基本情報

写真a

田中 洋次(タナカ ヨウジ)

TANAKA Yoji


職名

准教授

生年

1971年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5266

研究室FAX番号

03-5803-0140

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/nsrg/index.html

研究分野・キーワード

脳神経外科、MRI

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1995年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  脳神経外科  博士課程  2005年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年11月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 講師
  • 2009年02月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 講師
  • 2017年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 講師
  • 2018年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 講師
  • 2019年11月
    -
    2020年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 脳神経外科 講師
  • 2021年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 准教授

▼全件表示

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ASL-MRIを用いた妊娠期脳循環動態の計測

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 水透過性の変化を考慮した無侵襲ASL-MRI脳循環計測法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hara S, Mukawa M, Akagawa H, Thamamongood T, Inaji M, Tanaka Y, Maehara T, Kasuya H, Nariai T. Absence of the RNF213 p.R4810K variant may indicate a severe form of pediatric moyamoya disease in Japanese patients. Journal of neurosurgery. Pediatrics. 2021.10; 1-9. ( PubMed, DOI )

  2. Hara Shoko, Tanaka Yoji, Inaji Motoki, Hayashi Shihori, Ishii Kenji, Nariai Tadashi, Maehara Taketoshi. Spatial coefficient of variation of arterial spin labeling MRI for detecting hemodynamic disturbances measured with O-15-gas PET in patients with moyamoya disease NEURORADIOLOGY. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  3. Hara S, Nariai T, Inaji M, Tanaka Y, Maehara T. Imaging Pattern and the Mechanisms of Postoperative Infarction After Indirect Revascularization in Patients with Moyamoya Disease. World neurosurgery. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  4. Hirai Sakyo, Tanaka Yoji, Sato Hirotaka, Kato Koichi, Kim Yongson, Yamamura Toshihiro, Sumita Kazutaka, Arai Toshinari. Quantitative collateral assessment evaluated by cerebral blood volume measured by CT perfusion in patients with acute ischemic stroke JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2021.07; 30 (7): 105797. ( PubMed, DOI )

  5. Sano Takashi, Tamura Kaoru, Kuroha Masae, Sumita Kazutaka, Arai Yukika, Sugawara Takashi, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Nariai Tadashi, Maehara Taketoshi. ANALYSIS OF BRAIN TUMOR INDUCED BY IRRADIATION IN CHILDHOOD - A SINGLE INSTITUTIONAL ANALYSIS NEURO-ONCOLOGY. 2020.12; 22 458-459.

  6. Kuroha Masae, Tamura Kaoru, Inaji Motoki, Hashimoto Satoka, Kobayashi Daisuke, Tanaka Yoji, Nariai Tadashi, Maehara Taketoshi. TWO CASES OF H3 K27M-MUTANT DIFFUSE MIDLINE GLIOMA OF CERVICAL SPINAL CORD NEURO-ONCOLOGY. 2020.12; 22 353.

  7. Shimizu Kazuhide, Hara Shoko, Hori Masaaki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Aoki Shigeki, Tazawa Toshiaki, Nariai Tadashi. Transient Global Amnesia: A Diffusion and Perfusion MRI study JOURNAL OF NEUROIMAGING. 2020.11; 30 (6): 828-832. ( PubMed, DOI )

  8. Aoyama Jiro, Nariai Tadashi, Moriyama Kurumi, Hara Shoko, Mukawa Maki, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Miyasaka Naoyuki, Maehara Taketoshi. Clinical characteristics of the pregnancies and deliveries of patients with moyamoya disease: A single-center analysis over three decades INTERNATIONAL JOURNAL OF STROKE. 2020.10; 1747493020963806. ( PubMed, DOI )

  9. Hara S., Hori M., Hagiwara A., Tsurushima Y., Tanaka Y., Maehara T., Aoki S., Nariai T.. Myelin and Axonal Damage in Normal-Appearing White Matter in Patients with Moyamoya Disease AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY. 2020.09; 41 (9): 1618-1624. ( DOI )

  10. Hara Shoko, Kudo Takumi, Hayashi Shihori, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Ishii Kenji, Nariai Tadashi. Improvement in cognitive decline after indirect bypass surgery in adult moyamoya disease: implication of 15O-gas positron emission tomography(和訳中) Annals of Nuclear Medicine. 2020.07; 34 (7): 467-475. ( 医中誌 )

  11. Hara Shoko, Kudo Takumi, Hayashi Shihori, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Ishii Kenji, Nariai Tadashi. Improvement in cognitive decline after indirect bypass surgery in adult moyamoya disease: implication of O-15-gas positron emission tomography ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE. 2020.07; 34 (7): 467-475. ( PubMed, DOI )

  12. Hara S, Tanaka Y, Ueda Y, Abe D, Hayashi S, Inaji M, Maehara T, Ishii K, Nariai T. Detection of hemodynamic impairment on 15O gas PET using visual assessment of arterial spin-labeling MR imaging in patients with moyamoya disease. Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia. 2019.12; ( PubMed, DOI )

  13. Hara S., Tanaka Y., Hayashi S., Inaji M., Maehara T., Hori M., Aoki S., Ishii K., Nariai T.. Bayesian Estimation of CBF Measured by DSC-MRI in Patients with Moyamoya Disease: Comparison with O-15-Gas PET and Singular Value Decomposition AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY. 2019.11; 40 (11): 1894-1900. ( DOI )

  14. Yamada Kenji, Tanaka Yoji, Sumita Kazutaka, Nemoto Shigeru, Maehara Taketoshi. Computational Fluid Dynamics Analysis of the Offending Artery at Sites of Neurovascular Compression in Trigeminal Neuralgia Using Preoperative MRI Data NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA. 2019.11; 59 (11): 415-422. ( PubMed, DOI )

  15. Tanaka Y., Miyasaka N., Hara S., Inaji M., Maehara T., Nariai T.. Changes in cerebral blood flow during pregnancy detected by arterial spin labeling MRI in healthy subjects and in the patients with moyamoya disease JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2019.07; 39 230.

  16. Hara S, Hori M, Ueda R, Hagiwara A, Hayashi S, Inaji M, Tanaka Y, Maehara T, Ishii K, Aoki S, Nariai T. Intravoxel incoherent motion perfusion in patients with Moyamoya disease: comparison with 15O-gas positron emission tomography. Acta radiologica open. 2019.05; 8 (5): 2058460119846587. ( PubMed, DOI )

  17. Hara Shoko, Hori Masaaki, Ueda Ryo, Hayashi Shihori, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Ishii Kenji, Aoki Shigeki, Nariai Tadashi. Unraveling Specific Brain Microstructural Damage in Moyamoya Disease Using Diffusion Magnetic Resonance Imaging and Positron Emission Tomography JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2019.04; 28 (4): 1113-1125. ( PubMed, DOI )

  18. Hara Shoko, Hori Masaaki, Murata Syo, Ueda Ryo, Tanaka Yoji, Inaji Motoki, Maehara Taketoshi, Aoki Shigeki, Nariai Tadashi. Microstructural Damage in Normal-Appearing Brain Parenchyma and Neurocognitive Dysfunction in Adult Moyamoya Disease STROKE. 2018.10; 49 (10): 2504-2507. ( PubMed, DOI )

  19. Karakama Jun, Nariai Tadashi, Hara Shoko, Hayashi Shihori, Sumita Kazutaka, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Wagatsuma Kei, Ishii Kenji, Nemoto Shigeru, Maehara Taketoshi. Unique Angiographic Appearances of Moyamoya Disease Detected with 3-Dimensional Rotational Digital Subtraction Angiography Imaging Showing the Hemodynamic Status JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES. 2018.08; 27 (8): 2147-2157. ( PubMed, DOI )

  20. Nakano T, Tamura K, Tanaka Y, Inaji M, Hayashi S, Kobayashi D, Nariai T, Toyohara J, Ishii K, Maehara T. Usefulness of <sup>11</sup>C-Methionine Positron Emission Tomography for Monitoring of Treatment Response and Recurrence in a Glioblastoma Patient on Bevacizumab Therapy: A Case Report. Case reports in oncology. 2018.05; 11 (2): 442-449. ( PubMed, DOI )

  21. Obata Yoshiki, Kawano Yoshihisa, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi. Prognostic Impact and Post-operative Evaluation of Volumetric Measurement of the Cerebellopontine Cistern in Trigeminal Neuralgia Using 3 Tesla Magnetic Resonance Imaging NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA. 2018.02; 58 (2): 71-78. ( PubMed, DOI )

  22. Obata Yoshiki, Kawano Yoshihisa, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi. 3テスラMRI画像を用いた三叉神経痛における小脳橋槽の容積測定の予後予想と術後評価(Prognostic Impact and Post-operative Evaluation of Volumetric Measurement of the Cerebellopontine Cistern in Trigeminal Neuralgia Using 3 Tesla Magnetic Resonance Imaging) Neurologia medico-chirurgica. 2018.02; 58 (2): 71-78. ( 医中誌 )

  23. Hirai S, Inaji M, Tanaka Y, Hara S, Nariai T, Maehara T.. Correlation between clinical presentations and hemodynamic parameters measured by dynamic susceptibility contrast magnetic resonance imaging in adult patients with moyamoya disease. Journal of stroke and cerebrovascular diseases Journal of stroke and cerebrovascular diseases. 2017.12; 26 (12): 2814-2820. ( PubMed, DOI )

  24. 3. Ishii Y, Tanaka Y, Momose T, Yamashina M, Sato A, Wakabayashi S, Maehara T, Nariai T. . Chronological evaluation of cerebral hemodynamics by dynamic susceptibility contrast magnetic resonance imaging after indirect bypass surgery for moyamoya disease. World Neurosurgery. 2017.12; 108 427-435. ( PubMed, DOI )

  25. Aoyama J, Nariai T, Mukawa M, Inaji M, Tanaka Y, Maehara T.. Case of familial moyamoya disease presenting 10 years after initial negative magnetic resonance screening in childhood World Neurosurgery. 2017.09; 105 1035.

