki, Koh-Ichiro Yoshiura, Yoshihiro Ogawa, Tetsuya Yamada. A case of ezetimibe-effective hypercholesterolemia with a novel heterozygous variant in ABCG5. Endocr. J. 2020.11; 67 (11): 1099-1105. ( PubMed, DOI )

  21. Takeru Yamauchi, Masatoshi Imamura, Kei Takasawa, Keisuke Nakajima, Ryuichi Nakagawa, Maki Gau, Manabu Sugie, Atsuko Taki, Masahiko Kawai, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Prematurity at less than 24 weeks of gestation is a risk for prolonged hyperglycemia in extremely low-birth weight infants. Endocrine. 2020.10; 70 (1): 71-77. ( PubMed, DOI )

  22. Shigeru Takishima, Tomotaka Kono, Kei Takasawa, Kenichi Kashimada, Hiroshi Mochizuki. Nocturnal enuresis is a possible symptom of pediatric paraganglioma: A case report. Clin Pediatr Endocrinol. 2020.04; 29 (2): 85-87. ( PubMed, DOI )

  23. Takahiro Fukaishi, Isao Minami, Seizaburo Masuda, Yasutaka Miyachi, Kazutaka Tsujimoto, Hajime Izumiyama, Koshi Hashimoto, Masayuki Yoshida, Sayako Takahashi, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio, Kenjiro Kosaki, Yoshiro Maezawa, Koutaro Yokote, Takanobu Yoshimoto, Tetsuya Yamada. A case of generalized lipodystrophy-associated progeroid syndrome treated by leptin replacement with short and long-term monitoring of the metabolic and endocrine profiles. Endocr. J. 2020.02; 67 (2): 211-218. ( PubMed, DOI )

  24. Akito Sutani, Hirohito Shima, Atsushi Hijikata, Susumu Hosokawa, Yuko Fukui, Kei Takasawa, Erina Suzuki, Shozaburou Doi, Tsuyoshi Shirai, Tomohiro Morio, Maki Fukami, Kenichi Kashimada. WDR11 is another causative gene for coloboma, cardiac anomaly and growth retardation in 10q26 deletion syndrome. Eur J Med Genet. 2020.01; 63 (1): 103626. ( PubMed, DOI )

  25. Nadia Y Edelsztein, Kenichi Kashimada, Helena F Schteingart, Rodolfo A Rey. CYP26B1 declines postnatally in Sertoli cells independently of androgen action in the mouse testis. Mol. Reprod. Dev. 2020.01; 87 (1): 66-77. ( PubMed, DOI )

  26. Takeru Yamauchi, Kei Takasawa, Takahiro Kamiya, Shizuka Kirino, Maki Gau, Kento Inoue, Akihiro Hoshino, Kenichi Kashimada, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Hematopoietic stem cell transplantation recovers insulin deficiency in type 1 diabetes mellitus associated with IPEX syndrome. Pediatr Diabetes. 2019.11; 20 (7): 1035-1040. ( PubMed, DOI )

  27. Hasegawa S, Kumada S, Tanuma N, Tsuji-Hosokawa A, Kashimada A, Mizuno T, Moriyama K, Sugawara Y, Shirai I, Miyata Y, Nishida H, Mashimo H, Hasegawa T, Hosokawa T, Hisakawa H, Uematsu M, Fujine A, Miyata R, Sakuma H, Kashimada K, Imai K, Morio T, Hayashi M, Mizutani S, Takagi M. Long-Term Evaluation of Low-Dose Betamethasone for Ataxia Telangiectasia. Pediatr Neurol. 2019.11; 100 60-66. ( PubMed, DOI )

  28. Sutani A, Miyakawa Y, Tsuji-Hosokawa A, Nomura R, Nakagawa R, Nakajima K, Maru M, Aoki Y, Takasawa K, Takagi M, Imai K, Kashimada K, Morio T. Gonadal failure among female patients after hematopoietic stem cell transplantation for non-malignant diseases. Clinical pediatric endocrinology : case reports and clinical investigations : official journal of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology. 2019.10; 28 (4): 105-112. ( PubMed, DOI )

  29. Maeda Y, Takasawa K, Ishii T, Nagashima A, Mouri M, Kunieda J, Morisaki H, Ito T, Mori M, Kashimada K, Doi S, Morio T. A Nonsense SMAD3 Mutation in a Girl with Familial Thoracic Aortic Aneurysm and Dissection without Joint Abnormality. Cardiology. 2019.10; 144 (1-2): 53-59. ( PubMed, DOI )

  30. Risa Nomura, Kenichi Kashimada, Hitomi Suzuki, Liang Zhao, Atusmi Hosokawa-Tsuji, Hideo Yagita, Masatoshi Takagi, Yoshiakira Kanai, Josephine Bowles, Peter Koopman, Masami Kanai-Azuma, Tomohiro Morio. Nr5a1 suppression during the fetal period optimizes ovarian development by fine-tuning of Notch signaling. J. Cell. Sci.. 2019.04; 132 (8): jcs223768. ( PubMed, DOI )

  31. Yuichi Miyakawa, Kei Takasawa, Yohei Matsubara, Kenji Ihara, Yoshiaki Ohtsu, Hotaka Kamasaki, Kazuteru Kitsuda, Hironori Kobayashi, Mari Satoh, Sinichiro Sano, Sumito Dateki, Hiroshi Mochizuki, Ichiro Yokota, Yukihiro Hasegawa, Kenichi Kashimada. Language delay and developmental catch-up would be a clinical feature of pseudohypoparathyroidism type 1A during childhood. Endocr. J. 2019.03; 66 (3): 215-221. ( PubMed, DOI )

  32. Misako Nagatsuma, Kei Takasawa, Takeru Yamauchi, Ryuichi Nakagawa, Tomoko Mizuno, Eriko Tanaka, Kouhei Yamamoto, Noriko Uemura, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. A postzygotic KRAS mutation in a patient with Schimmelpenning syndrome presenting with lipomatosis, renovascular hypertension, and diabetes mellitus. J. Hum. Genet.. 2019.02; 64 (2): 177-181. ( PubMed, DOI )

  33. Kei Takasawa, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Shigeru Takishima, Yasunori Wada, Keisuke Nagasaki, Sumito Dateki, Chikahiko Numakura, Atsushi Hijikata, Tsuyoshi Shirai, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Clinical characteristics of adolescent cases with Type A insulin resistance syndrome caused by heterozygous mutations in the β-subunit of the insulin receptor (INSR) gene. J Diabetes. 2019.01; 11 (1): 46-54. ( PubMed, DOI )

  34. Atsumi Tsuji-Hosokawa, Kenichi Kashimada, Tomoko Kato, Yuya Ogawa, Risa Nomura, Kei Takasawa, Rowena Lavery, Andrea Coschiera, David Schlessinger, Vincent R Harley, Shuji Takada, Tomohiro Morio. Peptidyl arginine deiminase 2 (Padi2) is expressed in Sertoli cells in a specific manner and regulated by SOX9 during testicular development. Sci Rep. 2018.09; 8 (1): 13263. ( PubMed, DOI )

  35. Ryuichi Nakagawa, Atsumi Hosokawa-Tsuji, Yuki Aoki, Kei Takasawa, Mitsue Maru, Keisuke Nakajima, Akito Sutani, Yuichi Miyakawa, Daisuke Tomizawa, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Total body irradiation for hematopoietic stem cell transplantation during early childhood is associated with the risk for diabetes mellitus. Endocrine. 2018.04; 61 (1): 76-82. ( PubMed, DOI )

  36. Ryuichi Nakagawa, Kei Takasawa, Tzu-Wen Yeh, Kohsuke Imai, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Type 1 Diabetes Mellitus Associated with Activated Phosphoinositide-3-kinase Delta Syndrome, Type 2. J Diabetes. 2017.12; ( PubMed, DOI )

  37. Atsumi Tsuji-Hosokawa, Kei Takasawa, Risa Nomura, Yuichi Miyakawa, Chikahiko Numakura, Atsushi Hijikata, Tsuyoshi Shirai, Yoshihiro Ogawa, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Molecular mechanisms of insulin resistance in 2 cases of primary insulin receptor defect-associated diseases. Pediatr Diabetes. 2017.12; ( PubMed, DOI )

  38. Nomura R, Miyai K, Nishimura G, Kashimada K, Morio T. Myhre syndrome: Age-dependent progressive phenotype Pediatrics International. 2017.11; 59 (11): 1205-1206.

  39. Kei Takasawa, Ryuichi Nakagawa, Shigeru Takishima, Kengo Moriyama, Ken Watanabe, Koji Kiyohara, Takeshi Hasegawa, Masahiro Shimohira, Kenichi Kashimada, Norio Shimizu, Tomohiro Morio. Cause of acute encephalitis/encephalopathy in Japanese children diagnosed by a rapid and comprehensive virological detection system and differences in their clinical presentations. Brain Dev.. 2017.08; ( PubMed, DOI )

  40. Akiko Tomioka, Mitsue Maru, Kenichi Kashimada, Hideya Sakakibara. Physical and social characteristics and support needs of adult female childhood cancer survivors who underwent hormone replacement therapy. Int. J. Clin. Oncol.. 2017.08; 22 (4): 786-792. ( PubMed, DOI )

  41. Atsumi Tsuji-Hosokawa, Nozomi Matsuda, Kenji Kurosawa, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. A Case of MECP2 Duplication Syndrome with Gonadotropin-Dependent Precocious Puberty. Horm Res Paediatr. 2017.05; 87 (4): 271-276. ( PubMed, DOI )

  42. Miki Murakoshi, Kei Takasawa, Masato Nishioka, Masahiro Asakawa, Kenichi Kashimada, Takanobu Yoshimoto, Toshiyuki Yamamoto, Kazuhiro Takekoshi, Yoshihiro Ogawa, Masayuki Shimohira. Abdominal paraganglioma in a young woman with 1p36 deletion syndrome. Am. J. Med. Genet. A. 2017.02; 173 (2): 495-500. ( PubMed, DOI )

  43. Kei Takasawa, Maki Igarashi, Makoto Ono, Akira Takemoto, Shuji Takada, Atsuyuki Yamataka, Tsutomu Ogata, Tomohiro Morio, Maki Fukami, Kenichi Kashimada. Phenotypic Variation in 46,XX Disorders of Sex Development due to the NR5A1 p.R92W Variant: A Sibling Case Report and Literature Review. Sex Dev. 2017.01; 11 (5-6): 284-288. ( PubMed, DOI )

  44. Maki Igarashi, Kei Takasawa, Akiko Hakoda, Junko Kanno, Shuji Takada, Mami Miyado, Takashi Baba, Ken-Ichirou Morohashi, Toshihiro Tajima, Kenichiro Hata, Kazuhiko Nakabayashi, Yoichi Matsubara, Ryohei Sekido, Tsutomu Ogata, Kenichi Kashimada, Maki Fukami. Identical NR5A1 Missense Mutations in Two Unrelated 46,XX Individuals with Testicular Tissues. Hum. Mutat.. 2017.01; 38 (1): 39-42. ( PubMed, DOI )

  45. Shigeru Takishima, Keisuke Nakajima, Risa Nomura, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Nozomi Matsuda, Yohei Matsubara, Makoto Ono, Kentaro Miyai, Kei Takasawa, Tomohiro Morio, Yukihiro Hasegawa, Kenichi Kashimada. Lower body weight and BMI at birth were associated with early adiposity rebound in 21-hydroxylase deficiency patients. Endocr. J.. 2016.11; 63 (11): 983-990. ( PubMed, DOI )

  46. Mami Miyado, Masafumi Inui, Maki Igarashi, Yuko Katoh-Fukui, Kei Takasawa, Akiko Hakoda, Junko Kanno, Kenichi Kashimada, Kenji Miyado, Moe Tamano, Tsutomu Ogata, Shuji Takada, Maki Fukami. The p.R92W variant of NR5A1/Nr5a1 induces testicular development of 46,XX gonads in humans, but not in mice: phenotypic comparison of human patients and mutation-induced mice. Biol Sex Differ. 2016.11; 7 56. ( PubMed, DOI )

