基本情報

写真a

柳下 和慶(ヤギシタ カズヨシ)

YAGISHITA Kazuyoshi


職名

教授

生年

1966年

研究室住所

〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5341

研究室FAX番号

03-5803-5341

メールアドレス

yagishita.orth@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/hbo7/

研究分野・キーワード

高気圧酸素

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1991年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 高気圧治療部 准教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター センター長
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 スポーツサイエンス機構 スポーツ医歯学診療センター センター長
  • 2008年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 高気圧治療部 部長
  • 1991年06月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 Department of Orthpaedic Surgery, Tokyo Medical and Dental University 研修医
  • 1991年07月
    -
    1991年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 麻酔・蘇生・ペインクリニック科 研修医
  • 1992年07月
    -
    1992年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 研修医
  • 1996年01月
    -
    1999年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 医員(医病)
  • 2000年07月
    -
    2002年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 医員(医病)
  • 2002年04月
    -
    2005年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2005年04月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 高気圧治療部 助教
  • 2005年05月
    -
    2013年07月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 高気圧治療部 講師
  • 2012年04月
    -
    2014年09月
    東京医科歯科大学 スポーツ医歯学センター センター長
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 高気圧治療部 准教授
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 高気圧治療部 准教授
  • 2019年05月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 高気圧治療部 准教授
  • 2021年10月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 特殊診療領域 高気圧治療部 准教授
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合教育機構 教養教育部門 教授
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合教育機構 教養教育部門 教授
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合教育機構 教養教育部門 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1992年01月
    -
    1992年03月
    大宮赤十字病院 整形外科 医員
  • 1992年04月
    -
    1992年06月
    癌研究会附属病院 整形外科 医員
  • 1993年01月
    -
    1993年12月
    湘南鎌倉(現総合)病院 整形外科 医員
  • 1994年01月
    -
    1994年12月
    国立横須賀病院(現横須賀うわまち病院) 整形外科 医員
  • 1995年01月
    -
    1995年12月
    緑成会病院 整形外科 医員
  • 1999年07月
    -
    2000年03月
    University of California, Los Angels (UCLA),Department of Orthopaedic Surgery visiting fellow
  • 2000年04月
    -
    2000年06月
    Florida Orthopaedic Institute, Tampa General Hospital visiting fellow

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本高気圧環境・潜水医学会

  • 日本整形外科スポーツ医学会

  • 日本臨床スポーツ医学会

  • 日本整形外科学会

  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

  • 国際高気圧酸素潜水医学会(Undersea & Hyperbaric Medical Society)

  • ヨーロッパ高気圧酸素潜水医学会(European Underwater and Baromedical Society)

  • 日本臨床バイオメカニクス学会

  • 国際関節鏡・膝・整形スポーツ医学会(International society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine)

  • 日本体力医学会

  • 日本リハビリテーション医学会

  • 日本人工関節学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年11月
    -
    現在
    日本高気圧環境・潜水医学会 代表理事
  • 2009年11月
    -
    現在
    日本臨床スポーツ医学会 評議員
  • 2009年05月
    -
    現在
    日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS) 評議員
  • 2013年09月
    -
    現在
    日本整形外科スポーツ医学会 代議員
  • 2009年04月
    -
    現在
    日本高気圧環境・潜水医学会 評議員
  • 2009年04月
    -
    現在
    日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会  理事
  • 2011年08月
    -
    現在
    日本オリンピック委員会(JOC)情報・医・科学専門部会 部会委員
  • 2014年
    -
    現在
    臨床工学技士国家試験委員会 委員
  • 2013年10月
    -
    2017年11月
    日本高気圧環境・潜水医学会  副代表理事
  • 2010年03月
    -
    2012年03月
    臨床工学合同委員会  委員
  • 2011年10月
     
     
    日本高気圧環境・潜水医学会 第46回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会会長

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

  • 広領域

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高気圧酸素治療のスポーツ軟部外傷への適応,2005年 - 現在

  • 基盤研究(C) 外傷急性期におけるアイシングの影響と、高圧・高酸素併用による組織修復促進の検討,2020年04月 - 2023年03月

  • 潜水業務における現場で出来る応急対応に関する研究 ,2020年04月 - 2022年03月

  • 組織酸素分圧の観点から評価するアイシング治療と、酸素吸入および高い分圧酸素救急併用治療の有用性の検討,2018年10月 - 2021年09月

  • 健常および膝靱帯再建術後のアスリートにおける片脚ドロップ着地能力の特徴 -大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学の独自開発システムによる分析-,2016年04月 - 2021年03月

  • 女性アスリートにおける脛骨疲労骨折のリスクファクター・バイオメカニクス因子の探索と、疲労骨折予防のための介入研究,2016年04月 - 2019年03月

  • 高気圧作業に伴う船上(水上)減圧における減圧症発症状況等人体影響に係る調査研究,2016年04月 - 2018年03月

  • 若年女性のスポーツ障害の解析とその予防と治療.女性選手における疲労骨折のリスクファクター・バイオメカニクス因子の探策 ,2015年11月 - 2016年03月

  • 基盤研究(C) 高圧・高酸素による軟部組織外傷の治癒促進と作用機序の解明,2015年04月 - 2018年03月

  • 基盤研究(C) 骨格筋損傷に対する高気圧酸素治療の作用機序の解明,2012年04月 - 2015年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 潜水業務における現場で出来る応急対応に関する研究

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2022年03月

  • 片脚ジャンプ着地中の運動力学的変数の非対称性に着目した膝損傷予防動作指導の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 高気圧作業に伴う船上(水上)減圧における減圧症発症状況等人体影響に係る調査研究

    厚生労働省 : 2016年05月 - 2018年03月

  • 高圧・高酸素による軟部組織外傷の治癒促進と作用機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • ジャンプ後の空中姿勢・筋活動が片足着地時の膝靱帯損傷リスクやバランスに及ぼす影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 骨格筋損傷に対する高気圧酸素治療の作用機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 外傷急性期におけるアイシングの影響と、高圧・高酸素併用による組織修復促進の検討

    文部科学省/日本学術振興会

  • 前十字靱帯損傷・再建術後患者におけるスポーツ復帰に向けた心理的準備の因子解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 高位脛骨骨切り術前後の患者のランニング中の膝内反モーメントを抑える運動療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Naoki Yamamoto, Ryohei Takada, Takuma Maeda, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Kazuyoshi Yagishita. Microcirculation and tissue oxygenation in the head and limbs during hyperbaric oxygen treatment. Diving Hyperb Med. 2021.12; 51 (4): 338-344. ( PubMed, DOI )

  2. Hirohata K, Aizawa J, Ohmi T, Ohji S, Yagishita K. Characteristics of ground reaction force and frontal body movement during failed trials of single-leg lateral drop jump-landing task. Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology. 2021.10; 26 8-14. ( PubMed, DOI )

  3. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Ohmi T, Mitomo S, Koga H, Yagishita K. Injury-related fear in athletes returning to sports after anterior cruciate ligament reconstruction - A quantitative content analysis of an open-ended questionnaire. Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology. 2021.07; 25 1-7. ( PubMed, DOI )

  4. Ohji Shunsuke, Aizawa Junya, Hirohata Kenji, Ohmi Takehiro, Mitomo Sho, Koga Hideyuki, Yagishita Kazuyoshi. The psychological readiness to return to sports of patients with anterior cruciate ligament reconstruction preoperatively and 6 months postoperatively PHYSICAL THERAPY IN SPORT. 2021.07; 50 114-120. ( PubMed, DOI )

  5. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Ohmi T, Mitomo S, Jinno T, Koga H, Yagishita K. Characteristics of landing impact in athletes who have not returned to sports at the pre-injury competition level after anterior cruciate ligament reconstruction. Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology. 2021.07; 25 47-52. ( PubMed, DOI )

  6. Naoki Yamamoto, Takuya Oyaizu, Kazuyoshi Yagishita, Mitsuhiro Enomoto, Masaki Horie, Atsushi Okawa. Multiple and early hyperbaric oxygen treatments enhance muscle healing after muscle contusion injury: a pilot study. Undersea Hyperb Med. 2021.04; 48 (3): 227-238. ( PubMed )

  7. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Mitomo S, Ohmi T, Jinno T, Koga H, Yagishita K. Athletic identity and sport commitment in athletes after anterior cruciate ligament reconstruction who have returned to sports at their pre-injury level of competition. BMC sports science, medicine & rehabilitation. 2021.04; 13 (1): 37. ( PubMed, DOI )

  8. Aizawa Junya, Hirohata Kenji, Ohji Shunsuke, Ohmi Takehiro, Mitomo Sho, Koga Hideyuki, Yagishita Kazuyoshi. Correlations between isokinetic knee torques and single-leg hop distances in three directions in patients after ACL reconstruction BMC SPORTS SCIENCE MEDICINE AND REHABILITATION. 2021.04; 13 (1): 38. ( PubMed, DOI )

  9. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Ohmi T, Mitomo S, Jinno T, Koga H, Yagishita K. Single-leg hop distance normalized to body height is associated with the return to sports after anterior cruciate ligament reconstruction. Journal of experimental orthopaedics. 2021.04; 8 (1): 26. ( PubMed, DOI )

  10. Ohji S, Aizawa J, Hirohata K, Ohmi T, Mitomo S, Koga H, Yagishita K. Single-leg hop can result in higher limb symmetry index than isokinetic strength and single-leg vertical jump following anterior cruciate ligament reconstruction. The Knee. 2021.02; 29 160-166. ( PubMed, DOI )

  11. Kenji Hirohata, Junya Aizawa, Hidetaka Furuya, Sho Mitomo, Takehiro Ohmi, Shunsuke Ohji, Toshiyuki Ohara, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita, Kate E Webster. The Japanese version of the anterior cruciate ligament-return to sport after injury (ACL-RSI) scale has acceptable validity and reliability. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2020.08; 28 (8): 2519-2525. ( PubMed, DOI )

  12. Kojima Y, Kojima A, Niizeki Y, Yagishita K. Recreational diving-related injury insurance claims among Divers Alert Network Japan members: Retrospective analysis of 321 cases from 2010 to 2014. Diving and hyperbaric medicine. 2020.06; 50 (2): 92-97. ( PubMed, DOI )

  13. The gap between dichotomous responses regarding return to sports and subjective athletic performance intensity after anterior cruciate ligament reconstruction 2020.04;

  14. Watanabe D, Hatakeyama K, Ikegami R, Eshima H, Yagishita K, Poole DC, Kano Y. Sex differences in mitochondrial Ca<sup>2+</sup> handling in mouse fast-twitch skeletal muscle in vivo. Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985). 2020.02; 128 (2): 241-251. ( PubMed, DOI )

  15. Yamamoto N, Oyaizu T, Enomoto M, Horie M, Yuasa M, Okawa A, Yagishita K. VEGF and bFGF induction by nitric oxide is associated with hyperbaric oxygen-induced angiogenesis and muscle regeneration. Scientific reports. 2020.02; 10 (1): 2744. ( PubMed, DOI )

  16. Asamura Tomoyo, Shimotsu Rie, Hotta Kazuki, Yagishita Kazuyoshi, Kano Yutaka. 高気圧酸素療法後の骨格筋の微小血管透過性 2光子レーザー走査顕微鏡を用いたin vivoイメージング研究(Microvascular permeability of skeletal muscle after hyperbaric oxygen: in vivo imaging study using two-photon laser scanning microscope) The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2019.11; 8 (6): 340. ( 医中誌 )

  17. Kitaoka Y, Watanabe D, Nonaka Y, Yagishita K, Kano Y, Hoshino D. Effects of clenbuterol administration on mitochondrial morphology and its regulatory proteins in rat skeletal muscle. Physiological reports. 2019.10; 7 (19): e14266. ( PubMed, DOI )

  18. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Kazuyoshi Yagishita, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Supine versus lateral position for accurate positioning of acetabular cup in total hip arthroplasty using the modified Watson-Jones approach: A randomized single-blind controlled trial. Orthop Traumatol Surg Res. 2019.09; 105 (5): 915-922. ( PubMed, DOI )

  19. Kazuyoshi Yagishita, Mitsuhiro Enomoto, Yuji Takazawa, Jun Fukuda, Hideyuki Koga. Effects of hyperbaric oxygen therapy on recovery acceleration in Japanese professional or semi-professional rugby players with grade 2 medial collateral ligament injury of the knee: A comparative non-randomized study. Undersea Hyperb Med. 2019.09; 46 (5): 647-654. ( PubMed )

  20. Shunsuke Ohji, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Kazuyoshi Yagishita. Correlations between vertical ground reaction force, sagittal joint angles, and the muscle co-contraction index during single-leg jump-landing Asian journal of sports medicine. 2019.07; 10 (3): ( DOI )

  21. Junya Aizawa, Shunsuke Ohji, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita. Relationship between asymmetrical jump-landing impact and quadriceps strength after unilateral anterior cruciate ligament reconstruction Physical Medicine and Rehabilitation Research. 2019.07; 4 1-6.

  22. Nakamura Tomomasa, Koga Hideyuki, Otabe Koji, Horie Masafumi, Watanabe Toshifumi, Yagishita Kazuyoshi, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi. 二重束前十字靱帯再建中の大腿骨孔作成に用いられる3種類のアプローチの比較 症例対照研究(Comparison of three approaches for femoral tunnel during double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction: A case controlled study) Journal of Orthopaedic Science. 2019.01; 24 (1): 147-152. ( 医中誌 )

  23. Yagishita Kazuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Takazawa Yuji, Fukuda Jun, Koga Hideyuki. Effects of hyperbaric oxygen therapy on recovery acceleration in Japanese professional or semi-professional rugby players with grade 2 medial collateral ligament injury of the knee: A comparative non-randomized study UNDERSEA AND HYPERBARIC MEDICINE. 2019; 46 (5): 647-654.

  24. Shimotsu Rie, Hotta Kazuki, Masamoto Kazuto, Yagishita Kazuyoshi, Kano Yutaka. ラット動脈結紮モデルにおける骨格筋微小血管の超微細構造および機能の特徴 二光子レーザー走査顕微鏡によるin vivoイメージング(Ultrastructual and functional characteristics of skeletal muscle microvessels in rat arterial ligation model: in vivo imaging using two-photon laser scanning microscopy) The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2018.11; 7 (6): 366. ( 医中誌 )

  25. Tanabe-Ikegawa Mai, Takahashi Toshiyuki, Hayashi Kairi, Shimoyama Kazuhiro, Yagishita Kazuyoshi, Ueno Toshiaki. 歯ブラシ擦過とスポーツドリンクに起因したエナメル質の表面脱灰との複合的影響 in vitro解析(Interactive Effects of Toothbrush Abrasion and Enamel Erosion Caused by a Sports Drink: An in Vitro Analysis) International Journal of Sports Dentistry. 2018.11; 11 (1): 016-024. ( 医中誌 )

  26. Hotta Kazuki, Masamoto Kazuto, Yagishita Kazuyoshi, Kano Yutaka. 糖尿病ラットの損傷骨格筋における微小血管透過性 二光子レーザー走査顕微鏡によるin vivoイメージング(Microvascular permeability in damaged skeletal muscle of diabetic rats: in vivo imaging using two-photon laser scanning microscopy) The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2018.11; 7 (6): 366. ( 医中誌 )

  27. Nakamura T, Koga H, Otabe K, Horie M, Watanabe T, Yagishita K, Sekiya I, Muneta T. Comparison of three approaches for femoral tunnel during double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction: A case controlled study. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  28. Takada Ryohei, Jinno Tetsuya, Miyatake Kazumasa, Hirao Masanobu, Kimura Akimasa, Koga Daisuke, Yagishita Kazuyoshi, Okawa Atsushi. 一期的な仰臥位での人工股関節置換術の直接前方アプローチと前側方アプローチの比較 神経損傷に焦点をあてた前向き無作為化比較対照試験(Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty: Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial) Journal of Orthopaedic Science. 2018.09; 23 (5): 783-787. ( 医中誌 )

  29. Oyaizu Takuya, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 山本 尚輝, 柳下 和慶. Hyperbaric oxygen treatment accelerates skeletal muscle regeneration via activation of the IL-6/STAT3 pathway and suppression of NFκB in rat contused muscle(和訳中) 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2018.08; 38 (4): 562. ( 医中誌 )

  30. Takada R, Jinno T, Miyatake K, Hirao M, Kimura A, Koga D, Yagishita K, Okawa A. Direct anterior versus anterolateral approach in one-stage supine total hip arthroplasty. Focused on nerve injury: A prospective, randomized, controlled trial. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2018.06; 23 (5): 783-787. ( PubMed, DOI )

  31. Takada R, Jinno T, Miyatake K, Yamauchi Y, Koga D, Yagishita K, Okawa A. Longitudinal morphological change of acetabular subchondral bone cyst after total hip arthroplasty in developmental dysplasia of the hip. European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie. 2018.05; 28 (4): 621-625. ( PubMed, DOI )

  32. Oyaizu Takuya, Yamamoto Naoki, Yagishita Kazuyoshi. ラット下腿筋圧挫損傷において高気圧酸素治療は炎症を抑制し、マクロファージを介して筋衛星細胞を活性化し骨格筋再生を促進する(Hyperbaric-oxygen reduces inflammation and regenerates skeletal muscle via macrophage and satellite cell activation in rats) JOSKAS. 2018.05; 43 (4): 447. ( 医中誌 )

  33. Aizawa Junya, Hirohata Kenji, Ohji Shunsuke, Ohmi Takehiro, Yagishita Kazuyoshi. Asymmetry Of Knee Extension Strength And Single-leg Landing Impact In ACL reconstructed Athletes MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE. 2018.05; 50 (5): 607.

  34. Oyaizu Takuya, Enomoto Mitsuhiro, Yamamoto Naoki, Horie Masaki, Okawa Atsushi, Yagishita Kazuyoshi. Hyperbaric-oxygen Reduces Inflammation And Regenerates Rats Skeletal Muscle Via Macrophage And Satellite Cell Activation. MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE. 2018.05; 50 (5): 113.

