基本情報

写真a

富岡 寛文(トミオカ ヒロフミ)

TOMIOKA Hirofumi


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/os2/os2-J.htm

研究分野・キーワード

口腔腫瘍、口腔がん

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  歯学部  2002年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  2006年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年11月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 助教
  • 2021年12月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 講師
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔腫瘍外科学分野 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年3月 東北大学歯学部卒業
  • 2002年4月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科入学
  • 2006年3月 同卒業
  • 2006年4月 東京医科歯科大学顎口腔外科医員
  • 2010年4月 同助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会

  • 日本口腔科学会

  • 日本口腔腫瘍学会

  • 日本頭頸部癌学会

  • 日本癌治療学会

  • 口腔病学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔腫瘍学会 深達度の画像評価WG委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 口腔癌におけるオートファジー細胞死抑制機構の研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 口腔癌におけるオートファジー細胞死抑制機構の研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 多孔性テーラーメードゲル材料を用いた柔軟な舌筋の再生

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hiroaki Shimono, Hideaki Hirai, Yu Oikawa, Yumi Mochizuki, Takeshi Kuroshima, Hirofumi Tomioka, Kou Kayamori, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada. Metastatic tumors in the oral region: a retrospective chart review of clinical characteristics and prognosis. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2021.12; 132 (6): 648-652. ( PubMed, DOI )

  2. Kohei Okuyama, Yasuyuki Michi, Yoshihisa Kashima, Hirofumi Tomioka, Hideaki Hirai, Misaki Yokokawa, Yuko Yamagata, Takeshi Kuroshima, Yuriko Sato, Maiko Tsuchiya, Kou Kayamori, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada. Epithelial-Myoepithelial Carcinoma of the Minor Salivary Glands: Case Series with Comprehensive Review. Diagnostics (Basel). 2021.11; 11 (11): 2124. ( PubMed, DOI )

  3. Kohei Okuyama, Souichi Yanamoto, Yasuyuki Michi, Eri Shibata, Maiko Tsuchiya, Misaki Yokokawa, Tomofumi Naruse, Hirofumi Tomioka, Takeshi Kuroshima, Hiroaki Shimamoto, Tohru Ikeda, Masahiro Umeda, Tetsuya Yoda, Hiroyuki Harada. Multicenter retrospective analysis of clinicopathological features and prognosis of oral tongue squamous cell carcinoma in adolescent and young adult patients. Medicine (Baltimore). 2021.10; 100 (41): e27560. ( PubMed, DOI )

  4. Hiroyuki Harada, Hirofumi Tomioka, Hideaki Hirai, Takeshi Kuroshima, Yu Oikawa, Hitomi Nojima, Junichiro Sakamoto, Tohru Kurabayashi, Kou Kayamori, Tohru Ikeda. MRI before biopsy correlates with depth of invasion corrected for shrinkage rate of the histopathological specimen in tongue carcinoma. Sci Rep. 2021.10; 11 (1): 20992. ( PubMed, DOI )

  5. Takeshi Kuroshima, Yusuke Onozato, Yu Oikawa, Toshimitsu Ohsako, Takuma Kugimoto, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Yasuyuki Michi, Masahiko Miura, Ryoichi Yoshimura, Hiroyuki Harada. Prognostic impact of lingual lymph node metastasis in patients with squamous cell carcinoma of the tongue: a retrospective study. Sci Rep. 2021.10; 11 (1): 20535. ( PubMed, DOI )

  6. Yumi Mochizuki, Eriko Marukawa, Hiroyuki Harada, Naoya Kinoshita, Ryo Nakatani, Yu Oikawa, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Tetsuya Yoda, Shin Nakamura, Tohru Kurabayashi. Postoperative morphological changes over time of vascularized scapular bone used for mandibular reconstruction: A retrospective cohort study. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2021.09; 74 (9): 1984-1990. ( PubMed, DOI )

  7. Hiroyuki Harada, Hiroaki Shimamoto, Yu Oikawa, Takeshi Kuroshima, Hirofumi Tomioka, Hideaki Hirai, Fumihiko Tsushima, Yasuyuki Michi. Mandibular Reconstruction with Scapular Systems: A Single-Center Case Series Involving 208 Flaps. Plast Reconstr Surg. 2021.09; 148 (3): 625-634. ( PubMed, DOI )

  8. Yu Oikawa, Kae Tanaka, Toshimitsu Ohsako, Takuma Kugimoto, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Hiroaki Shimamoto, Yasuyuki Michi, Kei Sakamoto, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada. Comparison of Clinicopathological Characteristics Between the Anterior and Posterior Type of Squamous Cell Carcinoma of the Floor of the Mouth: The Anterior Type Is a Risk Factor for Multiple Primary Cancer. Front Oncol. 2021.06; 11 682428. ( PubMed, DOI )