  47. Hirohito Shima, Toshiaki Tanaka, Tsutomu Kamimaki, Sumito Dateki, Koji Muroya, Reiko Horikawa, Junko Kanno, Masanori Adachi, Yasuhiro Naiki, Hiroyuki Tanaka, Hiroyo Mabe, Hideaki Yagasaki, Shigeo Kure, Yoichi Matsubara, Toshihiro Tajima, Kenichi Kashimada, Tomohiro Ishii, Yumi Asakura, Ikuma Fujiwara, Shun Soneda, Keisuke Nagasaki, Takashi Hamajima, Susumu Kanzaki, Tomoko Jinno, Tsutomu Ogata, Maki Fukami, . Systematic molecular analyses of SHOX in Japanese patients with idiopathic short stature and Leri-Weill dyschondrosteosis. J. Hum. Genet.. 2016.07; 61 (7): 585-591. ( PubMed, DOI )

  48. Takasawa K, Miyakawa Y, Masamune A, Kashimada K, Shimohira M. Fibrocalculous pancreatic diabetes in a Japanese girl with severe motor and intellectual disabilities. Acta Diabetologica. 2016.06; 53 (3): 507-510. ( PubMed, DOI )

  49. Tomohiro Kohmoto, Atsumi Tsuji, Kei-Ichi Morita, Takuya Naruto, Kiyoshi Masuda, Kenichi Kashimada, Keisuke Enomoto, Tomohiro Morio, Hiroyuki Harada, Issei Imoto. A novel COL11A1 missense mutation in siblings with non-ocular Stickler syndrome. Hum Genome Var. 2016.04; 3 16003. ( PubMed, DOI )

  50. Atsumi Tsuji, Kaoru Konishi, Satomi Hasegawa, Akira Anazawa, Toshikazu Onishi, Makoto Ono, Tomohiro Morio, Teruo Kitagawa, Kenichi Kashimada. Newborn screening for congenital adrenal hyperplasia in Tokyo, Japan from 1989 to 2013: a retrospective population-based study. BMC Pediatr. 2015.12; 15 (1): 209. ( PubMed, DOI )

  51. Rieko Takatani, Masanori Minagawa, Angelo Molinaro, Monica Reyes, Kaori Kinoshita, Tomozumi Takatani, Itsuro Kazukawa, Misako Nagatsuma, Kenichi Kashimada, Kenichi Sato, Kazuyuki Matsushita, Fumio Nomura, Naoki Shimojo, Harald Jüppner. Similar frequency of paternal uniparental disomy involving chromosome 20q (patUPD20q) in Japanese and Caucasian patients affected by sporadic pseudohypoparathyroidism type Ib (sporPHP1B). Bone. 2015.10; 79 15-20. ( PubMed, DOI )

  52. Kei Takasawa, Shigeru Takishima, Chikako Morioka, Masato Nishioka, Hirofumi Ohashi, Yoko Aoki, Masayuki Shimohira, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Improved growth velocity of a patient with Noonan-like syndrome with loose anagen hair (NS/LAH) without growth hormone deficiency by low-dose growth hormone therapy. Am. J. Med. Genet. A. 2015.06; ( PubMed, DOI )

  53. Yohei Matsubara, Tomoko Kato, Kenichi Kashimada, Hiromitsu Tanaka, Zhou Zhi, Shizuko Ichinose, Shuki Mizutani, Tomohiro Morio, Tomoki Chiba, Yoshiaki Ito, Yumiko Saga, Shuji Takada, Hirhoshi Asahara. TALEN-mediated gene disruption on Y Chromosome reveals Critical Role of EIF2S3Y in Mouse Spermatogenesis. Stem Cells Dev.. 2015.05; 24 (10): 1164-1170. ( PubMed, DOI )

  54. Risa Nomura, Kentaro Miyai, Michiyo Okada, Michiko Kajiwara, Makoto Ono, Tsutomu Ogata, Iichiro Onishi, Mana Sato, Masaki Sekine, Takumi Akashi, Shuki Mizutani, Kenichi Kashimada. A 45,X/46,XY DSD (Disorder of Sexual Development) case with an extremely uneven distribution of 46,XY cells between lymphocytes and gonads. Clin Pediatr Endocrinol. 2015.01; 24 (1): 11-14. ( PubMed, DOI )

  55. Kentaro Miyai, Toshikazu Onishi, Kenichi Kashimada, Yukihiro Hasegawa. Urinary calcium to creatinine ratio: a potential marker of secondary hyperparathyroidism in patients with vitamin D-dependent rickets type 1A. Endocr. J.. 2015; 62 (1): 61-68. ( PubMed, DOI )

  56. Kenichi Kashimada, Tomohiro Ishii, Keisuke Nagasaki, Makoto Ono, Toshihiro Tajima, Ichiro Yokota, Yukihiro Hasegawa. Clinical, biochemical, and genetic features of non-classical 21-hydroxylase deficiency in Japanese children. Endocr. J.. 2015; 62 (3): 277-282. ( PubMed, DOI )

  57. Kei Takasawa, Makoto Ono, Atsushi Hijikata, Yohei Matsubara, Noriyuki Katsumata, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Osamu Ohara, Kenichi Kashimada, Shuki Mizutani. Two novel HSD3B2 missense mutations with diverse residual enzymatic activities for Δ5-steroids. Clin. Endocrinol. (Oxf). 2014.06; 80 (6): 782-789. ( PubMed, DOI )

  58. Yohei Matsubara, Tomoki Chiba, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio, Shuji Takada, Shuki Mizutani, Hiroshi Asahara. Transcription activator-like effector nuclease-mediated transduction of exogenous gene into IL2RG locus. Sci Rep. 2014.05; 4 5043. ( PubMed, DOI )

  59. Kei Takasawa, Kenichi Kashimada, Emanuele Pelosi, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Hiroshi Asahara, David Schlessinger, Shuki Mizutani, Peter Koopman. FOXL2 transcriptionally represses Sf1 expression by antagonizing WT1 during ovarian development in mice. FASEB J.. 2014.05; 28 (5): 2020-2028. ( PubMed, DOI )

  60. Alexander Quinn, Kenichi Kashimada, Tara-Lynne Davidson, Ee Ting Ng, Kallayanee Chawengsaksophak, Josephine Bowles, Peter Koopman. A site-specific, single-copy transgenesis strategy to identify 5' regulatory sequences of the mouse testis-determining gene Sry. PLoS ONE. 2014.04; 9 (4): e94813. ( PubMed, DOI )

  61. Yohei Matsubara, Makoto Ono, Kentaro Miyai, Fumihiko Takizawa, Kei Takasawa, Toshikazu Onishi, Kenichi Kashimada, Shuki Mizutani. Longitudinal analysis of growth and body composition of Japanese 21-OHD patients in childhood. Endocr. J.. 2013.09; 60 (2): 149-154. ( PubMed )

  62. Kei Takasawa, Makoto Ono, Kentrao Miyai, Yohei Matsubara, Fumihiko Takizawa, Toshikazu Onishi, Kenichi Kashimada, Shuki Mizutani. Initial high dose hydrocortisone (HDC) treatment for 21-hydroxylase deficiency (21-OHD) does not affect linear growth during the first three years of life. Endocr. J.. 2012.07; 59 (11): 1001-1006. ( PubMed )

  63. Kenichi Kashimada, Terje Svingen, Chun-Wei Feng, Emanuele Pelosi, Stefan Bagheri-Fam, Vincent R Harley, David Schlessinger, Josephine Bowles, Peter Koopman. Antagonistic regulation of Cyp26b1 by transcription factors SOX9/SF1 and FOXL2 during gonadal development in mice. FASEB J.. 2011.10; 25 (10): 3561-3569. ( PubMed, DOI )

  64. Kenichi Kashimada, Emanuele Pelosi, Huijun Chen, David Schlessinger, Dagmar Wilhelm, Peter Koopman. FOXL2 and BMP2 act cooperatively to regulate follistatin gene expression during ovarian development. Endocrinology. 2011.01; 152 (1): 272-280. ( PubMed, DOI )

  65. Kenichi Kashimada, Peter Koopman. Sry: the master switch in mammalian sex determination. Development. 2010.12; 137 (23): 3921-3930. ( PubMed, DOI )

  66. Fumihiko Takizawa, Kenichi Kashimada, Keisuke Enomoto, Kentaro Miyai, Makoto Ono, Goro Asada, Junichi Shimizu, Shuki Mizutani. Two preterm infants with late onset circulatory collapse induced by levothyroxine sodium. Pediatr Int. 2010.06; 52 (3): e154-e157. ( PubMed, DOI )

  67. T Svingen, C M Spiller, K Kashimada, V R Harley, P Koopman. Identification of suitable normalizing genes for quantitative real-time RT-PCR analysis of gene expression in fetal mouse gonads. Sex Dev. 2009; 3 (4): 194-204. ( PubMed, DOI )

  68. Kenichi Kashimada, Tae Omori, Fumihiko Takizawa, Shuki Mizutani. Two cases of transient pseudohypoaldosteronism due to group B streptococcus pyelonephritis. Pediatr. Nephrol.. 2008.09; 23 (9): 1569-1570. ( PubMed, DOI )

  69. Yujin Shibayama, Tatsuya Higashi, Kazutake Shimada, Ken-Ichi Kashimada, Toshikazu Onishi, Makoto Ono, Kentaro Miyai, Shuki Mizutani. Liquid chromatography-tandem mass spectrometric method for determination of salivary 17alpha-hydroxyprogesterone: a noninvasive tool for evaluating efficacy of hormone replacement therapy in congenital adrenal hyperplasia. J. Chromatogr. B Analyt. Technol. Biomed. Life Sci.. 2008.05; 867 (1): 49-56. ( PubMed, DOI )

  70. Kenichi Kashimada, Makoto Ono, Toshikazu Onishi, Satimi Koyama, Takio Toyoura, Kazuhide Imai, Sumitaka Saisho, Shuki Mizutani. Clinical course of patients with nonclassical 21-hydroxylase deficiency (21-OHD) diagnosed in infancy and childhood. Endocr. J.. 2008.05; 55 (2): 397-404. ( PubMed )

  71. Makoto Ono, Kenichi Kashimada, Kentaro Miyai, Toshikazu Onishi, Masatoshi Takagi, Seijiro Honma, Shuki Mizutani. In Vitro Enzyme Assay of CYP21A2 Mutation (R483Q) by A Novel Method Using Liquid Chromatography-Electrospray Ionization Tandem Mass Spectrometry (LC-ESI-MS/MS). Clin Pediatr Endocrinol. 2008; 17 (2): 49-56. ( PubMed, DOI )

  72. Ken-ichi Kashimada, Toshikazu Onishi, Makoto Ono, Kentaro Miyai, Masayasu Ohta, Shuki Mizutani. A boy with "transient" growth hormone deficiency in prepubertal stage despite normal growth hormone secretion in childhood and after puberty. Endocr. J.. 2007.12; 54 (6): 1015-1019. ( PubMed )

  73. N Shihara, Y Horikawa, T Onishi, M Ono, K Kashimada, J Takeda. Identification of a new case of hepatocyte nuclear factor-1beta mutation with highly varied phenotypes. Diabetologia. 2004.06; 47 (6): 1128-1129. ( PubMed, DOI )

  74. Eiji Nakashima, Akihiko Mabuchi, Kenichi Kashimada, Toshikazu Onishi, Junwei Zhang, Hirofumi Ohashi, Gen Nishimura, Shiro Ikegawa. RMRP mutations in Japanese patients with cartilage-hair hypoplasia. Am. J. Med. Genet. A. 2003.12; 123A (3): 253-256. ( PubMed, DOI )

  75. K Kashimada, T Yamashita, K Tsuji, A Nifuji, S Mizutani, Y Nabeshima, M Noda. Defects in growth and bone metabolism in klotho mutant mice are resistant to GH treatment. J. Endocrinol.. 2002.09; 174 (3): 403-410. ( PubMed )

  76. Toshikazu Onishi, Hajime Takei, Akira Kambegawa, Sumitaka Saisho, Kenichi Kashimada, Satomi Koyama, Shuki Mizutani, Pemmaraju N Rao. A highly specific heterologous enzyme immunoassay for 5 alpha-androstane-3 alpha, 17 beta-diol 17-glucuronide (androstanediol-17G) and developmental patterns of urinary androstanediol-17G excretions. Steroids. 2002.03; 67 (3-4): 175-183. ( PubMed )

  77. T Yamashita, I Sekiya, N Kawaguchi, K Kashimada, A Nifuji, Y I Nabeshima, M Noda. Klotho-deficient mice are resistant to bone loss induced by unloading due to sciatic neurectomy. J. Endocrinol.. 2001.02; 168 (2): 347-351. ( PubMed )

  78. 中谷久恵, 鹿島田健一. 【こんなときどうする?他科とのコミュニケーションガイド】(第1章) 新生児科・小児科・新生児外科 性分化疾患(DSD)およびTurner症候群 産科と婦人科. 2022.03; 89 Suppl. 103-108.