  35. Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Shunsuke Ohji, Takehiro Ohmi, Kazuyoshi Yagishita. Limb-dominance and gender differences in the ground reaction force during single-leg lateral jump-landings. Journal of Physical Therapy Science. 2018.03; 30 (3): 387-392. ( PubMed, DOI )

  36. Oyaizu T, Enomoto M, Yamamoto N, Tsuji K, Horie M, Muneta T, Sekiya I, Okawa A, Yagishita K. Hyperbaric oxygen reduces inflammation, oxygenates injured muscle, and regenerates skeletal muscle via macrophage and satellite cell activation. Scientific reports. 2018.01; 8 (1): 1288. ( PubMed, DOI )

  37. Naoko Suzuki, Kazuyoshi Yagishita, Mitsuhiro Enomoto, Yasushi Kojima, Takuya Oyaizu, Masaharu Shibayama, Kazuo Yamamoto. A case-control questionnaire survey of decompression sickness risk in Okinawa divers. Undersea Hyperb Med. 2018.01; 45 (1): 41-48. ( PubMed )

  38. Tomomasa Nakamura, Yuriko Yoshida, Hiroshi Churei, Junya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Shunsuke Ohji, Toshiyuki Takahashi, Mitsuhiro Enomoto, Toshiaki Ueno, Kazuyoshi Yagishita. The Effect of Teeth Clenching on Dynamic Balance at Jump-Landing: A Pilot Study. J Appl Biomech. 2017.07; 33 (3): 211-215. ( PubMed, DOI )

  39. Yagishita K, Oyaizu T, Aizawa J, Enomoto M. The effects of hyperbaric oxygen therapy on reduction of edema and pain in athletes with ankle sprain in the acute phase: A pilot study Sport Exerc Med Open J. 2017.04; 3 (1): 11-16. ( DOI )

  40. Takuya Oyaizu, Mitsuhiro Enomoto, Toshihide Tsujimoto, Yasushi Kojima, Atsushi Okawa, Kazuyoshi Yagishita. Elimination of CT-detected gas bubbles derived from decompression illness with abdominal symptoms after a short hyperbaric oxygen treatment in a monoplace chamber: a case report. Undersea Hyperb Med. 2017.03; 44 (2): 167-171. ( PubMed )

  41. Akihito Uezato, Mitsuhiro Enomoto, Meiyo Tamaoka, Mizue Hobo, Shusuke Inukai, Masayuki Hideshima, Yasunari Miyazaki, Toru Nishikawa, Kazuyoshi Yagishita. Shorter sleep onset latency in patients undergoing hyperbaric oxygen treatment. Psychiatry Clin. Neurosci.. 2017.01; 71 (1): 73-74. ( PubMed, DOI )

  42. Mitsuhiro Enomoto, Kazuyoshi Yagishita, Kae Okuma, Takuya Oyaizu, Yasushi Kojima, Atsushi Okubo, Takuma Maeda, Satoko Miyamoto, Atsushi Okawa. Hyperbaric oxygen therapy for a refractory skin ulcer after radical mastectomy and radiation therapy: a case report. J Med Case Rep. 2017.01; 11 (1): 5. ( PubMed, DOI )

  43. Saya Watanabe, Junya Aizawa, Manabu Shimoda, Mitsuhiro Enomoto, Tomomasa Nakamura, Atushi Okawa, Kazuyoshi Yagishita. Effect of short-term fatigue, induced by high-intensity exercise, on the profile of the ground reaction force during single-leg anterior drop-jumps. J Phys Ther Sci. 2016.12; 28 (12): 3371-3375. ( PubMed, DOI )

  44. Kazuyoshi Yagishita, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Tsuyoshi Kato, Mitsuhiro Enomoto, Tsuyoshi Kato, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Transient osteoporosis of the hip treated with hyperbaric oxygen therapy: a case series. Undersea Hyperb Med. 2016.11; 43 (7): 847-854. ( PubMed )

  45. Yoko Yamamoto, Yoshihiro Noguchi, Mitsuhiro Enomoto, Kazuyoshi Yagishita, Ken Kitamura. Otological complications associated with hyperbaric oxygen therapy. Eur Arch Otorhinolaryngol. 2016.09; 273 (9): 2487-2493. ( PubMed, DOI )

  46. Junya Aizawa, Shunsuke Ohji, Hideyuki Koga, Tadashi Masuda, Kazuyoshi Yagishita. Correlations between sagittal plane kinematics and landing impact force during single-leg lateral jump-landings. J Phys Ther Sci. 2016.08; 28 (8): 2316-2321. ( PubMed, DOI )

  47. Hiroki Katagiri, Kaori Nakamura, Toshifumi Watanabe, Hideyuki Koga, Kazuyoshi Yagishita, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta. Increase of patellofemoral height has decreased maximum knee flexion after total knee arthroplasty of posterior cruciate-substituting prosthesis in a clinical series. J Orthop Sci. 2016.07; 21 (4): 458-462. ( PubMed, DOI )

  48. Hidetsugu Suzuki, Yoshiaki Ito, Masahiro Shinohara, Satoshi Yamashita, Shizuko Ichinose, Akio Kishida, Takuya Oyaizu, Tomohiro Kayama, Ryo Nakamichi, Naoki Koda, Kazuyoshi Yagishita, Martin K Lotz, Atsushi Okawa, Hiroshi Asahara. Gene targeting of the transcription factor Mohawk in rats causes heterotopic ossification of Achilles tendon via failed tenogenesis. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2016.07; 113 (28): 7840-7845. ( PubMed, DOI )

  49. Takuya Yoshiike, Masaki Nishida, Kazuyoshi Yagishita, Tadashi Nariai, Kenji Ishii, Toru Nishikawa. Altered Sleep Spindles in Delayed Encephalopathy after Acute Carbon Monoxide Poisoning. J Clin Sleep Med. 2016.06; 12 (6): 913-915. ( PubMed, DOI )

  50. Kairi Hayashi, Toshiyuki Takahashi, Mai Ikegawa, Masaki Horie, Takuya Oyaizu, Mitsuhiro Enomoto, Shunichi Shibata, Kazuyoshi Yagishita, Toshiaki Ueno. The facilitatory effects of hyperbaric oxygen treatment on membrane bone wound healing in a rat calvarial defect model. Undersea Hyperb Med. 2016.03; 43 (2): 135-142. ( PubMed )

  51. Toshifumi Watanabe, Takeshi Muneta, Kazuyoshi Yagishita, Kenji Hara, Hideyuki Koga, Ichiro Sekiya. Closed Suction Drainage Is Not Necessary for Total Knee Arthroplasty: A Prospective Study on Simultaneous Bilateral Surgeries of a Mean Follow-Up of 5.5 Years. J Arthroplasty. 2016.01; ( PubMed )

  52. Takeshi Muneta, Hideyuki Koga, Tomomasa Nakamura, Masafumi Horie, Toshifumi Watanabe, Kazuyoshi Yagishita, Ichiro Sekiya. A new behind-remnant approach for remnant-preserving double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction compared with a standard approach. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2015.12; 23 (12): 3743-3749. ( PubMed, DOI )

  53. Kohei Yamakoshi, Kazuyoshi Yagishita, Hirotsugu Tsuchimochi, Tadakatsu Inagaki, Mikiyasu Shirai, David C Poole, Yutaka Kano. Microvascular oxygen partial pressure during hyperbaric oxygen in diabetic rat skeletal muscle. Am. J. Physiol. Regul. Integr. Comp. Physiol.. 2015.12; 309 (12): R1512-R1520. ( PubMed, DOI )

  54. Koga H, Muneta T, Yagishita K, Watanabe T, Mochizuki T, Horie M, Nakamura T, Otabe K, Sekiya I.. Effect of posterolateral bundle graft fixation angles on clinical outcomes in double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction: a randomized controlled trial. Am J Sports Med. 2015.05; 43 (5): 1157-1164.

  55. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Kazuyoshi Yagishita, Toshifumi Watanabe, Tomoyuki Mochizuki, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Ichiro Sekiya. Effect of Initial Graft Tension on Knee Stability and Graft Tension Pattern in Double-Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. Arthroscopy. 2015.04; ( PubMed, DOI )

  56. Shimoda M, Enomoto M, Horie M, Miyakawa S, Yagishita K.. Effects of hyperbaric oxygen on muscle fatigue after maximal intermittent plantar flexion exercise J Strength Cond Res. 2015.03; 17

  57. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Kazuyoshi Yagishita, Toshifumi Watanabe, Tomoyuki Mochizuki, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Koji Otabe, Ichiro Sekiya. Evaluation of a behind-remnant approach for femoral tunnel creation in remnant-preserving double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction - Comparison with a standard approach. Knee. 2015.03; ( PubMed, DOI )

  58. Koga H, Muneta T, Yagishita K, Watanabe T, Mochizuki T, Horie M, Nakamura T, Otabe K, Sekiya I.. Mid- to long-term results of single-bundle versus double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction: randomized controlled trial. Arthroscopy. 2015.01; 31 (1): 69-76.

  59. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Kazuyoshi Yagishita, Toshifumi Watanabe, Tomoyuki Mochizuki, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Ichiro Sekiya. Effect of femoral tunnel position on graft tension curves and knee stability in anatomic double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.11; 22 (11): 2811-2820. ( PubMed, DOI )

  60. Suzuki N, Yagishita K, Togawa S, Okazaki F, Shibayama M, Yamamoto K, Mano Y.. A case-control study evaluating relative risk factors for decompression sickness: a research report Undersea Hyperb Med. 2014.11; 41 (6): 521-530. ( PubMed )

  61. Muneta T, Koga H, Nakamura T, Horie M, Watanabe T, Yagishita K, Sekiya I.. A new behind-remnant approach for remnant-preserving double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction compared with a standard approach. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.09; 11

  62. Koga H, Muneta T, Yagishita K, Watanabe T, Mochizuki T, Horie M, Nakamura T, Sekiya I.. Effect of Notchplasty in Anatomic Double-Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. Am J Sports Med. 2014.06; 42 (8): 1813-1821. ( PubMed )

  63. Masaki Horie, Mitsuhiro Enomoto, Manabu Shimoda, Atsushi Okawa, Shumpei Miyakawa, Kazuyoshi Yagishita. Enhancement of satellite cell differentiation and functional recovery in injured skeletal muscle by hyperbaric oxygen treatment. J. Appl. Physiol.. 2014.01; 116 (2): 149-155. ( PubMed, DOI )

  64. Junya Aizawa, Tadashi Masuda, Kashitaro Hyodo, Tetsuya Jinno, Kazuyoshi Yagishita, Koji Nakamaru, Takayuki Koyama, Sadao Morita. Ranges of active joint motion for the shoulder, elbow, and wrist in healthy adults. Disabil Rehabil. 2013.08; 35 (16): 1342-1349. ( PubMed, DOI )

  65. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Kazuyoshi Yagishita, Young-Jin Ju, Tomoyuki Mochizuki, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Atsushi Okawa, Ichiro Sekiya. Effect of posterolateral bundle graft fixation angles on graft tension curves and load sharing in double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction using a transtibial drilling technique. Arthroscopy. 2013.03; 29 (3): 529-538. ( PubMed, DOI )

  66. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Kazuyoshi Yagishita, Toshifumi Watanabe, Tomoyuki Mochizuki, Masafumi Horie, Tomomasa Nakamura, Atsushi Okawa, Ichiro Sekiya. Arthroscopic centralization of an extruded lateral meniscus. Arthrosc Tech. 2012.12; 1 (2): e209-e212. ( PubMed, DOI )

  67. Kazuyoshi Yagishita, Takeshi Muneta, Young-Jin Ju, Toshiyuki Morito, Junya Yamazaki, Ichiro Sekiya. High-flex posterior cruciate-retaining vs posterior cruciate-substituting designs in simultaneous bilateral total knee arthroplasty: a prospective, randomized study. J Arthroplasty. 2012.03; 27 (3): 368-374. ( PubMed, DOI )

  68. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Kazuyoshi Yagishita, Young-Jin Ju, Ichiro Sekiya. The effect of graft fixation angles on anteroposterior and rotational knee laxity in double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction: evaluation using computerized navigation. Am J Sports Med. 2012.03; 40 (3): 615-623. ( PubMed, DOI )

  69. Hideyuki Koga, Takeshi Muneta, Kazuyoshi Yagishita, Young-Jin Ju, Ichiro Sekiya. Surgical management of grade 3 medial knee injuries combined with cruciate ligament injuries. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2012.01; 20 (1): 88-94. ( PubMed, DOI )

  70. Koga H, Muneta T, Yagishita K, Ju YJ, Sekiya I. The Effect of Graft Fixation Angles on Anteroposterior and Rotational Knee Laxity in Double-Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: Evaluation Using Computerized Navigation Am J Sports Med. 2012;

  71. Yamazaki J, Muneta T, Koga H, Sekiya I, Ju YJ, Morito T, Yagishita K. Radiographic description of femoral tunnel placement expressed as intercondylar clock time in double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2011.03; 19 (3): 418-423. ( PubMed, DOI )

  72. Takeshi Muneta, Hideyuki Koga, Young-Jin Ju, Kazuyoshi Yagishita, Ichiro Sekiya. Effects of different initial bundle tensioning strategies on the outcome of double-bundle ACL reconstruction: a cohort study. Sports Med Arthrosc Rehabil Ther Technol. 2011; 3 15. ( PubMed, DOI )

  73. Muneta T, Hara K, Ju YJ, Mochizuki T, Morito T, Yagishita K, Sekiya I. Revision anterior cruciate ligament reconstruction by double-bundle technique using multi-strand semitendinosus tendon. Arthroscopy. 2010.06; 26 (6): 769-781. ( PubMed, DOI )

  74. Ohno K, Noguchi Y, Kawashima Y, Yagishita K, Kitamura K. Secondary hyperbaric oxygen therapy for idiopathic sudden sensorineural hearing loss in the subacute and chronic phases. J Med Dent Sci. 2010.06; 57 (2): 127-132. ( PubMed )

  75. Sekiya I, Morito T, Hara K, Yamazaki J, Ju YJ, Yagishita K, Mochizuki T, Tsuji K, Muneta T. Ketoprofen absorption by muscle and tendon after topical or oral administration in patients undergoing anterior cruciate ligament reconstruction. AAPS PharmSciTech. 2010.03; 11 (1): 154-158. ( PubMed, DOI )

  76. Tohyama H, Yasuda K, Minami A, Majima T, Iwasaki N, Muneta T, Sekiya I, Yagishita K, Takahashi S, Kurokouchi K, Uchio Y, Iwasa J, Deie M, Adachi N, Sugawara K, Ochi M. Atelocollagen-associated autologous chondrocyte implantation for the repair of chondral defects of the knee: a prospective multicenter clinical trial in Japan. J Orthop Sci. 2009.09; 14 (5): 579-588. ( PubMed, DOI )

  77. Muneta T, Koga H, Mochizuki T, Ju YJ, Hara K, Nimura A, Yagishita K, Sekiya I. A prospective randomized study of 4-strand semitendinosus tendon anterior cruciate ligament reconstruction comparing single-bundle and double-bundle techniques. Arthroscopy. 2007.06; 23 (6): 618-628. ( PubMed, DOI )

  78. Zhang B, Muneta T, Yagishita K, Sekiya I. Substance P immunoreactive fibers of synovial tissue in patients with anterior cruciate ligament injury. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2006.05; 14 (5): 404-410. ( PubMed, DOI )

  79. Muneta T, Koga H, Morito T, Yagishita K, Sekiya I. A retrospective study of the midterm outcome of two-bundle anterior cruciate ligament reconstruction using quadrupled semitendinosus tendon in comparison with one-bundle reconstruction. Arthroscopy. 2006.03; 22 (3): 252-258. ( PubMed, DOI )

  80. Shirasawa S, Sekiya I, Sakaguchi Y, Yagishita K, Ichinose S, Muneta T. In vitro chondrogenesis of human synovium-derived mesenchymal stem cells: optimal condition and comparison with bone marrow-derived cells. J Cell Biochem. 2006.01; 97 (1): 84-97. ( PubMed, DOI )

  81. Yagishita K, Sekiya I, Sakaguchi Y, Shinomiya K, Muneta T. The effect of hyaluronan on tendon healing in rabbits. Arthroscopy. 2005.11; 21 (11): 1330-1336. ( PubMed, DOI )

  82. Sakaguchi Y, Sekiya I, Yagishita K, Muneta T. Comparison of human stem cells derived from various mesenchymal tissues: superiority of synovium as a cell source. Arthritis Rheum. 2005.08; 52 (8): 2521-2529. ( PubMed, DOI )

  83. Yagishita K, Muneta T, Ogiuchi T, Sekiya I, Shinomiya K. Healing potential of meniscal tears without repair in knees with anterior cruciate ligament reconstruction. Am J Sports Med. 2004.12; 32 (8): 1953-1961. ( PubMed )

  84. Sakaguchi Y, Sekiya I, Yagishita K, Ichinose S, Shinomiya K, Muneta T. Suspended cells from trabecular bone by collagenase digestion become virtually identical to mesenchymal stem cells obtained from marrow aspirates. Blood. 2004.11; 104 (9): 2728-2735. ( PubMed, DOI )

  85. Asano H, Muneta T, Ikeda H, Yagishita K, Kurihara Y, Sekiya I. Arthroscopic evaluation of the articular cartilage after anterior cruciate ligament reconstruction: a short-term prospective study of 105 patients. Arthroscopy. 2004.05; 20 (5): 474-481. ( PubMed, DOI )

  86. Mochizuki T, Muneta T, Yagishita K, Shinomiya K, Sekiya I. Skin sensory change after arthroscopically-assisted anterior cruciate ligament reconstruction using medial hamstring tendons with a vertical incision. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2004.05; 12 (3): 198-202. ( PubMed, DOI )

  87. Cho S, Muneta T, Ito S, Yagishita K, Ichinose S. Electron microscopic evaluation of two-bundle anatomically reconstructed anterior cruciate ligament graft. J Orthop Sci. 2004; 9 (3): 296-301. ( PubMed, DOI )

  88. Yagishita K, Muneta T, Ikeda H. Step-by-step measurements of soft tissue balancing during total knee arthroplasty for patients with varus knees. J Arthroplasty. 2003.04; 18 (3): 313-320. ( PubMed, DOI )

  89. Yagishita K, Thomas BJ. Use of allograft for large Hill-Sachs lesion associated with anterior glenohumeral dislocation. A case report. Injury. 2002.11; 33 (9): 791-794. ( PubMed )

  90. Yagishita K, Muneta T, Yamamoto H, Shinomiya K. The relationship between postoperative ligament balance and preoperative varus deformity in total knee arthroplasty. Bull Hosp Jt Dis. 2001; 60 (1): 23-28. ( PubMed )

  91. Muneta T, Yagishita K, Kurihara Y, Sekiya I. Intra-articular detachment of the Endobutton more than 18 months after anterior cruciate ligament reconstruction. Arthroscopy. 1999.10; 15 (7): 775-778. ( PubMed )

  92. Muneta T, Sekiya I, Yagishita K, Ogiuchi T, Yamamoto H, Shinomiya K. Two-bundle reconstruction of the anterior cruciate ligament using semitendinosus tendon with endobuttons: operative technique and preliminary results. Arthroscopy. 1999.09; 15 (6): 618-624. ( PubMed, DOI )

  93. Muneta T, Sekiya I, Ogiuchi T, Yagishita K, Yamamoto H, Shinomiya K. Objective factors affecting overall subjective evaluation of recovery after anterior cruciate ligament reconstruction. Scand J Med Sci Sports. 1998.10; 8 (5 Pt 1): 283-289. ( PubMed )

  94. Sekiya I, Muneta T, Ogiuchi T, Yagishita K, Yamamoto H. Significance of the single-legged hop test to the anterior cruciate ligament-reconstructed knee in relation to muscle strength and anterior laxity. Am J Sports Med. 1998.05; 26 (3): 384-388. ( PubMed )

  95. Yamamoto H, Yagishita K, Ogiuchi T, Sakai H, Shinomiya K, Muneta T. Subtalar instability following lateral ligament injuries of the ankle. Injury. 1998.05; 29 (4): 265-268. ( PubMed )

  96. Muneta T, Sekiya I, Ogiuchi T, Yagishita K, Yamamoto H, Shinomiya K. Effects of aggressive early rehabilitation on the outcome of anterior cruciate ligament reconstruction with multi-strand semitendinosus tendon. Int Orthop. 1998; 22 (6): 352-356. ( PubMed )

  97. 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 山本 尚輝. 【アスリートを支える物理療法】高気圧酸素治療 高気圧酸素治療の理論と実際 骨格筋損傷に対する有効性 臨床スポーツ医学. 2021.06; 38 (6): 650-652. ( 医中誌 )

  98. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷後急性期において高気圧酸素治療によりもたらされる血管新生・筋再生促進メカニズム 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2021.04; 56 (1): 14-23. ( 医中誌 )

  99. 小島 泰史, 森松 嘉孝, 小島 朗子, 柳下 和慶. 二次元超音波機器を用いた潜水後心腔内および下大静脈内気泡検出度の相違 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2021.04; 56 (1): 1-7. ( 医中誌 )

  100. 柳下 和慶. 【スポーツ科学-2020オリンピック・パラリンピックによせて】スポーツ整形外科の最近の動向 生体の科学. 2020.06; 71 (3): 266-269. ( 医中誌 )

  101. 大見武弘, 相澤純也, 廣幡健二, 大路駿介, 柳下和慶. 内側脛骨過労性骨膜炎の既往がある大学男子長距離ランナーの前方ステップ動作中の床反力の特徴 日本臨床スポーツ医学会誌. 2020.04; 28 (2): 313-320.