  26. Imai Ayano, Takase Hiroshi, Imadome Ken-ichi, Matsuda Go, Ohnishi Iichiro, Yamamoto Kouhei, Kudo Takumi, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Miura Osamu, Arai Ayako. Epstein-Barrウイルス陽性ブドウ膜炎の発症後に小脳に生じた節外性鼻型NK/T細胞リンパ腫(Development of Extranodal NK/T-cell Lymphoma Nasal Type in Cerebrum Following Epstein-Barr Virus-positive Uveitis) Internal Medicine. 2017.06; 56 (11): 1409-1414. ( 医中誌 )

  27. S Hara, Y Tanaka, Y Ueda, S Hayashi, M Inaji, K Ishiwata, K Ishii, T Maehara, T Nariai. Noninvasive Evaluation of CBF and Perfusion Delay of Moyamoya Disease Using Arterial Spin-Labeling MRI with Multiple Postlabeling Delays: Comparison with (15)O-Gas PET and DSC-MRI. AJNR Am J Neuroradiol. 2017.02; ( PubMed, DOI )

  28. Haruki Imai, Yoji Tanaka, Naoyuki Nomura, Hisashi Doi, Yusuke Tsutsumi, Takashi Ono, Takao Hanawa. Magnetic susceptibility, artifact volume in MRI, and tensile properties of swaged Zr-Ag composites for biomedical applications. J Mech Behav Biomed Mater. 2017.02; 66 152-158. ( PubMed, DOI )

  29. 1. Imai A, Takase H, Imadome K, Matsuda G, Ohnishi I, Yamamoto K, Kudo T, Tanaka Y, Maehara T, Miura O, Arai A. Development of extranodal NK/T-cell lymphoma nasal type in cerebrum following Epstein–Barr virus-positive uveitis. Internal Medicine. 2017;

  30. Tsunoda Atsunobu, Tanaka Yoji, Sato Takanobu, Kirimura Susumu, Kitamura Ken. 治療から33年後にめまいが出現した乳癌転移症例(Vertigo by Breast Cancer Metastasis 33 Years after Treatment) Internal Medicine. 2016.02; 55 (3): 311-313. ( 医中誌 )

  31. Atsunobu Tsunoda, Yoji Tanaka, Takanobu Sato, Susumu Kirimura, Ken Kitamura. Vertigo by Breast Cancer Metastasis 33 Years after Treatment. Intern. Med.. 2016; 55 (3): 311-313. ( PubMed, DOI )

  32. Maehara Taketoshi, 稲次 基希, 橋本 聡華, 田中 洋次. 後頭葉てんかんの最新情報 解剖、病因、症状のMRI研究(Update on occipital lobe epilepsy MRI study for anatomy, etiology and symptoms) てんかん研究. 2015.09; 33 (2): 391. ( 医中誌 )

  33. Tamura Kaoru, Inaji Motoki, Nariai Tadashi, Tamaki Masashi, Hirai Sakyo, Saigusa Kuniyasu, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi. MONITORING OF BIOLOGICAL RESPONSE TO BEVACIZUMAB IN MALIGNANT GLIOMA PATIENTS BASED ON L-[methyl-11C] METHIONINE-POSITRON EMISSION TOMOGRAPHY NEURO-ONCOLOGY. 2014.11; 16 ( DOI )

  34. Momose Toshiya, Nariai Tadashi, Kawabe Takuya, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Watanabe Shinya, Maehara Taketoshi, Oda Keiichi, Ishii Kenji, Ishiwata Kiichi, Yamamoto Masaaki. Clinical Benefit of C-11 Methionine PET Imaging as a Planning Modality for Radiosurgery of Previously Irradiated Recurrent Brain Metastases CLINICAL NUCLEAR MEDICINE. 2014.11; 39 (11): 939-943.

  35. Xiaodong Zhang, Frank Tong, Chun-Xia Li, Yumei Yan, Govind Nair, Tsukasa Nagaoka, Yoji Tanaka, Stuart Zola, Leonard Howell. A fast multiparameter MRI approach for acute stroke assessment on a 3T clinical scanner: preliminary results in a non-human primate model with transient ischemic occlusion. Quant Imaging Med Surg. 2014.04; 4 (2): 112-122. ( PubMed, DOI )

  36. Yosuke Ishii, Tadashi Nariai, Yoji Tanaka, Maki Mukawa, Motoki Inaji, Taketoshi Maehara, Kikuo Ohno. Practical clinical use of dynamic susceptibility contrast magnetic resonance imaging for the surgical treatment of moyamoya disease. Neurosurgery. 2014.03; 74 (3): 302-309. ( PubMed, DOI )

  37. Haruki Imai, Yoji Tanaka, Naoyuki Nomura, Yusuke Tsutsumi, Hisashi Doi, Zuisei Kanno, Kikuo Ohno, Takashi Ono, Takao Hanawa. Three-dimensional quantification of susceptibility artifacts from various metals in magnetic resonance images. Acta Biomater. 2013.09; 9 (9): 8433-8439. ( PubMed, DOI )

  38. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Youji Tanaka, Masashi Tamaki, Daisuke Kobayashi, Kikuo Ohno. Chronic encapsulated expanding hematoma in nonfunctioning pituitary adenoma. Neurosurg Rev. 2013.07; 36 (3): 395-402. ( PubMed, DOI )

  39. Tanaka Yoji, Ohno Kikuo. 慢性硬膜下血腫 最新の概念(Chronic Subdural Hematoma: An Up-to-Date Concept) Journal of Medical and Dental Sciences. 2013.06; 60 (2): 55-61. ( 医中誌 )

  40. Yoji Tanaka, Kikuo Ohno. Chronic subdural hematoma - an up-to-date concept. J. Med. Dent. Sci.. 2013; 60 (2): 55-61. ( PubMed )

  41. Tadashi Nariai, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Mikio Hiura, Chihiro Hosoda, Kenji Ishii, Kikuo Ohno. PET molecular imaging to investigate higher brain dysfunction in patients with neurotrauma. Acta Neurochir. Suppl.. 2013; 118 251-254. ( PubMed, DOI )

  42. Maki Mukawa, Tadashi Nariai, Yoshiharu Matsushima, Yoji Tanaka, Motoki Inaji, Taketoshi Maehara, Masaru Aoyagi, Kikuo Ohno. Long-term follow-up of surgically treated juvenile patients with Moyamoya disease. J Neurosurg Pediatr. 2012.11; 10 (5): 451-456. ( PubMed, DOI )

  43. 成相 直, 稲次 基希, 豊原 潤, 石渡 喜一, 田中 洋次, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 脳腫瘍に対する治療戦略の新しい展望 分子解析に基づく臨床試験 脳腫瘍におけるDNA合成を測定するための新しいPET分子イメージングプローブとしての4DSTの臨床利用(New Horizon of Treatment Strategy for Brain Tumor: Clinical Trial Based on Molecular Analyses Clinical Use of 4DST as a New PET Molecular Imaging Probe to Measure DNA Synthesis of Brain Tumor) Brain Tumor Pathology. 2012.05; 29 (Suppl.): 151. ( 医中誌 )

  44. Nariai Tadashi, Toyohara Jun, Tanaka Yoji, Inaji Motoki, Aoyagi Masaru, Yamamoto Masaaki, Ishiwara Kiichi, Ohno Kikuo. INITIAL CLINICAL TRIALS OF CARBON-11-LABELED 4DST FOR MALIGNANT BRAIN TUMORS AS A PET MOLECULAR IMAGING PROBE TO MEASURE DNA SYNTHESIS RATE NEURO-ONCOLOGY. 2011.11; 13 139.