  79. 鹿島田健一. 先天性副腎過形成の新生児マススクリーニング実施成績 東京都予防医学協会年報 2022年版 . 2022.03; 51 141-145.

  80. 家村綾正, 鹿島田健一. 【周産期のステロイド】臨床編 新生児 先天性副腎過形成に対するステロイド療法 周産期医学. 2022.01; 52 (1): 101-104.

  81. 桐野玄, 鹿島田健一. 内分泌疾患 性分化疾患 小児内科. 2021.12; 53 (増刊号): 454-461.

  82. 鹿島田健一. 【内分泌疾患・糖尿病・代謝疾患-診療のエッセンス】(I章)内分泌疾患 主要内分泌疾患 性腺疾患、内分泌腫瘍、受容体異常症 性腺機能低下症 日本医師会雑誌. 2021.10; 150 (特別号(2)): 135-137.

  83. 鹿島田健一. 21-水酸化酵素欠損症の新生児マススクリーニングの今後について 日本マススクリーニング学会誌. 2021.05; 31 (1): 11-19. ( 医中誌 )

  84. 安達恵利子, 鹿島田健一. 【各病態における輸液の考え方:電解質異常】 低Na血症,高Na血症 小児内科. 2021.04; 53 (4): 545-550. ( 医中誌 )

  85. 鹿島田健一. 先天性副腎過形成症の新生児マススクリーニングの現状とその課題 日本小児科学会雑誌. 2021.01; 125 (1): 11-23. ( 医中誌 )

  86. 中川竜一, 鹿島田健一, 高澤啓. 性腺分化機構の解析による人工配偶子作成および胎内発育障害の病態解明への試み 成長科学協会研究年報. 2020.10; (43): 135-136. ( 医中誌 )

  87. 高澤啓, 鹿島田健一, 酢谷明人, 中川竜一, 我有茉希. DNA損傷修復異常による成長障害の病態解明 成長科学協会研究年報. 2020.10; (43): 117-120. ( 医中誌 )

  88. 棚橋祐典, 鈴木滋, 鹿島田健一, 向井徳男, 勝又規行, 石井智弘, 田島敏広, 長谷川奉延. 本邦における21水酸化酵素欠損症の予後調査 日本内分泌学会雑誌. 2020.07; 96 Suppl. 107-110. ( 医中誌 )

  89. 齋藤洋子, 鹿島田健一. 【[必携]専攻医と指導医のための新生児診療到達目標】疾患別到達目標 代謝内分泌疾患 先天性副腎過形成症 周産期医学. 2020.04; 50 (4): 684-687. ( 医中誌 )

  90. 眞柄達也, 高澤啓, 渡邉友博, 渡辺章充, 鹿島田健一, 渡部誠一. 臨床症状に乏しく肝腎機能障害を契機に診断された萎縮性甲状腺炎の小児例 茨城県厚生連病院学会雑誌. 2020.02; 32 63-68. ( 医中誌 )

  91. 野村莉紗, 鹿島田健一. 胎生期卵巣におけるNR5A1/Ad4BP/SF1の転写抑制は Notchシグナルを介した卵巣発生の最適化に必要である 日本生殖内分泌学会雑誌. 2019.08; 24 18-23. ( 医中誌 )

  92. 中谷久恵, 鹿島田健一. 【小児外来:どう診るか、どこまで診るか】新生児、乳児、先天異常 非典型的外性器の診察(性分化疾患) 小児科臨床. 2019.08; 72 (増刊): 1077-1083. ( 医中誌 )

  93. 齋藤洋子, 宮井健太郎, 高澤啓, 鹿島田健一. Carbamazepine内服中に自然寛解したBasedow病の1例 小児科臨床. 2019.07; 72 (7): 845-848. ( 医中誌 )

  94. 鹿島田健一. いま知りたい!!♂と♀で割りきれない ヒトの性の多様性と連続性 性スペクトラムから考える哺乳類性腺発生の分子機構 実験医学. 2019.06; 37 (9): 1438-1442. ( 医中誌 )

  95. 我有茉希, 鹿島田健一. 【小児の負荷試験2019】 副腎皮質系機能検査 メトピロン(メチラポン)負荷試験 小児内科. 2019.04; 51 (4): 461-464. ( 医中誌 )

  96. 中川竜一, 鹿島田健一. 21ー水酸化酵素欠損症の遺伝子解析 日本マススクリーニング学会誌. 2018.12; 28 (3): 277-283. ( 医中誌 )

  97. 小西恵理,神田祥一郎,赤嶺陽子,伊藤友弥,惠谷ゆり,鹿島田健一,島津智之,島袋林秀,武内俊樹,土畠智幸,奈倉道明,福與なおみ,松島卓哉,村上てるみ,堤裕幸,宮田章子,永田智,森尾友宏,将来の小児科医を考える委員会. 日本小児科学会将来の小児科医を考える委員会報告 学術集会における将来の小児科医を考える委員会の活動に関する報告 日本小児科学会雑誌. 2018.11; 122 (11): 1768-1771.

  98. 橋元由紀子, 山内建, 高澤啓, 前田佳真, 土井庄三郎, 鹿島田健一, 森尾友宏. 肝機能障害を契機にホモ接合性家族性低βリポ蛋白血症の診断に至った1例 日本小児科学会雑誌. 2018.08; 122 (8): 1386. ( 医中誌 )

  99. 小西薫, 橋本敦子, 間下充子, 世良保美, 鹿島田健一. 早産児における先天性副腎過形成スクリーニングの判定基準の検討 予防医学ジャーナル. 2018.07; 501 38-40.

  100. Matsuda Nozomi, Taki Atsuko, Tsuji Atsumi, Nakajima Keisuke, Takasawa Kei, Morioka Chikako, Minosaki Yoshihiro, Oku Kikuko, Kashimada Kenichi, Morio Tomohiro. 在胎週数の割に小さく産まれた超低出生体重児における3歳時点での成長と発達に影響を与える周産期要因 Clinical Pediatric Endocrinology. 2018.01; 27 (1): 31-38. ( 医中誌 )

  101. 橋本敦子, 藤川研人, 小西薫, 間下充子, 世良保美, 鹿島田健一. 先天性副腎過形成新生児マススクリーニングにおける週数別判定基準の検討 日本マススクリーニング学会誌. 2017.12; 27 (3): 57-61.

  102. 山内 建, 鹿島田 健一. 【子どもの生活習慣病-スクリーニングと早期予防】 生活習慣病と関連疾患 病態と治療 治療介入の決断時期 婦人科関連疾患 小児内科. 2017.10; 49 (10): 1523-1528.

  103. 中川 竜一, 鹿島田 健一. 【小児内分泌アドバンス】内分泌領域における最新の知見 性分化機構 小児内科. 2017.02; 42 (2): 168-173.

  104. 鹿島田 健一. 【知って得する小児内分泌代謝領域の話題】 性が分化すること 小児科臨床 . 2017.01; 70 (1): 25-32.

  105. 荒木恭子, 内山健, 今村公俊, 鹿島田健一. 新生児高血糖の管理にインスリン持続静注を行った超早産児の2例 小児臨床. 2017.01; 70 (2): 265-270.

  106. 宮川 雄一, 鹿島田 健一. 先天性副腎過形成(CAH)精査機関での診断のポイント 17-OHP高値をとるCAHの病型診断と遺伝学的検査について 日本マス・スクリーニング学会誌 . 2015.12; 25 (3): 251-259.

  107. 長妻美紗子, 鹿島田健一. Cushing 症候群 小児疾患診療のための病態生理1 改訂5版 小児内科. 2015.11; 47

  108. 高澤 啓, 鹿島田健一. 卵巣発生において卵巣特異的転写因子 FOXL2はWT1による Sf1の発現を抑制する 日本生殖内分泌学会雑誌. 2015; 20 47-51.

  109. 鹿島田健一. 思春期にあるがん患者・サバイバー (CCS) の医学的問題 小児看護. 2015; 38 1373-1378.

  110. 宮川雄一, 鹿島田健一. 先天性副腎過形成(CAH)精査機関での診断のポイント〜17-OHP高値をとるCAHの病型診断と遺伝学的検査について〜 日本マススクリーニング学会雑誌. 2015; 25 (3): 9-17.

  111. 滝島 茂, 鹿島田 健一. 性分化 低身長症(-2.6SD)を呈したKlinefelter症候群(48,XXXY)の1例 ホルモンと臨床. 2014.05; 62 (5): 417-420.

  112. 高澤 啓, 鹿島田 健一. 【小児の内分泌・代謝性疾患診療のUpdate】 3β水酸化ステロイド脱水素酵素異常 小児科臨床. 2012.05; 65 (5): 951-958.

  113. 鹿島田 健一. 【志願者減少から検証する臨床研修制度での小児科研修の問題点と展望】 一般病院における小児科研修 東京小児科医会報. 2006.11; 25 (2): 25-30.

  114. 鹿島田 健一. 【血糖調節from A to Z】 2000-2004 Year Book 最近の論文から学ぶ糖尿病関連事項 小児科診療. 2005.10; 68 (10): 1901-1908.

  115. 野田 政樹, 辻 邦和, 石島 旨章, 臼井 通彦, 高本 真弥, 鹿島田 健一, 二藤 彰. 【骨粗鬆症 最新の成因研究と治療動向】 骨代謝の分子生物学 骨のリモデリング 日本臨床. 2002.03; 60 (3): 34-39.

  116. Masaki Noda, Kunikazu Tsuji, Muneaki Ishijima, Michihiko Usui, Maya Takamoto, Kenichi Kashimada, Akira Nitou. [Bone remodeling]. Nippon Rinsho. 2002.03; 60 Suppl 3 34-39. ( PubMed )

  117. 野田 政樹, 鹿島田 健一, 前田 由紀子, 湯本 健司, 辻 邦和, 二藤 彰. 【期待される移植 再生医療 現状と展望】 再生医療の最前線 骨再生 小児内科. 2002.01; 34 (1): 104-109.

  118. M Noda, K Kashimada, M Takamoto, K Yumoto, Y Maeda, M Usui, M Ishijima. [The meaning of phosphate in bone formation]. Clin Calcium. 2001.10; 11 (10): 1315-1320. ( PubMed, DOI )

  119. 野田 政樹, 鹿島田 健一, 高本 真弥, 湯本 健司, 前田 由紀子, 臼井 通彦, 石島 旨章. 【リンの代謝とその制御】 骨形成におけるリンの意義 Clinical Calcium. 2001.09; 11 (10): 1315-1320.

  120. M Noda, K Nomura, Y Asou, H Nemoto, M Ishijima, M Takamoto, M Usui, K Kashimada. [Bone metabolism and angiogenesis]. Clin Calcium. 2001.04; 11 (4): 404-410. ( PubMed, DOI )

  121. 野田 政樹, 野村 和弘, 麻生 義則, 根本 啓行, 石島 旨章, 高本 真弥, 臼井 通彦, 鹿島田 健一. 【遺伝子とカルシウム 血管と骨を制御する遺伝子とその異常】 骨代謝と血管新生 Clinical Calcium . 2001.03; 11 (4): 404-410.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 鹿島田健一(分担執筆), 日本小児内分泌学会編. 小児内分泌学 改訂第3版. 診断と治療社, 2022.02 第5章 思春期発来異常 C. 思春期発来異常をきたす疾患 1. ゴナドトロピン依存性思春期早発症(GDPP)

  2. 鹿島田健一(分担執筆), 日本小児内分泌学会編. 小児内分泌学 改訂第3版. 診断と治療社, 2022.02 第7章 副腎疾患 2. 先天性副腎過形成症 f. 3β水酸化ステロイド脱水素酵素欠損症

  3. 鹿島田健一(分担執筆), 日本小児内分泌学会編. 小児内分泌学 改訂第3版. 診断と治療社, 2022.02 第7章 副腎疾患 B. 副腎ホルモン産生・作用

  4. 鹿島田健一(分担執筆), 日本小児内分泌学会編. 小児内分泌学 改訂第3版. 診断と治療社, 2022.02 第6章 性分化疾患と性発達異常を伴う疾患 C. 46,XX DSD

  5. 鹿島田健一(分担執筆), 新生児内分泌研究会編著. 新版 新生児内分泌ハンドブック -退院後・学童期のフォローアップにも役立つ. メディカ出版, 2020.06 NICU退院児の成長における内分泌学的問題点 (2) NICU退院後の成長のフォローアップ (ISBN : 978-4-8404-7228-9)