  102. 廣幡 健二, 相澤 純也, 大見 武弘, 大路 駿介, 柳下 和慶. 片脚垂直連続ホッピングにおけるReactive strength index計測の再現性 日本臨床スポーツ医学会誌. 2020.04; 28 (2): 291-297. ( 医中誌 )

  103. 大見 武弘,相澤 純也,廣幡 健二,大路 駿介,柳下 和慶. 定量荷重アーチ計測法による足部内側縦アーチ計測の信頼性と妥当性 理学療法科学. 2020.04; 35 (2): 179-185. ( DOI )

  104. 大見 武弘, 相澤 純也, 廣幡 健二, 大路 駿介, 柳下 和慶. 内側脛骨過労性骨膜炎の既往の有無による大学男子長距離ランナーの前方ステップ動作中の床反力の違い 日本臨床スポーツ医学会誌. 2020.04; 28 (2): 313-320. ( 医中誌 )

  105. 柳下 和慶. 【オリンピックスポーツと運動器医療におけるレガシー】クリニカルクエスチョン スポーツ外傷における高気圧酸素治療の適応と効果 Loco Cure. 2020.02; 6 (1): 55-57. ( 医中誌 )

  106. 前田 卓馬, 宮本 聡子, 大久保 淳, 峯岸 香奈子, 山内 大輔, 桜沢 貴俊, 藤巻 愛子, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 柳下 和慶. 健常人における高気圧酸素治療時の血流測定と経皮酸素分圧測定 通常治療に用いるTreatment Tableを使用した経時的な計測 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.12; 54 (4): 270. ( 医中誌 )

  107. 芝山 正治, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 新関 祐美. 東京医科歯科大学で過去53年間にわたり取り扱った減圧障害受診者の職種別、年次別推移の検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.12; 54 (4): 262. ( 医中誌 )

  108. 峯岸 香奈子, 大久保 淳, 宮本 聡子, 前田 卓馬, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 柳下 和慶. 有事の際に対する手動入室マニュアルを作成して 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.12; 54 (4): 256. ( 医中誌 )

  109. 小島 泰史, 新関 祐美, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 山本 尚輝, 柳下 和慶. 減圧症症例登録に向けて SANDHOG criteriaを用いた減圧症の診断とその有用性、減圧症症例登録に期待するもの 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.12; 54 (4): 236. ( 医中誌 )

  110. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷モデルにおいてROS・RNSを介して筋内IL-6を増加させる 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.12; 54 (4): 268. ( 医中誌 )

  111. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 大川 淳, 柳下 和慶, 山田 実貴人. 骨格筋圧挫損傷急性期においてHBOは活性窒素種を介して筋内血管新生・筋再生を促進する 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.12; 54 (4): 267. ( 医中誌 )

  112. 柳下 和慶. ラグビーワールドカップから東京2020へ 東京2020大会における選手村診療体制の構築 日本臨床スポーツ医学会誌. 2019.11; 27 (4): S142. ( 医中誌 )

  113. 小島 泰史, 鈴木 信哉, 新関 祐美, 小島 朗子, 川口 宏好, 柳下 和慶. 病院到着前の減圧障害管理のためのInternational Divers Alert Network(IDAN)の試み 日本渡航医学会誌. 2019.10; 13 (1): 27-31. ( 医中誌 )

  114. 柳下 和慶, 山本 尚輝, 新関 祐美. 筋損傷急性期における高気圧酸素治療の有効性の検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019.10; 56 (秋季特別号): S334. ( 医中誌 )

  115. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 大川 淳, 柳下 和慶. 当院における放射線性出血性直腸炎・膀胱炎の合併症の検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.09; 54 (3): 137. ( 医中誌 )

  116. 鈴木 直子, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小島 泰史, 小柳津 卓哉, 芝山 正治, 柿沼 俊光, 山本 和雄. レジャーダイバーの減圧症発症誘因の検討 伊豆・沖縄調査 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.09; 54 (3): 129-130. ( 医中誌 )

  117. 柳下 和慶. オリンピック・パラリンピックと高気圧酸素治療 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.09; 54 (3): 150. ( 医中誌 )

  118. 芝山 正治, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 新関 祐美. 減圧症の予防から治療まで 東京医科歯科大学で過去44年間にわたりレジャーダイバーの減圧障害の傾向を検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.09; 54 (3): 147. ( 医中誌 )

  119. 大原 敏之, 塩田 幹夫, 山本 尚輝, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療臨床研究に向けたSham treatmentの検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.09; 54 (3): 133-134. ( 医中誌 )

  120. 柳下 和慶, 山口 信彦. 高気圧酸素治療安全セミナー 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.09; 54 (3): 167. ( 医中誌 )

  121. 柳下 和慶. 高気圧酸素治療 知っておきたい基礎知識 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.09; 54 (3): 132-133. ( 医中誌 )

  122. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧治療前における動画を用いた患者説明導入の試み 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.09; 54 (3): 135-136. ( 医中誌 )

  123. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷モデルにおいてROS・RNSを介して筋内IL-6を増加させる 日本整形外科学会雑誌. 2019.09; 93 (8): S1892. ( 医中誌 )

  124. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷急性期において高気圧高酸素環境は筋内血管新生を促進する 日本整形外科学会雑誌. 2019.09; 93 (8): S1893. ( 医中誌 )

  125. 大路 駿介, 相澤 純也, 廣幡 健二, 大見 武弘, 柳下 和慶. 前十字靱帯再建術後において自覚的競技パフォーマンスが低いアスリートの身体機能的および心理的特徴 理学療法学. 2019.08; 46 (Suppl.1): O6-5. ( 医中誌 )

  126. 柳下 和慶. 選手村総合診療所(ポリクリニック)でのメディカル対応 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2019.08; 39 (4): 380. ( 医中誌 )

  127. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 山本 尚輝, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷モデルにおいてROS・RNSを介して骨格筋内IL-6を増加させる 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2019.08; 39 (4): 661. ( 医中誌 )

  128. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷急性期において早期の高気圧高酸素治療は筋再生促進に有用である 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2019.08; 39 (4): 661. ( 医中誌 )

  129. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷後に高気圧酸素治療が筋力回復与える影響 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 31 (3): 441. ( 医中誌 )

  130. 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 大川 淳. トップアスリートに対する足の外科の治療戦略 足部、足関節外傷に対する高気圧酸素治療 日本足の外科学会雑誌. 2019.07; 40 (Suppl.): S173. ( 医中誌 )

  131. 大原 敏之, 山本 尚樹, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. スポーツ外傷に対するHBOエビデンスレポート 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.06; 54 (Suppl.): ER-3. ( 医中誌 )

  132. 芝山 正治, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 新関 祐美. 東京医科歯科大学で過去53年間にわたり取り扱った減圧障害受診者の職種別、年次別推移の検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.06; 54 (Suppl.): O3-3. ( 医中誌 )

  133. 峯岸 香奈子, 大久保 淳, 宮本 聡子, 前田 卓馬, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 柳下 和慶. 有事の際に対する手動入室マニュアルを作成して 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.06; 54 (Suppl.): O1-6. ( 医中誌 )

  134. 前田 卓馬, 大久保 淳, 宮本 聡子, 峯岸 香奈子, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶, 小柳津 卓哉. 健常人における高気圧酸素治療時の血流測定と経皮酸素分圧測定 通常治療に用いるTreatment Tableを使用した経時的な計測 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.06; 54 (Suppl.): O4-4. ( 医中誌 )

  135. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 峯岸 加奈子, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. マスクの変更に伴う放射線性膀胱炎の治療実績についての検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.06; 54 (Suppl.): O4-6. ( 医中誌 )

  136. 小島 泰史, 新関 祐美, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 山本 尚輝, 柳下 和慶. 減圧症症例登録に向けて SANDHOG criteriaを用いた減圧症の診断とその有用性、減圧症症例登録に期待するもの 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.06; 54 (Suppl.): S6-6. ( 医中誌 )

  137. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷モデルにおいてROS・RNSを介して筋内IL-6を増加させる 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.06; 54 (Suppl.): O4-2. ( 医中誌 )

  138. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷急性期においてHBOは活性窒素種を介して筋内血管新生・筋再生を促進する 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2019.06; 54 (Suppl.): O4-1. ( 医中誌 )

  139. 柳下 和慶, 小島 泰史, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 山本 尚輝. 潜水医学におけるトラベルクリニックの役割 減圧障害とは 日本渡航医学会誌. 2019.06; 13 (Suppl.): 57. ( 医中誌 )

  140. 小島 泰史, 鈴木 信哉, 新関 祐美, 小島 朗子, 川口 宏好, 柳下 和慶. Divers Alert Network Japan(DAN JAPAN)による医師ネットワーク Divers Doctor Network(DD NET)の現状と問題点、改善の取り組み 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌. 2019.05; 16 (1): 1-6. ( 医中誌 )

  141. 柳下 和慶. オリンピックと高気圧酸素治療 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌. 2019.05; 16 (1): 38-42. ( 医中誌 )

  142. 柳下 和慶. オリンピックと高気圧酸素治療 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌. 2019.05; 16 (1): 38-42. ( 医中誌 )

  143. 川崎 智子, 大路 駿介, 相澤 純也, 打越 健太, 廣幡 健二, 大見 武弘, 小笠原 一生, 柳下 和慶, 小関 博久, 中田 研. 大学女子バレーボール選手における片脚前方ドロップ着地中の垂直床反力の非対称性 ポジション別の比較 JOSKAS. 2019.05; 44 (4): 355. ( 医中誌 )

  144. 打越 健太, 大路 駿介, 相澤 純也, 川崎 智子, 廣幡 健二, 大見 武弘, 小笠原 一生, 柳下 和慶, 中田 研. 大学女子バレーボール選手における片脚側方ドロップ着地中の垂直床反力の非対称性 アタッカーと非アタッカーでの比較 JOSKAS. 2019.05; 44 (4): 355. ( 医中誌 )

  145. 大見 武弘, 相澤 純也, 山田 拓実, 大川 淳, 柳下 和慶. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 動的評価 三次元動作解析装置を用いたpoint cluster techniqueとその臨床応用 別冊整形外科. 2019.04; (75): 96-99. ( 医中誌 )

  146. 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 大川 淳. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の位置づけ 基礎と臨床 日本整形外科学会雑誌. 2019.03; 93 (2): S354. ( 医中誌 )

  147. 柳下 和慶. 【高気圧酸素治療の再確認と創意工夫】高気圧酸素治療の適応疾患はどうなるのか Clinical Engineering. 2019.01; 30 (2): 124-131. ( 医中誌 )

  148. 柳下 和慶. 【高気圧酸素治療の再確認と創意工夫】高気圧酸素治療の適応疾患はどうなるのか Clinical Engineering. 2019.01; 30 (2): 124-131. ( 医中誌 )

  149. 塩田 幹夫, 大原 敏之, 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 柳下 和慶. 1種装置での高気圧酸素治療で改善に乏しかった亜急性期脊髄型減圧症に対し2種装置による米海軍Treatment Table6が有用であった一例 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 237. ( 医中誌 )

  150. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 大川 淳, 柳下 和慶. 当院における放射線性出血性直腸炎・膀胱炎の治療成績 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 238. ( 医中誌 )

  151. 大原 敏之, 塩田 幹夫, 山本 尚輝, 柳下 和慶. ハムストリング肉離れに対する高気圧酸素治療介入による競技復帰日数の検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 282. ( 医中誌 )

  152. 柳下 和慶, 宮本 正章, 川嶌 眞人. 2018年診療報酬改定の経緯と改定後の問題点 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 261. ( 医中誌 )

  153. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 桜沢 貴俊, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. 気管切開患者における2種類のマスクを用いた際の経皮的酸素分圧の検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 256. ( 医中誌 )

  154. 大久保 淳, 峯岸 香奈子, 山内 大輔, 桜沢 貴俊, 前田 卓馬, 藤巻 愛子, 宮本 聡子, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療時の危機管理:現状の把握と今後について 高気圧酸素治療時の危機管理 第2種装置における現況と今後 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 215. ( 医中誌 )

  155. 前田 卓馬, 宮本 聡子, 桜沢 貴俊, 大久保 淳, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療下でのレーザドプラ血流計を用いた耳朶血流測定 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 258. ( 医中誌 )

  156. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療は圧挫損傷骨格筋内のNFκBを抑制し、IL-10の分泌を促進する 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 253. ( 医中誌 )

  157. 桜沢 貴俊, 宮本 聡子, 大久保 淳, 峯岸 香奈子, 山内 大輔, 前田 卓馬, 藤巻 愛子, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 柳下 和慶. 頸椎装具使用によるマスクフィッティングが経皮酸素分圧へ及ぼす影響 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 257. ( 医中誌 )

  158. 平井 誠, 加藤 晃典, 小川 駿, 遠藤 汐梨, 村田 純一, 齋藤 久壽, 柳下 和慶. 第1種装置は空気加圧が一般化となるか 酸素加圧から空気加圧への変更に対する高気圧酸素治療の検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.12; 53 (4): 222. ( 医中誌 )

  159. 柳下 和慶, 川嶌 眞人, 宮本 正章. 2018年診療報酬改定の経緯と改定後の問題点 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 63. ( 医中誌 )

  160. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 当院における放射線性出血性直腸炎・膀胱炎の治療成績 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 52. ( 医中誌 )

  161. 大原 敏之, 塩田 幹夫, 山本 尚輝, 柳下 和慶. ハムストリング肉離れによる高気圧酸素治療介入による競技復帰日数の検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 74. ( 医中誌 )

  162. 大原 敏之, 柳下 和慶. アスリートのハムストリング肉離れにおける高気圧酸素治療介入による競技復帰時期の検討 日本臨床スポーツ医学会誌. 2018.11; 26 (4): S203. ( 医中誌 )

  163. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 桜沢 貴俊, 倉島 直樹, 山本 尚樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. 気管切開患者における2種類のマスクを用いた際の経皮的酸素分圧の検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 61. ( 医中誌 )

  164. 大久保 淳, 峰岸 香奈子, 桜沢 貴俊, 前田 卓馬, 藤巻 愛子, 宮本 聡子, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療時の危機管理:現状の把握と今後について 高気圧酸素治療時の危機管理 第2種装置における現況と今後 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 35. ( 医中誌 )

  165. 前田 卓馬, 宮本 聡子, 桜沢 貴俊, 大久保 淳, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療下でのレーザドプラ血流計を用いた耳朶血流測定 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 62. ( 医中誌 )

  166. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療は圧挫損傷骨格筋内のNFκBを抑制し、IL-10の分泌を促進する 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 59. ( 医中誌 )

  167. 柳下 和慶. 高気圧酸素治療の最近の話題 日本医療ガス学会学術大会・総会プログラム・抄録集. 2018.11; 22回 20. ( 医中誌 )

  168. 桜沢 貴俊, 宮本 聡子, 大久保 淳, 峯岸 香奈子, 山内 大輔, 前田 卓馬, 藤巻 愛子, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 柳下 和慶. 頸椎装具使用によるマスクフィッティングが経皮酸素分圧へ及ぼす影響 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 61. ( 医中誌 )

  169. 柳下 和慶. 適応疾患 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 44. ( 医中誌 )

  170. 塩田 幹夫, 大原 敏之, 山本 尚輝, 小柳津 卓也, 柳下 和慶. 第1種装置での高気圧酸素治療で改善に乏しかった脊髄型減圧症に対しUS Navy TT6が有用であった一例 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.11; 53 (Suppl.): 51. ( 医中誌 )

  171. 柳下 和慶. 【スポーツ神経外傷とアスリートの脳科学】 スポーツに関連する神経疾患 スポーツ外傷・障害・コンディショニングに対する高気圧酸素治療 Clinical Neuroscience. 2018.10; 36 (10): 1208-1211. ( 医中誌 )

  172. 堀江 正樹, 亀井 聡, 近藤 俊宏, 柳下 和慶. 圧気工事を想定した高気圧環境曝露における抗酸化ストレス因子の動態解析 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.09; 53 (3): 155-156. ( 医中誌 )

  173. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 藤巻 愛子, 桜沢 貴俊, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 本学における新人教育の現状と問題点 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.09; 53 (3): 129. ( 医中誌 )

  174. 前田 卓馬, 大久保 淳, 宮本 聡子, 藤巻 愛子, 桜沢 貴俊, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 本学における学生実習の現状と問題点 高気圧酸素治療のみの学生実習を経験して 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.09; 53 (3): 128. ( 医中誌 )

  175. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 大川 淳, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷後の筋張力回復における高気圧酸素治療の至適適応条件を探る 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.09; 53 (3): 133-134. ( 医中誌 )

  176. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷後の筋張力回復における高気圧酸素治療の至適適応条件を探る 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2018.09; 53 (3): 161. ( 医中誌 )

  177. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 急性骨格筋圧挫損傷後の筋張力回復に対する高気圧酸素治療の至適条件の検討 日本整形外科学会雑誌. 2018.08; 92 (8): S2053. ( 医中誌 )

  178. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット下腿筋圧挫損傷モデルにおいて損傷筋内IL-6/STAT3系を活性化させる 日本整形外科学会雑誌. 2018.08; 92 (8): S1808. ( 医中誌 )

  179. 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之. スポーツ医学イノベーション 継承と革新 スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2018.07; 38 (3): 209-214. ( 医中誌 )

  180. 小島 泰史, 鈴木 信哉, 新関 祐美, 小島 朗子, 川口 宏好, 柳下 和慶. 潜水事故のメディカルコントロール Divers Doctor Network(DD NET)の現状と問題点、改善の取り組み 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌. 2018.06; 15 (2): 101. ( 医中誌 )

  181. 小島 泰史, 鈴木 信哉, 新関 祐美, 小島 朗子, 川口 宏好, 柳下 和慶. 病院到着前の減圧障害管理のためのInternational Divers Alert Network(IDAN)の試み 日本渡航医学会誌. 2018.06; 12 (Suppl.): 112. ( 医中誌 )

  182. 柳下 和慶. 骨・軟部組織感染症に対する治療戦略と高気圧酸素治療 JOSKAS. 2018.05; 43 (4): 432. ( 医中誌 )

  183. 柳下 和慶. 【産婦人科医も知っておきたい 女性アスリートのヘルスケア-基礎知識から治療指針まで】 女性アスリートの骨マネージメント 産科と婦人科. 2018.04; 85 (4): 426-431. ( 医中誌 )

  184. 柳下 和慶. 女性アスリートと疲労骨折 日本女性医学学会雑誌. 2018.04; 25 (2): 295-299. ( 医中誌 )

  185. 柴田 千帆, 中禮 宏, 林 海里, 白子 高広, 柳下 和慶, 相澤 純也, 上野 俊明. 背部への衝突外乱によって生じる頭部回転角加速度に対する咬合の介入研究 スポーツ歯学. 2018.02; 21 (2): 92-93. ( 医中誌 )

  186. 池川 麻衣[田辺], 高橋 敏幸, 三ツ山 晃弘, 林 海里, 柳下 和慶, 上野 俊明. 高気圧酸素治療が唾液性状および口腔内細菌叢に及ぼす影響 スポーツ歯学. 2018.02; 21 (2): 94. ( 医中誌 )

  187. 廣幡 健二,相澤純也,古谷英孝,見供翔,大見武弘,大路駿介,柳下和慶,Kate Webster. 日本語版Anterior Cruciate Ligament-Return to Sport after Injury (ACL-RSI) scaleの開発 理学療法学. 2017.12; 44 (6):

  188. 大路駿介,相澤純也,廣幡健二,大見武弘,柳下和慶. 片脚前方ジャンプ着地における着地前空中時期の矢状面体幹・下肢関節角度と床反力後方成分の関連 理学療法科学. 2017.12; 32 (6): 751-755.