  45. Nair G, Tanaka Y, Kim M, Olson DE, Thulé PM, Pardue MT, Duong TQ. MRI reveals differential regulation of retinal and choroidal blood volumes in rat retina. Neuroimage. 2011.01; 54 (2): 1063-1069. ( PubMed, DOI )

  46. Tanaka Y, Nagaoka T, Nair G, Ohno K, Duong TQ. Arterial spin labeling and dynamic susceptibility contrast CBF MRI in postischemic hyperperfusion, hypercapnia, and after mannitol injection. J Cereb Blood Flow Metab. 2010.12; ( PubMed, DOI )

  47. Tanaka Y, Nariai T, Momose T, Aoyagi M, Maehara T, Tomori T, Yoshino Y, Nagaoka T, Ishiwata K, Ishii K, Ohno K. Glioma surgery using a multimodal navigation system with integrated metabolic images. J Neurosurg. 2009.01; 110 (1): 163-172. ( PubMed, DOI )

  48. Tanaka Y, Ishii H, Hiraoka M, Miyasaka N, Kuroiwa T, Hajjar KA, Nagaoka T, Duong TQ, Ohno K, Yoshida M. Efficacy of recombinant annexin 2 for fibrinolytic therapy in a rat embolic stroke model: a magnetic resonance imaging study. Brain Res. 2007.08; 1165 135-143. ( PubMed, DOI )

  49. Tanaka Y, Nariai T, Nagaoka T, Akimoto H, Ishiwata K, Ishii K, Matsushima Y, Ohno K. Quantitative evaluation of cerebral hemodynamics in patients with moyamoya disease by dynamic susceptibility contrast magnetic resonance imaging--comparison with positron emission tomography. J Cereb Blood Flow Metab. 2006.02; 26 (2): 291-300. ( PubMed, DOI )

  50. Katsumata N, Kuroiwa T, Yamada I, Tanaka Y, Ishibashi S, Endo S, Ohno K. Neurological dysfunctions versus apparent diffusion coefficient and T2 abnormality after transient focal cerebral ischemia in Mongolian gerbils. Acta Neurochir Suppl. 2006; 96 279-282. ( PubMed )

  51. Nariai T, Tanaka Y, Wakimoto H, Aoyagi M, Tamaki M, Ishiwata K, Senda M, Ishii K, Hirakawa K, Ohno K. Usefulness of L-[methyl-11C] methionine-positron emission tomography as a biological monitoring tool in the treatment of glioma. J Neurosurg. 2005.09; 103 (3): 498-507. ( PubMed, DOI )

  52. Nariai T, Sato K, Hirakawa K, Ohta Y, Tanaka Y, Ishiwata K, Ishii K, Kamino K, Ohno K. Imaging of somatotopic representation of sensory cortex with intrinsic optical signals as guides for brain tumor surgery. J Neurosurg. 2005.09; 103 (3): 414-423. ( PubMed, DOI )

  53. Nariai Tadashi, Tanaka Yoji, Hosoda Chihiro, Oda Keiichi, Toyama Hinako, Ishii Kenji, Ishiwata Kiichi, Ohno Kikuo. もやもや病100症例の血流力学的パラメーターの多変量分類 PET研究(Multivariate Classification of Hemodynamic Parameter of 100 Patients with Moyamoya Disease: A PET Study) 核医学. 2005.09; 42 (3): 327. ( 医中誌 )

  54. Sasaki Shinichi, Sato Katsushige, Nariai Tadashi, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Miyakawa Naohisa, Momose-Sato Yoko, Ohno Kikuo. ヒト体性感覚野における指および顔の機能的表示に関する術中内因性光学イメージング(Intraoperative intrinsic optical imaging of functional representation of the finger and face in the human somatosensory cortex) Neuroscience Research. 2005.07; 52 (Suppl.): S195. ( 医中誌 )

  55. Kobayashi Y, Ishii K, Oda K, Nariai T, Tanaka Y, Ishiwata K, Numano F. Aortic wall inflammation due to Takayasu arteritis imaged with 18F-FDG PET coregistered with enhanced CT. J Nucl Med. 2005.06; 46 (6): 917-922. ( PubMed )

  56. Sato K, Nariai T, Tanaka Y, Maehara T, Miyakawa N, Sasaki S, Momose-Sato Y, Ohno K. Functional representation of the finger and face in the human somatosensory cortex: intraoperative intrinsic optical imaging. Neuroimage. 2005.05; 25 (4): 1292-1301. ( PubMed, DOI )

  57. Nariai T, Matsushima Y, Imae S, Tanaka Y, Ishii K, Senda M, Ohno K. Severe haemodynamic stress in selected subtypes of patients with moyamoya disease: a positron emission tomography study. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2005.05; 76 (5): 663-669. ( PubMed, DOI )

  58. Sasaki Shinichi, Sato Katsushige, Nariai Tadashi, Tanaka Yoji, Maehara Taketoshi, Miyakawa Naohisa, Momose-Sato Yoko, Ohno Kikuo. ヒト体性感覚皮質における指と顔の機能的再描写 術中内在性視覚画像(Functional representation of the finger and face in the human somatosensory cortex: Intraoperative intrinsic optical imaging) The Japanese Journal of Physiology. 2005.05; 55 (Suppl.): S156. ( 医中誌 )

  59. Nakagawa K, Yamaguchi T, Seida M, Yamada S, Imae S, Tanaka Y, Yamamoto K, Ohno K. Plasma concentrations of brain natriuretic peptide in patients with acute ischemic stroke. Cerebrovasc Dis. 2005; 19 (3): 157-164. ( PubMed, DOI )

  60. 田中 洋次, 平岡 慈美, 宮坂 尚幸, 長岡 司, 黒岩 俊彦, 大野 喜久郎, 吉田 雅幸. 磁気共鳴画像解析による脳卒中モデルラットにおける組換え型AnnexinIIの有効性(Magnetic Resonance Imaging Analysis Demonstrates Efficacy of Recombinant Annexin II in a Rat Model of Stroke) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2003.09; 35回 208. ( 医中誌 )

  61. Tanaka Yoji, Hiraoka Megumi, Miyasaka Naoyuki, Nagaoka Tsukasa, Kuroiwa Toshihiko, Ohno Kikuo, Yoshida Masayuki. 磁気共鳴画像解析はラット脳卒中モデルにおける組み換え型annexin IIの効果を明示する(Magnetic Resonance Imaging Analysis Demonstrates Efficacy of Recombinant Annexin II in a Rat Model of Stroke) Circulation Journal. 2003.03; 67 (Suppl.I): 632-633. ( 医中誌 )

  62. Tanaka Y, Kuroiwa T, Miyasaka N, Tanabe F, Nagaoka T, Ohno K. Recovery of apparent diffusion coefficient after embolic stroke does not signify complete salvage of post-ischemic neuronal tissue. Acta Neurochir Suppl. 2003; 86 141-145. ( PubMed )

  63. Masahiro Kishikawa, Atsunobu Tsunoda, Yoji Tanaka, Seiji Kishimoto. Large nasopharyngeal inverted papilloma presenting with rustling tinnitus. Am J Otolaryngol. 35 (3): 402-404. ( PubMed, DOI )

  64. Kim Y, Kudo T, Tamura K, Sumita K, Kobayashi D, Tanaka Y, Inaji M, Nariai T, Ishii K, Maehara T. [Clinical Findings of Thalamic and Brainstem Glioma Including Diffuse Midline Glioma, H3K27M Mutant:A Clinical Study]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2021.07; 49 (4): 901-908. ( PubMed, DOI )

  65. 田中 洋次, 小林 大輔, 前原 健寿. 臨床医のための神経病理再入門 硬膜下出血(血腫) Clinical Neuroscience. 2021.06; 39 (6): 676-677. ( 医中誌 )

  66. Murota Y, Tamura K, Tanaka Y, Aizawa Y, Kobayashi D, Matsuoka Y, Hashimoto S, Inaji M, Nariai T, Maehara T. [A Case of Cerebral Tuberculoma]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2021.05; 49 (3): 683-688. ( PubMed, DOI )

  67. 室田 裕大, 田村 郁, 田中 洋次, 相澤 有輝, 小林 大輔, 松岡 義之, 橋本 聡華, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 脳結核腫の1例 Neurological Surgery. 2021.05; 49 (3): 683-688. ( 医中誌 )

  68. 菅原 貴志, 田中 洋次, 前原 健寿. 【脳動脈瘤クリッピング術】テント切除、動眼神経剥離を必要とする内頸動脈後交通動脈分岐部脳動脈瘤に対するneck clipping手術手技 脳卒中の外科. 2021.05; 49 (3): 167-173. ( 医中誌 )

  69. 黒羽 真砂恵, 原 祥子, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直. 片側間接血行再建術を施行した小児もやもや病患者の長期成績 小児の脳神経. 2021.04; 46 (2): 197. ( 医中誌 )

  70. 阿部 大数, 稲次 基希, 高橋 翔太, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 搬送前情報から外傷性頭蓋内出血を予測するmachine learningアルゴリズムの構築 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2021.01; 44回 50. ( 医中誌 )

  71. 唐鎌 淳, 稲次 基希, 阿部 大数, 高橋 暁, 橋本 聡華, 菅原 貴志, 田中 洋次, 大友 康裕, 前原 健寿. 高齢者頭部外傷における特徴の検証 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2021.01; 44回 107. ( 医中誌 )

  72. 青山 二郎, 稲次 基希, 石川 茉莉子, 山本 信二, 荒井 雪花, 早川 隆宣, 荻島 隆浩, 玉置 正史, 山村 俊弘, 新井 俊成, 澤田 佳奈, 三枝 邦康, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 妊婦の脳卒中における特徴と治療方法についての検討 Neurosurgical Emergency. 2020.12; 25 (2): 217-223. ( 医中誌 )

  73. Hirabayashi T, Shimizu K, Tanaka Y, Maehara T. [Bilateral Intraventricular Meningioma with a Highly Calcified Choroid Plexus:A Case Report]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.11; 48 (11): 1083-1087. ( PubMed, DOI )