  6. 鹿島田健一(分担執筆), 山口清次 編集. よくわかる新生児マススクリーニングガイドブック. 診断と治療社, 2019.11 先天性副腎過形成症(CAH)「21-水酸化酵素欠損症」

  7. 鹿島田健一(分担執筆), 山口清次 編集. よくわかる新生児マススクリーニングガイドブック. 診断と治療社, 2019.11 先天性副腎過形成症(CAH)「副腎疾患のスクリーニング概要」 

  8. 鹿島田健一. 見て学ぶ小児内分泌疾患. 富士フィルムファーマ株式会社, 2018.03 5αReductase欠損症

  9. 鹿島田健一(分担執筆), 日本小児内分泌学会編. 小児内分泌学 改訂第2版. 診断と治療社, 2016.08 第5章 思春期発来異常 C. 思春期発来異常をきたす疾患

  10. 鹿島田健一(分担執筆), 日本小児内分泌学会編. 小児内分泌学 改訂第2版. 診断と治療社, 2016.08 第6章 性分化疾患と性発達異常を伴う疾患 C. 46,XX DSD

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ryuichi Nakagawa, Hideya Kawaji, Yasuhiro Murakawa, Shuji Takada, Satoshi Narumi, Maki Fukami, Josephine Bowles, Andrew Sinclair, Peter Koopman, Kenichi Kashimada. Two ovarian enhancer candidates, identified by time series enhancer RNA analyses, harbored rare SNVs identified in ovarian insufficiency. First Virtual International Symposium on Vertebrate Sex Determination 2021.10.04 Web

  2. Kenichi Kashimada. Endocrine Late Effects of childhood cancer. ISPAE PET School 2019 2019.11.26 Kolkata, India

  3. Kenichi Kashimada. Diagnosis and clinical management of DSD in past and present. Pediatric Academic Societies Meeting 2019.04.28 Baltimore, USA

  4. Yamauchi T, Sugie M, Takasawa K, Imamura M, Kashimada K. Prematurity of 23 or less weeks' gestation is a risk for transient late-onset hyperglycemia in neonates. ESPE 2018 2018.09.28 Greece

  5. Nakatani H, Miyai K, Takasawa K, Kashimada K, Morimorto A, nagasawa M, Oshiba A. A case of central diabetes insipidus developed 4 years after the non-CNS-risk unifocal bone lesion of Langerhans cell histiocytosis. ESPE2018 2018.09.28 Greece

  6. Kashimada K, Nomura R, Suzuki H, Zhao L, Tsuji-Hosokawa A, Kanai Y, Yagita H, Bowles J, Koopman P, kanai-Azuma M, Morio T. Enforced expression of Nr5a1/Ad4bp/Sf1 in mouse fetal ovaries causes premature ovarian insufficiency by dysregulating Notch signaling. 8th International Symposium on the Biology of Vertebrate Sex determination 2018.04.16 Hawaii

  7. Tsuji-Hosokawa A, Kato T, Ogawa Y, Nomura R, Lavery R, Takasawa K, Harley V, Morio T, Takeda S, Kashimada K. SOX9 and FOXL2 Antagonistically Regulate Peptidyl Arginine Deiminase 2 (PADI2) Expression during testicular Development. 8th International Symposium on the Biology of Vertebrate Sex determination 2018.04.16 Kona

  8. Atsumi Tsuji, Kei Takasawa, Risa Nomura, Yuichi Miyakawa, Chikahiko Numakura, Atsushi Hijikata, Tsuyoshi Shirai, Yoshihiro Ogawa, Kashimada, Tomohiro Morio. Molecular mechanisms of insulin resistance in two cases of primary insulin receptor defect-associated diseases. The 9th biennial scientific meeting of the Asia Pacific Paediatric Endocrine Society 2016.11.19 Tokyo, Japan

  9. Tomoda T, Okuno M, Sutani A, Tsuji-Hosokawa A, Imai K, Kashimada K, Urakami T, MorioT. Combined Therapy with pump and long acting insulin for type 1 diabetes mellitus caused by STAT1 mutation. The 9th Beinnial Scientific Meeting of the Asia Pacific Paediatric Endocrine Society/ The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology 2016.11.17 Tokyo, Japan

  10. Yuichi Miyakwa, Akito Sutani, Atsumi Tsuji, Tomohiro Morio, Kenichi Kashimada. A case of Atypical Pubertal Development Caused by Dopamine Antagonist. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Endocrine Society/ The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology 2016.11.17 Tokyo, Japan

  11. Risa Nomura, Maki Gau, Takeru Yamauchi, Akito Sutani, Atsumi Tsji-Hosokawa, Yohei Matsubara, Kentaro Miyai, Susumu Hosokawa, Gen Nishimura, Kenichi Kashimada. Myhre syndrome: a progressive connective tissue disorder with short stature. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Endocrine Society/ The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology 2016.11.17 Tokyo, Japan

  12. Kazuhisa Akiba, Masahiro Goto, Yoshihiko Morikawa, Kenichi Kashimada, Koji Muroya, Masayoshi Adachi, Yukihiro Hasegawa. Hydrocortisone dose between 180 and 360 days may change Ht- SDS during the first 1 year of life with 21 OHD. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Endocrine Society/ The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology 2016.11.17 Tokyo, Japan

  13. Ryuichi Nakagawa, Akito Sutani, Tsuji Atsumi, Yohei Matsubara, Shigeru Takishima, Kei Takasawa, Kentaro Miyai, Makoto Ono, Toshikaza Oonishi, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. The level of LH and FSH would be a monitoring marker for adult male 21-OHD patient. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Endocrine Society/ The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology 2016.11.17 Tokyo, Japan

  14. Masahiro Goto, Kazuhisa Akiba, Kenichi Kashimada, Koji Muroya, Masanori Adachi, Tsuyoshi Isojima, Yukhiro Hasegawa. Infantile body weight gain up to 60 days of age is associated with height at 1 year of age in classical 21-hydroxylase deficiency. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Endocrine Society/ The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology 2016.11.17 Tokyo, Japan

  15. Maki Igarashi, Kei Takasawa, Akiko Hakoda, Junko Kanno, Shuji Takada, Mami Miyado, Toshihiro Tajima, Ryohei Sekido, Tsutomu Ogata, Kenichi Kashimada, Maki Fukami. Identical NR5A1 Missense Mutations in Two Unrelated 46, XX Individuals with Testicular Tissues. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Endocrine Society/ The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology 2016.11.17 Tokyo, Japan

  16. Akito Sutani, Takeru Yamauchi, Ryuichi Nakagawa, Nozomi Matsuda, Yuichi Miyakawa, Risa Nomura, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Shigeru Takishima, Yohei Matsubara, Kei Takasawa, Misako Nagatsuma, Makoto Ono, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Fifty cases of congenital hypothyroidism re-evaluation taken in our hospital. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Endocrine Society/ The 50th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology 2016.11.17 Tokyo, Japan

  17. Kenichi Kashimada. CAH newborn screening in Japan. ISNS-9th Asia Pacific Regional Meeting 2015.12.18 Penang, Malaysia

  18. Ryuichi Nakagawa, Atsumi Tsuji, Yuki Aoki, Keisuke Nakajima, Akito Sutani, Yuichi Miyakawa, Kei Takazawa, Daisuke Tomizawa, Masatoshi Takagi, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Total-Body Irradiation is a major risk factor for young adult onset diabetes mellitus and hyperlipidemia i childhood cancer survivors after hematopoietic stem cell transplantation. ESPE 2015.10.01 Barcelona

  19. Akihito Sutani, Yuichi Miyakawa, Atsumi Tsuji, Yuki Aoki, Kei Takasawa, Masatoshi Takagi, Kosuke Imai, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. The late effects after the hematopoietic stem cells transplantation (HSCT) for patients with non-neoplastic disease. ESPE 2015.10.01 Barcelona

  20. Kenichi Kashimada, Yohei Matsubara, Tomoko Kato, Takashi Nakasuji, Hiromitsu Tanaka, Zhou Zhi, Shizuko Ichinose, Tomoki Chiba, Yoshiaki Ito, Yumiko Saga, Tomohiro Morio, Shuji Takada, Hiroshi Asahara. TALEN-Mediated Gene Disruption on Y Chromosome Reveals Critical Role of EIF2S3Y in Mouse Spermatogenesis. Germinal Stem Cell Biology, Gordon Research Conference 2015.05.31

  21. Takasawa K, Kashimada K, Pelosi E, Takagi M, Morio T, Asahara H, Schlessinger D, Mizutani S, Koopman P. FOXL2 transcriptionally represses Sf1 expression by antagonizing WT1 during ovarian development in mice.. 7th International Symposium on Vertebrate Sex Determination 2015.04.13 Hawaii

  22. Atsumi Tsuji, Kaoru Konishi, Satomi Hasegawa, Akira Anazawa, Teruo Kitagawa, Shuki Mizutani, Kenichi Kashimada. Newborn screening for congenital adrenal hyperplasia(CAH) in Tokyo, Japan: Lessons learned from 23 years’ experience. the 9th Joint Meeting of Paediatric Endocrinology 2013.09.20 Milan, Italy

  23. 家村綾正, 桐野玄, 酢谷明人, 高澤啓, 明石巧, 朝蔭孝宏, 鹿島田健一. 機能獲得型TSHR遺伝子変異を同定した自律性機能性甲状腺結節(AFTN)の小児例. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.04 大分(Web)

  24. 川井正信, 室谷浩二, 村上信行, 井原裕, 青木洋子, 鹿島田健一, 石井智弘, 高橋裕, 堀川玲子, 緒方勤. プラダー・ウィリ症候群患者における移行期・成人期医療の実態調査. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.03 大分(Web)

  25. 山野春樹, 齋藤洋子, 安達恵利子, 我有茉希, 山内建, 中川竜一, 酢谷明人, 滝島茂, 高澤啓, 鹿島田健一, 森尾友宏. 糖尿病を発症した小児期がん経験者における非アルコール性脂肪性肝疾患の検討. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.03 大分(Web)

  26. 桐野玄, 安達恵利子, 我有茉希, 中谷久恵, 金森透, 宇田川智宏, 高澤啓, 森崇寧, 蘇原映誠, 内田信一, 鹿島田健一, 森尾友宏. WT1 Zinc Finger domain 4病的多型による46,XX DSD世界初の家系例. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.03 大分(Web)

  27. 安達恵利子, 家村綾正, 田中由美, 中谷久恵, 中川竜一, 宮川雄一, 酢谷明人, 高澤啓, 小野真, 今村公俊, 箕面崎至宏, 鹿島田健一, 森尾友宏. 妊娠後期母体TRAb値は新生児バセドウ病における重症度の予測因子となりうる. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.02 大分(Web)

  28. 中川竜一, 高澤啓, 我有茉希, 辻敦美, 川路英哉, 村川泰裕, 高田修治, 三上剛史, 鳴海覚志, 深見真紀, 丸山哲夫, 林崎良英, 森尾友宏, 鹿島田健一. マウスを用いた経時的エンハンサー RNA 解析による卵巣体細胞特異的エンハンサー候補領域および疾患感受性領域の同定. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.02 大分(Web)

  29. 南谷幹史, 田嶼朝子, 鹿島田健一, 河田泰定, 福田謙, 小谷裕美子, 喜多村美幸, 三浦順之助, 横田一郎, 杉原茂孝, 菊池透. 小児1型糖尿病発症時の甲状腺機能と甲状腺機能に関連する因子の検討. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.02 大分(Web)

  30. 滝島茂, 東夏未, 山野春樹, 松田希, 鹿島田健一, 長谷川毅. COVID-19流行下に小児内分泌外来を紹介受診し, 摂食障害(神経性やせ症)と診断した3例. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.02 大分(Web)

  31. 中谷久恵, 田中由美, 安達恵利子, 酢谷明人, 滝島茂, 高澤啓, 宮井健太郎, 小野真, 鹿島田健一. 糖尿病性ケトアシドーシスにおける意識障害のリスク因子の検討. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.02 大分(Web)

  32. 酢谷明人, 高澤啓, 鹿島田健一, 西岡正人. 小児期発症バセドウ病における初期治療の検討. 第95回日本内分泌学会学術総会 2022.06.02 大分(Web)

  33. 鹿島田健一. ccs(小児期がん経験者)患者の移行期医療の問題点を考える. 糖尿病・内分泌治療アップデート ~がん併発患者さんのケアについて~ 2022.05.24 Web