  189. 大久保 淳, 小柳津 卓哉, 宮本 聡子, 前田 卓馬, 後藤 啓吾, 山本 素希, 倉島 直樹, 小島 泰史, 榎本 光裕, 柳下 和慶. リザーバー付き酸素マスクにおける吸入酸素濃度の実際 様々なマスク形状における流量と装着状態の影響 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2017.09; 52 (3): 111-116. ( 医中誌 )

  190. 柳下 和慶. 【女性アスリート】 女性アスリートの低骨量、疲労骨折 HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY. 2017.09; 24 (3): 217-221. ( 医中誌 )

  191. 大路駿介,相澤純也,廣幡健二,大見武弘,柳下和慶. 身体の水平回転を伴う片脚ドロップジャンプ着地における垂直床反力パラメーターの特徴 日本臨床スポーツ医学会誌. 2017.08; 25 (3): 360-366.

  192. 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 堀江 正樹, 榎本 光裕. 【アスリートの肉離れ-今、何が問題なのか-】 肉離れに対する最新の治療法 肉離れ急性期における高気圧酸素治療(HBO) 臨床スポーツ医学. 2017.08; 34 (8): 816-823. ( 医中誌 )

  193. 柳下 和慶, 宗田 大. 【持久系スポーツによる運動器障害II-治療と予防-】 ランニング障害 ランナー膝 腸脛靱帯炎 臨床スポーツ医学. 2017.07; 34 (7): 646-650. ( 医中誌 )

  194. 小島泰史,柳下和慶,小柳吉彦,小島朗子,鈴木信哉. 現在のダイバーの健康診断とその問題点及び提言 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2017.06; 52 (2): 77-80. ( 医中誌 )

  195. 柳下 和慶. 【特殊な機器を用いた治療法】 高気圧酸素治療 運動器リハビリテーション. 2017.05; 28 (1): 25-30. ( 医中誌 )

  196. 柳下 和慶. 【女性のライフサイクルと骨・カルシウム代謝】 女性アスリートの疲労骨折 Clinical Calcium. 2017.04; 27 (5): 699-706. ( 医中誌 )

  197. Kazuyoshi Yagishita. [Calcium and bone metabolism across women's life stages. Stress fracture in female athletes.] Clin Calcium. 2017.04; 27 (5): 699-706. ( PubMed, DOI )

  198. 柳下 和慶. 【酸素生物学から考える医療】 放射線治療後の晩期障害に対する高気圧酸素治療 ファルマシア. 2017.03; 53 (3): 231-233. ( 医中誌 )

  199. 柳下 和慶, 金森 章浩. スポーツ外傷の高気圧酸素治療の適応と治療法 コンパートメント症候群が適応。最大圧力0.15Mpaで60分、1日1回を基本治療とする 日本医事新報. 2016.11; (4829): 58. ( 医中誌 )

  200. 柳下 和慶. 高気圧酸素治療の現状と可能性 コンパートメント症候群とスポーツ外傷 臨床整形外科. 2016.10; 51 (10): 897-900. ( 医中誌 )

  201. 加藤 剛, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 大川 淳, 川嶌 眞人. 高気圧酸素治療の現状と可能性 高気圧酸素治療の脊髄神経疾患に対する効果 臨床整形外科. 2016.10; 51 (10): 915-920. ( 医中誌 )

  202. 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小栁津 卓哉, 堀江 正樹. 【スポーツ整形外科 最新の治療】 器械・器具を用いた治療 スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療 整形・災害外科. 2016.05; 59 (6): 627-632. ( 医中誌 )

  203. 柳下 和慶. 【若年女性のスポーツ障害の解析】 女性アスリートの三主徴 女性選手における疲労骨折のリスクファクター・バイオメカニクス因子の探策 日本産科婦人科学会雑誌. 2016.04; 68 (4付録): 26-35. ( 医中誌 )

  204. 小島泰史,榎本光裕,小栁津卓哉,柳下和慶. 減圧障害の最適な治療は何か-東京医科歯科大学での治療の実際- 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2016.03; 51 (1): 14-18. ( 医中誌 )

  205. 柳下 和慶. 急性期の処置と治療 高気圧酸素治療 hyperbaric oxygen therapy(HBO2) 救急・集中治療医学レビュー. 2016.02; 2016-'17 107-111. ( 医中誌 )

  206. 柳下 和慶. 高気圧酸素治療と薬理作用について 東京都病院薬剤師会雑誌. 2016.01; 65 (1): 9-15. ( 医中誌 )

  207. 小島泰史,榎本光裕,小柳津卓也,柳下和慶. 軽症減圧障害に対する発症後1週間を超える再圧治療の効果 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2015.09; 50 (3): 129-134.

  208. 柳下和慶. 学会を聞く 第40回日本整形外科スポーツ医学会 整形外科. 2015.03; 66 (3):

  209. 柳下和慶. 減圧症 今日の治療指針 私はこう治療している 2015. 2015.01; 992.

  210. 柳下和慶. 運動器治療機器最前線(第7回) 高気圧酸素療法 雑誌整形外科. 2015.01; 66 (1): 51-54.

  211. 柳下和慶. 【スポーツ障害-最新の知識と治療法-】 (Part5)スポーツ障害に対する最新の治療の試み 筋損傷に対する高気圧酸素治療 Bone Joint Nerve. 2014.10; 4 (4): 727-733.

  212. 堀江 正樹, 榎本 光裕, 下田 学, 柳下 和慶. 骨格筋損傷に対する高気圧酸素治療 効果とその分子メカニズム 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2014.03; 34 (1): 18-22.

  213. 合志 清隆, 川嶌 眞之, 鈴木 一雄, 鈴木 信哉, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療エビデンスレポート2013 高気圧酸素治療の科学的根拠に基づく臨床的検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2014.03; 49 (1): 3-16. ( 医中誌 )

  214. 柳下 和慶. 急性期の処置と治療 高気圧酸素治療 救急・集中治療医学レビュー. 2014.02; 2014-'15 121-126. ( 医中誌 )

  215. 柳下 和慶. 【スポーツ外傷・障害に対する低侵襲治療の最前線】 スポーツ外傷・障害に対する高気圧酸素治療の適応と実際 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 2013.12; (69): 27-34. ( 医中誌 )

  216. 柳下 和慶. オリンピックとスポーツ医療 お茶の水医学雑誌. 2013.08; 61 (3): 249-258. ( 医中誌 )

  217. 柳下 和慶. 【膝靱帯損傷の治療およびリハビリテーション】 膝靱帯損傷に対する高気圧酸素治療 MEDICAL REHABILITATION. 2013.02; (154): 65-69. ( 医中誌 )

  218. 柳下 和慶. 【一酸化炭素中毒;病態と治療の現状と将来】 急性一酸化炭素中毒に対する高気圧酸素治療に関する多施設研究デザイン 中毒研究. 2012.12; 25 (4): 316-318. ( 医中誌 )

  219. 朱 寧進, 関矢 一郎, 柳下 和慶, 古賀 英之, 堀江 雅史, 中村 智祐, 大川 淳, 宗田 大. TKA軟部バランス 人工膝関節全置換術における大腿骨コンポーネント設置前後のギャップ変化と大腿骨骨切り量との関係 日本人工関節学会誌. 2012.12; 42 681-682. ( 医中誌 )

  220. 柳下 和慶. 【フットケア・創傷治療Q&A】 (Part 7)感染 なぜ、高気圧酸素治療(HBO)はガス壊疽や壊死性筋膜炎に効果的なの? 看護技術. 2012.10; 58 (12): 1166-1167. ( 医中誌 )

  221. 柳下 和慶. 【骨・関節領域における感染症】 (Part3)骨・関節感染症の治療 骨・関節・軟部組織感染症に対する高気圧酸素治療 Bone Joint Nerve. 2012.07; 2 (3): 493-499. ( 医中誌 )

  222. 野口 佳裕, 柳下 和慶. 【急性感音難聴の最新治療戦略】 急性感音難聴に対する高気圧酸素治療 JOHNS. 2012.05; 28 (5): 759-762. ( 医中誌 )

  223. 柳下 和慶. 【研修医のための見逃すと困る整形外科疾患】 骨・関節の感染症 筋・筋膜感染症 関節外科. 2012.04; 31 (4月増刊): 82-84. ( 医中誌 )

  224. 清水 禎則, 宗田 大, 柳下 和慶, 朱 寧進, 森戸 俊行, 古賀 英之, 山崎 順也, 関矢 一郎. 解剖学的二重束ACL再建術における大腿骨骨孔位置と術後成績との関連 JOSKAS. 2012.03; 37 (1): 54-55. ( 医中誌 )

  225. 鈴木 直子, 柳下 和慶, 外川 誠一郎, 山見 信夫, 岡崎 史紘, 芝山 正治, 椎塚 詰仁, 山本 和雄, 眞野 喜洋. レジャーダイバーにおける減圧症の発症誘因の統計学的検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2012.03; 47 (1): 1-9. ( 医中誌 )

  226. 朱 寧進, 宗田 大, 柳下 和慶, 清水 禎則, 古賀 英之, 森戸 俊行, 山崎 順也, 関矢 一郎. TKAアライメント・脛骨 人工膝関節置換術における脛骨コンポーネント設置方法の術後回旋に関する検討 3Dテンプレートを用いた研究 日本人工関節学会誌. 2011.12; 41 470-471. ( 医中誌 )

  227. 朱 寧進, 宗田 大, 柳下 和慶, 清水 禎則, 古賀 英之, 森戸 俊行, 山崎 順也, 関矢 一郎. TKA gap 人工膝関節置換術における大腿骨後顆骨切り量が伸展・屈曲ギャップに与える影響 日本人工関節学会誌. 2011.12; 41 260-261. ( 医中誌 )

  228. 朱 寧進, 宗田 大, 山賀 美芽, 柳下 和慶, 古賀 英之, 関矢 一郎, 大川 淳. 変形性膝関節症の介入研究の短期成績 変形性膝関節症に対する積極的膝伸展・屈曲訓練介入研究の短期成績 日本整形外科学会雑誌. 2011.10; 85 (10): 740-744. ( 医中誌 )

  229. 柳下 和慶. わが国において高気圧酸素療法による医療水準の底上げは可能か? 外保連活動による診療報酬改定活動の報告と今後の方向性 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2011.09; 46 (3): 128-131. ( 医中誌 )

  230. 酒井 朋子, 柳下 和慶. 人工膝関節抜去時の人工関節型カスタムメイドセメントスペーサーの有効性 整形外科. 2011.07; 62 (7): 627-630. ( 医中誌 )

  231. 中村 香織, 宗田 大, 森戸 俊行, 朱 寧進, 山崎 順也, 片桐 洋樹, 四宮 謙一, 柳下 和慶, 関矢 一郎. 二重束ACL再建術において術後膝関節の安定性が自覚的評価に及ぼす影響 JOSKAS. 2011.03; 36 (1): 62-63. ( 医中誌 )

  232. 安田 裕亮, 宗田 大, 柳下 和慶, 朱 寧進, 森戸 俊行, 山崎 順也, 関矢 一郎, 四宮 謙一. 膝前十字靱帯再建術はquality of lifeにどう影響を与えるか JOSKAS. 2011.03; 36 (1): 68-69. ( 医中誌 )

  233. 柳下 和慶. 【高気圧酸素治療の基礎知識 安全な治療のために】 高気圧酸素治療で知っておきたい副作用と注意点 Clinical Engineering. 2011.02; 22 (3): 216-220. ( 医中誌 )

  234. 柳下和慶. 【ACL再建術後のスポーツ復帰】 高気圧酸素治療による再建ACL膝の治癒促進 関節外科. 2011; 30 (1): 35-40. ( 医中誌 )

  235. 柳下和慶. 高気圧酸素治療による再建ACLの治癒促進.特集ACL再建術後のスポーツ復帰.. 関節外科. 2011; 30 35-40.

  236. 柳下和慶, 加藤剛, 外川誠一郎, 岡崎史紘, 眞野喜洋. スポーツ外傷とスポーツパフォーマンスに対する高気圧酸素の効果及びアンチ・ドーピングとの関連 現況と展望 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2010; 45 (3): 99-105. ( 医中誌 )

  237. 柳下和慶. 靭帯損傷治療における高気圧酸素治療の意義はどのようなものでしょうか.. スキル関節鏡視下手術アトラス・膝関節鏡視下手術.吉矢晋一編集、越智光夫監修.. 2010; 336.

  238. 鈴木直子, 山見信夫, 柳下和慶, 外川誠一郎, 芝山正治, 山本和雄, 眞野喜洋. 酸素減圧によるスクーバダイビングでの酸化ストレスと抗酸化力の変化 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2010; 45 (1): 1-6. ( 医中誌 )

  239. 森戸俊行, 宗田大, 関矢一郎, 柳下和慶, 朱寧進, 山崎順也, 片桐洋樹, 四宮謙一. 人工膝関節置換術(TKA)の周術期における深部静脈血栓症(DVT)の影響とその後 日本人工関節学会誌. 2010; 40 474-475. ( 医中誌 )

  240. 松村惠津子, 朱寧進, 宗田大, 関矢一郎, 柳下和慶, 森戸俊之, 山崎順也, 片桐洋樹, 四宮謙一. 人工膝関節置換術患者に対するSF-36を用いた評価 日本人工関節学会誌. 2010; 40 292-293. ( 医中誌 )

  241. 朱寧進, 宗田大, 関矢一郎, 柳下和慶, 森戸俊行, 山崎順也, 片桐洋樹, 四宮謙一. 内側型変形性膝関節症における下腿機能軸と膝蓋腱脛骨付着部の関係と影響を与える因子の検討 3Dテンプレートを用いた研究 日本人工関節学会誌. 2010; 40 138-139. ( 医中誌 )

  242. 片桐洋樹, 宗田大, 関矢一郎, 朱寧進, 森戸俊行, 山崎順也, 柳下和慶. 人工膝関節全置換術における膝蓋骨や大退骨滑車部の厚さ、後方顆部の高さが術後膝関節可動域改善へ与える影響 日本人工関節学会誌. 2010; 40 132-133. ( 医中誌 )

  243. 赤柴恒人, 落合亮一, 片山俊郎, 加納隆, 川崎忠行, 行岡秀和, 剣持敬, 後藤隆久, 杉薫, 瀬上清貴, 田林晄一, 林鉱三郎, 水口潤, 守山敏樹, 安武正弘, 安原洋, 柳下和慶, 山崎健二, 渡辺敏, 臨床工学合同委員会. 臨床工学技士基本業務指針2010 日本臨床工学技士会会誌. 2010; (41): 4-14. ( 医中誌 )

  244. 加藤剛, 大川淳, 柳下和慶, 川端茂徳, 富澤將司, 四宮謙一. 【From In-House Design to Standardization Reliable Evidenceを求めて】 高気圧酸素療法による腰部脊柱管狭窄症の保存療法 Journal of Spine Research. 2010; 1 (7): 1242-1247. ( 医中誌 )

  245. 朱寧進, 関矢一郎, 柳下和慶, 原憲司, 森戸俊行, 山崎順也, 四宮謙一, 宗田大. 膝前十字靱帯損傷患者における血清グリコサミノグリカン濃度の測定 JOSKAS. 2010; 35 (1): 84-85. ( 医中誌 )

  246. 朱寧進, 関矢一郎, 柳下和慶, 原憲司, 森戸俊行, 山崎順也, 四宮謙一, 宗田大. 膝前十字靱帯損傷患者術中超音波測定器による膝関節軟骨のIntegrity、厚さの測定と他の因子との関連 JOSKAS. 2010; 35 (1): 6-7. ( 医中誌 )

  247. 野木圭介, 酒井朋子, 多嶋佳孝, 山浦伊裟吉, 柳下和慶, 原憲司. 人工関節型のセメントスペーサーを用いた感染TKAの治療経験 日本人工関節学会誌. 2009; 39 56-57. ( 医中誌 )

  248. 大浦紀彦、柳下和慶. 高気圧酸素療法:Hyperbaric oxygen Therapy (HBOT).足の創傷をいかに治すか.. ―糖尿病フットケア・limb salvageへのチーム医療―. 2009; 167-72.

  249. 岡崎史紘, 柳下和慶, 山見信夫, 外川誠一郎, 田之畑諒, 芝山正治, 眞野喜洋. 出血性の放射線膀胱炎に対する高気圧酸素療法の治療効果の検討 東京都臨床工学技士会会誌. 2009; 19 (2): 32-34. ( 医中誌 )

  250. 芝山正治, 山見信夫, 外川誠一郎, 柳下和慶, 岡崎史紘, 小宮正久, 眞野喜洋. ダイビングの安全基準 潜水における減圧症予防のための具体的対策 職業潜水者からレクリエーショナル潜水まで 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2009; 44 (2): 67-70. ( 医中誌 )

  251. 原憲司, 宗田大, 関矢一郎, 柳下和慶, 朱寧進, 望月智之, 森戸俊行, 四宮謙一. 左右に違う機種を用いた同一患者における臨床成績の検討 RPF vs.NRG 日本人工関節学会誌. 2009; 39 432-433. ( 医中誌 )

  252. 朱寧進, 関矢一郎, 柳下和慶, 原憲司, 森戸俊行, 四宮謙一, 宗田大. 皮切の大小による人工関節置換術の術後早期の回復と術後成績の違い 日本人工関節学会誌. 2009; 39 104-105. ( 医中誌 )

  253. 合志清隆, 溝口義人, 下河辺正行, 高村政志, 岡元和文, 玉木英樹, 石竹達也, 鈴木一雄, 柳下和慶, 井上治, 川嶌眞人. 高気圧酸素治療の適応基準と治療費の国際比較 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2009; 44 (4): 205-217. ( 医中誌 )

  254. 柳下和慶. 高気圧酸素治療とスポーツ軟部外傷に対する適応および現況 日本臨床スポーツ医学会誌. 2009; 17 (3): 413-421. ( 医中誌 )

  255. 小宮正久, 芝山正治, 山見信夫, 柳下和慶, 外川誠一郎, 岡崎史紘, 眞野喜洋. ダイビングの安全基準 レクリエーショナルダイバーの減圧症発症と窒素ガス溶解量との関係 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2009; 44 (2): 77-81. ( 医中誌 )

  256. 別府諸兄、柳下和慶他訳. アジリティとクイックネストレーニング.テニスパフォーマンスのための実践トレーニングガイド.Carl Peterson & Nina Nittinger. FIT TO PLAY TENNIS: HIGH PERFORMANCE TRAINING TIPS. Second editionの日本語翻訳). 2008; 63-83.

  257. 柳下和慶. UHMS 2007年学術総会における“Hyperbaric Medicine Literature Update, The Year in Review”から. 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2008; 43 (1): 7-10.

  258. 柳下和慶. 【最新原著レビュー】家兎モデルにおけるヒアルロン酸のよる移植腱骨移行部の治癒促進の効果. 整形外科. 2008; 59 1399-1402.