  74. Watanabe T, Sugawara T, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Tazawa T, Maehara T. [Remarkable Recovery of Chronic Symptoms in an Adult with Middle Fossa Convexity Arachnoid Cyst after Cystoventriculostomy:A Case Report]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.11; 48 (11): 1059-1065. ( PubMed, DOI )

  75. 渡辺 俊樹, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 田澤 俊明, 前原 健寿. 長期間症状固定した視野障害,認知機能障害に対して手術が著効した成人側頭円蓋部くも膜嚢胞の1例 Neurological Surgery. 2020.11; 48 (11): 1059-1065. ( 医中誌 )

  76. 平林 拓海, 清水 一秀, 田中 洋次, 前原 健寿. 教訓的症例に学ぶシリーズ 脈絡叢の高度石灰化像を呈した両側脳室内髄膜腫の1例 Neurological Surgery. 2020.11; 48 (11): 1083-1087. ( 医中誌 )

  77. 田中 洋次, 稲次 基希, 唐鎌 淳, 原 祥子, 前原 健寿, 成相 直. 出血発症もやもや病に対する直接バイパス術が脳循環・側副血行路にもたらす変化 脳循環代謝. 2020.11; 32 (1): 111. ( 医中誌 )

  78. 田中 洋次, 成相 直, 稲次 基希, 原 祥子, 前原 健寿. 【頭蓋内血管狭窄病変】頭蓋内動脈狭窄症の脳循環評価 脳神経外科ジャーナル. 2020.10; 29 (10): 690-696. ( 医中誌 )

  79. Ujikawa T, Tanaka Y, Onaka K, Kudo T, Sugawara T, Sumita K, Maehara T. [A Case Report of Clivus Chordoma Presenting with Cerebrospinal Fluid Rhinorrhea]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.07; 48 (7): 601-606. ( PubMed, DOI )

  80. 田中 洋次, 成相 直, 稲次 基希, 石井 洋介, 原 祥子, 前原 健寿. 頭蓋内動脈狭窄の診断-up to date- 頭蓋内動脈狭窄症の脳循環評価 The Mt. Fuji Workshop on CVD. 2020.07; 38 24-28. ( 医中誌 )

  81. 氏川 彩, 田中 洋次, 大仲 佳祐, 工藤 琢巳, 菅原 貴志, 壽美田 一貴, 前原 健寿. 髄液鼻漏で発症した斜台部脊索腫の1例 Neurological Surgery. 2020.07; 48 (7): 601-606. ( 医中誌 )

  82. 伊藤 英恵, 田中 洋次, 大仲 佳祐, 清水 一秀, 小林 大輔, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 頭蓋内単独で発生したJuvenile Xanthogranulomaの1例 脳神経外科ジャーナル. 2020.07; 29 (7): 513-518. ( 医中誌 )

  83. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 野田 真利子, 黒羽 真砂恵, 唐鎌 淳, 橋本 聡華, 菅原 貴志, 田中 洋次, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷 抗血栓薬内服症例の特徴 神経外傷. 2020.06; 43 (1): 5-12. ( 医中誌 )

  84. Ishikawa M, Sumita K, Tamura K, Kobayashi D, Tsukahara Y, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Maehara T. [Cerebellar Glioblastoma with Intrathecal Dissemination:A Report of Four Cases]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.03; 48 (3): 237-244. ( PubMed, DOI )

  85. 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 成相 直, 田中 洋次, 高橋 暁, 石井 賢二, 小林 大輔, 前原 健寿. 充実性血管芽腫における[11C]methionine PET imaging CI研究. 2020.03; 41 (3-4): 149-155. ( 医中誌 )

  86. 石川 茉莉子, 壽美田 一貴, 田村 郁, 小林 大輔, 塚原 悠介, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 髄腔内播種を起こした小脳膠芽腫4例 Neurological Surgery. 2020.03; 48 (3): 237-244. ( 医中誌 )

  87. 青山 二郎, 稲次 基希, 石川 茉莉子, 山本 信二, 荒井 雪花, 早川 隆宣, 荻島 隆浩, 玉置 正史, 山村 俊弘, 新井 俊成, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 妊娠中の脳卒中における特徴と治療方法についての検討 Neurosurgical Emergency. 2020.02; 24 (3): 351. ( 医中誌 )

  88. 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿. 頭部外傷・脳卒中の患者を救え!IPCモニタリングで変わる患者管理 頭蓋内圧亢進に対する減圧手術と脳圧モニター Neurosurgical Emergency. 2020.02; 24 (3): 325. ( 医中誌 )

  89. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 唐鎌 淳, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷症例の検討 抗血栓薬使用症例における特徴 Neurosurgical Emergency. 2020.02; 24 (3): 382. ( 医中誌 )

  90. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 唐鎌 淳, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷症例の検討 抗血栓薬使用症例における特徴 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2020.02; 43回 171. ( 医中誌 )

  91. 唐鎌 淳, 稲次 基希, 沖野 礼一, 高橋 暁, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における高齢者頭部外傷の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2020.02; 43回 74. ( 医中誌 )

  92. 山岡 寛人, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院における破裂脳動脈瘤の大きさによる臨床的特徴・予後の検討 脳卒中の外科. 2020.01; 48 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  93. 唐鎌 淳, 成相 直, 相澤 有輝, 藤井 照子, 三木 一徳, 壽美田 一貴, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 根本 繁. 脳血管造影のvessel imagingによるもやもや病の異常側副吻合路の評価 脳血管内治療. 2019.11; 4 (Suppl.): S383. ( 医中誌 )

  94. 田中 洋次, 原 祥子, 相澤 有輝, 石井 洋介, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 最新のイメージング:脳循環の「今」を見る 虚血性脳血管障害におけるASL視覚評価スコアを用いた脳循環代謝情報検出の試み 脳循環代謝. 2019.11; 31 (1): 96. ( 医中誌 )

  95. 三好 泰斗, 平野 美穂, 松下 宗平, 秋元 福太郎, 作田 敏明, 森 祥子, 足立 由布子, 加計 剛, 柴 久美子, 辻本 和峰, 小宮 力, 池田 賢司, 泉山 肇, 田中 洋次, 山田 哲也. 血中GHの著明高値を認めた先端巨大症の一例 日本内分泌学会雑誌. 2019.10; 95 (2): 712. ( 医中誌 )

  96. 國枝 純子, 小林 大輔, 桐村 進, 明石 巧, 北川 昌伸, 相澤 有輝, 田中 洋次, 大山 潤, 船田 信顕. 骨肉腫様組織が大部分を占めた頭蓋底脱分化脊索腫の1例 Brain Tumor Pathology. 2019.05; 36 (Suppl.): 122. ( 医中誌 )

  97. 澤柳 文菜, 壽美田 一貴, 田中 洋次, 唐鎌 淳, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 遠位部前大脳動脈瘤の部位,親動脈を同定するためのカラードップラーエコーの有用性 Neurological Surgery. 2019.03; 47 (3): 321-327. ( 医中誌 )

  98. 田中 洋次. 【食べる、座る、立つ、見る…形態機能学からの脳神経ケアに役立つ 図解からだのしくみとはたらき】(1章)脳のしくみとはたらき 運動の指令を伝えるしくみ Brain Nursing. 2019.02; (2019春季増刊): 58-63. ( 医中誌 )

  99. 今村 繭子, 稲次 基希, 田中 洋次, 榎本 真也, 百瀬 俊也, 住吉 京子, 重田 恵吾, 八ツ繁 寛, 早川 隆宜, 前原 健寿. 急性硬膜下血腫に対する外減圧術の有効性 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2019.02; 42回 71. ( 医中誌 )

  100. 平 直記, 稲次 基希, 田村 郁, 若林 光, 小林 大輔, 工藤 琢巳, 壽美田 一貴, 田中 洋次, 成相 直, 石井 賢二, 前原 健寿. 当院における視床グリオーマの11C-methionine-PET所見の検討 核医学. 2018.11; 55 (Suppl.): S194. ( 医中誌 )

  101. 清水 一秀, 田村 郁, 稲次 基希, 田中 洋次, 石井 賢二, 成相 直, 前原 健寿. Glioma手術における5-ALA誘導蛍光強度と11C-Methionine PET uptakeの比較検討 日本レーザー医学会誌. 2018.09; 39 (3): 230. ( 医中誌 )

  102. 武川 麻紀, 成相 直, 玉田 なつみ, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 田中 洋次, 小林 大輔, 赤川 浩之, 糟谷 英俊, 前原 健寿. 小児もやもや病診断・治療の進歩と長期予後 小児もやもや病における遺伝子型による臨床像と脳血管病理像の検討 The Mt. Fuji Workshop on CVD. 2018.07; 36 23-26. ( 医中誌 )

  103. 壽美田 一貴, 武川 麻紀, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直. 小児もやもや病診断・治療の進歩と長期予後 小児期に出血で発症したもやもや病の長期治療成績 The Mt. Fuji Workshop on CVD. 2018.07; 36 10-12. ( 医中誌 )

  104. 荒井 雪花, 壽美田 一貴, 田村 郁, 小林 大輔, 唐鎌 淳, 伊藤 慧, 黒羽 真砂恵, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 放射線照射3年6ヵ月後に発症したradiation-induced meningiomaの1例 Neurological Surgery. 2018.06; 46 (6): 515-521. ( 医中誌 )