  9. Yu Oikawa, Takuma Kugimoto, Yoshihisa Kashima, Kohei Okuyama, Toshimitsu Ohsako, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Hiroaki Shimamoto, Yasuyuki Michi, Hiroyuki Harada. Surgical treatment for oral tongue squamous cell carcinoma: A retrospective study of 432 patients. Glob Health Med. 2021.06; 3 (3): 157-162. ( PubMed, DOI )

  10. Hirofumi Tomioka, Yuko Yamagata, Yu Oikawa, Toshimitsu Ohsako, Takuma Kugimoto, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Hiroaki Shimamoto, Hiroyuki Harada. Risk factors for distant metastasis in locoregionally controlled oral squamous cell carcinoma: a retrospective study. Sci Rep. 2021.03; 11 (1): 5213. ( PubMed, DOI )

  11. Hirai H, Ohsako T, Kugimoto T, Tomioka H, Michi Y, Kayamori K, Yoda T, Miura M, Yoshimura R, Harada H.. Comparison of 50- and 66-Gy total irradiation doses for postoperative cervical treatment of patients with oral squamous cell carcinoma Oral oncology. 2020.08; ( DOI )

  12. Ohsako T, Shimamoto H, Tomioka H, Hirai H, Kuroshima T, Mochizuki Y, Kugimoto T, Tsushima F, Nakamura S, Kurabayashi T, Harada H.. Detection of extraoral primary cancers by positron emission tomography/computed tomography in patients with oral squamous cell carcinoma Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology. 2020.03; 129 (3): 272-276. ( DOI )

  13. Tomioka H, Mochizuki Y, Ohsako T, Hirai H, Shimamoto H, Harada H.. Buccinator and Mandibular Node Metastases in Oral Squamous Cell Carcinoma Journal of oral and maxillofacial surgery. 2019.04; 77 (4): 867-873. ( DOI )

  14. Itai S, Fujii Y, Nakamura T, Chang YW, Yanaka M, Saidoh N, Handa S, Suzuki H, Harada H, Yamada S, Kaneko MK, Kato Y. Establishment of CMab-43, a Sensitive and Specific Anti-CD133 Monoclonal Antibody, for Immunohistochemistry Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.10; ( DOI )

  15. Kuribayashi Y, Morita K, Tomioka H, Uekusa M, Ito D, Omura K.. Gene expression analysis by oligonucleotide microarray in oral leukoplakia. J Oral Pathol Med. 2009; 38 (4): 356-361.

  16. Nguyen ST, Hasegawa S, Tsuda H, Tomioka H, Ushijima M, Noda M, Omura K, Miki Y.. Identification of a predictive gene expression signature of cervical lymph node metastasis in oral squamous cell carcinoma. Cancer Sci. 2007; 98 (5): 740-746.

  17. Hirofumi Tomioka, Kei-ichi Morita, Shogo Hasegawa, Ken Omura. Gene expression analysis by cDNA microarray in oral squamous cell carcinoma. Journal of Oral Pathology and Medicine. 2006; 35 206-211.

  18. Hirofumi Tomioka, Hiroyuki Harada, Norihiko Okada, and Ken Omura. Papillary Cystadenocarcinoma Arising in the Floor of the Mouth: Report of a Case. journal of oral and maxillofacial surgery. 2006; 64 864-867.

  19. 遠山 皓基, 加納 嘉人, 野地 理夏, 青柳 康子, 松寺 翔太郎, 大野 十央, 有泉 陽介, 道 泰之, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 吉村 亮一, 朝蔭 孝宏, 原田 浩之, 三宅 智, 三浦 雅彦, 池田 貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対する網羅的がんゲノム解析と臨床的有用性 2021.12; 47 (4): 359-365. ( DOI 医中誌 )

  20. ティーラウォン・チャンヤーヌット, 坂本 啓, 布川裕規, 土谷麻衣子, 栢森 高, 明石 巧, 濱垣美和子, 富岡寛文, 黒嶋雄志, 森田圭一, 原田浩之, 池田 通. 舌癌症例にみられるヒトパピローマウイルス(HPV)感染と無関係なp16免疫染色陽性反応 2021.11; 88 (2-3): 115-126. ( 医中誌 )

  21. 高坂 光,平井秀明,及川 悠、大迫利光、釘本琢磨、黒嶋雄志、富岡寛文、島本裕彰、道泰之、原田浩之.. 遊離皮弁の鬱血に対するmedical leech(医療用ヒル)の有効性に関する臨床的検討 日本口腔外科学会雑誌. 2020.12; 66 (12): 596-600. ( DOI )

  22. 田中美佐子, 富岡寛文, 高原楠旻, 畠山一郎, 坂本 啓, 原田浩之.. オトガイ部に発生した結節性筋膜炎の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2020.06; 66 (6): 292-297.

