基本情報

写真a

宇田川 智宏(ウダガワ トモヒロ)

UDAGAWA Tomohiro


職名

非常勤講師

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

小児腎臓病

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医学部  2003年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  生体環境応答学講座  博士課程  2017年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 大学院生
  • 2017年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 非常勤講師
  • 2018年05月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 非常勤講師
  • 2019年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 助教
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 助教
  • 2021年10月
    -
    2022年09月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 小児・周産・女性診療領域 小児科 助教
  • 2022年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学分野 非常勤講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2019年03月
    東海大学  医学部基礎医学系生体構造機能学 特任助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会 日本小児腎臓病学会、日本腎臓学会、日本小児腎不全学会、日本移植学会

  • 国際小児腎臓病学会

  • 国際腎臓学会

  • 米国腎臓学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本小児腎臓病学会 代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 胎児医学、小児成育学

  • 小児腎臓病学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 腎臓専門医

  • 小児科専門医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ネフローゼ症候群

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 末梢血FACS解析とヒト化マウスによる特発性ネフローゼ症候群液性因子の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 溶血性尿毒症症候群に対する血液凝固阻止剤は有効か

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • ネフローゼ新規治療開発を目指した腎糸球体ポドサイトの足突起制御機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yamaguchi Yohei, Takasawa Kei, Irabu Hitoshi, Hiratoko Kanako, Ichigi Yosuke, Hirata Ko, Tamura Yumie, Murakoshi Miki, Yamashita Motoi, Nakatani Hisae, Shimoda Masuhiro, Ishii Taku, Udagawa Tomohiro, Shimizu Masaki, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. Infliximab treatment for refractory COVID-19-associated multisystem inflammatory syndrome in a Japanese child(和訳中) Journal of Infection and Chemotherapy. 2022.06; 28 (6): 814-818. ( 医中誌 )

  2. Yamaguchi Y, Takasawa K, Irabu H, Hiratoko K, Ichigi Y, Hirata K, Tamura Y, Murakoshi M, Yamashita M, Nakatani H, Shimoda M, Ishii T, Udagawa T, Shimizu M, Kanegane H, Morio T. Infliximab treatment for refractory COVID-19-associated multisystem inflammatory syndrome in a Japanese child. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2022.01; ( PubMed, DOI )

  3. Tomohiro Udagawa, Yusuke Matsuyama, Mika Okutsu, Yaeko Motoyoshi, Mari Okada, Norimasa Tada, Eriko Kikuchi, Masuhiro Shimoda, Toru Kanamori, Tae Omori, Masaki Takahashi, Kohsuke Imai, Akifumi Endo, Takeo Fujiwara and Tomohiro Morio. Association between Immunoglobulin M and steroid resistance in children with nephrotic syndrome: A retrospective multicenter study in Japan Kidney 360. 2021.01; 2 (3): 487-493. ( PubMed, DOI )

  4. Xiaoyuan Jia, Tomohiko Yamamura, Rasheed Gbadegesin, Michelle T McNulty, Kyuyong Song, China Nagano, Yuki Hitomi, Dongwon Lee, Yoshihiro Aiba, Seik-Soon Khor, Kazuko Ueno, Yosuke Kawai, Masao Nagasaki, Eisei Noiri, Tomoko Horinouchi, Hiroshi Kaito, Riku Hamada, Takayuki Okamoto, Koichi Kamei, Yoshitsugu Kaku, Rika Fujimaru, Ryojiro Tanaka, Yuko Shima, Research Consortium on Genetics of Childhood Idiopathic Nephrotic Syndrome in Japan;Udagawa T et al , Jiwon Baek, Hee Gyung Kang, Il-Soo Ha, Kyoung Hee Han, Eun Mi Yang, , Asiri Abeyagunawardena, Brandon Lane, Megan Chryst-Stangl, Christopher Esezobor, Adaobi Solarin, , Claire Dossier, Georges Deschênes, , Marina Vivarelli, Hanna Debiec, Kenji Ishikura, Masafumi Matsuo, Kandai Nozu, Pierre Ronco, Hae Il Cheong, Matthew G Sampson, Katsushi Tokunaga, Kazumoto Iijima. Common risk variants in NPHS1 and TNFSF15 are associated with childhood steroid-sensitive nephrotic syndrome. Kidney Internatonal. 2020.11; 98 (5): 1308-1322. ( PubMed, DOI )

  5. Urae S, Harita Y, Udagawa T, Ode KL, Nagahama M, Kajiho Y, Kanda S, Saito A, Ueda HR, Nangaku M, Oka A. The cellular model of albumin endocytosis uncovers link between membrane and nuclear proteins. Journal of cell science. 2020.06; 133 (13): ( PubMed, DOI )