  105. Arai Y, Sumita K, Tamura K, Kobayashi D, Karakama J, Ito K, Kuroha M, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Maehara T. [A Rare Case of Radiation-Induced Meningioma that Occurred Only 3 Years and 6 Months after Radiation Therapy for Oligodendroglioma]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2018.06; 46 (6): 515-521. ( PubMed, DOI )

  106. 唐鎌 淳, 成相 直, 壽美田 一貴, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿. もやもや病における血行力学的重症度を反映した3D DSAの特徴的所見 小児の脳神経. 2018.04; 43 (2): 252. ( 医中誌 )

  107. 壽美田 一貴, 高木 正稔, 廣木 遥, 宮本 智史, 柳町 昌克, 田村 郁, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 初発時から10年後に再発したmedulloblastomaの1例 小児の脳神経. 2018.04; 43 (2): 198. ( 医中誌 )

  108. 阿部 大数, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 【脳動脈瘤】 くも膜下出血をきたした微小脳動脈瘤(5mm未満)の臨床的検討 脳卒中の外科. 2018.03; 46 (2): 122-126. ( 医中誌 )

  109. 松本 惇奈, 松田 祐輔, 大坪 尚也, 大熊 英之, 高橋 麻依子, 関口 芳弘, 田中 洋次. ALP高値で発見されたTSH産生腫瘍の1例 日本内科学会関東地方会. 2018.02; 639回 41. ( 医中誌 )

  110. 稲次 基希, 田中 洋次, 森尾 友宏, 前原 健寿. 乳幼児頭部外傷診療における現状と問題点 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2018.02; 41回 109. ( 医中誌 )

  111. 壽美田 一貴, 唐鎌 淳, 芳村 雅隆, 藤井 照子, 三木 一徳, 吉野 義一, 山本 信二, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 根本 繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の合併症の検討 脳血管内治療. 2017.11; 2 (Suppl.): S84. ( 医中誌 )

  112. 清水 一秀, 田中 洋次, 工藤 琢巳, 田村 郁, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科における3Dヘッドマウントディスプレイ(3D-HMD)を用いた経鼻内視鏡手術 日本コンピュータ外科学会誌. 2017.10; 19 (4): 316. ( 医中誌 )

  113. 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 【脳動脈瘤に対する治療法の選択】 前交通動脈瘤手術におけるmini orbitozygomatic approachの有用性の検討 脳卒中の外科. 2017.09; 45 (5): 345-351. ( 医中誌 )

  114. 中野 智行, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 経過観察中に破裂をきたした未破裂脳動脈瘤に関する検討 脳卒中の外科. 2017.09; 45 (5): 394-397. ( 医中誌 )

  115. 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 虚血性脳血管障害における脳循環代謝計測の意義とMRI灌流画像の現状 脳神経外科速報. 2017.05; 27 (5): 490-497. ( 医中誌 )

  116. 青山 二郎, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. スパズム期の脳動脈瘤治療 当院におけるくも膜下出血患者に対する脳血管攣縮期の治療成績 軽症例を中心に 脳血管攣縮. 2017.02; 32 36-40. ( 医中誌 )

  117. 稲次 基希, 橋本 聡華, 黒羽 真砂恵, 田中 洋次, 森下 幸治, 大友 康裕, 前原 健寿. 外傷早期けいれんに対するレベチラセタム予防投与効果 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2017.02; 40回 137. ( 医中誌 )

  118. 青山 二郎, 早川 隆宣, 菅原 貴志, 武井 武麿, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 慢性硬膜下血腫の標準治療は何か? 慢性硬膜下血腫の治療成績と再発リスク因子に関する施設間での検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2017.02; 40回 115. ( 医中誌 )

  119. 田中 洋次. Read with the Expert「症例検討」 (臨床2)脳血管障害 ブレイン・ファンクション・イメージング・カンファレンス記録集. 2016.12; (32): 11. ( 医中誌 )

  120. 石井 洋介, 成相 直, 田中 洋次, 蛯子 裕輔, 相原 寛, 須山 嘉雄, 若林 伸一, 前原 健寿. もやもや病に対する間接バイパス術後の経時的脳血行動態評価 脳循環代謝. 2016.11; 28 (1): 221. ( 医中誌 )

  121. 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 原 祥子, 前原 健寿. もやもや病合併妊婦における脳循環動態変化の検討 arterial spin labeling法による無侵襲的計測 脳循環代謝. 2016.11; 28 (1): 220. ( 医中誌 )

  122. 稲次 基希, 平井 作京, 林 志保里, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 無症候性成人もやもや病の予後と脳循環代謝 脳循環代謝. 2016.11; 28 (1): 182. ( 医中誌 )

  123. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌. 2016.07; 8 (1): 47-50. ( 医中誌 )

  124. 壽美田 一貴, 武川 麻紀, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直. 出血発症した小児もやもや病の長期治療成績 小児の脳神経. 2016.05; 41 (1): 134. ( 医中誌 )

  125. 武川 麻紀, 成相 直, 壽美田 一貴, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 田中 洋次, 糟谷 英俊, 前原 健寿, 赤川 浩之. 小児もやもや病におけるRNF213遺伝子型と臨床像との関連の検討 小児の脳神経. 2016.05; 41 (1): 135. ( 医中誌 )

  126. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術 泌尿器外科. 2016.03; 29 (3): 302. ( 医中誌 )

  127. 菅原 貴志, 高橋 暁, 清川 樹里, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対するスパズム治療の現状・予後予測因子の検討と今後の課題 脳血管攣縮. 2016.02; 31 1-5. ( 医中誌 )

  128. 阿部 大数, 稲次 基希, 河野 能久, 菅原 貴志, 田中 洋次, 大友 康裕, 成相 直, 前原 健寿. 当院における外傷性髄液漏に対する治療戦略 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2016.02; 39回 80. ( 医中誌 )

  129. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. ヘッドマウントディスプレイワールド 他科・多領域への応用 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌. 2015.12; 7 (2): 30. ( 医中誌 )

  130. 関谷 栄, 松本 吉郎, 田中 洋次郎, 武石 容, 石井 道夫. 診療録の電子化に伴う勤務医の労働実態について 勤務医の労働環境実態調査のアンケートから 埼玉県医学会雑誌. 2015.11; 50 (1): 95. ( 医中誌 )

  131. 橋本 聡華, 稲次 基希, 山内 崇弘, 大仲 佳祐, 山本 崇裕, 田中 洋次, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における外傷性視神経損傷の検討 神経外傷. 2015.09; 38 (1): 14-19. ( 医中誌 )

  132. 山科 元滋, 佐藤 陽人, 平 直記, 蛯子 裕輔, 田村 郁, 田中 洋次, 小林 大輔, 前原 健寿. Pilocytic astrocytoma様を呈する松果体部の低悪性度限局性星細胞腫の一例 Brain Tumor Pathology. 2015.05; 32 (Suppl.): 080. ( 医中誌 )

  133. 林 瑠理子, 西谷 里枝, 藤田 政道, 秋久 桃子, 竹内 崇人, 村上 正憲, 中野 雄二郎, 大原 徳彦, 坊内 良太郎, 南 勲, 泉山 肇, 橋本 貢士, 吉本 貴宣, 岸野 充浩, 田中 洋次, 小川 佳宏. MRI 3D FIESTAで下垂体病変の同定に至ったCushing病の1例 日本内分泌学会雑誌. 2015.04; 91 (1): 381. ( 医中誌 )

  134. 中野 雄二郎, 藤田 政道, 秋久 桃子, 竹内 崇人, 西谷 里枝, 大原 徳彦, 村上 正憲, 坊内 良太郎, 南 勲, 泉山 肇, 橋本 貢士, 吉本 貴宣, 明石 巧, 田中 洋次, 小川 佳宏. 嚢胞形成を呈した巨大プロラクチノーマの一例 日本内分泌学会雑誌. 2015.04; 91 (1): 312. ( 医中誌 )

  135. 折原 あすみ, 稲次 基希, 成相 直, 田中 洋次, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における自転車交通外傷の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2015.03; 38回 98. ( 医中誌 )

  136. 北 潔, 三宅 信昌, 谷口 博信, 田中 洋次郎, 小野 直司, 藤野 圭司, 田辺 英樹. 骨脆弱性骨折の危険因子の探索的研究 開始時調査結果 日本整形外科学会雑誌. 2015.03; 89 (2): S224. ( 医中誌 )

  137. 杉本 太郎, 川島 慶之, 田中 洋次. 【よくわかる鼻副鼻腔手術】 手術に当たって 斜台の処理 JOHNS. 2015.02; 31 (2): 197-201. ( 医中誌 )

  138. 西谷 里枝, 南 勲, 蘆立 恵子, 橋本 貢士, 吉本 貴宣, 川村 光信, 伊藤 崇, 田中 洋次, 小川 佳宏. LH-RH、CRH、GRFによる刺激試験直後に下垂体卒中を発症したゴナドトロピン産生下垂体腫瘍の1例 ホルモンと臨床. 2015.02; 63 (2): 157-161. ( 医中誌 )

  139. 吉野 義一, 根本 繁, 三木 一徳, 唐鎌 淳, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿. 血管内治療科を併設する施設におけるくも膜下出血の治療成績 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2014.12; 8 (6): 229. ( 医中誌 )