  34. 鹿島田健一. 内分泌的要因. Forum on Growth Hormone Research 2022 2022.05.21 Web

  35. 江藤昌平, 津村弥来, 永島慎太郎, Bastard P, 岡本圭祐, 鹿島田健一, 遠藤明史, 溝口洋子, 田中純子, 中釜悠, 城戸康年, 貫井陽子, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏, Casanova JL, 岡田賢. COVID-19重症化とI型インターフェロン中和抗体の保有状況との関連性の検討. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.17 福島

  36. 鹿島田健一. 発症者への初期対応「副腎過形成を中心に」. 日本マススクリーニング学会研修会(基礎技術者、専門技術者、相談医) 2022.03.16 東京

  37. 鹿島田健一. 興味深い経過を伴った成長障害の症例. 湯島性分化勉強会2022 2022.02.24 Web

  38. 江藤昌平, 津村弥来, 永島慎太郎, Paul Bastard, 岡本圭祐, 鹿島田健一, 遠藤明史, 溝口洋子, 田中純子, 中釜悠, 城戸康年 貫井陽子, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏, Jean-Laurent Casanova, 岡田賢. 本邦におけるCOVID-19重症度別I型インターフェロン中和抗体保有状況の算出およびCOVID-19重症化スクリーニングの検討. 第5回日本免疫不全・自己炎症学会・学術総会 2022.02.12 Web

  39. 鹿島田健一. ロジックから考える性分化疾患の臨床. 愛媛小児内分泌講演会 2022.02.05 Web

  40. 滝島茂, 山崎勇大, 佐藤薫, 松田希, 鹿島田健一, 長谷川毅. HSG後の妊娠で一児のみ先天性甲状腺機能低下症が疑われた双胎例. 第31回臨床内分泌代謝Update 2021.11.26 大阪 (Web)

  41. 石井智弘, 田島敏広, 鹿島田健一, 向井徳男, 棚橋祐典, 勝又規行, 菅野潤子, 濱島崇, 都研一, 位田忍, 長谷川奉延. 本邦の先天性リポイド副腎過形成症:病型別の頻度と表現型. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.30 Web

  42. 桐野玄, 安達恵利子, 金森透, 宇田川智宏, 高澤啓, 森崇寧, 蘇原映誠, 内田信一, 鹿島田健一, 森尾友宏. WT1c.1484G>A, p.Arg495Glnは46,XX、46,XYいずれにおいても多彩な表現型を示す. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.30 Web

  43. 山野春樹, 齋藤洋子, 安達恵利子, 我有茉希, 山内建, 中川竜一, 酢谷明人, 滝島茂, 高澤啓, 鹿島田健一, 森尾友宏. 糖尿病を発症した小児期がん経験者における非アルコール性脂肪性肝疾患の検討. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.30 Web

  44. 渡辺和宏, 橋本敦子, 石毛信之, 小西薫, 矢島晴美, 中谷久恵, 高澤啓, 鹿島田健一. 東京都におけるLC-MS/MS法を用いた副腎過形成症スクリーニング二次検査法の検証. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.30

  45. 鹿島田健一. 性分化疾患の臨床に向き合う上で考えたいこと. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.29 Web

  46. 永松扶紗, 高澤啓, 蜂屋瑠見, 荻原康子, 今野麻里絵, 千葉有美子, 我有茉希, 安達恵利子, 松田希, 滝島茂, 中村公俊, 鹿島田健一, 長谷川行洋. 21水酸化酵素欠損症の副腎不全治療時における高血圧に関する前方視的多施設共同研究. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  47. 田中由美, 山内健, 茅切碧, 高橋孝治, 白井謙太朗, 鹿島田健一, 渡辺章充. COVID-19感染時に低Ca血症によるけいれんを呈し22q11.2欠失症候群と診断された15歳女児例. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  48. 安達恵利子, 家村綾正, 田中由美, 中谷久恵, 中川竜一, 宮川雄一, 酢谷明人, 高澤啓, 小野真, 鹿島田健一, 森尾友宏. 妊娠後期母体TRAb値は新生児バセドウ病における重症度の予測因子となりうる. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  49. 家村綾正, 桐野玄, 安達恵利子, 酢谷明人, 高澤啓, 溝口平恵, 小出暢章, 國枝純子, 明石巧, 朝蔭孝宏, 鹿島田健一, 西岡正人. 中毒性甲状腺腫に対して甲状腺片葉切除術を施行した 1 例. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  50. 酢谷明人, 家村綾正, 高澤啓, 鹿島田健一, 西岡正人. 小児期発症バセドウ病における初期治療の検討. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  51. 滝島茂, 山崎勇大, 佐藤薫, 松田希, 鹿島田健一, 長谷川毅. 子宮卵管造影検査後の二絨毛膜二羊膜双胎(D-D twin)妊娠で、一児のみ先天性甲状腺機能低下症が疑われた 1 例. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28

  52. 中谷久恵, 田中由美, 安達恵利子, 酢谷明人, 滝島茂, 高澤啓, 宮井健太郎, 小野真, 鹿島田健一. 糖尿病性ケトアシドーシスにおける意識障害のリスク因子の検討. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  53. 辻敦美, 小川湧也, 寺尾美穂, 菊池咲希, 土屋育, 鹿島田健一, 高田修治. ゲノムヒト化マウスモデルによるin vivoでのヒトSOX9発現調節候補領域の機能解析. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  54. 我有茉希, 須賀亮太, 土方敦司, 鹿島田彩子, 高木正稔, 中川竜一, 高澤啓, 白井剛, 森尾友宏, 鹿島田健一. NR5A1の新規変異p.R350WはNR5A1特異的リガンドの存在を示唆する. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  55. 荻原康子, 高澤啓, 鹿島田健一, 長谷川行洋. 古典型21OHDを判別するためのCortisol/ACTH比及びAld/PRA比に関する二施設共同後方視的研究. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  56. 鹿島田健一. 小児の骨ミネラル代謝異常症Update「性腺機能低下症と骨代謝」 . 第39回日本骨代謝学会学術集会 日本骨代謝学会・日本小児科学会 合同シンポジウム 2021.10.10 Web

  57. 金井保澄, 中谷久恵, 辻敦美, 菊池絵梨子, 下田益弘, 荒木聡, 高澤啓, 鹿島田健一, 森尾友宏. 高カルシウム血症を来した機能獲得型カルシウム感知受容体異常症の一例. 第676回日本小児科学会東京都地方会 2021.10.09 Web

  58. 渡辺和宏, 橋本敦子, 石毛信之, 小西薫, 矢島晴美, 中谷久恵, 高澤啓, 鹿島田健一. 東京都におけるLC-MS/MS法を用いた副腎過形成症スクリーニング二次検査法の判定基準の設定. 第48回日本マススクリーニング学会学術集会 2021.09.17 千葉 (Web)

  59. 安達恵利子, 中川竜一, 高澤啓, 宮井健太郎, 酢谷明人, 辻敦美, 宮川雄一, 松田希, 滝島茂, 山内健, 鹿島田健一. 21水酸化酵素欠損症の遺伝学的解析にはMLPA法が有用である. 第48回日本マススクリーニング学会学術集会 2021.09.17 千葉 (Web)

  60. 宇都宮朱里, 栗栖優佳, 中川竜一, 高澤啓, 鹿島田健一. CYP21A2欠失とTBNX 部分欠失を認め遺伝カウンセリングを行った21水酸化酵素欠損症の男児例. 第48回日本マススクリーニング学会学術集会 2021.09.17 千葉 (Web)

  61. 鹿島田健一. 先天性副腎皮質過形成症のトランジション(小児科領域). 第7回関東移行期医療の会 2021.07.01 Web

  62. 鹿島田健一. DSD(性分化疾患)の臨床を考える(外性器の診察から先天性副腎過形成まで). 広島小児内分泌研究会 2021.06.18 Web

  63. 鹿島田健一. 「成長を促進するホルモン」(3)性ホルモン. Nordiscience forum 2021 2021.06.12 Web

  64. 鹿島田健一. 小児期発症内分泌疾患の縦断的病像から考える、移行期医療のあり方. 第94回日本内分泌学会学術総会 2021.04.23 Web

  65. 宇都宮朱里, 中川竜一, 高澤啓, 鹿島田健一. CYP21A2広範囲欠失に伴うTBNX欠失部分が同定された21水酸化酵素欠損症の男児例. 第94回日本内分泌学会学術総会 2021.04.22 Web

  66. 安達恵利子, 高澤啓, 我有茉希, 中川竜一, 磯田健志, 今井耕輔, 鹿島田健一, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏. 造血細胞移植により成長率が著しく改善したLIG4症候群の2例. 第94回日本内分泌学会学術総会 2021.04.22 Web

  67. 我有茉希, 須賀亮太, 土方敦司, 鹿島田彩子, 高木正稔, 中川竜一, 高澤啓, 白井剛, 森尾友宏, 鹿島田健一. NR5A1の新規変異p.R350WはNR5A1特異的リガンドの存在を示唆する . 第94回日本内分泌学会学術総会 2021.04.22 Web

  68. 齋藤洋子, 高澤啓, 宮川雄一, 安達恵利子, 酢谷明人, 我有茉希, 中川竜一, 森尾友宏, 鹿島田健一. ABCC8遺伝子ホモ接合性変異による先天性高インスリン血症は多様な表現型を呈しうる. 第94回日本内分泌学会学術総会 2021.04.22 Web

  69. 鹿島田健一. 英語で論文を書く前に知っておきたいこと. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.17 京都

  70. 田島敏広, 長谷川奉延, 石井智弘, 鹿島田健一, 高澤啓, 勝又規行, 棚橋祐典, 向井徳男. 先天性副腎過形成症スクリーニングの現状と課題. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.16 京都

  71. 中村有梨沙, 安達恵利子, 松原洋平, 高澤啓, 石井卓, 細川奨, 鹿島田健一, 森尾友宏. 学校心臓検診におけるQT延長が初期症状であった特発性副甲状腺機能低下症の2例. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.16 京都

  72. 鹿島田健一. 個体と系統から考える性の分化. 第53回近畿小児内分泌研究会 2021.03.06 Web

  73. 門脇沙織, 大西秀典, 門脇朋範, 川本典生, 橋本邦生, 西村豊樹, 岡田賢, 鹿島田健一, 今井耕輔, 金兼弘和. 自己炎症疾患が疑われた3症例で同定されたTNFAIP3遺伝子の末報告非同義置換のin vitro機能解析. 第48回日本臨床免疫学会総会 2020.10.15 WEB

  74. 鹿島田健一. The Year :性分化. 2020年日本小児内分泌学会特別学術集会 2020.10.01 WEB

  75. 鹿島田健一. 改めて考える、先天性副腎過形成における17α-OHP測定の重要性. 2020年日本小児内分泌学会特別学術集会 企業協賛セミナー  2020.10.01 WEB

  76. 鹿島田健一. CAH(先天性副腎過形成)スクリーニングの課題 . 第47回日本マススクリーニング学会学術集会 2020.09.25 WEB

  77. 我有茉希, 小西薫, 高澤啓, 中川竜一, 辻-細川敦美, 橋本敦子, 酢谷明人, 田島敏広, 長谷川奉延, 森尾友宏, 鹿島田健一. 先天性副腎過形成の新生児マススクリーニングでは日齢11までに治療開始できる体制が求められる. 第47回日本マススクリーニング学会学術集会 2020.09.25 WEB

  78. 鹿島田健一. CCSでみられる非肥満性糖尿病の病像と病態について. 第3回千葉小児がん長期フォローアップ研究会学術講演会 2020.09.15 WEB

  79. 山野春樹, 齋藤洋子, 我有茉希, 山内建, 中川竜一, 高澤啓, 鹿島田健一, 森尾友宏. 糖尿病を発症した小児期がん経験者における非アルコール性脂肪性肝疾患の検討. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.21 兵庫