  259. 鈴木直子, 山見信夫, 金剛寺純子, 柳下和慶, 外川誠一郎, 芝山正治, 山本和雄, 眞野喜洋. 高気圧酸素曝露による血漿遊離アミノ酸の変化に関する検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2008; 43 (1): 1-5. ( 医中誌 )

  260. 長瀬寅, 原憲司, 関矢一郎, 柳下和慶, 山崎順也, 朱寧進, 宗田大. 高齢患者における人工膝関節全置換術後の疼痛とエルシトニン投与の影響 日本人工関節学会誌. 2008; 38 500-501. ( 医中誌 )

  261. 外川誠一郎, 山見信夫, 柳下和慶, 金剛寺純子, 岡崎史紘, 田之畑諒, 芝山正治, 中山晴美, 眞野喜洋. ダイビングの安全基準 東京医科歯科大学に集積する潜水に関する諸問題 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2008; 43 (4): 203-206. ( 医中誌 )

  262. 柳下和慶, 山見信夫, 外川誠一郎, 宗田大, 四宮謙一, 眞野喜洋. 足関節捻挫に対する高気圧酸素療法の有効性 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2008; 27 (4): 351-355. ( 医中誌 )

  263. 朱寧進, 関矢一郎, 柳下和慶, 原憲司, 山崎順也, 四宮謙一, 宗田大. TKAの長期成績 両側同時と片側施行人工関節置換術の術後成績の比較 日本人工関節学会誌. 2007; 37 44-45. ( 医中誌 )

  264. 柳下和慶. 【特集/種目別にみたスポーツ障害―競技復帰へのプログラムを中心に】Ⅶ.トピックス スポーツ外傷に対する高気圧酸素療法.. 整形外科. 2007; 58 1170-1171.

  265. 柳下和慶. 【肉離れの解明】新しい流れを読む.高気圧酸素療法-スポーツ外傷への適応について-. Sportsmedicine. 2007; 19 (2): 1-2.

  266. 柳下和慶. 【足関節捻挫への対応と問題】 足関節捻挫に対する高気圧酸素療法 Sportsmedicine. 2007; 19 (3): 14-15. ( 医中誌 )

  267. 宗田大, 原憲司, 朱寧進, 望月智之, 柳下和慶, 関矢一郎. 「M-ワイヤー」 ACL再建術用汎用性ガイドワイヤーの試作と使用経験 関節鏡. 2007; 32 (1): 81-85. ( 医中誌 )

  268. 柳下和慶. 【酸素療法入門】 高気圧酸素療法 Clinical Engineering. 2007; 18 (8): 853-859. ( 医中誌 )

  269. 柳下和慶, 関矢一郎, 朱寧進, 望月智之, 原憲司, 山崎順也, 四宮謙一, 宗田大. ADVANCE Medial Pivotの中期成績 NexGen CR Flexとの比較 日本人工関節学会誌. 2007; 37 386-387. ( 医中誌 )

  270. 芝山正治, 山見信夫, 外川誠一郎, 柳下和慶, 眞野喜洋. 職業潜水とレジャーダイビングにおける安全域と問題点 北海道と伊豆諸島の漁業潜水者の潜水プロフィールからみた減圧症予防対策 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2007; 42 (2): 109-113. ( 医中誌 )

  271. 外川誠一郎, 山見信夫, 柳下和慶, 芝山正治, 中山晴美, 中山徹, 眞野喜洋. 職業潜水とレジャーダイビングにおける安全域と問題点 首都圏レジャーダイバーにおける減圧症の発症要因 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2007; 42 (2): 105-107. ( 医中誌 )

  272. 山見信夫, 金剛寺純子, 中山晴美, 柳下和慶, 外川誠一郎, 芝山正治, 鈴木直子, 山本和雄, 眞野喜洋. 高気圧酸素における酸化・抗酸化マーカーの検討 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2007; 42 (2): 85-91. ( 医中誌 )

  273. 金剛寺純子, 山見信夫, 柳下和慶, 外川誠一郎, 芝山正治, 眞野喜洋. 米軍再圧治療表6によるReactive Oxygen Metabolites(ROM)とBiological Antioxidant Potential(BAP)の変化 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2007; 42 (1): 23-29. ( 医中誌 )

  274. 柳下和慶. 【種目別にみたスポーツ障害 競技復帰へのプログラムを中心に】 トピックス スポーツ外傷に対する高気圧酸素療法 整形外科. 2007; 58 (8): 1170-1171. ( 医中誌 )

  275. 眞野喜洋, 山見信夫, 柳下和慶, 中山徹, 芝山正治, 外川誠一郎, 中山晴美, 小宮正久, 岡崎史紘, 塚田敏之. 日本の潜水の問題点について 圧気潜函工法における問題点について 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2006; 41 (1): 25-30. ( 医中誌 )

  276. 柳下和慶. 専門医試験をめざす症例問題トレーニング.外傷性疾患(スポーツ障害を含む). 整形外科. 2006; 57 1544-1549.

  277. 山見信夫, 外川誠一郎, 中山晴美, 野澤徹, 芝山正治, 柳下和慶, 中山徹, 嶋田和人, 西村周, 岡崎史紘, 塚田敏之, 小宮正久, 鈴木直子, 山本和雄, 眞野喜洋. 日本の潜水の問題点について レジャーダイビングにおける問題点 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2006; 41 (1): 13-17. ( 医中誌 )

  278. 白澤進一, 柳下和慶, 関矢一郎, 八木啓介, 四宮謙一, 宗田大. 前十字靱帯損傷膝に対する強制伸展不安テスト 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2006; 25 (3): 308-312. ( 医中誌 )

  279. 宗田大、柳下和慶. 持続灌流を必要としたrevision TKA. エキスパートの人工膝関節置換術. 2005; 100-101.

  280. 宗田大、柳下和慶. 四肢切断術. 手術患者のケア・マニュアル. 2005; 258-60.

  281. 宗田大、柳下和慶. TKA後の顆上骨折に対してインプラントを温存、ステムを追加して骨折を固定した症例. エキスパートの人工膝関節置換術. 2005; 134-135.

  282. 坂口祐輔, 関矢一郎, 柳下和慶, 市野瀬志津子, 四宮謙一, 宗田大. 【骨・軟骨移植 最近の知見】 骨移植 基礎研究 組織工学を用いた骨再生 海綿骨由来間葉幹細胞の特性 別冊整形外科. 2005; (47): 17-25. ( 医中誌 )

  283. 中山晴美, 川島慶之, 村井邦彦, 舛田昭夫, 岡崎史弘, 外川誠一郎, 柳下和慶, 山見信夫, 眞野喜洋. 突発性難聴の治療として高気圧酸素療法と併用する星状神経節ブロックの有効性 ペインクリニック. 2005; 26 (10): 1385-1390. ( 医中誌 )

  284. 関矢一郎, 坂口祐輔, 柳下和慶, 四宮謙一, 宗田大. 基礎の成果を臨床に 萠芽的最先端医療 運動器の再生医療 滑膜由来細胞は優れた増殖・軟骨分化能を有する 各種間葉細胞間の比較 日本整形外科学会雑誌. 2005; 79 (12): 940-945. ( 医中誌 )

  285. 古賀英之, 栗原良暁, 本杉直哉, 池田浩夫, 柳下和慶, 立石智彦, 相澤充, 土屋正光, 宗田大. 膝十字靱帯に発生したガングリオンの5例 関節鏡. 2004; 29 (1): 59-64. ( 医中誌 )

  286. 堀江雅史, 宗田大, 関矢一郎, 柳下和慶, 四宮謙一. 小児期の外側半月板断裂ロッキング放置により生じた離断性骨軟骨炎と関節内遊離体の2例 整形外科. 2004; 55 (2): 194-197. ( 医中誌 )

  287. 池田浩夫, 宗田大, 柳下和慶, 四宮謙一. Visual Analog Scaleを使用しての患者自身による外反母趾に対する主観の評価 日本足の外科学会雑誌. 2004; 25 (2): 32-36. ( 医中誌 )

  288. 中村浩志, 井上芳徳, 広川雅之, 菅野範英, 岩井武尚, 柳下和慶. 血管攣縮が病因と思われた尖足の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2004; 65 (9): 2510-2514. ( 医中誌 )

  289. 小見勉, 富永雅巳, 本杉直哉, 柳下和慶, 四宮謙一, 宗田大. 小児半月板損傷に対する鏡視下手術の検討 整形外科. 2004; 55 (6): 643-646. ( 医中誌 )

  290. 宗田大, 柳下和慶. 【膝の深屈曲人工関節】 TKAにおける術前評価と手術操作の関連 整形・災害外科. 2004; 47 (2): 153-160. ( 医中誌 )

  291. 柳下和慶, 宗田大, 八木啓介, 関矢一郎, 四宮謙一. 人工膝関節置換術における,術後変化する軟部バランスの検討 内側軟部操作の内外側方向への影響 日本人工関節学会誌. 2004; 34 17-18. ( 医中誌 )

  292. 清水禎則, 宗田大, 柳下和慶, 関矢一郎, 八木啓介, 四宮謙一. 人工膝関節置換術を施行した変形性膝関節症患者の主観的評価におけるアナログ評価と段階評価 膝. 2004; 29 (2): 9-14. ( 医中誌 )

  293. 白川健, 柳下和慶, 四宮謙一, 宗田大. 人工膝関節全置換術において高度内反変形膝では軟部バランスがとりにくいか 整形外科. 2003; 54 (9): 1219-1223. ( 医中誌 )

  294. 宗田大, 柳下和慶, 池田浩夫, 関矢一郎. 膝複合靱帯損傷に対する保存療法及び観血的治療の選択 膝複合靱帯損傷におけるACL損傷の位置づけと治療法 臨床整形外科. 2003; 38 (2): 143-149. ( 医中誌 )

  295. 本杉直哉, 朝比奈信太郎, 坂井顕一郎, 土屋正光, 池田浩夫, 柳下和慶, 宗田大, 栗原良暁. 膝屈筋腱を用いた前十字靱帯再建術後における軸移動テスト患健差の検討 多重折1ルートと二重束2ルートの比較 整形外科. 2003; 54 (9): 1141-1144. ( 医中誌 )

  296. 山崎順也, 宗田大, 柳下和慶, 関矢一郎, 四宮謙一. ACL再建術における単純X線像による大腿骨骨孔の時計表示法 膝. 2003; 28 (2): 108-111. ( 医中誌 )

  297. 柳下和慶. 内側支持機構の損傷を含む陳旧性複合靭帯損傷.. MRIで理解する膝の外傷・障害. 2002; 55-57.

  298. 柳下和慶. 外側支持機構の損傷を含む陳旧性複合靭帯損傷. MRIで理解する膝の外傷・障害. 2002; 100-101.

  299. 柳下和慶, 宗田大, 池田浩夫, 四宮謙一. 【変形性膝関節症及び周辺疾患】 治療 手術療法 TKA 変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術での軟部バランス変化 別冊整形外科. 2002; (42): 195-198. ( 医中誌 )

  300. 柳下和慶, 宗田大, 酒井裕, 本杉直哉, 池田浩夫, 四宮謙一. 移植腱骨移行部の治癒促進の試み 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2002; 22 (3): 271-276. ( 医中誌 )

  301. 奥田直樹, 池田浩夫, 柳下和慶, 張禎浩, 仁賀定雄, 星野明穂, 土屋正光, 朝比奈信太郎, 栗原良暁, 四宮謙一, 宗田大. 【変形性膝関節症及び周辺疾患】 治療 手術療法 骨切り術 膝専門多施設による高位脛骨骨切り術の成績 別冊整形外科. 2002; (42): 178-182. ( 医中誌 )

  302. 長瀬寅, 宗田大, 池田浩夫, 柳下和慶, 栗原良暁, 四宮謙一. 膝前十字靱帯2ルート再建術後の再断裂例についての検討 関節鏡. 2001; 26 (2): 227-230. ( 医中誌 )

  303. 柳下和慶. 学会を聞く:第26回関節鏡学会.. 整形外科. 2001; 52 739-740.

  304. 加藤剛, 宗田大, 池田浩夫, 柳下和慶, 四宮謙一. 外側円板状半月板損傷の対側膝に内側円板状半月板を認めた1例 関節鏡. 2001; 26 (2): 117-120. ( 医中誌 )

  305. 長瀬寅, 宗田大, 池田浩夫, 柳下和慶, 四宮謙一. Visual Analog Scaleを用いた変形性膝関節症患者の主観に基づく評価 客観的指標との関連性 膝. 2001; 26 103-106. ( 医中誌 )

  306. 浅野浩司, 宗田大, 池田浩夫, 柳下和慶, 栗原良暁, 四宮謙一. 前十字靱帯再建術後の鏡視所見による軟骨変化の検討 整形外科. 2000; 51 (10): 1253-1258. ( 医中誌 )

  307. 長瀬寅, 宗田大, 池田浩夫, 柳下和慶, 四宮謙一. 前十字靱帯再建術後にEndobuttonを摘出した5例 関節鏡. 2000; 25 (2): 165-168. ( 医中誌 )

  308. 浅野浩司, 宗田大, 池田浩夫, 柳下和慶, 栗原良暁, 四宮謙一. 前十字靱帯再建術後のスポーツ復帰による軟骨変化 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2000; 20 (3): 343-348. ( 医中誌 )

  309. 柳下和慶, 山本晴康, 四宮謙一, 大山紀美栄. 頭蓋骨硬化を伴う骨線条症の2例 日本小児整形外科学会雑誌. 1999; 8 (2): 149-152. ( 医中誌 )

  310. 宗田大, 柳下和慶, 長谷川元信, 大久保治修, 山本晴康, 四宮謙一. 膝の支持台を用いたLachmanテスト変法の意義 膝. 1999; 24 1-3. ( 医中誌 )

  311. 宗田大, 張禎治, 柳下和慶, 荻内隆司, 山本晴康, 四宮謙一. 側面最大屈曲位レントゲン撮影による人工膝関節の屈曲についての検討 日本人工関節学会誌. 1998; 28 249-250. ( 医中誌 )

  312. 張禎浩, 宗田大, 荻内隆司, 関矢一郎, 柳下和慶, 立石智彦, 山本晴康, 四宮謙一. 半腱様筋腱の2重束2ルートを用いた再建前十字靱帯の再鏡視所見 半腱様筋腱の多重折り1ルートとの比較 関節鏡. 1998; 23 (2): 143-148. ( 医中誌 )

  313. 宗田大, 荻内隆司, 柳下和慶, 関矢一郎, 山本晴康, 四宮謙一. 前十字靱帯再建術後3ヵ月の臨床像からみた術後2年の成績 膝. 1998; 23 33-35. ( 医中誌 )

  314. 荻内隆司, 宗田大, 柳下和慶, 山本晴康. 一流バドミントン選手の外傷・障害特異性 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 1998; 18 (4): 343-348. ( 医中誌 )

  315. 荻内隆司, 宗田大, 関矢一郎, 柳下和慶, 山本晴康. 後十字靱帯温存型TKR膝の動作解析 側面ビデオ透視画像を用いて 日本人工関節学会誌. 1997; 27 233-234. ( 医中誌 )

  316. 柳下和慶, 宗田大, 荻内隆司, 関矢一郎, 山本晴康. TKAにおける術前FTAと術後側方動揺性との関連 日本人工関節学会誌. 1997; 27 235-236. ( 医中誌 )

  317. 柳下和慶, 宗田大, 荻内隆司, 関矢一郎, 山本晴康. KT-1000による膝前方不安定性の測定値における再現性の評価 東京膝関節学会会誌. 1996; 17 97-100. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 大見 武弘,相澤 純也,山田 拓実,大川 淳,柳下 和慶. 別冊整形外科No.75 整形外科診療における最先端技術. 南江堂, 2019.04 三次元動作解析装置を用いたPoint Cluster Techniqueとその応用 (ISBN : 978-4-524-27775-9)

  2. 柳下 和慶,小島 泰史. 高気圧酸素治療法入門(第6版). 一般社団法人 日本高気圧環境・潜水医学会, 2017.11 臨床編 1.高気圧酸素治療の適応疾患ー概論ー, 19.運動器疾患 (ISBN : 978-4-9909970-0-7)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hyperbaric oxygen for sports medicine. The 4th conference of Asia-pasific Undersea and Hyperbaric Medical Society 2019.10.25 中津市

  2. Naoki Yamamoto, Takuya Oyaizu, Masaki Horie, Mitsuhiro Enomoto, Masato Yuasa, Ryohei Takada, Kazuyoshi Yagishita. Hyperbaric oxygen therapy promotes muscle regeneration via angiogenesis by reactive nitrogen species in muscle contusion injury of rat.. The 4th conference of Asia-pasific Undersea and Hyperbaric Medical Society 2019.10.25 nakatsu, Oita Japan

  3. 大原 敏之, 山本 尚樹, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. スポーツ外傷に対するHBOエビデンスレポート. 第54回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2019.06.16 文京区

  4. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 山本 尚輝, 柳下 和慶. Hyperbaric oxygen treatment accelerates skeletal muscle regeneration via activation of the IL-6/STAT3 pathway and suppression of NFκB in rat contused muscle. 第44回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2018.09.07 徳島市

  5. Y Kojima, S Suzuki, Y Niizeki, A Kojima, H Kawaguchi, K Yagishita. Recreational diving related injuries among insured Divers Alert Network Japan members: Retrospective analysis of 321 cases from 2010 to 2014.. 51th Undersea & Hyperbaric Medical Society Annual Scientific Meeting 2018.06.29 Orlando, USA

  6. Shunsuke Ohji, Jyunya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Kazuyoshi Yagishita. Correlation Between Kinesiophobia and Vastus Medialis Activation Prior to Landing During Single-Leg Jump Landing in Athletes After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction.. AOA & APKASS Combined Meeting 2018.05.31

  7. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療は圧挫損傷骨格筋内のIL-6/STAT3 pathwayを活性化させ、MyoDを介して筋再生を促進する. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.11 沖縄県中頭郡

  8. 前田 卓馬, 宮本 聡子, 大久保 淳, 後藤 啓吾, 山内 大輔, 山本 素希, 山本 尚輝, 高田 亮平, 小島 泰史, 柳下 和慶. 模擬血流を用いた高気圧環境下におけるレーザ血流計の測定機能評価. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.11 沖縄県中頭郡

  9. 大久保 淳, 宮本 聡子, 前田 卓馬, 山本 素希, 後藤 啓吾, 山内 大輔, 山本 尚輝, 高田 亮平, 小島 泰史, 柳下 和慶. 足関節捻挫1症例におけるHBO施行中の末梢血流量と経皮酸素分圧動態. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.11 沖縄県中頭郡

  10. OYAIZU Takuya, ENOMOTO Mitsuhiro, YAGISHITA Kazuyoshi. Acceleration of muscle volume reduction and recovery from hypoxia of injured skeletal muscle by hyperbaric oxygen.. Undersea and Hyperbaric Medical Society Annual Scientific Meeting 2015 2015.06.18 Montreal, Canada

  11. 宗田 大、柳下和慶、原憲司、関矢一郎. 人工膝関節置換術の軟部バランスに与える大腿骨切除量の影響. 第35回日本人工関節学会 2005.02.03 沖縄

  12. 宗田 大、柳下和慶、関矢一郎. シンポジウム私のACL再建術:この10年の進歩. 第29回日本膝関節学会 2004.02.13 広島

  13. 宗田 大、柳下和慶、八木啓介、関矢一郎. 私の2束ACL再建術の反省と現在の試み. 日本リウマチ・関節外科学会 2003.11.08

  14. 宗田 大、柳下和慶、関矢一郎. 多重折半腱様筋腱による前十字靭帯再建術の中長期成績:1ルート法と2ルート法の比較 パネル「ここまできた前十字靭帯再建術」. 第76回日整会 2003.05.24 金沢

  15. 宗田 大、池田浩夫、柳下 和慶. 複合靱帯損傷におけるACLの位置づけと治療. 日整会 2002.04.18

  16. 宗田 大、柳下 和慶、池田浩夫. TKA シンポジウム. 日整会 2002.04.16

  17. 宗田大、池田浩夫、柳下和慶、加藤剛、四宮謙一. 膝蓋腱炎に対するヒアルロン酸局所注射療法の試み. 臨床スポーツ 2000.10.28 宮崎

  18. 宗田 大,池田浩夫,柳下和慶、関矢一郎,浅野浩司,四宮謙一. 「前十字靭帯再建膝における損傷半月板の治癒能力」ACL再建膝における半月板治癒能力. 日整会 2000.04.09