  140. 西谷 里枝, 宮城 もも, 藤田 政道, 秋久 桃子, 竹内 崇人, 中野 雄二郎, 大原 徳彦, 坊内 良太郎, 南 勲, 泉山 肇, 橋本 貢士, 吉本 貴宣, 伊藤 崇, 田中 洋次, 小川 佳宏. TRHを除いた三者刺激試験施行中に発症した下垂体卒中の1例 日本内分泌学会雑誌. 2014.10; 90 (3): 958. ( 医中誌 )

  141. 稲次 基希, 成相 直, 林 志保里, 田中 洋次, 織田 圭一, 坂田 宗之, 豊原 潤, 石渡 喜一, 石井 賢二, 前原 健寿. Malignant glioma adjuvant therapyにおけるPET clinical useの有用性 核医学. 2014.09; 51 (3): 273. ( 医中誌 )

  142. 橋本 聡華, 稲次 基希, 田中 洋次, 原 恵子, 松浦 雅人, 大友 康裕, 前原 健寿. 外傷性てんかんに対する抗てんかん薬投与の変遷 当科における最近10年間における検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2014.03; 37回 72. ( 医中誌 )

  143. 大仲 佳祐, 稲次 基希, 橋本 聡華, 河野 能久, 田中 洋次, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における外傷性視神経損傷の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2014.03; 37回 88. ( 医中誌 )

  144. 稲次 基希, 橋本 聡華, 成相 直, 林 志保里, 田中 洋次, 坂田 宗之, 織田 圭一, 石渡 喜一, 石井 賢二, 前原 健寿. 頭部外傷の画像診断とモニタリング びまん性脳損傷患者のSPM統計解析を用いたPET multi-tracer計測による検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2014.03; 37回 60. ( 医中誌 )

  145. 山内 崇弘, 稲次 基希, 林 志保里, 田中 洋次, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 当院における急性期頭蓋内出血を伴うスポーツ頭部外傷例の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2014.03; 37回 67. ( 医中誌 )

  146. 荻島 隆浩, 菅原 貴志, 矢野 智之, 原 祥子, 蛯子 裕輔, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 待機的に髄液漏閉鎖・顔面骨修復を行い、良好な転帰を得た前頭蓋底顔面骨折の一例 Neurosurgical Emergency. 2013.12; 18 (2): 209-214. ( 医中誌 )

  147. 成相 直, 日浦 幹夫, 田中 洋次, 稲次 基希, 織田 圭一, 石井 賢二. 脳循環代謝イメージングの最前線 生理学的負荷による脳血流反応 正常者と脳血管障害患者の定量PET脳血流計測から 脳循環代謝. 2013.11; 25 (1): 100. ( 医中誌 )

  148. 稲次 基希, 成相 直, 林 志保里, 田中 洋次, 織田 圭一, 坂田 宗之, 石渡 喜一, 豊原 潤, 石井 賢二, 前原 健寿. 11C-4DST PETのGlioma悪性度診断における有用性と妥当性の検証 核医学. 2013.09; 50 (3): S189. ( 医中誌 )

  149. 前原 健寿, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 林 志保里, 石渡 喜一, 石井 賢二, 小林 大輔. グリアとてんかん病態 神経画像検査を用いたてんかん焦点におけるグリア機能評価の可能性 てんかん研究. 2013.09; 31 (2): 279. ( 医中誌 )

  150. 成相 直, 田中 洋次, 石井 洋介, 原 祥子, 稲次 基希, 前原 健寿, 織田 圭一, 石渡 喜一, 石井 賢二. 慢性脳動脈閉塞症の脳循環評価における核医学検査とASL-MRIの役割 核医学. 2013.09; 50 (3): S219. ( 医中誌 )

  151. 稲次 基希, 成相 直, 林 志保里, 田中 洋次, 織田 圭一, 坂田 宗之, 石井 賢二, 石渡 喜一, 豊原 潤, 前原 健寿. Met-PET・4DST-PETを用いたGlioma診断および治療評価 Brain Tumor Pathology. 2013.05; 30 (Suppl.): 094. ( 医中誌 )

  152. 田中 洋次, 工藤 琢巳, 稲次 基希, 前原 健寿. 脳梗塞急性期血栓溶解療法における新たな治療法の検討 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2013.02; 18回 75. ( 医中誌 )

  153. 吉野 義一, 成相 直, 青柳 傑, 前原 健寿, 田中 洋次, 稲次 基希, 東森 俊樹, 三木 一徳, 井上 雅人, 有村 公一, 根本 繁. もやもや病患者における3D回転DSA統合画像の有用性 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2012.11; 6 (5): 279. ( 医中誌 )

  154. 前原 健寿, 田中 洋次, 青柳 傑, 成相 直, 河野 能久, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 【側頭葉とその周辺の解剖と手術II】 最新の神経画像検査を用いた側頭葉てんかんの多機能画像診断・手術 脳神経外科ジャーナル. 2012.09; 21 (9): 712-720. ( 医中誌 )

  155. 稲次 基希, 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 石渡 喜一, 青柳 傑, 原 恵子, 松浦 雅人. 内側側頭葉てんかん焦点側診断におけるIMZ-SPECTとFMZ-PETとの比較 てんかん研究. 2012.09; 30 (2): 336. ( 医中誌 )

  156. 成相 直, 稲次 基希, 豊原 潤, 石渡 喜一, 坂田 宗之, 石井 賢二, 織田 圭一, 田中 洋次, 青柳 傑. 11C-4DST PETを用いた悪性脳腫瘍のDNA合成能評価法の検討 核医学. 2012.08; 49 (3): S277. ( 医中誌 )

  157. 稲次 基希, 成相 直, 田中 洋次, 今江 省吾, 織田 圭一, 石渡 喜一, 石井 賢二, 青柳 傑. もやもや病血行再建術前後の15Ogas-PETによる脳循環代謝の検討 核医学. 2012.08; 49 (3): S234. ( 医中誌 )

  158. 稲次 基希, 入江 伸介, 田中 洋次, 成相 直, 大野 喜久郎, 稲垣 徹, 斉藤 修, 李 泰辰, 齋藤 孝次. 3D-DRIVE法によるSTA-MCA吻合術術前シミュレーションの有用性 CI研究. 2012.06; 34 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  159. 成相 直, 武川 麻紀, 清水 一秀, 稲次 基希, 田中 洋次, 青柳 傑, 松島 善治, 大野 喜久郎. もやもや病 小児もやもや病患者の血行再建術後の短期及び長期予後 小児の脳神経. 2012.04; 37 (2): 129. ( 医中誌 )

  160. 成相 直, 稲次 基希, 田中 洋次, 日浦 幹夫, 石井 賢二, 大野 喜久郎. 重症頭部外傷におけるneuroimaging 脳神経外傷による高次脳機能障害解析のためのPET統計解析法 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2012.03; 35回 50. ( 医中誌 )

  161. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 稲次 基希, 石井 賢二, 石渡 喜一, 日浦 幹夫, 松浦 雅人, 大野 喜久郎. 側頭葉切除患者における中枢性ベンゾジアゼピン受容体拮抗薬flumazenil-PET統計学的解析 てんかん研究. 2012.01; 29 (3): 502. ( 医中誌 )

  162. 荻島 隆浩, 原 祥子, 蛯子 裕輔, 菅原 貴志, 矢野 知之, 田中 洋次, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 待機的に髄液漏閉鎖・顔面骨修復を行い、良好な転帰を得た前頭蓋底顔面骨折の一例 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2012.01; 17回 77. ( 医中誌 )

  163. 今井 治樹, 田中 洋次, 野村 直之, 堤 祐介, 土居 壽, 大野 喜久郎, 小野 卓史, 塙 隆夫. 各種金属材料を用いたMRIアーチファクトの3次元的評価 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2011.11; 33回 491. ( 医中誌 )

  164. 飯降 直男, 川堀 健一, 大橋 琢也, 山口 実菜, 杉山 美帆, 足立 淳一郎, 三原 正朋, 杉山 徹, 泉山 肇, 吉本 貴宣, 武川 麻紀, 田中 洋次, 大野 喜久郎, 明石 巧, 平田 結喜緒. 下垂体腺腫との鑑別が困難であった下垂体炎の一例 ACTH RELATED PEPTIDES. 2011.09; 22 98-100. ( 医中誌 )

  165. 成相 直, 豊原 潤, 稲次 基希, 田中 洋次, 坂田 宗之, 織田 圭一, 山本 昌昭, 窪田 和雄, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. DNA合成診断薬剤11C-4DSTの悪性脳腫瘍治療効果モニターリングへの臨床応用 核医学. 2011.09; 48 (3): S277-S278. ( 医中誌 )

  166. 飯降 直男, 川堀 健一, 大橋 琢也, 山口 実菜, 杉山 美帆, 足立 淳一郎, 三原 正朋, 杉山 徹, 泉山 肇, 吉本 貴宣, 武川 麻紀, 田中 洋次, 大野 喜久郎, 明石 巧, 平田 結喜緒. 下垂体腺腫との鑑別が困難であった下垂体炎の一例 ACTH RELATED PEPTIDES. 2011.09; 22 98-100. ( 医中誌 )

  167. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 稲次 基希, 石井 賢二, 石渡 喜一, 日浦 幹夫, 大野 喜久郎. 側頭葉切除患者におけるFDG-PET、flumazenil-PET統計学的解析 てんかん研究. 2011.09; 29 (2): 351. ( 医中誌 )