  80. 佐藤薫, 滝島茂, 松田希, 菅原祐之, 鹿島田健一, 長谷川毅. 橋本脳症の一例 -小児の急性脳炎脳症の診断・治療には、甲状腺機能及び甲状腺関連自己抗体検査を考慮する-. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  81. 高澤啓, 宮川雄一, 小野真, 森尾友宏, 鹿島田健一. Bloom症候群はIGF-1不応による成長障害とインスリン抵抗性糖尿病を発症する. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  82. 齋藤洋子, 高澤啓, 岡野翼, 神谷尚宏, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏, 鹿島田健一. 1型糖尿病を合併した活性化PI3K-δ症候群2型の一例. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  83. 安達恵利子, 宮川雄一, 野津寛大, 森崇寧, 蘇原映誠, 内田信一, 鹿島田健一. 治療により成長率改善を認めたGitelman症候群3症例. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  84. 中谷久恵, 桐野玄, 蒲原孝, 我有茉希, 高澤啓, 鹿島田健一. 視床下部機能障害を伴う尿崩症を合併した複合型下垂体機能低下症の新生児例. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  85. 宮川雄一, 高澤啓, 我有茉希, 鹿島田健一. ジアゾキシドが有効であったホモ接合性ABCC8遺伝子新規変異による先天性高インスリン血症の1例 . 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  86. 石井智弘, 鹿島田健一, 棚橋祐典, 向井徳男, 田島敏広, 勝又規行, 長谷川奉延. 本邦の先天性リポイド副腎過形成症の有病率と病型別臨床像の解明. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  87. 桐野玄, 中谷久恵, 長妻美沙子, 高澤啓, 鹿島田健一. SPIDDMにバセドウ病を合併した2例. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  88. 滝島茂, 松田希, 佐藤薫, 中島啓介, 菅原祐之, 長谷川毅, 鹿島田健一. 潜在性亜鉛欠乏と低身長の関連についての検討. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  89. 我有茉希, 小西薫, 高澤啓, 酢谷明人, 中川竜一, 橋本敦子, 長谷川奉延, 田島敏広, 森尾友宏, 鹿島田健一. 先天性副腎過形成の新生児マス・スクリーニングでは日齢11までに治療開始できる体制が求められる. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  90. 鹿島田健一. NR5A1の機能から考える卵巣発生初期の分子メカニズム. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 WEB

  91. 鹿島田健一. GenderとSexから考える性分化疾患. 第34回北陸小児内分泌研究会 2020.02.15 石川

  92. 鹿島田健一. 最近の新生児医療から考える新生児マススクリーニング. 第18回新生児マススクリーニング検査技術者勉強会 2019.12.14 東京

  93. 田中由美, 辻敦美, 高澤啓, 我有茉希, 渡辺章充, 渡部誠一, 鹿島田健一. 17p13.3微小欠失を認め成長ホルモン補充が著効した一例. 第29回臨床内分泌代謝 Update 2019.11.30 高知

  94. 鹿島田健一. 性腺. 第29回臨床内分泌代謝 Update 2019.11.29 高知

  95. 齋藤洋子, 高澤啓, 我有茉希, 山内建, 中川竜一, 宮川雄一, 酢谷明人, 細川敦美, 滝島茂, 松原洋平, 森尾友宏, 鹿島田健一. 21-水酸化酵素欠損症に対する新生児期初期治療戦略の検討. 第29回臨床内分泌代謝 Update 2019.11.29 高知

  96. 棚橋祐典, 鈴木滋, 鹿島田健一, 向井徳男, 勝又規行, 石井智弘, 田島敏広, 長谷川奉延. 本邦における21水酸化酵素欠損症の予後調査. 第29回臨床内分泌代謝 Update 2019.11.29 高知

  97. 鹿島田健一. 外性器の診察から考える性分化疾患. JCRファーマ株式会社学術講演会 in 名古屋 2019.11.08 愛知

  98. 鹿島田健一. DSD:最近の進歩. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.28 京都

  99. 桐野玄, 中谷久恵, 長妻美沙子, 高澤啓, 鹿島田健一. バセドウ病にSPIDDMを合併した2例. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.27 京都

  100. 宮川雄一, 高澤啓, 我有茉希, 鹿島田健一. ジアゾキシドが有効であったホモ接合性ABCC8遺伝子新規変異による先天性高インスリン血 症の1例 . 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.27 京都

  101. 長崎啓祐, 中村明枝, 山内建, 鎌崎穂高, 原洋祐, 菅野潤子, 小山さとみ, 鹿島田健一, 大津義晃, 高橋郁子, 鈴木滋, 田島敏広. 小児期発症の萎縮性甲状腺炎における阻害型 TSH 受容体抗体の関与の検討. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.27 京都

  102. 我有茉希, 小西薫, 高澤啓, 中川竜一, 橋本敦子, 長谷川奉延, 田島敏広, 森尾友宏, 鹿島田健一. 先天性副腎過形成の新生児マス・スクリーニングでは日齢11までに治療開始できる体制が求められる. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.27 京都

  103. 齋藤洋子, 高澤啓, 我有茉希, 山内建, 中川竜一, 宮川雄一, 酢谷明人, 細川敦美, 滝島茂, 松原洋平, 森尾友宏, 鹿島田健一. 21-水酸化酵素欠損症に対する新生児期初期治療戦略の検討. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.27 京都

  104. 鎌崎穂高, 石井玲, 石川亜貴, 竹内孝子, 房川祐頼, 藤田裕樹, 野村莉沙, 鹿島田健一, 西村玄, 川崎幸彦. 低身長、発達遅滞より診断され、甲状腺機能低下症を伴ったMyhre症候群の1男児例. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.27 京都

  105. Takeru Yamauchi, Kei Takasawa, Yoshichika Maeda, Manabu Takahashi, Tomohiro Morio, Shun Isibashi, Kenichi Kashimada. A case of homozygous familial hypobetalipoproteinemia associated with chronic liver dysfunction. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.27 京都

  106. 中谷久恵, 桐野玄, 蒲原孝, 我有茉希, 高澤啓, 鹿島田健一. 視床下部機能障害を伴う尿崩症を合併した複合型下垂体機能低下症の新生児例. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.26 京都

  107. 佐藤薫, 滝島茂, 松田希, 菅原祐之, 鹿島田健一, 長谷川毅. 小児の急性脳炎脳症の診断・治療には、甲状腺機能及び甲状腺関連自己抗体検査を考慮 すべきである. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.26 京都

  108. 滝島茂, 松田希, 佐藤薫, 菅原祐之, 長谷川毅, 鹿島田健一. 潜在性亜鉛欠乏と低身長の関連についての検討. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.26 京都

  109. 高澤啓, 我有茉希, 山内建, 中川竜一, 宮川雄一, 小野真, 森尾友宏, 鹿島田健一. Bloom症候群はIGF1不応による成長障害とインスリン抵抗性糖尿病を発症する. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.26 京都

  110. 安達恵利子, 宮川雄一, 野津寛大, 森崇寧, 蘇原映誠, 内田信一, 鹿島田健一. Gitelman症候群3例の臨床像. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.26 京都

  111. 伊藤順庸, 土岐真, 犀川太, 鹿島田健一, 高澤啓, 鈴木滋, 長崎啓祐, 岩山秀之. 多施設共同による偽性副甲状腺機能低下症1型のintact PTHの管理値探索. 第53回日本小児内分泌学会学術集会 2019.09.26 京都

  112. 中川竜一, 高澤啓, 宮井健太郎, 酢谷明人, 辻敦美, 宮川雄一, 松田希, 滝島茂, 山内建, 鹿島田健一. 21水酸化酵素欠損症の遺伝学的解析にはMLPAを優先して用いるべきである. 第92回日本内分泌学会学術総会 2019.05.10 宮城

  113. 我有茉希, 山内建, 宮川雄一, 清水日智, 高澤啓, 伊達木澄人, 鹿島田健一, 森尾友宏. 早期にエゼチミブを導入した小児シトステロール血症2例の臨床経過. 第92回日本内分泌学会学術総会 2019.05.09 宮城

  114. 酢谷明人, 高澤啓, 山内建, 井上健斗, 神谷尚宏, 金兼弘和, 鹿島田健一, 森尾友宏. IPEX症候群に対する造血幹細胞移植は膵β細胞機能廃絶を予防しうる. 第92回日本内分泌学会学術総会 2019.05.09 宮城

  115. 山内泰輔,水野朋子,山内建,森山剣光,鈴木智典,鹿島田健一,森尾友宏. 成長障害の精査過程でMERRFと診断した一例. 第122回日本小児科学会学術集会 2019.04.21 石川

  116. 眞柄達也,渡邉友博,高澤啓, 鹿島田健一,渡部誠一 . 症状に乏しく高CK血症,高コレステロール血症を契機に診断された萎縮性甲状腺炎の一例. 第122回日本小児科学会学術集会 2019.04.21 石川

  117. 我有茉希,山内建,宮川雄一,清水日智,高澤啓,伊達木澄人,鹿島田健一,森尾友宏. 早期にエゼチミブを導入した小児シトステロール血症2例の臨床経過. 第122回日本小児科学会学術集会 2019.04.21 石川

  118. 鹿島田健一. 新生児スクリーニング内分泌疾患要請患者への対応. 新生児スクリーニング精密検査・診療・治療専門医研修会 2019.02.24 東京

  119. 鹿島田健一. CCS診療のupdate (TBI後の耐糖能異常について). 東京都小児がん診療連携協議会・TCCSG共同開催症例検討会 2019.02.16 東京

  120. 鹿島田健一. マス・スクリーニング検査技術者勉強会. 第17回マス・スクリーニング検査技術者勉強会 2018.12.15 東京

  121. 鹿島田健一. “適切なトランジション”全体論と個別化のはざま. 最新醫學第74巻第5号巻頭鼎談 2018.12.14 東京

  122. 鹿島田健一. 46,XY DSDから理解するDSDの病態. 第7回 DSDセミナー in大阪 2018.12.08 大阪

  123. 鹿島田健一. 新生児スクリーニング対象内分泌疾患の臨床. 日本マススクリーニング学会検査技術者専門研修会 2018.11.17 東京

  124. 辻敦美, 加藤朋子, 小川湧也, 野村莉紗, 高澤啓, 森尾友宏, 高田修治, 鹿島田健一. SOX9により促進的発現制御を受ける新規精巣分化関連因子Padi2. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.05 東京

  125. 滝島茂, 松田希, 我有茉希, 宮川雄一, 長谷川毅, 西岡真人, 下平雅之, 高澤啓, 鹿島田健一. 小児1型糖尿病の36%が初発時にDKAを呈し、初発時の重症度と甲状腺機能は相関する. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  126. 金森千尋, 治徳裕美, 村瀬有紀子, 竹内崇, 高澤啓, 鹿島田健一, 篠原美代. 社会的女性46,XY卵精巣性DSD成人患者に対する告知の経験. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  127. 中川竜一, 高澤啓, 宮井健太郎, 酢谷明人, 辻敦美, 宮川雄一, 松田希, 滝島茂, 山内建, 鹿島田健一. 21水酸化酵素欠損症の遺伝子解析において、MLPAは有用である. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  128. 齋藤洋子, 小野真, 滝島茂, 高澤啓, 黒部仁, 長妻美沙子, 鹿島田健一. 急性化膿性甲状腺炎4例の臨床像. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  129. 中谷久恵, 宮井健太郎, 高澤啓, 森本哲, 長澤正之, 大柴晃洋, 鹿島田健一. 単一骨病変のLCH発症から4年後に中枢性尿崩症を発症した男児例. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  130. 高澤啓, 我有茉希, 宮川雄一, 小野真, 中村明枝, 鏡雅代, 深見真紀, 鹿島田健一. Severe SGAおよびGH治療反応性不良は3M症候群の臨床的特徴である. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  131. 松田希, 滝島茂, 今城眞臣, 長谷川毅, 鹿島田健一. APRI高値を示した小児NASH(Non-alocoholic steatohepatitis)の一例. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  132. 安達恵利子, 宮田理英, 松原洋平, 清原鋼二, 鹿島田健一. 栄養失調により乳酸アシドーシス、肝合成能、糖代謝が改善したA群色素性乾皮症の一例. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  133. 我有茉希, 山内建, 宮川雄一, 清水日智, 高澤啓, 伊達木澄人, 鹿島田健一. 早期にエゼチミブを導入した小児シトステロール血症2例の臨床経過. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  134. 山内建, 杉江学, 高澤啓, 今村公俊, 鹿島田健一. 在胎23週以下の超早熟児は遅発性の新生児一過性高血糖のリスクがある. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  135. 長妻美沙子, 山内建, 中川竜一, 鹿島田健一, 森尾友宏, 髙澤啓. 多発脂肪腫、腎血管性高血圧、糖尿病を呈した、KRAS体細胞モザイクによる線状脂腺母斑症候群の1例. 第51回日本内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  136. 桐野玄, 高澤啓, 山内健, 井上健斗, 神谷尚宏, 金兼弘和, 森尾友宏, 鹿島田健一. IPEX症候群に対する造血肝細胞移植は膵β細胞機能廃絶を予防しうる. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  137. 宮川雄一, 我有茉希, 松田希, 辻敦美, 滝島茂, 下平雅之, 鹿島田健一, 高澤啓. Catch up growthに乏しいSGA児もインスリン抵抗性が高い可能性がある. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  138. 酢谷明人, 中谷久恵, 中川竜一, 松田希, 滝島茂, 高澤啓, 長妻美沙子, 宮井健太郎, 小野真, 鹿島田健一. 当院および当院関連施設でのFree Style Libre導入症例検討. 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  139. 野村莉紗, 鹿島田健一, 鈴木仁美, 辻敦美, 金井克晃, 八木田秀雄, 金井正美, 森尾友宏. 胎生期卵巣巣におけるNR5A1/Ad4BP/SF1の転写抑制はNotchシグナルを介した卵巣発生の最適化に必要である . 第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018.10.04 東京