  19. 宗田 大,柳下和慶,池田浩夫,四宮謙一. 人工膝関節置換術における手術操作ステップごとの軟部バランスの変化. 第30回日本人工関節学会 2000.02.10

  20. 宗田 大,柳下和慶,大久保治修,八木啓介,長瀬 寅,四宮謙一. morselized骨軟骨片に成長因子を添加した軟骨欠損治療の実験的検討. 日整会基礎 1999.10.08 奈良

  21. 宗田 大, 関矢一郎, 柳下和慶, 長谷川元信, 浅野浩司, 立石智彦, 大久保治修, 山本晴康, 四宮謙一. 膝前十字靭帯再建術後早期スポーツ復帰における問題. 第25回日整会スポーツ 1999.05.28

  22. 宗田 大,荻内隆司,関矢一郎,長谷川元信,栗原良暁*,柳下和慶,山本晴康 四宮謙一. Endobuttonによる移植腱の固定ー特にACL再建に対する2ルート法ー. JOA 1999.04.09 横浜

  23. 宗田 大,柳下和慶,関矢一郎,長谷川元信,山本晴康,四宮謙一. 透視像による各種人工膝関節の最大屈曲位の検討. 第29回日本人工関節学会 1999.01.29 倉敷

  24. 宗田 大,関矢一郎,荻内隆司,柳下和慶,山本晴康,四宮謙一. 前十字靭帯再建術の自覚的回復に影響を与える因子の分析. 第71回日整会 1998.04.20 徳島

  25. Takeshi Muneta, Ichiro Sekiya, Kazuyoshi Yagishita, Takashi Ogiuchi and Haruyasu Yamamoto. Two-bundle anatomic reconstruction of the anterior cruciate ligament using semitendinosus tendon with Endobuttons: A preliminary report. presented at the 65th annual meeting of AAOS 1998.03.26 New Orleans

  26. 宗田 大,柳下和慶,荻内隆司,山本晴康,四宮謙一. 側面最大屈曲位レントゲン像による人工膝関節の屈曲についての検討. 第28回人工関節学会 1998.03.06 金沢

  27. 宗田 大,柳下和慶,長谷川元信,山本晴康,四宮謙一. 膝の支持台を用いたラックマンテスト変法の意義. 第34回日本膝関節研究会 1998 日本教育会館 一ツ橋ホール

  28. 宗田 大,宮尾康平,三森甲宇,柳下和慶,長谷川元信,四宮謙一. ラットの皮下移植膝蓋腱の早期治癒過程における引っ張り刺激強度の影響. 第25回日本臨床バイオメカニクス学会 1998 宮崎

  29. 宗田 大,荻内隆司,柳下和慶,関矢一郎,山本晴康,四宮謙一. 前十字靭帯再建後3ヶ月の臨床像からみた術後2年の成績. 第33回日本膝関節研究会 1997.12.05 東京

  30. 宗田 大,荻内隆司,関矢一郎,栗原良暁,柳下和慶,山本晴康. 半腱様筋腱を多重折りで用いた2重束2ルート前十字靭帯再建術の短期成績. 第70回日本整形外科学会総会 1997.06.19 札幌

  31. 宗田 大、伊藤聰一郎、荻内隆司、関矢一郎、柳下和慶、山本晴康. 再建前十字靭帯の部位別にみた成熟過程の電子顕微鏡的検討. 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 1996.10.18 鹿児島

  32. 宗田 大、荻内隆司、柳下和慶、山本晴康. 異なる自家腱による前十字靭帯再建術の短期成績の比較ー骨付き膝蓋腱と多重折り半腱様筋腱のー. 第69回日本整形外科学会 1996.04.14

  33. 柳下 和慶. スポーツ医学における精神科医の役割. 第118回日本精神神経学会学術総会 2022.06.17 福岡市

  34. 柳下 和慶. 東京2020 オリンピック・パラリンピックの レガシー ―整形外科医の立場から―選 手村ポリクリニックの医療体制. 第95回日本整形外科学会学術総会 2022.05.20 神戸市

  35. 柳下 和慶. ス ポーツ外傷に対する高気圧酸素治療. 第95回日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸市

  36. 星野傑、片桐洋樹、中村智祐、大関信武、中川裕介、大原敏之、松村恵津子、片倉麻衣、安宰成、吉原有俊、柳下和慶、関矢一郎、古賀英之. OWHTO術後の膝蓋骨低位のrisk factorの検討. 第1回日本knee osteotomy and joint preservation研究会 2021.12.18 神戸市

  37. 見供 翔,廣幡 健二 ,大路 駿介 ,大見 武弘,大原 敏之, 古賀 英之,柳下 和慶. 前十字靭帯再建術後患者における術後3カ月と6 か月の膝伸展筋力の関連. 第8回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2021.12.11 WEB開催

  38. 大路 駿介 ,相澤 純也 ,廣幡 健二 , 大見 武弘 ,見供 翔,古賀 英之,柳下 和慶. 前十字靭帯再建術後にスポーツ復帰した患者の 自覚的競技パフォーマンス阻害要因―自由記述 アンケートの計量テキスト分析―. 第8回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2021.12.11 WEB開催

  39. 柳下 和慶. Tokyo2020+1の医事運営 ポリクリニックの医事運営報告. 第32回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2021.11.13 WEB開催

  40. 島川 朋享, 柳下 和慶, 赤間 高雄. 東京2020オリンピック大会におけるInjury surveillanceの実際. 第32回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2021.11.13 WEB開催

  41. 立石 智彦. 難渋するアスリートの運動器障害をいかに克服するか Jones 骨折をいかに克服するか. 第32回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2021.11.13 WEB開催

  42. 柳下 和慶. 最近のアンチ・ドーピングの情報 糖質コルチコイドについて 整形外科医としての留意点. 第32回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2021.11.13 WEB開催

  43. 立石 智彦, 柳下 和慶, 上野 俊明, 中禮 宏. 歯科医学的サポートの現状とスポーツ・ドクターとの連携 歯科医学的サポートの現状 現場の医師が求めるもの. 第32回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2021.11.13 WEB開催

  44. 堀江 正樹 、亀井 聡 、近藤 俊宏 、柳下 和慶. 高気圧作業を想定した高気圧曝露による抗酸化ストレス因子 Nrf2 活性量の減少. 第 55 回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2021.10.16 那覇市

  45. 近藤 俊宏 、堀江 正樹、仁丹 克則 、伊藤 壮一、鈴木 信哉 、小島 泰史、柳下 和慶. 大深度圧気工事における「非常・緊急時の対応」に対する取組みと実施. 第 55 回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2021.10.16 那覇市

  46. 望月 徹、鈴木 信哉、森松 嘉孝、四ノ宮 成祥、和田 孝次郎、柳下 和慶. 現場における減圧障害の実態に関するアンケート調査. 第 55 回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2021.10.16 那覇市

  47. 峯岸 香奈子 、桜沢 貴俊、干川 祐樹、大久保 淳、大原 敏之、柳下 和慶. 下腿筋損傷に対する高気圧酸素治療での視覚的評価スケールを用いた治療経過の検討. 第 55 回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2021.10.15 那覇市

  48. 大原 敏之、山本 尚輝、星野 傑、松村 惠津子、柳下 和慶. 高気圧酸素治療後に放射線性出血性直腸炎の再発をきたす因子の検討. 第55回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2021.10.15 那覇市

  49. 桜沢 貴俊 、大久保 淳、宮本 聡子、梅田 晃治、峯岸香奈子、干川 祐樹、 藤巻 愛子 、星野 傑 、松村惠津子 、大原 敏之 、柳下 和慶. 本学の現状と課題から考える次世代教育について. 第 55 回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2021.10.15 那覇市

  50. 大久保 淳, 峯岸 香奈子, 干川 祐樹, 桜沢 貴俊, 藤巻 愛子, 宮本 聡子, 倉島 直樹, 大原 敏之, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧治療部における院内感染症対策(COVID-19). 第20回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2021.06.26 世田谷区

  51. 大見武弘,相澤純也,大原敏之,廣幡健二,大路駿介,見供翔,柳下和慶. 内側脛骨過労性骨膜炎の既往がある男子長距離選手の下腿筋横断面積とジョギング中の運動力学データとの関連. 第7回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2021.01.28 WEB開催

  52. 廣幡健二, 相澤純也, 大見武弘, 大路駿介, 大原敏之, 古賀英之, 柳下和慶. ACL 再建術後選手における片脚垂直連続ホッピング中の反応筋力指数と等速性膝伸展最大筋力の関係. JOSKAS-JOSSM2020 2020.12.19 神戸市

  53. 柳下 和慶. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の基礎と最近の話題. 第31回日本臨床スポーツ医学会学術集会 -オンライン学術集会- 2020.11.04

  54. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶, 大川 淳. 骨格筋圧挫損傷急性期において高気圧高酸素環境は低酸素誘導因子の増加を介して筋新生に至る過程を促進する. 第35回日本整形外科学会基礎学術集会(web) 2020.10.16

  55. 柳下 和慶. 東京オリンピック・パラリンピックにおける整形外科医の役割 選手村ポリクリニックにおける診療体制について. 第93回 日本整形外科学会学術集会(web) 2020.06.11

  56. 大原 敏之 、 山本 尚輝、 塩田 幹夫、 柳下 和慶 、 大川 淳. スポーツ復帰のための肉離れ治療 肉離れに対する高気圧酸素治療の効果の検討. 2020.03

  57. 大見武弘, 相澤純也, 廣幡健二, 大路駿介, 柳下和慶. 内側脛骨過労性骨膜炎の既往がある男子長距離選手のジョギング動作中の運動学・運動力学的特徴. 第6回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2019.12.08 豊島区

  58. 廣幡健二、相澤純也、大見武弘、大路駿介、柳下和慶. ACL再建術後選手と健常選手における片脚垂直連続ホッピング中の反応筋力指数の非対称性 ~片脚ホップテストとの比較を含めた分析~. 第6回スポーツ理学療法学会学術大会 2019.12.07 豊島区

  59. 柳下和慶. 東京2020大会における選手村診療体制の構築. 第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2019.11.17 横浜市

  60. 大原敏之, 柳下和慶, 塩田幹夫, 山本尚輝. 下肢疲労骨折の治療と予防~現在、過去、未来 下肢疲労骨折に対する高気圧酸素治療の効果. 第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2019.11.17 横浜市

  61. 山本 尚輝、酒井朋子、神野哲也、柳下和慶、渡邊敏文、瀬川裕子、宮武和正、塩田幹夫、請川大、星野ちさと、高田亮平、平尾昌之、大川淳. 人工膝関節全置換術後の階段昇降能力獲得に影響を与える因子. 第3回 日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 2019.11.16

  62. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷モデルにおいてROS・RNSを介して筋内IL-6を増加させる. 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜市

  63. 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 大川 淳. トップアスリートに対する足の外科の治療戦略 足部、足関節外傷に対する高気圧酸素治療. 第44回日本足の外科学会学術集会 2019.09.27 札幌市

  64. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷後に高気圧酸素治療が筋力回復与える影響 . 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 水道橋

  65. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 山本 尚輝, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷モデルにおいてROS・RNSを介して骨格筋内IL-6を増加させる. 第45回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2019.08.31 大阪市

  66. 柳下 和慶. 選手村総合診療所(ポリクリニック)でのメディカル対応. 第45回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2019.08.30 大阪市

  67. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷急性期において早期の高気圧高酸素治療は筋再生促進に有用である. 第45回 日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2019.08.30 大阪

  68. 小原 悠里, 柳下 和慶, 井上 瞳, 丸山 まいみ, 大家 千枝子, 木村 典代. 日本トップスピードスケート選手の血中ビタミンDと骨密度の季節変動およびその関連因子の検討. 日本スポーツ栄養学会 第5回大会 2019.07.21 京都市

  69. 柳下 和慶, 小島 泰史, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 山本 尚輝. 潜水医学におけるトラベルクリニックの役割 減圧障害とは. 第23回 日本渡航医学会学術集会 2019.07.15 新宿区

  70. 芝山 正治, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 新関 祐美. 「減圧症の予防から治療まで」 東京医科歯科大学で過去44年間にわたりレジャーダイバーの減圧障害の傾向を検討. 第19回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2019.06.22 伊豆の国市

  71. 大原敏之, 柳下和慶, 塩田幹夫, 山本尚輝. 高気圧酸素治療臨床研究に向けたSham treatmentの検討. 第19回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2019.06.22 伊豆の国市

  72. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧治療前における動画を用いた患者説明導入の試み. 第19回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2019.06.22 伊豆の国市

  73. 小島泰史、新関祐美、塩田幹夫、大原敏之、山本尚輝、柳下和慶. SANDHOG criteriaを用いた減圧症の診断とその有用性、減圧 症症例登録に期待するもの. 第54回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2019.06.16 文京区

  74. 峯岸 香奈子, 大久保 淳, 宮本 聡子, 前田 卓馬, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 柳下 和慶. 有事の際に対する手動入室マニュアルを作成して. 第54回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2019.06.16 文京区

  75. 芝山 正治, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 新関 祐美. 東京医科歯科大学で過去53年間にわたり取り扱った減圧障害受診者の職種別、年次別推移の検討. 第54回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2019.06.16 文京区

  76. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷モデルにおいてROS・RNSを介して筋内IL-6を増加させる. 第54回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2019.06.16 文京区

  77. 前田 卓馬, 大久保 淳, 宮本 聡子, 峯岸 香奈子, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶, 小柳津 卓哉. 健常人における高気圧酸素治療時の血流測定と経皮酸素分圧測定 通常治療に用いるTreatment Tableを使用した経時的な計測. 第54回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2019.06.16 文京区

  78. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 峯岸 加奈子, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. マスクの変更に伴う放射線性膀胱炎の治療実績についての検討. 第54回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2019.06.16 文京区

  79. 打越 健太, 大路 駿介, 相澤 純也, 川崎 智子, 廣幡 健二, 大見 武弘, 小笠原 一生, 柳下 和慶, 中田 研. 大学女子バレーボール選手における片脚側方ドロップ着地中の垂直床反力の非対称性 アタッカーと非アタッカーでの比較. 第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2019.06.13 札幌市

  80. 川崎 智子, 大路 駿介, 相澤 純也, 打越 健太, 廣幡 健二, 大見 武弘, 小笠原 一生, 柳下 和慶, 小関 博久, 中田 研. 大学女子バレーボール選手における片脚前方ドロップ着地中の垂直床反力の非対称性 ポジション別の比較. 第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2019.06.13

  81. 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 大川 淳. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の位置づけ 基礎と臨床. 第92回日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜市

  82. 大路駿介、相澤純也、廣幡健二、大見武弘、柳下和慶. 前十字靭帯再建術後において自覚的競技パフォーマンスが低いアスリートの身体機能的および心理的特徴. 第5回日本スポーツ理学療法学会学術大会 2018.12.09 世田谷区

  83. 柳下 和慶. 2018年診療報酬改定の経緯と改定後の問題点. 第35回日本高気圧環境・潜水医学会学術集会 2018.12.01 旭川市

  84. 大原 敏之, 塩田 幹夫, 山本 尚輝, 柳下 和慶. ハムストリング肉離れによる高気圧酸素治療介入による競技復帰日数の検討. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.12.01 旭川市

  85. 柳下 和慶. 適応疾患. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.12.01 旭川市

  86. 前田 卓馬, 宮本 聡子, 桜沢 貴俊, 大久保 淳, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療下でのレーザドプラ血流計を用いた耳朶血流測定. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川市

  87. 大久保 淳, 峰岸 香奈子, 桜沢 貴俊, 前田 卓馬, 藤巻 愛子, 宮本 聡子, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療時の危機管理:現状の把握と今後について 高気圧酸素治療時の危機管理 第2種装置における現況と今後. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川市

  88. 塩田 幹夫, 大原 敏之, 山本 尚輝, 小柳津 卓也, 柳下 和慶. 第1種装置での高気圧酸素治療で改善に乏しかった脊髄型減圧症に対しUS Navy TT6が有用であった一例. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川市

  89. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 当院における放射線性出血性直腸炎・膀胱炎の治療成績. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川市

  90. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療は圧挫損傷骨格筋内のNFκBを抑制し、IL-10の分泌を促進する. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川市

  91. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 桜沢 貴俊, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. 気管切開患者における2種類のマスクを用いた際の経皮的酸素分圧の検討. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川市

  92. 桜沢 貴俊, 宮本 聡子, 大久保 淳, 峯岸 香奈子, 山内 大輔, 前田 卓馬, 藤巻 愛子, 山本 尚輝, 塩田 幹夫, 大原 敏之, 柳下 和慶. 頸椎装具使用によるマスクフィッティングが経皮酸素分圧へ及ぼす影響. 第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2018.11.30 旭川市

  93. 柳下 和慶. 高気圧酸素治療の最近の話題. 第22回日本医療ガス学会学術大会 2018.11.24 千代田区

  94. アスリートのハムストリング肉離れにおける高気圧酸素治療介入による競技復帰時期の検討. 第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2018.11.02 札幌市

  95. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷後の筋張力回復における高気圧酸素治療の至適適応条件を探る. 第12回日本高気圧環境・潜水学会北海道地方会 2018.09.16 札幌市

  96. 小島泰史,鈴木信哉,新関祐美,小島朗子,川口宏好,柳下和慶. 病院到着前の減圧障害管理のためのInternational Divers Alert Network(IDAN)の試み. 第22回日本渡航医学会学術集会 2018.07.22 松山

  97. 堀江 正樹, 亀井 聡, 近藤 俊宏, 柳下 和慶. 圧気工事を想定した高気圧環境曝露における抗酸化ストレス因子の動態解析. 第3回日本高気圧環境・潜水学会近畿地方会 2018.07.07 鈴鹿市

  98. 柳下 和慶. オリンピックと高気圧酸素治療 2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて. 第15回日本臨床高気圧酸素・潜水医学会 2018.06.16 千代田区

  99. 目黒 隆, 柳下 和慶, 鈴木 信哉, 小島 泰史, 近藤 俊宏, 中藤 邦彦. 圧気潜函工法のメディカルコントロール 圧気潜函工法の大深度化 その課題克服に向けた取組み. 第15回日本臨床高気圧酸素・潜水医学会 2018.06.16 千代田区

  100. 小島泰史、鈴木信哉、新関祐美、小島朗子、川口宏好、柳下和慶. Divers Doctor Network(DD NET)の現状と問題点、改善の取り組み. 第15回日本臨床高気圧酸素・潜水医学会 2018.06.16 文京区

  101. 柳下 和慶. 骨・軟部組織感染症に対する治療戦略と高気圧酸素治療. 第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2018.06.15 福岡市

  102. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 大川 淳, 柳下 和慶. 骨格筋圧挫損傷後の筋張力回復における高気圧酸素治療の至適適応条件を探る. 第18回日本高気圧環境・潜水学会関東地方会 2018.06.09 つくば市

  103. 前田 卓馬, 大久保 淳, 宮本 聡子, 藤巻 愛子, 桜沢 貴俊, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 本学における学生実習の現状と問題点 高気圧酸素治療のみの学生実習を経験して. 第18回日本高気圧環境・潜水学会関東地方会 2018.06.09 つくば市

  104. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 藤巻 愛子, 桜沢 貴俊, 山本 尚輝, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 柳下 和慶. 本学における新人教育の現状と問題点. 第18回日本高気圧環境・潜水学会関東地方会 2018.06.09 つくば市

  105. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 大原 敏之, 塩田 幹夫, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 急性骨格筋圧挫損傷後の筋張力回復に対する高気圧酸素治療の至適条件の検討. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸市

  106. 小柳津 卓哉, 山本 尚輝, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット下腿筋圧挫損傷モデルにおいて損傷筋内IL-6/STAT3系を活性化させる. 第91回日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸市