  168. 田中 洋次, 角田 篤信, 青柳 傑, 玉置 正史, 菅原 貴志, 岸本 誠司, 大野 喜久郎. 経鼻下垂体手術に於ける脳神経外科・耳鼻咽喉科の連携 日本内分泌学会雑誌. 2011.08; 87 (Suppl.): 41-43. ( 医中誌 )

  169. 成相 直, 田中 洋次. 【脳疾患画像読影のコツとpitfall】 トピックス各論 脳腫瘍の画像診断のポイント MEDICAL REHABILITATION. 2011.06; (132): 153-159. ( 医中誌 )

  170. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 側頭葉てんかん患者におけるFDG-PET統計学的解析を用いた側頭葉低代謝域の検討 てんかん研究. 2011.01; 28 (3): 493-494. ( 医中誌 )

  171. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 大野 喜久郎. 【てんかん原性】 てんかん原性領域診断への脳機能画像を用いたアプローチ 臨床脳波. 2010.11; 52 (11): 628-635. ( 医中誌 )

  172. 吉野 義一, 青柳 傑, 成相 直, 前原 健寿, 田中 洋次, 住吉 京子, 河野 能久, 武川 麻紀, 小幡 佳輝, 佐々木 正史, 大野 喜久郎, 根本 繁. 出血発症椎骨動脈解離性動脈瘤の臨床的特徴 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2010.11; 4 (4): 243. ( 医中誌 )

  173. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. てんかん病態の検索方法の進歩と有用性 Neuroimagingによる大脳皮質形成障害のてんかん病態解析 臨床神経生理学. 2010.10; 38 (5): 303. ( 医中誌 )

  174. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 側頭葉てんかん患者におけるFDG-PET統計学的解析を用いた局所脳機能異常ネットワーク解析 てんかん研究. 2010.09; 28 (2): 267. ( 医中誌 )

  175. 成相 直, 田中 洋次, 武川 麻紀, 百瀬 敏也, 稲次 基希, 青柳 傑, 大野 喜久郎. MRI脳灌流画像計測の日常臨床利用に基づいた小児もやもや病の治療 小児の脳神経. 2010.04; 35 (2): 252. ( 医中誌 )

  176. 武川 麻紀, 成相 直, 田中 洋次, 前原 健寿, 青柳 傑, 松島 善治, 大野 喜久郎. 小児もやもや病手術治療後の転帰に関する追跡調査 小児の脳神経. 2010.04; 35 (2): 253. ( 医中誌 )

  177. 武川 麻紀, 前原 健寿, 澤田 佳奈, 田中 洋次, 青柳 傑, 角田 篤信, 大野 喜久郎. 気脳症と斜台骨折を伴った重傷頭部外傷の一治療例 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2010.03; 33回 91. ( 医中誌 )

  178. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 長崎 弘和, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. てんかん研究の最前線 てんかん原性への機能的アプローチ てんかん原性領域診断への脳機能画像を用いたアプローチ 臨床神経生理学. 2009.10; 37 (5): 264-265. ( 医中誌 )

  179. 成相 直, 田中 洋次, 武川 麻紀, 百瀬 俊哉, 細田 千尋, 稲次 基希, 大野 喜久郎. 脳循環画像計測に基づいた小児もやもや病治療の現状と長期予後 脳と発達. 2009.05; 41 (Suppl.): S176. ( 医中誌 )

  180. 武川 麻紀, 成相 直, 田中 洋次, 松島 善治, 青柳 傑, 鳥羽 美佳代, 宮坂 尚幸, 大野 喜久郎. もやもや病患者の妊娠・出産について 当施設での29年間の経験から 小児の脳神経. 2009.04; 34 (2): 178. ( 医中誌 )

  181. 成相 直, 田中 洋次, 百瀬 俊也, 田村 郁, 青柳 傑, 石井 賢二, 石渡 喜一, 山本 昌昭, 大野 喜久郎. 新しい画像診断法の手術への応用 PET-MRIフュージョン画像を日常的に用いたグリオーマ手術治療 ナビゲーションガイド手術と定位放射線手術への応用 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 2F-S09. ( 医中誌 )

  182. 百瀬 俊也, 成相 直, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 間接的血行再建術後モヤモヤ病患者の臨床経過 MR perfusion imageによる検討 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 3J-04. ( 医中誌 )

  183. 百瀬 俊也, 成相 直, 田中 洋次, 石井 賢二, 石渡 喜一, 稲次 基希, 仲川 和彦, 玉置 正史, 前原 健寿, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 代謝・機能画像を導入した複合的ナビゲーションシステムのグリオーマ手術における有用性 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2007.10; 66回 2J-O27. ( 医中誌 )

  184. 成相 直, 百瀬 俊也, 田中 洋次, 細田 千尋, 稲次 基希, 青柳 傑, 石渡 喜一, 石井 賢二, 大野 喜久郎. 脳循環計測法に基づいたもやもや病の治療 特に非手術例のフォローアップに関して 脳卒中. 2007.03; 29 (2): 235. ( 医中誌 )

  185. 大木 純, 前原 健寿, 熊谷 廣太郎, 田中 洋次, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 来院時に患側大脳半球の低吸収域を呈していた乳児急性硬膜下血腫の1例 Neurosurgical Emergency. 2006.08; 11 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  186. 今江 省吾, 成相 直, 田中 洋次, 百瀬 俊也, 細田 尋, 石渡 喜一, 石井 賢二, 松島 善治, 大野 喜久郎. PETを用いたモヤモヤ病における間接血行再建術の効果の検討 小児の脳神経. 2006.04; 31 (2): 125. ( 医中誌 )

  187. 成相 直, 田中 洋次, 百瀬 俊也, 今江 省吾, 細田 千尋, 石井 賢二, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 小児もやもや病の現状と将来展望 脳循環画像計測の日常的な利用に基づいた小児もやもや病の治療戦略 小児の脳神経. 2006.04; 31 (2): 158. ( 医中誌 )

  188. 百瀬 俊也, 成相 直, 田中 洋次, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 間接的血行再建術を行ったモヤモヤ病患者の術後早期脳循環動態 小児の脳神経. 2006.04; 31 (2): 144. ( 医中誌 )

  189. 成相 直, 田中 洋次, 今江 省吾, 百瀬 俊也, 細田 千尋, 織田 圭一, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 複数の脳循環定量画像の多変量解析表示による局所脳循環病態の新しい評価法 脳卒中. 2006.03; 28 (1): 143. ( 医中誌 )

  190. 武川 麻紀, 松島 善治, 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 帯包 雄次郎, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 小児モヤモヤ病EDAS再手術例の検討 小児の脳神経. 2006.02; 31 (1): 11-16. ( 医中誌 )

  191. 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿, 松島 善治, 石渡 喜一, 青柳 傑, 大野 喜久郎. MRI灌流画像を用いたモヤモヤ病患者に対する術後血管新生の予見 小児の脳神経. 2005.12; 30 (6): 429-434. ( 医中誌 )

  192. 百瀬 俊也, 成相 直, 前原 健寿, 田中 洋次, 大野 喜久郎. モヤモヤ病一卵性双生児症例の治療経過と脳循環動態 小児の脳神経. 2005.04; 30 (2): 186. ( 医中誌 )

  193. 成相 直, 田中 洋次, 青柳 傑, 前原 健寿, 細田 千尋, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. PET定量計測値の多変量解析による血管閉塞症の病型分類 moyamoya病100例の計測より 脳卒中. 2005.04; 27 (1): 209. ( 医中誌 )

  194. 成相 直, 田中 洋次, 細田 千尋, 前原 健寿, 青柳 傑, 松島 善治, 石井 賢二, 大野 喜久郎. 小児血管障害の現状と未来 脳循環計測に基づいた小児もやもや病の手術治療 小児の脳神経. 2005.04; 30 (2): 121. ( 医中誌 )

  195. 勝亦 憲子, 黒岩 俊彦, 山田 一郎, 田中 洋次, 石橋 哲, 大野 喜久郎. 実験脳虚血後のADC・T2mapによる症状対応病巣検出と遅発性神経細胞死域の予測 脳卒中. 2005.04; 27 (1): 164. ( 医中誌 )

  196. 百瀬 俊也, 成相 直, 前原 健寿, 田中 洋次, 大野 喜久郎. モヤモヤ病一卵性双生児症例の治療経過と脳循環動態 小児の脳神経. 2005.04; 30 (2): 186. ( 医中誌 )

  197. 田村 郁, 脇本 浩明, 田中 洋次, 成相 直, 野尻 武子, 百瀬 俊也, 前原 健寿, 青柳 傑, 大野 喜久郎. ニューロナビゲーション支援下神経膠腫摘出術における病理組織の部位別診断の重要性 Brain Tumor Pathology. 2005.04; 22 (Suppl.): 83. ( 医中誌 )

  198. 前原 健寿, 田中 洋次, 成相 直, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. PETを用いたmulti-modal navigation systemによる側頭葉てんかん手術 てんかん研究. 2005.02; 23 (1): 45. ( 医中誌 )

  199. 大木 純, 田中 洋次, 熊谷 廣太郎, 前原 健寿, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 来院時に患側大脳半球の低吸収域を呈していた乳児急性硬膜下血腫の1例 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2005.01; 10回 93. ( 医中誌 )