  23. 富岡寛文・原田浩之・岡田憲彦・小村 健. 口腔に発生した顆粒細胞腫12例の臨床病理学的検討. 日本口腔科学会雑誌. 2009; 58 (3): 97-102.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 大迫利光, 平井秀明, 中村 伸, 倉林 亨, 原田浩之. PET/CTを契機に発見された口腔扁平上皮癌における他臓器重複癌の臨床的検討. 第14回口腔顎顔面核医学フォーラム学術集会 2021.05.13 大阪府

  2. 小井田 奈美、三澤 常美、西井 直人、山形 優子、高橋 幸伸、富岡 寛文、 原田 浩之 . 当科におけるニボルマブの使用経験. 第39回日本口腔腫瘍学会総会 2021.01.28

  3. 富岡寛文, 及川 悠, 奥山紘平, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之.. 口腔扁平上皮癌に対し免疫チェックポイント阻害薬を使用した16例の検討. 第65回口腔外科学会総会学術大会 2020.11.13 名古屋市

  4. 釘本琢磨, 島本裕彰, 及川 悠, 奥山紘平, 大迫利光, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 道 泰之, 原田浩之.. 口腔扁平上皮癌における郭清野内再発の臨床的検討. 第65回口腔外科学会総会学術大会 2020.11.13

  5. 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 田中香衣, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之.. 下顎半側切除症例の臨床的検討. 第65回日本口腔外科学会総会学術大会 2020.11.13

  6. 小宮瑠里, 富岡寛文, 横川美咲, 大迫利光, 島本裕彰, 坂本 啓, 池田 通, 原田浩之.. 3歳女児の頬部に発生した結節性筋膜炎の1例. 第54回日本口腔科学会関東地方部会学術集会 2020.09.12

  7. 島本裕彰, 道 泰之, 横川美咲, 奥山紘平, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 吉村亮一, 三浦雅彦, 原田浩之.. 口唇扁平上皮癌症例の臨床的検討. 第44回日本頭頸部癌学会総会 2020.06.05

  8. 横川美咲, 富岡寛文, 野地理夏, 望月裕美, 原田浩之. 上下顎歯肉に転移した大腸癌の1例. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05

  9. 遠山皓基, 加納嘉人, 青柳康子, 松寺翔太郎, 大野十央, 有泉陽介, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 吉村亮一, 朝蔭孝宏, 原田浩之, 三宅 智, 三浦雅彦, 池田貞勝.. 再発転移頭頸部癌に対するがんゲノムリアルワールド解析と有用性. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05

  10. 原田浩之, 富岡寛文, 及川 悠, 小宮瑠里, 野地理夏, 時崎詩織, 坂本潤一郎, 倉林 亨, 栢森 高, 池田 通. 舌癌および下顎歯肉癌のDOI. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05

  11. 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之.. 下顎半側切除症例の臨床的検討. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05

  12. 黒嶋雄志, 横川美咲, 大迫利光, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 上顎歯肉扁平上皮癌の臨床病理学的検討. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05

  13. 平井秀明, 横川美咲, 及川 悠, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 三浦雅彦, 吉村亮一, 原田浩之.. 舌扁平上皮癌Stage I・II症例における小線源治療の臨床的検討. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05

  14. 富岡寛文, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之.. 遊離組織移植による舌再建症例の術後機能評価. 第38回日本口腔腫瘍学会総会学術大会 2020.01.23 東京

  15. 柴田恵里, 奥山紘平, 道 泰之, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 原田浩之.. 肺転移に対し外科的切除を施行した下顎骨原発骨肉腫の1例. 第38回日本口腔腫瘍学会総会学術大会 2020.01.23

  16. 平井秀明, 横川美咲, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 望月裕美, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之.. 当科における上顎洞扁平上皮癌症例の臨床病理学的検討. 第38回日本口腔腫瘍学会総会学術大会 2020.01.23

  17. 高坂 光, 平井秀明, 大迫利光, 黒嶋雄志, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之.. 遊離皮弁の鬱血に対し医療用leechを用いた11例の臨床的検討. 第38回日本口腔腫瘍学会総会学術大会 2020.01.23

  18. 榊谷振太郎, 井上カタジナアンナ, 黒嶋雄志, 富岡寛文, 坂本 啓, 池田 通, 原田浩之, 渡部徹郎.. 口腔扁平上皮癌細胞の悪性化を制御する転写因子の同定. 第38回日本口腔腫瘍学会総会学術大会 2020.01.23

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「口腔扁平上皮癌における遠隔転移の危険因子に新知見」― 887 例の解析から得られた下顎骨原発性骨内癌の危険性 ―,2021年03月

    Scientific Reports(富岡寛文)