  6. Nozu Kandai, Nakanishi Koichi, Abe Yoshifusa, Udagawa Tomohiro, Okada Shinichi, Okamoto Takayuki, Kaito Hiroshi, Kanemoto Katsuyoshi, Kobayashi Anna, Tanaka Eriko, Tanaka Kazuki, Hama Taketsugu, Fujimaru Rika, Miwa Saori, Yamamura Tomohiko, Yamamura Natsusmi, Horinouchi Tomoko, Minamikawa Shogo, Nagata Michio, Iijima Kazumoto. A review of clinical characteristics and genetic backgrounds in Alport syndrome CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY. 2019.02; 23 (2): 158-168. ( PubMed, DOI )

  7. Udagawa Tomohiro, Harita Yutaka, Miura Kenichiro, Mitsui Jun, Ode Koji L., Morishita Shinichi, Urae Seiya, Kanda Shoichiro, Kajiho Yuko, Tsurumi Haruko, Ueda Hiroki R., Tsuji Shoji, Saito Akihiko, Oka Akira. Amnionless-mediated glycosylation is crucial for cell surface targeting of cubilin in renal and intestinal cells SCIENTIFIC REPORTS. 2018.02; 8 (1): 2351. ( PubMed, DOI )

  8. Udagawa T, Jo T, Yanagihara T, Shimizu A, Mitsui J, Tsuji S, Morishita S, Onai R, Miura K, Kanda S, Kajiho Y, Tsurumi H, Oka A, Hattori M, Harita Y. Altered expression of Crb2 in podocytes expands a variation of CRB2 mutations in steroid-resistant nephrotic syndrome. Pediatric nephrology (Berlin, Germany). 2017.05; 32 (5): 801-809. ( PubMed, DOI )

  9. Udagawa T, Motoyoshi Y, Matsumura Y, Takei A, Ariji S, Ito E, Chiga M, Nagasawa M, Morio T, Mizutani S. Effect of eculizumab and recombinant human soluble thrombomodulin combination therapy in a 7-year-old girl with atypical hemolytic uremic syndrome due to anti-factor H autoantibodies. CEN case reports. 2014.05; 3 (1): 110-117. ( PubMed, DOI )

  10. Ito S, Kamei K, Ogura M, Udagawa T, Fujinaga S, Saito M, Sako M, Iijima K. Survey of rituximab treatment for childhood-onset refractory nephrotic syndrome. Pediatric nephrology (Berlin, Germany). 2013.02; 28 (2): 257-64. ( PubMed, DOI )

  11. Udagawa T, Kamei K, Ogura M, Tsutsumi A, Noda S, Kasahara M, Fukuda A, Sakamoto S, Shigeta S, Tanaka H, Kuroda T, Matsuoka K, Nakazawa A, Nagai T, Uemura O, Ito S. Sequential liver-kidney transplantation in a boy with congenital hepatic fibrosis and nephronophthisis from a living donor. Pediatric transplantation. 2012.11; 16 (7): E275-80. ( PubMed, DOI )

  12. Noda S, Ogura M, Tsutsumi A, Udagawa T, Kamei K, Matsuoka K, Kitamura H, Atsumi T, Ito S. Thrombotic microangiopathy due to multiple autoantibodies related to antiphospholipid syndrome. Pediatric nephrology (Berlin, Germany). 2012.04; 27 (4): 681-5. ( PubMed, DOI )

  13. Ito S, Kamei K, Ogura M, Sato M, Fujimaru T, Ishikawa T, Udagawa T, Iijima K. Maintenance therapy with mycophenolate mofetil after rituximab in pediatric patients with steroid-dependent nephrotic syndrome. Pediatric nephrology (Berlin, Germany). 2011.10; 26 (10): 1823-8. ( PubMed, DOI )

  14. Udagawa T, Kamei K, Ogura M, Tsutsumi A, Noda S, Kasahara M, Fukuda A, Sakamoto S, Shigeta S, Tanaka H, Kuroda T, Matsuoka K, Nakazawa A, Nagai T, Uemura O, Ito S.. Sequential liver-kidney transplantation in a boy with congenital hepatic fibrosis and nephronophthisis from a living donor. pediatric transplantation. 2011; Nov 30. ([Epub ahead of print]): ( DOI )

  15. 宇田川智宏 小椋雅夫 亀井宏一 尾田高志 伊藤秀一. Posterior reveersible encephalopathy syndromeで発症した溶連菌感染後急性糸球体腎炎の一男児例. 小児高血圧研究会誌. 2011; 8巻 (1号): 37-43.