  200. 松島 善治, 前原 健寿, 青柳 傑, 成相 直, 田中 洋次, 脇本 浩明, 帯包 雄次郎, 大野 喜久郎. EDASを施行後10年以上経過した小児モヤモヤ病患者における学級ならびに就職状況について 疾患の受容と長期のQOLに関連して 小児の脳神経. 2004.10; 29 (5): 368-374. ( 医中誌 )

  201. 松島 善治, 前原 健寿, 青柳 傑, 成相 直, 田中 洋次, 脇本 浩明, 帯包 雄次郎, 大野 喜久郎. EDASを施行後10年以上経過した小児モヤモヤ病患者における学級ならびに就職状況について 疾患の受容と長期のQOLに関連して 小児の脳神経. 2004.10; 29 (5): 368-374. ( 医中誌 )

  202. 前原 健寿, 松島 善治, 成相 直, 田中 洋次, 帯包 雄次郎, 大野 喜久郎. 小児モヤモヤ病EDAS術後安定期患者の脳血管障害 脳と発達. 2004.06; 36 (Suppl.): S238. ( 医中誌 )

  203. 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿, 松島 善治, 石渡 喜一, 青柳 傑, 大野 喜久郎. MRI灌流画像を用いたもやもや病患者に対する手術効果の予見 小児の脳神経. 2004.04; 29 (2): 186. ( 医中誌 )

  204. 武川 麻紀, 松島 善治, 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 帯包 雄次郎, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 小児モヤモヤ病に対するEDAS後再手術例のMRI灌流画像を用いた検討 小児の脳神経. 2004.04; 29 (2): 186. ( 医中誌 )

  205. 長崎 弘和, 松島 善治, 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 帯包 雄次郎, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 小児モヤモヤ病患者EDAS術後脳出血例の検討 小児の脳神経. 2004.04; 29 (2): 187. ( 医中誌 )

  206. 成相 直, 田中 洋次, 尤 郁偉, 前原 健寿, 石渡 喜一, 石井 賢二, 松島 善治, 大野 喜久郎. PET脳循環代謝計測に基づくモヤモヤ病の治療 脳卒中. 2004.03; 26 (1): 293. ( 医中誌 )

  207. 前原 健寿, 成相 直, 田中 洋次, 村田 雄二, 石井 賢二, 石渡 喜一, 大野 喜久郎. 前頭葉性複雑部分発作外科治療患者におけるECD-SISCOM画像 てんかん研究. 2004.02; 22 (1): 50. ( 医中誌 )

  208. 成相 直, 田中 洋次, 脇本 浩明, 青柳 傑, 大野 喜久郎, 石井 賢二, 千田 道雄, 石渡 喜一. PETメチオニン画像に基づいたgliomaの治療 核医学. 2003.08; 40 (3): 373. ( 医中誌 )

  209. 成相 直, 田中 洋次, 松島 善治, 大野 喜久郎. 脳循環代謝計測に基づいた小児もやもや病の外科治療 脳と発達. 2003.05; 35 (Suppl.): S148. ( 医中誌 )

  210. 成相 直, 田中 洋次, 秋元 秀昭, 青柳 傑, 大野 喜久郎, 石渡 喜一, 石井 賢二. 脳循環動態の臨床的定量計測におけるperfusion MRIの意義 PET計測との対比による検討 脳卒中. 2003.03; 25 (1): 152. ( 医中誌 )

  211. 趙 豊宇, 黒岩 俊彦, 宮坂 尚幸, 田中 洋次, 水澤 英洋. 虚血病巣外神経細胞死(exofocal postischemic neuronal death,EPND)はネクローシスが主体 脳卒中. 2003.03; 25 (1): 120. ( 医中誌 )

  212. 松島 善治, 青柳 傑, 成相 直, 前原 健寿, 杉本 武子, 田中 洋次, 帯包 雄次郎, 大野 喜久郎. 小児もやもや病患者に片側手術を行った後のrecovered(vascular)reserve steal phenomenonについて 小児の脳神経. 2002.10; 27 (5): 373-380. ( 医中誌 )

  213. 松島 善治, 青柳 傑, 成相 直, 前原 健寿, 杉本 武子, 田中 洋次, 帯包 雄次郎, 大野 喜久郎. 小児モヤモヤ病患者に片側手術を行った後のrecovered reserve steal phenomenonについて 小児の脳神経. 2002.04; 27 (2): 174. ( 医中誌 )

  214. 原 睦也, 成 相直, 田中 洋次, 森本 卓史, 青柳 傑, 大野 喜久郎. びまん性軸索損傷の重症例と軽症例のMRI所見の検討 日本神経外傷学会プログラム・抄録集. 2002.03; 25回 128. ( 医中誌 )

  215. 原 睦也, 成相 直, 田中 洋次, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 外傷後健忘のみ呈したびまん性軸索損傷の1例 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2002.01; 7回 51. ( 医中誌 )

  216. 田中 洋次, 青柳 傑, 高田 義章, 大野 喜久郎. 若年層における非外傷性頭蓋内出血症例の検討 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集. 2002.01; 7回 82. ( 医中誌 )

  217. 仲川 和彦, 山口 武兼, 清田 満, 今江 省吾, 田中 洋次, 大野 喜久郎. 高血圧性脳症患者における血中ANP,BNP濃度と脳浮腫形成の関連について 脳循環代謝. 2001.10; 13 (3): 166-167. ( 医中誌 )

  218. 仲川 和彦, 山口 武兼, 清田 満, 今江 省吾, 田中 洋次, 大野 喜久郎. 高血圧性脳症患者における血中ANP,BNP濃度と脳浮腫形成の関連について 脳循環代謝. 2001.10; 13 (3): 166-167. ( 医中誌 )

  219. 田中 洋次, 松島 善治, 秋元 秀昭, 長岡 司, 成相 直, 青柳 傑, 大野 喜久郎. もやもや病患者におけるMRI灌流画像を用いた脳循環動態の把握 小児の脳神経. 2001.08; 26 (4): 270. ( 医中誌 )

  220. 青柳 傑, 吉野 義一, 森本 卓史, 田中 洋次, 大野 喜久郎. 抗血小板凝集薬服用下の内頸動脈内膜除去術の安全性 日本脳神経外科学会総会抄録集. 2000.10; 59回 202. ( 医中誌 )

  221. 仲川 和彦, 山口 武兼, 清田 満, 田中 洋次, 今江 省吾, 大野 喜久郎. 高血圧症患者の血中BNP濃度及び脳卒中発症との関連 日本脳神経外科学会総会抄録集. 2000.10; 59回 193. ( 医中誌 )

  222. 田中 洋次, 山口 武兼, 清田 満, 仲川 和彦, 大野 喜久郎. 脳動脈瘤術前評価のための新しい3-D CTイメージング 日本脳神経外科学会総会抄録集. 2000.10; 59回 165. ( 医中誌 )

  223. 田中 洋次, 武井 秀憲, 宍戸 恒郎, 東森 俊樹, 平川 公義. 視束管骨折の診断に3-D CT Virtual Endoscopyが有用であった1例 CI研究. 2000.06; 22 (2): 121-125. ( 医中誌 )

  224. 宍戸 恒郎, 武井 秀憲, 田中 洋次, 直江 伸行, 東森 俊樹, 藤本 欣也, 吉原 仁宜, 平川 公義. 血行再建術患者における術前冠動脈造影の有用性 日本脳神経外科学会総会抄録集. 1999.10; 58回 252. ( 医中誌 )

  225. 宍戸 恒郎, 山口 武兼, 武井 秀憲, 吉野 義一, 田中 洋次, 本井 ゆみ子, 池田 和彦. 中枢神経損傷後の修復過程におけるアポリポ蛋白Eの関与 ラット脳Entorhinal cortex lesionモデルを用いた免疫組織学的検討 日本脳神経外科学会総会抄録集. 1997.10; 56回 109. ( 医中誌 )

  226. Arai T, Ohno K, Yoshino Y, Tanaka Y, Nariai T, Hirakawa K, Nemoto S. [Dural arteriovenous fistula involving the superior sagittal and transverse-sigmoid sinuses, treated by thrombolysis: case report]. No Shinkei Geka. 1997.07; 25 (7): 621-626. ( PubMed )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 4. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、成相直、前原健寿. 3Dヘッドマウントディスプレイを用いた経鼻内視鏡手術. 第23回日本神経内視鏡学会  2016.11.17 東京

  2. 3. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、成相直、前原健寿. 経鼻内視鏡手術における3Dヘッドマウントディスプレイの有用性. 第75回日本脳神経外科学会総会 2016.09.29 博多

  3. 田中洋次、成相直、石井洋介、原祥子、稲次基希、前原健寿. 閉塞性脳血管障害に対するPerfusion MRIを用いた脳循環評価. 第41回日本脳卒中学会総会(Stroke2016) 2016.04.14 札幌

  4. 田中洋次、成相直、原祥子、武川麻紀、稲次基希、前原健寿. Arterial spin labeling MRIによるもやもや病合併妊婦の脳血流評価. 第45回日本神経放射線学会 2016.02.18 山形

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 脳循環代謝サマーキャンプ2016,2016年07月

    脳循環代謝に関する研究会