  140. 酢谷明人, 中谷久恵, 中川竜一, 松田希, 滝島茂, 髙澤啓, 長妻美沙子, 宮井健太郎, 小野真, 鹿島田健一. 当院および当院関連施設でのFree Style Libre導入症例検討. 第19回日本内分泌学会関東甲信越学術集会 2018.09.08 東京

  141. 中川竜一, 髙澤啓, 宮井健太郎, 酢谷明人, 辻敦美, 宮川雄一, 松田希, 滝島茂, 山内建, 鹿島田健一. 21水酸化酵素欠損症の遺伝子解析にはMLPAの併用が必須である. 第19回日本内分泌学会関東甲信越学術集会 2018.09.08 東京

  142. 山内建, 杉江学, 髙澤啓, 今村公俊, 鹿島田健一. 在胎23週以下の超早熟児は遅発性の新生児一過性高血糖のリスクがある. 第19回日本内分泌学会関東甲信越学術集会 2018.09.08 東京

  143. 高澤啓, 山内建, 井上健斗, 神谷尚宏, 金兼弘和, 鹿島田健一, 森尾友宏. 造血幹細胞移植により膵β細胞機能の廃絶を回避しえたIPEX症候群例. 第19回日本内分泌学会関東甲信越学術集会 2018.09.08 東京

  144. 鹿島田健一. 先天性副腎過形成の遺伝学的検査について. 第45回日本マススクリーニング学会学術集会 2018.08.18 埼玉

  145. 鹿島田健一. 内分泌マススクリーニング診療における遺伝子検査の重要性(意義)-どのような時に必要か、どうすすめればよいかー. 第45回マススクリーニング学会学術集会 2018.08.17 埼玉

  146. 鹿島田健一. 第25回福島県小児内分泌研究会での講演. 第25回福島県小児内分泌研究会 2018.07.14 福島

  147. 酢谷明人, 細川奨, 高澤啓, 島彦仁, 鈴木江莉奈, 土井庄三郎, 森尾友宏, 深見真紀, 鹿島田健一. CHARGE症候群様症状を呈したWDR11変異を有する男児例. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.28 宮崎

  148. 滝島茂, 中島啓介, 野村理沙, 辻敦美, 松田希, 松原洋平, 小野真, 宮井健太郎, 高澤啓, 森尾友宏, 長谷川行洋, 鹿島田健一. 21-水酸化酵素欠損症においてadiposity rebound時期と出生時体重およびBMIに関する・第2報. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.28 宮崎

  149. 中川竜一, 高澤啓, 葉姿文, 今井耕輔, 鹿島田健一, 森尾友宏. P13Kδ活性型変異により発症したと考えられる1型糖尿病の1例 . 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.27 宮崎

  150. 髙澤啓, 五十嵐麻希, 小野真, 高田修治, 山高篤行, 緒方勤, 深見真紀, 鹿島田健一. NR5A1, p.R92W変異による46, XX DSDの多彩な表現型. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.27 宮崎

  151. 安達恵利子, 宮田理英, 松原洋平, 清原鋼二, 鹿島田健一, 宮井健太郎. 遷延する乳酸アシドーシス、肝合成能低下を認めたA群色素性乾皮症の一例. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.26 宮崎

  152. 宮川雄一, 松原洋平, 高澤啓, 大津義晃, 橘田一輝, 佐藤真理, 望月弘, 横田一郎, 長谷川行洋, 鹿島田健一. 言語発達遅延を主体とし、一過性の傾向を示すPHP1a発達の臨床像. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.26 宮崎

  153. 野村莉紗, 鈴木仁美, Liang Zhao, 辻敦美, 金井克晃, 八木田秀雄, 森尾友宏, 金井正美, 鹿島田健一. 胎生期卵巣巣におけるNR5A1/Ad4BP/SF1の転写抑制はNotchシグナルを介した卵巣発生の最適化に必要である. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.26 宮崎

  154. 辻敦美, 加藤朋子, 小川湧也, 野村莉紗, 高澤啓, 森尾友宏, 高田修治, 鹿島田健一. SOX9により促進的発現制御を受けるPAD2の精巣発生分化における役割. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.26 宮崎

  155. 高澤啓, 辻敦美, 野村莉紗, 滝島茂, 和田泰格, 長崎啓祐, 伊達木澄人, 沼倉周彦, 森尾友宏, 鹿島田健一. 小児A型インスリン抵抗症の臨床像と遺伝学的背景. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.26 宮崎

  156. 鹿島田健一. 胎生期卵巣におけるSf1/NR5a1/Ad4Bpの転写抑制はNotchシグナルを介した卵巣発生の最適化に必須である. 第17回日本再生医療学会総会 2018.03.26 神奈川

  157. 鹿島田健一. 子どもの成長障害と性分化疾患~思春期における気づきと支援のポイントについて~. 平成29年度思春期保健連絡会  2018.01.15 鎌倉

  158. 鹿島田健一. Enforced expression of Nr5a1/Ad4bp/Sf1 in mouse fetal ovaries causes premature ovarian insufficiency by dysregulating Notch signaling. 第二回性と生殖の懇談会 2017.12.13 名古屋

  159. 中川竜一, 高澤啓, 葉姿文, 今井耕輔, 鹿島田健一, 森尾友宏. P13Kδ活性型変異により発症したと考えられる1型糖尿病の1例. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.30 大阪

  160. 滝島茂, 中島啓介, 野村莉紗, 辻敦美, 松田希, 松原洋平, 小野真, 宮井健太郎, 高澤啓, 森尾友宏, 長谷川行洋, 鹿島田健一. 21-水酸化酵素欠損症においてadiposity rebound時期と出生時体重およびBMIに関する・第2報. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.30 大阪

  161. 酢谷明人, 細川奨, 高澤啓, 島彦仁, 鈴木江莉奈, 土井庄三郎, 深見真紀, 鹿島田健一, 森尾友宏. CHARGE症候群様症状を呈したWDR11変異を有する男児例. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.30 大阪

  162. 高澤啓, 五十嵐麻希, 高田修治, 山高篤行, 緒方勤, 深見真紀, 鹿島田健一. NR5AI, p.R92W変異による46, XX DSDの多彩な表現型: 本邦同胞例の経験から. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.30 大阪

  163. 宮川雄一, 松原洋平, 高澤啓, 大津義晃, 橘田一輝, 佐藤真理, 望月弘, 横田一郎, 長谷川行洋, 鹿島田健一. 言語発達遅滞を主体とし、一過性の傾向を示すPHP1a発達の臨床像. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.29 大阪

  164. 齋藤洋子, 中川竜一, 野村莉紗, 鹿島田健一, 宮井健太郎 . Carbamazepine内服中に抗甲状腺投薬なく寛解したBasedow病の一例. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.29 JSPE

  165. 我有茉希, 松田希, 宮川雄一, 早田茉莉, 伊藤一之, 佐藤千穂, 箕面崎至宏, 鹿島田健一, 高澤啓. 症候群性先天性高インスリン血症に対するCGM管理下でのdiazoxide治療. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.29 大阪

  166. 鹿島田健一. 分子機能から考える性分化疾患の臨床. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.28 大阪

  167. 松田希, 滝島茂, 我有茉希, 宮川雄一, 藤原誠, 大幡泰久, 鹿島田健一, 大薗惠一, 高澤啓. TNSALPc.787T>C変異の臨床的意義の検討. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.28 大阪

  168. 長妻美沙子, 辻敦美, 高澤啓, 鹿島田健一. CaSR遺伝子多型R990Gは小児期の軽度副甲状腺機能低下症の原因となり得る. 第51回日本小児内分泌学会学術集会 2017.09.28 大阪

  169. 鹿島田健一. 卵巣の初期発生におけるSfi/Ad4BP/Nr5a1の転写制御とその役割について. 第58回日本組織細胞化学会 総会・学術集会 2017.09.23 愛媛

  170. 鹿島田健一. 性分化、乳腺発生からみた、骨代謝と骨形成. 第35回日本骨代謝学会学術集会 2017.07.27 福岡

  171. 中川竜一, 酢谷明人, 辻敦美, 松原洋平, 滝島茂, 高澤啓, 宮井健太郎, 小野真, 大西寿和, 鹿島田健一, 森尾友宏. 21-水酸化酵素欠損症の成人男性においてLH, FSH基礎値は精巣容量の指標となり得る. 第90回日本内分泌学会学術集会 2017.04.20 京都

  172. 山内健一, 野村敏大, 伊藤まりえ, 水口智之, 野村莉紗, 有坂敦子, 黒澤信行, 渡辺章充, 渡部誠一, 鹿島田健一. 小児の萎縮性甲状腺炎5例の臨床像. 第90回日本内分泌学会学術集会 2017.04.20 京都

  173. 辻敦美, 高澤啓, 野村莉紗, 宮川雄一, 沼倉周彦, 土方敦司, 白井剛, 小川佳宏, 鹿島田健一, 森尾友宏. インスリン受容体異常症の病態解明: 自験例2例の分子内分泌学的検討. 第90回日本内分泌学会学術集会 2017.04.20 京都

  174. 高澤啓, 辻敦美, 野村莉紗, 宮川雄一, 沼倉周彦, 鹿島田健一, 森尾友宏. インスリン受容体異常症の病態解明: 自験例2例の分子内分泌学的検討. 第120回日本小児科学会学術集会 2017.02.01 東京

  175. 五十嵐麻希, 高澤啓,箱田明子, 菅野潤子, 高田修治, 乾雅史, 宮戸真美, 福井由宇子, 田島敏広, 秦健一郎, 中林一彦, 松原洋一, 緒方勤, 鹿島田健一, 深見真紀. NR5A1は、46,XX精巣性性分化疾患の新規発症責任遺伝子である. 第39回日本小児遺伝学会学術集会 2016.12.09 東京

  176. 山内建, 東祐哉, 杉江学, 有坂敦子, 鹿島田健一, 今村公俊. Angelman症候群の責任領域を含む広域な染色体欠失を認め多彩な臨床像を示した極低出生体重児の1例. 第61回新生児成育医学会学術集会 2016.12.01 大阪

  177. 鹿島田健一. [1PS15-2] 性分化における分子機構の新たな展開に向けて. 第39回日本分子生物学会年会 2016.11.30 神奈川

  178. 山内建, 野村敏大, 伊藤まりえ, 木口智之, 野村莉紗, 有坂敦子, 黒沢信行, 渡辺章充, 渡部誠一, 鹿島田健一. 萎縮性甲状腺炎4例の臨床像. 第50回日本小児内分泌学会学術集会 2016.11.16 東京

  179. 鹿島田健一. 小児内分泌ガイドラインから学ぶ: 多嚢胞性卵巣症候群診断ガイドライン. 第50回日本小児内分泌学会学術集会 2016.11.16 東京

  180. 長妻美沙子, 我有茉希, 酢谷明人, 鹿島田健一, 太田正康. 緩徐に進行する耐糖能異常を来した非肥満3女児例の臨床経過. 第50回日本小児内分泌学会学術集会 2016.11.16 東京

  181. 我有茉希, 松田希, 鹿島田健一, 下平雅之, 森尾友宏, 高澤啓. 成長ホルモン注射デバイスの患者自己選択(patient choice)は治療アドヒアランス及び治療効果を向上する. 第50回日本小児内分泌学会学術集会 2016.11.16 東京

  182. 滝島茂, 菅原裕之, 長谷川毅, 西村玄, 秋山倫之, 藤原誠, 大園恵一, 土屋史郎, 鹿島田健一. 無熱性けいれんを契機に診断に至った低ホスファターゼ症の1例. 第50回日本小児内分泌学会学術集会 2016.11.16 東京