  107. 大路駿介,相澤純也,廣幡健二,大見武弘,柳下和慶,音部雄平,小山真吾,谷直樹,小川秀幸,阿部祐樹、西尾尚倫,木村鷹介,山田実. 前十字靱帯再建術後患者の片脚前方ジャンプ着地における着地衝撃緩衝能力の特徴 ―自覚的競技パフォーマンスによる違い―. 第44回日本臨床バイオメカニクス学会 2017.11.24 松山市

  108. 柳下 和慶. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の基礎と臨床の根拠 スポーツ外傷・障害・コンディショニングに対する高気圧酸素治療の根拠 overview. 第28回日本臨床スポーツ医学会 学術集会 2017.11.18 渋谷区

  109. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の基礎と臨床の根拠 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷骨格筋において血中炎症性細胞を減少させ、マクロファージの形質転換を誘導し、筋衛星細胞を活性化する. 第28回日本臨床スポーツ医学会 学術集会 2017.11.18 渋谷区

  110. 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の基礎と臨床の根拠 HBOの基礎的エビデンス 軟部組織損傷に関するreview. 第28回日本臨床スポーツ医学会 学術集会 2017.11.18 渋谷区

  111. 廣幡健二、相澤純也、大見武弘、大路駿介、柳下和慶. 前十字靭帯再建術後アスリートの片脚連続垂直ホッピング能力の非対称性―Reactive strength indexに着目した分析―. 第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2017.11.18 渋谷区

  112. 相澤 純也, 廣幡 健, 大路 駿介, 大見 武弘, 柳下 和慶. 前十字靱帯再建術後アスリートにおける片脚ジャンプ着地中の垂直床反力に関連する身体機能的因子. 第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2017.11.18

  113. 大路駿介,相澤純也,廣幡健二,大見武弘,柳下和慶. 前十字靱帯再建術後患者の自覚的競技パフォーマンス低下要因の検討. 第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2017.11.18 渋谷区

  114. 鈴木 直子, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小島 泰史, 小柳津 卓哉, 芝山 正治, 柿沼 俊光, 山本 和雄. 減圧症発症誘因の地域差の検討. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.12 沖縄県中頭郡

  115. 堀江 正樹, 近藤 俊宏, 芝山 正治, 密本 尚寛, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧作業安全衛生規則改正に伴う新減圧表の減圧症発症率に関する調査研究 圧気工事作業の場合. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.12 沖縄県中頭郡

  116. 密本 尚寛, 芝山 正治, 小島 泰史, 近藤 俊宏, 堀江 正樹, 柳下 和慶. 高気圧作業安全衛生規則改正に伴う新減圧表の減圧症発症率に関する調査研究 潜水作業の場合. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.12 沖縄県中頭郡

  117. 柳下 和慶, 芝山 正治, 榎本 光裕, 小島 泰史. 潜水作業の船上(水上)減圧法における減圧症発症の調査研究. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.12 沖縄県中頭郡

  118. 山本 尚輝, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 高田 亮平, 大川 淳, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療は圧挫損傷後の下腿筋筋力回復を促進する. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.11 沖縄県中頭郡

  119. 後藤 啓吾, 大久保 淳, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 山本 素希, 山内 大輔, 山本 尚輝, 高田 亮平, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療時における急速減圧速度についての検討. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.11 沖縄県中頭郡

  120. 宮本 聡子, 大久保 淳, 前田 卓馬, 後藤 啓吾, 山本 素希, 山内 大輔, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 高田 亮平, 柳下 和慶 . 高気圧酸素治療における自動測定式非観血血圧計を備えた生体情報送信機の使用評価. 第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2017.11.11 沖縄県中頭郡

  121. 柳下和慶. 女性アスリートと疲労骨折. 第32回日本女性医学会学術集会 2017.11.04 大阪市

  122. 高田 亮平、神野 哲也、宮武 和正、平尾 昌之、瀬川 裕子、柳下 和慶、大川 淳. 両側一期的人工股関節全置換術における前方進入法と前側方進入法の術後成績に関する検討: ランダム化比較試験. 第44回日本股関節学会学術集会 2017.10.20 新宿区

  123. 廣幡 健二,相澤純也,古谷英孝,見供翔,大見武弘,大路駿介,柳下和慶,Kate Webster. 日本語版ACL-Return to Sport after Injury (ACL-RSI) scaleの開発. 第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2017.09.09

  124. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 骨格筋損傷において高気圧酸素治療は血中炎症細胞を抑制し、組織内マクロファージを誘導し、細胞増殖と筋再生を促進する. 第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2017.09.08 宮崎市

  125. 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓也, 堀江 正樹, 大原 敏之. スポーツ医学イノベーション 継承と革新 スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療. 第43回日本整形外科スポーツ医学会 2017.09.08 宮崎市

  126. 柳下 和慶, 榎本 光裕, 下田 学, 小栁津 卓哉, 小島 泰史, 堀江 正樹, 加地 真也, 相澤 純也, 宮本 聡子, 前田 卓馬, 大久保 淳. 高強度運動後疲労に対する高気圧・高濃度酸素の有効性検討Single-blind、cross over試験での解析. 第2回日本高気圧環境・潜水医学会近畿地方会 2017.07.22 宇治市

  127. 後藤 啓吾, 大久保 淳, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 山本 素希, 山内 大輔, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 高田 亮平, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療を有効かつ安全に施行するための工夫. 第2回日本高気圧環境・潜水医学会近畿地方会 2017.07.22 宇治市

  128. 大路駿介,相澤純也,廣幡健二,大見武弘,柳下和慶. 片脚前方ジャンプ着地における下肢筋同時収縮率,矢状面関節角度,垂直床反力の関連. 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017.06.22 札幌市

  129. 池川 麻衣, 高橋 敏幸, 三ツ山 晃弘, 林 海里, 柳下 和慶, 上野 俊明. 高気圧酸素治療が唾液性状および口腔内細菌叢に及ぼす影響. 日本スポーツ歯科医学会第28回総会・学術大会 2017.06.17 札幌市

  130. 柴田 千帆, 中禮 宏, 林 海里, 白子 高広, 柳下 和慶, 相澤 純也, 上野 俊明. 背部への衝突外乱によって生じる頭部回転角加速度に対する咬合の介入研究. 日本スポーツ歯科医学会第28回総会・学術大会 2017.06.17

  131. 堀江 正樹, 榎本 光裕, 小栁津 卓哉, 柳下 和慶. 「低圧・低酸素から高圧・高酸素まで」基礎編 高気圧酸素治療が骨格筋再生過程に与える影響について. 第17回日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会 2017.06.10 四街道市

  132. 前田 卓馬, 大久保 淳, 後藤 啓吾, 山内 大輔, 山本 素希, 宮本 聡子, 倉島 直樹, 柳下 和慶. トラブル・合併症の予防と発生時の対応について 耳トラブルへの対策. 第17回日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会 2017.06.10 四街道市

  133. 山内 大輔, 大久保 淳, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 山本 素希, 後藤 啓吾, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 高田 亮平, 小島 泰史, 柳下 和慶. 当院の高気圧酸素治療前の説明における臨床工学技士の役割と問題点. 第17回日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会 2017.06.10 四街道市

  134. 後藤 啓吾, 大久保 淳, 前田 卓馬, 山内 大輔, 宮本 聡子, 山本 素希, 倉島 直樹, 山本 尚輝, 高田 亮平, 小島 泰史, 柳下 和慶. 非常時を想定した災害訓練を経験して 医師と臨床工学技士との関わり. 第17回日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会 2017.06.10 四街道市

  135. 大見武弘,相澤純也,廣幡健二,大路駿介,加地真也,榎本光裕,柳下和慶. 新たな方法による足部内側縦アーチ計測の信頼性と妥当性. 第52回日本理学療法学術大会 2017.05.24 千葉市

  136. 二村 友理, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境は腫脹を軽減し、早期マクロファージの誘導と細胞増殖を促進し筋再生を促進させる. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台市

  137. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット圧挫損傷モデルにおいて血中炎症細胞を抑制し、筋衛星細胞を活性化する. 第90回日本整形外科学会学術総会 2017.05.08 仙台市

  138. 柳下和慶、榎本光裕、小栁津卓哉、小島泰史、大久保淳、前田卓馬、宮本聡子、山本素希、後藤啓吾. 本学における一酸化中毒患者に対するHBOの実際とフォローアップの現状. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.04 文京区

  139. 密本尚寛,芝山正治,榎本光裕,小栁津卓哉,小島泰史,柳下和慶. 商業飽和潜水における潜水士の安全と健康ーエクスカーションと減圧ー. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.04 文京区

  140. 榎本光裕、前田卓馬、小栁津卓哉、大久保淳、宮本聡子、山本素希、後藤啓吾、小島泰史、大川淳、柳下和慶. 遅発性放射線障害を有する患者の臨床的特徴と高気圧酸素治療に伴う合併症. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.04 文京区

  141. 柳下和慶、榎本光裕、小栁津卓哉、小島泰史、大久保淳、前田卓馬、宮本聡子、山本素希、後藤啓吾 . MRIを用いたハムストリング肉離れ急性期に対する初回高気圧酸素治療の有効性評価. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.03 文京区

  142. 大久保淳,後藤啓吾,山本素希,前田卓馬,宮本聡子,倉島直樹,小栁津卓哉,小島泰史、榎本光裕,柳下和慶. 高気圧酸素治療と医療機器の持ち込み ~第2種高気圧酸素治療装置の現状と問題点~. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.03 文京区

  143. 宮本 聡子, 大久保淳,前田卓馬,山本素希,後藤啓吾,倉島直樹,小栁津卓哉、榎本光裕、小島泰史、柳下和慶. 末梢動脈疾患に対して高気圧酸素治療とデキストラン硫酸LDL吸着療法を含む集学的治療が有用であった一例 . 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.03 文京区

  144. 前田卓馬,大久保淳,山本素希,宮本聡子,橋本由理恵,濱田真帆,倉島直樹,小栁津卓哉,榎本光裕,小島泰史,柳下和慶. 高気圧酸素治療の初回治療時における耳痛発生の検討. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.03 文京区

  145. 後藤啓吾,大久保淳,山本素希,前田卓馬,宮本聡子,橋本由理恵,濱田真帆,倉島直樹,小栁津卓哉,榎本光裕,小島泰史,柳下和慶. 高気圧環境下における新型輸液ポンプの流量特性. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.03 文京区

  146. 山本素希,大久保淳,前田卓馬,後藤啓吾,宮本聡子,小栁津卓哉,榎本光裕,小島泰史,柳下和慶. 新型シリンジポンプにおける高気圧下での流量特性. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12.03 文京区

  147. 小島泰史,柳下和慶,小柳吉彦,小島朗子,鈴木信哉. 現在のダイバーの健康診断とその問題点及び提言. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12 文京区

  148. 小島泰史,柳下和慶,小柳吉彦,小島朗子,鈴木信哉. Guidelines for Prehospital Management of Diving Injuries作成のためのInternational Divers Alert Network(IDAN) の取り組み. 第51回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2016.12 東京

  149. 榎本 光裕, 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 相澤 純也, 大路 駿介, 加地 真也, 中村 智祐, 廣幡 健二, 大見 武弘, 宗田 大. 当院における膝内側側副靱帯損傷に対する高気圧酸素治療(HBO)の効果. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05 千葉市

  150. 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小栁津 卓哉. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の根拠と実際 高気圧酸素治療のエビデンスと現状に基づき、将来像を探る 軟部組織外傷に対する高気圧酸素治療の至適条件. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05 千葉市

  151. 相澤 純也, 廣幡 健, 大路 駿介, 大見 武弘, 古賀 英之, 宗田 大, 柳下 和慶. 前十字靱帯再建術後患者の術側と非術側の片脚前方ジャンプ着地における垂直床反力の差. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05 千葉市

  152. 柳下 和慶, 相澤 純也, 大見 武弘, 中村 香織, 廣幡 健二, 大路 駿介, 榎本 光裕. 大規模調査からみえる女性アスリート、指導者の現状とAMED研究班の今年度の取り組み 下肢疲労骨折のリスクファクター・バイオメカニクス因子の検索. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05 千葉市

  153. 小栁津 卓哉, 榎本 光裕, 辻 邦和, 宗田 大, 大川 淳, 柳下 和慶. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の根拠と実際 高気圧酸素治療のエビデンスと現状に基づき、将来像を探る 高圧・高酸素環境がラット圧挫損傷骨格筋に与える影響. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05 千葉市

  154. 中嶋 耕平, 千葉 義夫, 半谷 美夏, 福田 直子, 藤木 崇史, 水谷 有里, 柳下 和慶, 武田 秀樹, 増島 篤, 奥脇 透, 川原 貴. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療の根拠と実際 高気圧酸素治療のエビデンスと現状に基づき、将来像を探る 国立スポーツ科学センター(JISS)における高気圧酸素療法の実際. 第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2016.11.05 千葉市

  155. 鈴木 若奈, 小栁津 卓哉, 榎本 光裕, 大川 淳, 柳下 和慶. ラット骨格筋圧挫損傷モデルにおいて、高圧高酸素環境はマクロファージを誘導し、細胞増殖と筋再生を促進する. 第31回日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.14 福岡市

  156. 廣幡健二, 相澤 純也, 大見 武弘,大路 駿介, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 片脚外方ジャンプ着地課題の失敗試技における床反力と体幹側方傾斜運動の特徴:Slip Errorに着目した解析.. 第42回日本整形外科スポーツ医学学術集会 2016.09.17 札幌市

  157. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. 高圧・高酸素環境はラット下腿筋圧挫損傷後の血管透過性を改善し、腫脹を軽減する. 第42回 日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2016.09.16 札幌

  158. 柳下 和慶, 小栁津 卓哉, 大久保 淳, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 山本 素希, 後藤 啓吾, 榎本 光裕. HBOにおけるスポーツ選手受入れのための連携の実際と、連携発展に向けた要件. 第16回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2016.09 文京区

  159. 前田 卓馬, 大久保 淳, 後藤 啓吾, 山本 素希, 宮本 聡子, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 在宅中心静脈栄養法に使用する経静脈栄養ポンプの高気圧酸素治療下における流量特性の検討. 第16回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2016.09 文京区

  160. 後藤 啓吾, 大久保 淳, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 山本 素希, 倉島 直樹,小栁津 卓哉, 榎本 光裕, 小島 泰史, 柳下 和慶. 高気圧環境曝露後における耳かけ型補聴器の動作性能の検討. 第16回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2016.09 文京区

  161. 中嶋 耕平, 奥脇 透, 半谷 美夏, 福田 直子, 藤木 崇史, 水谷 有里, 千葉 義夫, 武田 秀樹, 増島 篤, 柳下 和慶. 国立スポーツ科学センター(JISS)における高気圧酸素(HBO)治療の現状と課題. 第16回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2016.09 文京区

  162. 上里 彰仁, 西川 徹, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療の睡眠への影響 時差障害に対する使用に向けて. 2016.08

  163. 榎本 光裕, 柳下 和慶, 請川 大, 森田 定雄, 大川 淳. 高齢者慢性腰痛と前屈時腰背筋活動の関係. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 2016.06.09 京都市

  164. 吉田 結梨子, 中禮 宏, 高橋 敏幸, 黒川 勝英, 塩田 菜々, 川端 聡, 田邊 元, 柳下 和慶, 上野 俊明. ジャンプ着地動作と咀嚼筋活動との関係. 第26回日本スポーツ歯科医学会学術大会 2016.02 新潟市

  165. 榎本光裕、前田卓馬、小柳津卓哉、小島泰史、大久保淳、宮本聡子、山本素希、中野英美子、加藤剛、柳下和慶. 晩期有害事象に対するHBOT. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.14 群馬

  166. 柳下和慶、榎本光裕、小栁津卓哉、小島泰史、芝山正治、前田卓馬、宮本聡子、中野英美子、山本素希、後藤啓吾、大久保淳. 間歇型一酸化炭素中毒に対する高気圧治療. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.14 新前橋

  167. 大久保淳,前田 卓馬,後藤啓吾,山本素希,中野英美子,宮本 聡子,小栁津卓哉,小島泰史,榎本光裕,柳下和慶. 各メーカーにおけるリザーバー付き酸素マスク使用時の吸入酸素濃度検討. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.14

  168. 小栁津卓哉,榎本光裕,柳下和慶. 高気圧酸素治療は損傷骨格筋内を酸素化し 血管透過性と腫脹を改善する. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.14 新前橋

  169. 前田卓馬、大久保淳、山本素希、後藤啓吾、中野英美子、宮本聡子、小栁津卓哉、榎本光裕、小島泰史、柳下和慶. 高気圧酸素治中に経皮酸素分圧を測定した足関節捻挫の1症例. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.14 新前橋

  170. 後藤啓吾、大久保淳、山本素希、前田卓馬、宮本聡子、中野英美子、小栁津卓哉、榎本光裕、小島泰史、柳下和慶. 高気圧酸素治療下における輸液ポンプの流量特性の検討. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.13 新前橋

  171. 柳下和慶、榎本光裕、小栁津卓哉、小島泰史、芝山正治、前田卓馬、宮本聡子、中野英美子、山本素希、後藤啓吾、大久保淳. 東京医科歯科大学の高気圧治療の卒前教育と日常診療. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.13 新前橋

  172. 山本素希、大久保淳、前田卓馬、後藤啓吾、中野英美子、宮本聡子、小栁津卓哉、榎本光裕、小島泰史、柳下和慶. 高気圧環境下でシリンジポンプ使用時におけるシリンジサイズが及ぼす影響. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.13 新前橋

  173. 大久保淳,前田 卓馬,後藤啓吾,山本素希,中野英美子,宮本 聡子,小栁津卓哉,小島泰史,榎本光裕,柳下和慶. 第2種高気圧酸素治療装置の現状と問題点. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.13 新前橋

  174. 芝山正治、榎本光裕、小柳津卓哉、小島泰史、小宮正久、柳下和慶. 高気圧作業安全衛生規則改正に伴う調査研究(2)-潜水作業者の作業深度の実態-. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.13 新前橋

  175. 密本尚寛、芝山正治、榎本光裕、小柳津卓哉、小島泰史、柳下和慶. 高気圧作業安全衛生規則改正に伴う調査研究 (1)-減圧理論式とダイビングコンピュータの検証-. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.13 新前橋

  176. 鈴木直子, 山本和雄, 柿沼俊光, 榎本光裕, 小柳津卓哉, 小島泰史, 芝山正治, 柳下和慶. 沖縄地域における減圧症診断のためのアンケート開発: ケースコントロール研究. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.13 新前橋

  177. 小島泰史,榎本光裕,小柳津卓哉,大久保淳,前田卓馬,柳下和慶. 減圧障害の最適な治療は何か-東京医科歯科大学での治療の実際. 第50回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2015.11.13 新前橋

  178. 小栁津 卓哉,榎本光裕,柳下和慶. 高気圧酸素治療は圧挫損傷後の腫脹を改善させる。. 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2015.11.08 神戸

  179. 廣幡健二,相澤純也,大路駿介,大見武弘,中村智祐, 榎本光裕,柳下和慶. 片側外側ジャンプ着地課題の失敗試技における床反力特性. 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2015.11.07

  180. 大路駿介、他. 空中身体回転を伴う外側方片脚着地における床反力の特徴. 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2015.11.07 神戸国際会議場

  181. 相澤 純也, 大路 駿介, 廣幡 健二, 大見 武弘, 中村 智祐, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 片脚外側ジャンプ着地中の床反力における性別、利き・非利き脚による差. 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2015.11.07 神戸

  182. 吉田 結梨子, 中禮 宏, 中村 智祐, 大路 駿介, 大見 武弘, 廣幡 健二, 相澤 純也, 榎本 光裕, 柳下 和慶, 上野 俊明. ジャンプ着地動作の安定性と咀嚼筋活動との関係. 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2015.11.07 神戸