  16. 宇田川智宏 伊藤秀一. なぜ輸液製剤のK濃度は40mEq/L か?. 小児内科. 2011; 43巻 (4号): 737-739.

  17. 宇田川智宏. 高血圧で発症した高安動脈炎の三小児例. 小児高血圧研究会雑誌. 2010; 7巻 (1号): 49-55.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 伊藤秀一:編集、著者:亀井宏一、小椋雅夫、宇田川智宏、佐藤舞、藤丸拓也、. 新 子どもの腎炎・ネフローゼ. 東京医学社, 2018.11 小児の医療費助成制度・福祉制度 (ISBN : 978-4-88563-702-5)

  2. 分担執筆 小児科臨床ピクシス 小児のネフローゼと腎炎.伊藤秀一専門編集 五十嵐隆総編集, 「ネフローゼ症候群の輸液・アルブミン療法」. p74-75. 中山書店, 2010

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Matsusaka Taiji, Udagawa Tomohiro, Osafune Kenji, Araoka Toshikazu. Podocyte Damage in Chimeric Kidney Organoids. American Society of Nephrology kidney week 2021 2021.11.02 San Diego, USA

  2. Tomohiro Udagawa, Keiko Tanaka, Toshikazu Araoka, Kenji Osafune, Taiji Matsusaka. Selective podocyte injury model in kidney organoid. American Society of Nephrology Kidney Week 2019.11.07 Washinton DC. USA

  3. Udagawa Tomohiro, Miura Kenichiro, Kanda Shoichiro, Saito Akihiko, Harita Yutaka. Amnionless遺伝子変異はcubilin-amnionless複合体形成障害を介して尿細管性タンパク尿を引き起こす(Mutations of Amnionless gene cause tubular proteinuria through defect in formation of cubilin-amnionless complex). 日本小児腎臓病学会雑誌 2017.05.01

  4. renal lesions of japanese tuberous sclerosis. asian congress of pediatric nephrology 2011

  5. long-term outcome of ideopathic steroid resistant nephrotic syndrome in children. congress of internationla pediatric nephrology association 2010

  6. 宇田川 智宏, 長船 健二, 荒岡 利和, 松阪 泰二. 腎オルガノイドにおける傷害ポドサイトの細胞間伝搬. 日本腎臓学会誌 2022.05.01

  7. 桐野 玄, 安達 恵利子, 我有 茉希, 中谷 久恵, 金森 透, 宇田川 智宏, 高澤 啓, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 鹿島田 健一, 森尾 友宏. WT1 Zinc Finger domain 4病的多型による46,XXDSD世界初の家系例. 日本内分泌学会雑誌 2022.04.01

  8. 田中 里奈, 金森 透, 宇田川 智宏, 鹿島田 健一, 高澤 啓, 安達 恵利子, 岸野 充浩, 長妻 美沙子, 田中 絵里子, 森尾 友宏. 線状脂腺母斑症候群を背景とした腎血管性高血圧症に対し経皮的腎動脈形成術を施行した1例. 日本小児科学会雑誌 2022.03.01

  9. 若月 良介, 真保 麻実, 安達 恵利子, 金森 透, 山崎 晋, 宇田川 智宏, 高澤 啓, 清水 正樹, 鹿島田 健一, 森 雅亮, 森尾 友宏. 萎縮性甲状腺炎を合併した全身性エリテマトーデスの1例. 日本小児科学会雑誌 2022.03.01

  10. 金子修也, 伊良部仁, 真保麻実, 山崎晋, 清水正樹, 金森透, 宇田川智宏, 森尾友宏, 森雅亮. めまい・難聴を初発症状とし多彩な臓器合併症を呈した全身性エリテマトーデスの一例. 第30回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2021.10.15 東京

  11. 金森透, 宇田川智宏, 清水正樹, 杉本圭相, 武口真広, 松倉裕喜, 吉野篤範, 金兼弘和, 森尾友宏. 腎炎を合併したX連鎖無ガンマグロブリン血症の8例. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.16 Web開催/ 兵庫県

  12. 鈴木智典, 田村友美恵, 真保麻実, 阿久津裕子, 宇田川智宏, 細川奨, 森雅亮, 水野朋子. 可逆性脳血管攣 縮症候群の発症を契機に高安動脈炎の診断に至った 1 例. 第74回日本小児神経学会関東地方会 2021.03.20 Web