  183. 松原洋平, 宮井健太郎, 鹿島田健一. 服薬アドヒアランスにより精巣容量が変動したと考えられる21-水酸化酵素欠損症の成人男性例. 第50回日本小児内分泌学会学術集会 2016.11.16 東京

  184. 鹿島田健一. 性分化疾患の臨床. 第21回小児内分泌専門セミナー 2016.08.27 兵庫

  185. 橋本敦子, 藤川研人, 小西薫, 間下充子, 世良保美, 鹿島田健一. 早産児における先天性副腎過形成の判定基準の検討. 第43回日本マススクリーニング学会学術集会 2016.08.26 北海道

  186. 高澤啓, 辻敦美, 沼倉周彦, 鹿島田健一. インスリン受容体異常症の病態解明. 第20回小児分子内分泌研究会 2016.07.03 北海道

  187. 高澤啓,中川竜一,滝島茂,森山剣光,馬場信平,鹿島田健一,清原鋼二,長谷川毅,下平雅之,森尾友宏. 脳炎・脳症診断における高感度迅速網羅的ウイルス検査の活用. 第119回日本小児科学学会学術集会 2016.05.14 北海道

  188. 中川竜一,辻敦美,青木由貴,中島啓介,酢谷明人,宮川雄一,高澤啓,富澤大輔,鹿島田健一,森尾友宏. 造血幹細胞移植の前処置において全身放射線照射は糖尿病,高脂血症発症のリスクである. 第119回日本小児科学学会学術集会 2016.05.14 北海道

  189. 野村莉紗, 辻敦美, 松原洋平,滝島茂,高澤啓, 松田希, 宮井健太郎, 小野真, 大西寿和, 鹿島田健一. 21水酸化酵素欠損症(21-OHD)女性患者における月経異常の臨床像の検討. 第89回日本内分泌学会総会 2016.04.21 京都

  190. 中川竜一,辻敦美,青木由貴,中島啓介,酢谷明人,宮川雄一,高澤啓,富澤大輔,鹿島田健一,森尾友宏. 造血幹細胞移植の前処置において全身放射線照射は糖尿病、高脂血症発症のリスクである. 第113回日本内分泌学会 2016.04.21 京都

  191. 鹿島田健一. 性分化疾患(DSD)の診断と治療. 第4回 DSDセミナー in 大阪 2015.12.12 大阪

  192. 鹿島田健一. DSDとして診る先天性副腎過形成(先天性副腎過形成と性分化異常症の考え方). 札幌小児内分泌検討会 2015.12.04 札幌

  193. 鹿島田健一. ~性分化疾患UPDATE~「性分化疾患(DSD):診断から治療まで」. 小児内分泌Web講演会 2015.12.01 東京

  194. 辻敦美, 酢谷明人, 宮川雄一, 鹿島田健一. 小児頭蓋咽頭腫治療後のNAFLDに対する成長ホルモン補充療法. 臨床内分泌代謝update 2015.11.28 東京

  195. 高澤啓, 三村尚, 西岡正人, 鹿島田健一, 下平雅之. 低栄養に起因する膵石型膵性糖尿病をきたした重症心身障害児例. 臨床内分泌代謝update 2015.11.27 東京

  196. 鹿島田健一. 内分泌疾患の成長と性徴をみる-CAHを中心に. 臨床内分泌代謝Update 2015.11.27 東京

  197. 鹿島田健一. 性分化疾患 (DSD)の臨床、その考え方. 臨床内分泌代謝Update (Update2) (シンポジウム) 2015.11.27 東京

  198. 酢谷明人, 辻敦美, 斎藤友康, 高澤啓, 鹿島田健一. Kabuki症候群とTurner症候群を合併した1例. 臨床内分泌代謝update 2015.11.27 東京

  199. 鹿島田健一. 性が分化するということ. 第五回東北小児内分泌やまびこの会 2015.11.21

  200. 中川竜一, 辻敦美, 青木由貴, 中島啓介, 酢谷明人, 宮川雄一, 高澤啓, 富澤大輔, 鹿島田健一, 森尾友宏. 血液腫瘍患者の造血幹細胞移植の前処置において全身放射線照射は2型糖尿病、高脂血症発症のリスクである. 第6回関東小児糖尿病フォーラム 2015.11.19 東京

  201. 辻敦美, 酢谷明人, 鹿島田健一. 小児頭蓋咽頭腫治療後のNAFLDに対する成長ホルモン補充療法. 第25回臨床内分泌代謝Update in Tokyo 2015.10.28 東京

  202. 秋葉和壽, 滝島茂, 野村莉紗, 鹿島田健一, 室谷浩二, 安達昌功, 後藤正博, 長谷川行洋. 水酸化酵素欠損症塩喪失型の1歳時身長から算出する至適ハイドロコルチゾン投与量. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.18 東京

  203. 五十嵐麻希, 鹿島田健一, 箱田明子, 高澤啓, 菅野潤子, 宮戸真美, 加藤朋子, 乾雅史, 関戸良平, 高田修治, 緒方勤, 深見真紀. SRY陰性46,XX精巣性性分化疾患患者2例に共通するNR5A1ミスセンス変異の同定. 第60回日本人類遺伝学会 2015.10.16 千葉

  204. 滝島茂,長谷川毅,土屋史郎,鹿島田健一. 著名な低身長(-3.2SD)を呈したX染色体長腕部分欠失46,X,del(X)(q26q27)の1例. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.09 東京

  205. 松原洋平, 鹿島田健一, 森尾友宏. 発汗からのカルシウム喪失のため投与量の増加を要したと考えられた副甲状腺機能低下症の一例. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.09 東京

  206. 高澤啓, 三村尚, 西岡正人, 鹿島田健一, 下平雅之. 低栄養に起因する膵石型膵性糖尿病(FCPD)をきたした重症心身障害児例. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.09 東京

  207. 辻敦美, 松田希, 黒澤健司, 鹿島田健一. ゴナドトロピン依存性思春期早発症を認めたMECP2重複症候群の一例. 第49回日本小児内分泌学会学術集会 2015.10.08 東京

  208. 野村莉紗, 酢谷明人, 辻敦美, 松原洋平,滝島茂,高澤啓, 宮井健太郎, 小野真, 大西寿和, 鹿島田健一. 水酸化酵素欠損症(21-OHD)女性患者における月経異常の臨床像の検討. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  209. 中川竜一, 辻敦美, 青木由貴, 中島啓介, 酢谷明人, 宮川雄一, 高澤啓, 富澤大輔, 高木正稔, 鹿島田健一, 森尾友宏. 血液腫瘍患者の造血幹細胞移植前処置において全身放射線照射は糖尿病、高脂血症発症のリスクである. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  210. 酢谷明人, 宮川雄一, 辻敦美, 青木由貴, 高澤啓, 高木正稔, 今井耕輔, 鹿島田健一, 森尾友宏. 当院で施行した非腫瘍性疾患に対する造血幹細胞移植後の内分泌合併症に関する検討. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  211. 中谷久恵, 辻敦美, 高澤啓, 石黒利佳, 小野真, 鹿島田健一, 森尾友宏. 「PCR法を用いたSRYの検索は非定型的な外性器を有する新生児の性別判定に有用である」. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  212. 五十嵐麻希, 鹿島田健一, 箱田明子, 高澤啓, 菅野潤子, 宮戸真美, 加藤朋子, 乾雅史, 関戸良平, 高田修治, 緒方勤, 深見真紀. SRY陰性46,XX精巣性性分化疾患患者2例に共通するNR5A1ミスセンス変異の同定. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  213. 高谷里依子, 皆川真規, 木下香, 高谷具純, 長妻美沙子, 鹿島田健一, 松下一之 下条直樹, Jueppner Herald. 孤発性偽性副甲状腺機能低下症1B症例における20番染色体長腕父性片親性ダイソミーについての検討. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  214. 山内建, 荒木恭子, 野村莉紗, 鹿島田健一, 今村公俊. 新生児高血糖の管理にインスリン持続投与を行い良好な臨床経過を得た超早産児の2例. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  215. 宮川雄一, 酢谷明人, 辻敦美, 野津寛大, 鹿島田健一, 森尾友宏. カリウム・マグネシウム補充で成長率が改善したGitelman症候群の1例. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  216. 鹿島田健一. 精査機関での診断と治療のポイント(病型診断と遺伝子検査). 第42回 日本マススクリーニング学会 2015.08.23 東京

  217. 友田 昂宏, 酢谷 明人, 松原 洋平, 辻 敦美, 野村 莉紗, 宮川 雄一, 鹿島田 健一, 森尾友宏 . 頭蓋咽頭腫術後2例の内分泌異常の比較. 10. 第620回日本小児科学会東京都地方会講話会 2015.07.11 東京

  218. 酢谷明人, 宮川雄一, 辻敦美, 高澤啓, 青木由貴, 今井耕輔, 鹿島田健一, 森尾友宏. 当院で施行した非腫瘍性疾患に対する造血幹細胞移植後の内分泌合併症に関する検討. 日本内分泌学会 2015.04.25 東京

  219. 高澤啓, 酢谷明人, 前澤身江子, 石黒利佳, 箕面崎至宏, 鹿島田健一. IGF1製剤が有効であった妖精症の1例. 日本内分泌学会 2015.04.24 東京

  220. 鹿島田健一, Alexander Quinn, Josephine Bowles, Peter Koopman. FLT-FRT組み換によるトランスジェニックマウスを用いたSry cis制御領域同定の試み. 日本内分泌学会 2015.04.23 東京

  221. 鹿島田健一. 性分化疾患の診断と治療. 日本内分泌学会 (シンポジウム19) 2015.04.23 東京

  222. 鹿島田健一, 滝島茂, 小野真, 高澤啓, 鈴木滋, 浦上達彦. スルホニル尿素剤(SU剤)によるインスリン離脱ができなかったKCNJ11 R50P変異の一例. 日本内分泌学会 2015.04.23 東京

  223. 田村友美恵, 伊藤一之, 酢谷明人, 杉江学, 滝敦子, 鹿島田健一, 森尾友宏. 新生児バセドウ病の一例. 第617回日本小児科学会東京都地方会講話会 2015.03.14 東京

  224. 鹿島田健一. 性が分化するということ. 第6回信越・北関東小児内分泌セミナー  2015.02.14 新潟

  225. Kenichi Kashimada. Endocrine Disorders of Late Effects in CCS with brain tumor. 思春期・若年成人がん患者・サバイバーへの教育・医療・就労支援 2015.01.10 Tokyo

  226. 辻敦美, 高澤啓, 小西薫, 長谷川智美, 橋本敦子, 穴澤昭, 小野真, 北川照男, 水谷修紀, 鹿島田健一. 東京都における先天性副腎過形成の新生児マススクリーニング23年間の成績報告. 第117回日本小児科学会学術集会 2014.04.13

  227. 辻 敦美, 松田 希, 高澤 啓, 田中 絵里子, 竹中 健人, 櫻井 幸, 朝比奈 靖浩, 堀川 幸男, 武田 純, 鹿島田 健一. 腎不全、肝機能障害、精神発達遅滞を合併した重症MODY5の臨床像. 第23回臨床内分泌代謝Update 2014.01.25

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 経時的RNA定量解析による新規エンハンサー候補領域同定法の開発 」― 新規エンハンサー候補領域同定法を用いた卵巣特異的エンハンサー候補の同定、および同領域の卵巣機能不全患者希少多型の発見 ―,2022年02月

    Human Molecular Genetics

  • [特集]新生児マススクリーニングのこれまでとこれから「先天性副腎過形成症」(鹿島田健一),2021年07月

    よぼう医学 2021年夏号NO.13 

  • 連載「性分化疾患(DSD)とは」 第3回 二次性徴前後に判明するDSD (鹿島田健一),2020年08月

    高校保健ニュース 原稿執筆

  • 連載「性分化疾患(DSD)とは」 第2回 出生時にわかるDSDと社会的性の選択 (鹿島田健一),2020年07月

    高校保健ニュース 原稿執筆

  • 連載「性分化疾患(DSD)とは」 第1回 性分化疾患(DSD)とは (鹿島田健一),2020年06月

    高校保健ニュース 原稿執筆

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 小児科学,湘南医療大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 女性が「女子」に出られない規定 東京五輪陸上で初適用,朝日新聞,朝日新聞デジタル,2021年07月14日

  • ターナー症候群(記事監修),株式会社メディカルノート,Medical Note,2020年01月19日

  • 性分化疾患の医学生物学的理解の先端について,日本科学未来館,2019年08月22日