  183. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 中村 智祐, 加藤 剛, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療の早期介入はラット下腿筋圧挫損傷後の腫脹を改善させる. 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2015.11.07 神戸

  184. 榎本光裕 柳下和慶 小柳津卓哉 堀江正樹 相澤純也 大路駿介 加地真也 中村智祐. 患者立脚型評価法を用いた下肢スポーツ軟部組織外傷後の高気圧酸素治療の効果. 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2015.11

  185. 小栁津 卓哉,榎本光裕,柳下和慶. 高圧・高酸素環境は骨格筋圧挫損傷後の腫脹を改善し、組織酸素分圧の低下を防止する. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22

  186. 小栁津 卓哉,榎本光裕,柳下和慶. ラット下腿筋圧挫損傷後に対する高気圧酸素の効果. 第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2015.09.12 京都

  187. 加藤 剛, 柳下 和慶, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 不全対麻痺を呈する多発神経鞘腫患者に発症したフルニエ壊疽の治療経験. 第38回日本骨・関節感染症学会 2015.07.04 高松市

  188. 上里 彰仁, 榎本 光裕, 玉岡 明洋, 甫母 瑞枝, 犬飼 周佑, 秀島 雅之, 宮崎 泰成, 西川 徹, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療が睡眠に与える効果に関するオープン研究. 日本睡眠学会第40回定期学術集会 2015.07.02 宇都宮

  189. 宮本聡子、大久保淳、前田卓馬、小柳津卓哉、小島泰史、榎本光裕、柳下和慶. 高気圧酸素治療における各種マスクに関するアンケート調査. 第15回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2015.06.20 静岡市

  190. 榎本 光裕, 堀江 正樹, 小柳津 卓哉, 下田 学, 柳下 和慶. 骨格筋損傷後の高気圧酸素治療が筋再生過程に与える影響 基礎研究から明らかになったこと. 第15回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2015.06.20 静岡市

  191. 大久保 淳, 倉島 直樹, 山本 基希, 中野 英美子, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 高濃度マスクと経鼻カニューラ併用療法に関する検討. 第15回日本高気圧環境・潜水医学会 関東地方会 2015.06.20

  192. 山本 素希, 前田 卓馬, 大久保 淳, 宮本 聡子, 倉島 直樹, 小栁津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 高圧環境下における搬送用呼吸器の駆動状態. 第15回日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会 2015.06.20 静岡市

  193. 中村 智祐,小田邉 浩二, 堀江 雅史, 古賀 英之, 渡邊 敏文, 柳下 和慶, 関矢 一郎, 宗田 大. 3種類の大腿骨孔作成法での遺残組織温存2重束ACL再建術の短期成績比較. 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2015.06.19 札幌

  194. 大路駿介,相澤純也,廣幡健二,大見武弘,中村智祐,柳下和慶. 空中回転課題を加えた側方片脚着地動作における床反力の特徴. 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2015.06.19 札幌

  195. 大路 駿介, 相澤 純也, 柳下 和慶. 空中回転課題を加えた片脚ジャンプ着地動作における床反力の特徴. 第49回日本理学療法学術大会 2015.05.30 横浜

  196. 中村 智祐, 小田邉 浩二, 堀江 雅史, 古賀 英之, 渡邊 敏文, 柳下 和慶, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大. 当科におけるTKA術後のVTE発生状況. 第88回日本整形外科学会学術集会 2015.05 神戸

  197. 堀江 雅史, 小田邉 浩二, 中村 智祐, 古賀 英之, 渡邊 敏文, 柳下 和慶, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大. ハムストリング腱を用いた二重束ACL再建術後のスポーツ復帰状況. 第89回日本整形外科学会学術総会 2015.05 横浜

  198. 久保田 礼, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 大川 淳, 柳下 和慶. 当科における化膿性脊椎炎の治療戦略 早期固定術での早期離床と高気圧酸素療法併用を基本として. 第55回関東整形災害外科学会 2015.03.28 さいたま市

  199. 柳下和慶. 高気圧酸素治療. 第13回 日本フットケア学会年次学術集会 2015.02.15 東京都港区

  200. 柳下和慶. 放射線有害事象 高気圧酸素療法を用いた直腸・膀胱出血への対応. 第11回 前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 2015.01.25 東京都港区

  201. 柳下和慶. 高気圧酸素治療の最新トピックス. 第1回 文京区高気圧酸素治療談話会 2015.01.15 東京都文京区

  202. 柳下和慶. 高気圧酸素治療による外傷からの早期回復、早期復帰. Jリーグドクター会議 2015.01.11 東京都文京区

  203. 榎本 光裕, 柳下 和慶, 下田 学, 堀江 正樹, 小柳津 卓哉, 相澤 純也, 大路 駿介, 加地 真也, 中村 智祐, 宮川 俊平. 短時間高強度運動負荷後の運動疲労に対する高気圧酸素の効果. 第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2014.11.08 東京都北区

  204. 大路 駿介, 相澤 純也, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 片脚ジャンプ着地中の身体回転が着地時の前額面体幹・下肢アライメントに及ぼす影響. 第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2014.11.08 東京都北区

  205. 柳下和慶. 高気圧酸素治療の適応疾患の国際比較. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  206. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 大川 淳, 柳下 和慶. ラット後肢圧挫損傷後の腫脹に対する高気圧酸素の有効性. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  207. 小島 泰史, 榎本 光裕, 外川 誠一郎, 小柳津 卓哉, 大久保 淳, 岡崎 史紘, 柳下 和慶. 減圧障害(DCI)での重症度分類. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  208. 榎本 光裕, 岡崎 史紘, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 大久保 淳, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 加藤 剛, 柳下 和慶. 東京医科歯科大学医学部附属病院での重症感染症に対する高気圧酸素治療症例の検討. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  209. 荒井 慎吾, 大久保 淳, 岡崎 史紘, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療中のシリンジポンプによる流量特性の検討. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  210. 岡崎 史紘, 大久保 淳, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 荒井 慎吾, 山本 素希, 小島 泰史, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 前立腺癌を原疾患とする放射線治療の晩期有害事象である膀胱炎への高気圧酸素治療の効果. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  211. 加藤 剛, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 大川 淳. 高気圧酸素治療を併用した化膿性脊椎炎に対する当院の治療戦略. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  212. 鈴木 直子, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 芝山 正治, 山本 和雄, 柳下 和慶. レジャーダイバーの減圧症発症誘因 1日3本以上の潜水と多要因との交互作用. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  213. 芝山 正治, 柳下 和慶, 小宮 正久, 外川 誠一郎, 小島 泰史, 加藤 剛, 榎本 光裕, 岡崎 史紘. スクーバダイビングの安全対策に関する潜水障害の発生頻度及び予防に関する調査研究 18年間の調査結果から. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  214. 村田 幸雄, 合志 清隆, 青木 一雄, 玉木 英樹, 柳下 和慶, 森松 嘉孝, 石竹 達也. 沖縄県のダイビングインストラクターの業務と減圧障害の実態調査. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  215. 宮本 聡子, 大久保 淳, 岡崎 史紘, 前田 卓馬, 荒井 慎吾, 小柳津 卓哉, 小島 泰史, 榎本 光裕, 柳下 和慶. HBO施行時におけるマスク酸素流量変化に伴う経皮酸素分圧動態. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  216. 柳下 和慶. 高気圧酸素治療の適応疾患の国際比較 主に欧米との差について. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  217. 小島 泰史, 榎本 光裕, 外川 誠一郎, 小柳津 卓哉, 大久保 淳, 岡崎 史紘, 柳下 和慶. 減圧症における現状と治療の展望 減圧障害での重症度分類. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  218. 芝山 正治, 柳下 和慶, 外川 誠一郎, 小島 泰史, 加藤 剛, 榎本 光裕, 岡崎 史紘, 小宮 正久. スクーバダイビングの安全対策に関する潜水障害の発生頻度及び予防に関する調査研究 18年間の調査結果から. 第49回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2014.11.07 鹿児島

  219. 柳下和慶. 骨格筋損傷に対する高気圧酸素治療. 玄真堂フォーラム 2014.10.20 中津

  220. 柳下和慶. 高気圧酸素治療と創傷治癒. 第58回日本リハビリテーション医学会 2014.09.20 取手

  221. 古賀 英之, 宗田 大, 柳下 和慶, 渡邊 敏文, 望月 智之, 堀江 雅史, 中村 智祐, 小田邊 浩二, 関矢 一郎. 新たな遺残組織温存2重束前十字靱帯再建術(Backside approach法)についての検討. 第40回日本整形外科スポーツ医学会 2014.09.12 東京都港区

  222. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 堀江 正樹, 柳下 和慶. ラット後肢圧挫損傷後にマイクロCTを用いた腫脹の定量的評価. 第40回日本整形外科スポーツ医学会 2014.09.12 東京都港区

  223. 堀江 雅史, 小田邉 浩二, 中村 智祐, 古賀 英之, 渡邊 敏文, 柳下 和慶, 関矢 一郎, 大川 淳, 宗田 大. ハムストリング腱を用いた二縦束ACL再建術後のスポーツ復帰状況. 第40回日本整形外科スポーツ医学会 2014.09.12 東京都港区

  224. 相澤 純也, 大路 駿介, 古賀 英之, 中村 智祐, 宗田 大, 柳下 和慶. 片脚外側ジャンプ-着地動作における着地時期の矢状面関節角度と垂直床反力の関連. 第40回日本整形外科スポーツ医学会 2014.09.12 鹿児島

  225. 古賀 英之, 宗田 大, 柳下 和慶, 渡邊 敏文, 望月 智之, 堀江 雅史, 中村 智祐, 小田邊 浩二, 関矢 一郎. 逸脱外側半月板に対する鏡視下Centralization法の1年成績. 第40回日本整形外科スポーツ医学会 2014.09.12 東京都港区

  226. 若林 良明, 柳下 和慶, 榎本 光裕, 小柳津 卓哉, 宗田 大, 大川 淳. 早期診断・手術によりシーズン中の復帰を果たしたバレーボール女子Vリーグ選手の不顕性手舟状骨骨折の1例. 第40回日本整形外科スポーツ医学会 2014.09.12 東京都港区

  227. 柳下和慶. スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療と急性期疼痛管理. 松戸整形外科研修会 2014.09.03 松戸

  228. 古賀 英之, 宗田 大, 柳下 和慶, 渡邊 敏文, 望月 智之, 堀江 雅史, 中村 智祐, 小田邊 浩二, 関矢 一郎. 解剖学的2重束前十字靱帯再建術においてnotchplastyが臨床成績に与える影響. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014.07.24 広島

  229. 古賀 英之, 宗田 大, 柳下 和慶, 渡邊 敏文, 望月 智之, 堀江 雅史, 中村 智祐, 小田邊 浩二, 関矢 一郎. 新たな遺残組織温存2重束前十字靱帯再建術(Backside approach法)と従来法における大腿骨孔位置と張力変化の比較. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014.07.24 広島

  230. 古賀 英之, 宗田 大, 柳下 和慶, 渡邊 敏文, 望月 智之, 堀江 雅史, 中村 智祐, 小田邊 浩二, 関矢 一郎. PCL損傷に対する治療の最前線 PCL損傷に合併した3度MCL損傷に対する治療方針. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014.07.24 広島

  231. 相澤 純也, 大路 駿介, 古賀 英之, 中村 智祐, 宗田 大, 柳下 和慶. 片脚外側ジャンプ着地動作における矢状面アライメントと垂直床反力との関連. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014.07.24 広島

  232. 大路 駿介, 相澤 純也, 古賀 英之, 中村 智祐, 宗田 大, 柳下 和慶. 空中回転課題を加えた片脚ジャンプ着地動作における床反力後方成分の特徴. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014.07.24 広島

  233. 中村 智祐, 古賀 英之, 堀江 雅史, 小田邉 浩二, 渡邊 敏文, 柳下 和慶, 関矢 一郎, 宗田 大. 二重束ACL再建術の大腿骨孔位置 3DCTを用いた3つのアプローチの比較. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014.07.24 広島

  234. 堀江 雅史, 中村 智祐, 古賀 英之, 渡邊 敏文, 小田邊 浩二, 望月 智之, 柳下 和慶, 関矢 一郎, 宗田 大. 解剖学的二重束ACL再建術において術中Pivot shift testが陰性となるのに必要な移植腱の固定張力について. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014.07.24 広島

  235. 古賀 英之, 宗田 大, 柳下 和慶, 渡邊 敏文, 望月 智之, 堀江 雅史, 中村 智祐, 小田邊 浩二, 関矢 一郎. 逸脱外側半月板に対する鏡視下Centralization法の短期成績. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2014.07.24 広島

  236. 上里 彰仁, 玉岡 明洋, 甫母 瑞枝, 犬飼 周佑, 秀島 雅之, 宮崎 泰成, 西川 徹, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療が睡眠に与える影響. 日本睡眠学会第39回定期学術集会 2014.07.03 徳島

  237. 林 海里, 高橋 敏幸, 田辺 麻衣, 堀江 正樹, 榎本 光裕, 柴田 俊一, 柳下 和慶, 上野 俊明. ラット頭蓋骨欠損モデルを用いた膜性骨欠損治癒に対する高気圧酸素治療の促進効果. 第25回日本スポーツ歯科医学会学術大会 2014.06.28 大阪

  238. 柳下和慶、榎本光裕、加藤剛、堀江正樹、小柳津卓哉、小島泰、古賀英之、眞野喜洋. Quantitative Evaluation for Effects of Hyperbaric Oxygen Treatment on Patients with Ankle Sprain at an Acute Phase. . Undersea and Hyperbaric Medical Society Annual Scientific Meeting 2014 2014.06.23 セントルイス・米国

  239. 吉田 泰行, 中田 瑛浩, 柳下 和慶, 井出 里香, 松山 茂. スポーツに於ける酸素濃度(その3). 第73回日本体力医学会 2014.06.14 広島

  240. 吉田 泰行, 中田 瑛浩, 柳下 和慶, 井出 里香, 山川 博毅, 長谷川 慶華, 星野 隆久, 松山 茂. キリンの首は何故長い 臨床医から見た呼吸と循環の問題点. 第73回日本体力医学会 2014.06.14 広島

  241. 山越 康平, 柳下 和慶, 土持 裕胤, 稲垣 薫克, 白井 幹康, 狩野 豊. 高気圧酸素曝露に対する糖尿病の循環調節機構. 第73回日本体力医学会 2014.06.14 広島

  242. 大路 駿介, 相澤 純也, 中村 智祐, 柳下 和慶. 様々な片脚ジャンプ着地における着地直後の足圧中心総軌跡長. 第73回日本体力医学会 2014.06.14 広島

  243. 柳下和慶. 地域連携の構築について.減圧症を例としたネットワーク構築に向けて. 第14回日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会学術集会 2014.06.07 東京

  244. 吉田 泰行, 中田 瑛浩, 柳下 和慶, 井出 里香, 山川 広毅, 長谷川 慶華, 松山 茂, 星野 隆久. スポーツに於ける酸素濃度(その5). 第14回関東地方会・学術大会 2014.06.07 東京都江東区

  245. 内山 めぐみ, 野澤 徹, 平川 雅一, 小松 富士夫, 小島 泰史, 柳下 和慶. 減圧症を例としたネットワークの構築に向けて DAN JAPANのホットラインのシステムについて. 第14回関東地方会・学術大会 2014.06.07 東京都江東区

  246. 荒井 慎吾, 大久保 淳, 岡崎 史紘, 前田 卓馬, 宮本 聡子, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 減圧症を例としたネットワークの構築に向けて 東京医科歯科大学医学部附属病院における減圧症に対する高気圧酸素治療の現状. 第14回関東地方会・学術大会 2014.06.07 東京都江東区

  247. 柳下 和慶. 減圧症を例としたネットワークの構築に向けて 地域医療連携の構築について. 第14回関東地方会・学術大会 2014.06.07 東京都江東区

  248. 大久保 淳, 倉島 直樹, 荒井 慎吾, 宮本 聡子, 前田 卓馬, 岡崎 史紘, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 高気圧酸素治療中の経皮酸素分圧の動態. 第14回関東地方会・学術大会 2014.06.07 東京都江東区

  249. 前田 卓馬, 大久保 淳, 荒井 慎吾, 宮本 聡子, 岡崎 史紘, 倉島 直樹, 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 柳下 和慶. 本学での急性一酸化炭素中毒に対する高気圧酸素治療の現状. 第14回関東地方会・学術大会 2014.06.07 東京都江東区

  250. 柳下和慶、榎本光裕、堀江正樹、中村智祐、小柳津卓哉、宗田大、大川淳. 骨格筋損傷に対する高気圧酸素治療の有効性とメカニズム. 第87回日本整形外科学会学術総会 2014.05.23 神戸

  251. 柳下和慶. 高気圧酸素治療とスポーツ外傷. 玄真堂川嶌整形外科病院竣工記念式典 2014.04.12 中津

  252. 久保田 礼, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 榎本 光裕, 柳下 和慶, 大川 淳. 当科における化膿性脊椎炎の治療戦略 早期固定術での早期離床と高気圧酸素療法併用を基本として. 第54回関東整形外科学会 2014.03.28 横浜

  253. 柳下和慶. 高気圧治療部とスポーツ医歯学センターについて. 平成26年度第1回お茶の水歯学研修会 2014.03.23 東京

  254. 柳下和慶. 高気圧酸素治療の最新トピックス. 第18回先端医療談話会 2014.01.21 東京

  255. 柳下和慶. 軟部組織外傷に対する高気圧酸素治療の実際. 第43回千葉スポーツ医学研究会 2014.01.18 千葉

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 優秀賞,2006年

  • 日本整形外科スポーツ医学会 優秀論文賞,2003年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 朝日新聞 北京冬季五輪・スケート競技について,2021年12月

    北京冬季五輪・スケート競技について 

  • 読売新聞 医療ルネサンス,2021年05月

    アスリートを支える6/6 「高気圧酸素」で早期回復

  • 朝日新聞 患者を生きる ,2018年06月

    雪崩高山病 全4回

  • 朝日新聞出版「AERA」 ,2018年03月

    アスリートの言葉の力
    アスリートとビジネスパーソンをつなぐ「サイエンス」
    仕事の現場にも効果

  • 読売新聞 医療ルネサンス,2016年09月

    医療放射線を減らす4/4 「毛細血管 酸素治療で修復」

  • 読売新聞,2016年06月

    応用進む高気圧酸素治療

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 骨・関節・脊椎ブロック 高気圧酸素医学,2013年 - 現在

  • 衛生学 スポーツ医学,2014年 - 現在

  • 口腔保健学科 スポーツ医学,2015年 - 現在

  • 臨床講義「整形外科:スポーツ」,2008年 - 2013年

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 日本スケート連盟スピードスケート強化スタッフ,2014年06月 - 現在

  • 日本スケート連盟スピードスケート医事責任者,2018年07月 - 現在

  • ソチ冬季オリンピック マルチサポートハウス帯同医師,2014年02月

  • 第5回アジアビーチゲームズ 帯同医師(JOC派遣),2016年09月

  • Jリーグ 柏レイソル チームドクター,2006年 - 2009年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • プロ登山家・竹内洋岳さんの身体について,太郎次郎社エディタス,14サミットの下り方,2020年06月22日

  • 連載コーナー 「患者を生きる」登山家の竹内洋岳さんの腰椎骨折の手術をされた経緯について,朝日新聞社,朝日新聞,2018年05月17日

  • ビジネスにも効くアスリートの言葉  アスリートをサイエンスで支える,朝日新聞出版アエラ編集部,AERA,2018年03月05日

  • 減圧症について,日本テレビ放送網,ザ!世界仰天ニュース,2018年02月22日