  13. 宇田川智宏, 奥津美夏, 金森透, 小西愛美, 渡邉浩太郎, 真保麻実, 山崎晋, 清水正樹, 高瀬博, 冨井翔平, 瀧本浩幸, 森雅亮, 森尾友宏. 再燃時に肘関節痛症状を呈したがMMFが奏功した難治性TINU症候群の1女児例. 第55回日本小児腎臓病学会・学術集会 2021.01.09

  14. 宇田川智宏, 奥津美夏, 岡田麻理, 多田憲正, 田中絵里子, 元吉八重子, 遠藤明史, 森尾友宏. 初期治療中に一過性寛解した10例のステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の検討. 第55回日本小児腎臓病学会・学術総会 2021.01.09 石川

  15. 中溝智也, 多田憲正, 宇田川智宏, 森崇寧, 蘇原映誠, 内田信一, 渡辺章充. CsA投与により長期寛解を維持しているGalloway-Mowat症候群の1例. 第55回日本小児腎臓病学会・学術集会 2021.01.09 石川

  16. 小西愛美, 奥津美夏, 宇田川智宏, 冨井翔平, 高瀬博, 森尾友宏. TINU症候群5例の臨床像と腎病理学的浸潤細胞の検討. 第55回日本小児腎臓病学会・学術総会 2021.01.09 石川

  17. 清水正樹, 真保麻実, 山崎晋, 金森透, 宇田川智宏, 森雅亮. ループス腸炎を主症状とし、無症候性膀胱炎、サイレントループス腎炎を呈した全身性エリテマトーデスの一例. 第55回日本小児腎臓病学会・学術集会 2021.01.09 石川

  18. 金森透, 宇田川智宏, 奥津美夏, 多田憲正, 元吉八重子, 冨井翔平, 大橋健一, 森尾友宏. 低補体血症の有無によるMPGN様腎炎の比較検討. 第55回日本小児腎臓病学会・学術総会 2021.01.09 石川

  19. 渡邉 浩太郎, 宇田川 智宏, 奥津 美夏, 森 雅亮, 山崎 晋, 阿久津 裕子, 真保 麻実, 高瀬 千尋, 田中 絵里子, 三浦 健一郎, 服部 元史, 森尾 友宏. 学校検尿を契機に見つかったループス腎炎で混合性結合組織病の合併が考えられた1例. 日本小児科学会雑誌 2020.09.01

  20. 宇田川智宏, 田中景子, 荒岡利和, 長船健二, 松阪泰二. マウス腎オルガノイドを用いた選択的ポドサイト障害モデル. 第63回 日本腎臓学会学術総会 2020.08.19 神奈川

  21. 宇田川智宏, 奥津美夏, 岡田麻理, 多田憲正, 田中絵里子, 元吉八重子. 森尾友宏. 初期治療中に一過性寛解を経たステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の10例. 第63回 日本腎臓学会学術総会 2020.08.19 神奈川

  22. 宇田川 智宏, 奥津 美夏, 森尾 友宏, 田中 絵里子, 元吉 八重子. 初発治療中に寛解後再発したステロイド抵抗性ネフローゼ症候群6例の解析. 日本小児科学会雑誌 2020.02.01

  23. 渡邉浩太郎,宇田川智宏. 学校検尿を契機に見つかったループス腎炎で混合性結合組織病の合併が考えられた一例. 日本小児科学会東京地方会講和会 2019.12.14 東京

  24. 宇田川 智宏, 多田 憲正, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 榎本 啓典, 黒澤 健司, 黒澤 信行, 元吉 八重子, 渡部 誠一, 森尾 友宏. array CGH法と腎疾患網羅的遺伝子検査により診断しえた裂手裂足症候群とX連鎖性Alport症候群を合併した男児例. 日本小児腎臓病学会雑誌 2019.05.01

  25. 浦江 聖也, 張田 豊, 宇田川 智宏, 大出 晃士, 長浜 正巳, 上田 泰己, 南学 正臣, 岡 明. 核小体蛋白によるアルブミンエンドサイトーシス制御機構. 日本腎臓学会誌 2019.05.01

  26. 宇田川智宏, 多田憲正, 高田数馬, 今村公俊, 渡部誠一. 新生児仮死による急性腎障害はどこまで回復するのか. 第122回日本小児科学会学術集会 2019.04.19 石川

  27. 宇田川 智宏. Crb2発現異常が示すステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の原因としてのCRB2変異の多様性. 日本小児腎臓病学会雑誌 2017.05.01

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • ISN Travel gtrant,2018年02月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 小児腎 消化器疾患(歯学部、医学部看護),2019年 - 現在

  • 小児腎臓病学 医学部,2019年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 小児腎・消化器疾患,文京学院大学看護科

  • 小児腎・消化器疾患,湘南医療大学